議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成26年第 3回定例会−09月09日-01号




平成26年第 3回定例会

                  会  議  日  程

┌───────┬──┬───────┬────────────────────────┐
│  月  日 │曜日│会     議│      予          定      │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│  9月 9日│ 火 │本  会  議│一般議案審議                  │
│       │  │       │25年度各会計決算上程・提案説明・補足説明   │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    10日│ 水 │本  会  議│各会計決算総括質問、議案等審査特別委員会へ審査付│
│       │  │       │託、請願・陳情等委員会付託、全員協議会     │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    11日│ 木 │委  員  会│議案等審査特別委員会              │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    12日│ 金 │委  員  会│議案等審査特別委員会              │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    13日│ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    14日│ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    15日│ 月 │休     日│敬老の日                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    16日│ 火 │委  員  会│議案等審査特別委員会(まとめ)         │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    17日│ 水 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    18日│ 木 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    19日│ 金 │委  員  会│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    20日│ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    21日│ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    22日│ 月 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    23日│ 火 │休     日│秋分の日                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    24日│ 水 │本  会  議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
└───────┴──┴───────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 議案第51号 松川村税条例の一部を改正する条例
 議案第52号 松川村福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例
 議案第53号 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
 議案第54号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について
 議案第55号 平成26年度すずむし荘日帰り温泉施設浴室棟改修工事(?期工事)の契約の締結について
 議案第56号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第4号)
 議案第57号 平成26年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
 議案第58号 平成26年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
 議案第59号 平成26年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第60号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第61号 平成25年度松川村一般会計歳入歳出決算書
 議案第62号 平成25年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書
 議案第63号 平成25年度松川村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書
 議案第64号 平成25年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書
 議案第65号 平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書
 議案第66号 平成25年度松川村水道事業会計決算書
 議案第67号 平成26年度学校施設環境改善交付金事業松川小学校天井耐震工事の変更契約の締結について
 議案第68号 訴訟上の和解について
 報告第13号 平成25年度各会計決算について
 報告第14号 集団的自衛権容認の閣議決定を撤回し、閣議決定にもとづく法整備等を行わないよう関係機関に意見書を提出することを求める請願
 報告第15号 私立高校に対する公費助成をお願いする陳情書


                  請願・陳情一覧表

請願
┌─────┬───────────────────┬────────────┬────┐
│受付年月日│      件      名      │   請 願 者    │紹介議員│
├─────┼───────────────────┼────────────┼────┤
│ 26. 8.18 │集団的自衛権容認の閣議決定を撤回し、閣│長野市県町593      │上田治美│
│     │議決定にもとづく法整備等を行わないよう│長野県平和委員会    │    │
│     │関係機関に意見書を提出することを求める│代表   永井光明   │    │
│     │請願                 │中澤盛雄 宮澤彰一   │    │
│     │                   │建石繁明 丸山稔    │    │
└─────┴───────────────────┴────────────┴────┘


陳情
┌─────┬─────────────────────┬───────────────┐
│受付年月日│      件        名      │    陳   情   者  │
├─────┼─────────────────────┼───────────────┤
│ 26. 8.29 │私立高校に対する公費助成をお願いする陳情 │塩尻市広丘高出2081      │
│     │書                    │中信地区私学助成推進協議会  │
│     │                     │会長 犬飼浩一        │
└─────┴─────────────────────┴───────────────┘


             平成26年松川村議会第3回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│9月18日(木)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │12│上 田 治 美│1 防災について            │村長     │
│  │  │       │2 住みよい生活環境について      │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │10│平 林 幹 張│1 農業振興関係            │村長     │
│  │  │       │2 防災対策関係(防災対策基本法)   │村長     │
│  │  │       │3 医療・介護関係           │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │ 7 │勝 家   尊│1 更に元気な松川村を         │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 4 │ 2 │茅 野 靖 昌│1 食育について            │村長・教育長 │
│  │  │       │2 小中学校の不登校について      │村長・教育長 │
│  │  │       │3 鼠穴学校跡の取り扱いについて    │村長・教育長 │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 5 │ 9 │草 間 正 視│1 「男性長寿日本一」に関連して「高齢化│村長     │
│  │  │       │  社会に対する今後の考え方」について │       │
│  │  │       │2 「地域づくり活動活性化支援補助金制 │村長     │
│  │  │       │  度」の取り組みについて       │       │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 6 │ 6 │矢 口 あかね│1 豪雨災害に備えるために       │村長     │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│9月19日(金)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 7 │ 5 │佐 藤 節 子│1 農家民泊について          │村長・経済課長│
│  │  │       │2 村民要望について          │       │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 8 │ 4 │梨子田 長 生│1 松川村第6次総合計画について    │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 9 │ 3 │太 田 繁 義│1 地域農業発展について        │村長     │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘


           平成26年松川村議会第3回定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成26年9月9日                  │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成26年 9月 9日 午前10時00分│議 長│平 林 寛 也│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成26年 9月 9日 午後 2時10分│議 長│平 林 寛 也│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │平 林 寛 也│ ○ │ 7 │勝 家   尊│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │茅 野 靖 昌│ ○ │ 8 │白 澤 富貴子│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │太 田 繁 義│ ○ │ 9 │草 間 正 視│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │梨子田 長 生│ ○ │ 10 │平 林 幹 張│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │佐 藤 節 子│ ○ │ 11 │百 瀬   清│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │矢 口 あかね│ ○ │ 12 │上 田 治 美│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   8番   │白 澤 富貴子│   9番   │草 間 正 視│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │伊 藤 勇 二│書記     │若 林 祐 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│大 澤   浩│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │梨子田 公 雄│総務課統括課長│丸 山   稿│
│法第121条により説│       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│   全員出席   │会計管理者兼会│白 澤   繁│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │古 畑 元 大│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │須 沢 和 彦│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │            別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘


               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 議案第51号 松川村税条例の一部を改正する条例
 議案第52号 松川村福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例
 議案第53号 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
 議案第54号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について
 議案第55号 平成26年度すずむし荘日帰り温泉施設浴室棟改修工事(?期工事)の契約の締結について
 議案第56号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第4号)
