議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成20年第 3回定例会−09月11日-01号




平成20年第 3回定例会

                会  議  日  程

 ┌──────┬──┬────────┬────────────────────────┐
 │ 月  日 │曜日│会      議│      予          定       │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │ 9月11日│ 木 │本   会   議│一般議案審議、19年度各会計決算上程・提案説明 │
 │      │  │        │補足説明                    │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   12日│ 金 │本   会   議│各会計決算総括質問、決算特別委員会の設置・付託 │
 │      │  │        │請願・陳情等委員会付託、全員協議会       │
 │      │  │        │一般質問通告午後1時締切            │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   13日│ 土 │休      日│松川神社秋季大祭                │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   14日│ 日 │休      日│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   15日│ 月 │休      日│敬老の日                    │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   16日│ 火 │委   員   会│決算特別委員会                 │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   17日│ 水 │委   員   会│決算特別委員会                 │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   18日│ 木 │委   員   会│決算特別委員会(まとめ)            │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   19日│ 金 │本   会   議│一般質問                    │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   20日│ 土 │休      日│小学校運動会                  │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   21日│ 日 │休      日│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   22日│ 月 │本   会   議│一般質問                    │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   23日│ 火 │休      日│秋分の日                    │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   24日│ 木 │本   会   議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
 └──────┴──┴────────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 議案第35号 松川村公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第36号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第37号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
 議案第38号 字の区域の廃止について
 議案第39号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第2号)
 議案第40号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 議案第41号 平成20年度松川村老人保健特別会計補正予算(第1号)
 議案第42号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第43号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第1号)
 議案第44号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第45号 平成19年度松川村一般会計歳入歳出決算書
 議案第46号 平成19年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書
 議案第47号 平成19年度松川村老人保健特別会計歳入歳出決算書
 議案第48号 平成19年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書
 議案第49号 平成19年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計歳入歳出決算書
 議案第50号 平成19年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書
 議案第51号 平成19年度松川村水道事業会計決算書

 議案第52号 決算特別委員会の設置について

 議案第53号 平成19年度まちづくり交付金事業松川村多目的交流センター建設工事の変更請負契約の締結について
 議案第54号 平成20年度都市公園等統合補助事業松川中央公園整備工事第3工区の請負契約の締結について
 議案第55号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第3号)
 議案第56号 ミニマムアクセス米に関する意見書

 報告第15号 平成19年度各会計決算について
 報告第16号 私立高校に対する大幅公費助成をお願いする陳情書
 報告第17号 「協同出資・協同経営で働く協同組合法」(仮称)の速やかな制定について意見書の提出を求める陳情
 報告第18号 燃料、肥料、飼料、農業資材等の価格高騰に対する緊急対策を求める陳情
 報告第19号 ミニマムアクセス米の輸入停止を求める陳情



                 請願・陳情一覧表

 陳情
┌─────┬────────────────────┬──────────────────┐
│受付年月日│      件       名      │      陳  情  者      │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 20. 7.30 │私立高校に対する大幅公費助成をお願いする│塩尻市広丘高出2081         │
│     │陳情書                 │中信地区私学助成推進協議会     │
│     │                    │会長 浜 行雄           │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 20. 8.21 │「協同出資・協同経営で働く協同組合法」 │松本市城東2-6-17ハイツリラ101号室  │
│     │(仮称)の速やかな制定について意見書の提│協同労働ネットワークながの     │
│     │出を求める陳情             │相良 孝雄             │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 20. 9. 4 │燃料、肥料、飼料、農業資材等の価格高騰に│安曇野市豊科高家3313        │
│     │対する緊急対策を求める陳情       │農民運動長野県連合会中信農民センター│
│     │                    │組合長 倉橋 芳和         │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 20. 9. 4 │ミニマムアクセス米の輸入停止を求める陳情│安曇野市豊科高家3313        │
│     │                    │農民運動長野県連合会中信農民センター│
│     │                    │組合長 倉橋 芳和         │
└─────┴────────────────────┴──────────────────┘



             平成20年松川村議会第3回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│9月19日(金)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │10│白 澤 富貴子│1 村長の政治姿勢           │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │ 4 │渡 邉 尚 省│1 後期高齢者医療制度実施後の問題点  │村長     │
│  │  │       │2 松川農業の直面する課題について   │村長     │
│  │  │       │3 南神戸区騒音問題          │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │ 5 │平 林 寛 也│1 村内各施設の老朽化対応及び指定管理者│村長     │
│  │  │       │  制度導入について          │       │
│  │  │       │2 食育の実施計画について       │教育長    │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 4 │ 6 │横 沢 喜 造│1 食育と学校給食           │村長・教育長 │
│  │  │       │2 森林整備事業            │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 5 │ 8 │河 内 國 治│1 松川村学校給食センターへの取り組みに│教育長    │
│  │  │       │  ついて               │       │
│  │  │       │2 生ゴミの堆肥化による燃えるゴミの削減│村長     │
│  │  │       │  について              │       │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│9月22日(月)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 6 │ 3 │榛 葉 良 子│1 子育て支援について         │村長     │
│  │  │       │2 村長の政治姿勢           │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 7 │12│佐 藤 節 子│1 19年度決算と今後の取り組みについて│村長     │
│  │  │       │2 勤労者互助会制度の活用について   │村長     │
│  │  │       │3 安心・安全の村づくりについて    │村長     │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘



           平成20年松川村議会第3回定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬─────────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成20年9月11日                   │
├──────────┼─────────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                      │
├──────────┼───┬────────────────┬───┬────────┤
│開閉会日時     │開 会│平成20年 9月11日 午前10時00分 │議 長│甲斐澤   明 │
│          ├───┼────────────────┼───┼────────┤
│及び宣告      │散 会│平成20年 9月11日 午後 3時40分 │議 長│甲斐澤   明 │
├──────────┼───┼────────┬───┬───┼───┴────┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏      名│出 欠│議席?│氏      名│出 欠│
│          ├───┼────────┼───┼───┼────────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │甲斐澤   明 │ ○ │ 7 │新 村 久仁男 │ ○ │
│          ├───┼────────┼───┼───┼────────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │平 林 源 起 │ ○ │ 8 │河 内 國 治 │ ○ │
│          ├───┼────────┼───┼───┼────────┼───┤
│   凡例     │ 3 │榛 葉 良 子 │ ○ │ 9 │矢 口 弦八郎 │ ○ │
│          ├───┼────────┼───┼───┼────────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │渡 邉 尚 省 │ ○ │ 10 │白 澤 富貴子 │ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼────────┼───┼───┼────────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │平 林 寛 也 │ ○ │ 11 │井 上 直 昭 │ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼────────┼───┼───┼────────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造 │ ○ │ 12 │佐 藤 節 子 │ ○ │
├──────────┼───┴────┬───┴───┼───┴────┬───┴───┤
│会議録署名議員   │6番      │横 沢 喜 造│7番      │新 村 久仁男│
├──────────┼────────┼───────┼────────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長    │丸 山 正 芳│書記      │西 澤 なつみ│
├──────────┼────────┼───────┼────────┼───────┤
│          │村長      │平 林 明 人│総務課統括課長補│白 澤   繁│
│          │        │       │佐       │       │
│          ├────────┼───────┼────────┼───────┤
│          │副村長     │奥 野 勝 久│環境福祉課統括課│白 沢 庄 市│
│法第121条により説│        │       │長補佐     │       │
│          ├────────┼───────┼────────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長     │綱 島 幸 男│        │       │
│          ├────────┼───────┼────────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長    │西 澤   勇│        │       │
│          ├────────┼───────┼────────┼───────┤
│   全員出席   │会計管理者兼  │鈴 木   智│        │       │
│          │会計課長    │       │        │       │
│          ├────────┼───────┼────────┼───────┤
│          │環境福祉課長  │平 林 秀 夫│        │       │
│          ├────────┼───────┼────────┼───────┤
│          │経済課長    │伊 藤 勇 二│        │       │
│          ├────────┼───────┼────────┼───────┤
│          │建設水道課長  │茅 野 英太郎│        │       │
│          ├────────┼───────┼────────┼───────┤
│          │公民館長    │後 藤 拓 男│        │       │
├──────────┼────────┴───────┴────────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり              │
├──────────┼─────────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり              │
├──────────┼─────────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり              │
└──────────┴─────────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 議案第35号 松川村公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第36号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第37号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
 議案第38号 字の区域の廃止について
 議案第39号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第2号)
 議案第40号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 議案第41号 平成20年度松川村老人保健特別会計補正予算(第1号)
 議案第42号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第43号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第1号)
 議案第44号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第45号 平成19年度松川村一般会計歳入歳出決算書
