議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成26年第 4回定例会−12月16日-02号




平成26年第 4回定例会

           平成26年松川村議会第4回定例会会議録
                                     〔第2号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成26年12月16日                │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 議│平成26年12月16日 午前10時00分│議 長│平 林 寛 也│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成26年12月16日 午後 3時06分│議 長│平 林 寛 也│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │平 林 寛 也│ ○ │ 7 │勝 家   尊│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │茅 野 靖 昌│ ○ │ 8 │白 澤 富貴子│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │太 田 繁 義│ ○ │ 9 │草 間 正 視│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │梨子田 長 生│ ○ │ 10 │平 林 幹 張│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │佐 藤 節 子│ ○ │ 11 │百 瀬   清│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │矢 口 あかね│ ○ │ 12 │上 田 治 美│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │  10番  │平 林 幹 張│  11番  │百 瀬   清│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │伊 藤 勇 二│書記     │若 林 祐 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│大 澤   浩│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │梨子田 公 雄│総務課統括課長│丸 山   稿│
│法第121条により説│       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│   全員出席   │会計管理者兼会│白 澤   繁│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │古 畑 元 大│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │須 沢 和 彦│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │            別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘


               本日の会議に付した事件

日程第1 一般質問
 1 農業林業振興関係 10番 平 林 幹 張
   医療・介護関係
   災害対策関係
 2 村の農業振興策  11番 百 瀬   清
   村の「防災対策」について
 3 「活力ある村づくりの実現」状況と今後の取り組み   8番 白 澤 富貴子
 4 人口減少に歯止めをかけるには〜   6番 矢 口 あかね



                               午前10時00分 開議
○議長(平林寛也君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
 直ちに本日の会議を開きます。
△日程第1 一般質問
○議長(平林寛也君) 日程第1 一般質問を行います。
 順次、発言を許します。順位1番、10番平林幹張議員の質問事項、農業林業振興関係の質問を許します。平林議員。
◆10番(平林幹張君) おはようございます。非常に雪も降る中でございますけれども、私の一般質問をお願いをしたいと思います。今年は非常に災害が多かった年ということで、最初に農業林業関係についての関係で御質問をしてまいりたいと思います。
 最初に、春のひょう害の関係で先日、村長の御挨拶の中にもこれについての報告があったわけでございますが、その関係の中で若干入っていなかった部分、リンゴの関係についてのひょう害の部分は御報告いただいておりますが、桃、その他果樹についておわかりのところがございましたらそんなことでその被害の状況をお願いしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 議長にいつも細部につきましては、課長に答弁をしていただきますので、今回もよろしくお願いいたします。
 それでは平林議員にお答えをしたいと思います。リンゴにつきましては当初の挨拶の中で申し上げてありますけれども、桃等につきましてもですね、災害共済の対象になっているものについてですね、災害共済というかね、共済を掛けている農家につきましては19戸あるんです。その農家の皆さんについてはほとんどが対象になっているということであります。ですのでリンゴにしろ桃にしろですね、そういう掛けてあるものについては対象になりました。細部につきましては経済課長に答弁をしてもらいますけれども、桃についてはもう既に終わっちゃっているというような状況の中で大変な被害があったけれども、5割を超す農家については数件あったということであります。これについては少し経済課長に答弁をしてもらいますのでよろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それではお願いいたします。ただいま村長からリンゴの関係、お話ししていただきましたけれども、5月の28日、それから6月3日の日に村内各所に降ひょうによります被害が発生したわけでございます。特にリンゴにつきましては村長申し上げたとおり、19戸の方がひょう害の申告を中信農業共済のほうへされております。被害の割合については平均でございますが、3割強、4割近くの被害でございました。特に数件につきましては先ほど村長申し上げたとおり、5割を超える被害ということでございましたけれども、現在その被害評価の審査が終了した段階でございますけれども、そのような形になっているという形でございます。それで、全て19戸被害申告されたわけですが、全ての農家が共済対象になっておるということでございます。
 それから、先ほどの質問の桃の関係につきましても、5月28日の降ひょうによる被害が非常に大きかったということでございます。桃の関係につきましては生産農家は非常に少ないわけですけれども、農業共済のほうにも入られている農家が1戸ございまして、そちらについては3割ぎりぎりということで、こちらのほうについても共済金のほうの対象になったというお話を聞いております。特に、桃につきましては、摘花の時期がリンゴに比べまして遅いというようなことがありまして、桃の被害については被害には遭っていますけれども、その後の摘花の作業によって、傷ついた果実については、それぞれ取り除いて何とか被害を最小限にとどめたという形で聞いておりますのでよろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) その中で実際、今お話がございましたように、実際果樹共済自体の掛金が非常に高いということが1つの要因かと思いますが、19戸の農家あるいはほかの農家についてもいわゆる共済の充足率というのが非常に低いわけでありまして、やはり全量共済対象という形であればいいわけでありますが、なかなか難しいといったことの中で、先般御報告にもありましたように、いわゆる共済掛金の充足率を上げるというお話がございましたので、その辺の充足率の目標であるとか掛金の補助率を上げるという形の中で、具体的にどの程度を考えておられるのかということでお伺いしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) リンゴにつきましては、昨年に続いての2年連続の被害ということでございましたけれども、昨年も非常に大きな、昨年は霜の害でございましたけれども、あったということで、中信農業共済組合のほうでいわゆる掛金のほうの市町村の負担割合、補助割合をふやしていただきたいということで、そのお話がございまして、今まで2割を助成しておったわけですけれども、議会の皆さんそれぞれ御理解いただきまして、本年度予算からそれを1割上げて3割ということで負担率を上げてございます。
 その結果、昨年はちょっとデータありませんけれども、今年の加入の関係については27戸、リンゴ農家の方は約40戸ありますが、そのうち27戸の方、面積で見ると面積加入率では75.8%ということで、4分の3の面積が既に入られているということでございます。村のほうとしましても、その率を上げることで加入者の負担を少なくして、多くの皆さんに入っていただいて自然災害に備えていただくということで進めておりますし、今後もこのような形で農業共済とも連携しながら保障の関係でございますので、全農家が入っていただくような形で進めてまいりたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) それと、報告にもありましたけれども、質的な部分の中で個々の農家にとっては非常に格差はあるわけでありますけれども、言われておりますいわゆる価格低迷にかかわっていわゆる収入補償保険の関係、これについて国・県を通じてという形でしていきたいということがありますが、具体的にそこら辺を教えてください。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) その関係につきましては、農業共済のほうではいわゆる収量に当たる、いわゆるその販売に供する部分については、全て共済のほうの対象から外すような形になりますので、いわゆる傷のリンゴとかジュースに回るリンゴについては、成果物というような扱いがされますので、いわゆるその収入保険については、いわゆる売ったときの価格の差ですね、その部分を補填するというような形の仕組みですので、共済制度とはその部分で違うということで、その収入金に着目した制度でございます。この関係については国のほうも本年度の予算の中で調査研究を進めておりますので、それを早期に実現していただきたいということで要請を行っているということで御理解いただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) ぜひそういう形でもってこの関係を強行に進めていただきたいなと思います。
 次に、有害鳥獣被害の関係についてお伺いをしてまいりたいと思います。まず今年の関係についての農産物の被害状況ということで、わかる範囲でお願いしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 農産物の被害状況の関係でございますが、役場のほうに報告があった数字でお願いしたいと思いますけれども、熊の関係での農作物被害の報告でございますが、今年度は26件ございました。それから昨年が2件ということで非常にふえておるわけでございます。それからイノシシの関係でございますけれども、こちらについては昨年がゼロでしたが、今年は9件というようなことで、それぞれ有害鳥獣の被害が今年は多かったということでお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 非常にそうした形の中で、今年は特に異常な状況の中で農産物、それから本当に熊の出没に関しては幸いにしてけががなかったということでありますけれども、非常に自然界の中での脅威というところで、それぞれ対策は講じている中でも非常に大変な状況だったかと思いますが、この辺の関係についてもさらに鳥獣防止推進協議会を通じてですね、またこれ以上に備えをし、それから対策を講じていただきたいなということでお願いをしたいと思いますし、現況行われております電牧、それから緩衝帯のかかわり、さらなる検証をお願いできればということでお願いしたいと思います。
 次に、林業の関係についてのお伺いでありますが、非常に今年は松くい虫の関係で被害木が相当散見されたわけだと思いますけれども、この関係について実際、伐倒薫蒸処理をなされた状況、その辺でお伺いしてまいりたいと思います。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 26年度の今年度の駆除の関係でございますけれども、春枯れ分の部分でございますが、6月までに処理済みについては133本ということでお願いいたします。森林等の保全巡視員からは、11月末までに松枯れ等の枯損木の報告が430本あったということで、そのうち今申し上げました春枯れ分の133本を6月末までに処理したということで、残りにつきましては現在、今月から作業に入っておりまして、来年2月末を目途に全量を伐倒薫蒸処理する予定でございます。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 年々増加傾向ということで、それぞれの対策が講じている形の中で、言っても大北全体の状況を見てもおわかりのとおり、ある程度限界点に近い状況まで蔓延をしているんだろうなと思いますし、またこの対策という形の中で、それぞれ対策を講じた殺虫であるとか予防という形の部分が推し進められていかなければ、なかなかその限界点という形の中で難しいかということで、それぞれの取り組みをお願いをしている形の中で、この数年のその増加傾向を見ていきますと、やはりほかの市町村のデータを見る限り、ぎりぎりのところに来ているのかなと思いますが、今後の対策というところで、もちろん前回の質問にも村長の話にもありましたように、松川村から松がなくなるわけにはいかないという形の部分がありますけれども、それ以上にやはりかかわりの可及的な形の中で非常にふえている形をとめるという、あるいは予防するという形の中で非常にこの部分が大事になってこようかなと思います。
 そこで、松川村には自然保護というか、すずむし条例という形があり、それからもちろん使われる農薬についての防除協定もある中ではありますけれども、今後の対策の中で緊急的な形がどうしても後追いになっていった部分については蔓延をしていくという形の中で、先日のあの家庭木の研修会にも非常の多くの皆さんがお越しになったというところから見ても、非常に村として家庭だけではなく、山林という形の部分がウエート的には多いわけでありますけれども、これについてさらなる緊急対策が必要ではないのかなと思いますが、その点ではいかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 前にも申し上げましたけれども、県とも、そしてまた国にもお願いをしましてこの対策に万全を期していきたいというふうに考えております。ただですね、その空中防除ということを言えば簡単なんですけれども、ちょっと私は今のところ空中防除までという考え方はありません。それにいく前に何とかしたいという考え方でいますので、もうしばらく時間をいただけたらというように思います。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) その中で、やはり地域の皆さん自体あるいは村民自体がやっぱりその異常事態という形を考える中で、やはり防除をやった形の中で、例えばその薬品の一部補助をして村全体でもって、そういった形で考えていくという形のお考えはございませんでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 御承知のように、1本高いんですよね。年数も何年ももたないということの中でですね、予算がたくさんあれば、そういうことにこしたことはありませんけれども、山のほうの木を全て樹冠注射をするというようなことはちょっと今考えられませんので、これについても何かいい対策がとれるかどうか今後検討してまいりたいというように思います。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) ぜひそんな形でもって、この異常事態を何とかクリアする形でお願いをしてまいりたいと思います。
 次に、前回そうしたことも含めて、私のほうから里山整備事業という形の提案をさせていただきましたけれども、その関係についてお願いをしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 前回の9月の定例会ですか、議員さんのほうから仮称ですが、里山整備事業というようなことで御提案をいただきましたが、相乗した効果で森林整備が期待できるということで、いわゆる森林事業体が行っておる除間伐事業、それから有害鳥獣の関係、松くい対策も含めた中で、村が行っている森林整備、それから県の治山事業等を組み合わせた中で、林産物の利用者、特に農業者の農業用の利用ですか、いわゆるその堆肥化とかそういうような形、それからまきストーブの利用者等も入った中での森林整備を行う中で、相乗的な効果が期待できるのではないかという御提案をいただいたわけですけれども、その関係につきましてはやはり今その里山が荒れているというようなことで議員さんのほう心配されているわけでございますが、確かに今みたいなエネルギー社会に入る前は山に入りまして、雑木をまきとして利用したりとか、あと建築材として立木を利用したりしていたため森林の機能が維持されておりましたが、現在、木材の価格の低下などによりまして山に手が入らず、国では補助金を手当てして森林機能を維持しているのが現状でございます。
 特に、国の補助を受けて森林事業体が行っている森林整備事業は、5ヘクタール以上の間伐面積の要件がございますし、またそれぞれ森林には所有者がございます。その方の個人財産というようなことで、森林整備を行うについても伐倒木なども個人の財産というような形にもなりますので、どうしてもそれぞれが協働での活動をしていくということになれば、森林利用者の理解、協力が不可欠な形となります。
 特に有害鳥獣、松くい虫対策など絡めた中で農業者、それからまきストーブ利用者などの林産物の利用者などを巻き込んだ中で、相乗効果を見込んだ御提案でいただきましたけれども、先ほど申し上げました森林整備事業との兼ね合い、それから所有者の理解、協力が不可欠なこと、それから作業中の安全面など、非常に解決しなければいけない問題等が想定されますので、御提案は御提案として今後実施していくかについては、さらに調査研究が必要と考えておりますので、よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 今お話の中で、前回も村長のほうからやはり基本的な個人財産という形の中でいきますと、当然個人の財産は自分で守るというのが前提でありますが、そうした呼びかけという形で小規模でもやはり村としては、そういった事業をしていくんだという姿勢が。私としては必要なのかなという形で考えて提案をさせていただいたわけでありますが、やはり今それだけ荒れている山自体がもたらすというか、その結果がどうしても山にも行かないという形の中で被害木自体の発生もあるいは出てくる、その有害鳥獣のさまざまな奥山が荒れていて餌もないという形の中で、鳥獣が里山におりてくるという形もあるわけでありまして、これについては長い期間をかけて、現況行われている事業の中での規制的な部分はあるかとは思いますけれども、いずれにしてもそのこと自体をやはり里山を守るという、それから森林の健全な何というんですか、本当に昔のような山に戻れる、それからやはり松川村としての売りは、そうした自然が豊かであるという形があるわけでありますので、その辺を長きにわたって検討いただければということでお願いをしたいと思います。
