議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 佐久市

平成26年  3月 定例会(第1回) 03月03日−01号




平成26年  3月 定例会(第1回) − 03月03日−01号







平成26年  3月 定例会(第1回)



佐久市告示第12号

 平成26年佐久市議会第1回定例会を次のとおり招集する。

  平成26年2月17日

                             佐久市長  柳田清二

1.期日  平成26年3月3日 午前10時

2.場所  佐久市議会議場

         平成26年佐久市議会第1回定例会会期日程表



日程
月日
曜日
議事内容



3.3

本会議
開会宣告、報告事項、議長諸般報告
会議録署名議員指名、会期決定
議案上程、市長招集挨拶
議案総括説明(質問通告受付開始)
(代表質問通告受付締切・午後1時)



3.4

休会
議案調査



3.5

休会
議案調査



3.6

休会
議案調査(議案質疑通告締切・正午)



3.7

本会議
代表質問



3.8

休会
 



3.9

休会
 



3.10

休会
議案調査



3.11

本会議
議案質疑
議案委員会付託、請願・陳情委員会付託


10
3.12

休会
議案調査


11
3.13

委員会
 


12
3.14

委員会
 


13
3.15

休会
 


14
3.16

休会
 


15
3.17

委員会
 


16
3.18

休会
議事整理(討論通告締切・正午)


17
3.19

休会
議事整理


18
3.20

休会
議事整理


19
3.21

休会
 


20
3.22

休会
 


21
3.23

休会
 


22
3.24

本会議
委員長報告、質疑、討論、採決
閉会宣告



       平成26年佐久市議会第1回定例会会議録(第1日目)

◯議事日程(第1号)

                    平成26年3月3日(月)午前10時開会

     開会宣告

     報告事項

     議長諸般報告

日程第1 会議録署名議員指名

日程第2 会期決定

日程第3 議案上程

     市長招集挨拶

     議案総括説明

     議案第2号 佐久市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第3号 佐久市隣保館条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第4号 佐久市男女共同参画推進条例の制定について

     議案第5号 佐久市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第6号 佐久市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第7号 佐久市積立基金条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第8号 佐久市高齢者共同リビング条例を廃止する条例の制定について

     議案第9号 佐久市商工業振興条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第10号 佐久市特定用途制限地域における建築物の制限に関する条例の制定について

     議案第11号 佐久市児童生徒就学指導委員会条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第12号 佐久市社会教育委員条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第13号 佐久広域連合規約の変更について

     議案第14号 佐久市望月総合支援センターの指定管理者の指定について

     議案第15号 佐久市北中込駅前広場の指定管理者の指定について

     議案第16号 市民交流ひろばの指定管理者の指定について

     議案第17号 佐久市生涯学習センターの指定管理者の指定について

     議案第18号 佐久市鎌倉彫記念館の指定管理者の指定について

     議案第19号 佐久市コスモホールの指定管理者の指定について

     議案第20号 佐久市交流文化館浅科の指定管理者の指定について

     議案第21号 平成25年度佐久市一般会計補正予算(第8号)について

     議案第22号 平成25年度佐久市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)について

     議案第23号 平成25年度佐久市介護保険特別会計補正予算(第2号)について

     議案第24号 平成25年度佐久市障害者支援施設臼田学園特別会計補正予算(第1号)について

     議案第25号 平成25年度佐久市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第1号)について

     議案第26号 平成25年度佐久市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)について

     議案第27号 平成25年度佐久市介護老人保健施設特別会計補正予算(第1号)について

     議案第28号 平成25年度佐久市奨学資金特別会計補正予算(第2号)について

     議案第29号 平成25年度佐久市国保浅間総合病院事業特別会計補正予算(第4号)について

     議案第30号 平成25年度佐久市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について

     議案第31号 平成26年度佐久市一般会計予算について

     議案第32号 平成26年度佐久市国民健康保険特別会計予算について

     議案第33号 平成26年度佐久市介護保険特別会計予算について

     議案第34号 平成26年度佐久市障害者支援施設臼田学園特別会計予算について

     議案第35号 平成26年度佐久市特別養護老人ホーム特別会計予算について

     議案第36号 平成26年度佐久市後期高齢者医療特別会計予算について

     議案第37号 平成26年度佐久市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について

     議案第38号 平成26年度佐久市介護老人保健施設特別会計予算について

     議案第39号 平成26年度佐久市奨学資金特別会計予算について

     議案第40号 平成26年度佐久市環境エネルギー事業特別会計予算について

     議案第41号 平成26年度佐久市茂田井財産区特別会計予算について

     議案第42号 平成26年度佐久市国保浅間総合病院事業特別会計予算について

     議案第43号 平成26年度佐久市下水道事業特別会計予算について

◯本日の会議に付した事件

  日程第1〜日程第3 議事日程に同じ

  追加日程第1 意見書案上程、説明、質疑、討論、採決

         意見書案第1号 豪雪災害に対する広範な支援策の早急な実施を求める意見書の提出について

◯出席議員(28名)

     1番  市川稔宣君       2番  吉川友子君

     3番  井出浩司君       4番  内藤勝利君

     5番  小金沢昭秀君      6番  飯島雅則君

     7番  三石義文君       8番  柳澤 潔君

     9番  篠原 勤君      10番  関本 功君

    11番  吉岡 徹君      12番  大井岳夫君

    13番  小山仁志君      14番  高橋良衛君

    15番  江本信彦君      16番  内藤祐子君

    17番  神津 正君      18番  小林貴幸君

    19番  竹花美幸君      20番  和嶋美和子君

    21番  小林松子君      22番  市川 将君

    23番  井出節夫君      24番  杉岡 務君

    25番  中條寿一君      26番  花岡 茂君

    27番  中澤兵衛君      28番  菊原初男君

◯欠席議員(なし)

◯説明のため出席した者

  市長      柳田清二君    副市長     小池茂見君

  総務部長    井上 尚君    企画部長    花里英一君

  市民健康部長  藤牧 浩君    環境部長    出沢丈夫君

  福祉部長    坂戸千代子君   経済部長    比田井正弘君

  建設部長    金澤英人君    地域局長    中山雅夫君

  会計管理者   伊藤明弘君    病院事業管理者 村島隆太郎君

  浅間病院・みすず苑事務長     臼田支所長   細谷 渡君

          安藤俊之君

  浅科支所長   山浦清志君    望月支所長   吉澤 隆君

  教育委員長   黒岩 肇君    教育長     土屋盛夫君

  学校教育部長  桜井和則君    社会教育部長  矢野光宏君

  選管委員長   鬼久保長治君   監査委員    篠原捷四君

  農業委員会長  市川 覚君    庶務課長    山浦俊彦君

  市長政策室長  佐藤 治君

◯事務局職員出席者

  議会事務局長  山崎恭介     議会事務局次長 大塚芳暢

  庶務係長    柳澤広幸     議事調査係長  清水秀晃

  書記      三浦健明     書記      佐藤佳菜



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(市川稔宣君) おはようございます。

 これより平成26年佐久市議会第1回定例会を開会いたします。

 現在までの出席議員は27名でありますので、定足数を超えております。

 よって、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告事項



○議長(市川稔宣君) 最初に、報告事項を申し上げます。

 市長から議案42件が提出されております。あらかじめ皆さんにご配付申し上げてあるとおりであります。

 また、専決処分についての報告書、例月出納検査結果報告書、平成25年度定期監査報告書、財政援助団体等監査報告書、行政監査報告書が提出され、配付してありますので、ご覧願います。

 広報広聴課から写真撮影、また、報道機関から写真・ビデオ撮影等の申し込みがあり、今会期中、これを許可してありますので、ご承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長諸般報告



○議長(市川稔宣君) 議長諸般報告を行います。

 お諮りいたします。

 本件につきましては、印刷してお手元に配付してありますので、ご覧願うことにいたしまして、朗読を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認めます。

 よって、朗読は省略いたします。

 本日の議事は、議事日程第1号をもって進めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員指名



○議長(市川稔宣君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第89条の規定により、議長において

  16番  内藤祐子君

  17番  神津 正君

の2名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期決定



○議長(市川稔宣君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 本定例会の会期につきましては、2月20日に議会運営委員会が開かれまして、ご協議願ってありますので、その結果について委員長より報告願うことにいたします。

 19番、竹花君。



◆議会運営委員長(竹花美幸君) 皆さん、おはようございます。議会運営委員長の竹花でございます。

 委員長報告を申し上げます。

 去る2月20日、平成26年第1回定例会の会期及び日程等について、議会運営委員会を開催いたしましたので、その結果をご報告申し上げます。

 本定例会に提出されます議案は、条例案11件、事件案8件、予算案23件の計42件でございます。

 会期につきましては、本日から3月24日までの22日間とすることにいたしました。

 会期の詳細につきましては、お手元にご配付いたしております会期日程表(案)のとおりでございます。

 本定例会の代表質問の順位、持ち時間につきましては、先の議会運営委員会における協議のとおりでございます。

 なお、議案質疑の通告締め切りは3月6日正午ですので、お間違えのないようお願いいたします。

 議会委員長報告は以上でございます。



○議長(市川稔宣君) お諮りいたします。

 ただいま議会運営委員長から報告されましたとおり、平成26年第1回定例会の会期は、本日から3月24日までの22日間といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は22日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案上程 市長招集挨拶 議案総括説明



○議長(市川稔宣君) 日程第3、市長から提出のありました議案第2号から議案第43号までの計42件を一括上程いたします。

 議案はご配付した議案書のとおりです。

 議案の件名につきましては、事務局長に朗読させます。

 議会事務局長、山崎君。

     議会事務局長件名朗読(別紙)



○議長(市川稔宣君) 次に、市長から招集挨拶並びに提案理由の総括説明を求めます。

 市長、柳田君。



◎市長(柳田清二君) 皆様、おはようございます。

 先月14日金曜日から15日にかけて、佐久市内は記録的な大雪に見舞われました。市では15日土曜日早朝に、災害対策本部の設置を決定し、連日会議を重ねる中で、各般にわたる対応と調整を行うとともに、防災無線や市ホームページ、FMラジオ、ソーシャルメディアなどさまざまなメディアを活用し、市民の皆様への情報提供に努めてまいりました。

 この間、委託業者の皆様には不眠不休で市道の除雪作業に従事していただきましたが、おびただしい雪の量に作業は難航し、16日(日曜日)には、阿部長野県知事を通じて、自衛隊の派遣を要請し、17日(月曜日)、18日(火曜日)の両日、幹線道路の除雪作業を行っていただいたところであります。

