議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成26年第 2回定例会−06月11日-01号




平成26年第 2回定例会

                  会  議  日  程

┌───────┬──┬───────┬────────────────────────┐
│  月  日 │曜日│会     議│      予          定      │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│  6月11日│ 水 │本  会  議│一般議案審議、請願・陳情等委員会付託、全員協議会│
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    12日│ 木 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    13日│ 金 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    14日│ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    15日│ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    16日│ 月 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    17日│ 火 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    18日│ 水 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    19日│ 木 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    20日│ 金 │本  会  議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
└───────┴──┴───────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 専決第 1号 松川村税条例の一部を改正する条例
 専決第 2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例
 専決第 3号 平成25年度松川村一般会計補正予算(第6号)
 専決第 4号 平成25年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 専決第 5号 平成25年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
 専決第 6号 平成25年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)
 専決第 7号 平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
 専決第 8号 平成25年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)
 専決第 9号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第1号)
 報告第 8号 平成25年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書について
 議案第41号 議案等審査特別委員会に設置について
 議案第42号 松川村消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第43号 松川村非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例
 議案第44号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第2号)
 議案第45号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第46号 平成26年度松川村水道事業会計補正予算(第1号)
 議案第47号 平成26年度学校施設環境改善交付金事業松川小学校天井耐震工事の契約の締結について
 議案第48号 平成26年度学校施設環境改善交付金事業松川中学校天井耐震工事の契約の締結について



                  請願・陳情一覧表

請願
┌─────┬───────────────────┬────────────┬────┐
│受付年月日│      件      名      │   請 願 者    │紹介議員│
├─────┼───────────────────┼────────────┼────┤
│ 26. 5.28 │集団的自衛権についての憲法解釈変更をし│松川村5724-335     │上田治美│
│     │ないよう関係機関に意見書を提出すること│年金者の会       │    │
│     │を求める請願             │代表 井川恵右     │    │
└─────┴───────────────────┴────────────┴────┘


陳情
┌─────┬─────────────────────┬───────────────┐
│受付年月日│      件        名      │    陳   情   者  │
├─────┼─────────────────────┼───────────────┤
│ 26. 5.30 │TPP決議の実現を求める意見書の採択について │大町市大町3091-1       │
│     │(依頼)                 │大北農協協同組合       │
│     │                     │代表理事組合長 山田高司   │
├─────┼─────────────────────┼───────────────┤
│ 26. 4.30 │松本支部における労働審判の開設について  │長野市妻科432         │
│     │                     │長野県弁護士会        │
│     │                     │会長 田下佳代        │
├─────┼─────────────────────┼───────────────┤
│ 26. 5.26 │子ども・障がい者等の医療費窓口無料化を求 │大町市俵町1600-2       │
│     │める意見書提出についての陳情       │大北生活と健康を守る会    │
│     │                     │会長 太田欽三        │
└─────┴─────────────────────┴───────────────┘



             平成26年松川村議会第2回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│6月17日(火)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │ 5 │佐 藤 節 子│1 信濃松川駅開業100周年の祝賀につい│村長     │
│  │  │       │  て                 │       │
│  │  │       │2 霜・ひょうの被害対策について    │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │ 4 │梨子田 長 生│1 空き家対策について         │村長     │
│  │  │       │2 未満児の保育対応について      │村長     │
│  │  │       │3 太っ腹商品券について        │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │ 8 │白 澤 富貴子│1 村の歴史及び文化財を活かした村づくり│村長     │
│  │  │       │  の取り組み             │       │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 4 │ 6 │矢 口 あかね│1 ひょう害の状況と補償        │村長     │
│  │  │       │2 各種選挙の投票率低下        │村長     │
│  │  │       │                    │選挙管理委員長│
│  │  │       │3 地域防災における消防団のあり方   │教育長    │
│  │  │       │                    │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 5 │10│平 林 幹 張│1 農業振興について          │村長     │
│  │  │       │2 医療・介護・福祉(第6次総合計画)に│村長     │
│  │  │       │  ついて               │       │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│6月18日(水)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 6 │11│百 瀬   清│1 松川村産米について         │村長     │
│  │  │       │2 松くい虫の防除について       │村長     │
│  │  │       │3 福祉問題について          │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 7 │12│上 田 治 美│1 政治姿勢について          │村長     │
│  │  │       │2 経済対策について          │村長     │
│  │  │       │3 福祉について            │村長     │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘



           平成26年松川村議会第2回定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成26年6月11日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成26年 6月11日 午前10時00分│議 長│平 林 寛 也│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成26年 6月11日 午後 0時44分│議 長│平 林 寛 也│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │平 林 寛 也│ ○ │ 7 │勝 家   尊│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │茅 野 靖 昌│ ○ │ 8 │白 澤 富貴子│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │太 田 繁 義│ ○ │ 9 │草 間 正 視│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │梨子田 長 生│ ○ │ 10 │平 林 幹 張│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │佐 藤 節 子│ ○ │ 11 │百 瀬   清│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │矢 口 あかね│ ○ │ 12 │上 田 治 美│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   4番   │梨子田 長 生│   5番   │佐 藤 節 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │伊 藤 勇 二│書記     │若 林 祐 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│大 澤   浩│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │梨子田 公 雄│総務課統括課長│丸 山   稿│
