議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成25年第 2回定例会−06月25日-03号




平成25年第 2回定例会

           平成25年松川村議会第2回定例会会議録
                                     〔第3号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成25年6月25日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                   │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 議│平成25年 6月25日 午前10時00分│議 長│平 林 寛 也│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │閉 会│平成25年 6月25日 午前10時26分│議 長│平 林 寛 也│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│ 応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ 出席並びに欠席議員 │ 1 │平 林 寛 也│ ○ │ 7 │新 村 久仁男│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ 出席12名 欠席 0名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │甲斐澤   明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   3番  │井 上 直 昭│   4番  │甲斐澤   明│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │伊 藤 勇 二│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長 │大 澤   浩│
│          │       │       │兼公民館長  │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │梨子田 公 雄│総務課統括課長│丸 山   稿│
│          │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│教育長    │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │会計管理者  │白 澤   繁│       │       │
│          │兼会計課長  │       │       │       │
│   全員出席   ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │古 畑 元 大│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │須 沢 和 彦│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │            別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘


               本日の会議に付した事件

日程第1 議案の上程
 議案第32号 TPP交渉において「断固として国益を堅持すること」を求める意見書
日程第2 委員長報告
 報告第 5号 生活保護基準の引き下げをしないことを求める意見書提出についての請願
 報告第 6号 墓地開発事業反対についての陳情
日程第3 議会運営委員会の閉会中の所管事務調査について
日程第4 議員派遣の件について
日程第5 村長あいさつ



