議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成26年第 4回定例会−12月09日-01号




平成26年第 4回定例会

                  会  議  日  程

┌───────┬──┬───────┬────────────────────────┐
│  月  日 │曜日│会     議│      予          定      │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│ 12月 9日│ 火 │本  会  議│一般議案審議、請願・陳情等委員会付託、全員協議会│
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    10日│ 水 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    11日│ 木 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    12日│ 金 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    13日│ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    14日│ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    15日│ 月 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    16日│ 火 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    17日│ 水 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    18日│ 木 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    19日│ 金 │本  会  議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
└───────┴──┴───────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 専決第10号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第5号)
 専決第11号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
 議案第69号 松川村家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例
 議案第70号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第71号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例
 議案第72号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 議案第73号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例
 議案第74号 北アルプス広域連合規約の変更について
 議案第75号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第6号)
 議案第76号 平成26年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
 議案第77号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第78号 平成26年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)
 議案第79号 消費税増税を実施するにあたっての意見書
 報告第16号 「義務教育費国庫負担制度」の堅持を求める意見書提出に関わる請願書
 報告第17号 国の責任による35人以下学級推進と、教育予算の増額を求める意見書提出に関する請願書
 報告第18号 手話言語法制定を求める意見書の提出を求める請願書
 報告第19号 戦没者御遺骨帰還に関する法律制定の賛成する意見書提出を求める陳情書
 報告第20号 農業改革に関する陳情書
 報告第21号 介護従事者の処遇改善を求める陳情書
 報告第22号 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員を求める陳情書
 報告第23号 消費税10%への引き上げ中止を要請する意見書提出を求める陳情


                 請願・陳情一覧表

請願
┌─────┬───────────────────┬────────────┬────┐
│受付年月日│      件      名      │   請 願 者    │紹介議員│
├─────┼───────────────────┼────────────┼────┤
│ 26. 10.29│「義務教育費国庫負担制度」の堅持を求め│松川村5721-634     │茅野靖昌│
│     │る意見書提出に関わる請願書      │長野県教組大北支部   │    │
│     │                   │松川村単組       │    │
│     │                   │代表 柳澤 誠     │    │
├─────┼───────────────────┼────────────┼────┤
│ 26.10.29 │国の責任による35人以下学級推進と、教│松川村5721-634     │茅野靖昌│
│     │育予算の増額を求める意見書提出に関する│長野県教組大北支部   │    │
│     │請願書                │松川村単組       │    │
│     │                   │代表 柳澤 誠     │    │
├─────┼───────────────────┼────────────┼────┤
│ 26.11.25 │手話言語法制定を求める意見書の提出を求│長野市大字下駒沢586   │太田繁義│
│     │める請願書              │社会福祉法人      │    │
│     │                   │長野県聴覚障害者協会  │    │
│     │                   │理事長 井出 萬成   │    │
└─────┴───────────────────┴────────────┴────┘

陳情
┌─────┬─────────────────────┬───────────────┐
│受付年月日│      件        名      │    陳   情   者  │
├─────┼─────────────────────┼───────────────┤
│ 26. 9.08 │戦没者御遺骨帰還に関する法律制定の賛成す │松本市神林158         │
│     │る意見書提出を求める陳情書        │硫黄島遺骨収容団信濃     │
│     │                     │代表兼副幹事長        │
│     │                     │田々井正幸 外7名      │
├─────┼─────────────────────┼───────────────┤
│ 26.10.10 │農業改革に関する陳情書          │大町市大町字光明寺3091-1   │
│     │                     │大北農協農政協議会      │
│     │                     │会長 山田高司        │
│     │                     │大北農業協同組合       │
│     │                     │代表理事組合長 山田高司   │
├─────┼─────────────────────┼───────────────┤
│ 26.11.06 │介護従事者の処遇改善を求める陳情書    │長野市高田276-8        │
│     │                     │長野県医療労働組合連合会   │
│     │                     │執行委員長 小林吟子     │
├─────┼─────────────────────┼───────────────┤
│ 26.11.06 │安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・ │長野市高田276-8        │
│     │大幅増員を求める陳情書          │長野県医療労働組合連合会   │
│     │                     │執行委員長 小林吟子     │