│法第121条により説│       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│   全員出席   │会計管理者兼会│白 澤   繁│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │古 畑 元 大│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │須 沢 和 彦│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │別紙のとおり                         │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │別紙のとおり                         │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │別紙のとおり                         │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 専決第 1号 松川村税条例の一部を改正する条例
 専決第 2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例
 専決第 3号 平成25年度松川村一般会計補正予算(第6)
 専決第 4号 平成25年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 専決第 5号 平成25年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
 専決第 6号 平成25年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)
 専決第 7号 平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
 専決第 8号 平成25年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)
 専決第 9号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第1号)
 報告第 8号 平成25年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書について
 議案第41号 議案等審査特別委員会に設置について
 議案第42号 松川村消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第43号 松川村非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例
 議案第44号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第2号)
 議案第45号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第46号 松川村水道事業会計補正予算(第1号)
 議案第47号 平成26年度学校施設環境改善交付金事業松川小学校天井耐震工事の契約の締結について
 議案第48号 平成26年度学校施設環境改善交付金事業松川中学校天井耐震工事の契約の締結について
日程第6 請願・陳情の委員会付託



                               午前10時00分 開会
○議長(平林寛也君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成26年松川村議会第2回定例会を開会します。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りをします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとし、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定しました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(平林寛也君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第125条の規定により、4番 梨子田長生議員、5番 佐藤節子議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(平林寛也君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等につきましては、議会運営委員会において審議がされていますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(佐藤節子君) (報告)
○議長(平林寛也君) 議会運営委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで議会運営委員長報告を終わります。
 本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から6月20日までの10日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から6月20日までの10日間と決定しました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(平林寛也君) 日程第3 村長挨拶を願います。村長。
◎村長(平林明人君) おはようございます。梅雨に入り蒸し暑い日が続いておりますが、木々の青葉や水田の緑は一段と濃くなってまいりました。
 本日、平成26年第2回定例議会を招集いたしましたところ、全議員の皆様には大変お忙しい中御出席をいただきまして、開会できますことに感謝を申し上げたいというように思います。
 新年度が始まりまして2カ月が過ぎましたが、降ひょうによる大きな被害が発生をいたしました。昨年の霜による被害と2年続きの災害で、農家の皆様にとりましては大変なこととなりました。昨年と同様、収穫時期まで様子を見て、村としての対応をとってまいりたいというように思っております。
 また各種の事業につきましては、それぞれ順調に進捗をいたしております。
 松川村山の日の植樹祭には多くの方に参加をいただきました。国は8月11日に、また県は7月第4日曜日にそれぞれ設定をされましたけれども、松川村の考え方とは少し違うように思っております。
 また、ちひろ公園の整備拡充につきまして、黒柳徹子さん、山田洋次さん、内藤廣さんともども東京の講談社において記者発表を行い、日本中で大きな反響を呼ぶこととなりました。黒柳徹子さん、山田洋次さんは、年をとったら松川村に住みたいというようにまで言ってくださいました。この年をとったらというところがちょっと不明でございますけれども、ありがたいことだというように思います。
 台湾鹿港鎮との友好協定1周年としまして、村民31名が端午の節句の行事に合わせて台湾を訪問し、3日夜遅くに帰村いたしました。盛大な歓迎を受け、初めてとなる海外での安曇節の披露もし、現地では大いに盛り上がったとの報告を受けております。
 最近の村政の状況等について、若干申し上げたいというように思います。
 まず、安曇野ちひろ公園整備拡充計画の記者発表についてであります。
 5月22日に東京の講談社において、安曇野ちひろ公園整備についての記者発表を行いました。皆様も既に報道等で御存じのことと思いますが、安曇野ちひろ公園について本年度より整備に着手をしてまいります。特に本年度秋に予定しております電車の移設に関しましては、黒柳さんの了承もいただき、トットちゃんの広場として整備を進める計画であります。平成28年度の完成・開園を目指し計画的に事業を進めてまいりたいと思いますので、御理解と御協力をお願いをいたします。
 友好都市協定締結1周年、鹿港鎮訪問についてであります。
 先ごろ締結1周年記念としまして鹿港鎮を訪問する台湾ツアーを実施いたしましたが、その際、鹿港鎮の中学生を含む40名くらいの皆様が、同じく1周年記念としてふるさと祭りに合わせて松川村を訪問していただけることを確認をいたしました。
 鹿港鎮では、今回の松川村の訪問団を官民を挙げて厚く、温かく歓迎していただきました。時は端午の節句の祝祭の時期であり、松川村を含めた鹿港鎮と友好関係にある台湾各地域の皆様との交流・交歓会への参加や、一大イベントであるドラゴンボートレースへの参加、その会場での安曇節公演などの際に、精いっぱい日本国松川村からの歓迎に対する感謝表明を行ってまいりました。
 鹿港鎮の皆様がおいでの際は、村民を挙げての歓迎ができるよう準備をし、心の通う交流を行いたいと思いますので、ぜひ御協力をいただきたいと思います。
 臨時給付金の支給についてであります。
 国の施策により、消費税率引き上げに伴う所得の低い方への負担の影響を考慮し、子育て世帯における家計負担の軽減と消費の下支えを図るため、暫定的、臨時的な措置として、臨時福祉給付金と子育て世帯臨時特例給付金の2つの給付金を支給いたします。
 臨時福祉給付金の支給対象者は、平成26年1月1日時点で村内に住所があった方で、平成26年度の住民税が課税されていない方です。支給額は対象者1名につき1万円で、さらに老齢基礎年金等の受給者には5,000円が加算されます。今回の補正では1,600人の非課税の方と500人の加算される方を見込みました。
 また、子育て世帯臨時特例給付金は、平成26年1月分の児童手当を受給された方で、臨時福祉給付金の支給対象とならない平成25年分の所得が児童手当の所得制限限度額未満の方が支給対象者となり、対象児童1人につき1万円を支給いたします。今回の補正では支給対象児童を1,350人と見込み、予算を計上しております。
 いずれの給付金も申請期間は平成26年7月1日より平成26年10月1日までとしており、村では、広報等を通じて周知を徹底してまいりたいというように思います。
 続いて、沖縄県北中城村等研修視察についてであります。
 6月2日から4日まで、総務課長、福祉課長他福祉課3名、住民課1名の計6名で、沖縄県北中城村等に研修視察に行っていただきました。今回の視察の目的は、昨年、北中城村から議員と職員による2回の訪問を受け、今回は私どもが女性長寿日本一の村の状況を研修するとともに、男女日本一の村同士での交流についても検討することなどでありました。
 長寿部門の研修では、村内における視察を御案内いただき、高齢者の元気に活動している場も見学するなど、今後の高齢者事業に対する参考となりました。また、交流につきましてはお互いどのようなことができるかを考え、何かしらの交流を図っていきたいということで、意見の交換ができました。どちらにしましても、お互いさらに交流を深めながら進めて行きたいと考えております。
 続きまして、ひょうによる農作物被害についてであります。
 5月28日午後7時過ぎ、板取、中部、緑町北部、川西地区などの村北西部の広範囲に直径5から30ミリの雨まじりの降ひょうがあり、果樹、またこれリンゴ、桃などの幼果にひょう害が発生をしました。翌朝、北安曇農業改良普及センター、JA及び村で被害状況調査を実施いたしました。被害状況はリンゴ農家が16戸20.5ヘクタール、桃農家が4戸0.5ヘクタールに被害があり、被害見込額はリンゴが1,100万円、桃が20万円となっております。
 また、6月3日午後5時30分過ぎに村南部、特に細野地区で直径5から10ミリ程度の雨まじりの降ひょうがあり、リンゴ農家1戸1.1ヘクタールに被害があり、被害見込額は100万円となっております。
 実際の被害額は収穫時でないと確定できませんが、今後、関係機関と連携する中で技術支援により果実等の生育改善に努め、収穫時の状況を見てできる限りの支援を講じていく考え方であります。
 続きまして、松川村山の日植樹祭の開催についてであります。
 本年で3回目を迎えました安曇野松川村山の日の5月17日土曜日に、馬羅尾高原の村有林内において植樹祭を開催しました。小学生や村民の皆さん約120人がコナラやクリなど700本余りを植えました。そして山の恵みに感謝するとともに、森林を守り育てる意識の高揚を図ることができました。
 国、県でも山の日が制定され、登山を初めとするさまざまな野外活動を通じて行事が行われる見込みですが、松川村としては水や空気など自然を涵養してくれる里山の森を守り育てるために、今後も植樹祭の取り組みを継続してまいりたいというように思っております。
 次は、中学校修学旅行生の農家民泊の受け入れであります。
 本年は首都圏や大阪府、県内から9校の学校が松川村を訪れます。既に5校の受け入れを行いましたが、1学年で235人もの生徒が来る学校もあり、多くの受け入れ農家の皆さんに御協力をいただき、無事受け入れることができたことに感謝をしております。
 村の豊かな自然と田園風景の中、都会ではなかなか経験できない貴重な農業体験や農家の皆さんとの心温まる交流に多くの生徒が感動し、昨年に引き続き当村を修学旅行地として訪れていただいた学校もありました。
 今後も農家の皆さんの協力をいただき受け入れ体制の充実を図り、多くの修学旅行生に松川村のさまざまな魅力を体験してもらうよう努めてまいりたいというように思います。
 続きまして、ボランティアによる学習教室の開催についてであります。
 地域の支援員さんをボランティア講師とし、今年2月から3月に開講した放課後学習教室を7月から再開することになりました。本年度は中学3年生を対象に毎週水曜日の午後3時40分から60分開講し、予備調査では39名の生徒が応募してくれました。
