議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 富士見町

平成17年 6月(第413回)定例会−06月06日-02号




平成17年 6月(第413回)定例会

              平成17年6月(第413回)
                富士見町議会定例会

議 事 日 程(第2日目)
                    平成17年6月6日(月) 午前9時30分 開議
1.開議宣告
2.議事日程の報告
  日程第 1 行政事務に関する一般質問
3.散  会


                 平成17年6月
         第413回富士見町議会(定例会)会議録(第2日)
平成17年6月6日(月曜日)
議員の席次及び氏名と出欠
                午前                    午前
  第 1 番  小 林 市 子 出       第 2 番  折 井 金 興 出
  第 3 番  エンジェル千代子出       第 4 番  植 松 米 作 出
  第 5 番  平 出 英 夫 出       第 6 番  小 林 節 子 出
  第 7 番  小 池 久 長 出       第 8 番  名 取 末 吉 出
  第 9 番  平 出 高 博 出       第10番  遠 藤 正 紘 出
  第11番  小 林   光 出       第12番  大 橋 利 彦 出
  第13番  小 池 一 夫 出       第14番  三 井 幹 人 出
  第15番  中 山   孝 出       第16番  五 味   滋 出

職務のために出席した事務局員
  事務局長      有 賀 孝 蔵     次長        名 取 光 昭
  書記        上 原 万智子

説明のために出席した者
  町長        矢 嶋 民 雄     助役        小 池 巻 彦
  助役        名 取 重 治     教育長       小 林 洋 文
  教育委員長     小 池 雅 子     総務課長      植 松 克 美
  財務課長      五 味 一 文     住民福祉課長    水 野 義 久
  産業課長      五 味 正 文     建設課長      樋 口 市 衛
  上下水道課長    久保川 敏 朗     消防課長      矢 沢   彰
  教育課長      小 池 邦 治     井戸尻考古館長   小 林 公 明



                              開議 午前 9時30分
○議長 おはようございます。昨日は入笠の開山祭に大勢の皆さんに御出席をいただきまして、ありがとうございました。楽しんできたと思います。
 ただいまの出席議員数は16名全員であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。
○議長 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。
△日程第1 一般質問
○議長 日程第1 行政事務に関する一般質問を行います。本日は通告順番第1番から第6番まで行います。順次発言を許します。
◆第15番(中山孝)
私は通告表に基づきまして、大きな項目3点について町長の所信をただしたいと思います。
 まず最初に、高齢者の力を生かした共生の行政展開についてということで?、?、?と3点について質問をしてまいります。
 我が国は、世界最高の長寿国となり、少子化、高齢化社会と言われてから久しいわけでございます。最近の調査で65歳以上の高齢者率は19.5%と発表されております。大変喜ばしいことではありますけれども、全国で2,000万人を超え、15歳以下の子供数よりも多くなったと言われております。
 今後10年以内に高齢者人口は20%以上を占めるようになり、15歳以上64歳未満の生産年齢は著しく減少して、超高齢化社会となることが明らかになってきたと言われております。国はもちろん、町内においても地域経済に及ぼす影響は大きいと言わなければなりません。
 21世紀の地方分権は、住民参加、選択、創造の時代と言われております。これまで市町村自治体は、金だけを追って解決してきたようにも私は思われます。国の施策、指導に乗り、これに安住してきたのはないでしょうか。これからは市町村間の競争の時代に入り、創造力を発揮して、生き残りをかけた戦場となっていると言っても過言ではありません。我が町もその戦いに全精力を傾注し、勝利しなければいけません。
 そこで地方自治の原点に立ち戻って、あまり金をかけずに、新しい地域づくりに元気な高齢者の力、高齢者パワーを生かした公共心を創造して、元気な高齢者の皆さんの力を今こそ行政として思い切って協力していただく行政施策の転換が不可欠と考えておりますが、町長の所信を伺いたいと思います。
 具体的に?に入りますけれども、例えば定年退職した教師などと言っておりますけれども、教師でなくてもいいです。人生経験豊かなお年寄り、元気なお年寄りが大勢いるわけでございますので、そういう人たちを再雇用して、次代の子供に苦労話や体験を伝えるなどを目的とした、例えば特別非常勤講師と言ってもいいでしょう。配置することはどうでしょうか。
 中高齢者を社会的弱者、負担と考えるのか、大切な社会的資産と考えることで、将来を展望する座標が大きく変わってくるのではないでしょうか。税金をつぎ込んで高齢者の医療、年金などの社会保障制度を維持すべきか、それよりも元気で経験豊かな中高齢者に社会参加の仕組みを積極的に行政として保障して、促す方が、財政の負担の軽減になると私は思っております。今こそ発想の転換をしてはどうでしょうか。
 私は高齢者の皆さんは、働けるうちは働きたいと希望を持っておられると思っております。今核家族化して多くの子供たちは、体験や苦労話の機会を失っているようにも思われてなりません。教師などを再雇用して、配置することも1つのよいことではないかと考えております。
 次に、3番目ですけれども、シルバー人材センターのさらなる充実、支援の考えはということですが、健康で能力と意欲を持った60歳以上を対象とした組織で、自分の希望や経験、能力、技術を生かし、相互に協力し合って、労働の機会を確保して、健康を維持し、生活での充実感を味わいながら、地域社会に積極的に参加することを目的として、シルバー人材センターが設けられたものと聞いております。
 余談になりますけれども、シルバーとは銀製品の器物を意味して、高齢者をとうとび、敬う表現として多く用いられているようであります。
 以上、3点について町長の所信を伺います。
◎町長 中山孝議員の質問にお答えをいたします。余談でございますけれども、私も高齢者でございます。幾つから高齢者かということがありますけれども、70でございます。私はいつも高齢者の会で富士見町の場合は、少なくとも高齢者と言われる人が4分の1を超しているという現状でございますので、ぜひひとつ年を取ったというふうなことを言わないで、活躍をしてくださいということを申し上げてきております。そんな意味で頑張ってお返事を申し上げたいと思います。
 少子高齢化が叫ばれている中で、人口も増加から減少に動いているということでございます。また、団塊の世代と言われる方がここで一斉に定年を間近に控えております。就業人口の大幅な減少というのは、富士見町ばかりではなくて、社会全体というふうにお考えをいただいていいと思います。殊に富士見町の場合なんかでは、地域農業の中では後継者不足という具体的な形になってあらわれております。
 その中で高齢者の方々に頼っているという面も大きなものがあります。また、シルバー人材センターの登録者も3月末で234名ということであります。町内で幅広い活躍をしていただいております。行政施策の転換というまではまいりませんけれども、高齢者の生きがい対策も含めて、より一層活躍していただけるような対応をしてまいりたいというふうに考えております。
 また、このことによって実は副産物でございますけれども、保健とか、介護行政にも大きく貢献をしていくものというふうに考えております。
 2番目の定年退職した教師の皆さん等を再雇用しという御質問でございますけれども、地域の経験等を活用して学習についての各学校において総合学習の時間というので、その他の体験学習などの時間に講師としてお願いをしております。生涯学習、公民館、図書館等の事業において、各種講演会や教室の講師としてもお願いをしております。そのほかにも教育委員会で任命している社会教育指導員は、退職した先生をお願いしています。
 御質問による再雇用による特別非常勤講師の制度化については、現在考えておりませんけれども、退職した方々については、子供たちも含めて広く町民全体に対して経験の立場から、議員おっしゃられるように、昔は上の人がいろいろ教えてくれたということですが、最近は上の人の言うことを聞かなくなったということで、張り合いも悪くなった点もございますけれども、教室、講座、講演、研修、実習等の講師として、こちらから積極的にお願いをしていくというふうに考えております。
 次に、要旨3のシルバー人材センターですが、現在の組織は平成4年に茅野、富士見、原の3市町村の広域で社団法人として設立されて運営されております。この中で受託件数、就業の延べ人数増加とともに、受託の受注金額もここ数年は3億円を超えて、16年度は3億6,000万円を超える状況ということになっております。
 行政としては、現在3市町村で1,400万円の負担金を拠出して、同額を県の補助金収入で事務事業費に充てている状況であります。市町村の負担金も県と同額が基本であって、増額は考えてはおりませんけれども、町の広報、それから会員募集や業務受託についてお知らせを行っておりますし、より多くの方の就業を援助をし、生きがいの充実、社会参加の推進につなげていきたいというふうに考えております。以上でございます。
◆第15番(中山孝)
今、町長の方から私の考えに近い立場でお考えを述べていただきましたが、これからの高齢化社会というのは、私たちが一緒に協働してつくっていくということが大事かと思います。私の考えですが、私も来年65歳になりますけれども、農家をやっている家庭では、それなりの生きがいもあるわけでございますけれども、そのほか家庭では、定年後、夫婦が朝から晩まで一緒に生活するというのは、非常に息苦しいというか、生きがいを感じないというか、男にとっては邪魔者扱いされるような、そういう時代にもなってきておりますので、ぜひともそういうことにならないように、これから80歳時代を迎えますので、前向きに高齢者のことも考えていっていただきたいと思います。
 次に、2番の河川の立木伐採についてということで質問いたしますけれども、昭和34年8月14日に台風7号による被害が町内各地に発生して、災害救助法が適用され、尊い人命が失われたという苦い経験をしておりますし、昭和36年6月26日には、梅雨前線豪雨により、釜無川、立場川が大災害に見舞われたということもありました。
