議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 千曲市

平成25年  6月 定例会(第3回) 06月06日−01号




平成25年  6月 定例会(第3回) − 06月06日−01号









平成25年  6月 定例会(第3回)



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            平成25年6月6日(木曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 議事日程(第1号)

   平成25年6月6日(木曜日)              午前10時 開会

 第1 招集あいさつ

 第2 会議録署名議員の指名

 第3 会期の決定について

 第4 諸般の報告

 第5 報告第3号 専決処分の報告について

 第6 報告第4号 専決処分の報告について

 第7 報告第5号 専決処分の報告について

 第8 報告第6号 専決処分の報告について

 第9 報告第7号 権利放棄の報告について

 第10 報告第8号 平成25年度千曲市土地開発公社事業計画及び予算並びに平成24年度千曲市土地開発公社事業実績及び決算について

 第11 報告第9号 平成24年度財団法人千曲市文化振興事業団事業実績及び決算について

 第12 報告第10号 平成25年度一般社団法人千曲市観光協会事業計画及び予算並びに平成24年度一般社団法人千曲市観光協会事業実績及び決算について

 第13 報告第11号 平成24年度千曲市繰越明許費繰越計算書(一般会計)について

 第14 報告第12号 平成24年度千曲市下水道事業会計予算繰越計算書について

 第15 報告第13号 平成24年度千曲市西部水道事業会計予算繰越計算書について

 第16 専決第1号 専決処分事項報告について(千曲市税条例の一部を改正する条例)

 第17 専決第2号 専決処分事項報告について(千曲市都市計画税条例の一部を改正する条例)

 第18 専決第3号 専決処分事項報告について(千曲市国民健康保険税条例の一部を 改正する条例)

 第19 専決第4号 専決処分事項報告について(平成24年度千曲市一般会計補正予算(第7号))

 第20 専決第5号 専決処分事項報告について(平成24年度千曲市駐車場事業特別会計補正予算(第1号))

 第21 専決第6号 専決処分事項報告について(平成24年度千曲市有線放送電話事業特別会計補正予算(第1号))

 第22 専決第7号 専決処分事項報告について(平成24年度千曲市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号))

 第23 議案第38号 千曲市新型インフルエンザ等対策本部条例制定について

 第24 議案第39号 千曲市公告式条例の一部を改正する条例制定について

 第25 議案第40号 千曲市農業委員会に関する条例の一部を改正する条例制定について

 第26 議案第41号 平成25年度千曲市一般会計補正予算(第1号)の議定について

 第27 議案第42号 人権擁護委員候補者の推薦について

 第28 議案第43号 人権擁護委員候補者の推薦について

 第29 議案第44号 平成23年度千曲市立東小学校改築事業普通教室棟・渡り廊下棟建築主体工事変更請負契約の締結について

 第30 議案第45号 平成23年度千曲市立東小学校改築事業特別教室棟・屋内運動場建築主体工事変更請負契約の締結について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 本日の会議に付した事件……前記議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 出席議員(22名)

    1番   倉島清香君       12番   宮入高雄君

    2番   宮下正光君       13番   和田英幸君

    3番   前田きみ子君      14番   森 義一郎君

    4番   大澤洋子君       15番   宮坂重道君

    5番   袖山廣雄君       16番   中沢政好君

    6番   小川修一君       17番   和田重昭君

    7番   柳澤眞由美君      18番   中村直行君

    8番   小玉新市君       19番   田沢佑一君

    9番   中村了治君       20番   原 利夫君

   10番   小山嘉一君       21番   荻原光太郎君

   11番   林 愛一郎君      22番   吉田昌弘君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 説明のため出席した者の職氏名

   市長        岡田昭雄君   建設部長      小池洋一君

   副市長       山本高明君   教育委員長     赤地憲一君

   総務部長      柳澤正彦君   教育長       吉川弘義君

   企画政策部長    竹内 茂君   監査委員      若林民雄君

   市民環境部長    和田義宣君   教育部長      緑川 茂君

   健康福祉部長    中村義男君   会計管理者     北島利幸君

   経済部長      平林昌男君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 事務局出席者氏名

   議会事務局長    平林喜代士君  議会事務局次長   荒川幸正君

   議事係長兼調査係長 渡島秀男君   書記        澤上 瑛君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 午前10時 開会



○議長(吉田昌弘君) おはようございます。定足数に達しておりますので、ただいまから平成25年第3回千曲市議会定例会を開会いたします。

 去る4月4日に開催されました北信越市議会議長会第88回定期総会並びに5月22日に開催されました全国市議会議長会第89回定期総会において、長年議員の職にあり市政の発展に尽くされたとして表彰を受けられました議員に表彰状の伝達を行います。

 また、去る5月21日に開催されました全国温泉所在都市議会議長協議会第42回総会において、また、去る5月22日に開催されました全国市議会議長会第89回定期総会において、感謝状が伝達されました。議会事務局長に指名を読み上げさせますので、よろしくお願いをいたします。

 平林議会事務局長。



◎事務局長(平林喜代士君) それでは、お名前を申し上げます。

 全国市議会議長会表彰、市議会議員在職35年、原 利夫議員、田沢佑一議員、市議会議員在職10年、和田英幸議員。

 以上です。

 次に、北信越議長会表彰、市議会議員在職35年、原 利夫議員、田沢佑一議員、市議会議員在職10年、和田英幸議員。

 以上です。

 次に、全国市議会議長会感謝状社会文教委員、吉田昌弘議長、原 利夫議員。

 以上です。

 次に、全国温泉所在都市議会議長協議会感謝状協議会実行委員、原 利夫議員。

 以上です。



○議長(吉田昌弘君) それでは、表彰上の伝達を行います。受賞された議員の御登壇をお願いいたします。

          (受賞議員登壇)



○議長(吉田昌弘君) 表彰状。千曲市 原 利夫殿。

 あなたは、市議会議員として35年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第89回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