 また、地域学習ボランティアによる中学3年生を対象とした勉強もっとやり隊と名づけた夜間学習教室が、毎週火・木・土曜日の3回、午後7時から90分間の講座で5月から開講しており、希望者31名が参加をしています。
 これらの事業を通じて地域と学校との連携が進み、開かれた学校づくりがさらに前進していくことを期待をしています。
 次に、本日上程いたします議案の概要を若干説明申し上げます。
 専決第1号 松川村税条例の一部を改正する条例及び専決第2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例は、地方税法の一部を改正する法律等が公布されたことによる条例改正であります。
 専決第3号 平成25年度松川村一般会計補正予算(第6号)は、年度末の計数整理をしたもので、8,385万5,000円を追加し、総額37億3,456万5,000円とするものであります。主な内容は、歳入では村税、地方交付税、諸収入等の追加と地方譲与税、国県支出金等の減額で、歳出では企画費の公共施設等整備基金等へ1億7,527万3,000円、人づくり推進費の人づくり基金へ3,000万9,000円の積み立てを行うものが主なものであります。
 専決第4号から専決第8号までは各特別会計の補正予算で、年度末の計数整理であります。
 専決第9号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第1号)は、清掃費で合併浄化槽の負担金の計上と、教育費で小中学校の天井耐震改修の実施設計の変更額に伴う委託費と工事費の変更であります。
 報告第8号 平成25年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書については、児童福祉システム改修事業ほか5事業を繰り越す報告であります。
 議案第42号 松川村消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例は、消防団員確保の拡充を図るための一部改正であります。
 議案第43号 松川村非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令改正に伴う一部改正であります。
 議案第44号 平成26年度松川村一般会補正予算(第2号)は、5,975万5,000円を追加し、39億4,550万5,000円とするもので、主なものは国の臨時給付金支給に係る計上、コミュニティ助成事業採択に伴う計上及び地域営農支援事業費の経営体育成支援事業補助等であります。
 議案第45号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)及び議案第46号 平成26年度松川村水道事業会計補正予算(第1号)は、人事異動に伴う人件費の補正であります。
 議案第47号及び議案第48号は、平成26年度学校施設環境改善交付金事業で、松川小中学校の天井耐震工事の契約の締結についてであります。
 いずれも、提案時に各担当課長等に説明をさせますので、御審議の上お認めをいただきますようお願い申し上げまして、開会の挨拶とさせていただきます。
 長くなりますけれども、どうぞよろしくお願いをいたします。
○議長(平林寛也君) 村長挨拶を終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(平林寛也君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(伊藤勇二君) 諸般の報告(議会関係)。
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.池田松川施設組合議会第1回臨時会
  開催期日  平成26年4月16日
  出席議員  平林議長、白澤副議長、勝家議員、百瀬議員
  審議事項等 ・議長の選挙について
        ・監査委員の選任について
        ・教育委員会委員の任命について
  審議結果等 議長に平林寛也議員を選任。勝家 尊議員の監査委員への選任と山崎圭子氏の教育委員への任命をそれぞれ同意。
 2.社会福祉法人 大北社会福祉事業協会第2回評議員会
  開催期日  平成26年5月20日
  出席議員  平林議長
  審議事項等 ・平成25年度事業協会会計決算の認定
        ・救護施設れんげ荘の増改築について
  審議結果等 決算を認定。
        議案を原案のとおり同意。
 3.北アルプス広域連合議会5月定例会
  開催期日  平成26年5月23日
  出席議員  平林議長、白澤副議長、佐藤議員
  審議事項等 ・平成25年度各会計補正予算の専決処分報告
        ・平成26年度各会計補正予算の専決処分報告
        ・平成26年度一般会計補正予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり承認並びに可決。
 以上でございます。
△日程第5 議案の上程
○議長(平林寛也君) 日程第5 議案の上程を行います。
 専決第1号 松川村税条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、専決第1号 松川村税条例の一部を改正する条例ということで、今回の改正につきましては地方税法の一部を改正する法律、地方税法施行令等の一部を改正する政令及び地方税法施行規則及び航空燃料譲与税法施行規則の一部を改正する政令が平成26年3月31日に公布されたこと、また平成25年3月30日に公布をされました地方税法の一部を改正する法律による改正のうち一部のものにつきまして、地方税法施行令の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する政令が、平成25年6月の12日に公布されたことに伴います条例改正でございます。
 それでは、条文の説明になります。
 第1条 松川村税条例の一部改正でございます。
 第23条第2項につきましては、外国法人及び恒久的施設の規定を追加するものでございます。
 第33条につきましては、地方税法改正による項ずれを改正するものでございます。
 第47条の2は、納税義務者が地域外に転出した場合も特別徴収を継続することとする法令改正に伴います特別徴収対象年金所得者の除外規定を見直すものでございます。
 第47条の5につきましては、年金所得に係る仮特別徴収額の算定方法の見直しです。
 第48条及び次ページになりますが、第52条につきましては、法人税法の改正に伴います規定の整備でございます。
 以下、附則の改正となりますけれども、附則第4条の2につきましては、地方税法改正に伴います参照条文の改正。
 続きまして附則第7条の4につきましては、附則第19条の2の改正による参照条文の改正でございます。
 附則第8条につきましては、肉用牛の売却による課税の特例期間を3年間延長する改正です。
 附則第10条の2の見出しにつきましては、項ずれによる改正です。
 附則第10条の3の次に加える内容は、地方税法改正に伴います参照条文の改正及び新築住宅に対します固定資産の減額の規定の適用を受けようとする者がすべき申告のうち、申請規定の追加でございます。次ページになりますけれども、附則第16条の3につきましては、上場株式等に係ります配当所得等の分離課税につきまして特定公社債の利子が対象に追加されたことに伴います規定の整備でございます。
 附則17条の2につきましては、優良住宅地の造成のために土地を譲渡した場合の課税の特例の期間を3年延長するものでございます。
 附則第19条の見出し及び次ページになりますけれども、第19条の3につきましては、株式等に係る譲渡所得等の分離課税を一般株式と上場株式にしたことによります規定の整備でございます。
 附則第19条の2は、上場株式等に係ります譲渡所得等の分離課税を新設したことに伴います規定の新設でございます。
 次ページになりますが、附則第21条の第1項及び附則第21条の2につきましては、一般社団法人または一般財団法人に移行した旧民法第34条法人が設置する施設での移行の日の前日において非課税とされたものに係る固定資産税等の非課税措置が廃止されたことに伴います規定の整備でございます。
 附則第22条は、規定の削除による切り上げでございます。
 続きまして、第2条松川村税条例の一部を改正する条例の一部改正でございます。
 附則第19条の3は、先ほど同様、譲与株式等に係ります譲与所得等の分離課税を新設したことに伴います規定の新設でございます。
 附則といたしまして、第1条では施行期日の規定をしてございます。
 続きまして、次ページ中段になりますが、第2条につきましては村民税に係る経過措置の規定でございます。
 また次ページ、第3条につきましては、固定資産税に係ります経過措置の規定でございます。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分する。
 平成26年3月31日 専決 松川村長名。
 平成26年6月11日 報告 松川村長名。
 以上よろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第1号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、専決第2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例ということで、今回の改正につきましては先ほどの専決第1号と同様、地方税法等の一部を改正する法律、地方税法施行令等の一部を改正する政令及び地方税法施行規則等の一部を改正する政令が平成26年3月31日に公布されたこと、また平成25年3月31日に公布をされました地方税法の一部を改正する法律による改正のうち一部のものにつきまして、地方税法施行令の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する政令が、平成25年6月12日に公布されたことに伴います改正でございます。
 それでは、条文の内容の説明に入らさせていただきます。
 第2条第3項及び第4項並びに第23条につきましては、国民健康保険税の後期高齢者支援金等課税額にかかります課税限度額を現行の14万円から16万円に、介護納付金課税額にかかります課税限度額を現行の14万円から16万円に引き上げる改正でございます。これにつきましては高所得者に対する負担が増となる改正でございます。
 続きまして、第23条及び同条第2号並びに同条第3号につきましては、当該納税義務者を削ることによりまして、5割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定におきます被保険者の数に世帯主を含める改正でございます。これにつきましては5割軽減者の世帯の増となります。また2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定におきまして、被保険者の数に乗ずべき金額を現行の35万から45万に引き上げる改正でございます。これにつきましては2割軽減世帯の増となります。
 以下、附則の改正となりますけれども、附則第3項につきましては、法施行規則改正に伴います改正です。
 附則第4項につきましては、国民健康保険税の所得割算定方式について規定の整備をするものです。
 附則第6項につきましては、株式等に係る譲渡所得等の分離課税を一般株式に係ります譲渡所得等と上場株式等に係ります譲渡所得等に改正するに伴います規定の整備でございます。
 次ページの中段になりますけれども、附則第7号は上場株式に係ります譲渡所得等の分離課税を新設したことに伴います規定の新設です。
 附則第8項、第9項、次ページになりますが、第11項、中段の第16項は、法改正に伴います削除、規定の削除です。
 また前後しますが、上段の附則第10項、12項、13項、14項、15項は、法改正に伴います規定の整備と項の繰り上げでございます。
 附則としまして、第1条施行期日の規定、第2条は適用区分の規定となっております。
 この改正によりまして国民健康保険税の後期高齢者支援金の課税の限度額、それから介護納付金課税限度額が引き上げられることによりまして、所得者に対する負担増が村内で約10件を予定をしております。試算でございますけれども。それから後段の所得軽減の拡大に伴います対象者は100件から200件に拡大する試算をしております。トータルしましてこれによりまして国民保険税の歳入につきましては約500万円が減となる見込みをしておりますのでお願いします。
 最後になりますが、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分する。
 平成26年3月31日 専決 松川村長名。
 平成26年6月11日 報告 松川村長名。
 以上よろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第2号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第3号 平成25年度松川村一般会計補正予算(第6号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、今回の専決につきましては事業費の確定、執行済みに伴う補正が主なものでございます。