 また、交通が寸断し、孤立状態となった馬坂、広川原、丸山地区に対しましては、18日(火曜日)に県の消防防災ヘリによりまして、住民の皆様等7名を救出するとともに、救援物資を届け、さらに20日(木曜日)には医薬品等の物資の供給と生活支援のため、市職員並びに佐久広域消防職員を馬坂地区に派遣いたしました。その後、群馬県南牧村へ除雪協力をお願いする中で、除雪作業が進み、20日正午には馬坂地区の孤立状態が解消されたところであります。

 このほかにも大雪による交通網の乱れは、バス等の公共交通を初め、保育や学校教育、ごみの収集等に至るまで、市民生活全般にわたって大きな影響を及ぼしました。あらがいがたい自然の猛威を痛感するとともに、ご不便をおかけいたしました点は、謙虚に反省し、今回の経験から得られた教訓を糧として、有事の際の迅速かつ的確な対応と日ごろからの万全の備えに心がけてまいりたいと考えております。

 なお、各区の区長さんのご協力はもとより、生活道路や通学路の確保のため、急な呼びかけにもかかわらず、大勢のボランティアの皆様など、進んでご協力をいただきました多くの市民の皆様に深く感謝申し上げます。

 また、今回の大雪に関する経費につきましては、今議会において、補正予算の提出を考えておりますが、その支払いにつきましては、既に業務が完了したにもかかわらず、支払いが遅延することは許されないことから、既決予算内で対応させていただきたいと考えておりますので、ご理解をお願いいたします。

 それでは、招集のご挨拶を申し上げます。

 本日、ここに平成26年第1回定例会を招集しましたところ、議員各位におかれましてはご多忙の折、ご出席を賜りまして誠にありがとうございます。

 議案の総括説明を申し上げます前に、最近の社会経済情勢並びに本市が取り組んでおります主な施策について申し上げます。

 初めに、社会経済情勢でありますが、本年4月には消費税率の引き上げが予定されているところでございます。税率引き上げ直後には、個人消費を中心に景気の落ち込みが懸念されており、ようやく先行きに明るさを取り戻しつつある長野県経済にもどのような影響を及ぼすのか、今後の動向を注視するとともに、消費税対策として位置づけのある臨時福祉給付金等の事務作業には万全を期して臨んでまいりたいと考えております。

 続きまして、現在佐久市が取り組んでおります主な施策について5点申し上げます。

 まず1点目といたしまして、「新佐久市誕生10周年記念事業」について申し上げます。

 市町村合併により「新佐久市」が誕生してから平成27年4月1日で10周年を迎えます。この前後6カ月間(平成26年10月1日より平成27年9月30日)を実施期間として、記念イベントや市の魅力を発信する各種事業を展開してまいります。事業の実施に当たりましては、市民協働の観点から、各種団体からの推薦や公募委員の皆様で構成する実行委員会を組織し、記念式典はもとより特別イベントの開催など、10周年の節目を市民の皆様と祝うとともに、佐久市の魅力を内外に伝え、さらなる発展につながるような事業に取り組んでまいりたいと考えております。

 2点目といたしまして、「新幹線金沢延伸に伴う佐久平駅停車本数確保に向けた取り組み」について申し上げます。

 北陸新幹線の金沢延伸を来春に控え、佐久平駅の強みを最大限に生かしつつ、同時に地域経済の活性化が図れるような仕組みづくりを検討してまいりました。この検討結果を踏まえ、平成26年度は佐久市への移住者を対象とした新たな補助制度の創設や、パークアンドライドを推進するための環境整備などさまざまな角度からのアプローチを試みるとともに、引き続きあらゆる可能性について検討を加えながら、具体的な成果につなげてまいりたいと考えているところでございます。

 3点目といたしまして、「新しい保健活動の展開」について申し上げます。

 昨年12月24日、「新しい保健推進検討委員会」より、市民の皆様一人ひとりが生涯を通して豊かな心と健やかな身体を育てる行動がとれることを目指すため、その方向性や手法について新たな視点の知見を踏まえた9項目のご提言をいただきました。これらの提言に基づき、平成26年度は小・中学生の健康管理や減塩を中心とした食育推進、若い世代への保健活動の強化など、これまでの壮年期以降を対象とした保健活動から、幅広い世代への健康意識を高める新しい保健活動の具体的取り組みを着実に進めてまいりたいと考えているところでございます。

 4点目といたしまして、「県立武道館の佐久市への建設」について申し上げます。

 昨年7月、阿部知事と面談し、県立武道館の佐久市への建設についてご提案を申し上げたところであります。その後、9月に佐久市体育協会が長野県議会に県立武道館の早期建設を求める陳情を行い、採択されています。

 また、長野県においては、平成26年度当初予算案に武道振興施設のあり方を検討する有識者会議を開催するための経費が計上されたことが報じられております。

 今後、よりよい議論が深まりますことを期待するとともに、引き続き県立武道館の佐久市への建設に向け努力を重ねてまいりたいと考えておりますので、議員各位のご支援、ご協力をお願いするものであります。

 5点目といたしまして、「住民票や戸籍謄本等の交付に係る本人通知制度及び本人告知制度の創設」について申し上げます。

 「本人通知制度」につきましては、住民票や戸籍謄本等の不正取得による個人の権利や人権の侵害を抑止、または防止することを目的に創設するもので、例えば、本人からの委任状により代理人に対して住民票を交付した場合、その交付事実を市から直接本人に書面にてお知らせするものであります。市ではこの「本人通知制度」を本年4月1日より全市民等を対象として実施してまいります。

 また、これにあわせて住民票や戸籍謄本等が不正取得されたことが判明した場合には、その事実を本人に告知する「本人告知制度」も実施する予定でございます。

 本制度の創設により、不正取得の早期発見や事実関係の早期究明が可能となりますとともに、抑止効果も期待できますことから、安全安心な市民生活の実現に大いに資するものと考えております。

 以上、主な施策について申し上げました。

 それでは、引き続き議案の総括説明を申し上げますので、お手元の議案説明書をご覧いただきたいと思います。

 本日平成26年佐久市議会第1回定例会に提案いたしました議案は、条例案11件、事件案8件、予算案23件、合わせて42件であります。

 初めに、条例案について申し上げます。

 佐久市男女共同参画推進条例は、男女共同参画社会の実現に向け、基本理念、市の施策、その他必要な事項を定めようとするものであります。

 佐久市特別会計条例の一部を改正する条例は、市が発電事業者として一般電気事業者に売電する事業に係る特別会計を新たに設置しようとするものです。

 佐久市商工業振興条例の一部を改正する条例は、さらなる企業立地の促進のため、補助対象業種の追加、補助事業の新設等を行おうとするものであります。

 佐久市特定用途制限地域における建築物の制限に関する条例は、中部横断自動車道佐久中佐都インターチェンジ及び佐久南インターチェンジ周辺の地域、良好な環境の形成及び保持のため、当該地域における建築物の制限について定めようとするものであります。

 その他の条例案につきましては、法令改正に伴うもの、行政の効率化を推進するためのもの等であります。

 続きまして、事件案について申し上げます。

 佐久広域連合規約の変更は、障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律の改正に伴い、佐久広域連合が設置をいたします障害程度区分認定審査会の名称を改めるため、佐久広域連合規約を変更することについて、議会の議決をお願いするものでございます。

 佐久市望月総合支援センターほか6施設の指定管理者指定につきましては、それぞれの施設の指定管理者を指定するため、議会の議決をお願いしようとするものであります。

 続きまして、予算について申し上げます。

 最初に、補正予算案についてご説明申し上げます。

 平成25年度一般会計補正予算(第8号)は、歳入では国・県補助金等の交付決定、または変更に伴う補正、起債対象事業費の変更に伴う市債の補正などであります。歳出では、事業費の確定、または確定見込みによる減額、国の補正予算等に伴う前倒し事業及び基金利子の積み立てによる増額のほか、歳入及び歳出の状況による基金繰入金の減額などの補正であります。この結果、平成25年度一般会計補正予算(第8号)は、歳入歳出それぞれ23億7,225万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ454億8,123万円とするものであります。

 歳出における補正の主なものを申し上げますと、民生費の老人福祉施設事業費は、国庫補助の内示に伴う事業者が行う小規模多機能型居宅介護事業所整備に対する地域介護、福祉空間整備交付金でございます。

 土木費の道路維持修繕事業費は、1月までの降雪状況を考慮しての除融雪経費であります。

 交通安全施設事業費及び総合運動公園整備事業費は、それぞれ国の補正予算等による国庫補助の内示に伴う工事費等であります。

 教育費の小学校施設整備事業費は、今後の施設整備に備えての小・中学校施設整備基金への積立金であります。

 岸野小学校屋内運動場改築事業費は、国庫補助の内示に伴い、前倒しして実施する旧屋内運動場解体工事費であります。

 特別会計は、国民健康保険特別会計など9会計の補正でありますが、主な内容は一般会計と同様、事業費の確定、または確定見込みによる減額、国の補正予算に伴う前倒し事業及び基金利子の積み立てなどでございます。

 続きまして、平成26年度当初予算案についてご説明申し上げます。

 平成26年度の一般会計当初予算は、471億円となりまして、前年度当初予算と比較いたしますと額で12億2,000万円、率にいたしまして2.7%の増となっております。これは合併特例による財政支援措置を有効活用した将来を見据えた都市基盤整備に係る大型事業が継続していることによるものでございます。

 予算内容でありますが、歳入の状況につきましては、後ほど総務部長から説明いたします。

 私からは、歳出のうち、新規事業を中心に順次申し上げてまいります。

 初めに、総務費であります。

 臼田まちづくり事業費は、「地域交流センター(仮称)うすだ健康館」の整備に係る経費であります。

 佐久南地区地域間交流拠点施設整備事業費は、佐久南インターチェンジ周辺における中部横断自動車道のサービスエリア的な機能を持つ、農業振興に資する拠点施設の整備に係る経費でございます。

 次に、民生費であります。

 臨時福祉給付金給付事業費及び子育て世帯臨時特別給付金給付事業費は、消費税率の引き上げに配慮し、国の補正予算により措置された臨時給付金の給付に係る経費であります。

 チャイルドライン推進事業費は、チャイルドラインの11月開設に向け、引き続き必要な支援を行ってまいります。

 オールマイティ1年生事業費は、市施設等を1年間無償で利用できるオールマイティーパスの発行に係る経費であります。市内に限らず全国の小学校1年生を対象とし、子育て家庭を応援するとともに、交流人口の創出を図ろうとするものであります。

 望月地区新保育所建設事業費、平賀・内山地区新保育所建設事業費及び佐久平浅間児童館(仮称)建設事業費は、引き続き事業の進捗を図ってまいります。

 次に、衛生費であります。

 コウノトリ支援事業費は、対象治療項目及び補助額を拡充し、不妊治療、不育症の治療に係る保険診療適用外、いわゆる自由診療の検査費用及び診察費用の助成をさらに進めるための経費であります。

