議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 富士見町

平成23年 3月(第448回)定例会−03月03日-01号




平成23年 3月(第448回)定例会

              平成23年3月(第448回)
                富士見町議会定例会


議 事 日 程(第1日目)
                             日時 平成23年3月3日(木)
                                午前10時00分 開会
1.開  会
2.開議宣告
3.議事日程の報告
  日程第 1 会議録署名議員の指名
  日程第 2 会期の決定
  日程第 3 諸報告
  日程第 4 長野県地方税滞納整理機構議会議員選挙
                  (議案の上程、説明)
  日程第 5 議案第 1号 富士見町道路占用料徴収条例の一部を改正する条例
  日程第 6 議案第 2号 富士見町消防団の設置に関する条例の一部を改正する条例
  日程第 7 議案第 3号 富士見町国民健康保険条例の一部を改正する条例
  日程第 8 議案第 4号 資金積立基金の設置管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例
  日程第 9 議案第 5号 富士見町特別会計条例の一部を改正する条例
  日程第10 議案第 6号 富士見町体育施設等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
  日程第11 議案第 7号 富士見町グリーンカルチャーセンター条例を廃止する条例
  日程第12 議案第 8号 第4次富士見町総合計画・後期基本計画について
  日程第13 議案第 9号 土地改良事業の施行について
  日程第14 議案第10号 財産の無償譲渡について
  日程第15 議案第11号 富士見町観光施設貸付事業特別会計への繰入れについて
  日程第16 議案第12号 損害賠償額の決定について
  日程第17 議案第13号 損害賠償額の決定について
  日程第18 議案第14号 富士見町の特定の事務を取扱わせる郵便局の指定等の一部変更について
  日程第19 議案第15号 平成22年度富士見町一般会計補正予算(第6号)
  日程第20 議案第16号 平成22年度富士見町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
  日程第21 議案第17号 平成22年度富士見町老人保健特別会計補正予算(第1号)
  日程第22 議案第18号 平成22年度富士見町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
  日程第23 議案第19号 平成22年度富士見町有線放送電話特別会計補正予算(第1号)
  日程第24 議案第20号 平成22年度富士見町富士見財産区特別会計補正予算(第2号)
  日程第25 議案第21号 平成22年度富士見町水道事業会計補正予算(第2号)
  日程第26 議案第22号 平成22年度富士見町下水道事業会計補正予算(第1号)
  日程第27 議案第23号 平成23年度富士見町一般会計予算
  日程第28 議案第24号 平成23年度富士見町国民健康保険特別会計予算
  日程第29 議案第25号 平成23年度富士見町後期高齢者医療特別会計予算
  日程第30 議案第26号 平成23年度富士見町有線放送電話特別会計予算
  日程第31 議案第27号 平成23年度富士見町観光施設貸付事業特別会計予算
  日程第32 議案第28号 平成23年度富士見町富士見財産区特別会計予算
  日程第33 議案第29号 平成23年度富士見町水道事業会計予算
  日程第34 議案第30号 平成23年度富士見町下水道事業会計予算
              (議案の上程、説明、質疑、討論、採決)
  日程第35 議 第 1号 第4次富士見町総合計画・後期基本計画審査特別委員会設置(案)の提出について
  日程第36 議 第 2号 予算審査特別委員会設置(案)の提出について
4.散  会



                  平成23年3月
         第448回富士見町議会(定例会)会議録(第1日)
平成23年3月3日(木曜日)
議員の席次及び氏名と出欠
                午前 午後                 午前 午後
  第 1 番  小 林   光 出  出    第 2 番  エンジェル千代子出  出
  第 3 番  中 山   孝 出  出    第 4 番  織 田 昭 雄 出  出
  第 5 番  名 取 武 一 出  出    第 6 番  小 林 市 子 出  出
  第 7 番  五 味   滋 出  出    第 8 番  三 井 幹 人 出  出
  第 9 番  小 池 一 夫 出  出    第10番  平 出 英 夫 出  出
  第11番  小 池 久 長 出  出

職務のために出席した事務局員
  事務局長      植 松 久 春     次長        尾 沼 好 美
  臨時職員      有 賀 弘 美

説明のために出席した者
  町長        小 林 一 彦     副町長       五 味 正 文
  教育長       小 林 洋 文     総務課長      小 林 良 光
  会計管理者     名 取 光 昭     財務課長      窪 田 和 美
  住民福祉課長    名 取 祐 仁     産業課長      植 松 佳 光
  建設課長      小 池 義 弘     子ども課長     五 味 一 文
  生涯学習課長    小 池 英 彦     上下水道課長    佐 伯 幸比古
  消防課長      植 松   恵


                              開会 午前 9時58分
○議長 おはようございます。任期中の最後の定例会となりました。今、議員に対する評価も非常に厳しい評価がありますので、ぜひ最後の定例会でございますので、議論を尽くしていただきたいと思います。
 ただいまより平成23年3月第448回富士見町議会定例会を開会いたします。
 開会に際しまして、町長より招集のあいさつがあります。
◎町長 皆さんおはようございます。
 第448回富士見町3月期議会定例会、議員の皆さん全員参加いただきまして、本当にありがとうございます。今回はですね、30の議案がありまして、大変たくさんでございまして、御苦労をかけますが、よろしく審議のほどをお願いしたいと思います。
 その議案の中でも最大のテーマは平成23年度予算案でございます。この予算案は去年に比べまして、6億強の増、71億1,500万という大きな増額になっておりますが、この中の主なものが清泉荘の改築とか農業用水路の改善、あるいは道路の改善といったような、富士見町が粘り強く県とか国と交渉してですね、補助金として獲得できた部分が大部分でございます。
 一方で、この一般的な歳入歳出でございますが、基本的には町税が若干減で、交付税が若干増と、前年とそれほど変わっていないと。その中でですね、去年と比べて大きく違うところは、去年はパノラマへの債券投資というものが大変膨らんだわけですが、再建も順調にいっておりまして、ことしは1億円この投資がなくなると。
 それから同時にですね、ことしからパノラマから5,000万円、来年は7,000万円、町に賃料として返却するということが、21年度以前にはなかった財源として出てきておりまして、この部分でですね、福祉関係あるいは観光のパノラマ以外の観光の増強、あるいは農業の強化、少子化対策等々を進める予算になっております。同時にですね、財政の健全化を目指しまして不良債権が一部含まれております土地開発公社、ここの部分の健全化に第一歩を踏み出すという予算を組んでいるわけでございます。そういったことでですね、この中身を慎重に御審議いただければというふうに思います。
 それから、22年度、あと1カ月足らずというところまで来ておりますが、継続と改革ということを掲げて各施策を実行してまいりますが、着実に前進しているのではないかと思います。特に最大の懸案だったパノラマでございますが、きのう現在で、去年に比べまして9,150人のスキー客の増員があります。それから売り上げ面でも4,300万の、去年に比べて増加ということで、公約しております5,000万円返却ということは確実に実行できる見通しとなっている状況でございます。
 そんな中ですね、今回の議会、よりよいまちづくりに実りある議論ということで、皆様の御協力よろしくお願いします。
○議長 ただいまの出席議員数は全員であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
○議長 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。
△日程第 1 会議録署名議員の指名
○議長 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。今定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によりまして、1番小林光議員、2番エンジェル千代子議員を指名いたします。
△日程第 2 会期の決定
○議長 日程第2 会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。今定例会の会期は議会運営委員会で審議した結果、本日から3月16日までの14日間としたいと思いますが、これに御異議はありませんでしょうか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。したがって、会期は本日から3月16日までの14日間と決定をいたしました。
 お諮りをいたします。議事の都合により3月5日及び6日並びに9日から15日までの9日間を休会としたいと思います。これに御異議はございませんでしょうか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。したがって、3月5日及び6日並びに9日から15日までの9日間を休会とすることに決定をいたしました。
△日程第 3 諸報告
○議長 日程第3 諸般の報告を行います。
 監査委員から平成22年12月から平成23年2月までにかかわる現金監査出納検査の結果の報告がありましたので、お手元に配付をしておきました。
 次に、平成23年12月議会定例会において可決されました30人以下学級の早期実現、教職員定数増を求める意見書、長野県独自の30人規模学級の中学への拡大を求める意見書、私立高校への公費助成に関する意見書、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉を慎重に進めることを求める意見書、諏訪湖釜口水門の下部放流を試験的に実施することを求める意見書は、関係大臣等にそれぞれ送付しておきました。
 町長より議案の提出がありましたので報告をいたします。議案集をあらかじめ配付してありますので、報告は省略をさせていただきます。
△日程第 4 長野県地方税滞納整理機構議会議員の選挙
○議長 日程第4 長野県地方税滞納整理機構議会議員の選挙を議題といたします。
 長野県地方税滞納整理機構議会議員につきましては、長野県地方税滞納整理機構規約第8条の規定によりまして、町村議会議員から2名を選出することになっておりますが、立候補者数が定数を超えたため、今回、選挙が行われるものであります。
 この選挙は、長野県地方税滞納整理機構規約第8条の規定により、すべての町村議会の選挙における得票数により当選人を決定することになりますので、会議規則第33条の規定に基づく選挙結果の報告のうち、当選人の報告及び当選人への告知は行いません。
 お諮りいたします。選挙結果の報告につきましては、会議規則第33条の規定にかかわらず有効投票のうち、候補者得票数までを報告することに御異議はありませんでしょうか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。よって、選挙結果の報告については、会議規則第33条の規定にかかわらず有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決定をいたしました。
 それではこれから選挙を行います。御異議はございませんでしょうか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
 ただいまより議場の閉鎖を命じます。
               (議 場 閉 鎖)
○議長 ただいまの出席議員数は全員であります。
○議長 次に、立会人を指名をいたします。会議規則第32条の規定によりまして、立会人に小林光議員、エンジェル千代子議員、中山孝議員の3人を指名いたします。
○議長 候補者名簿をお配りをいたします。では、ただいま候補者名簿をお配りをいたします。
              (候補者名簿 配付)
○議長 ただいま候補者の名簿をお配りさせていただきましたが、候補者の名簿の配付漏れはございませんでしょうか。(なしの声あり)
○議長 配付漏れなしと認めます。
 続きまして、投票用紙をお配りをいたします。念のために申し上げますが、投票は単記無記名でございます。よろしいですか。お一人のみ記名をしてください。
               (投票用紙 配付)
○議長 投票用紙は配付漏れはございませんでしょうか。(なしの声あり)
○議長 配付漏れなしと認めます。
 それでは、投票箱の点検をしていただきたいと思いますので、立会人お三方、お願いをいたします。
               (投票箱 点検)
○議長 異常はありませんでしょうか。(なしの声あり)
○議長 異常なしと認めます。
 ただいまより、直ちに投票を行います。1番の議員から順番に投票をお願いいたします。
