議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 富士見町

平成23年 1月(第447回)臨時会−01月28日-01号




平成23年 1月(第447回)臨時会

              平成23年1月(第447回)
                富士見町議会臨時会

議 事 日 程(第1日目)
                           日時 平成23年1月28日(金)
                                  午前10時 開会
1.開  会
2.開議宣告
3.議事日程の報告
  日程第 1 会議録署名議員の指名
  日程第 2 会期の決定
  日程第 3 諸報告
              (議案の上程、説明、質疑、討論、採決)
  日程第 4 議案第 1号 財産の取得について
4.閉  会



                 平成23年1月
         第447回富士見町議会(臨時会)会議録(第1日)
平成23年1月28日(金曜日)
議員の席次及び氏名と出欠
                午前 午後                 午前 午後
  第 1 番  小 林   光 出       第 2 番  エンジェル千代子出
  第 3 番  中 山   孝 出       第 4 番  織 田 昭 雄 出
  第 5 番  名 取 武 一 出       第 6 番  小 林 市 子 出
  第 7 番  五 味   滋 出       第 8 番  三 井 幹 人 出
  第 9 番  小 池 一 夫 出       第10番  平 出 英 夫 出
  第11番  小 池 久 長 出

職務のために出席した事務局員
  事務局長      植 松 久 春     次長        尾 沼 好 美
  臨時職員      有 賀 弘 美

説明のために出席した者
  町長        小 林 一 彦     副町長       五 味 正 文
  教育長       小 林 洋 文     総務課長      小 林 良 光
  会計管理者     名 取 光 昭     財務課長      窪 田 和 美
  住民福祉課長    名 取 祐 仁     産業課長      植 松 佳 光
  建設課生活環境係長 久 保 正 平     子ども課長     五 味 一 文
  生涯学習課長    小 池 英 彦     上下水道課長    佐 伯 幸比古
  消防課長      植 松   恵



