議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 原村

平成17年第 3回定例会−09月14日-01号




平成17年第 3回定例会

         平成17年第3回原村議会定例会第1日目会議録

1 日  時  平成17年9月14日
2 場  所  原村議会議場
3 出席議員  1番  日 達 徳 吉     2番  長谷川   寛
        3番  菊 池 敏 郎     4番  木 下 貞 彦
        5番  小 池 みのり     6番  行 田   俊
        7番  小 池 啓 男     8番  小 池 和 男
        9番  永 井 和 人    10番  矢 島 昌 彦
       11番  小 松 公 夫    12番  小 林 伴 子
       13番  荒 木 桂 男
4 欠席議員 なし
5 地方自治法第121条の規定により、会議事件説明のため出席を求めた者は次のとおりである。
  村長       清 水   澄    助役       平 出 攻 進
  教育長      津 金 喜 勝    総務課長     小 林 勝 廣
  農林商工観光課長 中 村 暁 介    財務課長     細 川 昭 二
  住民課長     秋 山 幸 雄    生涯学習課長   百 瀬 嘉 徳
  保健福祉課長   雨 宮 直 喜    建設水道課長   長 林 文 夫
  消防室長     田 中 隆 治    学校教育課長   佐 貫 正 憲
  代表監査委員   森 山 清 元
6 職務のため出席した事務局職員
  事務局長     菊 池 周 吾    係長       阿 部 清 美
7 本日の日程
      1)会議録署名議員の指名
      2)会期の決定
      3)諸般の報告
      4)議案審議
         議案第40号議案第42号まで
           「上程・説明・質疑・討論・採決」
         承認第11号及び議案第43号から議案第47号
         承認第1号から承認第9号まで
           「上程・説明」   一括
8 地方自治法第149条第1項の規定により、長から提出された議案は次のとおりである。
1.承認第11号 専決処分の承認を求めることについて
         (平成17年度原村一般会計補正予算第3号について)
2.議案第40号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増減及び規約の変更について
3.議案第41号 長野県町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更について
4.議案第42号 南信地域町村交通災害共済事務組合を組織する町村数の減少及び組合規約の変更について
5.議案第43号 原村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について
6.議案第44号 職員の勤務時間及び休暇等に関する条例の一部を改正する条例について
7.議案第45号 原村水道事業基金条例について
8.議案第46号 原村公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例について
9.議案第47号 平成17年度原村一般会計補正予算(第4号)について
10.認定第 1号 平成16年度原村一般会計決算の認定について
11.認定第 2号 平成16年度原村国民健康保険事業勘定特別会計決算の認定について
12.認定第 3号 平成16年度原村国民健康保険直営診療施設勘定特別会計決算の認定について
13.認定第 4号 平成16年度原村有線放送事業特別会計決算の認定について
14.認定第 5号 平成16年度原村農業者労働災害共済事業特別会計決算の認定について
15.認定第 6号 平成16年度原村老人保健特別会計決算の認定について
16.認定第 7号 平成16年度原村下水道事業特別会計決算の認定について
17.認定第 8号 平成16年度原村水道事業会計決算の認定について
18.認定第 9号 平成16年度諏訪郡町村公平委員会組合一般会計決算の認定について