                (投   票)
○議長 投票漏れはございませんでしょうか。(なしの声あり)
○議長 投票漏れなしと認めます。
○議長 投票を終わりにいたします。
○議長 直ちに開票を行います。小林光議員、エンジェル千代子議員、中山孝議員、開票の立ち合いをお願いいたします。
                (開   票)
○議長 選挙の結果を報告をいたします。投票総数11票、有効投票11票、無効投票ゼロです。
 有効投票のうち、久保田三代氏9票、山本陽一氏ゼロ票、関島信憙氏2票、以上のとおりであります。
○議長 議場の閉鎖を解きます。
               (議 場 開 鎖)
△日程第 5 議案第 1号 富士見町道路占用料徴収条例の一部を改正する条例
△日程第 6 議案第 2号 富士見町消防団の設置に関する条例の一部を改正する条例
△日程第 7 議案第 3号 富士見町国民健康保険条例の一部を改正する条例
△日程第 8 議案第 4号 資金積立基金の設置管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例
△日程第 9 議案第 5号 富士見町特別会計条例の一部を改正する条例
△日程第10 議案第 6号 富士見町体育施設等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
△日程第11 議案第 7号 富士見町グリーンカルチャーセンター条例を廃止する条例
△日程第12 議案第 8号 第4次富士見町総合計画・後期基本計画について
△日程第13 議案第 9号 土地改良事業の施行について
△日程第14 議案第10号 財産の無償譲渡について
△日程第15 議案第11号 富士見町観光施設貸付事業特別会計への繰入れについて
△日程第16 議案第12号 損害賠償額の決定について
△日程第17 議案第13号 損害賠償額の決定について
△日程第18 議案第14号 富士見町の特定の事務を取扱わせる郵便局の指定等の一部変更について
△日程第19 議案第15号 平成22年度富士見町一般会計補正予算(第6号)
△日程第20 議案第16号 平成22年度富士見町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
△日程第21 議案第17号 平成22年度富士見町老人保健特別会計補正予算(第1号)
△日程第22 議案第18号 平成22年度富士見町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
△日程第23 議案第19号 平成22年度富士見町有線放送電話特別会計補正予算(第1号)
△日程第24 議案第20号 平成22年度富士見財産区特別会計補正予算(第2号)
△日程第25 議案第21号 平成22年度富士見町水道事業会計補正予算(第2号)
△日程第26 議案第22号 平成22年度富士見町下水道事業会計補正予算(第1号)
△日程第27 議案第23号 平成23年度富士見町一般会計予算
△日程第28 議案第24号 平成23年度富士見町国民健康保険特別会計予算
△日程第29 議案第25号 平成23年度富士見町後期高齢者医療特別会計予算
△日程第30 議案第26号 平成23年度富士見町有線放送電話特別会計予算
△日程第31 議案第27号 平成23年度富士見町観光施設貸付事業特別会計予算
△日程第32 議案第28号 平成23年度富士見町富士見財産区特別会計予算
△日程第33 議案第29号 平成23年度富士見町水道事業会計予算
△日程第34 議案第30号 平成23年度富士見町下水道事業会計予算
○議長 引き続き、日程第5 議案第1号 富士見町道路占用料徴収条例の一部を改正する条例から日程第34 議案第30号 平成23年度富士見町下水道事業会計予算までを一括して議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
◎町長 それでは議案内容・理由を説明いたします。
 議案第1号は、道路占用料徴収条例の一部を改正する条例であります。県の道路占用料の減免に伴い、町の占用料も減免するよう改正するものであります。
 議案第2号は、富士見町消防団の設置に関する条例の一部を改正する条例であります。これは消防団の設置に関する根拠法令に合わせるために改正するものであります。
 議案第3号は、富士見町国民健康保険条例の一部を改正する条例であります。これは出産育児一時金についての改正であります。
 議案第4号は、資金積立基金の設置管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例であります。これは有線放送会計の基金の名称を変更するものであります。
 議案第5号は、富士見町特別会計条例の一部を改正する条例であります。これは有線放送電話特別会計、富士見町老人保健特別会計の名称変更及び廃止をするものであります。
 議案第6号は、富士見町体育施設等設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例であります。これは、旧南中体育館の扱いに関するものであります。
 議案第7号は、富士見町グリーンカルチャーセンター条例を廃止する条例であります。これは、グリーンカルチャーセンターを譲渡するため条例を廃止するものであります。
 議案第8号は、第4次富士見町総合計画・後期基本計画についてであります。この計画を富士見町総合開発審議会に諮り策定しましたので、議決を諮るものです。
 議案第9号は、土地改良事業の施行についてであります。上蔦木地区の水路工事を土地改良事業として計画しましたので、土地改良法の規定により議決を求めるものであります。
 議案第10号は、財産の無償譲渡についてであります。これは富士見町グリーンカルチャーの建物を無償で信州諏訪農業協同組合に譲渡するための議決を求めるものであります。
 議案第11号は、一般会計から観光施設貸付事業特別会計に繰り入れるための地方財政法の規定により議決を求めるものでございます。
 議案第12号、13号は損害賠償の決定についてであります。いずれも運転中の不注意により、他の車両と接触したものでございまして、損害額が決定しましたので、議会の議決を求めるものです。
 議案第14号は、富士見町の特定の事務を取り扱わせる郵便局の指定等の一部変更でございます。各種証明書等の交付を取り扱う町内の郵便局を利用形態の推移などの検討をする中で見直すものであります。
 議案第15号は、平成22年度一般会計補正予算(第6号)であります。
 議案第16号から議案第22号 平成22年度各特別会計と企業会計の補正予算です。それぞれ会計において、事業の進捗等により補正の必要が生じましたので、お願いするものでございます。
 議案第23号は、平成23年度富士見町一般会計予算です。清泉荘の改築、本郷小学校への児童クラブ創設、新規就農者支援事業雇用対策の充実などにより、6億円多い71億1,500万円の予算を編成しました。国からの補助金を受けて大型予算となりましたが、詳細については副町長が説明します。
 議案第24号から議案第30号は、平成23年度特別会計、企業会計の予算です。国民健康保険特別会計予算は医療費の増を見込んで、前年比4.8%の増額といたしました。観光施設貸付事業特別会計は一般会計からの繰入金を減額し、前年比3.5%の減額予算としました。
 以上が提案議案の概要でございます。議案の詳細については、この後、副町長から説明させていただきます。よろしくお願いいたします。
 なお、最終日に人事案件1件を追加いたします。あわせてお願いします。
 以上でございます。
◎副町長 それでは、私の方から議案1号から15号まで、あと議案23号を説明をさせていただきます。
 それでは、議案集3ページになります。議案第1号 富士見町道路占用料徴収条例の一部を改正する条例、富士見町道路占用料徴収条例の一部を次のとおり改正するものということでございます。
 こちらの方は、4ページをお願いいたします。それから新旧対照表につきましては、議案説明資料の1ページになります。こちらの方ですけれども、第3条第1項第2号中の「ただし道路の幅は長野県道路設計基準に定める幅員以上のものを除く」ということで、幅員以上のものは5.5メートル以上のものだけ徴収をしておりました。ここで県道の方が無料になりましたので、国道の方はそれより少し先に無料になっております。そういうことで、国道、県道からの馬入れのものについては無料で、町道からの馬入れのものについては有料になるというのも、ちょっと不均衡にもなるではないかということで、町道も無料にするということです。今までも5.5メートル以下は無料でしたけれども、それから、長い入り口の部分になります。この占用料ですけれども、33件ありまして、約25万円になっております。その分が減になります。そんなことで、4月1日から施行をしたいというものでございます。
 続きまして、議案第2号 富士見町消防団の設置に関する条例の一部を改正する条例、富士見町消防団の設置に関する条例の一部を次のとおり改正するものということで、6ページをお願いをいたします。こちらの方、新旧対照表は2ページになります。
 設置に関する条例の一部を次のように改正する。第1条中9条を第18条第1項に改めるということで、消防団組織法の中で第9条の場合につきましては、市町村は消防機関、この中に消防団が入っているわけですけれど、を設置しなければならないというようなことになっております。18条の第1項は消防団の設置、名称及び区域は条例で定めるというようなことで、18条第1項の方が適当であろうということで、こちらの方へするものでございます。公布の日から施行するということでお願いします。
 議案第3号 富士見町国民健康保険条例の一部を改正する条例、7ページになります。富士見町国民健康保険条例を次のとおり改正するものとする。8ページ、9ページになります。趣旨につきましては、説明資料の3ページをお願いをしたいと思います。
 改正の理由ですけれども、出産一時金につきまして21年10月から23年3月までの間、暫定的に引き上げるということで、附則の方で対処をしてまいりましたけれども、23年4月から恒久的になるというようなことで、国民健康保険の一部を改正するというものです。
 あとは、医療保険制度の安定的運営を図るための国民健康保険法等の一部を改正する法律の中で、それぞれ医療保険制度の安定的運営を図るための国民健康保険法の一部を改正する法律の施行に伴いまして、関係法、政令の整備に関する政令、所得税法等の一部を改正する法律の改正に伴う関係条例の改正を行うものでございます。
 この中で8ページにあります第1条の関係ですけれども、これが出産一時金を35万円から39万円に改めるもので、附則第6条を削るという附則第6条については、暫定的に実施しますよということが、そこに書かれておりますので、附則6条を削って、7条を6条にするというものです。
 第2条につきましては、国民健康保険法の中の一部改正で72条の4がなくなりまして、72条の5が繰り上がってくるということになりましたので、この中で法第72条の5を72条に改めるということになります。それに伴って、また改正前の箇所がありますので、附則の関係につきましても、20年度及び21年度を22年度から25年度までの各年度に改めるということでございます。ここについては、保健事業のことについて書かれているものでございます。
 第3条につきましては、租税条例のところで、租税条例等ということで等が入るようになりました。こちらの方は、その条例の名前が変わったことに伴います改正になるかと思います。こちらの方は、新旧対照表が4ページからございます。4ページの上段が出産一時金の部分になります。その下が保健事業のことで、72条の関係になります。それが5ページまで続きまして、5ページの下段からのものが、等という部分が入ったのが6ページになります。6ページの下段の方にあります租税条約等のという等が入りました。
 それから、8ページにつきまして、その附則の関係について、ここでうたわれております。そして9ページの左側の方にありますのが、今までの附則の方で対応していたものですから、これを削除するということになっております。
 施行ですけれども、23年4月1日から施行します。ただし、第2条の改正規定につきましては22年5月19日から、第3条の改正規定につきましては平成22年6月1日からそれぞれ適用をいたします。
 適用区分としまして、施行日前に出産した被保険者に係る国民健康保険条例第6条の規定による出産育児一時金の額については、なお従前の例によるということで、こちらの方、条例の改正はしてありますが、こちらの方の一文は載っけてあります。
 議案集10ページ、議案第4号 資金積立基金の設置管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例。資金積立基金の設置管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例の一部を次のとおり改正するというものでございます。
 こちらの方11ページになります。別表中、有線放送電話を有線放送に改めるということで、新旧対照表は資料の11ページになります。今年度で撤去工事も終わりましたので、そして、施設条例につきましては、今まで並行に2本あったわけですけれども、そのようなことで有線放送電話の方が使命を終えたということで、電話を取りまして有線放送に改めるものでございます。こちらの方は23年4月1日から施行をするというものでございます。
 12ページをお願いします。議案第5号 富士見町特別会計条例の一部を改正する条例。富士見町特別会計条例の一部を次のとおり改正するものとするということで、13ページをお願いをいたします。新旧対照表につきましては13ページ、その概要につきましては12ページに記載をしてあります。
 第1条第1項第1号中有線放送電話を有線放送に改める。こちらの方も電話の部分が廃止になったものですので、有線放送に改めるということでございます。
