議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 佐久市

平成25年  6月 定例会(第2回) 06月18日−05号




平成25年  6月 定例会(第2回) − 06月18日−05号







平成25年  6月 定例会(第2回)



        平成25年佐久市議会第2回定例会会議録(第5日目)

◯議事日程(第5号)

                   平成25年6月18日(火)午前10時開議

     開議宣告

日程第1 会議録署名議員指名

日程第2 追加議案上程、総括説明

     議案第95号 平成24年度総合交付金総合運動公園整備事業補助競技場整備工事請負契約について

     議案第96号 平成25年度佐久市立佐久平浅間小学校(仮称)校舎棟建築(本体)工事請負契約について

     議案第97号 平成25年度佐久市立佐久平浅間小学校(仮称)校舎棟建築(電気)工事請負契約について

     議案第98号 平成25年度佐久市立佐久平浅間小学校(仮称)屋内運動場等建築(本体)工事請負契約について

     諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

日程第3 議案質疑、討論、採決

日程第4 議案委員会付託

日程第5 陳情委員会付託

◯本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

◯出席議員(28名)

     1番  市川稔宣君       2番  吉川友子君

     3番  井出浩司君       4番  内藤勝利君

     5番  小金沢昭秀君      6番  飯島雅則君

     7番  三石義文君       8番  柳澤 潔君

     9番  篠原 勤君      10番  関本 功君

    11番  吉岡 徹君      12番  大井岳夫君

    13番  小山仁志君      14番  高橋良衛君

    15番  江本信彦君      16番  内藤祐子君

    17番  神津 正君      18番  小林貴幸君

    19番  竹花美幸君      20番  和嶋美和子君

    21番  小林松子君      22番  市川 将君

    23番  井出節夫君      24番  杉岡 務君

    25番  中條寿一君      26番  花岡 茂君

    27番  中澤兵衛君      28番  菊原初男君

◯欠席議員(なし)

◯説明のため出席した者

  市長      柳田清二君    副市長     小池茂見君

  総務部長    井上 尚君    企画部長    花里英一君

  市民健康部長  藤牧 浩君    環境部長    出沢丈夫君

  福祉部長    坂戸千代子君   経済部長    比田井正弘君

  建設部長    金澤英人君    地域局長    中山雅夫君

  会計管理者   伊藤明弘君    病院事業管理者 村島隆太郎君

  浅間病院・みすず苑事務長     臼田支所長   細谷 渡君

          安藤俊之君

  浅科支所長   山浦清志君    望月支所長   吉澤 隆君

  教育委員長   黒岩 肇君    教育長     土屋盛夫君

  学校教育部長  桜井和則君    社会教育部長  矢野光宏君

  選管委員長   平林 茂君    監査委員    篠原捷四君

  農業委員会長  市川 覚君    庶務課長    山浦俊彦君

  市長政策室長  佐藤 治君

◯事務局職員出席者

  議会事務局長  山崎恭介     議会事務局次長 大塚芳暢

  庶務係長    柳澤広幸     議事調査係長  清水秀晃

  書記      三浦健明     書記      佐藤佳菜



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(市川稔宣君) おはようございます。

 現在までの出席議員は28名でありますので、定足数を超えております。

 よって、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告事項



○議長(市川稔宣君) 市長から追加議案が提出されております。事件案4件、諮問案1件の計5件であります。

 この取り扱いにつきましては、6月12日、議会運営委員会が開催されましてご協議願ってありますので、その結果について委員長より報告願うことにいたします。

 19番、竹花君。



◆議会運営委員長(竹花美幸君) 皆さんおはようございます。議会運営委員長の竹花でございます。

 委員長報告を申し上げます。

 市長より追加議案が提出されました。事件案4件、諮問案1件の計5件でございます。

 この取り扱いにつきましては、6月12日の議会運営委員会において、本日上程し、議案説明、議案質疑の上、諮問案については、討論、採決を願うことと協議してありますので、ご承知願います。

 議会運営委員長報告は以上でございます。



○議長(市川稔宣君) 本日の議事は、議事日程第5号をもって進めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員指名