 議案第46号 平成19年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書
 議案第47号 平成19年度松川村老人保健特別会計歳入歳出決算書
 議案第48号 平成19年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書
 議案第49号 平成19年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計歳入歳出決算書
 議案第50号 平成19年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書
 議案第51号 平成19年度松川村水道事業会計決算書



                               午前10時00分 開会
○議長(甲斐澤明君) おはようございます。ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成20年松川村議会第3回定例会を開会します。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定をいたしました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(甲斐澤明君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、6番 横沢喜造議員、7番 新村久仁男議員を指名いたします。
△日程第2 会期の決定
○議長(甲斐澤明君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等につきましては、議会運営委員会において審議がされておりますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(平林源起君) (報告)
○議長(甲斐澤明君) 議会運営委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) これで議会運営委員会委員長報告を終わります。
 お諮りします。本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から9月24日までの14日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から9月24日までの14日間と決定をいたしました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(甲斐澤明君) 日程第3 村長あいさつを願います。村長。
◎村長(平林明人君) おはようございます。
 本日、ここに平成20年第3回定例議会を開催をいたしましたところ、議員皆様方には大変お忙しい中、全議員の出席をいただきましたことに厚く感謝を申し上げます。
 さて、平和と友好の祭典・北京オリンピックは8月24日閉幕となりましたが、日本選手の活躍は私たちに大きな感動を与えてくれました。東京が再び開催地として手を挙げておりますけれども、開催地となりますことを皆様とともに願いたいというように思います。
 国内の経済情勢は、8月月例経済報告によりますと、景気は弱含んでいるということでありますけれども、そんな中、福田首相が突然の辞任で大変驚かされているわけでありますけれども、一日も早く安定した日本を世界に見せてほしいというように願っているところであります。
 続きまして、最近の村政等の状況について若干申し上げます。
 まず、ボイス81北安曇地域会議についてでありますけれども、9月8日に大町合同庁舎で3巡目となるボイス81の北安曇地域会議が行われました。大北全市町村では、農業と観光の振興による地域活性化と広域観光の振興について要望をいたしました。松川村といたしましては、地域高規格道路の事業促進と企業誘致についてお願いをしてまいりました。地域高規格道路につきましては、近くルートが発表されると聞いておりますが、私どもが要望しております高瀬川右岸堤防道路となることを強く願っているところであります。
 その次に、多目的交流センターの進捗状況でありますけれども、6月中旬に2階部分の鉄筋型枠が立ち上がり、8月末には2階部分の屋根が施工され、全体の姿が見えてまいりました。進捗率でありますけれども、8月末現在で約40%となっております。全体行程のとおり工事は順調に進んでおります。
 これからは、ホール部分の屋根、外壁の施工へと進んでまいります。建物の内部では給配水、電気設備等の施工が行われております。
 また、多目的交流センター及び中央公園の愛称につきましては、9月29日に開催される愛称選考委員会にて決定をされる予定であります。
 なおキャノピー、玄関前のひさしでありますけれども、附属施設の増し工事につきましては、定例会最終日に契約議決をお願いする予定としております。
 続きまして、松川中央公園でありますけれども、保健センター南の第2工区は、一般競争入札を実施し、8月より工事に着手をしております。また、多目的交流センター施設の周りの部分を含めた第3工区の一般競争入札の開札を9月4日に実施をいたしました。要件審査を行い落札者が決定しましたので、仮契約を締結いたします。
 なお、予定価格が5,000万円を超えるため、定例会の最終日に契約議決をお願いする予定でありますので、よろしくお願いいたします。
 次に、村防災総合訓練でありますけれども、8月31日に村の総合防災訓練を行いました。村内15区2,610名の住民の皆様に参加をしていただきました。そして、区単位の訓練を実施をいたしました。役場では全職員を中心に大規模地震発生による災害イメージをし、図上シミュレーション訓練を行いました。参加者には真剣に取り組んでいただきましたが、この訓練が訓練だけで終わることを切に願っているところであります。
 続きまして、駐在所移転改築の要望でありますけれども、駅前信号機横の土地を借りるめどが立ったため、9月4日に正副議長さんとともに県会議員の同行を願い、21年度駐在所の改築を県警察の生活安全部長に要請をしてまいりました。住民の強い希望でありました駅前交番にはなりませんが、駐在所の移転改築に明るい見通しがつきました。
 なお、この駐在所につきましては、できるだけ大きなものをつくっていただき、交番にすりかわることができるように、特に要望をしてまいりました。これについては笑っていまして、うんということは、返事はいただけませんでしたけれども、これからも強い要望をしてまいりたいというように思います。
 次に、広島平和記念式典への中学生参加についてでありますけれども、8月6日は広島県平和記念公園で毎年行われている広島平和記念式典に、初めて中学生の代表4名を派遣いたしました。参加した生徒の作文は、広報まつかわ9月号を掲載をいたします。また、松葉祭で全校生徒に報告してくれるとのことであります。今後もこの派遣につきましては継続してまいりたいというように思います。
 続きまして、響岳太鼓子供チームほかの活躍についてであります。信濃国松川響岳太鼓子供チームは、8月24日に行われました日本太鼓ジュニアコンクール長野県大会において見事優勝をいたしました。来年3月22日に浜松市で行われる総務大臣杯、文部科学大臣賞第11回日本太鼓ジュニアコンクールに出場できることになりました。日ごろの練習の成果と思いますけれども、さらに練習に磨きをかけ臨んでいただきたいというように思っているところであります。
 このほか、スポーツ面におきまして子供たちは県大会を勝ち、上部大会に出場する者が多くなっており、相変わらず元気であります。私ども大人も子供に負けないよう頑張らなくてはと思っているところであります。
 続きまして、医療制度改革についてであります。この4月から始まった医療制度改革に伴い、特定健診、特定保健指導が保険者に義務づけられました。村では国保加入者を対象に、特定健診を6月から行っております。特定健診対象者は1883人のうち受診された方は783人で、人間ドック受診予定者124名がいますけれども、想定すると受診率は48.2%の見込みであります。本年度の目標受診率が45%でありましたので、達成できる見込みであります。
 なお、受診者には結果説明を行い、今後は対象者の特定保健指導に力を入れてまいります。また、受診をされなかった方につきましても訪問等を行い、今後の受診率向上に努めることにより、被保険者の健康に寄与し、医療費の節減に努めたいというように思っているところであります。
 次に、敬老祝い金でありますけれども、今月15日は敬老の日であります。各地区で敬老会が実施されているところでありますけれども、敬老祝い金条例に基づく本年度の対象者は、80歳が90名、88歳が32名、99歳は2名と、合計124人で、昨年より1名減となっております。多年にわたり社会の進展に寄与していただきましたことに敬意を表すとともに、ますます御健康でお過ごしいただきたいと思っているところであります。
 88歳と99歳のお宅を環境福祉課長とともに回りまして、直接祝い金を手渡してまいりました。あともう2人が残っておりますけれども、時間を見て、あと2人のところへ回りたいというように思っております。
 次に、米の作況概況でございますけれども、関東農政局長野農政事務所が先月28日にまとめた水稲の8月15日現在の作況概況は、中信地域では平年並みが見込まれております。5月、6月の低温などで生育がおくれましたけれども、7月以降に晴天が多かったため、出穂最盛期は県平均では平年より2日早い8月8日となりました。例年のことながら収量を心配しておりましたけれども、まずは豊作ではないかということの中で、ほっとしているところでございます。
 しかし、あってはならない事故米転売、三笠フーズ、浅井、大田産業が、今報道で騒がれておりますけれども、これから特に注意をしていかなければならないと思うところであります。私どもが皆さんとともに進めております地産地消については、これは安全・安心ということでありますので、もう少し強く住民の皆さんに訴えていかなければいけないかなあというように思っているところであります。
 次には、クマの出没状況でありますけれども、今年度も現在までに県の許可のもと、個体数の調整によりまして5頭を駆除し、さらにもう1頭の捕獲を申請しております。目撃状況につきましては現在までに9件あり、防災無線で周知をしております。
 今年はクマのえさとなるコナラなどの実が不作傾向ということでありまして、クマの里への大量出没が予想されますので、安全対策につきましては、緩衝帯などの環境整備を積極的に行い、目撃情報があった場合は、速やかに防災無線で周知するとともに、教育委員会、地方事務所とも連絡を取り合って、安全確保を図ってまいりたいというように思います。
 次は、クリスタルシンフォニーについてであります。8月23日の夜間、ちひろ公園ですずむしとりが観光協会の主催で行われました。公園にすずむしを放し、親子ですずむしとりの体験をしていただくイベントで、多くの親子の参加がありました。30日は、すずむしコンサートなどのイベントを予定しておりましたけれども、あいにく雨天のため本年は中止ということになりました。
 次は、9月6日の豪雨災害についてであります。9月6日の集中豪雨によりまして、川西地区を中心に土砂が流出し、林道及び農地などへの堆積による災害が発生いたしました。現在、最低限の復旧工事は対応済みでありますけれども、復旧に係る経費につきましては最終日に提案させていただく予定にしておりますので、よろしくお願いをいたします。
 次は、国営アルプスあづみの公園大町・松川地区のことについてであります。大町・松川地区公園工事は、来春の一部開園に向けて進められているところでありますが、主な施設の1つであります林間トレイル工事は、鋼材の急激な値上がり等によりまして入札、工事ともに予定よりおくれているとのことであります。このおくれを踏まえながら開園時期を決定しますけれども、林間トレイル工事完成後での開園となる見通しでありまして、若干、開園の予定がおくれるとの説明が公園側からありました。
 これにつきましては、この工事が完成する前に開園をしないで欲しいということを、私の方からもお願いをしてまいりました。若干工事についておくれるのは仕方がないじゃないかというように申し上げてあります。
 次は、上緑町工業団地への誘致企業等についてであります。東京アート株式会社の用地になる造成工事はほとんど終了いたしました。また、操業する会社名は、株式会社あづみ野ビバレッジと決まりました。9月19日にはJA大北アプロードにおきまして、ハローワーク大町が主催をして面接相談会が開催されます。9月2日村内回覧文書でお知らせをしておりますが、希望者は参加いただきたいというように思います。10月の末には起工式というか、地鎮祭が予定をされているというように話を聞いております。
 続いて、本日上程いたします議案は17件であります。概要を若干申し上げます。
 議案第35号 松川村公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例は、公益法人制度の改正に伴い改正するものであります。
 議案第36号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例は、地方自治法の一部を改正する法律の成立により、議員の報酬に関する規定の整備に伴い改正するものであります。
 議案第37号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例は、株式会社日本政策金融公庫法等の成立に伴い改正するものであります。
 議案第38号 字の区域の廃止については、2名の廃止申請に基づき、22筆等を廃止するものであります。
 議案第39号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第2号)は、6,131万4,000円を追加しまして、総額を43億109万5,000円とするもので、主なものを申し上げますと、歳入は地方交付税2,817万4,000円、雑入など諸収入2,052万円で、歳出は商工費2,318万8,000円、総務管理費、徴税費など総務費1,535万4,000円、社会福祉費など民生費988万4,000円、社会教育費など教育費が550万9,000円の追加であります。
 議案第40号から議案第44号までは、平成20年度各特別会計補正予算でありますが、前年度の精算や繰越金の確定等が主な内容であります。
 議案第45号から議案第51号までは、平成19年度松川村一般会計歳入歳出決算書及び各会計決算書であります。いずれも議案提案時には各担当課長等に説明をいたさせますので、御審議をいただきまして御承認、御議決をいただきますようお願いを申し上げます。
 以上を申し上げまして、開会のごあいさつとさせていただきます。長い期間でありますけれども、どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 村長あいさつを終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(甲斐澤明君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(丸山正芳君) 朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.穂高広域施設組合議会第1回臨時会
  開催期日  平成20年7月22日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長
  審議事項等 ・平成19年度一般会計補正予算の専決処分報告
        ・平成20年度一般会計補正予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり承認並びに可決。
 2.高瀬広域水道企業団議会8月定例会
  開催期日  平成20年8月19日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長
  審議事項等 ・平成19年度会計決算の認定
        ・監査委員の選任
  審議結果等 決算を認定。
        監査委員に大町市代表監査委員の山下好隆氏を選任。
 3.北アルプス広域連合議会8月定例会
  開催期日  平成20年8月26日、27日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長、佐藤議員
  審議事項等 ・副広域連合長の選任
        ・平成19年度各会計歳入歳出決算の認定
        ・平成20年度各会計補正予算
  審議結果等 副広域連合長に池田町勝山町長を選任。
        各会計決算を認定。
        各議案を原案のとおり可決。
 4.松川村上下水道委員会
  開催期日  平成20年8月29日
  出席議員  河内議員
  審議事項等 ・村長から諮問のあった平成19年度松川村上下水道事業会計決算について審議
  審議結果等 諮問内容に異議のない旨を決定し、9月3日に村長へ答申。
        答申では、今後とも使用料等未収金の回収と経費の節減に努め、経営の効率化を図られたい旨を要望。
 以上です。
△日程第5 議案の上程
○議長(甲斐澤明君) 日程第5 議案の上程を行います。
 議案第35号 松川村公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、御説明を申し上げます。
 議案第35号 松川村公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例を次のように改正するという内容でございます。
 今回の条例改正につきましては、公益法人制度改革による法律改正に伴いまして、条例の改正をお願いするものでございます。法律の題名が「公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律」が、その中の「公益法人等」が「公益的法人」というふうに改正をされております。
 このため、題名の公益的法人への改正。
 また第1条、第2条中の「公益法人等」を「公益的法人等」というふうに改める内容でございます。
 また、第9条につきましては、商法の改正によりまして有限会社が廃止されたことに伴いまして、有限会社を削除する内容でございます。
 附則、施行期日でございますが、平成20年12月1日から施行する。これは公益法人等への法律の改正の施行が12月1日ということによるものでございます。
 附則2及び3につきましては、法律の改正に伴い関係する条例を改正するものでございます。内容は、先ほど御説明をいたしました条文中の「公益的法人等」というふうに直す内容でございます。
 2としまして、松川村職員定数条例の改正につきましては、条文中の法律の題名の改正です。
 3としまして、松川村職員の分限に関する条例の改正につきましても、同様に条文中の法律の題名の改正、また条文中の有限会社を削除する改正でございます。
 平成20年9月11日提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第35号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第36号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 議案第36号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を次のように改正する。
 今回の条例の改正の内容につきましては、地方自治法の一部改正がございまして、法改正の趣旨でございますけれども、改正前の地方自治法では、議員の報酬の支給方法等が附属機関等の委員の報酬と同じように規定されていたという内容で、委員等の規定から分離をするという内容でございます。そのため名称を「議員報酬」という言い方に改められております。このため、この条例につきまして、議員の報酬に関する規定を整備する内容でございます。
 題名、また第1条の見出し、それから1行下になりますけれども、第1条、それから第2条関係、ずっと行きまして第5条第3項中までの関係の中で、「報酬」というふうに規定されている部分をそれぞれ「議員報酬」というふうに改める内容でございます。
 附則、施行期日でございますが、この条例は公布の日から施行する。
 2としまして、松川村特別職報酬等審議会条例につきましても、自治法の改正に従いまして、同様に「村議会議員の報酬」を「村議会議員の議員報酬」に改める改正でございます。