 特に、東海地震の地域防災対策強化地域にも、我が富士見町も指定されておりますし、必ずやってくる災害に対して備え、対策が今ほど必要なことはないと思います。もともと河川は多面的な機能を持っておりまして、川はきれいで、子供から大人まで、川で泳ぎ、小魚をつかまえるなど、格好の遊び場、仲間、友達との交流や励まし合う大切な空間であると思っております。災害を未然に防止するためにも、立木の伐採は必要ですが、生涯学習、水資源などの環境循環教育の大切な場所でもあると考えております。
 国、県、町も財政が厳しい折ではありますけれども、徐々に伐採について町も積極的に取り組んでもらいたいと思いますけれども、町長の所信を伺います。
◎町長 お答えいたします。1級河川の管理を毎年国、それから県に要望をお願いをしております。昨年立場川では、瀬沢から新田の間、宮川では神戸地域の立木やヨシの排除を行っていただいております。町では武智川の上流、それから立場橋の上流、千ヶ沢の立木伐採を行いました。毎年、国、県に河川内の立木伐採等を要望し、町でも予算のできる限りで実施をしてまいりたいというふうに考えております。
◆第15番(中山孝)
今、町長の答弁にもありますように、私も立場川、釜無川、それぞれ河川の状況をつぶさに見てまいりましたけれども、立場川におきましては、瀬沢大橋から上流部分1,200メートルにわたって河床の工事を県単事業で行っております。非常に河川としての風景が戻ってまいりまして、環境も大変よくなってきております。
 ただ立場大橋から上流部分の河川敷というかを見てまいりましたけれども、別荘の前あたりは非常にアカシヤの木が繁茂しておりまして、河川としての機能を全く失っているような状況でもありました。倒木があったり、あの管理道路から河床を見たときに、川の流れが全くわからないというような、そういうような状況になっておりまして、大雨が降ったときには、非常に危険だなと、また災害が発生するのではないかなあというような、そういう場所でもありました。
 そういうことを考えますと、長期計画を立てながら、少しでも河川の立木伐採を進めていくということに努めていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。お金のかかることですので、急に全部やれと言っても、そういうわけにはまいりません。
 もう1点平岡集落前、あるいは神代集落前には、非常に河川敷が広いわけですけれども、旧国道、私のうちの方から見ますと、河川が全く見えない、川が見えないというような状況で、非常に景観上もよろしくないというように思っております。立木を切ることによって、先ほど私が申し上げましたように、川で魚をとったり、あるいは子供たちが大人と一緒に、情操教育の、あるいは水環境の場所としての機能が戻ってくるのではないかと。
 もう1点、シカ、猿の生息地にもなりつつあります。そういうことを考えますと、全くほうっておけないなというようにも思っております。町長、前向きに答弁していただきましたので、よろしいわけでございますけれども、もう一度所信を伺いたいと思います。
◎町長 おっしゃるとおりでございます。川の維持、管理ということと、最近御指摘のように、動物があの中に入って隠れてしまうということがあります。両方の面からも、町としては非常に気を使っております。できるだけ建設省の方、それから県の方にも働きかけをしておりますので、あとどんな知恵があるか、ボランティアみたいなものでできないかどうかということまで含めて、考えてみたいというふうに考えております。
◆第15番(中山孝)
次に、大きな項目3番に移りますけれども、国道20号線の通行規制について伺います。?として、災害時のライフラインである国道20号線に関する補強工事が完成したと聞いておりますけれども、通行規制があるわけでございますけれども、緩和されたのか、あるいはまた強化されたのかということをお伺いしたいと思います。
 ?としまして、もちろん国の管理ではございますので、国の積極的に要請をして、地震対策、あるいは災害のときの幹線道路としての機能は、非常に大事でありますので、そこのところをぜひとも災害に強い道路整備を国に積極的に要請をしていただきたいと思いますが、町長の所信を伺います。
◎町長 お答えいたします。災害時のライフラインである国道20号線に関する補強工事の件でございます。国道20号線の瀬沢大橋の補強工事は完了いたしました。平成15年8月の大雨による平岡の古森川のはんらんでの一時通行止め以来、通行規制の基準は今までどおりであります。実は下蔦木からこちらの方が150ミリで通行止めになるのを200ミリに上げてほしいということをやっている最中に、あそこが出たものですか、建設省でもそれで二の足を踏みまして、規制の緩和について非常に慎重な姿勢になってまいっております。非常に残念でございましたけれども、引き続き200まで上げていただくような運動をしてまいりたいというふうに思っております。
 もう1つ、実は150でとめられたときに、国道をとめるのでなくて、迂回路で回ってもらったということがあります。これは非常に町長とすれば不本意でございまして、国道が通れない車を県道、町道に回して、私どもの責任で、とても請け負える仕事ではございませんので、今度とめる場合には、迂回の手続をとらなくて、国道に待っていただくというふうなことを、町長としてはお願いをしていきたいというふうに考えています。
 国に要望している20号線の通行規制の緩和、それから道路整備は、ただいま申し上げたように、これからも行ってまいります。国道の上段部分の河川、殊に蔦木、下蔦木から平岡、机の辺までが、殊にそうですけれども、下の方よりは上の方の改修を急ぎたいと。このことも町でも改修をしますし、県の方へも要望しております。県の方で林務の方の金で平岡の場合なんかも続けてやっていただいておりますので、これからも力を尽くしてまいりたいというふうに考えております。
◆第15番(中山孝)
今、町長の答弁にもありますように、連続して雨量が150ミリ以上になった場合には、通行止めにすると。それは国道の法律によって、決められていて、なかなかその法を変えることはなかなかできないようでありますけれども、過日の新聞にも載っておりましたけれども、道の駅を防災拠点に国はしていくというような考え方もあるようですので、何といっても幹線道路が寸断されれば、我々の生活は、非常に困難になる、難しくなると、住民に非常に迷惑をかけるということにもつながるわけでございますので、町長も前向きに、積極的に国へ要請をしていくという話をお聞きしましたので、安心をしました。そういう姿勢でこれからもお願いをしたいと思います。
 以上で私の質問を終わります。
◆第11番(小林光)
大きな項目で2つ質問いたします。まず最初に、町政全般についてということで、通告表を出したんですけれども、同じような、この時期ですから当然ですが、同じような質問を大勢の方がこれから出されるということで、さらりとやりますので、さらりとお答え願えれば結構です。
 まず最初に、町長が進めてきた町政全般に対して、その達成度、ここで任期を終わられるわけですけれども、その達成度について、どのようなお考えをお持ちかということをお聞きしたいと思います。
 私としては、議員ですから当然ながら少し辛口で質問したいと思います。まず、私の方面か向かって町長のサイドを眺めますと、過去の町政というのは、まことに残念ながら平成15年度から本格的に始まりました国の三位一体改革というものにすっかりと振り回されてしまった3年間だったというふうに感じられます。潔く町長が立候補されたときの、その意欲とはかなり裏腹な物事が推移したのではないかというふうに感じております。
 その三位一体改革というのは、ここでまた改めて言う必要もないんですけれども、国がねらったものとして地方税を充実して、地方財政というもののプライバーリーバランスを黒字化することと、そして地方分権を確立するという、非常に見かけのいいものでございます。その対策といたしましては、補助金を改革し、交付税を改革し、税源配分をかなり見直しましょうということでございまして、まずそれで一番最初に国がやってしまったことが、公共事業関連を削減しようということですが、これは全くうまくいってなかったと。
 それから、あとは国の当然のことですが、関係省庁が補助金がなくなる、少なくなるということになると、非常に権力が少なくなるものですから、省庁やただいまの与党の人たちが非常に抵抗を強くしまして、反発してしまって、三位一体改革そのものがかなり崩れてしまっているというふうな悲劇を生んでいるわけです。
 それから、その3番目といたしましては、町村合併を推進するということであったわけです。ところが当諏訪地方では、非常に賢明な住民のために、政府がかなり調子のいいことだけ言って進めているということが理解されて、ついに6市町村全体がすべての市町村がこれを拒否したということです。
 このようにして財政的に地方を丈夫、骨太にして、地方分権を進めようといった改革そのものが、聞く耳にお題目は非常によかったんですけれども、やったことは全くその逆のことであって、これの犠牲を地方でもろにかぶってしまったと。その大波をかぶってしまって、大揺れに揺れてしまったのが、矢嶋町政ではなかったかというふうに考えております。
 特に合併問題というものに関しましては、立てなくてもいい波風を町内に立ててしまって、感情的な対立が起こってしまったりした。本当はこんな合併問題がなければ、町長は合併に踏み切ったなどというふうな張ったりが、言葉が悪ければ引っ込めますが、そんな言う必要もなくて済んだわけです。そのようなことが起こってしまって、いずれにしてもとても町長から見れば不本意な任務の内容ではなかったかというふうに考えます。
 ?といたしまして、今後、4年間からの経験を踏まえられまして、今後町にどのようなことを進めていかなければいけないかというふうな、遺言というわけではありませんけれども、もし方針がございましたら述べていただきたいというふうに思います。
◎町長 小林光議員の質問にお答えをいたしますが、同情していただいたのか、くさしていただいたのかわかりませんが、おっしゃられることはおっしゃられるとおりでございます。国がどういうふうに動くかということが、私どもが見て不本意であっても、その中でしたたかに生きなければならないというのが、地方に暮らすそれぞれの人間のすることでございます。
 さらっとということでございましたが、事務事業の総括を1つ1つしなくていいですか。やりますか。
◆第11番(小林光)
これは2番目の質問でお聞きしようと思っていたものですから、私の質問の2番目の質問項目に少しいろいろ入っていましたので。先にお答えください。
◎町長 先にそれではやっておきましょう、前振りの全体としての置かれた環境については、今一言で申し上げました。そのとおりでございます。