○議長(市川稔宣君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第89条の規定により、議長において

  10番  関本 功君

  11番  吉岡 徹君

 の2名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 追加議案上程、総括説明



○議長(市川稔宣君) 日程第2、市長から提出されました、議案第95号から議案第98号及び諮問第1号を上程いたします。

 議案の件名につきましては、事務局長に朗読させます。

 議会事務局長、山崎君。

  議会事務局長件名朗読(別紙)



○議長(市川稔宣君) 次に、市長から追加議案に対する提案理由の総括説明を求めます。

 市長、柳田君。



◎市長(柳田清二君) 皆様、おはようございます。

 本日、平成25年佐久市議会第2回定例会に追加提案いたしました議案は、事件案4件、諮問案1件の合わせて5件でございます。

 事件案は、佐久総合運動公園補助競技場の整備工事並びに佐久平浅間小学校(仮称)の校舎棟及び屋内運動場等の建築工事に係るそれぞれの請負契約の締結について、議会の議決をお願いしようとするものであります。

 諮問案は、任期満了に伴う人権擁護委員の推薦について議会の意見をお願いするものであります。

 詳細につきましては、お手元の議案説明書をご覧いただくほか、所管部長から説明を申し上げますので、よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第95号 平成24年度総合交付金総合運動公園整備事業補助競技場整備工事請負契約についての説明を求めます。

 建設部長、金澤君。



◎建設部長(金澤英人君) 改めましておはようございます。

 議案第95号 平成24年度総合交付金総合運動公園整備事業補助競技場整備工事請負契約についてご説明申し上げます。

 本案は、佐久総合運動公園補助競技場の整備に当たり、補助競技場整備工事の請負契約を締結するため、佐久市議会の議決すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

 この補助競技場整備工事は、昨年度完成いたしました第2種公認陸上競技場の投資対効果を現出させるため、300メートルトラックを備えた補助競技場を整備するものであります。

 議案説明書8ページから11ページをご覧ください。10ページは、位置図と全体配置図でございまして、網かけでお示ししてあります部分が本工事の施工箇所でございます。11ページは、補助競技場の平面図でございます。補助競技場は、全天候型の300メートルトラックや走り幅跳び、三段跳びの跳躍場、砲丸投げ投てき場を整備し、またフィールドは人工芝で整備いたします。

 この補助競技場整備工事は、本年5月21日の9業者による総合評価落札方式による事後審査型一般競争入札の結果、2億5,809万円で、松本市笹部1−2−26のNIPPO・佐久総合特定建設工事共同企業体、代表者株式会社NIPPO中南信出張所、所長小黒公洋氏に決定しております。

 また、本工事の工期は、平成26年3月14日までとなっており、平成24年度社会資本整備総合交付金事業及び補正予算債事業の繰越事業として実施するものでございます。

 なお、議案説明書9ページに建設工事請負仮契約書の写しを添付してございますのでご覧いただき、よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第96号 平成25年度佐久市立佐久平浅間小学校(仮称)校舎棟建築(本体)工事請負契約についての説明を求めます。

 学校教育部長、桜井君。



◎学校教育部長(桜井和則君) 議案第96号 平成25年度佐久市立佐久平浅間小学校(仮称)校舎棟建築(本体)工事請負契約につきまして、ご説明を申し上げます。

 議案説明書12ページから19ページをご覧ください。本案は、(仮称)佐久平浅間小学校校舎棟を建築するに当たり、本体工事の請負契約を締結するため、議会の議決をお願いするものでございます。

 新しく建築する校舎棟は、14ページの配置図に網かけでお示ししましたように、敷地の南西部分に建築いたします。15ページから17ページは、1階から3階の平面図でございまして、18ページと19ページは、校舎棟の立面図でございます。

 本小学校は、岩村田小学校からの分離新設校として、平成27年4月の開校を目指して整備するものでございます。

 この校舎棟は、鉄筋コンクリート造り3階建て、延べ面積8,140.73平方メートルで、寒冷地であることを配慮して、切り妻屋根の洋瓦ぶきとし、校舎の内装材に木材を多く用いて、温かみと潤いのある教育環境づくりに配慮しております。

