議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 千曲市

平成25年  3月 定例会(第2回) 03月18日−06号




平成25年  3月 定例会(第2回) − 03月18日−06号









平成25年  3月 定例会(第2回)



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            平成25年3月18日(月曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 議事日程(第6号)

   平成25年3月18日(月曜日)              午前10時 開議

 第1 議員の派遣について

 第2 議案第36号 平成24年度千曲市立東小学校改築事業備品購入契約の締結について

 第3 議案第37号 千曲市第1学校給食センター建設用地の取得について

 第4 委員長報告

    議案第5号 千曲市一般職の任期付職員の採用等に関する条例制定について

                            (総務文教常任委員長)

    議案第6号 千曲市工場立地法準則条例制定について

                            (建設経済常任委員長)

    議案第7号 千曲市あんずの里スケッチパーク条例の全部を改正する条例制定について

                            (建設経済常任委員長)

    議案第8号 千曲市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例等の一部を改正する条例制定について

                            (総務文教常任委員長)

    議案第9号 千曲市特別職の職員等の旅費又は費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について

                            (総務文教常任委員長)

    議案第10号 千曲市職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例制定について

                            (総務文教常任委員長)

    議案第11号 千曲市防災会議条例の一部を改正する条例制定について

                            (総務文教常任委員長)

    議案第12号 千曲市産業支援センター条例の一部を改正する条例制定について

                            (建設経済常任委員長)

    議案第13号 千曲市商工業振興条例の一部を改正する条例制定について

                            (建設経済常任委員長)

    議案第14号 千曲市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例制定について

                            (建設経済常任委員長)

    議案第15号 千曲市都市公園条例の一部を改正する条例制定について

                            (建設経済常任委員長)

    議案第16号 千曲市少年補導センター条例の一部を改正する条例制定について

                            (総務文教常任委員長)

    議案第17号 千曲市博物館条例の一部を改正する条例制定について

                            (総務文教常任委員長)

    議案第18号 平成24年度千曲市一般会計補正予算(第6号)の議定について

                              (関係常任委員長)

    議案第19号 平成24年度千曲市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の議定について

                            (福祉環境常任委員長)

    議案第20号 平成24年度千曲市介護保険特別会計補正予算(第3号)の議定について

                            (福祉環境常任委員長)

    議案第21号 平成24年度千曲市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の議定について

                            (福祉環境常任委員長)

    議案第22号 平成24年度千曲市下水道事業会計補正予算(第1号)の議定について

                            (建設経済常任委員長)

    議案第23号 平成25年度千曲市一般会計予算の議定について

                              (関係常任委員長)

    議案第24号 平成25年度千曲市国民健康保険特別会計予算の議定について

                            (福祉環境常任委員長)

    議案第25号 平成25年度千曲市同和対策住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の議定について

                            (福祉環境常任委員長)

    議案第26号 平成25年度千曲市介護保険特別会計予算の議定について

                            (福祉環境常任委員長)

    議案第27号 平成25年度千曲市駐車場事業特別会計予算の議定について

                            (福祉環境常任委員長)

    議案第28号 平成25年度千曲市戸倉温泉施設事業特別会計予算の議定について

                            (福祉環境常任委員長)

    議案第29号 平成25年度千曲市後期高齢者医療特別会計予算の議定について

                            (福祉環境常任委員長)

    議案第30号 平成25年度千曲市下水道事業会計予算の議定について

                            (建設経済常任委員長)

    議案第31号 平成25年度千曲市西部水道事業会計予算の議定について

                            (建設経済常任委員長)

    議案第32号 長野広域連合規約の一部を改正する規約制定について

                            (福祉環境常任委員長)

    議案第33号 千曲市の特定の事務の取扱いに関する郵便局の指定について

                            (福祉環境常任委員長)

    議案第34号 千曲市あんずの里スケッチパークの指定管理者の指定について

                            (建設経済常任委員長)

    議案第35号 市道路線の変更について

                            (建設経済常任委員長)

    請願第1号 女性農業委員登用に関する請願

                              (議会運営委員長)

    請願第2号 県立屋代中学校のグラウンド設置に関する意見書提出を求める請願

                            (総務文教常任委員長)

    請願第3号 介護、福祉の補助金制度に関する意見書提出に関する請願

                            (福祉環境常任委員長)

 第5 常任委員会の閉会中の継続審査又は特定事件の調査の件及び議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査の件

● 追加議事日程(第6号の追加1)

 第6 議会第6号 県立屋代中学校のグラウンド設置に関する意見書(案)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 本日の会議に付した事件……前記議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 出席議員(22名)

    1番   倉島清香君       12番   宮入高雄君

    2番   宮下正光君       13番   和田英幸君

    3番   前田きみ子君      14番   森 義一郎君

    4番   大澤洋子君       15番   宮坂重道君

    5番   袖山廣雄君       16番   中沢政好君

    6番   小川修一君       17番   和田重昭君

    7番   柳澤眞由美君      18番   中村直行君

    8番   小玉新市君       19番   田沢佑一君

    9番   中村了治君       20番   原 利夫君

   10番   小山嘉一君       21番   荻原光太郎君

   11番   林 愛一郎君      22番   吉田昌弘君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 説明のため出席した者の職氏名

   市長        岡田昭雄君   建設部長      知野秋利君

   副市長       山本高明君   教育委員長     赤地憲一君

   総務部長      柳澤正彦君   教育長       吉川弘義君

   企画政策部長    平林昌男君   監査委員      若林民雄君

   市民環境部長    米澤辰男君   教育部長      緑川 茂君

   健康福祉部長    寺澤清充君   会計管理者     小池洋一君

   経済部長      高松保雄君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 事務局出席者氏名

   議会事務局長    永井圭二君   議会事務局次長   荒川幸正君

   議事係長兼調査係長 渡島秀男君   書記        澤上 瑛君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 午前10時 開議



○議長(吉田昌弘君) おはようございます。定足数に達しておりますので、ただいまから、本日の会議を開きます。

 議員の欠席等がありますので、事務局長から報告をさせます。



◎事務局長(永井圭二君) 御報告いたします。15番 宮坂重道議員は、所用のため、遅刻するとの報告がございました。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議員の派遣について



○議長(吉田昌弘君) 日程第1、議員の派遣についてを議題といたします。地方自治法第100条第13項及び会議規則第160条の規定による議員の派遣については、お手元に配付のとおりであります。

 お諮りいたします。

 お手元に配付のとおり、議員を派遣すると決するに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、お手元に配付とおり、議員を派遣することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第36号 平成24年度千曲市立東小学校改築事業備品購入契約の締結について