├─────┼─────────────────────┼───────────────┤
│ 26.11.20 │消費税10%への引き上げ中止を要請する意 │松川村713-4          │
│     │見書提出を求める陳情           │新日本婦人の会松川村支部   │
│     │                     │支部長 遠藤泰子       │
└─────┴─────────────────────┴───────────────┘


             平成26年松川村議会第4回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│12月16日(火)午前10時から                          │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │10│平 林 幹 張│1 農業林業振興関係          │村長     │
│  │  │       │2 医療・介護関係           │村長     │
│  │  │       │3 災害対策関係            │村長     │
│  │  │       │                    │       │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │11│百 瀬   清│1 村の農業振興策           │村長     │
│  │  │       │2 村の「防災対策」について      │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │ 8 │白 澤 富貴子│1 「活力ある村づくりの実現」状況と今後│村長     │
│  │  │       │  の取り組み             │       │
│  │  │       │                    │       │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 4 │ 6 │矢 口 あかね│1 人口減少に歯止めをかけるには〜   │村長     │
│  │  │       │                    │       │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│12月17日(水)午前10時から                          │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 5 │ 4 │梨子田 長 生│1 村長の政治姿勢について       │村長     │
│  │  │       │2 生活困窮者への対応について     │村長     │
│  │  │       │3 社会教育について          │村長・教育長 │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 6 │12│上 田 治 美│1 住宅リフォーム制度について     │村長     │
│  │  │       │2 住みよい生活環境について 自然エネル│村長     │
│  │  │       │  ギーの利活用中心に         │       │
│  │  │       │3 子育て支援について         │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 7 │ 5 │佐 藤 節 子│1 すずの音ホールの利用状況と環境整備に│村長・教育長 │
│  │  │       │  ついて               │       │
│  │  │       │2 安心・安全に対する村民要望について │村長     │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘


           平成26年松川村議会第4回定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成26年12月9日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成26年12月 9日 午前10時00分│議 長│平 林 寛 也│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成26年12月 9日 午前11時51分│議 長│平 林 寛 也│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │平 林 寛 也│ ○ │ 7 │勝 家   尊│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │茅 野 靖 昌│ ○ │ 8 │白 澤 富貴子│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │太 田 繁 義│ ○ │ 9 │草 間 正 視│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │梨子田 長 生│ ○ │ 10 │平 林 幹 張│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │佐 藤 節 子│ ○ │ 11 │百 瀬   清│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │矢 口 あかね│ ○ │ 12 │上 田 治 美│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │  10番  │平 林 幹 張│  11番  │百 瀬   清│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │伊 藤 勇 二│書記     │若 林 祐 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│大 澤   浩│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │梨子田公雄  │総務課統括課長│丸 山   稿│
│法第121条により説│       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│   全員出席   │会計管理者兼会│白 澤   繁│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │古 畑 元 大│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │須 沢 和 彦│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │            別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘


               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 専決第10号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第5号)
 専決第11号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
 議案第69号 松川村家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例
 議案第70号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第71号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例
 議案第72号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 議案第73号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例
 議案第74号 北アルプス広域連合規約の変更について
 議案第75号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第6号)
 議案第76号 平成26年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
 議案第77号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第78号 平成26年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)
日程第6 請願・陳情の委員会付託



                               午前10時00分 開会