 基本健診等事業費及び個別健診事業費は、35歳から39歳までの健康診断における自己負担額の軽減に係る経費であります。これら2項目は、「新しい保健」への取り組みであります。

 当初予算案では、16事業21項目にわたり、新しい視点による保健事業に取り組んでおり、20年後、30年後も世界に誇れる健康長寿のまちであり続けるために、市民の皆様の健康生活をサポートしてまいりたいと考えております。

 引き続き、環境衛生管理費は、環境基本法に基づく特定外来生物の生息状況調査に係る経費であります。

 斎場施設建設事業費、新クリーンセンター整備事業費及び温水利用型健康運動施設整備事業費は、引き続き事業の進捗を図ってまいります。

 次に、農林水産業費であります。

 農業経営基盤強化推進事業費は、耕作放棄地の進行を初期段階において防ぐため、再生、管理、作業に対する補助経費であります。

 地産地消推進事業費は、モデル事業として浅科、望月地区、これら2つにおいて実施をする学校給食応援団から学校給食への食材提供システムを構築するためのマネジメント業務に係る委託経費であります。

 次に、商工費であります。

 商工振興事業費は、地域経済の活性化を図るため、空き店舗の賃借、改修に対する補助経費であり、産業立地推進事業費は、企業立地を促進するため、空き工場の賃貸に対する補助経費であります。

 移住交流推進事業は、佐久市への移住に伴う住宅の取得費に対する補助経費でありますが、市内の事業者による中古住宅の改修や移住者の新幹線通勤に要する経費などに対しまして、補助額を上乗せしようとしていくものであります。

 次に、土木費であります。

 道路関係では、継続路線の進捗を図るとともに、新規路線といたしまして、臼田地区のコスモホールアクセス道、湯原隧道、望月地区の御桐谷・青木線、下の宮・向反線、大平線の改良、修繕事業に着手してまいります。

 公園関係では、砂場用清掃機の購入経費を計上いたしました。公園はもとより、砂場のある市の全ての施設において清掃を行うことにより、市民の皆様が安心して砂場をご利用いただけるものと考えております。

 このほか、空き家再生等推進事業費は、空き家住宅等を地域コミュニティーの場所として、活用するための所有者等が行う改修、除去費に対する補助経費であります。

 次に、消防費であります。

 佐久消防署庁舎建設事業費は、平成26年度中の完成を目指し、引き続き事業の進捗を図ってまいります。

 次に、教育費であります。

 学校教育関係では、教育現場における課題解決のため、直接的な指導を行う指導主事を配置いたします。教育企画事務費は、臼田地区小学校施設整備検討委員会の設置に係る経費を計上いたしました。

 佐久平浅間小学校(仮称)建設事業費、岩村田小学校建設事業費、岸野小学校屋内運動場改築事業費及び望月中学校建設事業費は、引き続き事業の進捗を図ってまいります。

 社会教育関係では、文化振興総務費で劇団四季のミュージカル公演に係る経費を計上いたしました。

 中込会館移転改築事業費は、平成26年度から平成28年度までの3カ年事業で、平成26年度は立体駐車場等の基本実施設計経費であります。

 浅間会館改築事業費は、平成26年度から平成29年度までの4カ年事業で、平成26年度は浅間会館改築検討委員会の設置に係る経費であります。

 市民創錬センター(仮称)整備事業費は、平成24年度から平成27年度までの4カ年事業でございます。平成26年度は建設工事に着手してまいります。

 読書通帳事業費は、全市立図書館での個人の読書履歴を通帳により管理できるシステム導入経費であります。

 以上、平成26年度一般会計予算の主要事業につきまして、その主な概要をご説明いたしました。

 次に、特別会計であります。

 特別会計は、新たに設置いたしましたメガソーラー発電事業に係る環境エネルギー事業特別会計を加え、全12会計でございます。

 特別会計12会計の予算総額は、369億3,861万9,000円となり、平成25年度当初予算案と比較いたしますと額で44億9,787万5,000円、率で13.9%の増となっております。

 内容につきましては、それぞれ特別会計の目的を執行するための経費及びそれに伴う収入でございます。

 以上、議案の概要について申し上げましたが、詳細につきましては、お手元の議案説明書をご覧いただくほか、所管部長等から説明申し上げますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げまして、総括説明とさせていただきます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第2号の説明を求めます。

 総務部長、井上君。



◎総務部長(井上尚君) 皆さん改めまして、おはようございます。

 それでは、議案第2号 佐久市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましてご説明申し上げます。

 本案は、公的年金の支給開始年齢が段階的に引き上げられることに伴い、雇用と年金を接続させるための再任用制度の整備のため、行政職給与表と同様に医療職給与表につきましても再任用職員の給料月額を定めようとするものでございます。

 なお、本条例の施行期日につきましては、平成26年4月1日とするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第3号の説明を求めます。

 市民健康部長、藤牧君。



◎市民健康部長(藤牧浩君) 議案第3号 佐久市隣保館条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。

 本案は、隣保館運営審議会の所掌している隣保館の事業及び運営に関する事項は、部落差別撤廃人権擁護審議会の所掌している佐久市部落差別撤廃と人権擁護に関する計画に基づいて実施するものであることから、行政改革行動計画に基づき隣保館運営審議会を部落差別撤廃人権擁護審議会に統合するため、所要の改正を行おうとするものでございます。

 条例の主な内容につきましては、第7条を隣保館運営審議会の設置根拠規定に改め、第8条を削り、以下の条を繰り上げ、改正しようとするものでございます。

 なお、本条例は平成26年4月1日から施行しようとするものであります。

 また、佐久市特別職の職員等の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正につきましては、隣保館運営審議会委員の日額6,500円を削り、改正を行おうとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第4号の説明を求めます。

 市民健康部長、藤牧君。



◎市民健康部長(藤牧浩君) 議案第4号 佐久市男女共同参画推進条例の制定についてご説明申し上げます。

 本案は、男女共同参画を総合的かつ計画的に推進するため、基本理念を定め並びに市民及び事業者の責務を明らかにするとともに、男女共同参画の推進に関する施策の基本となる事項を定めることにより、市民、事業者等の共同のもとに男女共同参画社会を実現しようとするものでございます。

 条例の主な内容につきましては、第3条では男女の人権の尊重など6つの基本理念について、4条では男女共同参画推進に関する施策の策定など市の責務について、5条では市が実施する男女共同参画の推進に関する施策に協力するよう努めるとした市民の責務について、第6条では男女が共同してその事業活動に参画することができる体制の整備など事業者の責務について、第7条につきましては、地域における男女共同参画の推進について、第11条では市長の男女共同参画推進に関する基本的な計画の策定義務などについて、第14条では市が行う男女共同参画を推進するための6つの施策について、第15条では男女共同参画推進に関する報告及び積極的に取り組む事業者に対する表彰について、第18条以降は男女共同参画審議会に関する規定について、それぞれ定めようとするものでございます。

 なお、本条例は平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。

 また、佐久市特別職の職員等の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部改正につきましては、男女共同参画審議会委員の日額6,500円を追加するものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第5号の説明を求めます。

 市民健康部長、藤牧君。



◎市民健康部長(藤牧浩君) 議案第5号 佐久市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。

 本案は、福祉医療費給付金の支給対象の範囲について、平成25年4月1日から小学校卒業までのものを中学校卒業までのものに拡大したことから、その定義に係る規定について支給対象範囲をより的確に表現するものとするため、所要の改正を行おうとするものでございます。

 なお、本条例は公布の日から施行しようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第6号の説明を求めます。

 環境部長、出沢君。



◎環境部長(出沢丈夫君) 議案第6号 佐久市特別会計条例の一部を改正する条例の制定につきましてご説明申し上げます。

 本案は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を利用して、市が発電事業者となり発電した電力を一般電気事業者に売電する事業において得る売電収入と当該事業に係る施設の維持管理経費等について、一般会計とは区分して経理していくため、新たに佐久市環境エネルギー事業特別会計を設置しようとするものであります。

 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を利用して行う電気事業につきましては、地方公営企業法の適用を受けないまでも特別会計を設置して経理を行う旨の総務省自治財政局通達に基づき、平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上でございますが、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第7号の説明を求めます。

 環境部長、出沢君。



◎環境部長(出沢丈夫君) 議案第7号 佐久市積立基金条例の一部を改正する条例の制定につきましてご説明いたします。

 本案は、改正の内容が2つの所管にわたりますが、一括して私からご説明させていただきます。

 佐久市環境エネルギー事業基金につきましては、市が発電事業者となり一般電気事業者に売電する事業において得る売電収入から当該事業に係る維持管理経費等を差し引いた残余を積み立て、今後の環境負荷低減に資するエネルギー関連事業推進のための財源とするため、新たに基金を設置しようとするものでございます。

 佐久市保育所施設整備基金につきましては、老朽化等により今後施設整備が必要となってくる市立保育所の施設整備の財源とするため、新たに基金を設置しようとするものでございます。

 なお、本条例は平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上でございますが、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第8号の説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第8号 佐久市高齢者共同リビング条例を廃止する条例の制定についてご説明申し上げます。

 本案は、高齢者の生活支援を目的として設置しています佐久市高齢者共同リビングにつきまして、介護保険を初め、高齢者支援施策の進展及び高齢者の住まい場の多様化によりまして、当該施設への住民ニーズが著しく減少してきていることから、その活用方法につきまして、見直しを行うことから、条例を廃止しようとするものでございます。

 なお、本条例は平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第9号の説明を求めます。

 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) 議案第9号 佐久市商工業振興条例の一部を改正する条例の制定についてご説明いたします。

 本案は、さらなる企業立地の促進を図るために、補助事業の対象業種を新たに3業種追加し、立地企業の拡大を行うとともに、既存の空き工場や事務所の有効活用を図るため、工場等の賃借料の一部を助成する補助事業を新設するものでございます。

 また、近年の誘致企業の撤退等に対する補助金の返還問題に関係し、補助金の適正な執行のための取り消し規定の整備を図るなど、所要の改正を行うものでございます。

 ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第10号の説明を求めます。

 建設部長、金澤君。



◎建設部長(金澤英人君) 議案第10号 佐久市特定用途制限地域における建築物の制限に関する条例の制定につきましてご説明申し上げます。

 本案は、中部横断自動車道佐久中佐都インターチェンジ及び佐久南インターチェンジ出入り口から半径300メートルの地域において、地域の良好な環境の形成及び保持のため、制限すべき特定の建築物の用途の概要を定める特定用途制限地域を決定するに当たり、建築基準法に基づき当該建築物の制限について定めようとするものであります。