△日程第3 議案第37号 千曲市第1学校給食センター建設用地の取得について



○議長(吉田昌弘君) 日程第2、議案第36号及び日程第3、議案第37号、以上2議案を一括議題といたします。

 議案に対する提案説明を求めます。山本副市長。

          〔副市長 山本高明君 登壇〕



◎副市長(山本高明君) ただいま議題となりました議案第36号 平成24年度千曲市立東小学校改築事業備品購入契約の締結について説明をいたします。

 千曲市立東小学校改築事業に伴い、同校に整備いたします備品の購入について、2月13日、指名競争入札を実施し、これにより、金額2,793万円で、北川商事代表者北川正美と、2月18日付で仮契約を締結しております。つきましては、平成24年度千曲市立東小学校改築事業備品購入契約の締結について、地方自治法第96条第1項第8号の規定による議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

 次に、議案第37号 千曲市第1学校給食センター建設用地の取得について説明をいたします。

 本用地の取得は、千曲市第1学校給食センター建設に伴う用地として取得するものであります。取得をする土地は稲荷山地区の国道403号に隣接する土地で、地権者3名、総面積6,102.18平方メートルですが、今回、提案する土地は仮契約を締結した地権者2名、取得面積5,243.51平方メートルであります。

 土地単価については、近傍地における地価公示価格の状況を踏まえ、1平方メートル当たり2万5,600円で合意し、3月12日、地権者2名と1億3,423万3,856円で仮契約を締結いたしました。

 なお、残り1名については、代替地を希望されているため、関係機関と調整を図っているところであります。つきましては、地方自治法第96条第1項第8号の規定による議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 以上、一括提案理由の説明を申し上げましたが、よろしく御審議の上、御決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(吉田昌弘君) 日程第2、議案第36号について質疑に入ります。質疑の通告がありませんので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより、討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、直ちに採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第36号については、原案可決と決するに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、議案第36号については、原案のとおり可決されました。

 日程第3、議案第37号について質疑に入ります。質疑の通告がありませんので質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。

 これより、討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論を終結し、直ちに採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第37号については、原案可決と決するに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、議案第37号については、原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 委員長報告



△議案第5号 千曲市一般職の任期付職員の採用等に関する条例制定について(総務文教常任委員長)



△議案第6号 千曲市工場立地法準則条例制定(建設経済常任委員長)



△議案第7号 千曲市あんずの里スケッチパーク条例の全部を改正する条例制定について(建設経済常任委員長)



△議案第8号 千曲市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例等の一部を改正する条例制定について(総務文教常任委員長)



△議案第9号 千曲市特別職の職員等の旅費又は費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について(総務文教常任委員長)



△議案第10号 千曲市職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例制定について(総務文教常任委員長)



△議案第11号 千曲市防災会議条例の一部を改正する条例制定について(総務文教常任委員長)



△議案第12号 千曲市産業支援センター条例の一部を改正する条例制定について(建設経済常任委員長)



△議案第13号 千曲市商工業振興条例の一部を改正する条例制定について(建設経済常任委員長)



△議案第14号 千曲市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例制定について(建設経済常任委員長)



△議案第15号 千曲市都市公園条例の一部を改正する条例制定について(建設経済常任委員長)



△議案第16号 千曲市少年補導センター条例の一部を改正する条例制定について(総務文教常任委員長)



△議案第17号 千曲市博物館条例の一部を改正する条例制定について(総務文教常任委員長)



△議案第18号 平成24年度千曲市一般会計補正予算(第6号)の議定ついて(関係常任委員長)



△議案第19号 平成24年度千曲市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の議定について(福祉環境常任委員長)



△議案第20号 平成24年度千曲市介護保険特別会計補正予算(第3号)の議定について(福祉環境常任委員長)



△議案第21号 平成24年度千曲市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の議定について(建設経済常任委員長)



△議案第22号 平成24年度千曲市下水道事業会計補正予算(第1号)の議定について(建設経済常任委員長)



△議案第23号 平成25年度千曲市一般会計予算の議定について(関係常任委員長)



△議案第24号 平成25年度千曲市国民健康保険特別会計予算の議定について(福祉環境常任委員長)



△議案第25号 平成25年度千曲市同和対策住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の議定について(福祉環境常任委員長)



△議案第26号 平成25年度千曲市介護保険特別会計予算の議定について(福祉環境常任委員長)



△議案第27号 平成25年度千曲市駐車場事業特別会計予算の議定について(福祉環境常任委員長)



△議案第28号 平成25年度千曲市戸倉温泉施設事業特別会計予算の議定について(福祉環境常任委員長)



△議案第29号 平成25年度千曲市後期高齢者医療特別会計予算の議定について(福祉環境常任委員長)



△議案第30号 平成25年度千曲市下水道事業会計予算の議定について(建設経済常任委員長)



△議案第31号 平成25年度千曲市西部水道事業会計予算に議定について(建設経済常任委員長)



△議案第32号 長野広域連合規約の一部を改正する規約制定について(福祉環境常任委員長)



△議案第33号 千曲市の特定の事務の取扱いに関する郵便局の指定について(福祉環境常任委員長)



△議案第34号 千曲市あんずの里スケッチパークの指定管理者の指定について(建設経済常任委員長)



△議案第35号 市道路線の変更について(建設経済常任委員長)



△請願第1号 女性農業委員登用に関する請願(議会運営委員長)



△請願第2号 県立屋代中学校のグラウンド設置に関する意見書提出を求める請願(総務文教常任委員長)



△請願第3号 介護、福祉の補助金制度に関する意見書提出に関する請願(福祉環境常任委員長)



○議長(吉田昌弘君) 日程第4、委員長報告、議案第5号から議案第35号まで、並びに、請願第1号から請願第3号まで、以上34議案を一括議題といたします。

 これより、各委員長から審議結果の報告を求めます。

 初めに、宮入総務文教常任委員長。

          〔総務文教常任委員長 宮入高雄君 登壇〕



◆総務文教常任委員長(宮入高雄君) 総務文教常任委員長報告を申し上げます。本定例会におきまして、当委員会に付託となりました案件の審査のため委員会を開催しましたので、その経過と結果を御報告申し上げます。

