議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 富士見町

平成19年 9月(第425回)定例会−09月07日-02号




平成19年 9月(第425回)定例会

              平成19年9月(第425回)
                富士見町議会定例会

議 事 日 程(第2日目)
                             日時 平成19年9月7日(金)
                                午前10時00分 開議
1.開議宣告
2.議事日程の報告
  日程第 1 提出議案に対する質疑
        各常任委員長への付託
        総務経済常任委員長より議案の分割付託
3.散  会



                 平成19年9月
         第425回富士見町議会(定例会)会議録(第2日)
平成19年9月7日(金曜日)
議員の席次及び氏名と出欠
                午前 午後                 午前 午後
  第 1 番  小 林   光 出       第 2 番  エンジェル千代子出
  第 3 番  中 山   孝 出       第 4 番  織 田 昭 雄 出
  第 5 番  名 取 武 一 出       第 6 番  小 林 市 子 出
  第 7 番  五 味   滋 出       第 8 番  小 池 久 長 出
  第 9 番  小 池 一 夫 出       第10番  平 出 英 夫 出
  第11番  三 井幹  人 出

職務のために出席した事務局員
  事務局長      小 池 邦 治     次長        小 林   潔
  書記        上 原 万智子

説明のために出席した者
  町長        矢 嶋 民 雄     副町長       名 取 重 治
  教育長       小 林 洋 文     総務課長      五 味 正 文
  会計管理者     雨 宮 正 一     財務課長      小 林 良 光
  住民福祉課長    藤 森   明     産業課長      久保川 敏 朗
  建設課長      三 井 恵 一     子ども課長     五 味 一 文
  生涯学習課長    植 松 久 春     上下水道課長    窪 田 和 美
  消防課長      樋 口 市 衛


