議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 原村

平成19年第 3回定例会−09月10日-02号




平成19年第 3回定例会

         平成19年第3回原村議会定例会第2日目会議録

1 日  時  平成19年9月10日
2 場  所  原村議会議場
3 出席議員  1番  小 池 利 治     2番  小 池 啓 男
        3番  矢 島 昌 彦     4番  長谷川   寛
        5番  五 味 武 雄     6番  菊 池 敏 郎
        7番  小 平 雅 彦     8番  小 池 和 男
        9番  小 林 庄三郎    10番  日 達 徳 吉
       11番  木 下 貞 彦
4 欠席議員 なし
5 地方自治法第121条の規定により、会議事件説明のため出席を求めた者は次のとおりである。
  村長       清 水   澄    副村長
  教育長      望 月   弘    総務課長     小 林 勝 廣
  会計管理者    田 中 隆 治    住民財務課長   細 川 昭 二
  農林商工観光課長 長 林 文 夫    教育課長     百 瀬 嘉 徳
  保健福祉課長   雨 宮 直 喜    建設水道課長   日 達   章
  消防室長     小 林   厚
6 職務のため出席した事務局職員
  事務局長     菊 池 周 吾    係長       清 水 正 巳
7 本日の日程
      1)会議録署名議員の指名
      2)議案審議
        議案第36号から議案第40号 及び認定第1号から認定第7号
          「質 疑」
            「委員会付託」
      3)追加議案審議
        発委第2号
          「上程・説明・質疑・討論・採決」
8 地方自治法第109条の2第5項の規定により、委員会から提出された議案は次のとおりである。
 1.発委第 2号 原村議会委員会条例の一部を改正する条例について



                            午前 9時05分 開議
○議長(木下貞彦君) ただいまの出席議員数は11名であります。定足数に達しておりますので、これより会議を開きます。
△1 会議録署名議員の指名
○議長(木下貞彦君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は会議規則第120条の規定により、議長において、9番小林庄三郎君、10番日達徳吉君、1番小池利治君を指名いたします。
 建設水道課長と農林商工観光課長より発言を求められていますので、これを許可します。日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) 提出しました水道事業会計の決算書の訂正をお願いしたいと思います。1ページをお願いします。1ページの収益的収入及び支出の関係の支出の方の関係で、備考のところに3段、借受消費税及び地方消費税とありますが、これは借受ではなくて仮払ですので、払う、3行とも仮払消費税ということでお願いします。3行とも仮払消費税、収入の方は借受消費税でいいんですけれど、支出の方は仮払消費税ということで。
 2ページの資本的収入及び支出の方も、借受消費税と2行ありますけれど、仮払消費税ということでお願いしたいと思います。
 また、議案の提出日の9月7日の7が抜けていましたので、7の記入をお願いします。以上です。
○議長(木下貞彦君) 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) よろしくお願いいたします。成果説明書の113ページをお願いいたします。◇型の6個目、緑化推進コミュニティー助成事業で、2行目の村道沿線の農地のり面を活用し、1.3キロにシバザクラ1万3,800株の植栽で終わっていますけれども、の次へ「を行った。」をお願いします。
 それと、その次の行の「と土地所有者」とありますけれども、一番頭の平仮名の「と」を削除してください。以上でございます。よろしくお願いします。
△2 議案審議
○議長(木下貞彦君) 日程第2 議案審議を行います。
 これより提出議案に対する質疑を行います。
 議案第36号 原村環境保全条例の一部を改正する条例についての質疑を行います。質疑ありませんか。長谷川寛君。
◆4番(長谷川寛君) ちょっととりあえずあったような気がして手を挙げているんですけれども、土地の所有者というのは実際の借地権者じゃなくて、地主さんであるという理解でよろしいんですね。ますその点確認です。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) 土地の所有者の件ですが、申請者はあくまでも井戸の設置の申請者ですけれど、申請者と土地の所有者が異なる場合は、土地の所有者の承諾書を添付してくださいということで、今回改めるものです。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございますか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) お願いいたします。一つはそのこれ保健休養地が中心になりますので、上水道が行かないところですよね、基本的には。で、そうした場合、上水道がいかないところは下水道も大抵行ってないんですよね。そうすると合併処理浄化槽と浅井戸、あるいは深井戸の関係になるわけですが、実際に合併処理浄化槽とその水源ですね、これ地下水ってありますが、大抵飲用水というか、生活用水になると思うんですが、それとの距離についてね、既存の井戸、あるいは既存の合併処理浄化槽との距離、これについては皆さんはどのように指導されてこられているのか。というのは過去のデータを全部村は一つの地図なんかに落としてね、わかるようにしているのかどうなのか。これをしなければその指導もできないし、確か三十何メートルでしたかね、ちょっと正確に距離わからないんですが、生活用水と合併処理浄化槽の距離の規制がありますので、どのように指導されているのかをお願いしたいと思います。
 それからもう1点は、その水利権者、水利関係代表者を含むという言い方で、以前の下流水利権者とまた違った形での表現になっているわけですが、よく言われますが、水利権者というのはどこまでね、水利関係者というのはどこまでを言うのか。例えば中新田というか、中新田の白山にある汐については、一部のところからはよその神戸汐の水利権が発生します。そこには水神様も神戸地区のものがあります。そういう意味ではどこからどこが水利権者という発想になるのかね。それは例えば村の普通河川の管理の中で、明らかにされているのかどうなのかね、どこの水利権があるのかということを、村として確認しているのかどうなのか。もし確認していないとすれば、水利権者の同意書が出てきたよといわれても、本当にそれが水利権者なのかどうなのかというのが確認できないわけですよね。それを二つ目にお願いしたいと思います。
 それから三つ目には、今までの50ミリというのがちょっと普通では生活用水ではあり得ない、相当の大きな団地でなければこんな水量使わないわけですが、今回25ミリというある面では規制が厳しくなっていくということですが、上水の場合は25ミリといったら相当の大きさなんですよね。20ミリという指導はしたことあるんですが、今度25ですが、相当の大きさになりますので、それがどういう程度の規制なのかね、どういう程度の規制という言い方はないんですが、どういう形で強まっていくのかというのをお願いします。
 それから4番目には、これは確か15メートルですね、浅井戸か深井戸かのその境が。で、具体的に例えば昨年決算報告でも結構ですので、昨年1年間に出たうちで、検尺はどの程度されて、そしてどういうふうにクリアされているのか、この4点についてお願いします。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) お答えします。合併浄化槽の井戸からの距離ですけれども、規則にもありますように、30メートルという形で、30メートル以内にはトレンチを設置してはいけないという形で指導しております。
 で、2番目の今回水利関係代表者という形で改正をお願いするものですけれど、今までですと下流水利権者というような呼び名でありましたので、実際にはその下流の地区の区長さん、区に同意を求めているものなんですけれど、言葉をわかりやすくしたという形で、水利権代表者というような形でやっております。それであとそのよく下流の地区までの水利権ということは、村もよく把握はしておりません。それで一応すぐ下の下流の水利権者の同意ということで、村の方では考えておえります。
 3番目の50ミリを25ミリに規制したという形なんですけれど、一応一般の住居の浅井戸については、普通13から20あれば十分対応できると思います。ただ、井戸の掘れる関係で、小さいような土地の関係で、共同とかあると思いますので、それで一応50ミリから25ミリという形を設けました。
 で、4番目の深井戸の定義なんですけれど、ケーシングというか、深さが15メートル以上または50ミリを超えるものという形になっていますけれど、一応18年度からは出てくる浅井戸すべて完了後、検査する道具がありますので、深さをすべてチェックしております。で、あとその井戸の届け出なんですけれど、平成16年が3件、17年が7件、18年が6件、そして19年の今現在で3件という形で出ていますので、結構数が昔より出ていますので、今回このような形で改正するものです。以上です。
○議長(木下貞彦君) 菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) 済みません、1件は先ほど言いましたその30メートルの指導はしているというのはわかったんですが、実際村で全部その把握はしているわけですよね。距離を指導しているといっても、新しく入ってくる人たちは、じゃあお隣さんに全部聞けという話ですよね。だからそれは村でどんなふうに例えば地図へ落としてあるとかないとかね、そうでなければ確認すらできないということになりますよね。で、これだけふえてきますと、もう浅井戸ですから、大腸菌問題というのはもう当然ありますよね。で、一部の地域みたいに集団で利用されている井戸については検査もありますけれど、個人井戸についてはもう検査してないわけですよ、現実には。多分村でもその指導もしていないと思うんですよ、水質検査の。ですから実際に地図に落としてあるのかどうなのか、井戸とその合併処理浄化槽を落としてあるかどうか、それをお聞きしたい。
 それからもう一つは、やっぱり先ほど把握してないと言われたもんでちょっとどうしようもないんですが、水利権の関係はやはり各区、それから下流域で言えば一部は富士見なり茅野なりになると思いますが、きっちりやっぱり聞いておかないと、後で問題起きたときに、じゃあ村は何でそんなものを許可したんだという話になっちゃうもんで、それで先ほど中新田の方の汐の話ししましたけれど、それは一時期ちょっと問題になったわけですよね。村が合併処理浄化槽設置した場所なんですよ、その河川については。河川というか汐というか。だからそれはやっぱしきちんとつかんでおく必要があるんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) 今まである井戸について、地図に落としてあるかという御指摘ですけれど、地図については特に落としてありません。で、届け出票の中で確認していくという形。あと届けが出たとき、井戸の申請、井戸の届け出とあと合併浄化槽の設置申請が出ます。その関係で周りのところを見て確認しているような形ですので、地図に落とすというのは、御指摘があったように、今後は今までのやつをちょっと落とすような形でちょっと考えていきたいと思います。
 それで、2番目のその下流域の関係なんですけれど、これも従前は最寄りのすぐ下流の区域というような形で、うちの方も考えていました。それで一応そんな形で指導もしておりました。ただそのそれより下流については、ちょっと考えていなかったので、そこら辺は下流の区とも協議しながら考えていきたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) その何で30メートルというのにこだわるかというと、1,000平米ですよね、単純に行きますと33真四角ですよね、1,000平米というとね。だけれどそれは縦長の場合でね、だけどほとんど横長ですから、ここの土地の場合。そうすると実際にその距離でとれないんですよね、30メートルというのは。だからそれが実際どんなふうになっているかがわからなければ、何というんですかね、許可した方の責任が出てきちゃうと思うんですよ。許可してあったのに、もう掘ったとたんにもう使えないとなった場合、許可した側の責任はどうなるかということなんですよ、心配しているのは。だからその辺はきっちりその図面に落とすなり、調べておかないと大変、あとあと大変なことしちゃうんじゃないかという気がするんですよね。ちょっとその辺もう一度だけお願いします。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) 係の統廃合の関係で、18年度から環境係というのが建設水道課に来ました。それで今までは総務課の方で開発行為の関係、井戸の届け出の関係の受付、それで住民課の方で合併浄化槽の関係をやっておりましたけれど、今は環境係の方で井戸の届け出と合併浄化槽の関係両方できますので、図面、最初にその井戸の、こういうところ掘りたいという形で持ってきたとき、これはもうすぐ浄化槽がないと生活できませんよ、それで30メートル以内だとだめですよと、そういう指導はしております。それであと地図に落とせということですよね、については今後やっていきたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 長谷川寛君。
◆4番(長谷川寛君) 合併処理浄化槽との関係についてなんですけれども、これは井戸の方の規制がこういうふうにでき上がってくるということは、例えばその現実に自分のこれから井戸を掘ろうとする人が、その周りにトレンチがいっぱい出ていると、すべて30メートルの範囲になるということも可能性としてはあり得るわけですよね。それでその場合に、そうすると合併処理浄化槽からは30メートル離さなきゃいけないというのがあって、井戸は掘れませんという話になるということは、合併処理浄化槽の申請というのにも、ある意味周りの同意が必要なんじゃないか、そのことについて、申請というのがどういう手続で、ただ申請さえすればどこにでも掘っていいのかどうか。要するに相関関係にある条例というか、水質の保全なんだと思うんですけれど、その辺をどういうふうに考えるのか、これから問題になるんじゃないかというのをちょっと気になるもんですから、トレンチの許可というのはどういうふうに出しているのかお願いします。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) お答えします。指摘があったとおり、大きい1,000平米の土地だったら問題なく井戸とトレンチはできます。できると思います。問題になるのは小さい土地で、その小さい土地の中に井戸と浄化槽のトレンチが一緒にできるかというのがあります。それで一応井戸から30メートルというくくりがありますので、図見て明らかにできない場合は、来たときに、その井戸の申請、井戸の届け出が最初ですので、井戸のとき来たとき、これはどう見ても無理ですよという、そういうお答えはしております。それで浄化槽の同意ということが言われましたけれども、一応同意については井戸の隣地承諾というか、同意だけで結構という形でやっております。で、後はその実際のその地図、公図、法務局に出ている地図の距離と実際の距離とは違うところがありますので、そこら辺のところも一応実距離ですので、実距離の中で取れる取れないかということで指導はしております。
○議長(木下貞彦君) 長谷川寛君。
◆4番(長谷川寛君) 今のその300坪の中では、大体取れるはずだっていうお話ですけれども、例えば自分の敷地のそばに井戸があり、そのトレンチがありという形で囲まれてきた場合に、井戸は掘れるかもしれないけれど、トレンチは出せないとか、要するにそういう問題というのは起こり得るんじゃないかなあというのが、今のお話でね、小さい範囲の距離の話だけじゃなくて、小さい敷地だけじゃなくて、ある程度300坪持っている方が、当然そこに家を建てようと思ったときに、その現実にすぐ隣の家のトレンチが自分のうちのそばに出ていると。こっちの家のトレンチも自分のうちのそばに出ているということがあった場合には、どっちからも攻められて、それでさらに自分の井戸とそのトレンチとの距離というのを考えたときに、下手したら井戸が下にあってトレンチが上ならできますとか、そういう話にもなる可能性もあるし、その取れない場合もあるということについては、しょうがないという話ですか。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) 合併浄化槽のトレンチが設置できる範囲は、あくまでも井戸から30メートルの外の範囲という形になります。それで今おっしゃったように、その例えばその隣地でどんどん家ができて、井戸とか合併浄化槽できた場合、じゃあ自分ちのものはできないかという指摘ですけれど、それはできない可能性もあると思います。そのために井戸の届け出の同意を取っているということです。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございますか。よろしいですか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 次に、議案第37号 原村長期継続契約とする契約を定める条例についての質疑を行います。質疑ありませんか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) これについてちょっとお伺いしたいんですが、法律で行けば234条の特例行為としての長期の契約という形になりますよね。で、この中で言われているのは、こちらから売る場合もあるということですよね、買うばっかりじゃなくて。ここで見ると事務用品及びそれから庁舎ですから、ほとんどこちらから受けるだけのことですよね。この条例は。こちらが相手に役務を提供するということについては、全然この条例では予測してないわけですよね。で、法律では電気とかガスとか水の供給をその受ける、あるいは供給するということですね。この両方を想定しているわけですよね、243条の3では。ところが今回の村の場合の第2条というのは、こちらが受けるだけのどうもことですよね、機器及び物品に付随するシステムの賃貸借、要するにお金が出て借りるということですよね。多分貸せるというのは想定してないと思うんですよね。村の事業にはありませんので。それから第2番目は、庁舎施設の維持管理ですので、その辺の考え方を一つと。
 それからもう一つは、その債務負担行為で今まで出てきたものが、今度は予算で出てくるわけですよね、予算だけで。で、私はそのときにぜひ今から皆さん方がやるかどうかという考え方なんですね、これは村長だろうと思うんですが、やはり長期債務を抱えるわけですから、どういう形であれ、やっぱり報告する必要あるんじゃないかと思うんです。例えば契約についても、議会に出てくるのは5,000万円超ですからね。ですからそれ以下でも長期債務を抱えるものは、きちっと報告することが、財政状況を我々が知る、そして同じ共通の認識の上で物事を判断する上で必要だと思うんです。ですから、それをどのように明らかにしていくのかね、今後。これはぜひ長の姿勢としてお聞かせ願いたいというふうに思っております。
 それから、もう一つは例えば役場のエレベーターですね、三菱製ですよね。で、ここ最近国土交通省の指導が入りまして、三菱と日立が強度のない材料を使って、エレベーターをつくっていたということが明らかになって、その国土交通省の指導も始まっているわけですよね。ですからそうした場合に、長期契約を結んだ後で問題が起きた場合ね、これはどのように解決されるんでしょうかね、今度の場合手続的に。手続というか条例の考え方の上で。原村のエレベーターが三菱だから全部だめなんだよといっているわけじゃなくて、それはわからないことですので、ただ三菱と日立が明確にひっかかったんですよね、千何台という。ですから、そこをぜひちょっと考え方、それからもしそうなった場合の対応はどうするのかということをお聞かせ願いたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 細川住民財務課長。
◎住民財務課長(細川昭二君) お答えいたします。まず今回の提案説明でも御説明申し上げましたけれども、自治法の改正がございまして、長期継続契約ができるものについては、従来どおり電気、ガス、水の供給もしくは電気通信役務の提供を受ける契約、または不動産を借りる契約、その他政令で定める契約をすることができるということで、それで後段のところに、これは御質問とも関係するわけですけれども、各年度におけるこれらの経費の予算の範囲内においてその給付を受けなければならないということで、2番目の質問かと思いますけれども、長期債務について、各年度に予算とすることで議会側の縛りを受けるわけであります。それと一番最初のその今回の長期契約に法の改正で、今言いましたように法でそのようにうたって、具体的には法の施行令で物品を借り受けるもの、あるいは役務の提供を受ける契約で、その性質上翌年度以降にわたり契約を締結しなければ、当該事務の取り扱いに支障を及ぼすようなものということで、条例で規定しなさいということが新たに政令で規定されているわけでありまして、それで今回条例で規定するということで、条例に提案させていただいたものであります。
 一番最初のその借り受けるという関係でありますけれども、これは今まで今御質問があったように、債務負担行為を設定しなくても複数年とする契約ができるということでありますので、これは考え方として、物品の借り受けるもの今回の2条の第1号にある関係でありますけれども、物品を借り受けるもの。それと施設等役務の提供を受ける契約という、この2点であります。