 平成25年5月22日 全国市議会議長会会長 佐藤祐文(代読)。

          (表彰状伝達・拍手)



○議長(吉田昌弘君) 表彰状。千曲市 田沢佑一殿。

 あなたは、市議会議員として35年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第89回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

 平成25年5月22日 全国市議会議長会会長 佐藤祐文(代読)。

          (表彰状伝達・拍手)



○議長(吉田昌弘君) 表彰状。千曲市 和田英幸殿。

 あなたは、市議会議員として10年市政の振興に努められた、その功績は特に著しいものがありますので、第89回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

 平成25年5月22日 全国市議会議長会会長 佐藤祐文(代読)。

          (表彰状伝達・拍手)



○議長(吉田昌弘君) 表彰状。千曲市 原 利夫殿。

 あなたは、市議会議員として在職35年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。よって、第88回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰します。

 平成25年4月4日 北信越市議会議長会会長 富山市議会議長 原田佳津廣(代読)。

          (表彰状伝達・拍手)



○議長(吉田昌弘君) 表彰状。千曲市 田沢佑一殿。

 あなたは、市議会議員として在職35年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。よって、第88回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰します。

 平成25年4月4日 北信越市議会議長会会長 富山市議会議長 原田佳津廣(代読)。

 おめでとうございました。

          (表彰状伝達・拍手)



○議長(吉田昌弘君) 表彰状。千曲市 和田英幸殿。

 あなたは、市議会議員として在職10年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。よって、第88回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰します。

 平成25年4月4日 北信越市議会議長会会長 富山市議会議長 原田佳津廣(代読)。

 おめでとうございました。

          (表彰状伝達・拍手)



○議長(吉田昌弘君) ここで、受賞者を代表して原 利夫議員から謝辞がございます。

          〔20番 原 利夫君 登壇〕



◆20番(原利夫君) ただいま全国議長会並びに北信越議長会から永年勤続の表彰それぞれ拝受いたしました。ここに至るまでの間、皆さん方には大変な御迷惑をおかけしたり、御協力を賜って何とかやれたわけでありますが、引き続き任期いっぱいは、まだ職務も残っておりますので、これからも精進を重ねてまいりたいと思います。長い間いろいろと御指導を賜りました岡田市長を初め職員の皆さん、そして議員の皆さん、あるいは市民の皆さんに心から私どもに寄せていただきました御厚情に感謝を申し上げ、皆さんのおかげでこういう晴れ舞台に来れたことを本当にうれしく思いながら、一言お礼の言葉とさせていただきます。どうもありがとうございました。

          (拍手)



○議長(吉田昌弘君) 続いて、副市長から職員の人事異動について発言を求められておりますので、これを許します。

 山本副市長。



◎副市長(山本高明君) 本年4月1日付で人事異動を行いました。異動となった説明員の部長6名を御紹介申し上げます。企画政策部長、竹内 茂であります。市民環境部長、和田義宣であります。健康福祉部長、中村義男であります。経済部長、平林昌男であります。建設部長、小池洋一であります。会計管理者、北島利幸であります。

 以上、何とぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(吉田昌弘君) それでは、日程に従いまして、直ちに本日の会議を開きます。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 招集あいさつ



○議長(吉田昌弘君) 日程第1、市長から招集の挨拶があります。

 岡田市長。

          〔市長 岡田昭雄君 登壇〕



◎市長(岡田昭雄君) おはようございます。招集の御挨拶を申し上げます。

 本日、平成25年第3回千曲市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には、何かと御多忙中にもかかわらず御出席を賜り、開会できますことを心から感謝申し上げる次第であります。

 さて、本定例会で御審議をいただきます案件につきましては、既にお手元に申し上げてございますように、車両事故に係る損害賠償の専決処分の報告についてなど、報告事項が11件であります。千曲市税条例の一部を改正する条例など、専決処分事項報告が7件、条例案では千曲市新型インフルエンザ等対策本部条例制定についてなど新設条例案1件及び一部改正案2件であります。

 予算案では、平成25年度千曲市一般会計補正予算(第1号)の議定についてでございます。

 人事案件では、人権擁護委員候補者の推薦について、契約関係では平成23年度千曲市立東小学校改築事業普通教室等渡り廊下等建築主体工事変更請負契約の締結についてなど2件でございます。

 各議案の提案理由につきましては、後ほど御説明を申し上げますが、いずれも重要な案件でありますので、よろしく御審議を賜り、適切な御決定をお願いしたいと存じます。

 また、ただいま全国市議会議長会会長並びに北信越市議会議長会会長から、原 利夫議員、田沢佑一議員に在職35年の、そして和田英幸議員には在職10年の功績に対し、それぞれ表彰状が伝達されました。また、全国市議会議長会会長から、吉田昌弘議長並びに原 利夫議員に、社会文教委員会委員としての功績に対して、また、全国温泉所在都市議会議長協議会会長からは、原 利夫議員に実行委員としての功績に対し、それぞれ感謝状が伝達がされました。心からお祝いを申し上げる次第であります。長年の議員活動に対し、改めて敬意を表する次第でございます。

 以上、一言申し上げ、招集の挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会議録署名議員の指名



○議長(吉田昌弘君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員には、会議規則第81条の規定により、11番 林 愛一郎議員、12番 宮入高雄議員の両名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 会期の決定について



○議長(吉田昌弘君) 日程第3、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から6月21日までの16日間としたいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から6月21日までの16日間と決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 諸般の報告



○議長(吉田昌弘君) 日程第4、諸般の報告を行います。

 諸般の報告については、お手元に配付のとおりでありますので御承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 報告第3号 専決処分の報告について