 第2条中富士見町老人保健特別会計を削るということでこちらの方は19年度をもって廃止し、その制度廃止になっております。その後、特別会計だけは法律上22年度までは設置をされているというようなことで、ここで廃止ということになります。この条例は23年4月1日から施行するということになります。
 ここで、2条中の保険の「険」が条例上ちょっと違っておりました。本来は健康の「健」でなければいけなかったんですけれども、当初のときにそういうふうになっておりましたので、そのままここで、こちらの方には載せてあきます。まことに申しわけありません。
 14ページ、議案第6号 富士見町体育施設等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例。富士見町体育施設等の設置及び管理に関する条例の一部を次のとおり改正するものとする。
 15ページをお願いいたします。新旧対照表につきましては、14ページ、15ページをお願いいたします。第3条の表中の富士見町旧南中学校のところを削るようになります。別表中第7項を削るということで、こちらの方は資料の15ページになります、使用料を載せてある7項の旧南中学校というものを削るもので、こちらにつきましては、旧南中学校の跡地利用が決まりましたので、この条項を削るというものでございます。施行は23年4月1日から施行するということでお願いをしたいと思います。
 16ページの議案第7号 富士見グリーンカルチャーセンター条例を廃止する条例。富士見グリーンカルチャーセンター条例を次のとおり廃止するものとするということで、こちらの方、建設当時の事由と町が設置する施設でなくとも管理ができて、利用できることになったことにより、この条例を廃止するものでございます。議案10号とも関連するものでございます。
 18ページ、議案第8号 第4次富士見町総合計画(後期基本計画について)。第4次富士見町総合計画(後期基本計画)を別紙のとおり定めたので、議会の議決すべき事件等に関する条例第2条第1項第1号の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 19ページからが別紙になります。20ページの上段にもありますように、基本計画という灰色に塗ってあるその部分が、今回議決をお願いするものでございます。施策として84項目、実施計画名として191項目ございます。こちらの方、2月16日に総合開発審議会より答申をされたものでございまして、基本計画の実現性を高めるものとして、後期基本計画を策定しているものでございますので、よろしくお願いをしたいと思います。中の詳細については省かせていただきます。
 28ページ、議案第9号 土地改良事業の施行について、団体営土地改良事業を別記のとおり施行したいので、土地改良法第96条の2第2項の規定により、議会の議決を求めるということでございます。29ページが別記になって、事業計画がございます。事業名としては土地改良施設維持管理適正化事業ということで、地区名は上蔦木西裏水路地区ということで、資料の16ページをお願いします。
 上蔦木集落の釜無側寄りの水路になります。こちらの方は23年から27年度にかけて5年間の拠出金を積み立てまして、27年度にその工事をするというものでございます。
 30ページをお願いします。議案第10号 財産の無償譲渡について。別記のとおり、建物の無償譲渡について、地方自治法第96条第1項第6号の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 別記、31ページになります。建物の表示ですけれども、富士見グリーンカルチャーセンター、所在はごらんのとおりでございます。構造、規模もごらんいただけるかと思います。無償譲渡の相手方は、長野県諏訪市大字四賀字広瀬橋通7841、信州諏訪農業協同組合代表理事組合長、金子文雄。無償譲渡する日は平成23年4月1日でございます。こちらの方も先ほどの条例改正のところで説明したとおりの理由で無償譲渡をしていきたいというものでございます。
 議案32ページ、議案第11号 富士見町観光施設貸付事業特別会計への繰入れについて。富士見町観光施設貸付事業特別会計に、経営健全化のため、平成23年度富士見町一般会計から1億6,000万円を繰り入れることについて、地方財政法第6条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。こちらの方は、昨年、22年度に含まれている2,000万円を減をしてあります。観光特会の方でまた詳しく説明があるかと思いますが、財産貸付収入ということで、今年度1億円を1億2,000万円としてありますので、収入の方が2,000万円増額になったことにより、こちらの方の貸し付け会計への繰り入れを2,000万円減額したものでございます。
 議案第12号 損害賠償額の決定について。損害賠償の額を別紙のとおり決定することについて、地方自治法第96条第1項第13号の規定により、議会の議決を求めるものでございます。34ページ、別紙になります。損害賠償額の決定ということで、相手方はごらんのとおりの方でございます。
 事故の概要ですけれども、平成22年10月19日午後7時ごろ、諏訪商工会館の駐車場において、町職員の運転する公用車が後退したところ、隣に駐車中の堀内さんの車両に接触したものというものでございます。損害の賠償額は14万1,100円になります。
 なお、支払いの方法につきましては、共済の方から直接相手方の方へ支払われます。
 議案第13号 損害賠償額の決定についてということで、お願いをします。こちらの方、36ページをお願いします。相手方はごらんのとおりでございます。
 事故の概要ですけれども、平成22年10月22日午前10時10分ごろ、富士見町境の井戸尻考古館の駐車場におきまして、運行業務委託先であるシルバー人材センターの会員の運転している車が、町のスクールバスを運転しておりまして、後退して旋回する際、駐車場にとまっておりますニッポンレンタカー信州所有の車両に接触したものでございます。こちらの方、損害賠償額は64万5,625円になります。支払方法としては、共済の方から直接相手方に支払われます。
 こちらの方のシルバーの関係ですけれども、委託契約の中で、事故につきましては車両保険で対応するという明記がされておりますので、町の方からの掛けている共済の方から支払われることになります。
 なお、これらの再発防止につきましては、交通安全講習会等を開くなどして努めているところでございます。特に若い職員の方が比較的事故が多いものですから、そのものにつきましては別個に講習会を開いております。また安全運行をシルバー人材センターに申し入れまして、講習会の方で徹底してもらいたいということで、シルバーの方でも2回、講習会を開いているということでございます。これからも安全運転のためのいろいろな講習会を開きながら、安全運転を徹底したいと思いますので、よろしくお願いをしたいと思います。
 37ページ、議案第14号 富士見町の特定の事務を取り扱わせる郵便局の指定等の一部変更について。富士見町の特定の事務を取り扱わせる郵便局の指定等の一部を変更することについて、地方公共団体の特定の事務の郵便局における取り扱いに関する法律第3条第3項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 38ページをお願いします。こちらの方、資料の方の17ページに改正の概要、18ページに新旧対照表がついております。こちらの方、今5局で取り扱いをしているわけなんですけれども、そのうち富士見郵便局、御射山郵便局、瀬沢郵便局の3郵便局の指定を取り消すものの改正になります。
 こちらの方につきまして、取り扱い実績が少ない郵便局につきまして地元の区長さんともお話しをし、取り扱い郵便局、それと役場関係各課とも取り扱いの是非について見直し、協議を行ったところ、取り扱いが比較的少数であるというようなこと、利用者の関係、利用する住民のエリアの関係、なおかつ郵便局、富士見局につきましては役場に近いというようなことで、それぞれの方での、まあしようがないだろうというようなことでございまして、この改正に至っております。そんなことで、本郷郵便局と境郵便局のみにさせていただきたいというものでございます。
 第3条中、20年4月1日から23年3月31日ということで、3年間のものになっていたんですけれども、これを23年4月1日から平成26年3月31日に改めまして、同条に次のただし書きを加えるということでございます。「ただし、この期間満了の3カ月前までに富士見町、郵便局株式会社いずれからも特別の意思表示がないときは、取扱機関を更に1年間延長することとし、以後も同様とする」ということで、この指定は平成23年4月1日から施行をしたいというものでございます。
 それでは、議案第15号の関係になります。平成22年度富士見町一般会計補正予算(第6号)。平成22年度富士見町一般会計補正予算(第6号)は、次の定めるところによるということで、第1条歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億2,390万1,000円を追加しまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ76億1,594万5,000円とするものでございます。
 なお、2条の方で地方債の補正がございます。地方債の変更は、第2表地方債補正によるということでございます。
 主な内容ですけれども、土地開発公社の支援の関係、国保特別会計への繰り出し、南衛、諏訪南の負担金の減、あときめ細かな交付金とひかりを注ぐの交付金が来ているようなこと、あと、ふるさと未来基金の関係のものが主なものになります。
 それでは、44ページをお願いします。地方債の補正で臨時財政対策債、限度額が3億1,400万円になっておりましたので、1億円乗せまして4億1,400万円とするものでございます。
 あと、事項別明細の方で説明をさせていただきます。47ページの歳入の会計ですけれども、主なものにつきましてだけ説明をさせていただきます。10款の地方交付税ですけれども、268万7,000円を増額をいたします。19億1,768万7,000円とさせていただきます。13款の使用料及び手数料ですけれども、道の駅信州蔦木駅等の使用料ということで、420万円減額をさせていただきたいということ。
 48ページの14款国庫支出金になります。その中の8目の総務費国庫補助金の関係でございます。こちらの方、説明のところにありましたように、地域活性化きめ細かな交付金3,295万4,000円、その下の地域活性化住民生活に光をそそぐ交付金1,579万2,000円の計4,874万6,000円が国の方から入ってきております。
 あと51ページをお願いいたします。17款寄附金の7目ふるさと寄附金の関係でございます。ふるさと寄附金の関係2,190万5,000円を増額をいたしまして、合計ですと2,290万5,000円になります。40件になります。40人の方から来ておりまして、詳しく言いますと、2,290万5,800円になります。18款繰入金、その下になります。そのうちから290万5,000円をこちらではもう繰り入れをしたいという、2,000万円を残しまして、290万5,000円を繰り入れをしたいというものでございます。
 52ページになります。19款繰越金4,947万3,000円を繰越金を計上をさせていただきます。合計で2億4,687万1,000円になります。
 53ページ、21款町債、先ほどの地方債のときにも御説明しましたように、臨時財政対策債を1億円お願いをしたというものでございます。
 それでは54ページからの歳出になりますが、主なものだけを説明させていただきます。2款総務費の5目の財産管理費の中ほどにございます庁舎維持管理費の修繕費ですけれども、これは地下倉庫等のハロゲンガスの充てん、あと有線室を中の機械を撤去しましたので、そこを改修しまして事務室にするというものでございます。
 その下の6目企画費です。富士見町土地開発公社の支援事業ということで6,530万円を補正をお願いしたいということでございます。町長の提案理由の説明からもありましたように、利子ということで簿価を上げないようにする部分としまして、1,530万、そのほか本体の借入金等、そういうものを減らしていくというようなことで5,000万円、計6,530万円を補助していきたいというものでございます。
 その下ですけれども、定住の関係ですけれども、200万円、4件分増額をさせていただきたいということで、今年度につきましては14件になっております。
 なお、中ほどの補正額の財源内訳のところでございますけれども、先ほど収入のところでやりました地域活性化きめ細かな交付金3,295万4,000円をここに計上いたしまして、今まで計上してありました土地開発基金の繰入金を3,295万4,000円は減額をさせていただきたい。特定財源の中での財源振替というか財源補正になります。よろしくお願いをしたいと思います。
 それでは58ページをお願いします。3款民生費社会福祉総務費ですけれども、一番下段でございます国民健康保険特別会計繰出金1億1,704万9,000円になります。こちらの方、国保会計の精算見込みというか決算見込みをしたところ過大な不足金が出てまいりました。この部分につきまして、特別繰出金として1億1,700万円をお願いをしたいというものでございます。
 59ページ中ほどの老人福祉センター管理費5目ですけれども、こちらの方は22年度の国からの交付金で清泉荘の設計をしておりましたけれども、入札等のいろいろの関係がございまして、額が変動すると後の事務事業にちょっと支障を来してはいけないということで、特定財源で盛っておりました地域活性化のこの交付金を一般財源に振りかえる財源補正でございます。