 できれば何とか行政としての位置づけの中で、森林を守るという形の何らかの形で、現況行われているその事業の規制というところから変えても、やっぱり村独自の歩みというのが何とかできればなと思って私としては提案をさせてもらったということでありますので、そんなことで御理解いただければということで思います。
 次に、農業振興の関係で、特に第6次総合計画ということ、当面来年のかかわりという形もございますけれども、選挙が終わって間違いなくこの方針でいくんだろうという形があるわけでありますけれども、特に農業振興の中で重要な、何年も何年もいろんな施策の変更の中で来ているわけでありますが、その中で第6次総合計画にうたわれている骨子について、特に国が進める施策、人・農地プラン、それからGAPに係る部分をどのように位置づけをし、前回の御質問の中でも話がございましたように、その部分については再生協議会等、骨子に基づいた実態を詳細に進めていくという形でお伺いをしていますが、その辺について骨子のみで結構でございますので、特にこの向こう5年間、31年までの間の関係で骨子についてお願いをしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 後期基本計画、農業の関係につきましては、前期5カ年の実績を踏まえた中で現在策定を進めておるわけでございます。その中で、国のほうで進める施策の中で農地中間管理機構による農地集積事業というものが大きなものとなっており、村のほうでもその関係に基づきまして人・農地プランの作成地区、これは11地区ございますが、その地区ごとの合意に基づきまして担い手への農地集積を図る1つの方法として、村の農業再生協議会でも位置づけをしていただきまして、現在それを進めていくことを予定しております。
 それから、先ほど申し上げられましたGAPの関係でございますけれども、環境に配慮した農産物の生産ということでございますので、安心・安全な農作生産の推進の取り組みとして位置づけていきたいということで考えております。特に今、米価の下落の関係でございますので、JAのほうでも米プラスワンというようなことで、いわゆる園芸作物のほうへの複合経営化ということで提案されておりますので、それについても村のほうとしましても位置づけの中で推進していくような計画をしております。
 それから、一番あれなんですが、大規模農家育成だけではなくて、中小のよくある農業者についても支援をしていきたいというような形をそれぞれ考えています。そこら辺のところを一応骨子としながら計画をしてまいりたいと思っておりまして、農業委員会、それから村の農業構想政策等の意見も聞きながら策定をしていく形になりますので、お願いいたします。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 今、課長が言われた形の中で、特にそれぞれ松川村の個々の農家が抱えている部分を今言い尽くしをしていただいたと思うんですが、やはり国が進める施策に基づいて大規模にし、コスト低減を図り、安定経営を目指すというところでやっておりますが、御承知のように今回の米価の下落によって、そうしたコスト低減はもうこれ以上できないという形のくらいに追い込まれている中で価格低迷が起きていると。
 規模的に経営安定という形の目標で集積した大規模農家自体が、その部分でのダメージが大きいという実態という形を考える中で、やはりそれぞれこれから骨子の要旨の中にも、具体策の中にもございましたけれども、方向性としてやはりもうその先の経営体はそういった形でもって十分に守っていくという形があろうかと思いますけれども、その先の施策まで考えていかなければならない時期に来ているのかなというところで、前回も申し上げましたように、酒造用米の力を入れるという形で骨子の具体策の中にもありましたけれども、その辺について村の考え方ということで、あそこにも出ておりますけれども、その辺の具体的な形でどのように進めていくのかという形をお伺いしたいことと。
 それから、やはり先ほど言われた中間管理機構、あるいは松川村の歴史の中で非常に営農支援センター中心でもって順調にやってきた形の中で、国の施策が掲げられた既存の部分と、それから新た形とのマッチングの中で、やはり地域的な格差あるいはそれぞれの集落営農、あるいは大型農家自体が抱えている幾つかの問題も出てきている部分なので、その辺をどのような形の部分で誘導していくかという形でお伺いをしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 昨年12月の25日に行われました北安曇の地方事務所の再生協議会の中で、私はちょっと物議を醸し出しました。そういう中で今年は割り当てはせず、割り当てというか強制的なものはせず、自主判断にしていただくということで減反、生産調整については協力をさせていただいたわけでありますけれども、そういう中で今言われましたように、酒米がふえてきたと。収蔵庫の中へ初めてお米が入って、11月1日には酒祭りができたということで感謝をしているところでありますけれども、これからも松川村の酒米をたくさん買っていただいてということも蔵のほうへお願いに行ってまいりました。そういう中で26年はちょっと無理かもしれないが、27年度からは村のお米を相当買っていただけるという約束もしていただいてありますので、そこへ力を入れていきたいというように考えております。
 それから、米プラスワンということが一番前から言われているんですが、松川村の農家の皆さん、結構年を召してきているという中で、そのプラスワンがですね、なかなか厳しいと。もうこれは議員も御承知のとおりだというように思います。厳しいけれども、じゃあこれでいいのかということもですね、そのままにしておくわけにはいきませんので、何とか協力できる体制を村がとりまして、酒米をつくればですね、酒米をいい単価で買っていただくような方策を考えていきたいというように思います。
 細部については経済課長に答弁を任せます。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 最初の酒米については村長のほうで申し上げましたので、あと農地の中間管理機構の関係でございますが、これは先ほど申し上げたとおり、本年度からこの機構ができたわけですけれども、そこへの農地の集積の関係につきましては、先ほど申し上げたとおり人・農地プランの作成地区ごとに、それぞれお話し合いをしていただいて、農地の出し手の方から担い手の方に中間管理機構を通じて農地の集積が図られるような形をとっていくということで位置づけをしておりますし、その事務については村の農業再生協議会が事務を行っておりまして、既にマッチング協議等もそこでなされております。
 今後は農業委員会の審査、それから意見等をいただきながら、機構のほうへ出していくような形になりますのでお願いしたいと思います。この関係については、それぞれ受け付け等は通年行っていくような形になりますのでお願いしたいと思います。
 それから、あと支援センターを中心としまして、新たな政策の中でどのようにしていくかということでございますけれども、確かに国のほうの政策大きく変わっておりまして、多面的機能の支払交付金等、旧の農地・水保全管理支払い等も制度が変わったとか、そういうような形もございますけれども、支援センター、村経済課とも連携しながら、またそれぞれの組織の皆さんと話し合いを通じながら、補助事業、新しいものもできておりますので、それらを活用する中で進めてまいりたいと思います。
 特に、集積の関係とかそういうものについては、集落営農組合、それからその大型農家の方も巻き込んでの大きな事業になってこようかと思いますけれども、それぞれの皆さんの意見を広く聞く中で、それぞれ補助を活用できるものは活用しながら村の農業が一番苦しいときでございますけれども、少しでも向上できるように努めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 今おっしゃられた形の中で、当然そういう形で進められていくという形はわかるわけでありますが、やはり個々の経営体あるいは集落営農組合、それから農地・水・環境保全組合、それぞれの非常にその取り組みの中での温度差が非常にあるかなという形があるわけであります。その辺を全体の形の中で周知徹底的なところをぜひ行政の段階でそれぞれの機関、それから会議体を通じた形の中で村民が周知できるような、そんな形でお願いできればということでお願いをしたいと思います。
 それからあと、特に27年度から畑作物の直接支払交付金、それから収入減少影響緩和対策という形で体制的な形がとれるという形でお聞きをしていますが、その辺の内容についてお伺いをしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 細部についてはちょっと資料を持ってきていないもんですから、ちょっと通告にないものですみませんが、それぞれこちらのほうについてもいわゆる認定農業者とか、あと大規模農家の方のほうの支援のほうに回っていく部分が非常に大きいかと思いますけれども、その中でも補助をなるべく活用する中で、それぞれ農家の皆さんの所得向上が図られるような形での取り組みをしてまいりたいと思いますのでお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) そういう形の中で、今年後期の基本計画の中にうたい込まれている部分について、大枠の骨子はそういう形でいいかと思うんですけれども、それぞれそれを具体化していくそれぞれの部分の中で各部会、それから会議体の中で十分にその辺の中身の検討をさらにお願いをしたいと思います。
 それから、やはり進めております稲プラスワンということで、それぞれ5品目の定着という形で進んできておりますが、やはりやれる可能面積、プラスワンの部分がかえって重荷になってしまって、本部分がなかなかうまくいかないというところが、そこら辺の問題点ではないかなと思うので、JAなり、それから普及所が進めている形の部分をさらにその中身の検討を十分にした上で、やはりその辺の品目的な誘導をぜひお願いをしたいと思います。
 以上で、農林業関係終わります。
○議長(平林寛也君) これで農業林業振興関係の質問を終わります。
 続いて、質問事項、医療・介護関係の質問を許します。平林議員。
◆10番(平林幹張君) 時間の関係ですみません、なかなかうまく質問ができなくて申しわけありませんが、次に医療・介護の関係でお願いをしたいと思いますが、特に地域医療というところが今般は白馬、小谷において非常な地震災害ということで、非常に村のほうからも各それぞれの形の中で対策が講じられてきておりますけれども、その中で特に災害時の医療体制というところで、具体的な形の中でどうなっているのかという形をお願いをしたいと思いますが、この関係ではやはり私が知る限りのところでいきますと、緊急支援という形でDMATも当然動いている形でありますけれども、なかなかその支援の状況の中で搬送、それからその先の緊急手術の状況を見てまいりますと、この大北広域においてという形の中で、非常に不安があるかなと思っております。実際上の災害時の医療体制の基準についてお願いしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 大北地域におきましては、大北地域包括医療協議会、これは私ども市町村、そして各医療機関、病院、消防署、警察もろもろの関係者で構成されておりますが、そこにおいてですね、災害緊急医療体制の確立整備を行っているところであります。
 具体的には、大規模災害医療救護計画というのを立てておりまして、最近では平成23年度に東日本大震災がありまして、それを受けてまた見直しを行っているところでございます。さらに毎年ですね、関係機関で計画の課題とか今後の方向を検討して、協議を重ねて実働的な体制の確立を図っているところでございます。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) この関係については、ちょっと災害のところでさらにちょっとお願いしたいと思いますので、ただ、その中でこの地域、その災害の組織があるんですが、その中での医療部分というのはなかなか即時、動かなきゃならないというところでなかなかそういう形の部分というのか難しいんではないかなという形に思っております。
 と申しますのは、やはりそれだけの形の組織があるわけでありますが、実の中でいきますと災害拠点病院である大町病院、それから2次が安曇病院ということで、この地域はそういう形で守られているということがあるわけでありますが、実際の形の中でやはりそこが十二分に機能しているのかという形を、特に大北広域の中で、それから先ほど言われた組織の中でぜひ検証をお願いしたいという形でお願いをしたいと思います。
 次に、高齢者福祉の関係についてお伺いをしてまいりたいと思います。特にこの関係での充実という形が非常にあるわけでありますけれども、すみません、間違えました。質問を変えます。すみません。
 予防健診の関係でお伺いをしたいと思います。
 松川村は、男性長寿日本一という形で、それぞれの施策が講じられた結果という形で特に思っているわけでありますが、そこの中で重要なところがこれからもそうでありますけれども、やはり予防健診事業という形が重要になってこようかと思います。この関係で、非常に村としてはそこに予算を十二分に入れていただいて、ここの補助も行っているわけでありますけれども、その強化策ということで非常に福祉課中心に推進をしていただき、それから補助率も上げていただき、進めておられるということでありますが、ここら辺の実態を教えていただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 今、議員さんおっしゃられましたように、補助率ということで一般的ながん検診を中心とした健診ということですね。国民健康保険に入っている方を対象にした特定健診という形があるんですが、一昨年、その自己負担割合を1,000円以下の健診については無料に、1,000円以上のものについては、今まで3割ほど保険の医療と同じ形で3割の自己負担をお願いしていたんですが、それを1割にという形で大幅に自己負担分を減らしまして、補助率をふやして、そういう中で健診を受けていただく方も大分ふえているという状況でございます。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) その中で特にドックの国保の関係で、非常に十二分に他の大北の管内の市町村よりも多くの補助をつくっていただいて、26年度に改定をしていただいたということで聞いておりますけれども、その中で一番重要になってこようかと思うんですが、特に日帰りドックについては平均よりも高いというところで、大町よりも若干は安いですけれど、というところはありますけれども、1泊2日ドックの関係につきましては、日帰りも1泊2日も同じ補助金率だということで、実態とすれば金額的な形の中で1泊のほうが大きくなるわけでありまして、よそのところは1泊とそれから同率というところは少ないわけでありまして、この辺の部分について、もちろん予算的なものがありますけれども、今後、その検討がいただけないかというところが1点であります。
 それから、いわゆる75歳以上の方についての補助というところが、他の市町村で出ている分については金額的な形の中であるわけでありますが、実は、その後期高齢化、それからもちろん福祉的な形の中で出てくる部分もあるかと思いますけれども、後期高齢者の方に何らかの形のそういう補填ができないだろうかという形で御質問したいと思います。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 福祉課長が申しましたけれども、それぞれ対応をさせてきていただいております。ドック等につきましても補助率を上げてまいりましたけれども、まだ不足だという議員の質問でございますので、これについては今後検討してまいりたいというように思います。
 それから75歳以上、後期高齢者についても何とか対象を広げられないかということでありますけれども、これについて即じゃあ今の3割が2割になる、1割が2割になるからみんな上がっちまう、今まで3割の人が2割になれば下がるでいいじゃないかというような話もありますけれども、これについても今後十二分に検討しましてですね、男性長寿日本一、これ女性も今度日本一を狙っているんですけれども、そういう中でできるだけのことはしていきたいというように考えております。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 当然26年度の改定の中で、よそにない脳ドック検診については、ほかの大北管内にはない部分での補助をいただいているという形は、私、十分に承知をしているところであります。しかし、当然予算枠という形がある中で、やはり基本的な形の中で検査内容が十分になる1泊2日というところと日帰りというメニューの中での価格差が当然あるので、その辺をぜひお考えいただきたいなと思った部分でありますので、そんなことでお願いしたいと思います。
 次に、高齢者福祉の関係でお願いをしたいと思いますが、それぞれ福祉の関係について非常に、先週も研修会で議員それぞれが勉強した介護の部分でありますけれども、やはりそこら辺の充実を図っていく中でいきますと、今後において施設的な部分は当然限定されてくる中で在宅看護という形が主力になってこようかと思います。
 その中で、やはり今一番医学上うたわれている形の中で、口腔ケアという部分が非常に介護状況の中で重要視されています。この関係、普通の体的な部分での機能という形ですと、それぞれPT・OTを使って機能訓練をしながらというところでありますが、口腔ケアに関してはやはりいわゆるケアマネのメニューの中で、歯科医師、それから歯科衛生士それぞれの御協力がないとなかなかできにくい分野だという形があるかと思いますが、現況、その中で実質在宅介護サービスのメニューの中、あるいは施設の通所の中で口腔ケアについてはどのような形で実態としてやられているのかという形でお伺いしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 介護保険認定者の中で今言われましたような通所介護をされている方につきましては、事業所内において歯科衛生士等で口腔ケアや口腔機能向上プログラムを実施しておりまして、そこの中でチェックを行っている状況でございます。また、ヘルパーさん等を使っている皆さんにつきましてはヘルパーや訪問看護師による口腔ケアや口腔内チェックを実施しまして、必要があれば歯科診療につなげているという状況でございます。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 口腔ケアイコール嚥下障害という形も非常にそうしたことをやることによって大分改善がされ、それからそれによって食として口からしっかり食べるという形が、また機能回復に大きく影響するという形で、つい最近報道がされておりまして、何とか要介護の度合いを軽減する措置として十分にこの辺をメニューの中に組み入れてお願いをしたいなと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 次に、生きがい対策という形で、特にこの地域においても認知症の部分が非常に取り沙汰されているところでありますが、村の取り組みとして非常に講演会、講習会、それからそれぞれの中でもって社会浸透を図っていただいているというところでありますが、その辺の実態について教えてください。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 平成22年度から認知症の方のサポーター養成講座というのを今までずっとやっておりまして、延べ、今年途中までですが、33回、それで参加者が763名おります。それと同じように各事業所でですね、認知症の方のケア等もやっていただくのと、あと最近ですね、村でも認知症カフェというような形で介護する皆さんや認知症の皆さん、そして地域の皆さんに集まっていただいて、認知症がどういうものかということを利用しながらやっていただいていると。また、昨年度から国の補助事業をいただきまして、認知症対策の相談員と専門員というような方を置いて、そういう事業においても力を入れているという、そういう状況でございます。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) それぞれ長寿を目指す形の中で、認知症問題というのも非常に大きなウエートを占めてくるというところがありますので、ぜひこの関係をそれぞれ頑張っておられることはわかるわけでありますが、浸透率を向上させていただくという形でお願いをしたいと思います。以上です。
