議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成20年第 1回定例会−03月11日-01号




平成20年第 1回定例会

                会  議  日  程

 ┌──────┬──┬───┬────────────────────────────┐
 │ 月  日 │曜日│会 議│        予          定         │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │ 3月11日│ 火 │本会議│一般議案審議                      │
 │      │  │   │平成20年度各会計予算上程・提案説明・補足説明     │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   12日│ 水 │本会議│各会計予算総括質問、予算特別委員会設置・付託      │
 │      │  │   │請願・陳情等委員会付託、全員協議会           │
 │      │  │   │一般質問通告午後1時締切                │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   13日│ 木 │委員会│予算特別委員会                     │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   14日│ 金 │委員会│予算特別委員会                     │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   15日│ 土 │休 日│                            │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   16日│ 日 │休 日│                            │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   17日│ 月 │委員会│予算特別委員会(まとめ)                │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   18日│ 火 │委員会│中学校卒業式                      │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   19日│ 水 │委員会│小学校卒業式                      │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   20日│ 木 │休 日│春分の日                        │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   21日│ 金 │委員会│                            │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   22日│ 土 │休 日│                            │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   23日│ 日 │休 日│                            │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   24日│ 月 │本会議│一般質問                        │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   25日│ 火 │本会議│保育園卒園式                      │
 │      │  │   │開議午後1時 一般質問                 │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │   26日│ 水 │本会議│追加議案審議、委員長報告、選挙、全員協議会       │
 └──────┴──┴───┴────────────────────────────┘

付 議 事 件
 専決第 1号 平成19年度松川村一般会計補正予算(第6号)
 議案第 3号 松川村後期高齢者医療に関する条例
 議案第 4号 付属機関設置条例の一部を改正する条例
 議案第 5号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 6号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例
 議案第 7号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例
 議案第 8号 長野県後期高齢者医療広域連合規約の変更について
 議案第 9号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分について
 議案第10号 村道の廃止について
 議案第11号 村道の認定について
 議案第12号 平成19年度松川村一般会計補正予算(第7号)
 議案第13号 平成19年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第14号 平成19年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
 議案第15号 平成19年度松川村水道事業会計補正予算(第5号)
 議案第16号 平成20年度松川村一般会計予算
 議案第17号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計予算
 議案第18号 平成20年度松川村老人保健特別会計予算
 議案第19号 平成20年度松川村後期高齢者医療特別会計予算
 議案第20号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算
 議案第21号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算
 議案第22号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算
 議案第23号 平成20年度松川村水道事業会計予算
 議案第24号 予算特別委員会の設置について
 議案第25号 松川村副村長の選任について
 議案第26号 松川村監査委員の選任について

 選挙第 1号 常任委員の選任について
 選挙第 2号 議会運営委員の選任について
 選挙第 3号 北アルプス広域連合議員の選挙について
 選挙第 4号 高瀬広域水道企業団議員の選挙について
 選挙第 5号 池田松川施設組合議員の選挙について
 選挙第 6号 穂高広域施設組合議員の選挙について

 報告第 1号 平成20年度各会計予算について
 報告第 2号 医師・看護師不足を解消し、安心できる地域医療体制の確保を求める陳情書
 報告第 3号 「鳥獣被害防止特措法」関連予算を、鳥獣捕殺ではなく自然林復元と被害防除に使うこと等を求める意見書提出に関する陳情
 報告第 4号 老人医療費給付事業の継続を求める陳情書
 報告第 5号 保険業法から共済制度の適用除外を求める陳情書
 報告第 6号 農地政策の見直しに関する要請及び農業委員会の必置規制の堅持に関する要請
 報告第 7号 総務産業建設常任委員長、副委員長の互選結果の報告について
 報告第 8号 社会福祉文教常任委員長、副委員長の互選結果の報告について
 報告第 9号 議会運営委員長、副委員長の互選結果の報告について



                  陳情一覧表

 陳情
┌─────┬────────────────────┬────────────────┐
│受付年月日│      件       名      │     陳  情  者     │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 20. 2.26 │医師・看護師不足を解消し、安心できる地域│松川村5724-335         │
│     │医療体制の確保を求める陳情書      │全日本年金者組合大北支部    │
│     │                    │執行委員長  井川 恵右    │
│     │                    │池田町池田安曇病院内      │
│     │                    │長野県厚生連安曇総合病院労働組合│
│     │                    │執行委員長  山内  優    │
│     │                    │大町市堀六日町         │
│     │                    │大北地区労働組合連合会     │
│     │                    │議長  明石 好和       │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 20. 2.26 │「鳥獣被害防止特措法」関連予算を、鳥獣捕│兵庫県西宮市分銅町1-4      │
│     │殺ではなく自然林復元と被害防除に使うこと│日本熊森協会          │
│     │等を求める意見書提出に関する陳情    │会長  森山 まり子      │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 20. 2.26 │老人医療費給付事業の継続を求める陳情書 │長野市鶴賀629-1長野東口ビル   │
│     │                    │長野県医療団体連絡懇談会    │
│     │                    │県保険医協会          │
│     │                    │会長  鈴木 信光 他3団体  │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 20. 2.26 │保険業法から共済制度の適用除外を求める陳│茅野市湖東笹原1142       │
│     │情書                  │長野県勤労者山岳連盟      │
│     │                    │会長  清水  馨 他3団体  │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 20. 2.26 │農地政策の見直しに関する要請      │松川村76-5           │
│     │                    │松川村農業委員会        │
│     │                    │会長  榛葉 良行       │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 20. 2.26 │農業委員会の必置規制の堅持に関する要請 │松川村76-5           │
│     │                    │松川村農業委員会        │
│     │                    │会長  榛葉 良行       │
└─────┴────────────────────┴────────────────┘



            平成20年松川村議会第1回定例会
         村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 1 │10│白 澤 富貴子│1 村長の政治姿勢           │村長     │
│  │  │       │2 子育て支援             │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │ 2 │平 林 源 起│1 森林税導入と森林整備について    │村長     │
│  │  │       │2 指定管理者制度の導入について    │村長     │
│  │  │       │3 長期計画の策定について       │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │ 4 │渡 邉 尚 省│1 廃止すべき後期高齢者医療制度について│村長     │
│  │  │       │2 夢と希望の農業(観光)振興ビジョンに│村長     │
│  │  │       │  ついて               │       │
│  │  │       │3 南神戸区騒音問題の解決について   │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 4 │12│佐 藤 節 子│1 松川村の開発条例等の見直しについて │村長     │
│  │  │       │2 社会教育の現状と今後の対応について │村長     │
│  │  │       │3 観光協会への期待と駅前整備について │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 5 │ 5 │平 林 寛 也│1 村長の政治姿勢について       │村長     │
│  │  │       │ (2期目の公約に対する具体策について)│       │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 6 │ 6 │横 沢 喜 造│1 村長の政治姿勢           │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 7 │ 8 │河 内 國 治│1 古い農薬の処分について       │村長     │
│  │  │       │2 各区からの要望事項等について    │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 8 │ 3 │榛 葉 良 子│1 村長の政治姿勢について       │村長     │
│  │  │       │2 農業政策について          │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 9 │ 1 │甲斐澤   明│1 村長の今後の抱負と職員等の資質につい│村長     │
│  │  │       │  て                 │       │
│  │  │       │2 生産調整について          │村長     │
│  │  │       │3 北アルプス山麓ブランド品に認定された│村長     │
│  │  │       │  「鈴ひかり」について        │       │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘



          平成20年第1回松川村議会定例会会議録
                                      〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │    平成20年3月11日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │    松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成20年 3月11日 午前10時00分│議 長│甲斐澤   明│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成20年 3月11日 午後 3時37分│議 長│甲斐澤   明│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│ 応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│ 出欠 │議席?│氏     名│ 出欠 │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ 出席並びに欠席議員 │ 1 │甲斐澤   明│ ○ │ 7 │新 村 久仁男│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ 出席12名 欠席 0名 │ 2 │平 林 源 起│ ○ │ 8 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │榛 葉 良 子│ ○ │ 9 │矢 口 弦八郎│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │渡 邉 尚 省│ ○ │ 10 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │平 林 寛 也│ ○ │ 11 │井 上 直 昭│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │佐 藤 節 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │  11番  │井 上 直 昭│  12番  │佐 藤 節 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │丸 山 正 芳│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│総務課統括課長│白 澤   繁│
│          │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│副村長    │奥 野 勝 久│環境福祉課統括│白 沢 庄 市│
│          │       │       │課長補佐   │       │
│明のため出席した者の├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │教育長    │綱 島 幸 男│       │       │
│職・氏名      ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │総務課長   │西 澤   勇│       │       │
│   全員出席   ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │会計管理者兼 │鈴 木   智│       │       │
│          │会計課長   │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │環境福祉課長 │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │伊 藤 勇 二│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │茅 野 英太郎│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │公民館長   │後 藤 拓 男│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘


               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 専決第 1号 平成19年度松川村一般会計補正予算(第6号)
 議案第 3号 松川村後期高齢者医療に関する条例
 議案第 4号 付属機関設置条例の一部を改正する条例
 議案第 5号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 6号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例
 議案第 7号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例
 議案第 8号 長野県後期高齢者医療広域連合規約の変更について
 議案第 9号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分について
 議案第10号 村道の廃止について
 議案第11号 村道の認定について
 議案第12号 平成19年度松川村一般会計補正予算(第7号)
 議案第13号 平成19年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第14号 平成19年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
 議案第15号 平成19年度松川村水道事業会計補正予算(第5号)
 議案第16号 平成20年度松川村一般会計予算
 議案第17号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計予算
 議案第18号 平成20年度松川村老人保健特別会計予算
 議案第19号 平成20年度松川村後期高齢者医療特別会計予算
 議案第20号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算
 議案第21号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算
 議案第22号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算
 議案第23号 平成20年度松川村水道事業会計予算



                               午前10時00分 開会