△日程第6 報告第4号 専決処分の報告について



△日程第7 報告第5号 専決処分の報告について



△日程第8 報告第6号 専決処分の報告について



○議長(吉田昌弘君) 日程第5、報告第3号から日程第8、報告第6号までの報告4件については、市長から地方自治法第180条第2項の規定により報告がありました。お手元に配付のとおりでありますので、御承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 報告第7号 権利放棄の報告について



○議長(吉田昌弘君) 日程第9、報告第7号 権利放棄の報告について、市長から千曲市債権管理条例第15条第2項の規定により報告がありました。お手元に配付のとおりでありますので、御承知を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 報告第8号 平成25年度千曲市土地開発公社事業計画及び予算並びに平成24年度千曲市土地開発公社事業実績及び決算について



△日程第11 報告第9号 平成24年度財団法人千曲市文化振興事業団事業実績及び決算について



△日程第12 報告第10号 平成25年度一般社団法人千曲市観光協会事業計画及び予算並びに平成24年度一般社団法人千曲市観光協会事業実績及び決算について



○議長(吉田昌弘君) 日程第10、報告第8号から日程第第12、報告第10号の報告3件について、市長から地方自治法第243条の3第2項の規定により提出がありました。お手元に配付のとおりでありますので、御承知を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第13 報告第11号 平成24年度千曲市繰越明許費繰越計算書(一般会計)について)



○議長(吉田昌弘君) 日程第13、報告第11号 平成24年度千曲市繰越明許費繰越計算書一般会計について、市長から地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告がありました。お手元に配付のとおりでありますので、御承知を願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 報告第12号 平成24年度千曲市下水道事業会計予算繰越計算書について



△日程第15 報告第13号 平成24年度千曲市西部水道事業会計予算繰越計算書について



○議長(吉田昌弘君) 日程第14、報告第12号、日程第15、報告第13号の報告2件について、市長から地方公共企業法第26条第3項の規定により報告がありました。お手元に配付のとおりでありますので、御承知を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第16 専決第1号 専決処分事項報告について(千曲市税条例の一部を改正する条例)



△日程第17 専決第2号 専決処分事項報告について(千曲市都市計画税条例の一部を改正する条例)



△日程第18 専決第3号 専決処分事項報告について(千曲市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)



△日程第19 専決第4号 専決処分事項報告について(平成24年度千曲市一般会計補正予算(第7号))



△日程第20 専決第5号 専決処分事項報告について(平成24年度千曲市駐車場事業特別会計補正予算(第1号))



△日程第21 専決第6号 専決処分事項報告について(平成24年度千曲市有線放送電話事業特別会計補正予算(第1号))



△日程第22 専決第7号 専決処分事項報告について(平成24年度千曲市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号))



○議長(吉田昌弘君) 日程第16、専決第1号から日程第22、専決第7号まで専決処分事項報告7件についてを一括議題といたします。

 各議案に対する提案説明を求めます。

 山本副市長。

          〔副市長 山本高明君 登壇〕



◎副市長(山本高明君) ただいま議題となりました専決第1号から専決第7号まで、一括提案理由の説明をいたします。

 初めに、専決第1号 千曲市税条例の一部を改正する条例制定について説明いたします。

 本案は、本年3月30日に地方税法の一部を改正する法律が公布され、同年4月1日から施行されることとなったことに伴い、市条例に所要の改正を行ったものであります。

 主な改正点といたしましては、収税関係では、低金利を背景としての現行の14.6%の延滞金等を国内銀行の貸出約定平均金利を基準に算定するための改正であります。

 市民税関係では、所得税の住宅ローン控除の適用期限の延長に伴い、個人住民税の住宅借入金等特別税額控除を平成29年までの居住に延長し、控除限度額を拡充するものであります。

 なお、施行年月日が平成25年4月1日でありましたので、議会を招集する時間的な余裕がなく、緊急を要したので専決処分したものであります。

 次に、専決第2号 千曲市都市計画税条例の一部を改正する条例制定について説明をいたします。

 本案は、本年3月30日に地方税法の一部を改正する法律が公布され、同年4月1日から施行されることとなったことに伴い、市条例に所要の改正を行ったものであります。

 改正点といたしましては、市条例が引用しております地方税法の項にずれが生じたための改正であります。

 なお、施行年月日が平成25年4月1日でありましたので、議会を招集する時間的な余裕がなく、緊急を要したので専決処分をしたものであります。

 次に、専決第3号 千曲市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について説明いたします。

 本案は、本年3月30日に地方税法の一部を改正する法律が交付され、同年4月1日から施行されることとなったことに伴い、市条例に所要の改正を行ったものであります。

 改正点といたしましては、国民健康保険の被保険者であった者が、後期高齢者医療制度に移行したことにより特定世帯となる場合、世帯別平等割額を最初の5年間について2分の1を軽減する現行の措置に加え、その後3年間についても4分の1を軽減するための改正を行ったものであります。

 なお、施行年月日が平成25年4月1日でありましたので、議会を招集する時間的な余裕がなく、緊急を要したので専決処分したものであります。

 次に、専決第4号 平成24年度千曲市一般会計補正予算(第7号)について説明をいたします。

 このたびの補正は、地方譲与税、各種交付金、地方交付税等が確定したこと、また、各事業の事業費が決定したことに伴い、国・県支出金、市債等が確定したことにより財源調整を行い、差し引き1億3,300万円の減額をし、歳入歳出それぞれ262億7,440万円としたものであります。

 以下、その主な内容について歳出から順次説明をいたします。

 議会費では、議会運営事業費等701万1,000円の減額であります。

 総務費では、後年度の健全な財政運営に備えるため、新庁舎建設基金、魅力あるまちづくり基金への積み立てを行うほか、人事管理費、白鳥園整備事業費、徴収事務費、選挙費等を減額し、差し引き2億4,915万9,000円の増額であります。

 民生費では、駐車場事業特別会計への赤字補填繰出金50万円を増額するほか、保育所管理運営事業費、子どものための手当給付事業費、児童扶養手当等給付事業費等を減額し、差し引き2億3,798万3,000円の減額であります。