○議長(平林寛也君) これで医療・介護関係の質問を終わります。
 続いて、質問事項、災害対策関係の質問を許します。平林議員。
◆10番(平林幹張君) 時間の関係があってなかなか全ていきませんが、先ほども少しちょっと触れさせてもらったんですが、災害の関係の災害時の医療体制というところでお願いをしたいと思いますが、実際の災害の救援、それから支援ということで、この北アルプス広域におけるその基準的な部分、それから当然市町村間で先ほど言われた、その大北の災害対策という形があるかと思いますが、その辺で具体的な今回の状況も踏まえて、具体的にどんな形になっているのかということでお伺いしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) 今回の北アルプス広域の基準という形の中で、今回の地震災害についてのどういった形だったかということをお話ししたいと思います。
 まず、広域の関係、消防署の関係になるかと思いますが、最初に、そちらのほうでは北アルプス広域消防計画に沿って行動を行ったということを聞いております。それはどういうことかというと、震度5弱以上の地震が大北地方に発生したということがありまして、その基準に基づいて職員等が参集し、対応をしたということで聞いております。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) すみません。時間がないもんで詳細にできなくて申しわけありません。そういうことの中で消防隊についてはそういうことでありますけれども、先ほども少し触れさせてもらった医療体制というところで、やはり緊急対応という形の中で具体的に医療の部分でなかなかそこら辺がうまくいっていないんではないかなという形が懸念されますので、先ほど申し上げたように大北の医療圏の中でのそれぞれのところでそこら辺の検証をぜひ、そこへ参画の理事者の皆さん、そこら辺の検証をぜひお願いをしたいという形で申し上げておきます。
 それから、具体的な支援の関係でお伺いをしたいと思いますが、それぞれいわゆる今回は村でしたけれど、村から村への要請という形があったかと思いますが、どの範囲でどういう形で進められたのかなという形でお伺いしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) 支援の方法ということで長野県市町村災害時の相互応援協定というものがありまして、そちらに基づいて対応したところであります。今回の要請につきましては人員の派遣が主な内容でございます。それで職員等を派遣をかけて対応をしたという内容でありますのでお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 時間の関係がありますので、いわゆる防災対策についてお伺いをする予定でございましたけれども、次回に持ち越しをさせていただきたいということでお願いしたいと思います。
○議長(平林寛也君) もう2分、まだ3分ありますが、よろしいですか。
◆10番(平林幹張君) いいですか。すみません。
○議長(平林寛也君) もう1つぐらい、ぜひお願いします。
◆10番(平林幹張君) すみません。それじゃあ特に防災対策ということで、先日、村長からの御挨拶の中にもありましたように、今も降っている雪に対しては十二分に進めていただいた形でありますけれども、今後における形の中で今回起きた地震、あるいは今年は本当に災害があった年であります。松川にとっては非常にそういった災害が少ない村でありますけれども、やはりその危険度、それからそういった形についての基準が求められるのではないかなという形があります。
 あわせて、実際地震についてという形で、断層の関係があるわけでありますけれども、私の承知している部分でいきますと、お隣、池田町のかかわりで地籍的には松川にかかっているところがあるのかなという形がありますし、昔から聞いている城山断層というもの自体が本当にあるのかないのかということもちょっと自分ではわかっておりませんので、その辺についてお伺いしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) 断層の関係ですけれども、議員さんおっしゃられるように、村の東側に糸魚川静岡構造線の断層帯が走っております。城山断層については把握をしておりませんのでお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) そういうことで、私も知る限りのところという形でいいという形の認識をしましたけれども、想定される形の中でそれぞれの基準的な部分、それから地震についてはもう早急にそんな形で、その事態によってという形がありますが、特に避難経路、災害時の避難経路的な部分、それから医療的な基準的な部分については次回御質問したいと思います。すみません。
○議長(平林寛也君) これで災害対策関係の質問を終わります。
 以上で、10番平林幹張議員の質問を終わります。
 ここで11時20分まで休憩いたします。
                               午前11時00分 休憩
                               午前11時20分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 続いて、順位2番、11番百瀬清議員の質問事項、村の農業振興策の質問を許します。百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) それでは、村の振興策について質問させていただきます。若干ちょっと動揺しておりますけれども、それに負けないようにやりたいと思います。
 村長は、常々村の基幹産業は農業であると言っておられますが、これは今も変わりありませんでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 議員、おっしゃるとおりです。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) わかりました。平林村長は一貫した理念をお持ちで、農業関係者一同、大変心強く思っておると考えております。今、松川村の農業の中での主要生産物は米と果樹だというふうに思います。しかし、現在、TPP交渉も進行中ですし、本年度の米価見通しも超安値ということで米農家はささらほうさらの状態にあります。
 ところで、TPP交渉の是非について改めて村長のお考えを教えていただけますでしょうか。それともう1つ、松川村農業の今後の課題についてどんなふうにお答えでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) TPPの問題につきましては、メリットもデメリットも私はあると思います。メリットはいろいろなものを生産して海外へ輸出される方についてはメリットがあるんじゃないかと、ただ農業につきましてはデメリットの部分が多いというように思っております。何がということは言わなくても議員おわかりだと思いますので省略をさせていただきます。
 それから、今後の農業と言われましたよね(「はい」の発言あり)それでいいんですよね。今後の農業につきましては、先ほど議員が言われましたように、松川村は農業を基盤としてここまで栄えてきたというように誰もが思っているというように思います。そういう中で、この先人たちがすばらしい農地を残してくれましたので、その農地を子や孫に私は残していかなければいけないというように考えております。
 じゃあ残すにはどうしたらいいかということを考えなければいけないわけでありますけれども、昨年、国はあと5年間の間で生産調整はやめますというように言われました。残り4年間であります。そういう中で、私は村の皆さんにどうやっていったら生きられるかと自分で判断をしてほしいということの中で、今年の生産調整につきましては強制はいたしませんでした。自分で考えた中でいろいろの判断が出てきているというように思います。酒米をつくって酒に変えて出そうと、私もこれは大賛成でありますので、それぞれの酒蔵も回ってまいりました。そして収蔵庫につきましても議会の皆さんの御理解を得る中で調整をさせていただいております。また、松川の酒米を使ってお米をつくっていただいている方においでをいただきまして、11月1日には280名限定ということのなかで酒祭りをさせていただきました。
 昨年6月の12日に、台湾の鹿港鎮との友好協定を結ぶことができました。そういう中で中学生の交流につきましては今年の3月と、それから向こうからは8月においでになりましたし、来年の3月も今年の約倍近い方が鹿港のほうへ行っていただけるということが決まっておりまして、11月に私は向こうへ選挙の応援というかですね、鎮長(チンチョウ)に会いに行ってまいりました。そういう中で向こうの中学校の校長もおいでになりまして、ぜひ去年の中学校ばかりじゃなくて、私の中学校のほうへも子供をよこしてほしいというように要請をされてまいりました。こういう中で、教育長も今年は自費で行っていただいておりますので、中学生の派遣についてはある程度筋が見えてきたかなというように思っております。
 今度は松川村でつくったお米を酒にかえて、この酒を台湾へ持っていきたいという考え方で、先日もロータリークラブの皆さんに、松川の酒を持っていきたいからぜひ向こうのロータリーの皆さんと話をつけてほしいと、それで来いと言うなら私はいつでも行くという話をしました。応援要請をしてございますので、精いっぱい松川に酒米をつくってもらって、それをしっかり蔵に買っていただいて酒に変えて持っていって売ってきたいという考え方でおります。ですので、農業につきましてはやっぱり自分で生きる道を探してもらいたい、村も一生懸命応援をする、そういう考え方であります。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 今、村長のほうで私がこれからもうちょっと細かくやろうと思ったやつを先にやられましたので、そこにないところをちょっとお話をしていきたいと思います。
 米のミヤマニシキが収蔵され、11月1日には酒米収蔵記念に日本酒品評会のイベントが開催されました。このイベント開催については村長の熱い思いがあったふうにお聞き、今の御回答で私はよくわかりました。それを聞いて本当に安心しております。よくわかりました。
 お聞きしますと、酒米の量は30キロ紙袋で1,200袋の30トンだそうですが、これは全量池田町の大雪渓酒造との契約分と考えてよろしいでしょうか。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 酒米の関係につきましては、収蔵庫のほうに置く部分につきましては、お話しの中では60キロ入りの換算でございますが、1,000俵置くということでお話を聞いております。先ほどの大雪渓との契約については、それぞれの契約の関係でございますので、こちらのほうではちょっと関知しておりませんが、よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 御存じのように、私も用途は違いますが、販売の食味鑑定士を務めさせていただいております。こういう関係からも生産者と従事者との直接売買のビジネスは、今後、松川村農業振興策のモデルケースにもなるはずです。だから、個人的にも大変うれしく思っているところです。そこで私見を含めて質問したいと思います。
 さらに、大変よかったなと私が思っている点が2つあります。1つは、建物存続決定後、耐震補強工事を行って以来、非常に長い間、本格的使用目的が決まらず、多くの村民が疑問を持っていたあの旧第2倉庫が、本来の農業振興目的のために使われることになったということ、これが1つでございます。2つは、昨年12月に世界無形文化遺産なった和食が注目され、その関連で日本酒も世界中に流通するメジャーな存在なった現在、松川村産の酒米でつくられた酒が世界各地で飲まれるようになれば、農村観光として村の地位も高まって、大きな経済効果が生まれるはずです。
 以上の2点から、私は改めて酒米収蔵庫の今後の活用に大いに期待をしています。そこで、これら2点について村長のお考えをお聞かせください。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 非常に長い間という、「非常に」という言葉を使われました。私は非常には長くないというように思っております。あの中にはそれぞれ村民の皆さんから出していただきました農具等が展示をされているということの中で、全然決まらなかった、使い方が決まらなかったという今言い方もちょっと腑に落ちないわけでありますけれども、議員のおっしゃいたいことがわかりますのでそれはそれといたしまして、今後もですね、松川村の酒米をあの中へ入れて、そして使っていきたいという考え方であります。
 それから、酒について大いに期待をされるということで、和食が世界遺産になったということの中で、おっしゃるとおりであります。そういうのをですね、力、底力にしてもらって、何とか松川村の農家の皆さんが生きていける方策を考えたい。
 それから、議員は前にもお魚、魚屋さんとのルートがありますので、ぜひそのルートを使いまして、再度使っていただきまして、酒米じゃなくて食用米も改めてまた東京のほうへ出せるような方策を考えていただけたら、私どもも一生懸命一緒にやらせていただくというように考えておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 今、村長のおっしゃるとおりでございます。今、私も東京の魚屋さんとは、今、アポイントをとり中の状態でございます。
 あわせて、来年度以降も先日のような日本酒のイベントは継続実施する予定はあるのでしょうか。また、開催時期は例えば新酒蔵出しのころにするとか、より効果的なタイミングを考えることや今年の4倍から5倍の参加者を募集するとか、企画をじっくり練り直すことも重要ではないかと考えます。このあたりについてお答え願いたいと思います。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 予定はしております。ただですね、あそこの場所は御存じのようにもう屋根がないわけであります。寒いときにできるかどうかということもちょっと検討しなければいけないというように思いますし、もっと大勢の方に来ていただければ、それはそれとしてうれしいわけでありますけれども、そこら辺につきましては今後また職員とともに考えてまいりたいというように思います。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) ここで、続いて関連の質問に入っていきたいと思います。現在、ほとんどの酒造メーカーでは、酒米の流通は30キロの紙袋ではなくフレコンを使用しています。今後、そのような要望がメーカーからあった場合、保管体制などのどのような対応が必要になるでしょうか。例えば紙袋からフレコンへ切りかえることで、建物内部を改築するとかの必要はありませんか。また、今後倉庫全体を使用するような大量の酒米の取り扱いが期待できるめどはついているのでしょうか。酒米の供給量拡大のために行政としての市場開拓などサポート体制は考えておられますか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) あれをですね、大規模に改築するわけにはまいりません。これはまた教育長のほうから細かく答弁してもらいますけれども、そういうように私は思っております。
 それから、フレコンをやっていただくかどうかはですね、農家の皆さんと話をしていかなければいけませんので、これについてもそういうことということが、つくっている人たちがわかっていると思いますので、それなりの対応をしてくれるというように思いますし、もしそういうようになったらですね、私も倉庫のほうも対応をとっていかなければいけないだろうというように思いますので、今後の皆さんとの研究の中で対応をとっていきたいというように思います。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 御案内のとおり、登録有形文化財ということで国からの指定を受けているということになります。内装的に構う分についてはさほど問題はないんですけれども、あの建物自体という意味合いの中で指定を受けているわけですので、中の戸を大きくするとか、そういうことについては文化庁のほうと協議をしないと今できるできないということは、すみません、明言できませんのでよろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 先ほどのフレコンの関係でございますけれども、やはり酒造会社のほうも先ほど議員おっしゃられたとおり、紙袋よりもフレコンのほうが作業効率が非常にいいもんですから、そういう希望もあることも聞いておりますので、その対応は可能と思いますので、それについてはまた農家の皆さんの要望に従いまして対応してまいりたいと思いますので、ただ、先ほどそれぞれ教育長のほうからも説明ございましたが、改修等はできないような状況ですので、今あるもので活用できるような形でお話をしていきたいと思いますのでお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) それでは、その辺の検討をよろしくお願いして、これと関連しますが、今後、株式会社乳川の里以外の法人または個人が、同様の目的で収蔵庫の借用を希望した場合は可能でしょうか。また、その際使用に関する規約等は定められているでしょうか、この辺についてお願いします。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) そのときにお話し合いをさせていただきたいというように思います。あそこしかいけないということは言わないつもりです。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) よくわかりました。次に、もう1つ教えていただきたいと思います。旧第2倉庫は酒米収蔵庫となる以前は、昔の農機具や生活用品を農家などから集めて展示施設として村民に農業の歴史や文化を伝承していくという目的だったと理解しております。したがって、私は知っている範囲ではたしか管理主管は教育委員会だったと思います。
 そこでまず、この収蔵物は今後どうするのかを教えて、これは教育委員会の関係かなというふうに思いますが、それと今度は酒米収蔵庫としても使用するわけですが、管理主管は経済課になるんでしょうか、その辺がいま一つわからないので教えていただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) まず第1に、先ほど村長申し上げましたけれども、民俗資料について村民の方から1,100点ほど寄贈を受けております。ただ、若干酒米を入れるために整理を若干させていただきましたけれども、ほとんどのものがあそこにあるということ、それから一番西側の部屋においては、議員おっしゃられたように農業の歴史的なもの、そういう部分についてわかるような形で展示をしてございます。それから一番東のところは、その予備といいますかね、いろいろな御寄附をいただいたものを保管しているという状況です。この活用につきましてはいろいろ検討をし、ある大学とのお話し合いということで全議員さん等にも説明等あったわけですけれども、当分の間は民俗資料の展示、保管として使うという意味合いで御了解をいただいたというふうに思っております。