○議長(甲斐澤明君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。定足数に達しておりますので、これから平成20年松川村議会第1回定例会を開会いたします。
 会議に先立ち、議長より一言ごあいさつを申し上げます。
 今般の松川村村長選挙において、平林明人村長が無投票により当選の栄を得られました。ここに改めて祝意をあらわし、ともに松川村発展のために格段の御尽力をお願いを申し上げます。
 村長は、4つのすばらしい公約を掲げておりますが、その詳細については、後日の一般質問でお聞きしたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。
 20年度の村税、地方交付税は、微増及び前年並みの見込みであるものの、将来にわたっては国や県の地方自治体に対する制度改正により、大変厳しい財政運営を強いられることは必至であります。それらを踏まえ、平林村長には少なくとも10年先の長期ビジョンを策定していただき、それに向かって、職員ともども一丸となって松川村の発展、反映のために御尽力されんことを大いに期待を申し上げます。目標達成のためには、健康に十分留意されますこと御祈念を申し上げ、御就任に対する歓迎の言葉といたします。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(甲斐澤明君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、11番 井上直昭議員、12番 佐藤節子議員を指名いたします。
△日程第2 会期の決定
○議長(甲斐澤明君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等につきましては、議会運営委員会において審議がされておりますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(平林源起君) (報告)
○議長(甲斐澤明君) これで議会運営委員会委員長報告を終わります。
 お諮りします。本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から3月26日までの16日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から3月26日までの16日間と決定をいたしました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(甲斐澤明君) 日程第3 村長あいさつを願います。村長。
◎村長(平林明人君) おはようございます。
 本日、平成20年第1回松川村議会定例会を招集いたしましたところ、議員皆様方には大変お忙しい中、全員御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。
 昨年暮れからの原油高に始まりまして、中国製ギョーザ、諸物価の値上げ、イージス艦の衝突など数多くの問題があり、国会ではガソリン税にかかわる暫定税率を維持するか、廃止するかのその行方が大きな争点となっております。松川村にとりましては、地域高規格道路建設など早急に進めてもらいたいと思っていることから、財源の確保はきわめて重要な問題であります。暫定税率を維持するよう、関連法案の年度内成立を強く要望しているところであります。
 さて、私ごとで大変申しわけございませんが、先ほど議長からも申されましたけれども、このたびの村長選挙におきまして無投票再選となり、引き続き村政を担当させていただくことになりました。皆様からの信頼を裏切らないよう期待にこたえてまいりたいと、強い決意を持って3月7日から2期目の任務についております。今日までの4年間、清潔と公正、村民参加の村政の推進を基本理念とし、明るい村づくりをしてまいりましたが、これからも議員皆様を初め、村民各位、そして関係機関の方々から御理解と御協力をいただき、さらに明るく元気な村づくりを進めます。村民の皆様にお約束をした村民参加の行政運営、子育て支援、福祉環境対策の推進、企業誘致と村の活性化、地産地消の推進と観光農業の振興の4つの柱を重点に取り組んでまいりたいというように思います。
 それでは、最近の村政の状況などについて、若干申し上げます。
 まず、平成20年度予算についてでありますが、平成20年度予算は、村長選挙があったため、義務的経費を中心に計上した骨格予算で編成しております。6月議会において、投資的経費については補正予算で計上してまいりたいというように思っております。
 次に、多目的交流センター建設事業についてであります。工事は3月上旬に、底盤コンクリート打設を行い、4月に入りスラブ等のコンクリート打設を行い、7月には鉄骨工事を行う予定となっております。来年2月末の完成を目指し、順調に工事は進んでおります。
 なお、補正予算において繰越明許費を計上しております。これはワークショップの実施、一般競争入札による入札方式の採用、建築確認申請の審査期間が変更になったことなどから、19年度予算計上していた工事金額の完成ができなくなりましたことから、事業割合を19年度に4割、20年度に6割に変更するものであります。
 次に公園整備事業についてであります。公園整備事業についても、補正予算において繰越明許費を計上しております。これは、多目的交流センター建設事業との整合性が必要となる中で、発注時期がおくれたことから、19年度工事を繰り越しすることとしました。なお、この工事は6月には完成の予定となっております。
 続いて、農家懇談会等についてであります。農家懇談会は2月の12日から14日の3日間、12会場で実施し、参加者は215名でした。平成19年度から3カ年の指針としてのビジョンを昨年お示しいたしましたが、米価の急激な下落等により、早急な見直しが必要となり、実情に即したビジョンをもとに説明させていただきました。農家の皆様から出されました質問、意見等につきまして検討し、この19日に予定しております村水田農業推進協議会で決定してまいります。
 次に、子育てに関する総合窓口、「子育てリンリンセンター」設置についてであります。今まで子育てに関する相談は、環境福祉課や教育委員会などで相談内容によってそれぞれ対応しておりました。しかし、ケースによっては「どこに相談をしていいのかわからない」などの声があり、子育て全般に関する子育て窓口「子育てリンリンセンター」を設置し、今年4月からスタートをさせます。育児・発育・しつけ・非行・いじめ・不登校・虐待・家庭内暴力など、ゼロ歳から18歳の子供とその家庭に関するあらゆる悩みごと、心配ごとの相談を受け付けます。センターでは役場内の関係課や関係機関を連携をしながら、総合的に対応し、問題解決のために具体的な援助を行います。
 次に、本日上程いたします議案は22件でありますが、概要を若干説明申し上げます。
 専決第1号 平成19年度松川村一般会計補正予算(第6号)は、温泉施設のポンプ修理にかかわる専決報告であります。
 議案第3号 松川村後期高齢者医療に関する条例は、平成20年4月から始まる後期高齢者医療制度の村の行う事務について、新設条例として定めるものであります。
 議案第4号 付属機関設置条例の一部を改正する条例は、松川村水田農業推進協議会を廃止したための改正であります。
 議案第5号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例は、就学相談委員会委員、芸術文化交流推進委員会委員の追加と廃止する委員、名称を変更する委員等のために別表を全部改正するものであります。
 議案第6号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例は、後期高齢者支援金の新設と税率の改正であります。
 議案第7号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例は、被保険者の療養給付費一部負担金2割の3歳未満を就学前まで引き上げるものであります。
 議案第8号 長野県後期高齢者医療広域連合規約の変更については、長野県後期高齢者医療広域連合の議会の安定的な運営を図る等のための変更で、任期の取り扱い等、用語の整備をするものであります。
 議案第9号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分については、広域連合の介護保険業務システム構築費、救助工作車購入費などの経費の一部に充てるため、基金の一部を取り崩し充当するものであります。
 議案第10号 村道の廃止について、議案第11号 村道の認定については、道路改良等により6路線を廃止し、13路線を認定するものであります。
 議案第12号 平成19年度松川村一般会計補正予算(第7号)は、年度終盤を迎え、事業費の確定等に伴う計数整理で、1億9,489万4,000円を減額し、総額を41億6,388万8,000円とするもので、主なものは、多目的交流施設建設事業の年度間の事業量変更により、歳入では基金繰入金2億1,595万円の減額で、歳出では教育費2億3,042万5,000円の減額と、残余として見込まれる額を、公共施設等整備基金に積み立てる等、総務費3,277万7,000円の追加です。第2表繰越明許費は、公園整備事業と多目的交流施設建設事業であります。
 議案第13号から議案第15号までは、国民健康保険特別会計ほか各特別会計の補正予算であります。
 議案第16号から議案第23号までは、一般会計ほか特別会計等の平成20年度予算であります。この中で、新たに始まる後期高齢者医療特別会計予算は議案第19号となっております。
 いずれも、提案時には各担当課長に説明をいたさせますので、御審議の上、議決いただきますようお願いを申し上げ、開会のあいさつとさせていただきます。
 長期間となりますけれども、どうぞよろしくお願いをいたします。
○議長(甲斐澤明君) これで村長あいさつを終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(甲斐澤明君) 日程第4 議会関係の諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読をさせます。事務局長。
◎事務局長(丸山正芳君) 朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1、高瀬広域水道企業団議会2月定例会
  開催期日 平成20年2月6日
  出席議員 甲斐澤議長、矢口副議長
  審議事項等 ・平成19年度補正予算(第1号)
        ・平成20年度会計予算
  審議結果等 各議案は、原案のとおり可決された。
 2、穂高広域施設組合議会第1回定例会
  開催期日 平成20年2月15日
  出席議員 甲斐澤議長、矢口副議長
  審議事項等 ・組合議会議長の選挙
        ・特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の制定
        ・じんかい処理施設等整備基金条例の制定
        ・平成19年度一般会計補正予算(第3号)
        ・平成20年度一般会計予算
  審議結果等 組合議会議長に安曇野市 水谷議長が選任された。
        各議案は、原案のとおり可決された。
 3、北アルプス広域連合議会2月定例会
  開催期日 平成20年2月21日、22日
  出席議員 甲斐澤議長、矢口副議長、白澤議員
  審議事項等 ・平成19年度各会計補正予算等の専決処分報告
        ・特別職の職員等の旅費又は費用弁償に関する条例の一部を改正する条例など条例改正3件
        ・ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分
        ・平成19年度各会計補正予算
        ・平成20年度各会計予算
  審議結果等 各議案は、原案のとおり可決された。
 4、池田松川施設組合議会第1回定例会
  開催期日 平成20年2月27日
  出席議員 甲斐澤議長、矢口副議長、白澤議員、井上議員、河内議員
  審議事項等 ・平成19年度一般会計補正予算(第2号)
        ・平成20年度一般会計予算
  審議結果等 各議案は、原案のとおり可決された。
 5、松川村国民健康保険運営協議会
  開催期日 平成20年1月30日
  出席議員 渡邉議員、佐藤議員
  審議事項等 村長から諮問のあった、平成20年度松川村国民健康保険特別会計予算(案)及び松川村国民健康保険税等について審議した。
  審議結果等 原案のとおり承認することに決定し(税率については20%増)2月7日に附帯事項を添付し村長へ答申した。
 6、松川村上下水道委員会
  開催期日 平成20年2月8日
  出席議員 河内議員、渡邉議員員
  審議事項等 村長から諮問のあった、平成20年度松川村水道事業会計予算(案)について審議した。
  審議結果等 原案のとおり承認することに決定し、2月18日に村長へ答申した。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) これで議会関係の諸般の報告を終わります。
△日程第5 議案の上程
○議長(甲斐澤明君) 日程第5 議案の上程を行います。
 専決第1号 平成19年度松川村一般会計補正予算(第6号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは歳入の関係、5ページをお願いいたします。
 目4温泉施設及びふれあい交流センター整備基金、1の温泉施設及びふれあい交流センター整備基金の関係ですが、すずむし荘の第1源泉のポンプが1月12日に故障したことに伴いまして入れかえ工事をするため、基金968万5,000円を取り崩すものでございます。
 歳出の関係、6ページをお願いします。
 目4温泉施設管理費15の工事請負費ですが、歳入で御説明いたしましたとおり、すずむし荘の第1源泉のポンプの入れかえ工事によります968万5,000円の増額でございます。
 状況でございますが、3月6日に入れかえ工事を完了いたしまして、翌7日から使用を再開しております。以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質議を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第1号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、議案第3号 松川村後期高齢者医療に関する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、議案第3号について御説明を申し上げます。
 松川村後期高齢者医療に関する新設条例についてですが、これにつきましては、冒頭の村長のあいさつにもありましたとおり、平成20年4月から始まる後期高齢者医療に係るものについて、第1条の目的で、高齢者の医療の確保に関する法律、長野県後期高齢者広域連合後期高齢者に関する条例等に定められておりますけれども、松川村の定めるものにつきましては、村が行うべき業務を条例化しております。
 以降、主なものについて御説明申し上げます。
 第2条では、村が行う事務のことを記載しております。主に、申請書の受け付けや、通知書の引き渡しにかかわるものでございます。
 第3条につきましては、村が行う保険料の徴収に関することを記載をしてございます。
 次ページ、第4条になりますが、普通徴収の納期等を記載しております。納期は12期ということになっております。
 それから、第5条でございますが、普通徴収の保険料の前納方法について記載をしてございます。
 第6条におきましては、普通徴収の保険料の本算定後の調整方法について記載をしてございます。
 それから、次ページ、7条でございますけれども、保険料の督促について記載をしてございます。
 第8条では、保険料の延滞額の説明と延滞金の率について、また減免のできる規定を設けて記載してございます。
 次に、第9条は別に定める規定、第10条、11条、12条では、罰則や過料について記載をしてございます。
 それから、次ページの附則になりますが、第1条につきましては、施行期日。
 第2条につきましては、平成20年度の普通徴収を7月分からするという条文。
 第3条につきましては、社会保険の被扶養者の保険料を10月からするという条文。
 第4条につきましては、延滞金の率についての特例について記載をしてございます。以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。渡邉議員。
◆4番(渡邉尚省君) これまでの健康保険組合、健康保険制度では保険証の発行について短期保険証、そして資格証明書というのがあるわけですが、この発行については松川村として具体的にどのように対応されるのか、その辺について、ちょっとお答えいただければありがたいんですけれども。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) この後期高齢者医療に関する保険証につきましては、長野県の後期高齢者広域連合が発行するものでございます。それで、短期保険証ですとか資格証明書につきましては、基本的には県の広域連合が決定するものでございますけれども、具体的に村としましては、なるべく資格証明書は発行しないという希望は持っておりますので、納税相談、保険料の納付相談をしながら進めていきたいと思いますが、最終的には県が、広域連合が決定することでございますので、御理解をいただきたいと思います。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 渡邉議員よろしいですか。
 ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質議を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。渡邉議員。渡邉議員、反対討論ですか。
◆4番(渡邉尚省君) はい、そうです。
 議案第3号 松川村後期高齢者医療に関する条例に対する反対の討論を行います。
 この条例は、第1に後期高齢者医療制度に対する怒りは、今、全国に広がり、既に512議会で中止撤回、または見直しの意見書が出されております。また、同じ趣旨の請願署名は310万人を超えております。そしてこの怒りは広がり続けております。その具体的な結果として、2月27日、4野党が共同で廃止法案を衆議院に提出しております。
 第2に、この制度の問題点であります。
 まず1つ、世界に例がない制度であるということであります。これまでの国民健康保険制度や各種健康保険制度を強制的に75歳で分離し、75歳を境に2つに分断するものであります。これは、国民皆保険制度を根本から壊すものであります。国民全体で支え合うこの社会保障制度の仕組みを壊すものであります。
 2つ、75歳以降のお年寄りだけの保険制度、しかも75歳以降を差別する制度であります。お年寄りがふえれば、医療費がふえれば、自動的に保険料や医療費負担が上がる仕組みになっております。包括診療制、療養ベッド削減、38万床を15万床にするのがそのねらいそのものです。
 3つ目、身体の特性と言ってメタボなど特定健診が実施されてまいります。高齢者になれば、必ず、いずれ病にかかるのは自然現象です。死ぬまで元気、突然コロリは理想ですが、若いうちは冗談で言っても、寿命が延びて必ず体は衰えてきます。あちこち故障が出てくるのはごく自然なことです。医療費を制限し、国の負担を削減するのは許すことができません。
 4つ目、保険料、医療費負担、年金天引き、扶養制度をなくし、個人個人から保険料を徴収、死ぬまで徴収する制度です。払えなければ保険証剥奪という血も涙もない制度です。
 5つ目、国保会計にも負担が重くのしかかる制度であります。これは私たちも行政側もみんな負担が軽くなると予想していました。ふたをあけたらとんでもない結果に、国の負担のみが軽くなる仕組みで、国民と市町村に重い負担を押しつけるとんでもない制度であります。
 第3に、私は日本共産党の議員であるとともに、村民から選ばれた議員であります。議員として村民の暮らしを守り、高齢者の健康と命を守るために、村民のために勇気を持って努力することは当然であります。そのために姥捨て山といわれる悪法、矛盾だらけの制度、やがて破綻すると言われている後期高齢者医療制度そのものに反対であります。
 よって、それを実施するための松川村後期高齢者医療に関する条例には反対することを表明し、反対討論といたします。
○議長(甲斐澤明君) 賛成討論ありせまんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 賛成の討論をいたします。
 議案第3号におきまして松川村後期高齢者医療に関する条例、このことにつきましては、松川村の後期高齢者医療に対して、どのように対応していくかという重要なものであります。昨年の第2回定例会におきまして、後期高齢者医療制度の初めての議会の広域制度に対する議案が出されました。その中で、議会としてはその方向に賛成をし、今日までそれぞれの条例に対して慎重審議の結果、現在を迎えております。
 ただいま反対討論がありました。反対をしていくならば、この後期高齢者、高齢化率が大変ふえている中で、どのような対案があるか、その反対に対する対案を示していただきたいと思います。そういうことに対して、これから真摯にお互いに拠出し合いながら、社会を支えていかなければならないという、本当に大きな医療制度の改革であると思います。その中でお互いに協力し合うべきは協力し合いながら、この条例を進めていかなければならないという見地に立ちまして、賛成討論といたします。
○議長(甲斐澤明君) 反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) これで討論を終わります。
 これから、議案第3号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 多 数)
○議長(甲斐澤明君) 起立多数。よって本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第4号 付属機関設置条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、議案第4号につきまして御説明申し上げます。
 付属機関設置条例の一部を次のように改正する。