 それで、3番目の御質問でエレベーターの問題でありますけれども、三菱、日立が強度不足のというものの問題に対しての対応ということでありますけれども、具体的に今回の今現在村の方で考えているものにつきましては、現在債務負担をしているもの、財務会計システムの関係、それから戸籍のリース、それから小学校のパソコンシステム等々あるわけ、これが今申しましたように事務用品等の付随するシステムに関する賃貸借契約ということであります。これにつきましては、債務負担行為をかかっているものについては、このそれぞれの期間以降に検討していくということに、現契約があるもんですから、それで行くということと、それと庁舎等の施設で今のエレベーターの件に関係するわけですけれども、具体的な内容としては、現在庁舎等の施設ということの維持管理ということで、庁舎の清掃業務、それと今申し上げたエレベーターの保守、それから建物等の警備契約等、毎年度4月1日から断続的に役務の提供を受けるものという契約を考えております。
 で、この役務の提供を受ける契約につきましては、エレベーターについてもそうなんですけれども、4月1日から契約が始まりまして、3月31日までという1年間契約になりまして、実際的にはこれについての契約というものは、随意契約にならざるを得なかったわけであります。4月1日に契約を締結して、期間履行が始まるという、これが予算成立後、翌年度の予算成立が3月にあった場合でありますけれども、これは通常あるわけですけれども、入札準備等以前から行われまして、入札、通常の場合でしたら随意契約以上の金額については、原則入札ということでありますので、それが前年の予算議決を待って行われるという、いわゆる透明性、競争性が図られるというメリットがございます。したがって、そのエレベーター等の今問題になりましたその今まで単一的に随意契約をせざるを得なかったものについて、競争性等が生まれてくるということでありまして、今のところの考え方につきましてですけれども、物品を借り入れる契約につきましては、そのリース期間等の期間、いわゆる減価償却の期間を長期契約の期間というふうに一応考えておりますし、役務の提供を受ける契約については、おおむね3年くらいが妥当ではないかということを考えております。以上です。
○議長(木下貞彦君) 清水村長。
◎村長(清水澄君) 債務負担行為で出ないということを御心配だと思うんですけれども、毎年度予算で示されるわけですので、そのとき議会の皆さんにお知りいただく、審議していただく機会があるということでございます。
○議長(木下貞彦君) 菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) じゃあ2点聞きますが、そのうち1点はダブります。1点についてはじゃあ今予測している事務機器、あるいはシステム関係のものはどの程度のものを予測しているのかね。先ほど例えば財務会計システムとか、戸籍のリース、あるいは小学校のパソコンといわれましたが、あとほかにどんなものが予定されているのか。例えば事務機器というのはほかにいっぱいありますけれども、それを教えてください。予定でいいです。
 それから、例えば今言われたエレベーターなんていうのは、もうつくった業者しか実際にはそのメンテナンス会社以外は相当困難ですよね。ほとんどといってもいいくらい無理だと思うんですよね。そうするともう購入時点でもう管理システムまで契約するような、結果としてですよ、いうような形になっちゃうもんですからね、ですからその辺の今後の考え方ね、別になんてとてもできないと思うんですが、お願いしたいと思います。
 それともう一つ、今村長はその予算でと言われましたが、予算の範囲内ですから、予算の時点でそのある程度物品を明らかにしてもらえるかどうかということを聞いているんですよね。予算というのは金額で事務機器リース代で入ってきますよ。物品は入ってきませんよ。そこまで明らかにするという予算書を提出してくださるということで理解していいですか。金額決まっていますよね、これはもう毎年。でも予算というのは必ずその足りなくならない予算組みますから、いかがでしょうか。
○議長(木下貞彦君) 細川住民財務課長。
◎住民財務課長(細川昭二君) 最初の2点でありますけれども、予想している事務機器等はということの御質問でありますけれども、これが物品を借り入れるリース契約等でありますけれども、パソコン等のOA機器、それから車両、それからそのパソコン等のOA機器に付随するソフトウエアの契約、それから診療所等の医療機器、ここら辺が予想されるもの、あるいは事務機器の中には当然ファクスだとかコピー機というふうなものも含まれるかと思います。ここら辺が予想される事務機器ということであります。
 それと、エレベーターの製造会社が保守管理をしていくのではないかという御質問でありますけれども、そういうふうに結果的になろうかとも予想されるわけですけれども、従来は先ほども申し上げたように、その会社と専属的に、独占的に4月1日にその業者を、というのは前年の業者、ということはその製造納品をした業者と随意契約をしていったものでありまして、そういうときに先ほど言いましたように、前年からの準備期間等も今度できるわけでありますので、できるだけ広く先ほど言いましたように透明性、それから競争性を高めるような方法で、それ以外、もしできる例えば外国社製のシンドラーという、確かエレベーターの会社の問題があったかと思いますけれども、そこら辺の管理ができるものがもしあるとすれば、そういうところ辺も保守の業者に選定する方向では、競争性を高める意味で考えていきたいというふうに思います。
 それと、3番目の点でありますけれども、予算の範囲内ということではありますけれども、長期契約の中での先ほど言ったように事務用機器等については5年、減価償却費期間というものを一応めどにしておりますけれども、場合によってはことしの小学校のパソコンのリースのように、7年というふうなものも債務負担の中で契約しているわけでありますけれども、そういう後年度にわたって負担が生じるようなものにつきましては、公表というような形での方法をとっていきたいというふうに考えています。以上です。
○議長(木下貞彦君) ほかにございますか。小池啓男君。
◆2番(小池啓男君) ちょっとよくわからないので、一つだけ。債務負担行為の場合は予算書に本年度の見込み、それから当該年度以降の支出予定額というのはこう表で出ますけれども、例えばさっきの財務会計のシステムリースというのは出ていますが、そういうふうにこの長期契約を結んだ物品ですか、いうものについても、予算の段階で出てくるけれども、それは長期契約結んでどういうものが対象になっているかというふうなものは、その年々の予算には出るけれども、債務負担行為のような表としては出ない、出るのか出ないのか、そういうふうな点はちょっとお聞かせいただきたい。
○議長(木下貞彦君) 細川住民財務課長。
◎住民財務課長(細川昭二君) 今回の、先ほど一番最初の冒頭で御説明申し上げましたように、今回のは長期継続契約とする契約を定める条例、これにつきましては従来債務負担行為によることしかできなかった長期契約をすることができる、それは政令で、条例でどんなものをするか条例で定めなさいというものが法律の改正の趣旨でございます。ですので、従来のように債務負担行為の議決を、予算上の議決をしていただいてということによらなくてできるものというものを、具体的にこういうものですということを条例で定めるというものでありますので、この先ほども説明しているように、最長で現在のものが小学校のパソコンシステムのリースが26年でありますので、そこまでは債務負担行為の、その物品については、その賃貸借についてはそこまで行くわけですけれども、それ以降に、あるいはそれ以外のものにつきましては、債務負担行為をすることなく長期継続契約ができると。その契約期間については先ほど言いましたように、その物品等の減価償却期間を基本に考えますと。あるいは役務の提供をうけるものについては、大体原則3年程度を考えますというものになるわけであります。以上です。
○議長(木下貞彦君) 質疑ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 次に、議案第38号 平成19年度原村一般会計補正予算(第2号)についての質疑を行います。質疑ありませんか。日達徳吉君。
◆10番(日達徳吉君) ちょっとわからないので教えてほしいと思います。支出の方で9ページの清掃総務費の中で、資源物収集立ち会いということで予算が上がってきています。そのような中でこれはどこへ支払うか、また現在各区で対応しているのについては、その立会人について、何か村の方では対応しているか、その辺をお聞きしたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) お答えします。この委託料の資源物収集立ち会いについては、ことしの4月から容器包装プラの資源物の回収が新たに資源物の中でつけ加わりました。で、その関係で当初は毎週第2木曜日の各地区だけでの月1回というふうに考えていたんですけれど、収集量を見たらちょっととても追いつかないという状態で、第4土曜日3カ所、北三区の柳沢と中新田と役場の前ででやるようになりました。その関係で、その立会人というのがシルバー人材センターの方に委託しますので、そちらに払うものです。それであとその各地区で行っている収集ですけれど、原村衛生自治会というのがありまして、その中で会費を1戸当たり徴収しております。それでその中でそれのちょっと額忘れましたけれど、ほとんどの額を各地区へ還付金という形で、集めた分を還付金という形で返しております。それでそれを資源物とかごみの回収のステーションの管理ということで、使ってもらうようにしております。以上です。
○議長(木下貞彦君) 小池啓男君。
◆2番(小池啓男君) 今のところで一緒にあわせて、運搬と処理、選別保管処理ですね、これも月もう1回ふやしたという、第4土曜ですか、いうふうなことなのか、ちょっとで第4土曜日はもう大分前からやっているんで、そういうふやしていく見込みですね、その辺ちょっとお聞かせをいただきたい。事業を始めてどうしてふやしたって、そういう意味ではなくて、どんな見込みでいるのかというようなこと、背景を。
 それから、9款の子どもほっとサポートですか、臨時職員の賃金ですね、これはこの内容、どういう事業、ちょっとそれをお願いします。
 それからもう一つ、済みません。地域省エネビジョン策定事業のこれの出先ですね、これをちょっと説明をお願いします。
○議長(木下貞彦君) 地域エネルギービジョンの何を。
◆2番(小池啓男君) 地域省エネビジョンの策定事業の934万5,000円の補助金の出先、委託じゃないですよ、それはどこから出てきているんですかということを、国なのか県なのか何なのか。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) お答えします。4−2−1の委託費の資源物収集運搬については、おっしゃるとおり第4土曜日を新たに始めたということでふえるものと、あとその当初のうちの予測に比べて、それぞれ大幅にふえています。収集量が説明会等をやったせいだと思うんですけれど、最初の見込みより大幅にふえましたので、その分選別保管とか、あと最初にやった4月からの第2木曜日の収集運搬についても、ちょっと変更契約をしなければならないということでふやしたものです。それでそれに伴いまして、ちょっと質問にはなかったんですけれど、その7ページの方に売却収益ということで、資源物売却代の方も49万5,000円ぐらいふえるという見込みを立っております。以上です。
○議長(木下貞彦君) 望月教育長。
◎教育長(望月弘君) お答えいたします。子どもほっとサポートでありますけれど、信州こまやかプランがありまして、長野県の場合は昨年度まで各小中必要なところに配当がありました。それで今年度からは国の方で措置をするということで進んでまいりまして、長野県の場合、特別その移行措置がちょっと最初できませんので、その間、原村の場合は中学校ですが120時間、今いろんな障害を持った子供たちがおりまして、特別支援教育支援というのが法律でできております。それに対応するために120時間だけ県の方からもらっております。それを今度は交付税措置で国の方で各市町村の方へ配当するというようなことで、残りの、したがって、まだ1学期間は何とか持ったんですが、そのあと2学期、3学期、これからその支払いができません。県の方ではもう予算ストップ、使い切ってしまいましたので、そういう意味で残りの分の賃金であります。指導員のね。今中学校の方に1人障害を持ったお子さんがいて、そこのところに5教科を中心にそばへついて、言葉しゃべれなかったりするもんですから、手が使えなかったりするもんですが、そういったような子供がこれからどんどんふえてくると思いますけれども、小学校でもことし欲しかったんですが、許可がおりませんでした、県の方からね。したがいまして、これから国の方ではそういう子供さんのために措置をしていくということで、交付税措置をするということで、この間通達が来ております。そういうつながりであります。今6%の障害を持った子供たちがいると、そのくらい全国的に言われておりますので、まだまだ足りないわけですけれど、これからどんどんふえてくるんじゃないかなあと、そういうことであります。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) 地域省エネルギービジョン策定の財源、補助金でありますが、補助金といいますか助成金でありますけれども、これにつきましては独立行政法人の新エネルギー産業技術総合開発機構、NEDO機構といっていますが、NEDOという通称言われていますけれども、そちらから助成金をいただくということで、100%助成ということで予定をしております。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございますか。小池利治君。
◆1番(小池利治君) 歳出の方で10ページの県営中山間地総合整備事業で、計画変更市町村事務委託という項目がありますが、これはちょっとどういう内容なのか少しお知らせいただきたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) お答えいたします。現在、県営中山間地総合整備事業ができておるわけですけれども、これの部分の内容が大分変わってきております。それで、21年か2年ごろ終了になりますので、それに向けて内容の変更の申請をしなきゃいけないもんですから、それの委託料でございます。事業の内容の変更申請用のものでございます。
○議長(木下貞彦君) ほかにございますか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) 今の農林課長の答弁で、字の意味はわかったんですが、中身が全然わからないんですよ。字の説明してもらって困るもんで、中身が何が今までどうなって、今後どうなるのかと。
○議長(木下貞彦君) この際、暫時休憩いたします。
                            午前10時00分 休憩
                            午前10時16分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) じゃあお答えいたします。中山間地総合整備事業の内容、工種でございますけれども、農業用排水施設整備が17路線2カ所、農道整備が26路線、圃場整備が2カ所、農業集落道路整備が3路線、農業集落排水路整備が8路線、農村公園整備が2カ所、活性化施設整備が1カ所、市民農園等整備が1カ所、生態系保全施設整備が1カ所等ございまして、このそれぞれの各事業についての見直しを行うものでございます。以上でございます。
○議長(木下貞彦君) それではほかに質疑ございますか。小林庄三郎君。
◆9番(小林庄三郎君) 歳出の方の環境衛生費について少し教えていただきたいと思います。墓地の返還というのかね、あった場合で、現在1件ほどの話があるというふうに先日聞きましたけれども、未使用の場合は私個人的にはいいような気がするんですけれども、現在使用しているのはどうかとか、使用した経過がある場所はどうかとか、さらに長い年月たてばうやむやになるように、その墓地もあると思うんですよね。そこら辺をどんなふうに思っているか、そこら辺の区分けというか振り分けというか、さらに新しい墓地との関係で値段の差もございますので、様子だけでもお伺いしたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) 今返還のお話がありますのは、未使用墓地であります。基本的に返還申し込みということになると、未使用墓地が基本になろうかと思いますが、今お話のありましたように、使用墓地についてもあとを見る人がいないとか、いろいろ出てくるのではないかというように考えております。ただ、基本的には使用墓地についてはすべて撤去し、更地にして、復元したままの状態で返還していただくということが原則でありますので、返還いただく場合にはあるものは撤去し、それなりの手続をとって整地をしていただくという形で返還をいただくということであります。墓地所有者が不明になる等も今後出てくる可能性もあります。実は今回も所有者に通知等差し上げる中でも、若干行き先不明で戻ってきている部分もありますけれども、一,二ありますが、この辺はしっかり経過を追って、その所有者をしっかり確認した上で処理をしていきたいというように思っています。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございますか。日達徳吉君。
◆10番(日達徳吉君) それでは、11目のまちづくり人づくり事業の中で、地域省エネルギービジョン策定の中で、バス借り上げとあります。そのような中で、これは目的とそれでどちら方面へ行かれるか、計画がありましたら教えてほしいと思います。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) まずビジョン策定につきましては、委員会を立ち上げていただきまして、委員会において調査、審議をしていただくということになります。そのために先進地等の視察が必要だろうということで、そのためのバスの借り上げを計上させていただいたということであります。まだ目的地といいますか、視察地については具体的にはなっておりません。委員会の中で審議をいただいて決めていくということでやりたいと思っています。ただ、そうは言いましてもこのバスの借り上げの料金ですが、大体1泊2日くらいの範囲でという形での金額という予定であります。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございますか。小池啓男君。
◆2番(小池啓男君) 省エネビジョンの委員はおよそどういうふうな数、人数、あるいはどういう選定をしていくのかというものが一つ。
 それから、直接的にはこの内容、私質疑はちょっと違いますが、村長にお聞きしたいんですが、これは策定委員の方と、それから職員が先進地を視察するということになっていますね。それで、議会でも今議会でそれぞれ委員会が視察研修するということで、先進地を視察して、そしてさまざまな先進事例を村政に生かそうということでやるわけですが、私ぜひこの場合にですね、事例にもよりますけれども、職員も、担当している方もぜひ同行して、そして先進地視察を検討、一緒に見てこれからの施策に生かしていくというふうなこと、ぜひというふうに思うんですが、その辺のところ二つお聞きしたいと思いますので、一つは村長お願いします。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) 一応委員でありますけれども、ビジョンの策定委員につきましては、学識経験者、あるいは関係団体等の職員、県だとか職員、そういった関係団体の職員、また公募、こういったことから20名以内程度の組織にしたいというように考えております。
○議長(木下貞彦君) 清水村長。
◎村長(清水澄君) 直接的に地域省エネルギービジョンのその補正予算の審議とは中身が違うかと思うんですけれども、お答えしておきたいと思います。以前からですね、議会の視察研修については、職員は同行しないと、これは議会は議会、長側は長側だというふうな考えが一時期非常にはやりまして、それで議会側もそれをよしとした経緯もあったんではないか、私はそういうふうに思うんですけれども、先般もそういうふうなことで議長名で確か申し入れられまして、私どもの方は応じることができないというふうな回答もしてあったと思います。しかしながら、やはり議会と執行側、車の両輪、意識を一緒にしてやっていく、これがこれからの村づくりでは重要ではないかと、そういうふうに思います。そういうことでは、行革の関係もあったんですけれども、しかしながら、この問題は対して行革に触れるものでもない、そういうふうに思いますので、今後、もちろんその対応する課の仕事の暇が、暇がというか時間が取れるかどうか、そういうふうなことは過去あるんですけれども、なるべく努力をして、今後は御一緒させていただくような方向で行きたい。ただ、その際にはやはり視察目的をはっきりとさせて、私どもの方に申し込んでいただく必要はあろうかと、そういうふうに考えます。以上です。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございますか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 次に、議案第39号 平成19年度原村国民健康保険事業勘定特別会計補正予算(第1号)についての質疑を行います。質疑ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 次に、認定第1号 平成18年度原村一般会計決算の認定についての質疑を行います。まず歳入について質疑を行います。質疑ありませんか。小池和男君。
◆8番(小池和男君) 歳入でですね、村税に関して不納欠損額というのがちょっとここ数年ふえているような気がするんですが、そこら辺のところのちょっと状況を。
○議長(木下貞彦君) 細川住民財務課長。
