議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 原村

平成19年第 3回定例会−09月07日-目次




平成19年第 3回定例会

          平成19年第3回原村議会定例会日程表

             会期 平成19年9月7日から9月25日までの19日間
┌──────┬────┬──┬────┬──────────────────┐
│月    日│日  次│曜日│種  別│     内      容     │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│ 9月 7日│ 1日目│ 金 │本 会 議│招集午前9時 (議案審議)     │
│      │    │  │    │ 議案上程・説明 一部採決   全協│
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│    8日│ 2日目│ 土 │休  会│土曜日    (保育所運動会)   │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│    9日│ 3日目│ 日 │  〃  │日曜日               │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   10日│ 4日目│ 月 │本 会 議│開議午前9時  質疑・委員会付託  │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   11日│ 5日目│ 火 │  〃  │開議午前9時  一般質問      │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   12日│ 6日目│ 水 │  〃  │開議午前9時  一般質問      │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   13日│ 7日目│ 木 │休  会│常任委員会             │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   14日│ 8日目│ 金 │  〃  │  〃               │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   15日│ 9日目│ 土 │  〃  │土曜日    (小学校運動会)   │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   16日│10日目│ 日 │  〃  │日曜日               │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   17日│11日目│ 月 │  〃  │休日(敬老の日)          │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   18日│12日目│ 火 │  〃  │常任委員会             │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   19日│13日目│ 水 │  〃  │  〃               │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   20日│14日目│ 木 │  〃  │  〃               │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   21日│15日目│ 金 │  〃  │  〃     委員長報告提出   │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   22日│16日目│ 土 │  〃  │土曜日               │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   23日│17日目│ 日 │  〃  │日曜日(秋分の日)         │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   24日│18日目│ 月 │  〃  │振替休日              │
├──────┼────┼──┼────┼──────────────────┤
│   25日│19日目│ 火 │本 会 議│開議午後2時  議案審議      │
│      │    │  │    │  委員長報告・質疑・討論・採決  │
│      │    │  │    │追加議案審議            │
│      │    │  │    │  議案上程・説明・質疑・討論・採決│
│      │    │  │    │              閉会  │
└──────┴────┴──┴────┴──────────────────┘



         平成19年第3回原村議会定例会議案提出書

〇 村長提出議案
 同意第 4号 原村固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて
 議案第36号 原村環境保全条例の一部を改正する条例について
 議案第37号 原村長期継続契約とする契約を定める条例について
 議案第38号 平成19年度原村一般会計補正予算(第2号)について
 議案第39号 平成19年度原村国民健康保険事業勘定特別会計補正予算(第1号)について
 認定第 1号 平成18年度原村一般会計決算の認定について
 認定第 2号 平成18年度原村国民健康保険事業勘定特別会計決算の認定について
 認定第 3号 平成18年度原村国民健康保険直営診療施設勘定特別会計決算の認定について
 認定第 4号 平成18年度原村有線放送事業特別会計決算の認定について
 認定第 5号 平成18年度原村農業者労働災害共済事業特別会計決算の認定について
 認定第 6号 平成18年度原村老人保健特別会計決算の認定について
 認定第 7号 平成18年度原村下水道事業特別会計決算の認定について
 議案第40号 平成18年度原村水道事業会計決算の認定並びに剰余金処分計算書(案)について

〇 委員会提出議案
 発委第 2号 原村議会委員会条例の一部を改正する条例について

〇 議員提出議案
 発議第 7号 私立高校への公費助成に関する意見書提出について
 発議第 8号 私立高校への公費助成に関する意見書提出について
 発議第 9号 高齢者の医療制度に関する意見書提出にいて
 発議第10号 高齢者の医療制度に関する意見書提出にいて
 発議第11号 高齢者の医療制度に関する意見書提出にいて
 発議第12号 「非核日本宣言」の意見書提出について
 発議第13号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について

