議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 原村

平成20年第 2回定例会−06月05日-目次




平成20年第 2回定例会

          平成20年第2回原村議会定例会日程表

             会期 平成20年6月5日から6月18日までの14日間
┌──────┬────┬──┬────┬──────────────────┐
│月    日│日  次│曜日│種  別│     内      容     │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│ 6月 5日│ 1日目│ 木 │本 会 議│招集午前9時 (議案審議)     │
│      │    │  │    │ 議案上程・説明・質疑(一部採決) │
│      │    │  │    │          委員会付託   │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│    6日│ 2日目│ 金 │本 会 議│開議午前9時 一般質問       │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│    7日│ 3日目│ 土 │休  会│(土曜日)    広河原境界確認  │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│    8日│ 4日目│ 日 │  〃  │(日曜日)   東京原郷友会(麹町)│
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│    9日│ 5日目│ 月 │本 会 議│開議午前9時 一般質問       │
│      │    │  │    │午後 特別委員会・全協       │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   10日│ 6日目│ 火 │休  会│常任委員会             │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   11日│ 7日目│ 水 │  〃  │常任委員会             │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   12日│ 8日目│ 木 │  〃  │常任委員会             │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   13日│ 9日目│ 金 │  〃  │常任委員会             │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   14日│10日目│ 土 │  〃  │(土曜日)             │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   15日│11日目│ 日 │  〃  │(日曜日)             │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   16日│12日目│ 月 │  〃  │常任委員会             │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   17日│13日目│ 火 │  〃  │常任委員会             │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   18日│14日目│ 水 │本 会 議│  (議運 午後1時)       │
│      │    │  │    │開議午後2時  議案審議      │
│      │    │  │    │  委員長報告・質疑・討論・採決  │
│      │    │  │    │追加議案審議            │
│      │    │  │    │  議案上程・説明・質疑・討論・採決│
│      │    │  │    │              閉会  │
└──────┴────┴──┴────┴──────────────────┘



         平成20年第2回原村議会定例会議案提出書

〇 村長提出議案
 同意第 2号 原村固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて
 承認第 2号 専決処分の承認を求めることについて
        (原村税条例の一部を改正する条例)
 承認第 3号 専決処分の承認を求めることについて
        (原村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)
 承認第 4号 専決処分の承認を求めることについて
        (平成19年度原村一般会計補正予算第9号)
 承認第 5号 専決処分の承認を求めることについて
        (平成19年度原村国民健康保険事業勘定特別会計補正予算第4号)
 承認第 6号 専決処分の承認を求めることについて
        (平成20年度原村老人保健特別会計補正予算第1号)
 議案第33号 原村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について
 議案第34号 原村ふるさと寄附金条例について
 議案第35号 平成20年度原村一般会計補正予算(第1号)について
 議案第36号 平成20年度原村水道事業会計補正予算(第1号)について

〇 議員提出議案
 発議第 8号 「義務教育費国庫負担制度の堅持」を求める意見書提出について
 発議第 9号 最低保障年金制度の創設を求める意見書提出について

〇 請願・陳情
 陳情第 4号 「義務教育費国庫負担制度」の堅持に関する陳情書
 陳情第 5号 最低保障年金制度の創設を求める意見書採択に関する陳情書
 陳情第 6号 過剰な農薬取締法により、植物からなる、農業用有機資材を締め出す不法な行政指導の改善を求める意見書提出に関する陳情書
 陳情第 7号 (諏訪地区公共交通を守る会)陳情書



           平成20年第2回原村議会定例会
              常任委員会付託議案表

┌──────────┬───────────────────────────┐
│委  員  会  名│    付  託  議  案 (議 案 番 号)   │
├──────────┼───────────────────────────┤
│総務産業常任委員会 │承認第 2号 承認第 3号 承認第 4号       │
│          │議案第33号 議案第34号 議案第35号       │
├──────────┼───────────────────────────┤
│社会文教常任委員会 │承認第 5号 承認第 6号 議案第36号       │
└──────────┴───────────────────────────┘

