議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 原村

平成20年第 1回臨時会−02月07日-01号




平成20年第 1回臨時会

        平成20年第1回原村議会臨時会第1日目会議録

1 日  時  平成20年2月7日
2 場  所  原村議会議場
3 出席議員  1番  小 池 利 治     2番  小 池 啓 男
        3番  矢 島 昌 彦     4番  長谷川   寛
        5番  五 味 武 雄     6番  菊 池 敏 郎
        7番  小 平 雅 彦     8番  小 池 和 男
        9番  小 林 庄三郎    10番  日 達 徳 吉
       11番  木 下 貞 彦
4 欠席議員 なし
5 地方自治法第121条の規定により、会議事件説明のため出席を求めた者は次のとおりである。
  村長       清 水   澄    副村長
  教育長      望 月   弘    総務課長    小 林 勝 廣
  会計管理者    田 中 隆 治    住民財務課長  細 川 昭 二
  農林商工観光課長 長 林 文 夫    教育課長    百 瀬 嘉 徳
  保健福祉課長   雨 宮 直 喜    建設水道課長  日 達   章
  消防室長     小 林   厚    代表監査委員  森 山 清 元
6 職務のため出席した事務局職員
  事務局長     菊 池 周 吾    係長      清 水 正 巳
7 本日の日程
      1)会議録署名議員の指名
      2)会期の決定
      3)議案審議
        承認第1号及び議案第1号から議案第3号まで
             「議案上程・説明・質疑」 〔総務委員会付託〕
8 地方自治法第149条第1項の規定により、長から提出された議案は次のとおりである。
 1.承認第 1号 専決処分の承認を求めることについて
          (平成19年度原村一般会計補正予算第6号)
 2.議案第 1号 平成19年度原村一般会計補正予算(第7号)について
 3.議案第 2号 平成19年度原村水道事業会計補正予算(第2号)について
 4.議案第 3号 平成19年度原村下水道事業会計補正予算(第2号)について



                            午前10時06分 開会
○議長(木下貞彦君) ただいまから平成20年第1回原村議会臨時会を開会いたします。
 村長から招集のあいさつがあります。清水村長。
◎村長(清水澄君) 皆さんおはようございます。
 公私とも御多忙の中、全員の方お集まりいただきまして開議できますこと、大変幸せに存じます。
 今回お願いします案件はですね、上下水道の繰上償還にかかる議決をお願いしておきたいということで、何分にも額が多大でありますので、専決というにはやや難点があるというふうに私が考えましてお願いした次第でございます。
 それに伴いまして、昨年の暮れ、灯油等の燃料高に伴う専決をしておきましたものの御承認をお願いしたいこと。
 また、一般会計において各所で燃料の高騰に伴う予算不足を生じていること。それから、またことしは暖冬だと思っていたわけですけれども、1月末から2月ということにおいて、大変除雪費がかさんでしまった、除雪費が終わってしまったというふうなことで、それのまた補正をお願いしたいと、そういうことで御参集をお願いしたわけであります。どうぞ、よろしくお願いをしたします。