 別表中の改正でございますけれども、松川村水田農業推進協議会につきましては、営農支援センターの方へ移管をされているため削除する内容でございます。
 附則、この条例は公布の日から施行する。
 平成20年3月11日提出、松川村長名。以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質議を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第4号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第5号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、議案第5号につきまして御説明申し上げます。
 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を次のように改正する。
 今回の改正につきましては、委員会等の新設、廃止、名称の変更によります別表の改正でございます。
 3ページをお願いをしたいと思います。中段の有害鳥獣駆除対策協議会の下に、松川村水田農業推進協議会がございましたけれども、先ほど付属機関の方で議決をいただきました内容と同等で、削除する内容でございます。
 それから、下の方の四角、というか体育指導委員というのがあろうかと思いますけれども、従前は「体育指導員」ということで「委員」というふうに名称を変更させていただきます。
 それから、4ページをお願いいたします。中段の文化財審議会委員というものがございますけれども、従前が文化財保護審議会委員ということで、保護を削除する内容でございます。
 それから、下から3行、就学相談委員会委員、その下、芸術・文化交流推進委員会委員につきましては追加となっております。報酬の金額についてはごらんをいただきたいと思います。
 附則、この条例は平成20年4月1日から施行する。
 平成20年3月11日提出、松川村長名。以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 4ページのところですけれども、就学相談委員会委員、それから芸術・文化交流推進委員会委員、このことにつきまして、村の行政をするに当たり前向きに取り組んでいただいているものだと思いますけれども、内容について、規約とかまだ確認ができないのですが、そういうものがいつできたのか、それから、どこに定職しながらどんな仕事をされるのか、1年の報酬になっていますので、どんな形態で、この芸術・文化交流の関係の推進委員会委員さんを決められるのか、その辺のことを、もうちょっと御説明いただければと思いますが、お願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) それでは、私の方から就学相談委員会委員について御説明申し上げたいと思います。
 これは、かつては就学指導委員会という形で置かれていました委員会でございます。この指導を相談に改めました。この内容につきましては、いわゆる心身に障害のある児童・生徒、子供の適切な就学を相談するという内容の委員会でございます。この委員会につきましては、専門医、医者ですね、それから小中学校の関係者、それから保育園、それから保健師、それと学識経験といたしまして子育て相談員、教育相談員、あるいは主任民生児童委員の方に入っていただいております。
 こういった中で、この今までもやっていたんですけれども、今回この非常勤特別職の表を見直す中で、この中にしっかり入れたいということで今回入れましたのでお願いいたします。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 芸術・文化の交流推進委員会の委員につきましては、前多目的の検討委員会の中で建設等に検討をしていただきました。その後、運営等につきましては公民館部門の方で検討をするという中で、今後の管理運営につきまして、新たな組織立てをして万全を期していきたいと、そういうことの中で、現在の中では規定等を設置をいたしまして、この委員会を設置をしていきたいと。
 そういうことの中で、この委員会の任務につきましては、基本的には、現在、体育の部門で体育指導委員会がございますが、そういった実戦部隊の委員会組織といたしまして設置をしていきたいと。すべて企画立案をしながら、運営に万全を期していきたいと、そういうことの中で設置をしていきたいと。一応、村の方針といたしまして、こういう方向立てをしてございます。
 それから、これにつきましては、現在多目的のワークショップ等実施をしてございます。こういった中でも運営につきましては、これからのワークショップの中で当然内容的には出てこようかと思いますが、それらの意見も踏まえる中で整合を図りながら、この委員会組織というものを立ち上げていきたいと。そういうことの中で規定を定め、それから委員の報酬につきましては年間通して活動をしていただくという中で、年報酬ということの中で規定をさせていただいて、今回のこの上程になったわけでございます。今後の中では十分その委員会の職務についても、皆さんの意見を聞く中で対応してまいりたいと、そのように思っています。以上であります。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) ということは、まだその規定みたいな、規約みたいなものは決まってはいないが、これから決めていくということで、この年額報酬だけを決めたということでしょうか。予算化にも関係してくると思うんですけれども、一応任期とか人数とか、それからそれを定める時期とか構成とか、そういうものがあってのここは上程だと思うんですけれども、その辺についてどんなふうにお考えなのか、お聞かせをいただきたいと思います。
 あくまでも、これからの多目的の施設がうまく動き、それから松川村の芸術・文化についても活動をきちっとしていくということに基づいているので、それはとってもいいことだと思います。だから、それがどうのこうのということではないんですが、それをどんなふうに運用されていくのか、まだ未知数のところをちょっとお尋ねをしたいという気持ちです。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 交流推進委員会の規程という形の中で設置をいたしまして、委員につきましては、一応10名以内ということで2年任期という形の中で設定をさせていただいてあります。これにつきましては、先ほども申し上げましたが、当初のワークショップ等の中の検討の中で、運営につきましての方向性につきましても、報告書の中で御提示をいただいてございます。そういった中で、それを踏まえまして、こういった委員会設置を規程といたしまして、規定をさせていただきまして、取り扱っていくように設定をいたしました。以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) ということは、ワークショップとは別に小委員会等を設けたりして行っているし、それから3月17日に、またワークショップも行われるという通知が出ていますけれども、ワークショップの状況、このところで質問するところではないかもしれませんが、ちょっとそこの中で決めていくというお話ですので、どんな方向で、どんな状況なのかお聞かせをいただければと思います。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 現在のワークショップにつきましては、第2回目までのワークショップを終了してございます。一応、取り組みにつきましては、ワークショップをやる前に小委員会を開きまして、その中でワークショップの内容について検討して、ワークショップを開いていくと、そういう繰り返しの中で進んでいくということで了解を得ているところでございます。
 今後の中では、3月17日に3回目のワークショップを開くわけでございますが、これにつきましても、小委員会の中で検討する内容等につきまして、御審議、御検討をいただいておるところでございます。こういった流れの中で、今後、第4回、5回というように開催をしていくわけでございますが、そういった中でこの住民組織につきましても、十分検討をいただく中で取り組んでいきたいなと、そういうことで予定をしてございます。
 現在の中では、ある程度期間的に検討をしなければいけない内容がありますので、そういった内容の中で、設備に対する意見の調整、あるいは備品に対する意見の調整等、それぞれの段階での内容につきまして御検討いただいているところでございます。
 今後、期間等の設定もありますので、皆さんの意見を十分を反映できるように、こういったワークショップを開いて意見調整をさせていただきたいと思います。以上であります。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) この多目的文化施設等建設検討委員会というものがあって、そのことについて昨年10月ですかね、ワークショップという方向にしたということでお話を聞き、進められているという状況が、今、これからのものに向けてのワークショップされているということでございますが、私、第1回のワークショップに出席をしました。そこのところで、ワークショップの形式とは全然違う方向での会話が物すごく長い時間ありましたので、その点について村民の方で、もうワークショップに出ていっても意見を言う場所ではないというようなお話をちょいちょいお聞きするんですが、何人ぐらいの人数でこれをやっていくか、今後について、早急にこれはやっぱり条文化しながら、交流委員という方をつくっていく方向がいいと思うんですけれども、その辺についてのちょっと時期的なもの等をお聞かせいただければと思います。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 先ほど申し上げましたとおり、それぞれの時期で決めていかなければいけない条項がございますので、この3月、4月、5月くらいまでには設備、備品等の内容につきましては御検討いただいて、ある程度決定の方向に持っていきたいと。その後、当然運営の体制というものを決めていかなければなりませんので、それ以降、組織につきまして検討に入っていただくような方向に、今のところ予定をしてございます。
 ワークショップの中でのスケジュールでお示しした中では、5月、6月以降検討、決定というような方向づけで明記をしてございますが、これはあくまでも予定でございます。そういった中で随時、必要なものが終了すれば、この運営体制につきまして検討に入っていただきたいなと、そのように思っております。以上であります。
◆10番(白澤富貴子君) わかりました。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 同じ4ページですけれども、細かいことですが、文化財審議委員会のところで、保護を削除したということについての理由をお聞かせください。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) この文化財審議会の委員の位置づけにつきましては、村の文化財保護条例の中にうたわれております。その中ではっきりと文化財審議会を置くというふうになっておりますので、今回この表の見直しの中で、統一をとったということでお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) では、条例の中では保護ということがきちんと明文化されているということで削除したということで、仕事の内容については変わりないということですね。わかりました。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質議を終わります。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第5号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員、よって本案は原案のとおり可決されました。
 ここで、11時5分まで休憩といたします。
                               午前10時54分 休憩
                               午前11時05分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開いたします。
 続いて、議案第6号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、議案第6号の説明をさせていただきます。
 松川村国民健康保険税条例の一部を次のように改正する。今回の改正につきましては、医療制度改革に伴う後期高齢者支援金分の創設に伴う税率の改正、また、医療分等にかかる税率改正、それから納期の変更が主な内容でございます。
 第2条をお願いいたします。医療制度改革による後期高齢者支援金が創設され、それに伴いまして課税限度額につきまして医療分が56万円から47万円に変更され、また3項におきまして、後期高齢者支援金分が新たに12万円追加される内容でございます。
 その下12行ぐらい下がりますけれども、第3条でございますけれども、条文の改正と税率の改正でありまして、医療分に係る所得割額が100分の5.00に改正をされる内容でございます。
 2行下になりますけれども、第4条関係でございますけれども、医療分に係る資産割額が100分の22に改める内容でございます。
 1行下、第5条になりますけれども、医療分に係る均等割額が2万1,500円に改正される内容でございます。
 その下、第5条の2でございますが、医療分に係る平等割額が1万9,000円に改正をされる内容でございます。
 その2行下になりますけれども、第21条関係であります。改正後は第23条になりますけれども、医療分、介護分、支援分に係ります軽減額の規定でありまして、第21条第1項第1号につきましては7割軽減について。それから、2ページ目をお願いしたいと思いますけれども、第21条第1項第2号につきましては5割軽減について。それから7行ほど下になりますけれども、第21条第1項第3号につきましては2割軽減の規定でありまして、軽減額をそれぞれ改正をしております。
 また、それぞれ各号につきまして後期高齢者支援分につきまして、各号ともウ、及びエにおいて規定の追加をする内容でございます。金額につきましては御確認をお願いをしたいと思います。
 そのページの真ん中ぐらい、第10条、11条ぐらい下になりますけれども、新しい改正後は12条になるわけですけれども、後期高齢者支援金の追加に伴います条項のずれの解消と、納税者の負担を軽減するため納期の数が10期から12期に変更する内容でございます。
 8行ほど下になりますけれども、第7条、改正後は第9条になりますけれども、介護納付金にかかわる資産割額、それから2行下の第7条の2につきましては均等割額、それから2行下の7条の3は介護納付金にかかわる世帯別平等割額の税率の改正でございます。税額につきましては御確認をお願いをしたいと思います。
 それから、下から4行目、見出しになりますけれども、内容につきましては次のページに続きますけれども、第6条から第7条の3までにつきましては、今回追加される内容でございます。後期高齢者医療広域連合の業務に要する費用に充てるため、保険者から後期高齢者支援金等を徴収するということで、その内容でございます。
 第6条につきましては、後期高齢者支援分に係る所得割額についての規定でありまして、100分の1.58、それからこれは3ページ目になりますけれども、第7条につきましては、資産割額についての規定でございまして、100分の6.50、7条の2につきましては、後期高齢者支援分にかかわります均等割額が7,000円となります。
 それから、7条の3につきましては、支援金分に係る世帯別平等割額についての規定でございまして4,000円となるという内容でございます。
 附則、施行期日でございますけれども、この条例は平成20年4月1日から施行する。
 経過措置でございますが、2としまして、この条例による改正後の松川村国民健康保険税条例の規定は、平成20年度以降の年度分の国民健康保険税について適用し、平成19年度までの国民健康保険税については、なお従前の例によるという内容でございます。
 平成20年3月11日提出、松川村長名。以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。渡邉議員。
◆4番(渡邉尚省君) これの金額がいろいろ書いてあるんですけれども、これについては、わかりやすく何か一覧表みたいにこう、今まではこういう金額、今後はこうとかね、何かそういうこう目で見てすぐわかりやすいような、そういう表にしていただけるととてもありがたいんですが。イがどうして、アがウとかというと、頭がぐじゃぐじゃになっちゃうという、本当にこんなことを言っては、本当に申しわけないんですけれども、わかりやすくしていただけると非常に理解もしやすいというふうに思うんですが、これは要望になりますけれども。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 新旧対照表の方をお配りしてあると思いますけれども、それをもうちょっとすっきりしたということで見出しを書いて、金額いくらというような出し方であれば、対応できると思いますけれども、一覧表と言いましても、その前段のいろいろな文章がつきますので、なかなか難しいところがありますけれども、あとで御相談をしていただければありがたいと思いますが、よろしくお願いをしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 渡邉議員。
◆4番(渡邉尚省君) ぜひ努力をお願いし、期待したいと思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 今の質問に関連しますけれど、これで改正した後にですね、国民健康保険者に関する税率のアップというのは、大体どのくらいになるかの予想をお願いしたいと思いますが。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 平均で約20%ということでございます。
○議長(甲斐澤明君) 榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 全協の席でもお伺いして、20%の値上げということで、特別税ですのでその範囲内でというお話も伺いましたけれども、資料を伺った中ではですね、平成15年度ごろから基金が少なくなっている状況はもう確かでありまして、税制改正と、それから医療改正等が目に見えていることも周知だったと思うんです。それに対して、いろんな対策をきちんと立てながら、今日の20%は仕方がなかったのか、その辺について御説明をお願いしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 国民健康保険の特別会計におきましては、議員さんおっしゃられるように、基金が大分底をついてきておりまして、一時2億強ありましたものが、今は2,600万ほどしかないという予算になっております。
 当然、基金が減ってきた段階で、その基金を保持するのがよかったのか、基金が、その当時は医療費も今よりは少なかったので、基金はそれほど要らないという両方の考え方があったかと思いますけれども、そういった関係で、これは政治的なこともございます。また毎年、税率改正につきましては審議会の方へ、運協の方へ諮問もしてございます。そういった内容で、運協の答申に基づきまして、予算組みをしてきたというのが現状でございます。
 ただ、言えますことは、今の20%アップ、村からの借り入れをしなければ40%上げないと予算組みができないという状況の中で、ちょっと対応がおくれた部分はあったかと、こんなふうに考えておりますけれども、その分、予防活動の方へ力を入れていきたいというふうに考えております。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) わかりましたけれども、今の予防活動に力を入れていきたいというお話ですけれども、それについてはどんなお考えがあるのか、お聞かせください。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 被保険者につきましては、この4月から始まります特定健診、特定保健指導という制度が新たに医療制度改革の中で始まります。この受診率をアップしながら、その診査結果、受診結果によりまして、早めに指導、特定保健指導に努めて、成人病予防のために村としての事業を行っていきたいと、こういうふうに考えております。
○議長(甲斐澤明君) 榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 今の特定健診はもちろん必要ですし、義務づけられてきてはおりますけれども、現在でも2割の方が受診、これを上げていくということには大変な努力が必要だと思います。それだけで、この国民健康保険税について見直しをしなくてもいいということには決してなっていかないと思います。
 村長にお伺いしますけれども、村長は村民の協力を得て、公開して、公明な政治をしたいとおっしゃっていますけれども、今の渡邉議員のお話の中で、一覧表にしていただきたいというのは、やはり村民に対して、この国民健康保険税がどんな状況になっているかということを、きちんと納得いくだけの情報を開示してないと私は思いますので、その辺、村長はどのようにお考えか、お聞かせください。
○議長(甲斐澤明君) 村長。
◎村長(平林明人君) 納得するだけの情報を開示していないと言われますと、見方見方によってそういう人もいると思いますけれども、村としましては、何も隠すことはございませんので、すべて公にしていきたいと。この会計はこの会計の中で帯を結んでもらうのが、これは原則でありますので、そういう中で、これからもこの20%アップについてはですね、ぜひ村民の皆さんに御協力いただくように、できるだけわかりやすい公表をしていきたいというように思っております。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) この中で、国民健康保険の被保険者に係る後期高齢者の関係について、それに関連しながら、国民健康保険の被保険者に係る世帯別の平等割を2万円だったものを1万9,000円に減らし、そしてその上に今度は後期高齢者の関係の支援金とか、それから支援金に関するものの中で平等割と世帯平等割、個人割、いろいろ所得割も乗じてくるわけなんですけども、このことについては、県の後期高齢者の広域連合の方等の連動で、この金額が定められてくるわけなんですか。その分が、今、先ほどの榛葉議員の説明の中で、20%とおっしゃったその中に入ってきているのか。