〇 請願・陳情
 陳情第 6号 「非核日本宣言」の意見書提出に関する陳情書
 陳情第 7号 私立高校に対する大幅公費助成をお願いする陳情書
 陳情第 8号 高齢者の医療制度に関する陳情



           平成19年第3回原村議会定例会
              常任委員会付託議案表

┌──────────┬───────────────────────────┐
│委  員  会  名│    付  託  議  案 (議 案 番 号)   │
├──────────┼───────────────────────────┤
│総務産業常任委員会 │議案第37号 議案第38号              │
│          │認定第 1号 認定第 4号 認定第 5号       │
├──────────┼───────────────────────────┤
│社会文教常任委員会 │議案第36号 議案第39号              │
│          │認定第 2号 認定第 3号 認定第 6号 認定第 7号│
│          │議案第40号                     │
└──────────┴───────────────────────────┘

 上記のとおり付託する。

           平成19年9月10日

                       原村議会議長   木 下 貞 彦



                             平成19年9月10日

社会文教常任委員会
委員長  小 池 和 男 殿
議会運営委員会
委員長  菊 池 敏 郎 殿

                           総務産業常任委員会
                           委員長  小 池 啓 男

 総務産業常任委員会に付託された下記の案件中、所管委員会に関連あるものを、分割して審議されたいのでお願いします。

                  記
〇 社会文教常任委員会
 議案第38号 平成19年度原村一般会計補正予算(第2号)について
        ・4款 衛生費  ・9款教育費
 認定第 1号 平成18年度原村一般会計決算の認定について
        ・3款 民生費  ・4款衛生費  ・7款土木費
        ・9款 教育費
        ・13款 災害復旧費 2項 公共土木施設災害復旧費

