議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 千曲市

平成28年  6月 定例会(第2回) 05月26日−01号




平成28年  6月 定例会(第2回) − 05月26日−01号









平成28年  6月 定例会(第2回)



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           平成28年5月26日(木曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 議事日程(第1号)

  平成28年5月26日(木曜日)              午前10時 開会

 第1 招集挨拶

 第2 会議録署名議員の指名

 第3 会期の決定について

 第4 諸般の報告

 第5 報告第6号 権利放棄の報告について

 第6 報告第7号 平成28年度千曲市土地開発公社事業計画及び予算並びに平成27年度千曲市土地開発公社事業実績及び決算について

 第7 報告第8号 平成27年度千曲市教育委員会事務の点検及び評価報告について

 第8 報告第9号 平成27年度千曲市繰越明許費繰越計算書(一般会計)について

 第9 報告第10号 平成27年度千曲市下水道事業会計継続費繰越計算書について

 第10 専決第1号 専決処分事項報告について(千曲市税条例等の一部を改正する条例)

 第11 専決第2号 専決処分事項報告について(千曲市都市計画税条例の一部を改正する条例)

 第12 専決第3号 専決処分事項報告について(千曲市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)

 第13 専決第4号 専決処分事項報告について(千曲市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例)

 第14 専決第5号 専決処分事項報告について(平成27年度千曲市一般会計補正予算(第5号))

 第15 議案第40号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例制定について

 第16 議案第41号 平成28年度千曲市一般会計補正予算(第1号)の議定について

 第17 議案第42号 平成28年度千曲市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の議定について

 第18 議案第43号 市道路線の認定について

 第19 議案第44号 市道路線の変更について

 第20 議案第45号 市道路線の廃止について

 第21 議案第46号 人権擁護委員候補者の推薦について

 第22 議案第47号 人権擁護委員候補者の推薦について

 第23 議案第48号 平成28年度消防団ポンプ自動車購入契約の締結について

 第24 議案第49号 千曲市新庁舎等建設工事(本体工事)請負契約の締結について

 第25 議案第50号 平成28年度千曲市立戸倉上山田中学校改築事業解体撤去工事請負契約の締結について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 本日の会議に付した事件……前記議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 出席議員(20名)

   2番   倉島清香君       13番   和田英幸君

   3番   宮下正光君       14番   荻原光太郎君

   4番   前田きみ子君      15番   森 義一郎君

   5番   大澤洋子君       16番   宮坂重道君

   6番   袖山廣雄君       17番   中沢政好君

   8番   柳澤眞由美君      18番   中村直行君

   9番   小玉新市君       19番   吉田昌弘君

  10番   中村了治君       20番   原 利夫君

  11番   小山嘉一君       21番   宮入高雄君

  12番   林 愛一郎君      22番   和田重昭君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 説明のため出席した者の職氏名

  市長         岡田昭雄君   建設部長      小根澤英児君

  副市長        山本高明君   総合政策担当部長  多田 隆君

  総務部長       小林好武君   観光ブランド戦略担当部長

                               鹿田敦己君

  企画政策部長     北村勝則君   教育委員長     赤地憲一君

  市民環境部長     上條 優君   教育長       吉川弘義君

  健康福祉部長     宮入明美君   監査委員      飯島仁一君

  次世代支援部長    島田房雄君   教育部長      安西治夫君

  経済部長       半田敏幸君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 事務局出席者氏名

  議会事務局長     大内保彦君   議会事務局次長   中村峰明君

  議事係長兼調査係長  平原俊久君   書記        佐藤太一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 午前10時 開会



○議長(和田重昭君) 定足数に達しておりますので、ただいまから平成28年第2回千曲市議会定例会を開会いたします。

 会議の前に、このたびの熊本地震で犠牲となられた方々に哀悼の意を表し、全員で黙祷をささげたいと思います。

 全員の御起立をお願いいたします。

          〔起立〕



○議長(和田重昭君) 黙祷、始め。

          〔黙祷〕



○議長(和田重昭君) ありがとうございました。御着席ください。

          〔着席〕



○議長(和田重昭君) 次に、副市長から職員の人事異動について発言を求められておりますので、これを許します。

 山本副市長。



◎副市長(山本高明君) 本年4月1日付で人事異動を行いました。異動となった説明員の部長7名を御紹介申し上げます。

 企画政策部長、北村勝則であります。

 市民環境部長、上條優であります。

 健康福祉部長、宮入明美であります。

 次世代支援部長、島田房雄であります。

 経済部長、半田敏幸であります。

 建設部長、小根澤英児であります。

 教育部長、安西治夫であります。

 以上、何とぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(和田重昭君) それでは、日程に従いまして、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 招集挨拶



○議長(和田重昭君) 日程第1、市長から招集の挨拶があります。

 岡田市長。

          〔市長 岡田昭雄君 登壇〕



◎市長(岡田昭雄君) おはようございます。

 本日、平成28年第2回になりますが、市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には、何かと御多忙中にもかかわらず、御出席を賜り、ここに開会できますことを心から感謝を申し上げる次第であります。

 はじめに、「熊本地震」について若干申し上げますが、4月14日から熊本県熊本地方、阿蘇地方で震度7を観測するなど、大規模な地震が断続的に発生いたしました。熊本県、そして大分県、両県を中心に甚大な被害が出たところであります。

