議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 富士見町

平成22年 2月(第440回)臨時会−02月05日-01号




平成22年 2月(第440回)臨時会

              平成22年2月(第440回)
                富士見町議会臨時会

議 事 日 程(第1日目)
                            日時 平成22年2月5日(金)
                                午後1時30分 開会
1.開  会
2.開議宣告
3.議事日程の報告
  日程第 1 会議録署名議員の指名
  日程第 2 会期の決定
  日程第 3 諸報告
              (議案の上程、説明、質疑、討論、採決)
  日程第 4 議案第 1号 平成21年度富士見町一般会計補正予算(第7号)
4.閉  会



                 平成22年2月
         第440回富士見町議会(臨時会)会議録(第1日)
平成22年2月5日(金曜日)
議員の席次及び氏名と出欠
                午前 午後                 午前 午後
  第 1 番  小 林   光    出    第 2 番  エンジェル千代子   出
  第 3 番  中 山   孝    出    第 4 番  織 田 昭 雄    出
  第 5 番  名 取 武 一    出    第 6 番  小 林 市 子    出
  第 7 番  五 味   滋    出    第 8 番  三 井 幹 人    出
  第 9 番  小 池 一 夫    出    第10番  平 出 英 夫    出
  第11番  小 池 久 長    出

職務のために出席した事務局員
  事務局長      植 松 久 春     次長        尾 沼 好 美
  臨時職員      有 賀 弘 美

説明のために出席した者
  町長        小 林 一 彦     副町長       五 味 正 文
  教育長       小 林 洋 文     総務課専任課長   植 松 佳 光
  会計管理者     雨 宮 正 一     財務課長      小 林 良 光
  住民福祉課長    名 取 光 昭     産業課長      久保川 敏 朗
  建設課長      三 井 恵 一     子ども課長     五 味 一 文
  生涯学習課長    三 井 豊 三     上下水道課長    窪 田 和 美
  消防課長      植 松   恵