 議案第57号 平成26年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
 議案第58号 平成26年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
 議案第59号 平成26年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第60号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第61号 平成25年度松川村一般会計歳入歳出決算書
 議案第62号 平成25年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書
 議案第63号 平成25年度松川村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書
 議案第64号 平成25年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書
 議案第65号 平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書
 議案第66号 平成25年度松川村水道事業会計決算書
 議案第67号 平成26年度学校施設環境改善交付金事業松川小学校天井耐震工事の変更契約の締結について



                               午前10時00分 開会
○議長(平林寛也君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成26年松川村議会第3回定例会を開会します。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定しました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(平林寛也君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第125条の規定により、8番 白澤富貴子議員、9番 草間正視議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(平林寛也君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等につきましては、議会運営委員会において審議がされておりますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(佐藤節子君) (報告)
○議長(平林寛也君) 議会運営委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで議会運営委員会委員長の報告を終わります。
 お諮りします。本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から9月24日までの16日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から9月24日までの16日間と決定しました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(平林寛也君) 日程第3 村長挨拶を願います。村長。
◎村長(平林明人君) おはようございます。実りの秋を迎え公私ともに大変御多用の中、平成26年松川村議会第3回定例議会を開催いたしましたところ、全議員の皆様に御出席をいただきまして開会できますことに御礼を申し上げたいというように思います。
 今年も松川村にとりましてはゲリラ豪雨や土砂災害の被害もなく、春先にひょうの被害はあったものの平穏と思われる日々を過ごせており、感謝しているところであります。松川村の主要作物であります米につきましては、8月以降の日照不足が心配でありますが、関東農政局が先月公表した作柄状況では平年並みと発表がされております。
 新聞、情報等で皆様御存じのとおり、8月22日、村社会福祉協議会のバス事故につきましては、まことに申しわけありませんでした。情報では社協側の車両による信号の見落としではないかとのことであります。被害者に対する対応は十分誠意を尽くしてまいります。また、二度と再びこのような事故が起きないよう職員の教育に力を入れてまいりたいというように思っております。
 続きまして、最近の村政等の状況について若干申し上げます。
 まず、総合防災訓練でありますけれども、8月31日に村総合防災訓練を行いました。今年も大地震が発生したことを想定し、避難誘導、安否確認、情報収集、伝達訓練を全自主防災に参加をいただきまして実施をいたしました。川西区については土砂災害を想定しての訓練が行われ、多くの方が参加し、そのほかの自主防災会では初期消火訓練や救急訓練などを消防団の協力により実施をいたしました。また役場職員につきましては、役場講堂において社会安全研究所の指導のもとに2回目となる図上訓練を行い、災害時の情報整理と共有の必要性を状況に応じた判断力、対応力について学びました。今年の防災訓練も多くの村民が参加をし、防災意識が高いことを感じました。村として、日ごろ防災への備えをお願いするとともに、減災に努めてまいりたいというように思います。
 続きまして、米の作柄概況であります。関東農政局長野地域センターが先月27日に公表した平成26年産水稲の8月15日現在の作柄状況は、中信地区は平年並みと見込まれています。田植え最盛期は平年に比べ1日おくれの5月14日で、出穂最盛期は平年に比べ2日早い8月2日となりました。これは6月、7月の気温が平年を上回る高温で推移したことが要因と思われます。8月中旬から続く長雨、日照不足が収穫に影響しないことを願っているところであります。
 続きまして、広島平和記念式典への参加であります。8月6日に行われた広島平和記念式典には、今年も中学生4名、引率の先生1名を村職員2名とともに派遣をいたしました。43年ぶりの雨の中ではありましたが、式典では村の将来を担う中学生とともに原爆死没者の霊を慰め、核兵器廃絶と二度とこのようなことが起きないよう世界の恒久平和を祈念していただきました。今年で7年目を迎えた事業でありますが、今後も人づくり事業として継続したいと思っているところでございます。
 続きまして、第32回ふるさと祭りでありますが、8月2日に晴天にも恵まれ大勢の村民に御参加いただき、松川ふるさと祭りが盛大に開催されました。各区や団体の工夫を凝らした模擬店、長寿男性日本一を記念した「美須田ぴかいちコンテスト」、鹿港鎮からの訪問団歓迎式、お楽しみ抽選会など多くの催事を実行委員会が中心となり運営いただき、夏の夜のひとときでしたが、村民同士の交流がさらに深まったものと思っております。
 続きまして、鹿港鎮の皆様との交流であります。8月1日から3日までの間、鹿港鎮より黄鎮長を初め、鹿港国民中学校の生徒29人を含む訪問団43人が村を訪れました。鹿港国民中学校と松川中学校の生徒は交流会やふるさと祭り、ホームステイを通して交流を深め、村を理解してもらえるよい機会となりました。黄鎮長以下同行された鹿港鎮の皆様にも大変感激していただきました。議会の皆様を初め、多くの村民の方々に御協力をいただく中で、松川村の歓迎の気持ちを伝えることができたこと、無事終了することができたことに改めて感謝を申し上げます。
 また、来年3月には中学生34人を鹿港鎮へ2度目となる交流派遣を計画しております。本年よりも参加希望者もふえており、多くの生徒に国際交流を経験してもらえるよう努めてまいりたいというように思っております。
 続きまして、成人式であります。8月15日、平成26年度成人式がすずの音ホールを会場に成人者86名、通知対象者は142名でありますが、の皆さんが出席され、盛大に開催をされました。第1部では朗読ボランティアさんによる村民憲章の朗読を行い、松川村消防団のPR、正調安曇節保存会の皆様による正調安曇節の披露など御協力をいただきました。特に今年度は特別アトラクションとしましてリンリンが20歳を迎え、一緒に記念撮影を行ったりしました。第2部の「はたちの集い」では、当時の給食を再現して懐かしい恩師の先生及び友人と楽しいひとときを過ごしていただきました。
 成人者による実行委員会を組織し展開しておりますけれども、さらなる地域愛を育んでいただく企画となるよう、今後も一緒に取り組んでいきたいと思っております。
 続いて敬老祝い金であります。今月15日は敬老の日であります。各地区で敬老会等が実施されているところでありますが、村敬老祝い金条例に基づく本年の対象者は、80歳が97人、88歳が45人、99歳は2人、合計144人となっております。80歳以上の方は744名おられるということであります。多年にわたり社会の進展に寄与していただいたことに敬意を表すとともに、「めざせ健康長寿一番の村」のスローガンに向かって、ますます御健康でお過ごしいただきたいというように思っております。
 続きまして、東京銀座ビルで開催する北アルプス山麓地域共同フェアへの参加であります。東京銀座に新築中のビルに長野県がシェアスペースを開設する計画で、ビルは10月26日オープンする予定であります。大北5市町村では、「アルプス山麓育ちin首都圏実行委員会」を組織し、ビルのオープンに合わせ11月8日から14日の1週間、これは土曜日から金曜日でありますけれども、北アルプス山麓地域の情報発信、農産物の物産展、食の提供など大北地域全体のPR活動を行います。11月8日と9日は5市町村の共同フェア、10日から14日は各市町村が個別にフェアを開催する計画で、14日が松川村の日となります。男性長寿日本一の村としまして住みよい村であることとあわせ地元の魅力を大いにPRしてきたいというように思っております。
 続きまして、トットちゃん広場であります。かねてより計画しておりました安曇野ちひろ公園整備につきまして、既に報道等で御存じのとおりと思いますけれども、長野電鉄(株)から譲渡された電車2両をこの秋に移設いたします。この電車につきましては今回整備する公園の施設として、1両は電車の教室、もう1両は図書館として改装し、その周辺を「トットちゃんの広場」として整備する予定でおります。「窓ぎわのトットちゃん」の著者でもあります黒柳徹子さんにも御了解をいただいて、著書の中で描かれているトットちゃんの広場を再現するもので、今回の公園整備の目玉と言えるものであります。現在、移設業者と契約し準備を進めているところでありますが、10月の11日から12日にかけて松川村に電車を運ぶ予定でありますので、御参加いただけたらと思います。
 続きまして、中学生修学旅行生の農家民泊の受け入れであります。修学旅行生の農家民泊の受け入れも本年で3年目を迎えました。東京都、大阪府、千葉県及び県内の公立中学校9校を5月に4校、6月に1校、7月に4校を受け入れいたしました。受け入れ生徒数は1,409人で、昨年の3校320人を大きく上回り、農家民泊事業も順調に進んでおります。これも受け入れ農家の皆さんの協力によるものと感謝を申し上げているところであります。受け入れ農家数も昨年の37軒、うち大町市常盤区の7軒から72軒、うち大町市常盤地区の12軒にふえまして、受け入れ体制も充実しております。特に、村の豊かな自然と田園風景の中で都会では余り経験のできない貴重な農業体験や農家の皆さんとの心温まる交流が多くの学校から評価を受け、リピーターとして昨年から引き続き1校が、来年は一昨年訪れた学校が再度来村します。今後も農業と観光を結びつけた農家民泊を支援するため、大町市常盤地区の農家とも広域連携する中で受け入れ体制のさらなる充実を図り、松川村の魅力を都会に発信してまいりたいというように思っております。
 続きまして、信濃国松川響岳太鼓子ども会が長野県大会で優勝したものであります。信濃国松川響岳太鼓子ども会は8月24日、諏訪市文化センターで開催されました第17回日本太鼓ジュニアコンクール長野県大会におきまして優勝し、来年3月22日に長野市ホクト文化ホールで開催される全国大会へ3年連続9回目の出場を決めました。コンクールには県内から11チームが出場、響岳太鼓子ども会は代表曲「化心」を演奏、堂々たる演奏で昨年に続き優勝を勝ち取りました。
 続きまして、すずむし荘日帰り温泉施設浴室棟の改修工事であります。すずむし荘日帰り温泉施設浴室棟も建設後20年が経過をしました。設備等の老朽化に伴う改修工事を本年度から3年計画で実施をしてまいります。本年度は熱源工事を主に地下オイルタンクの新設、ボイラー1基の更新、エコ給湯、熱源機及び貯湯槽の新設を計画しております。本定例会で契約議決をお願いいたしますけれども、休館期間を調整し利用者の利便性に配慮しつつ、工事期間中の事故防止に努めてまいりたいというふうに思っております。
 それから小・中学校天井耐震工事についてであります。6月11日より始まった小・中学校体育館を中心とする天井耐震工事は、予定どおり順調に工事が進んでおります。小学校の工事は教室棟や特別教室の工事が夏休み中で終了しています。現在は9月末の竣工を目指して体育館の工事を進めております。中学校の工事では、夏休みまでに特別教室棟の工事が終了いたしました。工期は9月末までとなっておりますが、8月末までに体育館及び音楽室の全工事が終了いたしました。小・中学校とも計画どおり順調に工事が進み、事業に大きな影響は出ておりません。
 本日上程いたします議案は17件でございますが、その概要を説明をさせていただきます。
 議案第51号 松川村税条例の一部を改正する条例につきましては、地方税法の一部を改正する法律等が改正されたことによる住民税、軽自動車税、固定資産税等の税率等の一部改正であります。
 議案第52号 松川村福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例及び議案第53号 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例は、上位法の法律名の変更に伴う一部改正であります。
 議案第54号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増加及び規約の変更につきましては、県町村公平委員会に佐久市・北佐久郡環境施設組合が加入する規約の一部変更であります。
 議案第55号 平成26年度すずむし荘日帰り温泉施設浴室棟改修工事(?期工事)の契約の締結につきましては、先ほど御説明申し上げました内容の契約議決をお願いするものであります。
 議案第56号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第4号)は、3,683万9,000円を追加し、総額を39億8,335万8,000円とするものであります。主な内容は、中学生国際交流にかかわる経費、農地台帳整備に関する経費、道路橋梁費及びテレビ特別番組作成費などであります。
 議案第57号から議案第60号までは、平成26年度各特別会計の補正予算であります。前年度の精算や繰越金の確定等が主な内容であります。
 議案第61号から議案第66号までは、平成25年度松川村一般会計歳入歳出決算書及び各特別会計の決算書であります。
 議案67号 平成26年度学校施設環境改善交付金事業松川小学校天井耐震工事の変更契約の締結につきましては、工事の増減による変更契約の契約議決をお願いするものであります。
 いずれも提案時に各担当課長が説明をいたしますので、御審議をいただきお認めをいただきますようお願いを申し上げます。
 以上申し上げまして挨拶とさせていただきますが、長くなりますけれども、どうぞよろしくお願いをいたします。
○議長(平林寛也君) 村長挨拶を終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(平林寛也君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(伊藤勇二君) 諸般の報告、議会関係。