 議案書の44ページから47ページをご覧ください。

 第1条では本条例の趣旨を、第2条では用語の定義を、第3条では適用区域を、第4条では特定用途制限地域内における建築物の用途の制限を、第5条では建築物の敷地が特定用途制限地域の内外にわたる場合の措置を、第6条では既存の建築物に対する制限の緩和を、第7条では本条例に定めるもののほかこの条例の施行に関し必要な事項は市長が定めることを、第8条では罰則を、第9条では両罰規定を定めようとするものであります。

 なお、附則といたしまして、本条例は都市計画法第20条第1項の規定に基づく特定用途制限地域に関する都市計画決定の告示の日から施行しようとするものであること、また、本条例第4条第2項の規定による許可の申請に対する審査手数料を定めるため、佐久市手数料条例の一部を改正しようとするものであります。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第11号の説明を求めます。

 学校教育部長、桜井君。



◎学校教育部長(桜井和則君) 議案第11号 佐久市児童生徒就学指導委員会条例の一部を改正する条例の制定につきましてご説明申し上げます。

 本案は、学校教育法施行令の一部改正に伴い、障がいのある就学予定者に対し早期からの相談体制を整備するとともに、就学先判断後においても一貫した支援を行っていく必要があることから、委員会機能の拡大を図るため、委員会の名称の変更、対象者の拡大、委員会機能の拡充、専門性の高い委員の拡充等について改正を行おうとするものでございます。

 なお、本条例は平成26年4月1日より施行しようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第12号の説明を求めます。

 社会教育部長、矢野君。



◎社会教育部長(矢野光宏君) 議案第12号 佐久市社会教育委員条例の一部を改正する条例の制定についてご説明いたします。

 本案は、平成25年6月に公布されました地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる第3次一括法でございますが、これによりまして社会教育法の一部改正が行われました。そして同法に規定されておりました社会教育委員の委嘱の基準につきまして、地方公共団体の条例で定めるとされましたことから、所要の改正を行おうとするものでございます。

 なお、附則といたしまして、本条例は平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。

 よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第13号の説明を求めます。

 企画部長、花里君。



◎企画部長(花里英一君) 議案第13号 佐久広域連合規約の変更についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久広域連合規約を変更することについて、地方自治法第291条の3第1項の規定による協議を行うため同法第291条の11の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

 変更の内容といたしましては、地域社会における共生の実現に向けて、新たな障害保健福祉施策を講ずるための法律の整備に関する法律による障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律の一部改正におきまして、障害程度区分が障害支援区分に改められることに伴い、その区分を認定する審査会の名称を改めようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第14号の説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第14号 佐久市望月総合支援センターの指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久市望月総合支援センターの指定管理者として社会福祉法人望月悠玄福祉会を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 なお、指定期間は、平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間とするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第15号及び議案第16号の説明を求めます。

 建設部長、金澤君。



◎建設部長(金澤英人君) 議案第15号及び16号につきまして一括してご説明申し上げます。

 初めに、議案第15号 佐久市北中込駅前広場の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久市北中込駅前広場の指定管理者として長野吉田工業株式会社を指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

 なお、指定期間は、平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間とするものでございます。

 続きまして、議案第16号 市民交流ひろばの指定管理者の指定につきましてご説明申し上げます。

 本案は、市民交流ひろばの指定管理者として特定非営利活動法人新道会を指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 なお、指定期間は、平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間とするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第17号から議案第20号の説明を求めます。

 社会教育部長、矢野君。



◎社会教育部長(矢野光宏君) 議案第17号から議案第20号まで一括してご説明させていただきます。

 まず、議案第17号 佐久市生涯学習センターの指定管理者の指定についてご説明いたします。

 本案は、佐久市生涯学習センターの指定管理者として、一般社団法人佐久市振興公社を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

 なお、指定期間は、平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間でございます。

 次に、議案第18号 佐久市鎌倉彫記念館の指定管理者の指定についてご説明いたします。

 本案は、佐久市鎌倉彫記念館の指定管理者として、一般財団法人佐久市文化事業団を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

 指定の期間は、平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間でございます。

 次に、議案第19号 佐久市コスモホールの指定管理者の指定についてご説明いたします。

 本案は、佐久市コスモホールの指定管理者として、一般財団法人佐久市文化事業団を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

 指定の期間は、平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間でございます。

 次に、議案第20号 佐久市交流文化館浅科の指定管理者の指定についてご説明いたします。

 本案は、佐久市交流文化館浅科の指定管理者として、一般財団法人佐久市文化事業団を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

 指定の期間は、平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間でございます。

 以上、議案第17号から議案第20号まで一括してご説明申し上げましたが、よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第21号の説明を求めます。

 総務部長、井上君。



◎総務部長(井上尚君) 議案第21号 平成25年度佐久市一般会計補正予算(第8号)についてご説明申し上げます。

 補正予算(第8号)は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ23億7,225万7,000円を減額し、歳入歳出それぞれ454億8,123万円とするものでございます。

 歳出の内容等につきましては、先ほど市長の議案説明の中でご説明申し上げてございますし、また、お手元に補正予算の説明資料をご配付してございますので、説明は省略させていただきたいと存じます。

 それでは、主な補正内容についてご説明申し上げます。

 最初に、事業別明細書の17ページから18ページをご覧いただきたいと存じます。

 1款の市税でございますが、4億8,670万円の増額補正をお願いするものでございます。市税につきましては、当初予算で109億円を計上してございますが、調定の状況を見まして、現年課税分の個人市民税や固定資産税、さらに市たばこ税、そして都市計画税の増額をそれぞれお願いするものでございます。

 次に、10款の地方交付税でございますが、普通交付税につきましては、9億8,090万3,000円の増額補正をお願いするものでございます。これによりまして、地方交付税の補正後の予算現計額は、124億300万3,000円となります。そのうち普通交付税は、118億300万3,000円でございます。

 なお、平成25年度の普通交付税の交付額につきましては、9月議会において118億1,197万9,000円とご報告をさせていただいたところでございますが、国の補正予算により、先月2月18日付で1,469万6,000円の追加交付がございましたので、普通交付税は総額118億2,667万5,000円の交付となりました。

 次に、12款の分担金及び負担金はそれぞれの事業に伴い、8,212万1,000円の減額補正でございます。これは、新佐久消防署庁舎に併設される消防本部指令センター整備に係る佐久広域連合からの分担金や農地災害に係る分担金、さらに北中込土地区画整理事業に係る公共施設管理者負担金の減額でございます。

 次に、13款の使用料及び手数料は14万1,000円の減額補正でございます。これは、ごみ処理手数料や望月別荘地水道開閉栓手数料の増額補正をする一方で、福祉会館使用料や消防庁舎使用料、さらに教職員住宅使用料を減額しようとするものでございます。

 次に、14款の国庫支出金は5億1,876万3,000円の増額補正でございます。これは、主に国の平成24年度補正予算において創設されておりました地域の元気臨時交付金5億2,545万1,000円が交付されたほか、前倒し交付に伴う小規模多機能型居宅介護事業所整備に対する地域介護福祉空間整備交付金、さらに追加交付内示に伴う新クリーンセンター整備に係る循環型社会形成推進交付金や岸野小学校屋内運動場及び望月中学校の整備に係る学校施設環境改善交付金の増額をお願いする一方で、事業の確定見込みに伴い、社会資本総合交付金の減額などでございます。

 続きまして、23ページの下段から26ページにかけてご覧いただきたいと存じます。

 15款の県支出金は1億4,576万円の減額補正でございます。これは、主に鳥獣害防止緊急捕獲等対策事業交付金や電源立地地域対策交付金の増額交付がございますが、事業費の確定見込みに伴う現年農地農業用施設災害復旧事業費補助金の減額でございます。

 続きまして、26ページの下段から29ページの上段にかけてご覧いただきたいと存じます。

 16款の財産収入は6,240万2,000円の増額補正でございます。これは各種基金積立金等利子や財産売払収入の増額でございます。

 17款の寄附金は164万円の増額補正でございます。これはふるさと納税寄附金などそれぞれご寄附をいただいたことによる補正でございます。

 続きまして、30ページ、31ページをご覧いただきたいと存じます。

 18款の繰入金は25億5,711万6,000円の減額補正でございます。これは、主に事業費の確定見込みに伴い総合都市交通施設整備基金繰入金を減額するほか、財源の状況を勘案する中で財政調整基金繰入金や減債基金繰入金を減額するものでございます。

 続きまして、31ページから34ページをご覧いただきたいと存じます。

 20款の諸収入は2,652万7,000円の減額補正をお願いするものでございます。これは、主に長野県市町村振興協会市町村交付金や生活保護法第63条返還金及び同法第78条返還金は増額補正をお願いする一方で、斎場施設建設事業負担金や遺跡発掘調査受託事業収入、そして退職消防団員の確定に伴い退職報償金の減額補正をお願いするものでございます。

 続きまして、34ページから36ページにかけてご覧いただきたいと存じます。

 21款の市債は16億1,100万円の減額補正でございます。これは各種事業の確定等の見込みにより財源充当しております合併特例事業債や過疎対策事業債、さらに現年補助災害復旧事業債、辺地対策事業債をそれぞれ減額補正するものでございます。

 なお、公営住宅建設事業債につきましては、交付税算入がないため財源の状況を見まして借り入れを取りやめたことから、皆減としております。

 次に、ページが前後いたしますが、予算書の7ページから9ページをご覧いただきたいと存じます。

 第2表の繰越明許費は、番号2の3款民生費から9ページ23番11款災害復旧費まで22件でございます。これは用地交渉や他の団体との協議等に不測の期間を要したため、事業の年度内の完了が困難と見込まれることなどによるものでございます。

 次に、10ページから11ページをご覧いただきたいと存じます。

 第3表の債務負担行為補正は、変更17件でございます。これは消費税率の変更及び事業費の確定等に伴います限度額の変更でございます。変更は番号1の佐久情報センター施設維持管理委託料から11ページ下段番号39の佐久城山小学校給食受室設計委託料までをお願いするものでございます。

 続きまして、12ページから14ページにかけてご覧いただきたいと存じます。

 第4表の地方債補正は、追加2件、変更7件、廃止1件でございます。追加の2件につきましては、農業土木施設に係る小災害復旧事業をお願いするほか、国の補正予算に係る交通安全施設事業に係る補正予算債の追加でございます。変更の7件は起債対象事業費の変更による限度額の増減でございます。廃止の1件は公営住宅建設事業で歳入の中でもご説明申し上げましたとおり、交付税算入がないため、財源の状況を見る中で借り入れを取りやめたことによるものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第22号の説明を求めます。

 市民健康部長、藤牧君。



◎市民健康部長(藤牧浩君) 議案第22号 平成25年度佐久市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)につきましてご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 本案は、第1条第1項で事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億539万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ98億2,284万6,000円にしようとするものでございます。