◎住民財務課長(細川昭二君) ただいまの御質問でありますけれども、成果説明の43ページをごらんいただきたいと思います。御承知のように不納欠損は長がその税というものの債権を放棄するものであります。18年度はこの一番上の金額、600万5,605円が不納欠損をさせていただいたものであります。不納欠損そのものにつきましては、対前年等とは比較をしておらないわけでありますけれども、前年と比較しまして人数で4人、件数ではかなりふえているわけであります。内容的には昨年等の比較的な表、これはやはり次のページの44ページ、成果説明の44ページをごらんいただきたいと思います。村税の年度別推移、調定収入額という(1)の表でありますけれども、ただいま申し上げましたように、18年度は600万5,000円、17年度は294万6,000円、あるいは16年度は476万7,000円、ちょっと目を飛ばしまして、13年度は3,000万からということであります。17、18の単純比較につきましては、ただいま申し上げたように延べ人数で4人ほど、件数ではかなり大幅にふえているというものが実情であります。以上です。
○議長(木下貞彦君) ほかにございませんか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) お願いします。今の不納欠損、これは負担金も同じですよね。保育園の負担金の税と保育園の保育料ですか、保育料と、それから別荘の管理も不納欠損ございますよね。で、別荘管理については一定部分が振興公社に委託というんですか、指定管理者としての事業の中身が入っていますので、この不納欠損の中のちょっと要するに5年で切ったものがどのくらいなのか、あるいは時効停止かけていろいろやってきた結果だと思うんですよね。だからそれが時効停止の措置をどのようにとられてきたのかというのが、その保育料と税についてお願いしたいと思います。特に不納欠損、あるいは未収金というのは、相当もう固定したみたいな形で、だんだん何というんですか、ふえていっちゃうんですけれども、その中身ですね、いわゆるその中でお役所で言われる悪徳滞納者といわれる人たちというのは、一体どのくらいの数があるのか。それとももうやむを得ない、もう営業も廃業したとか、あるいはそれらのことから無理だという点での見方もあると思うんですよね。その内容について、ちょっとお願いしたいというのが1点です。
 それで、別荘については、別荘管理についてはちょっと税や何かと状況が違いますよね、資産管理ですので、資産管理を村に委託して、それが振興公社へ行っているわけですけれども、これは中身違いますので、どのような努力がされて、実際どのようになっているのかね。で、もう例えばそういう人の不納欠損なりあるいは未収の場合の管理は、どの程度実際やってきているのか。やってきていないのか。いなければ当然お金取れないですが、やってきたから未収になっているという側面もあると思いますので、その内容についてお願いしたいと思います。
 それからですね、全体のその流れとしてで結構なんですが、税そのものの変動というのが、制度変動もありますし、それから所得変動もございますが、昨年1年間一体どのように、昨年というか一昨年の収入ですから、村税については。どんなふうに変化されてきているのか。特に自営業とそうじゃない給与所得者、あるいは法人、法人今回は大分滞納減りましたけれどね、法人と個人の中でも自営業者と給与所得者の経済動向をどのように見られているのかお願いしたいと思います。
 それから、これはこの間、教育課長にもお願いしてありますが、公民館の使用について、どういう基準で徴収して、条例に基づく、あるいは規則に基づくと言われると思いますが、いわゆる申請減免、例えば私が言いたかったのは、4Hクラブというのは原村とって農業後継者としては育成団体だと思うんですね、村としても。ところがこの団体が公民館借りるときには申請減免しないさい、あるいは登録団体になりなさい、そうしなければお金を払いなさいということで、昨年もお金をもらっているはずなんですよね。ですから何回この団体からもらったのか。あわせて青少年健全育成協議会、あるいは防犯協会、これは何回会議をやって、どういう手続に基づいて使用料を取らなかったのか。行政の参加している団体でありますが、行政の機関ではございませんので、皆さん方が言われるようになれば当然減免申請なり公民館としての登録団体の申請があるはずです。それはどのような基準でやられているのかお願いしたいと思います。
 それから、ちょっとこれは単純な数字で申しわけないんですが、財産収入の中で財産売払収入、ページ数で言えば29ページですか、28ページですか、その中の村有林の間伐代109万5,000円なんですが、ちょっとどれとどれが一緒になって109万5,000円なのか、成果説明でちょっと教えてもらいたいんですよね。成果説明の23ページには、間伐材売り払いが86万2,000円で、あと寄附金、雑入で入っていますが200万入っていますので、これは違うわけですが、何がこのような金額になったのかお願いしたいと思います。
 それから、同じ23ページで、うどん屋さんのちょっと村と学校、あるいは土地開発公社、これがどういう契約になっているかお聞きしたいというのは、学校の休みの日ですね、土曜日とか日曜日、うどん屋さんの車が小学校の職員の駐車場によくとまっています。で、これは学校安全上、教育委員会としてはどのように対応してきたのかね、それから、総務課とすればどのように賃貸借の中でそのことを伝えてきたのか。それから土地開発公社とすれば駐車場として貸していますよね、現在、消防署の上を。4区画だか3区画だかちょっとよくわかりませんが、このうどん屋さんとの契約は一体どうなっているのか。だから学校が休みだからとめていいなんていう契約になっているのかどうなのかなんですよ。学校は一体どのように管理しているか。本当に原村で学校にチェーンかけるなんて、それは切ない話ですよ。切ない話ですが、現実にはそういうことでやってきているわけですよ。ところがうどん屋さんという民間団体があそこが便利だからって使うわけですよ。それが一体どういう何というんですか、話し合いというか、仕組みというか、ことになっているのかお願いしたいと思います。
 それからですね、済みません、もう1個税の関係で、固定資産の評価の関係ですが、ペンションが中心だと思いますが、旅館業に対する自家生活部分の案分割合というのがありますよね。そうした場合に営業をやめたり、あるいは営業を縮小したりした場合のその減免申請というのは効くのか効かないのかね、固定資産ですから当然固定資産税に対する減免申請というのは地方税法上も認められているわけですが、現実に何%になって、そしてその、あるいは減額申し入れ、あるいは申請があった場合にどうなるのか。それでこの1年間、この減免申請というのがあったのかどうなのかね。それは口頭であれ文書であれですよ。当然相談窓口へ来ますから、その相談を受け付けた件数も含めてどのようになされているのか、ちょっとお願いしたいと思います。以上です。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) それでは、最初に御質問のありました不納欠損の保育料、入所児童の負担金の関係の不納欠損についてお答えいたします。これにつきましては、平成12年1件、この方は県外へ転出されて、不納欠損が12年度と13年度の部分が生じているものです。で、今回その12年度については一応地方自治法の規定で、他の法律の規定がないということで、地方自治法の規定を適用してあります。一応5年で債権は消滅するということで、この方については、転出者の住所等わかりましたので、何回もやったんですけれど、一切連絡がとれないということと、もう一つは、転出先の住所についても、戸籍の付票等で調査したんですけれど、転出先の住所と全く同じで、その後の転出はまたしてないということがわかって、内容証明も送ったんですけれど、郵便物は届いていても、どうしても連絡がとれないということで、今回一応5年経過して、その都度送ってたんですけれども、どうしてももう取れないということで、不納欠損の処理をさせていただいたということと、時効中断につきましては、他の法律の定めがないということで、地方自治法の中では時効中断の効力につきましては、裁判所の請求等をしないとその効力を生じないということで、今回についてはできるだけこちらの方も、この方以外も現年についても、できるだけ本人と話し合う中で納付を進めてきている経過で、この方についても、特に裁判所に請求してないということで、時効の中断の効力は発生しないということで、5年で不納欠損したという経過です。
○議長(木下貞彦君) 細川住民財務課長。
◎住民財務課長(細川昭二君) 一番最初の問題であります。不納欠損の内容の関係であります。先ほども申しましたように、不納欠損は昨年といいますか、17年に対しまして件数的にはふえているということを申し上げましたけれども、不納欠損に至る理由でありますけれども、これは法律で厳格に定められておりまして、執行停止から3年を経過したもの、あるいは徴収見込みがなく、直ちに消滅したもの、あるいは執行停止中の時効という要件があるわけでありますけれども、トータル的にほとんどが執行停止中の時効というものであります。それから、直ちに消滅したものというもので、現年度に対しての、現年度課税分の執行停止じゃなくして不納欠損もあるわけですけれども、これについてはその納税義務者が死亡したというような事例もございます。内容的には個々細かくはあれですけれども、執行停止中の時効がほとんどであるというものであります。
 それから、先ほど2番目で経済動向、法人、個人のということでありますけれども、個人村民税については9.83%、対前年比で伸びているかと思いますけれども、原村の場合でありますけれども、法人住民税は逆に2%これ下がっております。この内容的には、成果説明の方にも記してありますけれども、大口のところの法人が解散、あるいは減収等で下がっているというふうなものであります。それと個人の関係でありますけれども、個人の住民税で比較いたしますと、個人住民税でその内容等見ますと、17年に対しまして18年は納税義務者数が当初課税においてふえているわけでありますけれども、これを総所得金額等で把握しているだけでありますけれども、あるいは分離課税については与えてというか、数字的にカウントしておりませんけれども、総所得金額で行きますと、逆に1人当たりは下がっているというもので、先ほど議員さん言いましたように、税制改正の部分が働いているものかなという、動向としてはそんなことが思えます。
 それと、6番目の御質問でありました固定資産税、ペンション等に対する固定資産税の自家使用分等の案分等でありますけれども、これは全件ちょっと今の質問でありまして、調べてありませんけれども、これは今担当に聞いたところ、これは分けていないのではないかという推察でありますけれども、そういうこと。これは全部つぶしてみないとわかりませんけれども、そういうこと。それと相談件数等は1件、今の職員のときには1件あったということであります。以上です。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) 土地開発公社所有の旧マルエス転回場でありますけれども、そこの使用許可であります。一応貸し付けでありますが、オジエオバエの関係だと思いますが、一応5台分約100平米につきまして、月額3,650円ということで使用許可をしているという状況でございます。
○議長(木下貞彦君) 百瀬教育課長。
◎教育課長(百瀬嘉徳君) まず公民館の使用ということでお答えします。赤岳4Hクラブの関係でありますが、これは前に、二、三年前には登録団体ということで、公民館使用の登録団体になっていたわけでありますが、昨年は申請がなかったということであります。それで18年度につきましても使用はなかったということでありまして、本年、19年ですか、使用がありまして、これはよいしょ祭りのときのということで、行事の参加ということで申し込まれております。申し込みの参加のときにつきましては、減免申請等を用紙を渡して使用して、申込書と減免申請書を渡して使用してくださいということで担当者が話をしたということでありますが、本年につきましては村の行事の協力ということで、この7月18日に、本年の18日に使っておるわけでありますが、このときの分については徴収はしていないということで、村の行事の協力という部分ということであったということで聞いております。
 基準ということでありますが、無料で使える場合は、村の行政団体の使用ということで、先ほどありましたが、青少協の関係とか、防犯組合の関係につきましては、村の行政の一端ということで、申請団体が行政ということで受けておりますので、無料ということで、減免ということで使っております。
 赤岳4Hクラブの関係でありますが、登録団体ということをしていただいて使うということになりますと、その制度で減免の対象になりますし、村の行政ということで申請していただければ、そういうことで減免の対象にもなりますので、そういう形で使用していただければいいということで思っております。
 それで、もう一つ小学校の駐車場の件でありますが、小学校の駐車場につきましては、先ほども話がありましたが、土日と休日の場合はあそこに駐車場は立ち入り禁止ですよという看板と、鎖をかけて部外者の人が入らないようにということで、駐車場はなっておるわけでありますが、そういうときに使用という部分につきましては、いずれにしましても使用者側は先ほど、うどん屋さんという話がありましたが、学校の方へ話をして駐車場を申請して使っているということだと思っております。万が一で無断で使用ということは、ちょっと聞いておりませんので、そういうことで使用しているということで思っております。以上です。
○議長(木下貞彦君) 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) 別荘地の不納欠損でございますが、35件の9人が時効にかかったということでございます。で、支払う必要がないとかということを言っている人とか、一、二年所有してて、その後売却して不明になった者が5人という状況だそうです。
 それと村有林の売却収入の109万5,000円ですけれども、成果説明の86万2,880円は、森の里親事業の中の部分の売り払い分でございます。それともう1口は上の方にありますけれども、流域広域保全林整備事業の中で売り払った分と、両方合わさっての109万5,000円でございます。以上でございます。
○議長(木下貞彦君) 菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) ちょっと不納欠損のそのことで、3回皆さん訪問したりして努力されてここまで来たんですが、やはりその法人というよりは、先ほど解散とかそういう話があったんですが、個人の場合でもね、事業廃止というのは結構あると思うんですね、現実に。そういうのは一体どうなっているのかというのは確認されているんでしょうか。それが1点です。
 それから二つ目に、行政団体は無料だと、先ほど青少協と防犯組合は行政団体だといいましたね。じゃあ行政団体という規定はどこにあるんですか。どういう規定なんでしょうか。
 それともう一つ、農林商工観光課長に聞きますが、後継者育成、後継者団体というのは農林商工観光課として育成団体になっていないんでしょうか。お願いします。
 それからもう一つ、その駐車場の件です。無断使用はないと言いましたね。じゃあ去年1年間で何回使用登録の申し出があったんですか。何回学校は許可したんですか。それを出してください。
○議長(木下貞彦君) 細川住民財務課長。
◎住民財務課長(細川昭二君) 一番最初の個人の不納欠損の、個人の事業廃止の関係でありますけれども、個人が個人でもいわゆる法人としての登録等をされていない、いわゆる申告納付でありますので、法人等については。これについて把握といいますか、その廃止等が以前に登録等されているかどうかというのから見ていかないと、ちょっと一概にわかりません。個人の事業主としての廃止云々については、届け出等あればそれなりに処置等はしているかと、推察で申しわけありませんけれども、そういうふうになっております。以上です。
○議長(木下貞彦君) この際、暫時休憩いたします。
                            午前10時58分 休憩
                            午前11時08分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) 赤岳4Hクラブでございますけれども、後継者育成団体になっております。以上です。
○議長(木下貞彦君) 百瀬教育課長。
◎教育課長(百瀬嘉徳君) お答えします。先ほどの小学校の駐車場の件でありますが、確認したところ、使用の許可ということは出していないということでありまして、私の記憶違いでありました。訂正をさせていただきます。なお、とめた事実ということであるようでありますが、この分につきましてはやむを得ない等口頭で駐車場をお願いしたいということで駐車したということで聞いております。今後は駐車場の管理を厳重にしまして、部外者が学校施設に入らないように徹底をしていきたいと思っております。
 もう一つの件でありますが、登録団体等の件でありますが、先ほど赤岳4Hクラブということで、行政団体等の定義でありますが、一応申請母体が行政側から公民館使用の申請が出てくるということで、そういう形で行政団体ということで受けとめております。以上です。
○議長(木下貞彦君) 菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) まず行政団体について、行政側が申し込んだと、何が基準なんですか。身内ならいいということでしょう。青少年健全育成協議会、あるいは防犯組合、これはもうれっきとした、確かに社会的な団体ですよ。原村にとって大事な団体です。でもそれは行政団体なんですかって聞いているんですよ。今、行政職員が申し込めば行政団体といったでしょう。教育委員会はそういう基準でいいんですね。申し込みはだれかっていうことでしょう、あなたの答弁は。それが現在の条例なり規則の解釈ですね。それでいいですね。もう一度答えてください。行政職員が申し込んだ、行政側が申し込んだというのが基準だっていうんだから、そんなばかな話しないでしょう。
 二つの問題です、いいですか。口頭でやむを得ず申し込まれたと言われましたね。休日ですよ、だれに申し込んだんですか、だれが受けてだれが許可したんですか。私言っているのは、職員の車1台もなかったんですよ、あのときは。うどん屋の車だけですよ。うどん屋の前では駐車場あいてました。やむを得ず駐車したというのは、だれが判断してだれに申し込まれたんでしょうか。きちっと答えてください。総務ですよね、家を貸している方は。財務、どういう契約になっているんですか、駐車場を、学校の駐車場を使っていいとなっているんですか。なってないはずですよね。ですから、契約の中で一体どうなっているかということです。
 ちょっと待ってください、それからもう1個、先ほど別荘の話が出ましたけれど、売って前の人が残っているとか、必要ないという話がありましたけれども、ちょっとその実際の別荘管理、35件、9人、要するに年数もあるということだと思いますが、中身について教えてください。中身、内訳。例えば転売した、前の人が払ってないのが何人、何件だとかね、で、もう新しく買った人はわかっているはずですよね、財務課では。当然課税してきますから。ちょっとのそのことについて具体的に教えてください。ちょっともうあいまいな答弁はよしてください、もう。もうこれで2回目ですから、皆さん方が条例解釈をして答弁したんですから、お願いします。
○議長(木下貞彦君) 望月教育長。
◎教育長(望月弘君) 済みません、駐車場につきまして私が答えればよかったんですが、私がやっているころから、あそこはもうとにかく一切、休日とかね、行事ある以外はその学校があるときには当然あそこの事務所を窓口で、来客のチェックをします。したがいまして、今校長に確認しましたところ、一切これはないと、そういうことは一切あり得ないことと、私も当初なったときにはあそこへ鎖を張ったんですが、だめなんですね、とられて、だれか無断駐車が非常に多かったんです。したがって、なかなかあれをやるようにはなっているんですが、できません。そういうことであそこは一切教育委員会にも全然そういう話もありませんので、教頭が答えたようですけれど、多分教頭もあいまいだったと思いますが、今校長に確認しましたところ、それは一切ないと、したがって、違法駐車であるということで、教育委員会としても申し込みしますし、学校長としてもするということで、今話がつきました。済みませんでした。
○議長(木下貞彦君) 細川住民財務課長。
◎住民財務課長(細川昭二君) その旧正木邸の借地の関係でありますけれども、駐車場云々については、その契約の中では一切含まれておりません。
○議長(木下貞彦君) この際、暫時休憩いたします。
                            午前11時15分 休憩
                            午前11時20分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) 不納欠損の内訳でございますが、先ほど申し上げました転売の方5人のほかは、倒産が1人ですね、死亡が1人、行方不明で競売になった人が1人、土地の所有を認めない方が1人ということで、18年度から初めてこの不納欠損の処理を始めまして、転売の方の調査はまだいたしておりません。以上でございます。
○議長(木下貞彦君) 百瀬教育課長。
◎教育課長(百瀬嘉徳君) お答えします。公民館の使用等の関係でありますが、減免ということでありますが、これは原村使用料条例にうたわれておりまして、国または地方公共団体並びに村内各種団体が直接その用に供するとき。その他特に必要があると認めるときは使用料を減額し、または使用料の徴収を免除することができるということでありまして、公民館の場合には、先ほど言いました地方公共団体並びに国ということで、直接その用に供するときと、村内各種団体が直接その用に供するときという部分につきましては、減免の対象としまして、公民館使用登録団体に登録されるということで、その減免を実施しているわけであります。以上です。
○議長(木下貞彦君) この際、暫時休憩いたします。
                            午前11時23分 休憩
                            午前11時30分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ほかに質疑ございますか。
 百瀬教育課長。