 それから、今まで10カ月だったと思うんですが、それを12カ月にしてきたこの理由をお聞かせいただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) まず、連合の方でこのくらいの金額が必要であるという部分が1点ございます。それから、先ほどの環境福祉課長の方から申し上げました、全体的に支出の方から計算していくと、支援金の額も含めまして金額を定めていると、税率を定めているという内容でございます。全体的に支援金が、75歳以上の方が分離して後期高齢者の方へ移るわけですから、その分が当然税額は減るわけですけれども、その分が支援金として、今まで国保税でいただいていた分が支援金として拠出をしていくという内容となりますので、その金額はおおよそこのくらいというか100%の額ではありませんけれども、数字は来ているということで、それに合わせて税率を決定したという内容でございます。
 それから、納期につきましては、今まで10期ということでございますけれども、住民税の方が確定するまでは、当然、暫定ということで計算しますけれども、それ以後、やはり今までも分納というような形もありましたけれども、回数が多くなれば金額が安くなるという部分が当然ございますので、そうしますと納税者の方も支払いやすいのではないかということで、納期を12期としたという内容でございます。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 今のお話の中に出てきました、その中でちょっとお聞きしたいのは、被保険者の均等割で、被保険者1人について7,000円、それから世帯平等割については1世帯で4,000円という、この金額等もその20%の中に計算されながら、それぞれこれは目的税的なところがありますので対応されていると思うんですが、この金額、それから全体の松川村のこの国民健康保険税の課せられる割合というのは、長野県の中ではどのぐらいのところに位置しているのか、その辺のところ、高いところなのかお聞きをしたいと思いますが。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 先ほども申し上げましたけれども、連合の方から支援金の村から出す金額というのは決まっております。それから、医療分につきましても当然国保会計の中で歳出が決まってくるわけでございます。その関係で税サイドとしましては、その金額を達成するために税率を決定してきたという内容でございます。
 全県下のちょっと状況につきましては、支援金分どうのこうのと今資料持っておりませんので、後ほど御回答させていただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 平成18年の長野県の状況ですけれども、松川村は市町村でいきますと、税率につきましては大体真ん中辺です。金額につきましても、県平均より18年度ベースでは若干少ないといったような状況でございます。以上です。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。渡邉議員。
◆4番(渡邉尚省君) 先ほど私要望したんですが、それを正確を期したいので、あえてまた言いますけれども、この議案につきましては、あとで予算特別委員会で審議することになると思うんです。その点はそれでよろしいですよね。それで、それに間に合うように一覧表をお願いしたい、要するに、検討の資料としてお願いしたいということです。
 それから、長野県内でどういう位置にこうあるのか、それから基金の状況はどういう状況なのか、そういうこともあわせて、多分、そういう表は18年だったら多分できてるだろうなと思うので、そういうこともあわせて示していただけると非常によろしいかと思いますので、そういう親切な表をぜひお願いしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) きょう本会議終了後、御協議をさせていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 お諮りします。この件について議会運営委員会で協議の結果、本案は、さらに調査研究を要する案件であると認められますので、討論、採決を後日にしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、本案は討論、採決を後日行うことに決定をいたしました。
 続いて議案第7号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、議案第7号の御説明を申し上げます。
 松川村国民健康保険条例の一部を次のように改正するということで、第6条の1号、2号につきましては、療養給付費の被保険者の2割負担の対象年齢を就学前までに引き上げる条文でございます。
 それから、3号につきましては、70歳から74歳までの療養給付費の被保険者の負担割合を2割とするものでございます。この負担割合につきましては、平成20年の4月よりとなりますが、国の法律の改正によるものでございます。ただし、1年間は1割負担という凍結となります。
 それから、第4号につきましては、国民健康保険法の改正による言い回しによる変更でございます。
 それから、第7条の第2項でございますが、出産育児一時金についての条文ですが、内容については何ら変更はございません。次条の葬祭費についても、第7条第2項と同じ条文をうたうための内容の追加でございます。
 それから、第8条第2項の追加につきましては、ただいま説明をしたとおりでございます。
 第9条第1項につきましては、特定健診、特定保健指導が始まるに当たりまして、そこに条文が含まれるための必要事項以外の削除でございます。
 附則 この条例は平成20年4月1日から施行する。
 平成20年3月11日提出、松川村長名。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第7号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第8号 長野県後期高齢者医療広域連合規約の変更についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、議案第8号の御説明を申し上げます。
 長野県後期高齢者医療広域連合規約の変更についてですが、この一部変更につきましては、議員の任期の取り扱い、及び市町村の負担金の区分の名称を変更することにより、長野県後期高齢者医療広域連合の議会の安定的な運営を図る等のための規約変更でございます。
 9条の第1項ですけれども、広域連合議員の任期の取り扱いに係る規定を変更するものでございます。県の後期高齢者広域連合の議会は、市町村長及び市町村議会議員から選出された16人の議員で構成をされております。広域連合議員の任期につきましては、現行の規約では2年とされ、その属する市町村長の長、または市町村議会の議員としての元職の任期を超えることができない規定になっております。これで行きますと、元職の任期が到来した場合には、再選された場合であっても広域連合議員の身分を失うことになり、広域連合議員に欠員が生じるという現状になってしまうと。今回、任期2年間の間に、市町村長の長、市町村議会の議員として任期が到来しても再選された場合には、広域連合議員として任期が継続するように変更するものでございます。
 なお、正副連合長の任期につきましても、広域連合議員の任期の取り扱いと同様に変更するものでございます。
 それから、別表の関係は、関係市町村から広域連合への負担金の区分につきまして、予算において用いる科目名称に合わせるため、用語を整備するものでございます。これは、後期高齢者医療制度が施行されることに伴いまして、平成20年度予算は国が示した予算科目を使用するということで名称の変更となります。
 附則 この規約は平成20年4月1日から施行する。
 平成20年3月11日提出、松川村長名。よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑ありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 今のそれぞれの16名の議員さんに対する任期ということで、今お話しあったわけなんですが、この任期の始まったときは、新しく4月1日からなっていくんではなくて、金額が決まったり、それぞれ運用していくことについて決めたりすることがあったので、昨年のうちに、もう一番先の任期の、任期というか、もうこの方たちは決められていたのか、4月1日から新しい委員さんで行くことになるのか、その辺のところと、それから、選ばれるのにそれぞれの機関から選挙というような形には条例はなっていたように思うんですが、その辺のところを再確認をしたいので教えていただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 細かい資料、手持ちにないのであれですけれども、議員さんとか、市町村の長が広域連合の議員になっている場合、それぞれの出身の市町村の議員、それから出身の市町村の長の任期が途中で来てしまった場合には、今までの規約でいきますと失職をしてしまうと、広域連合の議員を失職してしまうということで、欠員が生じてしまうと。ただし、例えば松川村長がこれで3月の任期だったのが、広域連合の議員であれば、この4月以降は再選された場合は失職をしないで、任期2年までは広域連合の議員として議会へ出るという、そういう意味でございますので、よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) この変更の規約については理解をしておりますけれども、そのままずっと再任をされ続けていくのか、任期が終わったところでどのように決めていくのか、その辺のところと、その委員の始期、始めの期日はいつなのか。それから加えながら、この中信というか近隣でどなたがその委員さんになっておられるか、その辺までお聞かせいただければと思いますが。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 県の広域連合の議会の選挙が、手持ちの資料がございませんのであれですけれども、去年からもう立ち上がっております。それで支障が出てきているので、今回の規約改正ということですけれども、議会の選挙は後日お知らせしたいと思いますが、よろしいでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 中信地区、この近隣でどなたが、長野県全体で16名でそれぞれお医者さんとか、それぞれの学識経験者、それから市町村長の中からと、それから議会の中からと、そんな形で委員の選出をされていらっしゃるので、どなたがこの近隣ではいらっしゃるのか、もしそこら辺もわかれば教えていただきたいです。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) すみません、16名の議員さんの名簿につきましては、今持ち合わせがございませんので、後日お配りしたいと思いますが、よろしいでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第8号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第9号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、議案第9号について御説明を申し上げます。
 北アルプス広域連合ふるさと市町村県圏基金の財産の一部処分についてということで、北アルプス広域連合ふるさと市町村県圏基金条例第1条に規定する基金7億円のうちから7,500万円を処分するため、地方自治法第96条第1項第10号及び北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金条例第5条のただし書きの規定に基づき、議会の議決を求めるという内容でございます。
 処分の内容につきましては、北アルプス広域連合が介護保険システムの構築事業、また救助工作車等の常備消防施設整備事業に、ふるさと市町村圏基金の一部7,500万円を20年度に取り崩しまして、財源充当するという内容でございます。
 平成20年3月11日提出、松川村長名。以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第9号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第10号 村道の廃止について、及び議案第11号 村道の認定についてを一括議題とします。
 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、議案第10号並びに議案第11号の御説明を申し上げます。
 今回の村道の廃止、それから認定につきましては、上緑町の工場団地内の造成に伴いまして、起点、終点が変わった路線につきまして、一部一度廃止をしまして、新たに現況に合わせて認定をし直すものでございます。
 まず、議案第10号の村道の廃止路線でございますけれども、路線番号3003から3008まで6路線でございます。総延長が3,002.2メートルということで、路線名並びに起点地番、終点地番、総延長、道路部幅員等におきましては、記載のとおりでございます。
 また、村道の認定につきましては、路線番号3003から3091までの13路線でございます。総延長につきましては2949.5メートル、なお路線名、起点地番、終点地番、総延長、道路部幅員等につきましては、記載のとおりでございます。
 なお、路線番号の3091、村道3−91号線でございますけれども、この路線につきましては郵便局舎南側の道路で新たに村道に認定するという内容でございます。
 以上です。よろしくお願いします。
 平成20年3月11日提出、松川村長名。以上よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第10号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第11号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第12号 平成19年度松川村一般会計補正予算(第7号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、御説明を申し上げます。
 今回の補正の主な内容につきましては、繰越明許費の計上、また歳入歳出予算につきましては、各事業の確定見込みに伴います計数整理、それから公共施設等整備基金への積み立てなどの補正が主な内容でございます。
 4ページをお願いいたします。第2表繰越明許費でございます。1段目の款7土木費、都市計画費、公園整備事業2,036万8,000円の繰越明許費の内容でございます。これは中央公園の整備の関係でございますけれども、19年度工事につきまして、多目的交流センターと、それからこの公園部分との接続部等が確定しましたあと設計に入ったため、工事発注がおくれまして、工事の完成が19年度中にできなくなったことから、繰越明許費をお願いする内容でございます。
 それから、その下、款9の教育費、多目的交流センター建設事業2億2,365万円の内容でございますが、ワークショップの実施や一般競争入札による入札方式を実施したため、またそのために契約時期がおくれたと。それから建築確認に日数がかかったということから、19年度予算に計上しました工事金額の完成ができなくなりまして、今回、繰越明許費を計上させていただきました。
 続きまして、総務課関係の歳入について御説明を申し上げます。
 8ページをお願いいたします。国庫補助金の関係でございまして、目の2土木費国庫補助金、節の6の河川費補助金、総合流域防災事業補助金の関係でございますが、洪水ハザードマップ作成業務の関係に伴います国庫補助金の確定見込みで、24万5,000円の増額をお願いする内容でございます。
 その下、目の3の消防費国庫補助金、節で、節1災害対策費、すまいの安全「とうかい」防止対策事業費補助金の関係でございますが、実施戸数、簡易診断、また精密診断の関係で補助金の確定見込みでございます。
 その下の、目の5の総務費国庫補助金207万9,000円の減額でございます。後期高齢者医療システム補助金の関係でございますけれども、国保分が当初250万円、一般会計の方で計上していたわけですけれども、国の関係上、国保会計で受けるということになったため、その減額。それから国保以外の後期高齢者のOAシステムの補助金としまして、新たに42万1,000円が交付されるということで、合わせまして207万9,000円の減額となっております。
 次のページお願いいたします。県補助金でございますが、目の3消防費県補助金につきましては、国庫補助金の内容で御説明しました、すまいの安全「とうかい」防止対策事業補助金の県分の確定見込みでございます。
 それから、目の4土木費県補助金24万5,000円の増額でございますが、これも国庫補助金と同様、ハザードマップの策定の関係の県分の確定見込みでございます。
 それから、県支出金のその下、委託金でございますが、総務費委託金11万円の増額でございますが、特例処理事務交付金の確定見込みで増額となっております。
 次のページ、10ページをお願いします。2段目になりますけれども、基金繰入金でございますが、多目的文化施設建設事業基金繰入金2億1,595万円の減額でございますが、19年度事業費の変更、また入札差金の関係から減額となっております。
 その下、雑入でございます。上から2段目の市町村振興資金の関係でございます。220万7,000円の増額でございますが、宝くじの市町村配分金でございます。
 続きまして、歳出をお願いいたします。
 目の1の一般管理費の関係で57万6,000円の増額でございますが、19負担金補助及び交付金関係で、まず負担金の市町村総合事務組合の関係50万8,000円の増額でございますが、昇給、昇格に伴います人勧分等の退職手当の負担金分の増額でございます。
 補助金の勤労者住宅貸付資金利子補給の関係でございますが、新たに申請ございまして6万8,000円の増額となっております。
 7の企画費でございまして、4,220万1,000円の増額でございます。19の負担金補助及び交付金70万3,000円の減額でございますが、高瀬広域水道企業団の負担金の確定によるものでございます。その下の25積立金4,290万4,000円の増額でございますが、歳入歳出の調整分といたしまして公共施設等整備基金への積み立てを行うものでございます。
 13の総合行政情報費、13委託料で1,000万円の減額でございますが、OAシステムサポート料ということで、OAシステムが昨年移行をしているという内容でございますけれども、サポート料等の減額によりまして1,000万円の減額となっております。
 15ページをお願いいたします。一番下の都市計画費の公園費でございます。委託料で29万4,000円の減額となっておりますが、これは入札差金によるものでございます。
 それから、16ページをお願いいたします。災害対策費111万9,000円の減額でございますが、13の委託料51万9,000円の減額、これは洪水ハザードマップの調査の減額、それから住宅耐震診断の関係で減額35万4,000円、すみません、上の方が16万5,000円の減額です。それぞれ確定見込みによるものでございます。
 その下、19負担金補助及び交付金60万円の減額ですが、住宅耐震改修事業の関係で、当初2件予定しておりましたけれども、1件が実施ということで減額となっております。
 次のページの一番下になりますけれども、教育費の関係の目の7多目的交流施設整備費の関係2億1,735万円の減額でございます。13の委託料335万円の減額ですけれども、これにつきましては入札差金でございます。15の工事請負費2億1,400万円の減額でございますが、入札差金並びに年度別事業費の関係の変更によりまして減額となっている内容でございます。
 続きまして、18ページをお願いしたいと思います。公債費の関係でございますが、まず元金86万円の追加でございますけれども、これは補償金なしの7%以上の金利のものにつきまして、繰上償還を行うという内容で、86万円の増額でございます。
 それから、利子の関係でございますけれども、482万1,000円の減額でございますが、これは前年度借入分の確定によります減額でございます。以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 環境福祉課関係、御説明申し上げます。
 まず歳入ですけれども、7ページからお願いします。
 11款1目の民生費負担金、こちら保育園関係になりますが、保育料負担金、入園者増のため一時保育料負担金、一時預かりの利用者増のため345万5,000円の増額でございます。
 1つ飛びまして、13款1目の民生費国庫負担金でございますが、自立支援給付費等居宅介護給付費の国分の2分の1が81万5,000円の増額です。
 2目の衛生費国庫負担金につきましては、保険基盤安定費負担金、国保分の関係ですけれども、確定に伴います減額8万7,000円でございます。
 次ページお願いします。2項の国庫補助金関係ですが、1目の民生費国庫補助金につきましては、地域生活支援事業補助金としまして、日常生活用具分としまして、ストマの利用者の増ということで5万2,000円の増額です。
 それから、14款の県支出金1目の民生費県負担金40万7,000円の増額ですが、これは県分の、先ほど国が2分の1、それで県が4分の1ということで、40万7,000円の増額です。
 2目の衛生費県負担金につきましては80万の減額ですが、国保の保険基盤安定費負担金の実績見込みによります減額となっております。
 それから、2項の県補助金1目の民生費県補助金につきましては、心身障害者(児)在宅福祉事業としまして、タイムケア分としまして、県単の2分の1分2万円の計上。それから地域生活支援事業、こちらはストマ分、先ほど申し上げましたが県分の4分の1で2万6,000円で、合計4万6,000円の増額をお願いするものです。