○議長(木下貞彦君) ただいまの出席議員数は11名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
△1 会議録署名議員の指名
○議長(木下貞彦君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は会議規則第120条の規定により、議長において、3番矢島昌彦君、4番長谷川寛君、5番五味武雄君を指名いたします。
△2 会期の決定
○議長(木下貞彦君) 日程第2 会期の決定についてを議題といたします。
 本臨時会の会期につきましては、本日、議会運営委員会を開催し協議しておりますので、ここで議会運営委員長の報告を求めます。菊池委員長。
◎議会運営委員長(菊池敏郎君) それではお願いいたします。
 今臨時議会について、村長から提出された議案は4件でございます。
 よって、会期についてですが、この議案すべて委員会付託を省略して、本会議で確定議したいと思います。会期は本日1日間としたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 以上でございます。
○議長(木下貞彦君) お諮りします。会期につきましては議会運営委員長報告のとおり、本日2月7日、1日間とすることに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 異議なしと認めます。よって、会期は2月7日、1日間と決定いたしました。
△3 議案審議
○議長(木下貞彦君) 日程第3 これより議案審議を行います。
 提出議案はお手元に配付したとおり、村長提出4件であります。議会運営委員長報告のとおり、委員会付託を省略して、直ちに本会議で確定議したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略して、本会議で確定議することに決しました。
 承認第1号及び議案第1号から議案第3号までを議題とします。一括して提案理由の説明を求めます。小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) それではお願いいたします。私の方から承認第1号及び議案第1号につきまして御説明をさせていただきます。
 (以下提案理由説明)
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) お願いします。
 (以下提案理由説明)
○議長(木下貞彦君) これより、承認第1号 専決処分の承認を求めることについて、平成19年度原村一般会計補正予算(第6号)についての質疑を行います。質疑ありませんか。日達徳吉君。
◆10番(日達徳吉君) 先ほど、灯油の高騰よることで、するということでございます。それで、327戸の世帯ということで、この対象者の選定と、そのどのような基準で対象者を出したかという内訳等、わかったら教えてほしいと思います。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) 対象世帯につきましては、生活保護世帯、高齢者のひとり暮らし世帯、65歳以上の世帯の住民税非課税世帯、あと身体障害者、身障手帳1、2級、知的障害者でいきますと療育手帳、あと精神障害者福祉手帳1、2級、母子父子世帯の非課税世帯というふうな世帯を対象にしてあります。戸数につきましては、生活保護世帯が1世帯、高齢者老人世帯につきましては275世帯、身障世帯につきまして18世帯、母子父子世帯の1人親世帯が33世帯見込んでおります。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。小池啓男君。
◆2番(小池啓男君) 施設園芸ですね、確認という意味合いもありまして、村民の中から質問といいますか、出されておりますので、その特定の品目、花ということで選んだ、そういう特定の品目を選んだ背景といいますかですね、それをお聞かせいただきたい。それが一つ。
 それから、商工業の皆さんからはですね、原油高の影響を非常に受けている、そういう営業をされている個人の方もいるということでですね、そういう点についての検討はあるのかないのか。あるいは今後検討する、そういうことはあるのかというふうなことについて、2点質問いたします。
○議長(木下貞彦君) 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) 施設園芸農家を選んだというのは、要望もありましたし、特に冬場にハウスの燃料が必要としているということで選択しました。
 で、商工業者の方につきましては、今のところまだ特に要望等は聞いておりません。
 以上です。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。小池啓男君。
◆2番(小池啓男君) 私、施設園芸の特定の花卉の品目を選んだ背景ということを聞いていますのでお願いします。
○議長(木下貞彦君) 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) 品目につきましては、今盛んに出荷されておりますけれども、アネモネとアルストメリア、それとあと鉢物の花卉をやっている方を対象にしております。
 以上です。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。小池利治君。
◆1番(小池利治君) 施設園芸農家で、これ今現在でちょっとこれに対して利用した申し込みなんかはどんな状況ですか。
○議長(木下貞彦君) 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) ただいまのところ、問い合わせとかはありますけれども、申し込みはまだありません。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) 福祉灯油に対して、国の制度ができたわけですが、どの程度原村は対象になると見込んでいるか、お願いします。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) 細かい要綱等がまだこちらに届いていませんので、今見込んでいるのは、全協でお話ししたように、特交の部分、多分新聞報道ですと2分の1ぐらいは見てくれるんではないかという、その程度しか今のところ情報がありませんので、見込みとすれば2分の1程度というふうに見ております。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑はありますか。小林庄三郎君。
◆9番(小林庄三郎君) 灯油の値段のことでございますけれども、大幅に昨年から上がったんですけれども、昨年の暮れにこういうことが決定をして、正月明けてから灯油券が実質配布ということだったと思います。同じことであれば、年末くらいまでに間に合わなかったかどうか、そこら辺をどんな手順だったのか、少しお尋ねしたいし、次回もしこういうことがあるようであれば、タイムリーに対応していただければというふうに思います。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) 手順につきましては、12月の中旬から末にかけて、要望等を見る中で、この要綱、実施方法を作成して、12月末ぐらいに要綱が固まったということと、対象者数の把握等で、どうしても電算処理をしなければいけないということで、それにはお金がかかるということで、予算措置が必要ということで、ぎりぎり12月末に専決処分をお願いして、そこで発注をかけて、なおかつ対象者の抽出と作業となれば、どうしてもちょっと年末にいかなくて、年を明けてしまったというふうになってしまったという、経過的には一応そんなことで、早目から事務的なもののその作業に取りかかれば、年末も可能ではあったかと思いますが、やはり事務処理上、どうしても年度をまたいでしまったというふうな経過です。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) これにて質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) これにて討論を終結いたします。