◎教育課長(百瀬嘉徳君) お答えします。先ほども減免の対象ということでお答え申し上げましたが、減免は国、地方公共団体並びに村内各種団体が、そういうことでありまして、公民館としましては、村内の団体ということで、これがいろいろ定義がありますので、使用団体へ登録した者ということで、減免の対象にしております。公共的団体と申し上げましたが、行政団体と申しましたが、この部分につきましては申請の段階で、村の行政から申請されるということでありまして、これにつきましては、庁内ということで、行政ということじゃなくて、庁内の申請で減免するということで、それにつきましては青少協も防犯組合も一応庁内からの申請で減免の対象になるということで、ちょっと行政団体というのは間違いであります。公共的団体というのは定義がありまして、それには入りませんので、青少協も、いずれにしましても、庁内からの申請で減免したということでお願いしたいと思います。(発言する者あり)
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) ないようですので、次に、歳出の1款議会費から4款衛生費までの質疑を行います。質疑ございませんか。小池啓男君。
◆2番(小池啓男君) 成果説明書で言うと37ページ212個人情報保護審議会の内容が説明をされておりますが、各地区に住民の名簿の提供を行うということで、区長が厳重に管理するということで書かれておりますが、その管理の内容、厳重ということの内容ですね。それから、区長は年度でかわるところもありますので、そういう場合のその名簿がどういうふうに引き継ぎをされていくのか。あるいはそこがどういうふうになるのか、ちょっとその辺をここに書かれている内容とあわせてひとつお願いします。
 それから、3・1・1、56ページ、成果説明56ページで、民生児童委員の皆さんが大変な御活動をされておられますが、この中で子供に関すること、地域生活、あるいは学校生活、そういう相談支援、こういうものが非常に多い、分野別で見ても高齢者の方に次いで多いわけですが、この相談、支援ということの内容はどういうふうなことなんでしょうか。あるいはそれが具体的にどういうふうにこう解決といいますか、手だてを取られたような例があったのか、ちょっと具体的に少しその辺もお聞きしたい。
 それから、4・1・4で105ページ、不法投棄の処理ということで122万8,000円となっておりますが、これもう少し実態といいますか、対応の内容、どういうふうな回収ですね、で、場所というようなのが特定できるのか。混合廃棄物とありますが、これまた相変わらず農薬がありますが、この辺も含めてちょっと。
 それから、その下の項にはネットがありますが、ネットを具体的にどういう効果が生まれているか。
 それから、生ごみ処理機、ちょっと私も記憶がなくていけないですが、もしいけなければ後で資料をいただきたいんですが、生ごみ処理機の補助件数の累計、それから稼働がですね、やっぱり新聞なんかでもよく取り上げられていてですね、結局は生ごみ処理機は稼働がうまくいってなくて、うまくいってないというのは、においが出たりですね、そして資材を買わなければいけない、あるいはその他のトラブルで、なかなか問題があるというようなことも言われているんですね。こういう状況、現況をどんなふうにつかまれているのか、自分の考えはというのが質疑でもありますが、私はそんなふうなことも検討する必要があるじゃないかというふうに思うんですが、ちょっとその辺あわせて。
 それから、415の河川の水質調査が出ておりますが、増加しているもののちょっと説明をお願いしたいというふうに、測定時が7月とか、7月が特にふえているような感じがありますので、大腸菌群等ですね、ちょっとそのどんなふうな、天候にもよるとかいろいろあるようですが、その辺の説明をお願いします。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) それでは、民生費の56ページ、民生さんの子供に関することの相談、分野別相談支援その他活動訪問の中の内容等についてお答えいたします。これにつきましては、子供に関するものについても、こちらから民生さんにお願いして、支援、活動していただく部分、そういったもの、あとその相談等を受けている総体的な件数が245件ということで、具体的内容につきまして、例えば要保護・準要保護の教育委員会からその部分について常に見守り、そういった人たちの関係で状況把握、そういったことをしていただいていると。またこちらからの要請としましては、例えばこちらに要保護地域協議会が、児童虐待の地域協議会がありまして、その中でケース検討で上がってきた中で、やはり地域の中で今後支援していくということで、例えばお母さんがちょっと日本語の通じが悪いということで、地域とのコミュニケーション、そういったものの中で悩んでいる部分、そういったものがあるときに、行政の方も支援はしていくんですけれど、やはり地域とのかかわりの中では、ぜひ地域の民生委員さんにも協力をしてもらって、地域でそういったお母さんの支援、そういったもの、子供を通じてのお母さんの支援、そういった必要性等がありますので、そういった点で支援等を行っていただいているということです。以上です。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) 住民情報の区への提供でありますが、一応区長さん等から要望がありまして、申請がありまして、住民情報を提供するということで審議をいただいたわけであります。これにつきましては、文書の配布、あるいは区行政目的以外には使用しないようにということを十分申し入れて、条件として提供をしているということであります。また、先ほどお話しありましたように、役員は当然かわるわけでして、その辺につきましても、後任に十分その辺を引き継いでいくということもあわせて文書でお願いして提供をしたということであります。あとの管理につきましては、各区がそれにのっとって区としての管理をしていっていただくということであるというふうに考えております。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) お答えします。105ページの関係で、不法投棄の処理事業の122万8,000円何がしの内訳ということなんですけれど、一番主なものは農薬の処理、これは昨年補正にありましたように、農薬の不法投棄がありまして、それの処理料が相当だったという形です。それでこの中でテレビ、冷蔵庫、洗濯機とか、それぞれ不法投棄等ありまして、それについては村のお金で村が処理しているという、そういう形です。それでバッテリーについては、ことしからは無料なんですけれど、18年度はまだ処理手数料がかかったという形でここに載せております。それで混合廃棄物なんですけれど、これは河川清掃をやったときに、どうしてもマルチとか、農業用のマルチ、肥料袋等々、あと缶類等まざっていますので、こういうのを混合廃棄物というような形で処理をしております。で、なかなかマナーが守られずに、毎年やっているんですけれど、これは減っておりません。
 次の、不法投棄防止ネットの関係なんですけれど、これは菖蒲沢区との、住民との共同作業ということで、矢の口の上のところのすごい不法投棄がありまして、それをネットで半日かけてやったものです、220メートル。これについては相当効果があったということで、区の方からも聞いております。それでまたちょっとこの当時したネットについては、農業用の鳥害の細いネットでしたので、もう少ししたらまた取りかえなければいけないという形です。
 次の、生ごみ処理機の関係なんですけれど、生ごみ処理機については3分の1の補助、そしてコンポストについては2分の1ということで、コンポストについては18年度は3基と少ないですけれど、ことしについてはちょっと数把握しておりませんけれど、大分ふえております。で、住民意識の向上という形で、資源物の容器包装プラの資源物の処理の関係もありまして、生ごみ処理機についても今年度ふえております。そして年度ごとの基数については、後ほど資料で提出したいと思います。
 で、次の106、107ページの関係の、昨年より悪くなった部分ということで、特に107ページの阿久川の大腸菌群の関係なんですけれど、これはやっぱりどうも昨年の7月豪雨の関係で、その山林等から河川へ流入とかありまして、そういう関係でこれが多くなっているようです。それであとトータル窒素のTNと書いてあるんですけれど、トータル窒素の関係も、窒素は雨に溶けやすいということで、7月豪雨の関係で数量が多くなっております。以上です。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。五味武雄君。
◆5番(五味武雄君) 成果説明書の57ページですね、そこにちょっと、私、気になってお聞きするんですが、援護資金支給事業ということで、ごくわずかな金額なんですけれども、昨年が2件、それから下の方に効果等では前年より12件減少したという記載があります。それでこの対象者の国籍と、あとそういうどういう人たちがその対象になったのか、わかる範囲でお教えいただければありがたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) ここにあります援護資金につきましては、国籍は特に聞くあれじゃないもんですから、想像ですけれど、日本国籍だと思います。で、この対象者というのは、ここにあります行路ということで、旅行中に原村を通るときに所持金がなくてどこへも行けなくなったという人を対象ということで、村でいきますと原村から茅野までの最寄り機関の行政区間のバス賃をここで援護していくというものでありますので、その年によって多かったり少なかったり、そういうような増減というものは出てきたりします。で、一応そのお金をやるときに、名前とか、住所とか書いてはいただくんですけれど、国籍まで書いてもらってないもんですから、通常話す中では、今まで過去ずっと日本国籍であろうという人たちが来ております。以上です。
○議長(木下貞彦君) 五味武雄君。
◆5番(五味武雄君) 対象者のざっくりな、年齢的にはどんなふうなのか、私、気になるのは大分こう御老人、その野宿生活者といいますか、そんなふうな人があんまりこう原村に入り込んできても問題かなあと思いますので、お願いいたします。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) 年齢的にはやり五、六十代の男性が主です。で、言うようにしっかりした身元調査するわけじゃないもんですから、非常に感じる、こちらで感じる範囲ですけれど、非常になれたというと語弊があるんですけれど、こういう制度をよく知っている方が来られるというふうなことで、ここへ来て野宿するからということじゃなくて、やはり次の行政区間へ行くまでの部分を、もうわからないんですけれど、あてにしているんじゃないかと思われるような人たちがほとんどというふうに思っております。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。小平雅彦君。
◆7番(小平雅彦君) お願いをしたいと思いますが、決算書の49ページの大学と連携をした地域づくり事業ということで、法政大学との連携を進めていただいておるわけでありますけれども、結構PRもされながら、村民の目に触れた活動もされております。昨年度の支出の大まかな内容と、それに対する成果、評価をどういうふうに考えているかお願いしたいと思います。
 それから、51ページの11目バイオトイレ、御射山のマレットゴルフ場に造成をされておりまして、ときどき利用してもかなりにおいもないししているんですが、中身の方の要するに処理状況ですね、あるいは管理の仕方、その成果によってはかなりこれから有効に活用されるんではないかなあというふうに思いますので、今申し上げた状況についてお願いをしたいと思います。
 それから、その下の方の蛍プロジェクトがございますけれども、これもお聞きいたしますと、場所が移動したりしながら、いわくつきの流れがありました。で、これに対するお金の使い方、それからどのように住民が参加して、これが進められたのか。で、蛍のこう村民の関心、それから子供の関心等含めて、どういう評価がされるのか、どういう問題点が指摘されるのか、そんな点がわかりましたらお願いしたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 百瀬教育課長。
◎教育課長(百瀬嘉徳君) 済みません、それじゃあ私の方から、バイオトイレの管理につきまして報告します。バイオトイレにつきましては、御存じのように深山のマレットゴルフ場にあるわけでありまして、当初2セットということで処分をしておりました。これは使用頻度が多いということでもう1セット、3セットということで増設、3セット目を増設したということであります。菌によりまして分解していくということで、最終的には有機質の肥料をつくるということであります。途中ではおがくずとか、そばがらとかを補給しまして、三、四カ月で完熟になりました肥料を随時抜いていくということで、バイオの分解によって行うということであります。業者の方に委託しておりまして、管理をしているという状況であります。以上です。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) まず法政大学と連携した地域づくり事業ということであります。議会の皆さんにも御協力をいただきまして、8月30日に法政大学と協力提携、締結式を行って提携をしたわけです。それから学生さんが入って、原村に入ってきてブランドの調査、原村を実際に見る中で、原村のブランド調査等を、発掘等をしていただきました。感じとして申し上げますと、住民の皆さんからの反応はとてもよくて、熱心に学生さんたちが取り組んでいるというところを感じていただいて、住民の皆さんも協力的であったというように理解しております。
 そういった中で、御承知のように原村物語というパンフレットを作成、またホームページを開設してきていると、現在に至っているということであります。また、それぞれの学生、二つのゼミが入ってきているわけですけれども、その関係での報告会等が行われました。そこでもその本当に原村を考えての取り組みというところで、住民の皆さんからもお褒めの言葉をいただいたといいますか、学生さんたちに対する熱心さに拍手をいただいたということであります。
 これがどうに、要は生きていくかということが一番の課題でありますけれども、まずは第一歩として、そういったものに取り組んで一つの成果が得られたということは、1段階をクリアしたのかなあというように思っています。ちょっとこの18年度には直接関係ありませんけれども、実はこの学生さんたちの提言等もいただいた、それを受けて、本年度19年度においてそのクラフトマンの皆さん、あるいは野菜農産物等を持っていった原村のPR的な宣伝事業を現在行っていますといいますか、二、三ここで行ったところであります。
 学生さんたちも、今度は原村のセロリを使ったサンサンジュース、原村サンサンジュースというようなものも考えていただきました。それらもいろいろなところで発表をしていくというように考えているところであります。今後のこれへの取り組み、生かし方というのは、いろいろな問題あろうかと思いますが、第1段階、18年度の事業としては一つのまとめを得て、成果を得たのかなあというように考えております。
 次に、私の方から蛍プロジェクトの関係であります。これにつきましては、原村生涯学習推進委員会の中で、全体として取り組むを何かやってみようということの中から生まれた事業であります。これにつきましては、実行委員会を組織していただきまして、住民の皆さん、子供さんからお年寄りまで、また、実際の作業には富士見高校の生徒さん等もお手伝いいただいて、水路の整備を図ったところであります。
 それとは別に、やはり村民の皆さんに環境を考えていただくということから、諏訪東京理科大の清川先生をお招きして、自然科学といいますか、脳トレの関係等も講演をいただいた。また、それと東京理科大は篠原先生ですね、篠原先生からも講演をいただいたということであります。
 それと、もう一つ実際の蛍の生態等について勉強をしようということで、2回ほどこれは富士見の先生ですが、茅野先生という方に来ていただいて、実際の蛍、幼虫からその生息状況等の説明、あるいは実際に蛍を見るというような形のイベントも実施いたしました。総体的に取り組みとしての中では、反応はよかったと。多少人数が少ないという場面もありましたけれども、参加していただいた人からは、かなり熱心に聞いていただいて評価を得たと思います。特に柳沢で行いました茅野先生の講演会と、その後の実際に蛍を見るということで、蛍探索の際には、相当多くの皆さん、子供さんから保護者の方お集まりいただいて、蛍の飛んでいるころを改めて見て感激していただいたということであります。少しずつ蛍が原村にふえていくというような取り組みを、さらに進めていきたいと思っております。
○議長(木下貞彦君) この際、昼食のため休憩いたします。午後は1時30分に再開いたします。よろしくお願いします。
                            午後 0時00分 休憩
                            午後 1時30分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日達建設水道課長より発言を求められておりますので、これを許可します。日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) 済みません、先ほどの成果説明の107ページをお開きください。この説明ちょっと間違った説明をしてしまいました。ここに載っている数字は7月の豪雨前に調査した数字です。そしてどうしてこんなに多いかということですが、この降雨とか平均気温の影響もありまして、多分堆積物がたまったというのが主な原因と考えられます。それで11月が低くなっているのは、どうもその豪雨で流されて、堆積物が流されて大腸菌とかがなくなったという形のようです。
 それでトータル窒素等ですが、ちょっと諏訪湖の浄化の関係がありまして、自分勘違いしていまして、諏訪湖は7月に比べて8月がトータル窒素が大体1.5倍弱というような形でふえております。で、あと一つの質問の中で生ごみ処理機とかコンポストの関係で、アンケートの関係で先ほど御指摘があったんですけれど、下で確認しましたら、平成15年度に一応アンケートをしておりまして、その結果ですが、生ごみ処理機については堆肥型、消滅型というような形でそれぞれ使用していることで、それで現在もう使用してないというのは、このアンケート時点で36台中7基については、もう使用してないという形で、理由ですが、面倒とか、調子が悪い、冬の使用の関係、あと音とか電気代というようなことが理由のようです。それで補助制度については大半がこれまでどおり続けてもらいたいと、そのような形になっております。
 それでコンポストなんですけれど、累計は現在687基と多いんですけれど、コンポストについては大体10年くらいたつと経年変化で多分もうプラスチック等壊れて使えなくなっていると思います。以上です。
○議長(木下貞彦君) 午前中に引き続き、歳出の1款から4款衛生費までの質疑を行います。質疑ありませんか。小平雅彦君。
◆7番(小平雅彦君) 先ほどの関連でございます。マレットゴルフ場のバイオトイレについて御説明があったわけでありますが、1点はですね、当初予定をされていた処理の値というか、能力に比較して、現在のところどんなふうになっているのか。で、実際使い始めまして、どのぐらいの期間が過ぎているのか。それから委託の業者でございますけれども、どちらに委託をしているのか、実績等がありましたらお願いをしたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 百瀬教育課長。
◎教育課長(百瀬嘉徳君) お答えします。マレットゴルフ場のバイオトイレですが、当初2セットということで1セットが100人処理用のということで、当初200回処理できるということで導入したわけでありますが、マレットのゴルフの使用頻度が激しくて、200回ではもう警戒の許容範囲を超えてしまうということで、今回もう1セット100回用ということで入れまして、計300回用ということで利用しております。今の時点では黄いランプがつかず、良好に運営をされているということであります。委託業者でありますが、このバイオトイレを設置しました業者ということで、そこの業者に維持管理の方もお願いしております。大央電設という業者です。茅野市の米沢の方に会社があります。あと、量等につきましてはちょっとここに手持ち資料がありませんので、後ほど調べて報告申し上げます。以上です。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。矢島昌彦君。
◆3番(矢島昌彦君) 戸田の観光協会、あるいは温泉組合との交流事業というのが続いているようですけれども、戸田村が合併するときにここに書いてあるとおり、沼津市とのいわゆる姉妹都市というふうな話が村長から出ていましたけれども、それにつなげるようにというふうにあるんですが、実際としてどのくらいの、どのような沼津市との交流というものが行われているのか。そして今後やっぱりそういう意味での姉妹提携につながっていくような、その辺のことをちょっと聞かせてもらうことと。
 蛍プロジェクトで、その蛍を見に行ったというんですが、その前沢川ですかね、ことしものすごく7月の初めから8月半ば過ぎあたりまで、蛍がうんと発生していてて、僕もちょくちょく見に行ったんですけれども、大量にいてて、非常に蛍が飛んでいるところ、たくさん飛んでいるところ見ることができたんですけれども、現に飛んでいる、そういうところをいわゆる今の状態を保てるような、蛍が今の状態ですめるようなというふうな話はその中で出ているのかどうなのか。現に子供たちが行ってですね、つかまえたり、あるいはあの辺道路が非常にきれいにできていて、夜真っ暗でも安全に歩けるなあというふうに感じて、いい場所になって、ある意味その観光からしても、そういう場所にこう指定してですね、なっていったらおもしろいのかなあなんて、夏思っていたんですけれども、その辺のいわゆる蛍の発生の状況とか、そういったとは把握しているんでしょうか。それについてお願いいたします。
○議長(木下貞彦君) 清水村長。
