議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 下諏訪町

平成21年 9月定例会−09月01日-01号




平成21年 9月定例会

           平成21年9月下諏訪町議会定例会会議録
                                   (第1日)
議員の席次並びに出欠
  1番 山 田 貞 幸  出          8番 青 木 利 子  出
  2番 本 山 玲 子  出          9番 金 井 敬 子  出
  3番 清 水 辰 夫  出         10番 藤 森 スマエ  出
  4番 小 池 忠 弘  出         11番 中 村 光 良  出
  5番 中 村 奎 司  出         12番 濱   章 吉  出
  6番 中 山   透  出         13番 津 金 裕 美  出
  7番 玉 舎 興三郎  出

出席議会事務局職員             出席総務課職員
  議会事務局長   西 村 和 幸      統括係長兼庶務人事係長
                                 小 澤   清
  庶務議事係長   柚 原   勉

説明のために出席した者
  町長       青 木   悟      健康福祉課長   小 林 繁 人
  副町長      丸 山 道 夫      産業振興課長   溝 口 澄 明
  教育長      小 沢 貞 義      建設水道課長   林   卓 郎
  政策担当参事   井 原 文 利      消防課長     藤 森 省 五
  政策担当参事   矢 島 広 利      会計管理者兼会計課長
                                 野 澤 正 則
  総務課長     野 黒 信 重      教育こども課長  山 岡 鉄太郎
  住民環境課長   土 田   豊

  監査委員     山 田   潔

本日の会議日程 平成21年9月1日(火)午後 1時30分
  1.本日の議員の出欠並びに会議成立宣告
  1.開会に当たっての町長あいさつ
  1.会議録署名議員の指名
  1.会期日程及び議案の取り扱いの決定
  1.議案の上程、説明
  1.監査委員の決算審査報告
  1.決算審査特別委員会の設置及び定数
  1.決算審査特別委員会の委員の選任

本日の会議に付した事件
  議事日程のとおり
            開  会  午後 1時30分
△<本日の議員の出欠並びに会議成立宣告>
○議長 大変御苦労さまでございます。ただいま定刻の午後1時30分でございます。ただいまから平成21年9月下諏訪町議会定例会を開会いたします。
 本日の議員の出欠を御報告いたします。ただいま出席している議員は13人であります。よって、本会議は成立をいたしました。
 ここで議長から報告をいたします。宮越税務財政課長から欠席の届けがありましたので御報告いたします。
 ただいまから会議を開きます。
△<開会に当たっての町長あいさつ>
○議長 町長から招集のあいさつがあります。
○議長 町長。
◎町長 9月定例会の開催に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本日、議会の招集をお願い申し上げましたところ、議員の皆様におかれましては、何かとお忙しい中、御出席を賜り、ここに開会することができました。厚く御礼を申し上げます。
 さて、さきに行われました衆議院議員総選挙におきまして、政権交代が確実となってまいりました。今後の国政の動向に注視しつつ、間違いのない地方行政を実行していく所存であります。
 本定例会で御審議をいただきます案件は、条例の一部改正が1件、合併等に伴う構成団体等の減少に伴う協議が4件、契約の締結が1件、補正予算が4件、平成20年度の決算認定が11件、報告事項が1件の合わせて22件であります。諸議案の内容につきましては、後ほどそれぞれ説明をさせますが、概要を申し上げたいと思います。
 議案第56号は、消防法の改正を受けまして、下諏訪町消防団員等公務災害補償条例及び下諏訪町消防等賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部を改正するものです。
 議案第57号から議案第60号につきましては、加入しております圏域の委員会等の加入市町村数、構成団体の減少に伴う変更協議であります。
 議案第61号は、小学校児童、教職員用パソコン等購入契約の締結です。
 議案第62号は下諏訪町一般会計補正予算(第3号)で、法人町民税の過年度還付金、子育て応援特別手当交付事業、道路改修に向けての測量実施設計、千尋池周辺の整備等が主なものであります。
 議案第63号は、国民健康保険特別会計補正予算(第2号)です。
 議案第64号は、下水道事業特別会計補正予算(第1号)です。
 議案第65号は、特別養護老人ホーム事業特別会計補正予算(第1号)です。
 議案第66号から76号までの11議案につきましては、平成20年度の一般会計から水道事業会計までのそれぞれの会計の歳入歳出決算の認定を求めるものであります。
 報告第4号は、平成20年度健全化判断比率及び資金不足比率をお示しするものであります。
 以上、議案の概要を申し上げましたが、よろしく御審議を賜りますよう、お願い申し上げまして、開会に当たってのごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いをいたします。
△<会議録署名議員の指名>
○議長 次に、日程第1 本定例会の会期中における会議録署名議員を議長から指名いたします。11番中村光良議員、12番濱 章吉議員、13番津金裕美議員、以上の3議員にお願いいたします。