 上記のとおり付託する。

           平成20年6月5日

                       原村議会議長   木 下 貞 彦



                              平成20年6月5日

社会文教常任委員会
委員長  小 池 和 男 殿

                           総務産業常任委員会
                           委員長  小 池 啓 男

 総務産業常任委員会に付託された下記の案件中、所管常任委員会に関連あるものを、分割して審議されたいのでお願いします。

                  記
〇社会文教常任委員会
 承認第 4号 専決処分の承認を求めることについて
        (平成19年度原村一般会計補正予算第9号)
        ・3款 民生費  ・9款 教育費
 議案第35号 平成20年度原村一般会計補正予算(第1号)について
        ・3款 民生費  ・4款 衛生費  ・7款 土木費
        ・9款 教育費



       平成20年第2回原村議会定例会一般質問通告一覧表

 ┌─────┬──────┬──────────────────┬───────┐
 │ 質問順番 │ 発言議員名 │  質   問   題   名   │希 望 答 弁 者│
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  1  │菊池敏郎  │*後期高齢者医療制度について    │       │
 │     │      │ 1.多くの国民から非難の声が上が │村長     │
 │     │      │  り、与党自民党内ばかりか厚生労働│       │
 │     │      │  大臣までその内容に不備があったよ│       │
 │     │      │  うな発言すらしている。村長は、ど│       │
 │     │      │  のように評価しているか。    │       │
 │     │      │ 2.保険料について値上がりした人も│〃      │
 │     │      │  多いと聞く、その実態はどのようか│       │
 │     │      │  (保険料分布は、軽減者の実態は、│       │
 │     │      │  特徴、普徴などの資料提出を)  │       │
 │     │      │ 3.後期高齢者診療料について近隣診│〃      │
 │     │      │  療所ではどのようになっているか。│       │
 │     │      │  また、該当者にどのように説明した│       │
 │     │      │  か。              │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*農業振興について         │       │
 │     │      │ 1.最近の諸資材の異常な値上げは、│村長     │
 │     │      │  農家経営に非常に暗い影を落として│       │
 │     │      │  いる。この事態をどのように考えて│       │
 │     │      │  いるか。            │       │
 │     │      │ 2.村内農業振興のために思い切った│〃      │
 │     │      │  支援が必要と考える。生産目標など│       │
 │     │      │  の設定とその具体策が必要である。│       │
 │     │      │  新自由主義的考えでなく、農業の役│       │
 │     │      │  割にふさわしい支援策を(耕作放棄│       │
 │     │      │  地解消に向け農地復旧やそば、大豆│       │
 │     │      │  等に補助を――耕作放棄地等の実態│       │
 │     │      │  資料を)            │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*生活支援事業について       │       │
 │     │      │ 1.生活支援事業については、被支援│村長     │
 │     │      │  者の実情に応じて対応すべきであ │       │
 │     │      │  る。              │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  2  │五味武雄  │*原村の公共交通について      │       │
 │     │      │ 1.原村の公共交通の現状について、│村長     │
 │     │      │  どのように把握しているか。   │       │
 │     │      │ 2.直近の原村運行路線バス収支状況│村長・担当課長│
 │     │      │  は。(平成19年度原村運行路線バ│       │
 │     │      │  ス収支状況の資料提出を)    │       │
 │     │      │ 3.公共交通確保についての対策を、│村長     │
 │     │      │  どのように進めるのか。また、公共│       │
 │     │      │  交通のあり方に対する、村としての│       │
 │     │      │  検討会設置の用意はあるか。(庁内で│       │
 │     │      │  の検討資料があれば、資料提出を)│       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*税金等の収納率向上策について   │       │
 │     │      │ 1.村税等の収納率向上策の現状につ│村長     │
 │     │      │  いて              │       │
 │     │      │ 2.さらなる収納率向上に向けての取│村長・担当課長│
 │     │      │  り組みを、どのように考えている │       │
 │     │      │  か。(過去5年間の村税・国保税・│       │
 │     │      │  保育料等の使用料、料金の滞納額、│       │
 │     │      │  徴収率の資料提出を)      │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  3  │長谷川 寛 │*「移住で進める原村の活性化」につい│       │