 衛生費では、予防対策事業費、清掃対策事業費等6,370万4,000円の減額であります。

 労働費では、雇用対策事業費277万1,000円の減額であります。

 農林水産業費では、土地開発公社からの水路用地購入費を増額するほか、県営土地改良事業費、地籍調査事業費等を減額し、差し引き817万3,000円の減額であります。

 商工費では、土地開発基金からの観光施設用地購入費を増額するほか、中小企業金融対策事業費、産業支援センター事業費等を減額し、差し引き51万3,000円の増額であります。

 土木費では、土地開発公社からの道路・水路用地購入費を増額するほか、道路維持事業費、市道新設改良事業費、公園事業費等を減額し、差し引き1億9,290万8,000万の減額であります。

 消防費では、消防団運営事業費、消防施設管理事業費等1,130万円の減額であります。

 教育費では、後年度の小中学校施設整備に備えるため、文教施設整備基金への積み立てを行うとともに、土地開発基金からの中学校及び文化会館用地購入費を増額するほか、小中学校管理運営事業費、図書館管理運営事業費、埋蔵文化財保護事業費等を減額し、差し引き1億6,617万8,000円の増額であります。

 災害復旧費では、農地・林道災害復旧費1,500万円の減額であります。

 公債費では、一時借入金の利子不用額500万円の減額であります。

 以上が、歳出の概要であります。

 歳入につきましては、地方譲与税、各種交付金、地方交付税、国・県支出金、市債等の確定に伴う増減分を補正したことが主な内容であります。

 次に、第2表「繰越明許費補正」につきましては、名勝姨捨整備事業において、施工方法の調整等に不測の日数を要し、年度内完成が見込めなくなったため追加したものであります。

 また、姨捨駅トイレ整備事業では、工期延長により契約金額に不足が生じたことから、繰越額の変更をしたものであります。

 次に、第3表「地方債補正」につきましては、合併特例事業債等の起債限度額を変更したものであります。

 以上が、一般会計補正予算(第7号)専決の概要であります。

 次に、専決第5号 平成24年度千曲市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)について説明をいたします。

 このたびの補正は、戸倉駅前に設置している自転車及び自動車駐車場の使用料が確定したことにより、39万3,000円を減額し、歳入歳出それぞれ590万7,000円としたものであります。

 なお、使用料収入の減収分については、一般会計からの繰入金を充当いたしました。

 次に、専決第6号 平成24年度千曲市有線放送電話事業特別会計補正予算(第1号)について説明をいたします。

 このたびの補正は、有線放送電話事業に係る施設の撤去工事が完了し、平成24年度末をもって特別会計を廃止することに伴い、剰余金が4,982万9,000円と確定したので、これを一般会計繰出金として追加することとし、歳入歳出それぞれ1億531万6,000円としたものであります。

 次に、専決第7号 平成24年度千曲市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について説明をいたします。

 このたびの補正は、後期高齢者医療保険料の歳入が当初の見込みより伸びたため、後期高齢者医療広域連合への納付金が増額となり、不足分351万6,000円について補正をし、歳入歳出それぞれ6億407万5,000円としたものであります。

 補正に伴う財源は、前年度繰越金を充当いたしました。

 以上、一括提案理由の説明を申し上げましたが、よろしく御審議の上、御承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(吉田昌弘君) 日程第16、専決第1号について質疑に入ります。質疑の通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 専決第1号については、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、専決第1号は原案のとおり承認することに決しました。

 日程第17、専決第2号について質疑に入ります。質疑の通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 専決第2号については、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、専決第2号は原案のとおり承認することに決しました。

 日程第18、専決第3号について質疑に入ります。質疑の通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 専決第3号については、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、専決第3号は原案のとおり承認することに決しました。

 日程第19、専決第4号について質疑に入ります。質疑の通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 専決第4号については、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、専決第4号は原案のとおり承認することに決しました。

 日程第20、専決第5号について質疑に入ります。質疑の通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 専決第5号については、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、専決第5号は原案のとおり承認することに決しました。

 日程第21、専決第6号について質疑に入ります。質疑の通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 専決第6号については、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、専決第6号は原案のとおり承認することに決しました。

 日程第22、専決第7号について質疑に入ります。質疑の通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 専決第7号について、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、専決第7号は原案のとおり承認することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第23 議案第38号 千曲市新型インフルエンザ等対策本部条例制定について



△日程第24 議案第39号 千曲市公告式条例の一部を改正する条例制定について



△日程第25 議案第40号 千曲市農業委員会に関する条例の一部を改正する条例制定について



△日程第26 議案第41号 平成25年度千曲市一般会計補正予算(第1号)の議定について



○議長(吉田昌弘君) 日程第23 議案第38号から日程第26、議案第号41号まで4議案を一括議題といたします。以上は日程に従いまして、理事者の提案説明のみにとどめます。

 各議案に対する提案説明を求めます。

 岡田市長。

          〔市長 岡田昭雄君 登壇〕



◎市長(岡田昭雄君) 提案説明を申し上げる前に、若干の時間をいただき、3月市議会定例会以降の主な諸情勢について申し上げます。

 その前にけさの報道にもございましたが、政府は昨日、産業競争力会議を開き、安倍政権の経済政策の柱であります成長戦略の素案を発表されました。この中で、国内総生産、GDPを成長率で今後10年間に平均で名目3%、実質2%を目指すとしておりまして、今月14日にも成長戦略を閣議決定するということで新聞報道がされました。今後の経済の活性化に期待をしているところであります。

