議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 佐久市

平成26年 12月 定例会(第4回) 11月26日−01号




平成26年 12月 定例会(第4回) − 11月26日−01号







平成26年 12月 定例会(第4回)



佐久市告示第121号

 平成26年佐久市議会第4回定例会を次のとおり招集する。

  平成26年11月18日

                             佐久市長  柳田清二

1 期日  平成26年11月26日 午前10時

2 場所  佐久市議会議場

         平成26年佐久市議会第4回定例会会期日程表



日程
月日
曜日
議事内容



11.26

本会議
開会宣告、報告事項、議長諸般報告
会議録署名議員指名、会期決定、議案上程
市長招集挨拶、議案総括説明
議案質疑、議案委員会付託
付託議案委員長報告、質疑、討論、採決
(一般質問通告受付開始)



11.27

休会
議案調査(一般質問通告締切・正午)



11.28

休会
議案調査(一般質問重複分再通告締切・正午)



11.29

休会
 



11.30

休会
 



12.1

休会
議案調査



12.2

休会
議案調査



12.3

休会
議案調査



12.4

休会
議案調査


10
12.5

本会議
一般質問


11
12.6

休会
 


12
12.7

休会
 


13
12.8

本会議
一般質問(議案質疑通告締切・午後1時)


14
12.9

本会議
一般質問


15
12.10

休会
議案調査


16
12.11

本会議
議案質疑
議案委員会付託
請願・陳情委員会付託


17
12.12

休会
議案調査


18
12.13

休会
 


19
12.14

休会
 


20
12.15

委員会
 


21
12.16

委員会
 


22
12.17

休会
議事整理(討論通告締切・正午)


23
12.18

休会
議事整理


24
12.19

本会議
委員長報告、質疑、討論、採決
閉会宣告



       平成26年佐久市議会第4回定例会会議録(第1日目)

◯議事日程(第1号)

                  平成26年11月26日(水)午前10時開会

     開会宣告

     報告事項

     議長諸般報告

日程第1 会議録署名議員指名

日程第2 会期決定

日程第3 議案上程

     市長招集挨拶

     議案総括説明

     議案第105号 専決処分の報告について

     議案第106号 佐久市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第107号 佐久市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第108号 佐久市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第109号 佐久市障害児通園施設条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第110号 佐久市障害者支援施設臼田学園条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第111号 佐久市プラザ佐久条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第112号 佐久市あさしな温泉穂の香乃湯条例等の一部を改正する条例の制定について

     議案第113号 佐久市学校設置条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第114号 佐久市学校給食センター条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第115号 佐久市立近代美術館条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第116号 佐久市監査委員条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第117号 佐久圏域水道水質検査協議会を設ける地方公共団体の数の減少及び佐久圏域水道水質検査協議会規約の変更について

     議案第118号 佐久市福祉会館の指定管理者の指定について

     議案第119号 岩村田共同作業センターの指定管理者の指定について

     議案第120号 ワークハウス牧及び望月ひまわり共同作業センターの指定管理者の指定について

     議案第121号 佐久の泉共同作業センターの指定管理者の指定について

     議案第122号 臼田共同作業センターの指定管理者の指定について

     議案第123号 浅科ふれあいホームの指定管理者の指定について

     議案第124号 野沢共同作業センターの指定管理者の指定について

     議案第125号 佐久市子ども未来館の指定管理者の指定について

     議案第126号 佐久市臼田総合福祉センターあいとぴあ臼田の指定管理者の指定について

     議案第127号 佐久市望月老人福祉センターの指定管理者の指定について

     議案第128号 シルバーランドみついの指定管理者の指定について

     議案第129号 佐久市浅科生きがい活動支援センターの指定管理者の指定について

     議案第130号 前山デイサービスセンターの指定管理者の指定について

     議案第131号 あいとぴあ臼田デイサービスセンターの指定管理者の指定について

     議案第132号 浅科デイサービスセンターの指定管理者の指定について

     議案第133号 望月デイサービスセンター駒の指定管理者の指定について

     議案第134号 結いの家の指定管理者の指定について

     議案第135号 三河田工業団地用地の処分について

     議案第136号 佐久高等職業訓練校の指定管理者の指定について

     議案第137号 プラザ佐久の指定管理者の指定について

     議案第138号 佐久市あさしな温泉穂の香乃湯の指定管理者の指定について

     議案第139号 佐久市布施温泉の指定管理者の指定について

     議案第140号 ほっとぱーく・浅科の指定管理者の指定について

     議案第141号 佐久市国民宿舎もちづき荘の指定管理者の指定について

     議案第142号 佐久市交流促進センターゆざわ荘の指定管理者の指定について

     議案第143号 市道の路線認定について

     議案第144号 市道の路線変更について

     議案第145号 小海線龍岡城駅構内竜岡踏切拡幅工事に関する施行協定の締結について

     議案第146号 地域交流センター施設用地に係る建物の取得について

     議案第147号 佐久市矢島地区地域再生施設の指定管理者の指定について

     議案第148号 佐久市望月土づくりセンターの指定管理者の指定について

     議案第149号 平成26年度佐久市立岸野小学校屋内運動場改築(本体)工事請負契約の変更について

     議案第150号 平成26年度佐久市立望月中学校屋内運動場改築(本体)工事請負契約について

     議案第151号 平成26年度佐久市一般会計補正予算(第8号)について

     議案第152号 平成26年度佐久市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について

     議案第153号 平成26年度佐久市介護保険特別会計補正予算(第2号)について

     議案第154号 平成26年度佐久市障害者支援施設臼田学園特別会計補正予算(第1号)について

日程第4 議案質疑

日程第5 議案委員会付託

日程第6 付託議案委員長報告、質疑、討論、採決

◯本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

◯出席議員(28名)

     1番  市川稔宣君       2番  吉川友子君

     3番  井出浩司君       4番  内藤勝利君

     5番  小金沢昭秀君      6番  飯島雅則君

     7番  三石義文君       8番  柳澤 潔君

     9番  篠原 勤君      10番  関本 功君

    11番  吉岡 徹君      12番  大井岳夫君

    13番  小山仁志君      14番  高橋良衛君

    15番  江本信彦君      16番  内藤祐子君

    17番  神津 正君      18番  小林貴幸君

    19番  竹花美幸君      20番  和嶋美和子君

    21番  小林松子君      22番  市川 将君

    23番  井出節夫君      24番  杉岡 務君

    25番  中條寿一君      26番  花岡 茂君

    27番  中澤兵衛君      28番  菊原初男君

◯欠席議員(なし)

◯説明のため出席した者

  市長      柳田清二君    副市長     小池茂見君

  総務部長    花里英一君    企画部長    矢野光宏君

  市民健康部長  比田井和男君   環境部長    佐藤 治君

  福祉部長    坂戸千代子君   経済部長    比田井正弘君

  建設部長    土屋俊重君    地域局長    中山雅夫君

  会計管理者   上原長男君    病院事業管理者 村島隆太郎君

  浅間病院・みすず苑事務長     臼田支所長   細谷 渡君

          安藤俊之君

  浅科支所長   山浦清志君    望月支所長   大森 一君

  教育委員長   黒岩 肇君    教育長     楜澤晴樹君

  学校教育部長  桜井和則君    社会教育部長  山浦俊彦君

  監査委員    篠原捷四君    農業委員会長  市川 覚君

  庶務課長    小林一三君    市長政策室長  荻原幸一君

◯事務局職員出席者

  議会事務局長  大塚芳暢     議会事務局次長 丸山陽造

  庶務係長    柳澤広幸     議事調査係長  増田直美

  書記      三浦健明     書記      佐藤佳菜



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(市川稔宣君) おはようございます。

 これより平成26年佐久市議会第4回定例会を開会いたします。

 現在までの出席議員は28名でありますので、定足数を超えております。

 よって、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告事項



○議長(市川稔宣君) 最初に報告事項を申し上げます。

 市長から議案50件が提出されております。あらかじめ皆さんにご配付申し上げてあるとおりであります。

 また、請願・陳情処理状況調べについての報告書、専決処分についての報告書、例月出納検査結果報告書が提出され配付してありますので、ご覧願います。

 広報広聴課から写真撮影、また、報道機関から写真、ビデオ撮影等の申し込みがあり、今会期中、これを許可してありますので、ご承知願います。

 選挙管理委員会委員長、鬼久保長治君、本日の会議に欠席する旨の届け出が提出されておりますので、ご承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長諸般報告



○議長(市川稔宣君) 議長諸般報告を行います。

 お諮りいたします。

 本件につきましては、印刷してお手元に配付してありますので、ご覧願うことにいたしまして、朗読を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認めます。

 よって、朗読は省略いたします。

 本日の議事は、議事日程第1号をもって進めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員指名



○議長(市川稔宣君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第89条の規定により、議長において

  27番  中澤兵衛君

  28番  菊原初男君

 の2名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期決定



○議長(市川稔宣君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 本定例会の会期につきましては、11月18日に議会運営委員会が開かれまして、ご協議願ってありますので、その結果について委員長より報告願うことにいたします。

 19番、竹花君。



◆議会運営委員長(竹花美幸君) 皆さんおはようございます。議会運営委員長の竹花でございます。委員長報告を申し上げます。

 去る11月18日、平成26年第4回定例会の会期及び日程等について、議会運営委員会を開催いたしましたので、その結果をご報告申し上げます。

 本定例会に提出されます議案は、専決処分報告1件、条例案11件、事件案34件、予算案4件の計50件でございます。

 会期につきましては、本日から12月19日までの24日間とすることにいたしました。

 会期の詳細につきましては、お手元にご配付いたしております会期日程表(案)のとおりでございます。

 議案のうち1件については、本日採決することといたしております。

 なお、一般質問の順位でございますが、27日の質問通告締め切り後、午後1時に正副議長並びに正副議会運営委員長にて、抽せんにより決定することといたしておりますので、ご承知願いたいと存じます。