○議長(平林寛也君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成26年松川村議会第4回定例会を開会します。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定しました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(平林寛也君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第125条の規定により、10番 平林幹張議員、11番 百瀬 清議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(平林寛也君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等につきましては、議会運営委員会において審議がされていますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(佐藤節子君) (報告)
○議長(平林寛也君) 議会運営委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) これで議会運営委員長報告を終わります。
◎議会運営委員長(佐藤節子君) お願いします。
○議長(平林寛也君) 本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から12月19日までの11日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月19日までの11日間と決定しました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(平林寛也君) 日程第3 村長挨拶を願います。村長。
◎村長(平林明人君) おはようございます。
 本日ここに、松川村議会第4回定例議会を招集させていただきましたところ、全員の議員の皆様にお集まりをいただきまして、開会できますことにまずもって感謝を申し上げたいというように思います。
 今年は2月の大雪、5月と6月の降ひょう、8月の土石流、9月の噴火、そして11月の地震と、長野県にとりましては大変な1年となったように思います。松川村にとりましても、大雪や降ひょうに見舞われるなど大変な年だったというように思いますけれども、直接被害に遭われました他市町村に比べますと、まあまあ災害は少なかったかなというように思っておるところであります。リンゴの出荷も最盛期を迎えておりますが、被害額が少しでも少なくなるように願っているところであります。
 11月1日には、国の登録有形文化財の指定を受けております収蔵庫で、松川村の酒米を使用している3蔵の協力をいただきまして、村として初めての日本酒祭りを実施し大勢の皆様においでをいただくことができました。これは本来の米蔵として酒米の一時保管を開始したことを記念しての実施でありますけれども、来年以降もさらに多くの酒米の保管ができればと思っているところであります。
 11月28日には白馬、小谷の両村のお見舞いに行ってまいりました。道路1本挟んで被害に大きな違いがあるなど、神城断層というものの現実に驚かされました。職員の応援等できる限りの支援をしており、一日も早い復旧を願うものであります。
 昨年、友好都市協定を結びました台湾鹿港鎮の鎮長選挙が、11月29日に実施されました。事前に必勝だるまを送り、11月21日に黄鎮長を現地で応援してまいりました。11月30日に64.62%の得票率で見事当選をされたと報告がありました。今後4年間、子供たちのために力を借りたいと思っております。
 平成27年度より開始の幼保一体教育に関しまして組織がえを考えております。またこれとあわせまして保育料の見直しを実施し、さらに子供を育てやすい松川村を目指したいと思いますので、ぜひ議員の皆様、御協力をいただきたいというように思います。
 続きまして、最近の村政の状況等について若干申し上げます。
 まず神城断層地震にかかわる対応であります。
 先月11月22日、22時8分、白馬村を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、最大で震度6弱を記録いたしました。松川村役場に設置されている地震計は震度4を観測をいたしました。地域防災計画の初動マニュアルに基づき第1次配備により行動していただきました。この時点で、ライフライン等に異常がないと確認ができました。夜間であり状況把握が困難な箇所もあるため、翌23日朝より、関係職員により村内の公共施設等について調査を実施していただきましたが、異常はございませんでした。ありがたいことでありました。
 しかし、近隣の市町村では甚大な被害があり、今もなお500棟近くが全半壊や一部損壊の被害を受け、震源に近い白馬、小谷両村などでは200人以上が今も避難所生活を強いられております。豪雪に見舞われる本格的な冬を前に、今後の暮らしに向けた準備が急ピッチで進められているところでありますけれども、村としましても今回被害の多かった白馬村と小谷村に、村職員及び村社協職員を災害派遣をしております。支援内容は、下水道の点検、ボランティアセンターの運営、農地等測量、倒壊家屋調査業務及び衆院選の投開票事務であります。
 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を願うものであります。この件について若干口頭でお話をさせていただきますけれども、3市村にはそれぞれお見舞い金を送金をさせていただいております。
 また、たまたま私が11月の18日から東京で会議、大会等がありまして、20日の夜から台湾のほうへ鹿港鎮の鎮長の選挙応援ということでプライベートで行っておりました。22日には台南、高雄の北側でありますけれども、一番南のホテルにおりまして、テレビのニュースでこの地震を知り、それぞれ職員とともに役場のほう、それから担当者に連絡をさせていただきましたけれども、今のところ何ともないという報告を受けました。また朝も、それぞれの職員のところへ連絡をさせていただきましたけれども、大丈夫だという報告を受けましたので、そのまま台湾の訪問を続けておりました。そして25日に帰り26、27日と東京での会議、大会等に出席をしまして27日の夜、松川へ帰ってきたわけであります。そういうことの中で、28日に白馬と小谷のほうへ、そして大町市にはその後行ってまいりました。おかげさまで松川村に被害がなかったということの中で、予定どおり訪問ができましたことに感謝をするとともに、災害を受けた方に心からお見舞いを申し上げたいというように思っているところであります。
 続きまして松川村消防団施行100周年記念式典について申し上げます。
 大正4年に公設の板取消防組が発足して以来、松川消防組、松川警防団を経て今年度で松川村消防団施行100周年を迎えることとなりました。この記念式典を平成27年2月8日、すずの音ホールで行うことといたしております。必要経費を今回の補正予算に計上させていただいてありますのでよろしくお願い申し上げたいと思います。そしてまた、議員の皆様にも御出席をいただきたいと計画をしておりますので、御予定をいただきたいというように思います。
 次に、トットちゃん広場についてであります。
 安曇野ちひろ公園整備につきまして、長野市の信濃川田駅から安曇野ちひろ公園整備箇所に、10月の12日早朝、電車2両を無事移設をいたしました。トットちゃん人気もあって平成28年の広場完成を待たず、遠方からも多くの皆様がおいでになりました。また11月30日には村民の皆様の見学会を開催しましたところ、地域の皆様を中心に多くの皆様にごらんをいただくことができました。10月の12日の見学会には高知から御夫婦でおいでになった方が一番遠いということでありました。今後は来年度からの公園の本格的な整備にあわせ電車の改修等も行いまして、開園後には多くの皆様に楽しんでいただけるよう進めてまいりたいと考えております。
 降ひょうよるリンゴ被害状況についてであります。
 本年5月と6月に降ったひょうによるリンゴ被害につきましては、中信農業共済組合へ被害状況を確認をしましたところ、被害申告が果樹共済加入農家27戸のうち19戸から出ており、現在、被害評価を取りまとめている段階でありますけれども、3割から4割被害の農家が大半を占め、5割を超える被害農家が数件見込まれる状況ということであります。
 被害農家への支援としましては、JAではひょう害リンゴの全量引き受け販売支援を行い、村もJAと連携し各種イベントなどで販売支援を実施してきました。また、本年度から自然災害に備え、全農家が果樹共済へ加入するよう共済掛金の村の補助率引き上げを行いまして、共済加入の促進を進めておりますが、共済制度で補完できない価格低下を含めた収入減少を補填する収入保険制度を国が早期導入するよう県を通じて要請を行っております。
 続きまして、村内初の米蔵日本酒祭りの開催についてであります。