 9目の介護保険関連費でございます。諏訪広域連合の介護保険関連負担金ということで、60ページの方にもまいりますけれども、給付が伸びまして、当初のものより不足してまいりますので、170万5,000円を負担金として増額をさせていただきたいということ。その中ほどの12目の後期高齢者医療広域連合の関連費、こちらの方も広域連合の方から給付費の方がふえてきたということで392万8,000円を増額をお願いしたいということでまいってきておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。
 13の地域介護費ですけれども、61ページの上段にあります、こちらの方、県の地域活性化の交付金2,927万9,000円、こちらの方、小規模多機能が工事の方が23年度に繰り越される見込みになりますので、こちらの方もあとの事務事業の関係上、この部分を減額をさせて一般財源として置きかえていただく財源補正になります。
 62ページ、3款民生費の保育所費になります。広域入所保育ということで、こちらの方267万円計上してあります。今、原村に1人、諏訪に2人、茅野に4人、中野市に2人の9名が他市町村の方で保育をしているというようなことですので、委託料の関係になります。
 4款の衛生費2目の予防費になります。ワクチン接種助成金593万6,000円を減額をさせていただきたいということで、こちらの方は季節と新型のワクチンが一体化になりまして、補助基準が減ったり、また人数も減ってきたというようなことで、この分の減額をさせていただきたいと思います。
 64ページ、4款衛生費1目衛生総務費の関係です。南諏衛生施設組合の負担金ですけれども、2,101万1,000円、その下の諏訪南行政事務組合の負担金992万4,000円、それぞれ前年度の繰越金等を精算した結果、負担金が減額となっております。
 65ページの下段になります。6款農林水産業費の11目道の駅信州蔦木宿等振興基金の関係でございます。こちらの方は、先ほどの収入のところでも申しましたように、420万円を減額をしたいというものでございます。当初は2,370万円でございましたが420万円を減額しまして950万円とさせていただくものです。ちなみに昨年度は、この額はゼロでございました。
 66ページの6款の農林水産業費の3目固有林管理費でございます。境界確認で316万5,000円減額ですけれども、こちらの方は森林組合に委託をしてありまして、森林組合の方の関係で、その事業の経費が賄えたというようなこともございまして、予定の事業ができておりますが3,160万円を減額するものでございます。316万5,000円です。済みません。
 8款土木費4目の都市計画道路事業費の関係です。こちらも調査費ですけれども、入札によるもので394万5,000円減額をさせていただきます。
 70ページの10款教育費1目の学校管理費からになりますが、ここの中にそれぞれ、光をそそぐということでございます。合計を締めますと1,900万、それぞれこれから光をそそぐということで、児童図書になりますとか、教育施設の修繕料等にそれぞれ充てております。大きなものとしましては、71ページから72ページにかけてになります。考古館の関係の耐震診断500万円が主なものになります。
 73ページの13款の諸支出金で2目のふるさと創生基金の関係ですけれども、先ほど小規模多機能清泉荘関係を減額した部分をこちらの方で3,736万6,000円ふるさと創生基金の方へ積み立てるものでございます。その下は、ふるさと未来基金ですけれども、寄附のあったものを、この基金に積み上げるというものでございます。
 その次の73−2ページの方は職員給与の関係の総括表が載っておりますので、またごらんいただければと思います。
 それでは、厚い方になります。
 議案第23号の平成23年度富士見町一般会計予算になりますが、その前に、今年の予算という、こちらの方をお持ちいただいているでしょうか。これの46ページをごらんいただければと思います。
 平成23年度の一般会計、特別会計、企業会計等の予算一覧表ということでございます。本年度一般会計につきましては、71億1,500万円、比較といたしまして6億1,500万円増でございます。
 その下の特別会計、8本ございます。こちらの方は22億4,691万円ということで、1,771万円の減額でございます。
 企業会計2本、26億9,533万5,000円ということで、1,685万5,000円の減額です。総体的には120億5,724万5,000円ということで5億8,043万5,000円の増額になっております。前年度比としましては、105.06%というものになります。
 それでは、予算書の方へお戻りをいただきまして、議案第23号 平成23年度富士見町一般会計予算の方にまいります。
 一般会計の予算概要でございますが、歳入につきましては、景気の低迷によります個人所得の減少等によりまして町税は減少を見込んでおります。国の地方財政計画から地方交付税は増額といたしまして、地方交付税の不足分を補う臨時財政対策債は若干の減額としております。国県支出金につきましては、子ども手当制度の充実や各種補助事業の取り組みにより増額を見込んでおります。繰入金につきましてはふるさと創生基金、長野県の公共投資臨時交付金、先ほど補正の方でお願いしました、その部分とふるさと未来基金からの繰り入れにより増額としております。
 歳出につきましては、議会費、民生費、労働費、農林水産業費、土木費、消防費、教育費が増額となっておりまして、総額で71億1,500万円と前年度からは6億1,500万円の増額となっております。
 主な増額項目は、地域総合福祉センター整備ということで清泉荘の関係です。あと子ども手当、社会資本整備総合交付金事業、創造の森整備事業、児童クラブ室の整備、母子通園施設整備、町民センターの耐震化等。
 減額項目につきましては、パノラマスキー場の強化支援、下水道事業会計の負担金、観光施設貸付事業特別会計貸付金等になっております。
 また、経済不況によります配慮として、昨年度以上に広い分野で雇用対策を充実をいたします。特色ある事業として住宅リフォーム支援事業、新規就農者支援事業、有害鳥獣捕獲専門員設置事業、病児・病後児保育事業等に新たに取り組んでいくところでございます。
 それでは、平成23年度富士見町一般会計の予算は次に定めるところによる。
 第1条でございます。歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ71億1,500万円と定めます。
 第2条としまして債務負担行為の関係でございますが、第2表の債務負担行為によります。
 地方債の関係につきまして、第3条ですが、第3表の地方債によります。
 第4条一時借入金ですが、最高額を5億円と定めております。予算流用の関係につきましては第5条で記述してありますので、お願いをしたいと思います。
 それでは9ページになります。第2表債務負担行為になります。
 開発公社の損失補償でございますが、2億5,500万円を損失補償額として、限度額としてお願いをいたします。5億5,000万円は開発公社の借り入れの部分で、金融団との額でこの額でよろしいということになっております。2億円につきましては、何かあったときの一時借り入れ分として計上をさせていただきたいということです。
 富士見町土地開発公社に対する債務保証でございます。23年から24年にかけてでございます。19億5,000万円の債務保証をお願いしたいということで、昨年度に比べまして5,000万円を減額をさせていただきたいということでございます。こちらの方は、先ほどの補正の方でお願いしました5,000万円を、ここで減額をさせてあります。借り入れ等に対しましては10億5,000万円、あと5億につきましては、何かもしもの場合、事業か何かを行わなければならなくなった場合の部分として、5億円を上乗せをお願いをしてあります。よろしくお願いします。
 第3表の地方債になります。10ページ、臨時財政対策債3億円を限度額としてお願いをいたします。
 それでは、11ページからの事項別明細の方でお願いをします。町税の関係ですけれども、町税は22億53万4,000円で2.7%、6,149万4,000円の減額となっております。法人住民税が2.4%、200万円の増となるものの、個人住民税が0.8%、500万円減、固定資産税が4%、5,810万2,000円ほど減額になります。歳入総額に占める構成割合としては、30.9%で3.8%の減額となります。こちらの方、また補足説明資料の47ページ、また50ページをまたごらんになっていただければ、それぞれの詳細の方が出ておりますので、お願いをしたいと思います。この中で地方交付税ですけれども、19億5,000万円で1.8%、3,500万円の増を見込んでおります。歳入歳出総額に占められる割合は27.4%で2%の減額となっております。
 国県の支出金ですけれども、介護施設整備事業関連で1億1,730万円増額になっておりますし、子ども手当等の拡充の関係で6,872万6,000円が増額となっております。また社会資本整備総合交付金事業で3,741万円増と、あと緊急雇用の関係で7,516万円増となりまして49.6%3億1,217万7,000円の増額となっております。
 繰入金の関係ですけれども、7億100万7,000円で87.9%、3億2,790万1,000円の増額となります。財政調整基金とふるさと創生基金、ふるさと未来基金等で増額になっております。町債の関係は、臨時財政対策債のみの3億円となっております。こちらの方、12ページになります。4.5%で1,400万円の減額になります。
 歳出の関係ですけれども、主なもの概要を説明をいたします。議会費の関係につきましては、法改正によりまして、議員共済の関係が増額になっております。
 それでは、歳出の議会費の関係、38ページになります。議員共済費の関係、39ページの一番下段になりますが、このうちの1,908万5,000円が法改正に伴います議員共済の負担金になります。39ページの2,352万9,000円のうちで、38ページの議会費のところで、比較のところで単純に上がっています。1,908万5,000円が増額になるわけなんですけれども、これがその共済費の負担金になります。
 40ページの総務費の関係ですけれども、こちらの方は41ページの関係で、報酬の方で特別顧問につきましても、今年度もお願いをしたいというものです。あとは臨時職員の賃金が2,900万ほどありますが、産休者等がふえております。そんなようなことで900万ほどこちらの方は増額になっております。
 46ページにお願いします。財産管理の関係ですけれども、約1,000万ほど減額になっておりますが、主なものは旧南中学校の管理費が減額になっておりますので、それが主なものになります。
 49ページの企画費ですけれども、こちらの方、1,400万ほど減額になっておりますが、総合計画の300万、コミュニティ助成ですけれども、22年度は当初予算へ盛りなさいということでございまして580万がありますし、総合窓口の関係で、その人材派遣の費用が300万ほど乗っておりまして、その辺が減額になっております。ふえる部分につきましては、50ページにございます町図のデジタル化で22年度に空中写真を撮っております、そのデジタル化の町図を作成するのに800万円ほどお願いをします。
 その下の51ページ中ほどの定住促進補助金は22年度当初予算と同じ1,000万円をお願いをしたいと思います。
 52ページの中ほど、結婚相談事業ですけれども、こちらの方、増額をさせていただいております。イベントを4回ほど計画をしております。
 その下、53ページのIUターン事業ですけれども、こちらの方が新規のものになっております。田舎暮らし楽園信州のイベントに参加したり、空き家バンク事業を起こしたりということで、26万9,000円が計上をさせていただいております。
 あと、ほとんど同じくらいの金額できております。前年度と同じことになっております。
 58ページの11目の防災費になります。こちらの方は9款の消防費の方から、こちらの方へ移行をさせていただきました。というのは、消防費の中に入っておりますと、こちらの総務費の方がいいんじゃないかというようなことで、こちらの方へ移行をしております。こちらの方は地域防災支援事業ですけれども、200万円減額をさせていただいております。こちらの方はある程度、集落の自主防災の組織の方の、いろいろあれが整ってきているのではないかということで200万円減額をさせていただいております。
 徴税費の関係になります。63ページの下段の方にあります地方税滞納整理機構の88万円がここで計上をしてあります。
 65ページ、総務費の住民基本台帳費の中で、説明のところにありますが、緊急雇用創出で窓口案内、その下の需用費のところも緊急雇用創出で窓口案内、次ページの方にも出てきております備品購入で窓口案内ということで、今まで派遣会社から派遣されていたわけなんですけれども、23年度から直営としたいということで臨時職員で対応いたします。そのことで、コーナーをちょっと設置したいなということで、それぞれの節に盛ってありますので、お願いをしたいと思います。
 続きまして70ページの選挙費になります。参議院と長野県知事選挙は廃目をさせていただきまして、5目として長野県議会議員選挙の関係、そして72ページの6目で富士見町町議会議員選挙の関係を盛らさせていただいております。
 あと民生費の方へ入りまして78ページ、委託料のところ、上段の方に委託料があります。障害者の福祉計画作成として160万円をお願いをいたします。
 続きまして82ページの下段から83ページになります。諏訪養護学校の学童クラブの関係ですが、長期休暇のときの学童クラブということで委託料45万円、特に夏休み等の長期休暇の場合の学童クラブでございます。こちらの方が新規となっております。
 84ページの上段にあります老人福祉計画書の作成132万3,000円も新規の部分としてお願いをしてあります。
 87ページでお願いします。5目の老人福祉センター管理費でございます。老人福祉センターの管理費の委託料につきましては2分の1、約半分にしております。建て壊しということを見込んでおりますので半分にしておりまして、88ページ、地域総合福祉センター(清泉荘)4億5,248万2,000円が建設費として盛ってありますので、お願いをしたいと思います。