 今回、その酒米を保管をというようなお話の中で、真ん中の部屋を整理をして、そこにお貸しをしているわけですけれども、それについては管理は教育委員会ですので、経済課がその間が入って、我々としてはその改修とか使用法法については協議をしながら条件をつけたりしてやってきているという部分です。その後で全体的に違う部屋も酒米という部分になると非常にその民俗資料についてどこへ持っていかなければいけないというような問題も出てきますので、それについてはいろいろな部分で各課を挙げて検討をする必要があるというふうに思っております。
◆11番(百瀬清君) 経済課は今のあれでいいですね。
○議長(平林寛也君) ちょっと暫時休憩します。
                               午前11時40分 休憩
                               午前11時41分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。教育長。
◎教育長(西澤勇君) 所有、指定は村の所有物ということです。管理は教育委員会が管理をしております。お貸しといいますか、契約によってお貸しをしているわけですけれども、それについては村長名で当然契約をしているという状況です。管理につきましては先ほど申し上げましたように教育委員会が管理し、その使用等につきましては庁議等で全体的な話の中で今回お貸しをするというようなことになっておりますのでお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 大体理解できました。酒米販売を通じて農業振興に行政が大変力を入れていることを改めて確認させていただき、ありがとうございます。続いて、松川村農業の振興策についてぜひ検討していただきたい件がありますのでお願いします。
 昨年10月26日、東京銀座の一等地に長野県が銀座NAGANOを出店しました。信州ブランドや原産地呼称管理制度認定品が展示販売されています。御存じかと思いますが、これが開店のパンフレットでございます。もう配られていると思いますので簡単にあれしておきます。これが開店のパンフレット、今お見せしたのが開店パンフレットでございますが、ここに元気なふるさと長野県町村会のコーナーがありますよね。そこで質問ですが、我が松川村の農産物とは加工食品も含めますが、このショップを活用して展示販売して松川村をPRするようなことは考えられませんかね。もし来年度あたりに具体的な計画でもありましたら教えてください。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今年の10月26日にオープンしたのだと思いますけれども、去年じゃなくてですね、今年です。御存じのように11月の8日、9日が大北の全市町村が行ってやったと。松川村は11月の14日が割り当てられておりましたので、広告宣伝、そしてまた販売に行ってまいりました。約450名の方においでをいただいたわけでありますけれども、来年度以降につきましては県のほうと調整をしながらですね、あそこで使わせていただけるものなら使って宣伝をしていきたいというように思いますが、使用料がですね、まだ聞いていませんので、高いということだけは聞いております。それが松川村にとってプラスになるのかマイナスになるのか、そこら辺のところもよく検討しながら、できるだけ利用させていただいて松川村を売っていきたいという考え方は持っております。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) ただいまの村長の使用料の件がわからないということで、こちらのほうで調べてありますので。2階のイベント料金というのは1時間6,000円だそうです。確かに高いです。そういうことで、これで1番の農業振興についての質問を終わります。
○議長(平林寛也君) これで村の農業振興策の質問を終わります。
 続いて、質問事項、村の防災対策についての質問を許します。百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 続きまして、2番目の質問に入っていきます。村の防災対策について質問させていただきます。
 御存じのとおり、昨今は日本各地で天災が多発しております。特に長野県では7月、台風8号の豪雨で南木曽町における土石流災害の発生、9月27日には御嶽山の突然の噴火により大勢のとうとい命が失われました。さらには、ついこの間11月22日の夜間に、最大震度6弱の神城断層地震が発生、松川村でも震度4の大きな揺れを感じ、私たちに大きな恐怖を与えました。同じ郡内の白馬村神城での建物、道路、田んぼなどなどの被害はまことに甚大でありました。実は私もあの周辺には友人、知人が多く、11月の最終週末には復旧ボランティアとして現地に向かい、瓦れきの撤去のお手伝いをしてまいりました。もともと高齢者の多い地域でもあり、何十年も住みなれた自宅が使用不能となった方々は見ていられないほどお気の毒な状況でした。決して他人事ではないといささかな暗い気持ちで帰宅してまいりました。
 しかし、あの神城、堀之内地区76世帯220人の住民が、ちなみにここは65歳以上の比率が45%だそうですが、死亡者ゼロというのは全壊住宅が23戸、半壊が13戸という中ではまさに奇跡としか言いようがありません、損壊率47.4%の。そこでこの事例を他山の石として、私ども松川村が今後どんな防災対策を進めていくのかについて若干の質問をいたします。
 今回の小谷・白馬・大町市美麻地区の地震被害について、松川村長はどんな感想を持たれていますか。お尋ねします。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 11月の28日に白馬、小谷へお見舞いに行ってまいりました。148が通れませんで、山のほうを回りまして小谷まで行ったわけでありますけれども、大変な災害だというように思っております。特に、白馬の堀之内のうちが潰れているところもしっかり見てまいりましたけれども、断層によります地震は道を1本挟んで反対側は何ともないと。そして道の反対側はうちが潰れている。大変だなというように思って見てまいりました。
 この前も申し上げましたけれども、村としまして3市村にお見舞いを差し上げてありますけれども、松川村はなくてよかったというように、本当の気持ちのところはそうであります。松川村であれが発生したら大変だったなというように思いますが、松川村はおかげさまで助かっている。本当にありがたい幸せな土地だというように思いました。これが心の中から思った気持ちであります。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 今の被災地の私が行った写真がこんなような形で撮ってありますが、皆さん新聞等で見たので御存じだと思います。
 それでは、今回白馬村では行政指導で地震発生後たった4日間で約300人の被災者受け入れ施設を確保したそうです。無論、地域特性から民宿やホテルが多く、これらを活用できる有利性があることは事実ですが、これから豪雪の季節を迎える被災者にはとてもありがたい話だと、村民は行政に大変感謝をしていました。
 これは私が神城に行ったとき、地元の人たちから実際に聞いた話です。今回のような災害発生の場合、まず自助が基本ですが、一番大切なのは共助であることは、今回の神城断層地震の教訓からもよくわかりました。ですから、公助できることは公助機関の被災なども想定するとほとんどはないのかもしれません。それでも、全く仮の話ですが、万が一松川村で同様の災害が発生した場合、とりあえず村で考えている仮設住居施設の収容能力はおよそ何人分くらいと考えたらいいでしょうか。またこの場合、具体的な避難、宿泊場所としては今どんな施設が想定できますでしょうか。お願いします。
○議長(平林寛也君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) 収容施設ということでお話をさせていただきたいと思います。村の地域防災計画の中に避難施設というものを指定してありまして、そちらのほうで小学校の体育館でありますと収容人員が700名、中学校の体育館で650名、それから南部会館で250名、そういった形で各大きい施設について収容人員を定めております。そんな形で対応を図っている状況でございます。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 今、行政としての危機管理体制がますます重要な時代になっています。こういう場合、公共施設を中心とした一時避難場所等の事前確保は早すぎることはないと思いますので、ぜひ早めの検討をよろしくお願いします。
 では、次の質問に入っていきます。今回、神城・堀之内の区長が何回もテレビ局の質問に答えていましたが、被災規模に比べて死者がゼロだったのは、地域のみんながお互いに顔と名前がはっきりしていたことだと繰り返し話をしていました。あそこは昔から集落で気寄りもよく、76世帯220人と小ぢんまりとした地域のため、今回のような場合、非常にスムーズな対応ができた背景だと思います。そしてこれがまた、まさに災害時の互助・共助の大切さがわかった好事例だと思います。松川村もいざというとき、こんなふうにならなければいけないと改めて感じています。
 そこで質問ですが、松川村でも数年前から災害時支え合いマップで各区で作成していましたが、現在は全ての区で完成されていますでしょうか。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 平成25年度で全17区で完成しておりまして、毎年それぞれの区によつて更新という状況になっております。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) それに今回の地震の教訓から、行政主導で各区、自治組合と防災に関する体制の再確認を行ったり、改めて村民全員参加の防災訓練の実施などは考えておられませんでしょうか。
○議長(平林寛也君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) 防災訓練の実施ということなんですが、議員さんも御存じかと思いますが、毎年8月の最終日曜日に村の総合防災訓練というものを行っております。そこの中で、今年につきましては自主防災ごとという形になるんですが、隔年で地区ごとを集めたりする部分、自主避難等をやるんですけれども、全体の避難につきましては避難誘導訓練、安否確認訓練、情報伝達訓練等については毎年各自治体、全村民向けに実施をしているところでありますので、今後も継続して実施をしていきたいと考えています。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 今まではマンネリ化したという、そんな状態のある中で再度これを質問したわけですが、それについても余り時間がたっては危険感が薄れます。これは総務課の管轄ですかね、その辺をお聞きしたいなと思います。
○議長(平林寛也君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) そのとおりでございます。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 私は弱者の確認を含めて、この機会に一度全戸の居住者の実態を行政と自治組合で徹底調査し、情報を共有したほうがよいと考えますが、いかがでしょうか。この内容は5年に一度の国勢調査と同レベルの実態把握ですが、こんなことは不可能でしょうか。
 といいますのは、各区長さんたちも自分の区の正確な住民の数が把握できていないようにお聞きしております。これはアパートなどの集合住宅がふえたりして、転入、転出のサイクルが昔より短くなったこともあると思いますが、いずれにしても災害時に不正確では困るわけです。それについて御答弁ください。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 自治防につきましては、区長さんを通じて毎年お願いをしているところでございます。支え合いマップにつきましても福祉課を通じて毎年更新をしている状況でございます。
 住民の居場所につきましては、自治組単位といいますかという部分の中でお願いをしております。村では個人情報保護という立場もありまして、村のほうから全区長さんのほうに住民基本台帳上の情報を提出することはできません。ですが、災害時にはそんなことは言っておられませんので、そういったときには情報を提供して人命救助、それから安否確認、そういったことを自主防の方々にお願いする予定でございますので、そういった対応の準備はできております。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) よくわかりました。それではできるだけ早急に防災システムの再徹底、再確認ができるようお願いしておきます。
 それでは、次に質問させていただきます。一般的には災害発生時の基本的には自助が前提だと思いますが、今回のような震災が起きた場合、行政として緊急用食料、飲料、寝具類、それから生活用品類等はどんなものがどのくらい準備されていますか。例えば、被災者が発生した場合、飲料水は何日分程度の備蓄量がありますか。大まかでもわかれば教えてください。
○議長(平林寛也君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) 備蓄品の中で飲料水につきましては、500ミリリットルが2,400本確保されております。それからあとこういう寒い時期ということもありますが、毛布関係で218枚、あと布団関係で50枚、そういったもので、あとその他もろもろのもので必要備品というものを備蓄されております。
 ただし、食料品につきましては今のところ村で確保している備蓄品はございませんのでお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) ありがとうございます。村の防災対策について、改めて確認させていただきました。いずれにしても、災害発生時の公助の計画については、我々議会も住民の生命の保全に積極的にかかわっていかなければならないと思います。どんな意味でも行政と議会のスムーズな連携をよろしくお願いします。
 これで、防災対策に関する質問を終わらせていただきます。
 以上で、本日私の全ての質問を終了させていただきます。ありがとうございました。
○議長(平林寛也君) これで、村の「防災対策」についての質問を終わります。
 以上で、11番百瀬清議員の質問を終わります。
 ここで、13時10分まで休憩いたします。
                               午後 0時00分 休憩
                               午後 1時10分 再開
○議長(平林寛也君) 再開いたします。
 続いて、順位3番、8番白澤富貴子議員の質問事項、「活力ある村づくりの実現」状況と今後の取り組みの質問を許します。白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) しんしんと雪が降って、本当にこれから災害が起こらないことを祈っているわけなんですけれども、11月の22日、午後10時8分でありましたけれども、発生しました神城断層地震で大北の地域として松川村は事故もなく、先ほど村長の話にもありましたけれども、私たちも本当にほっとしておりますけれども、寒い冬を迎えるに当たり被災されました白馬村、小谷村、大町市を初め関係皆様には本当に心よりお見舞いを申し上げたいと思います。
 また、先ほど同僚議員からもありましたけれども、自主防災組織など日ごろからの活動が生かされて、大きな地震にもかかわらず犠牲者がなかったということなどが報道されており、松川村でも力を入れて取り組んでいる点でもあり、こうして身近に災害に直面し、大自然の猛威と日ごろの取り組みの大切なことを身にしみて感じております。また村としてお見舞い、そしてまた村職員を災害対応の応援に派遣をされたということで、そういう支援もされているということで、本当に一丸となっての取り組み御苦労さまでございます。一日も早い復旧と、観光面への影響がないことを心より願っております。
 松川村としましても、防災・減災の具体的な対応など再度検討をしていただいておることと思いますが、また私たちも自分のするべきこと、そして住民の立場での協力というものも考え、この機会にもう一度身の回りから確認をしていかなくてはいけないなということを感じております。
 このように差し迫る災害対策なども、きめ細かく取り組んでおられる中、今議会の村長挨拶に、松川村消防団施行100周年記念式典を開催するとされ、一般会計に補正予算として経費計上がありました。村消防団の歴史の重さ、そしてこのような村の取り組みに対し、感謝と敬意、そして村民として誇りを感じております。2月8日に開催をします記念式典の規模、それから内容についての計画をお聞きしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) 村消防団の100周年の記念式典事業について概要を今計画中でありますが、今の概要を御説明したいと思います。
 期日につきましては、2月の8日午前11時からを式典を考えております。場所につきましては、すずの音ホールで実施をしていきたいと。
 内容といたしましては、1部構成、2部構成で、1部が記念式典という形の中で実施をしていきたいと。その中では殉職消防団員並びに無火災祈念の黙祷から始まりまして、挨拶等を行いまして、今までの消防団の歩みというような形の中で講演というかそういったお話を聞く時間を割いていきたいという形の中で、村内関係者、大体おおむね消防団員も含めて200名くらいで実施をしていきたいという計画でございます。
 第2部といたしまして、今度は100周年という節目の年ということもあって、祝賀のパーティーを12時ごろから実施をしていきたいと。みんなでお祝いをしたいと。そのときにアトラクション的なものをやっていきたいと思っておるんですけれども、その中では村内関係者の出演によって、そういった形で場を盛り上げた中でもって祝賀のパーティーを進めていきたいと。そんな形で検討をしているところでございます。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) いろいろ今まだ企画段階ということで、このように節目に当たりまして歴史をたどり次に進むという、そういうきちっとしたアクションを起こしていくということ、行政としても大変だと思いますが、すばらしいことだというふうに思います。ぜひ意識を確認するためにも、この式典がきちっと村民によって行われるということを楽しみにしております。この機会に、また関係皆様にお礼の気持ちをあらわして、村民が理解して協力していく体制が大切なことを共有していかなくてはというふうに思います。本当に御苦労さまです。
 さて、平成26年度は心豊かな活力ある村づくりの実現を図る38億8,500万円という、「さあパパゴー」の一般会計の当初予算でありました。今議会で一般会計予算補正、これがありまして、それで40億1,100万円に今はなっております。当初から1億2,600万円の追加となって一般会計はあるわけなんですけれども、今年度も4分の3を経過し、あと残すところ3カ月というふうになりました。
 第6次総合計画は村長が住んでみたい、住んでよかった村を目指してと、その扉を開いたところで村長のすてきな笑顔がある計画の冊子があるわけでありますけれども、平成22年度からで平成31年度までのこの10年間というものでありまして、先ほども同僚議員から話もあったりしていましたけれども、この平成26年度の実施計画、これが3年間のものが含まれて出ていたわけですけれども、予算全体とこの実施計画の進捗状況、それらの執行状況等をお聞かせください。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 全体について私のほうから先に申し上げたいというように思います。
 12月1日の日に村の監査委員から、6カ月について26年度の予算についての定期監査の報告がございました。事業執行についてはおおむね良好にされていると、そういう報告をいただきましたけれども、6カ月の間に公用車による事故が多かったと。そういうことの中で時間に余裕を持って交通安全に注意をしながら進めてほしいと。それから業務の適正化をもう少し考えろと。このときに私は申し上げたんですけれども、私のところへ来て文書が帰るような文書は出すなと、そんなのは一体おかしいじゃないかということも、集まっていただいて係長以上の皆さんには申し上げました。そういうことを監査委員のほうから指摘をされましたので、この際お話をしておきたいと思います。