 村では初めてとなる米蔵日本酒祭りを、国の登録有形文化財松川村収蔵庫前で11月1日に開催をいたしました。松川村の酒米は、農家の皆さんのたゆまざる努力によりまして、常に県内トップの生産量と品質の高さを誇っております。現在、主食米価格の下落が続く中、酒米が新たな活路とまるよう村も支援しているところであります。今年から松川産の酒米を村収蔵庫の一部に保管することとなり、米蔵としての活用再開を祝うとともに、米どころ松川村をPRする初の企画としまして、蔵元3社の出展協力をいただきまして、今回は限定280人の村内外の皆様に、村産の米でつくられました清酒を堪能していただきました。今後も良質な酒米の産地であることを広くPRしてまいりたいと考えております。議員の皆様に大勢参加をしていただきまして、まことにありがとうございました。
 続きまして、銀座NAGANOでの村PR活動についてであります。
 県が東京銀座に整備した情報発信拠点「銀座NAGANO」が10月下旬にオープンをいたしました。このオープンに合わせまして大北管内の市町村が11月8日から14日に「信州・北アルプス山麓Week」を開催をいたしました。8日、9日の共同フェアには旅行会社や雑誌編集者などのマスコミ関係者を招き、私も村の魅力をトップセールスをいたしました。14日には松川村のフェアが開催され約450人の方が来場してくださいました。村の特産品の試食販売や観光PR、布草履や「ちひろのにじみ技法」の体験、郷土食の試食提供を行いました。長野県に縁のある方も多く来場され、男性長寿日本一の村を大いにPRできました。また私どもの1年先輩の皆様が、この場所で同級会のように集まっていただきまして、大勢の方が喜んでくださいました。
 続きまして、平成26年産水稲の作柄及び米生産調整についてであります。
 関東農政局長野地域センターは、今月5日に平成26年産水稲の収穫量(確定値)を発表いたしました。県下の水稲の作柄は、1平方メートル当たり全もみ数は平年並み、登熟はやや不良で、10アール当たりの収量は597キロで作況指数は96となっています。中信地区は10アール当たりの収量は604キロで作況指数は95となり、収量は平均値を上回っている状況であります。
 また、本年度の米生産調整は、村農業再生協議会の決定を受けまして、各農家への配分は従来どおりとしまして、国の生産調整に協力した場合としない場合の所得の比較表を提示し、生産調整への協力は各農家に判断を委ねました。最終集計はまだ出ておりませんけれども、村全体としましては、生産目標数量内で実施できる見込みとなっております。
 27年産米の生産調整についてであります。
 農林水産省は、平成27年産米の都道府県の生産数量目標を発表し、長野県は対前年比1.3%減の19万4,000トンとなり、2年連続での前年の生産枠を下回りました。今後は県農業再生協議会が地方事務所ごとに生産目標数量を配分し、最終的には今月25日に予定されております県農業再生協議会北安曇地方部会において当村の生産目標数量が決定をされます。その配分を受けまして村農業再生協議会で本年の生産調整の結果を踏まえまして、村の取り組み方針を決定いただきたいというように思っております。
 続きまして、熊、イノシシ等の出没状況であります。
 本年は熊の出没により農作物被害も多く発生し、個体数調整により31頭を駆除いたしました。鳥獣被害対策実施隊員の皆さんにはその都度、迅速な対応をしていただき、幸い松川村では人身被害の発生を防ぐことができました。また、イノシシは19頭を捕獲駆除いたしました。今後も、鳥獣被害対策実施隊並びに各地区の鳥獣害防止連絡協議会と連携しまして、人身被害防止や農作物被害の軽減を図ってまいりたいというように思っております。
 続きまして、松くい虫対策であります。
 村内の松くい虫被害は年々増加をし個人宅の庭木にも被害が出ており、村では、庭木を松くい虫被害から守る講習会を、北安曇地方事務所林務課職員並びに県林業薬剤防除協会会員を講師に11月18日に開催し、村内外から60人を超える参加者がありました。講習会では家庭で可能な防除方法として、薬剤の樹幹注入や地上散布方法を学んでいただきました。今後も村民の皆様の協力を得ながら、村木の赤松を守る取り組みを推進してまいりたいというように思います。
 続きまして、子ども・子育て支援法施行に伴う村の子育て施策についてであります。
 急速な少子化の進行や子育て環境の変化など、子供や子育てをめぐるさまざまな課題を解決するために、平成24年8月に子ども・子育て支援法が制定され、平成27年4月より施行されます。
 この施行を受けまして、当村でも関係課等で研修、協議を進めるとともに、昨年8月には就学前のお子さんのいる全家庭にアンケート調査をお願いし、子育て支援に関するニーズを把握するとともに、今年度より松川村子ども・子育て会議を設置しまして協議いただき、平成27年度から5年間、松川村子ども・子育て支援事業計画を策定中であります。
 その計画の中では、柱となる保育園につきましては、幼保一体化の方向を受け平成27年4月から南北保育園とも、今までの保育に加えまして幼稚園教育と同様の教育を行うとともに、体育等も行っていきたいというように考えております。
 また、保育料につきましては大幅な減額を行い、子育て家庭の支援をするとともに、これから家庭を持ちたい方、子供を持ちたい方などに、子育てするなら松川村と思っていただけるよう進めることにより少子化対策や人口減対策につなげていきたいというように考えております。
 今冬の除雪対応についてであります。
 記録的な大雪となりました昨冬の経験を踏まえまして、この冬は除雪車両を増加をさせ、機動力の強化を図りました。また、前回のような豪雪時には、重要路線につきまして県に除雪を応援していただくよう協定を締結するなど除雪体制を整えました。冬期間の村民の通勤、通学など生活道路の安全確保に努めてまいりますので、歩道等の雪かきにつきましては今までどおり御協力をお願いをしたいというように思います。
 本日、上程いたします議案は12件であり、概要を若干説明申し上げます。専決第10号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第5号)は、12月2日公示、14日投開票が行われる衆議院議員総選挙にかかわる経費で、573万7,000円を追加するものであります。
 専決第11号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例は、児童扶養手当の改正に伴う改正であります。
 議案第69号 松川村家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例は、平成27年4月より村長が許可権者となるため、その設備及び運営に関する基準を定める条例であります。
 議案第70号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例、議案第71号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例、議案第72号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例は、人事院勧告に基づき期末・勤勉手当、通勤手当の一部改正と給料表の改正であります。
 議案第73号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例は、出産育児一時金の額の見直しに伴う改正であります。
 議案第74号 北アルプス広域連合規約の変更は、事務内容の表現や並びかえを行うものであります。
 議案第75号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第6号)は、2,208万8,000円を追加し総額40億1,118万3,000円とするもので、主な内容は人事院勧告に伴う人件費関係の増、農地集積・集約化対策事業補助や緩衝帯整備費、除雪委託費等が主なものであります。
 議案第76号 平成26年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、広域連合への負担金の計上であります。
 議案第77号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)及び議案第78号 平成26年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)は、人事院勧告による給与等の計上であります。
 いずれも、提案時に各担当課長等に説明をいたさせますので、御審議の上、議決をいただきますようお願い申し上げまして、開会の挨拶とさせていただきます。よろしくお願いをいたします。
○議長(平林寛也君) 村長挨拶を終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(平林寛也君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(伊藤勇二君) 諸般の報告、議会関係。
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.穂高広域施設組合議会第2回定例会
  開催期日  平成26年10月21日
  出席議員  平林議長、白澤副議長
  審議事項等 ・副議長の選挙について
        ・専決処分の承認を求めることについて
        ・平成26年度一般会計補正予算
        ・平成25年度一般会計歳入歳出決算の認定
  審議結果等 副議長に松川村議会議長の平林寛也議員を選出。議案を原案のとおり承認及び可決。決算を認定。
 2.池田松川施設組合議会第2回定例会