 それでは、情勢について報告させていただきます。

 初めに、天皇皇后両陛下あんずの里御訪問についてであります。

 4月15日、天皇皇后両陛下は、私的旅行のため、森地区にありますあんずの里スケッチパークや長野県立歴史館を御訪問されました。今回の御訪問は、公的行事の出席や定例の御静養とは異なり、四季折々の美しい風景などを見て回る新しい形の私的旅行であり、その第1号に千曲市が選ばれたところでございます。残念ながら、アンズの花の見ごろは過ぎてしまいました。森地区在住で、地元の歴史に詳しい竹内和正さんの先導でゆっくりと園内を御散策された後、厳かな雰囲気の中で、和やかに両陛下と御懇談する機会に恵まれました。

 両陛下は、地元農家の方々と御懇談会場に飾った冷蔵庫で保存しておきました満開のアンズの花をごらんになり、「よく咲かせていただきましたね」と感激をされておりました。

 初めての試みとなった私的旅行の最初の訪問地に千曲市が選ばれたことは大変名誉なことであり、市民の皆様の励みにもなったものと思っています。

 今回の御訪問を後世に伝えていくため、今議会に提出いたしました平成25年度一般会計補正予算(第1号)に記念碑の建立経費など、関係予算を計上させていただいたところであります。

 今後も、「ひと目10万本」と言われるピンクの色の花で埋め尽くされるあんずの里を保全し、全国に発信をしてまいりたいと考えております。

 次に、農作物の凍霜被害についてでございます。

 ことしは、春先の天候不順により、多くの農産物が凍霜被害を受けました。市内でも、アンズやリンゴなどの果樹を初め農作物に大きな被害が及んだところであり、被害に遭われた生産者の皆様には心からお見舞を申し上げる次第であります。

 凍霜被害については、JAちくまの協力を得て、現在、被害の調査を継続して実施をしております。5月27日の調査時点での被害金額は、果樹を中心に、アンズが約1億800万円、リンゴが4,300万円となっており、被害総額は1億6,200万円に達しております。

 今後、摘果作業や玉の肥大状況などの調査が進めば、被害額はさらに拡大するものと思っておるところであります。

 被害対策については、県に対して既に千曲市の状況を報告してあり、現在、県内の被害状況を調査中であることから、実情を踏まえた補助事業を実施するよう要望してまいります。

 また、5月31日にはJAちくま農業改良普及センターの技術員を含め、関係機関との対策会議も開催をいたしました。

 対策会議では、被害作物の調査結果や今後の経過観察、被害農家への対応策、農薬や資材への支援について検討を行ったところであります。JAちくまからは、自然災害とはいえ、多くの農業者の生産意欲や生産の継続等を考えると、行政の支援を得ながら薬剤や資材に対する補助を行いたいとの意向が示され、市といたしましても、農業者の生産意欲を損なわないよう可能な限りの支援を行ってまいりたいと考えております。

 具体的には、今議会に御提案しておりますが、平成25年度一般会計補正予算(第1号)に、病害薬剤等の購入に対する補助など、当面する所要額計上いたしました。

 引き続き今後の経過を観察するとともに、被害額や被害対策の全容がまとまり次第、補正予算の追加も視野に機動的に対応してまいります。

 次に、災害時における応急対策業務等に関する協定締結についてであります。

 5月28日、長野県タクシー協会更埴支部並びにサントリービバレッジ株式会社と、災害時における応急対策業務等に関する協定を締結いたしました。

 協定の内容は、要援護者や傷病者の避難輸送、あるいは被害状況の情報収集及び伝達の協力、緊急時飲料提供型自動販売機内の製品の無償提供、保有飲料水等の優先的な安定供給及び運搬など、応急対策業務等について必要な事項を定めたものであります。

 今回の締結により、災害時における応援協定は、県・市町との協定が4件、企業・団体との協定が22件となり、災害時における応急対策が円滑に進むものと期待をしているところであります。

 次に、新型インフルエンザ等対策であります。

 新型インフルエンザ等対策特別措置法が制定され、市町村に新型インフルエンザ等対策本部の設置が義務づけられております。

 千曲市新型インフルエンザ対策本部条例を今議会に提出いたしました。

 また、この特別措置法では、新型インフルエンザ等への実効的な対応を図るため、行動計画の策定も義務づけられており、6月に国が、その後県が行動計画を策定しますので、これらを受けて千曲市の新たな行動計画を策定してまいります。

 次に、白鳥園施設であります。

 平成24年第1期の解体工事を行い、敷地北側の現在使用されていない建物、1,216平方メートルほどでありますが、これを本年3月までに取り壊しをいたしました。

 基本計画については、公募市民37名による新白鳥園市民会議を5回にわたり開催し、御意見をいただいてまいりました。さらに利用者アンケートや市民団体からの意見、建築家や温泉経営者など専門家の意見などを集約し、基本計画案ができ上がりましたので、今後、議会に御説明をし、御意見をいただくとともに、パブリックコメントに付し、年内には温泉健康増進施設の建設に着手をする予定であります。

 次に、長野広域連合が計画しているごみ焼却施設についてであります。

 昨年9月に着手しました環境影響評価、アセスメントでありますが、現地調査はこれまでに秋、冬、春、それぞれの季節に応じた調査が終わり、現在、8月末までの予定で、夏季、夏の調査を実施しているところであります。その後、1年を通して得られた調査結果に基づき焼却施設の建設・稼働が環境に及ぼす影響を予測し、事業者の環境保全対策を評価する準備書の作成に入ります。

 建設候補地の地元であります屋代第5区、第6区の皆様には4月に中間報告会を開催し、秋と冬の調査結果について御説明をさせていただきました。

 今後も引き続き進捗状況に応じた、地元に対して丁寧な説明を行ってまいります。

 また、より多くの区民の皆様に、焼却施設の現状を御理解いただくため、施設見学会の実施や焼却施設の周辺整備計画についても、地元区との協議を重ね、建設同意がいただけるよう、鋭意努めてまいります。