 あと91ページになります。介護保険の関係で広域連合の保険給付費の負担金ですけれども、1億2,986万1000円で今年度当初に比べまして約1,000万円、980万円増額になっております。
 92ページになりまして、後期高齢者広域連合の、こちらの方も負担金も1億5,126万9,000円、1,024万の増額となっております。その下の13目の地域介護費ですけれども、こちらの方、介護基盤整備の補助金として3,000万円とグループホーム開設準備金540万円、当初としては新規になりますが、こちらの方は認知症グループホームのやまゆりの増床関係になります。
 93ページの14目の老人保健制度精算関連費ということで、こちらの方は先ほどお願いしました特別会計が廃止になりまして、その後につきましては、一般会計の中で精算がもしあったら行いなさいということになっておりますので、ここでは一応、項目出しというような形で1万円をお願いをしてあるものでございます。
 95ページの児童福祉費になります。この上段のひとり親世帯の関係は150人を見込んでおります。
 その下の児童手当の関係、昨年22年度2カ月分、約2,000万円を載せてありましたが、こちらの方は国庫の返還金ということで、もしあればということで1,000円の頭出しをしております。
 その下の認可保育園の関係は、これはすずらん保育園ですが、認可外の保育園の関係、すずらん保育園の関係でございます。
 その下の病児・病後児童保育が新規になります。高原病院の方へそれを委託していきたいということで、340万円。母子通園施設事業につきましても、これは新規になります。1,834万6,000円ということで、落合保育園を活用してということになります。ただ、この臨時職員の部分の1,332万につきましては、主なものは保育所からのこちらの方へつけかえになっております。保育、今の中で見ている部分をこちらの方へ載せておりますので、つけかえになっております。
 96ページになります。子ども手当費です。3億1,315万円4,000円を計上をさせていただいております。3歳児未満2万円、3歳児以上1万3,000円でございます。こちらの方は先ほど収入のときにも少し話しましたが、国からは2億5,081万1,000円、県からは3,113万7,000円、町からは3,120万6,000円ということで、これは返還金の5万円も含まれておりますが、約3,100万円ぐらいが町からということでございます。
 97ページの児童クラブのところで、委託料の施設設計等とその下の児童クラブの施設でございます。こちらの方は新規になります。両方足しまして2,047万5,000円、本郷小学校、今、ホールの方をお借りしておりますが、別個に部屋を建てていきたいということで、児童クラブの建設費になります。
 99ページの保育所費の臨時職員の関係ですけれども、こちらの方、先ほど言いましたように、2,200万円ほど減額をしてあります。額はちょっと合いませんけれども、主な部分は先ほどの母子通園の方へ回してあります。
 あと、それぞれの部分については、ほぼ同じようになります。前年度とほとんど変わっておりません。
 111ページ、2目の予防費になります。上段の日本脳炎の予防接種、これは子供の関係ですけれども、これも新規184万4,000円、その中の肺炎球菌ワクチン、これは高齢者の部分になります。90万円。ヒブワクチン、子宮頸がん、小児用肺炎球菌ワクチン、それぞれ当初としては新規になってまいります。ヒブの関係については744回分、子宮頸がんについては252回分、小児用の肺炎球菌は848回分をここに計上をしてあります。
 113ページの関係で、上段に飼い犬対策事業31万8,000円がありますが、こちらの方は予防費の方から環境衛生ということで、やっているのが環境衛生費を使っている生活環境ですので、そちらの方へこの事業を移してまいりました。
 あと、それぞれはほとんど変わりなく、118ページをお願いします。中ほど下の乳児家庭全戸訪問事業ですけれども、今まで個別事業としておりまして、これ事業としては表に出てこなかったんですけれども、今回改めまして、こちらの方へ事業として出してあります。新生児を訪問しております。これは今までやっておりました。その下の思春期保健対策等推進事業は、これは新規になります。5歳児のすこやか相談、これはフォロー教室、発達障害児の発見をしたいということで、学校へ上がる前のものになります。その前につきましては、先ほどの母子通園で保育園の方は対応しておりますし、それが多少、連携がとれたというふうに思っております。
 120ページになります。南諏衛生施設組合の負担金、それから121ページにかけてですけれども、負担金、南諏衛生施設組合は1,264万2,000円減額をしておりますし、諏訪南の関係ですけれども、2,194万減額をしております。
 進んでいただきまして、129ページ6款の農林水産業費になります。3目の農業振興費の129ページの農産物有害鳥獣駆除でございます。4,696万3,000円でございます。2,969万6,000円を増額をしてあります。賃金の一番下にあります有害鳥獣捕獲専門員331万2,000円ですけれども、これが新規になります。週2回、4名を9カ月、猟友会の皆さんにお願いして、捕獲専門員としてお願いをするものでございます。
 130ページになります。緊急雇用創出で電気さくの設置7.7キロを計上してあるのは、特には未整備になっております2.7キロですけれども、そこを重点的にやりたいということで、お願いを再度していきたいというものです。
 その下の緩衝帯整備につきまして180万、これは中丸沢を予定をしております。電気さくの設置工事ということで290万円で240万円増額しております。これは電気さくを設置しておりますが、それにつなげる電気の接続工事でございます。
 有害鳥獣防除資材の1,554万、1,438万7,000円増額です。現在、設置しておりますすき間を埋めるというようなことで、こちらの方でこの防除資材を支給していきたいということ。その下の補助金の関係ですけれども、猟友会育成事業補助金、新規になります。免許更新の一部負担等をしていきたいというものでございます。
 132ページの関係、中ほどの工事費の関係でございます。楽酪ミルク工房には機械更新で271万7,000円、蔦木宿の関係ですけれども、露天ぶろの目隠しと外壁塗装が主なもので1,886万円、おっこと亭はガスのバルク化ということで、ちっちゃいガスを大きいガスボンベにするというのか、備えつけのガスボンベにすると、その関係で120万円でございます。備品購入のおっこと亭は冷蔵庫を3基買いたいというものだそうです。
 133ページの下段、菊プロジェクト支援ですけれども、ハウスを10棟、164万9,000円、その下の新規就農支援事業が新規になります。主なものは134ページにもありまして、中段中ほど上、新規就農支援金、4万円の5人分ということで時期がちょっとずれておりますので、基本的には4万円の5人分ということです。
 その下の環境農業推進事業ですけれども、ヒートポンプの設置が終わっておりますので、あとは実証実験のみで22万5,000円にさせていただいております。
 その下、農産物特産事業です。これは新規になります。苗木代はカシスの購入になります。12本の2種類ということでございます。その下、中山間地等直接支払いですけれども、864万9,000円の増額。14地区で88ヘクタールが増額になりまして、597ヘクタール分となっております。
 それでは、137ページの一番下段になります。戦略作物生産拡大整備事業、3,100万5,000円ですけれども、これは新規になります。水路、これ23年度のみでございまして、町内各所ということでございます。
 138ページの関係で農地・水共同活動支援、こちらの方はソフトとハードが分かれまして、こちらの方はソフトの6地区です。
 139ページの農地・水向上活動支援事業というもので、こちらの方はハードになりまして、水路改修に対しましての交付金を計上してあります。
 140ページの県営土地改良事業の関係ですけれども、140ページ、農村防災対策整備事業802万5,000円、ほぼ新規でございます。本郷地区の水路とため池改修。農業農村整備事業1,303万、これも新規になります。立沢、乙事地区の農道改修になります。その下の集落排水から下水道会計への支出金ですけれども、347万8,000円を減額しております。
 141ページの蔦木宿の関係の積立金ですけれども、当初としては1,370万円を見込んでおりますので、またこちらの方でお願いをしたいと思います。
 2目の農業振興費143ページですけれども、こちらの関係につきましては、グリーンカルチャーの関係の500万円が減額になっております。こちらの方は別枠の方でまた違う使用料として出させていただきたいと思います。こちらの方では、全体的にそれぞれのところで森林整備だとか支援の交付金だというようなことで、全部合わせますと88ヘクタールか、今年やったんですけど150ヘクタールということで大幅なアップを見込んでおります。
 145ページの特に下段にあります、里山森林環境整備事業、緩衝帯ですけれども、こちらの方は木の間の方の中山ですけれども、横吹、木の間、塚平、そちらの方の中山をやる予定でございます。こちらの方、森林の里親事業というものは、興亜損保との関係のその事業がなくなっております。
 それでは、商工費の方へ入らせていただきます。
 149ページ、地域交通システムの関係で2,730万、1,000万増額をしてあります。システム更新ということで今、NTTのムーバを使っておりますのをなくなりますので、フォーマの方へシステム更新をしていくということで1,000万増額でございます。
 151ページになります。中ほどの委託料、観光費の委託料、緊急雇用のアンテナショップのPRコンテンツ、特産品販売員確保というようことで、こちらの方は当初としては新規になりまして、多摩市のPonte(ポンテ)を中心としましたものでございます。販路拡大は、都内百貨店等での販路拡大ということでございます。
 その下の観光協会の支援事業で緊急雇用で108万2,000円は鉢巻道路のテニスコートが管理会社へ入ります入り口のところにありますけれども、そこに案内所をつくってありまして、それの案内の委託料でございます。その下の観光PRプログラムの関係につきましては、第三のシナリオの関係でございます。
 153ページの下段、緊急雇用入笠マイカー規制ですけれども、4月29日から11月6日までのうち5回、124日を計画をしております。通年ということはちょっと無理だということで、間をとりながら5回、124日分でございます。
 154ページになります。原材料の苗木代450万、これはマナスル山荘前の旧スキー場の関係で450万円計上しておりますが、こちら方は、県の方の元気づくり支援金の方を申請しておりまして、それが通りますと、こちらの方は一般財源からの財源補正をさせていただきます。
 パノラマ強化補助金ですけれども、2,000万円、植栽・移植等でございます。こちらの方が1億円減った部分です。
 その下の八ヶ岳観光圏推進協議会の方、3市町村のPR活動、花めぐりスタンプラリー、オープンガーデン、小淵沢からのバスの実証実験等で、その協議会の方へ310万円を負担をするものです。
 156ページになります。中ほど緊急雇用の関係、観光公園整備の450万、観光公園間伐が357万5,000円、こちらの方は創造の森の関係であります。公園整備の関係は草刈りですね。その下の創造の森線道路改良工事測量設計委託300万円、なお、その157ページにいきまして、創造の森道路改良工事2,700万円、創造の森の今、上がっていく道路があるんですけれども、上の3分の1が舗装になっておりませんので、そちらの方を舗装するということで、こちらの方を道路関係3,000万円と、あと創造の森に807万5,000円、特に3,800万円ほど創造の森近辺にかけさせていただきます。このうちの2,000万円は、ふるさと未来寄附金から繰り入れを行っております。
 15のところの入笠地区整備工事430万ですけれども、これは先ほどの旧入笠スキー場ですね。マナスルの前の植栽をしますところの歩道を整備したいというものです。中ほど下、観光施設貸付事業特別会計の1億6,000万お願いしたいということで、今年度より2,000万円の減額になっております。観光戦略構築事業、その下の観光施設貸付事業につきまして、それぞれ今年度と同額のものをお願いをしたいというものでございます。
 158ページにまいりまして、5目の産業誘致の関係で、南中学の跡地利用83万円をこちらの方へ盛らさせてあります、産業振興の方へ。4月に入ってからまだ2月、3月分の電気料とかいろいろ来ますので、こちらの方で支出をするようになりますので、そんなようなことで、こちらの方へ上げてあります。現在では4月1日から貸し付ける予定で今、話は進んでおります。
 160ページの8款の土木費2目の安全対策費です。こちらの方は総務費の中に交通安全対策費がありましたけれども、土木費の方へ盛ってまいりました。それの方も、係の方が建設課の中になるというようなことで、こちらの方へ移行をさせてあります。
 163ページ、3目の道路新設改良費の下の方にあります社会資本整備総合交付金になります。こちらの方は新規になりまして、すずらんの里の駅から上ですね、あそこの待合所というか、駐車場があります。そこの改良になります。あと、乙事広原線の関係になります。その下の4目の橋梁維持費の関係、橋梁長寿命化計画で39の橋の検査というんですか、それをいたします。
 165ページの河川の改修ですけれども、測量設計、池袋からの百々川を予定をしております。
 167ページ、住宅リフォーム支援事業の関係、住宅リフォームの300万の補助金をここに盛っております。また詳細については、一般質問でありましたので、そちらの方でお願いしたいと思います。
 168ページの2目の下水道整備の関係で、こちらの方4,652万2,000円、負担金、減額になっております。6款の方と合わせまして下水道への負担金、今年度5,000万合計で負担金を減額をしております。