 それから、10ページをお願いします。17款の繰入金2目の国民健康保険特別会計繰入金681万4,000円の増額ですけれども、先ほども総務課の方で説明しましたが、後期高齢者システム補助の事業分、それから激減緩和措置分等直接国保会計の方で受け入れまして、総務費のOAのサポートの方へ充当するものでございます。
 それから、19款の諸収入3目の雑入の関係ですけれども、一番上、老人デイサービス事業費、社協のデイサービスの負担分としまして24万3,000円増額するものでございます。
 それから、11ページをお願いします。下段の歳出の関係になります。
 3款の民生費1目の社会福祉総務費の関係ですが、11節の需用費、消耗品としまして、障害福祉関係の例規の追録分7,000円、それから燃料費8,000円と光熱水費8万円は、ふれあい館の燃料等でございます。それから20節の扶助費につきましては、重度心身障害児年金2人増によります6万円の増、それから日常生活用具給付費としまして、ストマ2名分で10万6,000円、居宅介護給付費としまして、精神の方と身体の方3名増ということで163万2,000円、それから心身障害児(者)タイムケア事業としまして4万円、実績に伴います4万円の増で、合計183万8,000円のお願いするものでございます。それから、23節の償還金の関係ですが、過年度、18年度分の国庫の補助金の返還金でございます。
 次ページをお願いします。2目の老人福祉費ですが、12節の役務費につきましては、手数料としまして5万1,000円お願いするものですが、介護サービス情報調査、それから公表手数料ということで県に支出するものでございます。20節の扶助費につきましては、高齢者入浴券給付ということで、すずむし荘の入浴券利用者の増に伴います実績見込みで41万8,000円。
 それから、4目の老人福祉施設費でございますが、11節の需用費、燃料費と光熱水費、ゆうあい館と松香荘のそれぞれの燃料費と光熱水費でございます。
 それから、2項児童福祉費1目の児童福祉総務費ですが、15節の工事請負費、こちらは南保育園の工事の差金でございます。減額の84万円でございます。
 それから、2目の保育園費ですが、11節燃料費となっておりますが、保育園の灯油、重油代で9万5,000円お願いするものでございます。
 それから、4款衛生費1目の保健衛生総務費でございますが、28節の繰出金88万2,000円の減額ですけれども、こちらにつきましては、歳入でも御説明申し上げましたが、保険基盤安定費等の実績見込みによります減額でございます。
 それから、3目の保健センター管理費24万円ですが、11節の燃料費で灯油代としましてお願いするものでございます。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは経済課関係、歳入関係7ページをお願いします。
 目3の商工使用料1の温泉施設使用料237万4,000円の減額ですが、入浴料ではレジオネラ属菌問題での休業などによります137万4,000円の減額と、宿泊料では収入見込みによります100万円の減額でございます。
 9ページ上段をお願いします。目2の農林水産業費県補助金1農業委員会補助金19万4,000円の増額ですが、農業委員会補助金、農業委員会交付金、それぞれ額の確定による増額でございます。
 2の農業費補助金76万6,000円の増額ですが、農業経営基盤強化利子助成事業補助金では額の確定による1,000円の増額です。中山間地域等直接支払事業交付金では、交付対象地の地目変更などによります8万4,000円の減額です。農業用水水源林保全事業では、人件費などの単価の改定による1万円の減額です。米の数量調整円滑化推進事業では、米の目標数量配分事務費補助金として内示により今回計上するものでございます。
 3の林業費補助金では170万2,000円の増額ですが、森林造成事業では緩衝帯整備に伴い実行面積確定によります106万4,000円の増額です。地域温暖化防止活動推進事業補助金では、今年度の植樹祭、大北植樹祭と合同で実施いたしましたが、その関係で苗代等の補助に伴います64万3,000円の増額です。森林整備地域活動支援交付金では、面積確定に伴います5,000円の減額です。
 10ページの下段をお願いします。目3雑入の関係でございます。林業振興会につきましては、緑の募金の平成18年度実績に伴う補助、それと林業振興会開催に伴いまして、平成19年度緑の募金の精算に伴います11万円の増額でございます。
 3寄って停まつかわ事業収入の関係ですが、収入増に伴いましてレストランの関係、特産品販売収入でございますが327万6,000円、売店の関係の地場産品販売収入を666万4,000円、それぞれ増額するものでございます。
 続きまして、歳出の関係13ページをお願いします。
 目1の農業委員会費につきましては22万7,000円の減額ですが、1報酬では農業委員につきまして委員減に伴う減額でございます。小作料協議会委員につきましては、実績に伴います減額です。8の報償費も推進員減に伴う5,000円の減額でございます。11需用費では、コピー代不足に伴います4万円の増額でございます。12役務費では、郵券代不足による3万4,000円の増額でございます。
 目3の農業振興費では57万円の減額ですが、1報酬では会議回数の増によります2,000円の増額です。19負担金補助及び交付金では57万2,000円の減額ですが、空中防除、損害防止事業、中山間地域等直接支払交付金、それぞれ事業確定による減額でございます。
 目4の地域営農支援事業費では59万1,000円の増額ですが、農業経営基盤強化利子助成事業につきましては、実績に伴う6万5,000円の減額でございます。機械等購入助成事業につきましては、新たに4名の方の申請、認定農業者でございますが、あったため、200万円の増額です。14ページをお願いします。農地流動化交付金につきましては、額の確定による134万4,000円の減額でございます。
 目6の土地改良費につきましては、農業用水水源林保全事業補助金の減額に伴います財源振替でございます。
 続きまして、1の林業振興費ですが、8の報償費では炭焼き体験の関係で、講師謝礼1万6,000円の減額です。13委託料と15工事請負費では、今年度少雨のため林道の修復、補修が少なかったための減額でございます。19負担金補助及び交付金では、森林整備地域活動支援交付金の額の確定に伴います7,000円の減額です。
 15ページをお願いします。目3の交流施設総務費ですが、19負担金補助及び交付金では、西部山麓水路工事に伴います村の負担分16万1,000円でございます。25の積立金の関係では、すずむし荘の減収見込みと、あと灯油代の増額によりまして基金積立を203万2,000円減額するものでございます。
 目4の温泉施設管理費につきましては、灯油代の高騰に伴います421万9,000円の増額です。
 目5の寄って停まつかわ管理費につきましては、売店部門の収入増に伴いまして仕入れ代を433万2,000円、飲食部門の収入増に伴いまして原材料費を104万9,000円、それぞれ増額するものでございます。以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 続きまして、総務学校課関係をお願いいたします。
 16ページお願いいたします。16ページの9款でございますけれども、1目の教育委員会費でございます。19節で私立幼稚園の就園奨励金の補助金、これは確定に伴う減額でございます。その下、委託料につきましては、精密検査の必要がない、該当がなしということで、今回更正をお願いいたします。
 それからその下、小学校費でございますけれども、11節の需用費につきましては、電気料の決算見込みでございます。それから、その下13節につきましては、B型肝炎、それから指導計画書等の作成は、それぞれ実績がないということで、今回更正をお願いするものでございます。
 続いて17ページお願いいたします。中学校費でございますけれども、需用費の中で光熱水費100万円の減額でございます。これは、主に中学校のプールの節水と、それからこの19年度におきましてプールの子メーターをつけました。そういったことの中で、今回減額になっております。それから13節の委託料、これはB型肝炎の接種の該当者がなしということでお願いいたします。それから、18節の備品につきましては、いす、ビデオ等の購入に当たりまして差金でございます。
 それから、その下、3目の相談事業でございますけれども、これは病院の心身医療センター長の相談事業ということで、昨年の倍の回数をやっていただいているわけなんですけれども、当初よりも見込みが少なくなったということで、今回更正をお願いするものでございます。
 それから、その下、5目の文化財保護費で1,000万円の減額でございますけれども、これは西原の遺跡公園の予定用地でございますが、土地開発基金から村の方で買い戻すということで予算計上したわけでございますけれども、今後いろんな補助事業等を想定する中で、今回買い戻しを行わなくて、基金のまま持っているということでお願いいたしたいと思います。以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) それでは、公民館関係お願いいたします。
 7ページをお願いいたします。12款の使用料及び手数料のうち5目の教育使用料でございます。39万3,000円の減額でございますが、社会教育使用料といたしまして、各施設の実績見込みによる減額でございます。
 それから、10ページをお願いいたします。諸収入3目の雑入でございますが、中段にマレットゴルフ場協力金でございますが、これにつきましても実績見込みによります減額26万7,000円でございます。
 歳出の関係ですが、17ページをお願いいたします。
 1目の社会教育総務費でございますが2万4,000円、光熱水費でございますが、実績見込みによりまして、電気料の不足分を計上するものでございます。
 2目の公民館費につきましては、歳入の充当替えでございます。
 続きまして、18ページをお願いいたします。2目の体育施設費でございますが、需用費の関係につきましては、実績に伴います各施設の燃料、電気等の実績見込みによりまして、足りない分につきまして計上するものでございます。それから、工事請負費につきましては130万円の減額でございますが、馬羅尾の遊具撤去工事に伴います実績見込みによりまして減額するものでございます。
 それから、3目の体力増強事業費につきましては、16万6,000円の減額でございますが、それぞれ村民運動会、パター・マレットゴルフ大会、スキー教室の事業等終了いたしましたので、実績見込みによりまして減額するものでございます。以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりました。ここで1時10分まで休憩をいたします。
                               午後 0時08分 休憩
                               午後 1時10分 再開
○議長(甲斐澤明君) それでは、再開をいたします。
 議案第12号についての質疑をこれから行います。質疑はありませんか。井上議員。
◆11番(井上直昭君) それでは、17ページをお願いしたいと思いますが、17ページの5の文化財保護費の関係の中で、公有財産1,000万の減額ということなんですが、先ほどの説明では開発基金の方へ戻すということでいいですよね。ただ、19年度は1件もその土地の移動はなかったということでいいでしょうかね。
 それともう1つは、あれは9月の補正ですかね、村が地権者にかわって登記を行っていくということの中で、その関係も含めてどうなっているのか、ちょっとお聞きしたいのですが。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) まず、公有財産の購入費の1,000万円の減額でございますけれども、これは当初は土地開発基金から一般会計の方で買い戻すということで予算を計上したわけでございます。しかし、その後いろんな補助事業等を検討していく中で、今、補助のない土地をそのまま取得するよりも、そのままにしておいて、買い戻さなんでおいて、しっかり事業でも、補助対象になるような事業があれば、その時点で基金の方から買い戻していけばどうかということで、今回更正をお願いしたわけでございます。
 それから、もう1点ですけれども、相続の書類の関係でございますけれども、これは今、司法書士の方へ頼んで作成をしておりますが、非常にボリュームがあって、なかなか進まないといいますか、当初の期限よりもおくれております。ややおくれ気味でございます。それで地権者に対する交渉につきましては、前回もお話を申し上げましたように、いろいろ代替地の問題だとか、今言われました相続の問題、それから交渉する中で、まず村が青写真を示さないと協力できないという、こういった御意見もございます。そういったことも総合的にしていく中で、折衝は続けておりますけれども、契約のオーケーはいただいておりますが、まだ契約までは行っておりません。以上です。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 9ページのところですけれども、この県の支出金、県補助金を受けている林業費の補助金の中で、先ほど森林造成事業の中で106万4,000円は、緩衝帯の対応に使うものだというお話でしたけれども、これは歳出の方で言うとどこに入るのか。14ページの農林水産業費の中の林業費の19の中に入るのか。それとこの金額ですけれども、全体的にはどのくらいの金額になったのか、ふえた部分だけでありまして、ちょっと確認をしていないもんですから、これはクロスカントリーとか、そういうようなところの整備に利用というか費用支出をしてきたのかなということを感じたんですが、その辺の御説明をいただければと思います。それが1件と。
 それから11ページの中で、13の総合行政情報費の1,000万円の減額でありますが、これはOAシステムのサポート料ということで、サポート料が減ってきていたんですけれども、相手先が変わって電算になって、これから全体的にサポート料というのは相当不用な額が出てきて、費用面で今までと比べてどのようになるのかというような見通しの部分をお聞かせいただければと思います。
 それから、17ページですけれども、多目的交流施設の整備費の中で設計・監理の方で335万9,000円が委託料減額になっております。ここのところ最終的にいくらで設計・監理の方がなったのか教えていただきたいと思います。
 以上ですが、お願いします。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは、林業費の関係をお答えをいたしたいと思います。造成事業につきましては、議員おっしゃられましたとおり緩衝帯整備事業でございます。金額がふえた理由につきましては、面積がふえたということでの増額でございます。それと総事業費ということでございますが、ちょっと今手元にございませんので、後ほどお示ししたいと思います。
 あと、このふえた部分につきましては、財源充当といいますか、振りかえしてありますので、よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) まずOAサポート料の関係1,000万円減額でございます。これにつきましては、内田洋行とのサポート料につきまして、当初、内田洋行さんの方から見積書を出していただきましたけれども、職員の方で対応したという部分が1点ございます。それから、実施時期が2カ月おくれたということで、株式会社電算さんの方の委託料が減額になったということで、合わせて1,000万円の減額という内容です。
 それから、19年度は移行業務が当然入っていました。それから後期高齢者の関係のシステム構築ということで、サポート料が非常に大きくなっていたということですけれども、20年度の予算につきましては、約3,500万円ほどサポート料といいますか、委託料が減額となっている状況でございます。
 それから、多目的交流センターの監理の関係ですけれども、19、20年度繰越明許の部分ありますけれども、総体では1,890万円の契約となっております。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員いいですか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 今のところの設計・監理の総体的な金額をお聞きできればと思って、したのでお願いしたいのと、それから森林造成事業のところでクロスカントリーのあたりなのか、場所によって面積が多くなったのでというお話なので、その辺のところをちょっと具体的にお聞かせいただければと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 19年度、20年度合わせまして1,890万でございます。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは、緩衝帯整備事業の場所をお答えしたいと思います。今年度につきましては、墓地公園のところまでを整備いたしました。引き続き来年以降はその南の方に整備していく予定でございます。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) 今クロスカントリーというお話ですが、そちらの方はこの緩衝帯整備とは関係ない内容でございます。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。佐藤議員。
◆12番(佐藤節子君) 12ページです。扶助費の20ですが、まずその前にですね、この予算書がすべてトータルで番号を振ってページ数を振っていただいて、大変見やすくてよかったなあと思っておりまして、さっきもそんな話しておりました。
 それで質問に入りますが、高齢者の入浴券の給付について、先ほど41万8,000円ということで、これは増なんだと、人数がふえたんだという話でありましたけれども、高齢者の数はもう最初からわかっているわけでありますが、どういった状況でふえたのか、それから1枚につきいくらなのかというようなあたり、少し詳しく、ちょっと教えてください。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) お答えいたします。70歳以上の方に、1人10回券を、松香荘とすずむし荘に郵送をしております。そういった関係で、全員の方の部分をここに予算計上しておるわけじゃあございませんで、もう長い間やっていますので、今までの実績に基づきまして予算計上しております。1人400円で10枚で4,000円という計算で、実情にあわせて、すずむしの方に支払いをしているというのが現状です。
 このところ、石油高騰によりまして利用者がふえたということで、今までの実績よりも、これだけ足りなくなる予想がつきましたので、補正をかけさせていただきました。以上です。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第12号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第13号 平成19年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させませす。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 議案第13号について御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、収入の部分で国、県等の交付決定による減額と、後期高齢者医療システム導入による補助の増によるものでございます。
 それでは、5ページをお願いします。まず、歳入の部ですが、3款国庫支出金2目の共同事業医療費負担金でございますが、8万2,000円の減額となっております。これは国分の4分の1の交付決定分でございます。
 それから、2項の国庫補助金1目の財政調整交付金499万6,000円の増額ですけれども、これにつきましては後期高齢システムの補助334万8,000円、それから後期高齢激変緩和補助としまして96万6,000円、合わせまして431万4,000円、それと、国保ラインのシステム補助としまして68万2,000円、これは国保の一般管理費の方へ充当してございます。合わせて499万6,000円の増額です。
 それから、2目につきましては、後期高齢システムの定額の補助分として250万円を計上してございます。
 3目につきましては、自己負担率の凍結によりますシステムの変更分の補助ということで21万4,000円でございます。
 続きまして、4款の県支出金1目ですが、国と同じく4分の1の交付決定分の減額でございます。
 次ページをお願いします。2項の県補助金の1目ですが、交付決定によります減額444万4,000円でございます。
 それから、5款の1目支払基金より2,405万6,000円の減額ですが、退職療養給付費にかかわります交付決定による減額でございます。
 続いて、6款の1目ですが、高額医療共同事業としまして、今年度実績に基づく連合会からの交付金額2分の1分が327万9,000円の増。
 それから、2目につきましては、保険財政共同安定化交付金の交付決定額で、減額の301万1,000円でございます。
 次ページの8款の繰入金1目ですが、88万2,000円の減額につきましては、1節で医療と介護分の額の確定によるもので減額で118万2,000円、2節で特定健診のデータシステムの導入費ということで、パソコンのデータシステムで30万円で計上してございます。
 続きまして、2項の基金繰入金、支払準備基金より1,413万8,000円を繰り入れるものでございます。これによりまして、基金残額は約2,600万円となる予定でございます。
 それから、2項の雑入ですが、2目の退職被保険者等第三者納付金で、実績による交付決定額で198万8,000円を増額をお願いするものでございます。
 次ページをお願いします。歳出ですが、1款の総務費1目の一般管理費で119万8,000円の増額をお願いするものですが、13節の委託料で先ほど申し上げましたけれども、国保ラインのシステム対応でオンラインシステムで68万3,000円、それから上段ですが、高齢者医療制度円滑導入事業で自己負担の凍結分としまして21万5,000円、それから18節の備品購入費で、データシステムの導入で30万円でございます。
 それから、2款の保険給付費1目ですが、交付決定に伴います財源振替でございます。