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.松川村上下水道委員会
  開催期日  平成26年8月8日
  出席議員  百瀬議員
  審議事項等 ・委員長及び副委員長の選任
        ・平成25年度上下水道事業会計決算について(報告)
  審議結果等 委員長に和田昇氏、副委員長に立花もと子氏を選任。
 2.高瀬広域水道企業団議会8月定例会
  開催期日  平成26年8月27日
  出席議員  平林議長、白澤副議長
  審議事項等 ・監査委員の選任
        ・平成25年度会計決算の認定
  審議結果等 決算を認定。監査委員に松川村の平林寛也議員を選任。
 3.北アルプス広域連合議会8月定例会
  開催期日  平成26年8月28日、29日
  出席議員  平林議長、白澤副議長、佐藤議員
  審議事項等 ・副広域連合長の選任について
        ・監査委員の選任について
        ・長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について
        ・北アルプス広域連合火災予防条例の一部を改正する条例制定について
        ・平成25年度各会計歳入歳出決算の認定
        ・平成26年度各会計補正予算
  審議結果等 副広域連合長に下川正剛白馬村長を選任。
        監査委員に池田町山田賢一氏を選任。
        各会計決算を認定。
        各議案を原案のとおり可決。
 以上でございます。
△日程第5 議案の上程
○議長(平林寛也君) 日程第5 議案の上程を行います。
 議案第51号 松川村税条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 松川村税条例の一部を次のように改正するということで御説明申し上げます。
 今回の改正につきましては、地方税法の一部を改正する法律、地方税施行令等の一部を改正する政令及び地方税法施行規則及び航空燃料譲与税法施行規則の一部を改正する政令が平成26年3月31日に公布されたことに伴い、改正をお願いするものでございます。
 主な内容につきましては、住民税関係では法人村民税のうち法人税割の税率が改正されたこと、それから株式に係ります譲渡所得等の分離課税を一般株式と上場株式に分けたことによります規定の整備が行われたこと、それから軽自動車税関係では税率の改正、それから登録から14年を経過した軽自動車に対する特例の整備が行われたこと、それから固定資産税関係では特定施設の売却資産に関します課税標準額の特例が整備されたことによります改正でございます。
 お手元に軽自動車税と法人村民税の税率が変わりますという10月号発行予定のゲラ刷りの段階でございますけれども、こちらが見やすいと思いますが、後でごらんをいただきたいと思います。
 それでは、条文の御説明に入らさせていただきます。
 34条の4につきましては、法人税率を現行の14.7%から12.1%に改正するものでございます。
 82条につきましては、軽自動車税の税率の改正でございますけれども、82号第1号原動機自転車アにつきましては50cc以下のものが1,000円が2,000円に改正されます。イにつきましては、2輪の50ccから90cc以下が1,200円が2,000円に改正されるものでございます。ウの2輪の90ccから125ccまでが1,600円が2,400円に、エの3輪以上、通称ミニカーといいますけれども、こちらが2,500円から3,700円にでございます。
 それから第2号の軽自動車及び小型特殊自動車アにつきましては、2輪のもの125ccから250ccが2,400円が3,600円に、3輪のものにつきましてが3,100円から3,900円に、4輪以上のもので乗用のもの、通称5ナンバーでございますが、裏面に移りますが、営業用が5,500円が6,900円、自家用が7,200円から1万800円、貨物の通称4ナンバーですが、営業が3,000円が3,800円、自家用が4,000円が5,000円に、それから雪上車が2,400円が3,600円。
 続きまして、イの小型特殊車両、農耕車が1,600円が2,400円、その他が4,700円が5,900円。
 3号の2輪車250cc以上ですが、4,000円が6,000円に改められるものでございます。
 続きまして、附則の改正になりますが、附則第6条及び附則第6条の2、地方税法の改正によります譲渡損失の規定の削除を行うものでございます。
 附則第6条の3につきましては、地方税法の改正によります雑損控除額等の規定の削除を行うものでございます。
 その下、附則第10条の2、地方税法の改正によります特定施設等にかかわります償却資産の課税標準の特例の整備によるものでございます。
 下段の括弧書きの軽自動車税の税率の特例、附則第16条につきましては、初めて道路運送車両法に規定をされます車両番号の登録を受けた日から14年を経過した3輪以上の軽自動車税の税率の規定を次ページの表のとおり引き上げるものでございます。
 それからその下、附則第19条の4及び附則第19条の6、株式等にかかわります譲渡所得の分離課税を一般株式と上場株式に分けたことによります規定の整備を行うものでございます。
 附則第19条の8及び附則第19条の10は、地方税法の改正に伴います規定の整備を行うものでございます。
 続きまして、中段から下の附則の施行期日でございますけれども、この条例は平成10月1日から施行しますけれども、ただし書きでございますが、条例第82条の改正規定並びに附則第6条の改正規定につきましては平成27年4月1日から、附則第16条の改定規制につきましては平成28年の4月1日から、附則第19条から第19条の6まで及び附則第19条の8から附則第10条までの改正規定は29年1月1日からの施行となります。
 第2条の村民税にかかわります経過措置でございますが、第1項につきましては基本的には29年度以降が新条例の適用となることを規定しております。
 第2項の法人税の改正につきましては平成26年10月1日以降に開始する事業年度に適用することとしております。
 第3条は、軽自動車税にかかわります経過措置を規定するもので、平成27年以後の軽自動車税に適用となることの規定でございます。
 第4条は、附則第16条の規定につきまして平成28年度以後の軽自動車税に適用となることを規定をしているものです。
 第5条、平成27年3月31日以前に車両番号の指定を受けた3輪以上の軽自動車税については、従前の税額が適用されることを規定をしております。
 第6条につきましては、固定資産税に係ります経過措置を規定するもので、第1項第6号までは地方税法に規定された当該償却資産につきまして平成26年4月1日以降に取得された施設または施設に対して特例が適用されることを規定しているものでございます。
 平成26年9月9日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第51号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第52号 松川村福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) 議案第52号の内容を御説明申し上げます。
 改正の理由でございますけれども、法律が改正となりまして母子及び寡婦福祉法の一部改正に伴う改正、中国残留邦人等の円滑な帰国の推進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律の一部改正に伴う改正がございまして、改正する内容となっております。村の福祉給付金の給付について変わるものではございませんので、よろしくお願いいたします。
 改正の条文の説明でございますけれども、第2条第4号中でございますが、母子及び寡婦福祉法の題名の改正でございます。母子及び寡婦福祉法を、母子及び父子並びに寡婦福祉法に改正をいたします。
 同条の5号中でございますけれども、改正後の母子及び父子並び寡婦福祉法に配偶者のない男子の定義が新設されたことによる改正でございまして、そこのところを母子及び父子並びに寡婦福祉法第6条第2項に規定する配偶者のない男子に改めるものでございます。
 第3条第2項第3号中でございますけれども、中国残留邦人等の円滑な帰国の推進及び永住帰国後の自立支援に関する法律の題名改正でございます。その題名の部分の中国残留邦人等の円滑な帰国の推進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律に改めます。
 附則といたしまして、平成26年10月1日から施行をいたします。
 平成26年9月9日 提出 松川村長名でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第52号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第53号 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは、議案第53号について御説明申し上げます。
 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を次のように改正するということで、今回の改正の内容は中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律の一部改正に伴いまして、法の題名が改称されたことにより当条例において引用している部分を改正するものでございます。
 本文でございますが、第7条第2項第5号中、中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律を、中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律に改めるものでございます。
 附則としまして、この条例は平成26年10月1日から施行する。
 平成26年9月9日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第53号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第54号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増加及び規約の変更についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 議案第54号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について御説明申し上げます。
 裏面をお願いします。地方自治法第252号の7の2項の規定によりまして協議を行うものでございますが、別表中、佐久市、軽井沢町、立科町及び御代田町を組織市町とする新たな一部事務組合、佐久市・北佐久郡環境施設組合が平成26年10月1日付で加入するために変更を行うものでございます。これに伴います増加数でございますが、今まで54団体が55団体となります。
 附則としまして、施行日ですが、平成26年10月1日から施行ということになります。
 前のページに戻っていただきまして、平成26年9月9日 提出 松川村長名でございます。
 よろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第54号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第55号 平成26年度すずむし荘日帰り温泉施設浴室棟改修工事(?期工事)の契約の締結についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) 議案第55号について御説明をさせていただきます。
 挨拶の中でも申し上げましたように、今回から日帰り棟の改修工事に入らせていただきたいというものであります。
 次のとおり請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求める。
                    記
 契約の目的   平成26年度すずむし荘日帰り温泉施設浴室棟改修工事(?期工事)
 契約の方法   一般競争入札
 契約金額    7,506万円
 契約の相手方  長野県大町市大町3052番地
         株式会社 相模組
         代表取締役 相模一男
 以上であります。
 細部につきましては、総務課長より説明をさせますのでよろしくお願いをいたします。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 入札経過について御説明申し上げます。
 入札公告を平成26年7月28日に行いました。応札業者は2社でございました。
 それから、地域要件としまして、平成26年4月1日現在で中信地域に本店、支店または営業所を所有していることということで広告をしたわけでございますが、先ほど言いましたが、2社の応札。それから村内の業者で金額的に応札できる業者はございません。
 予定額に対しての落札率でございますが、99.28%でございました。
 以上でございます。
 内容につきましては、村長が冒頭に御説明したとおりでございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第55号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第56号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の補正の主な内容でございますが、村長が冒頭でも申し上げましたが、主に歳出の内容を御説明申し上げます。
 総務費で中学生の国際交流に係ります経費、衛生費で予防接種に係ります経費、農林水産業費で農地台帳に係る経費、土木費では道路橋梁費及びテレビの特別番組作成費用でございます。また歳入につきましては県支出金と諸収入等でございます。
 初めに4ページをお願いします。第2表債務負担行為の補正でございます。追加分としまして安曇野ちひろ公園整備特別番組作成業務としまして、期間が平成27年度から28年度、限度額が270万円を予定をしております。今回の一般会計の補正の中でも今年度からの事業で計上してございますけれども、3カ年でこの事業を行っていきたいということで総額420万円を予定をしております。今年度につきましては後でまた御説明申し上げますが、トットちゃんの電車の移設に関しての取材と放映分30分を予定しております。来年度、平成27年度には公園整備、それから村内の観光、それから紹介等の取材、平成28年度は公園の竣工並びに村内の観光、それから施設等の取材を含めた分を54分の放映を予定しております。そういったことで、27年、28年の債務負担の計上でございますのでお願いします。
 続きまして、5ページをお願いします。第3表地方債の補正でございますが、臨時財政対策債600万円の追加でございます。起債の方法、利率等の変更はございません。
 それから8ページをお願いします。総務課関係、まず歳入でございますが、1目の地方特例交付金36万5,000円でございますが、交付決定によるものでございます。
 その下、地方交付税144万4,000円でございますが、普通交付税を予定をしております。
 その下、13款1目の総務費国庫補助金98万1,000円でございますが、番号制度システム整備費補助金としまして中間サーバープラットフォーム化10分の10の計上でございます。