 また、一般質問重複分再通告締め切りは28日の正午、議案質疑通告締め切りは12月8日午後1時でございますので、ご承知願います。

 議会運営委員長報告は以上でございます。



○議長(市川稔宣君) お諮りいたします。

 ただいま議会運営委員長から報告されましたとおり、平成26年第4回定例会の会期は本日から12月19日までの24日間といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は24日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案上程 市長招集挨拶 議案総括説明



○議長(市川稔宣君) 日程第3、市長から提出のありました議案第105号から議案第154号までの計50件を一括上程いたします。

 議案の件名につきましては、お手元にご配付いたしました議事日程に記載してあるとおりであります。

 次に、市長から招集挨拶並びに提案理由の総括説明を求めます。

 市長、柳田君。



◎市長(柳田清二君) 皆様、おはようございます。

 今月22日午後10時8分ごろ、県北部において最大震度6弱を記録した強い地震がありました。震源とされる白馬村を中心に大勢の方々が負傷されるとともに、家屋の倒壊や道路の寸断など甚大な被害が確認されております。今後寒さが厳しくなる折、家屋を失われる等被害に遭われた皆様の心中をお察し申し上げ、心からのお見舞いを申し上げます。

 それでは、招集のご挨拶を申し上げます。

 本日ここに平成26年第4回定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましてはご多忙の折、ご出席を賜りましてまことにありがとうございます。

 議案の総括説明を申し上げます前に、最近の社会情勢並びに本市が取り組んでおります主な施策について申し上げます。

 さて、今月21日、衆議院が解散をされ12月14日に総選挙が行われることとなりました。国民生活に直結する来年度の予算編成が大詰めを迎えているこの時期、多くの課題を積み残したまま、政治空白をつくることに疑問の声が寄せられているところでございます。

 市民の皆様に対しましては、主権者としての自覚と責任のもと政治参加の機会を逃すことなく、大切な1票を投じていただきますようお願いをするものです。

 また、このたび事務処理の誤りにより、国民健康保険に加入する特定疾病認定者の高額療養費に未払いが生じていることが判明をいたしました。

 該当となる方々には、速やかに支払い手続を進めているところでありますが、改めまして大勢の皆様にご迷惑をおかけしましたことに対し、深くお詫びを申し上げ、再発防止に努めてまいる所存でございます。

 続きまして、現在佐久市が取り組んでおります主な施策につきまして、4点申し上げます。

 まず、1点目といたしまして、三河田工業団地用地の処分について申し上げます。

 本市が取得いたしました三河田工業団地内の工業用地につきましては、先般議会全員協議会において、シチズン時計株式会社に一括売却することをご報告申し上げました。その後、今月21日に同社と土地売買に関する仮契約を締結したところでございます。

 人口減少社会の到来により、企業誘致による雇用の確保及び創出は地域経済の活性化を図る上で喫緊の課題であり、佐久市が将来にわたり持続的に発展していく極めて重要な要素であると考えています。

 本定例会に関連議案を提出させていただきますので、よろしくご審議をいただきますようお願いを申し上げます。

 2点目といたしまして、チャイルドライン推進事業について申し上げます。

 昨年より準備を進めてまいりましたチャイルドラインが、NPO法人チャイルドライン佐久の皆様のご尽力により今月15日、開局をいたしました。

 チャイルドラインとは、子どもたちの心に寄り添いながら、子どもたちがみずから問題解決に踏み出すための手助けをする子ども専用の相談電話で、佐久市内での開局は県下4番目となります。

 NPO法人が主体となる活動ではありますが、市といたしましても、いじめや自殺問題への対応、子育て支援策の一環として、引き続き本事業を推進してまいりたい、支援をしてまいりたいと考えております。

 3点目といたしまして、臼田地区小学校施設整備について申し上げます。

 臼田地区の小学校施設整備につきましては、臼田地区の区長会、PTA、学識経験者等で組織する検討委員会で、本年5月より議論を重ねていただいたところでございます。

 この結果、10月23日、第4回検討委員会におきまして、臼田地区4小学校を1つに統合することが子どもたちの成長に最もふさわしいとの方向性が示されました。

 今後、市では臼田4地区で住民説明会を開催するとともに、12月1日より全市民を対象に意見公募を行い、寄せられたご意見をもとに議論を一層深めてまいりたいと考えております。

 4点目といたしまして、温水利用型健康運動施設について申し上げます。

 新クリーンセンターと一体的に整備を進めております温水利用型健康運動施設につきましては、準備工を経て10月22日に源泉掘削を開始し、今月24日現在の掘削深度は153メートルとなっております。来年3月下旬の完了に向け、引き続き進捗管理に努めてまいりたいと考えております。

 また、DBO事業者の公募につきましては、今月7日をもって募集を締め切らせていただきました。今後1月下旬を目途に応募者からの提案をいただき、3月中旬には事業者を決定すべく必要な手続を進めてまいりたいと考えております。

 以上、主な施策について申し上げました。

 それでは、引き続き議案の総括説明を申し上げますので、お手元の議案説明書をご覧ください。

 本日、平成26年佐久市議会第4回定例会に提案いたしました議案は、専決処分報告1件、条例案11件、事件案34件、予算案4件の合わせて50件でございます。

 それでは、議案の概要について申し上げます。

 はじめに、専決処分の報告につきましては、衆議院の解散に伴う選挙執行経費を計上した平成26年度一般会計補正予算(第7号)を専決処分したことについて、議会に報告し承認をお願いするものであります。

 条例案につきましては、佐久市国民健康保険運営協議会の答申を受け、来年度からの国民健康保険税の税率を改定するための佐久市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定、来年4月1日に開校いたします(仮称)佐久平浅間小学校の設置に伴う、佐久市学校設置条例の一部を改正する条例の制定等につきまして、議会の議決をお願いするものであります。

 次に、事件案でありますが、平成26年佐久市議会第3回臨時会において議決をいただき取得をした三河田工業団地用地の処分、望月中学校の屋内運動場改築(本体)工事に係る請負契約の締結のほか市が設置する27の施設について、来年度から指定管理者を指定すること等につきまして議会の議決をお願いするものでございます。

 次に、予算案について申し上げます。

 平成26年度一般会計補正予算(第8号)は、歳入歳出の総額から歳入歳出それぞれ5億3,589万8,000円を減額し、総額を519億8,893万円とするものであります。

 今回の補正は、歳入では交付決定等に伴う国・県補助金及び市債、寄附などに係る補正であります。

 歳出では、国・県補助金の交付決定に係る事業、緊急的に発生した事業、事業の確定見込みなどによる補正であります。

 歳出における補正の主なものについて申し上げます。

 総務費の会計管理費は、個人事業主に対する源泉所得税等の徴収漏れに係る公課費であります。

 対象となる個人事業主の方にはお詫びと納付のお願いを申し上げますとともに、職員に対しましては、研修会を開催し、知識の向上を図ってまいります。

 企画調整費は、ふるさと納税寄附に対する物産モニター品代について、年間所要額を見込む中で増額するものであります。

 民生費の保育所施設事業費は、緊急的に対応が必要となりました東保育園の雨漏り防止工事費と、今後の保育所施設整備に備えるため、本年度新たに設置をいたしました保育所施設整備基金への積立てであります。

 農林水産業費の豪雪農業被害緊急対策事業費は、対象件数等の確定見込みによる被災農業用パイプハウス等の撤去・再建費等及び代作用種苗購入費に係る補助金の減額などであります。

 商工費の中心市街地活性化推進事業は、のざわ商店街振興組合が国の補助採択を受け実施する商店街まちづくり事業に対する補助経費であります。

 教育費の小学校施設整備事業費及び中学校施設整備事業費は、屋内運動場等の吊天井改修等に係る小学校5校、中学校1校分の設計経費であります。

 本年度、新基準による調査を実施いたしましたところ、小学校においては17校中14校、中学校においては7校中6校について、屋内運動場等の吊天井改修等が必要となっており、本年度から平成29年度までの4か年にわたり改修事業を行うものであります。

 特別会計は、国民健康保険特別会計など3会計の補正であります。

 以上、議案の概要について申し上げましたが、詳細につきましては、お手元の議案説明書をご覧いただくほか、所管部長等から説明を申し上げますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げまして、総括説明といたします。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第105号の説明を求めます。

 総務部長、花里君。



◎総務部長(花里英一君) 改めまして、おはようございます。

 議案第105号 専決処分の報告につきましてご説明を申し上げます。

 平成26年度一般会計補正予算(第7号)は、執行に急を要したことから、11月21日付で専決処分したものでありまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,510万円を追加し、歳入歳出の予算の総額を歳入歳出それぞれ525億2,482万8,000円としたものでございます。補正内容につきましては、11月21日解散に伴う12月14日執行の衆議院議員総選挙経費でございまして、歳入につきましては、歳出の所要額に合わせた14款国庫支出金衆議院議員選挙費委託金でございます。

 専決処分の報告については以上でございます。よろしくご審議の上、ご承認を賜りたいと存じます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第106号の説明を求めます。

 総務部長、花里君。



◎総務部長(花里英一君) 議案第106号 佐久市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定につきましてご説明を申し上げます。

 お手元の議案書13ページ及び議案説明書86ページをご覧いただきたいと存じます。

 本案は、児童扶養手当法の一部改正に伴いまして、条例中で引用しております同法の規定に変更、具体的には条項名の変更が生じたため、条項の整備を行おうとするものでございます。

 なお、条文の趣旨につきましては、今回の改正により実質的な変更が生じるものではございません。

 以上でございますが、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第107号の説明を求めます。

 市民健康部長、比田井君。



◎市民健康部長(比田井和男君) 議案第107号 佐久市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につきまして、ご説明を申し上げます。

 議案書15ページから16ページ及び議案説明書の87ページをご覧ください。

 本案は、国民健康保険法施行令の一部改正により出産育児一時金の額が現行の39万円から40万4,000円に改定されることに伴いまして、本市の国民健康保険における出産育児一時金の支給額につきましても同様に改正しようとするものでございます。