 2目の退職被保険者等の療養給付費、減額の1,000万円ですけれども、実績見込みによる減額と財源振替でございます。
 それから、3目、4目については、交付決定に伴います財源振替でございます。
 次ページの2項の高額療養費でございますが、1目、2目とも交付決定に伴います財源振替です。
 4款の介護納付金につきましては、11万9,000円の減額ですが、額の確定によります減額でございます。
 5款の共同事業費拠出金でございますが、1目、2目とも額の確定によります減額でございます。
 次ページをお願いします。9款の諸支出金、一般会計繰入金としまして681万5,000円、これは村の一般会計の方へ、先ほど後期高齢システムの件で、一般会計の総務費の方へ充当するために繰り出すものでございます。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第13号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第14号 平成19年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは御説明申し上げます。今回の補正につきましては、事業実績見込みに伴う補正の内容となってございます。
 まず最初に、3ページをお願いいたします。第2表 地方債の補正でございますけれども、松川浄水苑の管理棟建設に係る額の確定に伴う補正でございます。590万円の減額となっております。
 続きまして、6ページをお願いいたします。歳入の1款の分担金及び負担金、並びに2款の使用料及び手数料につきましては、他年度分の収納額の増ということで、それぞれ増額になっております。
 5款の繰入金につきましては、収入支出額の調整の金額となってございます。
 8款の村債でございますけれども、事業実績見込みに伴う減でございます。
 続きまして、7ページの歳出でございますが、下水道費の1目下水道建設費△300万円でございますけれども、各家庭内の宅内ます、あるいは開発等のものでございますけれども、これも実績に伴う減額でございます。
 2項の下水道管理費の1目の下水道管理費でございますけれども、19節の負担金でございますが、排水設備工事資金の融資の利子補給でございますが29万5,000円の減、それから27節の公課費でございますけれども、消費税分としまして事業実績見込みによりまして118万9,000円の減となっております。
 それから、2目の下水道施設管理費でございますけれども、需用費の70万円の減額でございますが、処理場等におけます固形塩素等の薬剤の事業実績見込みでございます。それから13節の委託料でございますが、電気設備点検業務と処理場維持管理業務につきましては、事業実績見込みによる減額でございます。なお活性炭交換業務につきましては、劣化検査を行いまして、もう1年もつということでございますので、本年度に落として、新年度へ持ち越すという内容で減額してございます。
 2款の公債費でございますけれども、長期債利子につきましては、前年度借り入れ分の償還額の額の決定によるものでございます。一時借入金利子につきましては、不用額といたしまして減額補正をしてあります。以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第14号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第15号 平成19年度松川村水道事業会計補正予算(第5号)を議題とし、事務局長に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、補正について御説明申し上げます。今回の補正につきましては、事業実績見込みに伴う補正でございます。
 まず4ページをごらんいただきたいと思います。収益的収入及び支出、3条関係になりますけれども、1款の水道事業収益2目のその他営業収益で66万3,000円の増となっておりますけれども、消火栓の取りかえに伴います精算見込み分でございます。
 それから、2項の営業外収益1目の受取利息及び配当金でございますけれども、定期預金を含めた利息の増でございます。
 3目の雑収益でございますが、40万9,000円、これはシステム料金でございます。
 支出にまいりまして、1款の水道事業費1項の営業費用の2目配水及び給水費でございますけれども、原材料費、道路復旧費ともに事業実績見込みに伴います減額でございます。委託料につきましても、漏水調査費等の実績見込みに伴う減となってございます。工事請負費150万円の増額となっておりますけれども、これにつきましては道路改良工事等に伴いまして、配水管の布設替えが必要になったということで増額補正をするものでございます。
 2項の営業外費用の3目の消費税でございますけれども、事業実績の見込みに伴いまして増額になるものでございます。
 予備費につきましては、それぞれ調整でございますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それから、6ページの4条関係でございますけれども、資本的収入の1目の負担金でございますが、新設負担金で増となっております。
 支出ですけれども、1項の建設改良費、これにつきましては川西地区の県道の舗装復旧工事の負担金としまして、確定に伴う減額でございます。
 2項の公債費1目の企業債の償還金でございますけれども、繰上償還分を2本、7%以上のものですけれども、含めまして721万2,000円の増額補正をするものでございます。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第15号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第16号から議案第23号までは平成20年度の各会計予算です。関連がありますので一括上程したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。議案第16号 平成20年度松川村一般会計予算、議案第17号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計予算、議案第18号 平成20年度松川村老人保健特別会計予算、議案第19号 平成20年度松川村後期高齢者医療特別会計予算、議案第20号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算、議案第21号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算、議案第22号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算、議案第23号 平成20年度松川村水道事業会計予算、以上を一括上程いたします。事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) それでは、松川村平成20年度当初予算案について提案説明をさせていただきますけれども、朗読をもって提案説明とさせていただきます。
 初めに、近年の村の財政は税源移譲等の影響により、依存財源の比率は減少したものの、地方交付税、国、県支出金などの比率は依然高く、国、県などの制度改正が大きな影響を及ぼす予算編成となっております。
 国では、基本方針2006に引き続き、基本方針2007において、これまで行ってきた歳出削減の努力を決して緩めることなく、最大限の削減を行うこととしています。地方歳出においても厳しい見直しを行っている状況にあります。このような状況の中にありながら、地方と都市の共生の考え方のもと、地方再生対策費が創設され、特に財政状況の厳しい地域に重点的に配分されることとなりました。これにより地方交付税は昨年並みの収入を見込むことができました。
 しかし、地方自治体の財政は依然厳しい状況に変わりはありません。村においても平成20年度予算では、村税、地方交付税については微増及び前年並みの見込みであるものの、国、県支出金の大幅な減少見込みにより、大変厳しい状況となっております。
 こうした中、村では自立する村として自立の村づくり計画実行プランを実践し、村民、地域、行政による協働の村づくりを展開していきます。
 松川村の平成20年度予算は、村長選挙が予定されていた関係で義務的経費を中心とした骨格予算となっていますが、継続事業の多目的交流建設等により、1.4%増の総額41億1,400万円となっております。
 平成20年度当初予算の概要
 1、一般会計、編成方針、平成20年度予算編成は厳しい財政状況の中、施策全般に渡り徹底した整理と見直しを行い編成をいたしました。
 予算規模、歳入歳出予算41億1,400万円、プラス1.4%、5,600万円。
 主な歳入状況
 村税、9億1,732万3,000円、プラス0.5%、454万6,000円。
 村民税、プラス0.1%、16万3,000円。
 固定資産税、プラス2.8%、1,138万4,000円。
 軽自動車税、プラス5.8%、123万8,000円が見込まれています。
 地方譲与税、7,300万円、プラスマイナスゼロ。
 地方交付税、12億4,300万円、△5.5%、△7,200万円。地方再生対策費の創設により微増の見込みであります。骨格予算のため、財源の留保もあり上記の計上といたしました。
 国庫支出金、2億5,125万4,000円、△27%、△9,288万6,000円。自立支援給付費等負担金、まちづくり交付金、都市公園整備事業補助金などが主なものであります。
 県支出金、1億5,674万9,000円、△10%、△1,750万2,000円。自立支援給付費等負担金など社会福祉費負担金や、重度心身障害者医療など医療特別給付費補助金が主なものであります。
 繰入金、5億5,497万8,000円、プラス72.4%、2億3,300万2,000円。多目的文化施設建設事業基金からの5億3,890万円が主なものであります。
 村債、1億9,400万円、プラス13.8%、2,350万円。臨時財政対策債と公園整備事業債を計上しております。
 主な歳出状況
 人件費、6億7,226万円、プラス1.7%、1,092万円。定員適正化計画に伴い職員の計画的な採用、適切な配置を行い、住民サービスの水準を維持しています。
 物件費、7億89万1,000円、△1.4%、△982万4,000円。経費節減に努め、物件費の削減を図りました。
 扶助費、3億5,663万6,000円、△4.3%、△1,608万3,000円。福祉医療給付事業、児童手当費の給付額の減少により減額となっております。
 普通建設事業費、9億795万5,000円、プラス6.0%、5,108万4,000円。骨格予算のため多目的交流施設建設事業費、及び松川中央公園整備事業の継続事業などであります。
 公債費、5億5,048万1,000円、△1.4%、△804万8,000円。国の施策に伴い昭和60年度に借り入れを行っている義務教育整備事業債の繰上償還1,091万8,000円が含まれております。ほかは通常償還であります。
 2、国民健康保険特別会計
 9億2,649万5,000円、△3.3%、△3,189万2,000円。この会計は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もって社会保障及び村民保険の向上に寄与することを目的とし、計上しております。
 平成20年度からの医療制度改革や、近年の医療費の動向、並びに過去の動向を考慮しながら、予算の総額を9億2,649万5,000円としました。うち国保税は2億3,732万円を見込みました。また、歳入歳出の均衡を図るため、一般会計繰入金を7,597万2,000円といたしました。
 3、老人保健特別会計
 1億425万8,000円、△88.8%、△8億2,344万円。この会計は、平成20年3月診療分までの老人保健法による医療にかかる収入、支出について計上しております。
 歳入の主なものは、支払基金交付金5,312万6,000円、国庫負担金3,408万4,000円、県負担金852万1,000円、一般会計繰入金852万1,000円を計上しました。
 歳出の主なものは、医療給付費9,962万3,000円、医療費支給費420万円を計上しました。
 4、後期高齢者医療特別会計
 8,031万6,000円。この会計は高齢者の医療の確保に関する法律により、後期高齢者医療の保険料の徴収、及び後期高齢者医療広域連合への保険料等負担金納付を主たる目的として計上しております。
 歳入の主なものは、保険料6,676万2,000円、一般会計繰入金1,355万円。
 歳出の主なものは、後期高齢者医療広域連合納付金7,923万5,000円を計上いたしました。
 5、公園墓地造成事業特別会計
 154万円、△16.1%、△29万5,000円。本年度は公園墓地723聖地の維持管理及び環境整備に対する経費として予算総額154万円を計上いたしました。
 歳入の主なものは、聖地の清掃料を計上しました。
 歳出の主なものは、環境整備に伴う委託料を計上しております。
 6、地域特別賃貸住宅特別会計
 492万8,000円、プラスマイナスゼロ。平成4年度に建設した地域特別賃貸住宅A型6戸の管理に対し計上しております。
 歳入の主なものは、住宅使用料376万2,000円、一般会計繰入金116万5,000円であります。
 歳出の主なものは、管理費32万8,000円と、住宅建設資金の元利償還にかかわる452万円を計上いたしました。
 7、特定環境保全公共下水道事業特別会計
 4億3,634万2,000円、△33.6%、△2億7,394万3,000円。
 歳入の主なものは、下水道受益者負担金2,594万6,000円、下水道使用料1億1,492万9,000円、受託事業収入2,959万円、一般会計繰入金7,271万4,000円、及び基金繰入金1億8,935万1,000円であります。
 歳出の主なものは、処理場の維持管理委託等4,710万3,000円、及び長期債元利償還金3億1,051万2,000円であります。
 8、水道事業会計
 2億7,072万6,000円、プラス2.7%、718万1,000円。
 4条予算は第1配水池、JR横断配水管布設替え等に4,022万7,000円を計上しました。
 3条予算は通常経費のみで、支出予定額は1億7,088万円となっております。
 続きまして、20年度施策の概要につきまして説明をさせていただきます。
 平成20年度予算は骨格予算である中で、村の第5次総合計画に沿った以下の事業を主要施策として計上しております。
 やすらぎのある自然豊かな村づくり−生活基盤−でありますけれども、景観保全推進事業に48万円、松川中央公園整備事業に1億2,305万2,000円、道路維持管理事業に764万8,000円。
 続きまして、笑顔で助け合う安心して暮らせる村づくり−保健・福祉−であります。村社会福祉協議会補助に4,559万6,000円、障害者自立支援事業に8,877万4,000円、地域活動支援事業、地域生活支援事業743万2,000円、老人福祉総合対策助成事業1,706万5,000円、包括支援センター事業3,116万5,000円、松香荘管理1,706万5,000円、ふれあい館運営・児童クラブ事業1,157万9,000円、福祉医療給付費事業7,906万2,000円、児童手当給付事業8,591万円、母子保健事業644万2,000円、健康増進事業857万3,000円、社会就労センター運営3,361万6,000円、保育園運営に4,939万円、特別保育事業574万3,000円であります。
 続きまして、安全でゆとりのある村づくり−生活環境−であります。水道事業に4,022万7,000円、下水道事業に4,710万3,000円、自治振興事業に2,425万2,000円、ごみ処理リサイクル事業に1億1,023万5,000円、常備消防費1億1,672万7,000円、消防団運営事業に2,281万7,000円、災害対策事業に398万3,000円であります。
 伝統と文化を生かす村づくり−教育・生涯学習・文化−であります。小学校就学援助事業509万1,000円、小学校チームティーチング事業などに887万7,000円、小学校教育振興事業に529万6,000円、中学校就学援助事業に583万7,000円、中学校チームティーチング推進事業などに309万2,000円、中学校教育振興事業に591万7,000円、男女共同参画社会推進事業に111万1,000円、生涯学習推進事業に105万7,000円、体育振興事業に450万5,000円、多目的交流建設事業に6億3,630万円であります。
 続きまして、働く日々に誇りをもつ村づくり−産業−でありますが、地域営農システム事業793万9,000円、土地改良事業1,345万1,000円、中山間地域等直接支払事業2,282万8,000円、商工会補助金530万円、制度資金補給金550万円、観光振興事業978万9,000円、観光施設運営費3億7,052万円。
 続いて、輝く明日への村づくり事業でありますが、−行・財政−であります。人づくり推進事業に217万5,000円、広域行政推進事業に1,016万1,000円、地域づくり活動活性化支援事業に500万円。
 以上でありますけれども、後でまた担当課長が細部に御説明をいたします。御審議をいただきまして、原案どおりお認めをいただきますことをお願いをいたしまして、提案説明とさせていただきます。ありがとうございました。
○議長(甲斐澤明君) これより、各会計予算の補足説明を行います。
 初めに、議案第16号 平成20年度松川村一般会計予算の補足説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、よろしくお願いをしたいと思います。村長の朗読いたしましたその後8ページからですけれども、一般会計歳入歳出の一覧表ということで、8ページが歳入、これは村長の2ページで御説明した内容でございます。それから、9ページが目的別の歳出の関係、10ページが性質別の歳出の関係で、その内容につきましては、概要の3ページの方にあわせてごらんをいただきたいと思います。それから、11ページから13ページまでにつきましては、歳出の目的別、節別で記載をしてございますので、ごらんをいただきたいと思います。それから、14ページにつきましては、今まで記載したものをグラフ化した内容でございます。御確認をいただきたいと思います。
 それでは、これから各課長が予算書に基づきまして補足説明を行いますけれども、経常的な目は説明を省略させていただきまして、新規事業や説明が必要な目のみ簡潔に行いたいと思いますので、お願いをしたいと思います。
 なお、人件費関係につきましては、後ほど一括説明いたしますので、各課長からの説明は省略をさせていただきます。
 それでは、8ページをお願いいたします。第2表債務負担行為でございます。3つの事項が記載をしてございます。それぞれ期間、限度額を定めておりますので、御確認をいただきたいと思います。
 9ページにつきましては、第3表地方債でございます。起債の目的としまして、公園整備事業、臨時財政対策債、それぞれ限度額を設定してございます。起債の方法、利率、償還の方法につきましては、それぞれ御確認をいただきたいと思います。
 17ページをお願いいたします。それでは総務課関係、歳入から御説明をさせていいただきます。
 まず、村民税の目1の個人の関係でございますけれども、減額となっておりますが、これは住宅の新築のための借入金に対します住民税の税源移譲等の関係で減税による影響によりまして減となっている状況でございます。法人につきましては、現年度課税分、法人割額が増によるということで増額となっている内容でございます。
 それから、項の2の固定資産税の関係ですけれども、ふえておりますけれども、宅地造成による新築、それから土地にかかります負担調整の関係で増額となっている内容でございます。
 18ページの関係、軽自動車税、村たばこ税、入湯税につきましては、実績に基づきます計上でございますのでお願いいたします。
 それから、19ページでございますけれども、自動車重量譲与税、それから一番下の配当割交付金につきまして、これは地方財政計画並びに実績等を勘案しまして計上をしてございますので、お願いをいたします。
 20ページをお願いをしたいと思います。こちらも株式等譲渡所得割交付金、地方消費税交付金、自動車取得税交付金につきまして、実績等勘案しまして計上をしている内容でございます。
 その下、地方特例交付金でございます。増額となっておりますけれども、以前からの児童手当分と、それから村民税のところで御説明申し上げました、住宅建築の借入金に対する所得税の方でなかった分を住民税から引くというような関係で、その分の減税分の補てんを特例交付金で行っていただくという内容でございます。
 それから、21ページ、款9の地方交付税でございます。地方財政計画等によりまして算定をしてございますけれども、村長より説明がございましたけれども、留保資金として持っているという内容で、現実的にはこういう大幅な減額にはならないというふうに想定はしております。
 25ページをお願いいたします。国庫補助金の関係の2目の土木費国庫補助金の関係でございます。公園費補助金、これは都市公園の整備事業の関係で、事業量の増によります増額となっている状況でございます。それから節の2の土木費補助金、まちづくり交付金の関係でございますけれども、多目的交流センター分のみ計上ということで、道路分につきましては骨格予算のため、6月等の補正になろうかと思いますので、お願いをしたいと思います。
 それから、その下の国庫支出金の委託金の総務費委託金の関係でございますけれども、参議院通常選挙、20年度はないということで、大きく減額となっている内容でございます。
 あと27ページをお願いいたします。一番下の県支出金の委託金の関係でございますけれども、県議会一般選挙がなくなったということで、大きく減額となっている内容でございます。
 次のページをお願いいたします。2段目になりますけれども、財産運用収入の関係でございます。大きく減額となっておりますけれども、郵便局舎の貸付料がなくなったという内容でございます。
 30ページをお願いいたします。基金繰入金の内容でございます。2目の多目的文化施設建設事業基金繰入金、こちらの方も大きく増額となっておりますけれども、事業量の増によります繰り入れの内容でございます。
 それから、その下の一番最後、目の5の減債基金繰入金、これにつきましては7%以上の利率につきまして繰上償還を行うということで、減債基金から財源充当をする内容でございます。