 この地震によりお亡くなりになられた方の御冥福をお祈り申し上げますとともに、被災されました皆様には、心よりお見舞いを申し上げたいと存じます。

 被災地では、今なお、活発な地震活動が続いておりまして、多くの被災者が避難生活を余儀なくされている状況でございます。

 こうした中、国では、災害地支援を柱とする2016年度の補正予算が、先週5月17日に成立をしました。仮設住宅の建設など、インフラ再建の取り組みを加速化することにしているようであります。

 本市の被災地支援の取り組みの詳細については、後ほど「諸情勢の報告」の中でも申し上げたいと存じますが、県や市長会と連携を深めながら、被災地復興のために、できる限りの支援をしてまいりたいというふうに考えています。

 さて、本定例会で御審議をいただきます案件につきましては、既にお手元に申し上げてございますが、千曲市債権管理条例第15条第2項の規定による「権利放棄の報告」など、報告事項が5件であります。「千曲市市税条例等の一部を改正する条例」など、専決処分事項報告が5件。議案関係では、条例案で、「財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例制定について」の1件であります。

 予算案では、「平成28年度千曲市一般会計補正予算(第1号)の議定について」など、補正予算関係が2件。市道関係では、市道路線の認定、変更、廃止であります。

 人事案件では、「人権擁護委員の候補者の推薦について」2件。契約関係では、「平成28年度消防団ポンプ自動車購入契約の締結について」など3件でございます。

 各議案の提案理由につきましては、後ほど御説明を申し上げますが、いずれも市政運営上、欠くことのできない重要な案件でありますので、よろしく御審議をいただき、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げる次第であります。

 以上、一言申し上げまして、招集の挨拶といたします。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会議録署名議員の指名



○議長(和田重昭君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員には、会議規則第88条の規定により、2番 倉島清香議員、3番 宮下正光議員の両名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 会期の決定について



○議長(和田重昭君) 日程第3、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から6月17日までの23日間としたいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から6月17日までの23日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 諸般の報告



○議長(和田重昭君) 日程第4、諸般の報告を行います。

 諸般の報告については、お手元に配付のとおりでありますので、御承知を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 報告第6号 権利放棄の報告について



○議長(和田重昭君) 日程第5、報告第6号 権利放棄の報告について、市長から千曲市債権管理条例第15条第2項の規定により報告がありました。お手元に配付のとおりでありますので、御承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 報告第7号 平成28年度千曲市土地開発公社事業計画及び予算並びに平成27年度千曲市土地開発公社事業実績及び決算について



○議長(和田重昭君) 日程第6、報告第7号 平成28年度千曲市土地開発公社事業計画及び予算並びに平成27年度千曲市土地開発公社事業実績及び決算について、市長から地方自治法第243条の3第2項の規定により提出がありました。お手元に配付のとおりでありますので、御承知を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 報告第8号 平成27年度千曲市教育委員会事務の点検及び評価報告について



○議長(和田重昭君) 日程第7、報告第8号 平成27年度千曲市教育委員会事務の点検及び評価報告については、教育委員会から地方教育行政の組織及び運営に関する法律第26条第1項の規定により報告がありました。お手元に配付のとおりでありますので、御承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 報告第9号 平成27年度千曲市繰越明許費繰越計算書(一般会計)について



○議長(和田重昭君) 日程第8、報告第9号 平成27年度千曲市繰越明許費繰越計算書(一般会計)について、市長から地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告がありました。お手元に配付のとおりでありますので、御承知を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 報告第10号 平成27年度千曲市下水道事業会計継続費繰越計算書について



○議長(和田重昭君) 日程第9、報告第10号 平成27年度千曲市下水道事業会計継続費繰越計算書について、市長から地方公営企業法施行令第18条の2第1項の規定により報告がありました。お手元に配付のとおりでありますので、御承知を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 専決第1号 専決処分事項報告について(千曲市税条例等の一部を改正する条例)



△日程第11 専決第2号 専決処分事項報告について(千曲市都市計画税条例の一部を改正する条例)



△日程第12 専決第3号 専決処分事項報告について(千曲市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)



△日程第13 専決第4号 専決処分事項報告について(千曲市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例)



△日程第14 専決第5号 専決処分事項報告について(平成27年度千曲市一般会計補正予算(第5号))



○議長(和田重昭君) 日程第10、専決第1号から、日程第14、専決第5号まで、専決処分事項報告5件についてを一括議題といたします。

 各議案に対する提案説明を求めます。

 山本副市長。

          〔副市長 山本高明君 登壇〕



◎副市長(山本高明君) ただいま議題となりました専決第1号から専決第5号まで、一括提案理由の説明をいたします。

 はじめに、専決第1号 千曲市税条例等の一部を改正する条例制定について、説明をいたします。

 本案につきましては、本年3月31日に地方税法等の一部を改正する法律が公布され、主たる改正が、本年4月1日から施行されたことに伴い、市条例について所要の改正を行ったものであります。

 主な改正点といたしましては、地域間の税源の偏在性を是正し、財政力格差の縮小を図るため、地方税の法人住民税法人税割の市町村分について、9.7%から6.0%へ税率の引き下げを行ったこと。また、軽自動車税について、自動車取得税のグリーン化機能を維持・強化する環境性能割が創設されることに伴う規定の整備を行ったこと等であります。