                              開会 午後 1時28分
○議長 皆さん、御苦労さまです。定刻より若干早いですが、ただいまより平成22年2月第440回富士見町議会臨時会を開会をいたします。
 町長から招集のあいさつがあります。
◎町長 皆さん、こんにちは。どうも御苦労さまです。第440回富士見町議会臨時会、全員出席ということで、心から感謝いたします。
 今回は、国の経済対策の第2次補正予算が確定しました。それにより、富士見町に合計で8,140万円の交付金が交付されることになりました。この使い道の大きな目的は、早期のインフラ整備及び地域の活性化ということが、目的として指定されております。それに伴い平成21年度の予算、これがこの交付金によりまして変わるということで、補正予算を提示し、御審議いただき、議決していただくということでございます。よろしくお願いします。
 詳細はですね、副町長より説明していただきます。よろしくお願いします。
                              開議 午後 1時30分
○議長 ただいまの出席議員数は全員であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
○議長 本日の議事日程はお手元に配付のとおりでございます。
△日程第 1 会議録署名議員の指名
○議長 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。今臨時会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によりまして、第5番名取武一議員、第6番小林市子議員を指名いたします。
△日程第 2 会期の決定
○議長 日程第2 会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。今臨時会の会期は、議会運営委員会で審議した結果、本日1日としたいと思います。これに御異議はございせんでしょうか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。したがって、会期は本日1日間と決定いたしました。
△日程第 3 諸報告
○議長 日程第3 諸般の報告を行います。
 町長より、議案の提出がありましたので報告をいたします。議案集をあらかじめ配付してありますので、朗読は省略をさせていただきます。
△日程第 4 議案第1号 平成21年度富士見町一般会計補正予算(第7号)
○議長 日程第4 議案第1号 平成21年度富士見町一般会計補正予算(第7号)を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
◎副町長 それでは、お願いをいたします。2ページをお願いをいたします。
 議案第1号 平成21年度富士見町一般会計補正予算(第7号)になります。平成21年富士見町一般会計補正予算(第7号)は次に定めるところによる。
 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8,146万円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ74億5,749万5,000円とするものでございます。
 3ページ、4ページ、5ページはごらんいただきまして、まず、歳出の7ページから説明をさせていただきます。こちらの方ですけれども、民生費の中で保育所の関係であります。境保育園の南側のサッシを取りかえたいということで540万、委託料、工事費ともで540万をお願いをいたします。
 6款農林水産業費になります。農地費の関係で工事請負費、とちの木汐、若宮の構造改善の中の取水からの構造改善の畑の中の分と、木の間の穴能水路の2カ所になります。そちらの方で315万円工事請負費でお願いいたします。
 7款商工費になります。8ページの方でお願いします街灯ですけれども、富里商店街に4基設置をしたいということで、120万円の工事請負費をお願いします。
 8款土木費2目の道路維持の関係ですけれども、工事請負費としましてJRの富里跨線橋の東側の部分、それと桜ヶ丘の区内道路の側溝の2カ所で1,025万円をお願いします。3目の道路新設改良費になります。こちらの方も工事請負費で、下蔦木くらいの鹿の沢の関係の道路になります。六道南線、原の茶屋から富士見ヶ丘のところですけれども、その2カ所で2,310万円。2目の河川改修費、こちらも工事請負費になります。瀬沢川の続きになりますけれども、富士見台の下の入り口の上ということになります。
 8款土木費の4目都市計画道路事業費になります。こちらの方も工事請負費で、北通線の植栽を222万円お願いをいたします。
 9款消防費1目の常備消防ですけれども、こちら庁舎の耐震化ということで2,200万円、委託料100万円、工事請負費として2,100万円をお願いをいたします。
 おめくりいただきまして、10款の教育費1目学校管理費になります。境小学校の工事請負費210万円、給食室の水道の関係につきまして改修をしたいということでお願いします。落合小学校、同じく工事請負費で、こちらの方は体育館の屋根の塗装で300万円をお願いいたします。
 同じく10款教育費の5目の考古館費になります。施設整備事業ということで265万円、こちらの方は収蔵庫の外壁の塗装をやりたいということで委託料15万円、工事請負費250万円です。こちらの方は、先ほど町長の方から説明申し上げましたとおり、国の第2次補正の中で地域活性化きめ細かな臨時交付金ということで、こちらの方へ予算の方が参りましたので、急ですので、22年度当初に計上予定のものにつきまして前倒しをしております。特に道水路については継続のものを、ほかのものにつきましては準備ができているものということでやっております。先ほど言いました臨時交付金の目的、使途に合った事業を選んでおります。
 なお、これの金額については、全額とも繰越措置をとらせていただくようになるかと思います。よろしくお願いをいたします。
 それでは、歳入の方へ戻っていただきまして、6ページになります。
 10款地方交付税1目の地方交付税ですけども、1,035万9,000円。
 12款分担金・負担金ということで1目農林水産業費の分担金で63万円、2目の土木費分担金で228万2,000円をお願いいたします。
 14款の国庫支出金としまして8目総務費国庫補助金として、地域活性化きめ細かな臨時交付金ということで6,818万9,000円が交付されております。先ほど町長の説明の中で、全額のちょっと言っておりましたけど、6,818万9,000円が交付金で町長の申したものは全体の額になりますので、よろしくお願いをいたします。
 以上、よろしく御審議いただきまして御決定いただきますよう、よろしくお願いをいたします。
○議長 議案第1号 平成21年度富士見町一般会計補正予算(第7号)について、これより質疑に入ります。質疑はございますでしょうか。
◆第8番(三井幹人)
8番、三井です。この財源になっております2次補正のきめ細かな臨時交付金の使途に合わせてということですけれども、使途を教えてください。
◎建設課長(三井恵一)