 まず、私なりまして手をつけたことをだんだん申し上げておきます。いろんな条件の中でということでございます。行政一般で開発公社の再建、それから6市町村の合併問題、それから御指摘のとおりでございます。第3次行政改革大綱の前倒し、それから監査委員に公認会計士を登用したということでございます。これは御説明はまた申し上げませんけれども、きちんとした、どこにも通用するということをねらったということでございます。
 それから職員への人事考課を実施いたしました。それから行政アドバイザーの導入、今まで事務事業においてやってきました手続が、法的にいかがかというふうなものもございましたので、もう既に最初に手をつけていくときに、遺憾のないものをしていきたいということで、この制度を導入しました。
 福祉関係では、特別養護老人ホーム紅林荘の建設、これがなりました一番最初に手がけたことでございます。それから境のデイサービスセンターの建設、乳幼児医療の無料年齢の引き上げ、保育教育関係では、新山保育園の、これは前からの引き継ぎでございましたので、保育園の統合、それから本郷保育園の建設、教育長の公募、それから学校の耐震診断、改築、これはやはりねらったものではございませんで、外からの圧力をやらざるを得なくなったということではございますけれども。
 それから、産業環境関係では、不況対策の預託金の増額と金利の全額補助をいたしました。それから、デマンド交通システムの導入、それから公共施設の生ごみリサイクル化と入笠湿原の県自然環境保全地域の指定。それから、ニチレイの施設の誘致、有害鳥獣対策などでございます。
 計画した主な事業ついては実施をしてまいりましたが、実施をしたということと、完成したということと違いますので、今努力を続けているものもございます。
 建設事業については、今投資が必要なものと、先送りできるものとに分けて事業の実施をいたしました。これは御指摘の国からのどういう名前をつけていただいても、それは私どもにしてみますと金が少なくなったという受けとめ方でございます。
 第3次行政改革大綱の中では、改革項目の常に見直し評価することということをしております。実施がきたときにはすっとできるようにということでございます。
 それから、今後取り組むべき課題ということでございますけれども、中山議員にもお答えをいたしましたけれども、少子高齢化ということは、こういう言葉で言いますとそれで済みますけれども、非常に動きの中で大変になってくるという実際の状態がございます。したがいまして財政状況が非常に厳しくなるということ。それから住民負担が重くなるということ。したがって、1つ1つを選択をしていく必要があるということでございます。
 ですから、ぜひこれは公共、町がしなければいけないサービスかどうかというふうなことをきちんと仕分けをしていくシステムが必要であろうというふうに、これから余計そうなると思います。
 それから、今申し上げましたが、行政がぜひやらなければいけないことなのかどうかということについてを明確にして、それから重点的に行うということが必要であろうと思います。一層の行政改革を推進する必要がありますし、したがいまして、今第4次の総合計画を具体的にどうしていくのかについて、第3次の前倒しというよりは、もう前倒しの中で第4次の具体的な課題の選定と計画の樹立を進めてまいります。
 もちろん最初に申し上げました開発公社の再建、再生、このことと土地開発公社の健全化というのは、それぞれ違う事業体でございますけれども、町に非常に深くかかわっておりますので、この2つについても大きな案件になるというふうに考えております。以上でございます。
◆第11番(小林光)
いろいろ細かく御答弁いただいたんですけれども、私が過去2年間、一般質問を6回やったわけですけれども、その中からいろいろちょっと拾ってみますと、ほとんどそれには反論がなかったというか、または反対のことをされたとかいうふうなことばっかり印象に残っております。
 まず、合併問題という非常に大きな問題に初年度ぶつかったわけですけれども、私としては御存じのとおり、しつこく反対してまいりました。町長は初め大変慎重であられたわけですけれども、ある日突然に合併賛成というふうな意思表明をされたわけです。それはそれでいいんですけれども、その推進運動の中で大変に怪しげな新案というふうな合併シミュレーションを提出されまして、もし今ここで合併しなければ、いずれ町は破綻するというふうな意味合いのことを住民集会でもって説明して歩いたわけです。その辺のことについて答弁がなかったんですけれども、今どのようにお考えでしょうか。
 なお、ついでに申しますと、恨みを申しますと、そういった集会の中で議員を質問させないというふうな、議員の質問を封じるというふうな、およそ民主主義では考えられないような手段をとられたわけです。そのことについてもどのように今お考えでしょうか。
 それから、政府のこの合併推進政策の中で、全国の幾つかの市町村におきましては、合併を進めてきたんですけれども、その住民投票なんかの結果で、合併できなかったことにおいて、そういったところの首長が、私は私に対する信任を得ることができなかったと言って、引退表明をした例が幾つもあります。それに比べて、我が町長は推進運動中の前言を翻しまして、町が自立でいくためには、おれが先頭に立ってやるべきだというふうな表明を先日されております。そのような政策が180度ひっくり返るようなことは、果たして信頼、住民から見て信頼に足るような町長かどうかというふうなことを非常に疑問に思いますが、いかがでしょうか。
 それから、私が質問をした中で、1つ大きな問題があります。先ほど中山議員のところでも少し出てきたんですが、15年の8月に平岡水害が発生しました。その地域の住民に大きな被害をもたらしたわけです。そのときの質問について、町長はこの災害というか、豪雨というんですが、これは70年間も聞いたこともないような天災だったというふうに答弁されております。だけども私は、実はこれは天災ではなくて、あの上にある梨木原の農地整備の際に、ちゃんと豪雨に耐えるための十分な排水路を設けなかった、その結果であり、あくまでも人災であるというふうに反論いたしました。
 見るところ、あそこの農地には、その後何の対策も、県の仕事、林務課ということだそうでございますけれども、何の対応策も行われていなくて、その結果、関係住民は依然としてあのときと同じ危険にさらされていると見ることができるわけです。その辺のところについて、いま一度今どのようにお考えなのか、お聞かせいただきたいと思います。
 それから、また言います。先ほど中山議員の質問されて、それに関係するんですが、中山議員は1級河川とか、大河川について質問されたんですが、私はコストパフォーマンスの点から、非常に小さい小河川、町が管理する小河川、小さい河川について質問いたしました。その中に立木が非常に繁茂しておるわけですけれども、これはそのときも申しましたんですが、非常に小さいうちに、手で折れるようなうちに折ってしまえば、金なんか全くかからなくてできるというふうに申し上げました。ところがその後、私の知る限り、ほとんど対策は立てられておりません。私の目の前でそれらの立木が、このようないい天気のもとですくすくと毎日育っております。何とかそれの今どのようにお考えなのか、お聞かせいただきたいというふうに思います。
◎町長 お答えをいたします。合併についての財政ですが、私の申し上げたことは間違っているわけではないというふうに思っております。非常に厳しくなってまいります。ただ厳しい中でどういうふうにして生きていくかという方法がないわけではないということでございます。どちらを取るかというと、財政が緩い方の中で生きる方が生きいいでしょうということは、申し上げておきます。
 しかし、それが許されないということになりますと、先ほど申し上げたように、小さいところは小さいなりにしたたかに生きる方法を取るんですよということを申し上げてきたわけです。どうすれば生きられないということを申し上げてきたわけではございません。その方が大変です、その方が楽ですという言い方をしてきたというふうに思っております。そのことはおわかりいただきたい。
 あとは、議員の発言をとめたということでございましたが、これをやらせろと言ったのは、小林光議員でございます。確かにそのとおりでございまして、大勢の住民会の中でものをおっしゃられるのは、議員の方は議会の中でもいつでもできますので、住民集会にときには、住民の方に多く時間をとっていただくという考えでしたので、そのように御理解をいただきたいと思います。
 それから、やめる首長があるのに、おまえはやめないということでございますけれども、それぞれの受けとめ方だというふうに考えております。もう少し嫌な言い方をしますと、やめてどうにかなるものでしたら、その方が楽かもしれません。
 平岡の水のことでございますけれども、その後、上の方のことが何も変わっていないということでございますけれども、土地改良の点でもいろんなことで方策ができないかということでやっておりますけれども、何せあそこじょうごのようになっておりまして、そこに集まった水がどういうふうにして、どういう費用でおさめていくかということについては、検討もしておりますし、しますが、すぐにできるということにはなっておりませんので、その辺も御承知をいただきたいというふうに思います。
 小河川についてですけれども、おっしゃられるように小河川そのものについて、全部町が手を出していくということは、はっきり申し上げまして不可能でございます。それぞれの区において要望を出してきたものについて、それぞれの方のところで対策を立てていただいて、できるだけの援助を町が申し上げていくという形になろうかというふうに思っております。以上でございます。
◆第11番(小林光)
具体的なことで前向きなというか、何かすぐ役に立ちそうな答弁をいただけなかったので、大変残念でございますが、それはそれとしておきます。
 次に、大項目の2番につきまして、建設予算につきまして質問いたします。ちょっとチェックの意味で質問させていただきたいというふうに考えております。これも先ほどの質問に当然関係してくるわけですけれども、国の例の三位一体改革、これが地方財政というものを壊滅させつつあります。その影響を受けまして、我が町でもその地方交付税が3年間で20%以上、多分この数字でいいと思うんですが、激減してしまったというふうなつらい立場になっているわけです。そのために予算編成においては、どうしても必要な経常的経費を差し引きますと、残りが当然ながら非常にわずかとなってしまい、投資的経費という方へなかなか手が回りかねないという困った状態になっております。
 ところが経常的経費ばっかりやってお金をかけてしまっていて、ほかにお金が回らないということは、当然ながら生活基盤ですね、インフラストラクチャーが確立されないわけです。ところがインフラ整備というのは、行政のとっても重要な、私から見ればほとんど1番か2番に重要な仕事だと思います。