 その下段、5目の都市計画公園の整備費で渡辺別荘の跡地を820万6,000円、こちらの方へ新規で計上をさせております。
 171ページの9款消防費の常備消防で今年が団員退職の年になります。4月1日が任期切れになりますが、そんな関係で1,300万ほど増額をして1,446万2,000円を団員退職としてあります。
 学校の方は184ページ、補修の関係で843万2,000円、富士見小学校ですけれども、ダウンエーダーを撤去して、そこへ棚を入れたいというものでございます。
 187ページの方の本郷小学校の方は、昇降口の上の外壁タイルの張りかえをするというものでございます。
 191ページの境小学校の学校施設の改修は、黒板を張りかえたいというもの。それで落合小学校の関係ですけれども、こちらの方、194ページの方にあります15の工事請負費で校碑の建立工事185万と閉校式の負担金170万、こちらの方が新規でございます。
 195ページ、教師用の教科書等が514万9,000円増額になっております。あと、同じで201ページになりまして、中学校の統合費がなくなっております。
 202ページの社会教育費の1目社会教育総務費ですけれども、202ページの下段の方にあります施設使用料300万、これがカルチャーの使用料になります。今度は、今までは500万の管理料の中で見ていただいたんですけれども、今度はあそこで社会教育団体が今まで無料で使っていた分を町の方から300万として上げるものでございます。
 205ページの中学生海外派遣事業の中ほど委託料の関係、119万8,000円は10月にニュージーランドの方から子供たちが来る予定だそうですので上げてあります。
 あと224ページ、町民センター管理費の関係で施設整備費1,378万4,000円の、224ページの中ほど耐震診断をするというものでございます。
 233ページ12款公債費ですけれども、2,513万3,000円、今年の方は減額になっております。
 237ページからは給与費の明細がついておりますので、またごらんいただきたいと思いますし、債務負担行為の関係等、あと地方債の関係が載っております。
 なお、今年の予算の中に主な事業のものについては、それぞれ説明をしてありますので、またごらんいただければと思います。よろしく御審議の上、御決定をお願いをしたいと思います。
◎住民福祉課長(名取祐仁)
それでは、私の方から、議案第16号から第18号及び第24号、第25号につきまして説明をさせていただきます。
 初めに議案第16号でございます。議案集の方で74ページをお願いいたします。
 平成22年度富士見町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。第1条でございます。歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,080万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ13億5,424万2,000円とするものでございます。
 今回の補正予算の概要ですが、ここで今年度の予算に対する最終的な決算見込みを行いましたところ、歳入の国庫補助金であります特別調整交付金で1,500万円、前期高齢者交付金で約7,000万円が減額交付となり、さらに歳出の保険給付費が総額で予算に対し約7,500万円増加する見込みで、歳入見込み総額と決算見込み総額の差し引きで約1億4,000万円の歳入不足の状態となりました。
 今年度6月の保険料改定の段階では見込むことのできない補助金、交付金の減額と、予測を超える療養給付費等の増加に対しまして、財政調整基金について今後の運用も勘案し3,000万円の取り崩しの増額と、一般会計から1億1,700万円の特別繰り入れとをお願いせざるを得ない状況となってしまいました。
 平成20年度の制度改正以来さまざまな影響が出ている状況ですが、国の補助金等の削減や引き続く療養給付費等の増加などを前年度繰越金や基金の取り崩しによって、何とか賄う状況が続いておりましたが、今年度はさらに非常厳しい状況となっております。
 それでは内容につきまして、事項別明細書により説明をさせていただきます。
 81ページをお願いいたします。歳入の関係でございますが、いずれも最終的な決算見込みによる補正となっております。款1国民健康保険料でございます。前回の補正において、今年度の調定額と他の収入等を勘案しまして減額補正をお願いしましたが、今回、最終的収入見込額により一般被保険者と退職被保険者の保険料合計で1,320万9,000円の減額をするものです。
 次に、82ページの2段目、款3国庫支出金目1財政調整交付金でございます。特別調整交付金ですが、国保の運営支援として保険者の経営姿勢や事業運営の状況等を申請することにより交付される特別交付金であります。毎年申請を行っているものですが、推薦枠の削減傾向もあり、昨年度同様、交付が受けられないこととなりましたので、当初予算に計上しておりました1,500万円を減額補正するものです。
 その下の款4でございます。前期高齢者交付金、この交付金は平成20年度からの新たな高齢者医療制度で65歳から74歳までの、前期高齢者の加入者割合による各保険者間の負担の不均衡を調整するために、診療報酬支払基金より交付されるものですが、当初予算の2億7,821万6,000円に対しまして交付決定されたものが2億800万4,000円ほどとなってしまったために7,021万2,000円を減額させていただくものです。
 次に83ページ、款6で療養給付費等交付金、款7共同事業交付金でございます。いずれも交付決定、最終交付見込みによるものですが、退職被保険者療養給付費等交付金で139万4,000円、1件80万円以上の高額医療費にかかる負担を平準化する共同事業交付金で280万円、30万円を超えるものについて交付される保険財政共同安定化事業交付金で854万5,000円の増額の補正をお願いするものです。
 一番下の欄と次の84ページの上段になりますが、款9繰入金でございます。目1一般会計繰入金節7の特別繰入金としまして、先ほど説明のとおり、全体の歳入不足の補てんのために1億1,700万円の一般会計からの繰り入れをお願いし、項2基金繰入金におきまして、財政調整基金繰り入れの総額3,000万円をお願いしたいというものです。財政調整基金につきましては、今年度末の予定としまして、残高は約4,200万円となる見込みです。
 次に85ページから歳出の関係でございます。款2保険給付費目1一般被保険者等療養給付費であります。療養給付費等につきましては毎月、前々月分の請求について支払いを行っているもので、それぞれあと2カ月分を見込んで決算見込みとしているものです。
 一般の療養給付費は総額6億7,548万3,000円ほどになる見込みで、予算に対し3,733万2,000円の補正をお願いするものです。昨年度21年度決算額より約3.1%増の見込みとなっております。目2退職被保険者等療養給付費につきましては1,962万4,000円の補正増をお願いするものです。昨年度の決算額より8.5%の増加の見込みとなっております。
 86ページ下段の高額療養費でございます。目1の一般の高額療養費につきまして1,088万8,000円、目2退職被保険者の高額療養費で687万7,000円の補正増をお願いするものです。
 保険給付費の療養給付費、高額療養費、合わせて当初予算より7,550万円ほどの伸びが見込まれます。前年度の決算額と比較しますと療養諸費は約3,000万円、約4%の伸び、高額療養費が945万円ほどで、約11%の伸びとなる見込みで、医療費の高度化が顕著にあらわれているものと思われます。
 保険給付費につきましては医療費に対する給付という性格上、どうしても保険者によりコントロールできるものではなく、その動向を予測するのがとても難しい状況にあります。
 88ページ下段の款3後期高齢者支援金でございます。後期高齢者医療費支援金の減額決定に伴うもので、1,645万7,000円の減額を行うものです。
 92ページ、款11諸支出金の償還金です。療養給付費国庫負担金につきましては、次年度に精算が行われており、平成21年度分について超過交付となっておりました分についての返還金の請求がここで通知されたために、返還分518万4,000円の補正をお願いするものです。
 以上が国民健康保険特別会計補正予算に関するものであります。
 続きまして議案第17号について説明をさせていただきます。93ページをお願いいたします。
 平成22年度富士見町老人保健特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。第1条でございます。歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ4万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ13万円とするものでございます。
 本会計は今年度末をもって廃止されるもので、今年度中に行った過年度の精算による歳入と歳出の決算見込み額に合わせての最終補正となります。
 事項別明細書により説明を行います。
 97ページからが歳入の関係でございます。支払基金交付金、国庫支出金繰入金等を精算の実績に合わせ補正増減を行うものです。99ページからの歳出につきましても、過年度分の医療給付費等の精算を行ったものの実績で補正を行います。また、本特別会計は廃止に伴い一般会計に引き継がれることから、実際の残額について101ページの款5繰出金、一般会計繰出金として7万2,000円を補正させていただくものです。
 以上が老人保健特別会計補正予算に関するものであります。
 次に、議案第18号について説明をさせていただきます。102ページをお願いいたします。
 平成22年度富士見町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによるとしまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ11万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億4,985万5,000円とするものでございます。
 事項別明細書により説明をさせていただきます。
 105ページの歳入でございます。後期高齢者医療広域連合への22年度後期高齢者医療保険基盤安定負担金の額が確定し、当初の決定額よりも39万円ほどの増額となりました。この負担金は県と町が負担するもので、県からの負担金は一般会計で受け、町負担分と合わせ、この特別会計に繰り出しを行い、特別会計より広域連合の納付金として納付しているものでございます。
 款4繰入金保険基盤安定繰入金として不足分の11万5,000円を補正し、同額を歳出の後期高齢者医療広域連合納付金に増額して納付に充てるものです。
 以上が後期高齢者医療特別会計補正予算に関するものであります。
 続きまして23年度予算の方に入らせていただきます。
 新年度予算について説明をさせていただきますが、予算書の247ページをお願いいたします。
 議案第24号でございます。平成23年度富士見町国民健康保険特別会計の予算は次に定めるところによる。第1条でございます。歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ13億2,100万円と定めるものでございます。
 概要について説明をさせていただきます。予算全体といたしましては、保険料、国、県等の支出金、交付金等の歳入と療養給付費などの状況等を総合的に勘案いたしまて、約4.8%増で予算立てをさせていただいております。全国的にも医療費が伸びている状況の中、補正予算においても説明いたしましたように、当町の保険給付費につきましては、大きな伸びが続いております。この伸びがどのようになるのかの想定が非常に難しい状況から、ここ数年の決算状況でも繰越金や財政調整基金に大きく頼らざるを得ない状況が続いております。
 医療保険における保険給付費についてのその性格上、費用額を保険者が調整することができませんので、国保会計の計画的運営が非常に難しい状況となっています。
 また一方では、歳入面での国費等の縮小化傾向により、今年度の今回の補正のように、従来予定していた歳入の見込みが立たないというような事態も出てきておりますので、保険者の費用負担の増加も想定されるところでございます。このような背景から、保険料率の改定は国保運営を安定的に執行するためにも、給付の状況に見合った改定がどうしても必要な状況となっております。
 今後の国保制度の方向性、また医療費にかかわる社会情勢の変化等に対し、引き続き十分な注意をしていかなければならないと考えています。
 予算書254ページをお願いいたします。
 款1の国民健康保険料でございます。これまでの医療費の伸び等を勘案して、予算全体では約4.8%の伸びを見込んでおりますけれども、予算計上段階では可能な限りの国、県等の支出金や交付金などの財源を計上した上で、保険料の計上をさせていただいております。
 給付に見合った財源を確保するためには、どうしても今年度以上の料率改定が必要となる見込みです。当初予算額の前年度比較では減額となっておりますが、22年度の最終予算額に比べますと、22%ほどの増額となっております。
 詳細については、6月の料率の改定時に他の歳入や今年度の決算状況を詳細に検討し、再度御審議をいただきたいと考えております。
 255ページをお願いいたします。款3国庫支出金目1の療養給付費等負担金の関係でございます。これは国からの一定の率による負担分ですが、医療費の増減によって変動がございます。2,600万円ほどの増額を見込んでおります。
 256ページ上段の款4前期高齢者交付金と、257ページの款6療養給付費等交付金です。ともに被用者保険から交付されるもので、本年度算定が難しかったものですけれども、それぞれの算定資料を検討し、現段階での確実な額を計上させていただきました。