 また、個々についてはそれぞれ担当課のほうからお話をさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) まず総務課関係ですけれども、ほぼ順調に歳出、支出はしてございますけれども、就業改善センター、また旧公民館の有効利用としまして、地域交流センターを想定しました設計費1,500万円を当初計上してございましたけれども、本年度、国からの有効な交付金を得るために、国交省所管の社会資本整備総合交付金の都市再生整備計画に載っておりまして、今提出しておりまして、その事業採択を待っている状況でございますので、ここの部分につきましてはまだ未執行な状況でございます。ただ、施設内容の検討も同時に進めておりますので、検討委員会等設置をして必要なところについてはもう検討は進めているところでございますが、その部分が今のところまだ未執行になっております。以上です。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) すみません、経済課関係でお願いいたします。経済課のほうでございますけれども、松林健全化整備事業、これは松くい虫の関係でございますが、同僚議員にもお話し申し上げましたけれども、この関係につきましては巡視員のほうから今月11月末までに総数で430本が松枯れによる枯損木ということで報告がされました。そのうち春枯れ分の133本については6月末までに処理、残りにつきましては来年の2月末を目途に今月から処理に入っておりますのでお願いいたします。
 それから、ちひろ公園の公衆トイレの改修工事でございますが、これにつきましては県の補助金を活用しまして、トイレの内部の改装工事を行う計画でございます。この計画に当たっては、ちひろ美術館の休館中に実施する計画で現在進めておる段階でございますので、よろしくお願いいたします。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 一番聞こうと思っていたのは公民館の関係なんですけれども、分団詰所については今どんな状況なのかということ、ある程度の予算を少し上げてあったように思います。
 それから、下水道の特別会計への繰り出しをしていかなきゃいけない金額が、実施計画の中の金額と少し違った予算計上をしていたんですが、この辺のところがちょっと今どんな状況になっているか、最終年度が終わったところできちっとされていくんではないかと思いますので、その辺のところはそういう状況かどうかだけお聞きをしたいと思います。
 それから、桜沢遺跡の屋根の修理が今年載っておりましたけれども、その辺についての進捗状況はどういうふうになっているのかお聞きしたいと思います。
 それで、すずむし荘の改修は今ちょうど周年祭をされているというようなことで、こちらのほうはある程度順調に進んで、村民にこれからきちっと利用してもらえるようになったんだなというふうに思っておりますが、その辺のところも経過がわかったらちょっと教えていただければというふうに思います。
 それから、1−4号線の歩道ですけれども、やはりちひろの利用者が少なくなってからというような状況で始めていくということになっているんではないかと思いますけれども、この間、私たちの地区も建設会社のほうで事業をするという話が回覧で回りました。その辺のところがどんなふうな形で進んでいくのか、その辺のところの様子も教えてください。
 それから7−33号線、川西の村の墓地公園の関係の道路については、もうこれは終了したんでしょうか。
 それから、ゆうあい館の改修補修とか、その辺のところを教えていただきたいというふうに思います。
○議長(平林寛也君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) では、私のほうから分団の詰所の関係のほうを御説明したいと思います。当初予算で2カ所の設計業務ということで予算計上をさせてもらってあります。現在、未改修の部分が2分団、3分団、5分団とありまして、そのうちの2カ所を実施するという計画になっておりまして、全地区から分団詰所の建てかえについて要望は今年の8月をもって上がってきております。そのうち今、5分団の詰所について設計を発注する段階ということで計画をしております。あともう1地区については、地元のほうと協議をしながら進めるという形で、今年度発注できるかというものはこれからまた検討していきたいということで、5分団分については実施をする予定でございます。以上です。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは、建設水道課関係のほうの御質問、3点あったと思いますが、お答えさせていただきます。
 初めに、下水道会計のほうを所管しておりますので、一般会計からのいわゆる繰入金の関係でございますが、これにつきましては今まで下水道事業の中で、それぞれ起債を借りてやってきたわけでございますが、元利償還金の2分の1が交付税として一般会計のほうへ入ってきておりまして、それをルールを決めまして何年かに分けて入れるという内容でございますので、これにつきましては当初計画された金額を繰り入れるという予定でございます。
 それから道路の関係でございます。村道1−4号線、国道の板取信号機からかぼちゃやままでの1.6キロの歩道拡幅整備の関係でございますが、用地の関係、それから補償等の関係の協議で若干時間はかかりましたが、現在2工区が工事発注となっておりまして、1つは10月、それぞれ2本出ておりまして、場所につきましては板取信号側からの一工区、それからもう1つは濁橋から東へ向かう部分ということで、それぞれ少し離れたところを両側から攻めるような形で工事が出ておりまして、間もなくもう既に工事用看板の設置は終わっておりまして、これから着手するわけでございますが、完成につきましては年度末という予定でございます。
 それからもう1つ、墓地公園線、村道7−33号線の拡幅でございますが、これにつきましては11月末をもって工事が完了しておりまして、既に竣工検査も終わっておりまして供用が開始されているという状況でございます。以上です。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) ゆうあい館の補修については、既に終了してございます。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは、経済課関係ですずむし荘の日帰り温泉施設の改修工事の関係でございますが、この関係につきましては9月定例会で契約議決をいただきまして、現在工事のほうを進めておるわけですけれども、内容的には地下のオイルタンクの新設、それからあと屋外ボイラーの1基新設、それからエコキュート熱源機と貯湯タンクを設置ということで進めてまいりました。11月27日から12月の12日まで、そのヒートポンプの切りかえの関係で、ちょっと長時間にわたりまして利用者の皆さんには御不便をかけましたが、この間、休館ということで切りかえの関係を行いまして、最終的には今月の25日には電気関係等の切りかえを終わりまして、この改修工事は終了の見込みということで、現在進めておりますのでよろしくお願いいたします。以上です。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 桜沢遺跡の復元住居の屋根ふきかえにつきまして、契約が6月の20日に終わっております。なぜこんなに早くということになりますけれども、カヤの確保をしてもらわないと困るということで6月に契約をしてまいりました。工期は3月31日、年度末というふうになっております。秋にカヤを刈って確保は済んでいるということを聞いておりまして、工事につきましては1月に入ってから実際にやるということで、工程表はそのとおりになっております。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) いろいろ大きなもの、例えば教育委員会の関係、小中学校の天井の改修、耐震の工事、いろんなものも先ほどのすずむし荘の関係、まだこれからちひろのトイレについてはまたこの後ということも説明いただいていますけれども、本当にいろんなものをそれぞれの立場でやっていただいているのを感謝したいと思いますが、桜沢遺跡のほうも今もそういう工事をしていただく方もいらっしゃって契約が済んでいるそうで、その辺のところをちょっとまだお聞きしていなかったもんですからよかったなというふうに思います。御苦労さまです。
 そういう中でありますけれども、先ほどの公民館と就業改善センターを含めた地域交流センター整備事業という、その辺のところについて総務課長から一番先に説明をいただいたんですけれども、社会基本整備の申請が採択になるまで今待っているという状況というお話でしたっけ。すみません、お願いします。それでいいですか、はい。
 という状況だそうです。この以前の6月のときの一般質問をさせてもらったときには、8月には申請をしていかなくてはならないというお話だったので、どんな形のものになっていくのかなということがとても気になっておりましたので、地域交流センターというふうに言わなくて、そのときに質問した折には児童館ということで、もう言っていただいていいですよという質問に対してのお答えをいただいていたので、児童館ということで言っていいんでしょうか。それとも社会基本整備のその状況はどういう形のものなのか、その辺のところをちょっとお聞かせください。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 当初、児童館と申し上げた段階では、厚生労働省の補助金を充てようというような計画がございました。今回、その社会資本という、これは建設の関係、都市局の関係の補助金になりますので、児童館という名称を使うことはできません。また児童館の機能そのものそっくり同じものであれば、採択には当然ならないということで、いろんな機能を加えたものにしたいということで、検討委員会の要綱をつくりましたけれども、そこは児童センターという名前に変えてあります。
 児童センターというのは児童館のメニューもあるもんですから、最終的にまたいろいろなしがらみが出てくる可能性がありますけれども、現実的に児童館の施設以外に子育て全般に関する相談業務とかボランティアとか、子供たちだけではなくて子育ての親御さん、またそれに付随するような団体等の利用も含めた中で検討したいというふうには村のほうで思っておりますけれども、建設検討委員会が今日の19時から第1回目の検討会を行うことになりました。その中で村の意向というか、こういうふうに考えているというものを出したいと思いますけれども、いろんな御意見をいただきながらよりよいものをつくっていければというふうに思っております。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 有利な補助金、それから機能的にも使いやすくといういろんなことを考えての今までの時間だというふうに思いますので、新年度予算の中で設計委託の関係など予算計上もありましたが、そういうものもあわせながら進めていっていただくということが一番大事なことだとは思いますが、先ほど教育長のお話にもありました建設検討委員会、これはこの前のときの私の質問で保護者とか未満児関係、小中PTAの方、それから高校生なども入れるというような建設検討委員会の立ち上げというお話でしたけれども、この辺のところはどういう関係の方が建設検討委員会、何人ぐらいになって、いつごろまでをめどに、どうやっていくのか、その辺のところをちょっとあわせてお聞かせをいただければと思います。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 検討委員会15名ということでやっております。議員おっしゃったとおり、PTA、保護者、それから教育委員、社会教育委員、それから社会教育指導員、それから教育相談員、小学校の関係、そういうこと、あと学識経験の方がいらっしゃいまして、総勢15名でやっております。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 今どのくらいの期間でどんなふうな検討をというのをお答えいただきたいです。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 期間は、来年度にはどうしてもかかってしまうというふうに思います。どういう御検討というのは、いろんな御意見を聞いて村のほうでまとめて村長に報告書を出したいと思っておりますけれども、いろんな団体が入っていらっしゃいますので、乳幼児から小学生、それから中高生、それプラス保護者の関係とかいろんな状況を見ながらやりたいということで、せっかくつくるのに、あいているような状況では非常に困るということ、それから今、保育園、それから保健センター、それからすずの音ホール、図書館、それぞれ子育て支援のいろんな事業をやっているという部分がありますので、その辺もできるだけ誘導できる形にすれば、有効な利用の施設ができるんではないかというふうに思います。
 それから、あと中高生の関係、いろんな要望が出るかとは思いますけれども、全て聞くわけには正直いかない、健全育成という部分がありますのでその辺を加味しながら、それからあと保護者の方のサークルとかいろんな部分で、できればすずの音ホールでどうしてもという部分についても対応できればというふうには思っております。
 これはあくまでも事務局の考えでありまして、検討委員会の皆さんいろんな各方面から出ていらっしゃいますので、その意見を集約してできる限りと言うしか、今日説明会で申し上げたいと思いますけれども、できる限り皆さんの御意見を取り入れた施設になるように、そういうふうな形で進めたいというふうには思っております。
 来年の内示があるわけですけれども、本決定というか、あれがどうしてもずれ込むのかなというふうには思っておりますので、うちとすればその設計をやるための資料づくり、基本設計をするための資料を早急にはつくらなければいけないというふうには思っています。それを反映して基本設計、それからいろんな御意見をいただきながら実施設計という形にしたいと思っています。実施設計はどうしても6カ月から7カ月はかかってしまうんではないか。ただ、これはRCの関係ですので、例えば一部鉄骨とか木造になればもうちょっと短い期間でもいいと思いますが、できる限り早めにまとめていただいて、それをまとめて基本設計のほうに生かしていきたいというふうに思っています。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) とてもいろんな方に入っていただいて、本当に今度今まで子ども・子育ての関係の新しい法案ができまして、それに取り組んでおられるということで、それにもあわせながらいくというふうに考えていかなきゃいけないという部分もあると思うので、とてもまだ決まらない、消費税が10%になればできるというようなものもあって、補助金なんかもかかわってきたりするのかなというような気もしたりして、まだ心配をしていますけれども、その辺については私たちのところでまだ見えないので、今できる段階の一番いいものにしていっていただきたいというふうに思っております。
 それで今、すずの音ホールのほうに行きましても、まめってぇるーむという部屋がありまして、その部屋も土日の場合なんかは、小中学生がほとんど利用をされています。とても利用しやすい状況にはなっていると思いますけれども、ワークショップでみんなでここへ村の人が寄って少し打ち合わせしたり、ちょっと小さな話し合いできたりもというような話もあったんですけれども、そんなふうには使えないというような状況もありますので、やっぱりそういう児童センターとさっき教育長おっしゃいましたが、そういう分野の対応は急がなきゃいけないかなということも思いますので、ぜひいろいろあわせながらやっていっていただきたいというふうに思います。
 児童センター部分といいましても、都市整備計画ということだったらこの中にぜひ文化財を保管するというようなそんな場所、保管、展示なんかもどこかにできないかなということを、これから就業改善センター、公民館の対応もどういうふうにするのか、まだ全体の計画はないというふうには思いますが、その辺のところを私はいつも心配をしております。
 それで、総合計画の策定時ですから、もう5年も前になるわけですけれども、そのときの総合計画を策定するときに中学生からアンケートをとっております。このときに子供たちから子供を育てたり教育環境が整った村にしてほしいという、半数以上の方の生徒が要望をしておりました。やっぱり村長、日ごろから村の宝の子供たちの環境整備のためにぜひ児童館の、この児童館というか児童センターの設置、これを村が一丸となって進めていっていただきたいというふうに思っております。
 それと子ども・子育て支援法、これが来年の4月から施行されるということに伴って、村長の考え方が今議会の冒頭の村長挨拶にありました。昨日はすずの音ホールで子どもプランの発表会を見せてもらいに行きましたが、すばらしかったです。本当に子供たちが、少し昔の子供とは違う自己発表なんかも本当に堂に入っていますし、社会が変わってきたなというのを本当に肌に感じました。まずこの新制度に対して多方面からの取り組みでありますので、村のより充実した子育て支援をという積極的な考えが村長の中にあるようでありますけれども、この一歩踏み込んだ施策になるということを期待しながら、村長がどんな形でこの子ども・子育て支援法を受け入れて対応していかれるのか、もう一度お聞きをしたいというふうに思います。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 今回の子ども・子育て支援法の来年の4月から施行される部分については、先ほど議員さんがおっしゃいましたように村長も開会の挨拶のほうに触れさせていただいてあるかと思います。
 基本的な考えというのは、国全体の考えであります。今回の法の施行は国全体で大きくいうと量と質の確保ということになるかと思います。量というのはやはり、この辺ではないんですが、保育園や幼稚園に預けたい子が預けられないというような待機児童の問題、そして質というのが、やはり最近いろいろ状況で発達や発育に心配な子がいたり、保育の質とか幼稚園の質とかという中で、そういうのも一緒にやれないかというようなものであります。それに、その主なこと2つを踏まえながらそれぞれ今度は市町村がそれぞれで計画を立てるということで、それについては子ども・子育て会議を今年度設置しまして、その委員の皆さんに既に4回会議いただいて視察も1回行っていただいて、今ちょうどパブリックコメントを求めているところでございます。
 そういう中で、基本的な方針は先ほどまた戻りますが村長挨拶で申しましたように、村は保育園、幼稚園ということの中で認定こども園とか、そういういろいろな選択があるんですが、量という部分で言うと松川は今待機児童はいないと、北南保育園合わせて320名の定員の中で、今230ちょいぐらいということで、そういう部分の量の部分では心配はないと。