 平成20年9月11日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第36号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第37号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(白澤繁君) それでは御説明させていただきます。
 議案第37号です。松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例です。
 今回の改正につきましては、政府の政策金融改革によりまして、本年10月から国民生活金融公庫が株式会社日本政策金融公庫となることに伴いまして、本条例の第3条第2項中ただし書きの部分を改正するものです。
 附則、この条例は平成20年10月1日から施行する。
 平成20年9月11日 提出 松川村長名。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) ただいまの説明をしたのは、総務課の統括課長補佐でした。
 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第37号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第38号 字の区域の廃止についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 議案第38号 字の区域の廃止について。地方自治法第260条第1項の規定により、本村内の字の区域を別紙のとおり廃止するというものでございます。
 今回の字の廃止につきましては、個人2人からの申請がございまして、字が入り組んでいるため合筆等ができず支障が出ているという理由によるものでございます。地方自治法の規定によりまして、議会の議決をお願いする内容でございます。
 次のページをお願いをしたいと思います。
 別紙 字の区域の廃止調書でございます。この内容、字赤芝9筆、それから字東川原10筆、字森重3筆の地番を記載してございます。2つの区域の字につきまして廃止をするものでございます。また、区域内にいわゆる赤線が存在しておりますので、4番におきましてその部分を特定をしております。
 前のページに戻っていただきたいと思います。
 平成20年9月11日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) これは合筆に必要なことなので、当然やっていかなければいけないと思いますが、今後こういうことが、きちっと申請があった場合にはどんなようにしていくのか、今後の見通しについてお知らせいただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 同様の理由によりまして、村の方には数名の方から御要望といいますか、要望書が出ております。この関係で、同様な理由等によりまして村の方に字の廃止ということで申請がございました場合につきましては、村の方で審議をいたしまして、字の廃止が適当であろうという場合につきましては、また議会の方に字の廃止につきまして議案を提出する予定でございます。
 なお、出していただく場合につきましては、年1回ということでお願いをしていきたいと思っております。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第38号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第39号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入につきましては地方特例交付金、地方交付税、臨時財政対策債等の補正が主なものでございます。また、歳出につきましては総合行政情報費、それから徴税費、温泉施設及び寄って停等の管理費等の補正が主な内容となっております。
 5ページをお願いいたします。第2表地方債補正でございます。起債の目的ですが、臨時財政対策債、補正前が1億4,000万円を補正後450万円増額いたしまして、1億4,450万円とする内容でございます。起債の方法、利率、償還の方法につきましては変更はございません。
 8ページをお願いいたします。それでは、総務課関係につきまして御説明申し上げます。歳入でございます。
 一番上段になりますけれども、目の1地方特例交付金226万8,000円の増額でございます。これは児童手当特例交付金、また減収補てん特例交付金、それぞれ決定額ということで通知を受けている内容でございます。すみません、それから児童手当特例交付金につきましては527万5,000円、減収補てんにつきましては739万3,000円ということで決定を受けております。
 それから、その下の目の1特別交付金23万円の減額でございます。これは減税補てん特例交付金の廃止に伴う経過措置分でございまして、見積もりより減額となりまして、77万円の決定額ということでございます。
 その下、地方交付税でございます。2,817万4,000円の増額でございます。20年度決定額におきましては、13億5,710万3,000円が決定額となっております。
 それから、次のページをお願いいたします。9ページ、下から2つ目になりますけれども、県支出金の委託金の目1総務費委託金でございます。特例処理事務交付金ということで決定が来ておりまして、6万9,000円の減額となっております。
 その下ですが、寄附金の目の2ふるさと応援寄附金16万9,000円の増額でございます。3件分の寄附がございまして、17万円が現在では寄附が来ているという内容でございます。
 次のページをお願いいたします。3段目になりますけれども、繰越金でございます。123万5,000円の減額ですけれども、前年度繰越金ということでお願いをいたします。
 それから、その下の雑入でございます。総額では2,052万円の増額となっておりますが、総務課関係では右側の2段目になりますけれども、消防団員安全装備品等助成金でございまして、消防団員公務災害補償共済組合の方から50万円、防寒衣を購入するということで決定を受けた内容でございます。
 その下につきましては、広域連合負担金還付金ということで、平成19年度の負担金の精算が行われまして、還付金総額この金額で来ているという内容でございます。
 その下になりますけれども、私用電話料等ということでほかですが、55万7,000円の収入の増でございます。
 それからその下、村債の臨時財政対策債450万円を増額するという内容で、決定額という内容でございます。
 次のページ、12ページ歳出でございます。
 まず総務管理費の関係、目1の一般管理費、すみません、その前に人件費等につきましては扶養手当、それから超過勤務手当の関係でございますので、各担当課長の方からは説明を省略させていただきたいと思います。
 一般管理費でございますけれども、12役務費35万2,000円ということで通信運搬費、私用電話料等の増額等もございまして、増額をお願いする内容でございます。
 目の3広報費183万8,000円の増額でございます。13委託料でございますけれども、内容はホームページ更新委託ということで、全面的にデザインをリニューアルして、わかりやすい内容にしていきたいというものでございます。
 目の6財産管理費6万6,000円の増額でございますが、11需用費、燃料費でバス等の燃料費の増ということでお願いいたします。
 7の企画費16万9,000円の増額でございます。内容につきましては、先ほど収入の方で御説明いたしました、ふるさと応援寄附金3件分の積み立てでございます。
 13総合行政情報費662万2,000円の増額でございます。13委託料、14使用料及び賃借料の内容でございますけれども、平成21年10月より、年金から個人住民税の特別徴収を実施するということになっております。この実施に当たりまして、社会保険庁と村のデータ交換につきましては、地方税電子化協議会を経由機関といたしましてL−Taxにより実施するということになっております。この関係で13委託料、これはOAサポート料としまして613万2,000円の増額をお願いするものでございます。内容はL−Taxのプログラム導入費、また村システムの改修費、パソコンの保守料を計上しております。14の使用料、賃借料これはOAシステム使用料49万円を計上してございます。L−Taxシステムの利用料、それからパソコン3台分のリース料ということで、補正をお願いしている内容でございます。
 その下の、徴税費の1税務総務費31万6,000円の増額でございますが、先ほど御説明申し上げました19負担金補助交付金の中で、地方税電子化協議会データ経由機関への負担金ということでお願いをいたします。
 それから、次のページになりますが、目の2賦課徴収費850万円の増額でございます。23償還金利子及び割引料の関係で、村税還付金ということになっております。個人住民税の還付金として増額をお願いする内容でございます。今回の還付の対象者になる方につきましては、退職等の理由によりまして、平成19年の所得が減って所得税が課税をされないということによりまして、税源移譲によりまして所得税の税率が当然下がっているわけですけれども、その影響が受けられない、個人住民税の負担増だけが生じた方ということが対象になります。この方につきましては、平成19年度分の住民税から税源移譲により増額となった住民税相当額を減額し、税を納付済みの方につきましては還付をするということでございますので、お願いをいたします。
 それから、下の方の選挙費関係でございます。農業委員会委員一般選挙費248万円の減額でございます。次のページの14ページまでそれぞれ続きますけれども、農業委員会委員の選挙が無投票となったため、それぞれ節につきまして不用額を減額しているという内容でございます。
 19ページをお願いいたします。2段目になりますが、都市計画費の目の2公園費28万1,000円の増額であります。13の委託料で15万6,000円の増額でございますけれども、公園管理業務ということで、中央公園の方ちょっと草が大分出てきたということで、除草作業の増額ということでお願いをしたいと思います。
 それから、その下の消防費、3の消防施設費344万2,000円の増額でございます。11需用費の関係でございますが、消耗費340万円、これは先ほどの収入の方の雑入のところで御説明いたしましたけれども、消防団員の防寒衣200着を購入する内容でございます。
 それから、その下の燃料費、消防自動車等の軽油代ということで4万2,000円の燃料費の補正をお願いする内容でございます。
 総務課関係は以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、環境福祉課関係を御説明申し上げます。
 まず、歳入の部8ページをお願いします。
 13款国庫支出金1目の民生費国庫補助金ですが、55万8,000円の増額をお願いするものですが、障害者自立支援対策臨時特例交付金ということで、自立支援給付に充用するものでございます。歳出で御説明申し上げます。
 それから、10ページをお願いします。17款の繰入金1目の老人保健特別会計繰入金3,000円の増額をお願いするものですが、平成19年度の精算分として計上してございます。
 それでは、歳出13ページをお願いします。
 2款総務費1目の戸籍住民基本台帳費15万7,000円の増額のうち、11節需用費で印鑑登録証1,000枚分の消耗品をお願いするものでございます。
 次ページの14ページをお願いします。3款1目の社会福祉総務費274万8,000円のうち8節の報償費、11節の需用費、20節の扶助費、それぞれ歳入での国庫の補助金100%を充用するものでございますが、8節では講師謝礼、自立支援啓発のための講演会の講師分、それから11節では啓発のためのパンフレット200部の作成費、それから20節ではケアホーム、重度障害者支援体制強化として2名分の計上で、それぞれ8万円、2万円、45万9,000円を計上するものでございます。次ページ、23節の償還金利子及び割引料ですが、224万6,000円となっておりますけれども、平成19年度の自立支援給付費の返還金を計上するものでございます。
 続きまして、4目の老人福祉施設費ですが、23万円の増額ですが、11節の需用費、松香荘の申請書用紙の印刷代、それから12節の役務費4万4,000円、これはマット、モップの取りかえとしまして、プールから脱衣所へ向かいます脱衣所が、どうしても水着の垂れでぬれてしまうということで、給水マットを追加するものでございます。それから18節の備品購入費13万9,000円ですけれども、松香荘の大会議室が床暖がないということで、冬場寒いということで、ホットカーペットを購入したいということで、18畳分を計上するものでございます。
 それから、6目の老人医療費340万7,000円でございますが、28節の繰出金としまして老保の特別会計へ支出するものでございます。
 続きまして、2項1目の児童福祉総務費36万円のうち13節委託料3万円、それから15節工事請負費48万9,000円ですけれども、未満児室の床がじゅうたん老朽化のため、1部屋ですけれども、張りかえるための設計監理、それから工事費の計上でございます。
 それから、2目の保育園費313万9,000円増額のうち、7節の賃金313万9,000円ですが、臨時職員としまして、途中入園等で保育士不足によります増額でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは経済課関係、9ページ中段、歳入の方をお願いいたします。
 14県支出金、目2農林水産業費県補助金、2の農業費補助金115万6,000円の増額ですが、農地・水・環境保全向上活動推進交付金につきましては、事業実施に伴います村事務費の増額10万4,000円でございます。
 米の数量調整円滑化推進事業では、米の目標数量配分事務費補助金としまして77万2,000円を今回計上するものでございます。
 強い園芸産地育成事業補助金につきましては、JAが事業主体になりまして、リンゴの新わい化栽培を推進するための補助金28万円の計上でございます。村負担はございません。
 続きまして、10ページ中段をお願いいたします。17繰入金目4温泉施設及びふれあい交流センター整備基金の関係ですが、すずむし荘の施設にかかわる修繕費と工事請負費への基金繰り入れでございます。
 続きまして下段になりますが、19諸収入目3雑入の中の維持管理適正化事業負担金でございますが、これは新規採択されました南神戸水路の地元負担金38万4,000円でございます。総延長は380メートルでございます。
 続きまして、11ページ上段をお願いいたします。同じく雑入の関係で節3の寄って停まつかわ事業収入ですが、売り上げ増に伴いまして売店関係の地場産品販売収入を1,670万4,000円増額するものでございます。
 続きまして、歳出の関係、16ページをお願いいたします。
 目1の農業委員会費ですが、1報酬8報償費につきましては、委員増に伴いますそれぞれの増額でございます。11需用費につきましては、遊休農地解消に向けました農地パトロール用の腕章、それと同じく農地パトロール用の車用マグネット板の購入が主な内容でございます。
 目3の農業振興費では、歳入の方で御説明いたしましたが、作業効率のよい低樹高化を目的としました新わい化栽培を推進するため、台木の購入などへの補助金28万円の計上でございます。台木はM9ナガノという台木でございます。
 目4の地域営農支援事業費につきましては、財源振替です。
 目6の土地改良費ですが、農地・水・環境保全向上対策事業の関係で、事務費としまして消耗品費8万9,000円と通信運搬費10万円、それぞれ増額するものでございます。また、19負担金補助及び交付金では、こちらの方も歳入で御説明いたしましたが、新規採択されました南神戸水路の地元と村の負担金96万円の計上でございます。
 続きまして、17ページをお願いいたします。上段になりますが、目1林業費の関係では、11需用費の関係で、公用車のガソリン代、燃料費21万8,000円の計上増額でございます。
 続きまして、款6商工費目3交流施設総務費では、11の需用費20万1,000円の増額ですが、灯油の高騰に伴いますセピア安曇野の灯油代の増額でございます。15工事請負費33万6,000円の増額ですが、こちらは、ちひろ公園内、池があるわけなんですが、そちらのタイルの補修工事に伴う計上でございます。18備品購入費3万9,000円につきましては、こちらもセピアの西側の敷地内にあります池の循環用水中ポンプ購入に伴います増額でございます。19負担金補助及び交付金1万1,000円の増額ですが、こちらは協定に基づきます西部山麓の水路工事に伴う村負担金でございます。また、25節の積立金112万1,000円の減額につきましては、すずむし荘の燃料費の増額に伴います調整でございます。
 目4の温泉施設管理費では、こちらは灯油の高騰に伴います、すずむし荘燃料費1,193万7,000円の増額でございます。
 続きまして、目5寄って停まつかわ管理費でございますが、11需用費では売店部門の収入増に伴いまして、お土産などの仕入れの増額1,169万3,000円と、灯油の高騰に伴います燃料費32万5,000円の増額でございます。続きまして、ページが変わりまして18ページ、こちらの上段になりますが、13委託料につきましては、レジスターの再リースに伴います保守点検業務として、今回40万2,000円計上するものでございます。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、建設水道課関係をお願いいたしたいと思います。
 18ページをお願いいたします。款7の土木費項2の土木橋梁費1目の道路橋梁総務費でございますが、大北5市町村によります地域高規格道路のルート決定前に伴うPR旗といたしまして2万8,000円の負担金をお願いするものでございます。
 2目の道路維持費につきましては、13の委託料10万円、それから17の40万円、用地代でございますが、村道改良に伴います東松川区、東細野区、2地区に伴う増額をお願いするものでございます。
 3項の河川費1目の河川総務費の負担金の2万6,000円でございますけれども、事業割負担金の確定に伴うものでございます。
 それから、4項の住宅費1目の住宅管理費、需用費で修繕料50万円を増額をお願いするものでございますけれども、5月の点検の折に、村営住宅の屋根がわらの損傷ということで緊急工事を行いました。このため、今後の見込みの入退居者に伴います修繕の増額をお願いするものでございます。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 続いて、総務学校課関係をお願いいたします。
 8ページをお願いいたします。歳入の関係ですけれども、一番下の段で、4目の教育費国庫補助金で今回50万円の追加をお願いいたします。この内容につきましては、理科教育の施設整備費の補助事業の新規採択によるものでございます。
 それから、歳出の関係で20ページをお願いいたします。
 一番上の段の1目の教育委員会費で3万6,000円の追加をお願いいたします。これは、私立幼稚園の就園奨励費補助金ということで、申請による増ということで追加をお願いいたします。
 それからその下、2目の、これ中学校費なんですけれども、教育振興費で63万4,000円の追加をお願いいたします。先ほど歳入の方で申し上げましたように、理科教材の補助事業の決定によりまして追加をお願いするものでございます。
 それから、21ページの真ん中ですけれども、5目の文化財保護費で5万円の追加をお願いいたします。この内容につきましては、現在の公民館の後利用に伴う改修の設計を委託するものでございます。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) それでは、公民館関係をお願いいたします。
 20ページでございます。歳出ですが、1目の社会教育総務費の関係でございますが、1報酬でございますが、社会教育委員の報酬でございます。多目的文化交流センター等の開設に伴います審議増によりまして追加するものでございます。それから、9の旅費につきましては、本年度全国の社会教育研究大会及び県大会等が長野で実施されるという形の中で、役員も兼務をしてございますので、それに出席するために計上するものでございます。
 それから2目の公民館費につきましても、報酬につきましては、公民館運営審議会の委員の報酬でございますが、先ほどと同じく多目的文化交流センターの審議等に伴います増でございます。それから11の需用費につきましては、修繕料でございますが、公民館のトイレ等の修繕で9万7,000円でございます。
