議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 原村

平成20年第 4回定例会−12月22日-付録




平成20年第 4回定例会

                           平成20年12月22日
原村議会議長 木 下 貞 彦 殿
                     社会文教常任委員長 小 池 和 男
       平成20年第4回原村議会定例会委員会審査報告書
 本委員会に付託された案件につき、審査の結果下記のとおり決定したので、原村議会会議規則第77条の規定により報告します。
                  記
〇 議案第48号 原村国民健康保険条例の一部を改正する条例について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・健保法が改正されて、産科医療補償制度が創設された。これに伴い出産育児一時金を3万円引き上げ38万円に改めるもの。
〇 議案第50号 原村営住宅管理条例の一部を改正する条例について
  賛成多数で、原案を可決すべきものと決定する。(賛成3、反対1)
  内容・この景気のときに公営住宅の家賃を上げることには反対。
    ・既存入居者には十分説明すること、との賛成意見があった。
    ・公営住宅法施行令一部改正により、原村の公営住宅に入居できる条件や入居後の家賃制度が見直された。
      入居収入基準等の見直しでは、一般申込者の月収20万円以下が、15万8,000円以下に。裁量階層対象者の月収26万8,000円以下が、月収21万4,000円以下に。高額所得者の月収39万7,000円以下が、月収31万3,000円以下に改める。
      なお、経過措置により、平成21年3月末時点の既存入居者については、新家賃が旧家賃を上回る場合、急激に家賃が上がらないようにするため、5年間かけて段階的に新家賃へ移行する。
〇 議案第52号 平成20年度原村国民健康保険事業勘定特別会計補正予算(第2号)について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・職員異動による給与、手当の変更と共済費負担金の増額。
    ・医療諸費の増額と、19年度精算の返還金である。
〇 議案第53号 平成20年度原村国民健康保険直営診療施設勘定特別会計補正予算(第1号)について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・職員手当と、共済費負担金の増額補正である。
〇 議案第56号 平成20年度原村水道事業会計補正予算(第3号)について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・原村下水道事業会計への長期貸付金は、現金・預金より行う。
      貸付金額は1億6,000万円、期間は10年、利率は1.10%、償還方法は、元利均等年2回(9月・3月)利息は全期間で924万円余である。
〇 陳情第11号 30人以下学級の早期実現、教職員定数増を求める意見書提出に関する陳情書
         陳情者 長野県教職員組合諏訪支部
             代表者 窪田憲二
  採択すべきものと決定する。(全会一致)
  意見書提出
〇 陳情第12号 長野県独自の「30人規模学級」の中学校への拡大を求める意見書提出に関する陳情書
         陳情者 長野県教職員組合諏訪支部
             代表者 窪田憲二
  採択すべきものと決定する。(全会一致)
  意見書提出
〇 陳情第13号 介護労働者の処遇改善を求める陳情書
         陳情者 長野県医療労働組合連合会
             執行委員長 渡辺一信
  採択すべきものと決定する。(全会一致)
  意見書提出
〇 陳情第14号 社会保険料に人頭割はふさわしくない
          介護保険料を所得比例中心に変更することを求める陳情
         陳情者 長野県社会保障推進協議会
             代表委員 熊谷嘉隆 他4名
  採択すべきものと決定する。(全会一致)
  意見書提出
〇 陳情第15号 社会保険料に人頭割はふさわしくない
          所得割重視の国保税(料)を求める陳情
         陳情者 長野県社会保障推進協議会
             代表委員 熊谷嘉隆 他4名
  採択すべきものと決定する。(全会一致)
  意見書提出
〇 陳情第16号 介護保険制度の抜本的改善を求める陳情書
         陳情者 長野県社会保障推進協議会
             代表委員 熊谷嘉隆 他4名
  採択すべきものと決定する。(全会一致)
  意見書提出
〇 事務調査報告書
   村民懇談会、中学生議会、女性団体連絡協議会との話し合いでいただいた意見などは、委員会で各担当課と協議した
  ・菖蒲沢区内の生活道路への、車の進入を制限してほしい。