◎村長(清水澄君) 旧戸田村がですね、沼津市に合併する際、戸田村では閉村式というのをやったんですけれども、そのときに実は示されたのが、原村との姉妹関係については、沼津市に合併後協議するというふうに言われました。それで、その閉村式にですね、沼津の市長さんもおいでになっていたもんですから、ぜひとも今後そういう姉妹関係で交流できるようにお願いをしますというふうに申し上げてきました。その際、向こうの市長さんの反応はですね、すぐにもそのことを協議しそうな雰囲気でございました。しかしながら、その後こちらから秋波を何回か送ったんですけれども、もうちょっと待ってほしい、もうちょっと待ってほしいというふうなことが続きまして、それで結局、市長段階ではどうも原村とは人口が違いすぎて、姉妹関係というわけにいかないというふうに考えたかどうか、とにかく担当レベルとしては今後もおつき合いを続けていきましょうというふうなことで、よいしょ祭りなんかもおいでいただいて、沼津の物産を販売したりしていただいております。それから、こちらの方からは旧戸田村の方でさんさん祭りとかいようなのがあって、出かけたりしています。しかし、きちんとした行政レベルでの姉妹関係というのは、どうも望み薄ではないかという感触でございます。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) 沼津との関係は、今村長お話のあったとおりです。ただ、私どもとすれば、そうは言っても今も小学生やなんかが交流を戸田地域とやっているわけでして、これはもうその親の代からの継続しているものであり、それだけ昔の戸田村と原村というのはつながりが深いということからは、何らかの形でやはり継続していきたいということでありまして、今お話のありましたように、それぞれのお祭りのときに交流をすると。また最近ちょっとお話の出ていますのは、沼津市の中でも商店街等が簡素化されてきていると、になってきていると、やはりもう1回人を集める施策を講じたいというようなことから、物産イベント等を計画したり、逐次実施しているようであります。そういった中に原村さんにおいてもいずれは参画してくれないかというような話もぼちぼち出ております。少しずつそこら辺こう交流を深めながら、向こうが少しでも原村を意識してもらえればなあというように考えております。
 それと、蛍の関係であります。蛍プロジェクトとして原村の自然環境を再現しようといいますか、維持しようと、保全しようということで始まった事業であります。職員の方でもその委員会の中で、各委員さんの知っている範囲の生息地域だとか、そういったものを図面に落としたり、また実際に現地を夜歩いたりして、蛍の生息状況を調査したりしております。かなりいざとなってみると、かなり飛んでいるというお話も聞いておりますが、これにつきましては、いずれにしてもこの地区、この一角だけに蛍をふやそうということではなくて、原村全体に蛍をふやしていこうと、そういうことで住民の皆さんみんなが、その意識を持ってもらおうというものが基本的でございます。そういう意味から少しずつ参加する住民の皆さんもふえてきております。今後ともそういった啓発といいますか、啓蒙といいますか、できるだけ実施しながら、汚さない、あるいはそういった生息場所を大事にする、保全するという形の事業を推進できればと、進めていければと思っています。観光的な面からいきますと、将来的にはそれを観光方面でも活用して、蛍を見る、原村に泊まって蛍を見ようというような企画的なツアーも可能ではないか。これはまたそれぞれかかわっている団体、あるいは個人の人たち、そういった人たちとの検討が必要なのかなあというように考えております。
○議長(木下貞彦君) 質疑ございませんか。小池啓男君。
◆2番(小池啓男君) 先ほどちょっとその個人情報保護の話、答弁いただきましたが、住民名簿というんで、どういう範囲の書類なのかということとですね、それから管理をしっかりしていくという面であれですが、これいろいろ、なぜ私言うかというと、私の住んでいるその区でですね、かつてその事故が起きたと。で、ひとり暮らし方で事故が起きたと。で、区が対応しようと思ったんだけれど、だれに連絡すればいいかわからないということがありましてね、それで住民全員に緊急連絡先というようなアンケートを含めててこう取ったんですよね。で、そうした私ある方はですね、プライバシーの侵害であるとか、侵害と言ったかどうかあれですが、書きませんという方もおいでになってですね、家族の名簿とか一切書きませんと、こういう方もいたわけです。で、1人だったら緊急連絡先とか、あるいは家族だとかというを書かないということで、それで出されるわけですけれども、やっぱりそれは何年経過してどういうになっているのか、文書は新しい人に引き継がれていく、そのきちんとしたその管理の規定みたいなものはしていくですね、そんな仰々しいものというのはあれですけれども、そういうものはあるのかどうなのかですね、なければやっぱり私はつくるべきじゃないかなというような気がするんで、それの内容。
 それから、その保育所関係では一般質問ありますので、そこでいろいろお聞きするとしまして、ちょっと関連してね、決算議会でせっかくなんで、その新しく子育てフォローアップ事業されておりますけれども、現況はどんな現況なのか、細かくはまたあれですけれども、どんな事業の成果というふうな点、そんなことをちょっとお聞きしたいと思いますので、お願いします。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) 住民基本の情報の関係でありますが、ちょっと私記憶だけで、ちょっと資料が手元になくて申しわけないです。一応区長さんに配布したのは、世帯主の氏名と番地、住所ということであります。その一覧表を交付しているということでありまして、これは主に自分の地区住んでいても、何の連絡がなければ、区長の方へ連絡がなければ、だれがそこに住んでいるのか、あるいは住んでいること自体もわからないというようなことから、そういった情報だけは流していこうということで配布をさせていただきました。その後の関係ですけれども、その後、やはり転入してくる人たちがいるわけでして、その人たちにつきましては、一応本人から転入時に同意書をいただいて、区長さんの方へこういう情報を流してもよろしいですという同意書をいただいて、区長さんに送付しているということであります。それは今度は区長さんの方が一覧表で従来一斉に提供した、それとあわせて追加、加筆等をしているんではなかろうかというように思っていますが、この管理につきましては、先ほど申し上げましたように、うちの方としてはその区行政目的以外には使用してはいけませんよということでの申し入れをして、条件を付して交付しているわけで、提供しているわけですので、あとの管理につきましては、区がそれを受けてそれを守って管理をしていただくということで、区に任せるということであるというふうに考えています。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) それでは子育てフォローアップ事業ということでお答えしたいと思います。子育てフォローアップ事業は19年度事業ということで、4月からスタートしております。で、子育てフォローアップ事業の内容的なものについては、子育て相談員という名称で昨年まで諏訪の福祉事務所に勤めておりました家庭児童相談員さんをお願いして、原村で専属で1年間お願いして、相談員になっていただいて、相談を受けてもらうということでスタートしております。で、4月から今日までの状況ということなんですけれど、この相談員さんをお願いして相談を始めていく、こちらでスタートする段階では、やはりそんなに相談は多くはないだろうという予想のもとで、ただ、こういったのは年々ふえてくるというのは、ある程度予測されていましたので、一応、県の方も機構改革でこういった相談員さんが廃止されるということを受けまして、ぜひ村で単独で子育て非常に難しい中で、子育ての相談員さんを残しておこうということで始めました。その中で特にこちらが想像してたように、最初は多分そんなに相談も来ないだろうということで、一つのねらいとしては、今まで相談というのは例えば福祉センターにいて、住民の子育てのそういう相談したい人が来て相談に乗るという、相談所的なものが主でやっていました。で、今回この子育てフォローアップ事業をやるに当たっては、そうではなくてこの相談員さんが地域へ、住民の方へ出て、そこで相談を一緒に聞いたり、そこで相談をしてもらいたいということで、こういう小さい自治体の中ではということで、そういう目的でその人をお願いして始めております。
 で、その中で特に最初からかかわって、最初というのは赤ちゃんが生まれたときからかかわって、子供の成長によって相談も変わってくるだろうから、最初に健やか訪問のときに保健師とこの相談員が一緒に行って、そこから顔つなぎのような形でいって、保健師は4カ月に1回ですので、その後はこの相談員さんが回っていって相談に行ってもらおうということで、当初はそのぐらいで多分事務室の中では相談がないだろうということでスタートして、こう地域へ出ていってもらうというのを一番ねらいという形でやったんですけれど、実際にスタートしたところ、非常に相談件数が多くて、電話なりこちらに来庁なり、非常に相談が多いということで、こちらが思っていた以上にやはり子育てのお母さん方の悩みが非常に多いというのが、今思っております。で、当初予定していたように1回顔つなぎで、顔つなぎのような形で地域へ出ていってもらっているんですけれど、やはり非常に相談が多いということで、2度、3度とこちらで描いていたそういった事業展開が、今非常に相談が多くて、なかなか行かれないというような状況になっております。それを逆な面で見れば、児童虐待の防止の一つかなと、やはりこういったことがかなり防止に、子供へ危害を加える前のその相談の中では、かなり有効的な相談体制が、この相談員さんの相談の仕方が非常にいいという面もあるんですけれど、やはりこういったことをどんどん展開していかないと、児童虐待、そういったものにつながっていくんではないかと。で、原村においても児童虐待の悪い事件というのは、まだ起きてないんですけれど、やはり原村の中でも結構こういったものの隠れたもの、潜在的な悩みみたいなものがあるんじゃないかというふうに、この事業を通じて今実感しておりますし、この事業を通じてできるだけそういう悩み事を少しでも多く聞いてすくい上げていきたいというふうに考えております。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございますか。小林庄三郎君。
◆9番(小林庄三郎君) 高齢化されてきまして、福祉ということでございますけれども、村は福祉のことに大変力を入れているということで承知しておりますけれども、それでお尋ねをさせて、お尋ねというか聞きたいんですが、歳入歳出決算書の中のページで69ページとそれから79ページでございますが、69ページの右側の上でございますけれども、老人保健施設(さくらの)の整備2,000万円、この数字のことと、それから79ページの中段にございます負担金の中で、諏訪中央病院組合の老健施設348万6,000円、この数字のことで少しお答えをいただければと思います。
 さくらのの方は最近営業が始まったばっかしでございますけれども、村内にできた施設、老人保健施設でございます。私が聞いた限りにおきましては、利用度に関しましては51床ございますけれども、平均満杯だということで、その中でも原村に在住の人が利用している人が入所、これはショートステイも含みますけれども、18年度で年間6,489名、全体の38.2%、1日当たりで17.8人の方の原村の方が利用しておる。ショートに関しましては、年間で724人、1日当たり1.98人でございまして、全体のショートステイの中の全体では47.4%、半分弱の人が利用していると。いかにショートというのは非常に緊急を要するということで、近くにそういう施設があれば住民は助かっているというか、利用しているということになろうかと思います。
 そこで、諏訪中央病院に同じような施設で、やすらぎの丘がございます。50床でしております。これの原村の人が利用している年間18年度は1,520人でございます。1日当たり4.16人、全体に対しましては0.84%の利用だというふうに聞いております。そこでこの2,000万円ということになるんですけれども、この2,000万円は建設費の補助金で18年度から3年間に分けてというふうに聞いておりますが、それ以降はどうなのかということと、同じような施設で利用実態が先ほど述べましたような数字の中で、諏訪中央病院の方に負担金として350万円弱を毎年出していると、300万余を出しているということは、どのようにお考えかというとでございます。
 なお、平成18年、それ前の年の秋から介護保険の改定が行われまして、どこの施設も経営が大変苦しいというふうなことを聞いております。特に村内にはありますさくらのの経営に関して、原村の村長さんは副運営委員という立場でもあるというふうに聞いておりますので、経営実態がどうなのか、また再来年以降その経営の苦しいことに対して、また福祉の村であり、たくさんの村民の方が利用しているということから、どんなふうにその先の見通しをというふうに思いますが。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) 村長という質問ではありますが、事務屋としてこの負担金の関係について若干御説明申し上げたいと思います。さくらののその2,000万円につきましては補助金ということで、建設費の補助ということで、18年から3年間で5,000万ということで、実施主体の富士見高原病院と話の中で、原村分3年間で5,000万ということで、建設費補助ということで補助をしております。
 で、中央病院のやすらぎの丘の負担金につきましては、これについては建設当初から建設費の公債費の負担金ということで、原村分の持ち分ということで11%、それを負担金で支出しているという状況になっております。
 で、さくらのの先ほどの年間の利用人数については、議員さん先ほど説明していただいたように、こちらでも把握しておるのは延べ人数の中で、例えば全体の延べ人数では原村においては43.2%と、次に多いのが富士見町の33%ということで、原村の人の利用が非常に多いと、約半分弱ぐらいは行っているというふうに承知していますし、特にこのさくらのの中で、施設としてやはり原村とか地域の中で一番ありがたいのは、その利用を見ながら、ある程度老健施設は御存じのように3カ月が限度なんですけれど、その介護者の状況を見てその利用延長等を利用者ごとに判断して、利用させていただいているということで、これについては原村の人もかなりありがたいというふうに考えておりますし、また、運営についても、18年度においては収支でいきますと、約6,700万ぐらいの赤字になっているということと、この利用、当初から計画の中では、黒は難しいだろうということで言われてはおります。で、実績についてもそういったことで赤字になっているというふうなことは承知はしております。
○議長(木下貞彦君) 清水村長。
◎村長(清水澄君) さくらのの建設費の補助については、先ほど雨宮課長申し上げたようなことで、これは当初からのお約束で5,000万というふうなことで、3年間に分けて払いますということになってございます。運営費、今言われましたように、何かもう18年度で6,000万ぐらい、何か赤くなったようですけれども、これそのものはですね、設置者が高原病院というふうなことで、その運営費について、村も応分をというふうなお話は当初からないわけでして、そういうふうなことで、建設する際にも、運営費についても応援を願いたい話は全くはなかったわけでございます。したがって、今後何らかの必要があれば向こうから投げかけがあるでしょうし、私どもの方で検討しなければならないということも、あるいは生じるかも知れませんけれども、原則的には設置者が運営については責任を持っていくものであるというふうに考えております。
 で、中央病院の方のやっている、やすらぎの丘の老健についてもですね、先ほど課長申し上げましたように、こちらも建設費について公債費を負担しているわけでありまして、運営費については組合設置ではありますけれども、自治体が補てんしていきましょうという考えにはなっていなくて、その施設でやっていっていただくということになってございます。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございませんか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) お願いします。これは村長に幾つかお願いします。第1点は財産管理の問題です。提案説明の中で出資金による権利、それから土地の台帳等が今まで何か大きく違うという話ですよね。で、私たちとすれば当然決算について報告されていることは、監査委員の皆さんにも報告されて、そしてその上で監査委員の方だって責任持って間違いありませんという報告を出されているわけですよね。ところが今回は出資金、権利関係で3カ所ですか、3カ所ですよね、特に落ちてたものが二つもあったと、これはどういう経過でこういうことが起こっていたのかね。会計課長はもうこの4月からですので、それ以前の管理者の方はこの間退職されたと。そうすると任命責任というのはやはり村長になるもんですから、なぜこのようなことが今まで起きて、それで今まで是正されてこなかったのか。こういう言い方したら大変失礼かと思いますが、担当者が変わると出てくるんですよね。以前のときにも室内の農村公園の500万もそうでした。収入役が変わったとたんに出てきたんですよね。今度もそういう点では変わったとたんに出てきたと。そうするとまだほかにもあるんじゃないかって、変な話で疑っちゃうんですよ。それは村長として今までどんなふうなことを報告受けてきたのかね、そしてどういう見解を持っているのかお願いしたいというふうに思っております。
 それから、二つ目の問題はどこと全部言いませんが、言えませんがというのは言えないんですが、幾つもになって。社会福祉協議会の運営状況です。新聞報道によりますと、社会福祉協議会が大幅赤字だと、そして今までの基金をどんどん食べていると、食べているという言い方はないですが、それを埋めて、それで埋めざるを得ないという状況だということですよね。特にその中でこれ見ますと、受託事業は赤字にはなりませんよね、かかっただけ村が出していますので、そのほかに若干出している分もありますので、それは当然赤字になってません。で、受託事業と支援費事業の関係は特にないわけですね。ところが介護保険関係は居宅介護、あるいは作業所はちょっと介護保険というかどうか、これは共同作業所のことだと思いますので、ちょっとこれ決算書で何か多分これ評議会通っている決算書ですね、村長が提出して。
 それで作業所も介護保険関係あって、これは除いたとしても、居宅介護以外は全部赤字なんですよね。訪問介護、通所介護、入浴介護、で、介護保険制度になったとき、私は恐らくこういう事態は起こるだろうと、それはなぜかといえば競争原理が働くからですよね。そのときに原村の社協について、設置者は会長ですね、先ほど何かさくらののことでは設置者が責任を持って運営に当たれという話をしていましたけれど、ただ、この場合は村民の皆さんの寄附金を大きな役割を持っているわけですね。
 で、特別会員と以前はいっぱい議員なんか回ってありましたけれど、公職選挙法上の関係で、特別会員1人でいますよね。もちろんこれは、もう公選法に絡まない関係の方だと思うんですが、もし絡むとすれば、それ自身が公職選挙法に違反になりますから、で、こういう村民の皆さんの会費で運営されているんですよね。そして、だれしも村民の中で言えば、社会福祉協議会というのは村も相当な役割を持ってきて、運営されていると。それで地域福祉センターの中におけるその夜間一時預かりとか、あるいはデイサービスとかね、非常に大きな期待を持っているし、そしてその役割を果たしていると思っているんですよ。ところがなぜかこんなに赤字になっちゃったと。一体これはどういうことで赤字になっちゃったのかね、これをどう改善しようと思っているのか、ちょっとこの決算書を見る限りでは、そういうこと何も出てこないんですよ。ですので、村長の考えをお聞きしたいというように思っています。
 それから、次の問題はこれはだれに、これもやっぱり村長に聞いた方がいいのかな、後はちょっと担当者でも実務的な話ですが、18年度予算の当初のときに、子育て5点セットということで村長言われました。そのうちの子供たちの第3子のお誕生祝金については審議未了になりましたが、あと4点セットですが、4点なのか3点なのか、その辺微妙なんですが、この子育て、村長が言った目玉と言われたこの子育て5点セットが、今年度の実績の中でどのように村民生活に反映されているか。例えば家を建てれば50万円出すというのが、850万円出ていまして、そのうち転入者が5世帯だというふうに言われて、在住者、村の方が12世帯ですか、言われていますが、これで人口がどうなったのか、あるいはどういう地域であったのか、これ地域限定ですので、リビングゾーンという地域限定でしたのでお願いしたいと思います。
 それから、保育料の16%でしたかね、引き下げ、五千何百万の保育料、これは66ページの実績に載っていましたけれども、86ページかな、成果説明ですね、実績に載っていますが、5,100万円から3,800万円になりました。ちょっと使用料についてはちょっと違うと思いますが、これ時間外とかいろいろ入っていますので、単純には言えないんですが、この約1,300万円近い減額が一体どの程度、何世帯、何人というのかね、何世帯の何人が該当されて、このような引き下げになったのかね、お願いします。
 それから、原村が長野県じゅうというか全国に名をはせたその中学校までの医療費無料化ですね、この実績が五百何万から六百何万になっているだけで、ちょっと小学校、これが66ページですか、66ページにあると思うんですけれども、これが村単で見ますと573万、66、67、68にあります、68ページに細かくありますが、給付額で小学校3年まで前年は570万、その前は620万、それが18年度は633万円といわれていますが、このうち要するに小学校4年生から中学3年生までの申請の人数と件数、そして金額ですね、ずっと広げたという、その実績として、原村の評価を上げているだけに、この内容がどうだったのかというのを、ぜひ教えてください。これだとちょっと一緒くたになっちゃって、5点セットと言われたものが浮き彫りになってきませんので、お願いしたいと思います。