 まず、議案第5号 千曲市一般職の任期付職員の採用等に関する条例制定について、審査では、任期付き職員の採用について質疑があり、採決の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第8号 千曲市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例等の一部を改正する条例制定については、議案第9号 千曲市特別職の職員等の旅費又は費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第10号 千曲市職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例制定について、議案第11号 千曲市防災会議条例の一部を改正する条例制定について、議案第16号 千曲市少年補導センター条例の一部を改正する条例制定について、議案第17号 千曲市博物館条例の一部を改正する条例制定について、以上の6議案は、慎重審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第18号 平成24年度千曲市一般会計補正予算(第6号)の議定について、当委員会に付託となりました歳入補正全般、繰越明許費補正、債務負担行為補正、地方債補正、歳出補正中の第2款総務費1項8目を除く案件、第10款教育費、第12款公債費について申し上げます。審査では、歳入補正において、市民税、固定資産税、入湯税などについて質疑があり、歳出補正において、退職手当において質疑があり、採決の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第23号 平成25年度千曲市一般会計予算の議定について、当委員会に付託となりました歳入全般、債務負担行為、地方債、歳出中第1款議会費、第2款総務費1項8目と3項を除く案件、第3款民生費の2項2目、第8款土木費の1項1目、土木総務費中の基金繰出金、第9款消防費、第10款教育費2項と5項4目を除く案件、第11款災害復旧費の3項、第12款公債費、第13款諸支出金、第14款予備費について申し上げます。審査では、歳入において、固定資産税、入湯税、広告掲載料、税外収入などについて質疑があり、歳出では、総務費のホームページ管理委託料、新庁舎建設基本構想作成委託料、千曲市誕生10周年記念事業費、総合防災訓練費、参議院議員通常選挙費などについて、教育費の公民館管理運営事業費、図書館の図書購入費、体育施設整備事業費、成人式開催事業費、学校給食センター管理運営事業費などについて質疑があり、討論では、新幹線新駅設置促進委託料について、昨年より増額計上したことに反対であるとの反対討論がありました。採決の結果、賛成多数で、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 次に、請願第2号 県立屋代中学校のグラウンド設置に関する意見書提出を求める請願について申し上げます。審査では、願意妥当と認め、採択すべきとの意見が出され、採決の結果、全会一致で採択すべきものと決定しました。なお、本請願の趣旨に基づき、県立屋代中学校のグラウンド設置に関する意見書について審査を行い、全会一致で意見書案を提出することに決定しました。

 次に、陳情第1号 入札参加資格に関する陳情についてを申し上げます。審査では、市内業者を優先することは必要なことであるが、競争性の確保のため、必要に応じて、市内にある支店、営業所を入札に参加させることは妥当であるので、不採択すべきとの意見が出され、採決の結果、全会一致で不採択すべきものと決定しました。また、本委員会の所管事項にかかわる特定事件について、閉会中も調査が必要でありますので、議会会議規則第104条の規定により、議長に対し、閉会中の特定事件の継続調査の申し出を行いました。

 以上、当委員会における審査の経過と結果について、御報告を申し上げましたが、議員各位の御賛同のほどよろしくお願い申し上げまして、委員長報告を終わります。



○議長(吉田昌弘君) 続いて、小山福祉環境常任委員長。

          〔福祉環境常任委員長 小山嘉一君 登壇〕



◆福祉環境常任委員長(小山嘉一君) 福祉環境常任委員長報告を申し上げます。

 本定例会において、本委員会に付託となりました議案13件、請願1件について、審査の経過と結果について御報告を申し上げます。

 議案第18号 平成24年度千曲市一般会計補正予算(6号)の議定について申し上げます。本委員会に付託となりました歳出補正中第2款総務費、第3款民生費、第4款衛生費について申し上げます。審査では、第2款総務費では、しなの鉄道安全輸送設備整備事業負担金について質疑があり、第4款衛生費では、ごみ焼却施設周辺環境整備基本計画の策定業務の削減について質疑があり、審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、議案第19号 平成24年度千曲市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の議定については、慎重審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、議案第20号 平成24年度千曲市介護保険特別会計補正予算(第3号)の議定について申し上げます。審査では、債務負担行為について質疑があり、審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、議案第21号 平成24年度千曲市後期高齢者医療特別会計補正予算(1号)の議定については、慎重審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、議案第23号 平成25年度千曲市一般会計予算の議定について、本委員会に付託となりました歳出中第2款総務費1項8目及び3項、第3款民生費2項2目を除く案件、第4款衛生費1項6目公害対策費中水洗化促進事業費及び3項を除く案件、第10款教育費2項及び5項4目について申し上げます。審査では、第2款総務費では、運輸通信対策事業費の長野電鉄活性化協議会負担金、しなの鉄道安全輸送設備整備事業負担金、デマンド乗合タクシー運行事業負担金や運行計画について、循環バス運行事業の公共交通システム調査計画業務委託料について質疑があり、第3款民生費では、福祉監査室運営事業費の内容について、地域福祉推進事業費の社会福祉協議会運営費補助金について、住宅生活支援対策事業費の住宅扶助費について、障害者援護一般事業の憩いの家事業費負担金について、介護・訓練等給付援護事業費の扶助費について、高齢者にやさしい住宅改良促進事業費の内容について、福祉医療費給付事業費の窓口無料化について、消費者保護対策事業費の補償費について、防犯活動事業費の委託料について、温泉施設管理運営事業費の温泉施設購入費について、人権政策推進事業費の内容について、子育て支援センター管理運営事業費の修理費について質疑があり、第4款では、衛生費、予防対策事業費の報酬及び委託料について、子宮頸がんワクチン予防接種の啓発について、地域医療対策事業費の篠ノ井総合病院の補助金について、広域焼却施設対策事業費の委託料について、一般廃棄物処理施設建設候補地まちづくり支援事業の内容について質疑があり、討論では、人権政策推進事業費の補助金が特定の団体に交付を予定されていることから反対討論があり、これからの社会保障費は年々増加することや、高齢化に向かう中、抑制の努力を行われていること、予防等に努めている投資的な経費に配慮されている点、市民の安全、安心の全般にわたる福祉政策に対して配慮されていることから、賛成討論があり、採決の結果、賛成多数で、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、議案第24号 平成25年度千曲市国民健康保険特別会計予算の議定について申し上げます。審査では、事務費等、繰入金が少ないので、法定外の一般会計からの増額の繰り入れについて、医療費や国保税について、千曲市の県内19市の中での順位などに質問があり、討論では、国保税を下げるには、一般会計からの法定外繰入金が少ないため、反対討論があり、保険給付費は県内19市の中で多い順となっていますが、国保税は低い順となっており、国保政策に対して特段の配慮がされており、理解できることから、賛成討論があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、議案第25号 平成25年度千曲市同和対策住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の議定については、審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、議案第26号 平成25年度千曲市介護保険特別会計予算の議定について申し上げます。審査では、介護予防ケアマネジメント事業費や、介護認定、介護予防、介護施設について質疑があり、審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議案第27号 平成25年度千曲市駐車場事業特別会計予算の議定について申し上げます。審査では、特別会計の継続について審議があり、審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議案第28号 平成25年度千曲市戸倉温泉施設事業特別会計予算の議定について申し上げます。審査では、憩いの家事業の存続について質疑があり、審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議案第29号 平成25年度千曲市後期高齢者医療特別会計予算の議定について、議案第32号 長野広域連合規約の一部を改正する規約制定について、議案第33号 千曲市の特定の事務の取扱いに関する郵便局の指定について。以上3議案は、慎重審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、請願第3号 介護、福祉の補助金制度に関する意見書提出に関する請願について申し上げます。審査では、多額の工事費がかかる中で、申請をして設置する家族があるのか。高齢者などの身体の状況は、変化をしていく中で必要なのか。現在、介護保険で認められているポータブルトイレで十分ではないか、などの意見が出され、審査の結果、本請願は、全会一致で不採択と決定いたしました。