△<会期日程及び議案の取り扱いの決定>
○議長 次に、日程第2、第3 本定例会の会期、日程及び議案の取り扱いについて、議会運営委員長から御報告願います。中山 透委員長、登壇の上、御報告願います。
◎議会運営委員長(中山) 大変御苦労さまでございます。議会運営委員会から御報告いたします。
 本定例会に当たり、去る8月28日、午前9時から議会運営委員会を開催し、会期日程及び議事日程につきまして協議いたしましたので、その結果について御報告いたします。
 会期は、9月1日火曜日から9月18日金曜日までの18日間といたしました。
 会期日程につきましては、皆様のお手元に配付してあります会期日程表に示されているとおりでございます。
 本日は、議案番号順に従い、議案の上程、説明の後、監査委員に平成20年度決算審査の報告をお願いいたします。
 次に、決算審査特別委員会の設置及び定数と委員の選任につきましては、特別委員会の設置及び定数が議決された後、委員の選任を、委員会条例第5条の規定により、議長の指名によって行い、本日の日程を終了といたします。
 2日目の2日、3日目の3日は、議案の調査日として休会といたします。
 4日目の4日は、午前10時から本会議を開会し、議案第56号から議案第76号までの議案に対する質疑を行い、所管と目される委員会に付託いたします。
 引き続き、請願、陳情につきましても、その所管と目される委員会に付託いたします。議案及び請願、陳情の付託先につきましては、お手元に配付してあります付託表に示されているとおりでございます。
 5日目の5日、6日目の6日は、土曜日及び日曜日のため休会といたします。
 7日目の7日と、8日目の8日は、午前9時から本会議を開会し、一般質問を番号順に行います。一般質問は2日間といたします。
 9日目の9日と10日目の10日は、午前10時から各常任委員会の審査をお願いいたします。
 11日目の11日は、午前10時からバイパス対策特別委員会、午前11時から砥川治水等対策特別委員会の審査をお願いし、午後1時30分から、決算審査特別委員会の審査をお願いいたします。
 12日目の12日、13日目の13日は、土曜日及び日曜日のため休会といたします。
 14日目の14日、15日目の15日、16日目の16日は、午前9時から決算審査特別委員会の審査をお願いいたします。
 17日目の17日は、委員長報告書の作成日といたします。
 18日目の18日は、午前9時から議会運営委員会を開会し、予定されます意見書案等の取り扱いについて協議いたします。続いて、午前10時30分から全員協議会を行い、午後1時30分から本会議を開会いたします。開会後、各委員会の議案審査報告を委員長にお願いし、それに対する質疑、討論を経て採決を行います。続いて、請願、陳情の審査結果について委員長報告を願い、質疑、討論の上、その取り扱いを決定し、9月定例会の全日程を終了することといたしました。
 以上、議会運営委員会の協議の結果について御報告いたします。よろしくお願いをいたします。
○議長 ただいま議会運営委員長から御報告がありました会期、日程及び議案の取り扱いについて、御質疑のあります方は御発言願います。
               (「なし」の声)
○議長 御質疑ありませんので、会期、日程及び議案の取り扱いにつきましては、ただいまの委員長報告どおり決定することに御異議ありませんか。
              (「異議なし」の声)
○議長 異議ないものと認めます。よって、会期、日程及び議案の取り扱いにつきましては、ただいまの議会運営委員長の報告どおり決定いたしました。
△<議案の上程、説明>
○議長 次に進みます。日程第4 議案第56号 下諏訪町消防団員等公務災害補償条例及び下諏訪町消防等賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。提案者から議案の説明を求めます。
○議長 消防課長。
◎消防課長(藤森) 議案第56号 下諏訪町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例及び下諏訪町消防等賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。
 今回の一部改正は、消防法の一部を改正する法律が平成21年10月30日施行されることに伴い、町条例のうち関連する条例について、条だてで改正するものです。
 第1条の下諏訪町消防団員等公務災害補償条例の関係では、第2条中第35条の7を第35条の10に改めたものです。
 また、第2条の下諏訪町消防等賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の関係では、第1条第2号中、第35条の7を第35条の10に改めたものでございます。
 なお、第35条の7とは、救急業務に関するもので、救急隊員は緊急の必要があるときは、傷病者の発生した現場付近に在る者に対し、救急業務に協力することを求めることができるという条文ですが、この条文が第35条の10へ項ずれとなったものです。
 消防法の改正に合わせ、附則において、平成21年10月30日から施行とさせていただきました。以上でございますが、よろしく御審議をお願い申し上げます。
○議長 次に進みます。日程第5 議案第57号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題といたします。提案者から議案の説明を求めます。
○議長 総務課長。
◎総務課長(野黒) 御説明申し上げます。長野県町村公平委員会は、現在50の町村、組合等により共同設置をしておりますけれど、西部衛生施設組合が平成21年9月30日に解散、また平成21年12月31日には、上水内郡の信州新町、中条村が長野市に合併、犀峡衛生施設組合が解散するため脱退し、構成団体が46団体になることに伴う規約の変更であります。よろしく御審議をお願い申し上げます。