 また、身体に障がいのある児童に配慮し、各階に身障者用トイレを備えた施設であります。

 この本体工事につきましては、本年5月28日、6業者により総合評価落札方式による事後審査型一般競争入札を行った結果、13ページの建設工事請負仮契約書の写しのとおり、19億6,035万円で、佐久市横和274番地1、池田建設株式会社、代表取締役池田正氏に決定しております。

 なお、本建築工事につきましては、公立学校施設整備事業費国庫負担事業として、平成26年度にわたる債務負担行為により実施するものでございます。

 以上、工事の概要につきまして申し上げましたが、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第97号 平成25年度佐久市立佐久平浅間小学校(仮称)校舎棟建築(電気)工事請負契約についての説明を求めます。

 学校教育部長、桜井君。



◎学校教育部長(桜井和則君) 議案第97号 平成25年度佐久市立佐久平浅間小学校(仮称)校舎棟建築(電気)工事請負契約につきまして、ご説明を申し上げます。

 議案説明書の20ページから21ページをご覧ください。本工事につきましては、本年5月28日、8業者により事後審査型一般競争入札を行った結果、21ページの建設工事請負仮契約書の写しのとおり、1億7,115万円で、佐久市岩村田5033番地4、株式会社電業舎、代表取締役寺島知明氏に決定しております。

 なお、本建築工事につきましては、公立学校施設整備事業費国庫負担事業として、平成26年度にわたる債務負担行為により実施するものでございます。

 事業の概要につきましては、議案第96号で申し上げたとおりでございます。よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、議案第98号 平成25年度佐久市立佐久平浅間小学校(仮称)屋内運動場等建築(本体)工事請負契約についての説明を求めます。

 学校教育部長、桜井君。



◎学校教育部長(桜井和則君) 議案第98号 平成25年度佐久市立佐久平浅間小学校(仮称)屋内運動場等建築(本体)工事請負契約についてご説明申し上げます。

 議案説明書の22ページから26ページをご覧ください。本案は、(仮称)佐久平浅間小学校屋内運動場等を建築するに当たり、本体工事の請負契約を締結するため、議会の議決をお願いするものでございます。

 本工事は、24ページから26ページの案内図、配置図、平面図、立面図にお示ししてございますように、鉄筋コンクリート造り、一部鉄骨造り、平屋建て、延べ面積1,733.81平方メートルの屋内運動場及び多目的ホールを建築するとともに、縦25メートル、横15メートルで7コース、水面面積375平方メートルのFRP製大プール及び縦15メートル、横8メートル、水面面積120平方メートルのFRP製小プールの屋外プール2面と鉄筋コンクリート造り、平屋建て、延べ面積94.35平方メートルの更衣室棟を建築するものでございます。

 屋内運動場には、児童が環境問題を身近に感じられる機会をつくる目的で、屋根部分に太陽光発電施設を配置しております。また、地域の人たちから学んだり、地域の人たちと交流ができるように多目的ホールを整備いたします。

 この工事につきましては、本年5月28日、6業者により総合評価落札方式による事後審査型一般競争入札を行った結果、7億4,161万5,000円で、佐久市望月30番地1の株式会社竹花組、代表取締役矢野健太郎氏に決定いたしました。

 また、(仮称)佐久平浅間小学校屋内運動場等建築工事につきましては、本議案にかかる本体工事のほか、電気工事は8業者による事後審査型一般競争入札を行った結果、1億185万円で、株式会社TOSYS佐久支店支店長若林壽美人氏、管工事は10業者による事後審査型一般競争入札を行った結果、5,040万円で有限会社工藤住設工業、代表取締役工藤久茂氏に、それぞれ決定いたしました。

 なお、本建築工事は、公立学校施設整備事業費国庫負担事業として、平成26年度にわたる債務負担行為により実施するものでございます。

 以上、工事の概要について申し上げましたが、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(市川稔宣君) 次に、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについての説明を求めます。