 それから、今年度から廃止になりました、これは何回も言いますのでしつこくなりますが、郵便局での証明事務です。これは成果説明では49ページにあります。これを議決したとき、担当者はなぜ議会の人たちは否決してくれなかったかという話もあるくらいの事業だったんですよね。これは矢島議員と私しか知らない話かもしれませんが、それが今年度やめたと。これは当初郵便局が郵政民営化に対する生き残りとして、信越郵政局からの申し入れ等がありまして、村が取り入れたわけですよね。これだけ郵便局と行政が近い中で。それについて最終年度でなりますが、この4年間ですか、4年間の成果なり評価というのはどのようにされているのかお願いしたいと思います。
 あとはちょっと実務的な話になるかもしれませんのでお願いします。公共サインについて、済みません、村づくり人づくり事業って入っちゃっていいのかね、あちこちの課へ飛んじゃっているけれど、しょうがないよね。公共サイン工事に相当金かけたわけですよね。事業費でいくと1,400万ですか、それでこれは村内各地とそれからズームラインですか、エコーラインか何かの含めてやられたと思っています。もし間違ったら訂正してください。で、これでいわゆる個人の看板をなくそうという話だったわけですよ。ところが現実はやはりそれではだめでね、また個人の方が看板立ててますよね。ですから、これだけお金かけたんだけれど、本当に見やすくなったんだろうかという、その評価はどのようにされているかお願いしたいと思います。
 それから、これはすべての課に通ずることなんですが、嘱託職員と臨時職員の関係です。原村というのは一体今年間雇用の嘱託職員て何人いるのかよくわからないんですよ、あっちこっちになっていますので。ですから、嘱託職員が何人いて、年間ね、もしかすると当然必要な職員だかもしれないんですよ、その部署に。だったら村の職員とすべき場合もあるはずなんですよ。ですから、保育所費が六百何万かかっていますよね、ですから嘱託職員と臨時職員の実態、それぞれ款というのも変な話で、課でも結構ですので、どのようにされてこられているのかをお願いします。
 次に、成果説明では71ページになりますが、シルバー人材センターに対する支援がされています。200万ちょっとのね。で、このシルバー人材センターに対する補助金によって、原村の人たちがどのくらい就労しているのか。何人、何日、実績としてね、どのように雇用形態が改善されているのか、あるいはその人たちの生きがいなり、生活保障としての役割があるのかを出していただきたいというふうに思っております。
 それから、78ページにありますこれは介護予防との関係で、国の施策としてやらざるを得ないというか、そういう言い方もないですが、やるんですが、特定高齢者の介護予防対象事業の問題です。幾らかかって、ここで言えば候補者4人で決定者3名ですよね。3名を対象にやっているんですが、幾ら経費をかけて、この3名の方に何日をかけてね、介護予防の対応をされているのか。その一方では介護難民といわれる入所待ちの人たちが何十人もいる実態もありますのでお願いします。あわせて、今言いました入所待ちの実態ですね、これから現在だか、3月31日現在、特養老、あるいは養護老人ホーム、あるいは中間施設でもそれぞれ構いません。それぞれ希望もあると思いますので、その待機者というのが実態どうなっているのかということをお願いしたいと思います。以上です。
○議長(木下貞彦君) この際、暫時休憩いたします。
                            午後 2時20分 休憩
                            午後 2時58分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 清水村長。
◎村長(清水澄君) それではお答えをしたいと思います。まず財産管理に関する件なんですけれども、収入役がかわるたびとか、会計管理者がかわるたびに新しいものがぽろぽろ出てきて、一体どういう管理だという御質問なんですけれども、そういう節目のときに、より細かく最初からすべてのものについて点検するということではなかろうかというふうに思うわけでして、そういうときに、確かに新しいものが出てくる、そういう事象はあったわけでございまして、本年度についても言いますと、金額の違いが2件あったとかですね、それからまるっきり今まで丁落ちしていたものが2件出てきたということですが、管理者においてより正確に精査したら、そういうものが出てきたということでありまして、私どもの方でも出てこないものはなかなかわからないということで、そこのところがよく精通していれば、あれ、落ちているじゃないかということも言えたかと思うんですけれども、そういうことが言えなかった、私もそこまで精通していなかったということでは、私自身の不明でございます。
 それから、社協の運営ということに関してですけれども、17年度決算において相当額の赤字が出た。そういうことについてどうなんだということでございますけれども、一番大きな原因は、やっぱり介護報酬が切り下げられたということでございます。そうして、介護報酬は下がったんですけれども、そこに張りつけておく人員というのはですね、利用者何人までは従事者何人にしなさいと、何人置いておきなさいというようなことでですね、利用者が減るほど効率が悪いということでございまして、18年度においてはそういう事象があったということで、利用者が少ないにもかかわらず従業者を張りつけておかなければならなかった、そういうふうなことによって、人件費が増嵩したと、そういうことだというふうに報告を受けております。それで、そういうふうにしないと、指導を受けるとかいうようなことがあって、事実指導も受けたようでございますけれども、本年度については指導を受けても、指導する方は赤字は補てんしないんだから、そういうことじゃなくて、もうこれでなければいかれないんだということで、一つそこのところは認めてもらうようにして、何とか人員を削減してやっていってほしいというふうに申し上げております。人員を削減するということは、それだけ利用者側にとっては目が行き届かないというか、そういう不利益性もあるんですけれども、社協を運営していく上では万やむを得ない、そういうことでやっております。本年度がどういうことかということですが、9月終わりますと半期の決算が出てこようかと思います。そのとき、まださらに赤字が続いているようだと、もっと強くやらなければいけないということになって、非常に悩みの種なんですけれども、赤字経営をしないということからは、やむを得ないのかなあと、悩んでいるわけですけれども、それで、これは県の方から強く指導されておりまして、その社協の自立性ということで、市町村におんぶをしてですね、赤字になったら補てんしてもらうというようなことは厳に慎むように、あるいはある種の人件費とかそういうものについて、市町村から出してもらうこともいけませんということで、自立ということを強く言われているわけですけれども、果たしてそういうことに耐えられる原村社協かどうかというようなことも、大変問題でありまして、ちょっとあらっぽく言うと怒られそうですけれども、こんなことが何年も続くようだと、介護保険事務から撤退しなきゃいけないということ、そんなことになったら大変だなあと、それは原村社協存在する意義がなくなってしまうと、そういうふうにも思っているわけでして、何とか怒られても何でも、これはしまいには村の方から補助金を注入しなきゃいけなくなるのかなあというようなことも思っています。現場においてはもう本当にしゃかりきで努力をしており、そうして登録ヘルパーとかはですね、もう仕事がなくなってきて、このままじゃあ私たちはもう食べていけない、やっていけない、したがって、もう原村社協を首にしてくれと、よそへ行くというようなことまて言われているやに聞いております。現状はそういうふうなことで、なかなかこうしますというふうな妙案は出てこないわけですけれども、今現在人件費を何とかかけないようにというふうなことで努力をしております。
 次にですね、子育て支援事業というふうに、議員さんは1本でおっしゃられましたけれども、18年度からそういうふうなことにシフトしていきますと言った事業はですね、若者定住、それから子育て支援、少子化対策、この3本柱です。この中にまたいろんな施策が盛り込まれているわけです。それぞれについては担当の方から答えさせますので、よろしくお願いをしたいと思います。
 次に、郵便局における証明事務の関係ですけれども、これは平成15年の年度途中から始まりました。それで最初にですね、まずどれぐらいお金がかかったかということですけれども、まず機器のリース料16万3,800円、これが毎年でございます。それから回線の使用料が3万円、これも毎年かかるものでございます。それから導入時に、最初の年ということですけれど、電話回線に関する工事費等、それからプログラムの変更経費等が27万2,000円、これは最初の年だけかかったものでございます。そうして委託料、郵便局の手数料ということですが、これは1件当たり168円というようなことでお支払いをしておりまして、その年度ごとに違うわけでございますけれども、大体平均的に言いますと5,000円少々ということでございました。
 で、どれぐらい扱ったかということですけれども、平成15年においては申請件数が34件、その中で住民票が20枚、印鑑証明が25枚というふうに、必ずしも申請件数と取り扱い枚数とは一致しないわけですけれども、大体そんなふうな感じで、16年も似たような数字になっていますけれども、取り扱い件数は37件、住民票の枚数は27枚、印鑑証明は16枚、それから平成17年は取り扱い件数が31件でございまして、住民票が15枚、印鑑証明が22枚、18年はぐっと減りまして取り扱い件数は15件、住民票の枚数は11枚、印鑑証明は10枚ということでございました。大体年平均は30枚ぐらいですかね、15年から18年までの総合計は117ということでございます。経費がかかったと見るか、それだけ住民の便宜が図られたと見るかは、評価の分かれるところだと思いますが、一定の効果はあったというふうに思っております。
 それから、そのほかに事務事業のことについてというふうな御質問がありましたけれども、それらについてはまた担当の方から答えさせます。以上でございます。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) それでは子育ての関係で、最初に乳幼児医療の中3までの引き上げの部分ということで、今ちょっとパソコン等やったんだけれども、エラーが出てまして、ちょっと本当は15歳までの対象者の部分で拾い出そうと思ったんですが、ちょっとエラーが出てて拾い出せないということで、その中で特別給付金事業の中の村単の部分で、前年度の比較にしますと約延べ人数で300人の給付額で60万ほど、前年対比でふえていると、この部分で総体的にこの部分が、その中では当然前年の比較増減の部分ではあるんですけれど、総体でふえているということで、成果というか、その部分がふえているということで考えております。
 また保育料につきましては、保育料のその影響額の部分については、18年度の引き上げの金額につきましては、本算定時をもとにした年間で数字でいきますと、約860万ほど、率でいくと先ほど議員さんおっしゃったように、16%ほどの率で、金額では約870万ほどの引き下げになっておりますし、19年3月時点で対象者でいきますと児童が164で、世帯でいくと140世帯の人がここの部分の引き下げのあれになっております。
 それと、嘱託職員につきましては、保育所関係でいきますと3名が嘱託職員になっております。で、この嘱託職員の対象者につきましては、クラス担任をするということで、嘱託職員に18年度からなっております。
 また特定高齢者の3名のうち経費的なものでありますが、日数については3人いまして、3人で評価まで含めて3回ということで、9日、また費用につきましては臨時の栄養士、保健師、職員も行っているんですけれど、職員の人件費はちょっと計算に入れなくて、賃金で支払っている部分で6日分ということで、1万9,000円ほどになります。で、この主な内容については訪問の部分で、栄養改善だとか、歯科訪問、保健指導、そういったものを今年度行っております。
 また、シルバー人材センターにつきましては、これについても原村分は幾らかということで、18年度問い合わせはしたところ、事務局とすれば広域に、茅野で広域1本にするときには、広域になる段階でそれぞれ市町村ごとの集計は出さないという条件で始めたということで、市町村ごとの契約高の数字というのはわからないという回答が出てきてまして、それではある程度のその負担金等の関係があるから、できるだけ市町村ごとの契約高をわかるようにしてくれということで申し入れて、システムの、要はシステムの関係があるもんですから、市町村ごとに出してないということですので、一応こちらから申し入れをしてあります。ただ、人数につきましては19年3月の時点では、総体で市町村別の部分でいまきすと、茅野広域の全体で会員数が合計418名いまして、そのうち原村のシルバーの会員が41名ということで、率でいくと9.49%になりますので、全体の契約高でこれで案分しますと、約3,700万ほど、単純にはいかないと思うんですけれど、会員数の案分でいきますと3,700万円ぐらい原村の分かなと、これはあくまでも人数の推計ですので、一応そんな推計になります。以上です。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) それではお答えします。若者定住促進事業の関係でありますが、昨年は17名の者に補助金、50万円という補助金を出したものであります。保健休養地以外に定住して、40歳未満の者に補助金を出すというものであります。それで転入世帯は5世帯でありまして、16人です。家族を合わせて16人です。それで在住については12世帯ということで42人という形になります。これについても借家から自宅になったということで、定住という形では評価はできると思います。
 次に、31ページの公共サインの関係をお願いします。このことにつきましては、18年度につきましては各地区の案内看板ということで設置しております。そして、先ほど議員さんおっしゃったのは、17年度にやったエコーライン沿線の案内標識の関係だと思います。それでその関係で3年後に撤去指導という形で、来年の20年の9月が撤去期限というような形で説明をしてあります。それで不法な道路占有とかそういうものに対する案内看板については、出した都度随時連絡して、撤去指導はしております。で、公共サインの中につきましては、観光客とか村外の方については、場所がわかるということで利便性にはつながっていくと思われます。
 あと、建設水道課関係で臨時職員の関係ですけれど、上下水道係で1名雇用しております。以上です。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) 嘱託徴収員、臨時職員の関係でありますが、今担当課の方から少し話が出ましたけれども、一応私ども総務課の方でつかんでいるというか、管理している数字であります。嘱託職員につきましては一応通常の常勤職員と同様の勤務時間等で、報酬で支払われる職員であります。これにつきましては、現在保健福祉、また教委の関係で9人が嘱託職員という形で採用しております。臨時職員ですけれども、臨時職員はいろいろな区分があります。臨時職員の中で常勤職員の3分の2を超える勤務時間等を勤務している職員で、社会保険に加入している職員でありますが、これがやはり全体で9人おります。あと職員につきましては相当人数の臨時職員がいます。特に保育所等では早朝保育だとか、延長保育等に携わっていただく方、あるいは福祉関係でも健康相談とか、あるいは臨時的なお医者さんというんですか、そういった方がいますが、ただ、登録はしても、本当に必要なときだけ来ていただくということで、実際に任用申請が出て任用しても、1日も変な話、勤務をしなかったという方もありますので、人数としては総体で50人近くなろうかと思いますけれども、そのうちすべてがそういった形で勤務しているということではないということでお願いしたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) 入所の、社会福祉施設の入所の待機の人数ですけれども、特養については35名、養護老人については5人が待機待ちです。
○議長(木下貞彦君) 質疑ございますか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) 済みません、社協のことでちょっともう一度お願いしたいんですが、私は人数を減らすことが、その社協の経営対策だっていうふうに必ずしも思えないんですが、どこを見ればいいのかわかりませんので、ちょっとお聞きしますが、例えば訪問介護、あるいは通所介護ですね、もう以前よりぐっと人数減っているんですよね。先ほど介護報酬と言われたんですが、利用者が大幅に減っちゃっているんですよね。原村で以前は本当に村の施設で助かるといって、来ていた人が来てないんですよ。そういう実態は例えば理事者として、理事者じゃない、会長というんですか、会長としてどんなふうに判断しているかね。職員を減らせばいいというだけの問題じゃないと思うんですが、その実態として利用者が減っているのは何なのかというふうな、その受けとめはどうなんでしょうかというのが一つ目です。
 それから二つ目の問題は、ちょっと先ほど嘱託職員の問題でお聞きしたんですが、全体では9人だよと、保育園3人で教育委員会とあと多分栄養職員の人や学童の人やなんかを入れてるという話なんだろうと思うんですが、毎年嘱託職員としてやっぱり入れなければ、行政が運営できないところというのは、この9人の中で具体的にどうなんでしょう。もし毎年同じふうに入れているんであれば、やっぱり職員採用しなきゃいけないんですよね。行政改革で職員減らすと書いてありますけれど、2割減らすと言っていますけれども、やはり必要な部署にはやっぱりふやしていかなきゃ対応できないはずなんですよね。ですから、9人の方のうち、例えば去年はどうだったのか、おととしはどうだったのか、実際どういうふうに経年的にこの嘱託職員というのは採用されているのかね。お願いします、2点目。
 それから、先ほど公共サインのことで言われましたけれども、その実際に建設水道課というか、担当課というか、どこでいうのがわからないんですが、村民の意見なんかあれで聞いていらっしゃいます、あるいは外から来た方がよくわかるよっていう話で。私が聞きたいのは、あれ非常に車走っていると見にくいんですよね、現実には。それで何とかならないかといって言ったんだけれども、また同じものをつくられたんですよ。これは3市町村統一だからということで。少なくとも看板のすき間だけでもあけないと見にくいですよという話をしたと思うんですが、結局それできないと。それはアンケートなり何かで聞いているのかどうなのかね。エコーラインで一番残っている看板はね、わんこの広場ですよ。これはあちこちにあります、個人看板の中では一番多い看板なんですよ、わんこの広場の看板が、振興公社のね。その辺は来年まで放置ですよというのか、例えばどういう指導をされているのか、ちょっとその辺もあわせてお願いします。相手が村設立の公社ですからね、指定管理者とはいえ。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) じゃあ統一サインの関係でお願いします。一応看板、案内看板を設置するに当たり、各区の区長さんに来てもらって、どこにどういう看板を幾つという形で会議をしました。それでその中で設置しております。それで言われたように、見にくいとかというのがちょっとあるんですけれど、これについてはちょっと茅野、富士見、原の3市町村の統一の形ということで、どうしてもああいう、デザインも決まっていますし、色も決まっていますので、どうしてもああいう形になります。それでエコーラインのその今おっしゃったそのわんこの広場というのがあれですので、そこら辺は確認して、道路の不法専用というような形ですので、撤去という形で指導はしていきたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) それでは、嘱託職員、保育所関係なんですけれど、一応3名ということで、先ほど説明したんですけれども、この3名については、17年度までは臨時職員という形でずっと来てまして、その中でやはりクラス担任をしてもらっているということもあったりして、やはり通常の職員と同じぐらいの責任の重さがあるということで、担当とすれば嘱託職員という、他の部署の関係がありましたので、18年度からぜひ今まで臨時で来て、責任持っているところがあった関係で、嘱託職員ということでお願いしたと。で、ここの部分については、やはり担当部署とすれば正規の職員が欲しいということなんですけれど、やはり村全体で見たときに、定員管理、そういったもの等があって難しいということですので、せめて嘱託職員ということでお願いしたというふうな状況です。
○議長(木下貞彦君) 百瀬教育課長。
◎教育課長(百瀬嘉徳君) 教育委員会の関係の嘱託職員についてお答えします。ただいま6名ということで、今、教育委員会に嘱託職員がいるわけでありますが、いずれも内容的には専門的な部分が多いということで、まず学校の教員、小学校の先生でありますが1名、あと小中の事務を兼ねてやっている方が1名、あと図書館の司書と中学校図書館司書を兼ねているものが1名、学童クラブの指導員が1名、中学校の栄養士が1名、あと社会教育指導員ということで1名、計6名ということであります。いずれにしましても専門的な部分が多いということで、ここ数年、この6名というのは変わっておりませんが、教育委員会にとっては必要な職員ということで認識しております。以上です。
○議長(木下貞彦君) 清水村長。
◎村長(清水澄君) 利用者が減っているから職員へ減らせばいいという問題ではないというふうに、私も基本的にはそうとらえています。しかし、現実を乗り切っていくには、やっぱり職員を減らすことも、その一つの方策である、そのことはわきまえなければならないというふうに思っています。そこでなぜ利用者が減るかという、そっちの方が問題でして、どういうことかといいますと、やっぱり近隣にですね、デイサービスについて新しい施設ができるとか、それから設備がもっと整っている施設があるとかですね、そういうふうなことがあって、それでちょっと我が社協と比べられると、どうしても社協の方が見劣りがする分もあるもんですから、移動していくというようなこと。それから、一部ですね、やっぱり社協というのは村直属のその社会福祉事業団体で、職員もですね、村の職員と同じなんだという、そういう意識というか、したがって、私は常にそういうことではいけないと、皆さん方はサービス事業者なんだから、常に親切、笑顔、丁寧というふうなことで利用者に接してほしいと、そうして皆さん方自身がいいチームワークでないと、利用者は敏感に感じ取ってしまうから、よその施設に移られるというようなことも起こるから、ぜひともそういうふうなことでお願いをしたいというふうに申し上げて指導をしているところでございます。
