議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 安曇野市

平成19年  3月 定例会 02月28日−02号




平成19年  3月 定例会 − 02月28日−02号









平成19年  3月 定例会



          平成19年安曇野市議会3月定例会

議事日程(第2号)

                  平成19年2月28日(水曜日)午後3時開議

第1 議案第15号 平成18年度安曇野市一般会計補正予算(第5号)について

第2 議案第16号 平成18年度安曇野市同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)について

第3 議案第17号 平成18年度安曇野市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について

第4 議案第18号 平成18年度安曇野市老人保健特別会計補正予算(第2号)について

第5 議案第19号 平成18年度安曇野市介護保険特別会計補正予算(第3号)について

第6 議案第20号 平成18年度安曇野市下水道事業特別会計補正予算(第4号)について

第7 議案第21号 平成18年度安曇野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について

第8 議案第22号 平成18年度安曇野市有明山林財産区特別会計補正予算(第2号)について

第9 議案第23号 平成18年度安曇野市産業団地造成事業特別会計補正予算(第1号)について

第10 議案第24号 平成18年度安曇野市営保養施設特別会計補正予算(第3号)について

第11 議案第25号 平成18年度安曇野市水道事業会計補正予算(第3号)について

第12 議案第41号 長野県市町村自治振興組合規約の変更について

第13 議案第49号 土地の取得について

第14 議案第57号 長野県市町村総合事務組合規約の変更について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(28名)

   1番  下里喜代一      2番  小林純子

   3番  等々力 等      4番  松森幸一

   5番  宮澤孝治       6番  栗原定美

   7番  丸山祐之       8番  平林?子

   9番  大月晃雄      10番  浅川保門

  11番  藤原廣?      12番  吉田滿男

  13番  松尾 宏      14番  ? 昭次

  15番  小林紀之      16番  青?圭二

  17番  松澤好哲      18番  藤森康友

  19番  高山喬樹      20番  本郷敏行

  21番  草深 温      22番  宮下明博

  23番  山田高久      24番  ?山一榮

  25番  黒岩宏成      26番  青?吉宏

  27番  西澤韶修      28番  水谷嘉明

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  市長     平林伊三郎    助役     西山馥司

  収入役    青木武良     教育長    望月映洲

                  企画財政

  総務部長   黒岩豊彦            土肥三夫

                  部長

  市民環境            健康福祉

         坂内不二男           堀田陽司

  部長              部長

  産業観光            都市建設

         三澤賢二            久保田栄次

  部長              部長

  上下水道

         小松善嗣     教育次長   小林善明

  部長

  豊科総合            穂高総合

         平林栄司            矢口俊雄

  支所長             支所長

  三郷総合            堀金総合

         鳥原寛海            萩原賢司

  支所長             支所長

  明科総合

         増澤森義     総務課長   二木一雄

  支所長

  企画政策

         飯沼常雄

  課長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

  事務局長   赤澤喜夫     次長     中村博師

  次長補佐兼

         田口総保

  議事係長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(水谷嘉明) ただいまの出席議員数は28名でございます。定足数に達しておりますので、ただいまから本日の会議を開きます。

 本日の議事は、お手元に配付してあります議事日程第2号をもって進めます。

                              (午後3時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第15号から議案第57号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(水谷嘉明) 日程第1、議案第15号 平成18年度安曇野市一般会計補正予算(第5号)についてから日程第14、議案第57号 長野県市町村総合事務組合規約の変更についてまでの計14件を一括議題といたします。

 この件については、2月26日の本会議で会議規則第44条第1項の規定により、審査期限をつけて、各委員会に付託してありますので、各委員会の委員長より審査結果の報告を求めます。

 最初に、総務委員会委員長、宮澤孝治議員。

          (総務委員長 宮澤孝治 登壇)



◆総務委員長(宮澤孝治) 宮澤です。

 それでは、総務委員会審査報告を申し上げます。

 平成19年2月26日、本委員会に付託された期限付き議案は、2月28日委員会を開催し、審査の結果、議案第15号 平成18年度安曇野市一般会計補正予算(第5号)について(総務委員会所管事項)、議案第16号 平成18年度安曇野市同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)について、議案第41号 長野県市町村自治振興組合規約の変更について、議案第57号 長野県市町村総合事務組合規約の変更について、以上4件につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定しましたので、以上報告申し上げます。