 また、同時に、出産育児一時金の額に加算する産科医療保障制度における掛金が3万円から1万6,000円に引き下げられることになります。この加算分につきましては、本条例中、市長が規則で定めるとする佐久市国民健康保険の保険給付等に関する規則の一部を改正いたしまして、加算額を1万6,000円に改正してまいります。

 なお、本条例の施行期日につきましては、国民健康保険法施行令の施行期日に合わせまして、平成27年1月1日とするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第108号の説明を求めます。

 市民健康部長、比田井君。



◎市民健康部長(比田井和男君) 議案第108号 佐久市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定につきましてご説明を申し上げます。

 議案書17ページから19ページ及び議案説明書の88ページをご覧ください。

 本案は、佐久市国民健康保険特別会計におきまして、被保険者の高齢化、医療の高度化などにより保険給付費をはじめとする経費が増加し、実質単年度収支の赤字決算が続いておりますことから、佐久市国民健康保険事業の健全な運営を確保するため、国民健康保険税率の改定を行おうとするものでございます。

 改正の主な内容は、国民健康保険税を構成する基礎課税額、後期高齢者支援金等課税額、介護納付金課税額それぞれの所得割額、資産割額、均等割額、平等割額の改正でございます。

 まず、基礎課税額につきましては、所得割額を現行の4.9%から改正後は6.7%に、均等割額を現行の1万6,000円から改正後は1万7,500円に、平等割額を現行の1万8,000円から2万円に改正しようとするものでございます。

 次に、後期高齢者支援金等課税額につきましては、所得割額を現行の4%から改正後は2.95%に、資産割額を現行の2.5%から改正後は2.9%に、均等割額を現行の3,500円から改正後は6,700円に、平等割額を現行3,400円から7,700円に改正しようとするものでございます。

 次に、介護納付金課税額につきましては、所得割額を現行の1.3%から改正後は2.4%に、均等割額を現行の5,400円から改正後は7,000円に、平等割額を現行の5,000円から5,800円に改正しようとするものでございます。

 また、ただいまご説明いたしました税率を基準に算定される特定世帯及び特定継続世帯の平等割額並びに7割、5割、2割の各軽減割合が適用になる場合の均等割額と平等割額につきましても、軽減後のそれぞれの税率に改正しようとするものでございます。

 なお、施行期日は、平成27年4月1日としようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第109号の説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第109号 佐久市障害児通園施設条例の一部を改正する条例の制定につきましてご説明申し上げます。

 議案書20ページから21ページ及び議案説明書89ページをご覧いただきたいと存じます。

 本案は、児童福祉法の改正により小児慢性特定疾病及び小児慢性特定疾病医療支援についての定義規定が第6条の2として新たに規定されることに伴い、条例中で引用する同法の条項が繰り下げられるものです。

 なお、本条例は平成27年1月1日から施行しようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第110号の説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第110号 佐久市障害者支援施設臼田学園条例の一部を改正する条例の制定につきましてご説明申し上げます。

 議案書22ページ、23ページ及び議案説明書90ページをご覧いただきたいと存じます。

 本案は、障害者総合支援法の一部改正により、障害者が同法に基づく障害福祉サービスの利用に当たり、当該市町村から介護給付費等の支給決定にサービス等利用計画案の提出が必要となったことから、臼田学園の利用者及び地域の障害者が適切な障害福祉サービスを受けられるよう、サービス等利用計画書の作成等を行う特定相談支援事業を新たに実施するため、所要の改正を行おうとするものでございます。

 なお、本条例は平成27年1月1日から施行しようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第111号の説明を求めます。

 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) 議案第111号 佐久市プラザ佐久条例の一部を改正する条例の制定につきましてご説明申し上げます。

 本案は、プラザ佐久の物産展示所において展示物品を販売する業者に対し応分の負担を求めるため、指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定める物産展示所の利用料金の上限額を引き上げようとするものであります。

 なお、この条例は平成27年4月1日から施行しようとするものであります。

 以上でございますが、よろしくご審議お願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第112号の説明を求めます。

 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) 議案第112号 佐久市あさしな温泉穂の香乃湯条例等の一部を改正する条例の制定につきましてご説明申し上げます。

 本案は、近年の社会経済情勢等の変化による影響を受け、佐久市あさしな温泉穂の香乃湯、佐久市布施温泉、佐久市国民宿舎もちづき荘、佐久市交流促進センターゆざわ荘の市営温泉施設の経営に係る経費が増加し、指定管理者の運営を圧迫していることから、利用者負担額の適正化を図り、利用者に対し将来にわたり安定したサービスを提供するため、指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定める利用料金のうち、中学生以上の温泉の利用料金について、その上限額を引き上げようとするものであります。

 なお、この条例は平成27年4月1日から施行しようとするものであります。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第113号の説明を求めます。

 学校教育部長、桜井君。



◎学校教育部長(桜井和則君) 議案第113号 佐久市学校設置条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。

 議案書の29ページから31ページ及び議案説明書の93ページをご覧ください。

 本案は、(仮称)佐久平浅間小学校の校舎棟及び屋内運動場の工事が12月末に完成することから、平成27年4月1日の開校に向けて、学校教育法施行令第25条に基づき長野県教育委員会への学校設置の届出書を提出するに当たり、必要事項を定めようとするものであります。

 なお、この条例は平成27年4月1日より施行しようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第114号の説明を求めます。

 学校教育部長、桜井君。



◎学校教育部長(桜井和則君) 議案第114号 佐久市学校給食センター条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。

 議案書32ページから33ページ及び議案説明書94ページをご覧ください。

 本案は、平成27年4月1日より(仮称)佐久平浅間小学校が開校すること及び佐久城山小学校を自校方式による給食から給食センター方式による給食とすることに伴い、佐久市学校給食北部センターの給食する学校に佐久平浅間小学校を、また佐久市学校給食南部センターの給食する学校に佐久城山小学校を加えようとするものであります。

 なお、この条例は平成27年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第115号の説明を求めます。

 社会教育部長、山浦君。



◎社会教育部長(山浦俊彦君) 議案第115号 佐久市立近代美術館条例の一部を改正する条例の制定についてご説明を申し上げます。

 議案書34ページから37ページ及び議案説明書95ページをご覧ください。

 本案は、佐久市立近代美術館において、市内で活動する個人または団体による展覧会等の開催を支援するため、美術館の視聴覚室を使用することについて、その手続、許可等に関し必要な事項を定めるとともに、美術品の撮影等を行う特別観覧の手続について、所要の改正を行おうとするものでございます。

 なお、本条例は平成27年4月1日より施行しようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第116号の説明を求めます。

 総務部長、花里君。



◎総務部長(花里英一君) 議案第116号 佐久市監査委員条例の一部を改正する条例の制定につきましてご説明を申し上げます。

 議案書38ページから39ページ及び議案説明書96ページをご覧いただきたいと存じます。

 本案は、監査機能の更なる充実を図り、市行政の適正な運営を確保していくため、識見を有する者のうちから選任されます監査委員を1名増員し、監査委員の定数を3名とするとともに、監査委員を代表する立場において職務を行う代表監査委員の選任方法を定めるため、所要の改正を行おうとするものでございます。

 まず、第2条におきまして、識見を有する者のうちから選任される監査委員を1名増員し、監査委員の定数を3名とすることとしております。

 次に、第3条におきまして代表監査委員の選任方法を定め、さらに附則におきまして佐久市特別職の職員等の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正し、識見を有する者のうちから選任されます代表監査委員の月額報酬及び代表監査委員以外の委員の月額報酬を定めようとするものでございます。

 なお、施行につきましては平成27年4月1日からとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第117号の説明を求めます。

 環境部長、佐藤君。



◎環境部長(佐藤治君) 議案第117号 佐久圏域水道水質検査協議会を設ける地方公共団体の数の減少及び佐久圏域水道水質検査協議会規約の変更についてご説明申し上げます。

 議案書40ページ、議案説明書97ページをご覧ください。

 これは小諸市外二市御牧ヶ原水道組合が平成27年3月31日付で解散することに伴い、同日をもって佐久圏域水道水質検査協議会の構成団体から同組合を脱退させ、同協議会の構成団体数の減少及び同協議会規約を変更することについて、地方自治法の規定により議会の議決をお願いするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第118号の説明を求めます。

 環境部長、佐藤君。



◎環境部長(佐藤治君) 議案第118号 佐久市福祉会館の指定管理者の指定についてご説明いたします。

 議案書44ページ、議案説明書98ページをご覧ください。

 本案は、佐久市福祉会館の指定管理者として、公益社団法人佐久シルバー人材センターを指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

 なお、指定期間は平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間でございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第119号から議案第134号までの説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第119号から134号の16議案につきまして一括でご説明を申し上げます。

 本案は、各施設の指定管理を指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会への議決をお願いするものでございます。

 初めに、議案第119号 岩村田共同作業センターの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、岩村田共同作業センターの指定管理者として佐久市手をつなぐ育成会を平成27年4月1日から平成30年3月31日までの3年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第120号 ワークハウス牧及び望月ひまわり共同作業センターの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、ワークハウス牧及び望月ひまわり共同作業センターの両施設を一体的に管理する指定管理者として、社会福祉法人望月悠玄福祉会を平成27年4月1日から平成30年3月31日までの3年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第121号 佐久の泉共同作業センターの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久の泉共同作業センターの指定管理者として、特定非営利活動法人ウィズハートさくを平成27年4月1日から平成30年3月31日までの3年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第122号 臼田共同作業センターの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、臼田共同作業センターの指定管理者として、社会福祉法人佐久市社会福祉協議会を平成27年4月1日から平成30年3月31日までの3年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第123号 浅科ふれあいホームの指定管理者の指定についてご説明申し上げす。

