議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 富士見町

平成17年 6月(第413回)定例会−06月14日-04号




平成17年 6月(第413回)定例会

              平成17年6月(第413回)
                富士見町議会定例会

議 事 日 程(第4日目)
                  平成17年6月14日(火) 午後 1時30分 開議
1.開議宣告
2.議事日程の報告
  日程第 1 諸報告
  (付託議案等の総務常任委員会審査報告、質疑、討論、採決)
  日程第 2 議案第 2号 富士見町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例
  日程第 3 議案第 3号 富士見町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
  日程第 4 議案第 4号 財産の無償貸与について
  日程第 5 議案第 5号 長野県市町村自治振興組合を組織する市町村数の増減について
  日程第 6 議案第 6号 平成17年度富士見町一般会計補正予算(第1号)
  (付託議案等の社会文教常任委員会審査報告、質疑、討論、採決)
  日程第 7 議案第 1号 富士見町国民健康保険条例の一部を改正する条例
  日程第 8 陳情第17-6号 「義務教育費国庫負担制度」の堅持に関する陳情書
  (付託議案等の経済建設常任委員会審査報告、質疑、討論、採決)
  日程第 9 陳情第16-8号 温暖化対策税の創設を求める陳情書(継続審査)
  (議案の上程、説明、質疑、討論、採決)
  日程第10 議案第 7号 富士見町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて
  日程第11 議案第 8号 富士見町富士見財産区管理委員の選任につき同意を求めることについて
  日程第12 議 第 2号 「義務教育費国庫負担制度」の堅持に関する意見書(案)の提出について
  日程第13        農業委員の推薦について
  日程第14        閉会中の継続調査について
  日程第15        議員派遣の件について
3.閉  会


                 平成17年6月
         第413回富士見町議会(定例会)会議録(第4日)
平成17年6月14日(火曜日)
議員の席次及び氏名と出欠
                   午後                    午後
  第 1 番  小 林 市 子    出    第 2 番  折 井 金 興    出
  第 3 番  エンジェル千代子   出    第 4 番  植 松 米 作    出
  第 5 番  平 出 英夫     出    第 6 番  小 林 節 子    出
  第 7 番  小 池 久長     出    第 8 番  名 取 末 吉    出
  第 9 番  平 出 高博     出    第10番  遠 藤 正 紘    出
  第11番  小 林  光     出    第12番  大 橋 利 彦    出
  第13番  小 池 一夫     出    第14番  三 井 幹 人    出
  第15番  中 山  孝     出    第16番  五 味   滋    出

職務のために出席した事務局員
  事務局長      有 賀 孝 蔵     次長        名 取 光 昭
  書記        上 原 万智子

説明のために出席した者
  町長        矢 嶋 民 雄     助役        小 池 巻 彦
  助役        名 取 重 治     教育長       小 林 洋 文
  教育委員長     小 池 雅 子     総務課長      植 松 克 美
  財務課長      五 味 一 文     住民福祉課長    水 野 義 久
  産業課長      五 味 正 文     建設課長      樋 口 市 衛
  上下水道課長    久保川 敏 朗     消防課長      矢 沢   彰
  教育課長      小 池 邦 治     井戸尻考古館長   小 林 公 明



                               開議 午後1時30分
○議長 御苦労さまです。この間の入笠のボランティア、またツツジ祭りの出席等、皆さんには本当に連日続きますけれども、本当にありがとうございます。
 ただいまの出席議員数は16名全員であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
○議長 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。
△日程第1 諸報告
○議長 日程第1 諸般の報告をいたします。町長並びに議員から議案の提出がありましたので報告します。事務局長に朗読をさせます。「事務局長朗読」
           平成17年6月富士見町議会定例会議案提出
議案第7号 富士見町固定資産評価資産委員会委員の選任につき同意を求めることについて
議案第8号 富士見町富士見財産区管理委員の選任につき同意を求めることについて
 上記のとおり提出します。
  平成17年6月14日 提出
                               富士見町長 矢嶋民雄
富士見町議会議長 五味 滋殿