 次に、専決第2号 千曲市都市計画税条例の一部を改正する条例制定について説明をいたします。

 本案につきましても、地方税法等の一部改正に伴い、市条例について所要の改正を行ったものであります。

 主な改正点といたしましては、今まで法定されていた課税標準の特例措置を市町村の条例で定めることとされたことに伴う改正、及び引用している地方税法の条文に項ずれ等が生じたことに伴う改正であります。

 次に、専決第3号 千曲市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について、説明をいたします。

 本案につきましても、地方税法等の一部改正に伴い、市条例について所要の改正を行ったものであります。

 改正点といたしましては、課税限度額の引き上げと低所得者に対する税負担軽減範囲の拡大であります。

 次に、専決第4号 千曲市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例制定について説明をいたします。

 本案につきましても、地方税法等の一部改正に伴い、市条例について所要の改正を行ったものであります。

 改正点といたしましては、固定資産評価審査委員会の書記が作成する調書に関する規定の改正であります。

 以上、4議案の条例改正につきましては、施行期日の関係で議会にお諮りする時間的余裕がなく、緊急を要したので、専決処分をしたものであります。

 次に、専決第5号 平成27年度千曲市一般会計補正予算(第5号)について説明をいたします。

 このたびの補正は、地方譲与税、各種交付金、地方交付税等が確定したこと、各事業の歳出決算見込み額が決定したこと、また、これに伴う国県支出金、市債等を充当したことなどにより、財源調整を行い、あわせて後年度の健全な財政運営を考慮し、一般財源から新庁舎建設基金等の特定目的基金への積み立てを行うことにより、差し引き7億1,900万円の減額をし、歳入歳出それぞれ260億4,850万円としたものであります。

 以下、その主な内容について、歳出から順次説明をいたします。

 予算書の20ページからごらんください。

 議会費では、議会運営事業等1,286万円の減額であります。

 総務費では、企画事業費、新庁舎等建設事業費、コミュニティ振興事業費、情報化推進事業費等を減額するとともに、後年度の健全な財政運営を考慮し、「新庁舎建設基金」への積み立てを行うことにより、差し引き1,082万3,000円の増額であります。

 民生費では、障害者総合支援給付事業費、高齢者施設福祉事業費、福祉医療費給付事業費、児童手当給付事業費等1億7,666万4,000円の減額であります。

 衛生費では、予防対策事業費、各種検診事業費、ごみ減量・資源化事業費等5,550万4,000円の減額であります。

 労働費では、勤労者福祉対策事業費等1,459万2,000円の減額であります。

 農林水産業費では、農業振興対策推進事業費、土地改良事業費、市有林管理事業費等1億1,097万9,000円の減額であります。

 商工費では、中小企業金融対策事業費等1億627万8,000円の減額であります。

 土木費では、道路維持事業費、市道新設改良事業費、橋梁維持事業費等2億1,850万6,000円の減額であります。

 消防費では、消防団運営事業費、消防施設管理事業費等1,165万9,000円の減額であります。

 教育費では、小・中学校施設整備事業費、体育施設整備事業費等を減額するとともに、後年度の小中学校施設整備及び体育施設の整備に備えるため、「文教施設整備基金」及びスポーツ振興基金への積み立てを行うことにより、差し引き8,111万3,000円の減額であります。

 公債費では、一時借入金の利子不用額300万円の減額であります。

 諸支出金では、土地開発公社の経営健全化のため、長期保有の土地購入費として6,133万2,000円の増額であります。

 以上が、歳出の概要でございます。

 予算書の10ページをごらんください。

 歳入につきましては、地方譲与税、各種交付金、地方交付税、国・県支出金、市債等の確定に伴う増減分を補正したことが主な内容であります。

 4ページをごらんください。

 第2表「地方債補正」につきましては、「公共事業等債」等の起債限度額を変更したものであります。

 以上が、一般会計補正予算(第5号)専決の概要でございます。

 以上、一括提案理由の説明を申し上げましたが、よろしく御審議の上、御承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(和田重昭君) 日程第10、専決第1号について質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 専決第1号については、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、専決第1号は原案のとおり承認することと決しました。

 日程第11、専決第2号について質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 専決第2号については、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、専決第2号は原案のとおり承認することに決しました。

 日程第12、専決第3号について質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 専決第3号については、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、専決第3号は原案のとおり承認することと決しました。

 日程第13、専決第4号について質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 専決第4号については、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、専決第4号は原案のとおり承認することと決しました。

 日程第14、専決第5号について質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 専決第5号については、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、専決第5号は原案のとおり承認することと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第15 議案第40号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例制定について



△日程第16 議案第41号 平成28年度千曲市一般会計補正予算(第1号)の議定について



△日程第17 議案第42号 平成28年度千曲市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の議定について



△日程第18 議案第43号 市道路線の認定について



△日程第19 議案第44号 市道路線の変更について



△日程第20 議案第45号 市道路線の廃止について



○議長(和田重昭君) 日程第15、議案第40号から日程第20、議案第45号まで、以上6議案を一括議題といたします。以上は、日程に従いまして、理事者の提案説明のみにとどめます。

 各議案に対する提案説明を求めます。

 岡田市長。

          〔市長 岡田昭雄君 登壇〕



◎市長(岡田昭雄君) 提案説明を申し上げる前に、若干時間をいただきまして、3月市議会定例会以降の主な諸情勢について申し上げます。

 はじめに、市内学校施設への爆弾予告についてであります。

 もう既に報道等で御承知のとおりでありまして、5月25日午前8時13分、更埴庁舎宿直に、市内の小中学校に爆弾を仕掛けるとの電話が入りました。宿直者から報告を受けた総務課をはじめ、関係課では、教育委員会、警察、消防及び市内の高校への連絡をし、加えて、子供を預かるという観点から、市内の保育園、幼稚園にも注意喚起の連絡を行いました。