○議長 次に進みます。日程第6 議案第58号 長野県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少についてを議題といたします。提案者から議案の説明を求めます。
○議長 総務課長。
◎総務課長(野黒) 御説明申し上げます。長野県市町村総合事務組合は、県内全町村と安曇野市の1市25町36村の62市町村が加入し、主に退職手当、公務災害補償等の事務を共同処理をしている組合です。
 今回、組合に加入しています上水内郡信州新町と中条村が、長野市に合併することに伴い、平成21年12月31日をもって組合を脱退するため、地方自治法第286条第1項の規定により、関係団体の協議を求められており、同法第290条により議会の議決を求めるものであります。よろしく御審議をお願い申し上げます。
○議長 次に進みます。日程第7 議案第59号 長野県市町村自治振興組合を組織する市町村数の減少についてを議題といたします。提案者から議案の説明を求めます。
○議長 総務課長。
◎総務課長(野黒) 御説明申し上げます。長野県市町村自治振興組合は、県内全市町村の80市町村で組織し、長野県自治会館の管理運営、共同して行う電子自治体の推進に関する事務を共同処理している組合です。
 今回、組合に加入しています上水内郡信州新町と中条村が、長野市に合併することに伴い、平成21年12月31日をもって組合を脱退するため地方自治法第286条第1項の規定により、関係団体の協議を求められており、同法第290条により議会の議決を求めるものであります。よろしく御審議をお願い申し上げます。
○議長 次に進みます。日程第8 議案第60号 長野県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少についてを議題といたします。提案者から議案の説明を求めます。
○議長 住民環境課長。
◎住民環境課長(土田) では、御説明申し上げます。本町が加入しております長野県後期高齢者医療広域連合を組織する市町村の合併に伴い、同広域連合を組織する地方公共団体の数が減少することについて、地方自治法第291条の3第1項の規定により、県知事の許可を受ける必要があるため、同法第291条の11の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。
 具体的内容といたしましては、平成21年3月31日をもちまして、阿智村、清内路村の合併、並びに平成22年になりますが、1月1日の長野市、信州新町、中条村の合併に伴い、広域連合を組織する地方公共団体の数が減少するものでございます。以上、よろしく御審議ください。
○議長 次に進みます。日程第9 議案第61号 小学校児童及び教職員用パソコン等購入契約の締結についてを議題といたします。提案者から議案の説明を求めます。
○議長 教育こども課長。
◎教育こども課長(山岡) 御説明申し上げます。この契約は下諏訪南小学校、下諏訪北小学校児童のパソコンの更新、一部の教職員用パソコン等購入契約につきまして議決をお願いするものであります。
 学校へのパソコン配備につきましては、平成20年度において中学校2校のパソコンを更新し、4校の教職員にパソコンを新規配備いたしました。平成21年度については当初予算に5年リース契約により、小学校パソコンを更新する予定でございましたけれども、学校ICT環境整備事業の国庫補助・学校情報通信技術環境整備事業費補助金や地域活性化・経済危機対策臨時交付金等を活用して購入することになりました。
 現在の設備は、平成12年度に導入したもので、リース期限が切れた後も保守委託により継続使用してきたものであり、本体、システムともに老朽化しており、パソコン教室では2人で1台を使用してまいりました。
 今回購入するパソコンは、35人学級編制に対応する台数を確保し、1人1台で使用するもので、昨年、中学校に導入したエプソン製と同型の新機種になります。
 なお、教職員用につきましては、20年度に4校教職員全員に配備しましたけれども、21年度につきましては、不足分を2台導入するものでありまして、下諏訪北小学校に配備をいたします。
 契約方法につきましては、随意契約として、エプソンiソリューションズ株式会社、代表取締役河西績と税込み932万1,900円で購入契約を締結するものであります。
 エプソン製品については、当初導入計画時から、地元メーカー企業として、情報教育推進のアドバイスをいただいており、エプソン子会社で販売及び保守委託業者の同社には、4校のパソコンの導入及び設置立ち上げ、保守管理を現在まで継続的に行ってきていただいています。
 納品については10月下旬とし、11月には使用できるようにと準備を進めたいと考えております。以上でありますが、よろしく御審議をお願いをいたします。
○議長 次に進みます。日程第10 議案第62号 平成21年度下諏訪町一般会計補正予算(第3号)を議題といたします。提案者から議案の説明を求めます。
○議長 総務課長。
◎総務課長(野黒) それでは、税務財政課長にかわりまして、議案第62号 平成21年度下諏訪町一般会計補正予算(第3号)について説明させていただきます。
 一般会計補正予算(第3号)は、歳入歳出それぞれ8,341万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ74億8,295万9,000円にお願いするものでございます。内容につきましては、事項別明細書で説明をいたします。
 歳出の8ページをお願いいたします。2款1項1目一般管理費19節負担金補助及び交付金418万7,000円は、赤砂公会所、町屋敷公会所、下屋敷公会所、東山田公民館のバリアフリー化、それから通常改修工事に対する公会所建設事業補助金でございます。