〇 議会運営委員会
 認定第 1号 平成18年度原村一般会計決算の認定について
        ・1款 議会費



       平成19年第3回原村議会定例会一般質問通告一覧表

 ┌─────┬──────┬──────────────────┬───────┐
 │ 質問順番 │ 発言議員名 │  質   問   題   名   │希 望 答 弁 者│
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  1  │小池啓男  │*村長選の評価と産業活性化など選挙公│       │
 │     │      │ 約の実施について         │       │
 │     │      │ 1.村長選挙の結果をどのように評価│村長     │
 │     │      │  しているか。また、いわゆる「批判│       │
 │     │      │  票」についての受けとめは。   │       │
 │     │      │ 2.農産物直売所、加工施設について│〃      │
 │     │      │  の進め方は。          │       │
 │     │      │ 3.地方債の「繰上償還」はどのよう│〃      │
 │     │      │  な内容か。(対象地方債と計画) │       │
 │     │      │ 4.下水道区域に近い住宅下水への補│〃      │
 │     │      │  助金はどういう内容か。     │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*合併の必要性など、県が行った「市町│       │
 │     │      │ 村へのアンケート」の回答の内容等に│       │
 │     │      │ ついて              │       │
 │     │      │ 1.行財政運営、行政課題の回答の内│村長     │
 │     │      │  容は。             │       │
 │     │      │ 2.行財政上の課題の回答の中で、 │〃      │
 │     │      │  「職員の資質の向上」を挙げてい │       │
 │     │      │  る。この内容について。また、8月│       │
 │     │      │  8日に「過去か ら流れていた庁内│       │
 │     │      │  の理論は捨て…」といわれたが、何│       │
 │     │      │  を指すのか。          │       │
 │     │      │ 3.(将来を含め)合併の必要性を感│〃      │
 │     │      │  じていないと回答された。6月21│       │
 │     │      │  日には「原村は、行けるだけ単独で│       │
 │     │      │  やっていく」と言われているが、 │       │
 │     │      │  『行けるだけ』と はどのような内│       │
 │     │      │  容か。             │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*原村ホームページ改善についての提案│       │
 │     │      │ 1.必要な情報を引き出しやすくとの│村長・担当課長│
 │     │      │  要望が多い。トップページの改善、│       │
 │     │      │  フォルダーの整理をするなどの考え│       │
 │     │      │  はないか。           │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  2  │小林庄三郎 │*原山自治会の状況について     │       │
 │     │      │「設立後1年」           │       │
 │     │      │ 1.原山自治区の現状と将来につい │村長     │
 │     │      │  て、村はどのように考えているか。│       │
 │     │      │  村に対して住民の要望はどうか。 │       │
 │     │      │  住民の活動実績と今後の参画につい│       │
 │     │      │  ては。             │       │
 │     │      │ 2.村では、既存区と活動内容に関し│〃      │
 │     │      │  て、必ずしも同一である必要はない│       │
 │     │      │  と考えているようだが、特に(ごみ│       │
 │     │      │  収集、文書 配布、防災対応、地区│       │
 │     │      │  子ども会、高齢者 福祉、安協等)│       │
 │     │      │  についてはどうか。       │       │
 │     │      │ 3.住民活動の拠点、よりどころとし│〃      │
 │     │      │  て集会所(公民館)の建設が必要と│       │
 │     │      │  考えるが。           │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  3  │菊池敏郎  │*後期高齢者医療制度について    │       │
 │     │      │ 1.来年4月から始まる後期高齢者医│村長     │
 │     │      │  療について十分理解されているとは│担当課長   │
 │     │      │  いえません。この制度について十分│       │
 │     │      │  わかりやすく説明すべきである。 │       │
 │     │      │  (資料提出を・75歳以上の対象人│       │
 │     │      │  数・65歳以上の該当障害者人数・│       │
 │     │      │  今まで扶養とてなっていたが今回新│       │
 │     │      │  たに対象となった人数・年金額月1│       │
 │     │      │  万5,000円以下の人数・75歳│       │
 │     │      │  以上の方の平均年金額・該当者の障│       │
 │     │      │  害年金の平均額・介護保険の年金1│       │
 │     │      │  万5,000円以下と当年度該当者│       │
 │     │      │  別に普通徴収の人数と納入率・75│       │
 │     │      │  歳以上の方の介護保険料の平均額 │       │
 │     │      │  ・65〜74歳の国保加入者で年金│       │