 ところが先ほどの答弁でもあるんですが、民間でできることと、できないこととを考えて、分離して、検討するというふうなことでございますが、このインフラ整備は公民協働というふうなわけにいきません。これは100%行政の責任でやる仕事でございます。ところがこの数年間の予算をずっと見ていきますと、10%、町全体の予算でいくと10%台で残念ながら縮小しているわけです。そういう中で建設工事というものに対して予算をいっぱいつけろということは、大変に大きな抵抗があることは、私も常識としてわかることはわかります。
 ところが例えば一般会計で土木、農水関係なんかの予算を見ますと、数年間、20%から25%くらい落ち込んでいるという状況です。私こういう立場から見ますと、何か庁内全体が、庁内というか、役場の中全体がへっぴり腰になって、及び腰になってびくびくしているというふうにきり見ることができません。投資しない町はいずれ衰退していくのを見るだけです。そのようなことで、建設工事に関連する予算につきまして、どのようにお考えでしょか。
 その?といたしまして、これは本当は別項目の方がよかったかもしれないですが、とちの木塚平線の交通安全対策はということでお尋ねいたします。小手沢の工事に伴いまして、とちの木塚平線を迂回路として使うことになるわけですけれども、あそこは今は交通量が少なくていいんですが、小手沢側が交通止めになりますと、一気にあそこの交通がふえることになります。
 問題は、あそこが小学生が原の茶屋に通う通学路になっているということです。そこで安全対策についてお聞きしたいんですけれども、あそこに全体が道路が狭くて、とちの木塚平間は全体的に道路が狭くて危険ではあるんですけれども、その中で特に1カ所、昔から言われている言葉でめくら落としという名前の場所があります。これは片方が急ながけになっておりまして、昔から非常に危険な場所で、酔っぱらってあそこを帰ったりすると、あそこから落ちてしまうというふうな話が昔からよくありました。自転車で落ちたという話もあります。
 それでこれが悪いことに大変に線形が悪いんです。線形というのは、道路の平面的な形なんでございますが、ここに写真があるんですけれども、これを道をそのめくら落としに行くときには、塚平の方から見ていきますと、まず幅4.5メートルの直線道路が最初はあるわけです。これがここのめくら落としのところになると、これ毎年、昔からがけが浸食されて、どんどん浸食していくために、道路が狭くなって、今3メートルちょいというふうに、急激に狭くなっております。それの対応策で反対側を広げればいいんですけれども、そのような対策も全くなされていないところです。
 この線形を先日ありましたJR尼崎線の事故を思い出すわけですけれども、あの尼崎線もカーブ、右カーブ、同じ右カーブなんですが、その手前で直線がありまして、電車の能力目いっぱいにスピードを出して、カーブの前に急ブレーキをかけるというふうなことらしんですけれども、それでああいうふうな悲惨な事故が起こったわけですが、ここの場所もそこと非常によく線形が似ておりまして、塚田平の方から来ますと直線でしかもぐあい悪いことに下り坂で、車は非常にスピードが出ます。ところがこの右カーブがここに入りまして、それから非常に道路が3分の2ぐらいに狭くなってしまうというふうなことで、ここを通学している小学生なんかが通っておりましても、ちょっとスピードをつけてきた車は、簡単にブレーキかけてとまったり、徐行したりすることがなかなかできないということでございます。その辺につきまして、何か安全対策を考えられておりましたらお願いいたします。
◎町長 建設関係についてのお尋ねでございます。1番目の建設工事関連予算の今後の見通しということでございますけれども、おっしゃられるように非常に少なくなってまいります。全体の枠が少なくなってまいりますので、御辛抱いただく。殊に我が県の場合には、建設関係のお金が非常に出て来にくいという客観情勢の中にもございます。生活に密着して基盤整備に重点を置いて、急がれるもの、それから安全性に問題があるものということを考慮しながら、道路、河川、水路、それから新規事業としては、新農業水利システムという保全対策事業という国でやる枠がございますので、そういうものを取り入れて進めていきます。
 また、単独事業ということで、先ほども申し上げましたが、各区の自主的な事業に対して補助をしてまいると。去年あたりから町は材料支給して、手間、機械については、各集落で御負担をいただくということで、緊急のものについては、そういう方法で、いずれにしても早く工事が仕上がるようにという方法をとって、御協力をいただいてきております。
 現状では限られた予算の中ですので、今のようにいろんな方法、知恵を出して、効率的な事業をして、実施していきたいというふうに考えております。十分御承知と思いますが、今後とも予算関係は非常に厳しい状態が続くというふうに理解をしてまいります。
 とちの木の場合ですが、迂回路としてとちの木塚平線を考えております。それは幅員が非常に狭い。今、古くからの言い回しだからということでしたが、私の方はこの名前をシシ落としというふうに法面が急な箇所があることは承知をしております。案内標識、大型車の交通規制をして、案内の中で幅員が狭いということの案内板を設置する予定であります。
 それから、あの場所シシ落としの場所には、転落を防ぐフェンス等を設置して、安全対策を講じていきたいというふうに思っております。以上です。
◆第11番(小林光)
それなりの概略的な答弁をいただきましたけれども、1つお聞きしたいというか、要望を言ってはいけないんでしょうけれども、あそこのとちの木の危険箇所、シシ落としという名前で今後呼ばせていただきますけれども、そこの場所にあそこを拡幅するという考えがないとすれば、あそこのがけ側の空中部分に、道路が別に桟橋を張り出して、ちょっとしたほおづえの支柱をつくれば、簡単にできますので、桟橋タイプの歩道をつくってもらえないかというふうな気がいたします。
 それから、もしできれば歩行者が通るときに、手で押す横断歩道のような歩行者専用の信号でも取りつけていただければ、非常にいいなというふうな気がいたします。その辺のところどうでしょうか。
◎町長 信号については、できると思います。桟橋というのは、人が渡るものをつくるのは、いかがでしょうか。これ以上落ちないという柵をつくることはできると思います。今考えられるのは、そういうことですが、いずれにいたしましても、どうなら安全かということで、効率の面と、それからまず絶対に安全でなければなりませんので、どういう具体的には手立てをとっていくかについては、また御相談を申し上げていきますので、またお知恵を出していただきたいというふうに思います。よろしくお願いいたします。
◆第11番(小林光)
以上で質問を終わります。
○議長 ここでしばらく休憩をいたします。再開は40分といたします。
                              休憩 午前10時31分
                              再開 午前10時40分
○議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
◆第8番(名取末吉)
私は、提出質問を1つとして提出をさせていただきました。下水道料金についてということで、1、下水道料金の改定されたが、町内の大手企業にはどのような対応をしたかというとで、お題目をさせていただきます。
 まず、水道事業については、整備をされて町民が安定をして水道水をいただくということで、昔はおれも古い人間ではないけれども、ちょいちょい断水をして、非常に今日水ないから、断水をするからバケツにくんでおけというようなことが、しばしばあった状況を思い浮かべるわけでございます。
 また、下水道については、先行投資をしまして、非常に整備をされて、約80から90%は完成したということで、非常にこれも大変先行投資の中では、住民が安定して生活できるではないかと、こんなふうに私なりにも感じておる次第でございます。
 それでは、お題目によって質問をさせていただきます。平成16年12月議会において、町下水道料の改定が数%値上げ案を採択され、平成17年度より公布が挙行をされました。現状においては公共料金の値上げは、下水道使用者にとって大変な負担であったが、現在の一般会計から繰入金の衰退、また富士見町の下水道行政の安定した業務を行うことは、改定したことが仕方がないと思います。
 しかし、町内の大手企業の下水道使用料は据え置きをしたことについて、疑問を持っている方もいると思います。新聞折り込みや3月の議会に同僚議員が質問をされましたが、その措置した過程を、町は住民に説明する必要があると考えます。工業誘致をする過程の約束について、もしありましたら、お聞かせ願いたいと思います。
 そこでお伺いします。現在において町全体の下水道料金において、町内大手企業の使用料の割合はどのくらいあるか。もし町内大手企業が富士見町から撤退したとして、その使用料金を町民使用が負担すれば、利用者はどのくらいに上がるか。これは一番大切なことだと、私は考えております。この1点をお伺いをします。
◎町長 名取末吉議員の質問にお答えをいたします。町全体の下水道使用料金の65%を占めております。下水道経営に大きな影響力のある町内の大手企業とは、日ごろからの情報交換が必要であるというふうに考えております。
 下水道使用料金を改定するに当たっては、この大手企業には町の下水道の現状や今後の考え方をお話をし、また相手側には水利用の動向等についてお聞きしながら、どのくらいお使いになりますかというふうなことについても、お伺いをしながら、料金改定について検討いたしました。
 その結果、一定量以上の超過分について、今回は据え置くことというふうにいたしました。あとは課長が御答弁を申し上げます。
◎上下水道課長(久保川敏朗)
お答えをいたします。どのくらい値上げをすればというふうなお話なんですが、実はこの大手企業から、16年度まだ決算は正式には出ていないんですが、16年度分ということでお支払いいただいた金額が約4億円あります。その量が全体の65%ですので、もしこの使用料がないということになりますと、さらにこの分を何とかしなければいけないというふうなことになります。
 それを具体的な数字をそれではということですけれども、総体で4億円が現在の段階でも、16年度の段階で不足するというふうな考え方でよろしいではないかなというふうに思います。65%の4億円という概略の数字でお願いしたいと思います。以上です。
◆第8番(名取末吉)
非常にもし撤退すれば、負担率が個々の個人に割り当てられるということでございます。ただいまの答弁をお聞きしますと、大手企業が撤退だとすれば相当の使用料を値上げ改定をしなくてはいけないということは、十分承知をしなければ、私ども住民、町民は認識をしていかなければならないというふうに考えております。