                               午前10時00分 開議
○議長(平林寛也君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 直ちに議事に入ります。
△日程第1 議案の上程
○議長(平林寛也君) 日程第1 議案の上程を行います。
 議案第32号 TPP交渉において「断固として国益を堅持すること」を求める意見書を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。榛葉良子議員。
◎12番(榛葉良子君) それでは、別紙をごらんください。
 TPP交渉において「断固として国益を堅持すること」を求める意見書
 政府は、TPP交渉に参加する旨を表明した。
 このことは、国民生活へのさまざまな分野への大きな影響が予想され、日本の命運を左右するとして当松川村議会では「交渉をめぐる情勢等国民への情報開示と国民的議論を求め、国益に即した具体的な政府の統一見解を情報開示されたい」と強く要望してきた。
 しかし、この極めて重要な課題の「世界に誇る日本の医療制度・日本の伝統文化・美しい農村を断固として守り抜く」などの決意は示しているが、交渉をめぐる情勢等国民への情報開示が極めて不十分であり、国民的議論も進んでいない。
 政府においては「日本の価値」を守るよう交渉を進めるとともに、「国益」を確保できないと判断した場合は、脱退も辞さない覚悟をもって対策を講ずるよう強く求める。
                    記
1.政府として責任ある情報の開示と、公正・公平な運営による国民的議論の場を設定すること。
2.「国益」確保の具体的な対策を、政府の統一見解として明示すること。
3.この1及び2を実施しない限り、TPP交渉の脱退も辞さない覚悟で交渉をすること。
 以上であります。
 意見書提出先ですが、内閣総理大臣、財務大臣、総務大臣、外務大臣、厚生労働大臣、農林水産大臣、経済産業大臣、内閣官房長官。
 以上であります。
○議長(平林寛也君) 本議案は議長を除く全議員の提案でありますので、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。これから議案第32号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
△日程第2 委員長報告
○議長(平林寛也君) 日程第2 委員長報告を行います。
 報告第5号 生活保護基準の引き下げをしないことを求める意見書提出についての請願についての委員長報告を求めます。社会福祉文教常任委員長。
◎社会福祉文教常任委員長(井上直昭君) (報告)
 ちょっとつけ加えたいと思いますが、国は2006年に、平成18年ですが、老齢加算を廃止したということなんです。それで生活保護費を約2割を減額したということですが、これは東京都の資料で申しわけございませんが、老齢加算は15年、16年、17年、3カ年にわたり、18年に廃止をしたということです。
 約2割減額の関係ですが、生活保護費ですが、東京都の関係では9万3,000円が7万5,000円に減額されたということです。これは地方にも3級地ということの中で、もちろん減額されたと思います。
 これ以上減額はやってほしくないということの中で、今回も生活保護費を3段階にわたって3年後に670億円が減額されるということでございます。そういうことの中で健康で文化的な最低限度の生活をしていく上にも、これ以上の引き下げはしてほしくないということで決定したわけでございます。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第5号について、ただいまの委員長報告どおり採択することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり採択とすることに決定しました。
 続いて、報告第6号 墓地開発事業反対についての陳情についての委員長報告を求めます。議案等審査特別委員長。
◎議案等審査特別委員長(白澤富貴子君) (報告)
○議長(平林寛也君) 全議員による審議でありますので、委員長報告に対する質疑は省略します。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。佐藤節子議員。
◆2番(佐藤節子君) ではお願いします。私は委員長報告の墓地開発事業についての要望書の趣旨採択につきまして反対の立場から意見を申し上げます。
 私たちは住民の代表者として、隣接地域の事前説明会で真剣な意見、様子を3回傍聴させていただき、また今日まで村内全域の皆様からも墓地開発には反対の意見や声を預かり、さらに今定例議会では、議会に対しまして芦間川右岸開発反対対策委員会からも要望が出されまして、全てが反対の御意見であり、意見は出尽くしたと思っております。
 村民からの開発賛成の要望は一度も聞いておりません。松川村は今申し上げましたように、村民憲章に誓って全力で村発展と村民の安心・安全を目指しているとき、当地にはかつて大きな土砂災害があったという歴史があるわけでありまして、墓地開発事業の反対には勇気と責任を持って立ち向かっていきたいというふうに思います。
 また、委員長の朗読されたただいまの意見書の文面は地域や要望者の心情を深く酌んだまことによい内容でありまして、内容には賛成であります。なればこそ、議会は村民の味方であり、村と議会は車の両輪として臨んできましたので、趣旨採択にとどめるのではなく、議会は火の粉をかぶってでも問題解決のために一歩でも近づくために採択することを強く望んで趣旨採択には反対をいたします。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。甲斐澤明議員。
◆4番(甲斐澤明君) 私は、墓地開発事業反対の陳情を趣旨採択としたことに賛成の立場で討論をいたします。
 もちろんこの案件の意見書を提出するには陳情者と関係住民はさんざん苦労もし、不安を抱いてきたと思います。この心情を考えると採択をしたいのはやまやまですが、陳情書の全体的に採択をするには難があります。
 その理由の1つとして、南神戸の商業施設を購入する件、この件もあくまでうわさ話であること。
 2に村民の力を結集せよとありますが、まだ事前協議中で業者の今後の動きもどう動くのか把握できない状況下であり、村民全体に説明しようにも、村づくり条例17条に示された公聴会も開けない状態です。ゆえに、陳情書の一部を採択し、村長に要望を出しました。