 なお、本委員会の所管事項にかかわる特定事件については、閉会中の審査及び調査が必要でありますので、議会会議規則第104条の規定により、議長に対し、閉会中の特定事件の継続調査の申し出を行いました。

 以上、本委員会で審査いたしました議案の審査の経過と結果について御報告申し上げましたが、議員各位におかれましては、よろしく御賛同を賜りますようお願いを申し上げ、委員長報告を終わります。



○議長(吉田昌弘君) 続いて、林建設経済常任委員長。

          〔建設経済常任委員長 林 愛一郎君 登壇〕



◆建設経済常任委員長(林愛一郎君) 建設経済常任委員長報告を申し上げます。

 本定例会において、本委員会に付託となりました議案の審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 初めに、議案第6号 千曲市工場立地法準則条例制定について申し上げます。本議案については、慎重審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第7号 千曲市あんずの里スケッチパーク条例の全部を改正する条例制定について申し上げます。審査では、施設利用料金についての質疑があり、採決の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第12号 千曲市産業支援センター条例の一部を改正する条例制定について及び議案第13号 千曲市商工業振興条例の一部を改正する条例制定について、以上2議案については、慎重審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第14号 千曲市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例制定について申し上げます。審査では、対象年齢を引き上げた理由及び超過時間の確認についてなど質疑があり、採決の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第15号 千曲市都市公園条例の一部を改正する条例制定については、慎重審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第18号 平成24年度千曲市一般会計補正予算(第6号)の議定について申し上げます。本委員会に負担となりました歳出補正中、第6款農林水産業費、第8款土木費について審査いたしました。第6款農林水産業費では基金積み立ての目的について、第8款土木費では街路整備事業費について質疑があり、採決の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、議案第22号 平成24年度千曲市下水道事業会計補正予算(第1号)の議定については、慎重審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、議案第23号 平成25年度千曲市一般会計予算の議定について申し上げます。本委員会に負担となりました歳出中、第4款衛生費1項6目公害対策費中水洗化促進事業費及び3項、第5款労働費、第6款農林水産業費、第7款商工費、第8款土木費1項1目土木総務費中基金繰出金を除く、第11款災害復旧費3項を除くについて審査いたしました。第5款労働費では更埴地域勤労者共済会運営負担金について及び地域職業相談事業費について、第6款農林水産業費では農業委員会費について及び松くい虫防除対策事業費について、第7款商工費では中小企業金融対策事業費及び企業経営戦略分析業務委託料について、第8款土木費では、市道管理システム構築業務委託料及び道路台帳整備委託料についてそれぞれ質疑があり、討論では、松くい虫防除対策について薬剤の空中散布による健康への被害が指摘されているが、空中散布にかわる対応がなされていない、また、空中散布の事業主体が県から市になることで、空中散布による健康被害があった場合の責任を市でとるにはリスクが大きすぎるとの反対討論と、松くい虫防除対策について空中散布による効果が出ており、健康面での心配がされているが、健康被害は出ていないという点及び長野県が森林を守るという観点で森林税を課している点から、空中散布は続けるべきである。また、休耕地対策、住宅リフォーム支援事業等、前向きな予算編成であるとの賛成討論があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第30号 平成25年度千曲市下水道事業会計予算の議定について申し上げます。審査では、下水道未接続者への接続率向上の取り組みについて及び下水道使用料についてなど質疑があり、採決の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議案第31号 平成25年度千曲市西部水道事業会計予算の議定について、議案第34号 千曲市あんずの里スケッチパークの指定管理者の指定について、議案第35号 市道路線の変更について、以上3議案につきましては、慎重審査の結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、本委員会の所管事項にかかわる特定事件について、閉会中も調査が必要でありますので、議会会議規則第104条の規定により、議長に対し、閉会中の特定事件の調査の申し出を行いました。

 以上、本委員会における審査の経過と結果について御報告申し上げましたが、議員各位の御賛同のほどをよろしくお願い申し上げまして、委員長報告を終わります。



○議長(吉田昌弘君) 続いて、原議会運営委員長。

          〔議会運営委員長 原 利夫君 登壇〕



◆議会運営委員長(原利夫君) 議会運営委員長報告を申し上げます。

 まず、本定例会におきまして、本委員会に付託となりました請願審査のため、委員会を開催いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 請願第1号 女性農業委員登用に関する請願について、慎重審査を期するため、請願者並びに紹介議員の出席を求め、審査いたしました。審査では、平成19年3月議会と平成22年3月議会への同様の陳情に対する審査結果や、県内19市の状況並びに千曲市の農業委員の現状等の資料を基礎に審査を行い、委員からは、千曲市の農業施策を担う大事な職であり、男女を問わない、趣旨はわかるが、現在、推薦している農業委員が活躍しているなどの意見が出され、採決の結果、賛成多数で、趣旨採択すべきものと決定いたしました。この際、閉会中の所掌事務調査として、本委員会に、議長から諮問されておりました議会活性化の方策についてを審査するため委員会を開催いたしましたので、その経過と結果についてを本定例会までの中間の報告を申し上げます。本日までに、視察、調査も含め、5回の委員会を開催いたしました。

 1つ、議員定数については、6月議会までに、引き続き答申をまとめることとし、検討を重ねることといたしました。

 2つ、議員報酬については、合併以来開催されていない千曲市特別職報酬等審議会を早急に開催すること。また、議員報酬は、長野県下19市の現状を勘案し、均衡のとれた改定を行うことの2点について市長に要請することとし、本日、議長に答申いたします。