○議長(木下貞彦君) 質疑ございますか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) 公共サインについては3市町村統一だっていうふうな言われ方しているんですが、見にくいか見やすいかは皆さん聞いたことございますかって、先ほどちょっとお聞きしたんですよね。もし見にくいんであればね、それは3市町村で話し合うことじゃないんでしょうか。どこへ立てるとか、それは各区の区長さんたちにお話をされたと思うんですが、その辺はどうなんでしょうかというのが1点目です。
 それから、嘱託職員をちょっと言っても無理かもしれないんですが、これだけ必要な職員の部署であればね、やっぱりそれは入れなきゃ無理だと思うんですよ。よく学校の場合ね、民営化すればということで、給食は大分経費下げましたよね。人件費だけですよね、下がったのは。約半分でしょう、民間委託というのは要するに人件費を下げることだったんですよね。で、例えばじゃあそのここにある6名の方を正規で雇った場合、村の平均賃金37歳ですか、職員。36歳ですか。それで見た場合どうなるのか、どのぐらいの差が出るのか。人件費を下げるさために嘱託職員にしているんですか。そのことが2番目です。
 それから、私は社協の職員の方たちは努力されていると思っています。この間、保育園に、保育園の運動会のときにも、何人か連れてこられて、デイサービスに通っている方たちがやっぱり運動会一緒に見て、参加されているわけですが、それなりに努力されていると思うんですが、管理者として一体なぜ、じゃあ施設が古くなったから利用者が減ったのか、例えば職員も異動しちゃったんですよね。大事なケアマネージャーさんが異動しちゃったんですよね。茅野の民間施設へ行っているんですよ。原村の社協から。そういうことについては、理事会ではどんなふうに、その評価というか、議論されているのかね。そういうことがなければ、何か職員が何か一生懸命やらないからいけないというだけではないと思うんですよね。そこら辺がどんなふうに議論されているのかお願いしたいと思います。
 あともう1点はちょっと希望ですので、先ほど中学3年生までのやつは実際わからないと、悪く言えば想像で幾つかの数字言われたんですが、ぜひ資料として出してもらいたいのは、2割負担の部分が出ましたよね、医療制度の改定の中で。そうするとその分が3分の1減ってるわけですよ。3歳までですかね、その部分が減ってて、それで今度ふえたと。だからその実態の中身というのがよくわかるように資料として提出していただきたいというふうに思いますが、議長の方の取り計らいをよろしくお願います。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) 臨時職員であります。それぞれの、それぞれといいますか、嘱託職員ですね、それぞれの担当で雇用しているということであります。金額ですけれども、これをすべて正規の職員という形でいった場合には、約現在の嘱託報酬の倍強の費用がかかるであろうと、実際問題として大体平均でいきますと職員1人当たりいろいろ入れますと600万から700万かかります。そういったことからするとその半分以下の金額で嘱託でお願いしているということで、人件費的には相当少なくて済んでいるということであります。だからといって嘱託がいいのかという議論になるわけですけれども、この辺はとらえ方もあると思うんですが、すべて臨時、あるいは嘱託が必要だから、そこを正規の職員に当てていくべきだと、これも一つの考え方かもしれませんが、これではいつまでたっても職員数の削減、人件費削減ということにはならないわけでして、嘱託あるいは臨時さんで賄っていけるところは、それでお願いしていきたいというように考えています。
○議長(木下貞彦君) 清水村長。
◎村長(清水澄君) 社協の職員は大変努力していると思います。私もこの間のその保育所の運動会での社協の対応というのは、本当にここまでやってくれるかと、うれしかったんですけれども、そういうふうなことで努力はしていることはわかります。それで、その利用者が減ってきた、今現在も減り続けているのかどうかということもあるんですけれども、ある面指導してきたことが功を奏して、ああいうふうな対応にもなっているということもお認めいただきたいんです。それで、ケアマネージャーがやめたという件については、これは昨年の出来事なんですけれども、既に慰留するも何もなかったんですね。私のところへ書類が上がってきたときには、もうやめたいということで、既に承認をしたということで決裁を願いたい、こういうことですから、出る幕も何もなくていけなかったんですけれども、やっぱりそこに至る理由というのは、いろんな理由があったと思います。本当に最終的にそれは幾ら慰留しても聞いてもらえなかったら、局長段階で認めたんだということでありますので、それはやっぱり是としなければならなかったと、そういうふうなことです。それ以上内部に立ち入ってのことは、人間関係になってきますので、ここの本会議で私が発言することは差し控えたいというふうに思います。しかしながら、本当に努力はしている、しかしながら赤字はふえる、こういう何かこの悪いスパイラルに陥ってしまっているということは認めざるを得ない状況であります。そういう意味では、本当に社協の運営というふうなことについては、今後私としても本腰を入れていくつもりでございます。
○議長(木下貞彦君) 日達建設水道課長。
◎建設水道課長(日達章君) 公共サインのことについてお答えします。平成17年に設置した柏木地区等については、枚数が多いし小さいということで見にくいという指摘がありました。その関係で、18年に設置したものについては、枚数は少なくして、若干形は大きくしてあります。ただ、その設置場所によっては、そういう対応ができないところもあるということです。以上です。
○議長(木下貞彦君) 見にくいという声は聞いているか。
◎建設水道課長(日達章君) 見にくいということは指摘がありましたと申し上げております。
○議長(木下貞彦君) あと、資料の方は後で用意していただきます。
 ほかに質疑ございますか。日達徳吉君。
◆10番(日達徳吉君) 保育園の庭に防犯灯を設置されました。それでそれについて蛍プロジェクトで水路改修をしています。それでその蛍の飛ぶ時期、また蛍の舞う時間帯、その辺につきまして、電気等を消すとか、そういうようなことは検討してありますか。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) それについて正式ではないんですけれど、そういった申し入れ等がありました。ですが、あくまでも設置したのが外灯なら消す用意はできるんですけれど、あれをつけたのは不審火が昨年あって、あそこが非常に暗いという中で、万が一事故があったときの子供の影響、特に小さい子供があそこでガラス割られたというときの影響を考えたときに、たとえわずかな期間、わずかな時間でも、最善を尽くしたいということで、消すことはできないと、私の責任においては消すことはできませんので、それをきちんとやってくれるような方策だとか、責任を持ってやってくれる人がいれば消しますよという話はしたんですけれど、私としては、やはり万が一、あれをつけていれば絶対ないといえないんですけれど、つけている以上、つけた防犯灯ということつけた以上は、最善を尽くしていきたいということで、消すことは私の責任ではできないというふうに申し上げております。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございますか。ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 次に、歳出の5款農林業費から13款災害復旧費までの質疑を行います。質疑ございませんか。日達徳吉君。
◆10番(日達徳吉君) ちょっとお願いします。成果説明で113ページで、先ほどから農林課長の方から訂正等ある中で、今までは大変その地域がきれいでよかったんですが、今後の管理が課題だというような話が出ています。それでそのことにつきまして、その後検討等されたでしょうか。やはり草等がこれから出てきています。
 それともう1点、160ページ青少協の中でジュニア教室、その中で1番の自然体験で田んぼで遊ぼうという中で、ドジョウ水田へ古代米の田植えをしたとあります。これにつきましては収穫等もされています。それで現在村の方でも古代米をつくっている方もいます。そのような中で、JA米ですが、農協で指導する中では、古代米をまぜたら絶対引き取らないというようなことが言われています。その辺、検討はされているでしょうか。以上お願いします。
○議長(木下貞彦君) 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) じゃあお答えいたします。この関係の管理が課題ということですけれども、議員さんおっしゃるように、今のところシートを敷いておりますけれども、そのシートが土になじんで劣化したときにはどうなるかとか、ある程度経年変化を見ないといけないということで管理が課題と。で、除草の関係もありますし、また土地所有者等の協力とかということも課題ということで記載したものでございます。
○議長(木下貞彦君) この際、暫時休憩いたします。
                            午後 3時48分 休憩
                            午後 3時51分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 百瀬教育課長。
◎教育課長(百瀬嘉徳君) お答えします。160ページのジュニア教室の第1回目でありますが、自然体験ということで、ドジョウ水田で古代米の田植えということでありますが、これは体験ツアーということで、生涯学習部会の人たちと一緒に古代米を植えるということで、一緒に植えたということであります。最後のその収穫の方につきましては、ジュニア教室としてはそこの方へ参加しなんだということで、あと村づくりの方で収穫の方をしてくださったということでありますので、以上ですけれど、よろしくお願いします。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) 村づくりということで、私の方からお答えしますが、あくまでもこれは子供たちにそういった体験をしていただこうということであります。それほど数量が多いわけではありませんので、この辺、収穫して脱穀等する中では、ほかの方たちに迷惑のかからないような、要はまざったりしないような形で再度確認しながら指導していきたいと思います。
○議長(木下貞彦君) 質疑ございますか。小池啓男君。
◆2番(小池啓男君) 今のその辺のページ、161ページ、9・4・1ですぐお答えできなければ後で資料をいただきたいと思います。あひるクラブですね、これ親子でということであれば、親は何人で子供さんは何人ということの累計。それから、先ほど子育てフォローアップ事業という話を聞きましてですね、そういう意味の連携ということで、私質問したいんですが、その対象の児童数はどのくらいの対象児童数を考えていて、で、その中でここのあひるクラブ、あるいは子育てサロンというのがありますが、あれですが、そういうところに出てこれる人はいいと、大体そう言われていますよね。出てこれない人が問題だと、そういう視点からどういう分析をされているのか。何回やりました、こうですと、これは事業としてはいいかもしれないですが、私そういう分析をどのようにされているかというのが一つ。数とか出なければ後でも構いません。
 それから、155ページの給食の食器を購入されたと、これメラミンだというふうに、これ軽いからということだったような記憶があるんですが、その何セット、例えば種別はどういう種別を何セット、全児童数かえたのかですね、いう辺。
 それから、162ページで原っこ広場の書かれておりますが、行政が徴収したわけではありませんけれども、徴収の窓口を行っておられましたようですので、何世帯から何月から何月まで、何世帯から掛ける500円で幾らの徴収金額であったのか。
 それから、9・4・4で133ページですね、シルバー人材センターに、決算書の133ですね、失礼しました。で、委託料9・4・4、委託料アヤメ園を含めた草刈り、草取りというところがあります。で、そのアヤメ園はですね、たばこの吸い殻とか、ビールの缶とかという話も聞きます。空き缶、そういう実態をですね、どのようにつかまれて、どういう対策をとられているか。9款の関係は以上です。
 10款のですね、決算書では139ページ、長期債の償還利子、それの長期債の償還利子の普通債の中の項目がありますが、その項目ごと等で、普通債と災害復旧債とその他という償還利子の内訳、あとでちょっとその普通債のいろんな項目ありますので、その内訳の資料をいただきたいと思いますので、数字だけお願いします。
○議長(木下貞彦君) この際、暫時休憩いたします。
                            午後 3時57分 休憩
                            午後 4時17分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 細川住民財務課長。
◎住民財務課長(細川昭二君) ただいま御質問の公債費の支出済額3億1,030万9,552円、元金と利子の内訳がここに記載してあるわけでありますけれども、今お手元にこれは本当に要約した、今後の予想予測するのみの資料を出しました。これを全部個々にということになりますと、それこそ厚さにして四、五センチのその資料になります。とてもこれも見ていただくものしかないと思いますけれども、これは今後の財政事情を占うがためのシミュレーションとしてまとめたものであります。したがいまして、その今お手元にお渡しした後ろから2枚目のページの元利償還額の18年度の中段よりかも下側のところに合計が太字で書いてありますけれど、3億1,034万7,000円となっていると思います。これは千円単位をまるめたりしたがために、今私が申し上げた3億1,030万九千何がしから若干数字が動いているものであります。内容的には事業名、あるいは借入先、あるいは期間等々については、そこに記載してあるとおりであります。それでその18年度以降につきましては、それ以降のシミュレーションについては借り入れがないというふうなシミュレーションで、たまたまそのときのシミュレーションの資料を今出してきたもんですから、そういうように御理解をいただきたいと思います。
 なお、村債の状況でありますけれども、毎年度直近では5月の1日付で、これは自治法の規定により財政事情の公表を市町村長は行いなさいと、年2回行いなさいということで、ことしも5月1日の段階において目的別の村債の状況を公表しているところであります。あるいはそれの中には、特会、特別会計、それから企業債についての記載がされております。これについてはホームページでも公表しております。以上です。
○議長(木下貞彦君) 百瀬教育課長。
◎教育課長(百瀬嘉徳君) お答えします。まず最初に155ページの成果説明の方にあります小学校の給食の食器の数でありますが、これはまず15センチのおわんということで500個、13センチのおわん500個、角仕切り皿ということで500個、それに18センチのおはしということで500ぜんです。それと前の食器の処分費ということで、合わせまして98万5,425円ということであります。
 次に、あひるクラブの親と子の数でありますが、一応登録されている分につきましては親が101人で子供さんが117、計で218人ということです。
 次に、原っこ広場の昨年集めました料金でありますが、これが500円ということで、693家庭分ということであります。これにつきましては、合計で34万6,500円集めております。集めた期間につきましては、4月から12月までということで、1月から3月までは集めておりません。この8カ月間で34万6,500円を集めております。
 あと、アヤメ園の関係でありますが、アヤメ園にビールとかたばこが散乱しているということで、ビールの空き瓶とか散乱しているということでありますが、これは職員が定期的に巡回しまして、目についたものは清掃しているということで、今実施しております。以上です。よろしくお願いします。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございますか。ございませんか。小池啓男君。
◆2番(小池啓男君) そのあひるクラブの登録はわかりました。それで要はその多分福祉課とこういろいろ協議をしなきゃいけないと思うんですが、登録をされていない人、そういう人にどういう働きかけをしていこうかとか、そういうことが私は事業として大事じゃないかというふうに思って、さっきの質問したんですが、そういう視点があるのかないのか、今後そういう事業をしていかなきゃいけないなというふうにお考えなのか、いや、そういうことは必要ないと、登録した人だけでいいということなのか、どうも今の説明を聞くと、登録した人だけで事業を運営していけばいいですよというふうにも聞こえるわけですが、そういうふうな点はいかがでしょうかと。
○議長(木下貞彦君) 望月教育長。
◎教育長(望月弘君) その件につきまして、私も最初そこに昨年のですので、オリエンテーションありますけれど、教育課職員ということで、ことし私がそこへ出まして、来ている親御さんを中心にですね、お子さん、とにかくすばらしい、こういうところへ来られる方は本当にすばらしいことに熱心に取り組んでおられる、子育てでね、ぜひとも他の周りにおられる方々も、来れないで知らないでいる方もいますので、ぜひとも広めていってもらいたいと、少しでも多くの仲間をというようなことでお願いを4月当初しております。いずれにしましても、今来ている方だけがいいというものではありませんので、村の中にはかなり子育てに悩んでいる方もおられますので、できるだけそういうPRをしていくようにしておりますが、以上です。
○議長(木下貞彦君) 質疑ございますか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) お願いします。先ほど出ました、一つはシバザクラの件ですね、地主さんとはどういう契約になって、あの事業をされたのかね。当時、地主も各区、柏木と払沢の区としても協力しないよということで出発した事業であったわけですよね。そういう意味で住民の皆さんに呼びかけてあの事業をされたと思うんですよ。議長なんかも参加されたとよく言われますが、ですから実際にどのようなその地主さんとの話ですね、管理契約についても、管理関係についても、どのようにお話しされて、どういう契約されてお借りしてあるのか、それをお願いしたいと思います。いずれにしろ農地ですのでね、田んぼの土手ですから、道路の土手じゃないですからね、農地扱いになると思いますのでお願いします。
 それから、二つ目は農業委員会から昨年の1年間で建議された事項が幾つあり、それをどのように村行政として対応されてきたのかお願いしたいと思います。
 三つ目の問題は、文化園に非常にお金をかけて整備したわけですよね。で、言葉ではね、外とつないでよかったとか、利用の何とかが図られたと、何とかなんていっちゃいけないが、どこでしたっけね、ちょっと見つからないので済みませんが、あれはまちづくりで金出てたっけね、それでその中で言われているわけですよね。成果説明では済みません29ページです。2,800万、約2,900万円をかけてこの事業をされて、上の駐車場というか、中央広場ってありますあの駐車場にしたり、いろんなイベント広場にするっていう、敷き砂利でやったところですね。それと板張りの歩道の整備、公園の連絡通路等やられている。それがどんなふうに利用されているのか、実態としてですよ、これ利用を高めることができるようになったって可能性は書いてあるんですよ。だが成果説明ですから、実際どうだったのかと。入り込み客については振興公社の決算書の中で、ちょっとあんまりよくわからないもんで、その見方もわからないもんでいけないんですが、ぜひ暦年でどうだったのか、これを。もう言いわけという言い方はないが、最初からもう7月の豪雨の影響があって、減ってますよという言い方はしているんですが、この2,900万円かけたものがどの程度働いたのかね、それをどう見ているのかというのをお願いしたいと思います。
 それから、あと教育委員会で今言っても出ないと思いますが、10年間くらいの、あしたかあさってか一般質問に関係するのかもしれませんが、公民館の利用について、この大枠、三つの分け方で結構です、行政関係、それから利用団体、その他というその三つの分け方していますよね。これで10年間くらいで利用者数、これをぜひ出してもらいたい。昔と違って公民館の夜は電気消えているのが非常に多いんですよ。ですから成果説明書を10年間繰ってまとめれば出るわけですが、ぜひこの間のその努力も含めて、どんなふうにされてきたのかということがわかるようにお知らせ願いたいというふうに思います。あとは委員会でいいので、その点だけお願いします。
 済みません、1個忘れて、いいですか。済みません、振興公社と別荘管理の話が先ほどもちょっとお聞きしたんですが、82万円くらい、いいかげんな数字言ってもいけませんが、入ってくる金と振興公社に委託する金と大して変わらないでしょう。別荘管理費について。で、要するにこれについては、もう本当に村民とは違うという言い方はないですが、地域で生活している方とは若干違う生活のされている方ですよね。その意味ではこの差額が非常に少なくなってきているという実態をどんなふうにとらえていくかということなんですよね。滞納者がわかっているわけでしょう。不納欠損もした人もわかっているんでしょう。そうした部分についての本人との話し合いも当然あると思うんですが、振興公社との話し合いはどのようにされているのかお願いします。
○議長(木下貞彦君) お諮りします。本日の会議時間は議事の都合により、この際あらかじめこれを延長したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 異議なしと認めます。よって、本日の会議時間は延長することに決しました。