 第2項では浅科診療所勘定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ419万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,492万4,000円にしようとするものでございます。

 それでは、補正予算書4ページをご覧ください。

 事業勘定の歳入でございます。

 5款療養給付費等交付金は、退職被保険者などの交付金の確定見込みにより、1億914万8,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 8款財産収入は、国民健康保険事業基金積立金利子の確定により、74万5,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 9款繰入金は、一般会計からの法定分の繰入金の確定見込みにより、450万4,000円の減額補正をお願いするものでございます。

 次に、補正予算書の5ページをご覧ください。

 歳出でございます。

 1款総務費は、給与費の確定見込みにより、845万円の減額補正を、2款保険給付費は、一般被保険者並びに退職被保険者等の高額療養費の確定見込みにより、1億1,384万円の増額補正を、5款後期高齢者支援金は、療養給付費交付金の増額等により、財源の振りかえをお願いするものでございます。

 次に、補正予算書の6ページをご覧ください。

 浅科診療所勘定の歳入でございます。

 1款診療収入は、収入の確定見込みにより、902万6,000円の減額補正を、2款使用料及び手数料は、収入確定見込みにより、3万5,000円の減額補正を、3款財産収入は、歯科診療室の貸付収入の確定見込みにより、減額のほか、浅科診療施設基金事業基金利子確定により、3万4,000円の増額補正を、4款繰越金は、前年度決算の確定により、39万5,000円の増額補正を、6款繰入金は、浅科診療所施設事業基金から444万1,000円を取り崩し、繰り入れ補正をそれぞれお願いするものでございます。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費は、一般管理費の確定見込みにより、187万6,000円の減額補正を、2款医療費は、医療用機器費の確定見込みにより、251万8,000円の減額補正を、3款基金積立金は、基金利子の確定により、20万3,000円の増額補正をそれぞれお願いするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第23号の説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第23号 平成25年度佐久市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。

 佐久市介護保険特別会計補正予算書の1ページをご覧いただきたいと思います。

 本案は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億7,121万3,000円を追加し、総額を88億729万2,000円にしようとするものでございます。

 補正の主な内容につきましてご説明申し上げます。

 予算書の4ページ、事項別明細書をご覧いただきたいと思います。

 最初に、歳入でございますが、3款国庫支出金につきましては、歳出の介護給付費の増額に対する追加交付見込額と介護報酬改定等に伴う電算システム改修経費への国庫補助金の見込額を合わせ4,023万5,000円の増額をお願いするものでございます。

 次に、4款支払基金交付金及び5款県支出金でございますが、こちらも歳出の給付費の増額に対しての追加交付見込額としてそれぞれ5,198万9,000円と3,188万6,000円の増額を行うものでございます。

 また、6款財産収入11万2,000円の増額は、介護保険事業基金積立金の利子でございます。

 次に、7款繰入金4,699万1,000円の増額は、介護給付費等の事業費確定見込みに伴い一般会計と介護保険事業基金からの繰り入れを行うものでございます。

 続きまして、歳出でございますが、5ページをご覧いただきたいと思います。

 1款総務費は、給与費等の減額と介護認定審査会費の負担額の減額を合わせ907万1,000円の減額を行うものでございます。

 次に、2款保険給付費につきましては、保険給付費所要額の確定見込みにより、1億8,017万2,000円の増額をお願いするものでございます。

 最後に、4款基金積立金11万2,000円の増額につきましては、介護保険事業基金の利子分の積み立てを行うものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第24号の説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第24号 平成25年度佐久市障害者支援施設臼田学園特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。

 佐久市障害者支援施設臼田学園特別会計補正予算書の1ページをご覧いただきたいと思います。

 本案は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ2,327万9,000円を減額し、予算の総額を歳入歳出それぞれ2億1,828万1,000円にしようとするものでございます。

 補正の主な内容につきましてご説明申し上げます。

 補正予算書の3ページの事項別明細書をご覧いただきたいと思います。

 最初に、歳入でございますが、1款サービス収入177万8,000円の補正は、施設入所支援サービス費、生活介護サービス費及び利用者負担金の確定見込みによるものでございます。

 2款財産収入12万8,000円の補正は、臼田学園基金積立金利子の確定見込みによるものでございます。

 3款寄附金4万9,000円の補正は、確定見込みによるものでございます。

 4款繰入金2,682万7,000円の減額補正は、事業費の確定見込みに伴いまして、充当財源であります臼田学園基金への組み戻しを行うものでございます。

 5款繰越金166万5,000円の補正は、24年度決算の確定によるものでございます。

 6款諸収入7万2,000円の減額補正は、臼田学園祭「わかびな祭」の売上金の確定及び利用者作業収入等の確定見込みによるものでございます。

 次に、歳出でございますが、1款総務費1,209万円の減額補正は、職員給与費の確定見込みによる減額、また2款サービス事業費1,118万9,000円の減額補正は、嘱託職員の賃金の確定見込みによるものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第25号の説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第25号 平成25年度佐久市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。

 佐久市特別養護老人ホーム特別会計補正予算書の第1号の1ページをご覧いただきたいと思います。

 本案は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ616万6,000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ10億7,352万3,000円にしようとするものでございます。

 補正の主な内容につきましてご説明申し上げます。

 それでは、補正予算書3ページの事項別明細書をご覧いただきたいと思います。

 最初に、歳入でございますが、2款使用料及び手数料18万8,000円の減額は、特別養護老人ホームシルバーランドみつい及びシルバーランドきしのにおける自動販売機設置者の希望がなかったことにより使用料収入が発生しなかったため、減額を行うものでございます。

 3款財産収入89万6,000円の増額は、特別養護老人ホーム事業基金の積立金利子でございます。

 6款繰越金545万8,000円の増額は、前年度繰越金を補正するものでございます。

 次に、歳出でございますが、1款総務費637万7,000円の増額は、委託料の減額及び特別養護老人ホーム事業基金積立金の利子、前年度繰越金等を基金に積み立てるものでございます。

 2款サービス事業費21万1,000円の減額は、シルバーランドみついにおける備品購入費の確定に伴い減額しようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第26号の説明を求めます。

 市民健康部長、藤牧君。



◎市民健康部長(藤牧浩君) 議案第26号 平成25年度佐久市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)につきましてご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 本案は、歳入歳出予算の総額からそれぞれ1,185万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9億698万4,000円にしようとするものでございます。

 それでは、補正予算書の3ページをご覧ください。

 歳入でございます。

 3款繰入金は、長野県後期高齢者医療広域連合事務費繰入金及び保険基盤安定繰入金の確定見込みにより、一般会計からの繰入金が減額することから、1,185万1,000円の減額補正をお願いするものでございます。

 次に、歳出でございます。

 2款後期高齢者医療広域連合納付金は、長野県後期高齢者医療広域連合事務費負担金及び保険基盤安定負担金の確定見込みにより、後期高齢者医療広域連合への負担金が減額することから、1,185万1,000円の減額補正をお願いするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第27号の説明を求めます。

 みすず苑事務長、安藤君。



◎浅間病院・みすず苑事務長(安藤俊之君) 議案第27号 平成25年度佐久市介護老人保健施設特別会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。

 補正予算書1ページをお開きいただきたいと思います。

 本案は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ428万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億4,470万2,000円にしようとするものでございます。

 主な内容につきましては、補正予算書3ページの事項別明細書をご覧いただきたいと思います。

 まず、歳入でございますが、前年度繰越金の確定に伴いまして、3款繰入金を1,237万7,000円減額し、4款繰越金を808万8,000円増額しようとするものでございます。

 歳出でございますが、1款総務費の428万9,000円の減額は一般管理費の正規職員の給与費確定見込みによるものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第28号の説明を求めます。

 学校教育部長、桜井君。



◎学校教育部長(桜井和則君) 議案第28号 平成25年度佐久市奨学資金特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをご覧ください。

 本案は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ170万5,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,642万7,000円にしようとするものでございます。

 補正の内容につきまして、ご説明申し上げます。

 補正予算書4ページの事項別明細書をご覧ください。

 最初に、歳入でございますが、1款財産収入は、奨学基金積立金利子確定により、12万7,000円を増額し12万8,000円に、3款繰越金は、前年度繰越金の確定により、131万2,000円を増額し131万3,000円にしようとするものでございます。

 4款諸収入は、奨学金返還金滞納繰り越し分の確定見込みにより、26万6,000円を増額し1,476万円にしようとするものでございます。

 次に、歳出についてご説明申し上げます。

 1款奨学費の170万5,000円の増額は、奨学資金貸付金の確定見込みに伴いまして、貸付金の減額と奨学基金積立金の増額によるものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第29号の説明を求めます。

 浅間病院事務長、安藤君。



◎浅間病院・みすず苑事務長(安藤俊之君) 議案第29号 平成25年度佐久市国保浅間総合病院事業特別会計補正予算(第4号)についてご説明申し上げます。

 補正予算書1ページをご覧いただきたいと思います。

 本案は、第2条の収益的収入及び支出におきまして、収入予定額を2億1,258万2,000円増額補正し、66億2,291万7,000円とし、支出予定額では3億3,330万円を追加し、71億6,794万円にしようとするものであります。

 2ページをご覧いただきたいと思います。

 第3条の資本的収入及び支出ですが、収入予定額を1億3,910万円減額補正し3億1,980万1,000円に、支出予定額では1億940万円を減額補正し5億7,483万3,000円にしようとするものでございます。

 9ページをご覧いただきたいと思います。

 収益的収入及び支出でございますが、収入では、入院収益で1,511万8,000円、外来収益で1億8,716万4,000円、その他医業収益で1,030万円の計2億1,258万2,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 支出につきましては、医業費用のうち、給与費の給料で4,000万円の減額でございます。材料費の1億9,640万円の増額補正は、薬品費は抗がん剤の使用料増加に伴うもの、診療材料費は手術件数の増加に伴う人工関節やペースメーカーなどの医療用材料の購入によるものでございます。経費の1億7,690万円の増額補正は、消耗品費は手術件数の増加による医療消耗品の購入、光熱水費及び燃料費は電気料金及び重油等の使用料の増加、料金単価の値上がりによるもの、賃借料及び委託料は医療機器の借り上げ料や保守点検料によるもの、雑費は下水道使用料の増加に伴うものであります。

 次に、11ページをご覧いただきたいと思います。

 資本的収入及び支出ですが、収入では企業債1億3,910万円の減額補正で、これは病院第2次整備事業を国庫補助事業とするための工程変更に伴うものでございます。支出につきましては、建設改良費のうち工事請負費1億940万円の減額補正で、病院第2次整備事業に係る施設整備工事の工程変更に伴うものであります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対しまして不足する2億5,503万2,000円は、過年度分損益勘定留保資金で補填しようとするものでございます。