 │     │      │  天引きの対象世帯と人数、平均保険│       │
 │     │      │  税・年金1万5,000円以下の人│       │
 │     │      │  数)              │       │
 │     │      │ 2.保険料について、減免制度などの│村長     │
 │     │      │  要求がある。特に保険料が一方的に│       │
 │     │      │  年金から天引きされるため、生活に│       │
 │     │      │  大きく影響する人も予想される。広│       │
 │     │      │  域議員としてどのように対応する考│       │
 │     │      │  えか。             │       │
 │     │      │ 3.この保険で受けられる医療に制限│〃      │
 │     │      │  が導入されようとしています。制度│       │
 │     │      │  導入は、やめるべきと考えます。政│       │
 │     │      │  府に制度改善の要求をすべきであ │       │
 │     │      │  る。              │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*保育所について          │       │
 │     │      │ 1.保育所への希望者が多く、入所困│村長     │
 │     │      │  難と伝えられています。村の将来も│担当課長   │
 │     │      │  見据えて運営について検討すべきと│       │
 │     │      │  考えます。マンモス保育所の問題点│       │
 │     │      │  も一般論として聞きます。この際、│       │
 │     │      │  保護者、村民を含めた「検討委員 │       │
 │     │      │  会」を設けて検討すべきである。 │       │
 │     │      │  (資料提出を・保育所の入所実態 │       │
 │     │      │  ・将来予測・待機児童の実態)  │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  4  │五味武雄  │*中央自動車道高速バス新宿線「中央道│       │
 │     │      │ 原」バス停の駐車場について    │       │
 │     │      │ 1.「中央道原」バス停についての、│村長     │
 │     │      │  村としての基本的な認識について。│       │
 │     │      │  (JR路線等がない地域として、 │       │
 │     │      │  「中央道原」バス停をどのように位│       │
 │     │      │  置づけているか。)       │       │
 │     │      │ 2.現時点で確保できている駐車場の│担当課長   │
 │     │      │  場所と面積は、その場所に駐車可能│       │
 │     │      │  な車両台数は何台か。      │       │
 │     │      │ 3.現在ある駐車場に、看板(高速バ│担当課長   │
 │     │      │  ス利用者専用駐車場)の設置計画は│       │
 │     │      │  あるか。            │       │
 │     │      │ 4.今後のさらなる駐車場確保計画は│村長     │
 │     │      │  あるか。            │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*中央公民館の利用状況について   │       │
 │     │      │ 1.中央公民館の利用促進について、│村長     │
 │     │      │  村としての基本的考え方は。   │       │
 │     │      │ 2.現在の施設の利用状況は、どのよ│担当課長   │
 │     │      │  うになっているか。(平成18年度│       │
 │     │      │  の各部屋の利用総件数及び概算利用│       │
 │     │      │  総人数についての資料提出を)  │       │
 │     │      │  *資料細目:講堂、講義室、料理実│       │
 │     │      │  習室、工作室、第一会議室、第二会│       │
 │     │      │  議室、和室、映写室、視聴覚室(計│       │
 │     │      │  9カ所)            │       │
 │     │      │ 3.個人ベース(グループ)の利用に│教育長    │
 │     │      │  ついての、基本的利用促進策はある│       │
 │     │      │  か。(個人が気軽に利用できる、環│       │
 │     │      │  境整備を目指しての取り組みは) │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  5  │長谷川 寛 │*プラスチック類の分別収集について │       │
 │     │      │ 1.中学校の出前講座で、容器包装プ│村長・担当課長│
 │     │      │  ラと、硬質プラが、結局は同じ場所│       │
 │     │      │  で処理されていると説明されたらし│       │
 │     │      │  く、中学生議会において追及され │       │
 │     │      │  た。包装プラとそれ以外を分ける根│       │
 │     │      │  拠を、村民が納得できるように説明│       │
 │     │      │  するべきである。        │       │
 │     │      │ 2.容器包装リサイクル法に基づく措│〃      │
 │     │      │  置であるなら、その法律によって、│       │
 │     │      │  村にどのような影響があるのか。 │       │
 │     │      │*環境保全条例の問題点について   │       │
 │     │      │ 1.環境保全条例の13条2項の運用│村長・担当課長│
 │     │      │  規則(平成12年改正)で、家庭用│       │
 │     │      │  井戸の掘削も、届け出の対象になっ│       │
 │     │      │  た。しかし、隣地承諾書の書式につ│       │