 あとは質という部分で、例えば市とか大きいところへ行きますと保育園であったり、幼稚園であったり、認定こども園であったり、いろいろなものが保護者の皆さんが選べるわけです。そういうところで、松川にいる保護者の皆さん、そしてお子さんがそういうところと比べても劣らないように、認定こども園という名前は使わないんですが、今やっている保育の部分に幼稚園教育の部分を同じようにやっていきたいと。それプラス体育、そして前からやっている療育とか食育ですね、これを入れて、5育を入れて、全てそういう形でやって、よりよい質の高い保育を目指していきたいというのが、今の段階の案でございます。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今、福祉課長にそれぞれ目的を説明していただきました。そういう状況の中で、まだこれ地域づくり推進委員会のほうへは22日だったっけ、に会議があるもんで、そのときに話をしていきますけれども、福祉課から教育委員会へのほうへ担当を移したいという考え方を持っております。というのは、教育をこの中へ取り入れていかないと、保育で子供を遊ばせるだけだとその堪能しないお母さんが出てきて、よそへ子供を預けなければいけないという人が出てくるんじゃないかと、それを心配いたしまして、私ども320名からの定員を持っていながらですね、まだ相当100名近くあいているわけです。それが満杯にならないうちによそへ行かれないようにという考え方で、教育委員会のほうへ組織がえをして持っていったらどうかという考え方をしております。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 関係資料を見ますと、内閣府と文部科学省と厚生労働省で合わせた資料がいろいろ出ているわけなんですけれども、これは今、村長お話ありましたように、教育委員会のほうへ、地域づくりのほうにはまだかけていないが、村長の考えとして福祉課から教育委員会に担当を変更していきたいというお話をお聞きしましたが、教育長、それを受けながらどんなお考えか、その辺のところをちょっとお聞かせください。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) まだ正式に決まっておりませんので、今思っていることということでお話をさせていただきたいと思いますが、やはり幼保小、中まで行けばありがたいですが、そういう連携というのは非常に必要だというふうに思っています。一部、特別支援教育につきましては保育園それから小学校、非常に連携を持ってやっているという部分がございますけれども、あと保育園のほうで教育という部分が出てきた場合については学力まではいきませんけれども、そういう部分の連携というのも図れるんではないかというふうには思っております。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 教育委員会の中で対応していくという今村の方針についての話、それから教育長の話も聞きました。質の高いものを確保していくということで、とても平成24年ごろ決まったとはいえ、大変ないろいろな変革だというふうに思いますので、ぜひ今つくっていただいておりますその委員会に託しながら、あと期待していきたいというふうに思います。幼保一体ということでありますので、英語教育とか、先ほども体育、療育いろいろな面において取り組み方もまた違ってくるかと思いますが、松川村も今まで所轄されていた福祉課との連携の中でぜひいいものにしていっていただきたいなというふうに思います。
 それで児童センターのこの建設なんですけれども、ここのところにも松川村子ども・子育ての支援事業の計画として、先ほどの教育委員会で所轄されます、そちらの建設検討委員のほうではないところもかかわっているんでしょうか。その辺のところはどういうかかわりを持ちながら、児童センターと、それからこの取り組みと、それから国のほうから受けます補助金に対する対応と、その辺のところはどんなふうにされる予定なのか、その辺のところがコラボしていったほうがいいかなというふうに思うんですが、その辺はどういうことでしょうか。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 児童センターにつきましてはあくまでも厚生労働省の補助金ではありませんので、先ほどの一括の関係の部分の補助金とは違うということです。それから教育委員会の関係で補助金というのは児童クラブ、これは前から文部科学省、それから放課後子ども教室、これは文科省の関係ですけれども、これが一体となってそこに含まれるんではないかというふうに思いますが、詳しくは福祉課長のほうが十分理解をしているというふうに思っております。児童センターの中では制約は一切ないというふうには思っております。これから一番いい方法ができればいいというふうに思っています。
 ただ、あくまでもこの補助金の中では児童館ではだめだということです。児童館をより発達して児童館にない機能をどんどん備えていかないと、いろいろなしがらみが出てくるし、またそれも村の願いであるというふうに思っておりますので、今後の検討委員会の結果、いろいろな部分、お話が出ようかと思いますので、それを基本として考えていければというふうに思っています。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 27年4月の施行の子ども・子育てについては、その事業計画を5カ年の事業計画を立てるというふうになっております。先ほども申しましたように、今パブリックコメントを求めている最中で、当然、子ども・子育て全般にかかることでありますが、それぞれ所管の部分がございますので、この計画を立てる段階でまだ子ども・子育ての児童館ですか、それがどういうふうになるかということが見えてございませんでした。ですので、その中で施設については検討を行うという書き方にとどめてございます。ですので、この後またパブリックコメントで意見をいただいて、来年1月か2月にかけて最後の子ども・子育て会議をやると思いますが、その折にいろいろ見えてきたらまた表記の仕方も変わったりしてくるというふうに思います。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) いろいろな社会基本整備、それからいろいろな補助金とも関係あったり、それから法整備も違ったりでとても大変かなと思いますが、ぜひ子供は1人、自分というかね、子供がよりよく利用ができるようにぜひやっていっていただきたいと思います。それに当たって一応就学前の全家庭にアンケートの調査をされたということを聞きましたが、この調査の中から支援のこのニーズについての状況とか、何か少しまとめてありましたら、その辺のところをお聞かせください。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 計画の素案を事務局でつくるに当たって、昨年の8月20日から9月9日の間に先ほど言われました就学前のゼロ歳から5歳のいる全御家庭、松川村はその当時357世帯そういう家庭があったんですが、その方にアンケートをお願いしました。村内の保育園で預かっている方は保育園で渡して、それ以外の方は郵送という形で、そのうち回答いただいたのが271世帯で改修率が約76%という状況でございます。
 ただ、そのアンケート内容はですね、項目で26項目にわたるもんですから非常に長くてですね、まずどういう方がお子さんを面倒を見ていますかとか、そういうあと保育のですね、どれだけの時間を保育に求めますかとか、先ほど認定こども園もろもろあると言いましたが、保育園の中で保育を望みますか、幼稚園教育みたいなものを望みますかとか、どういうのを望みますかという非常に多岐にわたっているもんですから、それらのニーズ調査の結果を踏まえた中のものがですね、その先ほど言いました子ども・子育て会議で反映をして、今回の計画に載ってございますので、アンケート結果のいい部分といいますかね、皆さんの希望の多い部分に沿うような形の計画になっているかというように思っております。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) もう早々ときちんとアンケートをとったりしながら、今パブリックコメントを求めたりしているというような状況の話もありまして、いろいろな課が連携しながら対応している様子がわかって正面から取り組んでいただいているなということを感じます。先ほどからも村長のお話、村の宝の子供たち、県下でも特に松川村は注目をされております。先行して子供に対しては18歳までの医療費無料化を初めとして、いろいろなものを取り組んでいるところではありますけれども、今後の松川村を背負ってくれる青少年のための環境整備、これは本当にぜひきちんと取り組んでいただきたいという思いがあります。この児童センターに匹敵するものがなるべく早く子供たちみんな村中が利用できるようにできることを一日も早い日を望んでおります。
 それで質問要旨?として挙げてありますけれども、幼保一体化での子育てなどの支援の内容ということで、具体的には先ほど福祉課長のほうからも少し内容的には話していただきましたので、村長が行政の組織がえの検討等の状況ということの内容で、村長挨拶で平成27年から5年間の子ども・子育て支援事業計画を策定していることと、それから幼保一体化の取り組みで南北保育園では幼稚園教育と同様の教育などを行うということ、それから保育料を大幅減額としていきたいということなどをして、家庭の支援を行って、環境をさらに整えるというふうにされました。行政の組織がえについても考えているという、そういうことでありましたけれども、その取り組みの中、具体的にどんなふうに行政の、先ほどお話しされていましたが、福祉課のほうで対応していたことを教育委員会が一本でされるという、その辺のところではないかと思うんですが、ほかにも行政の組織がえ等、村長の考えているものがありましたらお聞かせください。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今、福祉と教育委員会のお話はさせていただきました。そういうことで私は計画をしております。
 それとですね、今回皆さんに大変御迷惑をおかけいたしました税の関係であります。そういうことの中で、今は総務課の中に税務係として仕事をしていただいているわけでありますけれども、御承知のようにすごく幅が広くなってまいりました。前は税務課それから総務課と分かれていたわけでありますけれども、大課制ということの中で税が総務課の中へ入ってきたわけであります。果たしてこれが本当にいいのかどうかなということを思っていましたところ、今回、大変皆様に御迷惑をおかけするようなことが続きましたので、私はこの件についても、前のように税務課と総務課を分けようかなという考え方をしております。ただ、まだこれも決定ではありませんので、この場所で話していいかどうかはちょっとわかりませんけれども、一応考えているということで聞いておいていただきたい、そういうことであります。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 私たちも初めて今聞きました。それでやっぱりきめ細かい対応をしていかなくてはいけないこと、それから監査委員さんからのいろいろな御指摘もあったりする中だということもあるかもしれないので、村長のほうの考え方もまた後でまたしっかり聞かせていただければというふうに思いますが、行政の組織がえをしますと松川の役場の1階部分、それから保健センター、そしてすずの音ホールと、事務的にはほかの分野はほかに分かれてはいましても一般事務を行うのに、教育委員会はすずの音ホールということで、余りスペースはたくさんはないわけですけれども、課を設置を多くしていくということになるとどんな形で設置をしていく予定があるのか、ある程度その辺のところもお考えかと思いますのでお聞かせください。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) ちょっとどんな形で組織がえをするかということと今言われましたけれども、形は課を2つに分けるとかですね、福祉の保育園関係を教育委員会へ持っていく。ただ、教育委員会は御承知のようにあそこを、使っていいところと使っていけないところがあるのを御存じだというふうに思います。そういう中で移さなければいけないという考え方をしておりますので、また皆様に御相談をさせていただきたいということであります。
 税務課と総務課を分けて、よそへ税務課を持っていくという考え方はございません。現在の場所でできるんじゃないかと。ただ、教育委員会についてはちょっとあの場所ではできなくなりますので、考えていかなければいけないということであります。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 教育委員会に関係する方が法改正の子ども・子育て支援の関係でとても大勢になるんではないかと、そういうことを感じます。そういう中で、そうは言っても子ども・子育ての皆さんというのはやっぱり遠いところではいけないので、教育委員会に近いとか、1階に近い部分が、1階フロア部分で何かお考えがあるのか。あそこのすずの音ホールではちょっと場所が狭いんではないかとか、でも相談室もあるし、あそこでなければいけないんではないかとかいろいろ思うわけなんですけれども、ぜひこの児童センターというものの建設に合わせて検討するか、本当にこういう新しい法律を受けてやるならば、その辺のところで役場も建ててもう26年もたっておりますので、その辺のところで少し間口を広くしなきゃいけない状況なのか、その辺の検討についてはどんなふうにお考えですか。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) まず、児童センターに教育委員会をというような1つの御提案がありましたけれども、これは補助金上、非常に難しいというふうには思っております。あくまでも児童センターという機能のある施設が補助金の対象ですので、そこへ教育委員会の部分が入るということは非常に難しい状況だというふうに思います。
 それから、保育園の部分が教育委員会へ来るという話になりますと、当然、今の係長が1名おります。それから、これは要望ですのでどうなるかはわかりませんけれども、今、保育園でやっている療育という部分が当然ありますので、できればそういう関係の専門的な職員を増員していただければありがたいなと思いますが、これは非常に定員管理とかお金の問題があって非常に難しいということは理解をしております。
 そういう部分で将来を見越した場合、それから児童センターができた場合についての職員という部分についてはコーディネーターが当然発生しますので、そういう部分についても人員はふえていくというふうに思っております。ですので、27年4月1日に何人になるか、即ふえるかということはちょっとわかりませんけれども、近い将来は当然増員にはなるというふうには思っております。それから、庁舎いろいろ勝手に探しておりますけれども、なかなかいい場所はないということでございます。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 一体、どういう補助金なら教育委員会が入れるのか。すずの音ホールのほうもそうですし、それから、これから教育改革の中で、村長部局の中としてきちんと位置づけが今度変わってくるではないかというふうに感じているわけなんですけれども、その辺のところはどういうふうな戦略的なお考えを村はお持ちなのか、その辺のところをちょっとお聞かせください。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 現在のすずの音ホールにあります教育委員会、それから総務学校課、それから社会教育課の状況を見ていただくと、あれ以上増員というということは不可能だということは御理解をいただけるというふうには思います。
 それから、教育委員会改革につきましては、最終的に教育長という立場が変わってくると、それに伴いましていろいろな条例整備がありますけれども、現実的に大変申しわけございませんが、私の任期中につきましては経過措置がありまして、現体制は引き続きいくという形になりますので、27年4月1日、首にならない限り今の状況ではいくというふうに思っております。
 ですので、今のすずの音ホールでもういっぱいですので、それは御理解いただけるというふうに思いますので、教育委員会の所管といいますか、社会教育課も教育委員会ですので、その辺のとんまわしは自由にできるわけですけれども、どうしてもキャパの問題がありまして非常に難しい状況であると、増員に対してはなかなか対応できないというふうには思っております。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 大変難しい問題で今の教育長が背負わなきゃいけないもの、それからすぐ近い将来ではなくてもこれからの村を考えたときに、村長どんなふうにあれですか、位置的なもの、教育委員会がそれだけ大所帯になってくれば、やっぱりそれから内容としてましても子供たちそれから村の人たちが本当に頻繁に教育委員会を軸にして活動が展開していくんではないかというふうに思うんですが、新しいきちんとした建物を近く検討するとか、何か庁舎を少し改造していくとか、そういうことについての将来的な村の宝物の子供たちためにも、それから村民の将来のためにも、お考えをなるべくまだ具体的ではなくてもいいのでお聞かせをください。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 教育委員会のために新しい建物を建てるつもりはございません。先ほど教育長が申していますように、センターのほうへは補助金の関係で教育委員会が入れないという状況であります。入れるとしたら補助金は一銭ももらえないと、そういう状況でありますので、これについてはちょっと今のところ予算関係の面で厳しいなというように思っておりますので、ある施設を改修を若干しながらでも使っていきたいという考え方であります。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 限りある財源もありますし、補助金との絡みもありますし、村長苦渋のお考えの今答弁だというふうにはお察しを申し上げますけれども、できることならばこれだけ教育委員会分野が大きくなってきておりますことは、やっぱりいろいろなものとの連携の中で、これからを育てる子供たちの一番大事な松川村も軸になる部分だというふうに、また改めて感じているところでありますので、ぜひ戦略的に取り組んでいっていただきたいということをお願いをしていきたいというふうに思います。
 それで松川村の先ほど村長のほうからお話のありました、公用車の事故があったこと、それから業務の適正化をとれというような御指摘があったというふうに先ほどお聞きしたんですけれども、その辺のところは具体的に何なのか、もし差し支えなかったらお聞かせください。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 先ほど申し上げましたとおり、やっぱり自分の範囲内でしっかりした書類をつくって上げなさいと。だから、ちょっとさっきみぐさいこと言いましたけれども、私のところへ来て文書が返るような文書は出すなと、もっと私どもはプロだからプロならプロなりきの書類をつくって上げなさいと、そういうことをさっき言いました。そのとおりであります。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 大勢の人がやっていることですし、それぞれの組織の課もあったりすると思いますが、ぜひそれはまた行政内できちんとやっていっていただきたいというふうに思いますが、その中で監査委員さんが村のウオーキングツアーがとても好評だと、それで人数もふえているというふうなお話があったそうです。
 それでやはりその観光面でも松川村は子ども・子育てという点に対しても先行で取り組んでおりますし、それから「松川村は元気がいいね」と対外的にも本当にいろいろ言われておりまして、私も松川村の村民としても鼻が高いわけなんですけれども、やっぱり村でも進めています観光面、そういう中では文化とか伝説とか、ちひろ美術館さんは本当に一番いい今発信源となっているというふうに思いますが、このトットちゃん公園のできぐあい、それなんかも村としても上手に取り組んでいるなというふうにして、松川村の魅力がまた膨らんでいるなというのを確認をしているわけなんですけれども、観光の中での産業の魅力というものもありますし、環境の魅力、それから歴史の重さというようなものもいろいろ大事になってくると思います。
 それで今後のまた村としてのいろいろな観光面、産業面の取り組みの中でも、今月号の「広報まつかわ」にもありましたけれども、同僚議員が以前質問をしました鼠穴学校、これについて書かれておりました。こういうことも対応していただけてよかったなというふうに思いますし、これが村民の人たちも気づいて、村をまた大事に思うきっかけになるかというふうに思います。村の文化財の保管と展示が、先ほども言いましたようにやっぱりちょっと気になりまして、松川村の文化の薫りを感ずる事業施策というものをとても重要に思っております。