○議長(水谷嘉明) 続いて、環境経済委員会委員長、浅川保門議員。

          (環境経済委員長 浅川保門 登壇)



◆環境経済委員長(浅川保門) 10番、浅川です。

 環境経済委員会審査報告書。

 平成19年2月26日、本委員会に付託された期限付き議案は、2月28日委員会を開催し、審査の結果、議案第15号 平成18年度安曇野市一般会計補正予算(第5号)について(環境経済委員会所管事項)、議案第17号 平成18年度安曇野市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、議案第18号 平成18年度安曇野市老人保健特別会計補正予算(第2号)について、議案第22号 平成18年度安曇野市有明山林財産区特別会計補正予算(第2号)について、議案第23号 平成18年度安曇野市産業団地造成事業特別会計補正予算(第1号)について、議案第24号 平成18年度安曇野市営保養施設特別会計補正予算(第3号)について、以上6件については、原案のとおり可決すべきものと決定しましたので報告をいたします。

 なお、議案第15号 平成18年度安曇野市一般会計補正予算(第5号)20款、雑入について、反対の意見がございました。要旨は、7,000万円の減額補正は、新年度の当初予算にも関係があり、問題であるとの意見が出されました。

 審議の結果、三郷ベジタブルの減額補正は、認めがたきものがある。しかし、会社設立から2年、3年でつぶすことは、絶対に避けなければならない。ベジタブルにおいては、一生をかけた夢を持った若者たちが大勢就業している。また、設置目的であります雇用の創出、荒廃農地の活用、さらに農業振興等、ベジタブルの地域に果たす役割を考慮したとき、認めざるを得ないわけであります。

 また、市側からも、3月いっぱいに期限を切りまして、市民に十分説明できる経営改善計画を提示するとのことであります。筆頭株主である市は、黒字経営転換へ誘導、努力するとのことで、審議を終了いたしました。

 以上であります。



○議長(水谷嘉明) 次に、福祉教育委員会委員長、平林?子議員。

          (福祉教育委員長 平林?子 登壇)



◆福祉教育委員長(平林?子) 8番、平林?子です。

 福祉教育委員会の審査報告を申し上げます。

 平成19年2月26日、本委員会に付託された期限付き議案は、2月28日委員会を開催し、審査の結果、議案第15号 平成18年度安曇野市一般会計補正予算(第5号)について(福祉教育委員会所管事項)、議案第19号 平成18年度安曇野市介護保険特別会計補正予算(第3号)について、議案第49号 土地の取得について、以上3件については、原案のとおり可決すべきものと決定しましたので御報告します。



○議長(水谷嘉明) 次に、建設水道委員会委員長、藤原廣?議員。

          (建設水道委員長 藤原廣? 登壇)



◆建設水道委員長(藤原廣?) 11番、藤原廣?。

 それでは、建設水道委員会審査報告をいたします。

 平成19年2月26日、本委員会に付託された期限付き議案は、2月28日委員会を開催し、審査の結果、議案第15号 平成18年度安曇野市一般会計補正予算(第5号)について(建設水道委員会所管事項)、議案第20号 平成18年度安曇野市下水道事業特別会計補正予算(第4号)について、議案第21号 平成18年度安曇野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について、議案第25号 平成18年度安曇野市水道事業会計補正予算(第3号)について、以上4件については、原案のとおり可決すべきものと決定しましたので報告いたします。



○議長(水谷嘉明) 以上で委員長報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 日程第1、議案第15号 平成18年度安曇野市一般会計補正予算(第5号)について、委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑のある方の発言を許します。

 ございませんか。

 小林議員。



◆2番(小林純子) 2番、小林です。

 環境経済委員長審査報告について、質疑をお願いいたします。

 先ほど、補正予算の中の、三郷ベジタブルの経営不振によって、農林雑入のトマト栽培施設使用料の減額ということについて、いろいろと詳しくご説明をいただきました。その点は私も了解いたしますが、もう一つ確認したいことがありまして、それは、この三郷ベジタブルの第3期の決算が出たのが、8月決算で、10月には決算書が出ております。そして、それまでの経過から、到底7,000万円余りの使用料が安曇野市には支払えない状況はわかったわけですので、それがなぜ12月補正に上がってこなかったのか、また、この3月議会に至っても、まだ今後の経営をどうやって立て直すかについてのいろいろな中身に関して、3月末までに報告するというようなことで、この議会に間に合っていないと、そういう状況についてはどのような説明があったのかを、ここでお尋ねしたいと思います。