 款7共同事業交付金ですが、高額療養費の増額傾向を見込み、1,760万円の増額で計上しました。
 258ページ上段の款9繰入金でございます。一般会計繰入金につきましては、通常のルール分の繰り入れということで8,086万4,000円をお願いするものでございます。その下の欄、同じ繰入金の項に基金繰入金でございます。療養給付費への伸びへの対応のため、国保会計の基盤安定を図るために23年度も基金の一部を取り崩しし、財源充当をさせていただきたいということで2,000万円を計上いたしました。
 歳出の関係でございます。264ページをお願いいたします。
 最終、その中心となります款2保険給付費の関係でございます。一般被保険者と退職被保険者の療養給付費で、前年度当初予算対比約5,300万円、7.5%の増額でございます。ただし十分な財源が見込めないため、本年度の決算見込みの額と比較では、ほぼ同額に抑えざるを得ない状況となっております。
 それから、266ページ、高額療養費の関係でございます。この高額療養費につきましても療養給付費と同様に伸びを見せておりますので、一般退職被保険者分として、合わせて8,894万8,000円をお願いするものでございます。
 次の268ページ上段の出産育児一時金の関係でございます。本年度の実績22名分に対しまして、新年度は20名分を計上してございます。
 同じページの款3後期高齢者支援金270ページ款6介護納付金の関係でございますが、広域連合等の各機関からの算定資料をもとに、それぞれの額を計上させていただいております。
 271ページの下段の款7共同事業拠出金の関係でございます。高額療養費等の増加傾向を見込みまして818万円の増額となります。
 以上が重立った国民健康保険特別会計予算の内容でございます。
 続きまして、議案第25号、281ページをお願いいたします。
 平成23年度富士見町後期高齢者医療特別会計の予算は、次に定めるところによる。第1条でございますが、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ1億5,070万円と定めるものでございます。
 事項別明細書により説明させていただきます。
 歳入の関係でございます。285ページをお願いいたします。保険料の関係でございますが、23年度の被保険者は2,727名分を見込んでおるところで、特別徴収の方が約79%、普通徴収の方が21%の割合となっています。同じページの下段でございます。繰入金の関係、一番下の段、目2保険基盤安定繰入金ですが、これは低所得者等の保険料軽減分の公費負担分でございます。
 次に歳出の関係ですが、289ページをお願いいたします。下段の広域連合の納付金の関係ですが、市町村で徴収した保険料等と一緒に保険基盤安定の負担金等を広域連合に送金する内容です。前年度比0.8%の増ということで、1億4,553万7,000円を予算計上しているものでございます。
 以上が後期高齢者医療特別会計予算に関するものでございます。
 以上、私の方から5議案について説明を申し上げました。よろしく御審議をいただきまして、お認めいただきますよう、よろしくお願いいたします。
○議長 それでは、ここで暫時休憩といたします。再開は午後1時とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
                              休憩 午後 0時00分
                              再開 午後 1時00分
○議長 それでは休憩前に引き続き、会議を再開をいたします。
◎総務課長(小林良光)
それでは、私の方から議案の19、それから20、議案26、議案28について説明申し上げます。
 最初に議案19号、議案集の106ページになります。
 平成22年度富士見町有線放送電話特別会計補正予算(第1号)であります。867万4,000円を追加をして、1億4,194万3,000円とするものであります。
 内容は、事項別明細書109ページをごらんください。
 前年度の繰越金867万4,000円を計上いたします。歳入です。歳出の方で同額を財政調整基金に積み立てるというものであります。以上が、有線放送電話特別会計補正予算(第1号)であります。
 続きまして、議案第20号 平成22年度富士見町富士見財産区特別会計補正予算(第2号)になります。240万8,000円を追加をして、2,418万8,000円とするものであります。
 内容につきましては、事項別明細書で説明申し上げます。113ページ。
 歳入でありますけれども、まず款1県支出金の目1農林水産業事業県補助金の減額であります。197万1,000円の減額になります。これは間伐事業の面積が減になったことによる県の補助金の減額になります。
 それから款2、1目の財産貸付収入、これにつきましては、まず土地建物貸付収入、パノラマスキー場用地貸付料、これが397万4,000円の増額と。新たに400万円の貸付料をいただくということになっておりますけれども、当初予算で見込んである金額がありますので、その差し引きでこの金額になりました。
 それから、歳出の方の関係ですが114ページ、主なものだけ申し上げます。一般管理費の関係ですが、積立金を400万円増額をいたします。財政調整基金の積立金です。それから2目の区有林管理費、間伐の面積が減になったことによって、委託料の減であります。186万7,000円が減になって、区有林管理費全体ではマイナスの136万3,000円という数字であります。以上が富士見財産区特別会計補正予算の内容であります。
 それでは、平成23年度の予算書をごらんください。
 最初に291ページ、議案第26号です。平成23年度富士見町有線放送特別会計予算。平成23年度のこの会計の名称につきましては、有線放送電話という従来の会計名を有線放送特別会計と、電話を取ったものにしてあります。これは議案5号で御審議をいただくようになっておりますけれども、有線放送電話がなくなったことによって、この会計名も電話を削除して、こういう名称にしてあります。
 歳入歳出の総額は5,260万円です。前年度より約8,000万円の減額となっております。内容的には、電柱または線の撤去工事が大体終了しまして、その分だけ予算が減額になっております。
 事項別明細書で申し上げます。295ページ、歳入の方から申し上げます。款2の使用料及び手数料、有線の使用料はいわゆる今は告知放送の関係ですけれども、1戸当たり月400円をいただいております。総額で2,016万4,000円であります。
 それから、主なところを申し上げます。296ページの款4の繰入金です。施設更新基金から2,000万円、財政調整基金から1,146万5,000円の繰入金を予定をしております。大きな歳入はそんなところです。
 続いて歳出の方です298ページをごらんください。款1の経営管理費の関係ですが、目1の一般管理費の関係については、従来どおりの運営に関する一般管理費を計上しております。
 それから、299ページの関係ですが、款1の経営管理費の中の目1維持管理費の関係になります。
 300ページの上段をごらんください。ここに工事請負費2,000円を計上してあります。電柱の撤去をほとんど今年、22年度に実施をしておりますけれども、どうしても電柱の撤去ができない部分が何件かありまして、23年度にそれを実施をするということで、2,000万円を計上してあります。
 それから、目2の告知放送システム費でありますけれども、これは告知放送を運営するに当たっての費用であります。LCVへの委託等が主なものです。
 なお、工事請負費で新規加入者への工事に対して100万円を一応計上してあります。有線放送の特別会計については、概要は以上であります。
 続いて、議案第28号、317ページです。
 平成23年度富士見町富士見財産区特別会計予算。総額は2,740万円と定める。前年度比では570万円ほどの増額になっております。
 事項別明細書で説明申し上げます。321ページ、歳入の関係です。款1の県支出金の目1農林水産事業県補助金であります。これは、主には間伐に対する県の補助金であります。23年度は約60ヘクタールの間伐と5ヘクタールのヒノキの枝打ちを計画をしております。
 それから、款2の財産収入、目1の財産貸付収入であります。パノラマスキー場の用地貸付料として607万8,000円、それから富士見レンタルは22年度以降は営業を中止しておりますけれども、今までのレンタルの会社の中に積んであったお金がありまして、それを23年度400万、財産会計に入れるということで、3番の富士見レンタル事務所倉庫等貸付料の400万がこれで計上してあります。
 それから322ページ、繰入金、3款の繰入金ですが、一般会計繰入金451万5,000円、これは間伐事業の関係で町からいただくかさ上げ分ということであります。
 続いて歳出の関係、324ページ。款1の財産費の目1一般管理費については、通常の財産区の運営に関する費用であります。325ページの説明の中の積立金、今年は当初で615万6,000円の積み立てを計画をしております。
 326ページの款1の財産費目2の区有林管理費の関係でありますが、説明の欄の事業ですが、流域育成林整備事業1,723万6,000円、これは間伐事業65ヘクタール分の事業費であります。
 次の森林整備地域活動整備事業、これは林道の点検とか境界の確認とかというふうな事業であります。財産区の事業は、大きくは以上であります。
 それでは、以上で財産区特別会計の23年度の予算の説明を終わらせていただきます。審議の上、お認めいただきますようよろしくお願いします。
◎上下水道課長(佐伯幸比古)
私からは、議案第25号、第22号、第29号、第30号の4議案について説明をさせていただきます。
 最初に議案第21号になりますが、議案集の116ページをお開きください。
 議案第21号 平成22年度富士見町水道事業会計補正予算(第2号)であります。この補正の主な内容でございますが、事務事業の確定等による資本的収入及び支出の補正であります。
 第1条は総則であります。
 第2条、資本的収入及び支出の補正で資本的収入を6,643万3,000円減額補正し、4,800万2,000円といたします。内訳は負担金で6,643万3,000円の減額であります。収入補正の主な理由につきましては、工事請負費の精算に伴い、工事負担金が減額となったものであります。
 次に、資本的支出でございますけれども、6,700万円減額補正をしまして、総額で5億1,301万9,000円といたします。内容は、事務事業の確定による工事請負費等の減額であります。この結果としまして、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額4億6,501万7,000円につきましては、第2条に記載のとおり補てんをいたします。
 議案第21号の説明は以上でございますが、117ページから119ページまで、予算審議の説明書として資料をつけてございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 続きまして、議案第22号をお願いいたします。議案集の120ページになります。
 議案第22号 平成22年度富士見町下水道事業会計補正予算(第1号)であります。この補正につきましても、事務事業の確定等に伴う収益的収入及び支出の補正であります。
 第1条は総則であります。
 第2条、収益的収入及び支出の補正で事業収益総額は変わりません。第1項営業収益で339万7,000円増額し、第2項の営業外収益で同額の339万7,000円減額をします。これは一般会計からの負担金のうち、減価償却費への充当分が339万7,000円増加して、起債の支払費に充当する分が、同額の339万7,000円減額するというものであります。
 次に、事業費用につきましては497万2,000円増額補正し、総額では10億4,592万2,000円となります。内訳は第1項営業費用で497万2,000円増額補正し、7億4,634万2,000円となります。
 補正の主なものは、維持管理負担金の増、農排及び公共の施設減価償却費の増額であります。121ページから123ページまで説明資料でございます。ごらんいただきたいと思います。以上で議案第22号の説明とさせていただきます。
 続きまして、議案第29号に入らせていただきますが、予算書の厚い方になります。議案第29号、予算書の329ページであります。
 議案第29号 平成23年度富士見町水道事業会計予算であります。
 第1条は総則になります。
 第2条、業務の予定量でございますけれども、給水件数以下、記載のとおりでございますが、1日の平均給水量は前年当初予算とほぼ同量に予測をして設定してございます。
 第3条の収益的収支の額でありますけれども、営業収益と営業外収益を合わせました水道事業収益は6億1,474万円を見込んでおります。前年度当初に比べ61万円の増であります。営業費用と営業外費用を合わせました水道事業費用は5億4,907万円で、前年度当初に比べまして3,896万円の減を見込んでおります。減少の主な要因は、維持管理費に伴う委託料の減と支払利息の減であります。
 第4条、資本的収支予定額でございますが、330ページをお願いいたします。資本的収入は3,249万9,000円で配水管布設替え等の工事負担金、新規加入金、下水道事業会計からの返還金を予定しております。前年度当初に比べまして8,193万6,000円の減であります。
 資本的支出は5億2,965万円、前年度当初に比べて4,939万円の増であります。増加理由は、企業債償還金において繰上償還分を見込んで増額となっています。事業としましては、第13次拡張事業を行うとともに老朽管の布設替え工事、浄水場の機器更新等を実施しまして、安全な水の安定供給を行います。
 なお、資本的収入額が資本的支出額に対しまして不足する額4億9,715万1,000円につきましては329ページ、4条の括弧書きのとおり、補てん財源でそれぞれ補てんをしてまいります。
 330ページに戻りますが、第5条債務負担行為、第6条の予定支出の経費の流用につきましては、記載のとおり予定をしております。
