議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 原村

平成18年第 3回定例会−09月25日-付録




平成18年第 3回定例会

                            平成18年9月25日
原村議会議長 荒 木 桂 男 殿
                     社会文教常任委員長 小 池 啓 男
       平成18年第3回原村議会定例会委員会審査報告書
 本委員会に付託された案件につき、審査の結果下記のとおり決定したので、原村議会会議規則第77条の規定により報告します。
                  記
〇 承認第14号 専決処分の承認を求めることについて
         (平成18年度原村下水道事業特別会計補正予算第3号)
  原案を承認すべきものと決定する。(全会一致)
〇 議案第36号 原村医療費特別給付金条例の一部を改正する条例について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
〇 議案第37号 原村国民健康保険条例の一部を改正する条例について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・健康保険法の改正により、出産育児一時金を5万円増額し、35万円とするものである。
〇 議案第41号 平成18年度原村国民健康保険事業勘定特別会計補正予算(第1号)について
  賛成多数にて、原案を可決すべきものと決定する。(賛成4、反対1)
  内容・医療制度改正によって自己負担が増加しており、医療から患者を遠ざけるものであるとする反対意見があった。
  ・財政の安定のために改革が必要とする意見があった。
〇 議案第42号 平成18年度原村国民健康保険直営診療施設勘定特別会計補正予算(第1号)について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・一酸化炭素ガス分析装置を購入し、禁煙外来を開始するものであり、効果に期待したい。
〇 認定第2号 平成17年度原村国民健康保険事業勘定特別会計決算の認定について
  賛成多数について、原案を認定すべきものと決定する。(賛成4、反対1)
  内容・税負担が重くなる中で、一般会計からの繰り入れをすべきとする、反対意見があった。
〇 認定第3号 平成17年度原村国民健康保険直営診療施設勘定特別会計決算の認定について
  原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・「住民のためにある診療所」の役割に期待する意見が出された。
〇 認定第6号 平成17年度原村老人保健特別会計決算の認定について
  原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)
〇 認定第7号 平成17年度原村下水道事業特別会計決算の認定について
  原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・管路調査によりヒューム管のクラックが発見され補修している。等の説明があった。
〇 議案第45号 平成17年度原村水道事業会計決算の認定並びに剰余金処分計算書(案)について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
〇 陳情第9号 私立高校に対する大幅公費助成をお願いする陳情書
        陳情者 中信地区私学助成推進協議会
            会長 江原まゆみ
  賛成多数で、一部採択すべきものと決定する。(賛成4、反対1)
  内容・国、県の関係者に対し、意見書を上げることの一部採択とする。
  意見書提出
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                            平成18年9月25日
総務産業常任委員長 木 下 貞 彦 殿
                     社会文教常任委員長 小 池 啓 男
       平成18年第3回原村議会定例会委員会審査報告書
 本委員会に分割審査を依頼された案件につき、審査の結果下記のとおり決定したので、原村議会会議規則第77条の規定により報告します。
                  記
〇 承認第15号 専決処分の承認を求めることについて
         (平成18年度原村一般会計補正予算第2号)
       13款:災害復旧費(2項公共土木施設災害復旧費)
  原案を承認すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・7月豪雨による道路、河川の災害復旧費であり、緊急性を要するものであった。
    ・パトロール等の対応を評価する意見があった。
〇 議案第40号 平成18年度原村一般会計補正予算(第4号)について
         ・3款:民生費  ・4款:衛生費  ・7款:土木費
         ・9款:教育費
         ・13款:災害復旧費(2項公共土木施設災害復旧費)
  原案を可決すべきものと決定する(全会一致)
  内容・地域福祉センターの雨漏り補修等の修理費、保育所園庭に2基の防犯灯設置などである。
    ・農薬55キログラムが不法投棄されたことによる処理費用55万円である。広報等により注意がされた。また、警察による調査が行われた。
    ・23年ぶりに開かれる阿久遺跡整備委員会の経費である。自然環境の復元や今後の整備計画を諮ることになる。
    ・7月豪雨による道路、河川の災害復旧費である。
〇 認定第1号 平成17年度原村一般会計決算の認定について
         ・2款:総務費(3項住民基本台帳費)  ・3款:民生費
