議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 原村

平成17年第 3回定例会−10月05日-付録




平成17年第 3回定例会

                            平成17年10月5日
原村議会議長 荒 木 桂 男 殿
                     文教厚生常任委員長 小 池 啓 男
       平成17年第3回原村議会定例会委員会審査報告書
 本委員会に付託された案件につき、審査の結果下記のとおり決定したので、原村議会会議規則第77条の規定により報告します。
                  記
〇 認定第2号 平成16年度原村国民健康保険事業勘定特別会計決算の認定について
  原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・国保の健全運営のため、村民の健康管理と疾病の早期発見や保険税収納率の向上が必要との説明があった。
〇 認定第3号 平成16年度原村国民健康保険直営診療施設勘定特別会計決算の認定について
  原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・医療と予防に関わること等、今後の役割について報告があった。
    ・小児科の診療を今後の課題として検討してほしい。との意見があった。
〇 認定第6号 平成16年度原村老人保健特別会計決算の認定について
  原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・受給対象者の減少とは反対に、医療費が増加している事について説明があった。
〇 陳情第9号 基幹病院における全国水準のウイルス肝炎治療の確保のための治療体制の充実を求める陳情書
        陳情者 長野県肝臓病患者会協議会
            会長 土屋桂一
  継続審査にすべきものと決定する。(全会一致)
  内容・諏訪中央病院組合議員より「陳情に関わる、諏訪中央病院組合議員での説明」の報告を受けた。
    ・真に患者の立場に立った治療を要望する意見が出された。
〇 陳情第10号 私立高校に対する大幅公費助成をお願いする陳情書
         陳情者 中信地区私学助成推進協議会
             会長 塚田慶子
  賛成多数で、一部採択すべきものと決定する。
  (賛成3、反対2)(内訳一部採択3、全採択1、反対1)
  内容・生徒の保護者への直接補助を行うことは賛成できない。との意見があった。
  意見書提出
〇 陳情第11号 2004年年金「改定」法に反対し、全額国庫負担による「最低保障年金制度の創設」を求める意見書採択に関する陳情書
         陳情者 全日本年金組合諏訪支部
             委員長 横内健雄
  賛成多数で、継続審査にすべきものと決定する。
  (賛成3、反対2)(内訳継続3、採択1、反対1)
  内容・財源が不明確である。との意見があった。
〇 陳情第12号 介護保険法に反対し、要介護1〜5までの人が安心して介護を受けられる介護保険法見直しの意見書採択に関する陳情書
         陳情者 全日本年金組合諏訪支部
             委員長 横内健雄
  賛成少数で、不採択すべきものと決定する。
  (賛成1、反対4)(内訳賛成1、継続1、反対3)
  内容・在宅介護と施設介護の差を解消するのが目的。介護財政が破綻してしまう。低所得者への軽減もある等の反対意見があった。
    ・改正による介護保険法で、施設を利用する人にとって負担増になるなど多くの問題が発生している。採択すべきという賛成意見があった。
〇 陳情第13号 長野県高校再編整備計画に関する陳情書
         陳情者 長野県高教組富士見高校分会長
             伊藤和夫  他3団体
  賛成多数で、採択すべきものと決定する。
  (賛成4、反対1)
  内容・学力低下が問題になっている。少人数をめざしていくべき。
    ・高校再編計画は、30人規模学級導入の検討を行う中で、十分時間をかけて議論すべきとの賛成意見があった。
    ・県の財政からみて、30人規模学級導入には反対との意見があった。
  意見書提出
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                            平成17年10月5日
総務産業常任委員長 木 下 貞 彦 殿
                     文教厚生常任委員長 小 池 啓 男
       平成17年第3回原村議会定例会委員会審査報告書
 本委員会に分割審査を依頼された案件につき、審査の結果下記のとおり決定したので、原村議会会議規則第77条の規定により報告します。
                  記
〇 議案第47号 平成17年度原村一般会計補正予算(第4号)について
          ・3款:民生費  ・4款:衛生費  ・9款:教育費