 32ページをお願いいたします。雑入の関係でございます。これにつきましては、担当課に渡る内容でございますけれども、それぞれ計上してございますので御確認をいただきたいと思います。
 34ページをお願いいたします。一番最後の段でございますけれども、土木債、公園整備事業債、事業量の増のために増額となっている内容でございます。
 その下、臨時財政対策債につきましては、御確認をいただきたいと思います。
 それでは、歳出の方、38ページをお願いいたします。2段目になりますけれども、総務管理費の中の目1の一般管理費でございます。この内容につきましては、人件費が主な内容となっておりますけれども、次の下のページの中の19負担金補助及び交付金が大きく減額になっておりますけれども、これは北アルプス広域連合経常経費負担金が企画費の方へ移行したという内容で、減額となっている内容でございます。
 40ページをお願いいたします。一番下の財政管理費でございます。次のページの節では24投資及び出資金の内容でございます。これは地方公営企業金融公庫が平成20年度に廃止をされるということに伴いまして、地方が共同して設立する地方公営企業等金融機構への出資金を新たに計上している内容でございます。
 それから、1つ飛びまして財産管理費の内容です。次のページの内容になりますけれども、一番下、節の14使用料及び賃借料、この関係は収入のところでも御説明申し上げましたが、郵便局舎の敷地料が減ということの内容でございます。
 それから43ページ、次のページになりますけれども、目の7の企画費、これは一般管理費の方で御説明申し上げましたが、19負担金補助及び交付金、北アルプス広域連合等の負担金がこちらの方へ移行したという関係上、増額となっている内容でございます。
 44ページ、次のページでございます。この内容につきましては、目8の自治振興費、それから交通安全・防犯対策費、それから目の10の消費者行政費、次のページになりますけれども、11の交通災害共済費、12の人づくり推進費、これにつきましては、前年同の内容となっております。若干数字の変動はございますけれども、記載のとおりでございますので、御確認をいただきたいと思います。
 45ページの一番下、総合行政情報費の関係でございます。内容につきましては、46ページの方ごらんをいただきたいと思います。特に13の委託料で大きく減額となっております。これは電算システムの移行費用が減ということが1点、もう1点は、後期高齢者システムの構築の関係がなくなったという関係で、大きく減額の内容でございます。
 それから、14の使用料及び賃借料の関係ですが、これはOAシステムのリース料の関係でございますが、本年度につきましては12カ月分を計上したため、増額となっている内容でございます。
 続きまして、その下の方、徴税費の関係でございます。目1、目2それぞれございますけれども、人件費等また経常的な内容でございますので、御確認をいただきたいと思います。
 49ページをお願いいたします。下の段の関係になりますけれども、選挙費の関係でございます。本年度は一番下、農業委員会委員一般選挙が執行されるということで、この分が増額、また次のページの50ページですけれども、下段の方に4つ、それぞれございますけれども、本年度は前年度執行されたということで、それぞれ減額となっておりますのでお願いをしたいと思います。
 続きまして51ページ、項の5の統計調査費関係でございますけれども、前年同という内容でございますので、御確認をいただきたいと思います。
 続きまして88ページ、飛びますけれども、お願いしたいと思います。款7土木費の都市計画費の関係でございますが、2目の公園費、これは中央公園の整備費が大きくふえたということで、最終年度という関係上、増額となっている内容でございます。
 90ページをお願いいたします。消防費の関係でございます。目1の常備消防費の関係ですけれども、19負担金補助及び交付金、これは常備消防の関係の施設整備の関係で増になっているという内容でございます。
 続きまして、その下の目の2の非常備消防費の関係でございますけれども、内容的には前年同という内容でございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 続きまして、次のページ、92ページになりますけれども、目の3の消防施設費になります。18備品購入費、ホースの購入を予定をしております。また、19負担金補助及び交付金、前年は大きくあったわけですけれども、これは水道会計の消火栓設置工事負担金ということで額がありましたけれども、本年度は当初予算にはないということで減額となっております。
 また、その下の災害対策費でございますけれども、13の委託料の一番上のところにありますけれども、本年度地域防災計画の見直しということで、策定業務を予定をしている内容でございます。また、前年度につきましては、13でハザードマップの調査、それから18備品購入費で自主防災組織の備品の購入ということがございましたけれども、本年度はございませんので減額となっております。
 続きまして、111ページをお願いします。一番下の欄にございますけれども、7目の多目的交流施設整備費、内容につきましては次のページ、112ページになりますけれども、ここでは20年度全体事業費を6割にしたという関係で増額となっております。また、正面といいますか、入り口の方のキャナピー、それから通路のつけかえ工事等、増工分を見ておりまして、工事請負費の方が増額を予定しているという内容でございます。それから18の備品購入費につきましては、12月末完成ということで、その部分の備品購入費を、新たにこの分予算計上しているという内容でございます。
 あと115ページをお願いします。公債費の関係でございます。元金の方の関係でございますけれども、減債基金からの繰り入れのところで御説明申し上げましたけれども、繰上償還分、総務省の関係でございますが、その分が含まれているという内容でございます。
 あと、次のページ、116ページにつきましては予備費を計上してございますので、お願いをしたいと思います。
 それから、給与費明細書の関係119ページになりますけれども、119ページにつきましては特別職の関係を計上してございます。それから、120ページから124ページまでは一般職の関係で、一般会計の分を記載しておりますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、飛びまして127ページになりますけれども、債務負担行為に関する調書を記載をしてございます。130ページまで続きますけれども、内容につきましては御確認をいただきたいと思います。
 その後、133ページにつきましては、地方債に関する調書ということで、一番右側の方に平成20年度末現在高見込額ということで、合計欄に記載をしてございますので、御確認をいただきたいと思います。
 総務課関係は以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは環境福祉課関係、歳入の方からお願いします。
 歳入、ページ数で21ページをお願いします。11款の分担金及び負担金ですが、1目の民生費負担金、こちらにつきましては、在宅福祉関係の鹿島荘の老人保護措置費負担金、それから下の2つにつきましては、精神障害者利用者の負担金を計上してございます。
 次ページの22ページをお願いします。2節の児童福祉費負担金ですが、こちらは保育園関係の保育料と、延長保育料、一時保育料を記載してございます。
 それから、12款の使用料の1目の民生費使用料ですが、1節の老人福祉施設使用料、こちらは松香荘の関係の入浴料、施設使用料でございます。2節につきましては社会就労センター分の使用料でございます。
 それから23ページ、12款の関係、1節の戸籍等手数料ですが、窓口業務の手数料を記載してございます。
 次ページ、24ページをお願いいたします。2目の衛生手数料につきましては、1節、2節とも生活環境係の関係、犬の登録の関係、それから廃棄物の許可申請手数料等でございます。
 次に、13款の1目の民生費国庫負担金1節、2節につきましては社会福祉費負担金につきましては、国保分の保険基盤安定負担金、それから下の2つにつきましては、在宅福祉の自立支援給付費と障害者医療費の負担分でございます。それから2節につきましては児童手当の負担金でございます。
 その下の衛生費国庫負担金ゼロとなっておりますけれども、こちらにつきましては、老保分は今年はないということでゼロでございます。
 次のページ、一番上段ですが、国庫補助金につきまして、1目につきましては、自立支援給付費等の在宅福祉係の補助金でございます。
 それから、下段にいきまして委託金の関係ですが、民生費委託金としまして、1目につきましては基礎年金の事務費の交付金、2節につきましては特別児童扶養手当事務費の委託金でございます。
 それから、26ページをお願いします。県の負担金関係ですが、民生費県負担金、これにつきましても国と同様でございますので、省略をさせていただきます。
 衛生費の負担金につきましても、県分が老保分として本年はゼロということでお願いします。
 それから、14款の県支出金、1目の県補助金、こちらにつきましても県単事業としまして、医療費特別給付費がございますが、昨年とほぼ同じでございます。乳幼児医療費の県単分が下がっておりますが、実績に伴います20年度の計上でございます。
 続きまして、27ページをお願いします。3節の児童福祉費補助金ですが、保育園の障害保育分を計上してございます。
 28ページをお願いします。2目の民生費委託金ですが、こちらにつきましては民生児童委員の交付金、それから特別障害者手当等の調査の委託金分の計上です。
 それから、29ページの繰入金につきましては口開けでございます。
 それから、31ページをお願いします。19諸収入につきましても、昨年同でございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、32ページの雑入でございますけれども、昨年と変わった点、中段ほどに各種健診手数料223万とありますが、去年の約半分の計上でございますけれども、特定健診の方へ回るということで、国保会計の方で収入を見てございますので、減額となっております。
 それから、33ページ雑入ですが、居宅介護支援収入、口入れと、これにつきましては社協で居宅を立ち上げるため、こちらの村の収入外となっておりますので、1,200万ほどの減額となっております。
 その下の地域支援事業費につきましては、在宅福祉係の事業としての事業費の収入でございます。
 34ページをお願いします。地域包括支援センター収入ですけれども、広域よりの新予防給付の収入分でございます。
 収入は以上です。
 48ページをお願いします。歳出ですけれども、2款の総務費1目の戸籍住民基本台帳費につきましては窓口業務関係でございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 52ページをお願いします。3款の民生費1目の社会福祉総務費でございますが、在宅福祉係の障害者関係、それから社協の補助、保健福祉係の民生委員や児童クラブ関係、それから住民係の国保への繰出金、これにつきましては4款より3款に変更になっておりますので、その分が7,600万ほど増となっております。節でいきますと7節の賃金、昨年より400万ほど多くなっておりますけれども、児童クラブの代替指導員、今までは委託料で社協の方からお支払いをしていただいたんですが、20年度からは直接支払いということで、こちらに計上になっております。その分、次ページですけれども、13節の委託料が減となっております。
 それから、その一番下の工事請負費につきましては、ふれあい館の玄関前のフェンスと門扉の工事を予定しておりますので、60万9,000円を計上してございます。
 それから、次ページにつきましては昨年とほぼ同ですので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、55ページの28節繰出金7,597万3,000円と、去年はゼロでしたけれども、こちらが4款より移ったというとで増となっております。
 それから、2目の老人福祉費につきましては、介護保険事業や地域包括支援の関係、敬老祝金や在宅介護者慰労金、それからすずむし荘の入浴券の補助が主なものでございます。今まで社協へ委託していた関係が、主なものは居宅介護支援事業所ですけれども、収入を直接社協の方で受けますので、その分が減額となっております。あとは今までと同じとおりですので、55ページ、56ページはごらんをいただきたいと思います。
 なお、13節の委託料ですけれども、生活機能評価健診業務ということで、新たな事業ですけれども、これにつきましては65歳以上の方の健康について、お元気クラブや長寿何でも講習会を充実させるということで計上をしてございます。
 それから、19節負担金補助及び交付金ですけれども、大幅な増額になっておりますけれども、こちらの方は57ページになります。13節よりの振りかえで社協へ介護予防地域支え合い事業負担金、それから生きがい活動支援通所事業、こちらの方に計上させてございますので、増となっております。
 それから、57ページの第3目の医療費特別給付費、これは例年どおりですが、福祉医療費給付にかかわる経費でございます。
 次ページをお願いします。4目の老人福祉費、こちらにつきましては松香荘及びゆうあい館の管理費を計上してございます。昨年とほぼ同額ですので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから59ページ、介護保険費ですが、介護保険に伴います負担金が主なものですので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、その下6目の老人医療費、こちらは新設の目でございますけれども、後期高齢者医療に係る負担が主なものでございます。一部老保の分も含んでおりますけれども、ごらんをいただきたいと思います。
 それから次のページ、60ページ、児童福祉総務費でございますけれども、保育園の管理運営に係る経常経費を掲載しておりますけれども、減額が大きくなっておりますけれども、節の2節から4節までの職員の給与費が1,600万ほど昨年より減額になっている理由でございます。
 それから、次ページの61ページ、2目の保育園費でございますけれども、保育園の特別保育の運営に係る経常経費で臨時職員等の人件費の増で増額となっております。あとは昨年とほぼ同じですので、ごらんいただきたいと思います。
 続きまして62ページ、児童手当費、その下の3項の授産施設運営費、それぞれ児童手当費につきましては児童手当支給に関する経常経費です。それから授産施設につきましては、社会就労センターにかかわる計上経費です。昨年とほぼ同じでございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、64ページ下段ですが、2目の授産施設運営費、就労センターの作業員の工賃が主な支出でございます。
 65ページをお願いします。3款1目の国民年金取扱費、これは国民年金に係る事務費の計上で昨年とほぼ同額でございます。
 その下、4款の衛生費、1目の保健衛生総務費ですが、職員の給与と広域、医師会などの負担金が主なものでございます。昨年より大幅に減額となっておりますが、先ほど申し上げましたが、国保の繰出金を3款の方へ、老保も3款の方へ変更による減額でございます。
 66ページをごらんいただきたいと思います。それとは別に19節で昨年より減額の部分を申し上げますと、安曇病院の療養型病床群の負担金が、安曇病院が一般病棟に振りかえたということで約335万8,000円の減額、それから後期高齢者広域連合への負担金が減額約300万、安曇病院の建設費補助が平成19年度で終了しまして236万円の減等で減額となっております。
 次の予防費ですけれども、各種予防接種、各種検診、母子保健事業の経常経費でございます。減額になっている理由は、特定健診分の減となっておりまして、国保会計の方で見ております。
 次のページ、67ページになりますが、保健センター管理費、こちらにつきましては保健センター管理に関する経常経費でございます。
 続きまして、4款環境衛生費ですが、池田松川施設組合の葬祭センターの分の負担金、それから犬の登録に要する経常経費を67、68ページと記載してございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、次の1目の清掃総務費ですが、こちらにつきましては家庭用雑排水、汚泥処理に関する業務委託やごみ袋の証紙に要する経常経費で、ほぼ昨年と同となっておりますので、ごらんをいただきたいと思います。
 70ページをお願いします。最後になりますが、清掃費で大幅な減額となっておりますが、こちらの内容は、ごみ処理の収集運搬委託と穂高広域施設組合の負担金が主なもので、減額理由としましては、平成19年度において旧池田松川清掃施設組合の焼却炉の解体分、約1,600万円がなくなっているということと、穂高広域の負担金が約1,000万円弱減額となっているということで、大幅な減額となっております。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは経済課、歳入関係、22ページ中段をお願いいたします。目3商工使用料1の温泉施設使用料ですが、入浴料、宿泊料、使用料とも実績をもとに計上いたしました。引き続き、従業員一同増収に努めてまいります。
 また、2のセピア安曇野使用料につきましても実績をもとに計上してありますので、よろしくお願いしたいと思います。
 27ページをお願いします。目2農林水産業県補助金、2の農業費補助金では、主なところでは、引き続き中山間地域等直接支払事業交付金を計上してありますし、強い農業づくり交付金につきましては、農地の利用集積事務への補助でございます。
 3の林業費補助金では、森林造成事業として、これも継続ですが、約5ヘクタールの緩衝帯整備への補助となっております。また、森林整備地域活動支援交付金につきましては、団地化して効率よく森林整備するための境界の確認ですとか、今年度補正で対応した件でございます。また、野生鳥獣総合管理対策事業補助金につきましては、有害鳥獣の個体数調整に伴う補助金でございます。
 33ページをお願いします。雑入の関係で、2の温泉施設事業収入、3の寄って停まつかわ事業収入とも、実績をもとにこちらの方を計上してありますので、よろしくお願いをいたします。
 それでは歳出の関係、70ページ中段をお願いいたします。目1の農業委員会会費ですが、こちらの方は農業委員会の運営経費です。定例会における委員の報酬、会報発行が主な内容でございます。
 71ページ下段をお願いします。目2の農業総務費につきましては職員の人件費でございます。
 目3の農業振興費につきましては総合的な農業支援、振興にかかわる事業で負担金補助及び交付金が主な内容でございます。この中では、ページ飛びますが73ページの上段になりますが、中山間地域等直接支払交付金を計上してあります。
 続きまして、目4の地域営農支援事業費につきましては、地域営農支援システムの構築のための推進事業費が主な内容でございます。特に負担金補助及び交付金のうち、村営農支援センターへの負担金と認定農業者に対する機械等購入補助が主な内容でございます。
 74ページをお願いします。目5の農村婦人の家管理費ですが、こちらの方は農村婦人の家の維持管理経費が主な内容でございます。
 目6の土地改良費ですが、この中では新規としまして高瀬川沿岸農業水利運営委員会の負担金を計上いたしました。これは水利権の許可期限が来年度末に迫っていることから、更新申請に伴う基礎資料等の作成に伴う負担金でございます。このほか農地水環境保全事業に伴う負担金と維持管理適正化事業賦課金、圃場整備事業に伴います農林漁業資金償還金が主な内容でございます。
 75ページの方をお願いします。目1の林業振興費では村有林の維持管理経費が主な内容でございます。猿害対策も含めた森林整備、また森林育成のための植樹祭の実施が主な内容でございます。
 76ページをお願いします。下段の方になりますが、目1の商工総務費では商工会への助成、中小企業者への融資に対する利子補給、保証料補給が主な内容でございます。
 続きまして、目2の観光費では観光振興に伴う各種団体への補助と、イベント等への助成が主な内容でございます。この中では78ページをお願いします。北アルプス観光協会への負担金ですね、こちらの方が増額となっております。これは大糸線沿線市町村とJRが提携いたしまして、効果的なPR活動を行っていくための増額でございます。
 続きまして、目3の交流施設総務費ではセピア安曇野イベント広場、ちひろ公園の維持管理経費が主な内容でございます。この中では、79ページになりますが、25積立金の中ですずむし荘、寄って停の収益見込み分を基金積み立てとして計上してあります。
 目4の温泉施設管理費では、すずむし荘の管理運営経費が主な内容でございます。新規としまして82ページをお願いします。18備品購入費がありますが、この中で客室のテレビが老朽化したということで、すべて新調し、受け入れ環境の向上を図ってまいります。
 目5の寄って停まつかわ管理費では、寄って停まつかわとチェーンベース、これはトイレと駐車場でございますが、こちらの方の管理運営経費となっております。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、建設水道課関係の御説明を申し上げます。
 まず、歳入の関係で22ページをお願いしたいと思います。4目の土木使用料、公営住宅使用料でございますけれども、村営住宅36戸、それから特定公共賃貸住宅24戸の計上でございます。
 それでは84ページをお願いしたいと思います。1項の土木管理費1目土木総務費でございますが、経常経費でごらんのとおりでございます。
 2項の道路橋梁費1目の道路橋梁総務費でございますけれども、△200万ほどになっていますけれども、19年度は県単事業割があったという内容でございます。2目の道路維持費でございますけれども、△1,300万ほどでございますが、工事請負費等につきましては6月補正でお願いしたいと思いますが、除雪トラックの購入ということで、その分が減額となってございます。15節の工事請負費の300万は、道路維持補修等に必要ということで計上させていただいておりますし、13の委託料につきましては、除雪業務で例年どおりでございます。
 3目の道路新設改良費でございますけれども、△3,500万、6月補正でお願いするようになるかと思います。交通安全施設整備も同様でございます。