          (「議長」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 浅川議員。



◆環境経済委員長(浅川保門) 10番、浅川であります。

 我々環境経済も、12月議会の前に関係者、部長及び関係者に来ていただきまして、勉強会を行いました。そのときにバランスシート並びに損益計算書も提出をいただいたわけでありますけれども、その中での資料を見ますと、なお1,900、確かそうだったと思いますけれども、1,900万何がしの利益が出ていたわけであります。その辺のところも、勉強会の中で、バランスシートも総務省方式でありまして、複式簿記の形態をとっておらなかったこともございまして、なかなか我々も理解に苦しんだわけであります。

 そんなことで、ただいま小林議員さんから御質問あったわけでありますけれども、私は、それまでのお答えしかできないわけであります。その辺のところは、今回の委員会におきましては議論をしなかったわけであります。

 以上でございます。



○議長(水谷嘉明) よろしいですか。

 ほかにございますか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) ないようですので、質疑はなしと認めます。

 質疑を終結いたします。

 次に、討論を行います。

 討論の発言通告が1番、下里喜代一議員より出されておりますので、これを許します。

          (「議長」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 下里議員。



◆1番(下里喜代一) 1番、下里喜代一です。

 この一般会計補正予算について、反対の討論をさせていただきます。

 農業関係の雑入ということで、7,014万6,000円が減となっているわけであります。この中身としましては、株式会社三郷ベジタブルに関連するものであるということでありまして、これは既に指定管理者となっている第三セクターであるわけでありますけれども、そもそもの発足は三郷村時代から進められているということでありますけれども、自治体が営利の事業に参入して経営していくということに対しての問題が、ここにあらわれたのではないかと思うわけであります。

 しかも、委員会でも議論がされたように、新年度予算に計画的に7,000万円という計画のもと、自治体に雑入という形で入れていくという計画も盛り込まれていないと、市とまた株式会社三郷ベジタブルとの契約関係についても、定かでないというようなことなど、議会としてチェックできるかどうかというところが、非常に問題となっていると思います。

 今後の点についての方策やあり方については、今後さまざまな角度から検討する必要がありますけれども、こうした、市の税金を投入して問題を引き起こしているということ自体、大変、私は問題であろうと思いますし、三郷ベジタブルという名称ではあるわけですけれども、実際ここで生産される物はトマトのみと、しかも販路もカゴメに限られているというようなことなど、独自に作物を作付ということを、この会社が盛り込むということや、また販路の拡大で独自に拡大のルートをつくるということなど、選択肢がないという中で、プラスにもっていくということはどれだけ困難なのかということも、ここの面においては問題があるんではないかと、また市民の皆さん方も雇用としてプラスに、その面ではなっているという面がありますけれども、市民農園的に開放するということや、また水耕栽培を進めているということのリスク、またそこに勤めている皆さん方の雇用の今後の問題点ということについても、考慮しなければならない点が多々あるということで、今後こういうことで推移していくということになりますと、市の財政を圧迫するものになりかねないということから、反対の討論とするものであります。



○議長(水谷嘉明) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。

          (「議長」の声あり)



○議長(水谷嘉明) ?議員。



◆14番(?昭次) 14番、?であります。

 私は、当初の浅川委員長の報告のとおり委員会決議を尊重いたしまして、賛成の立場で討論したいと存じます。

 確かに企業人として見れば、この三郷ベジタブルの状況が相当切迫しているということは理解に至るわけでございますけれども、私は三郷時代、この事業を立ち上げるときから参画した1人といたしまして、その当時のトマト栽培にかかわる、事業化しようという基本的コンセプト、これは今も一点も揺るいでおりません。

 ですし、今、下里議員が言うように、これから議会でチェックができないという心配をしているようでございますけれども、やはり51%の資本は市が持っている以上、あるいは、そういう関係で助役なり部長が役員としておさまる以上、株式会社という法人は、法的にその決算を公示する義務を負うわけですから、そういう中で議会がチェックできないというのは当たらないと存じます。