 次に、4目財産管理費25節積立金一般寄附金、1件5万円を財政調整基金に、ふるさとまちづくり寄附金1件100万円をふるさとまちづくり基金に積み立てるものであります。
 次に、7目消費者行政費11節需用費の42万円は、県の消費者行政活性化事業補助金を受けて、悪徳商法撃退ステッカーを作成し、全戸配布するものであります。
 次に、11目諸費23節償還金利子及び割引料の3,000万円は、21年度法人町民税の確定申告に伴い、過年度還付金及び過年度還付加算金に不足が生じるため、還付金に2,920万円、還付加算金に80万円をお願いするものであります。
 次に9ページ、2款2項2目賦課徴収費13節委託料の334万2,000円は、エルタックスにより、給与支払報告書、法人町民税申告書、償却資産申告書を、電子申告により行うための情報センタ委託料であります。
 次に、3款1項2目障害者福祉費13節委託料94万1,000円は、県の障害者自立支援対策特別対策事業補助金を受け、障害者自立支援法施行円滑化事務等のシステム改修経費として14万1,000円、庁舎、文化センター、体育館、図書館、博物館の5カ所に設置する障害者等駐車場表示板の作製委託料80万円です。18節の備品購入費64万円は、図書館の声の広報などに使用しますカセットテープ高速ダビング機等購入費です。
 次に10ページ、3款2項9目子育て応援特別手当交付事業費2,086万6,000円は、国の第1次補正予算により、21年度限りの措置として、子育て応援特別手当を第1子まで拡大して実施するための事務費及び交付金であります。事務費160万6,000円、交付金に1,926万円をお願いするものであります。
 なお、3節職員手当等の8万円につきましては、最終ページの16ページに補正予算給与費明細書を添付してありますので、よろしくお願いいたします。
 次に11ページです。4款1項5目健康づくり推進事業費につきましては、7月臨時会の補正予算(第2号)でお認めいただきました地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用して実施するインターバル速歩計測機器による健康づくり教室の受講者から、1人1,500円の受益者負担金を求めることとし、その財源振替をお願いするものです。
 次に、7款1項3目観光費11節需用費の154万円は、儀象堂において水運儀象台を説明する人形が故障したことによる修繕、奏鳴館と儀象堂の空調設備が故障したことによる修繕料であります。
 次に12ページ、8款2項4目道路新設改良費13節委託料の409万6,000円は、22年度以降に計画する町道湖岸通り線及び町道西大路線の道路改修に向けて測量、地盤試験、交通量調査を実施するための129万円(9月4日「280万6,000円」の訂正あり)、町道権殿林藤塚線の測量と設計を行う280万6,000円(9月4日「129万円」の訂正あり)であります。
 次の4項1目都市計画総務費13節委託料32万円は、住宅・建物の耐震診断の申込件数が増加したことにより、耐震診断委託料を、また19節負担金補助及び交付金の120万円は、耐震補強工事の申し込みが2件あり、それに対応するための補助金をお願いするものでございます。
 次に13ページ、5目都市開発整備費15節工事請負費のうち749万7,000円は大社周辺活性化事業費として、平成18年度末に大和電機工業株式会社様から大社周辺活性化に対する指定寄附金1,000万円を受けて、地域開発整備基金に積み立てしてあった財源を充当して、千尋池周辺整備を行うものです。
 寄附者の意向を踏まえ、整備方針の検討を重ね、地権者である諏訪大社関係者との協議を進め、このほど整備方針概要についての合意ができましたので、御柱祭に間に合う形で実施するものです。
 このほか、国土交通省の地域景観づくりに関する調査業務を受託して、下諏訪宿内において地域資源である温泉と明かりの演出による景観づくりを、まちづくり協議会と協働で試行し、景観まちづくりによる地域活性化の効果を検証するものです。特に15節工事請負費の126万円は、8カ所の温泉管取出し工事費で、湯煙の効果を検証するものです。
 また、諏訪湖畔においては、良好な景観の保全に資するソーラー道路照明灯の更新に向けて事業効果の検証を行い、調査結果を国土交通省へ報告するものであります。
 なお、21年度の当初予算に計上しました景観計画策定業務360万円に対し、国庫補助事業の交付決定の見通しがついたことから、120万円の財源振替をさせていただくものです。
 次に14ページ、9款1項2目非常備消防費5節災害補償費の1万3,000円は、5月1日、第2分団の定例訓練において、放水練習で使用したホースを乾燥させる作業中、左手指先を挟む事故が発生したため、消防団員等公務災害補償の適用を受けて補償費を支払うものです。
 次の10款3項2目教育振興費19節負担金補助及び交付金の109万9,000円は、社中学校区支援本部に対する交付金額の決定を受けて、交付金を増額するものです。
 次に15ページ、10款4項11目伏見屋邸費19節負担金補助及び交付金の350万円は、伏見屋邸の土蔵について中山道伏見屋邸土蔵保存整備委員会を立ち上げ、財団法人東日本鉄道文化財団から、総額700万円の2分の1の補助を受け、内外装の保存整備事業を行うため、当委員会に対して、残額の350万円を補助するものであります。
 次に、5ページに戻っていただき、歳入について説明をさせていただきます。
 13款2項2目民生費国庫補助金2節児童福祉補助金2,086万6,000円は、子育て応援特別手当交付事業に対する国庫補助金であります。
 4目土木費国庫補助金1節都市計画費補助金の163万6,000円は、住宅・建築物の耐震診断及び耐震補強に対する住宅・建築物安全ストック形成事業補助金として43万6,000円と、景観計画策定業務に対する歴史的景観形成総合支援事業補助金として120万円であります。