                              開議 午前10時00分
○議長 おはようございます。大変御苦労さまです。本日の会議の前に、町長より台風9号についての状況報告がありますのでお願いします。
◎町長 お願いいたします。昨日の夕方4時28分、諏訪地方に大雨洪水警報の発令に伴い、役場では6日午後5時に警戒本部を立ち上げ、総務、建設、上下水道、消防、徹夜で警戒に当たり、情報収集に努めました。
 富士見町の降雨量は、消防署観測で9時現在60ミリ、最大風速は富士見町消防署観測で本日2時に19.2メートルを観測いたしました。いずれにいたしましても、富士見町では被害報告が入っておりませんし、台風の峠も過ぎたようでございます。
 以上、御報告を申し上げます。
○議長 ただいまの出席議員数は11名全員であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
○議長 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
△日程第 1 提出議案に対する質疑
○議長 日程第1 これより、議案に対する質疑に入ります。議案第1号 富士見町行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例について、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、これで質疑を終わります。
○議長 議案第2号 町道の路線認定、変更及び廃止について、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、これで質疑を終わります。
○議長 議案第3号 財産の取得について、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、これで質疑を終わります。
○議長 議案第4号 平成19年度富士見町一般会計補正予算(第2号)について、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、これで質疑を終わります。
○議長 議案第5号 平成19年度富士見町下水道事業会計補正予算(第2号)について、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、これで質疑を終わります。
○議長 議案第6号 平成18年度富士見町一般会計歳入歳出決算の認定について、これより質疑に入ります。本決算は分割して質疑を行い、最後に質疑漏れにつき全般について再度の質疑を行います。
 まず最初に、1ページから48ページまで、歳入歳出決算書、決算総括表、前年度対比表、及び事項別明細書の歳入の分について、質疑はありませんか。
◆第6番(小林市子)
6番、小林市子です。2ページの不納欠損額と、それから収入未済額というんですね。未済額を説明のときに件数と言われましたけれど、これは世帯数等の軒とは違いますよね。もし、その件数が世帯になったら、どのくらいになるのかということはわかるんでしょうか。
◎財務課長(小林良光)
不納欠損額につきましては、件数で申し上げましたが、件数というのは、例えば1人が納税、例えば1、2、3、4と納税があったときに、三月分を1件というふうに数えますので、1人について何件か不納欠損が生じるというふうに数えております。ですから、件数が必ずしも何人ということではございません。個人にかかりますから、世帯についてはわかりません。
 それから、収入未済額につきましては、本年度税の方が収入にならなかったということで、来年度に滞納という性質のものです。
◎総務課長(五味正文)
使用料の関係ですけれども、こちらの方は住宅の関係になります。不納欠損3万8,100円の部分につきましては1人です。収入未済額の方は15人です。あと、諸収入の方のコピーの関係は2人です。
 以上です。
◎子ども課長(五味一文)
保育料の関係ですけれど、22ページに内訳がございます。児童福祉費負担金の45万6,900円、未済額ですが、これは3人であります。
 それから、その下の444万何がし、これは10人。両方関連している方がおりますので、両方合わせますと12名ということになります。
 それから44ページですが、雑入の関係です。保育園の主食費ということで未納額があるわけですが、3万7,400円。これは人数で5名ということになっています。
 以上です。よろしくお願いします。
◎財務課長(小林良光)
それでは、税の関係の人数を申し上げますが、町民税の関係では26人で、件数で88件。固定資産税の関係が11人で114件、軽自動車税が4人で16件であります。これは不納欠損の内容であります。
○議長 よろしいですか。ほかに質疑はありますか。
◆第9番(小池一夫)
9番、小池一夫です。関連の質問ですが、最近はやっております、払える能力があって払わないのか、それとも所得が低くて払えないのか、ちょっとその辺を、おわかりになりましたら教えていただきたいと思います。
◎財務課長(小林良光)
不納欠損をするということに関しては、それぞれそれなりの理由と、それから法律での縛りがありますけれども、御質問によりますと、もう払う能力がないという方については、こちらで十分調査をしながらきた中で不納欠損処理をしたものでございます。特に、本人に財産がほとんどない、または強引な納税を促すと生活自体が著しく逼迫するというふうな場合、または本人が所在不明のような場合につきましては、不納欠損処分にしております。
◎総務課長(五味正文)
住宅の関係、3万8,100円の関係ですけれども、こちらの場合につきましては、本人死亡、代納人が所在不明ということで、このような措置にさせていただいております。あとは、ちょっと支払いの能力が少しないということで、今、入っておりません。ただしコピー代の方につきましては、支払い能力があると思われますが、支払いをいただいておりません。
◎子ども課長(五味一文)
保育料につきましても、税と同様の理由等で未納となっております。同じ世帯で、保育料だけ意識的に滞納するとか、そういう方ではなくて、保育料の方はほかの税とか料金も未納というふうな状況で、世帯状況については税の関係と同じです。
○議長 ほかにありませんか。
◆第8番(小池久長)
8番、小池久長でございます。先ほど不納欠損の話でございますけれども、私もほかの市町村の不納欠損、いわゆる外国人の不納欠損の処理をしておりまして、ほかの市町村の方は頻繁にお訪ねいただくんですが、富士見町からは1回もおみえになったことはございませんけれども、外国人に対してのその不納欠損というのは、そういったその調査をきちんとされているのか、もうわかんないからそこで挫折をしているのか。安曇野とか全県から、外国人はこうたくさん、あちこち動くんで、少しでもチャンネルがあれば、非常にその綿密に、お越しになって、そこで滞納処理をされていきますけど、富士見町の状況はどうなっているか、教えていただきたいと思います。