 │     │      │  いて、役場の説明と、ウェブから印│       │
 │     │      │  刷するものが違う問題がある。隣地│       │
 │     │      │  所有者の同意が必要な隣地とは、何│       │
 │     │      │  を指すか。           │       │
 │     │      │   県の基準で行くと井戸を掘って影│       │
 │     │      │  響を受ける範囲は30メートルにな│       │
 │     │      │  るが、掘ろうとする井戸から30 │       │
 │     │      │  メートルの範囲が隣地なのか。  │       │
 │     │      │ 2.下流水利権者も同意書に含まれる│村長・担当課長│
 │     │      │  のか。             │       │
 │     │      │   水路や汐なのそばなど、むしろ、│       │
 │     │      │  先に井戸禁止区域指定があるべきで│       │
 │     │      │  はないのか。          │       │
 │     │      │ 3.以前には家を建てられる場所とし│〃      │
 │     │      │  て、売買されたところや、村民が持│       │
 │     │      │  っている環境保全地区内の山林が、│       │
 │     │      │  現実には井戸の同意が得られず別荘│       │
 │     │      │  地として無価値になることを想定し│       │
 │     │      │  ているのか。          │       │
 │     │      │ 4.下流水利権者や隣地所有者の同意│〃      │
 │     │      │  のような、個人対応ではなく、本来│       │
 │     │      │  個人住居の井戸については、富士見│       │
 │     │      │  町や茅野市のようにくみ上げポンプ│       │
 │     │      │  の能力や、パイプの口径で規制すべ│       │
 │     │      │  きではないか。         │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  6  │小平雅彦  │*八ケ岳中央農業実践大学校と連携と周│       │
 │     │      │ 辺環境の整備について       │       │
 │     │      │ 1.八ケ岳中央農業実践大学校は農業│村長     │
 │     │      │  の担い手の育成、農業生産の向上 │       │
 │     │      │  に、また、観光の拠点として地域活│       │
 │     │      │  性化に貢献していると考えるがどう│       │
 │     │      │  か。そこで八ケ岳中央農業実践大学│       │
 │     │      │  校との連携の現状と将来に対する方│       │
 │     │      │  向づけは。           │       │
 │     │      │ 2.もみの湯源泉残湯が本館西駐車場│村長     │
 │     │      │  境界に放流されている。源泉、残湯│       │
 │     │      │  とも有効な観光資源であり、周辺環│       │
 │     │      │  境の整備とあわせて原村のPR資源│       │
 │     │      │  として活用したらどうか。    │       │
 │     │      │ 3.校内を通過する村道ペンション農│〃      │
 │     │      │  場線は付近に白樺林等があり、ペン│       │
 │     │      │  ションに近いことから多くの車両の│       │
 │     │      │  通過や観光客の散策コースになって│       │
 │     │      │  いる。時には大型バスも通過してい│       │
 │     │      │  ると聞く、この村道に設置されてい│       │
 │     │      │  る弓振川橋梁は老朽化しているよう│       │
 │     │      │  に見受けられるが安全性については│       │
 │     │      │  どうか。また、この村道及び周辺の│       │
 │     │      │  環境整備は、原村観光のイメージア│       │
 │     │      │  ップに必要と考えるがどうか。  │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*基盤整備内道路の整備について   │       │
 │     │      │ 1.農地の基盤整備により、農業生産│村長     │
 │     │      │  の向上、農業後継者の定着に成果が│       │
 │     │      │  上がっている。また、農道の整備は│       │
 │     │      │  交通事情の改善に貢献しているが評│       │
 │     │      │  価は。             │       │
 │     │      │ 2.基盤整備内の道路幅に比較し舗装│〃      │
 │     │      │  幅が狭い場所があり、雑草化等利用│       │
 │     │      │  率の低下や交通の障害になっている│       │
 │     │      │  場所もある。今後の舗装の拡大、管│       │
 │     │      │  理対策を図るための方策は。   │       │
 │     │      │ 3.大久保から室内に連絡する村道4│〃      │
 │     │      │  546号線は、茅野市から恩前地区│       │
 │     │      │  室内裏尾根を通過する基幹農道とし│       │
 │     │      │  て計画されたと聞く、現在室内裏尾│       │
 │     │      │  根、弓振川で道路が遮断された形と│       │
 │     │      │  なっている。今後、交通の円滑化の│       │
 │     │      │  ためこの同農道整備は有効と考える│       │
 │     │      │  がどうか。           │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*村行政推進のための各種計画の実態と│       │
 │     │      │ 進行管理について         │       │