 総務部長、井上君。



◎総務部長(井上尚君) 諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてご説明を申し上げます。

 本案は、人権擁護委員の金澤悦子氏、木内咲子氏、楜澤裕氏、中沢ふくえ氏、日向由美子氏の各氏が本年9月30日をもって任期満了となるため、金澤悦子氏、楜澤裕氏、中沢ふくえ氏、日向由美子氏の各氏を再度推薦することとともに、木内咲子氏の後任といたしまして新たに小林正子氏を推薦することについて、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものでございます。

 なお、人権擁護委員の任期は3年でございます。

 以上でございますが、よろしくご審議を賜りましてご同意を賜りたいと存じます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案質疑、討論、採決



○議長(市川稔宣君) 日程第3、これより議案の質疑に入ります。

 念のためでありますが、議案質疑は議案に関する質疑でありますので、その趣旨にのっとり発言願います。

 なお、質疑は同一議題について、会議規則第57条の規定により、3回を超えることはできませんのでご承知願います。

 また、反問をされる場合は、挙手の上、反問される旨申し出願います。

 最初に、議案第77号 佐久市公益的法人等への職員の派遣等に関する条例等の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第77号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第78号 佐久市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第78号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第79号 佐久市予防接種実費徴収条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第79号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第80号 佐久市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第80号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第81号 佐久市公共下水道事業受益者負担金徴収条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第81号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第82号 佐久市下水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第82号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第83号 佐久市道路占用料条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第83号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第84号 佐久市特別職の職員等の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第84号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第85号 農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業の計画の概要を定めることについての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第85号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第87号 市道の路線認定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第87号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第88号 市道の路線廃止についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第88号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第89号 平成25年度佐久市一般会計補正予算(第2号)についての質疑を行います。

 まず、歳入の部の質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、歳入の部の質疑を終結いたします。

 続いて、歳出の部に入ります。

 初めに、2款を議題として質疑を行います。

 順次発言を許します。

 13番、小山君。



◆13番(小山仁志君) 13番、小山仁志です。

 それでは、議案質疑をさせていただきます。

 平成25年度一般会計補正予算(第2号)歳出のうち、2款総務費の1項総務管理費中、12目の地域整備事業費についてお尋ねいたします。予算書では15ページになります。

 同事業費では、佐久南インターチェンジ周辺整備事業計画策定業務委託料220万円が計上されています。委託業務の内容を確認させていただきますとともに、220万円の委託料ということですが、同予算の積算の根拠についてお尋ねいたします。



○議長(市川稔宣君) 地域局長、中山君。



◎地域局長(中山雅夫君) ただいまの、佐久南インターチェンジ周辺整備事業の計画策定業務委託の内容と予算の根拠についてのご質問にお答えをいたします。

 計画策定業務委託の内容につきましては、ナチュラルアートとの覚書に基づきまして、整備構想実現のための事業計画書の策定に関わります業務を考えております。具体的な業務内容といたしましては、主として農業振興に資する施設の内容や運営管理などに関する計画書を策定するもので、これに必要となる現地調査や助言、提案、立案などでございます。

 また、関係者との打ち合わせ会議や説明会等への協力をあわせて実施するものでございます。

 委託料の歳出根拠につきましては、計画策定に関する標準的な歩掛かりにより算出しております。また東京からの交通費等の直接経費や諸経費等の積み上げによるものでございます。

 以上でございます。



○議長(市川稔宣君) 13番、小山君。



◆13番(小山仁志君) 1つだけ確認させていただきたいんですが、計画書の策定ということで、その成果品の納期についてだけ見込みを確認させていただきたいと思います。



○議長(市川稔宣君) 地域局長、中山君。



◎地域局長(中山雅夫君) ただいまの成果品の提出、納期という理解でございますが、現在、平成26年2月28日を考えております。

 以上でございます。



○議長(市川稔宣君) ほかにございませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ないようですので、次に3款から4款までを議題として質疑を行います。

 順次発言を許します。

 12番、大井君。



◆12番(大井岳夫君) 12番、大井です。

 議案第89号 平成25年度一般会計補正予算(第2号)について歳出の部、4款衛生費、2項環境衛生費、1目環境衛生総務費、地下水等水資源保全事業費水資源サミット負担金300万円の増額計上についてお伺いいたします。議案書23ページをご覧いただきたいと思います。