 次ページの下段をお願いします。14款県支出金1目の総務費委託金5万3,000円ですが、国勢調査準備金として、それから農業センサス、経済センサスそれぞれ交付決定による計上でございます。
 次ページをお願いします。17款繰入金1目の人づくり基金繰り入れ135万8,000円でございますが、来春中学生の国際交流の派遣の予定をしておりますが、その部分の不足分の繰入金でございます。
 それから、18款の繰越金減額の146万8,000円でございますけれども、額の確定によります前年度の繰入金の計上でございます。
 続きまして、諸収入の雑入1,736万円の計上部分で、総務課関係を申し上げます。まず一番上、消防団員安全装備品等の助成金ですが、消防団員等公務災害補償等共済基金より、防じん眼鏡の交付決定によります24万5,000円。1つ飛びまして広域連合負担金の還付金、広域の経常費でございますが、額決定に伴います還付としまして、過年度分です、28万2,000円。1つ飛びまして、同じく常備消防費ですが、321万7,000円。その下、戸籍情報システム情報化推進費、同じく11万4,000円。1つ飛びまして、北アルプス山麓育ちin首都圏実行委員会より、これにつきましては元気づくり支援金から20万円です。14万円というのはほかということでございますのでよろしくお願いします。
 それから次ページをお願いします。村債でございますが、臨時財政対策債600万円でございますが、発行可能額の確定によります600万円の追加でございます。
 それから次ページをお願いします。歳出の関係、まず総務費の7目の企画費74万8,000円の内訳でございます。
 9節の旅費43万2,000円でございますが、銀座NAGANOの出展のための職員の経費分でございます。
 12節の役務費21万6,000円ですが、こちらにつきましては秋の信州ベスト旅、こちらNBSの放送になります。10月の11日放映ということで1時間番組のうちの3分程度村の紹介をしていただけるということでございますけれども、その作成費としましての計上でございます。
 それから19節の負担金、補助金及び交付金10万円でございますが、北アルプス山麓育ちin首都圏の実行委員会へ11月14日の出展経費分としましての負担金の計上でございます。
 1つ飛びまして、12目の人づくり基金推進費でございます。153万4,000円の内訳ですが、8節の報償費10万円ですが、鹿港訪問の折、台湾側の調整役としての人が決まりまして、その報償費としまして10万円の計上。
 それから続きまして12節の役務費7万6,000円ですが、中学生の国際交流の20人計上してあったんですが、34人派遣ということで14人分不足分の計上。
 続きまして、その下の19節の負補交ですが、135万8,000円ですが、同じく14人分の不足分の計上でございます。
 一番下段になります、13目の総合行政情報費98万1,000円でございますが、負補交で先ほども申し上げましたが、マイナンバー制度に伴います中間サーバープラットフォーム利用料負担金としての計上です。
 次ページお願いします。中段の1目の委託統計費5万3,000円ですが、額確定見込みによるそれぞれ報償費減額の6万3,000円、需用費11万1,000円の増、役務費5,000円の増でございます。
 飛びますが、17ページをお願いします。最下段になります。2目の公園費162万円でございますが、委託料で先ほども申し上げましたが、テレビの特別番組作成費今年度分としましてSBCで、ちひろ公園にトットちゃん電車がやってきたということで特別番組をつくっていただけるということで、移設を今回は主に取材をしていただけるということで、この放送がこの11月と12月に30分番組として放送される予定になっております。
 次ページをお願いします。上段の3目の消防施設費49万7,000円ですが、需用費としまして先ほど申し上げましたが、消防団員の防じん眼鏡200個分を購入する予定ですのでよろしくお願いします。
 総務課関係、以上です。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) 住民課関係をお願いいたします。
 歳入をお願いいたします。9ページ中段をお願いいたします。
 14款県支出金7目の総務費県補助金は、歳出で御説明いたしますが、消費者行政事業の備品購入するため地方消費者行政活性化事業補助金45万円が交付決定となったものでございます。
 次、10ページお願いいたします。3目中段の雑入1節雑入の下から2番目、自動車用急速充電器助成534万円は、道の駅に設置する自動車急速充電設備工事費等の予算の3分の2が次世代自動車振興センター補助金として、3分の1が日本充電サービス支援金として助成されるものでございます。
 それでは、歳出をお願いいたします。12ページお願いをいたします。
 2款1項10目の消費者行政費46万円ですが、歳入で御説明いたしました補助金で消費者行政相談に伴う机、椅子、表示板の備品を購入するものでございます。
 13ページ下段をお願いいたします。3款1項1目の社会福祉総務費、28節の繰出金1,000円でございますが、特定健診等負担金の国庫償還財源として、国保特別会計に繰り出すものでございます。
 14ページ下段をお願いいたします。6目の老人医療費28節繰出金は、前年度繰越金確定に伴い事務費分の5,000円を減とするものでございます。
 15ページをお願いをいたします。4款1項1目の環境衛生費は、10月から使用を開始いたします自動車充電設備の経常経費でございまして、11節の需用費10万5,000円は電気料の6カ月分、12節の役務費6,000円は充電器の火災保険料、13節委託料は保守メンテナンス6カ月分の19万1,000円、14節は課金システムを使用する使用料2万6,000円でございます。
 下段1目の清掃総務費の11節78万円は、各区から要望取りまとめによりましてごみステーションのペットボトルを入れるコンネットの更新で110個購入をいたします。76万4,000円と、東細野区ごみステーションの屋根の修繕1万6,000円でございます。
 16節は同じく東細野区ごみステーション前の側溝ぶたの交換11万5,000円でございます。
 住民課、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) すみません、1つ補正で落としてしまいましたので、追加でお願いします。
 20ページをお願いします。10款の公債費でございますが、1目の元金1,000円、それから2目の利子減額の416万円でございますが、ともに23節の償還金利子及び割引料でございまして、借り入れ確定に伴います見直しを行った数字でございますのでよろしくお願いします。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは福祉課関係、歳入8ページ下段からお願いいたします。
 款13項2目2民生費国庫補助金節1の社会福祉費補助金マイナスの37万2,000円でございますが、認知症施策総合推進事業補助金、これは地域支援事業へ移行されたためのものでございます。
 続いて9ページ上段、款14県支出金項2県補助金目1節1の社会福祉費補助金200万でございますが、地域包括ケア体制重点支援事業補助金ということで県の新しい事業が採択になったものでございます。
 続きまして、10ページ下段をお願いいたします。款19諸収入節1雑入のうち、上から2段目、広域連合負担金の還付金介護保険事業261万5,000円、1段飛ばしまして同じく還付金の鹿島荘運営費220万9,000円は、前年度の精算に伴うものでございます。
 その下段の節2地域支援事業費収入319万8,000円の増でございますが、介護予防事業としまして40万3,000円、包括支援任意事業としまして279万5,000円の増でございますが、この中に先ほど言いました認知症施策の総合推進事業の移行部分が入っているものと、あとは事業増に伴うものでございます。なお、事業内容につきましては歳出のほうで説明いたします。
 では、続きまして歳出13ページ下段をお願いいたします。
 款3項1目1節1の報酬と9の旅費でございます。これにつきましては平成27年4月より施行されます子ども・子育て支援法に伴いまして、本年度3回の会議を予定しておりましたが、認定こども園等を視野に入れる中で関係者、委員各位より会議をふやしていただきたいという部分と視察をしたいという中で、まず1の報酬につきましては子ども・子育て会議の委員の会議を3回ふやすもので7万2,000円、そして9の旅費については県内にですね、広域の認定こども園というのがない中で県外へ視察に行きたいという中で2万円計上させていただいたものでございます。
 一番下段、目2の老人福祉費7賃金からなんですが、14ページにいくんですが、先ほどの事業増に伴うものの内訳でございます。
 まず7賃金でございますが、47万2,000円は臨時職員の賃金の増でございます。
 8の報償費ですが、2万2,000円、これは認知症相談ということで成年後見相談会というのを行う中で、司法書士、社会福祉士の先生方をお願いするものでございます。
 12の役務費4万3,000円、手数料ですが、インターネット接続手数料、先ほど言った事業の中で本年3月11日に信州大学と連携協定した中で信州大学とこのインターネットをつなげてやっていくという中でのものでございます。
 13の委託料47万9,000円、内訳としましてはOAシステムサポート料ということで、介護保険のシステム改修、そして認知症地域支援事業の業務ということで、これは先ほどの同じ事業の中でこれは安曇野病院さんと協定してやっていくものであります。
 続きまして、15の工事請負費3万8,000円、これは先ほどのインターネット回線、これは松香荘につなぐわけですが、それを光回線でつなぎたいというものでございます。
 18の備品購入費86万3,000円、これは先ほど言った同じような事業をやっていく中でライフコーダー、歩数計でありますが、これを30台買いたいということと、そのデータをパソコンやプリンターに入れてやると。これについては介護予防事業で松香荘でやっている事業で行っていきたいものであります。
 その下19負担金、補助及び交付金19万2,000円でございますが、これは介護予防地域支援事業ということで社協に負担金で出しているものでございますが、緊急通報システムの装置の交換を行いたいものでございます。
 その下、目4に変わりますが、節11の需用費60万9,000円、修繕料でございますが、これはゆうあい館の換気扇の修繕、そして自動ドアの修繕でございます。
 1段飛びまして最下段になります。款4項1目2の予防費、節11の需用費でございますが、需用費から次ページ、12、13の部分でございますが、これは法の改正によりまして定期予防接種がふえました。乳幼児を対象の水痘ワクチンと高齢者用の肺炎球菌ワクチンが新しくこの10月からふえるものでございます。そういう中で11の需用費で5万円の印刷製本費、その次のページにいきまして上段、12の役務費ですが、6万5,000円、これは対象者に通知を送るものでございます。そして13の委託料451万2,000円でございますが、それぞれ対象者に個別予防接種をお願いする中でのそれぞれの単価ということで、一応水痘につきましては279人が対象、そして高齢者肺炎球菌ワクチンにつきましては688人が対象というものでございます。
 福祉課関係、以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは経済課関係、歳入9ページをお願いいたします。
 款14県支出金目3農林水産業費県補助金節1農業委員会補助金300万の増額でございますが、このうち農地制度実施円滑化事業補助金が国の補助事業名称変更に伴い、その下の機構集積支援事業補助金に名称が変更になったことにより変更するものでございます。
 その下の農地台帳システムの整備事業補助金300万の計上でございますが、本年4月1日施行の改正農地法に基づき農地台帳を作成し、電子媒体による管理が法制化されたことに伴うシステム構築に係る補助金でございます。
 次に、節2農業費補助金で経営体育成支援事業300万の計上でございますが、認定農業者の機械購入に対する補助でございます。
 節3林業費補助金で266万8,000円の増額でございますが、森林整備地域活動支援交付金3万8,000円でございますが、森林事業体の事業路増に伴います増額内示によるものでございます。
 森林づくり推進交付金は、森林税配分金の交付決定により17万3,000円を減額するものでございます。
 保全松林緊急保護整備事業280万3,000円は、松くい虫対策経費補助の増額内示によるものでございます。
 続きまして歳出でございますが、16ページをお願いいたします。款5農林水産業費目1農業委員会費節13委託料1,130万4,000円の計上でございますが、これは歳入でも御説明申し上げましたが、農地法改正に伴い農地台帳システムの構築業務を委託するものでございます。
 次に、目4地域営農支援事業費節19負担金、補助及び交付金で経営体育成支援事業300万円は、国の補助を受け認定農業者へ機械購入補助をするものでございます。
 目5農村婦人の家管理費節15工事請負費13万5,000円の減額は、厨房修繕工事完了に伴うものでございます。
 項2林業費目1林業振興費節13委託料254万5,000円でございますが、補助金の増額内示を受けまして松くい虫対策事業として松林健全化整備業務を増額するものでございます。
 節15工事請負費30万円の増でございますが、集中豪雨により荒れた林道路面の改修工事費でございます。
 節19負担金、補助及び交付金で森林整備地域活動支援交付金5万円の増額につきましては、森林事業体の事業量の増に伴うものでございます。
 17ページをお願いいたします。款6商工費目3交流施設総務費節13委託料23万2,000円の増でございますが、セピア周辺の剪定木の処理業務の費用でございます。
 経済課関係は以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは建設水道課関係よろしくお願いします。
 建設水道課関係は歳入はございません。
 歳出のみとなります。17ページをお願いします。
 中段でございますが、7款土木費1目の道路橋梁総務費は19節負補交500万円の増額でございます。これにつきましては国道147号の細野区の兼用側溝整備に伴う県への負担金でございます。
 続きまして、2目道路維持費305万9,000円の増額でございます。13節委託料105万9,000円の追加は、西原区の信号設置に伴いますすずむし荘北側の村道2−12号線道路改良にかかわります支障木の剪定とその処理費、また除雪業務の態勢の増強に伴います除雪作業委託業者数の増に対応するためのものでございます。
 続きまして、15節工事請負費200万円の増額でございますが、村道の舗装、それから横断水路等の維持補修箇所の増加見込みに対応するためのものでございます。
 建設水道課関係は以上です。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは教育委員会関係をお願いします。
 歳入はございません。
 18ページをお願いいたします。中段になりますが、教育委員会費29万4,000円の増額です。19負担金、補助及び交付金の関係になりますけれども、補助金としまして私立幼稚園就園奨励費補助金の関係でございますが、補助金の額の確定見込みによる増額でございます。
 その下、小学校費の関係ですが、目1の学校管理費90万4,000円の増額です。内訳でございますが、7賃金66万円、これは小学校の代替管理人の賃金として増額6カ月分でございます。
 15工事請負費22万5,000円ですが、階段の手すりのかさ上げ部分として12万5,000円、それから北中校舎のコンクリート壁に若干クラックが入っている部分がございますので、その補修として10万円。