 次に、千曲市緑の基本計画、最優良事例選定についてであります。

 平成23年度に策定しました千曲市緑の基本計画が、国土交通省と日本緑地協会から最優良事例に選定されました。これは、全国403自治体の中から22の最優良事例の一つに選ばれたものでありまして、長野県内では千曲市だけでございます。

 緑の基本計画は、市町村が緑地の保全や緑化の促進に関して、その将来像、目標、施策などを定める基本計画でありまして、緑地の保全及び緑化の推進を総合的・計画的に実施するということであります。

 千曲市計画が評価された点は、現況把握やエリアごとの緑の機能等の検討が適切になされていること、総括的な計画であること、また、施策アイディア集の掲載など、市民向けの情報発信や市民の意見の取りまとめ方法に特徴があったことなどが評価されたということであります。

 この計画に基づき、昨年度は屋代駅前広場の植栽や治田公園の桜の樹勢回復等の事業を行ってまいりましたが、本年度も引き続き計画に沿った事業を行い、緑地の適切な保全と緑化の推進を図ってまいります。

 次に、bjリーグ信州ブレイブウォリアーズについてであります。

 プロバスケットボールbjリーグ、信州ブレイブウォリアーズは、4月27、28日の戸倉体育館で行われた富山グラウジーズ戦を最後にシーズンが終了しました。

 成績は17勝35敗で、まことに残念ながら大きく負け越し、東地区11チーム中9位という結果に終わりました。長野県内では、戸倉体育館での10試合を含む26試合をホームゲームとして戦い、1試合当たり県内平均の観客数は1,331人と、昨年の1,272人を上回り、特に4月28日の戸倉体育館での最終戦は2,000人以上が来場されたとお聞きしております。

 こうした結果を見ても、千曲市を拠点として活動している信州ブレイブウォリアーズの知名度と人気は年々高まってきています。また、各試合会場では、千曲市の観光ブースを設け、あるいはユニフォームにも千曲市の名前を入れ、市が主催する多くのイベントにも積極的に参加をしていただいております。観光大使としての役割を担っていただいておるのが現実であります。

 スポーツと観光の融合、これらが図られたことは非常に有意義であったと考えています。

 この秋には、新たなシーズンが始まります。市といたしましても、できるだけの支援をしてまいりますが、これまで以上に熱い応援、御協力をお願い申し上げるしだいであります。

 次に、市内企業の支援と企業立地の推進であります。

 平成25年度の重点施策の一つに掲げた市内経済の活性化策については、既に4月1日から産業支援センターを勤労青少年ホームに移転し、信州大学を退官された先生をコーディネーターとして招聘、企業の相談に応じるなど産学官連携の取り組みを進めているところであります。産業支援アドバイザーは積極的に、現在、市内の企業を訪問して支援に当たっているところでございます。

 6月19日午後3時からは、産業支援センターのオープニングイベントとして、同センターの2階において信州大学工学部の大石修治学部長などによる産学官連携の取り組みについて講演会も計画をしているところであります。多くの皆様が御参加いただければと思っています。

 企業立地推進本部については去る5月22日に立ち上げ、第1回目の会議を開催いたしました。

 この組織は、副市長をトップに全ての部長をメンバーに、新たな企業誘致戦略を考え、市内の企業誘致を図ることにより、地域産業の振興、活性化を進めるためのものであり、第1回目の会合では、一つとして関係機関との連携を図ること、情報収集・発信などの行動計画を確認しました。また、未利用地や空き工場等の情報の共有を図ったところであります。

 2つ目は、長野県東京事務所に派遣しております職員が、ほとんど毎日企業訪問を行っている状況についても報告をいたしました。

 このほかにも、職員や市内企業、事業所の皆さんに県内に立地を検討している企業情報等があれば積極的に提供していただくよう呼びかけていくことも確認をしたところであります。

 一方、施政方針でも申し上げましたが、市内企業や事業所の景況調査や経営上の問題点等のアンケート調査については、現在実施をしているところであります。8月ごろには調査結果をまとめ、今後の施策に反映していきたいと考えています。

 議員各位におかれましても、立地企業を検討している企業情報等がございましたら、ぜひ企業立地推進室に御連絡いただければ幸いに存じます。

 次に、北陸新幹線新駅であります。

 新駅につきましては、市民を初め多くの方々に新駅に対する理解をさらに深めていただくため、新幹線新駅を活かしたまちづくり構想の策定に着手いたしました。

 構想では、まちづくりの将来像を描くとともに、利用者予測や新駅がもたらす経済効果などの波及効果について調査を進めてまいります。

 また、本年1月に結成されました期成同盟会には、市民や団体等を通じて入会を呼びかけておりますが、5月末現在、約3,000人を大きく上回る皆さんが入会されています。

 また、同盟会の活動の一つとして、5月26日、新飯山駅の視察も行ったところであります。新駅建設でまちがどう変わるのか、直接見て知っていただくために企画したものでございます。当日は、約40人の同盟会役員、市職員が参加をいたしました。今後も、市民を対象とした見学会を随時開催をしてまいります。

 一方、広域的な拡大を図り、より大きな力で新駅の誘致運動を進めるため、周辺の長野市や須坂市、松本市、大町市、安曇野市、塩尻市など、中信地区の自治体への新駅の必要性と協力を要請もしてまいりました。各市とも、一定の理解をいただいたものと考えております。

 引き続き、関係する市町村や市民に対し、期成同盟会への参加を呼びかけ、組織の拡大を図ってまいります。

 また、組織強化を図るため、元参議院議員でJR御出身の野沢太三氏を初め、県選出の国会議員10名の皆様に期成同盟会の顧問に就任していただくよう要請をしてまいりました。全員の皆様に顧問をお引き受けをしていただくことができました。今後、中央への働きかけも大変重要でありますので、スピード感を持って活動を展開してまいりたいと考えているところであります。