 │     │      │ 1.村行政の効率的運営に基本計画等│村長     │
 │     │      │  各種計画が策定され、村民共有のも│       │
 │     │      │  とに計画に沿った行政運営が進めら│       │
 │     │      │  れている。各種計画の実態は。ま │       │
 │     │      │  た、進行管理、評価方法、評価内容│       │
 │     │      │  の公表はどのように進めていくか。│       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  7  │小池利治  │*村長選に向けた公開討論会での村長発│       │
 │     │      │ 言について            │       │
 │     │      │ 1.財政問題について       │村長     │
 │     │      │ 2.焼却灰溶融施設について。   │〃      │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*圃場整備地区内の村有地管理について│       │
 │     │      │ 1.水田に区画された村の土地が荒れ│村長     │
 │     │      │  放題。ごみ捨て場になったり野生動│       │
 │     │      │  物のすみかになっている。手を入れ│       │
 │     │      │  るべきではないか。       │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*原村の冬場のアネモネは日本一   │       │
 │     │      │ 1.冬場の花卉農家への灯油代の援助│村長     │
 │     │      │  を考えてはどうか。       │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  8  │小池和男  │*歴史的建造物の保存について    │       │
 │     │      │ (柳沢公民館耐震診断結果総合評点 │       │
 │     │      │ 0.46)            │       │
 │     │      │ 1.耐震補強に工事費の20%か上限│村長     │
 │     │      │  300万円という制度があるが、現│       │
 │     │      │  在は地区館として使用されることが│       │
 │     │      │  多い。明治4年舞台として建築され│       │
 │     │      │  教育委員会の指定を受けた建物を保│       │
 │     │      │  存したい。地区館としての性格が強│       │
 │     │      │  いと思われるので耐震補強を村とし│       │
 │     │      │  ての取り組みを。        │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*村長選の立候補予定の公開討論会での│       │
 │     │      │ 発言について           │       │
 │     │      │ 1.7月16日付の長野日報の記事か│村長     │
 │     │      │  ら、・ごみ・環境問題について  │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  9  │日達徳吉  │*ごみの減量化について       │       │
 │     │      │ 1.ごみの散乱が多くなっている、指│村長     │
 │     │      │  導はできないか。        │       │
 │     │      │ 2.生ごみ処理について、畜産農家に│〃      │
 │     │      │  協力してもらい堆肥化はできない │       │
 │     │      │  か。(助成金を出してはどうか) │       │
 │     │      ├──────────────────┼───────┤
 │     │      │*交通安全について         │       │
 │     │      │ 1.茅野北杜韮崎線の「中央高原入 │担当課長   │
 │     │      │  口」交差点の南側の交差点に横断歩│       │
 │     │      │  道を設置するよう要望は出している│       │
 │     │      │  が、進捗状況は。        │       │
 │     │      │ 2.その交差点から小学校の間を通学│村長     │
 │     │      │  の時間帯は、交通規制をかけれない│       │
 │     │      │  か。              │       │
 ├─────┼──────┼──────────────────┼───────┤
 │  10  │矢島昌彦  │*村長選挙討論会での発言について  │       │
 │     │      │ 1.富士見町に計画されている灰溶融│村長     │
 │     │      │  炉建設に、同意が得られていない、│       │
 │     │      │  白紙にすると言われたが。    │       │
 │     │      │ 2.灰溶融炉についての基本的な考え│〃      │
 │     │      │  は。              │       │
 │     │      │ 3.4月から始めた分別は、灰溶融炉│〃      │
 │     │      │  反対の人たちのおかげで進んだとい│       │
 │     │      │  われたが。           │       │
 │     │      │*村として今後の観光推進について  │       │
 │     │      │ 1.魅力ある村、観光も移住も魅力次│村長     │
 │     │      │  第ですと、清水澄のマニフェストに│       │
 │     │      │  あるが。            │       │
 │     │      │ 2.会員の減少による資金難で観光協│〃      │
 │     │      │  会が厳しい状態になっているが。 │       │
 │     │      │ 3.原村ファン倶楽部、原村物語は観│〃      │
 │     │      │  光協会の行うメニューの一つに見え│       │
 │     │      │  るが。             │       │
 └─────┴──────┴──────────────────┴───────┘