 歳出につきましては、公共施設等整備基金への積み立てが主な内容です。計数整理が主なものでございますので、各項目での各担当課長等からの説明は大きなもののみとさせていただきますのでよろしくお願いします。
 また、歳出の人件費につきましても計数整理でございますので、担当課長等からの説明は省略させていただきますので御了承ください。
 それでは、まず6ページをお願いします。第2表繰越明許費補正でございますけれども、追加分としまして商工費の関係ですが、りん太、リンリンの縫いぐるみ作成費としまして84万円、その下ですが、土木費で村道1−4号線にかかります用地補償、それから工事費の2,147万円の計上でございます。
 それでは、総務課関係9ページからお願いします。
 歳入の関係、まず1款の村税個人につきましては、当初課税標準額を減で見込んでおりましたけれども、税制改正などによりまして1.5%程度増となったためでの補正でございます。法人は確定見込みによるものでございます。
 若干徴収率について申し上げたいと思いますが、個人の現年分につきましては、徴収率でございますけれども、個人の現年分につきましては98.5%、それから滞納繰越分につきましては30.7%、それから法人の現年分につきましては99.4%、それから滞納繰越分につきましては13.4%の徴収率となっております。
 続きまして、その下の第2項固定資産の関係でございますけれども、こちらも現年分の徴収率ですが97.1%、それから滞納繰越分が13.4%となっております。
 その下でございますが、軽自動車税につきましては現年分が98%、次ページになりますが、滞納繰越分については21.3%という徴収率になっておりますのでよろしくお願いします。
 以下、たばこ税から12ページの交通安全対策特別交付につきましては、額の確定に伴う記載でございますのでごらんをいただきたいと思います。
 14ページ下段でございますけれども、こちらの総務手数料も記載のとおりでございます。
 16ページになりますが、選挙費委託金が下段にございますが、こちらも額確定に伴うものでございます。
 18ページの下段をお願いします。総務費委託金、19ページの記載でございますが、徴税費、統計委託費等記載のとおりでございます。
 それ以下、15款の下段ですが、財産収入費、次ページにわたっておりますけれども、特に20ページの上段、不動産売払収入で補正前の額も多いわけでございますけれども、こちらはライフ松川への額の確定分の計上。その下ですが中段になりますが、寄附金のふるさと応援寄附金につきましては額確定に伴うものでございますが、平成25年度につきましては56件の皆さんに応援をいただきました。対前年17件、前年対比約3倍程度の御協力をいただきました。
 それから21ページの中段になりますが、諸収入、それから23ページ、22、23と諸収入が続いておりますけれども、記載のとおりでございますので御確認をいただきたいと思います。
 それでは総務課関係、歳出の関係、24ページからになります。下段になりますが、一般管理費から次ページに続きます財産管理費におきましては額の確定に伴います計数整理でございます。
 26ページをお願いしたいと思いますが、下段の企画費、金額につきましては27ページの積立金のところでございますが、それとその下の人づくり推進費の積立金になりますけれども、それぞれ積立金を行うための計上でございますのでよろしくお願いします。
 それから29ページになりますが徴税費、それからその下の賦課徴収費は額確定に伴いますものでございます。それから30ページの選挙費につきましても同様でございます。その下段、委託統計費等についても計数整理でございますので御確認をお願いします。
 飛びまして48ページをお願いします。上段の都市計画費の19節の負担金、補助及び交付金の関係でございますが、住宅リフォーム補助の確定見込みのものでございますけれども、実績につきましては25年度67件の支出をしてございます。
 それから、下段の消防費につきましてから次ページにわたっておりますけれども、計数整理による額確定に伴うものでございますので、御確認をお願いしたいと思います。
 最後に、58ページでございますけれども、公債費、予備費も計上してございますが、計数整理でございますので御確認をいただきたいと思います。
 総務課関係、以上です。
○議長(平林寛也君) 会計管理者。
◎会計管理者兼会計課長(白澤繁君) 会計課関係をお願いいたします。
 歳入21ページをお願いいたします。17款繰入金1項の基金繰入金です。用品調達基金の繰入金ですが、用品調達基金の運用収益の繰り入れであります。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは住民課関係、まず歳入のほうからお願いをいたします。
 14ページをお願いいたします。1目総務手数料は窓口業務の交付手数料の額の確定による増の計数整理でございます。
 15ページをお願いいたします。2目衛生手数料は、犬の登録や注射の関係確定によります計数整理でございます。
 清掃手数料の78万円は、消費税増額前に指定ごみ袋等の件数が増加によるものでふえたものでございます。
 中段になりますが、1目の民生費国庫負担金の1節中の保険基盤安定費負担金、2節児童手当費負担金は、交付額確定による減でございます。
 16ページお願いをいたします。下段でございますが、1目1節中長期残留者住居地届出等事務委託金、2目の1節の基礎年金等事務費交付金は、事務費委託金の確定による減の計数整理でございます。
 17ページお願いをいたします。1目民生費負担金の1節中の保険基盤安定費負担金、2節の児童手当費負担金は各負担金の額確定による計数整理でございます。
 次に、1目の民生費県補助金2節医療特別給付費補助金は、額の確定によります計数整理でございます。
 18ページお願いをいたします。下段1目の中の1節人口動態調査委託金は、県支出金額確定による計数整理でございます。
 飛びまして21ページ下段をお願いいたします。1目の福祉事業貸付元利収入は貸し付けがなかったための計数整理でございます。
 次の22ページ、19款の諸収入3目の雑入のうちアルミ等の売却代、これは売却代等の変更による増でございます。
 また23ページ下段から、下からの3段目、児童手当費金の過年度分は国庫支出金の過年度の精算金でございます。それから東電賠償金は放射能測定器購入の賠償金が入ったものでございます。
 続きまして、支出のほうをお願いいたします。27ページお願いをいたします。11目の交通災害共済は需用費の計数整理でございます。
 飛びまして30ページ、1目戸籍住民基本台帳費につきましては、需用費の確定の計数整理でございます。
 また飛びまして33ページ下段でございますが、28節の繰出金は国民健康保険特別会計への繰出金の確定による計数整理でございます。
 34ページ下段から35ページをお願いいたします。3目の医療特別給付費は、福祉医療費執行の確定に伴う計数整理でございます。21節は貸付金がなかったための計数整理となっております。
 下段6目の老人医療費は、後期高齢者医療特別会計の繰り出し金額の確定に伴います計数整理でございます。
 次ページの36ページをお願いいたします。下段でございますが、3目の児童措置費は支払額確定に伴います計数整理でございます。
 38ページ中段の1目国民年金事務取扱費は、協会解散によります負担金不用額の計数整理でございます。
 40ページ中段、4目の環境衛生費は事業完了に伴う計数整理、下段1目の清掃総務費は委託料の支出確定による計数整理と、ごみ収集所設置工事の額確定によります計数整理でございます。
 次ページ2目清掃費は、需用費、委託料の確定の計数整理でございます。
 住民課関係は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは福祉課関係、まず歳入のほうからお願いいたします。
 13ページをお願いいたします。上段款11項11目1の民生費負担金は、障害者関係の額の確定による減及び保育園の保育料の確定による増減でございます。
 下段款12項1目1の民生使用料は、松川荘の額の確定による増分でございます。
 飛びまして15ページをお願いいたします。下段になりますが、款13項1目1の民生費国庫負担金のうち自立支援給付費等と障害者医療費負担金は、交付額確定による増分でございます。1段飛ばしまして目2衛生費国庫負担金は、養育医療費給付費の事業確定による減額でございます。
 16ページをお願いいたします。上段からですが、項2目1の民生費国庫補助金節1は交付額確定による減額と、節2は次世代育成支援対策事業変更による減額でございます。下段目2衛生費国庫補助金は、がん検診推進事業の交付額確定による減額でございます。
 17ページ上段をお願いいたします。款14項1目1民生費負担金節1社会福祉負担金は、自立支援給付費等負担金の交付額確定による増減、1つ飛ばしまして節3は就労センターの額の確定による減額でございます。下段目1衛生費負担金は、養育医療費給付事業確定による減額でございます。下段項2目1民生費補助金節1社会福祉費補助金は、額の確定による増減でございます。
 18ページ上段をお願いいたします。節3児童福祉費補助金は、先ほど国庫補助金で事業変更となりました次世代支援対策事業が県補助金の安心こども基金事業となったための増額でございます下段目2衛生費補助金は、額確定による増額となっております。
 22ページをお願いいたします。上段でございますが、款19項3目1は就労センターの事業確定による増額でございます。
 23ページをお願いいたします。節3は地域包括支援センターの事業確定による減額でございます。
 続きまして歳出をお願いいたします。
 32ページから33ページにかけてでございます。款3項1目1の社会福祉費総務費節1から25は事業確定による計数整理でございます。うち節20の扶助費は給付費等が大幅の減となっております。続きまして目2の老人福祉費、34ページにかけてですが、事業確定によります計数整理でございます。
 35ページ中段の目4老人福祉施設費は、ゆうあい館と松川荘の実績に伴う計数整理でございます。下段目5介護保険費節19の負担金、補助及び交付金は、介護保険の広域負担金が大幅な減となっております。
 35ページから36ページにかけてですが、項2目1児童福祉費総務費、下段の目2の保育園費につきましては、実績に伴う計数整理でございます。
 37ページをお願いいたします。38ページ上段までですが、項3目2の授産施設運営費は社会就労センターの実績に伴う計数整理でございます。
 38ページをお願いいたします。下段からでございますが、款4項1目1の保健衛生総務費は実績に伴います計数整理。
 39ページから40ページにかけてですが、目2の予防費につきましても計数整理の減でございますが、主なものは節11の需用費、医薬材料費の減、節13委託料は妊婦・乳児の健康診査及び個別予防接種、健診委託料が減額となっています。また節19の負担金、補助及び交付金の妊婦・
乳児の健康診査等も減額となっております。
 40ページをお願いいたします。目3の保険センター管理費は実績に伴う計数整理でございます。
 福祉課関係、以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは経済課、歳入関係で13ページをお願いいたします。下段でございますが、款12使用料及び手数料目2農林水産業費手数料及び目3商工使用料でございますが、実績に伴います計数整理でございます。
 続いて15ページをお願いいたします。項2手数料目3農林水産業手数料は、実績に伴います増額でございます。
 続いて、18ページをお願いいたします。款14県支出金目3農林水産業費県補助金は、事業確定に伴う計数整理でございます。
 それから20ページ下段をお願いいたします。款17繰入金目2温泉施設及びふれあい交流センター整備基金でございますが、温泉施設すずむし荘の施設修繕費の額の確定に伴い基金繰入金を減額するものでございます。
 続いて22ページをお願いいたします。款19諸収入目3雑入、23ページまで続いておりますが、経済課関係4項目ほどございますが、額の確定に伴うものでございます。この中で23ページの2段目にあります指定管理者の減額でございますが、2月の大雪によります減収により、指定管理を行っております2つの施設の収入合計が4億円に達しなかったことによります施設借料加算分の減額でございます。
 続いて歳出でございますが、41ページをお願いいたします。下段になりますが、款5農林水産業費目1の農業委員会費、それから43ページの目6土地改良費までは実績に伴う計数整理でございますのでごらんいただきたいと思います。
 続いて、43ページ下段の目1林業振興費、これにつきましては次ページまで続いておりますが、実績に伴う計数整理でございますのでごらんいただきたいと思います。
 続いて、44ページ下段の款6商工費、これも次ページ、45ページまで続いておりますが、実績に伴う計数整理でございます。この中で44ページ目1商工総務費で節22補償、補填及び賠償金でございますが、制度資金借り入れ実績に伴う村補償料の減額でございます。