 それから、21ページの4目生涯学習推進費につきましては、11の修繕費でございますが、359万5,000円でございますが、ルーラル公園の複合遊具の修繕ということで、これは村の一斉点検によりまして改修が必要だということで、安全基準等によりまして改修をしていきたいと、そういうことでございます。それから、14節の使用料及び賃借料につきましては、使用料音響設備賃借料でございますが、今までのカラオケ機器の会社等が業務をやらないという形になりまして、新たな会社との契約の中で差額分を計上するものでございます。
 それから一番下になりますが、2目の体育施設費でございますが、それぞれスポーティープラザ、かぶろ会館、南部会館等の水銀灯の消耗品を購入する金額でございます。15万2,000円でございます。
 以上であります。よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。矢口議員。
◆9番(矢口弦八郎君) 経済課長さんにお願いしたいんですが、10ページ基金繰り入れ500万、説明では、すずむし荘の修繕にという言い方をされましたけれど、この財源を使う歳出は、17ページの温泉施設管理費1,011万のその他財源というのの中へ入っているんですが、説明の方では燃料費だけしか書いてないんですけれど、ここの辺の関係はどうなっているんですか。燃料費だけで1,000万円使うということになれば、この基金を崩して500万円をどこへ入れているか、ちょっと説明してください。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) 500万円につきましては、当初から施設、ボイラー等も含めた中での修繕ということで計上をしておりました。そちらの方を、当初基金からの繰り入れは考えていなかったわけなんですが、今回こういう状況になりましたので、基金から充当していくという内容でございます。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) そういった関係での財源振替でございます。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) まず12ページですけれども、OAシステムのサポート料とか、いろいろ総合行政情報費の中で増額になっているんですけれども、契約先が変わって、内容も変わって、その辺のところいろいろ新しくなって容量も大きくなりながら、こういうふうにしていただくのはとってもいいことだと思いますが、金額的には今までとどんなふうに違うのかなということが見えませんので、その辺のところを教えていただきたいと思います。
 それから、17ページの商工費の中ですけれども、19の負担金補助及び交付金の中の、構造改善による第2号ポンプの水利費ということで1万1,000円上がっていますが、これ構造改善第2号ポンプ水利費というのは、当初予算にはどういうふうになっていたのか。西原の耕地とどんなふうにこの話がされているのか、そこら辺のところをお聞かせいただきたいと思います。
 それから、21ページですけれども、教育費の社会教育費の中の文化財保護費の中に、今、教育長の方から説明がありました設計の委託料の5万円が入っていますけれども、ここに進めていき、今後どんな形で進めていくのか。それから方法等について、ワークショップなどで相当議論もされたりしてきている経過がありますので、村民に周知して進めるのにはどんな方法をお考えなのか、お聞かせください。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 総合行政情報費の関係でございます。この関係につきましては、年金から住民税を特別徴収するということで、そのデータ交換が当然必要になるということでございます。その関係で、1つは地方税電子化協議会というのが中間に入って、社会保険庁と市町村の間に入って、データ交換の取りまとめをしていくというのが1点でございます。
 それから、これL−Taxということで、これは全国の県とか、それから主な政令指定都市が現在では加入をしている、この地方税電子化協議会というものがあるんですけれども、そこで最終的にはASPというプログラムを購入して、そのプログラムをつくってデータ交換をしていくという部分で、高額な金額ですが、プログラムが530万円ほどかかるという内容です。それから、村側のものが当然改修が出てきますけれども、現状ではパソコンを3台導入しまして、そのデータ交換のために使用していくという状況になろうかと思います。
 これが、そのL−Taxのプログラムの関係につきましては、全国で7社ほど業者がいるという関係ですけれども、ほとんどの長野県につきましては、株式会社電算が担当しているということで、各県内の市町村の金額につきまして、今のところこの同額だということを聞いております。
 また、このパソコンを導入するということなんですけれども、現状今、株式会社電算の方で既存の村のパソコン等端末を利用できないかというような検討がしていますけれども、今のところでは現状一番かかる金額ということで計上をさせていただいております。
 なお、来年21年の10月から、住民税の特別徴収が始まるということになっておりますので、今の段階では早めに対応したいということでお願いをする内容でございます。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは、構造改善第2ポンプの関係でお答えをいたします。この関係につきましては、平成7年の西原構造改善第2ポンプ水利組合と村との協定がございました。その協定に基づきまして、西部山麓水路改修組合、これは昨年から西部地区の水路改修を行っておりますが、そちらへの平成20年度分の賦課金、これは該当面積、それと工事費10アール当たりを掛けた金額がこの金額になります。
 なお当初予算での計上というお話ですが、昨年度の実績ということでの内容でございましたので、当初予算では計上してありませんでした。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員いいですか。
◆10番(白澤富貴子君) もう1つあります。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) それでは、21ページの文化財保護費の5万円についてお願いをしたいと思います。今の公民館につきましては、新しく多目的交流センターが完成をしましたら、いわゆる民俗資料、安曇節資料、それから遺跡関係の資料の保管展示スペースとして活用していきたいというふうに考えております。これにつきましては、今までワークショップ等で話し合いが持たれたわけなんですけれども、その中で、この公民館の後利用についてはワークショップの皆さんの御意見はいただきながらも、収蔵庫、あるいは就業センター、公民館、総合的に考える中で、こちらの村の方で一定の方向を出してほしいということになっているかと思います。そういった中で進めてまいりました。
 この住民に対する周知の方法なんでございますけれども、今まではこの活用方法について、村の文化財審議会、あるいは民俗資料委員会等にお話をしてございます。それと今後ですけれども、村にパブリックコメントの実施要綱がございます。こういったものも使いながら、住民の方にPRしていけばどうかなというふうに考えております。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 最初に、総務課長の方から教えていただきましたそのレタックス530万ほどのものとか、L−Taxですか、そういう新しい機器を入れていかなきゃいけないということで、これは国の政策上、それからやるという法律ができながら来ているので、このことについて、やっぱり財源の中で全部一般財源でやらなきゃいけないのか、それはどういう形で国から補てんされているのか。やはり、それからこれについて今後これを膨らませていけばいいのか、もう少し内容の充実を図るとか、またその都度お金がかかるのか、その辺のところをお聞きしたいと思います。
 それからこの情報の中で、これは情報の交換をするという部分だと思いますけれども、もうちょっと今後膨らませて、村の方から申請とか、全体的な内容をもっと情報の共有ができるようにしていく方向があるのかもお聞かせください。
 それから、公民館の方で、今、教育長さんに御説明をいただきましたその件ですけれども、あれですかね、これは今年3月に条例で決まりました文化財の関係の委員さんは、まだ今できていないのかいるのか、その辺のところと、その方たちのお考えをどんなふうに入れて、文化活動にこれから反映してくのか。その辺のところ、行政の方ばかりではなく、やっぱり文化財審議会の方も検討をされているそうですけれども、その辺のところ、もうちょっと詳しくお聞かせをいただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) まず財源につきましては、現在のところ国からの補助金というのはないというふうには伺っていますが、全国的な話ですので、今後出てくる可能性はあるかもしれないというような状況でございます。
 それから、これにつきましてはL−Taxを使いまして、20年度の給与支払報告書につきましては電子化で送られてくるということで、民間の方がこれに対応して、旧法を今まで紙ベースでありましたけれども、電子化でデータで送ってくるということが可能になるということです。
 それから、将来的にはこのL−Taxを使いまして、大きな都市につきましては住民税の申請、国税のe−Taxですか、それと同じような状況で取り組んでいるところもあるというふうには聞いております。ただ、村の方につきましては、まだそこまで対応の方が進んでいませんので、今後これについては全国的な組織で入ってくるというふうに、ほぼ2年後にはすべての団体が加入するだろうというふうには言われておりますけれども、大分これを使いまして、いろんなことができるというような状況にはなってくるだろうというふうに思っております。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 今まで民俗資料、それから安曇節資料、そして遺跡関係の資料、これについていろいろかかわってきていただいた委員さんに、機会あるごとにこの内容について、こういった利活用の方法でという話はしてございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員いいですか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 3月に予算を盛って、今後検討するということで、文化財関係、それからいろいろ今後の生涯学習にもかかわると思う状況の委員の名目を条例化したわけですが、そのことについて、今そのこととの関連がまだお話しいただいていないので、お聞かせください。
○議長(甲斐澤明君) 暫時休憩します。
                               午前11時14分 休憩
                               午前11時18分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開します。
 答弁お願いします。教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 今年の3月に村の予算の中で盛ってあります委員につきましては、新しく来年竣工いたします多目的交流センターの活用、例えばホールだとか、図書館だとか、そういった部分の活用についてサポート、検討していただく委員でございます。したがいまして、今回の公民館の後利用についての専門の委員ではございません。そういったことでお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質問ありますか。佐藤議員。
◆12番(佐藤節子君) お願いします。歳出20ページですが、そんな大きな質問じゃないんですけれども、先ほど公民館長の方から、款9教育費、それで社会教育費の中で旅費等について、今年は社会教育委員のその生涯学習大会みたいなものがあるんだというお話でしたけれど、いつどこであるのか、できれば議会議員も社会教育については、皆さんと一緒に勉強できればいいかなあといつも思っていたもんですから、ちょっとわかれば教えてください。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) すみません、全国大会につきましては29日から31日の3日間で、10月の29日から31日の3日間で長野市の方で予定をしてございます。
 社会教育委員等の中にも役員としてのお手伝いをして、長野で開かれるということで、万全を期していくということで参加をしていきたいと、そういうふうに思っております。
 よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 先ほどの21ページの文化財保護についての問題ですけれども、既にここに委託料を出したということは、この間説明いただきました利用方法について、十分の村民の意見も吸い上げ、そして周知もしながら、もう決定ということで、ここに計上したということで、そういう認識でよろしいでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) 村長。
◎村長(平林明人君) 前から公民館、就業改善センター等の後の利用については、早急に考えなければいけないということの中で、庁内でもそれについて、全協の中でもお話ししましたが、6回ほど検討いたしました。そういう中で村の意見をまとめましたので、議会の皆様にお話をさせてもらったと、そういうことで、村としましては来年の3月末をもって、2月末で多目的交流センターが竣工しますので、できるだけ早く開館ができますようにということで、こちらの中にある備品等については運び込みたいと。そうすると、余りあけておくとまずいということの中で、できるだけ早くやりたいということで、これは最終的には村民の皆さんの理解を得なければいけないわけですけれども、決定権は前から言っておりますように、ワークショップの意見は聞きますが、議会の皆様の意見を聞いて私が判断をさせていただきますということを言っております。そういう中で、この前議会の皆様にお話をして、了解をある程度いただいたという感じの中で、今回じゃああの施設をどういうふうに改良したら一番使いやすくなるかということで、設計というか、意見を聞きながら改良を一番どういうふうにしたらいいかということを考えていきたいということの中での委託でございますので、村民の皆さん一人一人からは御意見は聞きませんけれども、これが一番いいという方向で、私どもが判断をしたということで御理解をいただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 一人一人ということはあり得ないとは思いますけれども、それについて、やはり一番多目的がああいう形で村民の皆さんの意見をお伺いしますと、すばらしい取り組みをしていただいたのに、それと同じ期待を、私は村民もしていたと思うんです、周辺の施設利用については。それについては、何か十分に意見を吸い上げたという私には認識はないですし、村民の皆さんからもそういう声はいただいています。ここでこう計上して取り組むのは、私は少し拙速かなという感じを受けておりますが、いかがですか。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) ワークショップの中で、今の公民館を、例えば新しく図書館を建てるんではなくて、今の公民館を使って図書館にしたらという御意見もございまして、図書館の耐震診断をいたしたところであります。そんな中で、そうは言っても図書館は多目的に中に一緒にあった方がいいというワークショップの最終的な御意見がございました。そのときに、じゃあこの公民館の後利用についてどういうふうにしていくかという話になりまして、そのときの方向としては、委員といいますか、ワークショップに集まってきていただいた皆さんの御意見は、全部出していただいて、それで総意をもって決めるということではなくて、とりあえず意見をすべて出してくれと、それで後は村の方で就業センターもあるし、それから収蔵庫の関係もあると。そういったことを総合的に判断する中で方向を決めるということで決まったかと、こんなふうに思っております。
 それと、村民の方の意見の関係でございますけれども、先ほども申し上げましたようにパブリックコメントの実施要綱がございます。これによって住民の方の意見を聞くことはいくらでもできますので、そういったことも視野に入れながら進めていきたいと、こんなふうに思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) いいですか、榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 今のパブリックコメントで意見を求めていきながら、村民の意見が、例えばの話、本当に反対意見が多くてということになったら、それは考慮の余地があるという受け取り方でよろしいでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) パブリックコメントについてそういった意見がございますれば、こちらの方で、村としてそれに対してきちんとした回答をしていくと、これがこの制度かと思います。そういったことでお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) いいですか。井上議員。
◆11番(井上直昭君) 15ページ民生費の関係で、ちょっと聞き漏らしたかどうか、ちょっとお聞きしたいんですが、児童福祉総務費のこれは未満児の修繕の関係ですが、これは南保育園でいいでしょうかね。
 それから2の保育園費、賃金で313万9,000円ほど臨時職員ということで上がっていますが、何人予定しているか、それから途中の入園は何人いたか、ちょっとそれを教えてください。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) すみません、1目の児童福祉総務費については説明不足で申しわけございません。南保育園の未満児室の1部屋でございます。
 それから2目の保育園費の賃金ですけれども、中途入園の人数はちょっと今手持ち資料がございませんので、あとで御報告したいと思います。いずれにしましても、当初計画をしておりました数よりも、未満児の入園が中途でふえておりますので、その補助として保育士をお願いしていくものでございます。臨時職員の職員数に対しても、ちょっと今手持ちがございませんので、あとで御報告申し上げます。すみません。
○議長(甲斐澤明君) 井上議員、いいですか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) もう一度すみません。21ページの、今、教育長の方の説明があったことですが、余りきちっとした説明のないまま、ここのことについてはこういう方向で行くことが、何回かの村の行政側の検討で決まりましたと、それと展示室については管理をするための人員配置は予定できないような状況だというようなふうに書いてありました。この設計の業務の委託をこうやって予算計上するに当たって、そういうことを踏まえた中で、どんなふうにするかについて見えない部分が相当あるんですけれども、今後、ただじゃあ展示だけしていつでも開けるときに要望があれば開きますよということなのか、どんなふうに活用していくのか。そういうときこそ、そういう多目的の方の意見と合わせながら、委員も共有しながらやっていける分野ではないかというふうに思うんです。それは図書館のコーナーの中にも地域資料、地域文化財の展示もあります。そういうものとの兼ね合いの中で動かしていくというふうに、私は基本的にずっと考えていたもんですから、ここだけをいつもあけない施設みたいな形にしていくっていうことが、もう決まって設計業務の委託になるのか。全然こう見えない状況で設計業務委託のこの費用が出てきたのは、急いでいて状況もわかりますが、ちょっとその辺について、もう少し具体的な説明が前もって欲しいんですけれども、その辺についてはどうですかね。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) この内容につきましては、議会の全員協議会で図面までお示しをしたはずでございます。そういった中で、あくまでも今のこの公民館の後利用については保管と、それから展示だというスペースで利用していきたいということでお願いをしたところでございます。