  ・下水道について菖蒲沢・判之木・上里区の一部地域は、経営的に困難である。
  ・社協の経営診断とその対応は、次回の「社協だより」で広報したいとの回答。
  ・平和教育については、21年度広島派遣はできない。中学校では、ほぼ全教科で、また総合的な学習の時間などで取り組みをしている。
  ・保育所来年度の未満児入所希望者は35人であり広域入所を含め対応する。保育所の安全確保のために、緊急通報装置を設置する予定との説明があった。
  ・廃棄した水道の石綿管について、図面で管理することを要求した。
  ・国保税の未納について、行政に対する不満から納めない人も数人いる。
  ・アパートのごみの対応は、基本は事業者収集であるが、各地区のルールに従うよう指導していく。
  ・中学校の北側階段の手すり設置は、予算の都合により先送りとのこと。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                           平成20年12月22日
総務産業常任委員長 小 池 啓 男 殿
                     社会文教常任委員長 小 池 和 男
       平成20年第4回原村議会定例会委員会審査報告書
 本委員会に分割審査を依頼された案件につき、審査の結果下記のとおり決定したので、原村議会会議規則第77条の規定により報告します。
                  記
〇 議案第51号 平成20年度原村一般会計補正予算(第4号)について
         ・3款:民生費  ・4款:衛生費  ・7款:土木費
         ・9款:教育費
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容(共通)・職員異動による給与、手当の変更と、共済費負担金の増額。
    (民生費・衛生費)
    ・県単重度心身障害者医療費特別給付金の所得制限の引き上げによる。
    ・福祉灯油実施。国保会計繰出金
    ・障害者自立支援法19年度の精算で、国への返還金。
    ・保育所未満児棟の建設用地の土留め工事に国の補助金。
    (土木費)
    ・中央高原信号南交差点の新設横断歩道に、反射鏡を設置するため。
    (教育費)
    ・中学校給食棟のドライ化工事について、全面改築も含め検討すべき、との意見があった。
    ・学童クラブは、開設時間延長による人件費の増額。
    ・準要保護児童就業援助費について、今後も素早い対応を望む。
    ・私立幼稚園就園奨励費補助金は該当者増加。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                           平成20年12月22日
総務産業常任委員長 小 池 啓 男 殿
                       議会運営委員長 菊 池 敏 郎
       平成20年第4回原村議会定例会委員会審査報告書
 本委員会に分割審査を依頼された案件につき、審査の結果下記のとおり決定したので、原村議会会議規則第77条の規定により報告します。
                  記
〇 議案第51号 平成20年度原村一般会計補正予算(第4号)について
         1款:議会費
  原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・職員の人件費等改正によるものである。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                           平成20年12月22日
原村議会議長 木 下 貞 彦 殿
                     総務産業常任委員長 小 池 啓 男
       平成20年第4回原村議会定例会委員会審査報告書
 本委員会に付託された案件につき、審査の結果下記のとおり決定したので、原村議会会議規則第77条の規定により報告します。
                  記
〇 議案第49号 原村国民健康保険税条例の一部を改正する条例について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
〇 議案第51号 平成20年度原村一般会計補正予算(第4号)について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・歳入の増額補正として、道路特定財源にかかわる、地方税の減収補てん臨時交付金179万円、保育所未満児棟の造成工事について、国庫補助金993万円などがあった。
    ・施設園芸農家の省エネルギー化(ハウス内被覆材、送風機などの設置)補助として200万円を補正する。
    ・急激な経済変動に対応し、村内中小企業者を対象とした村制度資金の預託金を1,500万円増額し、融資枠の拡大を図るもの。