 このことから、少子高齢化、福祉事業にも、町は相当な財源を投資しているわけでございますが、現在富士見町にある企業の定着、まずここに安定して企業がやっていける状況をするための政策をし、町長は企業に対しての話しをする場を十分に持つかどうか。
 また、公共料金、下水道料金を得ることにより、町民が安定をしてその点を過ごせるかどうかということを、もう一度町長にお伺いしたい。
◎町長 おっしゃられるとおりでございます。連絡は密にしてまいりますし、そして1つはそのことを恐れるあまりに偏った政策もとれませんので、どの辺で折り合いをつけて、どなたにもご納得がいただけるかということについての、あり場所については、これからも知恵を絞って、双方でお話し合いをしながら、落ちつくところに落ちつけていきたいというふうに考えております。以上でございます。
◆第8番(名取末吉)
町長、本当にこの件については、本当に真剣に考えていることを返事をいただくわけでございますが、富士見町は昨年の合併の審議から自立をするということで、選択した過程があります。そのためにも財政が安定して、町民が暮らせるということが、まず基本的な考え方ではないかと思います。そんな中でぜひともこの企業が私の耳にはもう撤退するのではないかと、そういうことがちらちらと耳の方に伝わってきます。
 また、現況を見ると社員も自家用車で来る人数も減っております。また、電車から降りる、バスも自分もあそこに駐車する中で前は3台くらい社員が通っていたけれども、現在は1台ないし2台、そういう経過もあるわけでございますので、ぜひとも町長みずから話し合いをして、定着するようお願いをして、私の質問は終わりたいと思います。ありがとうございます。
◆第5番(平出英夫)
私は、1問だけですので、簡単に答えるというのもあれです。今度長めにちょっとやってもらわないと、私は清泉荘デイサービス周辺の土地活用利用というようなことで、お伺いをするわけですけれども、その前に清泉荘デイサービス建設に当たって、完成しまして、私もあそこに二、三の方と行ってお話をしましたところ、立沢の方ともお話をしてわけですが、非常にいいところでおふろがきれいで、気持ちがよくて、もっと早くつくってもらいたかったようなことで、非常に印象はすごくいいので、ぜひそうした印象の中で、やはりあそこに来る、デイサービスー来る方々は、自分は病気になりたくてなったのではないと、そういうことで早く世の中に復帰したいと、そういう1つの思いというか、何とか頑張ろうというそういう方々が多いと思います。
 したがって、そういう方々が今なるほどケアをしていますけれども、それよりはまず室内だけでは、やっぱり人間外に出て、春は春の美しい自然を見たり、空気を吸ったり、夏は夏で暑さを自分の肌で感じて、そして秋にはその紅葉という、厳しい寒さを感じるというようなことが、四季を通じて体で感じるということが、私は人間本来の持っている気持ちというか、そういうものだと思います。
 したがって、そういうことを考えますと、あの非常にいいデイサービスができた、あるいは清泉荘老人センターもあります。そういう方々が、ちょっとおふろから上がって散歩をするとか、そうした安心して散歩ができるというような、そうしたものをあの周辺へ公園化していただいて、そしてもちろん公園化しても、それはそういう人たちばかりをするでなくて、一般町民も来て、そしてそこでひととき憩いを過ごして、おうちに帰るというような、そういったゆとりある、そういう公園をぜひつくってはいってはどうかというのが、私の本日の質問でございます。町長も気持ちよくやってくれると思いますので、答弁をよろしくお願いします。
◎町長 平出英夫議員の質問にお答えをいたします。長くやれということですが、一番私の苦手なことですので、短くさせていただきます。喜んでいただけてありがたいというふうに思っております。いろんな方の立ち直りに手助けができれば幸せですし、そうしたいというふうに考えております。
 御質問の地域での福祉公園の設置に向けての平成17年度予算で用地取得を行うように予算を組んでございます。18年度において地域の方などの、ここ大事ですけれども、御協力をいただきながら、造成をする方向で進んでおります。先ほども建設関係のことで申し上げましたが、私どもではできれば、材料支給のようなことをして、いろんな手間については、地域の方々、またはボランティアの方にお力をちょうだいをしていきながらつくっていきたいというふうに考えております。
 おっしゃられるとおりに、この公園については、地元住民の方々の強い要望もありますし、高齢者の方を中心にして屋外におけるマレット場など、散策の道をつくったりというふうなことを、おっしゃられるように健康で張り合いのある生活ができるようにということを計画しておりますので、近日中に用地取得の手続に入ります。よろしくお願いいたします。
◆第5番(平出英夫)
ぜひ、先ほども私言いましたけれども、この公園は、住民参加ということで、私はあるところでお話をして、そしてとにかくボランティアでいいものをつくるということで、お話はあちこちでしておりますけれども、やはり町民が親子で来ても遊べるようなところというような、そうした雰囲気の公園にしたいと思いますので、資材はもちろんですが、多少はもうちょっと機械の方も予算を取っていただきまして、なるべくなら見場のいい公園にしたいと思いますので、ぜひよろしくお願いしたいと思います。私の質問はこれで終わります。
◆第7番(小池久長)
それでは、通告表に従い、町長に質問をいたします。
 首長の定義として見識の高さは、長期的な展望を持って、地域のあるべきビジョンを示し、その達成に向かって、職員と住民を啓発することであると思います。そこで町長にお尋ねをしますが、任期中における行政運営の自己評価について答弁をいただきたいと思います。
 なお、先ほど同僚議員が同じような質問をしておりますので、リンクするところは割愛していただいて結構でございます。
◎町長 小池久長議員の質問にお答えをいたします。おっしゃられるように小林光議員の質問にお答えしまして、ほとんど申し上げてあります。取りかかった課題もすべてが完成したというわけではございませんので、引き続きこれから定着に向けて育てていく事業というものがたくさんございます。
 殊に職員の人事考課などについては、急がなければなりません課題ですけれども、じっくり取り組むことによって、より確実な効果が期待できるというものもございますので、引き続き努力をしていきたいというふうに考えております。
 また、先ほども申し上げました開発公社、それから土地開発公社の件は、これからまだ道筋がついていると言えばいるんですけれども、実際に具体的にではどういう金額でどういうふうにしていけばものになるかということについて詰めていく必要がございます。
 自己評価でございますけれども、恐れいりますが、自分で点をつけるのだけは勘弁をさせていただきたいというふうに、精いっぱいにはやってまいりました。ただ全部できたということではございません。よろしくお願いいたします。
◆第7番(小池久長)
こちらに町長の公約がございまして、その中に人事考課制度の導入ということがございます。今答弁の中にちょうど人事考課の話が出ましたので、そちらの方について質問させていただきますが、まず自治体を代表して職員の人事権を持ち、役所の行動に最終的な責任を持つのが首長の立場であると思われます。首長は過去からの正負の遺産を受け取りながら、現在の課題と困難に立ち向かい、町民に対して望ましい未来を切り開くとともに、役所は住民のために仕事をするのが任務であり、しかし、住民は必ずしも役所のため、あるいは役所とともに行動することを義務づけられているわけではないわけでございます。
 役所の仕事の仕方が住民から遊離しては、協働のまちづくりはできないということと、役所は住民にとって身近な存在でなくてはならない。また、組織の上下の風通しをよくし、建設的な意見が活発になる職場風土、また職員と、その職場が持てる能力を意欲的に引き出すような、いわゆる人事考課でなければならないというふうに思っておりますが、今2004年の6月の私の質問で、機構改革の効果についてという質問をしたところ、まだ4月から始まったばかりで効果のほどはあらわれていなという答弁がございましたが、既に1年余り経過しているわけでございますので、ここら辺も含めて町長としての人事考課について御説明をいただきたいと思います。
◎町長 お答えをいたします。非常に職員がおっしゃられるように、だれのために何をするのかということについての基本的な姿勢には、見るべきものが出てきたというふうに私は承知をしております。非常に努力をしておりますし、これは一例でございますけれども、役場の中を歩くスピードが速くなりました。これはささいなことのようですけれども、向こうにやることがあるということの証拠だというふうに考えておりますし、もう1つはおいでをいただいた皆様に具体的に申し上げます。
 席に座っていて顔をやってもう1回顔を離すということをするなということを申し上げております。これもできるようになりました。座っていておいでになった方にこうやっておいて顔を下げたら、こんなに嫌な気持ちはないわけですから、やったらその顔を見ながら立つということ。それからもう1つ、非常に情けないという言い方がありますけれども、私はそうではなくて基本的なことで、非常に大事なことだということで、ずっと申し上げてきましたが、庁内においてでさえ行き会っておはようの言えない職員がいました。今は行き会いますとたとえ黙礼でも礼ができるようになりました。
 このことがやはりできませんと、町民からおいでになったものを聞くという姿勢ができませんし、ましてやその方にお答えするということができません。非常に基本的なことでけれども、そういうことができるようになったということによって、おいでをいただく方にいい印象で迎えていただいているというふうなことについての、完全ではございませんけれども、評価もちょうだいをしております。以上でございます。
◆第7番(小池久長)
それでは続きまして、こちらの公約の方へ入ってまいりますけれども、町長の公約の中に、政策検討委員会の設置という項目がございまして、先ほど自己評価は勘弁してもらいたいということで、結局内側からの評価では、いわゆる偏った評価になるということで、この政策検討委員会というが一体あるのかどうか、機能しているのかということと。
 あと優良企業の誘致、住宅分譲の優遇という項目がございます。先ほどの答弁の中でニチレイの誘致の話が出ましたが、ニチレイもこの前お話を聞くところによると、非常に経営状況は厳しいと、後続のメーカーというかということで、非常に厳しいので、もうかつかつで、トップがかわれば撤退する可能性もあるというような話の中で、一体その三位一体改革の中で、町民に負担を強いる、決してこれは行政、執行部も望んで強いているわけではないんだと思います。入りが少なくなるから、出るものをとめると。これは理屈でございますけれども、やはり町民に負担を強いるばかりでなく、町として自己努力の具体性、また事務事業の広域化なども含めて、やはり努力の結果が見えてこないというような気がいたします。