 水資源サミット開催ということで、10月5日、6日に開催予定という説明がなされております。こちらにつきましては、先週の一般質問におきましても、一部概要の説明はあったわけでございますが、改めてお伺いいたします。3項目についてお伺いします。

 まず、1点としまして、このサミットの開催の背景と目的について。2点として、概要について。3点として、予算の積算根拠について、以上3点についてお伺いします。



○議長(市川稔宣君) 環境部長、出沢君。



◎環境部長(出沢丈夫君) 地下水等水資源保全事業費のご質問でございます。水資源保全サミットにつきましては、柳澤議員の一般質問にお答えいたしましたが、本年の10月5日、6日に長野県佐久勤労者福祉センターにおいて開催を予定しております。

 3項目ご質問いただきました。まず1項目めの水資源保全サミットの開催の背景と目的についてお答えいたします。議員ご承知のとおり、地下水等水資源は、長い年月をかけて循環しているとともに、市町村の枠を超えて存在するものであることから、一部の自治体の取り組みだけでは水資源の保全は不可能であります。

 また、国民共有の貴重な財産であるとの認識のもと、国全体で水資源保全に対する取り組みが必要と考えております。こうしたことから、既に広域で水資源保全に取り組む先駆者である佐久地域から全国の自治体にお声がけをし、この佐久の地にお集まりいただき強固な連携や意識の共有化を図り、そして地域の水は地域で守るとの理念を全国に発信すべく水資源保全サミットの開催を企画いたしました。

 2項目めでございますが、水資源保全サミットの概要についてお答えいたします。参加団体につきましては、サミット開催のお知らせは、国を初め全国の都道府県市町村及び議会等にご案内させていただくとともに、特に水資源の保全に関心の高い自治体には直接お声をかけさせていただくこととしております。

 開催内容につきましては、東京財団の平野秀樹氏に基調講演で問題提起を行っていただき、学識経験者、地場産品を生産するため水を利活用している企業や団体、全国に先駆けて水資源保全の条例を制定した地方自治体の首長などによるパネルディスカッションを行いたいと考えております。そして、ご参加いただいた自治体による首長会議と全国に向けた共同宣言を採択し、それを発信してまいりたいと考えております。さらに、お茶の水大学名誉教授であり、ベストセラーとなった「国家の品格」の著者であります藤原正彦氏による特別講演も予定しております。

 佐久広域市町村との連携につきましては、このサミットにつきましては、これまでともに水資源保全に取り組んでまいりました佐久地域11市町村、東御市、佐久水道企業団、浅麓水道企業団で水資源保全サミット実行委員会を構成し、サミットを主催することとしております。

 また、多くの市民の皆様にもご参加いただきたいと考えており、実行委員会の構成団体の広報紙、ホームページを初め、ケーブルテレビ、ラジオ、新聞広告、ポスター、チラシなどあらゆる機会を捉え周知を図ってまいりたいと考えております。

 3項目めの、水資源保全サミットの予算額の積算根拠についてお答えいたします。先ほども申し上げましたが、本サミットにつきましては、実行委員会形式で行うことからそれぞれ構成団体が実行委員会に開催経費を負担してサミットを開催することとなります。歳出予算につきましては、合計で380万円でございまして、その内訳につきましては、講師等の謝礼や旅費、広報用ポスター作製、会場使用料などでございます。佐久市が中心となって開催しますことから、そのうち佐久市は300万円を負担することとしております。

 以上でございます。



○議長(市川稔宣君) 12番、大井君。



◆12番(大井岳夫君) ただいまの説明によりまして、国ですとか全国の市町村にも呼びかけると。そして、先進的な取り組みをされている、実際には特に直接働きかけといいますか、出席をいただけるようにお願いをするという説明でしたが、こちらの全国に呼びかけるといいますと、非常に今こちらも水資源保全ということで全国的な関心もあろうかと思いますので、全国から来た場合、その会場というのが果たして収容能力は足りるんだろうかと。今、会場について説明がなかったように思うんですけれど、会場がどちらかということと、その全国からいらっしゃる、そして佐久市広域からいらっしゃるというようなときに、会場から人があふれないかということが一つ心配なんですけれど、そこら辺の会場ですとかそういったことに対する考え、方針について伺いたいと思います。