 次の13款3項3目土木費委託金1節都市計画費委託金270万1,000円は、地域景観づくり調査業務の委託金であります。
 次の14款2項1目総務費県補助金1節総務管理費補助金の42万円は、悪徳商法撃退ステッカー作成配布の事業に対する消費者行政活性化事業補助金で、2目民生費県補助金1節社会福祉費補助金の158万1,000円は、障害者自立支援法施行円滑化事務等システム改修委託料、障害者等駐車場表示板作製委託料、カセットテープ高速ダビング機等購入費に対する障害者自立支援対策特別対策事業補助金であります。
 5目土木費県補助金1節都市計画費補助金の54万2,000円は、国庫補助金と同様、住宅・建築物の耐震診断及び耐震補強に対する住宅・建築物安全ストック形成事業補助金であります。
 次に6ページ、14款3項4目教育費委託金1節中学校費委託金の109万9,000円は、学校支援地域本部事業委託金で、社中学校区支援本部への交付金となります。
 次に、16款1項1目1節一般寄附金の5万円は、武川せつ様より賜りました寄附金であります。3目1節ふるさとまちづくり寄附金の100万円は、昨年度に引き続き、高木政幸様より賜りました寄附金で、活用希望の指定はありません。
 次の17款2項5目1節地域開発整備基金繰入金の749万7,000円は、千尋池周辺整備の事業費を基金から繰り入れるものです。なお、21年度末の基金残高見込額は7,496万9,585円となります。
 次に7ページをお願いいたします。18款1項1目1節繰越金の4,593万2,000円は、今回の補正財源を前年度繰越金に求めたものであります。なお、補正後の繰越金残額は941万125円となります。
 次の19款5項1目雑入1節消防団員等公務災害補償金の1万3,000円は、第2分団の定例訓練において負傷された団員への補償金であります。
 4節雑入の7万5,000円は、インターバル速歩計測機器による健康づくり教室受講者の負担分であります。
 以上、説明いたしましたが、よろしく御審議をお願いいたします。
○議長 次に進みます。日程第11 議案第63号 平成21年度下諏訪町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。提案者から議案の説明を求めます。
○議長 住民環境課長。
◎住民環境課長(土田) それでは、平成21年度下諏訪町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の御説明を申し上げます。後期高齢者支援金、高額療養費特別支給金の追加補正、介護従事者処遇改善臨時特例交付金の財源振替をお願いするものでございます。
 歳入歳出の総額に、歳入歳出それぞれ53万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ21億2,573万7,000円といたします。
 まず、歳出から御説明を申し上げます。6ページをお開きください。3款1項1目の後期高齢者支援金等の算定単価の増額に伴い、38万7,000円の追加補正をお願いいたしました。
 続きまして、11款諸支出金1項償還金及び還付加算金4目高額療養費特別支給金で19節の補助金といたしまして、15万円の高額療養費特別支給金の追加をお願いいたしました。これは後期高齢者医療の創設に伴い、制度移行のあった本人と、その世帯に対し、高額療養費特別支給金を支給するものでございます。該当ケースは約10人と想定しております。これで制度移行前後に加入しておりました保険制度に対する個人負担の重複支払が、解消されることになります。
 本年1月からは制度改正があり、こうした事例は発生しておりません。平成20年4月1日から同12月31日までの期間の発生が対象になってまいります。この2点の合計53万7,000円が、今回の補正額となります。
 5ページの歳入を御説明申し上げます。3款国庫支出金2項国庫補助金の2件を、ここでお願いしてございます。1目の財政調整交付金1節調整交付金ということで15万円です。これは、先ほどお話しを申し上げました高額療養費特別支給金に全額充当いたします。
 4目の介護従事者処遇改善臨時特例交付金といたしまして、152万3,000円を盛らせていただきました。これは平成21年度のプラス3%の介護報酬改定により、介護従事者の処遇改善が図られておりますが、それに伴う介護保険料の急激な上昇の抑制等を目的とするものでございます。
 9款繰入金2項基金繰入金1目財政調整基金繰入金との財源振替ということで、提出をさせていただきました。よろしくお願いをいたします。なお、年度末の基金現在高は8,069万8,235円となります。
 最後に、10款繰越金1節その他繰越の前年度繰越金で、38万7,000円を後期高齢者支援金に充当するように計上させていただいてあります。以上、よろしく御審議ください。
○議長 次に進みます。日程第12 議案第64号 平成21年度下諏訪町下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。提案者から議案の説明を求めます。
○議長 建設水道課長。
◎建設水道課長(林) 平成21年度下諏訪町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。
 歳入歳出予算では、歳入歳出それぞれ322万円を増額し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ13億8,422万円としたものでございます。それでは、歳入歳出予算の内容を事項別明細書で御説明いたします。
 初めに、歳入の6ページをごらんください。2款使用料及び手数料1項使用料1目下水道使用料1節下水道使用料の増額2万円と、5款町債1項町債1目下水道事業債1節流域下水道事業債の増額320万円は、諏訪湖流域下水道事業市町村負担金の増額に伴う財源措置をするものです。