 第7条、流用禁止の経費でございますけれども、職員給与費と交際費につきましては、例年どおり流用禁止項目といたします。
 第8条、たな卸資産の購入限度額は前年と同じ2,000万円を予定しております。
 平成23年度富士見町水道事業会計予算の説明は以上でございますが、332ページから352ページまで、詳細な説明を資料添付してございますので、審議の参考にしていただければと思います。
 続きまして、議案第30号の説明をさせていただきます。予算書の353ページをお願いいたします。
 議案第30号 平成23年度富士見町下水道事業会計予算であります。
 第1条、総則となります。
 第2条、業務の予定量でございますが、記載のとおりでございます。1日の平均排水量につきましては、前年当初予算とほぼ同量に予測をして設定してございます。
 第3条、収益的収入及び支出の予定額であります。下水道事業収益11億1,712万円で昨年度の当初予算に比べまして、4,818万円の減を見込んでおります。減少の要因は営業外収益の他会計負担金の減少が主なものです。下水道事業費用につきましては10億703万円で、前年度当初に比べまして3,392万円の減であります。この費用の減少の主なものにつきましては、営業費用では処理場の修繕費、委託料の減、営業外費用の支払利息の減であります。
 354ページをお願いいたします。第4条、資本的収支予定額であります。収入は2,434万円で受益者負担金と工事負担金を予定しております。前年度当初予定額に比べまして、1,981万円の減でありますけれども、新設工事が終了しましたので、これにかかわります企業債の借り入れがなくなり減額となります。
 資本的支出は、6億958万5,000円で前年度当初に比べ663万5,000円の増であります。内訳は建設改良費が261万8,000円の減、企業債償還金が1,308万7,000円の増、他会計長期借入金の償還が383万4,000円の減になります。建設改良費の減少は諏訪湖流域下水道建設負担金の減額であります。企業債償還金につきましては、前年より増額となります。
 このように下水道事業につきましては、投資の時代から経営、維持管理に移行しております。今後は耐震化等を含めまして、経営基盤の強化をということが重要な課題となっております。安心、安全、快適で活力ある暮らしの実現のための施策を推進してまいります。
 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額5億8,524万3,000円は、第4条括弧書きの内容のとおり補てんをしていく予定であります。
 第5条、債務負担行為でありますけれども、記載のとおりであります。
 第6条、予定支出の各項の経費の流用につきましても記載のとおりであります。
 355ページ、第7条、流用禁止については、職員給与費と交際費について例年どおり流用禁止項目といたします。
 第8条、他会計からの補助ということで、一般会計からの下水道事業会計5億1,800万円の補助をお願いしております。昨年に対し、企業債利子充当分として約5,000万円の減額であります。
 23年度下水道事業会計の予算の説明は以上でございます。357ページから377ページまで予算に関しまして詳細な説明書をつけてございますので、予算審議に御利用いただきたいというふうに思っております。
 以上で地方公営企業関係の補正予算及び予算4議案の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議をいただきまして、お認めいただきますようお願い申し上げます。
◎産業課長(植松佳光)
それでは平成23年度の富士見町観光施設貸付事業特別会計の予算について御説明させていただきます。新年度予算書の307ページからお願いいたします。
 議案第27号でございます。平成23年度富士見町観光施設貸付事業特別会計予算。
 歳入歳出でございますが、それぞれ2億8,011万円と定めるということでございます。内容については、事項別明細により御説明させていただきたいと思います。
 311ページ、事項別明細書2歳入でございます。まず1款財産収入でございますが、3目財産貸付収入1億2,000万円でございます。昨年のパノラマ強化支援の住民懇談会の折からの説明のとおり、また本日の町長の冒頭の説明のとおりでございまして、来年度は1億2,000万円、2,000万円の増を見込んでおります。
 それから、2款繰入金1目一般会計繰入金でございますが、財産貸付収入が2,000万円ふえた関係で2,000万円減額の1億6,000万円ということで、議案第11号で一般会計からの繰り出しの関係議案がございます。関連しておりますので、よろしくお願いいたします。
 歳出に移らせていただきます。313ページをお願いいたします。1款施設費1目の施設事業費でございます。
 まず、重立ったものを御説明申し上げますが、14節使用料及び賃借料でございます。1,481万6,000円。内容につきましては、リースをしておりますスノーマシンやピステンブーリ、それからゴンドラの無線の使用料でございます。
 15節工事請負費でございます。来年度は5,028万円を予定しております。計画的にメンテナンスを行っております索道関係の修繕費でございます。18節備品購入費でございます。638万円を予定しております。これは、施設を直営管理する上でのクローラーダンプですとか、厨房関係の機器の導入を予定しております。
 おめくりいただきまして314ページ、公債費でございます。元金、利子、それぞれ見込んでございます。
 なお、先ほどの歳入の財産貸付収入1億2,000万につきましては、本予算がお認めいただければ、その後、社団法人富士見町開発公社との観光施設賃貸借契約書第5条にうたわれております賃借料を、これをもって決めさせていただくということになりますので、よろしくお願いいたします。
 以上、議案第27号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議いただきまして、お認めいただきますようお願いいたします。
△日程第35 議 第 1号 第4次富士見町総合計画・後期基本計画審査特別委員会設置(案)の提出について
○議長 日程第35 議第1号 第4次富士見町総合計画・後期基本計画審査特別委員会設置(案)の提出につきましてを議題といたします。趣旨説明を求めます。
◎議会運営委員長(織田昭雄)
議第1号 第4次富士見町総合計画・後期基本計画審査特別委員会設置(案)の提出について
 上記について別紙のとおり、地方自治法第110条及び富士見町議会委員会条例第4条の規定により提出をいたします。
                  平成23年3月3日
                        提出者 富士見町議会議員 織田昭雄
                        賛成者 富士見町議会議員 三井幹人
                                     小林 光
                                     小林市子
                                     五味 滋
 別 記
  第4次富士見町総合計画・後期基本計画特別審査委員会設置(案)について
 地方自治法(昭和22年法律第67号)第110条及び富士見町議会委員会条例(昭和41年富士見町条例第13号)第4条の規定により、次のとおり特別委員会を設置する。
                   記
 名   称 第4次富士見町総合計画・後期基本計画審査特別委員会
 目   的 平成23年3月第448回富士見町議会定例会議案の審査
 委員の定数 10名。議長を除く全議員
 任   期 平成23年3月3日から3月16日まで
 委員の名簿につきましては、お手元にお配りの資料をごらんいただきまして、朗読は省かせていただきます。
 以上です。
○議長 それでは、これより質疑に入ります。質疑はございますでしょうか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで質疑を終わりといたします。
○議長 これより討論に入ります。討論はございますでしょうか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりといたします。
○議長 これより起立により採決をいたします。本案は原案のとおりに決することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決され、第4次富士見町総合計画・後期基本計画審査特別委員会を設置することに決定をいたしました。
○議長 お諮りをいたします。ただいま設置されました第4次富士見町総合計画・後期基本計画審査特別委員会の委員の選任は、富士見町議会委員会条例第5条第1項の規定によりまして、お手元に配付した名簿のとおり指名したいとございますが、これに御異議はございませんでしょうか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。したがって、第4次富士見町総合計画・後期基本計画審査特別委員会の委員は、お手元に配付しました名簿のとおり選任することにいたしました。
○議長 ここで暫時休憩といたします。
                              休憩 午後 1時35分
                              再開 午後 1時35分
○議長 休憩前に引き続き会議を再開をいたします。
○議長 富士見町議会委員会条例第5条第1項の規定により、第4次富士見町総合計画・後期基本計画審査特別委員会の委員長に三井幹人議員、副委員長に織田昭雄議員が選任された旨の報告を受けましたので、皆さんに報告をいたします。
 先例によりまして委員長からあいさつをお願いいたします。
◎第4次富士見町総合計画・後期基本計画審査特別委員長(三井幹人)
先ほどの特別委員会で委員長に選出されました三井です。皆さんの御協力をもって慎重に審議したいと思いますので、よろしくお願いいたします。
△日程第36 議 第 2号 予算審査特別委員会設置(案)の提出について
○議長 日程第36 議第2号 予算審査特別委員会設置(案)の提出につきましてを議題といたします。趣旨説明を求めます。
◎議会運営委員長(織田昭雄)
 議第2号 予算審査特別委員会設置(案)の提出について
 上記について、別記のとおり、地方自治法第110条及び富士見町議会委員会条例第4条の規定により提出します。
                  平成23年3月3日
                        提出者 富士見町議会議員 織田昭雄
                        賛成者 富士見町議会議員 三井幹人
                                     小林 光
                                     小林市子
                                     五味 滋
別 記
           予算特別委員会設置(案)について
 地方自治法(昭和22年法律第67号)第110条及び富士見町議会委員会条例(昭和41年富士見町条例第13号)第4条の規定により、次のとおり特別委員会を設置する。
 名   称 予算特別委員会
 目   的 平成23年3月第448回富士見町議会定例議会の審査
 委員の定数 10名、議長を除く全議員
 任   期 平成23年3月3日から3月16日まで
 特別委員会委員名簿については、お手元にお配りした資料のとおりでございます。
 以上です。
○議長 これより質疑に入ります。質疑はございますでしょうか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで質疑を終わりといたします。
○議長 これより討論に入ります。討論はありますでしょうか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりといたします。
○議長 これより起立により採決をいたします。本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決され、予算審査特別委員会を設置することに決定をいたしました。
○議長 お諮りをいたします。ただいま設置されました予算審査特別委員会の委員の選任は、富士見町議会委員会条例第5条第1項の規定により、お手元に配付した名簿のとおり指名したいと思います。これに御異議はございませんでしょうか。(なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。したがって、予算審査特別委員会の委員は、お手元に配付しました名簿のとおり選任することに決しました。
○議長 ここで暫時休憩といたします。
                              休憩 午後 1時40分
                              再開 午後 1時40分
○議長 それでは休憩前に引き続き会議を再開します。
○議長 富士見町議会委員会条例第5条第1項の規定により、予算審査委員会の委員長に小林光議員、副委員長に小林市子議員が互選された旨の報告を受けましたので、皆さんに報告をいたします。
 先例により委員長からあいさつをお願いいたします。
◎予算審査特別委員長(小林光)
御指名いただきました小林光でございます。申すまでもなく、予算は町政の基幹をなすものであります。そういうわけでありまして、引き受けましたからには鋭意慎重審議をしたいと思います。よろしくお願いいたします。
○議長 それでは以上をもちまして、本日の会議はすべて終了いたしました。明日4日は午前10時から本会議を開き、議案に対する質疑並びに委員会付託を行います。
 本日は、これをもって散会といたします。御苦労さまでございました。
                              散会 午後 1時41分