  開催期日  平成26年10月29日
  出席議員  平林議長、白澤副議長、勝家議員、百瀬議員
  審議事項等 ・長野県町村公平委員会を設置する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について
        ・平成25年度一般会計歳入歳出決算の認定
        ・平成26年度一般会計補正予算
        ・池田松川施設組合教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて
  審議結果等 決算を認定。各議案を原案のとおり承認及び可決。太田文雄氏の教育委員会委員の任命に同意。
 3.北アルプス広域連合議会11月定例会
  開催期日  平成26年11月17日
  出席議員  平林議長、白澤副議長、佐藤議員
  審議事項等 ・平成26年度広域連合各会計補正予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 以上でございます。
△日程第5 議案の上程
○議長(平林寛也君) 日程第5 議案の上程を行います。
 専決第10号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第5号)を議題とし、事務局に朗読させます。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の専決補正につきましては、衆議院が11月21日に解散し、衆院選が12月の2日公示、14日投開票となったことに伴います必要経費の計上でございます。
 5ページをお願いします。まず歳入でございますが、地方交付税2万1,000円、普通交付税を予定をしております。続きましてその下の国庫支出金、総務費委託金571万6,000円でございますが、選挙委託金としまして衆議院選の委託金569万7,000円、最高裁の国民審査の委託金1万9,000円でございます。
 次ページをお願いします。6ページになります。選挙費の中で衆議院議員総選挙費571万7,000円の内訳でございますが、報酬としまして78万2,000円、投票管理者以下立会人等の報酬でございます。職員手当、賃金につきましては、職員と臨時職員の賃金、手当等でございます。11節需用費70万円でございますが、申請にかかります消耗品、燃料費、食糧費、印刷製本費、記載のとおりでございます。
 12節役務費でございますが、43万4,000円ですが、通信運搬費、手数料等でございます。13節委託料24万6,000円ですが、公営掲示板の設置ですとか、OAサポート料の計上、それから6目の最高裁判所裁判官国民審査で2万円の計上ですが、11節の需用費、消耗品で2万円の計上でございます。以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第10号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第11号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) 専決第11号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について御説明いたします。
 改正の内容ですが、次代の社会を担う子供の健全な育成を図るための次世代育成支援対策推進法等の一部の改正をする法律が平成26年4月23日に公布されました。その一部の規定が平成26年12月1日から施行されたことを受けて改正を行うものです。
 一部の規定等の中の説明をいたします。児童扶養手当法の改正になります。児童扶養手当と年金の併給調整の見直しで児童扶養手当の支給対象をされていない公的年金給付等の受給者等についても公的年金給付等の額等に応じまして児童扶養手当の額の一部を支給することができるようになりました。そういった改正内容でございます。この改正による村での対象者はいない状況でございます。
 附則といたしまして、この条例は平成26年12月1日から施行いたします。地方自治法第179条第1項の規定により議会を招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分をする。
 平成26年12月1日専決、松川村長名、平成26年12月9日報告、松川村長名。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第11号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、議案第69号 松川村家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは議案第69号 松川村家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例につきまして説明させていただきます。
 平成27年4月より子ども・子育て支援法が施行されることにより家庭的保育事業等の設置等が村長の認可になることに伴いまして、その設備及び運営に関する基準を定める条例でございます。
 章ごとに説明させていただきますが、第1章、総則第1条から3枚目の裏面、第21条までですが、1枚目では趣旨、最低基準の目的、向上等、裏面にいっていただきまして一般原則と保育所の連携、2枚目では非常災害、職員の一般的要件、知識及び技能の向上、虐待等の禁止等、その裏面でございますが、衛生管理、食事等、3枚目では、利用乳幼児及び職員の健康診断、運営規程、その裏面でございますが、帳簿、秘密保持、苦情等への対応を定めているものでございます。その下段、第2章では、家庭的保育事業について、設備の基準、4枚目では職員、保育時間、保育の内容、保護者との連絡を、その下段、第3章では、小規模保育事業について、第1節では区分、第2節、裏面にかけてですが、小規模保育事業A型について、設備の基準、職員、準用。5枚目中段から裏面上段は第3節、小規模保育事業B型について、職員、準用、その下段第4節、小規模保育事業C型については、設備の基準、職員、利用定員、準用を定めています。
 6枚目第4章、居宅訪問型保育事業では、事業、設備及び備品、職員、連携施設、準用を定めています。裏面から7枚目裏面までですが、第5章、事業所内保育事業では、利用定員、設備、職員、連携施設の特例、準用を定めています。下段第6章雑則で、暴力団の排除、委任を定めています。
 附則1としまして、この条例は平成27年4月1日から施行する。その下段から5にかけましては、経過措置でございます。その裏面から9枚目、最後の裏面までですが、それぞれの別表となってございます。その下段でございます。平成26年12月9日提出、松川村長名です。
 以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。上田議員。
◆12番(上田治美君) 幾つかの点で質問したいと思います。
 まず食事の提供でありますが、第15条のところで、食事を提供するときは家庭的保育事業所内で調理する方法により行わなければならないとしております。そうしながら第16条では、食事提供の特例として、次項に規定する搬入施設において料理して搬入する方法により行うことができるとなっております。3歳児未満の方が主な対象児でありますので、自園給食方式で行うべきではないかと思いますが、いかがですか。
 もう一つ、職員についてであります。家庭的保育事業では、第23条2項で、家庭的保育者は保育士または保育士と同等以上の知識及び経験を有する者と村長が認める者としておりますが、3項で家庭的保育補助者、これは村長が行う研修を修了した者であります、とともに保育するとしております。また、小規模保育事業ではA型では、保育士を置かなければならないとしておりますが、これは29条です、しておりますがB型では、保育士その他保育に従事する職員として、村長が行う研修を修了した者、これは31条でありますが、としております。C型では、家庭的保育者を置かなければならないとしております。居宅訪問保育事業では、家庭的保育者が行うとなっております。事業所内保育事業では、定員20名以上は保育士となっておりますが、定員19名以下では保育士とその他村長が行う研修を修了した者、47条です、となっております。
 保育資格を必要とせず、研修のみでよいとするのではなく、保育者は全て保育士とすべきではないでしょうか。また、居宅訪問型保育事業では、家庭的保育者1人が保育することができる人数は1人となっておりますが、複数の職員で対応するのがいいと思いますが、いかがでしょうか。以上2点についてお尋ねいたします。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) まず、基本といいますか、この条例の原則的な考え方としまして、さまざまなお子さんが、要は先ほど議員さんがおっしゃられましたように、3歳未満、要は小さいお子さんたちを預ける場合に、さまざまな理由が考えられて、それをやりたい事業所の方も普通の場合ですと、例えば保育園、現在村にあります保育園、そして保育園も未満児保育をやっているものですから、そういう形で村も受け入れることができるんですが、そういう状況にない場合で預けたいというような場合のことになります。