議第2号
   「義務教育費国庫負担制度」の堅持に関する意見書(案)の提出について
 上記について、別記のとおり富士見町議会会議規則第14条の規定により提出します。
 平成17年6月14日
                       提出者 富士見町議会議員 小池 久長
                       賛成者 富士見町議会議員 折井 金興
                        〃     〃     大橋 利彦
                        〃     〃     三井 幹人
                        〃     〃     中山  孝
富士見町議会議長 五味 滋殿
○議長 以上のとおりです。
△日程第 2 議案第 2号 富士見町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例
△日程第 3 議案第 3号 富士見町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
△日程第 4 議案第 4号 財産の無償貸与について
△日程第 5 議案第 5号 長野県市町村自治振興組合を組織する市町村数の増減について
△日程第 6 議案第 6号 平成17年度富士見町一般会計補正予算(第1号)
○議長 日程第2 議案第2号、日程第3 議案第3号、日程第4 議案第4号、日程第5 議案5号、日程第6 議案第6号を一括して議題とします。
 総務委員長の報告を求めます。
◎総務常任委員長(植松米作)
総務常任委員会に付託されました5つの議案について、審査の経過と結果について報告いたします。
 審査に当たっては、各議案とも担当課の出席を求め、詳細なる説明を受けて、慎重に審査をいたしました。
 議案第2号 富士見町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例については、この条例改正は、国の施行令等の改正に伴うものであります。
 審査の経過においては、この退職報償金のねらいは何か、また待遇改善に伴う将来の数値目標はあるのか等の議を経て、各条文とも準則により適法に成文化されたものであります。
 なお、今回の改正に伴い、今年4月1日付の退職該当者は、138名中55名で、金額にして約11万円であります。
 審査の結果、全員一致異議なく原案どおり可決すべきものと決定をいたしました。
 議案第3号 富士見町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について、この条例改正は、公務員の公務災害補償が改正されたことに伴うものであります。
 審査の経過においては、内容的には各条文中の用語が変わったことと、若干の等級の改正が主なものでありました。各条文とも準則により適法に成文化されたものであります。
 なお、今日の社会の多様化に伴い、消防団活動が広範多岐にわたるようになってきたことと相まって、消防団員の数が減少してきたことにより、公務災害補償には十分配慮をしてほしいとの声がありました。
 審査の結果、全員一致、異議なく原案どおり可決すべきものと決定をいたしました。
 議案第4号 財産の無償貸与について、この議案は、町が土地開発公社から960平方メートルの土地を購入して、諏訪養護学校同窓会敷地として貸し付けるものであります。
 審査の経過においては、購入価格の算出基礎、免除に対する町の考え方、また貸付期間等の議を経て、本件が将来町民の福祉の向上と地域住民との一層の交流を深める場として、適正なものであります。なお、今後、町が無償貸付をする事件に対して、基準となる要綱等を制定すべきであるとの声がありました。
 審査の結果、全員一致、異議なく原案どおり可決すべきものと決定をいたしました。
 議案第5号 長野県市町村自治振興組合を組織する市町村数の増減について、この議案のうち町村については、既に長野県町村総合事務組合の中で議決済みであります。審査の経過においては、今回の市町村合併の特例法に基づき市町村数を増減するもので、妥当であります。
 審査の結果、全員一致、異議なく原案どおり可決すべきものと決定をいたしました。
 議案第6号 平成17年度富士見町一般会計補正予算(第1号)について、この補正予算は、1億4,370万円を減額して、歳入歳出予算の総額をそれぞれ64億5,630万円とするものであります。
 審査の経過においては、まず2款の総務費について地域イントラネット整備事業については、不採択に伴う町民並びに町行政にどのような影響があるか、代替案はあるのか、資金面はどうか、また、町民への理解はどのようになっているか等。次に9款の消防費等については、当初予算の編成時に予期できなかった補助金が確定されたことに伴う財源補正が主なものであります。
 全体的に補正予算として町民のために適正に予算編成をされていました。特に長野県情報高速通信ネットワークが18年度から開始されるので、現在町においてはその受け皿がないために、早急にその対応に取り組んでほしいとの声がありました。
 審査の結果、全員一致、異議なく原案どおり可決すべきものと決定をいたしました。
 なお、分割審査をお願いした経済建設常任委員会から、全員一致、異議なく原案どおり可決すべきものと決定した旨の報告がありました。以上であります。
○議長 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありますか。
◆第12番(大橋利彦)
議案第4号の無償貸付のところで、今基準を条例等で検討してもどうかという御意見が、審議の中であったと言われる点なんですけれども、これ非常に積極的な側面と同時に、また場合によってはその条例の制定の仕方によっては、その枠内であれば無償でそれを活用したいというふうな町民からの希望というものが、相当数出てくる可能性もあるという点で、これから先々やはりNPO法人を組織して、それで限りなく民の力を行政や住民の生活に生かしていこうという前向きなことが出てきたときに、相当公の持っている資産を効果的にそこに貸与していくということも考えられてくるかとは思います。