 3、予算並びに決算特別委員会については、現在、歳入についても、各常任委員会において必要に応じ説明を求めることができるとしたため、委員会の設置は必要ないとの合意に至りました。

 4、議会基本条例の制定については、現状において、当市議会は議会改革が進んでいるため、当面、必要がないとの意見が多数を占めましたが、引き続き検討課題とすることといたしました。

 以上、本委員会で審査いたしました請願の審査経過と結果について、並びに議会活性化の方策についての中間報告を申し上げましたが、議員各位におかれましては、よろしく、御賛同を賜りますようお願い申し上げ、委員長報告といたします。



○議長(吉田昌弘君) 以上で、委員長報告が終わりました。

 これより、委員長報告に対する質疑を行います。

 御質疑はございませんか。

          (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 進行の声がありますので、以上で質疑を終結いたします。

 これより、討論に入ります。

 議案第5号から議案第22号まで、以上18議案については討論の通告がありませんので、討論を終結し、直ちに採決いたします。

 お諮りいたします。

 各議案については、各関係常任委員長報告のとおり、原案可決と決するに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、議案第5号から議案第22号まで、以上18議案については、原案のとおり可決されました。

 議案第23号 平成25年度千曲市一般会計予算の議定について、討論に入ります。討論の通告がありますので、発言を許します。

 19番、田沢佑一議員。

          〔19番 田沢佑一君 登壇〕



◆19番(田沢佑一君) 19番、田沢佑一。私は、日本共産党千曲市議団を代表して、議案第23号 平成25年度千曲市一般会計予算に反対の立場から討論いたします。

 本予算は、昨年度末の総選挙の結果から、第2次安倍内閣の発足に伴い、大型補正予算が成立したため、平成24年度千曲市一般会計補正予算(第6号)とあわせて、国で言ってるように、15カ月予算と言わざるを得ません。実際、この補正予算に盛り込まれた公共事業は繰越明許費補正となっていることからも明らかであります。さて、この議案第18号では、あえて反対いたしませんでしたが、委員会審議の過程では、国の補正予算の特徴が、一言でいって、公共事業の復活でした。これに対する市の対応は、一般的、受動的対応であり、目的意識に欠けた対応であると批判いたしました。具体的に申し上げれば、かつて、米沢生久前議員が、この議場で、何度も合併特例債を使い切って都市計画道路千曲線の早期完成を訴えておられました。私は、今回のような場合、国の補正に対する対応としては、意識的に国の施策を取り込み、千曲線の早期完成を図ることが一体感の醸成と市の発展につながると確信いたします。さて、平成25年度一般会計予算でありますが、先ほどの、24年度補正予算と合わせますと、260億円を超える過去最大の当初予算になります。既に、平成24年度は、このたびの6号補正で264億円になりました。

 前置きはこのくらいにして、反対理由を申し上げます。最初は、新幹線対策事業費641万5,000円は、6号補正で1,000万円が繰越明許されておりますから、合わせて1,641万5,000円の予算づけは、前々から指摘しておりますように無駄遣いです。私ども共産党議員団は、これからも一層、新幹線新駅に頼らない地域づくり、活性化について、さまざまな角度から積極的に提言してまいります。

 次に、民生費の中で、国民健康保険特別会計繰出金は、今日の、高すぎる国保税滞納金の実態を直視するならば、繰出金の大幅増額が必要であります。また、人権政策事業費の中で、とりわけ、人権政策推進事業費補助金250万円は、名前を変えた運動団体への補助金であり、この間、多くの補助金をどんどん削減、廃止をしてきた中で、到底認められません。しかも、いつのまにか、50万円も増額されました。人権教育費620万4,000円も、この本質は、かつての同和教育であり、今日、抜本的改善をしないまま、漫然と、この人権教育を続ければ続けるほど、市民の深部に逆差別なる意識を生み出しかねません。

 最後に松くい虫防除に対する空中散布は、市民の健康を考えれば、即刻やめるべきと考えます。有効事例が確認されております適期伐倒駆除に、今まで以上に力を注ぐべきと考えます。以上、議案第23号 平成25年度千曲市一般会計予算の議定に対し、日本共産党議員団を代表して反対するものであります。

 以上。



○議長(吉田昌弘君) 16番、中沢政好議員。

          〔16番 中沢政好君 登壇〕



◆16番(中沢政好君) 16番、千曲政経会の中沢政好でございます。代表して、ただいま議題となっております議案第23号 平成25年度千曲市一般会計の議定に対し、賛成の立場から討論を行います。

 御案内のように、安倍政権発足後、間もない中で、長い間の間のデフレ脱却を目指し、矢継ぎ早な景気回復への政策を打ち出し、大胆な金融緩和や財政出動、さらには、成長戦略を3本の矢になぞらえて、アベノミクスと称した機動的な財政政策を積極的に進めている今日であります。今国会に提案されている2013年度一般会計の政府予算案は92兆6,115億円と、過去最大であり、13兆円を超える12年度補正予算を合わせた15カ月予算は、100兆円をまさに超える大規模な予算編成をし、公共事業や企業政策に重点を置いた景気浮揚策、3・11の復興、さらには、防災、減災対策、新エネルギーへの対応などが主たる内容となっております。

 一方では、財政規律に一抹の不安を残し、先進諸国で類を見ない借金大国が一段と進み、国と地方を合わせた長期債務残高は977兆円となり、国民総金融資産額に近づき、またGDPの200%を上回る最悪の国家財政となったことは御案内のとおりであります。地方にあっては、景気回復を優先した投資減税や今後の消費税引き上げを意識した税制改正など、地方財政への悪影響が危惧され、地方財政計画にあっても、引き続き厳しく、また財源配分も不明確であり、今後注意深く見ていかなければなりません。

 このような状況下の中にあって、市の新年度予算編成は岡田市政初の通年予算であり、まちづくりにかける熱い思いが、新たな視点での取り組みから、過去最大となる251億円の意欲的な予算としたことから、市政発展にさらに大きく踏み出すものと確信をするところであります。

 以下、特徴的な事項を申し上げますが、まず歳入についてであります。歳入総額の28.8%を占める市税のうち、個人市民税は昨年とほぼ同額でありますが、法人市民税にあっては、昨年度の状況や法人税率の引き下げ、景気見通しなどから、対前年度比20.4%減と大幅に落ち込み、また固定資産税は地価の下落や企業の設備投資の期待薄から、若干の減少と見込み、このことから市税は対前年度比1.3%減の72億2,876万円の計上であります。