 次に、歳出の7ページをごらんください。1款下水道費2項下水道事業費1目流域下水道事業費19節負担金補助及び交付金の増額322万円は、国の追加経済対策を受けて県が実施する諏訪湖流域下水道事業費補正に、これは中身が処理場の改築事業でございますが、これに対応する諏訪湖流域下水道事業市町村負担金の増額に伴うものでございます。以上、説明申し上げましたが、よろしく御審議をお願い申し上げます。
○議長 次に進みます。日程第13 議案第65号 平成21年度下諏訪町特別養護老人ホーム事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。提案者から議案の説明を求めます。
○議長 健康福祉課長。
◎健康福祉課長(小林) 御説明申し上げます。今回お願いいたします補正は、いただきました御寄附を基金の設置、管理及び処分に関する条例に基づき、基金に積み立てるため、歳入歳出予算をそれぞれ11万円追加させていただき、予算総額をそれぞれ2億7,681万円にお願いするものでございます。内容につきまして事項別明細書により御説明申し上げます。
 初めに5ページをお開き願います。歳入の3款1項1目1節の施設費寄附金11万円でございますが、野澤廣美様2万円、唐木田吉夫様1万円、小山邦雄様2万円、小原一重様2万円、高木清高様2万円、小口哲夫様2万円の御寄附をいただいたものでございます。
 次に6ページをお願いいたします。歳出の1款1項1目25節の積立金におきまして、いただきました御寄附11万円を、特別養護老人ホーム福祉施設基金に積み立てるものでございます。
 なお、積み立て後の基金保有額でありますが、2,082万4,308円となります。以上ですが、よろしく御審議をお願い申し上げます。
○議長 ここでお諮りいたします。日程第14 議案第66号から、日程第24 議案第76号までは、平成20年度決算認定の議案でありますので、一括上程したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」の声)
○議長 異議なしと認めます。よって、議案第66号から議案第76号までは、平成20年度決算認定の議案でありますので、一括上程することにいたします。事務局長にタイトルのみ一括朗読をさせます。
○議長 事務局長。
◎議会事務局長(西村)
 議案第66号 平成20年度下諏訪町一般会計歳入歳出決算の認定を求めることについて
 議案第67号 平成20年度下諏訪町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定を求めることについて
 議案第68号 平成20年度下諏訪町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定を求めることについて
 議案第69号 平成20年度下諏訪町駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認定を求めることについて
 議案第70号 平成20年度下諏訪町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定を求めることについて
 議案第71号 平成20年度下諏訪町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定を求めることについて
 議案第72号 平成20年度下諏訪町交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算の認定を求めることについて
 議案第73号 平成20年度下諏訪町温泉事業特別会計歳入歳出決算の認定を求めることについて
 議案第74号 平成20年度下諏訪町特別養護老人ホーム事業特別会計歳入歳出決算の認定を求めることについて
 議案第75号 平成20年度下諏訪町東山田財産区会計歳入歳出決算の認定を求めることについて
 議案第76号 平成20年度下諏訪町水道事業会計決算の認定を求めることについて
 以上です。
○議長 次に提案者から議案の説明を求めます。
○議長 会計管理者。
◎会計管理者兼会計課長(野澤) 平成20年度の各会計別の歳入歳出決算の認定を求める議案につきまして、別冊の決算書により御説明申し上げます。
 議案第66号の一般会計から議案第75号の東山田財産区会計までの10議案につきまして、各会計ごとに歳入では収入済額の合計欄を、歳出では支出済額の合計欄を、また欄外にあります歳入歳出差引残額を申し上げまして、提案説明とさせていただきます。
 決算書の2ページ、3ページをお開きください。平成20年度下諏訪町一般会計歳入歳出決算書でございますが、お開きいただきました歳入の続きが、4ページ、5ページにございます。5ページの左上に、収入済額の欄がございますが、その一番下の歳入合計と交わる欄、78億1,433万1,825円が歳入総額でございます。
 続いて、6ページ、7ページをお願いいたします。歳出でございますが、続きが8ページ、9ページにございます。9ページ、左上に支出済額の欄がございますが、この一番下の歳出合計と交わる欄、74億4,545万7,861円が歳出総額でございます。
 その右の翌年度繰越額2億1,698万2,839円は、定額給付金給付事業として1億8,420万1,000円、老人福祉センター駐車場整備事業として130万2,000円、子育て応援特別手当交付事業として908万円、蚊無川用水農業用水路改修事業として133万7,700円、町道蚊無川道線2号改良事業として501万9,000円、公園遊具整備事業として905万1,000円、消防団員はっぴ等購入事業として699万2,139円で、未収入特定財源9,640万9,000円を含む繰越明許費にかかる繰越額でございます。