 一方、それが行きすぎると、今度は多くの人にとって望ましくないようなNPO法人も、特定の人にとってみれば確かに社会性がある。だけど多くの人として見れば、必ずしもそうでないというふうな場合なんかに、この特定のところにまた悪用されるというか、間違った利用という道も開いていく危険性もある。というあたりはどのように論議されたか。弊害論がどういうふうに論議されたか、もしされていればお聞かせいただきたい。
◎総務常任委員長(植松米作)
お答えいたします。弊害論については、特別議論はいたしませんけれども、この財産は町民のものであり、町民によってなし遂げられたいろいろな施設であったりするものですから、町民のために公平に福祉という形の中で貸し出しをしていくということを強く望むと。それにいろいろな事案によって、不均衡が生じないようにしてほしいという強い話でして、負の問題についての御意見は特段検討というか、審査はいたしませんでした。
◆第12番(大橋利彦)
ちょっとくどいようで申しわけないんですけれども、諏訪養護学校が県立ですよね。富士見高校も県立で、富士見高校も同窓会館があります。何という名前でしたっけ、あそこの会館、教育振興会館ですか、あそこの用地がたしか県の土地だったと思うんですよ、あそこはね。そういう意味では、本来その県立の学校のその同窓会館等であれば、本来県が力を出すべきが、本来の筋道だとは思うんです。
 私は町が出すことについては、もちろん賛成です。その上でなおかつ機会があれば県に買い取っていただいて、県から無償貸与するというふうなことも必要であったかなとは思うんですが、その辺の論議はどういうふうになされたかお聞かせください。
◎総務常任委員長(植松米作)
論議した例は、しらかば園のグループホームの関係で寄附した行為の例を挙げて議論をいたしまして、富士見高校のそうした例まで広範には議論はいたしませんでした。そういうことの中で、やはりこれはいい、これはまずいというふうなことは、ひとつ基準を設けた方がいいじゃあないかということでございました。以上です。
○議長 ほかに質疑はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、ここで質疑を終わりにします。
○議長 議案第2号 富士見町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について、これより討論に入ります。討論はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりにします。
○議長 これより起立により採決します。本案に対する総務常任委員長の報告は可決すべきものであります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長 議案第3号 富士見町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について、これより討論に入ります。討論はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりにします。
○議長 これより起立により採決します。本案に対する総務常任委員長の報告は可決すべきものであります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。本案は原案のとおり可決されました。
○議長 議案第4号 財産の無償貸与について、これより討論に入ります。討論はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりにします。
○議長 これより起立により採決します。本案に対する総務常任委員長の報告は可決すべきものであります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長 議案第5号 長野県市町村自治振興組合を組織する市町村数の増減について、これより討論に入ります。討論はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりにします。
○議長 これより起立により採決します。本案に対する総務常任委員長の報告は可決すべきものであります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長 議案第6号 平成17年度富士見町一般会計補正予算(第1号)について、これより討論に入ります。討論はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりにします。
○議長 これより起立により採決をします。本案に対する総務常任委員長の報告は可決すべきものであります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
△日程第 7 議案第 1号 富士見町国民健康保険条例の一部を改正する条例
△日程第 8 陳情第17-6号 「義務教育費国庫負担制度」の堅持に関する陳情書
○議長 日程第7 議案第1号、日程第8 陳情第17-6号を一括して議題とします。
 社会文教常任委員長の報告を求めます。
◎社会文教常任委員長(小池久長)
私ども社会文教常任委員会では、条例改正1件、陳情1件の付託を受け、慎重に審査をさせていただきました。
 議案第1号 富士見町国民健康保険条例の一部を改正する条例、同法の一部改正に伴う17年度保険率の変更で、担当課より詳細な説明を受ける中で、6市町村内での金額や収納率の対比、段階的な引き上げなど、町民への負担軽減など、委員会内では大所高所より審査をいたしました。特に約20%の負担増になる介護料については、何とか現行のままで推移できないかとの強い要望を出しましたが、相互扶助の性格上、利用者の増大に伴う値上げであるため、やむを得ないという現状から、審査の結果、全員一致で可決するものと決しました。
 続きまして、陳情第17-6号 長野県教職員組合諏訪支部 星野健一郎氏より提出されました「義務教育費国庫負担制度」の堅持に関する陳情書について、検討いたしました結果、昨年も提出されておりました案件ですが、委員会内では教育現場の働く環境整備、教育の機会均等、平等の必要性や地方財政圧迫への加速要素の懸念など、意見が多く出され、審査の結果、全員一致で採択し、意見書を政府及び関係行政官庁あてに送付すべきものと決定をいたしました。以上でございます。
○議長 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで質疑を終わりにします。