 それから45ページ目3交流施設総務費で、節25積立金の減額でございますが、歳入でも説明申し上げましたが、指定管理者からの施設借料の減額等によるものでございます。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは、建設水道課関係を御説明いたします。
 初めに歳入関係、13ページをお願いします。下段の12款使用料及び手数料4目の土木使用料ですが、実績に伴います公営住宅使用料の追加及びその下段道路使用料につきましても実績に伴う計数整理でございます。
 続きまして、16ページ上段の13款国庫支出金3目の土木費国庫補助金は、除雪に伴います臨時道路除雪事業費の補助金でございまして、額の確定による追加でございます。
 続きまして歳出関係、46ページをお願いします。7款土木費1項の土木管理費から47ページの下段の4項住宅費にかけまして、実績に伴う計数整理ですので、記載のとおりでございます。
 続きまして、48ページ中段の7項の施設整備費でございますが、これにつきましても実績に伴います計数整理でございます。記載のとおりです。
 建設水道課関係は以上です。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会関係をお願いいたします。
 まず歳入ですが、16ページをお願いいたします。国庫補助金の関係の目の5教育費の関係ですが、一番下になりますけれども、1学校教育費補助金の関係ですが、それぞれ確定に伴うものでございます。
 それから18ページをお願いいたします。県の補助金の関係ですが、教育費県補助金が一番下段にありますけれども、それぞれ子どもプランの関係の補助金の確定に伴うものでございます。
 飛びますが、49ページをお願いいたします。一番下から教育費の関係になります。目で言いますと教育委員会、事務局費、次のページまでわたっております。それから50ページになりますけれども、教員住宅費、スクールバス運行費それぞれございますけれども、実績に伴います計数整理でございます。
 それから、下段から小学校費が入ってまいりますけれども、次のページまでわたっております。それぞれ実績に伴う計数整理でございますけれども、51ページの一番下段、20の扶助費でございますけれども、児童就学援助費の関係が39名が対象です。それから特別支援の関係では14名が対象となっております。
 続きまして52ページになりますけれども、中学校費の関係ですが、実績に伴います計数整理でございますが、一番最後、20の扶助費になりますけれども、就学援助費の関係が36名、特別支援の関係が7名が対象となっております。
 56ページをお願いいたします。社会教育費の関係の文化財保護費から7の社会教育振興費まで、それぞれ教育委員会関係でございますが、実績に伴います計数整理でございます。
 教育委員会関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 社会教育課長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは、社会教育課、公民館関係をお願いします。
 歳入の13ページをお願いいたします。12の使用料及び手数料の一番下ですが、目5の教育使用料、次ページまでつながっておりますが、それぞれ額の確定によります増減でありますのでお願いいたします。
 飛びまして、22ページの諸収入の雑入の関係、23ページまでつながっているわけですが、社会教育の関係で生涯学習講座負担金、それから23ページの印刷機使用料、それからその下の図書館講座等の負担金につきましては、事業確定によります減でありますのでお願いいたします。
 続きまして歳出のほうをお願いいたします。
 53ページからですが、53ページ目1の社会教育総務費、同じページの公民館費、次のページの目の3の図書館費、次のページの55ページの目の4の生涯学習推進費、56ページまで続いているわけでありますが、それぞれ事業終了によります額の確定によります計数整理でありますのでお願いします。
 続きまして、57ページの目の1の保健体育総務費、目の2の体育施設費、目の3の体力増強事業費ですが、それぞれ事業終了によります額の確定によります計数整理でありますのでお願いいたします。
 社会教育課公民館関係、以上であります。お願いします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第3号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 ここで11時20分まで休憩といたします。
                               午前11時03分 休憩
                               午前11時20分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 続いて、専決第4号 平成25年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは、専決第4号につきまして御説明申し上げます。
 今回の専決補正予算につきましては、歳入額確定によりますものの計数整理、あと歳出におきましては保険給付費確定に伴う減額の計数整理及び支払基金の積み立てが主なものでございます。
 7ページをお願いをいたします。まず歳入ですが、1款1目、2目は一般と退職の国保税額の歳入の確定によります計数整理でございます。下段2款1目は督促手数料額の確定によるものでございます。
 8ページから11ページまでの3款国庫支出金、4款療養給付費等交付金、5款前期高齢者交付金、6款県支出金、7款共同事業交付金、8款財産収入、9款繰入金までにつきましては、全て額の確定による計数整理でございますのでごらんいただきたいと思います。
 それから、11ページ下段から12ページの11款諸収入につきましても、実績に伴う計数整理でございますので、お願いをいたします。
 続きまして、歳出お願いいたします。13ページお願いをいたします。
 1款総務費は、事務費の計数整理でございます。
 下段から2款の保険給付費、1項の療養諸費は、1、2目一般と退職保険者の療養給付費、3、4目は一般退職保険者の療養費及び5目は審査支払手数料の支払額確定による計数整理でございます。
 14ページ下段、16ページ中段までの2項の高額療養費、3項の移送費、4項出産育児諸費、5項葬祭諸費についても、額の確定による計数整理でございます。
 次に、3款の後期高齢者支援金等、6款介護納付金は額確定による計数整理でございます。
 17ページ7款の共同事業拠出金は、負担金額確定による計数整理でございます。
 次、中段から18ページ上段の8款の保健事業費につきましては、特定診療等の事業確定によります計数整理でございます。
 中段9款の基金積立金は、国保支払準備基金に積立金を増額するものでございます。下段から19ページ10款、11款は計数整理で記載のとおりですので、ごらんいただきたいと思います。
 なお、25年度これによりまして基金は取り崩しはないということになりましたのでよろしくお願いいたします。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 10ページの高額医療費共同事業交付金7の1の1ですけれども、金額が入がふえているわけで、予算よりも大分多くなっているなという気がするんですけど、これは歳出のほうで見ると17ページのほうだと思いますが、やっぱり高額医療費の関係は全体にふえているという傾向になってきているということですか、その辺のところをちょっと内容的な説明をお願いします。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) よろしいですか。そこにつきまして、80万以上の場合に交付がされて行われるものでございますけれども、ふえている理由といたしましてはやはり高額医療のほうがふえているという内容でございますのでお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) ふえる傾向にはあると見てきたというか、結果がそうなったということですね。はい、わかりました。ありがとうございました。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第4号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第5号 平成25年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) 専決第5号につきまして御説明申し上げます。
 今回の専決補正予算につきましては、歳入歳出とも額確定によります計数整理でございます。
 まず、5ページお願いいたします。歳入ですが、1款は保険料の額決定によります増減の計数整理でございます。
 6ページまでの2款から4款につきましても、額の確定によります計数整理でございます。
 歳出をお願いいたします。7ページになります。1款総務費は、事務確定による計数整理でございます。下段より8ページにわたりますが、3款の諸支出金、4款予備費ともに額確定に伴う計数整理でございますのでお願いをいたします。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第5号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第 6号 平成25年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは専決第6号について御説明申し上げます。
 今回の専決補正予算は、歳入歳出とも額確定によります計数整理が主でございます。
 5ページをお願いをいたします。歳入ですが、1款では新規販売がございまして、永代使用料が確定をいたしました。2款は事業確定による基金利子でございます。
 次に、歳出の6ページお願いをいたします。1目一般管理費は、事業確定に伴う需用費の計数整理を行うもので、25節で積み立てを行う内容でございます。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第6号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第7号 平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、受益者負担金、下水道使用料等の収入実績に伴う予算調整等が主な内容でございます。
 5ページをお願いいたします。歳入では下水道負担金、これが受益者負担金でございますが、下水道接続に伴う下水道受益者負担金の追加でございます。それから使用料は下水道の接続件数の増加に伴います下水道使用料の追加でございます。
 なお、下水道への接続率でございますが、26年の3月末現在で87.6%という状況でございます。それから下水道手数料、そして利子及び配当金、これらにつきましてもそれぞれ実績に伴う追加でございます。
 続きまして、6ページをお願いいたします。公共下水道整備基金繰り入れについては、使用料等の増に伴う減額調整でございます。その下、諸収入については、大町市常盤地区からの汚水流入量の増に伴う受託事業収入の追加でございます。
 それから雑入につきましては、下水道管の布設に伴います工事負担金の追加で、記載のとおりでございます。
 続きまして、7ページをお願いいたします。初めに、1目の下水道管理費は8ページの上段にかけまして下水道管渠とマンホールポンプの維持管理の実績に伴います計数整理でございます。
 その下2目の下水道施設の管理費につきましては、松川浄水苑と隣接します緑のふれあい公園の維持管理の実績に伴います計数整理でございます。下段の公債費につきましては、財源の振りかえ調整を行っております。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第7号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第8号 平成25年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは御説明いたします。4ページをお願いいたします。
 初めに、収益的収入及び支出についてでございますが、収入では水道料金が増額となっております。そのほかにつきましても、実績に伴う計数整理でございます。
 なお、25年度の1日当たりの平均給水量は約2,490立米でございました。
 続きまして、5ページをお願いいたします。支出につきましても、6ページにかけまして実績に伴う計数整理を行っておりまして、記載のとおりでございます。
 7ページの資本的収入及び支出をお願いします。収入につきましては、給水装置の新設負担金にかかわるもので、実績に伴うものでございます。下段の支出につきましても、実績に伴う減額ということで記載のとおりでございます。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第8号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第9号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の補正につきましては、公共下水道計画区域外に浄化槽を設置するための計上と、小中学校の天井の耐震改修費の設計変更に伴います委託料と工事費の変更が主なものでございます。