 地方交付税は地方財政計画や公務員給与の引き下げに伴う4,000億円のマイナス分、さらには昨年度の実績を勘案し、ほぼ前年度並みとなっております。

 また、市債にあっては、計上事業として取り組んでいる文教施設や幹線道路の整備など、合併特例債16事業に15億円を起債し、地方交付税の不足分を補う臨時財政対策債など、総額39億9,280万円の市債を発行し、収支の均衡を図っております。

 基金については近く予定されている大型事業に備えて、財政調整基金等は取り崩すことなく、過去最高ともなる約89億円を留保したことは今年度の財政運営上極めて適切であり、評価に値するものであります。

 しかしながら、自主財源は39%で約98億円、61%の約153億円は他に依存する財源であり、2030年には合併特例による優遇措置が終わることを考えるとき、新たな財源や歳出の見直し等、確固たる覚悟をもって行政経営に当たることが強く求められるところであります。

 次に、歳出であります。市政方針の重点施策として、市内経済の活性化を位置づけ、雇用の創出、若者の定住化、既存企業への支援、新たな企業立地促進等、産業活動を活発にさせるための関連予算や組織機構の見直し、知識、経験を持つ専門的職員の人員配置、また情報収集機能の向上対策などにも財源配分をしたことに注目し、その効果を期待するところであります。また、安心安全なまちづくりを進める上からも、質の高い地域医療体制を確保していくことは極めて重要で厚生連篠ノ井総合病院改築へ財政支援、認知症高齢者グループホームなどの整備、老朽化した上山田保育園や、引き続き東小学校の改築、さらには戸倉上山田中学校、更埴西中学校屋内運動場、第一学校給食センターの改築などに関連事業費を盛り込み、また市民会議により検討を重ねてきた白鳥園の改築事業等も、多くの市民に答えていく姿勢が評価されるものであります。

 都市基盤の整備にあっては、合併支援道路の千曲線や旧国道線、戸倉駅前線の都市計画街路事業なども引き続き整備し、また公園緑地、市の将来を大きく左右する新幹線新駅設置にかかわる関連経費や文化財保護、防災、新エネルギー対策、観光農業等、各分野に目配りをした予算配分の様子がうかがわれ、さらには合併10年目の節目としての合併記念事業など、各般にわたっての行政意欲の感じる予算であります。

 以上、特筆すべきものを申し上げましたけども、長く地方行政にかかわり、豊富な経験と新たな視点を持って、市政に順調にスタートさせた岡田市長に、市民の期待は大なるものがあり、本予算の内容も十分理解されるものと思う次第であります。市民の血税をもっての予算であります。最小の経費で最大の効果が上がるよう、職員ともども一丸となって知恵を出し合い、持てる行政力を十分に発揮し、また市長の強いリーダーシップとスピード感をもっての行政経営に当たられ、脈々と発展していく千曲市の創造を強く求め、本予算の議定に賛成するものであります。

 議員各位の御賛同を賜りたく、お願いを申し上げ、賛成討論といたします。よろしくお願いします。



○議長(吉田昌弘君) 以上で、通告による討論は終わりました。討論終結し、直ちに採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第23号については、関係常任委員長報告のとおり原案可決と決するに賛成の議員の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(吉田昌弘君) 起立多数。よって、議案第23号 平成25年度千曲市一般会計予算案の議定については、原案のとおり可決されました。

 議案第24号 平成25年度千曲市国民健康保険特別会計予算の議定について、討論に入ります。討論の通告がありますので、発言を許します。3番、前田きみ子議員。

          〔3番 前田きみ子君 登壇〕



◆3番(前田きみ子君) 議席番号3番、前田きみ子です。

 私は日本共産党千曲市議団を代表して、ただいま提案されております議案第24号 平成25年度千曲市国民健康保険特別会計予算の議定についてを反対の立場から討論いたします。

 平成25年度千曲市国民健康保険特別会計予算では、繰入金が3億2,000万円で、一般会計繰入金の事務費等繰入金は1億3,088万4,000円です。国保への加入者は国民皆保険のスタート当初、国保世帯主の大部分は農林水産業と自営業でした。しかし、現在では非正規労働者を初めとする被用者と年金生活などの無職者が7割以上を占めるようになっています。バブル崩壊直前の1990年度の国保加入者世帯の平均所得は年240万円でしたが、2010年度は148万円まで落ち込みました。不況、構造改革による自営業者や農家の経営難とともに、雇用破壊で低賃金の非正規労働者が大量に国保に流入したこと、低所得の高齢者が国保加入者の多数を占めるようになったことが国保会計を苦しめている大きな要因です。そのため、同じ時期の一人当たりの国保税は6万円から9万円に跳ね上がっているのが現状です。その上、医療制度の改訂で、被保険者は国保税ばかりでなく、介護保険料が増額され、高齢者は後期高齢者医療保険料などの負担が重くのしかかるなど、ますます市民生活を圧迫してきています。これでは国保税の滞納がふえるのは当然ですし、このことが国保会計を不安定にしている最大の要因と考えます。

 被保険者、つまり国保加入者の負担軽減のためにも、国保会計の健全運営のためにも、さらに国保税の引き上げのためにも、一般会計からの繰り入れが必要であるという観点から、本予算の議定について、反対討論といたします。



○議長(吉田昌弘君) 14番、森 義一郎議員。

          〔14番 森 義一郎君 登壇〕



◆14番(森義一郎君) 議席番号14番、公明党、森 義一郎です。

 議案第24号平成25年度千曲市国民健康保険特別会計予算の議定について、賛成の立場で討論いたします。

 厳しい経済情勢を反映して、国保に移行する方も多く、どこの市町村を見ても、国保の運営は赤字で、一般会計から繰り入れることが多くなってきております。

 一因としては、年々ふえ続ける医療費の問題があります。特に、成人病と言われる各種病気の罹患率が、高齢化も伴い、増加してきております。少しでも医療費の軽減を図るため、成人病予防の特定健診の担当部署、特に保健師さん等は、診査受診率と向上のため、受診対象者への電話などでの受診のお願い、また受診された後も、訪問健康指導等、大変熱心に取り組まれております。

 その結果、特定健診受診率は長野県下19市中、平成20年度は、千曲市は県下最下位の19番目でしたが、平成23年度は県下10番目と大きく改善をされ、伸び率は14.2%と県下でトップとなっております。また、特定保健指導終了率は、平成20年度は、19市中、千曲市は4番目、平成23年度は3番目で、伸び率は31.2%と、県下4番目でありました。

 このように、現場では市民の健康を守り、そして国保会計改善のため、医療費の軽減に部を挙げて取り組んでおります。また、保険料の値上げも平成25年度予算では見送られました。