お答えをいたします。今回のきめ細かな臨時交付金でございますけれども、地方公共団体が行う危険な橋梁の補修、それから都市部の緑化、それとあと単独事業でございますけれども、地方公共団体施設の建設、それから補修事業など緊急経済対策に沿った費用に対し、国がこの交付金を交付するということでございまして、中小企業または零細企業に発注に努めながらインフラ整備に努めていくというふうなことが、この事業の使途と目的でございます。その線に沿った事業を見繕ってございます。以上です。
◆第8番(三井幹人)
という、その交付の基準だそうですけども、みんな挙げているということは、当然その中に含まれているんでしょうけれども、例えば、保育園のこの改修だとか、それから消防署の耐震だとかというのは、この目的のどの部分に入っているのかというのが1つと。
 箇所づけについて、先ほど副町長の方から、継続しているもの、または準備ができているものということでしたが、このほかにもいろんな、例えば危険箇所とかいうことであれば、幾つも各区から要望等が出ていると思うんですが、その辺でこの基準で選んだと言えばそういうことでしょうけれども、改めて、このつけた理由についてお願いします。
◎財務課長(小林良光)
それでは今回、保育園、それから消防庁舎の耐震があるわけですが、今回の事業の中で公共施設の修繕等が使途の中に入っておりますので、それに対応した事業ということであります。
◎建設課長(三井恵一)
実施箇所の選定に当たってでございますけれども、先ほど説明をいたしました制度にのっとった事業ということで、これが大前提でございます。そんな中で、即刻、実施のできる箇所ということがありまして、即、経済対策にかかるものということでございますので、即実施ができるということで、ということは用地買収が済んでいると、用地買収の必要がないとか用地買収が済んでいるもの、それから、これから4月、5月に繰り越しをする時期になりますので、農繁期に入ります。農繁期に入りますと農業用排水施設については、かけたり排水ということになりますので、そこら辺については、なるべく仮設とか水回しが簡単なものを選んだということでございます。
◆第8番(三井幹人)
8番、三井です。それで今、箇所づけはこういうことで選びましたということで、建設課長いみじくも言いましたけど、即刻できることとか、河川については、汐とかについては農繁期になる前にとか、それを避けてというような話があったんですけれども、今、この目的が緊急経済対策ということで出されておりまして、御存じのように、非常に世の中の景気が悪い。そういう中で、なるべく早くやっていただきたいと、少しでも。先ほど副町長の方から、これは繰り越しを前提だというような説明がありましたけれども、もう明日にでもすぐ発注してやるような、そのためにそういう箇所を選んだんだという説明があったわけですけども、その辺を悠長に構えていないで、すぐにでも実行していただきたいと。建設業者の皆さん、本当に死んじゃいますよ。御存じでしょう、皆さん。その辺のところをね、もう少し認識を新たにして、やっていただきたいというふうに思いますので、その辺に対する考え方を伺って、もちろん、この今の景色を見ればね、こういう気象状況の中でやるのが品質的にいいかどうかという問題はあろうかと思いますが、先ほど来申しています、町の経済の状況を見た中でやっていただきたいというふうに思いますが、いかがでしょうか。
◎副町長 議員のおっしゃるように、こちらの方につきましてはすぐ施工できるようにいろいろな体制の中で取り組んでおります。先ほど、繰り越しにするというのは、これからですので3月31日までに全工事が多分終わらないということで繰り越しの措置をとらせていただくということで、4月に入ってから入札行為をするということではありません。入札の方は早速に、そういう手続の方は、今日の議会の議決いただければ、その後に早速とるようなっております。
○議長 ほかに質疑はございませんでしょうか。
◆第5番(名取武一)
5番、名取武一です。先ほど、来年度予算の前倒しというふうにもお聞きできたのですが、この補正予算のうちどの程度が来年度予算の前倒しになっているかということと、来年度予算については前々から、もう1億円ほど厳しいと、収入がですね、というふうに話を伺っているんですが、その来年度予算との関係というのは、どのように考えられるのでしょうか。お願いします。
◎財務課長(小林良光)
来年度予算に一応予定をしていたものが、90%以上、ちょっと正確な金額はちょっとあれですが、90%以上あるかと思います。
◆第5番(名取武一)
そうすると、大体この程度、この9割程度は、来年度予算としては楽になるというふうに理解していいんですか。
◎財務課長(小林良光)
これをそっくり来年度予算から削ってしまった場合にですね、来年度の公共事業等が急激な、大きく減らすことができないものですから、23年度分をまた前倒しするというふうな措置をとりながら、公共事業全体は、そんなに来年度の事業ですね、予算ですね、それは、そんなには減らさないようにはしていきたいというふうに考えて予算編成を進めております。
○議長 ほかに質疑はございますか。
◆第1番(小林光)
1番、小林光です。しばらく、日本のニュースを見ていなかったので、変な質問をするんですが、これは正式に何月何日に確定、通知、通告あったものなんですか。
◎副町長 国会の方は1月28日に成立をしております。
○議長 よろしいですか。
 ほかに質疑はございますでしょうか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで質疑を終結をいたします。
○議長 これより討論に入ります。討論はございますでしょうか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりといたします。
○議長 これより起立により採決いたします。本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長 これで本議会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。この旨、書面をもって町長に報告いたします。
 町長からあいさつがあります。
◎町長 大変、速やかに御理解いただきまして、御賛成いただきまして、本当にありがとうございました。今、いろんなコメントがありましたように、御意見ありましたように、一刻も早く、この富士見町の経済を活性化するということで、遅滞なき着手、実行を行いたいと。それから、間断なく来年度もこの不況を乗り切っていくための対策も手を打っていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。
 今日は本当に御苦労さまでした。ありがとうございました。
○議長 以上をもちまして、平成22年2月第440回富士見町議会臨時会を閉会をいたします。御苦労さまでした。
                              閉会 午後 1時47分


  平成22年2月5日


           富士見町議会議長


           富士見町議会議員


           富士見町議会議員