 ページが前後いたしますが、2ページをご覧いただきたいと思います。

 第4条の債務負担行為補正でありますが、病院第2次整備事業の支出負担年度の変更に伴い限度額の変更設定をお願いするものでございます。

 続きまして、3ページをご覧いただきたいと思います。

 第5条の企業債補正でありますが、病院第2次整備事業の工程変更に伴い限度額の変更設定をお願いするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第30号の説明を求めます。

 環境部長、出沢君。



◎環境部長(出沢丈夫君) 議案第30号 平成25年度佐久市下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきましてご説明申し上げます。

 補正予算書1ページをご覧ください。

 第2条の業務の予定量でございますが、主要な建設改良事業のうち汚水渠工事を5,820万円増額し2億2,500万円に、処理場工事を1億1,700万円増額し1億8,100万円に、ポンプ場工事を8,060万円増額し1億860万円にしようとするものでございます。

 第3条の収益的収入及び支出の予定額でございますが、収益的収入につきましては、1項営業収益で3,362万1,000円、2項営業外収益で499万2,000円をそれぞれ増額し、1款水道事業収益の総額を28億9,489万6,000円としようとするものでございます。

 2ページをご覧ください。

 収益的支出でございますが、1項営業費用で7,813万1,000円、2項営業外費用で299万2,000円をそれぞれ減額、3項特別損失では313万1,000円を減額し、1款下水道事業費用の総額を28億3,029万3,000円としようとするものでございます。

 第4条の資本的収入及び支出の予定額でございますが、資本的収入につきましては、1項企業債で5,150万円、2項国庫補助金で1億3,129万円、3項工事負担金で3,717万4,000円、4項他会計出資金で28万4,000円をそれぞれ増額し、5項基金繰入金は1,029万8,000円を減額し、1款下水道事業資本的収入の総額を11億277万8,000円としようとするものでございます。

 資本的支出につきましては、1項建設改良費で2億1,646万7,000円を増額し、2項企業債償還金で312万円を減額し、3項基金積立金は74万3,000円を増額して、1款下水道事業資本的支出の総額を22億1,761万2,000円としようとするものでございます。

 これにより資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額は、11億1,483万4,000円となりまして、この不足額は当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額947万5,000円及び引継金11億535万9,000円で補填しようとするものでございます。

 3ページをご覧ください。

 第5条の債務負担行為でございますが、下水道管理センター更新工事委託料の限度額を1億1,700万円減額し5,000万円に、中込駅から中継ポンプ場更新工事委託料の限度額を8,060万円減額して740万円にしようとするものでございます。

 第6条の企業債でございますが、4ページにございますように起債の借入限度額の2億9,970万円を5,150万円増額し3億5,120万円にしようとするものでございます。

 第7条の議会の議決を経なければ流用することのできない経費でございますが、職員数の減により給与費を5,247万円減額し1億2,131万2,000円に改めようとするものでございます。

 第8条の他会計からの補助金でございますが、一般会計からの補助金を240万円増額し9億4,954万1,000円に改めようとするものでございます。

 今回の補正は第3条の収益的収入及び支出、第7条の流用禁止経費を定めた給与費及び第8条の一般会計からの補助金につきましては、いずれも事業費の確定見込みによる補正でございます。第2条の業務の予定量及び第4条の資本的収入及び支出、第5条の債務負担行為、第6条の企業債につきましては、事業費の確定見込みによるものと、国の平成25年度補正予算による国庫補助金の追加内示により平成26年度実施予定事業を平成25年度事業として、一部前倒しして実施することに伴う増額補正でございます。

 以上でございますが、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第31号の説明を求めます。

 総務部長、井上君。



◎総務部長(井上尚君) 議案第31号 平成26年度佐久市一般会計予算につきましてご説明申し上げます。

 当初予算の規模及び歳出の主な内容につきましては、先ほど市長の議案総括説明の中でご説明申し上げてございますし、またお手元に説明資料をご配付してございますので、説明は省略させていただきたいと存じます。

 それでは、歳入の主な内容につきまして、ご説明申し上げます。

 平成26年度一般会計予算書の18ページから20ページにかけてご覧いただきたいと存じます。

 最初に、1款の市税でございますが、個人市民税は景気の持ち直しなどにより、課税所得の増が見込まれることから、前年度当初費3.1%増の39億242万円を計上いたしました。

 次に、法人市民税につきましても、企業業績の回復を見込み、前年度当初比1.0%増の4億3,575万5,000円を計上いたしました。

 次に、交付金を除きます固定資産税につきましては、土地及び償却資産において減を見込むものの、消費税率引き上げ前の駆け込みによる新増築家屋の増を考慮し、前年度当初比2.1%増の53億584万円を計上しております。

 こうしたことから、市税全体では平成25年度当初予算との比較で、率で8%増、額で2億円増の111億円を計上したところでございます。

 次に、21ページをご覧いただきたいと存じます。

 2款の地方譲与税は、自動車譲与税につきましては、消費税率引き上げによる買い控え、エコカー減税の延長などを考慮し、前年度当初比6.9%減の3億2,200万円を見込み、地方譲与税全体では5.1%減の4億5,100万円を計上いたしたところでございます。

 4款の配当割交付金は軽減税率の適用期間の終了などを考慮し、前年度当初比70%増の1,700万円を計上いたしております。

 5款の株式等譲渡所得割交付金は、配当割交付金同様軽減税率の適用期間の終了などを考慮し、前年度当初比50%増の600万円を計上しております。

 6款の地方消費税交付金は、消費税率引き上げにより増額が見込まれるものの、企業決算期の違いなどもございますので、平成26年度は完全には反映されないことなどを考慮し、前年度当初比17.9%増の10億円を計上しております。

 8款の自動車取得税交付金は、消費税率引き上げに伴う税率引き下げなどを考慮し、前年度当初比46.8%減の5,000万円を計上しております。

 9款の地方特例交付金は、住宅ローン減税による個人市民税減収分を補填するものでありますが、過去の実績などを考慮し、前年度当初比7.7%減の3,600万円を計上いたしたところでございます。

 次に、23ページをご覧いただきたいと存じます。

 10款の地方交付税につきましては、基準財政需要額の公債費において、合併特例事業債の元利償還金の増が見込まれるものの、国の地方財政計画による地方交付税の総額が前年度比マイナス1%であることなどを考慮し、当初予算におきましては今後の補正財源を留保した上で、普通交付税と特別交付税を合わせ107億8,547万3,000円を計上いたしました。これは前年度当初予算と比較いたしますと、率で0.1%減、額で979万2,000円の減となっております。

 次に、12款の分担金及び負担金は、新佐久消防署庁舎に併設される佐久広域連合消防本部及び指令センター整備に係る佐久広域連合からの分担金の増などによりまして、前年度当初予算と比較いたしますと、率で33.1%増、額で2億8,265万1,000円増の11億3,644万6,000円を計上しております。

 次に、28ページ下段から32ページにかけてご覧いただきたいと存じます。

 14款の国庫支出金は、いずれも事業実施に伴う収入を見込むものでございますが、佐久平浅間小学校(仮称)建設事業等に係る公立学校施設整備費補助金や国の平成25年度補正予算による臨時福祉給付金給付事業費補助金などの増により、国庫支出金全体では前年度当初予算と比較いたしますと、率で13.9%増、額で6億8,850万1,000円増の56億2,560万9,000円を計上しております。

 続いて、32ページから36ページにかけてご覧いただきたいと存じます。

 15款の県支出金は、こちらも事業実施に伴う収入でございますが、中込頭首工災害復旧事業に係る過年農業用施設災害復旧事業費補助金や長野県知事等選挙費委託金などの増により、県支出金全体では前年度当初予算と比較いたしますと、率で15%増、額で2億6,120万円増の20億189万9,000円を計上しております。

 続いて、36ページ下段から37ページにかけてご覧いただきたいと存じます。

 16款の財産収入は、離山南工業団地用地売払代金などの増により、前年度当初予算と比較いたしますと、率で128.4%増、額で8,702万6,000円増の1億5,480万6,000円を計上しております。

 続いて、38ページ下段から40ページにかけてご覧いただきたいと存じます。

 18款の繰入金は、財政調整基金繰入金、減債基金繰入金、総合都市交通施設整備基金繰入金、小・中学校施設整備基金繰入金などの増により、前年度当初予算と比較いたしますと、率で23.1%増、額で6億3,419万2,000円増の33億7,603万7,000円を計上しております。

 続いて、40ページ下段から45ページにかけてご覧いただきたいと存じます。

 20款の諸収入は、前年度当初予算と比較いたしますと、率で3.4%減、額で9,607万2,000円減の27億3,435万円を計上しております。これは佐久市土地開発公社貸付金に係る元金収入の減などによるものでございます。

 続いて、45ページ下段から47ページにかけてご覧いただきたいと存じます。

 21款の市債は、前年度当初予算と比較いたしますと、率で11.1%減、額で9億4,550万円減の76億850万円を計上しております。これは佐久総合病院佐久医療センター施設等整備補助金負担金に係る合併特例事業債が減となったことなどによるものでございます。

 次に、ページは前後いたしますが、予算書の11ページから13ページにかけてご覧いただきたいと存じます。

 第2表の債務負担行為でございますが、それぞれの債務負担行為の期間及び限度額につきましては、番号1の新佐久市誕生10周年記念事業実行委員会負担金から13ページ19番の中込頭首工災害復旧事業費まで記載のとおりでございます。

 次に、予算書の14ページをご覧いただきたいと存じます。

 第3表の地方債でございますが、各種事業実施に伴い公営住宅建設事業、合併特例事業、過疎対策事業、臨時財政対策債など起債目的と限度額、そして起債方法、利率及び償還の方法を定めるものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第32号の説明を求めます。

 市民健康部長、藤牧君。



◎市民健康部長(藤牧浩君) 議案第32号 平成26年度佐久市国民健康保険特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 予算書の3ページをご覧ください。

 本案は、事業勘定の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ91億6,767万3,000円に、へき地内山診療所勘定の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ95万1,000円に、また浅科診療所勘定の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,985万8,000円にしようとするものでございます。

 それでは、予算書の11ページをご覧ください。

 事業勘定の歳入につきまして、ご説明申し上げます。

 1款国民健康保険税は、20億1,393万3,000円でございます。

 3款国庫支出金は、一般被保険者の療養給付費や高額医療費などに対する国庫負担金や財政調整交付金21億5,990万4,000円でございます。

 4款県支出金は、高額医療費共同事業に対する負担金や財政調整交付金など4億7,444万9,000円でございます。

 5款療養給付費等交付金は、退職被保険者の療養給付費として社会保険診療報酬支払基金からの交付金でございます。

 6款前期高齢者交付金は、65歳から74歳までの前期高齢者について、社会保険診療報酬支払基金から国民健康保険と被用者保険との医療費の負担の不均衡を加入者数に応じて調整するものでございます。