◎財務課長(小林良光)
外国人につきましても、同じような納税の催促はしておりますけれども、先ほど申し上げましたように、住所が転々と、かなりされるということと、それから一定期間を過ぎると母国にお帰りになるというふうなケースが非常に多くて、なかなか海外まで行って納税をお願いするというような機会はありませんので、他市町村と同じように、それぞれ出向いて納税催促はしておるつもりでおりますが、差があるのかどうか、これはちょっと認識しておりませんが、一応やってはおります。
◆第8番(小池久長)
某市、某安曇野市の職員の方に私、言ったんですけど、安曇野市はともかくとして、その方は上田に住んでいて、上田にいないのに督促状だけ送ってですね、何か仕事先とか見つかったら、いきなり、いわゆるそこの給与とか差し押さえに入ったというケースがあって、法律上、差し押さえをすると、そのお金は返せないというお話を承りましたけれども、要はその外国人の未納というのがどのくらいあるのか、よくわかりませんが、チャンネルをきちんと持って、情報を探そうとすれば探せるチャンネルはたくさんあるんで、やっぱりそういった関係機関にも働きかけをしてですね、少しでも未納がないようにしていく、その配慮というか、そういう行動をおとりになっているかどうか、ちょっとお聞きしたいんですけれども。お願いします。
◎財務課長(小林良光)
特に住所がどこに、実際住所があってもどこに住んでおられるかというのは、非常に手間がかかるというか、そちらの市役所等に行って所在を確認してやるわけですが、雇用者の方ももう退職をされているとかいうふうなことで、その人の所在、実際の所在というのが把握するのには、相当の時間等がかかりますが、今、御指摘のような形で、なるべくチャンネルを多く広げて今後もやっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
○議長 ほかに質疑はありませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、次に移りたいと思います。また後でありましたら総括のところでお願いします。
 次に歳出の部、49ページから98ページ、議会費、総務費について質疑はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、次に移ります。
 97ページから148ページ、民生費、衛生費について質疑はございませんか。(なしの声あり)
○議長 こちらもないと認められるので、次に移ります。
 147ページから176ページ、労働費、農林水産業費について、質疑はございませんか。(なしの声あり)
○議長 こちらもないと認められるので、次に移ります。
 次は175ページから216ページ、商工費、土木費、消防費まで、質疑はございませんか。
◆第6番(小林市子)
6番、小林市子です。180ページの141600の地域交通システム対策事業という中の、すずらん号の支援に対してなんですが、利用者へのサービス面と、それからランニングコストのバランスということについての評価というものは、どんなふうに出ていますか。それから、どんな課題がここから出てきたのか、教えてください。
◎産業課長(久保川敏朗)
すずらん号のコスト、バランスの評価ということでありますが、この運行につきましては、商工会に委託して運行していただいております。私どもも運行委員会のメンバーということで参加させていただいておるわけなんですが、現状では非常に利用者にも喜ばれ、こちらの1,650万円という補助金も有効に活用されているというふうに考えております。
 課題ですね、現在の課題につきましては、時間帯によりましてですね、3人とか2人とか、ある1つの路線で乗り残しがあるというふうなこともありますが、これについてもですね、次の便に回ってもらうというようなことで、大きな問題は現状ではないというふうには認識しております。
 以上です。
○議長 ほかにございませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、次に移ります。
 次は、215ページから302ページ、教育費から予備費までについて質疑はございませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、次に移ります。
 次は、303ページから322ページ、実質収支に関する調書から地方債に関する調べまでについて質疑はございませんか。
◆第2番(エンジェル千代子)
2番、エンジェル千代子です。地方債に関する調書のところなんですけれども、どんな事業に対して、いつ起債が始まって、いつ償還が終わるのか。それで現在幾らぐらい残っているのかというような、一括一覧の資料を提供していただきたいなというふうにと思うんですけれども、事業ごと、事業別の。
◎財務課長(小林良光)
地方債に関する内容的な資料は、提示をさせていただいてないでしたっけ、資料としてはありますので、また今日にでも配付をしたいと思います。内容はですね、地方債の借り入れ(2番の発言あり)わかりました。じゃあ用意させていただきます。
○議長 ほかに質疑はありませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、次に移ります。
 最後になりますけれども、歳入歳出全般について、通しで質疑漏れ等ございましたらお願いいます。
◆第6番(小林市子)
6番、小林市子です。町の財政を活性化したり改善していく中で、アウトソーシングが今、実施されていると思いますが、事務事業の中で全体のどのくらいの割合を占めているのか教えてください。
◎総務課長(五味正文)
町の事業の中で、全体的にと言われると、統計的には、個々のものは出ているんですけれども、それを集めてというのは、そういうふうに集計したものはちょっとございません。済みません。
◆第1番(小林光)
1番、小林 光です。186ページの花と心の里山推進事業なんですが、この11番の消耗品費というのは、内容がわかりましたら簡単で結構ですからお願いします。
 それから、13番の花の里山実施設計と、実施設計というのは一体何をやっているんですか。教えてください。
◎産業課長(久保川敏朗)
お答えいたします。11節の需用費の関係ですが、これは苗木代でございます。植栽のための苗木代です。花、あるいは樹木の苗木代でございます。
 あと、委託料の花の里山実施設計214万円のことですが、これにつきましては、この全体事業ですね、花と心の里山推進事業ということで、町の基本コンセプトといいますか、町を1つのエリアととらえて、どのように植栽とか、どんな種類を植栽したらいいかというふうな、町全体の構想を業者に委託してお願いしたものであります。
 以上です。
○議長 よろしいですか。ほかに、通しで何かございますか。