 なお、期成同盟会総会は、同盟会の役員様ともまた御相談申し上げながら、参議院選後の8月ごろには、顧問を初め、関係市町、企業、団体のほか、多くの市民に御参加いただき、開催できればというふうに思っているところであります。

 次に、新庁舎の建設であります。

 新庁舎建設に向けては、合併によるスケールメリットを生かしつつ、市民の安全・安心を支え、市民ニーズと時代に対応した機能的な庁舎とする必要があることから、新庁舎建設基本構想の策定に着手をいたしました。

 構想では、庁舎の機能の想定、あるいは規模、建設費、建設候補地、スケジュール等について、実現性のある具体的な方策を定めることにしています。

 また、構想の中では現在の3庁舎の今後のあり方を初め、他の公共施設との関係や利便性の向上、効率的な経営のあり方などについてもあわせて検討をしてまいります。

 次に、合併10周年の記念事業についてであります。

 本年は、千曲市合併10周年を迎えます。9月1日に記念式典を開催するともに、公募による14の市民団体の行う自主事業と市主催の20の冠事業を1年をかけて展開をしてまいります。

 また、若手職員の自主活動で製作した10周年ロゴマークや、現在、募集中の御当地キャラクターなどを活用したキャンペーンもあわせて繰り広げてまいります。

 記念事業の取り組みは、市民の一体感と連帯を高めることはもちろん、市外及び県外にも広く千曲市をPRし、観光や移住・定住に効果が上がる契機になればと考えています。

 次に、まちづくりアカデミーの設立についてであります。

 3月議会の施政方針で、市長直属のシンクタンク機能を持つ組織を必要に応じ発足させ、市政の活性化を図ると申し上げました。

 これまで人選や組織について検討をしてまいりました。その概要を申し上げますが、この組織は市長と有識者で構成する、これ、仮称でありますけども、まちづくりアカデミーと称するものでありまして、アカデミーの下部組織には塾、塾長と塾生、これは、相談員といいますか、取りまとめと若手の公募市民や職員で構成する塾であります。こういった若者のまちづくり若者塾を設けるという二本立ての組織を考えており、まちづくりアカデミーは市長みずからがコーディネーターとなるもので、企業経営、大学、シンクタンクなどの専門家で構成し、それぞれの分野で活躍されている専門家から見た千曲市について、忌憚のない意見をいただき、行政に不足している部分を補おうとするものでございます。

 一方、まちづくり若者塾は、若者によるワーキンググループであります。市が抱えている課題等についてテーマを設定し、ワークショップなど意見をまとめ、市長あるいはまちづくりアカデミーへ提言をしていただくという設定でございます。

 現在も、新白鳥園プロデュース会議や、みんなで千曲市のキャラクターを考えようなどのワーキンググループがありますが、これらのグループも含めさらに必要なまちづくり若者塾を幾つか立ち上げていきたいと考えております。

 まちづくりアカデミーでは、まちづくり若者塾からの提言などを得て、専門の立場から検討し、今後の政策や事業の企画立案に反映してまいりたいと考えているところであります。

 最後に、特別職報酬審議会の開催について申し上げます。

 特別職報酬等審議会の開催と報酬の改定については、議会からも御要請をいただいているところでございますが、去る6月3日に第1回の審議会を開催し、新たな委員10名の委嘱と報酬額等についての諮問をさせていただきました。

 今後、数回の会議を開催した後、答申をいただくことになっておりますけども、総合的な判断が必要になってくるというふうに思っているところであります。

 以上申し上げ、諸情勢の報告とさせていただきます。

 なお、各議案に対する提案説明につきましては、私及び副市長から申し上げますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上であります。



○議長(吉田昌弘君) 続いて、山本副市長。

          〔副市長 山本高明君 登壇〕



◎副市長(山本高明君) ただいま議題となりました議案第38号から議案第41号まで、一括提案理由の説明をいたします。

 初めに、議案第38号 千曲市新型インフルエンザ等対策本部条例制定について説明をいたします。

 千曲市新型インフルエンザ等対策本部条例制定については、新型インフルエンザ等対策特別措置法が昨年5月11日に公布され、本年4月13日から施行されたことに伴い、千曲市新型インフルエンザ等対策本部の組織及び運営等に関し必要な事項を定めるため、条例を制定するものであります。

 次に、議案第39号 千曲市公告式条例の一部を改正する条例制定について説明をいたします。

 千曲市公告式条例の一部を改正する条例制定については、ホームページや市役所情報コーナーなど、多様な情報伝達手段を活用する中で、現在、14カ所ある掲示場を更埴庁舎、戸倉庁舎及び上山田庁舎の3カ所に統合し、事務の簡素化を図るものであります。

 次に、議案第40号 千曲市農業委員会に関する条例の一部を改正する条例制定について説明をいたします。

 千曲市農業委員会に関する条例の一部を改正する条例制定については、農業委員会の農地部会、農業金融部会、農業振興部会の3部会を機能的により充実した部会活動が行われるよう、農地部会、農業振興部会の2部会に改編するため、改正するものであります。

 次に、議案第41号 平成25年度千曲市一般会計補正予算(第1号)の議定について説明をいたします。

 このたびの補正は、国・県支出金の補助内示に伴う事業費の追加及び事業の執行上、緊急に必要な経費として総額4,970万円の追加をお願いし、歳入歳出それぞれ251億4,970万円とするものです。

 以下、その主な内容について歳出から順次説明をいたします。

 総務費では、県の補助金であります地域発元気づくり支援金の内示に伴う地域キャラクター制作に係る経費のほか、緊急雇用創出事業として、スポーツ健康都市づくりを進めるための委託料など、1,619万円を追加するものです。

 民生費では、生活保護費の基準額変更に伴うシステム改修費63万円を追加するものです。

 農林水産業費では、本年4月の凍霜害への対応策として、農作物等災害緊急対策事業補助金を追加するほか、県の補助金であります地域発元気づくり支援金の内示に伴う農道補修経費と、新規就農者の認定に伴う青年就農給付金事業補助金、合わせて1,472万4,000円を追加するものです。