 先ほどの一体優良企業の誘致に対して、どのよう対応しているのか、また少子高齢化に対応するいわゆる住宅分譲の優遇、またグリーン遊休地、これの活用のグリーンツーリズム、ワーキングホリデー、また富士見町は農業がベースでございますので、後継者への助成、また地域外から希望する営農者への支援、特に私のところにもいろいろな方がみえられて、遊休地を、いわゆる不耕作地を貸してもらいたいとか、いろいろな話がございますが、まずその前に住む場所がない。そういった支援は、一体どこでしてくれるのかというような話が、多々ございます。
 ということで、今るる申し上げましたが、総括で結構でございますので、いわゆる強い自治体をつくるために、これからどんなふうに取り組んでいくのか、具体的な例がありましたら、ぜひお話をいただきたい。
 先ほど申しましたが、あえて首長の定義を申し上げましたが、負担を強いる。やっぱりそれだけでは住民は納得できない。先ほど申しましたが、住民は役所に協力する義務はございませんので、住民がもう協力しないということになれば、大変協働のまちづくりに関してはマイナスになるわけです。やはりマイナスの部分もあるけれども、こういったプラスの部分もあるから、住民の皆さん、地域の皆さん協力をしてくださいよと。将来的にはこういうふうな町になりますよという明確なものが出てこないと、なかなか毎日町民も笑顔で暮らすことができないというふうに思いますので、そこら辺も踏まえて答弁をお願いしたいと思います。
◎町長 おっしゃられるとおりでございます。例えば住民の方に二言、三言で町の将来についてお話をして御賛同をいただいたり、愉快な気持ちになっていただくということは、行政ではなかなか難しくございます。1つ1つの課題をこういう方向ですよということをお示しをしながら、お話を申し上げていくということ以外にございません。
 行政のやっていることが、割合に町民の方におわかりにくいというのは、だんだん事か細かくなりますので、できるだけ弁論大会のように1つの項目、2つの項目、3つの項目について方向を示してお話をしていくということが、いいことはいいんですけれども、そうすると三百代言とか、いろいろなまた御批判がございます。そういうものに実際に確実にお答えをしていくということがぜひ必要でございますので、優良企業の誘致については、今いろんなことをやっております。
 御承知かとも思いますけれども、土地公で持っている土地についての簿価と実勢価格との間の差を詰めるために、埋めていくために、新しく現在の評価を再評価をしてもらって、企業に提示をしていくということもやっておりますが、なかなか企業の方がこれに食いついていただけないという事情がございます。
 それから、会議についてでございますけれども、私どもそれを制度化いたしまして、1つ1つのものについてのこれからの将来のものをどうしていくかというのを、総務課の中で企画とそれから新しいまちづくりと分けまして、企画の方で主にそのことを主催をして、課長クラス、係長クラスを寄せて、そういう戦略的なものについての方向づけをしております。
 それから、住宅分譲でございますが、これも1つやっておりますものについては、それぞれ売れているものもございますけれども、一番の悩みはこれ私の方から申し上げるのは、内心じくじたるものもございますけれども、烏帽子の土地、これを住宅にしたらどうかという考え方もございましたけれども、これもやはり引き合いの点について滞っております。
 また、塚平の土地についても、一生懸命やってまいっておりますけれども、非常に難しい局面でございますが、だからといって手を引いているわけではございませんので、それぞれ今具体的な企業にも当たっておりますし、その辺の詰めもしております。ただ形になってきておらないのが残念でございます。
 いろいろなことについての後継者の育成、新規就農者についても、それぞれ産業課、その他についていろんな細かいですけれども、手だてを打っております。実際においでをいただいている方もございますけれども、ございますというほど胸を張って申し上げるほど大勢の方がおいでになっているわけではないので、ここで申し上げるのは差し控えますが、なかなか群れをなしておいでをいただくという状態になっていないというのが、私とすれば非常に残念でございます。以上でございます。
◆第7番(小池久長)
続きまして、教育問題についてということで、不審者に対する町内の連携についてということと、過去の私の一般質問と並行するところがありますが、富士見町の目指す教育の具体的な目標というのを教育長に答弁をいただきたいと思います。
◎教育長(小林洋文)
小池久長議員にお答えいたします。まず、不審者対策における町内の連携についてでございますが、不審者対策の町内連携として、教育委員会では、昨年9月から安全パトロールカードを作成し、町PTA役員、先生方、教育委員会関係者の車のサンバイザーに掲げ、登下校時を中心に巡回パトロールを続けております。町のいい町守り隊も積極的にパトロールに協力してもらっています。
 地域の皆さんとの連携については、安全に下校を見守っていただくよう、すべての学校で子供の下校時に有線放送を使って呼びかけるということを再度意思統一いたしました。それとともに集団登下校を指導しております。
 また、境小学校では、昨年地域安全対策会議を立ち上げまして、地域ぐるみで子供たちを守る活動を始めております。各学校PTA会議、郡P会議でも不審者対策を重点議題に、かなりの時間を割いて真剣な話し合いがなされており、教育委員会に対する幾つかの御要望もいただいております。のぼりばたや腕章、看板等、予算化を伴う事業については、できる限り積極的に対応させていただく基本方針であります。
 また、学校間の不審者情報の交換、連携につきましては、富士見高等学校も含めて、不審者情報を入手した場合、即ファクスを使用して、各学校間で情報交換を行うとともに、情報はプリントして各家庭に丁寧に連絡しております。
 教育委員会も教育長責任で不審者情報を携帯電話でメール配信し、学校長の判断と責任において有線放送の必要のあるものは、そうすることを先ほど決定し、既に実行しております。特に注意を要する場所をより明確にした不審者出没マップの改定版も先ごろ作成し、各学校に配付したところでございます。また、富士見町交番とも連絡を密に取り合い、連携、協力体制を確立しております。
 いずれにしましても、子供たちは不審者から守り、被害者とならないためには、何よりも地域の皆さんの御協力が必要不可欠と考えております。全町民の皆さんに今までにも増して御協力をお願いいたします。
 次に、富士見町の目指す教育の具体的な目標はという御質問についてお答えいたします。富士見町の教育目標については、平成14年4月、学校週5日制が完全実施され、文部科学省が教育内容の3割削減をしたその年に、ここにありますような21世紀富士見町教育新生プラン、「学校が変わります」という三つ折りのパンフレットを全戸配布しております。その中には、4つの教育目標が、町と教育委員会と南諏職員会、これは6小中学校の教職員ですが、3者連名で配布をしておりますが、そこにはまずこういう教育目標が4つ掲げられています。
 1、家庭や地域に開かれた学校、2、したたかな学力を育てる学校、3、読書を勧め、豊かな心を育てる学校、4、一人の寂しい子供をつくらない学校にしますと、こうあります。各小学校、中学校にも教育目標というものがそれぞれありまして、例えばよく遊び、よく学び、強い子、あるいは、ふるさとを大切に、自分を高め、未来を切り開く、「ふじみ」の頭を取ってふるさとを大切に、自分を高め、未来を切り開く、または自主、友愛、剛健、あるいは自信を持ってみずからの人生を切り開いていくたくましい生徒の育成等々、それぞれの学校の特色ある教育目標を掲げ、それの具体目標、重点目標を絞り込んで、すべての教育活動の中に位置づけて、その具現に日々取り組んでいるところであります。
 ところで本年度の富士見町教育委員会の具体目標はということでございますが、子供や先生の笑顔に満ちた学校づくりに心がけながら、町教育委員会は、以下5つのことを本年度中に実現できるよう努力する所存でございます。
 第1に、すべての子供に確かな学力を保障するための授業改善努力を自覚的に推進します。
 第2に、さまざまな理由で学校に行けない児童、生徒、保護者、学校その他関係者の相談に乗り、サポートする体制を整備します。4月から既に専任係員を1名配置し、子供支援室をとりあえず町民センター2階に開設いたしました。子供支援室の事業内容につきましては、現在支援室設置要綱を作成中で、検討段階でございます。管理運営は教育委員会が責任を持って行います。
 第3に、町内の小中学校でもさまざまな障害を持ち、特別な教育的支援を要する児童、生徒に対する対応が求められております。現在、町費で介助員を採用して対応していますが、各学校に自立教育コーディネーター、担当教員が県教委の指導で昨年は全小学校に、本年度は全中学校に配置されることになり、既に置かれております。そうした各学校の自立教育コーディネーター同士の支援情報交換、自主的な研修会等を目的とする連絡協議会を専門家を交えて立ち上げることを検討中で、ぜひ実現を図りたいと思っております。
 第4に、不審者対策の町内連携体制は、これまでも精いっぱい取り組んできましたが、本年度は一層その体制を強化してまいります。
 最後に5として、歯どめがかからない少子化問題を視野に入れた富士見町次世代育成支援対策推進行動計画の具体化は、教育委員会においても重要な検討課題、具体的な追求目標と認識しておりまして、継続的に検討してまいる所存でございます。
 以上が富士見町教育委員会が本年度中に実現を図りたいと考えている具体的教育目標であります。
◆第7番(小池久長)
私も小学校のPTAの役員というものに、本年度初めてなりまして、非常にこれ大変だなというふうに思っておるわけでございますが、先ほど不審者対策ということで、いろいろな施策を講じて、100%これで完了ということはないんだろうと思いますが、どうも私、育成会の皆さんとお話をするのに、育成会のこの構成メンバーというのは、いわゆる年配とか、いろいろな方々から、いろいろな組織が入っているんですが、そういった方にはあまり連絡が行っているような、行っていないような、連携がとれてないような気がします。
 なぜかと申しますと、今企業は未就学の子供がいる、いわゆるお母さんの就職は拒絶するというような状況でございます。いわゆる行政とか、一流企業にお勤めの正社員の方は、当然育児休暇というようなものがあるわけでございますが、ここにも知らされておりますパート、アルバイトの方は、非常に厳しい現状の中でやっているわけでございますので、そのいわゆる本当に不審者が出たときに、先ほどのパトロールカードとか、そういったものが実際に効果があるかどうかと。いわゆる実効性のあるもの、例えばどこどこで不審者が出たよということになると、必ずそこの周辺の方が見に行くなり、何かを講じるような具体的なものをもっと進めていかないと、実際にそこに出たらそこには、ここに関係してくれる方がいて、電話をするとすぐ飛んでいってくれる。もしその人がだめだったら複数いるとか、そういったものをやはり必要なのかなというふうに考えているわけでございます。