 この後の管理については、当然人的な配置をすれば、それなりの人件費、あるいはほかの維持管理等もありますので、これは今後の中で予算の関係もありますので十分詰めていきたいと、こんなふうに思っております。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 人的配置、それからこれからの運用、そういうものも含めないと、設計委託を業務委託していく準備段階ではないような気がするんですが、その辺まである程度詰めて、どういう形でやるかという方向性が出て、初めてそれにあわせた設計ということになっていくんだというふうに理解しますが、その辺のところはどうでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 今回の設計につきましては、大きな改築ということは考えておりません。こういった資料を展示したり、あるいは保管するのに必要最小限の金額でいきたいということで、委託料もわずか5万円という金額でございます。
 それから、公民館のそれぞれのスペース、例えば講堂については民俗資料の展示スペースであるとか、あるいは事務室については管理スペース、あるいは保管スペース、それから2階の大会議室については、すみません、1階の大会議室については遺跡の保管展示スペースというように、それぞれの部屋ごとに内容について村として考えていることは、この前お示ししたとおりでございます。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 示してはいただいてあります。示す資料もいただきました。それは十分わかりますけれども、本当にそのことが就業改善センターのあの暑さの中で、2階については今後検討ということですが、民俗資料を集めてあるものをあそこの暑い中で保管をしていくならば、相当の熱を遮るということが必要になってくると思うんです。ただ、あそこで保管したんでは、本当に民俗資料に値するものの保管、農機具の保管は、ちょっと暑さが余りひどいので難しいんではないかということを懸念するんですが、その辺についても、この設計業務の中に入れて対応をするということになりますか。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 今回の5万円は、あくまでも今の公民館の1階と2階部分をどういうふうに改築するかということで、最小限の見積もりでなっております。それで、就業センターの管理につきましては、これはやはり職員でも、うんと暑いときは飛んで行って窓をあけるとか、そういった管理は当然必要かと思いますけれども、就業センターはあくまでも今考えているのは、農機具の保管スペースであります。古文書だとか安曇節資料だとか、そういったものは全部今の公民館の方で保管し整理をしていくということになっておりますので、その心配するような形についてはどうですかね、そんなに就業センターの方まで改築するという考えは持っておりません。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。渡邉議員。
◆4番(渡邉尚省君) 先ほど来ですね、質問が出ている文化財保護費の関係で、公民館の跡地利用ですね、今、論議になっている。この件で、先日の全員協議会で松川村公民館及び就業改善センターの跡地利用に関する検討結果報告というのがありました。これは検討結果報告ということで、これですべてもう終わりということではないですよね。そういう検討結果を報告したということであって、これについてお示しを議会にされたと、そういうふうな理解でよろしいでしょうか。それだけちょっと確認させていただきたい。
○議長(甲斐澤明君) 村長。
◎村長(平林明人君) 何回も検討した結果、村としましてはこういう方針を出したということで、これでどうでしょうかということで御報告をいたしました。あそこには昔の農協の第2倉庫についても取り壊しをしたいということを明記してありますので、私どもは議会の方へそういうことで報告をさせてもらって、あの中で何というんですか、これはちょっと待てとかいろいろなことがなかったということですので、この方針で進めさせていただきたいということで、今、私はそう思っております。
○議長(甲斐澤明君) 渡邉議員いいですか、渡邉議員。
◆4番(渡邉尚省君) 報告あったということは、もう私も承知しているんですけれども、あそこでこれでよしという意思表示をですね、全員でしたという、そういう認識はちょっと私ないんですよね。その点ちょっと。
○議長(甲斐澤明君) 村長。
◎村長(平林明人君) 私の方で報告をして、これでどうでしょうかと言ったときに異議がなかったというように私どもは受け取っておりますので、できるだけお示しした方向で進めたいということであります。
○議長(甲斐澤明君) 暫時休憩します。
                               午前11時35分 休憩
                               午後 1時30分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をいたします。
 引き続き質疑を行います。質疑ありませんか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 先ほど来ですね、いろんな意見が出されておりますけれども、私、本当に村民は多目的交流センターができる暁に、既存の施設がどう活用されるのかというのは、とても期待が大きかったと思うんです。それがこのような形で決定されてしまったということに対して、本当に村民は一体何を望んでいるのかという意見集約が十分できていないと私は思いますけれども、それについても、この収蔵庫という、収蔵施設ということで決定ということで、いろんな意見出てきても、まず村としてはこれでこの線で変えることはないということに理解してよろしいでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今お話というか、御質問がありました件につきましては、私ども庁内で5月の14日から9月の1日まで、延べ5回にわたりまして職員が検討いたしました。その中で、財政等の状況を考えたならば、こういう状況が一番いいというように、基本的なものを出させていただいておりますので、できればこれに沿ってやっていきたいというように思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 先ほど来、いろいろな議員がそれそれの立場で今までの経過の中で、村長から今説明もありましたけれども、ワークショップの経過、それから村民の理解、そういうものをどんなふうにお考えなのかということ、ちょっとまだ納得のいかないところもあったりして、ぜひ今後利用をしていっていただく村民のための施設だという、そういう立場で、村長としてやはり住民の声を聞きながらやっていくということは、とても大事なことだと思いますが、もう一度その辺についてお考えがあるかどうか、ぜひお聞かせをいただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今、3番議員にもお答えをいたしましたけれども、基本は基本としまして、これから住民の皆さんの御意見も十二分に聞いてまいりたいというように思います。聞く耳は持っておりますので、そういう中で変更した方がいいというものがあればですね、十二分に庁内で検討させていただきます。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員、いいですか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 基本的なことは、もうどうしてもせっぱ詰まっている問題もありますし、今後においてやっていかなければならない時期だと思いますので、その辺の考え方に今どうのこうのというよりも、今まで本当に注目している状況の施設でもありますので、それから今後利用を促進するためにも行っていっていただきたいと思いますので、お願いいたしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 村長答弁ありますか。いいですか。村長。
◎村長(平林明人君) 先ほど申し上げましたように、十二分に聞く耳は持っておりますので、それなりの対応はさせていただきたいというように思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第39号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 多 数)
○議長(甲斐澤明君) 起立多数。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第40号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、平成19年の所得確定に伴います歳入の税額を減額をしまして、基金を取り崩して賄うものでございます。また、前年度分の繰越額確定に伴います額の計上でございます。歳出は、老人保健医療費の前年度分からの精算に伴う計上が主なものでございます。
 それでは5ページをお願いします。まず歳入ですが、1款の税の関係ですが、1目、2目の一般、退職ともに額が確定に伴います減額1,669万8,000円と、退職の関係452万7,000円の増額を計上するものでございます。
 9款の繰入金1目の支払準備基金繰入金1,225万1,000円でございますけれども、基金の方から取り崩しを行う金額でございます。これによりまして、基金残は約4,672万3,000円となる予定となっております。
 それから、10款の繰越金ですが、減額の107万8,000円、これは前年度の額、繰越金確定に伴います減額でございます。
 6ページをお願いします。歳出の関係ですが、2目の後期高齢者関係事務費拠出金としまして2,000円ですけれども、19節の負担金で後期高齢者関係事務費拠出金の額確定に伴います2,000円の増額です。
 続きまして、5款1目の老人保健医療費拠出金、減額の100万円ですけれども、額の確定に伴いまして100万円減額するものでございます。19節の負担金で、老人保健医療費拠出金、平成19年の精算分と3月の診療分が含まれております。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第40号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第41号 平成20年度松川村老人保健特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、平成19年度の繰越額確定によるものでございます。
 5ページをお願いします。まず歳入ですが、1目の一般会計繰入金340万6,000円ですが、前年度精算分でございます。
 次の繰越金ですが、4,000円の増額をお願いするものですが、前年度の繰越額を計上してございます。
 次ページの6ページをお願いします。歳出の関係ですけれども、一般会計繰出金3,000円の増額ですが、一般会計へ3,000円繰り出すものでございます。
 それから、次の償還金340万7,000円ですけれども、23節の償還金としまして、支払基金償還としまして、医療費交付金が339万6,000円、それから事務費交付金としまして1万円の計上でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第41号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第42号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは御説明申し上げます。
 今回の補正で歳入につきましては、永代使用料と平成19年度の繰越額確定による計上でございます。歳出につきましては、聖域返還にかかります償還金の計上でございます。
 5ページをお願いします。まず歳入ですが、1目の公園墓地使用料30万9,000円の増額ですが、聖域使用料としまして1聖域分を計上してございます。
 それから、繰越金ですが、4,000円の計上ですが、前年度の額確定によります繰越金でございます。
 次ページの6ページをお願いします。歳出の関係、総務費の1目の一般管理費15万5,000円の増額ですけれども、23節の償還金としまして、墓地公園使用権還付金1件分の計上でございます。
 それから、予備費としまして15万8,000円、歳入の差額を予備費への計上としたものでございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) すみません、6ページの墓地使用権還付金というのは、これは使用権を返してよこしたということですかね。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 永代使用料ということで買っていたものを、もうほかに墓地、ここの公園墓地の権利を要らないということで返還請求があった分をここへ計上して、権利を返してもらうといったことで、買った額の半分を返すということで、この金額の計上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 当然に未使用ということの考えですかね。それで、もし使用したけれども聖域を更地に戻して、おはらいか何かして、それでまた返したいというような希望があれば、それも受けとるということになりますか。未使用かどうかというところと、その2つのところをお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 今回の聖域につきましては未使用で、墓地もつくっていないという状況でございます。今まで墓地をつくりまして、返還ということはまだございませんけれども、当然、そういった場合には、きれいに更地にして返していただくようになるかと思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第42号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第43号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、平成19年度の繰越額の確定によるものでございます。
 それでは、5ページをお願いいたします。歳入の部では繰越金が3,000円、前年度よりの繰越金でございます。6ページ歳出でございますけれども、1目の一般管理費で、需用費修繕料として3,000円を計上するものでございます。
 よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第43号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第44号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入につきましては、基金の繰り入れ並びに19年度の事業確定に伴います繰越金。歳出につきましては、新規住宅新築に伴います枝管の敷設並びに新規接続に伴います公共桝の設置が主な内容にございます。
 それでは、5ページをお願いいたします。4款繰入金の1目公共下水道整備基金繰入金361万1,000円でお願いしたいと思います。
 5款の繰越金、前年度繰越金が138万9,000円でございます。
 続きまして、6ページ歳出でございますけれども、工事請負費で500万計上させていただいておりますけれども、これにつきましては、先ほど言いました新規分といたしまして、村道4の54号線、ここに枝管を約80m、また新規分の桝の取り出しといたしまして4カ所分を見込んでいる内容でございます。
 よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第44号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案の上程を行いますが、議案第45号から議案第51号までは、平成19年度各会計決算であり、関連がありますので一括上程したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。
 それでは、議案第45号 平成19年度松川村一般会計歳入歳出決算書、議案第46号 平成19年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書、議案第47号 平成19年度松川村老人保健特別会計歳入歳出決算書、議案第48号 平成19年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書、議案第49号 平成19年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計歳入歳出決算書、議案第50号 平成19年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書、議案第51号 平成19年度松川村水道事業会計決算書を議題とし、一括上程をいたします。
 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) それでは、ただいま提案をいただきました19年度決算につきまして、決算の概要が示されております。朗読をもって、提案説明とさせていただきます。
 平成19年度決算の概要。
 平成19年度の当村の決算状況、まず一般管理費であります。
 歳入総額は41億3,785万7,000円で、前年度より3億3,826万8,000円、8.9%の増。歳出総額は41億2,872万4,000円で、前年度より3億8,920万5,000円、10.4%の増となりました。
 歳入歳出差引額は913万3,000円の黒字で、繰越事業の財源として翌年度へ繰り越すべき財源36万8,000円を差し引いた実質収支額は876万5,000円となり、このうち500万円は、地方自治法第233条の2の規定により基金に積み立て、376万5,000円を翌年度に繰り越ししました。
 また、単年度収支は△22万6,000円となり、財政調整基金積立金利子分102万9,000円を加えた実質単年度収支は80万3,000円の黒字となりました。
 平成19年度は、多目的交流施設建設事業及び継続事業の松川中央公園整備事業などのほか、次のような事業に取り組みをいたしました。庁内OAシステム更新、障害者自立支援給付事業、生活圏拡大事業、福祉医療費給付事業、保健センター施設整備事業、特別保育事業、多様化する保育需要に対応するためであります。ふれあい館運営・児童クラブ事業、放課後留守家庭児童の安全確保等であります。農地・水・環境保全推進事業、西部山麓地区水路改修事業、農業者支援事業、農地流動化交付金、機械等購入の助成であります。制度資金補給金、不況対策特別利子補給であります。工場等用地取得補助、防災基盤整備事業、消火栓及び格納庫設置であります。
 次に、収入の状況であります。
 まず、自主財源。自主財源は歳入総額の48%、8.4%増を占め、前年度より31.8%増加いたしました。村税は前年度より1億3,025万2,000円、16.0%増の9億4,654万4,000円となりまして、この主な要因は、個人住民税が税制改正により1億715万5,000円の増、固定資産税も民間による宅地造成及び新築家屋の増加により1,093万3,000円増となりました。一方、たばこ税は335万2,000円の減となりました。
 続きまして、依存財源であります。依存財源は歳入総額の52%、8.4%減を占め、前年度より6.1%減少いたしました。普通交付税が前年度より7,998万2,000円、5.7%減の13億1,995万7,000円、特別交付税は前年度より2,821万9,000円、31.1%増の1億1,896万9,000円でございました。国庫支出金は、児童手当費、松川中央公園整備事業などの財源として573万7,000円、4.2%増の1億4,265万3,000円となりました。村債は、除雪機整備事業、松川中央公園整備事業などの財源ですが2,720万円、13.2%減の1億7,930万円でした。この中には、普通交付税の代替財源として借り入れた臨時財政対策債1億5,430万円が含まれております。
 次に、歳出の状況でありますが、性質別歳出の状況。
 まず、義務的経費は前年度より1,653万円、1.1%の増の15億4,722万5,000円で、歳出総額の37.4%となりました。増加の主な要因は、扶助費が前年度より2,526万9,000円、8.1%増の3億3,595万1,000円となったことによるものであります。