 この際、暫時休憩をいたします。
                            午後 4時31分 休憩
                            午後 4時41分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) お答えします。シバザクラの地主との契約の件でございますが、一応、地主さんに協力依頼しまして、口頭で同意をいただいている状況だけです。
 農委の建議件数につきましては、昨年度ございません。
 文化園の整備ですけれども、利用実態ということですけれども、ちょっと数字の方はつかんでおりませんが、星まつりとか等で路上駐車等の減少があったということで、その辺が効果ではないかということです。入り込み客につきましては、17年が7万3,597人、18年度が6万6,926人で、6,671人ばかり減少はしております。
 振興公社の別荘の管理費につきましては、一応19ページの調定額が894万9,400円ということで、あと委託の関係が99ページの別荘団地及び中央高原整備管理ということで888万3,000円、ちょっとあれですけれども、大体同じ見当でやるつもりでおります。それと、不納欠損の関係ですけれども、地主さんには振興公社の方で連絡を取ったり内容証明等を送ったり徴収に関して一応やっておるということのようです。以上です。
○議長(木下貞彦君) 百瀬教育課長。
◎教育課長(百瀬嘉徳君) お答えします。先ほどの10年間の公民館の利用者数ですが、後ほど調べまして資料を提出します。
○議長(木下貞彦君) 菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) シバザクラのことなんですけれども、じゃあ今管理についてはだれが責任もっているんですか。農林商工観光課で責任もっているという、要するに村が責任もっているというというふうに理解していいわけですか、管理は。だれの責任というか、管理責任はね。村の事業でやっていますし、委託先もないわけですし、どうなっているんでしょうか。
 それからもう1個は、地主さんには振興公社が内容証明を送っていると言っているんですが、村で公金取り扱いの人に指定してあるんですか。振興公社に管理費の徴収まで出してあるんですか。それを含んだ810万なんでしょうか。もしそういうことだとすると、ちょっとおかしくなるよ、実際にね。どうなんでしょうか。その2点をもう一度お願いします。
○議長(木下貞彦君) この際、暫時休憩をいたします。
                            午後 4時46分 休憩
                            午後 4時49分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) シバザクラの管理関係の件ですけれども、一応公民協働でやっていますので、今後も公民協働で管理していきたいと考えております。
 それと、別荘管理費につきましては、事務は振興公社の方へ委託しておりますが、徴収の関係につきましては、村の方へ納めてもらうようになっておりますので、村でやっているということです。以上です。
○議長(木下貞彦君) 菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) 公民協働でやっていくのはいいんですよ。だれが責任を持つんですか。無責任体制なんですか。だから今後の管理の問題を心配しているわけでしょう、ここで。無責任体制でやっていくということなんですか。だれも責任を負わないよと。どういうことなんです、公民協働でやっていくと。だれが責任者か。
 それからもう一つ、その徴収事務を振興公社に全部委託してあるというのはよくわからないんですが、そうすると委託の費用はその別荘管理受託収入というのは810万なんですよね、振興公社。村は810万出していますよね。八百二十何万入っても810万出して、810万を振興公社の決算で見る限りは、その今言われたようなのは、この通信運搬の12万7,000円でやっているんですか。あるいは委託、雑費の、済みません12万7,000円じゃない、9万1,000円ですね、9万1,170円ですよね。それと雑費の口座振替手数料1,075円ですよね。これでやっているということなんですか。多分そういうことじゃないでしょう。ちょっとよくわからないもんで、わかるようにちょっと説明していただきたいと思います。もう1回済みません、2点お願いします。
○議長(木下貞彦君) この際、暫時休憩いたします。
                            午後 4時55分 休憩
                            午後 4時58分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) 管理主体でございますが、一応地主さんに協力してもらって植栽をした経緯がありますので、村側と住民と公民協働で今後もとりあえず管理していきたいということです。
 徴収の内訳の話ですけれども、決算書の888万3,000円の内訳ですが、別荘団地の管理費が810万円です。で、中央高原の周辺整備の方が78万3,000円で、一応行っているということでございます。
○議長(木下貞彦君) 管理責任者はだれですかと。シバザクラのところの管理責任者はだれですか。だれですって答えているで、だれですと言えばいい。長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) 一応公民協働ということですので、村も責任の一端はあるとは思います。以上です。
○議長(木下貞彦君) そういうことでいいですね。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) そうすると成果説明に載っています事業ですね、事業結果としてね、事業結果として書いてあることは、要するに村長として村のお金を使って管理するのは困ってますよという書き方ですよ。村の責任が一端ということは、村の責任じゃないということですよ。補助金なんですか。だから私が言っているのは、地主さんから協力を得ている、土手を借りたのはわかりますよ。それを管理するのはだれかということを言っているんですよ。その責任はどこにあるかということを聞いているんです。無責任だということですよね、今の話ですと。村には責任ないということですよね、一端を担っているということは、責任者ではないということで理解していいですか。
 それから、もう1点、その中央高原の委託費の810万円と七十何万の話を聞いたんじゃないんですよ、私は。別荘管理費の徴収事務を振興公社でやってるって言うから、それは中央高原の管理じゃないですよね。別荘管理の部分なんですよね。中央高原管理というのは道路とか、そういうところの草刈りとかそういう問題でしょう。だからその七十何万で、それじゃあ別荘管理の徴収事務をやっているんです、そのために委託しているんですか。委託契約してあるんですか。どういう契約してあります、別荘管理費の徴収については。ですから810万と七十何万の違いがあるわけでしょう。別々に出しているんですから。で、別荘管理の徴収事務をやっているというから、公金取り扱いのことをきちっとやってありますかということを聞いているんですよ。どうなんですか。七十何万とは違うでしょう。
○議長(木下貞彦君) この際、暫時休憩いたします。
                            午後 5時02分 休憩
                            午後 5時21分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 長林農林商工観光課長。
◎農林商工観光課長(長林文夫君) 中央高原の公共用地管理委託契約書というもので、一応振興公社と契約してやっております。以上です。
○議長(木下貞彦君) それではほかに質疑ございませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) なければ、次に、認定第2号 平成18年度原村国民健康保険事業勘定特別会計決算の認定についての質疑を行います。質疑はありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 次に、認定第3号 平成18年度原村国民健康保険直営診療施設勘定特別会計決算の認定についての質疑を行います。質疑ございますか。雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) 済みません、成果説明の197ページ、直診施設の訂正をお願いいたします。197ページ下から9行目、リバーサイドクリニック所長安藤親男医師、そのあと、諏訪中央病院鎌田實医師とあるんですけれど、諏訪中央病院を削ってください。鎌田實医師で、点で、その次に長坂和彦医師の前に諏訪中央病院を入れていただきたいと思います。以上訂正をお願いいたします。
○議長(木下貞彦君) 質疑ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 次に、認定第4号 平成18年度原村有線放送事業特別会計決算の認定についての質疑を行います。質疑ありませんか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) お願いいたします。LCVのケーブルの原山地区への拡大がされていますよね。で、総事業費1億8,900万に対して2,300万の補助を行うというふうなことで、単年度では1,100万だよと、230万だよという話が書かれています。で、具体的にこのエリアの拡大した、17、18の拡大した実績戸数、ちょっとLCVなかなかうまく言ってくれないみたいですが、村が当然お金出しているんだから、どのくらい拡大して、告知放送、要するに音の有線放送なりテレビの有線放送というか、有線映像なり、サラダチャンネルなりの加入状況をちょっと教えていただきたいというふうに思います。
 それから、いわゆるこの2011年問題ですね、2011年問題の検討も必要なんだよと言われているんですが、それは現状で行くとどんなふうなことを考えておられるのかね。例えばそのちょっと私もよくわからない、CATVケーブルビジョンはまだ要するに中央波が流せない状況なんですよね、今のデジタルでは。それでそのためにコンバーターを特別入れようという話なんですよね、入れてやれば視聴できると。そうした場合、じゃあ原村の放送というのは、今後もうそんなにあんまり時間ないもんで、そんなに金かけなくてできるもんだかよくわからないもんですからね、有線放送審議会等もございますので、どんなふうな議論今されているのかね。そして、どういう対応をしようとしているのか。技術的なことわからないもんですから、済みません、わかるように言葉もなるべくわかるように、平仮名用語で教えてください。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) まずLCVの原山地域における拡張工事であります。17年、18年でその該当戸数でありますが、拡張して加入が可能といいますか、可能になる戸数でありますが、一応私の手元の今の資料でちょっと多少動いているかと思いますが、一応今の資料では395戸であります。で、うち永住者が約60戸が17、18で可能になったということであります。ちょっと最近の加入状況がちょっとつかめていません。昨年の17年度、18年度中にお聞きするのは、実際には5戸程度しか加入がまだされてないということで、ちょっとそれ以後の数字がつかんでございません。
 それと、デジタル化の関係であります。これにつきましては、サラダチャンネルのデジタル化が2011年には必要になってくるということであります。先ほど議員おっしゃられるように、LCVにおいてもそのキーチャンネルの放送の関係で、一部問題となっているということから、その辺もどうなるのかなあというのが一つ我々としても注意すべき点だとは思います。LCVで視聴するにはセットトップボックスという一つの機械を設置しなければ見れないということから、それを入れて、そのキーチャンネルが見れないんでは、これLCV加入者の激減につながるのかなあとも思いますし、そうした場合に、サラダチャンネルにも影響が及ぼされるだろうということからそこら辺の推移を見ているという、注目しているということであります。
 いずれにしましても、議員おっしゃられるように、近い将来ということで、もう目前に迫っているわけでして、これに対して、今審議会の方にはこういう状況であるということのお話をし、今申し上げたような今後の成り行きを少し見ながら検討していくということであります。
 もう一つは行政チャンネル、LCVで行っている行政チャンネルであります。茅野、諏訪、岡谷、行政チャンネルを導入しているということから、将来的にはそのチャンネルがかなり何というんですか、整備されるのかなあと。そうした場合に、それに統一といいますか、乗っかるといいますか、ことが可能かどうかと。基本的には可能だということでお聞きしていますが、要は行政チャンネルを、13チャンネルなら13チャンネルを行政チャンネルとして、例えば原村には原村用の放送が流れ、茅野には茅野用の放送が流れるということが可能であるということでありますので、その辺も一つの検討策かなあというように思っています。ただ、そうは言ってもそうなりますと、今のような細かな住民に直結したような放送がどこまでできるかというのは、一つ問題があるのかと思います。そういったところを今後さらに研究して、対応策を練っていきたいと、方向をつかんでいきたいというふうに考えております。
○議長(木下貞彦君) 質疑ありますか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) 済みません、ちょっとその原山の状況なんですが、5という数字は去年聞いたのも5なんですよね。ということは、原村の要するに60戸が居住の方だそうですので、そうした場合に、その行政の緊急連絡等がね、ここでやられるわけですよね、このケーブルを使って。そうした場合、例えば395までお願いできるかわかりませんが、60戸に対してどのような働きかけが、昨年1年間なされたんでしょうか。お願いします。
○議長(木下貞彦君) 小林総務課長。
◎総務課長(小林勝廣君) 先ほど申し上げましたように、ちょっと手元にある数字が古い数字しかありませんので、加入戸数につきましては、前回報告した数字と同じということであります。その後の数字はちょっとつかんでおりません。加入促進という形につきましては、従来から指摘を受けているところであります。拡張がなされた各家庭には、村からの加入のお願いというような文書も入れて、配布してお願いしていると。またLCVの方でLCVそのものの加入ということで、各戸を回っているということから、あわせて有線放送との加入をしていただくようにということも、あわせてLCVの方へお願いして加入をしていただいているという状況であります。
○議長(木下貞彦君) ほかに質疑ございますか。ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 次に、認定第5号 平成18年度原村農業者労働災害共済事業特別会計決算の認定についての質疑を行います。質疑ございませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 次に、認定第6号 平成18年度原村老人保健特別会計決算の認定についての質疑を行います。質疑ありませんか。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) 済みません、あしたの都合があるもんで、この際ここでお聞きしておきますが、一定所得者の分が今度大きく報告をされましたけれども、該当者は、例えば老健全体の該当者が何人で、そのうちのよく言われる低所得者1とか、低所得者2と言われる所得税とかそういうもののやつがありますが、66名と言われていますよね、現状ね。で、それと退職者との関係があるのかないのか。66名というのは全体とすれば6%ということですよね。そういう点、6%じゃないか、1,100に対してだから約6%でいいですね。それは全国平均の中では一体どうなるのか、ちょっとお願いしたいと。
 それで、先日ちょっとお聞きしますと、この人たちの中に、いわゆる担保設定された部分もあるということをお聞きしているんですが、いわゆる供託したという話だと思うんですが、それがどの程度おられるのかお願いします。
○議長(木下貞彦君) 雨宮保健福祉課長。
◎保健福祉課長(雨宮直喜君) それではお答えいたします。先ほどその全国平均ということなんですが、ちょっと全国平均的な資料が、全国で一定所得者以上が何人かというのは、ちょっと資料がありませんので、今のところお答えできないということと、退職者医療の部分、退職者医療の人たちの部分については、65から75ということで、該当する部分について、済みません、退職者医療についても今の手持ち資料だと、ここのその人数的なものは、ちょっと今ここに資料がないもんですから、ここで言うその老健部分の後期高齢者の移動の部分というのは、ちょっと今数字が把握できません。
 それと、年金の部分で普徴になっている部分の人たちが、それも普徴になってて、18万円以上で普徴になっている人の部分、特に厚生年金等がある中で、100万、200万の年金で普徴になっている人たちの考えられる要因ということで、多分年金が担保になっているんじゃないかということで、介護保険の方では言われてました。ただ、その100万、200万という人たちが、すべてその担保になっているのかどうかという確認をしているわけじゃないもんですから、じゃあその人たちが何人かという、ちょっと資料的なものは介護保険でもつかめないということですので、ただ、想像するに18万円以上で、年金額18万以上の年金額があって普徴になる人で考えられるのは、そういう人たちが考えられるであろうという回答でした。以上です。
○議長(木下貞彦君) 質疑ありませんか。ほかに質疑ございませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 次に、認定第7号 平成18年度原村下水道事業特別会計決算の認定についての質疑を行います。質疑ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 次に、議案第40号 平成18年度原村水道事業会計決算の認定並びに剰余金処分計算書(案)についての質疑を行います。質疑ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) これにて質疑を終結いたします。
 この際、暫時休憩いたします。
                            午後 5時41分 休憩
                            午後 5時43分 再開
○議長(木下貞彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 お諮りいたします。提出議案を各常任委員会に付託したいと思います。別紙議案付託表の朗読を省略して、それぞれの委員会に付託することに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 異議なしと認めます。よって、別紙のとおり各常任委員会に付託することに決しました。
 続きまして、総務産業常任委員長より分割審議の依頼を申し上げます。総務産業常任委員長。
◎総務産業常任委員長(小池啓男君) 朗読します。裏面に印刷されております。おらない方は申し出てください。
 (分割審査依頼書朗読)
○議長(木下貞彦君) 陳情につきましては、会議規則第95条及び第92条の規定により、所管の常任委員会に付託表のとおり付託しておきます。
 以上、各常任委員会に付託された案件につきましての審議、よろしくお願いいたします。
△3 追加議案審議
○議長(木下貞彦君) ここで、議会運営委員会よりお手元に配付したとおり議案の提出がありましたので、これを日程に追加したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 異議なしと認めます。よって、発委第2号は日程に追加し、審議することに決しました。
 なお、この議案は委員会提出でありますので、委員会付託を省略して本会議で確定議したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略して、本会議で確定議することに決しました。
 日程第3 追加議案の審議を行います。発委第2号 原村議会委員会条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。提案の趣旨説明を求めます。菊池敏郎君。
◆6番(菊池敏郎君) ではお願いします。
 (以下提出議案朗読)
○議長(木下貞彦君) 質疑ございますか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) これにて質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) これにて討論を終結します。
 これより発委第2号 原村議会委員会条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。お諮りします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(木下貞彦君) 異議なしと認めます。よって、本案は可決されました。
 以上で本日の日程はすべて終了しました。
 あす11日は午前9時から本会議を開き、行政に対する一般質問を行います。
 本日は、これにて散会します。御苦労さまでした。
                            午後 5時49分 散会





以上会議のてん末を記載し、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


    平成19年9月10日


      原村議会議長  木 下 貞 彦


      原村議会議員  小 林 庄三郎


      原村議会議員  日 達 徳 吉


      原村議会議員  小 池 利 治