    ・原村ファンクラブの会員は、昨年12月の250人が、現在約1,500人と増加している。交流の拡大が期待される。
〇 議案第54号 平成20年度原村有線放送事業特別会計補正予算(第1号)について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・原山地区での「有線放送加入案内の広報」を計画しているとの説明があった。
〇 議案第55号 平成20年度原村農業者労働災害共済事業特別会計補正予算(第1号)について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
〇 議案第57号 長野県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・長野県市町村総合事務組合から、清内路村が脱退することを認めることについて議会の議決を求めるものである。
〇 議案第58号 長野県市町村自治振興組合規約の変更及び組合を組織する市町村数の減少について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
〇 議案第59号 原村土地開発公社定款の変更について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
〇 請願第1号 「汚染米」事件名の全容解明と外米(ミニマムアクセス米)輸入中止を求める請願
        請願者 農民運動長野県連合会
            会長 市瀬拓朗
  採択すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・4割の生産調整をしている。「輸入汚染米」については、その全容の解明ができていない。
      食の安全にとっても、また、農家が安心してお米をつくれるためにも採択すべきとする賛成意見があった。
  意見書提出
〇 陳情第9号 「『協同出資・協同経営で働く協同組合法』(仮称)の速やかなる制定を求める意見書」採択を求める陳情書
        陳情者 協同労働ネットワークながの
            代表者 青木 健
  採択すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・無償のボランティアではなく、地域住民の暮らしに必要な、さまざまな事業の推進も期待できる、とする採択賛成の意見があった。
  意見書提出
〇 陳情第10号 平成21年度商工会事業補助金に関する陳情書
        陳情者 原村商工会
            会長 五味光亮
  採択すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・急激な経済状況悪化の中で、商工業振興における商工会の役割は大きい、とする採択賛成の意見があった。
〇 陳情第17号 共済法制定を求める陳情書
        陳情者 互助共済を守る長野県懇話会
            会長 関 昌憲
  採択すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・アメリカ発の金融危機の中で、民間保険会社による契約者への問題も生じている。「特定のものを対象とする」互助共済は、小さな団体にとっても必要である、とする採択賛成意見があった。
  意見書提出
〇 事務調査報告書
  1)議会が行った村民懇談会、女性団体連絡協議会との話し合い、また中学生議会などで出された要望等について、担当課と協議した。
  ・有線告知放送について、夏時間・冬時間でなく、放送の時間を一定にしたらどうかという女性団体からの要望について、「住民の要求を聞いて検討する」との回答があった。
  ・もみの湯、八ヶ岳自然文化園へのAEDの設置要望については、「導入に向けて検討している」との回答があった。
  ・もみの湯のポンプ故障による休館を、登山者などに知らせるため、美濃戸口バス停付近に「お知らせ」を掲示したらどうかとの提案について、「(有)樅の木に広報を依頼する」との回答があった。
  ・小中学生通学時間帯の農薬散布の改善要望については、「散布時間について、広報はら・指導会・有線放送などを通じ、注意を呼びかけていく」との回答があった。
  ・防災用品などの、あっせん要望があった。消防団は「消防組織法により、団員は非常勤の公務員とみなされており、営利につながるような行為ができない。」「農協・ホームセンターなどで購入が可能であるので、村の広報誌で周知していきたい」との説明があった。
  2)商工会より、「村内製造業者に対する緊急景気動向調査」の中間集計の報告をお聞きした。
  ・58%の企業が「30%以上受注が減少した」とし、来年度の受注見込みについて、93%が「減少」もしくは「全く見込みが立たない」という非常に深刻な状況である。
  ・従業員数については、既に削減した・今後削減を計画しているところが53%であった。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