 │     │      │ て                │       │
 │     │      │ 1.不動産業者が行うべき領域を、村│村長     │
 │     │      │  職員の人件費、事業費を使って行っ│       │
 │     │      │  ているように見えるが、この事業の│       │
 │     │      │  必要性は。           │       │
 │     │      │ 2.田舎暮らしの宣伝も結構だが、ど│〃      │
 │     │      │  こに新住民を住まわせようとしてい│       │
 │     │      │  るのか。            │       │
 │     │      │  インフラの面で、急激な人口変動 │       │
 │     │      │  は、問題をふやすだけだと思うが。│       │
 │     │      │ 3.原村は宣伝しなくても村の持って│〃      │
 │     │      │  いる空気が既に魅力を持っている。│       │
 │     │      │  その空気に引かれて自発的にここを│       │
 │     │      │  感覚で選ぶ人が、徐々にふえていく│       │
 │     │      │  ことが必要ではないか。     │       │
 │     │      │ 4.農業を基本としている生活に、異│村長     │
 │     │      │  文化を迎える覚悟があるかどうか。│       │
 │     │      │  少なくとも既存の区民に対して、ビ│       │
 │     │      │  ジョンを示して説明し、了解をとっ│       │
 │     │      │  ていく必要があると思うが。   │       │
 │     │      │ 5.環境保全地区にこれ以上の人口を│〃      │
 │     │      │  ふやすことは、水の問題にしても浄│       │
 │     │      │  化槽の問題にしても、はっきりとし│       │
 │     │      │  た指針を示さず、隣地承諾などの慣│       │
 │     │      │  例を残したまま、村が移住を誘致し│       │
 │     │      │  た形になるのは、矛盾した政策では│       │
 │     │      │  ないか。            │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*文化園について          │       │
 │     │      │ 1.文化園が原村にとってどういうも│村長     │
 │     │      │  のであるか、方針がはっきりしてい│       │
 │     │      │  ない。収益を重視するのか、文化の│       │
 │     │      │  発信基地として整備するのか、ポリ│       │
 │     │      │  シーを示すべきと考えるが。   │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*暫定税率について         │       │
 │     │      │ 1.1カ月間のガソリン税暫定税率の│担当課長   │
 │     │      │  廃止による、村の財政に与える影響│       │
 │     │      │  額の見通しは。         │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  4  │小池利治  │*村の公共交通について       │       │
 │     │      │ 1.諏訪バスの赤字路線廃止や高齢者│村長     │
 │     │      │  の皆さんの交通手段を考えれば、村│       │
 │     │      │  の公共交通も急がなければならない│       │
 │     │      │  時期に来ている。        │       │
 │     │      │  村では、このことについて具体的な│       │
 │     │      │  方策等を進めているか。     │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*住宅用火災報知器の設置について  │       │
 │     │      │ 1.平成21年5月31日までに設置│村長・担当課長│
 │     │      │  が義務づけられている火災報知器の│       │
 │     │      │  あっせんや取りつけ指導を。高齢者│       │
 │     │      │  家庭はもちろんのこと、全世帯に消│       │
 │     │      │  防署や消防団で行えないか。また、│       │
 │     │      │  人命にかかわる大事なものなので、│       │
 │     │      │  村として補助を考えてはどうか。 │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*保育所職員の雇用について     │       │
 │     │      │ 1.正規職員、非正規職員の人数は。│村長     │
 │     │      │  仕事内容、責任も同じ仕事をしてい│       │
 │     │      │  るのだから正規職員にするべきでは│       │
 │     │      │  ないか。            │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  5  │矢島昌彦  │*村が運営する校庭リンクの存続の手だ│       │
 │     │      │ ては               │       │
 │     │      │ 1.PTAの意向調査の結果をどう受│村長     │
 │     │      │  けとめるか。          │       │
 │     │      │ 2.行財政改革により、リンクの管理│〃      │
 │     │      │  費が52万円から5万円ほどになっ│       │
 │     │      │  た。管理のあり方をどのように考え│       │
 │     │      │  るか。             │       │
 │     │      │ 3.校庭を自由に使いたい子供が多 │〃      │