 なお、公債費は2,394万8,000円、4.1%減となり、人件費は前年度より1,520万9,000円、2.4%増となりました。
 次に、投資的経費は前年度より1億6,401万6,000円、46.7%増の5億1,488万4,000円で、歳出総額の12.5%となりました。多目的交流施設建設事業及び継続事業の松川中央公園整備事業などが主な事業であります。
 続きまして、その他の経費は前年度より2億865万9,000円、11.2%増の20億6,661万5,000円で、歳出総額の50.1%となりました。主なものは、物件費7億1,252万7,000円、前年度より614万2,000円、0.9%増。扶助費等は国、県、一部事務組合負担金、村補助金など5億4,037万5,000円、前年度より106万円、0.2%減。繰出金は、下水道特別会計繰出金など3億1,106万円、前年度より1億1,880万7,000円、27.6%減。積立金は、公共施設整備基金などの積み立て4億7,267万3,000円、前年度より3億1,981万2,000円、209.2%増であります。
 続きまして、目的別歳出の状況でありますが、歳出を目的別に見た状況では、総務費が公共施設整備基金への積み立て及び総合行政情報費等の増加によりまして3億7,156万3,000円、70.8%増。衛生費が保健センター整備事業等によりまして5,015万1,000円、15.2%増。商工費が工場等用地取得補助金支出等により5,271万2,000円、12.1%増となっています。また、土木費が4,558万円、15.6%減。公債費が2,394万8,000円、4.1%減となっております。
 以上が、一般会計歳入歳出決算の状況であります。
 なお、普通会計で見る経常収支比率は前年度より1.1%上昇し、77.0%となりました。さらなる経常経費抑制に努めてまいります。また、実質公債費率は前年度より0.9%下がり、13.0%となりました。引き続き、財政の健全性を維持していきます。
 続きまして、国民健康保険特別会計であります。
 歳入総額9億3,657万円、歳出総額9億3,464万円8,000円、歳入歳出差引額192万2,000円となりました。このうち、条例に基づき100万円を支払準備基金に積み立て、92万2,000円を翌年度へ繰り越しました。
 歳入のうち、自主財源の国保税は2億5,741万1,000円で、構成比は27.5%、前年度より4.7%の減。徴収率は、前年度より2.1%下回り、84.8%となりました。また、依存財源のうち、国庫支出金は2億2,269万9,000円で、歳入総額に対し23.8%、前年度より2,451万9,000円の増となりました。
 歳出の主なものは保険給付費で、退職被保険者等分を含めまして6億1,245万円、構成比は65.5%。老人保健拠出金は1億6,868万5,000円、構成比は18.0%となっています。
 医療費の動向は、一般被保険者分が前年度より2,700万3,000円、9.4%の増。退職被保険者等分は前年度より2,450万8,000円、9.3%の増となり、老人保健拠出金は前年度より3,947万9,000円、30.6の増となり、医療費全体では前年度より10.0%の増となりました。
 続きまして、老人保健特別会計であります。
 歳入総額9億2,692万7,000円、歳出総額9億2,692万2,000円で、歳入歳出差引額5,000円を翌年度へ繰り越ししました。
 歳入は、社会保険診療報酬支払基金からの交付金4億6,398万9,000円、国庫負担金3億778万7,000円、県負担金7,335万7,000円、一般会計繰入金7,616万7,000円が主なものであります。
 歳出は、医療費給付金が8億8,344万8,000円、医療費支出が1,274万6,000円、審査支払手数料が384万6,000円で主なものとなり、総額は前年度より1,834万円、2.0%の増となりました。
 続いて、公園墓地造成事業特別会計であります。
 歳入は、永代使用料と聖域使用料が主なもので、総額402万8,000円。歳出は、施設管理費などが主なもので、総額402万2,000円となり、歳入歳出差引額6,000円を翌年度へ繰り越しをいたしました。
 続きまして、地域特別賃貸住宅特別会計であります。
 歳入は、使用料と一般会計繰入金が主なもので総額482万円、歳出は、管理費と公債費が主なもので総額481万6,000円となり、歳入歳出差引額4,000円を翌年度へ繰り越しいたしました。
 続いて、特定環境保全公共下水道事業特別会計。
 歳入総額7億3,428万2,000円、歳出総額7億3,289万2,000円、歳入歳出差引額139万円となりました。
 歳入の主なものは、受益者負担金5,618万7,000円、国庫補助金1億円、地方債8,330万円、大町市ほかからの受託事業収入1億6,468万円であります。
 歳出の主なものは、松川浄水苑建設工事委託料3億3,300万円であります。
 続いて、水道事業会計であります。
 水道事業収益は、前年度より286万3,000円増の1億8,248万9,000円となりました。このうち営業収益は1億7,561万6,000円、営業外収益は687万3,000円となっております。
 水道事業費は、前年度より1,159万円増の1億6,973万円となりました。その主なものは減価償却費7,522万6,000円、資産減耗費3万3,000円、原水及び浄水費1,034万5,000円、配水及び給水費1,638万2,000円であります。
 損益では、1,275万9,000円の利益剰余金が生じております。
 建設改良工事につきましては、老朽管の布設替と舗装復旧を進めてきました。その主なものは、配水設備改良費の1,473万円となっております。
 以上が概況でありますけれども、細部につきましては、またそれぞれ担当課長、それから会計管理者の方で御説明をいたしますので、よろしくお願いをいたします。
○議長(甲斐澤明君) ここで、暫時休憩いたします。
                               午後 2時05分 休憩
                               午後 2時06分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をいたします。
 ここで、松川村代表監査委員より決算審査の報告をお願いします。川上代表監査委員。
◎代表監査委員(川上雅嗣君) それでは、監査の報告をいたします。
 平成19年度松川村一般会計、各特別会計及び事業会計決算審査意見書。
 地方自治法第233条及び地方公営企業法第30条の規定により、平成19年度松川村各会計の決算書並びに関係帳簿、証書類を審査した結果、次のとおり意見を付する。
1、審査対象。
 平成19年度松川村一般会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類。
 平成19年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類。
 平成19年度松川村老人保健特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類。
 平成19年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類。
 平成19年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類。
 平成19年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類。
 平成19年度松川村水道事業会計決算書及び関係帳簿、証書類。平成19年度基金に関する帳簿、証書類。
2、審査の時期。
 平成20年7月24日から平成20年8月6日。
3、審査の総括意見。
 村長より提出された決算書に基づき、歳入歳出関係諸帳簿及び証拠書類を照合審査した結果、決算計数はいずれも符合して誤りのないことを確認した。
 (1)一般会計は歳入総額41億3,785万7,112円、歳出総額41億2,872万4,100円。歳入歳出差引額913万3,012円の黒字となっている。翌年度へ繰り越すべき財源36万8,000円を差し引き、実質収支額は876万5,012円の黒字で、このうち500万円を地方自治法第233条の2の規定により、財政調整基金に積み立てる措置がなされている。
 本年度実質収支額876万5,012円から、前年度実質収支額899万1,276円を差し引いた本年度の単年度収支額は22万6,264円の赤字となる。これに本年度の財政調整基金の積立金利子102万9,011円を加えた、実質単年度収支は80万2,747円の黒字となっている。
 予算現額に対する歳入の比率は94.53%、歳出は94.32%となっている。
 本年度の主な事業としては、多目的交流施設建設事業、庁内OA機器更新事業、西部山麓水路改修事業等が挙げられる。
 基金は、人づくり基金より188万1,000円、多目的文化施設建設事業基金より9,000万円、温泉施設及びふれあい交流センター整備基金より1,409万5,000円、公共施設等整備基金より840万4,000円が繰り入れられ、積み立てでは、公共施設等整備基金に4億4,396万2,000円、社会福祉施設整備基金に1,000万円、生きがいづくり基金に100万円がそれぞれ積み立てられている。
 地方財政状況調査(普通会計決算に基づく)経常収支比率は77.0%と、前年度に比べ1.1ポイント増加している。実質公債費率は13.0%となった。
 (2)国民健康保険特別会計は、歳入総額9億3,657万616円、歳出総額9億3,464万8,410円、歳入歳出差引額192万2,206円となっており、このうち100万円を基金に積み立てる措置がなされている。
 (3)老人保健特別会計は、歳入総額9億2,692万7,360円、歳出総額9億2,692万2,158円、歳入歳出差引額5,202円となっている。
 (4)公園墓地造成事業特別会計は、歳入総額402万8,742円、歳出総額402万2,820円、歳入歳出差引額5,918円となっている。
 (5)地域特別賃貸住宅特別会計は、歳入総額482万105円、歳出総額481万5,820円、歳入歳出差引額4,285円となっている。
 (6)特定環境保全公共下水道事業特別会計は、歳入総額7億3,428万2,205円、歳出総額7億3,289万1,969円、歳入歳出差引額139万236円となっている。
 (7)水道事業会計は、当年度純利益が1,275万9,535円となっている。
4、個別意見。
 (1)歳入。村税収入状況については、次表のようになっている。この表について御説明します。
 まず1村民税。調定額4億6,561万2,723円、収入済額4億4,538万9,470円、不納欠損額74万1,908円、収入未済額1,948万1,345円。収納率は95.7%。前年度は96.2%です。
 2固定資産税。調定額4億4,995万5,759円、収入済額4億771万801円、不納欠損額464万3,329円、収入未済額3,760万1,629円。収納率90.6%。前年度は91.9%です。
 3軽自動車税。調定額2,321万9,200円、収入済額2,185万4,100円、不納欠損額1万4,000円、収入未済額135万1,100円。収納率94.1%。前年度は95.3%です。
 4村たばこ税。調定額7,018万7,899円、収入済額7,018万7,899円、不納欠損額ゼロ、収入未済額ゼロ。収納率100%。前年度も収納率は100%です。
 5特別土地保有税。これは該当がございません。
 6入湯税。調定額140万1,490円、収入済額140万1,490円、不納欠損額ゼロ、収入未済額ゼロ。収納率100%。前年度100%です。
 合計、調定額10億1,037万7,071円、収入済額9億4,654万3,760円、不納欠損額539万9,237円、収入未済額5,843万4,074円。収納率93.7%。前年度は94.4%です。収入未済額が増加している。税の公平負担と収入確保を図るため、引き続き収納率向上に努力されたい。
 歳出。燃料費等の高騰により経費負担が増加しているが、創意工夫により経費節減に努められたい。
(2)国民健康保険特別会計。
 ?国保税収入状況については、次表のようになっている。
 調定額3億344万836円、収入済額2億5,741万1,260円、不納欠損額178万8,200円、収入未済額4,424万1,376円。収納率84.8%。前年度収納率は86.9%です。収納率は84.8%で、前年度に比べ2.1%低下している。引き続き、収納率向上に努力されたい。
 ?特定検診・特定保健指導による生活習慣病の予防を推進し、健全運営に努められたい。
(3)水道事業会計。当年度純利益が1,275万9,535円となり、健全な運営がなされていることが認められるが、未収金が1,364万4,389円あり、そのうち741万5,070円が水道料の未収金である。引き続き、水道料の徴収に努力されたい。
 以上、平成19年度一般会計、各特別会計及び事業会計の決算の審査を終了したので、意見書を提出します。平成20年8月11日、松川村監査委員平林寛也、川上雅嗣でございます。
 続きまして、平成19年度普通会計財政健全化審査意見書。
1、審査の概要。
 この財政健全化審査は、村長から提出された健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。
2、審査の結果。
 (1)総合意見。審査に付された下記、健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認められる。
 表については以下で述べます。
 (2)個別意見。
 ?実質赤字比率について。平成19年度の実質赤字比率は0%となっており、早期健全化基準の15.0%と比較すると、これを下回っている。
 ?連結実質赤字比率について。平成19年度の連結実質赤字比率は0%となっており、早期健全化基準の20.0%と比較すると、これを下回っている。
 ?実質公債費比率について。平成19年度の実質公債費比率は13.0%となっており、早期健全化基準の25.0%と比較すると、これを下回っている。
 ?将来負担比率について。平成19年度の将来負担比率は0%となっており、早期健全化基準の350.0%と比較すると、これを下回っている。
 (3)是正改善を要する事項。特に指摘すべき事項はない。
 以上、平成19年度普通会計財政健全化に関する審査を終了したので意見書を提出します。
 平成20年8月11日、松川村監査委員平林寛也、川上雅嗣でございます。
 続きまして、平成19年度水道事業会計経営健全化審査意見書。
1、審査の概要。
 この経営健全化審査は、村長から提出された資金不足比率及びその算定基礎となる事項を記載した書類が、適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。
2、審査の結果。
 (1)総合意見。審査に付された下記、資金不足比率及び、その算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認められる。表については、以下説明します。
 (2)個別意見。資金不足比率について。平成19年度の資金不足比率は0%となっており、経営健全化基準の20.0%と比較すると、これを下回っている。剰余額が4億4,307万4,000円あり、健全な経営状況にあると認められる。
 (3)是正改善を要する事項。特に指摘すべき事項はない。
 以上、平成19年度水道事業会計経営健全化に関する審査を終了したので、意見書を提出します。
 平成20年8月11日、松川村監査委員平林寛也、川上雅嗣でございます。
 続きまして、平成19年度下水道事業特別会計経営健全化審査意見書。
1、審査の概要。
 この経営健全化審査は、村長から提出された資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が、適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。
2、審査の結果。
 (1)総合意見。
 審査に付された下記、資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認められる。表については、以下説明します。
 (2)個別意見。
 ?資金不足比率について。平成19年度の資金不足比率は0%となっており、経営健全化基準の20.0%と比較すると、これを下回っている。剰余額が139万円あり、健全な経営状態にあると認められる。
 (3)是正改善を要する事項。特に指摘すべき事項はない。
 以上、平成19年度下水道事業特別会計経営健全化に関する審査を終了したので、意見書を提出します。
 平成20年8月11日、松川村監査委員平林寛也、川上雅嗣でございます。
 なお、ここで口頭ではございますが、1つお願いを申し上げていきたいと思います。昨年度から懸念をされておりましたけれども、平成19年度は水道・下水道を合わせた収入未済額が1億円を超えました。先ほど御報告いたしました健全化指数は、非常によい結果となっておりますけれども、収入未済額が欠損になった場合には、この数値にも影響が出てまいります。収入未済額については、きめ細かい対応で、欠損にならないよう徴収努力をしていただきたいと思います。
 また、物価上昇の中、職員の皆さんにおかれましては、経費節減の姿勢が随所に伺われました。皆様には感謝するとともに、引き続き努力をいただきたいと思います。
 以上、監査の報告といたします。
○議長(甲斐澤明君) 以上で決算審査の報告を終わります。
 川上代表監査委員におかれましては大変御苦労さまでした。そして、ありがとうございました。
 ここで、監査委員が退場されますので、暫時休憩をいたします。
                               午後 2時27分 休憩
                               午後 2時27分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をいたします。
 続いて、会計課長の説明を求めます。会計課長。
◎会計課長(鈴木智君) それでは私の方から、一般会計並びに特別会計のそれぞれの財産に関する調書を中心に御説明をさせていただきたいと思います。なお、増減のあるもののみの説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 それでは、まず始めに一般会計の関係ですが、55ページをお願いいたします。財産に関する調書でございます。
 1の公有財産の関係で、(1)の土地及び建物の関係です。こちらは一覧表になってございますが、この内訳が、めくってめくりました59ページの財産増減調書に記載されておりますので、こちらの59ページの方で説明をさせていただきます。
 59ページをお願いいたします。財産増減調書。土地の関係です。
 1の取得の関係ですけれども、学校の関係で、松川村5794−517外1筆。面積315.06平米でございます。使用目的は学校駐車場でございます。この場所ですけれども、郵便局の南の道を東に入ったところでございます。次に、消防施設の関係です。7031−123。53.04平米でございます。防火水槽寄附でございます。やはり、この場所ですけれども、駅の北の踏切のもう1つ北の小さな踏切の西北の隅、JAの駐車場として使っていたところの南の隅でございます。防火水槽の敷地53.04平米の寄附を受けたものでございます。合計368.10平米でございます。
 2の売却にまいります。公園の関係です。松川村3358−33外1筆。ちひろ公園の一部になります。3,292平米を美術館の収蔵庫を増設したいということで、記念事業団に売り渡したものでございます。同じく3358−160ですけれども、128.32平米につきましては、同じ敷地内になりますけれども、一部道路敷地と交換をしたものでございます。合計3,420.32平米でございます。
 建物にまいります。取得です。その他の施設として、松川村64−1、112.91平米でございます。これにつきましては、保健センターの西北の部分、事務室等の増改築した部分でございます。
 2の売却にまいります。その他の施設として7019−3ほか、496.23平米でございます。これにつきましては、松川の郵便局舎を日本郵政公社首都圏ネットワークセンターへ売却したものでございます。
 少し戻ります。1枚戻りまして、56ページをお願いいたします。(2)の山林にまいります。面積の増減はございません。立木の推定蓄積量ですけれども、所有、分収ともそれぞれ0.39%の成長率を見込んでおります。所有につきましては95立米、分収につきましては24立米、合計119立米の増を推定いたしました。総合計で36,450立米を推計してございます。