 それから、私は、このトマトというものは生き物ですから、どんなに立派な計画を立てても、やはり外的要因によってリスクを背負うであろうと思います。しかし、10年計画でこういうものを計画して、確かに厳しい状況にあるからといって、わずか3年やそこらで若者たちの夢を奪うことはできません。だから、さっき委員長が申し上げましたとおり、厳しい中での改善計画をしっかり立ててもらって、その暁に我々は1年後、2年後に、確かに決断しなければならないと存じます。

 どうか、この際の7,000万余の減額補正、私はどうしても認めていただきたいと存じますし、賛成討論としたいと存じます。



○議長(水谷嘉明) ほかにございますか。

          (「議長」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 小林議員。



◆2番(小林純子) 2番、小林です。

 お二人の意見の後に、非常に難しい討論になるんですけれども、この補正予算第5号に対して、賛成の討論といたします。

 しかしながら、先ほどより問題になっております、この三郷ベジタブルに関する7,000万円余りの使用料が減額になる点については、やはり一言ここで申し述べておきたいことがありますので、その上での賛成といたしますが、前のお二人の議員もおっしゃっておりますように、そういった事情からこの7,000万円の減額は認めざるを得ない点があると思います。あくまでもこれは減額であって、三郷ベジタブルから見れば、安曇野市に債権があると、払わない、免除してくれという話ではありませんので、今後経営が上向いたならば、支払っていただけるということがまずあります。

 それから、これが、払えないものをどうしても払えと言って入ってくるお金ではありません。また、このお金が入ってこないことによって、直接市民に目に見えて、これこれこういう事業ができなくなるから今すぐ困る、という状況ではないという点もあります。

 そのことと、そのほかのこの3月議会に上がってきた、さまざまな市民生活に直結したその補正の部分まで、一緒に否決してしまうことはできませんので、ここであえてその三郷ベジタブルの減額の件には異議を申し述べますが、全体としては、この補正予算第5号には賛成いたします。



○議長(水谷嘉明) ほかにございますか。

          (「議長」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 丸山議員。



◆7番(丸山祐之) 7番、丸山です。

 本案には、基本的には賛成いたしますが、私も一言申し上げて、この原案に賛成いたします。この今回の補正予算は、本年度最後の補正予算ということで、目先の予算執行もありまして、市政を滞りなく進めるために、期限つき審議となりました。ほとんどの補正の項目には、私も賛同し理解できるものがありました。

 しかしながら、先ほど議論になっております歳入の款20、諸収入ですか、この雑入の7,138万余の減額修正については、短期間に判断しすぐに合意できるものではありませんでした。本件は事前説明を行うに十分な余裕があったにもかかわらず、例えば12月定例会、そういう機会があったにもかかわらず、このように簡単に否決できないような状況を、意図的なのか作為的なのかわかりませんが、結果的に生じています。

 自治法97条の2の規定もあり、本件の増額補正は、特に予算執行期間があと30日しかない現状では、時間的にも技術的にも、予算提案権のない我々議員にとっては非常な重荷となりました。今後もこのような手法が続くようであれば、議会と行政の信頼関係は失われてしまいますし、一番迷惑するのは市民だと思います。

 このことを付言させていただきまして、原案には賛成いたします。



○議長(水谷嘉明) ほかにございますか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) ないようですので、討論を終結いたします。

 これより日程第1、議案第15号 平成18年度安曇野市一般会計補正予算(第5号)について採決をいたします。

 この採決は起立により行います。

 お諮りいたします。委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

          (起立多数)



○議長(水谷嘉明) ありがとうございました。起立多数であります。

 よって、日程第1、議案第15号 平成18年度安曇野市一般会計補正予算(第5号)については、委員長報告のとおり原案可決と決定しました。

 次に、日程第2、議案第16号 平成18年度安曇野市同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)についてから、日程第5、議案第19号 平成18年度安曇野市介護保険特別会計補正予算(第3号)についてまでの計4件について、一括して委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑のある方の発言を求めます。

 ございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 質疑なしと認めます。

 質疑を終結いたします。

 次に、討論を行います。

 まず、委員長報告に反対の方の発言を許します。

 ございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 討論なしと認めます。

 討論を終結いたします。

 これより日程第2、議案第16号から、日程第5、議案第19号までの計4件を、一括採決いたします。

 お諮りいたします。委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 異議なしと認めます。

 よって、日程第2、議案第16号 平成18年度安曇野市同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)について、日程第3、議案第17号 平成18年度安曇野市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、日程第4、議案第18号 平成18年度安曇野市老人保健特別会計補正予算(第2号)について、日程第5、議案第19号 平成18年度安曇野市介護保険特別会計補正予算(第3号)については、委員長報告のとおり原案可決と決定しました。

 次に、日程第6、議案第20号 平成18年度安曇野市下水道事業特別会計補正予算(第4号)について、日程第7、議案第21号 平成18年度安曇野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について計2件について、一括して委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑のある方の発言を許します。

 ございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 質疑なしと認めます。

 質疑を終結いたします。

 次に、討論を行います。

 まず、委員長報告に反対の方の発言を許します。

 ありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 討論なしと認めます。

 討論を終結いたします。

 これより日程第6、議案第20号、日程第7、議案第21号の計2件について、一括採決いたします。

 お諮りいたします。委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 異議なしと認めます。

 よって、日程第6、議案第20号 平成18年度安曇野市下水道事業特別会計補正予算(第4号)について、日程第7、議案第21号 平成18年度安曇野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)については、委員長報告のとおり原案可決と決定しました。

 次に、日程第8、議案第22号 平成18年度安曇野市有明山林財産区特別会計補正予算(第2号)についてから、日程第11、議案第25号 平成18年度安曇野市水道事業会計補正予算(第3号)についてまでの計4件について、一括して委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑のある方の発言を許します。

 ありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 質疑なしと認めます。

 質疑を終結いたします。

 次に、討論を行います。

 まず、委員長報告に反対の方の発言を許します。

 ございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 討論なしと認めます。

 討論を終結いたします。

 これより日程第8、議案第22号から、日程第11、議案第25号までの計4件を、一括採決いたします。

 お諮りいたします。委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 異議なしと認めます。

 よって、日程第8、議案第22号 平成18年度安曇野市有明山林財産区特別会計補正予算(第2号)について、日程第9、議案第23号 平成18年度安曇野市産業団地造成事業特別会計補正予算(第1号)について、日程第10、議案第24号 平成18年度安曇野市営保養施設特別会計補正予算(第3号)について、日程第11、議案第25号 平成18年度安曇野市水道事業会計補正予算(第3号)については、委員長報告のとおり原案可決と決定しました。

 次に、日程第12、議案第41号 長野県市町村自治振興組合規約の変更について、委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑のある方の発言を許します。

 ございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 質疑なしと認めます。

 質疑を終結します。

 次に、討論を行います。

 まず、委員長報告に反対の方の発言を許します。

 ございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 討論なしと認めます。

 討論を終結いたします。

 これより日程第12、議案第41号について採決いたします。

 お諮りいたします。委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 異議なしと認めます。

 よって、日程第12、議案第41号 長野県市町村自治振興組合規約の変更については、委員長報告のとおり原案可決と決定しました。

 日程第13、議案第49号 土地の取得について、委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑のある方の発言を許します。

 ございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 質疑なしと認めます。

 質疑を終結いたします。

 次に、討論を行います。

 まず、委員長報告に反対の方の発言を許します。

 ございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 討論なしと認めます。

 討論を終結いたします。

 これより日程第13、議案第49号について採決いたします。

 お諮りいたします。委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 異議なしと認めます。

 よって、日程第13、議案第49号 土地の取得については、委員長報告のとおり原案可決と決定しました。

 日程第14、議案第57号 長野県市町村総合事務組合規約の変更について、委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑のある方の発言を許します。

 ありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 質疑なしと認めます。

 質疑を終結いたします。

 次に、討論を行います。

 まず、委員長報告に反対の方の発言を許します。

 ございませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 討論なしと認めます。

 討論を終結いたします。

 これより日程第14、議案第57号について採決いたします。

 お諮りいたします。委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(水谷嘉明) 異議なしと認めます。

 よって、日程第14、議案第57号 長野県市町村総合事務組合規約の変更については、委員長報告のとおり原案可決と決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(水谷嘉明) 以上をもちまして、本日の議事日程は終了いたしました。

 本日はこれにて散会といたします。

 御苦労さまでございました。

                              (午後3時32分)