                            午前 9時15分 開会
○議長(荒木桂男君) ただいまから平成17年第3回原村議会定例会を開会いたします。
 村長から招集のあいさつがあります。清水村長。
◎村長(清水澄君) 皆さんおはようございます。招集のごあいさつを申し上げます。
 本日ここに、平成17年第3回原村議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆さんには何かと御多用の中、全員の御出席を得て会議できますこと、心から御礼申し上げます。
 原村が村民の負託を受け、合併によらず自立の村づくりに進んで2年目であり、徹底した行財政の合理化とむだを省き、公民協働の活力を目指して進んでいることは、内外に注目を集め、この間、50団体以上の行政視察をいただいていますが、実に多とするものであります。国における三位一体の改革の影響は、合併してもしなくても同じに押し寄せるものであり、早く対応に手をつけた自治体が勝ちを納めるものと信じます。
 原村の財政情報の中で刮目すべきは、このほど長野県から発表されたものですが、住民1人当たりの将来負担額が県下一低く、9.8万円というもので、いかに本村財政の内容が良好なものであるかを示す指標であります。我々はこの指標をあらがうことのないよう、さらに財政の健全運営に努め、持続性のある理想郷の建設に向かっていかなければならないと考えています。議員の皆様にも心から御協力をお願いする次第であります。
 さて、本定例会でお願いします案件は、県下町村の合併による減に関し一部事務組合の規約の変更を求めるもの3件、一般会計の衆議院議員選挙に関し行った専決処分の承認を求めるもの、条例の一部改正をお願いするもの2件、条例の制定は水道基金条例及び指定管理者制度に関するもので2件、一般会計の補正予算をお願いするものは5,762万円の増で、アスベスト浮遊量等の調査、中山間地域の直接支払い、県営かんがい排水事業、樅の木荘ボイラー修繕その他、県コモンズ支援金による防災対策費等が主なものでございます。あとは平成16年度一般会計及び特別会計の決算認定を求めるもの8件です。
 一般会計は、当初予算額36億3,800万円に対し、決算額では40億7,148万7,000円となり、当初予算に比して4億3,348万7,000円、11.92%の増でした。また平成15年度の決算額に対しては0.27%の増となりました。これは当初予算額に比し地方交付税で9,000万円、土地開発基金の繰り入れ2億1,000万円、繰越金で1億9,000万円増加したことによるものが、他の減額を補って、このような数字となったものです。特に地方交付税については、地方財政計画を縮小しながらも、所要の額を確保すべきとした全国町村会を初めとする地方6団体の要求に考慮した結果ではないかと思います。しかし、これでも対前年度比では1億円以上の減額であり、厳しいことに変わりはございません。
 平成17年度におきましては、国庫補助負担金等の一般財源化等の問題があり、さらに、この三位一体の改革が進行しておるところでございますけれども、我々は地方財政への影響をつとに考慮して、事に当たっていかなければならないと考えている次第でございます。
 最後に、諏訪郡町村会の解散により、認定組織のなくなった郡公平委員会組合の決算認定をもお願いしております。
 以上申し上げまして、招集のごあいさつといたします。どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(荒木桂男君) ただいまの出席議員数は13名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
△1 会議録署名議員の指名
○議長(荒木桂男君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は会議規則第120条の規定により、議長において、4番木下貞彦君、5番小池みのりさん、6番行田俊君を指名いたします。
△2 会期決定
○議長(荒木桂男君) 日程第2 会期の決定について議題といたします。
 本定例会の会期につきましては、過日、議会運営委員会を開催し、協議しておりますので、ここで議会運営委員長の報告を求めます。菊池委員長。
◎議会運営委員長(菊池敏郎君) それではお願いします。
 本定例会に提案された議案等について、議会運営委員会を行ってありますので、御報告申し上げます。
 村長提出18件、うち承認1件、県町村公平委員会等組合規約関係が3件です。それから条例改正が4件、補正予算1件、決算認定9件、計18件でございます。
 また、請願・陳情については5件です。
 一般質問については11名、58件の通告がございました。
 よって、本定例会の会期ですが、本日9月14日から10月5日までの22日間としてお願いいたします。
 また、本定例会に上程されました議案の第40号の県町村公平委員会の共同設置の問題、それから議案第41号の総合事務組合を組織する自治体数の変更等規約関係の問題、議案第42号の南信地域町村交通共済組合の組織の減少や組合規約の変更等については、本日、上程の後、質疑、討論、確定議したいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 なお、9月20日、21日は一般質問を行う予定でございます。
 最終日は、10月5日午後1時半開議して確定議したいと思います。よろしくお願いいたします。
 もう1点、議案の審議の関係ですが、認定第1号の16年度原村一般会計決算の認定については、従来どおり質疑については歳入、それから歳出については4款までの、それから5款以降についての三つに分けて行いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 以上でございます。
○議長(荒木桂男君) お諮りいたします。会期につきましては、議会運営委員長報告のとおり、本日9月14日から10月5日までの22日間とすることに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(荒木桂男君) 異議なしと認めます。よって、会期は9月14日から10月5日までの22日間とすることに決定いたしました。
△3 諸般の報告
○議長(荒木桂男君) 日程第3 この際、諸般の報告をいたします。原村振興公社平成16年度事業報告書、有限会社樅の木決算報告書、諏訪中央病院組合議会報告書、報告に付する規則・要項等、原村監査委員より平成16年度原村一般会計、特別会計、企業会計決算審査意見書、平成16年度諏訪郡町村公平委員会統合一般会計決算の審査意見書の提出がありましたので、お手元に配付しておきましたから、御了承を願います。
△4 議案審議
○議長(荒木桂男君) 日程第4 これより議案審議を行います。
 お諮りします。議案第40号から議案第42号につきましては、議会運営委員長報告のとおり委員会付託を省略し、直ちに本会議で確定議したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(荒木桂男君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略して本会議で直ちに確定議することに決しました。