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・地域福祉センター、保育所、小・中学校、中央公民館におけるアスベスト環境調査の委託料。
    ・国、県補助金交付による合併処理浄化槽設置の補助金の増額。
    ・10年を経過し、起動時に不具合が生じる地域福祉センター自家発電設備のバッテリー交換。
                      等である。
    ・アスベスト調査の結果については、速やかに公開されたいとの意見があった。
〇 認定第1号 平成16年度原村一般会計決算の認定について
        ・2款:総務費(3項住民基本台帳費)  ・3款:民生費
        ・4款:衛生費   ・9款:教育費
  賛成多数で、原案を認定すべきものと決定する。(賛成4、反対1)
  内容・住民基本台帳費の項、原郵便局での窓口証明事務は、件数も少なく費用との効果から見て問題があり、認定に反対との意見があった。
      また、原郵便局での証明事務件数32件は、16年度証明事務件数8,011件の0.4%に過ぎない。この事務に20万5,000円が使われたことに関し、あまりにも役場に近い場所であることなど、問題があるとの意見が多く出された。
    ・敬老年金の減額に反対するとして、認定できないとの意見があった。
      また、減額については、村民理解があるのではないかとの意見もあった。
    ・一人暮らし老人等に貸与している緊急通報装置が古いものであり、検討が必要であることが話し合われた。
    ・「老人憩いの家」の存続を望む村民の声が出された。関連して1Fトイレなどの補修について、質問が出された。
    ・保育園では、どんど焼き、節分、七夕など、保育園でやらないと忘れられてしまうような伝承的行事に取り組んでいること、また野菜づくりなどを行い、食育を「根底となるもの」として取り組まれたことを、評価する意見が多く出された。
    ・農薬入りビンの不法投棄による処理費用27万円については、公表・周知すべき。
    ・ごみの処理ではなく、資源循環へ行政と住民が協力し、処理費用の低減に取組むべき。などの意見が出された。
    ・合併浄化槽処理水を河川放流することの検討について、質問が出された。
    ・奨学金制度利用条件の整備・検討についての意見があった。
    ・健康増進計画のタバコについてのアンケートによれば、小学4年〜6年生5%、中学生4.1%が喫煙経験があると答えた。学校は全面禁煙にすべき、との意見があった。
    ・阿久遺跡の間伐、今後の進め方について質問、意見が出された。
    ・八ケ岳美術館は、運営方針に基づき創意ある事業活動を行い、入館者数、売店販売を大幅に伸ばし、総収入を対前年比158%としたことについて、広報・営業努力が、高く評価される。
    ・図書館は、住民に「親しまれる図書館」として一層の努力を望む意見が出された。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                            平成17年10月5日
総務産業常任委員長 木 下 貞 彦 殿
                       議会運営委員長 菊 池 敏 郎
       平成17年第3回原村議会定例会委員会審査報告書
 本委員会に分割審査を依頼された案件につき、審査の結果下記のとおり決定したので、原村議会会議規則第77条の規定により報告します。
                  記
〇 認定第1号 平成16年度原村一般会計決算の認定について
        1款:議会費
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・議員の期末手当の増額は、全額となったため。
    ・御柱祭、戸田村との姉妹村締結30周年記念行事などにより増額となった。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                            平成17年10月5日
原村議会議長 荒 木 桂 男 殿
                     総務産業常任委員長 木 下 貞 彦
       平成17年第3回原村議会定例会委員会審査報告書
 本委員会に付託された案件につき、審査の結果下記のとおり決定したので、原村議会会議規則第77条の規定により報告します。
                  記
〇 承認第11号 専決処分の承認を求めることについて
        (平成17年度原村一般会計補正予算 第3号について)
  原案を承認すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・衆議院議員選挙の補正である。
    ・在外投票制度の説明があった。
〇 議案第43号 原村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・法の改正により、村の条例も変更するもの。内容に変わりはない。遡及適用の質問があったが条例は7月1日から適用。