○議長(市川稔宣君) 環境部長、出沢君。



◎環境部長(出沢丈夫君) 会場でございますが、佐久勤労者福祉センターを予定しております。確かに席数はそんなに多くないわけでございますけれど、全館予約を入れてございまして、2階の大会議室等もございますので、もし1階のホールに入り切れないという状況でございますれば、2階も利用してモニターを設置するなど、勤労者福祉センターからあふれるということはないような対応をさせていただきたいと思っております。

 よろしくお願いいたします。



○議長(市川稔宣君) ほかにございませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ないようですので、次に6款から7款までを議題として質疑を行います。

 順次発言を許します。

 12番、大井君。



◆12番(大井岳夫君) 12番、大井です。

 引き続きまして、歳出の部、7款商工費、1項商工費、7目交流推進費、定住推進事業費88万7,000円が計上されておりますが、その増額につきましてお伺いいたします。

 すみません。ページ数の確認ができなくて申しわけございませんが、今回の補正予算のほうに定住推進事業費88万7,000円ということで増額ということで、計上されておりますけれども……、失礼しました29ページになります。

 今回のこちらの説明といたしましては、JR東日本の「大人の休日倶楽部」会員対象の佐久市移住お試しツアー等の事業に関わるというような説明もありますけれど、こちらの88万7,000円のうち、この「大人の休日倶楽部」に関わる部分の旅費等経費の積算根拠についてお伺いしたいというのが1点目でございます。

 そして2点目なんですが、「大人の休日倶楽部」の会員対象の佐久市移住お試しツアーに係る経費が、これは当然のことながら佐久市の負担分もある、側面的な支援もあるということで今回の補正予算に計上されてきているわけですけれど、この佐久市の負担分に対する考えについて。

 また、今後、佐久市の移住お試しツアーで発生する佐久市の負担に対する考え方と、今後夏と秋の2回また計画されているということですけれど、こちらの経費区分についてもお伺いします。



○議長(市川稔宣君) 経済部長、比田井君。



◎経済部長(比田井正弘君) それでは、議案第89号 平成25年度佐久市一般会計補正予算(第2号)の7款商工費、1項商工費、7目交流推進費、定住推進事業費についてのご質問に順次お答えをいたします。

 まず、事業の概要についてでございますが、今回の補正予算は、今議会の代表質問でもお答えいたしました、長野県、JR東日本、佐久市の連携による移住交流推進の取り組みに係る経費の予算化をお願いするものでございます。この3者連携の取り組みは全国初の取り組みとして注目を集めているところでございまして、その目指すところは、首都圏在住のJR東日本の「大人の休日倶楽部」会員約55万人を対象に、佐久市への移住を促すことにございます。

 そのための具体的な取り組みといたしまして、佐久市移住お試しツアーや都内での佐久ライフセミナーの開催を予定しているところでございまして、市といたしましては、これらの事業を通じまして佐久市での暮らしの魅力を知っていただき、移住交流を推進したいと考えているところでございます。

 続きまして補正予算の内容でございますが、旅費につきましては、都内で予定されておりますセミナーの開催やJR東日本本社での打ち合わせ会議に伴う職員旅費でございます。需用費につきましては、ツアーやセミナーの開催に伴うものでございまして、一例を申し上げますと、ツアーでの野菜の収穫体験などに係ります軍手や移住セミナーの際のお茶代等でございます。使用料及び賃借料並びに備品購入費につきましては、ツアーの農村体験等で使用が見込まれます仮設トイレの借り上げ料や佐久市を紹介するためのDVDプレーヤーの購入経費でございます。

 次に、JR東日本の「大人の休日倶楽部」会員対象の佐久市移住お試しツアーに係る経費の佐久市の負担に対する考え方についてでございますが、基本的には先ほど予算の内容で申し上げましたように、収穫体験の際の軍手やツアーの中で行うセミナー、セミナーは大体3時間程度行っております、でのお茶とかお茶菓子代など、通常のJR東日本でのツアー料金の中には含まれないものに対して負担していくという考え方でございます。