 また、教育長の答弁の中に確かな学力を保障するというような話をいただいておりますけれども、またしつこいようで申しわけないんですが、先般もちょっと外資系の皆さんと話しをして、ヨーロッパに行ってきたと、仕事をしてきたということで、いわゆるEUに加盟する各国のそこに責任者の方たちと英語でプレゼンテーションをしたと。あまりに英語が未熟で意思がなかなか通じない。そこがやはり日本人の一番リベートも下手、語学力もあまりないと。前の町長の答弁の中で、うちの娘は大学からやってなかなかできるようになったと、そういう話でなくて、やはり小さいころから母国語と同じように扱えるような状況下にしていかなければ、やはりこの当町で教育でされた子供たちの将来に対して、我々がしてやれることの1つだというふうに思っています。
 ですから少しは算数できなくても、いわゆる自分を世界に向けてアピールする能力があれば、それなりに子供たちは将来に向けての希望がわくというふうに思われます。
 そこで先ほど子供に確実な学力を保障するということは、英語のみならず、るる多方面に渡るということだろうと思いますが、その英語の教育の導入の可能性と、具体的な不審者に対する町内でのもう一歩踏み込んだ連携、具体性のある連携というものについて、教育長どのようにお考えになるか、答弁をお願いしたいと思います。
◎教育長(小林洋文)
お答えいたします。まず、不審者対策についてのもっと具体的なことについて、どういうことを考えておられるのかということでございますが、議員御指摘の子供会との連携が不十分ではないのかという御指摘につきましては、先般会議を開いたところでございますが、いま一度関係者と相談して、どの部分が欠けているか点検させていただいて、改めるべくは改めたいと思っております。
 なお、健全育成会議でもこのことが議題になりまして、もっぱらこの議題に話題が集中し、かなり関係者の皆さんが真剣にこの問題を考えておられるというところでございます。関係するそれぞれの部署と相談を密にしてまいりたいと思いますが、これまで地区不審者対策の地域安全対策会議を立ち上げた地区もございますが、先日は防災会議も開かれまして、この不審者の問題が話し合われたと聞いております。
 それから、従来中学校が中心となりまして、茅野署、富士見交番と連携を強化する連絡会議が開かれてきたわけですが、今年はそれに加えて茅野署の方からの要請で、小学校との連携も強化したいということで、近く私がその会議に出席するため、茅野署に伺います。
 パトロール等効果があるのかということですが、巡回パトロールやあるいはメール配信によって、不審者が即確保できるという場合は、過去4年間で約2件の事例しかございません。ただ私どもはパトロールをし、情報を配信し、御家庭に連絡を密にすると、あるいは有線放送で日々登下校時に見守っていただくことをお願いするということは、直接の効果もさることながら、抑止効果という点で大きな役割を果たしているのではないかということで、実施しております。
 第2に、英語の授業を小学校から導入することの可能性についてということでございますが、これはたしか小池久長議員から12月定例議会で質問をお受けしております。そのときには、私は最終結論として、慎重に検討させていただきますとお答え申し上げました。それを受けて私は町内の英語の専門の教員と相談を何度か続け、去る5月31日には校長全員、教育委員会全員、それから2つの小学校の先生2人、総勢かなりの数で下諏訪南小学校の英語の授業を参観してまいりました。現在参観者から感想及び評価についてレポートを集約しているところであります。これをもとにこのテーマについての検討会を持ちたいというふうに予定しております。
 いずれにしましても、拙速な導入ということにならないように、慎重に進めてまいりますが、慎重にということは、消極的にということではございません。確かな学力を保障、すべての子供に確かな学力を保障するということは、議員御指摘のように英語の学力のみならず、すべての教科、あるいは特別活動、あるいは道徳の授業、総合的な学習時間等々を含めまして、数値化できない力も含めた、確かな学力を保障していきたいと。その中で議員御指摘の英語の小学校からの導入ということも、慎重に研究を進めていきたいと、このように考えております。以上です。
◆第7番(小池久長)
いわゆる3回の質問ということで、教育問題も多岐にわたっておりますので、複数回答を求める場合もありますので、よろしくお願いしたいと思いますけれども、今縦割り行政の弊害という言葉がございますけれども、やはりそういったものを脱却して、町民また子供たちに将来のビジョンを見せるということが必要不可欠になってきていると思いますが、1つ御質問を申し上げたいのは、先ほど町長の答弁の中に優良企業の誘致とか、いろいろな施策で憂慮していると、非常に頑張っているけれども、なかなか進捗が見えないというような話がありましたが、今自活する経済、いわゆる富士見町、町長ふうにすると自活する富士見町の中で、外部依存型の経済から、やはり地域経済に内在している個性と能力を、いわゆる潜在的なものを表面に出して、それも踏まえて、この地域を活性化させる。守っていくというふうなこともあわせてやっていかなければいけない時代にきていると思います。
 それで、これも先般私申し上げたと思いますが、いわゆる高学歴、高学歴というのは、偏差値の高い大学イコール保護者の収入と比例しているというようなお話をさせていただきましたが、経済的な不平等からかんがみて、やはり地域の特性を生かして、将来に望みをつなげるものというのも、町独自で開発をしていかなければいけない。
 これに対して、今テレビ放映とか、先ほどグリーンツーリズムの話をしましたが、心の時代とか、いわゆる農業を、農業に対して非常に注目が集まっている状況で、この地域には富士見高さんもありますし、八ケ岳農業実践大学校もございます。そこでわざわざ都市部からそうやって営農を目標に来る方がいらっしゃるということは、この地域の経済、いわゆる基盤となす農業をこれからも継承していくために、いわゆる産学官連携の必要があるというふうに私は思います。
 決して大手有名企業へ勤めるとかそういうことではなくて、いわゆるここには先祖から継承している農地というものがある。なぜ後継者ができないかということは、まずそれでは生産性が合わないということも1つの理由だろうし、あまりきれいな仕事ではないということも1つの理由に、理由はるるあると思うんですが、やはりここで学んで、ここで育った子供たちは、素養はあるわけでございますので、いわゆるそういった素養を伸ばしてやって、いわゆるそれで飯が食える、エキスパートをこれからつくっていく必要というのが、往々にしてある。それがいわゆる荒廃地をなくすとか、そういったものにつながっていくんではないかというふうに思いますので、このいわゆる教育委員会として、産学官連携をこれからやっていく、そういったものをやるつもりがあるのか。
 またもう1つ申し上げたいのは、教育に関して親の関与、保護者の関与、地域の関与というのが、今非常に必要になると、なっている時代だというふうに教育長申されましたが、例えばPTA、今郡Pの方では、父親がどういうふうに子供と向き合うかとか、学校教育に参画するかということをテーマでやっているんですが、実は1つのこれがPTAというか、問題になっておりまして、PTAの役員のやり手がないと。なぜかと言うと夜やっていただく分には、構わないんですがで、行政の懇談会とか、教育委員会との懇談会というのは、昼間の平日のとんでもない時間に始まって、わずか1時間、短いものは30分というようなことになっています。
 先ほど私申し上げましたが、未就学の子供がいる親御さんは採用しないという企業がふえている中で、いわゆるPTAはボランティアなのかもしれませんが、出やすい土壌を、いわゆる報酬を得て、そうやったものに取り組む皆さんが、ボランティアの人に昼間あけて来いというのは、世の中で理屈が立たないような気がするんです。それはそれぞれの都合もあるので、何でございます。それは例えば役場の職員出すのに時間外のこととかいろいろあると思うんですが、だったら報酬を得る人たちもボランティアでやったらどうかと。例えば夜7時からやる。土曜日にやるとかいうふうにしていかないと、いわゆるPTAのやり手がなくなってしまう。いわゆる学校教育と保護者の溝がどんどん広がってきてします。昔はもうお役だからしょうがないというふうにあきらめて、1年間はしょうがないなというふうにかかってきましたけれども、社会情勢がこのように変わってくる中では、やはり出やすい環境をつくっていくということが、やっぱり急務であるというふうに私は思います。
 私も役員になってこう見ましたら、昼間いっぱい出るのがあって、これとこれは学校の校長先生たちの関係で、夜でもいいですよというふうに言って調整してもらいましたけれども、例えば役場の教育委員会とか、そういうのが入ってくる。昼間の1時半とか、変なのになると8時40分から9時までとか、そういう会議のために、親御さんは半日休んで出てくるわけです。
 ですから、そういったものも集約してやる、時間を調整する、土曜日に出てきてやるというような、いわゆる受ける側も同じPTAの皆さんと同じ姿勢に立ってやってもらいたいと。我々は行政だから、昼間出て、平日の昼間やっている間に出てきて当たり前だみたいなことでは、PTA自体が成り立たなくなる。ということをどのようの教育長としてこの問題について是正して、するのかしないのか、考えていくつもりがあるのかどうか、御答弁をお願いします。
◎教育長(小林洋文)
お答えいたします。まず最初に高学歴、高偏差値が保護者の収入に関連していると、そういう中にあってエキスパートの育成をというお話がありましたが、教育委員会が管轄しております小中学校の義務教育段階は、いわゆる普通教育ということでございまして、特化された学力をということにはならないと思いますが、しかしながら、中学生が高校進学の段階に当たって進路先の選択幅が広がるような、広げることのできるような学力をしっかりと身につけさせるということでは、教師の授業改善は避けて通れませんので、これはきめ細かく教育委員会としても各学校、各小中学校と連携を深めて、指導、助言を進めてまいりたいと思います。
 長野県も十五、六年前ですから、長野県の現役の公立高校卒業生の大学への現役合格率が、全国47都道府県の中で45位というような時代が1990年前後にありましたが、その後、努力を重ねまして、昨年度は28位というところまで上がってきております。これは全国のそういう現役の大学進学率の順位を争うためではありませんが、どの子にも進路選択の幅を広く、豊かに保障してあげるということで、我々関係者が学習環境を整えていくということに、今後一層きめ細かく、力を入れてまいりたいと思います。