 また、教育委員会では、各学校に情報を流すとともに、市立の13校に対して、児童生徒の安全確保、不審物の点検をするよう指示をいたしました。13校では、児童生徒を安全な場所に避難させ、警察による学校内の不審物の確認を行いましたが、不審物は、発見されておりません。

 教育委員会では、児童生徒の安全を考え、給食後に集団下校をさせる措置をとり、午後からは、13校へ市職員を3名ずつ派遣し、学校周辺のパトロールを行ったところであります。

 また、本事案発生後は、警察及び消防本部において、学校周辺のパトロールを継続するとともに、昨夜は、教育委員会職員も夜間巡回を行ってまいりました。当面の対応でありますが、夜間の警備については、警備保障会社に警備体制の強化を求めてまいりますし、学校職員が早朝に点検を実施し、校内の安全が確認でき次第、児童生徒を校内に入れ、通常授業を行ってまいる次第であります。

 今後とも、同様の事案が発生した場合は、警察、消防、関係機関との連携をとりながら、万全の体制で臨んでまいります。

 次に、「熊本地震に対する千曲市の対応状況」であります。

 まずもって、被災されました皆様に心からお見舞いを申し上げる次第であります。東日本大震災から5年、この中で発生した「熊本地震」、改めて、自然災害の恐ろしさを見せつけられた思いであります。

 こうした中、市では、被災地に向けた支援の一環として、4月18日〜6月30日までの間、更埴・戸倉・上山田の各庁舎に義援金箱を設置し、広く市民皆様に呼びかけをしているところであります。寄せられた義援金につきましては、日本赤十字社や中央共同募金会を通じて被災地に送りたいと考えております。

 次に、救援物資でありますが、千曲市では、五目御飯などの「アルファ化米」を800食、1.5リットル入りの「飲料水」を800本、「紙おむつ各種」を約7,700枚、提供をいたしました。

 これらの物資は、市長会や町村会の協定に基づく『長野県合同災害支援チーム「チームながの」』の長野ブロックとして、千曲市を含む8市町村の物資をまとめて、4月20日に熊本市へ搬送いたしました。

 また、今後は、追加物資の要請や人的支援等の要請があれば、関係機関と連携して対応してまいります。

 次に、「北陸新幹線新駅誘致」であります。

 3月22日、「北陸新幹線新駅誘致期成同盟会」の総会に合わせ、講演会が開催されました。講演会には、約550人の皆様に参加をいただきました。交通計画と都市計画が専門の早稲田大学名誉教授の「浅野光行先生」による「高速交通ネットワークと都市づくり」と題した講演も開催をいたしました。

 講演の中で、浅野先生からは、成熟した社会での新幹線の役割、しなの鉄道と新幹線新駅の連携、旅行形態に対応した温泉地づくりなど、新幹線新駅がもたらす効果などにつきまして話を聞いたところであります。

 また、期成同盟会では、県内自治体の首長や議長に顧問就任の要請活動を行っておりますが、4月14日には、私を含め、原会長代行、滝沢副会長ほか、顧問の松代、篠ノ井地区の住民自治協議会の皆様含めて8名で、加藤久雄長野市長を訪問し、改めて顧問就任のお願いをいたしました。

 加藤市長からは、「新幹線新駅は、連携中枢都市圏構想に基づく計画であり、同盟会の顧問をお引き受けする以上、実現に向けて最大限の努力をする」という力強い表明をいただきました。

 今後とも引き続き、中南信地域の自治体の皆様にも、同盟会への加入をお願いし、新駅全体が県全体の運動となるよう努めてまいります。

 次に、「歴史的風致維持向上計画の国の認定」であります。

 「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」、通称「歴史まちづくり法」と言っておりますが、この法律に基づき、平成26年度から策定作業を進めてまいりました「千曲市歴史的風致維持向上計画」が国の認定を受けることができました。

 「認定式」は、5月19日、国土交通省で行われ、私自身が赴き、津島淳国土交通大臣政務官のほか、国土交通省、農林水産省、文化庁の三省庁の関係者が出席する中で、「主務大臣連名の認定証」をいただきました。

 この認定は、全国の自治体では55番目、県内では、下諏訪町、松本市、東御市、長野市に次いで5番目となります。

 今回の認定によりまして、今後は、重伝建の稲荷山地区や松田家をはじめとする本市の固有の歴史的建造物や伝統的な人々の活動、あるいは地域の歴史的な風情や情緒を活かしたまちづくりの事業に対し、国の支援を受けながら整備を進めることが可能となってまいります。

 次に、「国道18号杭瀬下交差点」の改良であります。

 国道18号の渋滞の一つの大きな要因となっておりました国道18号と国道403号が交差する「杭瀬下交差点」には、右折レーンや歩道がないことから、かねてから、国土交通省に何とかしてほしいと、交差点改良をお願いしてきたところであります。ようやく今年度から「杭瀬下交差点の改良」に着手をしていただくことになりました。

 事業の内容でありますけれども、右折レーンや歩道を新たに設置する大がかりな事業になります。今年度は、調査費1,200万円で、道路設計と用地の幅ぐい、この設置が行われ、次年度以降、用地測量、物件調査、用地買収がされまして、工事が着工というふうになります。