 5ページをお願いします。歳入の関係、上段の地方交付税51万6,000円でございますが、普通交付税を予定をしております。
 総務課関係、以上です。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それではお願いいたします。
 5ページ中段をお願いいたします。下水道計画区域外の西原区新設一般住宅に合併浄化槽の設置に対しまして補助する内容でございますが、3目衛生費国庫補助金11万7,000円が国から、2目の衛生費県補助金11万7,000円が県から補助され、6ページをお願いいたします。歳出でございますけれども、1目の清掃費総務費より75万円を設置者に補助する内容でございます。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それではお願いいたします。
 5ページをお願いいたします。一番下段になりますけれども、村債の関係です。教育債で教育施設整備事業債ということですけれども、先ほど総務課長から説明がありましたけれども、設計金額の変更に伴いまして起債660万円を小学校費、それから中学校費の関係の部分で充当額を変更しているということでございます。なお、起債の総額につきましては変更はございません。
 6ページお願いいたします。中段、教育費の関係、項2の小学校費、それから項3の中学校費それぞれ記載してございますけれども、同額をそれぞれ小学校費のほうから中学校費のほうへ増減を行っているという内容でございます。これも同じく設計費の変更に伴いましてそれぞれ小学校費、それから中学校費の13の委託料、これは工事管理費になりますけれども、また15の工事請負費それぞれ増減を行っているという内容でございますのでお願いいたします。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第9号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、報告第8号 平成25年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書についてを議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 裏面をお願いしたいと思います。
 平成25年度松川村繰越明許費繰越計算書でございます。6事業を繰り越したものの報告でございます。
 まず初めに民生費の関係でございますが、児童福祉システム改修事業ということで、子ども・子育て支援新制度法改正に伴います繰り越しでございますが、350万円全額繰り越しでございます。
 衛生費の関係でございますが、自動車用充電設備整備事業としまして道の駅寄って停に設置いたしますEV車の充電施設設置に伴います事業費586万5,000円全額でございます。
 続きまして農林水産業費、川西地区の水路改修、この関係は工事費の600万5,000円の全額繰り越しでございます。
 続きまして、商工費キャラクターグッズ作成事業としましてりん太とリンリンの縫いぐるみの作成費80万円全額繰り越しでございます。
 もう1つ商工費でございますが、プレミアム商品券の発行補助事業としまして2,260万円のうち、189万円の翌年度への繰り越しでございます。
 最後に、土木費でございますが、道路新設改良事業としまして村道1−4号線にかかります用地費と補償費、工事費で2,147万円全額繰り越しということでございますのでよろしくお願いします。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑がありませんので、以上で報告を終わります。
 続いて、議案第41号 議案等審査特別委員会に設置についてを議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。白澤議員。
◎8番(白澤富貴子君) 別紙をごらんください。
 議案等審査特別委員会に設置について。
 このことについて、松川村議会委員会条例第5条の規定により、下記のとおり特別委員会を設置するものとする。
                    記
1.委員会の名称  議案等審査特別委員会
2.設置の理由   2つの常任委員会に通ずる重要な条例や補正予算等の議案及び予算・決算を審査するため。
3.委員の定数   12名
4.設置の期間   議員の任期とする。
          なお、閉会中も必要に応じ審査を行うものとする。
 以上であります。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりました。本案は議長を除く全議員の提案でありますので、質疑、討論を省略し、採決したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。
 これより議案第41号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 それでは、ただいま可決されました議案等審査特別委員会委員に、松川村議会委員会条例第6条の規定により、議長において全議員を指名いたします。
 ここで暫時休憩します。
                               午前11時48分 休憩
                               午前11時50分 再開
○議長(平林寛也君) ここで議案等審査特別委員会の正副委員長の互選結果の報告を求めます。選考委員長、白澤議員。
◎選考委員長(白澤富貴子君) それでは、議案等審査特別委員会の正副委員長の互選結果について報告します。
 委員長、矢口あかね議員。副委員長、勝家 尊議員。副委員長、茅野靖昌議員。
 以上であります。
○議長(平林寛也君) 続いて、議案第42号 松川村消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) 議案第42号 松川村消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を次のように改正するということで、御説明申し上げます。
 改正の内容ですけれども、消防団員は村に居住する者がということで今現在なっております。今回の改正では、村内に勤務する者を追加し、消防団員確保の拡充を図ることを目的といたしております。
 第3条は任用について定めておりまして、今回の改正では第3条第1号中、区域内、松川村に「居住する者」を、区域内、村に「居住し、又は勤務する者」に改めるという内容でございます。
 第6条は分限について定めています。改正は第6条第2項第2号中、区域外、村外に「転住したとき。」を区域外、村外に「転住し、又は転勤したとき。」に改めるという内容でございます。
 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行する。
 平成26年6月11日 提出 松川村長名。
 以上であります。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第42号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第43号 松川村非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) 議案第43号について、松川村非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を次のように改正するということで、提案の説明ですけれども、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令を一部を改正する政令が平成26年3月7日に公布され、同年4月1日から施行されたことにより、村の非常勤消防団員退職報償金の支給額を別表、次ページにありますが、あのように改めるという内容でございます。
 次のページをごらんいただきたいと思います。左から3行目下段の階級、団員、勤続年数5年以上8年未満、退職報償金の支給額を20万円に改め、そのほかのところにつきましては一律5万円を引き上げるという内容でございます。
 附則といたしまして、第1項、この条例は公布の日から施行する。
 第2項で、改正後の別表の規定は、平成26年4月1日以降に退職した消防団員に適用し、同日前に退職した消防団員については従前の例によるというものです。
 第3項、平成26年4月1日からこの条例の施行日の前日までの間において、今回の別表の適用を受ける消防団員について支給されたこの条例による改正前の退職報償金につきましては、新条例、今回の条例改正に基づく内払いとするという内容でございます。
 平成26年6月11日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第43号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第44号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第2号)についてを議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の補正の主な内容につきまして御説明申し上げます。
 国の臨時給付金の支給に係るもの、それからコミュニティ助成事業採択に係るもの、それから地域営農支援事業費が主なものでございます。
 なお、給料、職員手当、共済費、賃金等につきましては職員の人事異動に伴うものでございますので、担当課長等からの説明は省略させていただきます。
 それでは、まず4ページをお願いします。
 第2表債務負担行為の補正でございますが、追加としまして安曇総合病院の再構築事業費補助金としまして平成27年から平成30年までの4年間で限度額2億円を予定をしております。若干御説明を申し上げますけれども、安曇総合病院の運営委員会また実務担当者会議によります打ち合わせで決定がされておりますけれども、近隣各自治体7市町村から総額8億円を補助するもので、そのうち松川村が2億円を補助していく内容でございますので、よろしくお願いします。
 なお、この財政的支援につきましては、厚生連のほうから5年以内でという要望を受けておりますが、村としましては4年間、今の段階では4年間で2億円という内容で計上してありますのでよろしくお願いします。
 それでは、総務課関係、7ページをお願いします。
 まず歳入でございますが、上段地方交付税34万2,000円ですが、普通交付税を予定をしております。
 次ページをお願いします。上段の県支出金土木費委託金15万2,000円でございますが、都市計基礎調査委託金としまして事業決定に伴います追加計上でございます。
 1つ飛びまして、下段の雑入の関係になりますが、総務課関係、消防団員の退職報償金113万7,000円ですが、退職者確定に伴います計上。
 その下、コミュニティ助成事業、地域活動助成事業、それからコミュニティ助成事業費等負担金、それぞれ360万円、300万円、19万9,000円の計上でございますが、宝くじ交付金決定に伴う計上と、一番最後の負担金でございますが、地元区の負担金を計上してございます。
 続きまして、歳出の関係になります。
 次ページの下段をお願いします。総務費の6目財産管理費4万円でございますが、保険料として計上してございますが、フォークリフト、公用車購入に伴います保険料の計上、その下、企画費113万円でございますが、備品購入費としての計上でございます。一般コミュニティ事業としまして主に緑町区の子供みこし代でございます。
 それから、自治振興費251万9,000円ですが、需用費として1万8,000円、これは宝くじ助成事業のシール代、続きまして備品購入費250万1,000円でございますが、一般コミュニティ事業各区への備品購入をする計上でございます。
 飛びまして、17ページをお願いします。中段から下の関係でございます、都市計画費15万2,000円の先ほどの県の交付決定に伴います財源振替分、一財を県費のほうに振り返る内容でございます。
 その下、8款の消防費の非常備消防費95万3,000円ですが、退団者の確定に伴います恩給及び退職年金の計上でございます。
 その下、消防設備費106万7,000円でございますが、備品購入費としまして消防団のライフジャケット30着、それから操法用の分断のホース25本の購入費でございます。
 次ページをお願いします。災害対策費217万2,000円でございますけれども、需用費としまして4万2,000円は先ほどの宝くじのシール代の計上、それから備品購入費213万円でございますが、地域防災組織育成助成事業の交付決定に伴います各区への配分としましての計上でございます。
 総務課関係、以上です。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは、住民課関係、お願いします。
 7ページ中段、お願いいたします。歳入ですが、2目の民生費国庫補助金の3節中の子育て世帯臨時特例給付金給付費補助金は、事業費補助金として1,350万円、事務費補助金として121万8,000円が国から手当されるものでございます。