○議長 議案第1号 富士見町国民健康保険条例の一部を改正する条例について、これより討論に入ります。討論はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりにします。
○議長 これより起立により採決します。本案に対する社会文教常任委員長の報告は、可決すべきものであります。本案は委員長の報告のとおりに決することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長 陳情第17-6号 「義務教育費国庫負担制度」の堅持に関する陳情書について、これより討論に入ります。討論はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりにします。
○議長 これより起立により採決します。本陳情に対する社会文教常任委員長の報告は、採択し意見書を送付すべきものであります。本案は委員長の報告のとおりに決することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。よって、本陳情は採択となりました。
△日程第 9 陳情第16-8号 温暖化対策税の創設を求める陳情書(継続審査)
○議長 日程第9 陳情第16-8号を議題とします。
 経済建設常任委員長の報告を求めます。
◎経済建設常任委員長(小林光)
御報告いたします。経済建設常任委員会に付託されました陳情1件につきまして、審査の経過と結果について御報告を申し上げます。
 この審査に当たりましては、委員全員で慎重に審査をいたしました。陳情は第16-8号であります。これは伊那市にあります全林野労働組合南信森林管理署分会、宮澤英明執行委員長から提出されたものであり、その内容は、温暖化対策税の創設を求めるというものです。陳情の趣旨は、地球温暖化防止となる森林の保全と確保を行うために、新たに温暖化対策税を導入しようというものです。
 なお、この陳情は前3月定例会におきまして継続審査となっていたものです。前回の継続理由は、まだ機が熟さないので、国会審議等の動向を十分見きわめる必要があること等の意見によったものでございます。
 今回の審査におきましては、前回の審査結果を十分に踏まえて行いましたが、各委員からは、1つ地球温暖化防止のために、森林を守ることは十分に理解できる。1つ、林業を取り巻く経済環境の厳しさはわかる。1つ、林業を活性化する趣旨は十分わかる等、陳情の趣旨は全員理解いたしましたが、ただこれをもって新税を創設することにつきましては、1つ、いまだ議論が進展せず、多くの人からのコンセンサスを得られる時期には達していないのではないかというふうな意見や、1つ、また森林だけに限るという狭い範囲を対象とすること等に疑問の声が出されました。
 この結果、陳情の願意を酌み、全員一致趣旨採択すべきものと決しました。以上であります。
○議長 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで質疑を終わりにします。
○議長 陳情第16-8号 温暖化対策税の創設を求める陳情書について、これより討論に入ります。討論はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりにします。
○議長 これより起立により採決します。本陳情に対する経済建設常任委員長の報告は、趣旨採択とすべきものであります。本陳情は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。よって本陳情は趣旨採択となりました。
△日程第10 議案第 7号 富士見町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて
△日程第11 議案第 8号 富士見町富士見財産区管理委員の選任につき同意を求めることについて
○議長 日程第10 議案第7号 富士見町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて及び、日程第11 議案第8号 富士見町富士見財産区管理委員の選任につき同意を求めることについてを一括として議題とします。提案理由の説明を求めます。
◎町長 お願いいたします。議案第7号 富士見町固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求めるというものでございます。
 次の者を富士見町固定資産評価審査委員会委員に選任したいので、地方税法題423条第3項の規定により、議会の同意をお願いするというものでございます。
 住所、富士見町境2790番地、集落は先達でございます。
 氏名 水野俊彦
 生年月日 昭和16年8月20日
 もう少し経歴について御説明を申し上げます。水野氏は、学歴として多摩美術大学を卒業され、昭和40年4月から浜沢工業にお勤めでございます。昭和51年7月業務統合のため諏訪精工舎へ入社をされ、平成13年8月定年退職をしております。
 なお、この委員の任期は、平成17年7月20日から3年間でございます。
 次に、議案第8号 富士見町富士見財産区管理委員の選任につき同意を求めることについて
 次の者を富士見町富士見財産区の管理委員に選任したいので、財産区管理会条例第3条の規定によって議会の同意をお願いするというものでございます。
 氏名を申し上げます。富士見町富士見9639番地、集落は栗生でございます。小林一仁。
 次に、富士見町富士見8773番地、集落は松目でございます。樋口清。
 次に、富士見町富士見7250番地、集落は若宮でございます。細川博人。
 次に、富士見町富士見5467番地、集落は花場でございます。五味勝郎。
 次に、富士見町富士見3101番地の56、これは集落は富士見でございます。近藤武。
 次に、富士見町富士見11820番地、集落は富原でございます。清水忠光。
 以上の6名でございます。よろしくお願いいたします。
○議長 議案第7号 富士見町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて、これより質疑に入ります。質疑はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで質疑を終結いたします。