 (3)の出資による権利にまいります。ふるさと市町村圏基金に出資金ですけれども、△の1,178万7,000円でございます。これにつきましては、北アルプス広域連合が行います常備消防施設整備や、健康づくりにかかる基金整備事業など事業を安定して行えるよう、基金の一部を取り崩して財源充当したものでございます。
 この表の一番下ですけれども、新たものがございます。県林業コンサルタント協会出資金でございます。5万円の増でございます。これにつきましては、県が行いました外郭団体見直しによりまして、県林業コンサルタント協会の県関与の廃止に伴うものでございます。
 2の物品にまいります。真ん中の行の公用車の関係です。1台ふえてございます。これにつきましては、黄色の除雪トラック1台を購入したものでございます。
 次のページ、57ページにまいります。3の基金の関係でございます。
 (1)の財政調整基金です。有価証券の関係で、1億円の増となっております。これは国債を購入したものでございます。現金の関係では、△の9,397万1,000円となっております。これにつきましては、上記の国債購入の1億円と、あと18年度の剰余金の積み立て、あと利息を差し引きしまして、こういった金額になってございます。
 (2)の減債基金の関係です。有価証券の関係ですが、1億5,000万円の増となっております。やはりこれも国債を購入したものでございます。現金ですけれども、△の1億4,929万5,000円となっております。これはやはり上の国債を購入した関係と、あと預金利息を差し引きしたものが、この金額になってございます。
 (3)の公共施設等整備基金でございます。現金の関係で4億3,555万8,000円の増となっております。これは平成19年度積立金4億4,251万7,391円と、あと預金利息、取り崩しを差し引きしたものが、この数字になってございます。
 (4)の人づくり基金です。有価証券の関係で、3,000万円の増となっております。やはりこれは国債を購入したものでございます。現金の関係で△の3,178万2,000円となってございます。国債を購入した関係と、あと取り崩しと、預金利息を差し引きしたものが、この金額になってございます。
 (5)の社会福祉施設整備基金ですけれども、1,000万円の増となっております。これは19年度の積立金でございます。
 次の58ページにまいります。生きがいづくり基金の関係です。現金ですけれども100万円の増となっております。これは19年度の積立金と預金利息合わせたものが100万円でございます。
 (7)の多目的文化施設建設事業基金ですけれども、有価証券の関係で5,000万円の減となっております。これは国債が満期になりまして、現金にしたものでございます。現金の関係ですけれども、△の6,095万6,000円となってございます。これは国債が満期になったものと取り崩しと預金利息を差し引きしまして、こういった金額になってございます。
 教育施設整備基金ですけれども、現金の関係で1万1,000円の増でございます。これは預金利息でございます。
 (9)の都市開発基金ですが、50万円の増となっております。これもやはり預金利息でございます。
 (10)の温泉施設及びふれあい交流センター整備基金ですけれども、現金の関係で△の92万2,000円となってございます。これは平成19年度積立金と預金利息、あと取り崩しを差し引きしまして、こういった金額になってございます。
 一般会計は終わりまして、次に、特別会計にまいります。77ページをお願いいたします。
 こちらに国保関係の基金が2つ載っております。(1)の診療報酬支払準備基金ですが、現金の関係で、△の2,484万5,000円となっております。これは19年度取り崩し、あと18年度の歳計剰余金、あと預金利息を差し引きしまして、こういった金額になってございます。
 (2)の高額医療費貸付金ですけれども、現金の関係で4万2,000円の増となっております。これにつきましては、預金の利息でございます。
 次、また飛びますけれども、公園墓地関係にまいります。94ページをお願いいたします。
 こちらに、やはり公園墓地整備基金の関係が載っております。現金の関係で272万6,000円の増でございます。これにつきましては、平成19年度の積立金と預金利息を足したものでございます。
 また飛びますけれども、下水道関係にまいります。113ページをお願いいたします。
 こちらに財産に関する調書が載っております。公有財産、土地及び建物の関係ですけれども、土地については動きはございません。建物について252.31平米ふえてございます。これにつきましては、1枚めくりますと115ページに内訳が載ってございます。松川村5853−1他ということで252.31平米、汚水処理場の管理棟部分の増でございます。
 上の112ページにまいります。基金の関係でございます。現金の関係で△の1億2,411万5,000円となってございます。これにつきましては、19年度の取り崩し分と預金利息を差し引いた分でございます。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 続いて、補足説明に入ります。
 議案第45号 平成19年度松川村一般会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 成果表によりまして、御説明をさせていただきます。決算書の最後の方につづってあろうかと思いますけれども、お願いをしたいと思います。
 最初に、成果表の一番最後の方になりますけれども、59ページをお願いいたします。財政規模の推移ということで、普通会計分として計上してございます。平成15年度から19年度までの財政状況について記載をしてございます。お願いをしたいと思います。
 続きまして、次のページ、60ページになりますけれども、これにつきましては目的別性質別の決算額ということで、同じく普通会計で計算をしてございます。
 続いて、61ページですけれども、性質別歳出における財源内訳表ということで、ごらんをいただきたいと思います。
 それから次のページ、62ページになりますけれども、地方債の現在高の調ということで、合計の一番右下になりますけれども、19年度末現在高で39億9,342万9,000円という金額となっております。
 それから63ページにつきましては、今までの財政状況につきましてグラフ化したものでございますので、御確認をお願いをしたいと思います。
 それでは、お戻りいただきまして、成果表の3ページをお願いいたします。それでは総務課関係から、平成19年度決算状況を成果表によりまして説明をさせていただきます。この成果表は目ごと、また課ごとに順番で記載してございます。目の下のところに決算書のページが記載をしてございます。また、予算額決算額の括弧書きにつきましては、前年度の予算額また決算額を記載してございます。それから、関係する目につきましては、繰越明許費の記載をしてございますので、ごらんをいただきたいと思います。説明につきましては、前年度に比較をいたしまして、大きく変わった点を中心に、簡潔に御説明をさせていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それでは、総務管理費の目の1の一般管理費の関係でございます。前年度より増とはなっております。この関係では11需用費の村例規集、これは郵政民営化法改正に伴いまして、例規集のページがふえたということです。また、19の負担金補助及び交付金の関係で、県総合事務組合という欄がございますけれども、掛金の上昇につきまして、大きく増額となっている内容でございます。
 続きまして、2の文書費につきましては、記載のとおりでございます。
 3の広報費につきまして、金額では減額となっておりますけれども、18年度は広報まつかわの縮刷版を作成したということで減額となっております。
 4ページをお願いいたします。財政管理費です。大きく減額となっておりますけれども、減債基金への積み立てが18年度にあったという内容でございます。
 5の会計管理費につきましては、記載のとおりでございます。
 6の財産管理費につきまして、庁舎等の維持管理費が主な内容でございますけれども、前年度と減となっている理由につきましては、右側のページになります、5ページになりますけれども、14使用料及び賃借料、これは郵便局舎の敷地料が減額ということです。それから15の工事請負費。前年度電話交換機の更新事業があったということで、減となっている内容でございます。
 それから、5ページの7の企画費でございます。非常に大きく増となっておりますけれども、25の積立金の元金分の下に、公共施設等整備基金ということがありまして、こちらの基金へ積み立てを行ったということで増額となっております。
 8の自治振興費につきましては、若干減額となっておりますけれども、前年度除雪機の購入をしたという内容で減となっている内容でございます。
 6ページをお願いいたします。9の交通安全防犯対策費、また目10の消費者行政費、目11の交通災害共済費につきましては記載のとおりでございますので、御確認をお願いをしたいと思います。
 目の12人づくり推進費でございますが、人づくり推進事業の補助対象者の数は前年とほとんど同じという状況でございますが、減額となっている内容につきましては、北信越大会が県内で開かれたということで、単価的に下がってきたというようなことで減額となっております。
 13の総合行政情報費につきましては、OA関係の経費でございますけれども、前年度新しいシステムを導入したということで、それぞれの節、大きく増加をしているという内容でございます。
 7ページ、選挙費関係につきましてですが、目の1から目の6まで、それぞれ記載をしてございます。この内容では、3の参議院議員通常選挙費、村長一般選挙、それから高瀬川右岸の総代選挙がありまして、それぞれ金額が執行されたという内容でございます。
 8ページをお願いいたします。項の5の統計調査費につきましては、それぞれ前年度と同という内容でございます。
 それから、その下の項5都市計画費、目の1の都市計画費につきましては、ほぼ前年と同じ内容でございます。
 目の2公園費につきましては、中央公園の整備費を計上してございます。節の関係で13の委託料、それから15の工事請負費、それぞれ18年度からの繰越明許費という内容でございます。また、その下、翌年度繰越明許費ということで委託料、それから管理業務、また中央公園の整備工事ということで、それぞれ20年度へ繰り越しをした内容でございます。
 9ページをお願いいたします。消防費関係で、目の1常備消防費につきまして増額となっておりますけれども、高規格救急車購入等がありまして増となっている内容でございます。
 目の2で非常備消防費、これは消防団員等の運営の経常経費でございますけれども、前年度、自動車それから小型ポンプ、それぞれ操法県大会へ出場したという関係上、出動手当、それから交付金等が増額となっている内容でございます。
 目の3消防施設費、前年度につきまして、積載車、それからポンプ車、ホース等の購入がございまして、本年度は大きく減額となっている内容でございます。
 10ページをお願いいたします。4の災害対策費、増額となっている内容でございますが、13の委託料の洪水ハザードマップ調査の実施、また18の備品購入費の防災設備、自主防災組織への備品を購入したということで増額となっております。
 その下の教育費、目の7多目的交流施設整備費でございます。多目的交流施設の整備費を計上しております。13の委託料、下の段ですけれども、翌年度繰越明許費といたしまして、13の管理、また15の工事請負費、それぞれ20年度の方へ繰り越しをしている内容でございます。
 11ページにつきまして、公債費関係ですけれども、元金、利子、記載のとおりでございます。
 続きまして、12ページをお願いをしたいと思います。こちらは税関系の方の御説明になりますけれども、平成19年度村税収納状況をそれぞれ記載しておりますので、ごらんをいただきたいと思います。
 13ページ、お願いをしたいと思います。村民税の関係、まず個人ですけれども、決算額が約1億円以上増となっておりますが、税源移譲に伴います増額となっております。
 目の2法人関係でございますが、前年度より約40%ほど増加をしております。特に数社の法人割が増となっているのが、主な理由となっております。
 次のページ、14ページ、固定資産税の関係でございます。課税状況につきまして、それぞれ土地、家屋、償却資産等について記載をしてございます。土地では宅地分譲、それから家屋等につきましては新築、増築等の理由によりまして、増額となっている内容でございます。
 15ページ、同じく、目の2の国有資産等所在村交付金及び納付金の関係でございますが、前年度同の内容でございます。
 それから、その下の軽自動車税でございます。税額が増額となっておりますけれども、軽四輪乗用の台数が増加となっているということで、その理由によるものでございます。
 16ページお願いいたします。村たばこ税の関係ですけれども、課税状況、右側に記載してございます。ごらんをいただきたいと思います。
 それから入湯税につきまして、税額につきましては対前年比97%という内容になっております。
 それから、村税全般でございますが、村税収入につきましては徴収率が低下しているという内容でございます。今後とも徴収に努力してまいりますので、よろしくお願いをしたいと思います。
 それから、17ページ。税関系の歳出の状況でございます。目の1税務総務費ですけれども、税務事務の一般事務にかかわるものということで、記載のとおりでございます。
 それから、目の2賦課徴収費でございます。減額となっておりますけれども、一番下の23償還金利子及び割引料、前年度法人村民税の還付が非常に多かったと、1社が特に多かったという内容でございまして、本年度は減額となっている内容でございます。
 総務課関係は以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、環境福祉課関係御説明申し上げます。
 成果表の18ページをお願いします。2・3・1の戸籍住民基本台帳費でございますけれども、前年度より数字が大きくなっておりますけれども、職員給与の組みかえによるものでございます。あとは例年並みでございますので、ごらんをいただきたいと思います。なお、各目の主な内容は昨年同ですので、説明は省略させていただきます。
 それでは、続きまして19ページ。3・1・1の社会福祉総務費でございます。平成18年より増となっておりますが、主な理由としまして、次ページの20節の障害者の施設給付費の増と、25節の社会福祉施設整備基金へ積み立てを1,000万行ったということで増となっております。
 それから、続きまして20ページの下段、2目の老人福祉費の関係ですが、前年度より減となっておりますが、主な理由としましては、平成17年度に公用車の購入を、この目でしてあるため、それから広域施設の負担金が減ったためとなっております。
 それから21ページ、3目の医療費特別給付費ですが、前年度とほぼ同額となっておりますので、ごらんをいただきたいと思います。
 続きまして、22ページ、4目の老人福祉施設費及び5目の介護保険費は例年並みですので、ごらんをいただきたいと思います。
 23ページをお願いします。2項1目の児童福祉総務費及び2目の保育園費でございますけれども、主なものとしまして、15節の工事請負費が増のほか、例年並みですので、ごらんをいただきたいと思います。
 次に、24ページをお願いします。3目の児童手当費ですが、平成19年度制度改正によりまして、3歳未満の対象児童の支給額が、第1子2子が5,000円から1万円に引き上げられたことによります扶助費の増となっております。
 次に、3項1目の授産施設総務費でございますが、例年並みでございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 また、次ページの2目の授産施設運営費ですけれども、作業員の工賃の支払いが主なものとなっております。
 それから、26ページをお願いします。4項1目の国民年金事務取扱費は、例年並みですので、ごらんをいただきたいと思います。
 その下の4款衛生費の1目の保健衛生総務費でございますけれども、19節の負担金で、平成18年度は北アルプス広域連合において、基金を取り崩してそれぞれの負担金に充てていたということで、昨年に比べて金額的には増となっております。
 それから、27ページお願いします。2目の予防費ですけれども、こちらも昨年並みですので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、その下の3目保健センター管理費ですけれども、保健センター改修に伴う事業費で、大幅に増となっております。それから、28ページをお願いします。こちらに工事請負費の関係、記載をしてございます。
 続きまして、4目の環境衛生費ですが、例年並みですので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、2項1目の清掃総務費でございますけれども、13節の家庭用雑排水のくみ取りと処理が主なものでございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから最後になりますが、29ページをお願いします。2目の清掃費ですけれども、13節のごみ処理委託と19節の穂高広域施設組合への負担金が主なもので、金額的には昨年とほぼ同等でございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 補足説明の途中でありますけれども、3時10分まで休憩をいたします。
                               午後 2時55分 休憩
                               午後 3時10分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をいたします。報告をします。横沢議員より退席の申し出がありましたので、これを許しました。
 休憩に引き続き、補足説明に入ります。経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは経済課の関係、成果表の30ページからお願いいたします。
 目1の農業委員会費ですが、農業委員会の運営経費でございます。委員の報酬、会報の発行が主な内容でございます。その他、農地の審議状況等につきましては、ごらんのとおりでございます。
 31ページをお願いします。目2の農業総務費につきましては、職員の人件費でございます。
 目3の農業振興費につきましては、農業振興にかかわる実績で、特に13節委託料では、有害鳥獣駆除を継続実施いたしました。また、19負担金補助及び交付金としては、水稲防除に対する負担金、また中山間地域等直接支払交付金が主な内容でございます。
 32ページをお願いします。目4の地域営農支援事業費では、各種体験事業の実施を始め、村営農支援センターへの負担金と、認定農業者に対する機械等購入補助、また19年度増額になっておりますが、川西宮下集落営農組合へコンバイン、田植機購入に対する助成を行っております。
 目5の農村婦人の家管理費では、農村婦人の家の維持管理に対する実績でございます。婦人の家の利用件数等につきましては、記載のとおりでございます。
 33ページをお願いします。目6の土地改良費ですが、対前年比大幅な増額となっております。これにつきましては、農山漁村活性化プロジェクト交付金として、西部山麓地区の水路改修、また維持管理適正化事業で南神戸第1号ポンプの入れかえを実施しました。また、維持管理適正化事業の賦課金、農地・水・環境保全地域協議会への負担金、圃場整備事業に伴う農林漁業資金償還金が主な内容でございます。
 34ページをお願いします。目1の林業振興費では、猿害対策も含めた森林整備、緩衝対整備と、森林育成と森林への理解を深めてもらうための植樹祭の実施が主な内容でございます。また、19年度は森林整備地域活動支援交付金を活用しまして、団地化しての整備に向け、森林の現況調査を行っております。
 続きまして、35ページをお願いします。目1の商工総務費では、商工会への補助、中小企業者の融資に対する利子補給、保証料補給が主な内容でございます。増額となっておりますが、これにつきましては、19年度は工場等誘致振興条例に基づきます株式会社荻窪金型製作所への補助金の関係で増額となっているという経過でございます。