                              開会 午前10時00分
○議長 おはようございます。大変寒い毎日が続いておりまして、昨日も通勤途中の事故が多発をしております。ぜひ道路管理、維持等の役割の方々は道路の管理を十二分に注意をしていただきたいというふうに思っております。
 ただいまから平成23年1月第447回富士見町議会臨時会を開会をいたします。
 町長より招集のあいさつがあります。
◎町長 おはようございます。今ありましたように第447回臨時会に、皆さん御出席本当にありがとうございます。
 大変厳しい寒さが続いておりまして、ぜひお体の方は御自愛いただきたいと思いますが、この寒さはですね、富士見町の最大の懸案でありますパノラマにとっては、非常にいい結果をもたらしております。現時点でですね、一般客、これが主要になるんですが、一般客の増員が去年と比べて3,275人。それから売上もですね、去年に比べて1,600万円ほどふえており、両方とも前年比で7%増という状況であります。
 これは天候に恵まれているということは大変大きいというふうに思うんですが、去年も1月は同じような天候でございましたので、この状況は必ずしも天候だけではなくて、みんな気合いを入れてですね、この経営に当たっているということが効果を出しているんじゃないかというふうに考えております。
 国界ラーメンも始めましたら、今、引き続きですね、ラーメンコーナーは20%増ということで好調を継続しているというような状況でありまして、あとはこのままの天候が続き、状況がそのまま続行すれば、3年ぶりの右肩上がり、前年比増で3年前の13万人というのも夢ではないということで、これに向けて頑張って、町も応援していきたいというふうに考えております。
 そのほかですね、三鷹光器の誘致が決まったわけですが、この三鷹光器の誘致は単なる跡地利用ということではなくて、富士見町を大きく発展する可能性をはらんでいる。三鷹光器が世界ナンバー1の光学精密技術を有しているわけですが、この技術を使ってですね、富士見町の業者が、できることなら全部この部品を引き受けて、組み立ても町の業者でやるということが三鷹の願いでもあり、要求でもあるし、何とかそれをやりたいということも富士見町の工業に携わっている人たちの望みでもあると。
 本日ですね、商工会の工業部会長以下幹部の方たちが三鷹に訪問しておりまして、その技術の勉強を一生懸命始めたということでございまして、何とかですね、この世界一の光学技術をこの富士見町の町に根付かせて、富士見町も非常に世界でもレベルの高い技術の町ということになればなというふうに思うわけでございます。
 それから、ことしの経済状況ですが、全体的には日本は経済的によくなるというふうに言われております。なぜならば、リーマンショックからアメリカが立ち直り、それからインド、中国が引き続き好調です。ヨーロッパの主要国も経済成長、発展の道に入りました。
 日本はですね、政治がもたついておりますけれども、経済の方は世界に引っ張られる形で経済が発展するということで、ことしの後半にかけてですね、経済成長が見込めるというのが大方の企業のトップの見方でございます。
 そんな中ですね、ことしが始まったわけで、町としても明るい希望を持って前進していきたいというふうに思っております。
 さて、本日の議題でございますが、1件提出させていただきました。昨年12月定例会におきまして旧渡辺別荘跡地取得のための補正予算を可決していただきましたが、このたび国と売買契約が正式に成立しましたので、これを御審議いただきたいということでございます。詳細は副町長より説明させていただきます。
                              開議 午前10時03分
○議長 ただいまの出席議員数は、全員であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
○議長 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
△日程第 1 会議録署名議員の指名
○議長 日程第1 会議録署名議員の指名をいたします。今臨時会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によりまして、第9番小池一夫議員、第10番平出英夫議員を指名をいたします。
△日程第 2 会期の決定
○議長 日程第2 会期の決定を議題といたします。
 お諮りします。今臨時会の会期は、議会運営委員会で審議した結果、本日1日間としたいと思いますが、これに御異議はございませんでしょうか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。したがって、会期は本日1日と決定をいたしました。
△日程第 3 諸報告
○議長 日程第3 諸般の報告を行います。
 町長より、議案の提出がありましたので報告をいたします。議案書をあらかじめ配付してありますので、朗読は省略をいたします。
△日程第 4 議案第 1号 財産の取得について
○議長 日程第4 議案第1号 財産の取得についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
◎副町長 おはようございます。私の方から、議案第1号 財産の取得について、2ページをお願いをしたいと思います。
 別記のとおり財産の取得について、地方自治法第96条第1項第8号、及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 お開きいただきまして、別記、財産の取得について。次のとおり財産を取得するものとする。
 記といたしまして、取得する財産、所在地は諏訪郡富士見町富士見字南原山4654番22の4筆、内訳は別紙のとおりでございます。区分としまして、土地。数量としまして50,895.17平米、15,396坪になります。取得目的としまして、公園用地。取得価格は2億500万円になります。こちらの方は平米当たりにしますと4,029円、坪当たりですと1万3,315円になります。取得の相手方は国になります。分任契約担当官としまして、関東財務局長長野財務事務所長の佐伯克己様でございます。
 こちらの方につきましては、もう皆さん御存じのとおり、渡辺さんが建てられました別荘、分水荘の跡地であるという歴史的価値、また尾崎喜八さんがこちらの方へ来て文学活動を行ったという文化的価値も持ち合わせている土地であります。
 富士見町にとって歴史的、文化的、自然的にも貴重な土地であって、富士見町に残されている貴重な里山という観点から、町民公園として貴重な植物や樹木を最大限残しながら自然環境を生かして整備を行って、町民の憩いの場所とするよう公園整備を予定するものでございます。
 そのようなことでございまして、このたび契約ができる運びとなりましたので、議決の方をお願いするものでございます。よろしく御審議をお願いして、お認めいただきたいと思います。
 お認めいただければ、午後、締結をさせていただく予定になっております。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長 これより議案に対する質疑に入ります。財産の取得について、質疑はございますでしょうか。
◆第6番(小林市子)
一応、公園用地として取得目的ということになっていますが、これからの維持管理について、どのような想定をしているのか、整備とかもありますので、その辺について質問いたします。
◎町長 5月末までに有識者、特にこの渡辺別荘にかかわった人々、及び特に貴重な植物があるということがありまして、植物の有識者を中心にですね、この歴史と文化、及び貴重な植物を残すということをコンセプトにして、どんな公園にしたらいいのかということを検討していただいております。