 18備品購入費としまして1万9,000円、消火器2台分でございます。
 次のページになりますけれども、中学校費になります。学校管理費109万円の増額でございます。
 15工事請負費、内容につきましては教室棟のベランダの手すりの塗装27万3,000円、特別教室棟の2階の廊下の手すりということで81万7,000円をお願いいたします。
 それからその下になります社会教育費の関係で目の7になりますが、社会教育振興費4,000円の増額でございますが、12役務費保険料で子ども教室の児童の保険料増額を見込みましてお願いするものでございます。
 教育委員会関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 社会教育課長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは社会教育課公民館関係をお願いします。
 歳入はありません。
 歳出の17ページの中段からお願いいたします。
 目2の公民館費11の需用費52万3,000円ですが、リンリンパークにあります遊具の修繕を行うものであります。
 その下、目2の体育施設費ですが、修繕費としまして20万円です。馬羅尾のキャンプ場の浄化槽並びにトイレ等の修繕を行うものでありますのでお願いいたします。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 15ページをお願いします。衛生費、環境衛生費の急速充電器保守業務ですが、これはインフラ整備ということで今回村費で負担される金額と年間の利用台数の見込みをお願いします。
○議長(平林寛也君) 暫時休憩します。
                               午前11時10分 休憩
                               午前11時12分 再開
○議長(平林寛也君) 再開をいたします。
 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) 村の負担分でございますけれども、最終的に44万4,050円が村の負担分となります。これは消費税の関係が村のほうの負担ということになっております。
 あと利用の見込みでございますけれども、こちらにつきましては1日2台ぐらいを見込んでおります。以上でございます。
○議長(平林寛也君) ほかにございますでしょうか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第56号について採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 ここで11時25分まで休憩します。
                               午前11時14分 休憩
                               午前11時25分 再開
○議長(平林寛也君) 再開をいたします。
 議案第57号 平成26年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を。大変失礼をいたしました。住民課長より発言を求められておりますので、これを許します。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) 先ほどの矢口議員の質問のお答えでございますが、44万4,050円というお答えをいたしましたけれども、この内容につきましてはこれは8年間の負担分でございまして、1年分では5万5,506円ということの村の持ち出し分といいますか、村の一般会計の分でございますのでよろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 大変失礼をいたしました。
 議案第57号 平成26年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは御説明いたします。今回の補正は国庫補助金の前年度精算と繰越金額の確定に伴う増額が主な内容となっております。
 5ページをお願いをいたします。歳入ですが、4款の療養給付費等交付金が前年度精算により34万4,000円減となります。
 9款1項1目の一般会計繰入金は、特定健康診査等国庫負担金前年度精算分確定により1,000円が増となったものでございます。
 9款2項1目の支払準備基金繰入金は、国庫負担金等前年度分精算により超過交付金の償還金の財源として基金から434万8,000円を繰り入れるものでございます。
 10款1目の繰越金は、前年度決算による繰越額確定に伴う48万8,000円の増額でございます。
 歳出、お願いいたします。6ページをお願いをいたします。
 3款後期高齢者支援金等により、7ページ6款介護納付金までの各増減は、社会保険診療報酬支払基金への支出額確定によるものでございますのでお願いをいたします。
 10款の諸支出金5目の償還金は、国庫負担金の前年度分精算に伴い超過交付部分の450万5,000円を増額し返還する内容でございます。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第57号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第58号 平成26年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それではお願いいたします。今回の補正は本算定による保険料の減額と、決算による繰越金額の確定に伴う増額が主なものでございます。
 5ページをお願いをいたします。歳入ですが、1款後期高齢者医療保険金は、本算定後の収入見込みにより特別徴収保険料347万9,000円、普通徴収保険料403万3,000円が減額となるものでございます。
 3款の繰入金は、前年度繰越金確定により事務費繰入金5,000円を減額し、5款繰越金は9万2,000円の増額とするものでございます。
 6ページお願いいたします。歳出でございますが、2款後期高齢者医療広域連合納付金は、本算定による保険料の減収見込みにより742万5,000円を減額するものでございます。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第58号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第59号 平成26年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それではお願いいたします。
 5ページをお願いをいたします。歳入ですが、3款使用料及び手数料は、永代使用料4カ所の123万6,000円でございます。
 3款の繰越金3万5,000円は、25年度決算による繰越金確定による増額でございます。
 6ページ、歳出をお願いをいたします。墓地使用権の還付2件分として28万5,000円と、公園墓地整備基金へ98万6,000円を積み立てるものでございます。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第59号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第60号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは御説明申し上げます。
 今回の補正は、平成25年度決算における繰越金の確定及び公債費の前年度借り入れ分の利子の確定に伴う調整と財源の振りかえでございます。
 5ページをお願いいたします。歳入では、5款繰入金、繰越金の追加により公共下水道整備基金からの繰入金247万5,000円の減額です。
 その下、6款繰越金は、決算に伴います前年度繰越金166万5,000円の追加でございます。
 6ページをお願いいたします。歳出でございますが、2款公債費の利子につきまして前年度借り入れ分の利子確定による81万円の減額と、前年度繰越金の確定によります財源の振りかえでございます。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第60号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第61号から議案第66号までは平成25年度各会計決算であり、関連がありますので一括上程したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。それでは、議案第61号 平成25年度松川村一般会計歳入歳出決算書、議案第62号 平成25年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書、議案第63号 平成25年度松川村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書、議案第64号 平成25年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書、議案第65号 平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書、議案第66号 平成25年度松川村水道事業会計決算書を議題とし、一括上程します。
 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) それでは、決算書の朗読をもって提案説明とさせていただきますのでよろしくお願いをいたします。
 平成25年度の当村の決算状況であります。
 まず一般会計であります。歳入総額は37億7,913万8,000円で、前年度より1億8,661万円、4.7%の減。歳出総額は37億5,145万7,000円で、前年度より1億7,972万2,000円、4.6%の減となりました。歳入歳出差引額は2,768万1,000円の黒字で、繰越事業の財源として翌年度へ繰り越すべき財源2,014万9,000円を差し引いた実質収支額は753万2,000円となり、このうち400万円を地方自治法第233条の2の規定により基金の積み立て、353万2,000円を翌年度に繰り越ししました。また、単年度収支は334万9,000円の赤字となり、財政調整基金積立金利子分51万9,000円を加えた実質単年度収支は283万円の赤字となりました。
 平成25年度は道路改良事業などの継続事業や繰越事業であった川西地区の水路改修事業などのほか、次のような事業に取り組みましたということで、それぞれ事業名をここへ記載させていただいてありますので、後でまた見ていただけたらというように思います。
 それでは、歳入の状況について説明をさせていただきます。
 まず自主財源であります。自主財源は歳入総額の35%を占め、前年度より2億4,514万円、15.6%減少いたしました。これは教育施設整備基金繰入金の減などによるものであります。村税は前年度より3,411万1,000円、3.8%増の9億3,185万8,000円で、村民税が1,345万6,000円の増、固定資産税が1,765万9,000円の増となりました。
 2番目の依存財源であります。依存財源は歳入総額の65%を占め、前年度より5,853万円、2.4%増加をいたしました。普通交付税は前年度より4,118万9,000円、2.8%増の15億2,959万円、特別交付税は前年度より1,820万9,000円、16.9%減の8,964万1,000円でありました。国庫支出金は児童手当支給、障害者自立支援給付、村道改良事業などの財源として交付され、前年度より2,138万円、10.2%の増の2億3,103万6,000円となりました。また、村債は臨時財政対策債1億8,010万円のほか、川西地区水路改修事業の財源として借り入れ、前年度より450万円、2.4%増の1億9,490万円でありました。
 続きまして、歳出の状況であります。
 まず、性質別歳出の状況です。義務的経費は前年度より2,401万9,000円、1.6%増の15億4,099万円で、歳出総額の41.1%となりました。これは人件費が2,247万4,000円、3.2%増になったほか、扶助費が1,765万3,000円、4.0%の増、公債費が1,610万8,000円、4.2%減となったことによるものであります。
 投資的経費は、前年度より5,173万円、14.6%減の3億316万9,000円、歳出総額の8.1%となりました。これは収蔵庫耐震補強事業、学校施設環境改善事業などの減によるものであります。
 その他の経費につきましては、前年度より1億5,201万1,000円、7.4%減の19億729万8,000円で、歳出総額の50.8%となりました。主なものは、物件費4億4,943万9,000円、前年比327万6,000円、0.7%増、補助費等が国・県・一部事務組合負担金、村補助金などで5億7,870万4,000円、前年比3億3,330万6,000円、36.5%減、繰出金は下水道特別会計繰出金などで4億7,350万円、前年比20万2,000円、0.0%の減、積立金は公共施設等整備基金などの積み立て3億6,285万4,000円、前年比1億6,316万3,000円、81.7%であります。
 続きまして、目的別歳出の状況であります。歳出を目的別に見た状況では、総務費が公共施設等整備基金、人づくり基金の積み立て増などにより19億93万2,000円、31.0%増、民生費が広域施設負担金の増などにより4,642万9,000円、4.1%の増、衛生費が合特法による転廃交付金の増などにより1,304万4,000円、6.4%増、農林水産業が農林漁業資金償還の減などにより441万4,000円、2.1%の減、商工費がプレミアム付き商品券発行補助などにより1,439万1,000円、14.5%増となりました。また、土木費が道路維持管理事業、都市公園整備事業の増などにより1,051万6,000円、4.4%の増、消防費が消防団第4分団詰所改築事業の減などにより1,987万8,000円、11.3%の減、教育費が池田松川施設組合負担金の減などにより4億1,270万5,000円、51.6%減、公債費は1,610万8,000円、4.2%減となっています。
 以上が、一般会計歳入歳出決算の状況であります。
 なお、普通会計で見る経常収支比率は前年度より1.1ポイント上昇し、76.7%となりました。さらなる経常経費抑制に努めてまいりたいというように思います。また、実質公債費比率は前年度より2.3ポイント低下し、6.1%となりました。引き続き健全性を確保し、安定的な財政運営を図ってまいりたいというように思っております。
 続きまして、2番の国民健康保険特別会計であります。
 歳入総額10億9,950万2,000円、歳出総額10億9,801万4,000円、歳入歳出差引額148万8,000円となりました。このうち条例に基づき80万円を支払準備基金に積み立てて、68万8,000円を翌年度へ繰り越しいたしました。
 歳入のうち、自主財源の国保税は2億5,095万5,000円で、構成比は22.8%、前年度より19.3%の増、徴収率は前年度より1.6ポイント上回り、81.7%となりました。また、依存財源のうち国庫支出金は1億9,073万3,000円で、歳入総額に対し17.3%、前年度より3,065万5,000円の減となりました。
 歳出の主なものは保険給付費で、退職被保険者等分を含め7億5,087万4,000円、構成比は68.4%、後期高齢者支援金等は1億3,347万2,000円、構成比は12.2%となっております。医療費の動向は、一般被保険者分が前年度より1,909万5,000円、2.9%の増、退職被保険者等分は前年度より1,775万1,000円、21.8%の減となり、医療費全体では前年度より0.2%増加となっております。