 本案は、浅科ふれあいホームの指定管理者として、社会福祉法人佐久市社会福祉協議会を平成27年4月1日から平成30年3月31日までの3年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第124号 野沢共同作業センターの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、野沢共同作業センターの指定管理者として、特定非営利活動法人つくしを平成27年4月1日から平成30年3月31日までの3年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第125号 佐久市子ども未来館の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久市子ども未来館の指定管理者として、一般社団法人佐久市振興公社を平成27年4月1日から平成34年3月31日までの7年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第126号 佐久市臼田総合福祉センターあいとぴあ臼田の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久市臼田総合福祉センターあいとぴあ臼田の指定管理者として、社会福祉法人佐久市社会福祉協議会を平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第127号 佐久市望月老人福祉センターの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久市望月老人福祉センターの指定管理者として、社会福祉法人佐久市社会福祉協議会を平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第128号 シルバーランドみついの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、シルバーランドみついの指定管理者として、社会福祉法人恩賜財団済生会支部長野県済生会を平成27年4月1日から平成37年3月31日までの10年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第129号 佐久市浅科生きがい活動支援センターの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久市浅科生きがい活動支援センターの指定管理者として、社会福祉法人佐久市社会福祉協議会を平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第130号 前山デイサービスセンターの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、前山デイサービスセンターの指定管理者として、社会福祉法人佐久市社会福祉協議会を平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第131号 あいとぴあ臼田デイサービスセンターの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、あいとぴあ臼田デイサービスセンターの指定管理者として、社会福祉法人佐久市社会福祉協議会を平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第132号 浅科デイサービスセンターの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、浅科デイサービスセンターの指定管理者として、社会福祉法人佐久市社会福祉協議会を平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第133号 望月デイサービスセンター駒の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、望月デイサービスセンター駒の指定管理者として、社会福祉法人望月悠玄福祉会を平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間指定するものでございます。

 続きまして、議案第134号 結いの家の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、結いの家の指定管理者として、社会福祉法人望月悠玄福祉会を平成27年4月1日から平成37年3月31日までの10年間指定するものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第135号の説明を求めます。

 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) 議案第135号 三河田工業団地用地の処分についてご説明申し上げます。

 本案は、平成26年佐久市議会第3回臨時会において、議案第104号として議決を経て取得した三河田工業団地用地を東京都西東京市田無町六丁目1番12号、シチズン時計株式会社、代表取締役社長、戸倉敏夫氏に売却することについて、佐久市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 議案説明書の115ページから119ページをご覧ください。

 売却先でありますシチズン時計株式会社は、時計及びその部品等の製造及び販売を手がけ80年以上の歴史のある国内を代表する大手時計メーカーでございます。今回の立地に関しましては、同社製造子会社の工場の老朽化やスペースが手狭等の問題があり、製造ラインの最適化を図る目的で、新たな工場の立地先をお探しになっていたところ、全国幾つかの候補地の中から佐久市をお選びいただいたものでございます。

 三河田工業団地では、本社が埼玉県所沢市にございますシチズン時計マニュファクチャリング株式会社が平成28年の中頃までに工場を建設し、将来的には従業員数400名前後を考えられておられます。主に、腕時計のムーブメントの製造を行う予定とお聞きしております。

 本件に係る用地の概要につきましては、地番は佐久市根々井字南十三方113番1ほか5筆で、地目は宅地、面積は83,192.51平方メートル、売却価格は10億円でございます。

 なお、議案説明書の116ページから118ページに仮契約書の写しを、119ページに位置図を添付してございます。

 以上でございますが、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第136号から議案第142号までの説明を求めます。

 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) 議案第136号から議案第142号までいずれも指定管理者の指定につきまして、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき議会の議決をお願いするものでございます。

 はじめに、議案第136号 佐久高等職業訓練校の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久高等職業訓練校の指定管理者として、佐久職業訓練協会を指定するもので、指定期間は平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間でございます。

 続きまして、議案第137号 プラザ佐久の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、プラザ佐久の指定管理者として、一般社団法人佐久市振興公社を指定するもので、指定期間は平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間でございます。

 続きまして、議案第138号 佐久市あさしな温泉穂の香乃湯の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久市あさしな温泉穂の香乃湯の指定管理者として、一般社団法人佐久市振興公社を指定するもので、指定期間は平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間でございます。

 続きまして、議案第139号 佐久市布施温泉の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久市布施温泉の指定管理者として、一般社団法人佐久市振興公社を指定するもので、指定期間は平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間でございます。

 続きまして、議案第140号 ほっとぱーく・浅科の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、ほっとぱーく・浅科の指定管理者として、株式会社あさしな小泉を指定するもので、指定期間は平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間でございます。

 続きまして、議案第141号 佐久市国民宿舎もちづき荘の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久市国民宿舎もちづき荘の指定管理者として、一般社団法人佐久市振興公社を指定するもので、指定期間は平成27年4月1日から平成37年3月31日までの10年間でございます。

 続きまして、議案第142号 佐久市交流促進センターゆざわ荘の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久市交流促進センターゆざわ荘の指定管理者として、一般社団法人佐久市振興公社を指定するもので、指定期間は平成27年4月1日から平成37年3月31日までの10年間でございます。

 以上、議案第136号から議案第142号まで7議案を一括してご説明させていただきました。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第143号の説明を求めます。

 建設部長、土屋君。



◎建設部長(土屋俊重君) 議案第143号 市道の路線認定についてご説明を申し上げます。

 議案書の69ページ、70ページをご覧いただきたいと思います。

 本案は、新たに6路線を市道に路線認定しようとするものでございます。路線名及び路線の起点、終点は議案書70ページのとおりでございます。

 概要につきましては、議案説明書の128ページから129ページをご覧いただきたいと思います。

 6路線とも宅地分譲のための開発に伴い築造されまして、市道認定基準に適合している道路を新たに市道として認定するものでございます。その路線の延長及び幅員は位置図にお示ししたとおりでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第144号の説明を求めます。

 建設部長、土屋君。



◎建設部長(土屋俊重君) 議案第144号 市道の路線変更についてご説明を申し上げます。

 議案書71ページから72ページをご覧いただきたいと思います。

 本案は、市道の路線変更をしようとするものでございます。路線名及び路線の起点、終点は議案書の72ページのとおりでございます。

 概要につきましては、議案書の130ページから131ページをご覧いただきたいと思います。

 位置図1の市道4−44号線は宅地分譲のための開発に伴い道路区域の終点が変更されるため、市道の路線を変更しようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第145号の説明を求めます。

 建設部長、土屋君。



◎建設部長(土屋俊重君) 議案第145号 小海線龍岡城駅構内竜岡踏切拡幅工事に関する施行協定の締結についてご説明を申し上げます。

 議案書の73ページをご覧いただきたいと思います。

 本案につきましては、佐久市田口の龍岡城駅線(市道42−1号線)の拡幅整備に伴い、小海線龍岡城駅構内竜岡踏切拡幅工事に関する施行協定の締結をするに当たりまして、佐久市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例に定める契約に該当することから、議会の議決をお願いするものであります。

 この工事は、龍岡城駅線の道路改良工事に伴いまして、竜岡踏切を全幅12メートルに拡幅し、車道を2車線化するとともに、2.5メートルの歩道を両側に設置するものであります。

 本工事につきましては、JR小海線の軌道上の工事であり、運行をしながらの施工となり、運行の安全を確保するため、地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の競争入札に適さないものに該当することから、長野市大字栗田字源田窪992番地6の東日本旅客鉄道株式会社との随意契約により、市がその工事費用として1億9,265万9,000円を負担するものでございます。

 132ページから135ページにつきましては、協定書の内容となっております。136ページにつきましては、工事費概算額調書でございます。137ページをご覧ください。位置図となっております。138ページにつきましては、踏切構造一般詳細図となっております。なお、工事の施工期間は平成26年12月上旬より平成28年3月下旬となっております。

 以上でございますけれども、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第146号の説明を求めます。

 地域局長、中山君。



◎地域局長(中山雅夫君) 議案第146号 地域交流センター施設用地に係る建物の取得についてご説明申し上げます。

 議案書74ページをご覧ください。

 本案は、地域交流センター施設用地として取得する土地に存する建物を、佐久市土地開発公社から取得することについて、佐久市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 本件に係る建物は、佐久市臼田字反田2175番地1、鉄筋コンクリート造・陸屋根・地下1階付き地上5階建てで、延べ床面積は814.38平方メートル、取得価格は5,279万4,118円でございます。

 なお、議案説明書の140ページから143ページに仮契約書の写しを、144ページに位置図、建物配置図、建物東側立面図を添付してございますのでご覧いただきまして、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第147号の説明を求めます。

 浅科支所長、山浦君。



◎浅科支所長(山浦清志君) 議案第147号 佐久市矢島地区地域再生施設の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 議案書75ページ、議案説明書145ページをご覧ください。

 本案は、佐久市矢島地区地域再生施設の指定管理者として、農事組合法人矢島いきいき会を指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 なお、指定の期間は平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間とするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第148号の説明を求めます。

 望月支所長、大森君。



◎望月支所長(大森一君) 議案第148号 佐久市望月土づくりセンターの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 議案書76ページ、議案説明書146ページをご覧いただきたいと存じます。

 本案は、佐久市望月土づくりセンターの指定管理者として、佐久浅間農業協同組合を指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 なお、指定の期間は平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間とするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第149号の説明を求めます。

 学校教育部長、桜井君。



◎学校教育部長(桜井和則君) 議案第149号 平成26年度佐久市立岸野小学校屋内運動場改築(本体)工事請負契約の変更につきましてご説明申し上げます。

 議案書77ページ及び議案説明書の147ページから148ページをご覧ください。

 本案は、平成26年佐久市議会第3回定例会において、議案第85号として議決をいただきました平成26年度佐久市立岸野小学校屋内運動場改築(本体)工事請負契約の変更について、議会の議決を求めるものであります。

 本改築工事につきましては、平成27年度にわたる債務負担行為事業として実施しておりますが、現況地盤において杭工事に必要な地盤支持力を得られないことが判明したことから、地盤改良工事を追加するため、平成26年佐久市議会第3回定例会において議決をいただいた契約の金額5億3,676万円を1,154万5,200円増額して、5億4,830万5,200円にしようとするものであります。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第150号の説明を求めます。