 これより、承認第1号 専決処分の承認を求めることについて、平成19年度原村一般会計補正予算(第6号)についてを採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 議案第1号 平成19年度原村一般会計補正予算(第7号)についての質疑を行います。質疑ございませんか。小池啓男君。
◆2番(小池啓男君) 大雪、2月3日の大雪という話が説明でありましたので、その出動の状況について、それから融雪剤の方は何袋くらいになったのかというようなところをお聞かせいただきたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) お答えします。2月3日の大雪につきましては、一応30センチから多いところで四十数センチ降雪がありました。で、10センチになった時点で村の方では出動をかけています。一応1次出動と2次出動というのがありまして、1次出動が10センチ以上、2次出動につきましては30センチ以上という形になりますので、30センチになったところで第2出動をかけております。そして、融雪剤の関係なんですけれど、当初136袋配布してあります、11月に。で、追加で162ということで、今まで大体300袋配布してあります。
 以上です。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) 3日の出動の状況なんですけれど、その降雪がずっと降り積もってましたので、朝1回かけて、そして降った段階で何回も、2回かいたり、3回かいた路線があるということです。
 以上です。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。長谷川寛君。
◆4番(長谷川寛君) やはり同じ公共施設で、図書館とか小学校、中学校それぞれの灯油備蓄状況というのは、先ほどの話では何とか間に合うのではないかというようなめどがたっているような話ですけれども、その辺の状況、現実には何とか持ちそうなのかどうか、もう一度質問したいと思います。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) 調査等もありますので、私の方からお答えをさせていただきます。ここに今回お願いしました以外の施設であります。例えば庁舎につきましても、例年と比べてどうも予算は消化しそうだという状況ではあります。しかしながら、まだどの程度大幅に不足するかというのが見えないんですが、今の状況で行けば、若干の不足で間に合うんじゃないか。したがって、何とか補正をしなくて、修繕費等が若干余っていたりしますので、そういったものの流用等で何とかクリアできるんじゃないかということで、今対応しています。ほかの施設、今回補正しなかった施設についてもそんな状況でありまして、予算はかなり厳しい状況にはありますけれども、できればその既定の予算の中で何とかやりくりしたいということで、今調整をしているところであります。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) これにて質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) 非常に雪のことですが、雪かきで御苦労されて大変だと思いますが、希望として述べて賛成討論にしたいんですが、一つは今回雪降ったのは昼間だもんですから、圧雪状況というのは非常に各地でできちゃって、で、茅野とか富士見へ行くと、暖かいということもあって、原村は除雪はよかったんですが、結局残った量が非常に多いというのが、また現状だと思います。それでここ確かに先ほど話もありましたが、低温状況というのは、マイナス18度ぐらいまで下がるという、非常に寒い中での状況で、道路が凍ったりしていますので、非常に判断は難しいところだと思いますが、この土日も何かまた大雪だなんて言っているもんですから、ぜひ、もし昼間降ったなら、若干その少ない状況の中でもかかないと、どうしても圧雪になっちゃうもんでね、その辺の判断を適切にしていただいて、交通安全が確保できるようお願いしまして、討論としたいと思います。
○議長(木下貞彦君) ほかに討論ございませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) これにて討論を終結いたします。
 これより、議案第1号 平成19年度原村一般会計補正予算(第7号)についてを採決いたします。
 お諮りします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第2号 平成19年度原村水道事業会計補正予算(第2号)についての質疑を行います。質疑ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) これにて質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) これにて討論を終結いたします。
 これより、議案第2号 平成19年度原村水道事業会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。
 お諮りします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第3号 平成19年度原村下水道事業会計補正予算(第2号)についての質疑を行います。質疑ありませんか。長谷川寛君。
◆4番(長谷川寛君) これ、借換債というのが返すことによってどれぐらいの利率のものを返して、新たに借りかえたものがどれくらいの利率で、実質的に利子の倹約された分ですね、それが幾らぐらいに上がるかというのを、大ざっぱでもいいですけれども、お願いします。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) 今回借りかえするものは、5.5%以上の公庫債であります。一応内訳は、済みません2ページをお願いします。2ページの700万というところから5.5%、次が9,120万のところが5.6%、それで次の60万と、その下の1,260万が6.15%、そして5,420万が6.3%、そして一番下の2,460万が6.7%です。それでその関係で借りかえを一応2.5%と試算しますと、大体利子としては4,100万円ぐらいが有利になるのではないかと思われます。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) これにて質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) これにて討論を終結いたします。
 これより、議案第3号 平成19年度原村下水道事業会計補正予算(第2号)についてを採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 これにて平成20年第1回原村議会臨時会を閉会いたします。大変御苦労さまでした。
                            午前10時49分 閉会



以上会議のてん末を記載し、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


    平成20年2月7日


      原村議会議長  木 下 貞 彦


      原村議会議員  矢 島 昌 彦


      原村議会議員  長谷川   寛


      原村議会議員  五 味 武 雄