 同じく、9ページ下でございますが、歳入歳出差引残額は、3億6,887万3,964円でございます。この額が平成21年度への繰越金でございます。
 以上が一般会計でございますが、以下、各会計とも同じ要領で御説明申し上げます。
 続いて、10ページ、11ページをお願いいたします。平成20年度下諏訪町国民健康保険特別会計歳入歳出決算書でございますが、11ページ、左欄の収入済額の一番下の歳入合計は、20億7,517万2,556円でございます。
 続きまして、12ページ、13ページをお願いいたします。13ページの左欄、支出済額の一番下の歳出合計は、20億3,474万7,883円でございます。その下でございますが、歳入歳出差引残額は、4,042万4,673円でございます。
 続いて、14ページ、15ページをお願いいたします。平成20年度下諏訪町下水道事業特別会計歳入歳出決算書でございますが、15ページ中段の収入済額の歳入合計は、13億7,376万1,413円でございます。支出済額の歳出合計は、13億7,376万1,413円でございます。その下でございますが、歳入歳出差引残額は、ゼロ円でございます。
 続いて、16ページ、17ページをお願いいたします。平成20年度下諏訪町駐車場事業特別会計歳入歳出決算書でございますが、17ページ中段の収入済額の歳入合計は、1,072万5,160円でございます。支出済額の歳出合計は、577万7,192円でございます。その下の歳入歳出差引残額は、494万7,968円でございます。
 続いて、18ページ、19ページをお願いいたします。平成20年度下諏訪町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書でございますが、19ページ中段の収入済額の歳入合計は、2億5,181万8,647円でございます。支出済額の歳出合計は、2億5,148万5,847円でございます。その下の歳入歳出差引残額は、33万2,800円でございます。
 続いて、20ページ、21ページをお願いいたします。平成20年度下諏訪町老人保健特別会計歳入歳出決算書でございますが、21ページ中段の収入済額の歳入合計は、2億3,505万6,486円でございます。支出済額の歳出合計は、2億3,505万6,486円でございます。その下、歳入歳出差引残額は、ゼロ円でございます。
 続いて、22ページ、23ページをお願いいたします。平成20年度下諏訪町交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算書でございますが、23ページ中段の収入済額の歳入合計は、1,203万3,049円でございます。支出済額の歳出合計は、1,198万2,972円でございます。その下、歳入歳出差引残額は、5万77円でございます。
 続いて、24ページ、25ページをお願いいたします。平成20年度下諏訪町温泉事業特別会計歳入歳出決算書でございますが、25ページ、中段の収入済額の歳入合計は、4億3,064万4,610円でございます。支出済額の歳出合計は、3億3,248万2,146円でございます。その下、歳入歳出差引残額は、9,816万2,464円でございます。
 続いて、26ページ、27ページをお願いいたします。平成20年度下諏訪町特別養護老人ホーム事業特別会計歳入歳出決算書でございますが、27ページ中段の収入済額の歳入合計は、2億5,874万2,869円でございます。支出済額の歳出合計は、2億5,874万2,869円でございます。その下、歳入歳出差引残額は、ゼロ円でございます。
 続いて、28ページ、29ページをお願いいたします。平成20年度下諏訪町東山田財産区会計歳入歳出決算書でございますが、29ページ中段の収入済額の歳入合計は、219万903円でございます。支出済額の歳出合計は、165万1,773円でございます。その下、歳入歳出差引残額は、53万9,130円でございます。
 以上、10議案でございますが、附属書類として38ページから265ページまでは、一般会計の歳入歳出決算事項別明細書が、それから266ページでは実質収支に関する調書、267ページから283ページまでは財産に関する調書が掲載してございます。以下、特別会計につきましても同様でございますので、よろしく御審議をお願いいたします。
○議長 次に建設水道課長から説明を求めます。
○議長 建設水道課長。
◎建設水道課長(林) 平成20年度水道事業決算報告書について説明申し上げます。30、31ページをごらんください。収益的収入及び支出につきましては、収入の決算額は2億8,961万6,137円、支出の決算額は2億5,082万2円でございます。純利益は、32ページ上段の水道事業損益計算書に記載してありますが、2,849万3,221円でございます。
 次に、30、31ページの資本的収入及び支出につきましては、収入の決算額が2億9,349万2,148円、支出の決算額は5億3,401万7,669円でございます。資本的収入額が資本的支出額に不足する2億4,052万5,521円は、過年度損益勘定留保資金4,687万9,593円と当年度損益勘定留保資金3,987万6,699円、建設改良積立金処分額1億円、減債積立金処分額3,000万円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額2,376万9,229円で補てんをいたしました。
 次に、34ページをごらんください。上段の水道事業剰余金処分計算書について説明申し上げます。当年度未処分利益剰余金、いわゆる純利益でございますが、2,849万3,221円の処分としまして、減債積立金143万円、利益積立金2,706万3,221円をお示ししております。平成21年度会計で、会計処理を行うことになります。以上でございます。よろしく御審議をお願い申し上げます。
△<監査委員の決算審査報告>