 それで昭和63年に制定しました村民憲章にもありますけれども、「松川村は、崇高な有明山のふもと、清い流れや肥沃な緑の大地に恵まれた、永い歴史と文化の香り高い村です」というふうにキャッチフレーズが入り込んでおります。それからまた教育委員会で毎年作成をしております事業評価の中でも、今後この文化財、それから文化の面で取り組まなくてはならないというふうには話をされています。そういう中で、ぜひこの平成27年度予算に対してどんなふうなこの観光面での取り組みがあるのか、村長のほうで重点的に考えておられること、それから私がいつも気にしている分野での何か発展的な取り組みがあれば、その辺をお聞かせください。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 27年度の予算的に今選挙が終わったばかりでですね、財政、財源がですね、余り伝わってきていないわけであります。そういう中でありますけれども、子育て支援はこれは絶対やっていかなければいけないと。それからちひろ公園の北側の、ちひろ公園と言っているわけでありますけれども、あの造成、今トットちゃん広場の関係であります。それから安曇節会館ということの中でちょっと駅前のことを考えております。それからライフラインの整備はこれももちろんでありますけれども、先ほど午前中に10番の平林議員がえらい医療、医療ということを言われておりましたけれども、心配だ心配だと言われました。今、安曇病院が7階建ての建物を建てて40億の建物をやっております。そういう中で村としまして2億の負担を約束をしてございますので、来年はこの5,000万、これについて債務負担行為をいただいておりますので、こういうものが主なものになってくるんじゃないかなというように思っております。
 細部につきましては財政で編成をしておりますので、これがまだわかりませんので、またわかりました時点ではお話をさせていただきます。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 国の体制も変わりましたし、村長のおっしゃるとおりだというふうにも思いますが、村長の思いとしてのお話をお聞きしたので、まだ未知数なところもありますし、「私たちは、このふるさとをこよなく愛し、連帯の輪を広げ、さらに発展する村づくり」の推進を願ってという意味で質問をさせていただきました。いろいろそれぞれに意を酌んでいるところ、それから来年の鹿港との交流の中で、ぜひその酒米を台湾のほうに拠点か何かつくって、そこから日本の長野県からのお酒をぜひ売るような場所も設置しながらいけるような約束が、平成27年度にはできればいいかななんてことを思っておりますが、そんな点にも着眼しながらぜひ御健康に気をつけられて、議会関係、ここに出てきている皆さんもすばらしい新年を迎えられますように、そして来年度がまたいい年でありますようにと願いながら、質問を終わります。
○議長(平林寛也君) これで、「活力ある村づくりの実現」状況と今後の取り組みの質問を終わります。
 以上で、8番白澤富貴子議員の質問を終わります。
 ここで、14時20分まで休憩いたします。
                               午後 2時10分 休憩
                               午後 2時20分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 続いて、順位4番、6番矢口あかね議員の質問事項、人口減少に歯止めをかけるにはの質問を許します。矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) よろしくお願いいたします。松川村の総人口は12月1日現在、1万59人、日本創成会議の増田リストによる20歳から39歳の女性の割合が半減すると存続が難しいという2040年消滅可能性都市は、県内77市町村中34を数えるという試算です。11月末現在、松川村の20歳から39歳の女性の数は外国人を含め966人だそうです。
 さて、村は平成22年から第6次総合計画を10年のスパンで捉え、今年度は前期5年の最後の年です。既に村は後期の5カ年を計画策定中です。去る10月の「広報まつかわ」にアンケート調査の報告が掲載されました。これは今年の8月、無作為に抽出した16歳以上の村民1,000人に、前期における村づくりと村の今後について詳細な設問に答えてもらったもので、回収は約40%の400人です。忙しい中、熱心に回答いただきました村民の声を詳しく検証していただき、大北で唯一人口が微増していたここ松川村でも、待ったなしの人口減少への対策について後期の5カ年計画にどう盛り込むつもりなのかをお聞きいたします。まず、この前期5年で予想しなかった村づくりにおける状況にはどのようなことがありましたか。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 第6次総合計画につきましては、平成21年度策定の作業を行ってまいりました。ここまでの5年間で社会情勢や経済状況にさまざまな変化がございました。景気は緩やかに回復の兆しを見せているものの、いまだに厳しい状況には変わりがございませんが、自立の実行プラン策定時の予想よりも交付税措置があったということもあり、この5年では健全な財政運営ができているというふうに考えております。
 そうした中で、既に全国的な人口減少の傾向は把握はしていたものの、これほど急速に進行した大きな社会問題になるところまでは想定はしてございませんでした。松川村におきましても人口は微増ながらという部分ですが、最近は微減傾向にございます。そういった中では予想をしていなかった部分でございます。
 また、昨年度発表されました男性長寿日本一の知らせには、これも予想外の出来事でございました。そういった中で、松川村が長寿福祉に対して積極的に取り組んだ成果があると思いますけれども、そんなことは着実にできていた部分ですが、そんな傾向の予想をしていなかった部分は総務課サイドでは以上でございます。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 次に、冒頭の第6次総合計画後期5カ年アンケートの総括を伺います。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 先ほど議員さんもおっしゃられましたけれども、無作為抽出による村内16歳以上の方1,000人にアンケート調査を実施いたしまして406名の方から御回答をいただきまして、業務委託をして集計をさせていただきました。
 まず、最初の設問でありました各分野の満足度調査、これにおきましては医療、保健などの福祉面や教育面、それから住宅や上下水道、土地利用等のインフラ整備などにおいては満足が非常に高い数値を示しております。これに対しまして、買い物などの利便性や雇用の面などで満足度は低い結果となっております。今後の重要度に関する項目におきましては、安曇野の景観保全に対する声が多くありまして、引き続き福祉や教育の充実を求める意見と雇用対策、企業誘致、防災・防犯を重視する傾向も見られております。
 また、村づくりに関する設問におきましては、村の施策方針などを住民にわかりやすく説明した上で、住民が積極的に村づくりに参画できる仕組みづくりなどが求められる結果も出ております。
 今まで以上に村民の皆様への情報発信の必要性を再確認するとともに、自立した松川村においての協働の村づくりが定着できる結果が得られていると思います。そのほか分野ごとの結果につきましてはホームページ等でも御紹介しているところでございます。
 今後、これらの結果を後期5カ年計画に反映させるとともに日常の業務に生かしていきたいというふうに考えて、総括にかえさせていただきます。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 今回の村民からの貴重な意見を反映する中で、後期5カ年計画において特に重点を置く分野についてお願いします。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今、総務課長、総括で申し上げましたけれども、そういう住民の皆さんが要望されていることを重点的にやっていかなければいけない。これは当然だというように思います。その中で特に子ども・子育てにつきましてですね、重要な施策ということの中で考えてまいります。どうしても活力があるというものは人口がふえていかないと活力が保たもてません。そういう中で何とか人口をふやしていきたいという考え方であります。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 次に、人口減少に即効性のある対策についてお聞きいたします。
 増田リスト1位に上がった群馬県南牧村人口2,240人、高齢化率58.21%で日本一。ここでは自治体の必死の人口減対策が実施されています。中でも村の保育料の無償化、小中学校の給食の無料化など、少子化対策に重点を置いています。
 では、松川村の少子化状況がどうなっているのかと言いますと、参考としまして南北保育園の園児数で確認しています。平成21年度から5年間の推移ですが、259人、243人、235人、235人、222人。この5年37人、14%児童数が減っております。わずかですが、村外の幼稚園に登園している子供も存在します。
 福祉課では、来年4月から施行される子ども・子育て支援制度導入の準備段階として、先ほど同僚議員の質問にもありましたが、8月に就学前乳幼児のいる世帯向けにニーズ調査を実施しています。一番わかりやすく、即効性のある子育て支援の方法に、村保育園の保育料の軽減もしくは無償化が挙げられます。ありがたいことに、村には南北2つの保育園があり、先ほど村長もおっしゃっていましたが、園児の収容数も十分余裕があります。現段階で保育料は村民税や所得税額により月額5,000円から6万5,000円の大きな幅があり、3歳未満児についてはどうしても高額になっております。幼いうちはできるだけ母親と一緒に過ごすことが、子供にとってもよいことであることは誰もが承知はしていますが、日本は先進国の中でも女性が就労しながら子育てすることへの社会環境の整備は大変おくれていると言わざるを得ません。
 通告書には高い目標として保育料の無償化といたしましたが、このニーズ調査と来年春から導入される子ども・子育て支援制度において、新たに村保育園の保育料改定という支援は、新年度の予算においてどう計画されていますでしょうか。既に発表もされていると思いますので、具体的にお願いします。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 細部につきましては福祉課長に答弁をさせますけれども、無償化ということはあり得ません。以上です。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 先に全体の総額で言わせていただきますと、26年度の保育料、おおよそ5,300万でございます。それを2,500万ほど落として2,800万程度で27年度の4月はやっていきたいと。
 その内訳でございますが、全体的な保育料につきましては、国が今回の制度に伴いまして上限額というのを設定してございます。その2分の1に設定をしたいということと、今まで同一というか村内の保育園に通っていた兄弟関係で、2子の方が半額、2番目のお子さんが一緒に保育園に通っている場合は、2番目のお子さんは半額というのの保育園に通っているという年齢を、18歳まで高校卒業の年度まで兄弟関係の2番目を半額、同じく、保育園の中にいました3子関係、同じ保育園に通って3番目のお子さんはゼロ円という部分についても、同じく兄弟関係を18歳までの年度末までを含めてゼロ円というような形で、今言ったような状況の何といいますか、そういう形でやりますと今いる在園児で試算すると先ほど言いました2,500万程度の減額となるという見込みの案でございます。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 子育て支援に2,500万の予算を今後投じていくということですけれども、この新しい予算措置によって、子供を預ける住民はふえることが予想されますので、ここ何年かは村の負担もふえることが考えられます。我々としましても何よりも優先すべき大きな施策と認識しております。
 保育園維持運営費を単純に園児数で割ってみますと、昨年度は園児1人当たり年間28万円ほどかかっております。来年度の村保育料の大きな助成は子育て世代の両親にとってありがたい施策でありますが、さらにぜいたくを言えば、人口1万2,000人の島根県邑南町、内陸の中山間地で盆地と水田が美しい町だそうですが、平成16年3町村が合併して以来、子育てと教育を最重要課題として子育て10年計画を策定、最近の合計特殊出生率が2.65を示していて、全国の1.43と比べても政策が功を奏していると言えます。具体的には、公立病院の産婦人科と小児科の体制の充実、24時間365日救急受け付けとドクターヘリの対応、中学生までの医療費の無料化、保育料の助成と第2子の無料化などがあります。
 また、鹿児島県徳之島の伊仙町、ここは合計特殊出生率が全国1位で2.81%、これを連続2期達成しているそうです。長寿、子宝、闘牛、牛が闘うほうの闘牛の町がキャッチフレーズで、子育て支援金として第1子に5万円、第2子に10万円、第3子に15万円の祝い金を出しております。人口は、この70年の間に1万7,000人から7,000人へと激減しております。何とか若い人たちにとどまって、子育てをしてほしいと、主に高齢者がみずから願い出てこの財源として敬老祝い金が使われているとのことです。
 我が松川村も早くから18歳までの医療費全額補助を実現していただいております。子育て支援の村としてとどろくところとなっております。金銭的な支援をすれば切りがないわけですが、保育料の助成のほかにこういった即効性のある支援について村の考え方というんですかね、お聞かせいただけますでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 第1子が生まれれば5万円、第2子が生まれれば10万円、第3子が15万と、私はそれが即効性だというようには考えません。それぞれ18歳まで医療費の無料化とかですね、ドクターヘリは24時間オーケーだ、医療も24時間オーケーだって、これは大北関係の中でそれは全て達成されているわけです。
 ただ、2.8幾つの出生率というのはですね、これはちょっと1万7,000人の方が7,000人になったということで、みんなが非常事態だという考え方の中でできていることだというように思いますけれども、松川村が2.8ですか、そういうふうになることは大変うれしいことでありますけれども、それに向かって努力をしてみたいというように思います。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 多くの子供たちは保育園から中学校の15年間、村内で育まれるわけですが、今回の新制度も踏まえ、また教育委員会が新たな体制になる上で、例えば時期的なものなんですけれども、将来ノーベル賞を受賞するような人物を輩出する、例えばですが、特色ある子供教育についてどのようにお考えでしょうか。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 特色ある子供教育ということで、現実的に松川村はいろんな部分で取り組んでいるというふうには思っております。
 まず、保育園は今年から教育部分、5育というようなものを中心的にそうやってきているということです。将来的には認定こども園等、補助金等いろんな制度の改定がまだ見えないところはありますけれども、そういう部分について今の段階では視野にいろいろ対応を図っているという状況だというふうには理解をしているところです。
 それから、学校教育につきましては御案内のとおり、小学校、中学校いろんな施策をといいますか特色ある教育という部分でやっているというふうに思っております。うちは小中1校ですから、俗に言う小中一貫というような部分もありまして、それから16年から制度化されるような情報もありますけれども、そういう部分については大分近い部分がありますけれども、小中一貫に移行するということになると非常に厳しい、いろんな部分の制約がありますので、現時点ではすぐにというわけにはいかないと思いますけれども、それに近いような状況はあろうかというふうに思っております。
 それから、あとキャリア教育ということで、小学校とか摘果作業とかNIEとか、それからちひろボランティアとかいろんな部分でキャリア教育という、いわゆるそう言われる部分については進んでいるというふうに思います。特に生涯学習との連携という部分で図書館の連携とか、それからちひろの関係の連携というのは、非常にほかから視察へ来られたときに、松川村は非常にいいな、恵まれているなということは第一にそういう部分ではお話をされています。
 それから、あと特別支援については、本年度からSSTの関係の教室を開いたり、それから保育園でも療育の関係で取り組んでいる部分がありますし、それから近隣では児童クラブと、それから放課後子ども教室が両方あるというのは非常に珍しい、大体児童クラブが多いというような状況で、その辺についてもありますし、先ほど議員さんおっしゃったように、きのう発表会がありましたけど、非常に活発な状況が見られているということで、たまたま高山村から御視察にお見えになって見られていましたけれども、非常にすばらしいそういう部分ということでお話をされていたようであります。
 それから、あと台湾との交流、大体30名強の子供たちが今のところ毎年行けると。それから来年についても鹿港のほうから来るという話はもう決定しておりますので、そういう交流についても国際的な感覚という部分では非常にありがたいというふうには思っております。
 それから、あと教育関係については、いろんな多額の天井等を耐震化工事をやっておりますので、それから視聴覚の関係でパソコンもそろっていると。備品とかそれから施設、教育関係の施設については非常に誇るべきものがあろうかというふうには思っております。
 それから一番、もう1つは学校教育もそうですが、もう1つは社会教育ということですずの音ホールでいろんな事業をやってほぼ満杯であるということで、今もすずの音ホールのほうについては視察が絶えないと。それから図書館についても非常に評判がよくて、これも視察が絶えないというような状況もあります。これもまた司書が連携をもって司書会議を毎月1回やっておりますので、そういう部分でも連携をとっているということで、他町村に誇れるような特色ある教育というものは大分進んでいるんではないかなというふうに思っておりますので、またいろんな部分で御助言いただける部分につきましてはいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 小さな自治体だからできる、村ならではの子供の教育、親がここで教育を受けさせたいと思えるような教育の施策を出していくことが重要になってくると思います。
 この村は大北地域の中でも積雪が少ないと思っていたんですが、きょうもさんさんと降っております。水もおいしい、住みやすい自治体であると言われております。ましてやこの男性長寿日本一の称号は相当のインパクトがあります。
 しかし、まだまだこの看板をうまく使い切れていないような気がいたします。私どもの家業の不動産分野においても東京や県外からの移住の問い合わせが少しずつですがございます。夏ごろから移住を希望しているが、何しろ冬を越せるかどうか試しに暮らしてみると、関西から貸屋を求めて来られた女性の方や先日は夫婦で意見の相違はあるけれども、銀座のアンテナショップに出かけてみて移住を真剣に考え、村内で中古物件を探しに来られている方など、村民の方が予想している以上に興味を抱いている方は多いと考えられます。