         ・4款:衛生費  ・7款:土木費  ・9款:教育費
  賛成多数で、原案を認定すべきものと決定する(賛成4、反対1)
  内容・消費者相談で「契約」をめぐる業者との対応で苦労した内容の説明を受けた。取り組みを評価する意見が出された。また、村民からの通報の記録については、各課統一のフォーマット作成が必要ではないか、との意見があった。
    ・原郵便局での住民票、印鑑証明事務は37件であり、1件当たり5,411円も要したことになった。費用対効果が見られない。
    ・今後10年間の福祉計画の基本となる地域福祉計画が策定された。この取り組みを評価する意見があった。
    ・ヘルススクリーニングを4日間にする等、予防事業に取り組み、受診者が増加した。検診結果報告会が行われたが、参加者が少ないことが残念である。
    ・毎月19日を「食育の日」とするなど、食育に取り組んだ。また、睡眠時間調査などを行い、生活リズムと朝食を家庭に呼びかけ、保育に効果が出ている。
    ・母親の子育て支援事業として、「子育てサロン」について説明があった。
    ・ごみ減量化施策として、現行のペットボトル、トレーに加え、プラスチック製品の資源化についてと、地元説明会の計画案について説明を受けた。
    ・資源ごみ常時回収事業の打ち切りに関し、「住民のやり方がいけないからやめるという行政の姿勢は、公民協働を掲げる村政として問題がある」として、認定に反対する意見があった。
    ・公営住宅退去時の修繕費負担については、国交省のガイドラインに基づいて行われている。
    ・村内での交通事故による負傷者が増加しており注意を要する。
    ・交通安全施設の新設は9カ所、修繕は10カ所行った。エコーライン、御柱道交差点の横断歩道設置関連工事が大きいものである。
    ・17年度の発掘調査では、久保地尾根遺跡で琥珀と翡翠の飾り玉が出土するなど、住居址群の内側に墓こうが設けられた典型的な環状(馬蹄形)集落址であったとの説明があった。
    ・八ケ岳美術館は、原村における文化施設としてさまざまな情報を発信し、また、多彩な催事の開催など取り組みは高く評価される。それに比して、館長の処遇と権限が著しく低いのは、問題ではないか。
    ・要保護、準要保護児童生徒援助費の制度については、就学前検診のときに周知することを検討してほしい。
    ・地区子ども会育成事業は、各地区でも続けてほしいとの要望があった。継続すべきではないか。
    ・図書館の年間貸出冊数が減少しており、図書購入費減額の影響が考えられる。また、臨界点から見た原村の数値は低いとして、認定反対の意見があった。
    ・原っこ広場について事業の趣旨と違う「地域子ども教室」の補助を申請したことは、要綱から外れる混乱をもたらした。全児童対策事業として、原点に戻るべきとする意見があった。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                            平成18年9月25日
総務産業常任委員長 木 下 貞 彦 殿
                       議会運営委員長 菊 池 敏 郎
       平成18年第3回原村議会定例会委員会審査報告書
 本委員会に分割審査を依頼された案件につき、審査の結果下記のとおり決定したので、原村議会会議規則第77条の規定により報告します。
                  記
〇 認定第1号 平成17年度原村一般会計決算の認定について
       1款:議会費
  原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・議会改革検討特別委員会にて、次回改選時より議員定数11名と決定した。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                            平成18年9月25日
原村議会議長 荒 木 桂 男 殿
                     総務産業常任委員長 木 下 貞 彦
       平成18年第3回原村議会定例会委員会審査報告書
 本委員会に付託された案件につき、審査の結果下記のとおり決定したので、原村議会会議規則第77条の規定により報告いたします。
                  記
〇 承認第15号 専決処分の承認を求めることについて
         (平成18年度原村一般会計補正予算第2号)
  原案を承認すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・7月豪雨災害による復旧費等が主なもの。
    ・原村建設資材等支給・環境維持事業実施要綱の内規により今回の災害に限り機械使用料も対象とした。
            との説明があった。
〇 承認第16号 専決処分の承認を求めることについて
         (平成18年度原村一般会計補正予算第3号)
  賛成多数にて、原案を承認すべきものと決定する。(4:1)
  内容・法政大学と連携した地域づくりと蛍の水路づくり事業が主なもの。
    ・調査、研究のための宿泊費、1泊2食の料金6,300円は安すぎる。宿泊施設に応じた料金を出せるような基準を設けるべきである。
    ・宿泊料金の協議は不十分であるが、事業はやるべきである。
    ・戦略推進室で行っている事業で、農地法に抵触するものがある。
    ・蛍の水路づくり事業は教育視点が薄く、場所も問題があったためやめるべきである。
                    との意見があった。
〇 議案第38号 原村非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・消防組織法改正によるものである。
    ・一時住所移動者の団員の取り扱いについて質問があった。