〇 議案第44号 職員の勤務時間及び休暇等に関する条例の一部を改正する条例について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・人事院規則の改正によるもので、介護育児の必要な職員の早出、遅出を規定するもの。時間設定のことが話し合われた。申請業務を村民の方から依頼された場合、預かり書を発行したらの、との意見があった。
〇 議案第45号 原村水道事業基金条例について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・原村水道施設の更新及び財政調整基金条例は廃止し、積み立てた基金はこの条例に引き継ぐもの。
〇 議案第46号 原村公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例について
  賛成多数で、原案を可決すべきものと決定する。(3:2)
  内容・自治法の一部が改正され、公の施設の管理について地方自治体が直接行わない手段として、従来の管理委託制度から指定管理制度に移行するための条例。
      教育長のかかわり方の件、村長の議会報告の義務がないこと、個人情報保護に問題があり反対。議会への報告は規則でうたってもらうべきで、請求もできるように明示されたい。
   との意見があった。
〇 議案第47号 平成17年度原村一般会計補正予算(第4号)について
  賛成多数にて、原案を可決すべきものと決定する。(3:2)
  内容・修正案が出された。田園空間事業から70万円減額し、商工費に同額計上するもの。この案は賛成少数にて否決された。(1:4)
      農場の小径関連で、負担金について土地改良法、条例の整合性について質問が出された。計画のない(具体化されていない)事業に賛成できない。測量、設計をここで出すべきではない。シンボルツリーの高さが18メートルとの説明は環境保全条例上問題である。ツリーの事業については不明確のところもあるが、事業は必要と考える。ツリーの件は法律に反しないように推進すべき。
                      との、意見があった。
〇 認定第1号 平成16年度原村一般会計決算の認定について
  賛成多数で、原案を可決すべきものと決定する。(4:1)
  内容・全体的には村民生活にとってよいことが多いが、文化園絵コンテの問題、公園管理の面で総務委員会の事務調査の結果が生かされていない。行政改革についてももっと、広く村民の意見を聞くべきでは。
    ・総括的に賛成、行政改革に向かっている。農林業費の説明で不明瞭なところもあったが全体としては認定すべき。
    ・消防費において、広域連合の決算書と原村の決算書を見ても連合の各市町村ごとの繰越金の表示がなく村の負担金との関係がわかりにくい、だれでもわかる決算書にして欲しい。防災用にモトクロスバイクを購入すべきでは。
    ・広報の第3種郵便、メール便の検討は、告知文書は郵送すべきでは。情報センタから抜けて、どこかに委託したほうが安くないか。指定統計調査費における流用の流用はわかりにくく、整理すべき事項では。
    ・現在使用している融雪剤より経済的で安価なものはないか。
    ・ペンション線のグレーチング破損箇所取りかえ修理、信金南のカーブミラーが見えにくい、室内交差点の信号は歩車分離式でいいのかの検討、野明たばこ店の所のカーブミラーの増設を考え対応してほしい。
    ・農地流動化補助金について、小作料無料で借りた休耕田に補助するのはおかしい。毎年出すのもおかしいので制度・要綱の検討を。
    ・転換技術現地実践事業においては、生産者は手間がかかるとの声があるので意見を聞いてから検討を。
    ・財産調書について、マレットゴルフ場のトイレ等は載っているのか、各区の公民館はどうなっているのか、質問があった。
    ・美術館に、村野藤吾設計建築物である説明看板を設置して誘客につなげたら。
    ・自然文化園において、減免措置が規則どおり扱われていないのは問題だ。
                      との、意見があった。
〇 認定第4号 平成16年度原村有線放送事業特別会計決算の認定について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・有線放送故障については早急に対策を取ってほしい。FM放送を使用したら。テレビの受信装置を利用しては。CATVの負担金のあり方について、現状を踏まえ検討したら。
                      との、意見があった。
〇 認定第5号 平成16年年度原村農業者労働災害共済事業特別会計決算の認定について
  原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・葬祭料2万円は各種保険制度でも支給されているのでその辺を検討してほしい。
                      との、意見があった。