◆第8番(小池久長)
8番、小池久長でございます。消防課長にお尋ねをしたいと思いますが、214ページですね。ホースの格納で4本、2本ということで、自主防災が当町でも非常に進んでいく中で、ほかにですね、初期消火というのは非常に大事なわけでございますけれども、ほかの地域でこのホースが短くて届かないとか、そういった事例はあるのかどうかということと、それに対しての予算づけ、点検はどうなっているか、ちょっと教えていただきたいんですけれども。
◎消防課長(樋口市衛)
それでは、214ページのホースの関係、この関係につきましては、区の方から出てきたものに対して補助をしているという状況です。
 それと、ホースで届かない地域というのは、別荘的に使っている方のところには、そういうところは若干みえるというふうには思っていますので、各集落の区長さん等にお願いをして、できる範囲で消火栓のホースの整備をしてほしいというようなことはお願いをしているところです。そんな状況であります。
○議長 ほかにございませんか。
◆第2番(エンジェル千代子)
各課とも不用費として大体大きな金額として人件費というのが載っているかと思うんですが、何で不用費としてね、最後に人件費がこれだけ出てくるのかという説明を。
◎総務課長(五味正文)
1つには予算立てをしている時期と、例えば前年度の1月、2月に立てておりますので、実際に今度は4月からの人事異動の関係がありますので、その部分との差が出てきます。少なくなれば当然払えないわけで、少なく見ることにつきましては補正増しますけれども、多い分についてはその都度、その部分で補正減をしておりませんので、そのような形で残る場合が比較的多くなっております。
○議長 ほかにございませんか。(なしの声あり)
○議長 それでは、ないと認められるので、これで質疑を終わりにします。
○議長 続きまして、議案第7号 平成18年度富士見町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、これより質疑に入ります。質疑はございませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、これで質疑を終わります。
○議長 議案第8号 平成18年度富士見町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、これより質疑に入ります。質疑はございませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、これで質疑を終わります。
○議長 議案第9号 平成18年度有線放送電話特別会計歳入歳出決算の認定について、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
◆第6番(小林市子)
6番、小林市子です。52ページなんですけれど、基金のところに決算年度中増減高というのがありますが、この割合、分け方の割合というのはどういうふうに分けてあるのか、教えてください。
◎総務課長(五味正文)
まず、上の施設更新基金の関係ですけれども、こちらは利用料金をいただいて、必要経費を除いた部分につきまして、こちらの方の基金へ積み立てております。
 下の財調の関係につきましては、もとの現在高の利子になっております。
○議長 ほかに質疑はございませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、これで質疑を終わります。
○議長 議案第10号 平成18年度富士見町観光施設貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
◆第2番(エンジェル千代子)
この財産収入の差が出たのは、これについて教えてください。収入済額、55ページ。
◎産業課長(久保川敏朗)
お答えします。備考のところにも記載してございますが、財調の利子でございます。
○議長 ほかに質疑はございませんか。
◆第5番(名取武一)
59ページの工事請負費、施設改修工事、この内容をちょっと教えてください。
◎産業課長(久保川敏朗)
3件ございまして、ゴンドラの索受工事。それからゴンドラにスキーのラックがついておるわけなんですが、そちらの方が、最近幅の広いスキーが大分ふえてきたというようなことで、それのラックを取りかえる工事。それからスノーマシンの配管をですね、配水の水量の能力アップをするためにポンプの配管工事をしたという、その3件が主なものでございます。
○議長 ほかに質疑はございませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、これで質疑を終わります。
○議長 議案第11号 平成18年度富士見町富士見財産区特別会計歳入歳出決算の認定について、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、これで質疑を終わります。
○議長 議案第12号 平成18年度富士見町水道事業会計歳入歳出決算の認定について、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、これで質疑を終わります。
○議長 議案第13号 平成18年度富士見町下水道事業会計歳入歳出決算の認定について、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められるので、これで質疑を終わります。
△各常任委員会への付託
○議長 ただいま議題となっております議案第1号から議案第13号は、お手元に配付してあります議案等付託表のとおり、会議規則第39条第1項の規定により、それぞれ所管の常任委員会に付託することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。よって、議案第1号から議案第13号は、議案等付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託することに決定しました。
△総務経済常任委員長より議案の分割付託
○議長 総務経済常任委員長から分割審査の依頼を申し上げます。
◎総務経済常任委員長(小池久長)
当総務経済常任委員会に付託されました議案第4号及び議案第6号について、社会文教常任委員会に関連のあるものをお手元に配付の分割付託表のとおり分割審査されたいので、お願いをいたします。
 なお、歳出に関係のある歳入についてもあわせて審査されますようお願いをいたします。既に配付済みでございますので、朗読は省略させていただきます。
 以上です。
○議長 以上をもって、本日の日程は全部終了しました。来る9月10日は午前10時から本会議を開き、行政事務に関する一般質問を行います。
 本日はこれをもって散会します。
                              散会 午前10時33分