○議長 お諮りします。本件は人事案件でありますので、委員会付託並びに討論は省略をしたいと思います。これに御異議はありませんか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託及び討論は省略をすることに決しました。
○議長 これより起立により採決をいたします。本件は原案のとおり、これに同意することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。よって、本件は原案のとおり同意することに決しました。
○議長 議案第8号 富士見町富士見財産区管理委員の選任について同意を求めることについて、これより質疑に入ります。質疑はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで質疑を終結いたします。
○議長 お諮りします。本件は人事案件でありますので、委員会付託並びに討論は省略をしたいと思います。これにより異議はありませんか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託並びに討論は省略をすることにいたしました。
○議長 これより起立により採決をいたします。本件は原案のとおり、これに同意することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。よって、本件は原案のとおり同意することに決しました。
△日程第12 議 第 2号 「義務教育費国庫負担制度」の堅持に関する意見書(案)の提出について
○議長 日程第12 議第2号についてであります。「義務教育費国庫負担制度」の堅持に関する意見書(案)の提出についてを議題とします。趣旨説明を求めます。
◎第7番(小池久長)
 「義務教育費国庫負担制度」の堅持に関する意見書(案)の提出について。
 上記について別記のとおり、富士見町議会会議規則第14条の規定により提出をいたします。
 平成17年6月14日、提出者富士見町議会議員 小池久長、賛成者富士見町議会議員 折井金興ほか3名でございます。
 富士見町町議会議長 五味滋殿
 朗読は既に配付済みでございますので、省略をさせていただきます。
○議長 これより質疑に入ります。質疑はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、質疑を終わりにします。
○議長 議第2号 「義務教育費国庫負担制度」の堅持に関する意見書(案)の提出について、これより討論に入ります。討論はありますか。(なしの声あり)
○議長 ないと認められますので、これで討論を終わりにします。
○議長 これより起立により採決をいたします。本件は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。(起立全員)
○議長 起立全員であります。したがって、本件は原案のとおり可決され、意見書を送付することに決定しました。
△日程第13 農業委員の推薦について
○議長 日程第13 農業委員の推薦についてを議題とします。
○議長 農業委員会等に関する法律第12条の規定により、議会の推薦を得て選任された農業委員のうち、1名の欠員が生じましたので、同条例の規定により委員1名を推薦したいと思います。
○議長 お諮りします。推薦の方法は議長の指名推選によりたいと思います。これに御異議はありますか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。したがって、推薦の方法は議長において指名することに決しました。
○議長 議会推薦の農業委員として、小林光君を指名します。これに御異議はありますか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。したがって、議会推薦の農業委員として小林光君を推薦することに決定しました。
△日程第14 閉会中の継続調査について
○議長 日程第14 閉会中の継続調査についてを議題とします。
 議会運営委員長から、会議規則第75条の規定により、お手元に配付しました申出書のとおり閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りします。議会運営委員長の申し出のとおり、これを閉会中の継続調査とすることに異議ありませんか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。よって、議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付すことに決しました。
△日程第15 議員派遣の件について
○議長 日程第15 議員派遣の件についてを議題とします。
 お諮りします。富士見町議会会議規則第121条の規定により、お手元に配付の一覧表のとおり議員を派遣したいと思います。これに御異議はありませんか。(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。したがって、お手元に配付の一覧表のとおり議員を派遣することに決しました。
○議長 これで本議会に付議されました議案の審議は全部終了しました。この旨書面をもって町長に報告します。
○議長 町長からあいさつがあります。
◎町長 閉会のごあいさつを申し上げます。
 6月定例議会を3日から今日まで12日間お願いをいたしました。お願いをしました条例案件等8件の議案については、それぞれ慎重な御審議をいただきました。原案どおり可決、または承認をいただきました。厚く御礼を申し上げます。
 審議の過程でそれぞれ貴重な御意見を伺っております。これらのことを踏まえて事務事業が完全に推進をされるよう、全力を挙げてまいりますので、議員各位には、なお一層のお力添えをいただきますよう、お礼とともにお願いを申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。ありがとうございました。
○議長 以上で平成17年6月第413回富士見町議会定例会を閉会します。御苦労さまでした。
                              閉会 午後 2時04分


  平成17年6月14日


           富士見町議会議長


           富士見町議会議員


           富士見町議会議員