 続いて、13ページの歳出をお願いいたします。4目子育て世帯臨時特例給付金給付費の節の内容でございますけれども、時間外手当等で9万9,000円、申請発送等の事務で臨時職員等の賃金として12万1,000円、申請用の用紙代、封筒の印刷代等で需用費として36万1,000円、電話料、郵券代として19万5,000円、それから44万5,000円を委託料として電算システムを整備いたしまして、あと対象者1,350名と見込みまして給付金を1,350万円支出を予定させていただく補正でございます。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは、福祉課関係お願いいたします。
 歳入からお願いいたします。
 7ページ中段をお願いいたします。款13項2目2節2の臨時福祉給付費補助金2,150万でございますが、内訳としまして臨時福祉給付金の事業費補助金としまして2,000万、事務費補助金としまして150万、内容については歳出のほうで細かく説明させていただきます。
 その下、款14項2目1節1の社会福祉費補助金135万3,000円でございますが、長寿社会づくり事業費交付金として県より採択を受けました。
 続きまして歳出、11ページをお願いいたします。款3項1目1節1の報酬を書いてございますが、6,000円ですが、子ども子育て会議の委員の報酬でございます。これは来年の4月から新しく子ども支援法に伴ってやるための会議の委員の会の増ということでお願いいたします。
 その下へいきまして、節の12の役務費の5万2,000円、そして18の備品購入費7万1,000円でございますが、7万1,000円の備品購入費でですね、今回職員で聴覚に障害のある職員があるために携帯の端末を用意しまして、それに伴って役務費の中で通信運搬費として5万2,000円として5,200円掛ける10カ月という形で使用する予定のものでございます。
 その下、目2の老人福祉費でございます。節11の需用費18万6,000円、消耗品費でございますが、先ほど入で受けました長寿社会づくり交付金の中でアンケートや高齢者宅の訪問、またはそれぞれに使うコピー代やその他消耗が11の需用費、続きまして12ページにいきまして役務費で3万円、通信運搬費等でございます。先ほどの前段の賃金の中にもその長寿社会づくり交付金の部分は入ってございます。
 19負担金、補助及び交付金の737万9,000円の減額でございますが、地域包括支援センターの事業負担金ということで社会福祉費を社協のほうから来ていただいていまして、社協のほうに払っていたものでございますが、社会福祉士に社協の者が1名退職しまして、その後うちの村の職員のほうで社会福祉士で勤めているために減額となるものでございます。
 1つ飛びまして、目の7臨時福祉給付費でございます。節の3から始まりまして職員手当等、これは先ほど言いました福祉給付金の職員の時間外等でございます。7の賃金はそれに伴って臨時職員をお願いするものでございます。11の需用費は42万7,000円は消耗品費や印刷製本費、12の役務費は20万1,000円は通信運搬費、13の委託料52万8,000円はシステムの環境整備事業でございます。19の負担金、補助及び交付金につきまして2,000万でございますが、この臨時給付金としまして約1,600名ということの見込みの中で1万円と加算金5,000円の方が800名見込む中のものでございます。
 福祉課関係、以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは経済課、歳入関係、7ページをお願いいたします。
 7ページの下段でございますが、款14県支出金、目3農林水産業費県補助金、節2農業費補助金1,234万円の増額でございますが、まず経営体支援事業1,077万5,000円につきましては、今年の2月の大雪によります被災しました農業施設の撤去、再建費用等への国・県の助成金と、あと認定農業者への機械導入助成でございます。
 次の新規就農・経営継承総合支援事業でございますが、150万円の増額でございますが、新規就農者1名分の追加内示によるものでございます。
 次の集落ぐるみの捕獲実践事業6万5,000円は県単事業で、急増しますイノシシ、ニホンジカによる農作物被害の減少を図るため、集落での捕獲体制の推進を図るため、捕獲個体のとめ刺し経費に対する補助でございます。
 それから目4の商工費補助金、節1観光費補助金96万4,000円の増額でございますが、ちひろ公園内のトイレ改修工事補助金の追加内示によるものでございます。
 続いて、8ページの下段をお願いいたします。款19諸収入目3雑入で、説明欄の一番上の維持管理適切化事業負担金30万7,000円の増額でございますが、本年度新規採択となった2地区の地元負担金でございます。
 続きまして、歳出関係になりますが、15ページをごらんいただきたいと思います。15ページ、款5農林水産業費、目3農業振興費621万9,000円の増額でございますが、節11需用費1万円、それから節18備品購入費235万5,000円につきましては、米の生産調整の中で需要がふえております酒米の保管庫として村の収蔵庫を従来の米倉の機能を生かした利用要望が村内の農業法人からあり、収蔵庫の利活用と農業振興を図るため、米の搬入搬出用のフォークリフト1台、保管用のパレット70枚を備品購入費として、それからフォークリフトの燃料代を需用費として計上するものでございます。
 続いて、節13委託料13万円の増額につきましては、県の補助を受け電気柵未整備の西原地区鳥獣害防止協議会へ集落ぐるみの捕獲実践事業を委託するものでございます。
 節19負担金、補助及び交付金で負担金372万4,000円の増額でございますが、有害鳥獣対策協議会の負担金14万円につきましては、西原地区で現在行っております電気柵設置事業で緩衝帯整備事業費の増額分でございます。
 それから、その下の大北地区猟友会への負担金286万円につきましては、本年度大町市へ建設されるライフル射撃場の村負担分でございます。
 目4の地域営農支援事業費、節19負担金、補助及び交付金1,519万7,000円の増額でございますが、経営体育成事業補助金1,369万7,000円は歳入で申し上げましたが、国・県の助成を受け2月の大雪で被災した農業施設の撤去、再建費用への補助及び認定農業者への機械購入補助をするものでございます。
 交付金で150万円の増額でございますが、青年就労給付金受給者1名分の追加分でございます。
 目6土地改良費、節19負担金、補助及び交付金294万5,000円の増額ですが、県農地・水・環境保全地域協議会への負担金217万7,000円の増額につきましては、国の制度が農地・水保全管理支払いから多面的機能支払いに変わり、共同活動に新規事業と組みかえ事業が創設され、その実施に伴う不足分を計上するものでございます。
 16ページをお願いいたします。維持管理適正化事業賦課金76万8,000円の増額でございますが、本年度2地区が新規採択されたことによる賦課金の増額分でございます。
 続いて、款6商工費、目2観光費、節19負担金、補助及び交付金10万円の増額でございますが、県の元気づくり支援金事業として安曇野松川村農家民宿連絡協議会が行う農家民泊事業で、就学旅行生へ村のPR用に松川産の米等を入れる土産用袋製作への補助でございます。
 目3交流施設総務費、節15工事請負費192万8,000円の増額ですが、県補助金の追加内示を受けちひろ公園内のトイレ改修工事でトイレの洋式化を図るものでございます。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは、建設水道課関係を御説明いたします。歳出のみの補正となります。16ページをお願いいたします。
 16ページ下段の7款土木費1目の道路橋梁総務費67万1,000円の追加でございます。これにつきましては、繰り越しの補助事業に伴います設計、それから施工管理等にかかわります土木振興事業費負担金の追加でございます。
 続きまして、17ページ中段の1目住宅管理費180万4,000円の追加でございます。村営住宅の受水槽ポンプが老朽化してまいりまして、それに伴います修繕料の計上でございます。
 建設水道課関係は以上です。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会関係をお願いいたします。
 歳入の8ページをお願いいたします。中段になりますけれども、財産収入の関係で土地建物貸付収入14万3,000円ですが、収蔵庫貸付料といたしまして酒米の保管料を計上してございます。1俵133円で1,000俵分、あと消費税分を上乗せしてこの金額を算出してございます。
 18ページをお願いいたします。教育費の関係で、まず教育委員会費の関係ですが、1報酬1万5,000円の増額です。保健嘱託医ということで小学校5年生の背骨湾曲の検査のための医師報酬の計上でございます。
 続きまして、2の事務局費の関係、総額79万8,000円の増額ですが、まず節の8報償費33万2,000円、講師謝礼ですが、中学校の放課後学習ボランティア、それから夜間の学習ボランティアさんへの報償費でございます。
 11需用費34万円の増額ですが、消耗品費14万円でございますが、特別支援教育のための教材等の購入でございます。その下、修繕料でございますが、水路に水路危険という水路注意看板がございますけれども、老朽化をしてきたということで15枚の張りかえを行う関係で20万円。それからら12の役務費7万円ですが、保険料、傷害保険料でございますが、学習ボランティアさんのそれぞれの保険料を計上してございます。
 続きまして、3の教員住宅費の関係ですが、工事請負費32万4,000円でございますが、校長住宅のエアコンを設置したいということで、それぞれ2軒ございますので2台分を計上してございます。その下、スクールバス運行費11需用費40万7,000円の計上でございますが、消耗品費16万円、これはスタットレスタイヤを2本購入するものでございます。それから修繕料としまして24万7,000円の計上でございますが、ヒーター等の修理でございます。
 それからその次のページ、19ページになりますけれども、小学校費の学校管理費の関係でございます。総額186万7,000円の計上でございますけれども、7の賃金37万2,000円でございますが、小学校の講師がけがをしたということで、その代替管理人の部分で計上をしてございます。
 それから、11需用費144万5,000円ですが、消耗品費の5万1,000円につきましては小学校の耐震工事の事務費を計上してございます。それからその下、修繕料でございますけれども、校庭の北西のところにフェンスがずっと住宅の間にございますけれども、老朽化をしてきたということで張りかえをお願いする139万4,000円でございます。それから12役務費5万円ですが、通信運搬費、これも小学校耐震工事の事務費を計上してございます。
 それからその下、中学校費の関係でございますが、まず学校管理費11需用費110万1,000円の計上でございますが、まず消耗品費5万1,000円、これは耐震化工事の事務費を計上してございます。修繕料といたしまして、中学校の少人数学習棟のところに渡り廊下がございますけれども、そこのところにコンパネ等を張ってございます。それが老朽化をしてきたということで、その張りかえと、それから柱がさびてきている部分がございますので、その塗装をお願いするものでございます。105万円の計上でございます。続いて、12役務費5万円でございますが、通信運搬費、これは耐震化工事の事務費でございます。
 次のページをお願いいたします。目の下から2番目、6の収蔵施設管理費でございます。総額50万2,000円の計上でございますが、収蔵庫を酒米の保管施設として貸し出すため、それぞれの整備と、それから民俗資料の整理部分でございます。
 まず7賃金6万1,000円、これは民俗資料整理に伴いますはがき発送、台帳整理、立ち合い等でございます。12役務費1万1,000円、通信運搬費ですが、民俗資料の整理のためのはがき代として計上してございます。13委託料15万円、これは収蔵庫の整理、移転、それから廃棄する場合についての部分の処分費を計上してございます。15工事請負費28万円ですが、保管施設のために中央扉前の段差解消、それから進入部分のコンクリート打ち、鍵、それから作業中のネズミ返しの設置でございます。
 一番下のページになりますけれども、社会教育振興費24万円の増額でございます。下のほうの説明になりますけれども、子ども教室が現在、小学校の王鳳館で授業を行っているわけですけれども、王鳳館の集会部分が耐震化工事を行うということで、6月の中旬より9月末まで工事期間中、旧公民館を利用して子ども教室を開催したいということで、旧公民館のそれぞれの修理等の関係でございます。
 まず11需用費24万4,000円ですが、光熱水費、これは電気、上下水道代で14万4,000円、修繕料としましてトイレ等がちょっと若干問題がある部分がございますので10万円の修理費。それから13委託料2万円ですけれども、消防施設点検業務1回分を計上してございます。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 社会教育課長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは社会教育課公民館関係をお願いします。