 目2の観光費では、観光振興に伴うそれぞれの記載の団体への補助金が主な内容でございます。
 目3の交流施設総務費では、セピア安曇野、イベント広場、ちひろ公園の維持管理経費の実績と、温泉施設ふれあい交流センター整備基金積み立てが主な内容でございます。
 次のページに、決算年度対比報告書を添付してありますので、後ほどごらんをいただきたいというように思います。
 37ページをお願いします。目4の温泉施設管理費では、温泉施設すずむし荘の管理運営経費でございます。19年度は特に第1源泉のポンプが故障いたしまして、入れかえ工事を実施いたしました。こちらにつきましても、次ページに決算年度対比報告書を添付してありますので、後ほどごらんをいただきたいと思います。
 39ページをお願いいたします。目5の寄って停まつかわ管理費では、寄って停まつかわの管理運営費が主な内容でございます。昨年度は、特に備品といたしまして、厨房のガステーブルを購入しております。こちらも次のページに決算年度対比報告書を添付してありますが、特に、寄って停の関係では、収入の合計では対前年比107.7%でございました。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) 続きまして、建設水道課関係をお願いいたします。
 成果表の41ページをごらんいただきたいと思います。土木管理費の1目土木総務費でございますが、300万ほど減額になっております。これにつきましては、18年度におきまして下水道とあわせてシステムのデジタル化を行ったということで、19年度につきましては、通常の道路台帳補正業務のみとなって減額となっております。
 2項の道路橋梁費1目の道路橋梁総務費ございますけれども、これにつきましてはふえておりますが、上緑町地区の兼用側溝、これの県単事業割分でございます。
 2目の道路維持費につきましては、若干ふえておりますけれども、昨年、備品購入で除雪車の購入、それから18年度は2回の出動に対しまして、19年度は4回出動したということで、若干委託料、それから経常経費の方がふえております。
 3目の道路新設改良費につきましては、昨年同様でございますけれども、主にまちづくり交付金事業、それから村単独事業に伴います委託料、工事費、公有財産購入費、補償補てん等で、記載のとおりでございます。
 4目の交通安全施設整備事業費ですけれども、昨年同様、地区住民の要望に伴いますカーブミラー、ライン等の工事が主なものでございます。
 河川費につきましては負担金で、記載のとおりでございます。
 また、住宅費につきましては昨年同様でございますけれども、若干減っておりますが、主なものとしましては消火器の購入をしてございます。
 下水道費につきましては、下水道特別会計へ繰出金で、記載のとおりでございます。
 施設整備費につきましては、主なものとしましては委託料としまして、ちひろ公園の測量業務を行っております。ほかにつきましては経常経費でございます。
 国営公園対策費につきましては、減額になっておりますけれども、18年度におきましては、緑の愛護の集いということで、100万円の負担金を出しているといった関係でございます。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 続きまして、総務学校課関係をお願いいたします。
 43ページです。1目の教育委員会費につきましては、教育委員会の経常経費ということで、ごらんのとおりでございます。
 それから、その下、2目の事務局費につきましては、前年に比べましてふえているのは19節で、小学校の30人規模学級の負担金が新規に発生したことによるものでございます。
 それからその下、教員住宅費につきましては、細野の教員住宅の購入に伴うものでございますけれども、平成22年までこの経費については発生をするということでございます。
 それから、続いて44ページお願いいたします。4目のスクールバス運行費、それから5目の外国青年招致費につきましては、それぞれ記載のとおりでございます。
 それから、45ページにまいりまして、小学校費でございますけれども、1目の学校管理費で前年に比べてふえておりますのは、46ページの17の財産購入費といたしまして、小学校利用者のための駐車場の用地630万円余りを購入したことによるものでございます。
 その下、2目の教育振興費につきましては、記載のとおりでございます。
 それから、47ページにまいりまして、中学校費でございますけれども、ここに学校の管理運営にかかわる経費ということで、それぞれ記載をしてございます。なお、若干ふえておりますけれども、この内容につきましては、一番下の18節の備品購入費で、生徒用の机、いす、それぞれ新規に更新したことによるものが主なところでございます。
 それから、続いて48ページに行きまして、教育振興費の関係につきましては、ここに記載のとおりでございます。
 それから、その下、相談事業については多く減っておりますけれども、これは心の教室の事業が、この19年において終了したことによるものでございます。
 それから、49ページにまいりまして、文化財保護費大きく減っておりますけれども、18年度で公有財産購入ということで、西原の遺跡公園の用地を土地開発基金の方から買い戻したことが、この19年度でなかったということでございます。
 それから、その下、6目の収蔵施設の管理費につきましては、記載のとおりでございます。
 それから最後に、学校給食の運営費でございますけれども、金額が若干ふえておりますけれども、松川村の負担は53.2%になっております。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) それでは、公民館関係をお願いいたしたいと思います。
 50ページでございます。1目の社会教育総務費の関係でございますが、昨年より増となっておりますが、これにつきましては、文化施設係等の増設によりまして、人件費の増でございますのでお願いいたします。事業内容、それから経費等につきましては、ほぼ前年どおりでございますので、御確認をいただきたいと思います。
 それから51ページ、2目の公民館費でございますが、主な内容につきましては、公民館の管理経費でございます。ほぼ前年どおりでございますので、御確認をいただきたいと思います。
 それから52ページ、3目の図書館費でございます。これにつきましては増になっておりますが、昨年、県の元気づくり支援事業をいただきまして、おはなしワンダーランド等を実施をいたしまして、消耗品あるいは図書購入等が増となっております。
 それから、4目の生涯学習推進費でございますが、生涯学習推進のための各種学級、講座、それから文化祭等の開催、それから生涯学習センターの管理費が入ってございます。ほぼ前年どおりでございますので、お願いいたします。
 それから53ページですが、保健体育総務費でございます。これにつきましては、主な内容、体育指導員、あるいは体育協会の補助でございます。ほぼ前年どおりでございますので、御確認をいただきたいと思います。
 それから、2目の体育施設費でございますが、若干減になっておりますが、これは前年度にスポーティプラザの改修工事がありまして、その分が減ってございますが、そのほかにつきましては、ほぼ前年どおりでございますので、御確認をいただきたいと思います。
 最後、3目の体力増強事業費でございますが、これは村民運動会、分館対抗球技大会等の開催経費でございます。これにつきましても、ほぼ前年どおりでございますので、内容等は御確認をいただきたいと思います。
 以上であります。
○議長(甲斐澤明君) 議会事務局長。
◎事務局長(丸山正芳君) 続きまして、議会並びに監査関係をお願いいたします。
 成果表1ページをお願いいたします。議会費ですが、前年度に比べ増額となっておりますが、これは議員共済費の公費負担分の増などによるものです。それ以外は前年度に比べ大きく変わった点はございません。会議の審議状況、請願・陳情等の処理状況は表のとおりでございます。
 次に2ページをお願いいたします。総務費の監査委員費でございます。監査委員の報酬、旅費を主にする経常経費ですが、前年度に比べ大きく変わった点はございません。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第45号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第46号 平成19年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、国民健康保険税関係につきまして、御説明を申し上げます。
 55ページごらんをいただきたいと思います。平成19年度保険税の収納状況を記載してございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 次のページ、56ページをお願いいたします。保険税の目の1一般被保険者国民健康保険税の関係でございます。税額の決算額が減額となっております。税率につきましては、前年度と変更はございませんけれども、被保険者の人数が減少しているということが主な理由となっております。医療費給付分、介護費納付分につきまして、それぞれ記載をしてございますので、御確認をお願いをしたいと思います。
 続きまして57ページ、退職被保険者国民健康保険税の関係でございます。決算額が500万円ほど増となっております。これは、被保険者の人数が増となっているのが主な内容でございます。医療費給付分、介護費納付分につきまして、それぞれ内容を記載してございますので、御確認をお願いしたいと思います。
 なお、一般分と退職分を合わせまして、保険税につきましては、前年度1%の増となっております。また、村税もそうでございますけれども、国保税につきましても徴収率が下がっているという状況でございます。今後とも徴収に努力をしてまいりますので、よろしくお願いをしたいと思います。
 以上で、説明の方を終了させていただきます。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、決算書の65ページの歳入から御説明申し上げます。
 3款の国庫支出金の方から御説明申し上げます。3款の国庫支出金は、医療費に対する定率国庫負担であります療養給付費等負担金、それから高額な医療に対し支援を受ける共同事業医療費負担金と、後期高齢者に対する交付金や、ヘルスアップ事業にかかわります財政調整交付金と、後期高齢者医療設立準備補助金等でございます。
 次の66ページをお願いします。4款の県支出金は、共同事業医療費負担金と財政調整交付金でございます。内容は国庫支出金と同でございます。
 5款の療養給付費交付金は、診療報酬支払基金より退職者医療該当者への医療費に対する現年、過年度分でございます。
 それから、6款の共同事業交付金は、医療費30万円以上、レセプト1枚1カ月となりますけれども、これを超える診療に対する互助事業費の保険財政共同化事業交付金と、医療費450万円以上を超える診療に対する互助事業の超高額医療分でございます。
 次ページ、7款の基金利子と財産収入、8款の繰入金は、一般会計と支払準備基金からとなっております。
 9款の繰越金、10款の諸収入につきましては、ごらんをいただきたいと思います。
 続きまして、歳出でございますけれども、70ページをお願いします。1款の総務費は臨時職員の賃金、徴税費、運営協議会、それから国保連合会への資格確認業務委託等でございます。
 2款の保険給付費につきましては、1項の療養給付費が一般と退職の医療費の保険者負担分でございます。
 71ページになりますけれども、2款の高額療養費は一般・退職の保険者負担分でございます。1人当たりの医療費につきましては、概算で約39万円となりまして、昨年の36万7,000円を多少上回っております。
 その他、72ページになりますけれども、3項の移送費、4項の出産育児諸費、5項の葬祭諸費はごらんをいただきたいと思います。
 それから3款の老人保健拠出金につきましては、老保への国保負担分でございます。
 73ページ、4款の介護給付費は、介護保険制度を運営するため保険者負担分。
 それから、5款の共同事業支出金につきましては、医療費30万円を超える医療費の市町村互助事業負担分でございます。
 74ページをお願いします。6款の保健事業費につきましては、ヘルスアップ事業委託金と人間ドックの補助が主なものでございます。
 それから、7款の基金積立金から、75ページの10款の予備費については、ごらんをいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で議案第46号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第47号 平成19年度松川村老人保健特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、平成19年度の老人保健特別会計の歳入の方から御説明申し上げます。
 決算書の83ページをお願いします。まず歳入ですが、1款の支払基金交付金は、医療費交付金と審査支払手数料交付金でございます。
 2款の国庫支出金、3款の県支出金は医療費の負担金です。
 4款の繰入金につきましては、一般会計からでございます。
 5款の繰越金は前年度の繰越分。
 6款の諸収入は、84ページの2項の雑入で、第三者行為による納付分でございます。
 続きまして、歳出になりますが、85ページをお願いします。1款の医療諸費につきましては1目及び2目は医療費分、3目はこれに伴います審査支払手数料分でございます。1人当たりの医療費は概算で72万6,000円。まだ中間報告の段階ですけれども、県平均の72万6,000円より増となっておりまして、県下では17番目となっております。ちなみに、前年度は約70万6,000円ですので、若干伸びているというのが現状でございます。
 それから、2款の諸支出金は、一般会計への繰出金としての償還金です。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 以上で議案第47号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第48号 平成19年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、歳入の方から御説明申し上げます。
 決算書の91ページをお願いします。1款の使用料及び手数料は、723件の使用料、8件の永代使用料と督促料分でございます。
 2款の財産収入は、基金利子分でございます。
 3款の繰越金は、前年度分の額でございます。
 続きまして、歳出ですが、92ページをお願いします。1款の総務費の主な歳出は、13節の委託料の清掃委託と、23節の償還金で4聖域返還によるもの、また25節積立金は整備基金へ積み立てるものでございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で議案第48号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第49号 平成19年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、御説明申し上げます。
 本特別会計におきましては、ほぼ昨年同様でございます。6戸の家賃収入と一般会計繰入金が主なもので、歳出につきましては、公債費が主なものとなっております。全体の約94%が公債費でございます。
 なお、詳細につきましては、決算事項明細書99ページから記載してございますので、ごらんをいただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 以上で議案第49号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第50号 平成19年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは御説明申し上げます。
 本特別会計につきましては、成果表の58ページをごらんをいただきたいと思います。平成19年度におきましては、下水道の整備戸数が35戸増、全体で3,365戸となっております。また、下水道の使用開始戸数につきましては129戸の増、2,628戸となっております。また、管の総延長につきましては0.38キロの増ということでございます。
 主な内容としましては、下水道の浄水苑の建設第3期工事ということで、18年度から19年度にかけて水処理棟、それから管理棟を行ってきました。その関係で、委託料としまして3億3,300万という内容になっております。
 また、2項の下水道管理費1目の下水道管理費でございますが、これにつきましては、減額になっているわけですけれども、積立金の部分で、そっくりその分が減額になっている内容でございます。それから、下水道管理費につきましては、接続率の向上に伴いまして、維持管理等が若干増額となっている内容でございます。
 公債費につきましては、元金、利子ともに記載のとおりでございます。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 以上で議案第50号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第51号 平成19年度松川村水道事業会計決算書の補足説明を行います。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、133ページをごらんをいただきたいと思います。19年度の業務量につきましては、(1)の業務量で、平成19年度、18年度それぞれ対比して記載してございます。この内容につきまして御説明をさせていただきたいと思います。
 137ページをお願いします。収益的収入及び支出明細でございますが、税抜きでございます。営業収益といたしましては、68万2,000円の増となっております。これにつきましては、給水収益でございます。
 それから、2項の営業外収益でございますけれども、消火栓の維持管理費の取りかえ19基、これ一般会計よりの入でございます。雑収益につきましては、使用料徴収負担金ということで、下水道会計からの入でございます。
 続きまして、138ページをお願いいたします。1目の原水及び浄水費100万円ほど増になっておりますけれども、第2配水池の屋根の塗りかえ工事が主なものとなっております。
 また、2目の配水及び給水費95万円ほど増になっておりますけれども、減圧弁の交換村内4か所行っておりまして、同じく修繕費の増になってございます。それからまた工事請負費が310万円ほどふえてございますけれども、中学校の正面玄関前の老朽化による布設替工事、また川西地区の山林間の布設替を道路改良工事に伴いまして行っておる関係で、増額となっております。
 139ページをお願いいたします。4目の業務費の委託料が330万ほどふえておりますけれども、検満によるメーター交換が110件行った内容でございます。
 また、減価償却費でございますけれども、18年度に取得した資産の償却が始まったためふえております。
 140ページをお願いいたします。項2の営業外費用1目の支払利息でございますけれども、繰上償還を昨年2本行いまして、その関係で減額となっている内容が主なものでございます。
 また、過年度損益修正損につきましては、18年度は5名ということでありましたけれども、法で2年で時効という形の中で、18年度につきましては15名を落としてございます。
 続きまして、すみません、戻っていただきまして、124ページをお願いいたします。3条関係になりますけれども、損益計算書でございます。一番下に当年度分の利益剰余金1,275万9,842円という形で利益が出てございます。
 128ページをお願いいたします。19年度の水道事業会計の貸借対照表でございますけれども、資産合計が28億8,305万3,760円。なお、流動資産のイの現金及び預金につきましては、4億3,606万4,396円という内容でございます。また、負債につきましては、負債資本合計28億8,305万3,760円ということで、先ほど説明申し上げました余剰金につきましては、1,275万9,842円という内容でございます。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 以上で議案第51号の補足説明を終わります。
 これで、平成19年度各会計決算書の補足説明を終わります。
 これで、本日の日程は全部終了いたしました。
 これにて散会をいたします。
 大変御苦労さまでございました。
                               午後 3時40分 散会