 学校教育部長、桜井君。



◎学校教育部長(桜井和則君) 議案第150号 平成26年度佐久市立望月中学校屋内運動場改築(本体)工事請負契約につきましてご説明申し上げます。

 議案書78ページ及び議案説明書の149ページから154ページをご覧ください。

 議案説明書の151ページは配置図、152ページ、153ページは平面図、154ページは立面図をお示ししてございます。

 本案は、佐久市立望月中学校屋内運動場の改築に当たり、本体工事の請負契約を締結するため、議会の議決を求めるものであります。

 この屋内運動場は、鉄骨鉄筋コンクリート造2階建て、ガルバリウム鋼板ぶき、延べ面積1,509平方メートルで、体の不自由な生徒に配慮し、多目的トイレを備えた施設であります。

 この本体工事につきましては、本年11月4日の3業者による事後審査型一般競争入札(総合評価落札方式)の結果、5億1,062万4,000円で佐久市望月30番地1の株式会社竹花組、代表取締役社長、矢野健太郎氏に決定いたしました。

 望月中学校屋内運動場改築工事につきましては、本議案に係る本体工事のほか、管工事は3業者による一般競争入札の結果、4,082万4,000円で信越冷凍機工業株式会社、代表取締役、内藤誠氏に、また、電気工事は5業者による一般競争入札の結果4,860万円で信州電機株式会社、代表取締役、黒柳貞夫氏に決定いたしました。

 なお、本改築工事は過疎対策事業として、平成27年度にわたる債務負担行為により実施するものであります。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第151号の説明を求めます。

 総務部長、花里君。



◎総務部長(花里英一君) 議案第151号 平成26年度佐久市一般会計補正予算(第8号)につきましてご説明申し上げます。

 本案は、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ5億3,589万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ519億8,893万円にしようとするものでございます。

 補正のうち、歳出の主な内容につきましては、先ほど市長の議案総括説明の中でご説明いたしましたし、お手元に補正予算の説明資料をご配付申し上げてございますので、説明は省略させていただきたいと存じます。

 それでは、歳入の主なものにつきましてご説明を申し上げます。

 予算書の事項別明細書11ページをご覧いただきたいと存じます。

 10款の地方交付税でございますが、普通交付税につきまして117万3,000円の増額補正となっております。これによりまして、地方交付税全体の補正後の予算現計額は116億3,894万円となります。

 14款の国庫支出金は232万8,000円の減額補正でございます。これは、事業の実施及び交付決定に伴う障害児通所給付費等負担金、幼稚園就園奨励費補助金、子育て世代臨時特例給付金給付事業費補助金の増額、対象事業費の変更に伴う社会資本整備総合交付金の減額などでございます。

 次に、12ページから13ページにかけてご覧をいただきたいと存じます。

 15款の県支出金は5億280万3,000円の減額補正でございます。これは、豪雪農業被害緊急対策事業費の確定見込みによる経営体育成支援事業費補助金及び農作物等災害緊急特別対策事業補助金などの減額のほか、事業の実施に伴う障害児通所給付費等負担金の増額、交付決定に伴う機構集積支援事業費補助金などでございます。

 17款の寄附金は、367万1,000円の増額補正でございます。これは主にふるさと納税の上半期分の寄附金でございます。

 15ページをご覧いただきたいと存じます。

 20款の諸収入でございますが、3,155万6,000円の増額補正でございます。これはサマージャンボ宝くじの収益金に係る長野県市町村振興協会基金交付金、徴収漏れに係る個人事業主からの源泉所得税等などでございます。

 21款の市債は6,470万円の減額補正でございます。これにつきましては、対象事業費の変更に伴う合併特例事業債及び過疎対策事業債の減額と、小・中学校における屋内運動場等の吊天井改修などに係る緊急防災・減災事業債でございます。

 次に、ページが若干前後いたして大変申しわけございませんが、予算書の5ページをご覧いただきたいと存じます。

 第2表の債務負担行為補正でございます。

 追加15件、変更2件となっております。追加15件のうち、番号29の佐久総合病院本院施設整備事業補助金は、佐久総合病院本院の既存棟改修工事費及び新病棟建設工事費に対する補助金で、施設整備計画にあわせまして平成28年度までの債務負担行為を設定し補助を行おうとするものでございます。

 番号30の子ども未来館管理運営委託料から次のページ、番号40の土づくりセンター管理運営委託料までは、それぞれの施設におけます指定管理者への指定管理料でございます。

 番号41の佐久平浅間小学校(仮称)建設事業費はグラウンド整備工費でございます。運動会の時期までには工事が終了いたしますよう今年度中に着工してまいります。

 番号42の岩村田小学校建設事業費は、低層棟教室解体工事費でございます。岩村田小学校建設事業は、平成31年度までの4期にわたる工事計画で事業を進めてまいりますが、低層棟教室解体工事につきましては、全体計画を勘案する中で今年度中に着手をしてまいります。

 番号43の小学校施設整備事業費は、佐久城山小学校給食室解体工事費でございます。解体工事終了後、駐車場整備を予定しておりますが、その整備を運動会の時期までに終了させるため、卒業式終了後解体工事に着手をしようとするものでございます。

 7ページをご覧いただきたいと存じます。

 変更の2件につきましては、番号2の庁舎整備事業費は、冬期における作業工程を組み替えたこと等に伴います年度間事業費割の事業割合の変更のため、また、番号18の市民創錬センター(仮称)整備事業費は、本体工事費等の確定見込みによる減額及び外構工事費の追加による増額のため、限度額の変更を行うものでございます。

 8ページをご覧いただきたいと存じます。

 第3表の地方債補正につきましては、追加1件、変更2件でございます。

 追加につきましては緊急防災・減災事業の追加、変更につきましては合併特例事業、過疎対策事業の限度額の変更でございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第152号の説明を求めます。

 市民健康部長、比田井君。



◎市民健康部長(比田井和男君) 議案第152号 平成26年度佐久市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)につきましてご説明申し上げます。

 補正予算書1ページをご覧ください。

 本案は、事業勘定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ4億9,316万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ97億4,886万円にしようとするものでございます。

 補正の主な内容につきましてご説明を申し上げます。

 予算書の3ページをご覧ください。

 歳入でございます。

 3款国庫支出金は4,262万円を増額補正しようとするものでございます。内訳は、一般保険者分療養給付費負担金、介護納付金負担金、高額療養費共同事業負担金の確定見込みに伴う増額補正でございます。

 4款県支出金は、605万6,000円を増額補正しようとするものでございます。内訳は、高額療養費共同事業負担金の確定見込みに伴う増額補正でございます。

 5款療養給付費等交付金は、3,802万1,000円を増額補正しようとするものでございます。内訳は、退職被保険者等分療養給付費等交付金の確定見込みに伴う増額補正でございます。

 6款前期高齢者交付金は1億4,053万9,000円を増額補正しようとするものでございます。内訳は、前期高齢者交付金の確定見込みに伴う増額補正でございます。

 8款繰入金は、2億6,592万4,000円を国民健康保険事業基金から繰り入れしようとするものでございます。

 続きまして、4ページをご覧ください。

 歳出でございます。

 2款保険給付費は3億469万円を増額補正しようとするものでございます。内訳は、療養諸費及び高額療養費の増額の見込みに伴う増額補正でございます。

 5款後期高齢者支援金は1億275万2,000円の増額補正をしようとするものでございます。内訳は後期高齢者支援金の納付額確定見込みに伴う増額補正でございます。

 7款介護納付金は1,330万円を増額補正しようとするものでございます。内訳は、介護納付金の納付額確定見込みに伴う増額補正でございます。

 8款共同事業拠出金は7,241万8,000円を増額補正しようとするものでございます。内訳は、共同事業拠出金の拠出額の確定見込みに伴う増額補正でございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第153号の説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第153号 平成26年度佐久市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。

 佐久市介護保険特別会計補正予算書の1ページをご覧いただきたいと存じます。

 本案は、歳入歳出予算の総額に、それぞれ2,464万8,000円を追加し、総額を88億6,714万3,000円にしようとするものでございます。

 補正の主な内容につきましてご説明申し上げます。

 予算書の3ページ、事項別明細書をご覧いただきたいと存じます。

 最初に、歳入でございますが、7款繰入金2,464万8,000円の増額は、過年度の国庫支出金のうち介護給付費負担金及び介護保険事業費補助金の翌年度精算確定に伴う返還金を介護保険事業基金より繰り入れを行うものでございます。

 続きまして、歳出でございますが、5款諸支出金2,464万8,000円の増額につきましては、過年度の国庫支出金の返還金としまして増額をお願いするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第154号の説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第154号 平成26年度佐久市障害者支援施設臼田学園特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。

 臼田学園特別会計補正予算書の1ページをご覧いただきたいと存じます。

 本案は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ63万3,000円を追加し、総額を2億3,918万1,000円にしようとするものでございます。

 補正の主な内容につきましてご説明申し上げます。

 予算書の3ページ、事項別明細書をご覧いただきたいと存じます。

 最初に、歳入でございますが、4款繰入金86万6,000円の減額は、前年度繰越金と相談支援に係るサービス利用支援費収入の新設等により、障害者支援施設臼田学園基金から繰入金を減額するものでございます。

 次に、5款繰越金につきましては、平成25年度繰越金の確定に伴い80万9,000円の増額を行うものでございます。

 次に、7款相談支援収入でございますが、障害者総合支援法の一部改正により、臼田学園の利用者及び地域の障害者が、障害福祉サービスを利用するに当たり必要とするサービス等利用計画の作成に対する報酬として69万円を新たに計上するものでございます。

 続きまして、歳出でございますが、1款総務費は、相談支援従事者研修受講料を1款から3款特定相談支援事業費へ組み替えるため1万8,000円の減額をお願いするものでございます。