 そうしますとやりたい事業所というのも、本来村では未満児を受ける状態ができているものですから、その事業所ごとのそれぞれの特性を生かした形、それぞれの事業所がやりたい形のものを幅広い形で提供することが、その中で考えられているということです。ですので、松川村で現在、そういうことがありませんが、都会を含めてですね、いろいろなお子さんたちの条件、それに伴う形でそれぞれの条件に合う形で子供たちが受け入れる施設のために、入り口といいますか、それを受け入れる体制をさまざまなことを想定しながら受け入れることと、まず給食の分についても基本的にはやりながらもそれができるというような形で、そのやっていく事業所の方に対しての、間口といいますか、そういうものを広げている部分。
 同じように事業所の中の保育、20名以上は保育園に準ずる形をとるものですから、保育士の資格がある者を有するという言い方をしていますが、小規模、この中で家庭的保育の場合は小規模になるものですから、基本的にはそれを準則としながらも、その資格を得た者、要はそれで対応できるという、要は待機児童をなくすために都会で、都市部や何かである待機児童を解消するために間口を広げたものであります。村も入り口としましては、さまざまな今の現在では考えられないんですが、この後、さまざまな状況があって、さまざまな家庭の事情によって預けたいという方のことを考え、そして、そのさまざまな状況に応じてやりたいということを考え、同じような間口で考えていきたいという状況でございます。
○議長(平林寛也君) 上田議員、よろしいでしょうか。ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。上田議員。
◆12番(上田治美君) 一応、賛成の立場で討論したいと思います。
○議長(平林寛也君) 上田議員、こちらでお願いします。
◆12番(上田治美君) 賛成の立場で討論したいと思います。
 従来、松川村は子供は村の宝として、村独自の施策をいろいろ講じております。例えば18歳まで医療費を無料にするとか、こういうことで松川村は子育てを非常にしやすい村という評価が生まれておりまして、子育てをするなら松川村というふうに言われております。お母さん方から大変喜ばれております。
 この条例の中で最低基準の目的とか最低基準の向上の項目の中で述べられておりますように、衛生的な環境において、素養がありかつ適切な訓練を受けた職員や保育を提供することにより、心身ともに健やかな育成をされることを保障すると、最低基準の向上でも村長は子ども・子育て会議の意見を聞いて事業を行いますが、最低基準を超えてその設備及び運営を向上させるように勧告することができる、村長は最低基準を常に向上させるように務めるものとすると、このようになっております。
 このような状況の中で、これまで進めてきた松川村での子育て政策が後退することなく、さらに充実したものになっていくという観点から、先ほど質問しましたような保育士以外の研修を受けた者が保育に当たるということでなく、職員は全て保育士が当たる、給食も自園給食方法をすると、こういうことが必要ではないかと思います。
 また、仮に家庭保育事業者が申請されて認可され、実際に運用されるということになりますと、例えば村内で現在しているサービスと新たに事業者が行われたものにおけるサービスとの間に一定の差が生じるのではないかということも懸念されます。そういうことを防ぐためにも、きちんとした形で保育は全て保育士、給食は自園給食ということが望ましいのではないかということで、そういうことを先ほど申しましたように、村長は最低基準を常に向上させるように努めるということがありますので、そういうことを期待しまして賛成したいと思います。以上です。
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第69号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第70号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 議案第70号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を次のように改正する内容でございます。こちらにつきましては、人事院勧告に伴います期末手当の額の改正でございます。
 第5条第2項中、期末手当の額を記載のとおり0.15月引き上げる内容でございます。
 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行する。
 平成26年12月9日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第70号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第71号 特別職の職員で常勤の者等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 先ほど同様、議案第70号と同様でございますけれども、人事院勧告に伴います期末手当の額の改正となります。
 第3条中第2号ただし書きの期末手当の額を記載のとおり、0.15月引き上げるものでございます。
 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行する。
 平成26年12月9日 提出 松川村長名。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第71号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第72号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 御説明申し上げます。先ほど第70号、第71号同様に、人事院勧告に伴います一般職の職員の給与に関する条例の一部を次のように改正する内容でございます。こちらにつきましては、職員の通勤手当、期末手当、給料表の改正の内容でございます。
 第17条第2号イにつきましては、通勤手当の改正です。
 第31条第1項第1号の前段につきましては、期末手当の額を記載のとおり0.15月引き上げる内容で、2号につきましては、再任用職員の0.05月引き上げる内容でございます。
 それから、別表の改正は給料表の改正となりますが、次ページ以降になりますが、平均で役場の職員につきましては3%のアップ、それから世代間の給与配分を見直す観点から若年層に重点を置いた給料表の改定でございます。特に初任給につきましては一律2,000円を引き上げる内容でございます。
 給料表の後になります附則でございますが、施行期日につきましては、この条例公布の日から施行し、この条例によります改正後の一般職の職員の給与に関する条例規定は、平成26年4月1日に遡及する内容、それから給与の内払いとしまして、改正後の条例の規定を適用する場合におきましては、改正前の条例の規定に基づいて支給された給与は、改正後の条例の規定による給与の内払いとみなす内容でございます。
 平成26年12月9日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第72号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第73号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それではよろしくお願いいたします。議案第73号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。
 改正の理由でございますが、今回の改正は健康保険法施行令の一部改正にあわせて産科医療補償制度の対象部分に係る出産育児一時金の支給金額を改定するものでございます。
 内容でございますけれども、条例第7条第1項中で定める出産育児一時金の支給金額を39万円から40万4,000円に改めるものでございます。
 附則としまして、平成27年1月1日から施行、経過措置は施行期日後については従前の例によるものでございます。
 平成26年12月9日 提出 松川村長名でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第73号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第74号 北アルプス広域連合規約の変更についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 議案第74号 北アルプス広域連合規約の変更の内容について御説明申し上げます。
 これにつきましては、広域連合で今第4次広域計画を策定中でございますが、これに伴います事務に、この規約の変更につきましての事務に変更はございません。事務内容の表現ですとか、並び順を同類の事務ごとに順番を変える変更内容でございますので、別紙記載のとおりでございますので内容につきましては省略させていただきます。
 地方自治法第291条の3第1項の規定により、平成27年4月1日から北アルプス広域連合の規約の一部を別紙のとおり変更するため、同法第291条の11の規定により議会の議決を求める。