    ・福祉施設の防災計画は消防団や地域住民に知らせるべき。
                          との意見があった。
〇 議案第39号 原村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・消防組織法の改正によるものである。
〇 議案第40号 平成18年度原村一般会計補正予算(第4号)について
  賛成多数にて、原案を可決すべきものと決定する。(3:2)
  内容・7月豪雨災害の工事費に関するものが主なもの。
    ・激甚災害の指定と災害査定について質問があった。
    ・旧正木邸について、公募すべきであった。
    ・原村子供の交流広場(原っこ広場)は、きちんと要綱にあわせるべき。
                          との意見があった。
〇 議案第43号 平成18年度原村有線放送事業特別会計補正予算(第1号)について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・前年度音声告知放送受信機交換受益者負担金が減収であったための補正が主なもの。
    ・原山地区有線放送利用可能区域拡張についての質問があった。
〇 議案第44号 諏訪広域連合規約の一部変更について
  賛成多数にて、原案を可決すべきものと決定する(3:2)
  内容・諏訪広域連合の議員定数にかかわるもの。
    ・議員経費に関する質問があった。
    ・7人削減すれば住民の意見が少なくなるので反対。
    ・広域連合の議員定数削減は妥当である
                          との意見があった。
〇 認定第1号 平成17年度原村一般会計決算の認定について
  賛成多数にて、原案を認定すべきものと決定する。(4:1)
  内容・税の未収について質問があった。
    ・統一公共サインですき間をあけて、見やすくできないかとの意見があった。
    ・施策の成果説明書を、ホームページで公開するには、誤記のないようにチェックしなければいけない。PDF変換は手間と費用がかかるとの大方の意見であった。必要な人には資料として提供できる体制にある。
    ・農業委員会が出された「建議」は農政に反映されたか質問があった。
    ・原村の農業政策をしっかり立てることとの意見があった。
    ・今後の稲作経営について質問があった。
    ・工業関係で、原村に何を望んでいるか、把握すべきとの意見があった。
    ・原村振興公社の、給与体系、オルゴール展示について、質問があった。
    ・商工業支援補助金は今後も是非継続するようにとの大方の意見があった。
    ・樅の木荘グラウンドは空いているときは、子供に開放してほしいとの意見があった。
    ・ふれあいセンターもみの湯の露天ぶろを現在の1.5倍くらいにして、開放感ある施設にしてはとの提案があった。
    ・次期防災計画は、全職員が住民と一緒に考えるべきとの意見があった。
    ・災害応急資材備蓄状況について質問があった。
    ・朝5時に流すチャイムを変えられないか、また、時間も夏冬変えられないか。
                          との意見があった。
〇 認定第4号 平成17年度原村有線放送事業特別会計決算の認定について
  原案を認定すべきものと決定する(全会一致)
  内容・加入状況について質問が出た。
〇 認定第5号 平成17年度原村農業者労働災害共済事業特別会計決算の認定について
  原案を認定すべきものと決定する(全会一致)
〇 陳情第10号 中国人強制連行強制労働に関する意見書(案)についての陳情書
         陳情者 中国人強制連行強制労働長野県訴訟弁護団
             代表 富森 啓児
  閉会中の継続審査にすべきものと決定する。(全会一致)
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
           平成18年第3回原村議会定例会
              陳 情 一 覧 表

┌──┬──────────┬────────────┬─────┬─────┐
│番号│  陳  情  者  │   件    名   │付託委員会│ 摘 要 │
├──┼──────────┼────────────┼─────┼─────┤
│ 8 │東京都足立区谷在家1│中国における法輪功学習者│総務産業 │審議未了 │
│  │−18−1     │の臓器摘出の実態調査を求│     │     │
│  │特定非営利活動法人日│める陳情書       │     │     │
│  │本法輪大法学会   │            │     │     │
│  │ 代表 鶴薗雅章  │            │     │     │
├──┼──────────┼────────────┼─────┼─────┤
│ 9 │松本市埋橋2−1−1│私立高校に対する大幅公費│社会文教 │一部採択 │
│  │中信地区私学助成推進│助成をお願いする陳情書 │     │意見書提出│
│  │協議会       │            │     │     │
│  │ 会長 江原まゆみ │            │     │     │
├──┼──────────┼────────────┼─────┼─────┤
│10│長野市旭町1098 │中国人強制連行強制労働に│総務産業 │継続審査 │
│  │中国人強制連行強制労│関する意見書(案)につい│     │     │
│  │働長野訴訟弁護団  │ての陳情書       │     │     │
│  │ 代表 富森啓児  │            │     │     │
└──┴──────────┴────────────┴─────┴─────┘