 次に、3款特定相談支援事業費65万1,000円でございますが、障害者自立支援システム改修委託料のほか、相談支援従事者研修等に係る負担金、旅費等をお願いするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) ここで、建設部長から発言を求められておりますので、これを許可します。



◎建設部長(土屋俊重君) 先ほど議案第145号 小海線龍岡城駅構内竜岡踏切拡幅工事に関する施工協定の締結についてのご説明の中で、工事の施工期間について平成26年12月上旬より平成28年3月下旬となっておりますと説明を申し上げましたが、施工期間につきましては、本議会議決後より平成28年3月下旬が正しいものでございます。

 訂正させていただくとともに、お詫びを申し上げまして訂正させていただきます。よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(市川稔宣君) これをもって、全議案に対する説明は終結いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案質疑



○議長(市川稔宣君) 日程第4、これより議案第135号の質疑に入ります。

 念のためでありますが、議案質疑は議案に関する質疑でありますので、その趣旨にのっとり発言願います。

 なお、質疑は会議規則第57条の規定により、同一議題について3回を超えることはできませんので、ご承知願います。

 議案第135号 三河田工業団地用地の処分についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

 16番、内藤君。



◆16番(内藤祐子君) 16番、内藤です。

 議案第135号 三河田工業団地用地の処分について質問を行います。

 この間、佐久市議会として10月21日の第3回臨時議会において、三河田工業団地内のTDK株式会社千曲川工場跡地、約2万5,000坪を10億円で取得する議案を可決しました。

 その後、11月14日の信濃毎日新聞で佐久商工会議所からの疑問提示が大きく報道され、翌日には、誠に遺憾との声明まで発表されました。議会としても全く聞き及んでいない状況でした。

 11月21日付の佐久市民新聞によれば、まず第1点として、約2万5,000坪と10億円の売買額の決定は、商工会議所とTDKのたび重なる交渉の結果によるもの、また、工場跡地を医工学官連携支援施設、インキュベーション機能の整備拠点として活用するよう10月10日に要望書を提出したが、既にシチズン時計に一括売却を決めていながら何の説明もなかったこと、この2点が指摘されていました。この間のマスコミの報道から、一体何があったのかというのが多くの市民の疑問ではないでしょうか。

 まずは、実際どのような流れの中で、この用地取得から売却の経過があったのかお伺いします。また、このような状況の中で議会初日に採択するのは余りに急過ぎではないかと思いますが、どう思われるか、その2点お伺いしたいと思います。



○議長(市川稔宣君) 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) それでは、議案第135号 三河田工業団地用地の処分について、用地取得から売却までの経過についてのご質問にお答えいたします。

 三河田工業団地用地であるTDK株式会社千曲川工場跡地につきましては、10月21日の臨時議会の議決を経て市が取得をしたものでございます。当該用地の売却につきましては、去る10月21日の議会全員協議会におきまして、市として雇用機会の創出により地域経済の活性化を図るため、シチズン時計株式会社へ売却することで双方合意に達した旨を御報告いたしました。

 翌日、新聞報道がされ、その後に佐久商工会議所からインキュベート機能施設用地及び地元企業の工場用地として、取得しました2万5,000坪のうち5,000坪を市が保留することの強い要望がございました。

 その理由といたしましては2点ございます。

 1点目、10月10日にTDK株式会社千曲川工場跡地にインキュベート機能施設の整備を求める要望書を提出した際に、シチズン時計株式会社に売却する話がなかったということ。

 2点目、市が10億円で用地を取得できたのは、地元企業が工場用地として取得できるよう、佐久商工会議所のたび重なる交渉の結果によるものであることというものであります。

 本年10月10日付で市へ提出された要望書には、TDK株式会社千曲川工場跡地を活用したインキュベート施設についての内容が盛り込まれておりました。TDK株式会社千曲川工場跡地と場所を特定された要望書は、先月10月10日付のものが初めてでございます。

 なお、市といたしましては、要望された場所がインキュベート機能施設用地及び地元企業のための工場用地として唯一の場所であるとは考えておりませんので、新たな候補地について引き続き土地所有者と交渉を重ね、用地確保に努めてまいりたいと考えております。

 また、インキュベート機能施設の整備につきましては、構想の具体化に向け協議会を設置してまいりたいと考えております。

 シチズン時計株式会社に当該用地を売却することの公表の時期につきましては、10月17日に同社社長と市長が面談をし、契約に向け基本合意に至った後、これまでの企業誘致と同様に、まず市議会全員協議会での報告を前提として日程を調整し、10月21日の公表となったわけでございます。

 10億円という価格でございますが、佐久市としましては、これまで市長と職員が一丸となって交渉に当たり、TDK株式会社が佐久市の企業誘致による雇用創出施策に対しご理解をいただいたものであると考えております。

 佐久商工会議所からの要望に対して10月28日に回答しておりますが、市といたしましても地域の工業振興は重要であると認識しておりますことから、双方が合意した後でありましたが、シチズン時計株式会社へ用地分割の検討について協議をお願いいたしました。

 佐久市は人口減少社会において佐久市の将来を展望するとき、企業誘致による働く場所の確保は喫緊の課題であります。このたびの企業誘致に関しましては、シチズン時計株式会社から1年前に会社再編により設立した同社製造子会社のシチズン時計マニュファクチャリングの新たな生産活動の拠点として、全国各地で候補地を探されておりました。そのような状況の中にあって希望されている広大な工場用地を市が提供できるということは、現在勤務をされている皆さんの雇用と家族の生活を守り、また佐久地域の雇用を確保する観点からも、非常に意義のあるものと考えております。

 市にとって働く場所があるということは、交流人口の増大はもとより、若者が未来に夢が持てる魅力あるまちづくり、さらには佐久市の持続的発展につながるものと強く考え、当初の方針どおり同社へ一括売却することになりました。

 そして、11月11日に市の考えを文書で佐久商工会議所へお伝えいたしました。また11月21日には、シチズン時計株式会社と土地売買に関する仮契約を締結したところでございます。

 以上がこれまでの経過でございます。

 次に、本日議決をいただくことについて、少し急ぎ過ぎていないかというご質問でございますが、シチズン時計株式会社におかれましては、平成28年の中頃までに従業員数の将来規模約400名の工場の完成を目指しており、一日も早く工場建設に着手したいというご意向があり、早期の土地取得ができるようにとご依頼をいただいております。また、市といたしましても、企業誘致による働く場所の確保は市の最重要施策の一つであり、そうした環境をシチズン時計株式会社と協力して、一日も早く整備することが市民の利益につながるものと考えております。

 このようなことから、当初は本定例会前に臨時議会を開催いただき、ご審議いただく予定でありましたが、佐久商工会議所の要望の対応があり、市の都合によりスケジュールに遅れが生じております。したがいまして、本日議決をお願いするものでございます。

 以上でございます。



○議長(市川稔宣君) 16番、内藤君。



◆16番(内藤祐子君) 何かボタンのかけ違いという気はしますけれども、佐久商工会議所の資料によりますと、昨年11月19日に、市長、副市長、当所前会頭、TDK関係者で土地譲渡について話し合いが持たれていますが、それ以前、また以降も、工場協会や当所会議など機会あるごとにTDK浅間テクノ工場を通じて事前交渉を重ねておりましたという記載がありました。こうした経過については、市としてはどのように認識していらっしゃるのかお伺いしたいと思います。



○議長(市川稔宣君) 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) お答え申し上げます。

 昨年の11月19日のお話は、そういったことがあったということは確認しております。その後のどういう交渉をされていたかということについては、TDK本社からは何もお聞きしておりません。

 以上でございます。



○議長(市川稔宣君) 16番、内藤君。



◆16番(内藤祐子君) 今回のこの課題については、事の良し悪しということではなくて、丁寧なきちんとした合意や納得の持っていき方とか、そういうところに問題があるのではないかと感じられるのですが、説明の中では今後協議会設置と全協でも話されました。協議会設置以外にも何か理解を深めるような何か方策というのは考えがあるのかどうか、この点をお伺いしたいと思います。



○議長(市川稔宣君) 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) お答え申し上げます。

 現段階では、先ほど申し上げましたように協議会というのを設置しまして検討を始めることができればと考えておる次第です。

 以上です。



○議長(市川稔宣君) 市長、柳田君。



◎市長(柳田清二君) 協議会に関しては、インキュベート施設等について商工会議所の皆様からのご要望もいただいていると、そういった形の中で協議会を設けていくということについて、今、部長から申し上げたとおりでございます。

 また、地域はもとより商工会議所の皆様や会員でいらっしゃる方々も、工業用地についてお求めの声もあるということをお聞きしてございます。そういった中において引き続き私どもも工業用地について、交渉を既にスタートしているものがございますので、そういったものに関して、これもまたお相手のある話でございますけれども、でき得る限りの情報提供、これはそのお相手の許容する範囲ということになろうかと思いますが、そういった情報提供に努めていくといったことによって、この地域、市内企業の皆様、あるいはまた商工会議所の皆様の思いに沿えるような、できる限りの情報提供をしていきたいと、こういったことも文書として市の意思としてお伝えをしてあるところでございます。



○議長(市川稔宣君) ほかにございませんか。

 23番、井出君。



◆23番(井出節夫君) 23番、井出節夫です。

 1点お伺いしたいんですけれども、この間の経過を見まして、いろいろ報道等もありますけれども、1つ重要なのは、この契約の締結が、契約の締結を定めた地方自治法の234条、これ以下関連法令について、きちんとした事務処理が行われていたかということが問題であって、行政が土地を売買する上でそうしたものについて、どのような仮契約締結までに適法な処理がなされたかと、これについてお伺いしたいと思います。



○議長(市川稔宣君) 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) 議案第135号 三河田工業団地用地の処分について適法な契約締結であったのかについてのご質問にお答え申し上げます。

 三河田工業団地用地の売却につきましては、11月21日にシチズン時計株式会社と土地売買仮契約を締結したところでございます。契約の締結につきましては、地方自治法第234条にその方法に関する規定がございます。市では今回の契約に限らず、企業誘致による土地売買契約に関しましては、地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定により随意契約の方法をとっております。