 以上の理由から、上程された議案第24号に賛成するものであります。



○議長(吉田昌弘君) 以上で、通告による討論は終わりました。討論を終結し、直ちに採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第24号については、福祉環境常任委員長報告のとおり、原案可決と決するに賛成の議員の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(吉田昌弘君) 起立多数。よって、議案第24号 平成25年度千曲市国民健康保険特別会計予算の議定については、原案のとおり可決されました。

 ここで15分間休憩いたします。

                             午前11時1分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 午前11時15分 開議



○議長(吉田昌弘君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 前田きみ子議員から発言を求められておりますので、これを許します。3番、前田きみ子議員。

          〔3番 前田きみ子君 登壇〕



◆3番(前田きみ子君) 先ほど、私、申しました反対討論の中で、法定外繰入金について、国保税の引き上げと言いましたが、引き下げの間違いでした。

 皆さんには大変御迷惑をおかけしました。訂正してお詫びいたします。

 よろしくお願いいたします。



○議長(吉田昌弘君) 議案第25号から議案第35号まで、以上11議案については討論の通告がありませんので、討論を終結し、直ちに採決いたします。

 お諮りいたします。

 各議案については、関係常任委員長報告のとおり、原案可決と決するに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、議案25号から議案第35号まで、以上11議案については、原案のとおり可決されました。

 請願第1号 女性農業委員登用に関する請願について、討論に入ります。討論の通告がありますので、発言を許します。4番、大澤洋子議員。

          〔4番 大澤洋子君 登壇〕



◆4番(大澤洋子君) 4番、市民クラブ、大澤洋子です。

 請願第1号 女性農業委員登用に関する請願について、委員長報告の趣旨採択について反対し、本請願を採択することについて、賛成の立場で発言します。

 日本の男女平等の状況は先進国で最低レベルと、世界経済フォーラムの男女格差報告で発表されています。135カ国のうち101位です。

 長野県の審議会等、政策や方針決定過程に参画する女性の割合は全国で46位と、内閣府のまとめで公表されています。千曲市においては、長野県下19市の中で、19番目になっています。

 男女共同参画社会基本法が制定されて13年。長野県男女共同参画社会づくり条例により、第3次の計画を策定し推進しています。千曲市では、昨年の3月議会において、議員提案により、男女共同参画推進条例が成立しました。その前文には、様々な取り組みが行われてきたけれども、依然として男女が平等に社会参画する機会の確保が十分に図られておらず、さらなる意識改革を進めていくことが求められていると書かれています。この問題は女性の意識改革を進めていくためにも、男性の理解と支援が重要であります。

 また、国の法律の2条には、積極的改善措置、ポジティブアクションとも言いますが、格差を改善するため、男女のいずれか一方に対し、当該機会を積極的に提供すると書かれています。女性農業委員登用に関する本請願はこの法律の積極的改善措置に当たります。

 制度上の男女均等、2対2だけでなく、事実上の男女格差を解消するための請願、女性4人という請願であります。

 現在、千曲市の農業委員は30人、そのうち女性は3人です。議会推薦の女性は2人です。千曲市の女性農業者は地元農産物の活用による加工品を考案して売り出したり、農産物増産を目的として、地域の人たちへの働きかけや小学生への食育と農業体験を続けてきました。学校給食センターへの農産物活用の働きかけも行っています。そして、アンズ、タマネギ、小麦、トルコキキョウ、リンゴ、ブドウなど、千曲市の地域特性を高めています。最近では、東京のレストランへ農産物の販売もできるようになったと聞いています。

 政府はTPP参加を決定しました。これからの農業はさらに厳しいものが予想されます。生活者、消費者の立場に立った視点で、持続可能な農業、食の安全を進め、自給率を高め、農業の地産地消を目指す女性農業委員への期待は大きいものがあります。

 本請願は千曲市女性団体連絡協議会会長からのものです。女団連として、女性の参画率を上げていくため、機会あるごとに女性を推薦していく一環として今回の請願をしております。議会推薦のほかにも、地区ごとの選挙に立候補することや委員として積極的な行動をしていくことは十分考えられます。今回は農業委員30人に対し、議会の推薦4人を女性にしてほしいという、女性の参画率を高めるため、積極的改善措置、ポジティブアクションとしての請願です。私は本請願に賛成をいたします。そして、議会の4人の女性が紹介議員になっています。

 男性議員の皆様の御理解と賛同をよろしくお願い申し上げます。



○議長(吉田昌弘君) 以上で、通告による討論は終わりました。討論を終結し、直ちに採決いたします。

 本請願については、議会運営委員長報告のとおり、趣旨採択と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(吉田昌弘君) 起立多数。よって、請願第1号については趣旨採択と決しました。

 請願第2号については討論の通告がありませんので、討論を終結し、直ちに採決いたします。

 お諮りいたします。

 本請願については、総務文教常任委員長報告のとおり、採択と決するに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、請願第2号については採択と決しました。

 請願第3号 介護福祉の補助金制度に関する意見書提出に関する請願については討論の通告がありませんので、討論を終結し、直ちに採決いたします。

 本請願に対する福祉環境常任委員長報告は不採択であります。原案について採決いたします。

 お諮りいたします。

 本請願を採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

 暫時休憩いたします。

                            午前11時24分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 午前11時25分 開議



○議長(吉田昌弘君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 再度申し上げます。本請願に対する福祉環境常任委員長報告は不採択であります。本請願を採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(吉田昌弘君) 起立少数。よって、請願第3号については不採択と決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 常任委員会の閉会中の継続審査又は特定事件の調査の件及び議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査の件



○議長(吉田昌弘君) 日程第5、常任委員会の閉会中の継続審査又は特定事件の調査の件及び議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査の件を議題といたします。

 関係常任委員長からお手元に配付いたしました、目下、委員会において審査中の事件について、また所管事務のうち、特定事件の調査事項について、および議会運営委員長からお手元に配付いたしました議会運営委員会等に関する事項について、議会規則第104条の規定により、閉会中の継続審査または調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査、または調査とすることに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査または調査とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第6 議会第6号 県立屋代中学校のグラウンド設置に関する意見書(案)

 ただいま、宮入総務文教常任委員長から、議会第6号 県立屋代中学校のグラウンド設置に関する意見書案が提出されました。この際、これを日程に追加し、追加日程第6とし、議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、議会第6号を日程に追加し、議題とすることに決しました。議案を配付いたさせます。

          (議案配付)



○議長(吉田昌弘君) 議案の配付漏れはありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 配付漏れなしと認めます。