 平成26年12月9日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第74号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 ここで11時20分まで休憩いたします。
                               午前11時03分 休憩
                               午前11時20分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 続いて、議案第75号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第6号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは議案第75号の御説明を申し上げます。
 今回の主な内容につきましては、歳出におきましては、人事院勧告によります人件費、それから農地集積・集約化対策事業補助、それから緩衝帯整備負担金、除雪業務費に係るものが主なもので、その財源を普通交付税、県支出金等を予定をしております。
 なお、人件費の関係につきましては人事院勧告によるものでございますので、担当課長等からの説明は省略させていただきます。
 6ページをお願いします。まず総務課関係から御説明申し上げます。
 9款地方交付税1,741万1,000円でございますが、普通交付税を予定しております。
 次のページ上段の県支出金総務費委託金、4節の統計調査費委託金2,000円でございますが、工業統計調査費交付金で2,000円でございます。その下、ふるさと応援寄附金50万円でございますが、増を見込みましての計上でございます。それから諸収入の雑入になりますが、減額の8万2,000円、コミュニティ助成事業負担金としましては精算に伴います地元負担金の減の計上でございます。
 次のページ、8ページ、中段からお願いします。総務費の中の1目一般管理費384万9,000円でございますが、9節の旅費11万5,000円でございます。今年度、県外出張増に伴います3月見込み分の計上でございます。13節の委託料71万1,000円でございますが、村例規集積データ更新支援業務ということで、地方教育行政の法律改正に伴う支援をいただくものの計上、それから訴訟費用ということで、弁護士費用に支払う部分でございます。この件に関しましては、墓地の開発に伴います顧問弁護士に支払うものでございます。
 それから、次の企画費になりますが、116万円でございます。8節の報償費45万円ですが、ふるさと応援寄附金の謝礼分増見込みに伴います計上、それから役務費ですが、5万円ですが、そのふるさと応援の記念品といいますか、謝礼の送料でございます。
 続きまして、次ページになります19節の負担金補助及び交付金16万円でございますが、景観保全推進事業、屋敷林の事業見込みに伴います増額、その下、25節の積立金ですが、ふるさと応援寄附金をいただいたものを基金に積む計上でございます。その下、8目の自治振興費、これにつきましては財源の振りかえでございます。
 10ページをお願いします。中段になります。1目の委託統計調査費2,000円でございますが、11節の需用費消耗品費、役務費、通信運搬費、それぞれ1,000円ですが、工業統計に伴います計上でございます。
 少し飛びますが、16ページをお願いします。中段からになります。消防費の中の2目の非常備消防費160万7,000円の計上ですが、8節の報償費83万8,000円、村長冒頭の御挨拶にも言いましたけれども、消防団の施行の100周年記念行事に伴います計上で、記念品につきましては全世帯に記念のタオルを作成し、配布する予定となっております。それを含む経費でございます。11節の需用費76万9,000円ですが、消耗品10万4,000円、食糧費65万円、印刷製本費1万5,000円ですが、それぞれ記念式典に伴いますパンフレットですとか、祝賀会に係る経費の計上です。
 続きまして、3目の消防施設費41万4,000円です。需用費としましての計上でございます。消耗品費37万円、修繕料4万4,000円でございますが、消耗品につきましては新年度入団予定、まだ決まっておりませんが、3月決定となりますが、その部分のはっぴとか、活動服の計上でございます。修繕費は、積載車の修繕料でございます。
 災害対策費減額の12万4,000円の内訳ですが、需用費としまして2万8,000円の計上、コミュニティ助成事業確定によります減、備品購入費9万6,000円ですが、同じくコミュニティ助成事業確定によります減でございます。
 最後に19ページをお願いします。今回の人勧に伴いましての給与費明細書をつけてございますけれども、これ以降、ごらんをいただきたいと思いますのでよろしくお願いします。
 総務課関係は以上です。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは住民課関係をよろしくお願いします。
 6ページへお戻りをいただきたいと思います。まず歳入からですが、13款国庫支出金2目の民生費委託金44万8,000円は年金システム改修のため基礎年金等事務費交付金として手当てされるものでございます。
 続いて、14款の県支出金1目民生費県負担金80万9,000円は、後期高齢者医療特別会計に後期高齢者医療保険基盤安定費負担金として繰り入れる財源の県負担分でございます。
 続いて10ページをお願いいたします。歳出でございますけれども、2款総務費1目の戸籍住民基本台帳費中の11節需用費13万9,000円は、印鑑登録証が予定より発行、再発行がふえておりまして、年度末までに足りなくなる見込みとなるため増刷する内容でございます。
 11ページ下段、お願いいたします。下段から12ページ上段の6目老人医療費中の19節の509万1,000円の減額は、25年度精算額確定により後期高齢者医療広域連合療養給付費負担金が458万8,000円減と、事務費負担金が50万3,000円減とするものでございます。
 12ページの28節の繰出金107万9,000円は、後期高齢者医療特別会計保険基盤安定金額の確定により増額するものでございます。
 13ページ中段、1目の国民年金事務費取扱費44万8,000円は、年金事務所の報告書類のプリンター出力対応に係るシステム改修費でございます。
 14ページ上段、2目清掃費4万円は、生活環境係のハイブリッド車を遠方出張用等に優先しようとしたいために燃料費を増額するものでございます。
 住民課関係は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは福祉課関係よろしくお願いいたします。福祉課関係は歳出のみでございます。
 11ページをお願いいたします。11ページ上段3行目の13委託料29万9,000円の増でございますが、OAシステムサポート料ということで障害者自立支援給付費支払いに係るシステムの改修によるものでございます。その下段、目2へ行きまして、節19負担金及び交付金10万6,000円の増でございますが、負担金としまして介護予防地域支え合い事業負担金ということで村の社会福祉協議会に緊急通報のお願いをしているわけでございますが、その緊急通報のサーバの故障に伴うものでございます。
 その下段、節20扶助費減額32万円でございますが、敬老祝い金の減額でございます。これは26年度予算を立てたときよりも、実際、今年の8月15日が基準日でございますが、そのときでやられた高齢者の方が転出とか、亡くなられた方がいた中での減というものでございます。
 その下段、目4でございます。節18の備品購入費32万5,000円の増でございます。これは、ゆうあい館で除雪機を買ってゆうあい館周りの除雪をしたいというものでございます。
 福祉課関係は以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは経済課、歳入関係、6ページ下段をお願いしたいと思います。
 款14県支出金、目3農林水産業費県補助金、節2農業費補助金300万円の総額でございますが、農地集積・集約化対策事業で農地中間管理機構への農地貸し付け見込み者の増に伴います増額内示によるものでございます。
 続きまして、歳出関係、14ページをお願いいたします。14ページ中段でございますが、款5農林水産業費、下段の目3の農業振興費、節1の報酬65万円の増額でございますが、鳥獣被害対策実施隊の活動報酬の不足見込み分を計上するものでございます。
 続いて、節19負担金補助及び交付金233万5,000円の増額ですが、まず負担金で水稲防除につきましては、額の確定見込みによる不足分4万8,000円の計上でございます。続いて、有害鳥獣駆除対策協議会の負担金210万7,000円につきましては、来年度に実施要望をしておりました西部山麓地域への電気柵の設置が国の補助事業の前倒しによりまして、本年度協議会が実施主体となり実施することになり、事業実施に伴う借入金の利子分と電気柵設置箇所の立木の伐採、枝払い等の緩衝帯整備にかかる経費を計上するものでございます。
 今回の電気柵の設置箇所は、川西地区3カ所で合計で880メートルを施工する予定になっております。続いて、一番下の大北地区猟友会への負担金18万円でございますが、本年度大町市に建設中のライフル射撃場の今後の管理運営上、必要となる備品類等の整備に対する市町村負担金でございます。