 ありがたいことに、ふるさと納税など単純に特産品ばかりを目当てにした松川村のファンばかりがふえているわけではないようです。お聞きいたしますが、現在の村のPRは十分でしょうか。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 移住、定住に関する分野の必要性ということでございますけれども、現在、村では積極的にPR活動は行っておりません。最近の人口動態から見ても今後の松川村が人口減少に転じていくことは明らかでありますけれども、都市部からの移住希望者に対しての情報提供のPR活動は重要であるとは認識しておりますけれども、とても把握が難しい点、それから空き家があっても、例えばその戸籍の関係といいますか、すぐ借りられない状況にあるとか、そういった問題もございまして、特に村でこの物件を紹介できるというものは持っておりません。
 来年度からですけれども、県が主導します移住会議の協議会であります楽園信州というのが発足する予定でございますが、こちらのほうに加入をし、前向きに検討し、村のホームページなどでPRをできればというふうに考えておりますが、民間活力も大いに利用しながら進めていきたいとは考えております。以上です。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) このPRについては相当の広告力や宣伝力、経費もかかるわけですが、ぜひ妙案を検討していただきたいと思います。
 そして今前倒しで総務課長におっしゃっていただきました移住者、定住者を促進するための住居についてですが、6月の議会で同僚議員が空き家についての質問をした際、現在の空き家の数は約70件とのことでした。5年前が46件ということで急激にふえているわけではないようです。
 また、先月の衆参両議院で可決成立しました空き家対策の推進に関する特別措置法は、主に適切な管理が行われていない空き家が防災、衛生、景観等地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしており、地域住民の身体、生命、財産の保護、生活環境の保全、空き家等の活用のため対策が必要であることが背景となっております。措置としては除却などの勧告や命令が行政によりされ、強制執行が可能となりました。費用も交付税措置されるとのことです。現在、この措置法が該当するような空き家の条例は存在しますでしょうか。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 村のほうに現在そういったことで苦情とか、そういったことで情報は来ておりません。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 村内の空き家は、比較的適正に維持管理されているというふうに解釈いたします。それであればですが、IターンやUターンの方のために、こういった十分活用できる空き家の情報提供を村ホームページで掲載し、希望者の相談や売買までの交渉を請け負う業者へつなげるような施策を、先ほど重要と感じてはいないというふうに総務課長はおっしゃっておりますが、どの自治体も多くがホームページに空き家情報、空き家バンクそういったものを開設しております。こういう施策を人口増のために考えませんか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 松川村の人たちはですね、自分のものはしっかりと抱え込むんですよね。あいていてもその中に荷物が入っているから、頼んでも私のところはすみませんと言われるもんで、やりたくてもできない。先ほど総務課長が言いましたけど、やりたくてもできないんですよ。ですので、もし議員がそういうところをお持ちでしたらですね、ぜひ紹介をしていただけたらというように思います。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 今、村長はそういうふうにおっしゃっております。空き家とはいえ、確かに個人の大事な資産であり財産、維持管理に多分村内の多くの空き家の所有者は不便を感じていないというんでしょうか、困っていないという状況が、確かによその自治体の業者と話をしていても感じます。
 そうは言いましても人口減少対策の1つとして、外から見るとすごくもったいない空き家に見えるようです。お伺いしてみますと、県外にもうお住まいになっている元村民の方も何とかしたいとは思っていらっしゃる方も少なくないように感じます。そういった個人にとって今は古くて遠い実家でも忘れがたい思い出がまだたくさん詰まっている我が家。
 以前の質問にもありましたとおり、現在の固定資産税は建物が建っている状態のほうが一般宅地よりも課税標準を6分の1軽減する住宅用地特例が適用されて、維持管理費がかからない状況です。こういった状況もなかなか空き家が動かないという1つの原因だとは思います。これについては政府の税制見直しに期待するわけですが、まともに考えても今後人口が減少し、ぜいたくを言わなければ現在の住宅用宅地に新築住宅を建築するか、中古住宅をリフォームして住めば今以上の宅地はそれほど必要がないのかなというふうにも思います。
 大町市では、昨年度から市内でマイホームを購入した住民に最低20万円を助成しているそうです。加えて子供が3歳になるときと小学校に入学する際に市内の商店で使える3万円の商品券を贈呈する。村長はそれが即効性とは思わないというふうにはおっしゃいましたが、こういう支援も講じているわけですね。
 再度お聞きするようですが、このような村内へのマイホーム用の土地購入者への助成導入、とっかかり、住みたいという声はとても多いです。なので、背中を押すというんですかね、ぜひもう一声欲しいなと思うんですが、再度お伺いいたします。マイホーム助成金をお考えになりませんか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 予算的措置ができる財源があればですね、みんなやりたいです。しかし、なかなかそうもいきませんので、少し検討する時間を与えていただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) できれば、村内で結婚して家族をつくり、家を建て定住してもらえることが一番ですが、人口減少に歯どめをかける対策はそればかりではありません。
 先ほどから出ております後期5カ年のアンケートの中には、産業活性化のために今後必要なことはとの問いに対して、回答の多くに企業の誘致を挙げており、男女とも25%近くを占めました。総括の中でこういう状況だというふうに総務課長は言われましたけれども、この結果をどう受けとめますか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 企業誘致をやらないでいるわけではありません。今も一生懸命、土地開発公社の事務局長ともやっております。けれども、御承知のとおりであります。なかなかいいところがないということであります。手をこまねいているわけではありませんので、そこら辺のところは御理解をいただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 前期5カ年計画にありました上緑町工業団地は、残念ながら計画当初のような多くの雇用を促進できる企業の誘致にはならなかったわけですが、村内の工場として安曇野松川村のイメージを認識した企業が創業し、協力いただいています。
 福岡県の八女市では市内に移住し、起業する個人に対し、経費の一部として50万円を上限に経費の3分の1を補助する事業を実施しています。企業誘致また村内で新たに会社や店舗など事業を起こそうという住民に対しての助成を考えないか、もう全てがお金にかかわる質問ばかりで申しわけないんですが、いかがでしょう。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 私どもの財源は松川村の村民税、固定資産税、幾らあるか御存じだというように思います。9億円しかないわけであります。それで40億の予算を組んでやっているわけです。あとの31億というものは補助金とかですね、皆さんからの負担金とかそういうのでやっているわけです。ですので、やりたいのは山々であります。そうしたら人がふえれば、住民税がふえて固定資産税がふえるでいいじゃないかという理屈もあるんですが、即効性というかですね、すぐやれるということはないんですよ。ですので少しずつ時間をいただきながら、それに向かって進めていきたい。
 先ほど総務課長がですね、第6次で人口1万700人ということの中でやったけれども、こんなに急激に落ちることはないというように答弁しております。第5次のときの人口が1万700人だったんですよ、目標が。第6次を立てるときに、こんなには1万700人を維持できる人口はどう計算しても出ないというように総務課長たちは申しました。だけれども、第5次で計画して、第6次に1万700人を即落とすなんていうことは、俺は余り好きじゃないと。だからどうしても1万700人に向かって頑張ろうということの中で1万700人を続けたわけであります。
 ちょっと結果がですね、急激に減って、おまえの考え方はやっぱり違ったじゃないかと言われれば、そのとおりでありますけれども、努力を積んでいきたいという考え方も中でありますので、即効性のことはできませんけれども、これから徐々に人口増加に向かって再度頑張っていきたいということで御理解をいただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 理解は本当にするわけなんですけれども、それでも減っていく住民を何とかふやさなければならない。もうそれはここにいるみんなが同じ思い、もちろん住民の皆さんもそういう思いでいると思うので、本当に今何度も同じことというか、同じような施策を望んでしまうわけなんですが、アベノミクスでも重点政策になりました。特に女性の社会進出や雇用の創出の手助けとして今後少しずつ検討、時間をいただきたいとおっしゃいました。その検討の中に女性に向けての特別な配慮もさらにお願いしたいと思います。
 さて、昨年5月にTBS系の「ナイナイお見合い大作戦」という番組が、この松川村で企画、放映されました。多くの村民がこの番組製作に少なからず携わり、みんなで協力し合った2日間となりました。今までのどんなイベントよりも皆心からその成功を祈り、一致団結したように思います。
 当初は、乗り気でなかったシャイな村内の独身男性たちも驚くほど変化して、次々と好みの女性と手に手を取って、めでたしめでたしのように思えました。後日談の成功例はなかなか聞くことができませんが、ウルトラC的に花嫁を射とめた参加者もいらっしゃいました。
 人口減少対策における婚活事業についての計画はございますでしょうか。また、村内で婚活事業を企画する企業や団体に、またですが、助成という形で後押しはありませんでしょうか、お聞きします。
○議長(平林寛也君) 社会教育課長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) 婚活事業へ参加した者からという形で私のほうへ回ってきました。実は確かに少子高齢化、人口減少をとめるための婚活事業ということでありますけど、過去に社会福祉協議会と商工会等が連携して行った経過がございます。その中でその時点を見てみる中で、現実として人数集めに大変苦労しておったような現状でございます。これをもう1回婚活事業をやるということになれば、村単独というわけにはちょっといかないような感じがありますので、行政と村、各種団体が連携した取り組みが必要だと私のほうは考えておりますので、お願いしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 民間の方でですね、婚活事業をやりたいということが手を挙げていただけましたら、私は率先して助成をしていきたいという考え方です。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 初めて明るい答弁をいただきました。
 次に、人口減少を食いとめるための長期的な対策について伺います。
 アンケートの回答欄には、イベント成功への団結力のすごさが特に移住者からの声として多く聞かれているようです。ふるさと祭りや村民運動会など、区によっては維持存続も厳しいとの声や一生懸命な余り、区役員につくことへのためらいにまでなっている部分もあるようですが、村民が一丸となることへのエネルギーは相当なものであると私自身も感じています。
 改めて、松川村の魅力とは何で、どんな村づくりを目指すべきでしょうか、お願いします。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 私は、今の松川村がよそに負けない魅力があるというように思っておりますけれども、議員はいかがお考えでありましょうかというと、ちょっと質問をしちゃいけないということになっておりますので言いますけれども、安心・安全でそして働く場所があって、元気よく仲よく暮らせる村が一番じゃないかというように思っております。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 心強いお言葉、ここでお礼を言ってはいけないということですので、お聞きいたしました。
 外から見た魅力ということで、最近よく耳にします地域おこし協力隊というのはどのような事業か御説明をお願いします。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 地域おこし協力隊という名称でございますが、総務省所管でございまして、平成21年度からスタートした制度でございます。都市地域から希望を募りまして、1年から3年以内、各自治体が嘱託職員等で雇用をし、地域の活性化に資する事業に従事させながら移住、定住を図るという目的でございます。
 活動につきましては、移住、定住にかかわる関連事業、観光振興、特産品の開発や販路拡大など事情に応じてさまざまな事業に従事しているケースが見受けられます。この事業に対しての財政措置もございますけれども、住居や車両の補助ですとか、その他定住に向けての経費のサービス、隊員につき上限400万まで特別交付税の措置がされているようでございます。もともとが過疎地だとか離島、そんなような市町村が対象になっているということでございます。以上です。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 長野県では全国で2番目に多く、この協力隊員が現在135名ほど活躍しているようです。近隣の例を申し上げますと、大町市で25歳から45歳の男女不問で3大都市圏から1名を主に移住交流支援員として募集しています。また、池田町では特産品開発とスポーツ振興担当を全3名の募集、小谷村でも対象が二十歳から60歳で、栂池地区の活性化とスキー客の誘致、インバウンド誘客に向けての広報活動をしてくれる都市からの2名を募集活動中です。
 松川村ではまだ導入していないようですが、実際に村に住んでもらって、この地を知ってもらいながらそれぞれの得意分野で村活性化のために活躍いただく。できればその後この地に定住し、正式に雇用先を見つけ、一緒に松川で頑張ってもらう。3年間の経費は国の交付税措置があるというこの事業を導入してみてはいかがでしょうか。
 例えば、先ほどからお聞きしています村のPR、発信の仕方やホームページの作成、イベントの企画、イベントの企画といえば先ほどから収蔵庫で開催されました酒蔵まつりは大変盛況でしたが、さらに若者が集まるイベントの企画や営業、村の魅力づくりにかかわる仕事にこの地域おこし協力隊員の力を借りてみてはいかがかと思うんですが、この申請が難しいとか、そういったことはあるんでしょうかお聞きします。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 先ほども申し上げましたが、総務省の協力隊の推進要綱によりますと、「生活の拠点を3大都市圏をはじめとする都市地域等から過疎、山村、離島、半島等の地域に移し、住民票を異動させた者であること」というふうにうたわれておりますので、詳しくまだ総務省のほうに問い合わせをしておりませんが、当松川村はこの今のものには該当しておりませんので、等という部分の中で申請できるかどうかというのもまだ確認をしてございません。確かにいい制度でございますので、検討はしてみたいというふうには思っております。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 今、松川村は今の要綱に該当しないということでしたけれども、大町や池田、小谷も募集をしていらっしゃるということで、何とかその要綱の中に組み込めるものがないか力を入れて検討していただきたいと思います。
 ふるさと応援寄附金が各地で人気です。松川村も多くの方が寄附をしてくださっているようですが、何も謝礼を期待しての寄附ばかりではないようです。村長からのお話にも以前ありましたが、御夫婦で計20万円も寄附をされる方がいらして、謝礼の希望を聞いても多くを望まないようです。きっと頑張っている松川村を応援したいと思っていただいているのだと、勝手にいいように解釈するわけですが、実際このご夫婦のような松川村のファン、サポーターのような存在の人は少なくありません。このような方たちにぜひ松川へ遊びに来てもらったり、イベントに招待したり、また村の観光や活性化のためにヒントをもらうというようなことも可能ではないかと思います。中にいると見えないことも外からはよく見えますし、案外自分の魅力に当の本人は気づかないことが多々あるようです。
 さて、後期5カ年のアンケートの最後の自由回答にいろいろな意見や感想、クレームを叱咤激励の意味を込め住民の皆さんが記入してくれています。今すぐ検討できるものやもっと続きを聞きたい提案など、ありがたい内容です。中でも多くの記述があったのが現在残されている松川村の田園とスズムシの生息する安曇野の原風景、これを未来の子供たちのために残してほしいということです。地域で生活する者にとっては、不便や不満を感じるなど痛みも伴ったのですが、村の土地利用計画は恐らく正しかったのだろうということです。
 最後の質問を村長にお聞きいたします。村民憲章5つ目にあります心豊かな松川村とはどういうことで、村長にとっての幸福とは何でしょうかお願いします。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 幸福はですね、今のように生活ができていることが一番幸福だというように思っております。そして、おととし私はブータンへ行きました。あそこのですね、ブータンの人も精神を聞いたら、鶴が飛んでくる沼地があるわけです。鶴を守るか電気を引いて明るくするかという住民に問いをしたところ、私は明るい電気は要りませんと。鶴を守るために電線は引かないでくださいと、こういうことがブータンの人たちに言われたということの中で、現在は電線が引かれていまして電気はありましたけれども、そういうことで電気がうんとおくれたんだと。でも、ブータンの人たちはみんなそれで幸せだったということなんです。
 だから、物の考え方なんです。今をもっといいことがあるんじゃないか、あるんじゃないかといって上ばっか、上ばっかというか、そういう言い方をするといけませんけれども、先々ばか見越していることが幸せか、今の満足して生活していることが幸せか、それぞれ人によって違うわけでありますけれども、私は松川村で今のこの生活、この地位ではありませんよ。地位ではありませんが、この生活で満足をさせていただいております。そういう方がこの松川村に大勢出られることを願いながら、この仕事を頑張っていきたいというように思っています。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 私も全く同じ気持ちでおります。
 今後の松川村のために心してアンケートに記入してくださった多くの村民の声を、辛い意見もございましたので、できるだけ反映して協働の村づくりを進め、人口減少に歯どめをかけることをともに考えて進めていくことをお願いして、今日の私の質問は終わります。ありがとうございました。
○議長(平林寛也君) これで、人口減少に歯どめをかけるは〜の質問を終わります。
 以上で、6番矢口あかね議員の質問を終わります。
 これで本日の日程は全て終了いたしました。続きの一般質問は、あす午前10時より行います。
 これにて散会します。大変御苦労さまでした。
                               午後 3時06分 散会