 市としては、できるだけ早く完成をさせていただきたいと考えておりますけれども、今後の予算確保や用地の取得など不確定な要素がありますが、新庁舎建設に間に合わせて完成できるように国に働きかけてまいりたいと考えております。

 次に、「千曲市への移住・定住・交流促進について」2点ほど申し上げます。

 まず、「千曲市移住・定住ガイドブックの作製について」であります。

 大都市圏にお住まいの皆さんに向けて千曲市への移住を、より現実的にイメージしていただき、移住や、あるいは二地域居住を考えてもらうきっかけとするために、天夢人、これは株式会社でありますが、発行・編集しておりまして、日本最大手の出版社であります新潮社が発売しております情報誌、「SINRA(シンラ)」という情報誌でありますが、この「SINRA(シンラ)」の別冊の付録として、『“今、暮らしたい街へ”信州千曲「千曲市移住・定住ガイドブック」』を8万部作製をいたしました。この「SINRA(シンラ)」は、こういった付録をつけることは、初の試みだそうであります。

 このガイドブックは、A5判40ページのカラー印刷でありまして、3月24日に発売された「SINRA(シンラ)」5月号に、Book in Book(ブック・イン・ブック)の形で7万冊を挟み込みました。

 また、これとは別に、移住・定住イベントや相談会に使うために、1万部を増刷いたしましたので、今後の移住・定住促進に活用をしてまいります。

 次に、「千曲市空き家バンク」であります。

 昨年度からスタートした空き家バンクについては、希望者の把握に努めながら、随時、申込書の受付及び現地調査等を行い、個人の財産であることから、慎重に登録を進めてまいりました。

 その結果、27年度実績では、15件をホームページで一般公開したところ、8件の売買契約が成立をいたしました。

 このように、空き家バンクの効果が出ていることから、本年度も昨年度同様、本年5月の「固定資産税納税通知書」に啓発チラシを同封したほか、市報千曲6月号に「空き家バンク」事業に関して掲載するとともに、登録希望の空き家については、現地調査を進め、順次物件をインターネットで公開をし、販売できるよう努めてまいります。

 次に、「高齢者の福祉について」2点あります。

 はじめに、「ひとり暮らし高齢者への熱中症計の配布」であります。

 熱中症予防対策として、ひとり暮らし高齢者約1,900人の皆様を対象に配布を予定しております「熱中症計」については、ここで購入手続が完了したことから、民生児童委員さんを通じまして、7月中の早い時期に配布をしたいというふうに考えております。

 次に、「市内牛乳屋さんとの見守り協定の締結」であります。

 高齢者等が住み慣れた地域で安心して生活ができるよう、5月23日、「市内の牛乳屋さん5店舗」と「高齢者見守り協定」を締結いたしました。

 今回の締結は、市内3例目となりますが、牛乳配達の際に、高齢者等に異変を察知した場合には、その状況により、市や警察署、消防署などに連絡をとっていただくものでありまして、今回の締結で、見守りの幅がより厚くなったと思っております。

 次に、「特殊詐欺防止の対策」であります。

 千曲市における平成27年の特殊詐欺による被害の状況は、件数で14件、被害額は、約6,270万円となっております。これは過去最大の被害額であります。

 平成28年5月16日現在、市内の被害件数は、今年でありますけれども、8件、既に発生しております。被害額は1,710万円、昨年同時期より額は減少しているものの、依然として昨年とほぼ同じ件数で被害が発生しているという状況でございます。

 このため、昨年に引き続きまして、庁内に「特殊詐欺防止対策本部」を設置し、定期的な巡回放送やイベント時における呼びかけ等、千曲警察署など関係機関と連携しながら注意喚起の強化をしていきたいというふうに考えています。

 次に、「観光振興について」5点ほど申し上げます。

 はじめに「あんずまつり」でありますが、本年の「あんずまつり」は、4月1日から17日まで開催しました。例年に比べ早い開花でありましたが、新幹線金沢延伸開業2年目であったことから、あるいはまた天候に恵まれたこともありまして、実行委員会の発表では、訪れたお客様は15万人と、昨年の11万人を上回った内容であります。今後は、あんず狩りに向けて、より積極的なPRに努めてまいります。

 次に、「千曲市観光プロモーション映像の制作」であります。

 千曲市の魅力的な観光資源を市内外にPRし、地域内の観光スポットへの周遊を図るため、「観光プロモーション映像」を制作いたしました。

 同映像は、3月25日から、ユーチューブ等の動画サイトで公開をしておりまして、既に1万1,000件以上のアクセスがあったということで、今後の展開に注目をしていきたいと考えております。

 次に、「豪華寝台列車トランスイート四季島について」であります。

 御承知のように、JR東日本は、5月10日、来年の5月1日から、超豪華寝台列車「トランスイート四季島」を運行すると発表がされました。

 この超豪華寝台列車は、JR東日本エリア内3コースで運行されますが、そのうち、上野発の一泊二日のコースでは、県内では唯一、篠ノ井線姨捨駅に50分間停車をいたします。

 このため、JR東日本では、姨捨駅に夜景・眺望をゆっくりと快適に楽しめるよう、新たに「夜景バー」を整備する。そして、跨線橋など既存の施設のリニューアルも予定しているというふうに聞いています。