 3項の河川費でございますが、例年どおり経常経費でございます。
 4項の住宅費でございますけれども、修繕費及び繰出金が主な内容となってございます。
 89ページをお願いします。下水道費でございますけれども、特会の方への繰出金でございます。7項の施設整備費、1目の施設整備費及び次ページの国営公園対策費につきましては、経常経費でごらんのとおりでございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) それでは、総務学校課関係をお願いします。
 95ページをお願いいたします。歳出の関係で、新しいものについてお願いをしたいと思います。95ページの節13の委託料で、この中で生活習慣病の予防検診ということで、中学生のいとからメタボの芽が出ていると言われている中で、中学生の2・3年生を全員を対象に、この年度において血液検査とあわせながら、この検診を行っていきたいと思っております。
 それから、1つ飛びまして19節の中の関係ですけれども、小学校の30人規模学級の負担金ですけれども、新5年生と6年生、基準では3クラスになってしまうわけなんですけれども、これを県との共同方式で各4クラスでいきたいという内容でございます。それに伴う負担金でございます。
 それから、98ページをお願いします。ここは小学校費なんですけれども、18の備品購入費で、今回小学校の5年生と6年生の机230台と、それから、いすを100脚を更新をするということで、ここにお願いをしたところでございます。
 それから、100ページで中学校費なんですけれども、前年に対しまして大きく減額になっておりますが、これは中学校で机は全生徒の分、それからいすも一部前年度は更新したということの中での減額でございますので、お願いいたします。
 それから、104ページをお願いいたします。104ページ、これは中学校の扶助費でございますけれども、20節です。生徒の就学援助費と生徒の特殊教育の就学援助費ということですが、前年に比べまして75%ほどふえております。この中学校の就学援助費については、大きく伸びているということでお願いをいたしたいと思います。
 それから、飛びまして110ページをお願いいたします。先ほどの19年度の補正の中でもお願いいたしましたように、この5の文化財保護費の中で大きな額が減額になっておりますけれども、これは公有財産購入費の減ということでございます。いわゆる土地開発基金からの買い戻しをしないということで変わっております。そのほかの目につきましては、大体前年並みでございますので、よろしくお願いいたします。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) それでは、公民館関係をお願いいたします。
 歳入、23ページをお願いいたします。5目の教育使用料でございますが、社会教育の各施設の使用料でございまして、実績をもとに計上してございます。御確認をいただきたいと思います。
 続きまして、歳出でございます。105ページをお願いたします。9款の1目社会教育総務費でございますが、青少年健全育成、男女共同参画の推進、各団体等への負担金補助等でございまして、そのほか多目的文化施設建設事業等の基金の積み立てが主な内容となってございます。ここでは特に報酬のところで、村全体の芸術文化活動の推進と活性化ということの中で、芸術・文化交流推進委員、ワークショップ等の意見を十分踏まえる中で設置をしていく内容が入ってございます。
 続きまして、106ページでございます。公民館費でございます。公民館費は昨年とほぼ同額でございます。公民館の維持管理経費、それから公民館活動に伴います役員の報酬等が主な内容でございます。みずから参画する成人式、あるいは公民館広報等の発行によりまして、情報提供をしていきたいと思います。金額等につきましては掲載のとおりでございますので、御確認をいただきたいと思います。
 それから図書館費、次のページでございます。108ページですが、図書館費ですが、図書室の管理運営経費が主な内容でございます。引き続きまして、村民の皆さんに図書室を利用していただけるように読み聞かせ等、講座、講演会等を実施してまいりたいと思います。特に、図書室から新館への移転に伴います経費といたしまして賃金等が増額になっておりますので、御確認をいただきたいと思います。
 109ページでございます。生涯学習推進費でございます。これも昨年とほぼ同額でございます。生涯学習を推進していくための住民の自発的な講座や学習の場づくりの設定とともに、学習の成果が生かせるよう、内容、方法などを住民と協働して取り組んでまいりたいと思います。そのほか各分館への助成、文化祭の開催、それから生涯学習センターの維持管理経費が入ってございますので、御確認をいただきたいと思います。
 続きまして、112ページをお願いいたします。保健体育総務費でございます。これにつきましては、体育指導員等の活動経費及び村体協の補助等が主な内容でございます。村民の生涯スポーツへの振興と体力増強を図ってまいりたいと思います。金額につきましては御確認をいただきたいと思います。
 続きまして、体育施設費でございます。これにつきましては、各体育施設の維持管理経費等でございます。補修、整備等に万全を期して、利用の利便に万全を期していきたいと、そういうように思います。
 続きまして、次ページ114ページ、3目の体力増強事業費でございます。これにつきましては分館対抗球技大会、あるいは村民運動会等各種スポーツ大会、あるいは教室を実施いたしまして、村民の健康増進と体力向上を図ってまいりたいと思います。特に、多くの人が参加できるように、関係者の協力を得る中で計画的に健康増進とともに親睦、交流が図られるように努めてまいりたいと思います。金額につきましては御確認をいただきたいと思います。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第16号に対する補足説明を終わります。
 ここで3時15分まで休憩といたします。
                               午後 2時58分 休憩
                               午後 3時15分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開いたします。
 議案第17号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計予算についての補足説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、議案第17号の説明をさせていただきます。
 平成20年度の国民健康保険特別会計につきましては、昨年度当初に比べ約3,189万2,000円の減額となっております。これはこの4月から施行される後期高齢者医療制度に伴う税収等の減のためでございます。
 予算編成につきましては、まず年間の医療費等を見込み、歳出を確定しました。そして歳入で国・県負担金、補助金、交付金、一般会計より法定繰入金等を見込み、本来ですと税収と基金の取り崩しで編成をしてまいったわけですが、基金の保有額が約2,600万と少ないため、基金繰り入れを行わない予算組みといたしました。その結果、税収は平成19年度より平均40%上げないと予算編成ができない状況となりました。国保の運協でも御検討をいただき、最終的に税率を平均20%増とし、不足分を一般会計からの借り入れとして調整を行いました。
 それでは8ページをお願いします。まず歳入ですが、1款の保険税は一般と退職と合わせて2億3,732万円で、昨年より2,272万2,000円の減で見込みました。
 3款の国庫支出金は、負担金、補助金合わせて2億440万9,000円でございます。
 4款の療養給付費交付金につきましては、支払基金より退職医療費交付金で2億1,245万9,000円の減となっております。
 10ページをお願いします。5款の前期高齢者交付金ですが、新設となる項目で支払い基金より計上しております。4款の療養給付費交付金と合計すると約1,279万円の減額となっております。
 6款の県支出金は負担金、補助金合わせて3,307万2,000円でございます。11ページをお願いします。
 7款の共同事業交付金は、2目の保険財政共同安定事業交付金を含み8,513万円でございます。
 9款の繰入金は、1目の一般会計からの繰入金で、1節から4節が法定内繰り入れ、次ページ5節をお願いします。特定健診等繰り入れ、6節その他借り入れ3,800万円となっております。
 10款につきましては繰越金。
 13ページになりますけれども、11款の諸収入は保険税の延滞金、また2項の雑入の5目では特定健診の受診に伴う負担金を一般会計にかわりましてこちらで新設計上してございます。
 続きまして歳出ですが、14ページをお願いします。1款の総務費につきましては、一般管理費ほかの経常経費でございます。
 15ページをお願いします。2款保険給付費1項の療養給付費は、一般と退職被保険者の医療費等で、昨年に比べ1,330万1,000円の減となります。
 16ページをお願いします。2項高額療養費、3項移送費、4項出産育児諸費は昨年並み。17ページの5項の葬祭諸費は後期高齢者の移行分を減じております。
 3款後期高齢者支援金等は新設項目で、県の広域連合への支援金を計上しております。
 18ページをお願いします。4款の前期高齢者納付金は、前期高齢者の加入割合で決まってくるものでございますけれども、負担額調整見込みのみ計上してございます。
 5款の老人保健拠出金は、過年度の経過措置分の計上でございます。
 6款の介護納付金は、介護保険制度を運営するための保険者負担分でございます。
 19ページですが、7款共同事業拠出金は、高額医療保険財政共同安定事業拠出金などでございます。
 8款の保険事業1項の特定健診等事業費は、被保険者の健康診査に係る費用を計上してありますが、次ページの20ページの第2項ヘルスアップ事業の終了によりまして、減額となっております。
 それから9款の基金積立金、21ページの10款公債費、11款諸支出金、22ページの12款の予備費は、昨年とほぼ同額を予定しております。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第17号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第18号 平成20年度松川村老人保健特別会計予算についての補足説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 平成20年度の老人保健特別会計は、昨年度当初より8億2,344万円減で計上しました。平成20年度から施行される後期高齢者医療特別会計に移行するものでございます。月おくれ請求分が残りますので、総予算は3月診療分を計上しております。
 なお、この会計は過誤調整のため3年間は特別会計として残ることとなります。
 それから、歳入の方に移りたいと思いますが、6ページをお願いします。1款の支払基金交付金は、社会保険診療報酬支払基金からの交付金。
 2款の国庫支出金、3款の県支出金、7ページの4款の繰入金は、それぞれ国、県、村の負担分でございます。
 5款、8ページの6款は口あけでございます。
 それから、歳出ですけれども、9ページをお願いします。1款の医療諸費は、医療機関に支払う医療費。2款の諸支出金は、端数調整で計上してございます。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第18号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第19号 平成20年度松川村後期高齢者医療特別会計予算についての補足説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 平成20年度の後期高齢者医療特別会計は、老人保健特別会計にかわる新設の特別会計です。対象者は約1,400人を予定をしております。
 それでは、歳入から御説明申し上げます。6ページをお願いします。1款の保険料が1目の特別徴収を85%分、2目の普通徴収を15%分見込んでございます。
 2款は督促手数料。
 3款の繰入金は、一般会計より事務費と保険基盤安定繰り入れとして7割・5割・2割軽減分の計上をしてございます。
 7ページ、4款は口あけでございます。
 続きまして、歳出、8ページをお願いします。1款は総務事務費の計上です。
 2款は後期高齢者医療広域連合納付金は、県の広域連合への負担金です。
 9ページの3款につきましては予備費です。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第19号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第20号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算についての補足説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 平成20年度の公園墓地造成事業特別会計につきましては、公園墓地の管理費が主なもので、昨年とほぼ同額を計上しました。
 歳入からですが、6ページをお願いします。1款の使用料及び手数料ですが、聖域使用料としまして、1聖域2,100円掛ける720聖域を予定をしております。
 2款の財産収入は基金利子の計上、3款の繰入金は口あけでございます。
 続きまして、歳出ですが、7ページをお願いします。1款の一般管理費は一般事務費と公園墓地の管理費でございます。
 2款は予備費計上でございます。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第20号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第21号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算についての補足説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、議案第21号の御説明を申し上げます。
 本予算につきましては、6戸分の経常経費を計上したものでございます。歳入につきましては、使用料と一般管理費繰入金で、歳出につきましては、管理費と元利償還が主なものとなっております。
 それでは6ページをお願いしたいと思います。使用料及び手数料1目土木使用料につきましては、家賃収入でございます。
 繰入金につきましては、一般会計からの繰入金。
 3款の繰入金につきましては、口あけとなっております。
 7ページの歳出でございますけれども、1目の一般管理費、修繕料が主な内容でございます。
 公債費につきましては、元利合わせて記載のとおりとなってございます。
 8ページをお願いいたします。地方債に対する調書につきましては、記載のとおりでございますけれども、平成24年までの償還となっている内容となっております。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第21号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第22号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算についての補足説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算について御説明を申し上げます。
 本予算は、下水道終末処理場並びに敷設下水道管の経常経費を計上したものです。歳入の主なものとしましては、受益者負担金、下水道使用料と一般会計よりの繰入金、基金の繰入金となっております。
 歳出では、処理場等の維持管理費と公債費が主な内容でございます。
 それでは、7ページをお願いいたします。分担金及び負担金1目の下水道負担金でございますけれども、△2,400万ほどになってございますけれども、下水道の接続率が80%近くになってきております。そのため接続率が下がってきているといるという内容で計上してございます。
 2款の使用料及び手数料でございますけれども、382万2,000円の増額となっておりますけれども、逆に接続率が高くなってきた使用料の増を見込んでございます。
 2款の使用料及び手数料1目下水道手数料でございますけれども、△42万円になっておりますが、前年度におきまして責任技術者の更新手数料がありました。その関係で減となっている内容でございます。
 3款の財産収入につきましては、288万5,000円の利子を計上してございます。現在、基金につきましては、7億8,600万の12月現在では予定になってございます。
 8ページをお願いします。繰入金でございますけれども、一般管理費繰入金としまして計上をしてございます。
 2項の基金繰入金でございますが、公共下水道整備基金への繰入金としまして、記載のとおりとなってございます。
 それから、9ページの2項の受託事業収入でございますけれども、処理場の建設が完了したという内容で1億1,000万ほどの減額となってございます。
 6款の諸収入でございますけれども、緑のふれあい公園の償還が19年度で終了という形で、雑収入は口あけとなってございます。整備費等につきましては終了していることから、国庫支出金、村債等の予定はございません。
 10ページの歳出をお願いいたします。1目の下水道管理費でございますけれども、終末処理場の建設が終了したということの中で、下水道管理費一本といたしまして計上をしているため2,500万ほどの増となっておりますが、実際には経常経費等につきましては、若干減額となっている内容でございます。なお、節につきましては、維持管理等につきまして必要なものを例年並みに計上してございます。
 12ページの2目の下水道施設管理費でございますけれども、△590万ほどになってございますけれども、機械設備の修繕といたしまして、19年度につきましては活性炭の変換を行ったという内容で減額になっている内容になってございます。
 13ページの1款の下水道費でございますけれども、先ほど言いましたように、建設の終了に伴いましてゼロになっております。
 2款の公債費でございますけれども、当年度の元利償還につきまして記載のとおりでございます。
 15ページからにつきましては給与費明細書ということで、職員4人分の計上をしてございますので、ごらんいただきたいと思います。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第22号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第23号 平成20年度松川村水道事業会計予算についての補足説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、水道事業会計について御説明申し上げます。
 本予算につきましては、給水戸数3,650戸に対します給水並びに経常経費等につきまして、維持管理等の計上につきまして記載してございます。
 まず、4ページをごらんください。収益的収入及び支出、3条関係になりますけれども、2項の営業収益といたしまして1億7,000万、記載のとおりでございます。
 営業外収益といたしましては、3目の雑収益につきまして、これは下水道と水道と検針共通事務ということで、その負担分を下水道の方から入れる内容でございます。
 5ページの支出でございますけれども、1目の原水及び浄水費といたしまして、経常、維持管理に伴う内容でございます。
 2目の配水及び給水費でございますけれども、原材料費が減っているわけでございますけれども、これにつきましては消火栓につきまして、村から負担金を入れていただいたわけですけれども、本年度より村の方で実施するということで減額になっている内容でございます。
 6ページ、7ページにつきましては、人件費等総務関係でございます。記載のとおりでございます。
 8ページ、資本的収入及び支出、4条関係でございますけれども、支出の資本的支出で工事費につきましてふえているわけですけれども、第2水源井戸のポンプの取りかえ工事を今年度に予定してございます。また、委託料でございますけれども、第1配水池の更新調査実施設計ということで、耐震化を含む調査を本年度において予定をしてございます。
 2項の公債費でございますけれども、企業債の返還につきましては、元金をここで計上してございます。平成43年度までの予定でございます。
 9ページの、平成20年度松川村水道事業会計資金計画でございますけれども、記載のとおりでございますので、ごらんいただきたいと思います。
 それから、11ページをお願いします。当年度事業の予定貸借対照表並びに前年度予定損益計算書及び予定貸借対照表でございますけれども、5の特別損失でございますが、過年度損益の修正損ということで、不納欠損分で30万ほど計上してございます。当年度の処分剰余金につきましては1,620万8,000円になる予定でございます。
 続きまして、12ページをお願いします。前年度の水道事業予定貸借対照表でございますけれども、資産の部でございます。固定資産合計が24億2,222万6,705円、流動資産の合計が4億6,009万3,083円、資産合計が28億8,231万9,788円となっております。また、負債の部では負債合計が300万、資本の部で資本合計が20億7,410万6,042円、剰余金につきましては本年度1,620万8,992円、利益剰余金合計が6,794万5,992円となっております。また、剰余金の合計が8億521万3,746円で負債資本合計が資産合計と同額になってございます。
 続きまして14ページ、本年度の予定貸借対照表でございますけれども、資産の部、負債の部ともに28億2,893万6,468円という内容でございます。
 16ページ以降につきましては、給与費明細書等を記載していますので、ごらんをいただきたいと思います。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第23号に対する補足説明を終わります。
 以上で、平成20年度各会計の提案説明並びに補足説明を終わります。
 本日の日程は全部終了いたしました。
 これにて散会をいたします。
 大変御苦労さまでございました。
                               午後 3時37分 散会