 7款共同事業交付金は、長野県国民健康保険団体連合会から医療費の動向やこれまでの交付金の実績などを踏まえて交付されるものでございます。

 8款繰入金は、低所得者に対する保険税減額に対する市負担分や職員給与、特定保険事業に対する繰入金などでございます。

 10款諸収入は、高額医療費等の貸付金元利収入や交通事故等第三者行為による納付金などでございます。

 次に、予算書の12ページをご覧ください。

 歳出でございます。

 1款総務費は、給与費、一般事務費などの総務管理費や賦課徴収事務費、運営協議会費などでございます。

 2款保険給付費は、これまでの医療費の伸びや被保険者の数など考慮し、療養給付費や高額療養費、出産育児諸費など59億7,273万6,000円でございます。

 5款後期高齢者支援金は、後期高齢者医療制度に対する支援金でございます。

 7款介護納付金は、介護保険第2被保険者分として5億8,860万5,000円でございます。

 この3款から7款はいずれも社会保険診療報酬支払基金に対する納付金、支援金及び事務費でございます。

 8款共同事業拠出金は、高額医療費及び保険財政安定事業に対する拠出金でございます。

 9款保険事業費は、特定健康診査等事業費、人間ドック受診者補助金、高額医療費貸付金などでございます。

 10款諸支出金は、国保税の過年度還付金などでございます。

 次に、予算書の13ページをご覧ください。

 へき地内山診療所勘定の歳入でございます。

 1款診療収入は、外来収入などでございます。

 3款県支出金は、運営費補助金でございます。

 4款繰入金は、一般会計からの繰入金でございます。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費は、医師診療委託料など、診療所管理費でございます。

 2款医業費は、医療用機器費でございます。

 次に、予算書の14ページをご覧ください。

 浅科診療所勘定の歳入でございます。

 1款診療収入は、外来収入でございます。

 3款財産収入は、土地建物の貸し付け収入でございます。

 4款繰入金は、浅科診療施設事業基金からの繰り入れでございます。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費は、医師の派遣に伴う負担金や臨床検査料、医療事務処理の委託料でございます。

 2款医業費は、医薬材料費、医療機器の借入金等でございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第33号の説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第33号 平成26年度佐久市介護保険特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 特別会計予算書の52ページをご覧いただきたいと思います。

 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ88億2,066万3,000円にしようとするものでございます。

 それでは、予算書の56ページの事項別明細書をご覧いただきたいと思います。

 最初に、歳入の主な内容につきまして、ご説明申し上げます。

 1款介護保険料につきましては、第1号被保険者の介護保険料でございますが、16億722万2,000円を見込むものでございます。

 次に、3款国庫支出金22億130万円でございますが、これは介護給付費における在宅サービス分、施設サービス分、さらに後期高齢者加入割合等に応じて調整される調整交付金のほか地域支援事業費の負担金や交付金でございます。

 次に、4款支払基金交付金24億6,018万7,000円は、40歳から65歳未満の第2号被保険者の保険料でございます。

 次に、5款県支出金の12億4,884万3,000円は、介護給付費の在宅サービス分や施設サービス分、地域支援事業費の介護予防事業分等の県負担金や補助金でございます。

 次に、7款繰入金13億226万8,000円は、介護給付費や地域支援事業費の市負担分や職員給与費、事務費等の一般会計からの繰入金と介護保険事業基金からの繰入金を計上するものでございます。

 次に、歳出でございますが、1款総務費1億7,304万4,000円は職員給与費、介護保険料、賦課徴収事務費、介護認定審査に係る調査費や認定審査会共同設置に係る負担金等でございます。

 次に、2款保険給付費84億4,238万7,000円は、要介護認定者が利用します居宅介護、施設介護、地域密着型介護などの介護保険サービス費の給付費と要支援認定者の介護予防サービスに係る給付費でございます。

 次に、3款地域支援事業費2億323万円は二次予防高齢者のための介護予防事業や包括的支援事業、任意事業などの事業費でございます。

 次に、5款諸支出金200万1,000円は、保険料還付金や国庫支出金等精算による返還金などでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第34号の説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第34号 平成26年度佐久市障害者支援施設臼田学園特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 特別会計予算書の97ページをご覧いただきたいと思います。

 本案は、平成26年度佐久市障害者支援施設臼田学園特別会計歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億3,854万8,000円にしようとするものでございます。

 それでは、予算書100ページの事項別明細書をご覧いただきたいと思います。

 最初に、歳入の主な内容につきましてご説明申し上げます。

 1款サービス収入2億832万6,000円は、施設が実施しております施設入所支援及び生活介護事業のサービス収入と施設利用者の利用者負担金を見込むものでございます。

 2款財産収入及び3款寄附金につきましては、基金積立金利子及び寄附金の収入見込みといたしまして、予算を計上するものでございます。

 4款繰入金3,001万2,000円は、障害者支援施設臼田学園基金からサービス事業費に充当いたします所要額を計上しようとするものでございます。

 6款諸収入20万7,000円は、実習謝金などの雑収入を見込むものでございます。

 次に、歳出でございますが、1款総務費1億246万3,000円は、職員の給与費及び施設の維持管理費に係る経費を見込むものでございます。

 2款サービス事業費1億3,608万5,000円は、嘱託職員の賃金のほか、燃料費、光熱水費、給食材料費など利用者支援に直接係る費用を見込むものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第35号の説明を求めます。

 福祉部長、坂戸君。



◎福祉部長(坂戸千代子君) 議案第35号 平成26年度佐久市特別養護老人ホーム特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 特別会計予算書の115ページをご覧いただきたいと思います。

 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億3,306万3,000円にしようとするものでございます。

 それでは、予算書119ページの歳入歳出予算事項別明細書をご覧いただきたいと思います。

 最初に、歳入の主な内容につきましてご説明申し上げます。

 1款サービス収入10億659万3,000円は、シルバーランドみつい及びシルバーランドきしのにおける施設介護サービス収入や利用者負担金でございます。

 次に、2款使用料及び手数料は施設使用料96万1,000円でございます。

 次に、5款繰入金につきましては、市債償還などに伴います一般会計からの繰入金1億2,550万5,000円でございます。

 次に、歳出でございますが、1款総務費は、一般管理費といたしまして39万円を計上するものでございます。

 次に、2款サービス事業費10億807万7,000円につきましては、シルバーランドみつい、シルバーランドきしのにおける施設介護サービス事業費でそれぞれの運営委託料などでございます。

 次に、3款公債費1億2,459万5,000円につきましては、特別養護老人ホームシルバーランドみつい、シルバーランドきしの及び結いの家における市債償還に伴う元金及び利子額を計上するものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) ここで昼食のため、午後1時まで休憩いたします。



△休憩 午後零時02分



△再開 午後1時00分



○議長(市川稔宣君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、議案第36号の説明を求めます。

 市民健康部長、藤牧君。



◎市民健康部長(藤牧浩君) 議案第36号 平成26年度佐久市後期高齢者医療特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 予算書の128ページをご覧ください。

 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ10億1,661万8,000円にしようとするものでございます。

 予算書の131ページをご覧ください。

 歳入につきましてご説明申し上げます。

 1款後期高齢者医療保険料は、佐久市の被保険者の特別徴収保険料と普通徴収保険料でございます。

 3款繰入金は、事務費繰入金、保険基盤安定繰入金でございます。

 5款諸収入は、保険料還付金、還付加算金などでございます。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費は、市が行う保険料徴収事務に係る経費でございます。

 2款後期高齢者医療広域連合納付金は、広域連合事務費負担金などでございます。

 3款保険事業費は、特定健康診査等事業費に係る繰出金でございます。

 4款諸支出金は、保険料還付金、還付加算金でございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第37号の説明を求めます。

 市民健康部長、藤牧君。



◎市民健康部長(藤牧浩君) 議案第37号 平成26年度佐久市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 予算書の138ページをご覧ください。

 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,104万7,000円にしようとするものでございます。

 予算書の141ページをご覧ください。

 歳入につきまして1款県支出金は、住宅新築資金貸付助成事業費補助金であります。

 4款諸収入は、住宅新築資金等貸付金の元利収入でございます。

 歳出についてです。

 1款事務費は、貸付金の償還事務に要する経費でございます。

 2款公債費は、平成8年度よりの借入金に対する市債の元利償還金でございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第38号の説明を求めます。

 みすず苑事務長、安藤君。



◎浅間病院・みすず苑事務長(安藤俊之君) 議案第38号 平成26年度佐久市介護老人保健施設特別会計予算について説明申し上げます。

 特別会計予算書147ページをご覧いただきたいと思います。

 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億5,458万7,000円にしようとするものでございます。

 運営のもととなります施設介護事業料につきましては、入所介護、短期入所、療養介護及び介護予防短期入所療養介護で1万7,155人、通所リハビリ及び介護予防通所リハビリで854人を見込んでおります。

 主な内容につきましては、予算書150ページの事項別明細書をご覧いただきたいと思います。

 まず、歳入でございますが、1款サービス収入は2億348万5,000円でございまして、介護給付収入と入所者及び通所リハビリ利用者の負担金でございます。

 3款一般会計からの繰入金5,067万円は、公債費償還等に伴います市負担金でございます。

 その他に給付金等がございます。

 次に、歳出でございますが、1款総務費1億5,631万1,000円は、職員給与費や施設の維持管理経費でございます。

 2款サービス事業費6,845万9,000円は、臨時職員賃金、入所者や利用者に対する直接的なサービスに係る給食材料、寝具、薬剤料等に要する費用でございます。

 3款公債費2,981万7,000円は、施設建設に係る長期債の償還金でございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第39号の説明を求めます。

 学校教育部長、桜井君。



◎学校教育部長(桜井和則君) 議案第39号 平成26年度佐久市奨学資金特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 予算書の166ページをご覧ください。

 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4,296万3,000円にしようとするものでございます。

 予算書169ページの事項別明細書をご覧ください。

 まず、歳入についてご説明申し上げます。

 2款繰入金は、奨学基金繰入金といたしまして2,779万3,000円を、4款諸収入は、貸付金元利収入として1,516万8,000円をそれぞれ計上したものでございます。

 次に、歳出についてご説明申し上げます。

 1款奨学費でございますが、奨学資金貸付金4,284万円とその事務費といたしまして12万3,000円、合わせまして4,296万3,000円を計上したものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第40号の説明を求めます。

 環境部長、出沢君。



◎環境部長(出沢丈夫君) 議案第40号 平成26年度佐久市環境エネルギー事業特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 予算書の174ページをご覧ください。