 来年は「デスティネーションキャンペーン」の年でもありますので、市としても、一泊二日で最低32万円という超豪華列車の運行にあわせ、JR長野支社とも連携しながら、姨捨駅や戸倉上山田温泉など千曲市全体を徹底してPRをしていきたいというふうに考えます。

 次に「台湾への観光PR」であります。

 3月28日から2カ月間のマンダリン航空の「台湾台中空港」−「中部国際空港セントレア」間のチャーター便の就航にあわせ、台湾の旅行代理店が県内を4日間視察いたしました。そのうち、50%に当たる4月11日と12日の2日間、千曲市内をごらんいただきました。

 今回の訪問は、県が主催したものでありますが、台湾の大手旅行会社5社のエージェントによる訪問でありまして、今後、台湾とのインバウンドの推進に大きな影響を与えることから、あんずの里や姨捨の棚田を紹介したほか、戸倉上山田温泉関係者との懇談会も開催しまして、交流を深めたところであります。

 これを機に、今後は、商談等を通じて、ツアー造成が図られるよう取り組んでまいります。

 次に「観光振興計画策定並びに千曲市版DMO」についてであります。

 本年4月から、新たに「観光振興計画」がスタートいたしました。海外や国内の数ある観光地と激しい競争の中で、選ばれる観光地であり続けるために「オール千曲」、みんなで観光振興に取り組んでいく必要があると考えております。

 現在、観光全体の推進体制として、最も重要な課題に位置づけているのが、新たな観光推進組織、これは「千曲市版DMO」でありますが、この組織でありまして、関係団体の皆様と千曲市にあった組織をつくっていくために、「準備委員会」を設置し、議論を深めてまいりたいというふうに考えております。

 次に「東京圏での千曲市PRイベント」であります。

 7月1日から3日までの3日間、長野県のアンテナショップであります「銀座NAGANO」におきまして、千曲市のPRイベントを開催いたします。

 昨年に引き続き、あんずの試食をはじめ、生食用のあんずの販売やあんずの加工体験、観光エージェントへの観光宣伝等を行う予定であります。

 東京圏の方に千曲市の魅力をPRするとともに、移住・定住につなげられるよう多くの皆様に千曲市のよいところを発信してまいります。

 次に、「第3回千曲川ハーフマラソン」であります。

 「千曲川ハーフマラソン」は、市の特色あるスポーツイベントとして定着化が進んでいますが、開催時期が3月となっておりまして、時期的に大変天候に対する不安感が強いわけであります。こうしたことから、開催時期をこれまでの3月開催から変更し、第3回大会は、本年12月4日に開催することとして、関係機関と現在準備を進めているところであります。

 詳細については、今後御報告してまいりますが、いずれにいたしましても、これまでの2回大会の反省を活かし、安全な大会、そして楽しめる、信州の一つの大きな大会となりますよう、関係機関と協議をし、進めてまいります。

 次に、「千曲市体育館の施設予約システムの導入」であります。

 本年度中をめどに、社会体育施設や学校体育施設の予約方法を変更し、インターネットを利用した「予約システム」を導入いたします。このシステムにより、早朝から予約の順番を待ち、並ぶというような事態が解消できるほか、使用したい施設の空き状況などもネット上で確認することが可能となります。

 利用方法などにつきましては、今後、利用者説明会の開催など、さまざまな機会を捉え、周知をしてまいります。

 次に、「長野広域連合が計画しておりますごみ焼却施設」であります。

 長野広域連合が千曲市に建設を予定しているごみ焼却施設については、御承知のように、本年3月30日、屋代第5区から施設建設受け入れに係る基本同意を得ることができました。屋代第6区の皆様とも、今後引き続き協議を重ね、早期に同意が得られるよう、鋭意努力をしてまいります。

 次に、「新白鳥園」であります。

 昨年10月27日のオープンから約7カ月間が経過しました。平成27年度末の入場者数は8万3,412人であります。1日当たりに換算しますと、平均約550人の方が入浴されております。

 今後も食事メニューや各種イベントの充実など、指定管理者の創意工夫による取り組みに期待をするとともに、設備関係で要望があれば相談に応じ、より多くの方々に楽しめる施設となるように努めてまいりたいというふうに考えております。

 以上申し上げ、諸情勢の報告とさせていただきます。

 なお、各議案に対します提案説明につきましては、私と副市長からそれぞれ申し上げますが、よろしくお願いしたいと存じます。



○議長(和田重昭君) 続いて、山本副市長。

          〔副市長 山本高明君 登壇〕



◎副市長(山本高明君) ただいま議題となりました議案第40号から議案第45号まで、一括提案理由の説明をいたします。

 はじめに、議案第40号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例制定について、説明をいたします。

 本案につきましては、「電気通信事業法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令」の制定により、引用しております電気通信事業法施行令の条文に条ずれが生じることから、本条例について所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第41号 平成28年度千曲市一般会計補正予算(第1号)の議定について説明をいたします。

 このたびの補正は、国県支出金の補助内示に伴う事業費の追加など、事業執行上必要な経費として総額1億9,990万円の追加をお願いし、歳入歳出それぞれ275億990万円とするものです。

 以下、その主な内容について歳出から順次説明をいたします。

 予算書の12ページからごらんください。

 総務費では、マイナンバー制度導入に伴うシステム運営及び個人番号カードの発行事務等の関連事務を「地方公共団体情報システム機構」に委任するための経費として、1,451万6,000円を追加するものであります。