 歳出のほうだけですので、20ページのほうをお願いします。
 目2の公民館費ですが、11の需用費29万3,000円ですが、中央公園の池、それから通路の舗装の関係にしみでひび割れが出ておりますので、それを修繕するものです。
 目4の生涯学習推進費ですが、10万円の増ですが、生涯学習センターの陶芸釜の煙突の修繕等に伴う増でありますのでお願いいたします。
 社会教育課関係、以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。草間議員。
◆9番(草間正視君) 私のほうから1つ、ちょっとお聞きしたいと思います。予算については何ら異存はございません。ただ16の財産収入のところでですね、第2倉庫の件でございますが、今あそこの倉庫のところは中区のふれあい公園と、それから緊急時の避難場所の指定されております。それでその中で酒米の搬入等、倉庫利用が9月から2月までということでございますが、トラックの出入りして非常に子供さんに危険を及ぼすんじゃないかということと、もし地震などの災害時に備えて避難場所の代替地等を考えているのかということと。れから、米蔵のあの管理だとかそういったものは今後どのような形でされるのかということと。
 それから、もう1つは私の私見的な意見でございますが、現地を見たときにあの西側に道路がありますけれども、あの道路から非常に広い公園ですのでフェンスか何かかって子供さんを守り、西側の道路のほうから公園に出入り口、避難場所にできないのか、その辺をちょっとお聞きしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) まず、子供の安全対策の関係でございますが、その質問に答える前に保管利用の計画の関係をお話を申し上げたいと思いますが、酒米1,000俵、これは60キロ入りのものですが、を保管するものでございますけれども、搬入につきましては9月の上旬から、それから中旬に収穫した酒米を輸送業者が1日2トン車で2台ぐらいを予定しているということで、使用頻度はそんなにないかなと思いますが、それから搬出につきましては9月から2月まで週1回程度でございますが、酒造会社が2トントラックで搬出を予定しておるということでございます。
 それから、あと搬入、搬出に要する時間は、これはパレットで米体を乗せてきますので、それの積みおろしをするということで30分程度を見込んでおりますので、特に頻繁に出入りをして子供さんの安全対策的なものについては、使用者に特に注意喚起をしてまいりますのでお願いをしたいと思います。
 それから、あと管理の関係でございますけれども、搬入、搬出の都度、鍵を貸し出しまして、あと米の保管については使用者が責任において行っていく予定をしておりますのでお願いしたいと思います。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 避難地の関係のことにつきまして回答申し上げます。
 旧第2倉庫の関係で耐震補強をする前にですね、緑町中区と協議をしておりまして、平成23年度に区長さんのほうに村の指定避難地の追加ということで、耐震補強する前で倒壊の危険があるんではないかという御指摘に対しまして、村としましては児童公園のほう1,227平米ほどございますが、そちらのほうを村として避難地を指定して追加をしておりますので、そちらも耐震補強の後も指定をしてございますので、そちらのほうにも避難ができるという内容でございます。
 またですね、中区の避難方法につきましては、中区の皆さんそれぞれ指定をしていると思うんですけれども、第1避難所としましてそれぞれ自治組長単位で決められておると思いますが、2次避難所としまして中区の自主防災会のほうからお聞きしているところによりますと、以前の資料でございますが、第1ブロックでコミュニティ緑町に204人、第2・第3・第4ブロックとしましてやすらぎ公園のほうに153人、137人、161人、それから第5ブロックとしまして村中の集会所113人といったことでお聞きをしております。
 その後、自主防災会のほうにお任せをしておりますので、十分中区の避難場所としては今の段階でクリアされていると思います。また非常時には西友さんの駐車場を使っていいということで指定はしてございませんけれども、もそういった回答もいただいておりますので、中区の区長さんのほうに当時伝えてございますので、十分対応できる範囲の面積は確保できるというふうに考えております。
 ですので、今の進入路の関係ですとか、そういった部分は経済課と調整する中で、十分今の段階でクリアできるというふうに考えておりますのでよろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) よくわかりました。ただ、そういった説明が区にきちっとされていないというようなことが耳に入ってきましたので、ちょっとその点、区のほうにきちっと説明していただくようにお願いをしたいと思います。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 暫時休憩。
                               午後 0時25分 休憩
                               午後 0時26分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 議員おっしゃられたとおり、区のほうへ詳細を説明してまいりたいと思いますのでお願いいたします。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 今度、子育ての世帯の臨時特例給付金、それから福祉の関係と2つあって要綱をいただいてあるわけなんですけれども、12ページのほうの臨時福祉給付金19の節のところで予定していますが、これは期間はいつまでということになりますか。要綱の中で子育てのほうは27年3月31日限り効力を失うということで要綱ができていましたけど、福祉のほうのはそのことの決めがなかったので起算日だけあったので、その辺のところをちょっとお聞きしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 全国一律で決まっておりまして、同じように来年の3月31日までであります。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第44号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第45号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは御説明を申し上げます。今回の補正につきましては、人事異動等に伴う職員の人件費の追加でございます。
 5ページをお願いいたします。歳入では、5款繰入金1目公共下水道整備基金繰入金116万4,000円の増額でございます。
 6ページへまいりまして、歳出でございますが、1目の下水道管理費及び下水道施設管理費ともに人件費の追加でございます。
 2款の公債費2目利子につきましては、人件費の増額に伴います財源充当の調整で財源振替を行っております。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第45号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第46号 平成26年度松川村水道事業会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは御説明申し上げます。
 2ページをお願いいたします。今回の補正でございますが、人事異動に伴う人件費の補正を行うものでございます。収益的収入及び支出におきまして、3目の総係費の人件費にかかわる部分の追加を行うものでございます。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第46号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第47号 平成26年度学校施設環境改善交付金事業松川小学校天井耐震工事の契約の締結についてを議題とし、提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) それでは、議案第47号について説明をさせていただきます。
 次のとおり請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求める。
                    記
1.契約の目的  平成26年度学校施設環境改善交付金事業 松川小学校天井耐震工事
2.契約の方法  一般競争入札
3.契約金額   1億1,718万円
4.契約の相手方 長野県北安曇郡松川村5721番地750
株式会社 岡谷組 大北営業所
所長 西澤 敏幸
 ということで、本日提出であります。細部につきましては総務課長より答弁をさせますのでよろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の契約につきましては、まず受注が受注希望型競争入札を行いました。長野県内に本社または支店がある者に対しての受注型競争入札でございます。5月の8日に開札をいたしました。株式会社岡谷組大北営業所につきましては、同額でございましたが、くじ引きにより決定をしてございます。なお、応札者は4者でございました。
 ちなみに、予定価格に対しましての落札率でございますが、95.69%でございます。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第47号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第48号 平成26年度学校施設環境改善交付金事業松川中学校天井耐震工事の契約の締結についてを議題とし、提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) 議案第48号にも、先ほどの47号と同じでありますけれども、お願いをいたします。
 次のとおり請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求める。
                    記
1.契約の目的  平成26年度学校施設環境改善交付金事業 松川中学校天井耐震工事
2.契約の方法  一般競争入札
3.契約金額   6,804万円
4.契約の相手方 長野県北安曇郡松川村5721番地750
株式会社 岡谷組 大北営業所
所長 西澤 敏幸
 本日提出ということでございます。細部につきましてはこれも総務課長のほうから答弁をさせますのでよろしくお願いをいたします。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) こちらも先ほどと同様、長野県内に本社または支店がある者を対象に、受注型競争入札を行いまして、4者の応札がございました。株式会社岡谷組大北営業所が落札をしたわけですが、予定価格に対しましての落札率は87.93%でございます。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第48号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
△日程第6 請願・陳情の委員会付託
○議長(平林寛也君) 続いて、日程第6 請願・陳情の委員会付託を行います。
 お手元に配付の請願・陳情についてを議題とします。
 ただいまから請願・陳情を各委員会に付託します。
 まず、請願について
 件名 集団的自衛権についての憲法解釈変更をしないよう関係機関に意見書を提出することを求める請願
 請願者 松川村5724−335、年金者の会代表 井川 恵右
 紹介議員は、上田治美議員です。
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 続いて、陳情ですが、
 件名 TPP決議の実現を求める意見書の採択について(依頼)
 陳情者 大町市大町3091−1大北農協協同組合代表理事組合長 山田 高司
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 件名 松本支部における労働審判の開設について
 陳情者 長野市妻科432、長野県弁護士会会長 田下 佳代
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 件名 子ども・障がい者等の医療費窓口無料化を求める意見書提出についての陳情
 陳情者 大町市俵町1600−2、大北生活と健康を守る会会長 太田 欽三
 この件を、社会福祉文教常任委員会に、
 それぞれ付託したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、以上の件は各常任委員会にそれぞれ審査を付託します。
 これで、本日の日程は全て終了しました。
 これにて散会をします。
 大変御苦労さまでした。
                               午後 0時44分 散会