 続いて、3番目の後期高齢者医療特別会計であります。
 歳入総額8,688万1,000円、歳出総額は8,678万8,000円で、歳入歳出差引額9万3,000円を翌年度へ繰り越ししました。歳入は、保険料6,654万1,000円、一般会計繰入金2,018万9,000円が主なものであります。歳出は、広域連合納付金8,604万9,000円が主なものであります。
 続きまして、4番の公園墓地造成事業特別会計であります。
 歳入は、聖域使用料が主なもので総額372万3,000円、歳出は、施設管理費などが主なもので総額368万7,000円となり、歳入歳出差引額3万6,000円を翌年度へ繰り越しをいたしました。
 続きまして、5番目の特定環境保全公共下水道事業特別会計であります。
 歳入総額4億1,293万7,000円、歳出総額4億1,127万1,000円、歳入歳出差引額166万6,000円となりました。歳入の主なものは、下水道使用料1億3,478万8,000円、受益者負担金834万6,000円、大町市ほかからの受託事業収入3,362万7,000円であります。歳出の主なものは、公債費が2億9,039万8,000円であります。
 続いて、6番目の水道事業会計であります。
 水道事業収益は、前年度より38万5,000円減の1億6,749万7,000円となりました。このうち営業収益は1億6,229万6,000円、営業外収益は520万1,000円となっています。水道事業費は、前年度より151万9,000円増の1億5,323万1,000円となりました。その主なものは、減価償却費8,111万6,000円、原水及び浄水費1,057万円、配水及び給水費811万5,000円、業務費470万8,000円であります。
 損益では、1,426万8,000円の利益剰余金が生じております。建設改良工事につきましては、細野区上水道配水管布設工事を行い、配水設備改良費が1,349万円となっております。
 以上、提案説明とさせて朗読をさせていただきましたけれども、御審議の上お認めをいただきますようお願いを申し上げます。ありがとうございました。
○議長(平林寛也君) ここで暫時休憩します。
                               午前11時52分 休憩
                               午前11時53分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 ここで、松川村代表監査委員より、決算審査の報告をお願いします。川上代表監査委員、お願いします。
◎代表監査委員(川上雅嗣君) それでは、審査の結果について御報告いたします。
 平成25年度松川村一般会計、各特別会計及び事業会計決算審査意見書
 地方自治法第233条及び地方公営企業法第30条の規定により、平成25年度松川村各会計の決算書並びに関係帳簿、証書類を審査した結果、次のとおり意見を付する。
 1、審査対象
 平成25年度松川村一般会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類
 平成25年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類
 平成25年度松川村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類
 平成25年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類
 平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類
 平成25年度松川村水道事業会計決算書及び関係帳簿、証書類
 平成25年度基金に関する帳簿、証書類
 2、審査の時期
 平成26年7月25日から平成26年8月11日
 3、審査の総括意見
 村長より提出された決算書に基づき、歳入歳出関係諸帳簿及び証拠書類を照合審査した結果、決算計数はいずれも符合して誤りのないことを確認した。
 (1)一般会計は、歳入総額37億7,913万8,040円、歳出総額37億5,145万7,010円、歳入歳出差引額2,768万1,030円の黒字となっている。翌年度へ繰り越すべき財源2,014万9,000円を差し引き、実質収支額は753万2,030円の黒字で、このうち400万円を地方自治法第233条の2の規定により、財政調整基金に積み立てる措置がなされている。
 本年度実質収支額753万2,030円から前年度実質収支額1,088万544円を差し引いた本年度の単年度収支額は334万8,514円の赤字となる。これに本年度の財政調整基金の積立金(利子)51万9,028円を加えた実質単年度収支は282万9,486円の赤字となっている。
 予算現額に対する歳入の比率は99.56%、歳出は98.83%となっている。
 本年度の主な事業としては、国際交流事業、プレミアム付き商品券発行補助、川西地区水路改修事業、スズムシ保護環境整備事業等が挙げられる。
 基金は、人づくり基金より540万円、温泉施設及びふれあい交流センター整備基金より1,498万3,000円が繰り入れられ、積み立てでは公共施設等整備基金に3億1,530万3,000円、ふるさと応援基金に135万2,699円、生きがいづくり基金に100万円、温泉施設及びふれあい交流センター整備基金に1,252万662円がそれぞれ積み立てられている。
 地方財政状況調査(普通会計決算)に基づく経常収支比率は76.7%と前年度に比べ1.1ポイント上昇している。また、実質公債費比率は6.1%と前年度に比べ2.3ポイント低下した。
 (2)国民健康保険特別会計は、歳入総額10億9,950万1,934円、歳出総額10億9,801万3,499円、歳入歳出差引額148万8,435円となっており、このうち80万円を基金に積み立てる措置がなされている。
 (3)後期高齢者医療特別会計は、歳入総額8,688万601円、歳出総額8,678万7,508円、歳入歳出差引額9万3,093円となっている。
 (4)公園墓地造成事業特別会計は、歳入総額372万3,668円、歳出総額368万7,380円、歳入歳出差引額3万6,288円となっている。
 (5)特定環境保全公共下水道事業特別会計は、歳入総額4億1,293万7,553円、歳出総額4億1,127万1,508円、歳入歳出差引額166万6,045円となっている。
 (6)水道事業会計は、当年度純利益が1,426万6,589円となっている。
 4、個別意見
 (1)一般会計
 歳入
 ?村税収入状況については、次表のようになっている。
 1村民税 調定額4億4,383万7,646円、収入済額4億2,243万7,052円、不納欠損額86万1,298円、収入未済額2,053万9,296円、収納率95.2%、前年度94.7%。
 2固定資産税 調定額4億7,017万801円、収入済額4億2,114万8,030円、不納欠損額232万1,700円、収入未済額4,670万1,071円、収納率89.6%、前年度89.7%。
 3軽自動車税 調定額2,568万7,200円、収入済額2,457万2,600円、不納欠損額4万8,000円、収入未済額106万6,600円、収納率95.7%、前年度96.7%。
 4村たばこ税 調定額6,244万9,774円、収入済額6,244万9,774円、不納欠損額ゼロ、収入未済額ゼロ、収納率100%、前年度100%。
 5入湯税 調定額125万250円、収入済額125万250円、不納欠損額ゼロ、収入未済額ゼロ、収納率100%、前年度100%。
 合計 調定額10億339万5,671円、収入済額9億3,185万7,706円、不納欠損額323万998円、収入未済額6,830万6,967円、収納率92.9%、前年度92.8%。
 収納率が0.1ポイント向上したが、収入未済額は増加した。引き続き税の公平負担と収入確保を図るため、収納率向上に努力されたい。
 歳出
 ?物件費等、経費節減に努力されているが、さらに効率性を高められたい。
 (2)国民健康保険特別会計
 ?国保税収入状況については、次表のようになっている。
 調定額3億709万853円、収入済額2億5,095万5,102円、不納欠損額181万5,800円、収入未済額5,431万9,951円、収納率81.7%、前年度収納率80.1%。
 収納率は81.7%で前年度に比べ1.6ポイント向上したが、収入未済額は増加した。引き続き収納率向上に努力されたい。
 ?特定健診・特定保健指導による生活習慣病の予防を推進し、健全運営に努められたい。
 (3)水道事業会計
 ?当年度純利益が1,426万6,589円となり、健全な運営がなされていることが認められるが、未収金が451万7,590円あり、そのうち450万1,490円が水道料の未収金である。引き続き、水道料の徴収に努力されたい。
 以上、平成25年度一般会計、各特別会計及び事業会計の決算の審査を終了したので、意見書を提出いたします。
 平成26年8月12日、松川村監査委員川上雅嗣、松川村監査委員草間正視
 続きまして、平成25年度松川村財政健全化審査意見書
 1、審査の概要
 この財政健全化審査は、村長から提出された健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。
 2、審査の結果
 (1)総合意見
 審査に付された下記、健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認められる。
 記。健全化判断比率。
 ?実質赤字比率。平成25年度ありません。早期健全化基準15.0%。
 ?連結実質赤字比率。平成25年度ありません。早期健全化基準20.0%。
 ?実質公債費比率。6.1%、早期健全化基準25.0%。
 ?将来負担比率。平成25年度ありません。早期健全化基準350.0%。
 (2)個別意見
 ?実質赤字比率について
 平成25年度の一般会計等の実質収支は黒字であり、実質赤字比率は生じていない。
 なお、早期健全化基準は15.0%である。
 ?連結実質赤字比率について
 平成25年度の一般会計等と公営事業会計を合計した実質収支は黒字であり、連結実質赤字比率は生じていない。
 なお、早期健全化基準は20.0%である。
 ?実質公債費比率について
 平成25年度の実質公債費比率は6.1%となっており、早期健全化基準の25.0%と比較すると、これを下回っている。
 ?将来負担比率について
 平成25年度の将来負担比率は将来負担額よりも充当可能財源が上回り、将来負担比率は生じていない。
 なお、早期健全化基準は350.0%である。
 (3)是正改善を要する事項
 特に指摘すべき事項はない。
 以上、平成25年度松川村財政健全化に関する審査を終了したので、意見書を提出します。
 平成26年8月12日、松川村監査委員川上雅嗣、松川村監査委員草間正視
 続きまして、平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計経営健全化審査意見書
 1、審査の概要
 この経営健全化審査は、村長から提出された資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。
 2、審査の結果
 (1)総合意見
 審査に付された下記、資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認められる。
 記。比率名。
 ?資金不足比率。平成25年度ありません。経営健全化基準20.0%。
 (2)個別意見
 ?資金不足比率について
 平成25年度において資金不足額はなく、資金不足比率は発生していない。資金剰余額が166万6,000円あり、健全な経営状態にあると認められる。
 なお、経営健全化基準は20.0%である。
 (3)是正改善を要する事項
 特に指摘すべき事項はない。
 以上、平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計経営健全化に関する審査を終了したので、意見書を提出します。
 平成26年8月12日、松川村監査委員川上雅嗣、松川村監査委員草間正視
 続きまして、平成25年度松川村水道事業会計経営健全化審査意見書
 1、審査の概要
 この経営健全化審査は、村長から提出された資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。
 2、審査の結果
 (1)総合意見
 審査に付された下記、資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認められる。
 記。比率名。
 ?資金不足比率。平成25年度ありません。経営健全化基準20.0%。
 (2)個別意見
 ?資金不足比率について
 平成25年度において資金不足額はなく、資金不足比率は発生していない。資金剰余額が2億9,632万6,000円あり、健全な経営状態にあると認められる。
 なお、経営健全化基準は20.0%である。
 (3)是正改善を要する事項
 特に指摘すべき事項はない。
 以上、平成25年度松川村水道事業会計経営健全化に関する審査を終了したので、意見書を提出します。
 平成26年8月12日、松川村監査委員川上雅嗣、松川村監査委員草間正視
 なお、ここで口頭ではございますが、一言申し上げます。
 平成25年度は男性長寿日本一など村にとって明るい話題が多くありました。引き続き、魅力ある村づくりと村民の福祉の増進のため努力していただきたいと思います。
 以上、審査の報告といたします。
○議長(平林寛也君) 以上で決算審査の報告を終わります。川上代表監査委員におかれましては、大変に長期間御苦労さまでございました。ありがとうございました。
 ここで、監査委員が退場されます。
 暫時休憩をします。
                               午後 0時12分 休憩
                               午後 0時13分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 ここで13時20分まで休憩します。
                               午後 0時13分 休憩
                               午後 1時20分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 続いて、会計管理者の説明を求めます。会計管理者。
◎会計管理者兼会計課長(白澤繁君) それでは、私のほうから財産に関する調書を説明させていただきます。
 初めに一般会計です。53ページをお願いいたします。財産に関する調書です。
 1、公有財産。1番として、土地及び建物です。土地につきましては、公園用地を3,254平米取得し増加しました。建物の増減はございません。
 続いて、ちょっと飛びますけれども、57ページをお願いいたします。
 先ほどの土地についての財産増減調書です。
 取得、区分は公園です。所在地、松川村3379の15、面積3,254平米です。使用目的はすずむし公園。すずむし公園の用地の取得のため、ふえております。
 53ページへ戻っていただきたいと思います。
 このページ、すみません、建物はございませんので、このページは以上です。
 続いて次のページ、54ページです。
 2、山林です。山林の面積につきましては増減はありませんでした。
 右側、立木の推定蓄積量は、除間伐によります減少と、それから成長による増加で、合計では増加しております。
 その下の表3の出資による権利です。ここは増減はございませんでした。