○議長 ここで監査委員から、平成20年度下諏訪町一般会計、特別会計及び水道事業会計の決算審査の結果について、御報告をお願いいたします。山田監査委員、登壇の上、御報告願います。
◎代表監査委員(山田) それでは、平成20年度の一般会計、特別会計、それから水道事業会計決算及び各基金の運用状況審査意見書を報告いたします。
 意見書の第1 審査の概要、それから第2 審査の結果について読み上げ、御報告とさせていただきます。それでは意見書の1ページをお開きください。
 平成20年度下諏訪町一般会計・特別会計・水道事業会計決算及び基金の運用状況審査意見書
 1 審査の概要
 審査の実施期間 平成21年7月3日から平成21年7月9日まで
 実施の場所 町庁舎第3委員会室
 審査の対象 平成20年度下諏訪町一般会計歳入歳出決算、平成20年度下諏訪町国民健康保険特別会計歳入歳出決算、平成20年度下諏訪町下水道事業特別会計歳入歳出決算、平成20年度下諏訪町駐車場事業特別会計歳入歳出決算、平成20年度下諏訪町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、平成20年度下諏訪町老人保健特別会計歳入歳出決算、平成20年度下諏訪町交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算、平成20年度下諏訪町温泉事業特別会計歳入歳出決算、平成20年度下諏訪町特別養護老人ホーム事業特別会計歳入歳出決算、平成20年度下諏訪町東山田財産区会計歳入歳出決算、平成20年度下諏訪町水道事業決算報告、平成20年度下諏訪町各基金の運用状況
 審査の方法 審査に当たっては、公正で合理的かつ効率的な行政が確保されたかに留意し、あわせて各会計の決算書及び附属書類が、法令に定める規定に準拠して作成されているかを確認し、計数の正確性及び予算が適正かつ効率的に執行されたかについて、会計管理者、関係各課等所管の関係諸帳簿、証書類と照合するとともに、年度比較によって推移を把握したほか、関係職員の説明を聴取し審査した。
 審査の結果 審査に付された平成20年度下諏訪町一般会計・特別会計歳入歳出決算書、歳入歳出決算事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書及び各基金の運用状況に関する調書並びに水道事業における事業報告書等は、法令に準拠して作成されており、各計数及び記載事項は、関係諸帳簿、証書類と照合の結果、正確であることを認めた。
 また、各会計の予算は会計上適正に執行され、財務事務についても法令等に定められたとおり処理されていることを認めた。
 第3の決算概要の審査の意見の主なものは、収入未済が増加傾向にあるため、収納率向上に努めてほしいというものであります。
 以上、町当局、理事者、職員が一丸となって財政運営が図られ、努力されていることに監査委員の立場から評価申し上げ、決算報告とさせていただきます。
△<決算審査特別委員会の設置及び定数>
○議長 次に、日程第25 決算審査特別委員会の設置及び定数を議題といたします。事務局長に朗読をさせます。
○議長 事務局長。
◎議会事務局長(西村) 日程第25 決算審査特別委員会の設置及び定数
 下諏訪町議会決算審査特別委員会の設置及び定数について、下諏訪町議会委員会条例(昭和36年下諏訪町条例第17号)第4条第1項及び同条第2項の規定により、下記のとおり定める。
     平成21年9月1日
                  記
 1 名称及び定数
 (1)一般会計決算審査特別委員会 6人
 (2)特別会計決算審査特別委員会 5人
 以上です。
○議長 お諮りいたします。本案につきましては、一般会計6人、特別会計5人の委員をもって構成する一般会計決算審査特別委員会及び特別会計決算審査特別委員会を設置することにしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」の声)
○議長 異議なしと認めます。よって、本案につきましては、一般会計6人、特別会計5人の委員をもって構成する一般会計決算審査特別委員会及び特別会計決算審査特別委員会を設置することに決しました。
△<決算審査特別委員会の委員の選任>
○議長 次に進みます。日程第26 決算審査特別委員会の委員の選任を議題といたします。
 特別委員会の委員の選任については、下諏訪町議会委員会条例第5条の規定により、議長から指名させていただきます。
 一般会計決算審査特別委員は、小池忠弘議員、中山 透議員、玉舎興三郎議員、青木利子議員、藤森スマエ議員、津金裕美議員。
 特別会計決算審査特別委員は、本山玲子議員、清水辰夫議員、中村奎司議員、金井敬子議員、濱 章吉議員、以上の皆さんをそれぞれ指名いたします。これに御異議ございませんか。
              (「異議なし」の声)
○議長 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました皆さんを、決算審査特別委員会委員に選任することに決しました。
 ここで御報告いたします。下諏訪町議会委員会条例第6条第3項により決算審査特別委員会の正副委員長が互選されておりますので報告いたします。
 一般会計決算審査特別委員会の委員長に、小池忠弘議員、副委員長に青木利子議員。
 次に、特別会計決算審査特別委員会の委員長に、中村奎司議員、副委員長に本山玲子議員、以上のとおりであります。
 なお、議長及び議会選出の監査委員、中村光良議員はいずれの委員会にも所属せず、適宜、両委員会に出席させていただきますので、よろしくお願いいたします。
○議長 以上をもちまして、本日の日程に定められた議事は終了いたしました。ただいま午後2時36分でございます。本日はこれにて散会といたします。大変御苦労さまでございました。

            散  会  午後 2時36分