 民生費では、国の「地域介護・福祉空間整備等交付金」を活用し、介護サービス事業者が介護ロボット等を導入する費用を助成するための介護事業者負担軽減事業費補助金のほか、児童扶養手当支給額の改正に伴うシステム改修委託料など、2,149万1,000円を追加するものです。

 農林水産業費では、県の補助金であります「地域発元気づくり支援金」の内示に伴う農道補修経費など、650万円を追加するものです。

 商工費では、官民連携による地域活性化のための都市基盤整備推進に関する各種調査委託料3,200万円を追加するものです。

 土木費では、老朽化した市営住宅の解体工事費として、500万円を追加するものです。

 消防費では、長野県市町村振興協会助成金の交付決定に伴い、消防団用の救命胴衣、災害対応用デジタル無線機などの購入費100万円を追加するものです。

 教育費では、学校施設環境改善交付金の交付決定に伴う旧第1学校給食センターの解体工事費及び長野県が施工する河川改修工事により支障となる、上山田小学校の小プール等の一部を改修、移転する改修工事費など、1億1,939万3,000円を追加するものです。

 予算書の10ページをごらんください。

 歳入につきましては、国県支出金等の特定財源を追加するほか、差し引き不足財源につきましては、財政調整基金等からの繰入金により財源調整を行うものです。

 3ページをごらんください。

 第2表「債務負担行為補正」につきましては、「上山田小学校プール改修事業」に係る工事請負費契約等の期間が複数年必要となるため、後年度負担をお願いするものであります。

 以上が、一般会計補正予算(第1号)の概要であります。

 次に、議案第42号 平成28年度千曲市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について説明をいたします。

 このたびの補正は、平成30年度から国民健康保険の運営が都道府県単位となることによるシステムの改修費用として、234万7,000円の補正をお願いし、歳入歳出それぞれ70億155万9,000円とするものであります。

 補正に伴う財源は、国庫補助金を充当するものであります。

 次に、議案第43号 市道路線の認定について説明をいたします。

 3138号線(代官河原2号線)でございますが、については、用地の処理が完了したことから、新たな路線として認定するものであります。

 7297号線(治田5号線)でございますが、これについては、既に7168号線として認定されている区間の一部でありますが、同線のうち国道403号との重複区間を廃止することに伴い、同線と分断されることから、この区間を新たな路線として認定するものであります。

 751号線については、農道となっていた路線について、周辺の宅地化が進んできたことから、新たな路線として認定するものであります。

 次に、議案第44号 市道路線の変更について説明をいたします。

 4223号線(屋代反町線)については、県道白石千曲線と接続させるため、起点を変更するものであります。

 7168号線(王地上線)でございますが、これについては、さきに議案第43号で申し上げた7297号線に関連した変更で、国道403号との重複区間及びその先線区間を廃止するため、終点を変更するものであります。

 次に、議案第45号 市道路線の廃止について説明をいたします。

 4204号線(油田1号線)でございますが、これについては、既に道路としての機能を失っていることから、廃止するものであります。

 以上、一括提案理由の説明を申し上げましたが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第21 議案第46号 人権擁護委員候補者の推薦について



△日程第22 議案第47号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(和田重昭君) 日程第21、議案第46号、日程第22、議案第47号、以上2議案については、関連がありますので一括議題といたします。

 両議案に対する提案説明を求めます。

 岡田市長。

          〔市長 岡田昭雄君 登壇〕



◎市長(岡田昭雄君) ただいま議題となりました議案第46号及び47号人権擁護委員候補者の推薦について、一括説明をいたします。

 本案につきましては、平成28年9月30日で任期が満了となります、大字倉科、宮下正子さんの再任、大字内川、赤塩曜子さんの再任について、人権擁護委員法第6条第3項の規定により提案をするものであります。

 人権擁護委員は、人格、識見が高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護に理解のある方の中から、市長が議会の意見を聞いて推薦することになっております。

 提案いたしました宮下正子さん、赤塩曜子さんには、人格、識見、力量ともに優れておりまして、最適任者として推薦をしたいので、よろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げる次第であります。



○議長(和田重昭君) 日程第21、議案第46号について、これより質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第46号については、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、議案第46号は原案のとおり同意することに決しました。

 日程第22、議案第47号について、これより質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第47号については、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、議案第47号は原案のとおり同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第23 議案第48号 平成28年度消防団ポンプ自動車購入契約の締結について



○議長(和田重昭君) 日程第23、議案第48号 平成28年度消防団ポンプ自動車購入契約の締結についてを議題といたします。

 議案に対する提案説明を求めます。

 山本副市長。

          〔副市長 山本高明君 登壇〕



◎副市長(山本高明君) ただいま議題となりました議案第48号 平成28年度消防団ポンプ自動車購入契約の締結について説明をいたします。

 千曲市消防団に配備する消防車両の更新計画に基づき、消防ポンプ自動車の購入について、4月28日に指名競争入札を実施し、金額2,105万6,460円で落札した朝陽産業株式会社、代表取締役鵜野義光と5月2日付で仮契約を締結いたしました。

 つきましては、「地方自治法」第96条第1項第8号の規定による「議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例」第3条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

 よろしく御審議の上、御決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(和田重昭君) これより質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第48号については、原案可決と決するに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、議案第48号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第24 議案第49号 千曲市新庁舎等建設工事(本体工事)請負契約の締結について