 続いて、その下の物品についてです。ここでは公用車が1台減少しております。決算年度中では廃車が3台、新規登録が2台で1台の減少となりました。
 それから、続いて55ページをお願いいたします。
 基金についてであります。
 1番、財政調整基金。平成24年度の剰余金処分額600万円の編入と、預金利子により増加いたしました。
 2番の減債基金。預金利子により増加しました。
 3番、公共施設等整備基金。これは積み立て及び預金利子により、増加しました。ここは特に3億超の増加となっております。
 それから4番の人づくり基金です。人づくり事業への充当による減少、それから積み立て、預金利子による増加で合計では増加となりました。
 続いて、5番の社会福祉施設整備基金です。ここも預金利子により増加しました。
 6番、生きがいづくり基金。積み立てによる増加であります。
 続いて、次の56ページをお願いいたします。
 7番、教育施設整備基金です。預金利子により増加しました。
 8番、土地開発基金。ここはちひろ公園北の公園用地の取得、609平米と、それから立木補償により現金は減少、その分土地が増加しました。
 それから9番、温泉施設及びふれあい交流センター整備基金です。ここではすずむし荘改修と、それから第1源泉ポンプ取得のため、取り崩しを行いました。年度末で積み立てを行いましたが、合計では取り崩しがあったために減少しております。
 10番の用品調達基金。増減はございませんでした。
 11番、ふるさと応援基金。ふるさと応援寄附により増加しました。
 次、77ページをお願いいたします。
 ここは国民健康保険特別会計に関する財産に関する調書です。国保会計の基金です。
 1番、診療報酬支払準備基金。平成24年度の剰余金処分の30万円を編入し、積み立て及び預金利子により、結果、増加しております。
 続いて、96ページをお願いいたします。
 公園墓地の特別会計であります。
 基金について、公園墓地整備基金です。この基金は積み立て及び預金利子により、やはり増加しております。
 続いて、106ページをお願いいたします。
 下水道特別会計です。
 1、公有財産。土地及び建物ですが、ここは増減はございません。
 次のページです。
 基金、公共下水道整備基金です。下水道事業への充当のため取り崩しを行いました。その結果、年度末で減少しております。
 財産に関する調書は以上です。
○議長(平林寛也君) 続いて、補足説明に入ります。
 議案第61号 平成25年度松川村一般会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、別冊で平成25年度決算に係る主要な施策の成果についてということで、平成25年度の松川村一般会計及び特別会計決算を議会の認定に付するに当たり、平成25年度の主要な施策を地方自治法第233条第5項の規定により、別紙のとおり提出することで、主に成果表によって御説明を申し上げます。
 初めに一般会計のほうからですが、成果表のほうにつづってあります59ページを先にお願いします。
 財産状況の推移について、普通会計について記載をしてございます。平成21年度から平成25年度までありますけれども、下段から3行目になりますが、実質公債費比率は前年度と比較して2.3ポイント減少しております。次の経常収支比率は1.1%増加しておりますので御確認をお願いします。
 続いて次ページになりますが、普通会計目的別性質別決算額調べ、普通会計のページ、それから次ページの3、性質別歳出における財産内訳表、普通会計をごらんをいただきたいと思います。
 次に次のページ、62ページですが、4としまして地方債現在高の調べでございますが、最下段、合計欄ですが、平成25年度末現在高は31億8,520万8,000円で、前年対比1億2,156万3,000円の減となっております。
 次ページ、歳入歳出のグラフは今まで御説明してきたものでございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それでは、もとに戻りまして成果表の3ページからお願いします。
 まず総務課関係からですが、平成25年度決算状況を御説明申し上げますが、全体的なことでございますが、成果表は課ごと、目ごとに順次記載をしてあります。括弧内の数字につきましては前年度の予算、決算を記載をしてございます。また関係する目に繰越明許費を記載してあります。説明は前年度と比較して大きく変わった点を中心に簡潔に御説明しますのでよろしくお願いします。
 それでは、まず総務課関係、1目の一般管理費でございますけれども、大分ふえておりますが、9節で鹿港との調印の関係で9節の旅費が増、それから19節の県の総合事務組合の負担の増が増加の原因でございます。
 それからその下、2目文書費、3目広報費は記載のとおりでございます。
 次ページの4目の財政管理費も記載のとおりでございます。
 それから1つ飛びまして、6目の財産管理費でございますが、15節で工事費が増減がありますが、明許分が増のためプラスとなっております。
 5ページ、7目の企画費でございますが、25節で積立金公共施設等の整備基金が大幅に増となっております。
 それから少額ではありますが、ふるさと応援基金が増となっていますが、民間のポータルサイトに掲載したため応援基金の人数的にもふえております。
 次ページ、6ページになりますが、8目の自治振興費は記載のとおり。それから12目の人づくり推進費、これにつきましては25節で人づくり基金の積み立て皆増という形になっております。
 それから13目の総合行政情報費ですが、減となっておりますが、14節で使用料、賃借料でOA等の賃借料が減、それから19節の負補交におきまして情報処理のための共同化の負担が増となっております。
 続きまして7ページでございますが、4項の選挙費1目から3目までは記載のとおりでございますので、ごらんをいただきたいと思います。それから下段の1目の委託統計調査費でございますが、記載のとおりでございます。
 次ページの上段の1目の都市計画費も記載のとおりでございます。
 2目の公園費でございますけれども、13節で遺跡公園関係の委託料が増加となっております。
 すみません、成果表で御説明申し上げておりますので、こちらの、よろしいですかね。続けてよろしいですか。はい、すみません。
 続きまして、8款消防費1項の消防費の1目、2目とも記載のとおりでございます。
 9ページの中段、3目の消防施設費ですが、減となっておりますが、前年は第4分団の詰所の建設があったためでございます。
 下段の4目の災害対策費も記載のとおりでございます。
 10ページに行きますが。
○議長(平林寛也君) 暫時休憩します。
                               午後 1時33分 休憩
                               午後 1時34分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 公債費の関係になります。1目、2目とも通常償還の減で記載のとおりでございます。
 それから11ページ、平成25年度の村税収納状況はごらんをいただきたいと思います。
 それから12ページ、税の関係、1目の個人でございますが、2.1%増となっております。徴収率につきましては前年対比とほぼ同じでございます。それから2目の法人でございますけれども、前年対比18.3%の増。この要因につきましては法人税割の増が原因となっております。
 続きまして、13ページをお願いします。1目の固定資産税の関係、前年対比4.5%の増でございます。土地に関しましては1.18%の減、それから家屋に対しましては1.89%の増、それから償却につきましては14.8%の増となっております。
 14ページをお願いします。2目の国有資産等所在村交付金及び納付金でございますが、前年対比6.3%の減となっております。
 続きまして、軽自動車税関係でございますが、前年対比0.5%の減でございますが、軽乗用につきましては中段ほどにありますが、軽四輪乗用と書いてありますが、前年対比88台増となっております。
 続きまして、15ページをお願いします。1目のたばこ税でございますが、前年対比5.4%の増でございますが、本数は前年対比2.9%減っておりますが、都道府県たばこ税から市町村たばこ税への移譲によるものが1,000本当たり644円ふえたもので、この増の要因となっております。
 その下段、入湯税は記載のとおりですが、5.3%の減となっております。
 続きまして16ページでございますが、税務総務費でございますが、給与、手当、共済費の関係で増になっております。
 それから2目の賦課徴収費でございますが、13節の下に書いてあります3年に一度の鑑定評価業務がふえたため増となっております。
 総務課関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) 住民課関係、御説明申し上げます。引き続き、成果表の17ページからお願いをいたします。
 9目交通安全・防犯対策費ですが、前年同額の池田松川地区交通安全協会、村防犯協会への負担金等が主なものでございますので、ごらんいただきたいと思います。
 目10の消費者行政費は、県より補助金を受け、消費者行政啓発用備品としてプロジェクター、パソコン等を購入しました内容でございます。
 目11交通災害共済費については、公費で村民が加入しておりますが、掛金が500円から300円になり減額となりましたのでお願いをいたします。
 18ページをお願いいたします。目1の戸籍住民基本台帳費ですが、交付証明書等は前年に比べ件数、金額の増減もありますが、内容は変わりありませんのでごらんいただきたいと思います。
 目3医療特別給付費は、扶助費が増額となりました。
 19ページをお願いをいたします。目6老人医療費は後期高齢者医療広域連合療養給付費負担金等の負担金が減額となり、減となっております。
 目3児童措置費ですが、減額となりましたのでごらんをいただきたいと思います。
 20ページをお願いをいたします。国民年金事務取扱費ですが、システム関係の委託料の分、減となっております。
 21ページお願いをいたします。4目の環境衛生費は太陽光発電システム設置補助、葬祭センター火葬場の負担金で、ごらんのとおりでございます。
 1目清掃総務費は、転配交付金とごみステーションの新設が1基あり増となりましたが、ほかは業務としては例年どおりですのでごらんをいただきたいと思います。
 22ページをお願いいたします。2目清掃費ですが、委託料、穂高広域施設組合負担金とも減となっておりますが、ごらんのとおりでございますのでよろしくお願いいたします。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 続きまして、福祉課関係をお願いいたします。
 同じく成果表23ページから24ページ中段まででございますが、目1の社会福祉総務費です。前年より増となっております。主なものとしましては、23ページ下段、節20の扶助費、うち自立支援医療給付費、自立支援給付費、障害児給付費が大幅な増となっております。
 24ページをお願いいたします。節23の償還金、利子及び割引料が減となっております。
 下段より25ページ中段をお願いいたします。目2の老人福祉費ですが、昨年より大幅な増となっておりますが、節19負担金、補助及び交付金のうちライフ松川の建設費が主なものでございます。
 下段より26ページ上段をお願いいたします。目4の老人福祉施設費は微増となっております。
 26ページの下段、介護保険費の増は、節19負担金、補助及び交付金のうち介護保険の広域負担金の増によるものでございます。
 下段より27ページ上段をお願いいたします。目1の児童福祉総務費ですが、節15の工事請負費が増となっております。
 下段より28ページ上段、目2の保育園費はほぼ同額でございます。
 下段より29ページ上段をお願いいたします。目1の授産施設総務費はほぼ同額でございます。下段、目2授産施設運営費ですが、作業員の工賃の支払いが主なもので増となっております。
 30ページをお願いいたします。目1の保健衛生総務費ですが、増となっておりますが、目19負担金、補助及び交付金の負担金が増となっております。
 30ページ中段から31ページですが、目2予防費の増は節13委託料の増が主なものでございます。
 下段、目3保健センター管理費ですが、微増となっております。
 福祉課関係、以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) すみません。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) すみません。最後、保健センター管理費ですが、微増と申しましたが、微減の誤りです。微減となっております。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは経済課関係、成果表の32ページをお願いいたします。
 目1農業委員会費ですが、経常的経費が主なもので、内容は記載のとおりでございます。
 33ページをお願いいたします。目3農業振興費は記載のとおり、前年とほぼ同様の事業内容でございます。
 次に34ページをお願いいたします。目4の地域営農支援事業費は前年度に比べ増額になっておりますが、節19の補助金で経営体育成支援事業による機械購入補助と交付金で農地集積協力金の増が主なものでございます。
 次の目5の農村婦人の家管理費は維持管理費が主なもので、記載のとおりでございます。
 35ページをお願いいたします。目6土地改良費は前年度から繰越明許した川西地区水路改修工事が主なものでございます。26年度以降の補助事業分を国から前倒しで追加交付決定されたものを次年度へ繰越明許をしております。
 13委託料で、国の補助事業により小水力エネルギーの調査を実施しております。それから23の償還金で、圃場整備事業に伴う農林業の資金償還金が前年度に比べ半減しております。
 次に36ページをお願いいたします。目1林業振興費は、前年度と比べほぼ同様の内容となっておりますが、13の委託料の松林健全化整備事業、これは松くい虫対策事業でございますが、国・県の増額補助を受け事業費が伸びております。
 次に37ページをお願いいたします。目1の商工総務費では前年度に比べ大きく増額になっておりますが、プレミアム付き商品券発行事業によるものでございます。利用者の利便を図るため、商品券の有効期限を本年6月末にしたことによりまして、事業費の一部を26年度へ繰越明許をしております。
 目2の観光費でございますが、これも前年度に比べ増額になっておりますが、県の元気づくり支援金を受け村観光協会が実施いたしました村観光PR用DVDの制作事業への補助と、民放の婚活番組を活用したムラコン事業への補助金の増が主なものでございます。
 なお、男性長寿日本一を記念した村マスコットキャラクターのグッズ作成事業は、26年度へ繰越明許をしております。
 次に目3の交流施設総務費では、前年に比べ減額となっておりますが、前年度にすずむし荘レストラン鈴音の火災に伴う復旧工事があったことによるものでございます。本年度につきましては、すずむし荘の源泉ポンプ取りかえ工事、それからすずむし公園整備のための用地取得と造成工事を実施しております。なお、前年度から繰越明許で駅前トイレの身障者用扉の改修工事を実施しております。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは、建設水道課関係をお願いいたします。引き続き成果表の38ページをお願いいたします。
 1項の土木管理費1目の土木総務費につきましては前年並みでございます。
 次に、2項の道路橋梁費1目道路橋梁総務費は、国道147号の兼用側溝工事が実施されましたことによる村負担金により増となっております。
 続いて2目道路維持費は、記録的な大雪に伴います除雪委託料等により大幅な増額となっております。