 │     │      │  い。要望にどうこたえるか。   │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*サラダチャンネル・LCVネット網に│       │
 │     │      │ 関して              │       │
 │     │      │ 1.36chの視聴料徴収の考えは。 │村長     │
 │     │      │ 2.地上デジタル波へ2011年7月│〃      │
 │     │      │  24日で切りかわるが、36chは現│       │
 │     │      │  状の機器で対応できるか。    │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  6  │小平雅彦君 │*児童・生徒等子供の事故、犯罪等被害│       │
 │     │      │ 防止策について          │       │
 │     │      │ 1.児童・生徒等子供が犯罪、事故等│教育長    │
 │     │      │  に巻き込まれる事件が多発している│       │
 │     │      │  が、本村における実態と教育現場に│       │
 │     │      │  おける対応状況はどうか。    │       │
 │     │      │ 2.防犯、事故防止に地域住民の子供│教育長    │
 │     │      │  を守り育てる意識と自治組織体制が│       │
 │     │      │  重要となっているが、取り組みの現│       │
 │     │      │  状と今後の方向はどうか。    │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*住民参加型市場公募地方債の活用につ│       │
 │     │      │ いて               │       │
 │     │      │ 1.地方公共団体の資金調達が多様化│村長     │
 │     │      │  し特に民間資金の活用が増加してい│       │
 │     │      │  ると聞く。こうした中で「住民公募│       │
 │     │      │  債」は村民の村政参加意識の高揚等│       │
 │     │      │  からも注目されるものと考えるがど│       │
 │     │      │  うか。             │       │
 │     │      │ 2.将来本村の財政状況、事業規模等│〃      │
 │     │      │  検討する中で活用方策についてはど│       │
 │     │      │  う考えるか。          │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*原村の自然環境、景観の保全対策につ│       │
 │     │      │ いて               │       │
 │     │      │ 1.原村の緑豊かな自然環境、田園風│村長     │
 │     │      │  景は全国的に注目されている、こう│       │
 │     │      │  した環境や景観をいかにして将来に│       │
 │     │      │  わたり保全していくのか。    │       │
 │     │      │ 2.移住交流、定住促進等により本村│〃      │
 │     │      │  への移住も増加している。こうした│       │
 │     │      │  中で、宅地や住宅が不足傾向と聞く│       │
 │     │      │  が今後の対応策についてはどうか。│       │
 │     │      │ 3.開発や住宅等建設に当たり環境、│〃      │
 │     │      │  景観の保全との調和が重要な課題と│       │
 │     │      │  なるが、こうした課題にいかに対応│       │
 │     │      │  していくのか。         │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  7  │小池啓男  │*後期高齢者医療制度の実態について、│       │
 │     │      │ また、医療保険制度の歴史に逆行する│       │
 │     │      │「資格証明書の発行」について    │       │
 │     │      │ 1.保険料額などの実態はどうか。 │担当課長   │
 │     │      │ 2.無年金、低年金者を対象とした資│村長     │
 │     │      │  格証明書の発行をどう考えるか。発│       │
 │     │      │  行の事務は、担当職員に過重な負担│       │
 │     │      │  を負わせることにもなる。    │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*原村総合計画に基づく3カ年の「実施│       │
 │     │      │ 計画」と予算編成について、生ごみ処│       │
 │     │      │ 理施設の計画、行財政改革などについ│       │
 │     │      │ て                │       │
 │     │      │ 1.「実施計画」と年度予算編成の関│村長・担当課長│
 │     │      │  係、考え方はどういうものか。  │       │
 │     │      │ 2.21、22年度にわたる、生ごみ│担当課長   │
 │     │      │  処理施設及び廃棄物回収保管施設整│       │
 │     │      │  備事業の計画はどんな内容か。  │       │
 │     │      │ 3.臨時財政対策債の動向と、行財政│村長     │
 │     │      │  改革から見て、21年度に計上して│       │
 │     │      │  いる「村長車」購入は、中止したら│       │
 │     │      │  どうか。            │       │
 │     │      │  町・村長車は、廃止の自治体が多 │       │
 │     │      │  い。              │       │
 └─────┴──────┴──────────────────┴───────┘