           平成20年第4回原村議会定例会
              請 願 一 覧 表

┌──┬─────────────┬────────────┬─────┬─────┐
│番号│  請   願   者  │   件    名   │付託委員会│ 摘 要 │
├──┼─────────────┼────────────┼─────┼─────┤
│ 1 │千曲市大字新田2086    │「汚染米」事件の全容解明│総務産業 │採択   │
│  │農民運動長野県連合会   │と外米(ミニマムアクセス│     │意見書提出│
│  │ 会長 市瀬拓朗     │米)輸入中止を求める請願│     │     │
│  │(紹介議員 菊池敏郎)  │            │     │     │
└──┴─────────────┴────────────┴─────┴─────┘



           平成20年第4回原村議会定例会
              陳 情 一 覧 表

┌──┬─────────────┬────────────┬─────┬─────┐
│番号│  陳   情   者  │   件    名   │付託委員会│ 摘 要 │
├──┼─────────────┼────────────┼─────┼─────┤
│10│諏訪郡原村6555番地    │平成21年度商工会事業補│総務産業 │採択   │
│  │原村商工会        │助金に関する陳情書   │     │     │
│  │ 会長 五味光亮     │            │     │     │
├──┼─────────────┼────────────┼─────┼─────┤
│11│諏訪市諏訪1丁目23番10号  │30人以下学級の早期実 │社会文教 │採択   │
│  │長野県教職員組合諏訪支部 │現、教職員定数増を求める│     │意見書提出│
│  │代表者氏名 窪田憲二   │意見書提出に関する陳情書│     │     │
├──┼─────────────┼────────────┼─────┼─────┤
│12│諏訪市諏訪1丁目23番10号  │長野県独自の「30人規模│社会文教 │採択   │
│  │長野県教職員組合諏訪支部 │学級」の中学校への拡大を│     │意見書提出│
│  │代表者氏名 窪田憲二   │求める意見書提出に関する│     │     │
│  │             │陳情書         │     │     │
├──┼─────────────┼────────────┼─────┼─────┤
│13│長野市高田276-8      │介護労働者の処遇改善を求│社会文教 │採択   │
│  │長野県医療労働組合連合会 │める陳情書       │     │意見書提出│
│  │執行委員長 渡辺一信   │            │     │     │
├──┼─────────────┼────────────┼─────┼─────┤
│14│長野市鶴賀629-1      │社会保険料に人頭割はふさ│社会文教 │採択   │
│  │長野県社会保障推進協議会 │わしくない       │     │意見書提出│
│  │代表委員 熊谷嘉隆    │介護保険料を所得比例中心│     │     │
│  │      他4名    │に変更することを求める陳│     │     │
│  │             │情           │     │     │
├──┼─────────────┼────────────┼─────┼─────┤
│15│長野市鶴賀629-1      │社会保険料に人頭割はふさ│社会文教 │採択   │
│  │長野県社会保障推進協議会 │わしくない       │     │意見書提出│
│  │代表委員 熊谷嘉隆    │所得割重視の国保税(料)│     │     │
│  │      他4名    │を求める陳情      │     │     │
├──┼─────────────┼────────────┼─────┼─────┤
│16│長野市鶴賀629-1      │介護保険制度の抜本的改善│社会文教 │採択   │
│  │長野県社会保障推進協議会 │を求める陳情書     │     │意見書提出│
│  │代表委員 熊谷嘉隆    │            │     │     │
│  │      他4名    │            │     │     │
├──┼─────────────┼────────────┼─────┼─────┤
│17│長野市鶴賀629-1      │共済法制定を求める陳情書│総務産業 │採択   │
│  │互助共済を守る長野県懇話会│            │     │意見書提出│
│  │会長 関 昌憲      │            │     │     │
└──┴─────────────┴────────────┴─────┴─────┘
継続審査分
┌──┬─────────────┬────────────┬─────┬─────┐
│ 9 │長野市吉田5丁目12番10号 │「『協同出資・協同経営で│社会文教 │採択   │
│  │協働労働ネットワークながの│働く協同組合法』(仮称)│     │意見書提出│
│  │ 代表者 青木 健    │の速やかなる制定を求める│     │     │
│  │             │意見書」採択を求める陳情│     │     │
│  │             │書           │     │     │
└──┴─────────────┴────────────┴─────┴─────┘