 歳入歳出予算の総額をそれぞれ9,694万2,000円とするとともに、メガソーラー発電事業に必要な設備等一式の借り上げ料について債務負担行為の設定をお願いするものでございます。

 予算書の175ページ、第2表債務負担行為をご覧ください。

 期間は平成27年度から平成45年度まで、限度額は16億3,990万5,000円でございます。これはメガソーラー発電事業を設備リース方式により、平成25年11月から平成45年10月まで20年間にわたって行いますことから、当該事業に必要な設備一式を同じく20年間借り上げるための借り上げ料について残期間の債務を負担するものでございます。

 177ページをご覧ください。

 歳入でございますが、1款売電収入は佐久市メガソーラー発電事業において中部電力に売電して得る収入9,694万円を見込んでおります。

 2款繰入金は、新たに設けます環境エネルギー事業基金からの繰り入れを、3款諸収入は、その他の雑収入をそれぞれ口取りで1,000円見込んでおります。

 歳出でございますが、1款施設管理費といたしまして、発電事業設備一式借り上げ料8,664万2,000円などの維持管理経費のほか、環境エネルギー事業基金への積立金の口取り1,000円、一般会計における太陽光エネルギー普及事業補助金への繰出金502万9,000円となっております。

 以上でございますが、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第41号の説明を求めます。

 望月支所長、吉澤君。



◎望月支所長(吉澤隆君) 議案第41号 平成26年度佐久市茂田井財産区特別会計予算についてご説明申し上げます。

 特別会計予算書の181ページをご覧ください。

 本案は、茂田井財産区の所有する山林135.3ヘクタールの管理運営を行うための経費の総額を歳入歳出それぞれ138万9,000円にしようとするものでございます。

 主な内容についてご説明申し上げます。

 予算書184ページ、事項別明細書をご覧ください。

 歳入の主な内容でございますが、1款財産収入は、土地貸付収入ほかで28万5,000円、2款繰入金は、財政調整基金繰入金で110万2,000円を計上しようとするものでございます。

 次に、歳出の内容でございますが、1款総務費は、管理会運営事業費127万8,000円、2款財産費は、財産管理事業費11万1,000円を計上しようとするものでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第42号の説明を求めます。

 浅間病院事務長、安藤君。



◎浅間病院・みすず苑事務長(安藤俊之君) 議案第42号 平成26年度佐久市国保浅間総合病院事業特別会計予算について説明申し上げます。

 特別会計予算書189ページをご覧いただきたいと思います。

 予算編成の基本となります第2条の業務の予定量でありますが、病床数は一般病床243床、療養病床40床、介護療養病床40床の合計323床でございます。

 病床の稼働率でございますが、一般病床85%、療養病床55%、介護療養病床は70%を見込んでおります。患者予定数でございますが、入院患者数は9万3,640人、外来患者数は診療所を合わせ、20万1,250人を見込み、全体で29万4,890人を見込んでおります。

 予算書190ページをご覧いただきたいと思います。

 第3条の収益的収入及び支出でございますが、収入の病院事業収益は、外来患者の1人当たり単価の増加などにより、医業収益及び医業外収益を合わせまして、前年度比4.3%増の67億241万2,000円であります。

 収益的支出の病院事業費用でございますが、医業費用及び医業外費用を合わせまして、前年度比35%増の91億8,308万3,000円であります。

 続きまして、4条予算の資本的収入及び支出でございますが、収入は病院第2次整備事業の企業債6億3,810万円、補助金1億6,300万円及び企業債償還のための一般会計からの負担金1億9,288万6,000円であります。

 予算書191ページをご覧いただきたいと思います。

 資本的支出では、建設改良費11億3,611万8,000円で病院第2次整備事業に係る建築工事費等であります。企業債償還金は2億2,034万6,000円で、合計13億5,646万4,000円であります。4条予算におきます資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額3億6,247万7,000円につきましては、過年度分損益勘定留保資金で補填をいたします。第5条の債務負担行為につきましては、病院第2次整備事業におきます新中央棟建設に係る工事費、既存棟の解体撤去費及び外構工事費並びにこれら管理業務委託料でありまして、事業年度がいずれも平成27年度から平成28年度の2カ年にわたることから、限度額30億6,400万円の債務負担行為の設定をお願いするものでございます。

 第6条の起債でありますが、目的は病院第2次整備事業でありまして、限度額6億3,810万円をお願いするものでございます。

 予算書192ページの第7条から第10条までは、事業実施に伴います規定でございます。

 なお、地方公営企業の会計制度が昭和41年以来約46年ぶりに改正され、平成26年度の予算及び決算から適用されることとなりました。今回の税制改正の背景には、地方独立行政法人の会計制度の導入や地方公会計改革の推進、地域主権改革の推進、公営企業の抜本改革の推進等が行われていることがあります。

 また、国際基準を踏まえて見直されてきている企業会計制度とのかい離を縮小し、相互の比較分析を容易にするためにも企業会計制度との整合性を図るという点が、特徴となっています。

 改正の主なものは、補助金等によって取得した固定資産の償却制度の見直し、各種引当金の計上、リース会計の導入、キャッシュフロー計算書の導入等でございます。

 以上でございますが、よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第43号の説明を求めます。

 環境部長、出沢君。



◎環境部長(出沢丈夫君) 議案第43号 平成26年度佐久市下水道事業特別会計予算についてご説明申し上げます。

 先ほど浅間病院事務長より地方公営企業会計制度の改正内容についての説明がありましたとおり、下水道事業におきましても事業の違いによる適用項目の相違はございますが、病院事業会計と同様、新しい会計基準に沿った内容となっております。

 特別会計予算書222ページをご覧ください。

 まず、予算編成の基本となります第2条の業務の予定量でございますが、排水戸数は2万8,800戸で、前年度比310戸の増、年間総処理水量につきましては、865万6,000立方メートルを予定しております。

 次に、主要な建設改良でございますが、管渠工事と処理施設の統廃合事業で合わせて2億4,280万円を予定しております。

 続いて、第3条の収益的収入及び支出の予定額でございます。

 まず、収入の部でございますが、1款下水道事業収益につきましては、1項営業収益から3項特別利益の合計で42億3,494万円を予定しております。

 予算書223ページをご覧ください。

 支出の部でございますが、1款下水道事業費用につきましては、1項営業費用から4項予備費の合計で34億7,036万3,000円を予定しております。

 続きまして、第4条の資本的収入及び支出の予定額でございます。

 まず、収入の部でございますが、1款下水道事業資本的収入につきましては、1項企業債から5項の基金繰入金の合計で10億2,642万9,000円を予定しております。

 続いて、支出の部でございますが、1款下水道事業資本的支出につきましては、1項建設改良費から3項基金積立金の合計で21億440万7,000円を予定しております。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額10億7,797万8,000円につきましては、当年度分消費税及び地方消費税、資本的収支調整額2,128万1,000円及び引継金10億5,669万7,000円で補填しようとするものでございます。

 予算書224ページをご覧ください。

 第5条の債務負担行為でございますが、下水道管理センターの受変電設備の更新工事委託料につきまして、期間を平成27年度、限度額を3億3,400万円と定めようとするものでございます。

 次に、第6条の企業債でございますが、借入限度額を3億2,730万円とし、起債の方法、借入利率及び償還の方法について、ご覧のとおり定めようとするものでございます。

 次に、第7条から予算書225ページの第9条までの予定支出の各項の経費の金額の流用、議会の議決を経なければ流用することのできない経費、他会計からの補助金につきましては、ご覧のとおりでございます。

 以上でございますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) これをもって、全議案に対する説明は終結いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(市川稔宣君) ここで、中澤兵衛君外6名から豪雪災害に対する広範な支援策の早急な実施を求める意見書が提出されておりますので、この際これを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、豪雪災害に対する広範な支援策の早急な実施を求める意見書の提出についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第1 意見書案上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(市川稔宣君) 意見書案第1号 豪雪災害に対する広範な支援策の早急な実施を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 意見書案第1号については、お手元にご配付したとおりです。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 27番、中澤君。



◆27番(中澤兵衛君) それでは、私から豪雪災害に対する広範な支援策の早急な実施を求める意見書の提案理由を申し上げます。

 27番、中澤兵衛であります。

 私から意見書案第1号 豪雪災害に対する広範な支援策の早急な実施を求める意見書について、意見書案を朗読し提案理由の説明とさせていただきます。

 2月の大雪、特に14日から15日にかけて降り続いたかつて経験したことの無い記録的な大雪は、市民生活に非常に大きな被害と混乱をもたらしました。

 中でも、農業分野における被害は甚大で、特に、佐久市におけるビニールハウスの倒壊等による被害は、県内でも最大規模となっており、今後、被害状況の調査が進むにつれ、更に被害規模・範囲の増大が予想されます。

 また、残雪や倒壊施設の撤去、次期の作付けへの影響等、被災状態の長期化も懸念され、多くの農家が農業の継続を断念することも考えられる非常に憂慮すべき状況にあります。

 さらに、市・各種団体企業・市民が一体となり、昼夜を問わず行った懸命の除雪作業により、市民生活は平常を取り戻しつつあるものの、この除雪に要した費用はかつて無い膨大なものとなることが予想され、市財政に大きな打撃となります。

 国・県におかれましては、今回の豪雪災害に対する支援方針を示されたことに対し、深い謝意を表すところでありますが、支援策の早急な決定・実施に加え、更なる広範な支援策を早急に決定・実施することを強く要望します。

 記

 1 記録的豪雪による各種被害に係る経費について、特別な財政支援を講ずること。

 2 記録的豪雪による農業を中心とした各種被害の復旧・再建に対し財政面を含め、長期的かつ多角的な支援を講ずること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。

 提出先、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、農林水産大臣、経済産業大臣、国土交通大臣、長野県知事、長野県議会議長。

 以上であります。

 よろしくご審議をいただき、是非とも全会一致にて、可決賜りますようお願いしまして、提案理由の説明といたします。



○議長(市川稔宣君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、討論を省略し、ここで採決したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認めます。

 よって、討論を省略し採決いたします。

 意見書案第1号は原案どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認めます。

 よって、意見書案第1号については原案どおり可決されました。

 ただいま可決されました意見書の取り扱いについては、議長に一任願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△次会日程の報告



○議長(市川稔宣君) 以上をもって本日の日程は終了いたしました。

 本会議については、明4日から6日までの3日間は議案調査のため休会し、7日午前10時再開の上、市政に対する代表質問を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(市川稔宣君) 本日はこれをもって散会といたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午後1時20分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

     佐久市議会議長   市川稔宣

     佐久市議会議員   内藤祐子

     佐久市議会議員   神津 正