 商工費では、天皇皇后両陛下のあんずの里スケッチパークへの行幸啓に係る記念碑建立等の経費と、緊急雇用創出事業として着地型旅行商品の開発や市場開拓を進める委託料、合わせて352万円を追加するものです。

 土木費では、県の補助金であります地域発元気づくり支援金の内示に伴う屋代駅前ロータリーへの植栽等の緑の基本計画推進経費45万4,000円を追加するものです。

 消防費では、国庫補助金の内示に伴い、耐震性防火水槽設置工事請負費973万2,000円を追加するものです。

 教育費では、県補助金の内示に伴う埴生小学校への道徳教育総合支援事業交付金と、前年度に完了を予定していました名勝姨捨整備事業の未施工分に係る国庫補助金返還金、合わせて445万円を追加するものです。

 歳入につきましては、国庫支出金、県支出金、市債の特定財源を追加するほか、差し引き不足財源につきましては、財政調整基金からの繰入金により財源調整を行うものです。

 次に、第2表「地方債補正」につきましては、総合施設整備事業費に充てる合併特例事業債の起債限度額の変更を行うものです。

 以上が、一般会計補正予算(第1号)の概要であります。

 以上、一括提案理由の説明を申し上げましたが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第27 議案第42号 人権擁護委員候補者の推薦について



△日程第28 議案第43号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(吉田昌弘君) 日程第27、議案第42号、日程第28、議案第43号、以上2議案については関連がありますので、一括議題といたします。

 両議案に対する提案説明を求めます。

 岡田市長。

          〔市長 岡田昭雄君 登壇〕



◎市長(岡田昭雄君) ただいま議題となりました議案第42号及び議案第43号 人権擁護委員候補者の推薦について説明をいたします。

 本案につきましては、平成25年9月30日で任期が満了となります大字倉科、宮下正子さんの再任と、大字千本柳、竹内長生さんの後任に、新たに大字内川 赤塩曜子さんを推薦することについて、人権擁護委員法第6条第3項の規定により提案をする次第であります。

 人権擁護委員は、御承知のように、人格、識見が高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護に理解のある方の中から市長が議会の意見を聞いて推薦することになっております。

 御提案いたしました宮下正子さん、赤塩曜子さんにつきましては、人格、識見、力量ともに優れており、最適任者として推薦をしたいので、よろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げる次第であります。

 以上であります。



○議長(吉田昌弘君) 日程第27、議案第42号についてこれより質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第42号については、原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、議案第42号は原案のとおり同意することに決しました。

 日程第28、議案第43号についてこれより質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第43号については、原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、議案第43号は原案のとおり同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第29 議案第44号 平成23年度千曲市立東小学校改築事業普通教室棟・渡り廊下棟建築主体工事変更請負契約の締結について



△日程第30 議案第45号 平成23年度千曲市立東小学校改築特別教室棟・屋内運動場建築主体工事変更契約請負の締結について



○議長(吉田昌弘君) 日程第29、議案第44号 平成23年度千曲市立東小学校改築事業普通教室棟・渡り廊下棟建築主体工事変更請負契約の締結について、日程第30、議案第45号 平成23年度千曲市立東小学校改築特別教室棟・屋内運動場建築主体工事変更契約請負の締結について、関連がありますので、一括議題といたします。

 両議案に対する提案説明を求めます。

 山本副市長。

          〔副市長 山本高明君 登壇〕



◎副市長(山本高明君) ただいま議題となりました議案第44号及び議案第45号について一括提案理由の説明をいたします。

 初めに、議案第44号 平成23年度千曲市立東小学校改築事業普通教室棟・渡り廊下棟建築主体工事変更請負契約の締結について説明をいたします。

 平成24年3月の第1回市議会定例会で御承認をいただきました平成23年度千曲市立東小学校改築事業普通教室棟・渡り廊下棟建築主体工事について、現況地盤高及び土の状態を確認したところ、旧校舎解体時の基礎等の撤去や多数の植樹の伐根により現況地盤高の不足が確認されたこと、また、基礎部分をつくるために土を掘削したところ、埋め戻しに適さない腐植土が広範囲に確認されたため土の不足が生じたこと、施工を円滑に進めるため、工事用出入り口の仮設橋の設置が必要になったことなどから、工事費1,274万7,000円を増額し、契約金額7億4,459万7,000円とするものであります。

 本変更契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号の規定による議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 次に、議案第45号 平成23年度千曲市立東小学校改築特別教室棟・屋内運動場建築主体工事変更契約請負の締結について説明をいたします。

 平成24年3月の第1回市議会定例会で御承認いただきました平成23年度千曲市立東小学校改築特別教室棟・屋内運動場建築主体工事について、普通教室棟と同様に現況地盤高を確認したところ、旧校舎解体時の基礎等の撤去や多数の植樹の伐根により現況地盤高が不足したため盛り土の不足が生じたこと、また、施工を円滑に進めるため工事用出入り口の仮設橋の設置が必要になったこと、屋内運動場メーンバスケットボールゴールの耐震化方法について、文部科学省から示された内容に基づき施工を実施することから、工事費744万4,500円を増額し、契約金額7億8,556万8,000円とするものであります。

 本変更契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号の規定による議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 以上、一括提案理由の説明を申し上げましたが、よろしく御審議の上、御決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(吉田昌弘君) 日程第29、議案第44号について質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第44号については、原案可決と決するに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、議案第44号は原案のとおり可決されました。

 日程第30、議案第45号について質疑に入ります。通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第45号については、原案可決と決するに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、議案第45号は原案のとおり可決されました。

 以上で、本日の日程は終了いたしました。

 これをもちまして、本日の会議を散会といたします。御苦労さまでした。

                            午前11時11分 散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−