 随意契約とする根拠につきましては、市は土地の売買で収益を得ようとする考えはなく、早期に企業誘致を実現し、雇用創出により地域経済の活性化を図り、市民の利益につなげることを目的としているからでございます。

 また、シチズン時計株式会社との随意契約につきましては、10月21日の市議会全員協議会においてご説明したとおり、市がTDK株式会社千曲川工場跡地を購入することが9月3日に新聞報道され、またその後の市議会の9月定例会一般質問においても取り上げられるなど、議会や新聞等で広く周知されていましたことから、企業等から15件の問い合わせをいただきました。

 議員ご承知のとおり、当該用地は平成18年に工場が閉鎖され、平成23年に建物が解体され、これまで更地となっておりました。その間、前所有者でありますTDK株式会社では、今後の土地利用の有効活用を考え、一括売却を念頭に売却先を探されておりました。

 市といたしましても、TDK株式会社の了解のもと市内唯一の工業専用地域で工場団地内の土地でもあり、一日も早く売却先が決まり、働く場所の確保につながればと土地情報を市のホームページに掲載するほか、市の企業立地推進員による企業訪問の際にも紹介をさせていただくなど協力をしてまいりました。この取り組みについては、TDK株式会社からも大変感謝されております。

 日本は人口減少社会にあって、日本企業の工場が中国、東南アジア等へ進出するなど海外シフトが一層進む中、働く場所を確保し、若者の未来に夢を与え、地域経済を活性化するためには企業誘致は大変重要であります。全国の各自治体では、それぞれが地域に合った優遇制度を用意しまして、競って企業誘致を図っているのが現状でございます。

 先ほども申し上げましたが、企業等から15件の問い合わせをいただき、その中で具体的な計画が示され、用地全体の一括購入の希望は1件でございました。市といたしましても当該用地を一括売却できることは、早い時期に働く場所の確保ができること、自主財源が増加することなどから、市民の利益につながるものと考えております。

 したがいまして、シチズン時計株式会社との契約につきましても、用地全体が一括で売却できることや、工場の規模や完成年度、従業員数といった具体的な計画が示され、早期に雇用の創出が図られることなど、市民の利益の増進につながるものでありますことから、これまで進めてまいりました企業誘致と同様に随意契約の方法により契約を締結しております。

 以上でございます。

     〔「地元のことを考えろ」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) 傍聴人に申し上げます。

 傍聴人は静粛にお願いします。

 23番、井出君。



◆23番(井出節夫君) 随意契約で入札をしないでやったということがあったんですけれども、この地方自治法の234条にあって随意契約ができることについての定めは、施行令の167条の2にあるわけですけれども、これができるものとしている趣旨は、1つは契約の手続の公開による公正の確保ということが第一なんですよね。

 それで、2番目には契約の価格の優位性の問題があるんですよ。請負とかそういうものは安いほうですけれども、土地売買する場合は高いほうに売ると、これが一般競争入札のやり方でありますし、これが市民益になるということでもあって、この法律があって施行令があるということであり、部長がおっしゃいますように新聞報道によって15件の問い合わせがあったというのは、これは新聞を見た人だけが知り得たことなわけですよね。要するに東京とか大阪とか、いろいろ佐久市でも企業誘致のための人たちを派遣しているわけですけれども、ほかの人たちは見られないわけですし、その辺では今のこの第1項の2号を適用した、要するに競争入札には適しないということだったんですけれども、公平性は、公正な契約が保たれたと判断しているかどうかを聞きたいんです。

 これがないもので、それを見て承知して問い合わせのあった人だけの中から1社と、それでたまたまその1社がまとめて買ってくれると言ってくれたと言っているんですけれども、その辺がやはり皆に知らされて、例えば知らない人はやはり市有地を買ったという事実は知っているわけですよ、ある程度の人は。でも、やはり買った土地を売るという事実、どういう条件なのか、一括が条件なのか、そういうものについてはやはり知らされる必要があると思ったんですけれども、それがされていないことに、今回のいろいろな問題が生じているのではないかと私は考えているんですけれども。

 それで、一番心配なのは、このことについてあちこちの裁判になったりする例があるんですけれども、こういうことなんですよ。

 理事者の裁量が入るわけでしょう、この2号だと。要するに、性質又は目的が競争入札に適しないと、これは理事者が判断しているわけですよね。だから2号を適用して随意契約をやったと。だけども、いさめているのは、理事者が多数の業者中の特定の相手と契約することを内定して、その内定に沿った既成事実をつくり上げて事を決するというようなことは許されない。これが判決なんです。こういうことになっていはしないかと。

 私も10月に買うのを議決しています。3月までに売ると予算を議決しましたけれども、10億円の土地を3月までに売れるのかという心配をして、一言言った経過がありますけれども、そういう点ではTDKさんから買う前に、売り先も決まっていたのではないかという心配もあるわけでしょう。そういう点では、この随意契約というのが不透明な、公正さ欠いたと言われるわけですから、その辺はシチズンさんとそういう話をして、さらに佐久市としては応援プランがあるよというようにして、行政の側から話を持ちかけたということはなかったわけですか。



○議長(市川稔宣君) 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) お答えします。

 何度も繰り返し申し上げておりますように、9月3日に報道等がされてからそういったお話が入ってきて、これはとてもいいお話だということで我々は一生懸命努力したというのが現状でございます。

 以上でございます。



○議長(市川稔宣君) 23番、井出君。



◆23番(井出節夫君) 3回ですから、そんなにくどくど聞きませんけれども、新聞報道があって、TDKの土地を佐久市が10億円で買うという話があって、本来なら私は、これはあれでしょう、10月3日にTDKさんから買う仮契約をして、21日が臨時議会でしょう。一応ここで議決と、契約は成立と。それで10月31日が所有権移転ですよね。それでやっと市有地になった。

 本来ならば、その時点から売るかどうか、そのところの判断を、市が使うかもしれないし、公売に付して公告を出して、ホームページにも出して、それでやるというふうに本当ならばすべきなんだけれども、随意契約ですけれども、随意契約の要するに相手方との交渉を始めたのは10月31日以降ということでよろしいですか。



○議長(市川稔宣君) 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) お答えいたします。

 10月31日以前でございます。



○議長(市川稔宣君) 昼食のため、午後1時まで休憩いたします。



△休憩 午前11時50分



△再開 午後1時00分



○議長(市川稔宣君) 休憩前に引き続き、議案第135号の質疑を再開いたします。

 ほかにございますか。

 12番、大井君。



◆12番(大井岳夫君) 12番、大井です。

 議案第135号 三河田工業団地用地の処分について質問をいたします。

 本件につきましては同僚議員からも質問がありましたとおり、11月14日佐久商工会議所の会頭から誠に遺憾という声明が出されまして、極めて異例のことと私も重く受けとめているところでございます。

 しかしながら、今回の売却にあっては、市長また所管の皆様も大変なご苦労、ご尽力があったと敬意を払った上で質問をさせていただきます。また、将来の市民益の観点、また市内の最重要工業用地、そんな観点からも質問させていただきます。

 質問項目が11項目と大変多いため簡潔にお伺いいたします。また、先ほどの同僚議員の質問と重複する部分につきましては、これから申し上げますが割愛をさせていただきます。

 まず、1点目といたしまして、議決を急ぐ理由は何か、なぜ通常の会期日程ではだめなのか、こちらにつきましては先ほど答弁をいただいていますので、割愛をさせていただきます。

 2点目といたしまして、これも先ほどの同僚議員の質問と若干関連をするわけですけれども、先ほど部長の答弁では9月3日以降にシチズン様のほうから用地についてお話があったと。そして10月30日、これが所有権の移転の前ですけれども、それ以前より交渉があったという説明がございました。しかしながら、議会での議決を経まして1か月という短い期間の中で大変急な展開があったと受けとめられる中におきまして、その短い期間の中でシチズン時計株式会社様から用地購入の打診があったのはいつでしょうか。その後、いつ、誰と、どのような交渉が行われ、最終的にはいつ、誰が売却の方針を決定したのか伺います。

 次、3点目といたしまして、これも10月21日の議会の全員協議会におきまして、15社からこの用地の購入についての問い合わせがあった聞いておりますが、他の14社との比較はどの程度なされましたでしょうか。この後、目的の部分の質問もさせていただきますけれども、その目的に合致するような形でほかの申し出があった14社からどの程度、将来の計画ということも含めてヒアリングがなされているかということについて伺います。

 4点目としまして、なぜ公告の必要がないと判断したのか、5点目の公告を経ないでの売却は公平性が担保されているのか、この質問につきましても先ほどと重複をいたしますので割愛をさせていただきます。

 6点目としまして、シチズン時計株式会社様との用地交渉においては佐久市産業立地応援プラン2014の用地取得費の補助のうちリスク分散、これは限度額が5億円ということになっておりますけれども、適用につきましてどのような話がなされたか伺います。

 7点目としまして、リスク分散の適用がなされるのであれば、どのような根拠によるものでしょうか。

 8点目といたしまして、こちらのTDK千曲川工場跡地の市による用地の購入、そして有効活用という流れの中では、雇用の創出による経済の活性化というのが一番の目的ということをこれまでもお聞きしているわけですけれども、今回の経過からすると一括売却ありきというような指摘をされる方もいらっしゃいます。目的は一括売却なのでしょうか、それとも雇用の創出なのでしょうか。

 9点目としまして、シチズン時計株式会社様にグランドデザイン、雇用計画の提出を求める考えはありますでしょうか。ここでいうグランドデザインというのは、市の中心部にある約2万5,000坪を最大限に有効活用していただくための計画でありまして、またそれに伴う雇用計画という趣旨で質問をさせていただきます。

 10点目としまして、御代田町への影響をどのように考えているのかお伺いをいたします。これは他の自治体のことでありまして、税収減等具体的な数字をお答えいただくというのは難しいと思いますので、一般的にどのような影響が考えられるかという観点からお伺いをいたします。