 追加日程第6、議会第6号を議題といたします。

 議案に対する提案説明を求めます。

 宮入総務文教常任委員長。

          〔総務文教常任委員長 宮入高雄君 登壇〕



◆総務文教常任委員長(宮入高雄君) 議会第6号 県立屋代中学校のグラウンド設置に関する意見書案の提案説明を申し上げます。

 本案につきましては、先ほど委員長報告で申し上げましたとおり、同様の請願を採択したことに伴い、意見書を提出するものであります。

 屋代高等学校の敷地には附属中学校生徒のためのグラウンドがなく、特に長野県の中学生女子の体力不足が指摘されているため、グラウンドの確保について、保護者、学校から強い要望が出ています。そこで、県立屋代中学校の生徒のためのグラウンドを早急に設置するよう、県に対し要望する本意見書の提出を申し上げる次第であります。

 議員各位におかれましては、本案の趣旨を御理解いただきまして、よろしく御賛同を賜りますようお願い申し上げ、説明といたします。



○議長(吉田昌弘君) これより質疑に入ります。追加日程第6、議会第6号について質疑はございませんか。

          (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 進行の声がありますので、質疑を終結いたします。

 議会第6号については、会議規則第37条第2項により、委員会付託を省略いたします。

 これより、討論に入ります。

 議会第6号については、討論はございませんか。

          (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 進行の声がありますので、討論を終結し、採決をいたします。

 お諮りいたします。

 議会第6号については原案可決と決するに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、議会第6号については、原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(吉田昌弘君) 以上で、本日の日程は終了いたしました。

 市長から閉会の挨拶があります。

 岡田市長。

          〔市長 岡田昭雄君 登壇〕



◎市長(岡田昭雄君) 3月市議会定例会の閉会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。

 本定例会は2月27日に開会して、本日まで20日間にわたり、追加して提出いただきました議案を含め、全議案について、終始御熱心な御審議を賜り、いずれも原案のとおり御決定をいただきました。ここで、改めて感謝を申し上げる次第であります。

 若干、お時間をいただき、市政を取り巻く情勢について御報告をさせていただきます。

 初めに、25年度の重点施策の一つでもあります新幹線新駅誘致でございます。当面の最優先課題の一つとして取り組んでまいりました。長野県新総合交通ビジョンへの位置づけにつきまして、素案では、新駅という千曲市と特定できる表現は盛り込まれておりませんでした。しかしながら、新駅の必要性について、県当局に説明を尽くしてきた結果、北陸新幹線と高規格幹線道路との結節性を生かした新駅の可能性なども含め、県内各地から北陸新幹線へのアクセス改善について検討を進めるということで修正されまして、新駅という文言が挿入されたところであります。

 新駅とはまさに千曲市を指しておりまして、長野県新総合交通ビジョンに明確に位置づけられたことは、これまで私どもが主張してきた新駅の必要性について、御理解をいただけたものと認識をしており、新駅誘致の実現に向け、高いハードルの一つを越えたことは大きな前進であったと考えております。また、県当局に御理解をいただいたことは、これまで市議会の特別委員会、そして地元選出の県議会議員、北陸新幹線新駅誘致期成同盟会役員の皆様方、大変な御熱心な御協力をいただいた結果と、深く感謝を申し上げる次第であります。

 新駅誘致には市民の理解が不可欠であります。引き続き、説明を尽くすと同時に、今後松本、塩尻、安曇野、大町、各市など、新駅の効果が高い県の市町村に対しまして、期成同盟会に御参画をいただけるよう要請をするなど、新駅誘致の実現に向けて同盟会の拡充強化を図ってまいります。

 次に、今議会において、2020年東京オリンピック、パラリンピックの招致活動に協力する決議が賛成多数で採択をされました。

 昨年の夏のロンドンオリンピック、パラリンピック競技大会は多くの市民がスポーツの持つ力によって、感動や希望、勇気を与えられたことは記憶に新しいところであります。決議にもありますとおり、千曲市は東京からのアクセスもよく、県内最大級の戸倉上山田温泉が合宿地、ベースキャンプ地、あるいは世界各国のプレス、応援団、こういった方々の皆様にお越しいただくことになれば、交流人口の増加も期待され、地域の活性化、スポーツの振興および国際交流の推進を図る上でも、大きな意義があると思っております。

 また、招致を実現するためには、多くの国民の支持が不可欠であります。市としても、この世界最大のスポーツの祭典、東京開催に賛同し、あらゆる機会を通じて、招致活動に協力していかなければならないと考えております。

 次に、最近の経済情勢であります。日本経済はここにきて、円安、株高が進み、リーマンショック以来の水準にまで回復をしてまいりました。

 しかし、3月1日、日本銀行松本支店が発表した長野県内の実体経済の動向を見ると、生産、個人消費ともに弱みに推移をしており、全体として厳しい状況が続いていることは変わりありません。市内経済の活性化については、施政方針で1丁目1番地に掲げているところであり、こうしたことからも、今議会でお認めいただいた国の緊急経済対策を盛り込んだ平成24年度補正予算と25年度予算の早期事業執行に努めるほか、企業立地推進本部を早急に立ち上げ、民間からの人材登用、産学官の連携、企業実態調査、合同就職説明会の開催など、市内経済の下支えと雇用の創出につながる施策を総動員し、スピード感をもって実行に移してまいらなければなりません。

 結びになりますが、私は昨年の11月、市長に就任をさせていただき、新年度は本格的な市政経営のスタートを切るわけであります。議員各位からは、代表質問、一般質問、並びに各常任委員会において、市政方針や新年度予算を初め行財政全般にわたり、貴重な御意見、御提言を賜りました。これらを真摯に受けとめ、今後の市政経営に生かしてまいりたいと考えております。

 これからは私にとって本番であります。種をまき、水をやり、大輪の花となって実を結ぶ、そんな思いを描きながら、市民の力、地域の力を合わせて、市民皆様の期待に応えてまいる所存であります。議員各位、並びに市民皆様の御理解、御協力をお願い申し上げる次第であります。例年になく、寒さが厳しかった信州にも、ようやく春の訪れを感じさせる季節となりました。議員各位、そして市民の皆様にはますます御健勝で御活躍をされるよう心から祈念申し上げ、閉会の挨拶とさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(吉田昌弘君) 以上をもちまして、平成25年第2回千曲市議会定例会を閉会といたします。御苦労さまでした。

                            午前11時39分 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治第123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成25年 3月18日

 千曲市議会議長    吉田昌弘

 千曲市副議長     荻原光太郎

 千曲市議会議員    中村了治

 千曲市議会議員    小山嘉一