〇 認定第7号 平成16年度原村下水道事業特別会計決算の認定について
  賛成多数で、認定すべきものと決定する。(4:1)
  内容・流域の負担金の値上げが使用料値上げの理由とされてきた。今回値下げしたのに使用料が下がっていない。今後のことを考えて賛成。
                      との、意見があった。
〇 認定第8号 平成16年度原村水道事業会計決算の認定について
  原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)
  (水道事業余剰金処分計算書も認定しました)
  内容・決算書と余剰金の二つがあるので、議案として別に出したらどうか。石綿管の入れ替え後の処分はどうなっているのか。
                      との、意見があった。
〇 認定第9号 平成16年度諏訪郡町村公平委員会組合一般会計決算の認定について
  原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)
  内容・諏訪郡公平委員会組合の解散によるもの。
〇 議案第31号 原村安全なまちづくり条例について
  原案を可決すべきものと決定する。(全会一致)
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


           平成17年第3回原村議会定例会
              陳 情 一 覧 表

 ┌──┬──────────┬────────────┬─────┬─────┐
 │番号│  陳  情  者  │   件    名   │付託委員会│ 摘 要 │
 ├──┼──────────┼────────────┼─────┼─────┤
 │ 9 │長野市穂保118  │基幹病院における全国水準│文教厚生 │継続審査 │
 │  │長野県肝臓病患者会協│のウイルス肝炎治療の確保│     │     │
 │  │議会        │のため治療体制の充実を求│     │     │
 │  │ 会長 土屋桂一  │める陳情書       │     │     │
 ├──┼──────────┼────────────┼─────┼─────┤
 │10│松本市里山辺4202│私立高校に対する大幅公費│文教厚生 │一部採択 │
 │  │中信地区私学助成推進│助成をお願いする陳情書 │     │意見書提出│
 │  │協議会       │            │     │     │
 │  │ 会長 塚田慶子  │            │     │     │
 ├──┼──────────┼────────────┼─────┼─────┤
 │11│岡谷市中央町2-3-10 │2004年年金「改定」法│文教厚生 │継続審査 │
 │  │全日本年金社組合諏訪│に反対し、全額国庫負担に│     │     │
 │  │支部        │よる「最低保障年金制度の│     │     │
 │  │ 委員長 横内健雄 │創設」を求める意見書採択│     │     │
 │  │          │に関する陳情書     │     │     │
 ├──┼──────────┼────────────┼─────┼─────┤
 │12│岡谷市中央町2-3-10 │介護保険法に反対し、要介│文教厚生 │不採択  │
 │  │全日本年金社組合諏訪│護1〜5までの人が安心し│     │     │
 │  │支部        │て介護を受けられる介護保│     │     │
 │  │ 委員長 横内健雄 │険法見直しの意見書採択に│     │     │
 │  │          │関する陳情書      │     │     │
 ├──┼──────────┼────────────┼─────┼─────┤
 │13│富士見町富士見3330 │長野県高校再編整備計画に│文教厚生 │採択   │
 │  │富士見高等学校   │関する陳情書      │     │意見書提出│
 │  │ 同窓会長 菊池倶臣│            │     │     │
 │  │富士見高等学校PTA│            │     │     │
 │  │ 会長 樋口直子  │            │     │     │
 │  │(財)富士見高等学校教│            │     │     │
 │  │育振興会      │            │     │     │
 │  │ 理事長 清水吉平 │            │     │     │
 │  │長野県高教組富士見高│            │     │     │
 │  │校         │            │     │     │
 │  │ 分会長 伊藤和夫 │            │     │     │
 └──┴──────────┴────────────┴─────┴─────┘