 最後、11点目としまして、これも先ほど同僚議員の質問でありましたけれども、私からはちょっとニュアンスが若干違うもので、お伺いをさせていただきます。今回の一連の用地取得、売却の経過の中で、商工会議所の貢献についてどのように考えられていますでしょうか。もう少し丁寧に言いますと、用地交渉において商工会議所のかかわりがあったことを承知されていますでしょうか。

 以上11点、重複する部分3項目を除きますが、質問をいたします。



○議長(市川稔宣君) 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) それでは、割愛された関係もございますので、2番目に質問をいただいておりますシチズン時計株式会社から用地購入の打診があったのはいつか、その後、いつ、誰と、どのような交渉が行われ、最終的にはいつ、誰が売却の方針を決定したのかとのご質問でございますが、去る9月2日の市議会全員協議会におきまして、TDK株式会社千曲川工場跡地取得のご報告をし、翌3日に新聞報道がなされた後、15件のお問い合わせをいただく中の1つでございました。その後の交渉過程につきましては、お手元にございます議案説明書118ページ、土地売買仮契約書第12条で守秘義務がうたわれておりますので、ご理解いただきたいと思います。

 用地の売却につきましては、交渉内容を庁内で検討し、市長が決定後10月17日にシチズン時計株式会社社長と市長が面談をし、契約に向け基本合意に至ったものでございます。

 次に、3番目の15社から問い合わせがあったと聞いているが、他の14社との比較はどの程度なされたかとのご質問でございますが、唯一の製造業であって、一括購入の意思や工場の規模及び工場を完成させる年度、そして、その場所で働く従業員の数など具体的な事業概要が示されたのはシチズン時計株式会社1社でございました。

 なお、他の内容につきましては、分割が希望であったり、ゼネコンや金融機関、また小売り等の皆様による問い合わせでございましたので、シチズン時計株式会社を交渉相手と決定させていただきました。

 それで、続いて6番目の質問でありますが、シチズン時計株式会社との用地交渉においては、佐久市産業立地応援プラン2014の用地取得費の補助のうち、リスク分散の適用についてどのような話がなされたのかとのご質問と、7番目のリスク分散の適用がなされるのであれば、どのような根拠によるものかについてのご質問は関連いたしますので、併せてお答えいたします。

 シチズン時計株式会社への補助制度の説明では、企業がリスク分散を考えての立地であれば、工場や事業所が災害等の被害が想定される地域かどうかを、公的機関が作成し発表している地域防災計画や防災マップ等で確認をし、リスク分散としての補助制度に該当する旨を説明しております。なお、今回のシチズン時計株式会社につきましては、移転する御代田工場が公的機関の作成、発表している防災マップにより、リスク分散に該当すると判断しております。したがいまして、市といたしましては制度に基づいた支援をしてまいりたいと考えております。

 次に、8番目の、目的は一括売却なのか雇用創出なのかというご質問でございますが、目的はあくまでも企業誘致による雇用の創出でございます。雇用の創出につきましては、まずは現在勤務している方の雇用と家族の生活を守り、佐久地域全体の雇用を確保しなければならないと考えております。そして、市にとって働く場所があるということは、交流人口の増大はもとより、若者が未来に夢を持てる魅力あるまちづくり、さらには佐久市の持続的発展につながるものであると強く考えております。

 続いて、9番目のシチズン時計株式会社に将来的な事業計画であるグランドデザイン、雇用計画の提出を求める考えはあるのかとのご質問でございますが、補助制度の申請書類として事業計画、雇用計画について提出をしていただくことになっております。

 続いて、10番目の御代田町への影響をどのように考えるかとのご質問でございますが、佐久市へ工場は移りますが、佐久市は御代田町と隣接しており、勤務していらっしゃる皆様が通勤できる範囲であると考えております。したがいまして、佐久地域全体を見ても雇用の確保につながったと考えております。

 最後に、11番目の取得価格10億円という破格の金額は、商工会議所の努力があったからだと思っている、市は一連の用地取得、売却の経過の中で商工会議所の貢献についてどのように考えているかとのご質問でございますが、商工会議所によりますとTDK株式会社千曲川工場跡地約2万5,000坪の売買額の決定は、佐久商工会議所のたび重なる交渉の結果によるものであると説明されております。

 市といたしまして10億円という価格は、土地を所有するTDK株式会社と土地を取得する佐久市の当事者の間において、これまで市長と職員が一丸となって交渉を重ねてきたことに対して、TDK株式会社が佐久市の企業誘致による雇用施策にご理解をいただいたものであると考えております。地方創生には雇用確保が急務であり、不可欠であります。平素、市議会はじめ商工会議所におかれましても、市の企業誘致を応援していただいているという認識をしております。

 以上でございます。



○議長(市川稔宣君) 12番、大井君。



◆12番(大井岳夫君) それでは、2回目の質問をいたします。

 まず、3点目に質問をいたしました他の14社との比較の件ですけれども、具体的な計画があったのがシチズン時計さんからだけだった、それで唯一の製造業という答弁がありました。なんですけれども、お話が、どの企業も先方からそのお話があったと思いますけれども、逆に佐久市から打診をして、その計画はどうなっていますかということで、佐久市から積極的にいろいろな他の14社の計画についても受け身ということではなくて、こちらから投げかけた、そういったご努力はされたのかということを伺います。

 続きまして、7点目の質問です。

 防災マップ上ではリスク分散ということで、リスク分散に合致しているんだというような答弁でしたけれども、それがこのTDK千曲川工場の跡地という土地でしたら、完全にクリアされるのかということについて確認でお伺いをいたします。

 続きまして、9点目ですけれども、ちょっとしっかり聞き取れなかった部分もありますが、今後シチズン時計さんに事業計画、雇用計画を出していただくということですけれども、いつ頃までにということで、どのような話がされているかということについて、また話がされていなかったら、市としてはその期限等々についてどのように考えているかということについてお伺いいたします。

 そして、最後、11点目ですけれども、商工会議所の交渉へのかかわりというのは、貢献ということについては承知していないということですけれども、ちょっと先ほども少し触れさせていただきましたが、ただ、これまでの経過において商工会議所の交渉ということではなくて、長年のTDKさん誘致の段階からの信頼関係の積み上げというのがあったかと思います。そして、TDKさんも佐久市のためにあの土地を有効活用していただきたい、佐久市の将来のために役立てていただきたいというような思いの中には、商工会議所さんをはじめとする信頼関係の構築というのが私は土台としてあるのではないかなと、捉えているわけですけれども、そういうような過程も含めて商工会議所のかかわりが、今回一連の売却の流れの中でかかわりというのがあったかどうか、そのことを確認させていただきたいと思います。



○議長(市川稔宣君) 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) 何点かいただきましたので、順次お答えしてまいります。

 最初に、問い合わせ等をいただいた折に、市としてどのような形をとったかということでございますが、こちらからもそういったお話をもらって、また問い合わせをこちらからもしているということがあったんですが、そういった折に具体的な話という内容はございませんでした。

 それと、リスク分散の関係、2番目にお話しいただきましたが、我々が承知している限りでは、公的機関、いわゆる国交省の関係でございますが、そういった防災マップ等で確認する限りは、該当すると考えております。

 それと、シチズン時計に計画というんですか、具体的な計画をいつ頃までにというような内容だったかと思いますが、これにつきましては、これで調印が先般されまして、これから具体的に補助制度等のことについても話を進めていく中で進めてまいりますので、ちょっといつまでにというようなことはまだ決定しておりません。

 それと、商工会議所の貢献というそのかかわり合いということでのご質問をいただきましたけれども、本当に何度もその辺、お答えしているんですけれども、私どもとすれば、そういった話を交渉先でございますTDK本社からはお話を伺っていないというのが現状でございます。

 以上でございます。



○議長(市川稔宣君) ほかにございませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ないようですので、議案第135号の質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案委員会付託



○議長(市川稔宣君) 日程第5、議案の委員会付託を行います。

 付託委員会につきましては、議会運営委員会でご協議願っておりますので、議案付託表ナンバー1のとおり付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案付託表ナンバー1のとおり所管常任委員会に付託することに決しました。

 ただいま付託いたしました議案審査のため、暫時休憩いたします。



△休憩 午後1時20分



△再開 午後2時25分



○議長(市川稔宣君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 付託議案委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(市川稔宣君) 日程第6、ただいまから付託議案に係る委員長報告に入ります。

 経済建設委員長より付託議案に対する審査報告書が提出されております。

 経済建設委員長の報告を求めます。

 17番、神津君。



◆経済建設委員長(神津正君) 付託議案について、経済建設委員長報告を行います。

 本定例会開会日であります11月26日における当委員会への付託されました議案は、事件案1件でありました。

 当委員会においては、慎重審査の結果、議案第135号 三河田工業団地用地の処分については、商工会議所と意思の疎通が欠けていたのではないか、土地利用については公平性に欠けないようにインキュベーション施設の整備を商工会議所と連携して進めてほしいといった意見が出されましたが、全会一致により原案可決と決しました。

 以上、付託議案についての委員長報告を申し上げました。



○議長(市川稔宣君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 議案第135号 三河田工業団地用地の処分についてを採決いたします。

 経済建設委員長の報告は原案可決であります。

 お諮りいたします。

 議案第135号については、討論を省略し、経済建設委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第135号は、経済建設委員長報告どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△次会日程の報告



○議長(市川稔宣君) 以上をもって、本日の日程は終了いたしました。

 なお、一般質問をされる場合は、明27日正午までに通告書に記載の上、提出願います。

 本会議については、明27日から12月4日までの8日間は議案調査等のため休会し、12月5日午前10時再開の上、市政に対する一般質問を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(市川稔宣君) 本日はこれをもって散会といたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午後2時27分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

   佐久市議会議長   市川稔宣

   佐久市議会議員   中澤兵衛

   佐久市議会議員   菊原初男