 第2に、教育委員会として、産学官連携を考えているかいないかという御指摘でございますが、正直申しまして、そういう視点で教育委員会で検討したことは、私の就任以降はしておりませんので、改めて勉強させていただきます。しかるべき時期にお答えをいたします。
 第3に、PTAの役員のなり手がないということに関連して、例えばPTA関係の会議の設ける時間を工夫したらどうかということですが、具体的事例でお答え申し上げます。つい先日小池久長議員にも御参加をいただきまして、PTA、各学校長、それから教育委員会の事務局等々で車1台で町内のすべての小中学校の通学路を視察し、危険箇所の確認をしたところでございますが、私はまだ一度も経験したことがありませんが、各学校のPTA会長の責任において、今年は6月21日が予定されていますが、町理事者に対する報告会が予定されております。
 これは当初3時半からということになっておりましたが、連合PTA会長さんが私の部屋においでになられまして、いろいろと総合的な話題を交わし合った中で、3時半は変更していただきたいということで、具体的に数年前にある小学校のPTA会長さんですか、あまりにもPTA関連のことで、会社を休んだために、首を切られたというお話までいただきまして、時間外に会議は設けるべきではないかというお申し込みをいただきました。早速対応いたしまして、町の理事者の皆さんにも御理解をいただきまして、よる7時半から開催ということにいたしました。これ、一個別的なり事例としてではなくて、今後小池議員の御指摘のように、働く皆さん、御家庭の皆さんの都合を考えながら、会議も開催してまいりたいと、これを基本原則としてまいりたいと、このように思っております。以上です。
◆第10番(遠藤正紘)
前の方が私と大分ダブった質問になっちゃって、また時間も午後だと思って、ちょっと調子狂っちゃって、私は大きな項目で3つ質問しますけれども、1番の町政について、このうちの4番は4年間にわたる町行政について、先ほど光議員の中でもあるし、この後も大橋議員あたりがしそうですので、カットします。カットさせてください。
 次の事項についてどう受けとめているか。人事考課制度について、2番下水道裁判について、3番6市町村合併の住民投票結果について、この3点ですけれども、1番の人事考課制度についても、今久長議員が言われましたので1点だけ、上司との面接をやっているようなんですけれども、これ勤務時間内に行っているようなんですけれども、我々民間人とすればちょっとおかしいんじゃあないかなと。これをいつやるように指示してあるか、その1点だけお願いします。
 2番目、下水道裁判についてですけれども、4年前、町長になられたとき、裁判はやめられたはずなんですが、またその後も裁判所より和解勧告がされたと思うんですが、どうしてそこまで裁判にこだわってきたのか、その理由を知らせてほしいです。
 3番の6市町村合併の住民投票結果について、現在どう思っているか。以上です。
◎町長 遠藤議員の質問にお答えをいたします。人事考課制度についての面接が時間内に行われているが、どうかということでございますが、担当がまた後で私の答弁のほかにありましたら担当から申し上げますが、それでいいというふうに承知をしております。
 下水道裁判について2度やめるチャンスがあったのに、どうしてやめなかったかということでございます。最初のノーは、私そのやめることの努力をいたしました。それは先にお話をいたしましたけれども、私と今の小池助役と当時の樋口清建設課長、それから小森正規、あのころ都市整備課長ですか、4名で伺って、そのことがなりませんでしたので続けました。
 和解をなぜやらなかったということでございますが、今度の判決の出た後のことを見ましても、判決というきちっとしたものを出して、その双方に争いのあったことですので、きちっとした結論を得て、それに従っていくのが得策であろうと、良策であろうというふうに考えましたので続けました。
 住民投票の結果については、数字についてはいいですね、言わなくても。いいですか、言いますか、いいですね。この結果を重く受けとめて、それに住民投票の結果に従ったということでございます。いろんなことをしてまいりましたけれども、その結果がすべてでございますので、その結果に従ったということでございます。
 町の行政については、割愛をしていただきましたので、以上でございます。
◆第10番(遠藤正紘)
2番と3番のことについて2回目の質問をしますけれども、これ2番下水道裁判、エンジェルさんもやるようですので、1点。裁判は裁判として、その奥にある土地公の土地に至る進入路については、まだ問題が残っているようですけれども、これは土地公の解散にも関連してくると考えるが、現況は。現在どういう状態になっているのかお知らせください。
 それから、合併の例の問題ですけれども、私自身はほかの市町村に対しては、申しわけなかったという思いがあるわけです。賛成から反対になっちゃったということで。それで町長にお聞きしたいのは、実は投票の前日、新聞の折り込みビラに入った合併は、「富士見、原、茅野が自然かも」という、この呼びかけ人4人が町長の後援会幹部、全く町長とは正反対のこういうビラを出した。結局はこのビラがこういう結果になってしまったと、私はそう判断します。
 そういう意味で茅野、諏訪、岡谷、下諏訪、そういった方々に申しわけないと。このビラなんですけれども、私は全協なりここで本当はこのビラについて町長が何らかの弁明かなんかするのかなと思って、ずっと待っていたけれども、一向に触れずに、今日まで来てしまったと。この呼びかけ人が町長の後援会の幹部でなかったら、私こんなこと言いません。その辺でどういうふうにこのビラを判断したか。今考えていることを述べてください。
◎建設課長(樋口市衛)
それでは、道路の関係につきましては、認定道路になってございます。以上です。
◎町長 非常に残念だったというふうに思っておりますが、肩書は後援会の役員ではございませんので、そのように御承知おきをいただきたいと思います。
◆第10番(遠藤正紘)
今2番目で認定道路になっていると言うけれども、それはもう自由に使えて、極端な話、奥を売買するにも差し支えない、そういうふうに解釈していいですか。
◎建設課長(樋口市衛)
今のところはそれでよろしいかと思います。
◆第10番(遠藤正紘)
2番目に移ります。町内に居住する外国人について。今、町内に居住している外国人の住民登録してある現状は、どのくらいの数か、できたらその国も教えていただきたいと。
 それから、2番目に居住する外国人と行政及び地域住民とのかかわりの現状は。これは社会教育あたりで呼びかけて、みんなで集まってとか、横のつながり、孤立させないようにとか、何かそういうような実態調査なり、呼びかけ、声をかけるということが、やっているのかどうか、そういう現況をちょっと知らせてください。
◎町長 お答えいたします。1番目の町内に居住する外国人は、4月末日で20カ国、251人の登録があります。上位5カ国ということでございます。その人数、フィリピン92名、ブラジル69名、中国31名、インドネシア12名、タイ8名となっております。
 2番目の居住する外国人と行政及び地域住民とのかかわりの現状ですけれども、順に申しますと、役場において各種手続においては、本人が日本語を理解する方も多くおります。日本語のわからない方については、通訳の方が付き添って、手続や説明で不自由は生じてはおりません。
 また、地域住民とのかかわりについては、行政として特別な指示もしておりませんので、本人の意向によって地元近隣と話し合っているものというふうに承知をしております。ただ行政はやっておりませんけれども、私どもであります国際クラブというクラブでは、いろんな会でアプローチをしておりますし、また御参加をいただいております。
 そのほかにもほかの方々で、料理でその地域のやつは、エスニックだ。そういうふうなことで、お集まりをいただいて、交流を深めているというふうなこともございます。以上でございます。
◆第10番(遠藤正紘)
社会教育の担当者、大変ですけれども、できたらそういう方面にも気を使ってやっていただきたいと。
 3番の今後のまちづくりについて。自立の道を選択したが、将来の財政難にどのように立ち向かっていくのか。私はあちこち行く中で、北杜市とか、茅野、諏訪方面へ行くと、景気がそれほどよくないとは言っても、そこそこに元気があって、お金が動いているなあと感じるわけです。でもこの町に入ってくると、なぜか閑静、静かで、どうもお金が動いているような感じがしない。
 何だかんだ言っても、結局は経済、あまり金、金と言いたくないですけれども、結局は経済の問題にたどり着くんじゃないかと。そういうことで経済効果、そういった施設、観光、それと企業または施設誘致、こういうことに力を入れていかないと、今後のまちづくり、財政難には立ち向かっていけないのではないか、そう考えるわけですけれども、町長の考えをお聞かせください。
◎町長 お答えいたします。いろんなどういうふうに立ち向かっていくかということは、最初の小林光議員の答弁でも申し上げてきましたけれども、少子高齢化による人口減少時代を目前に控えて、厳しい財政状況であるということは、お話をしたとおりでございます。住民の負担の選択に基づく、町にふさわしい公共サービスを提供するシステムに転換していくということが必要でございますし、申し上げますように、行政が何をするかということを整理する必要もございます。
 一層積極的な行政改革の推進を努めるとともに、これはいわゆる、あるものからいかに出さないかという努力でございます。御指摘のようにいかに多く入れてくるかということについても、私どもでできることについては、財政の健全化を図ってまいるということでございます。
 おっしゃられるように、行政ができる、いわゆる積極的にお金を取るという仕事については、なかなか行政が直接手を出せるものもありますけれども、出せないものの方が、側面から支援をしていくという形になります。そのことについて力を尽くしてまいりますし、おっしゃられるように経済の方の言い方で言いますと、下部構造が何であることによって、上の文化なり、何なりは規制をされるということがあるわけでございます。下部構造、いわゆる経済の力がどこにあるかということが、その上に立つものを支配するということは、承知をしております。そのようにして、まず町が豊かになるということについて、力を尽くしてまいりますので、今後とも御指導、御鞭撻をいただきたいというふうに思います。
○議長 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。明日も午前9時30分から本会議を開き、引き続き行政事務に関する一般質問を行います。
 本日はこれをもって散会といたします。御苦労さまでした。
                              午後 0時01分 散会