 それを5月末までにまとめまして、住民懇に諮りたいということでございまして、この時点でですね、どのような公園になるかという案がまとまります。そのまとまった案をもとに、じゃあ維持管理もですね、その目的に沿ってきちっと何年もやっていくということをやらなきゃいけないということでですね、その有識者プロジェクト、これの結果を待ちたい。当然、その結果に従って維持管理をやるということで、きょう現在どうするかということはまだ決まっておりません。
 以上です。
◆第6番(小林市子)
6番小林市子です。それについての予算というのは一応、盛ってあるわけでしょうか。
◎総務課長(小林良光)
公園がどういう形になるかによって若干、予算の使い方が変わってくると思いますが、公園をどういう形にするかというふうな基本的な部分については一応予算に盛らせていただきました。
 それから、現状では非常に樹木が密生しておりますので、公園として開放する場合に防犯上の問題等ありますので、その樹木をある程度伐採をして、中に町民が入って楽しめるような形にするための予算は、これから盛っていきたいというふうに思います。
○議長 ほかに質疑はございますでしょうか。
◆第2番(エンジェル千代子)
2番エンジェルです。全協等では多少その原資について説明があったんですが、ここで改めて説明をいただきたいと思います。取得の原資についてです。
◎財務課長(窪田和美)
取得の原資は12月定例議会で土地開発基金の取り崩し等を認めていただきましたので、現時点では一般財源ということになります。
 以上でございます。
○議長 いいですか。
◆第2番(エンジェル千代子)
いいです、はい。
○議長 ほかに質疑はございますでしょうか。
◆第8番(三井幹人)
8番三井です。この取得の目的の拘束力というかね、縛りがどの程度あるかという件に関しての見解をお願いします。また法的に何か、そういうものがあるんであれば、それも含めて。
◎町長 まずですね、国との話し合いの中で取得の条件として、公園、町民の公園にしますということでこの取得目的を出して、それをもとに国が許可をしたという経緯がございます。
 したがって、公園でスタートするということで期間等、そういった議論はしておりませんが、とにかく公園にするということは縛りがあります。しかし、その公園の内容だとか、そのものについては完全に任されておりますので縛りはないと。それから期限についても特段の議論はしておりません。しかし、町としてはですね、いい公園にして非常に長い間活用していきたいと、喜んでいただきたいということが原則です。
◎総務課長(小林良光)
若干つけ加えますけれども、議会で公園として議決をいただきますので、将来的にも公園という形で利用をしていく縛りが出てくるかと思います。もし、ほかの利用も将来的にあるとすれば、また議会に当然そのことは諮っていかなければならないというふうに思います。
◆第8番(三井幹人)
8番三井です。今説明があったように、例えば将来ほかに使いたいということがあった場合に、議会でまたそれを議決すればできるということで、よろしいわけですねというのが1つと、例えばですよ、例えば住宅公園という公園もあるわけですよ、そういうのは公園というふうに理解していいのかどうか。全国見渡すとありますよね、住宅公園というような名前のついたところが、そういうのも公園というふうに理解していいのか、その点についてどういうふうな見解をお持ちかお願いします。
◎町長 紛らわしい公園、これは念頭にない。今のお話しの中で新規住宅地として、この一部を使ってですね、その中に公園があるというような形、つまり目的が住宅地として活用されるということも目的として入るというようなことは考えていないというのが今の現状です。純粋な公園ということで国とも話をしているということでありまして、商業目的あるいは住宅地目的は入っていないということです。
○議長 よろしいですか。
◆第8番(三井幹人)
もう1つ答えていない。議決があれば、ほかにも兼用できるかと確認したわけです。
◎町長 それはできると思います。なぜならば、まずは公園として取得します。将来、議決があった場合は、今の国の条件には拘束されないと私は考えております。
◆第8番(三井幹人)
思いますじゃなくて、本当にできるかどうかの確認をしたいんですが。
◎町長 できます。
○議長 いいですか。
◆第8番(三井幹人)
はい。
○議長 ほかに質疑はありますか。いいですか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで質疑を終わりといたします。
○議長 これより討論に入ります。財産の取得につきまして討論はございますでしょうか。
◆第5番(名取武一)
5番名取です。この渡辺別荘跡地の問題については、さきの12月議会での補正予算の折に私は棄権しました。
 この財産の取得の可否については、町民の中でも賛否が分かれているからであります。この折にも言いましたが、一昨年の6月に私たちが実施した町民アンケートでは、町が買うべきだという意見と買うべきではないという意見が拮抗しておりました。このような厳しい財政の中で貴重な町税を使うべきではないという方、また町の貴重な財産として将来のために買うべきだというふうな意見がありました。そのようなことで、私はこの財産の取得について賛否どちらにも、くみすることはできないということで、一応今回もこの採決には棄権を表明します。
 以上です。
○議長 ほかに討論はございますでしょうか。
◆第7番(五味滋)
7番、五味滋です。私は賛成の意味で討論したいと思いますけれども、十年来この渡辺別荘跡地については取得すべきという立場で発言をしてまいりました。そうしてまた、光議員初め前議員の宮坂さん初め、大勢の方々とこの運動をしてきたわけですけれども、やっとこの段階に入ったかなという、非常にうれしいことであります。
 そうした意味で、この地はですね、富士見町にとってもこれだけの面積で、これだけのロットがあるというところは将来とも、50年に一遍あるか100年に1回、こういうチャンスがあるかというような非常に喜ぶべき私は物件だと思います。
 そうした中で価格についても国の方、それからいろいろの皆さんの努力によって、こういう低価格でですね、取得できるということは周辺の物価、土地価格に対しても、私も45年来、不動産業をやっているわけですけれども、こうした中でこれだけのものが手に、この値段で入るということは、非常に町にとっては大チャンスととらえて私は差し支えないと、そんな意味で私はこの件に関しましては非常に喜ばしいことであって取得すべきということで賛成をいたします。
○議長 ほかに討論はございますでしょうか。よろしいですか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりといたします。
○議長 これより起立により採決をいたします。本案は原案のとおりに決することに賛成の方の起立を求めます。(起立多数)
○議長 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長 これで、本臨時会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。この旨書面をもって町長に報告をいたします。
○議長 町長からあいさつがあります。
◎町長 皆さんの大変な御理解をいただきまして、この案件を可決させていただきまして本当にありがとうございました。しっかりとですね、公園化の計画を立てて、皆さんの納得のいく形のものをきちっとつくっていきたいと、行政がリーダーシップを発揮していきたいと考えております。よろしくお願いします。ありがとうございました。
○議長 先ほど、採決におきまして起立多数と申し上げましたが、棄権者がいましたので、賛成全員一致の可決ということで訂正をさせていただきます。
 以上をもちまして、平成23年1月第447回富士見町議会臨時会を閉会をいたします。大変御苦労さまでした。
                              閉会 午前10時20分


  平成23年 1月28日


           富士見町議会議長


           富士見町議会議員


           富士見町議会議員