 39ページへまいりまして、3目道路新設改良費はおおむね前年並みでございます。翌年度繰越明許費につきましては、村道1−4号線歩道改良にかかわります用地購入費、補償費及び工事請負費でございます。
 続いて、4目交通安全施設整備事業費、それから3目河川費は記載のとおりでございます。
 40ページへまいりまして、4項の住宅費は地域特別賃貸住宅特別会計への起債償還が平成24年度で終了したために減額となっております。
 6項の下水道費、7項の施設整備費につきましては、記載のとおりでございます。
 建設水道課関係は以上です。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会関係お願いいたします。引き続き、成果表41ページをお願いいたします。
 まず目の1の教育委員会関係費ですが、記載のとおりでございます。
 その下、目の2事務局費ですが、13委託料の小中天井耐震工事の設計が入ったため増となっております。
 下段の3教員住宅費については、前年同の内容でございます。
 42ページをお願いいたします。目の4スクールバス運行費、その下、目の5外国語指導費につきましては前年同、記載のとおりでございます。
 43ページ、小学校費になりますが、目の1学校管理費、非常に大きく減となっておりますけれども、14の使用料、賃借料の関係でパソコン使用料が、パソコンをリースアップしたということで減となっております。それから前年度トイレ改修工事が実施されたということで減の内容でございます。
 44ページをお願いします。中段になりますけれども、目の2教育振興費でございますが、前年同の内容でございます。
 45ページ、中学校費の関係になりますけれども、目の1学校管理費関係でございますが、減となっておりますけれども、前年度トイレ改修工事、それから屋根改修工事を行っていたため減となっております。
 46ページをお願いいたします。目の2教育振興費ですが、ほぼ前年同の内容でございます。
 47ページをお願いいたします。社会教育費の関係ですが、目の5文化財保護費については前年同でございます。
 それから目の6収蔵施設管理費関係ですが、前年度収蔵庫の耐震工事を行っているため、本年度大きく減となっております。
 7社会教育振興費ですが、内容については前年同でございます。
 下段の保健体育費の目の4学校給食運営費ですが、前年度給食センター建設工事が終了したこということで、本年度大きく減となっております。
 教育委員会関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 社会教育課長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは社会教育課関係お願いします。引き続き、成果表の48ページからお願いいたします。
 48ページの目1社会教育総務費、次の49ページの目2の公民館費、それから次の50ページの目3の図書館費につきましては、ほぼ前年と同じでありますので記載のとおりですのでお願いします。
 50ページの目4の生涯学習推進費ですが、次のページ、51ページのところで備品購入費が増によりまして増になっておりますのでお願いします。
 引き続きまして、52ページの目1の保健体育総務費につきましては、ほぼ前年並みでございます。
 目2の体育施設費ですが、大幅に増になっておりますが、次のページ、53ページの15の工事請負費、下から2個目のスポーティープラザの改修工事費が大幅な増となっておりますのでお願いします。
 同じ53ページの目3の体力増強事業費につきましては、ほぼ前年並みでありますのでお願いします。
 社会教育課関係、以上です。
○議長(平林寛也君) 以上で、議案第61号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第62号 平成25年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、まず私のほうから成果表の関係、税の関係御説明申し上げます。成果表の54ページ、平成25年度国民健康保険税収納状況、表がございますが、こちらをごらんいただきたいと思います。
 続きまして、55ページでございますが、1目の一般被保険者国民健康保険税ですが、前年対比21.3%の増でございます。1人当たりの税額につきましては前年対比19.7%の増、1人当たりの税額につきましては19.8%の増でございます。徴収率につきましては現年分でございますが、0.2ポイント減となっております。
 続きまして、2としまして介護納付分でございますけれども、1世帯当たりの税額23.2%の増、その下、1人当たりの税額26.9%の増、徴収率につきましてはプラマイゼロとなっております。
 56ページをお願いします。3の後期支援金納付分でございますが、1世帯当たり対前年28.6%の増、それから1人当たりの税額につきましては28.7%の増、徴収率現年分につきましては0.2ポイントの減となっております。そういった関係で、トータル21.3%の増となっております。
 続きまして、57ページでございますが、2目の退職被保険者国民健康保険税の関係になります。全体で対前年5.1%の増となっておりますが、1としまして医療給付分としまして1世帯当たり対前年17.6%の増、1人当たりの税額では16.9%の増、徴収率につきましては現年分0.4ポイントの減となっております。
 それから2番としまして、介護納付分でございますが、対前年25.8%の増、これが1世帯当たり。1人当たりの税額が28%の増、徴収率は0.2ポイント減となっております。
 それから3番としまして、後期支援金納付分でございますが、1世帯当たりの税額27.3%の増、1人当たりの税額26.5%の増、徴収率につきましては減額で0.5ポイントとなっております。
 税関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは、国民健康保険特別会計の決算書のほうをごらんいただきたいと思います。
 ただいまの税以降の説明をさせていただきますのでよろしくお願いいたします。歳入の関係ですけれども、63ページからでございます。
 63ページから67ページまでとなっております歳入はごらんいただきたいと思いますけれども、63ページの3款国庫支出金は、歳入総額の17%を占めておりまして、前年度より3,065万5,000円の減となりました。
 また66ページになりますが、9款の繰入金の中で1目の支払準備基金繰入金は、基金から取り崩しをせずに済んだという内容でございますのでよろしくお願いいたします。
 続きまして、歳出ですけれども、68ページをお願いいたします。1款の総務費につきましては、一般管理費、2款の保険給付費は1項の療養諸費が一般と退職の医療費の保険者負担分でございます。
 69ページになりますけれども、2款の高額療養費につきましては、一般・退職の保険者負担分でございます。1人当たりの医療費につきましては、速報値で34万9,705円となっておりまして、県下では上位から12番目となっておりますのでお願いいたします。
 その他、70ページの3項の移送費、4項の出産育児諸費、71ページの5項の葬祭諸費はごらんをいただきたいと思います。
 3款後期高齢者支援金等は後期高齢者保険へ、款4前期高齢者納付金等は診療報酬支払基金への支払い。
 72ページになりますが、5款の老人保健拠出金は、老人保健事務費拠出金となっております。
 6款の介護納付金につきましては、介護保険制度を運営するための保険者負担分で、7款の共同事業拠出金につきましては医療費80万円や30万円を超える医療費の市町村の共同事業負担金でございます。
 73ページをお願いいたします。8款の保健事業費は特定健康診査等事業費と、保健事業費、特定健康事業、人間ドックの補助が主なものでございます。
 9款の基金の積立金から75ページの11款の予備費までについては、ごらんをいただきたいと思います。
 医療費の動向につきましては、一般保険者が前年より2.9%の増、退職被保険者等分が前年より21.8%の減となり、医療費全体は0.2%の増となっております。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 以上で、議案第62号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第63号 平成25年度松川村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは、議案63号でございますけれども、決算書のほうをごらんいただきたいと思います。
 まず歳入でございますが、決算書事項別明細書の83ページから84ページをお願いをいたします。
 1款後期高齢者医療保険料、そして款3の一般会計繰入金が主なもので、あとはごらんいただきたいと思います。
 続きまして歳出ですが、85ページをお願いいたします。1款の総務費は事務管理費等で、2款後期高齢者医療広域連合納付金は保険料の納付金が主な歳出となっております。
 以下はごらんをいただきたいと思います。以上でございます。
○議長(平林寛也君) 以上で、議案第63号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第64号 平成25年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは、公園墓地特別会計の決算書をごらんいただきたいと思います。決算事項別明細書の93ページをお願いをいたします。
 歳入ですが、款1使用料及び手数料は、永代使用料7件分と723区画の使用料2,100円分と督促手数料分でございます。
 2款の財産収入は、基金利子分でございます。
 3款の繰越金は、前年度の繰越金でございます。
 続きまして歳出ですが、94ページをお願いをいたします。1款の総務費の主な歳出は、13節の委託料の清掃委託と、23償還金7件分、それから25節積立金は整備基金へ積み立てでございますのでよろしくお願いをいたします。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 以上で、議案第64号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第65号 平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは、先ほどごらんいただいておりました決算にかかわる主要な施策の成果についての58ページをごらんいただきたいと思います。
 まず、下水道の整備済みの戸数でございます。31戸増の3,638戸となっておりまして、下水道使用開始戸数につきましては、前年に比べまして124戸増の3,192戸となっております。下水道への接続率につきましては、平成25年度末で87.6%となっております。前年度末に比べ0.6%の増という状況でございます。
 それでは、上段のほうから1目の下水道管理費でございます。下水道施設のうち管渠、それからマンホール等の維持管理経費でございます。管渠の清掃業務、マンホールの保守点検、そして公共ますの取り出し等が対象となっております。特に終末処理場から大町市境まで布設されております松川1号幹線の環境調査を実施したために増額となっております。
 それから、中段の2目下水道施設管理費でございますが、これは終末処理場、それからその処理場に隣接しております公園の維持管理費でございまして、終末処理場の汚水処理により発生する汚泥処分、それから水質検査等のその業務でございます。
 処理場の機械設備の修繕費等が増額となっております。
 それから下水道への接続率が向上しておりますが、これに伴いまして流入してくる汚水量の増加に伴いまして発生する汚泥処分量も増加している状況でございます。
 下段につきましては、2款の公債費でございますが、下水道事業債等の元金、利子の記載でございますので、ごらんいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 以上で、議案第65号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第66号 平成25年度松川村水道事業会計決算書の補足説明を行います。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは、水道事業会計の決算について御説明申し上げます。今度は決算書の水道事業会計決算書のほうをごらんいただきたいと思います。決算書の124ページをお願いいたします。
 124ページの上段には、平成25年度の総括事項といたしまして収支の状況についてお示しをしてございます。水道事業収益はそのほとんどが給水収益でありまして、前年度に比べわずかに減収となっております。また、水道事業費は前年度に比べ若干増加しておりますが、1,426万8,000円ほどの利益剰余金が生じております。
 次のページの中段ごらんいただきたいと思います。125ページの中段でございますが、25年度の業務量を表に示してございます。平成24年度に比べまして給水人口は減少しております。それから月の平均給水量も7万5,662立方メートルと、前年比760立方メートルの減となっております。
 それから業務量の表の下には、それぞれ事業収益、それから事業費に関します事項を示しておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 続きまして、127ページをごらんいただきたいと思います。127ページの上段には、重要契約の内容で細野区の配水管の布設がえ工事、それから今後も引き続き安定した事業を継続していくために水道事業の基本計画を策定した内容が掲載されております。
 それからその下でございますが、企業債の状況を示しております。25年度末での未償還額は約12億7,888万円という状況となっております。
 続きまして、128ページをお願いいたします。ここではその他会計経理に関する事項といたしまして、料金等の収納状況を掲載しております。未収金額は24年度に比較しまして約56万円の減少となっております。また収納率につきましては0.32%ほど上昇しております。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 以上で、平成25年度の各会計決算の補足説明を終わります。
 続いて、議案第67号 平成26年度学校施設環境改善交付金事業松川小学校天井耐震工事の変更契約の締結についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 議案第67号 平成26年度学校施設環境改善交付金事業松川小学校天井耐震工事の変更契約の締結についてということで、契約金額1億1,890万8,000円と、172万8,000円の増でございます。主な内容でございますけれども、体育館の鉄骨のバスケットゴールの下地撤去工事、それから体育館のアリーナの壁面の追加工事、それから校舎棟のカーテンレールの追加工事、それから南校舎の渡り廊下の天井下地の工事が解体のときにわかりまして、増減はございますけれども、増減の結果、172万8,000円が追加となりましたのでお願いするものでございます。
 平成26年9月9日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第67号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これで、本日の日程は全て終了しました。
 これにて散会します。
 大変御苦労さまでした。
                               午後 2時10分 散会