 続いて次ページ、15ページをお願いいたします。目4地域営農支援事業費節19負担金補助及び交付金300万円の増額でございますが、歳入でも御説明いたしましたが、県の補助金を受けまして、農地中間管理機構への農地貸付者に対する機構集積協力金の不足分の計上でございます。目6土地改良費、節13委託料2万1,000円の減額でございますが、川西開田組合のポンプ入替工事の設計監理委託料の額の確定に伴うものでございます。
 続いて、節15工事請負費27万円の増額でございますが、これも川西開田組合ポンプ入替工事の増額分でございます。節19負担金補助及び交付金14万1,000円の減額でございますが、補助面積確定による負担金の減額でございます。
 続いて、款6商工費目2、一番下の観光費でございますが、節11需用費6万円の増額でございますが、公用車ガソリン代の不足見込み分の計上でございます。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは建設水道課関係を御説明いたします。歳入はございません。歳出のみとなります。
 16ページをお願いいたします。上段の7款土木費2目の道路維持費でございます。これは13節委託料250万円の追加でございます。これにつきましては議会冒頭の村長挨拶にもございましたが、除雪の車両を増加させるなど、この冬の除雪体制が整ったことによります、今後の雪の見込みによります除雪作業の出動の見込みでございます。
 建設水道課関係は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会関係をお願いいたします。歳入はございません。
 17ページ中段になりますけれども、小学校費目1の学校管理費ですが、需用費で修繕料として40万8,000円の計上でございますが、ダウンスイッチの更新、それからあと一般の修繕が足りなくなったということで増額をお願いするものでございます。
 その下、目の2教育振興費、11需用費、消耗品費で387万2,000円の増額でございますが、平成27年度小学校の教科書改訂に伴います教師用の指導書の購入でございます。
 その下、中学校費の関係ですが、目1学校管理費、18備品購入費137万1,000円の増額ですが、来年度、中学1年生が一クラス増と、そういう部分に伴いまして教師用の机、椅子、パソコン等61万4,000円、それから式典用の折り畳み椅子100脚68万1,000円、生徒用椅子10脚で7万6,000円ということでお願いをいたします。
 教育委員会関係は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 社会教育課長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは社会教育課関係をお願いします。歳入はございません。
 歳出の18ページ下段をお願いいたします。目2の体育施設費ですが、15万1,000円工事請負費の減でございます。スポーティプラザの屋根の修繕工事が完了しまして、差金を減額するものでありますのでお願いします。以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第75号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第76号 平成26年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは御説明いたします。よろしくお願いいたします。
 今回の補正は、先ほど一般会計補正予算で説明をいたしました広域連合へ納付する保険基盤安定分を追加補正する内容でございます。
 5ページをお願いいたします。歳入ですが、3款の繰入金、2目保険基盤安定繰入金は、広域連合へ納付する負担金の財源として一般会計から繰入金を107万9,000円追加するものでございます。
 6ページをお願いいたします。歳出ですが、1目の後期高齢者医療広域連合納付金は、保険基盤安定分の納付金が固まりましたことによりまして、負担金を107万9,000円追加するものでございます。
 なお、確定後の保険基盤安定分の負担金は2,284万7,412円となります。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第76号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第77号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは御説明申し上げます。今回の補正は、人事院勧告による職員人件費の追加に伴うものでございます。
 5ページをお願いいたします。歳入では、5款繰入金、1目公共下水道整備基金繰入金9万4,000円の増額でございます。
 次ページ、6ページをお願いいたします。歳出では、1款下水道費につきましては、人件費の増額でございます。また、2款公債費、2目利子につきましては、人件費増額に伴います財源充当の調整で財源振替を行っております。
 なお、7ページ以降につきましては、給与費明細書ですのでごらんいただきたいと思います。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第77号を採決します。本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第78号 平成26年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは御説明申し上げます。今回の補正につきましては、人事院勧告によります職員の人件費追加によるものでございます。収益的支出のみの補正となっております。
 2ページをお願いいたします。収益的収入及び支出におきまして、3目の総係費の人件費にかかわる部分の増額を行うものでございます。
 なお、3ページ以降につきましては給料明細書ですのでごらんいただきたいと思います。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第78号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
△日程第6 請願・陳情の委員会付託
○議長(平林寛也君) 続いて、日程第6 請願・陳情の委員会付託を行います。
 お手元に配付の請願・陳情についてを議題とします。
 ただいまから請願・陳情を委員会に付託します。
 件名 「義務教育費国庫負担制度」の堅持を求める意見書提出にかかわる請願書
 請願者 松川村5721−634、長野県教組大北支部松川村単組代表 柳沢 誠
 紹介議員は、茅野靖昌議員です。
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 国の責任による35人以下学級推進と、教育予算の増額を求める意見書提出に関する請願書
 請願者 松川村5721−634、長野県教組大北支部松川村単組代表 柳沢 誠
 紹介議員は、茅野靖昌議員です。
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 手話言語法制定を求める意見書の提出を求める請願書
 請願者 長野市大字下駒沢586、社会福祉法人長野県聴覚障害者協会理事長 井出萬成
 紹介議員は、太田繁義議員です。
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 続いて、陳情について。
 件名 戦没者御遺骨帰還に関する法律制定の賛成する意見書提出を求める陳情書
 陳情者 松本市神林158、硫黄島遺骨収集団信濃代表兼副幹事長 田々井正幸
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 件名 農業改革に関する陳情書
 陳情者 大町市大町字光明寺3091−1、大北農協農政協議会会長 山田高司
                     大北農業協同組合代表理事組合長 山田高司
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 件名 介護従事者の処遇改善を求める陳情書
 陳情者 長野市高田276−8、長野県医療労働組合連合会執行委員長 小林吟子
この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員を求める陳情書
 陳情者 長野市高田276−8、長野県医療労働組合連合会執行委員長 小林吟子
この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 消費税10%への引き上げ中止を要請する意見書提出を求める陳情
 陳情者 松川村713−4、新日本婦人の会松川村支部支部長 遠藤泰子
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 それぞれ付託したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、以上の件は、各常任委員会に審査を付託します。
 これで、本日の日程は全て終了いたしました。
 これにて散会をします。
 大変御苦労さまでした。
                               午前11時51分 散会