○議長(和田重昭君) 日程第24、議案第49号 千曲市新庁舎等建設工事(本体工事)請負契約の締結についてを議題といたします。

 議案に対する提案説明を求めます。

 山本副市長。

          〔副市長 山本高明君 登壇〕



◎副市長(山本高明君) ただいま議題となりました議案第49号 千曲市新庁舎等建設工事(本体工事)請負契約の締結について説明をいたします。

 千曲市新庁舎等建設工事(本体工事)については、デザインビルド方式により、実施設計と工事を一括して発注し、一般競争入札(総合評価落札方式)でございますが、これにより、請負金額94億5,216万円で、鹿島建設株式会社長野営業所、所長豊泉修二と5月6日付で仮契約を締結いたしました。

 つきましては、「地方自治法第96条第1項第5号」の規定による「議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条」の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 よろしく御審議の上、御決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(和田重昭君) これより質疑に入ります。質疑の通告がありますので、発言を許します。

 10番、中村了治議員。

          〔10番 中村了治君 登壇〕



◆10番(中村了治君) 議席番号10番、中村了治であります。私は、日本共産党千曲市議団の一員として、通告に従い、ただいま議題になっております議案第49号 千曲市新庁舎等建設工事(本体工事)請負契約の締結についてに質問いたします。

 最初に御理解をいただくために若干申し上げたいと思います。

 私たちは、さきの議会におきまして、新庁舎等の工事にかかわっての「債務負担行為の補正」について、市民の理解が不十分ではないかということで反対をいたしました。

 しかし、先ほど来、お話がございましたように、その後、4月14日夜、熊本地震が発生し、未曽有の被害をもたらしました。防災拠点が崩壊するという想定外の緊急事態発生によって、状況が一変したことから、千曲市でもしっかりした防災拠点となる新庁舎建設を先送りにせず、早期に建設すべきであるという強い認識を持つに至り、今後も必要な点については、きちんとチェックを行う所存でありますか、大事な点が確認できましたならば、本議案に賛成していきたいと考えているからであります。

 そこで、質問をいたします。

 第1点、本契約によって、新庁舎等の工事が着工されるわけでありますが、熊本地震のような二度にわたる震度7クラスの地震にも耐えられるような状況、設計になっているのか、お伺いをいたします。

 第2点であります。財源についてでありますが、当初予定していました国の補助金が支出されなくなり、市は別の形での補助金を確保できるよう努力する旨の説明がございましたが、そうした努力も含めまして、財源の見通しは心配ないのかどうか、以上2点、お伺いいたします。



○議長(和田重昭君) 答弁を求めます。

 北村企画政策部長。



◎企画政策部長(北村勝則君) 1点目の防災拠点となる庁舎の耐震強度は大丈夫かということについてであります。

 新庁舎は、東日本大震災や新潟中越地震のような大規模災害が起きたときに、救援・救助活動や復旧活動の拠点として、迅速な災害対応が可能となる耐震性を確保するとともに、大規模災害発生時に市民が緊急避難場所として、一時的に避難できる新更埴体育館を含め、防災拠点機能を強化することを基本方針とし、基本計画・基本設計を検討してまいりました。

 具体的には、昨年度まとめました基本設計の中で、新庁舎は、大地震時に什器の転倒や電子機器の誤動作、主要構造部の損傷がほとんど生じない免震構造を採用しました。

 本年4月発生しました熊本地震も教訓といたしまして、今後も、防災拠点として安心・安全の確保を目指し、新庁舎等の建設を進めてまいります。

 それから次に、新庁舎建設の財源確保の見通しについてのお尋ねでございますが、新庁舎等建設の財源につきましては、国庫支出金では、国土交通省所管の社会資本整備総合交付金のほか、新たに、体育館武道場が文部科学省所管の地域武道センター(柔・剣道場)でございますね。その交付金の1期工事分の内定を受けたところでございます。

 このほかの財源としましては、新庁舎建設基金を活用するほか、地方債であります合併特例債及び一般単独事業債の借り入れを予定しております。



○議長(和田重昭君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第49号については、原案可決とするに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、議案第49号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第25 議案第50号 平成28年度千曲市立戸倉上山田中学校改築事業解体撤去工事請負契約の締結について



○議長(和田重昭君) 日程第25、議案第50号 平成28年度千曲市立戸倉上山田中学校改築事業解体撤去工事請負契約の締結についてを議題といたします。

 議案に対する提案説明を求めます。

 山本副市長。

          〔副市長 山本高明君 登壇〕



◎副市長(山本高明君) ただいま議題となりました議案第50号 平成28年度千曲市立戸倉上山田中学校改築事業解体撤去工事請負契約の締結について、説明をいたします。

 平成28年度千曲市立戸倉上山田中学校改築事業解体撤去工事については、5月9日の一般競争入札により、請負金額2億5,174万8,000円で、長坂建設株式会社、代表取締役長坂広明と5月16日付で仮契約を締結いたしました。

 つきましては、「地方自治法第96条第1項第5号」の規定による「議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条」の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 よろしく御審議の上、御決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(和田重昭君) これより質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第50号については、原案可決と決するに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(和田重昭君) 異議なしと認めます。よって、議案第50号は原案のとおり可決されました。

 以上で、本日の日程は終了いたしました。

 これをもちまして、本日の会議を散会といたします。御苦労さまでした。

                             午前11時5分 散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−