 村も近隣住民の反対を真摯に真剣に受けとめていますし、住民を代表する議会も村と協調をしながらこの事態に取り組んでいくことを表明しています。この事案が進んでいくようなことになれば、村づくり条例自体が疎んじられるおそれもあります。趣旨採択ではありますが、この事案に立ち向かう姿勢は村も議会も毅然として揺るぎないことを確約し、賛成討論といたします。
 以上です。
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第6号について、ただいまの委員長報告どおり趣旨採択することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 多 数)
○議長(平林寛也君) 起立多数。よって、本案は委員長報告どおり趣旨採択とすることに決しました。
△日程第3 議会運営委員会の閉会中の所管事務調査について
○議長(平林寛也君) 日程第3 議会運営委員会の閉会中の所管事務調査についてを議題とします。
 議会運営委員長から、松川村議会会議規則第75条の規定により、お手元に配付しました所管事務の調査事項について、閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りします。議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。
△日程第4 議員派遣の件
○議長(平林寛也君) 日程第4 議員派遣の件についてを議題とします。
 お手元に配付の議員派遣の件を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(伊藤勇二君)
  議員派遣の件
                                平成25年6月25日
 当議会は、地方自治法第100条第13項及び松川村議会会議規則第120条の規定により、次のとおり議員を派遣するものとする。
 1 県への要望活動
(1)目  的  村の活性化と発展に資する
(2)派遣場所  長野市 県庁
(3)期  間  平成25年7月4日
(4)派遣議員  全議員
 2 長野県町村議会議員研修会
(1)目  的  議員の職務遂行に必要な知識及び情報を提供し、もって議会の活性化を図り、住民福祉の向上に資する
(2)派遣場所  松本市キッセイ文化ホール
(3)期  間  平成25年7月25日
(4)派遣議員  全議員
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) お諮りします。お手元に配付のとおり、議員派遣することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、お手元に配付の資料のとおり、議員派遣することに決定しました。
 なお、次期定例会までに急を要する場合は、松川村議会会議規則第127条の規定により、議長において議員の派遣を決定しますので、申し添えます。
 これで付議された議案は全て終了しました。
△日程第5 村長あいさつ
○議長(平林寛也君) 村長挨拶を願います。村長。
◎村長(平林明人君) 6月定例会閉会に当たりまして、一言御礼の御挨拶をさせていただきます。
 6月の18日より本日まで8日間にわたりまして、御熱心に御審議をいただき、村から提案をさせていただきました議案につきましては、全て原案どおりお認めをいただきまして、まことにありがとうございました。
 また、今回いただきました一般質問等の御意見につきましては、今後の業務の参考にさせていただきたいというように思います。
 そして、今回は鹿港との友好協定によりまして、議会が1週間ほどいつもより遅くなっておりました。このことについて全議員の皆様の御理解をいただきまして本当にありがとうございました。
 鹿港でありますけれども、この6月の12、3日ごろに毎年一大行事でありますドラゴンボートの大会があるそうでございます。そういう中で今年もチーム編成をして出てくれてというような要請があったわけでありますけれども、今年はちょっと遠慮をさせていただきましたけれども、来年はこぎ手をそろえまして、何とか出たいというように思っております。そういたしますと、また議会との問題が出てきますので、これから議会の皆様と調整をさせていただきまして、1週間おくれて、特に問題が私は今回なかったような気がいたしておりますので、御意見をまた伺ってまいりたいというように思っております。
 いずれにしましても、この鹿港との友好が長く続きますよう私どもも頑張ってまいりたいというように思いますけれども、議会議員の皆様の御協力がなければできないことでありますので、これからもどうぞ御協力をいただきますよう、お願いを申し上げておきたいというように思います。
 きょうは午後7時から、もてナイの放映がされます。そんな中で、その後の状況は入っておりません。どういうようになっておりますかわかりませんけれども、今夜しっかり皆さんにも見ていただきながら応援をしてまいりたいというように思います。ぜひ花束をいただいた方に会いましたら、頑張れというように一言添えていただけたらというように思います。
 また、8月3日には松川村の最大行事であります、ふるさと祭りが行われます。議会の皆様もいつも屋台、屋台って言えばいけませんけれども、を出していただきまして子供たちが、また大人の皆さんが、楽しみに待っておりますので、ぜひ盛大にやっていただけたらというように思います。
 これからさらに暑くなるというように思いますので、ぜひお体には御注意をされまして、その場で、その場でさらに御活躍ができますことを御祈念をいたしまして、簡単でありますけれども、閉会の御挨拶とさせていただきます。
 まことにありがとうございました。
○議長(平林寛也君) 以上で、平成25年第2回定例会を閉会します。
 大変御苦労さまでした。
                               午前10時26分 閉会



以上会議のてん末を記載し、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


     平成  年  月  日


         松川村議会議長


         松川村議会議員


         松川村議会議員