 議案第40号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増減及び規約の変更についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。平出助役。
◎助役(平出攻進君) おはようございます。それでは議案第40号につきまして御説明したいと思います。
 (以下提案理由説明)
○議長(荒木桂男君) これより質疑を行います。質疑ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(荒木桂男君) これにて質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(荒木桂男君) これにて討論を終結いたします。
 これより議案第40号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増減及び規約の変更についてを採決いたします。
 お諮りします。本案は原案どおり決することに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(荒木桂男君) 異議なしと認めます。よって、本案は可決とされました。
 議案第41号 長野県町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。平出助役。
◎助役(平出攻進君) 議案第41号 長野県町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更について。
 (以下提案理由説明)
○議長(荒木桂男君) これより質疑を行います。質疑ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(荒木桂男君) これにて質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(荒木桂男君) これにて討論を終結いたします。
 これより議案第41号 長野県町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更についてを採決いたします。
 お諮りします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(荒木桂男君) 異議なしと認めます。よって、本案は可決とされました。
 議案第42号 南信地域町村交通災害共済組合を組織する町村数の減少及び組合規約の変更についてを議題といたします。提案理由の説明を求めます。平出助役。
◎助役(平出攻進君) 議案第42号 南信地域町村交通災害共済事務組合を組織する町村数の減少及び組合規約の変更について。
 (以下提案理由説明)
○議長(荒木桂男君) これより質疑を行います。質疑ありませんか。菊池敏郎君。
◆3番(菊池敏郎君) 済みません、ちょっと単純なことでお聞きしますが、40、41、42、それぞれ合併の時期がずれるもんですから、例えば41号についてはあれですね、来年のもう3月30日の分まで含んで変更ですよね。ところが、次のこの42号については1月1日までですよね。これ何かあるんでしょうかね。またやらなきゃいけないみたいな話だもんでね。もう議決して準備が入っているなら、どうしてやらないのかなという、一緒にね。というただ単純なことをお聞きしたいんです。
○議長(荒木桂男君) 平出助役。
◎助役(平出攻進君) これは41号つきましては、県全体の話になります。南信交通というのは諏訪郡、上伊那、下伊那だけということと、それから、もう一個は南信交通災害共済事務組合で、こういった方法でやりたいということで、お願いしているわけであります。
○議長(荒木桂男君) ほかにございませんか。
 (なしの声あり)
○議長(荒木桂男君) これにて質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
 (なしの声あり)
○議長(荒木桂男君) これにて討論を終結いたします。
 これより議案第42号 南信地域町村交通災害共済事務組合を組織する町村数の減少及び組合規約の変更についてを採決いたします。
 お諮りします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。
 (異議なしの声あり)
○議長(荒木桂男君) 異議なしと認めます。よって、本案は可決とされました。
 承認第11号及び議案第43号から議案第47号まで、認定第1号から認定第9号まで一括して議題といたします。提出議案について提案者の説明を求めます。平出助役。
◎助役(平出攻進君) それでは、御説明申し上げます。
 (以下提案理由説明)
○議長(荒木桂男君) この際、暫時休憩いたします。10時20分に再開いたします。
                            午前10時10分 休憩
                            午前10時25分 再開
○議長(荒木桂男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ここで議案第45号及び認定8号を先に御説明をいただきます。お願いします。長林建設水道課長。
◎建設水道課長(長林文夫君) それでは議案第45号をお願いいたします。
 (以下提案理由説明)
○議長(荒木桂男君) 平出助役。
◎助役(平出攻進君) それでは、認定1号から認定7号まで御説明したいと思います。
 (以下提案理由説明)
○議長(荒木桂男君) この際、昼食のため休憩いたします。午後は1時30分に再開いたします。
                            午前11時45分 休憩
                            午後 1時30分 再開
○議長(荒木桂男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 平出助役。
◎助役(平出攻進君) それでは引き続きお願いします。
 (以下提案理由説明)
○議長(荒木桂男君) この際、暫時休憩いたします。再開は2時45分でございます。
                            午後 2時30分 休憩
                            午後 2時45分 再開
○議長(荒木桂男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 平出助役。
◎助役(平出攻進君) それでは、もうしばらく御辛抱いただきたいと思います。
 (以下提案理由説明)
○議長(荒木桂男君) 以上で本日は終了します。
 来る16日は、午前9時から本会議を開き、議案等に対する質疑を行い、委員会付託を行います。
 本日はこれにて散会します。御苦労さまでした。
                            午後  時  分 閉会



以上会議のてん末を記載し、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


        平成17年9月14日


            原村議会議長  荒 木 桂 男


            原村議会議員  木 下 貞 彦


            原村議会議員  小 池 みのり


            原村議会議員  行 田   俊