 また、今後予定される夏と秋のツアーに係る経費の割合につきましては、ツアーメニューがこれから決定されるところでございまして、メニュー内容により若干変更もありますことから、それぞれ想定の人数により経費を見積もっているところでございます。この3者連携の取り組みは、全国で初めての試みとしての連携事業でございまして、本市の重要施策であります交流人口の創出を図り、移住定住につなげるため、きめ細かいおもてなしを行ってまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(市川稔宣君) ほかにございませんか。

 ないようですので、次に8款から11款までを議題として質疑を行います。

 順次発言を許します。

 11番、吉岡君。



◆11番(吉岡徹君) 11番、吉岡でございます。

 質問は、補正予算書41ページでございまして、10款教育費、4項社会教育費、16目図書館費についてでございます。

 ここに、読書に最適な椅子コンテスト事業ということで81万9,000円が計上されております。新人議員ということで、今回の補正予算につきましては、一応トレースを全部させていただきましたのですが、これの事業が何かストッとこう来ないもんですから質問させていただくことになるんですが。

 この事業は、昨年までの意見募集及びその実施計画の中身では、「読書のための椅子日本一コンテスト」という名称になっておりました。それがこの予算書では、ここに書いてありますように、「読書に最適な椅子コンテスト」というふうに名称の一部が変えられております。名は体をあらわすと言いますが、この「日本一」というのを削って「最適」に変えたのには何か理由があるんでしょうか。あるいは事業の内容に変更があると考えてよろしいのでしょうか。これが第1点の質問でございます。

 もう一つは、この中に「最適な椅子」という表現がございますが、この「最適」というのはどういうことを意味しているのか、概念が私にとってはちょっと不明でございますので。この図書館で読書をされる方にはいろんな方がいらっしゃいます。千差万別だと思います。老若男女、それから小・中学生からお年寄りまで、また男性も女性もいろいろいらっしゃるわけですが、どういう方にとって最適というふうな規定になっておられるのか。

 あるいは、もう1点は、最適は、これはコンテストということでございますので、今回広く応募作を募集されるわけですが、既存の椅子ではなくて、これは対象じゃないわけですね、ですから応募がどのくらいあるかわかりませんけれど、たとえ応募が少なくても、その中から相対的にこれが最適だと審査の方々が判断されたら、それが最適だというふうな規定になってしまうんでしょうか。

 この最適の範囲といいましょうか、今回は応募した中からの最適ですよという限定的な捉え方でよろしいのか。あるいは日本一という最初あったものですから、日本一最適な椅子と考えてよろしいのか、その辺のところがちょっとあるものですから、その辺がどうなっておられますか質問させていただきます。



○議長(市川稔宣君) 社会教育部長、矢野君。



◎社会教育部長(矢野光宏君) 吉岡議員ご質問の、平成25年度一般会計補正予算(第2号)の歳出のうち、41ページの読書に最適な椅子コンテスト事業費についての、事業の名称を日本一から最適に変更した理由と、そして最適の意味についての2点のご質問にお答えをいたします。

 この事業は、望月支所2階に移転いたしました新しい望月図書館の開館を契機に、特色ある図書館にしたいということで読書への楽しみを豊かにしたい、そういう思い、願いを持って進める事業でございます。

 また、この事業を通じて望月地区を全国にアピールし、発信したいという願いもございます。

 ご質問の事業の名称変更でございますが、市民の皆様に、議員がおっしゃるとおり、お示しした実施計画では日本一としておりましたが、望月図書館にご来館いただいた皆様に、読書に最も適していると感じられる椅子を実際に座っていただき、選んでいただくという趣旨から最適という文言に変更したわけでございます。

 それで、最適という意味につきましては、先ほど申し上げましたが、望月図書館に来られた方が主役となって、実際に座っていただいて読書に最も適していると感じられた椅子を選んでいただきますので、最も心地よく読書ができるということから、そんな意味でございます。

 なお、もう1点、質問を先ほど通告以外にいただいておりますけれど、あくまでも今回の応募状況の中で、それを展示して座っていただいて、それで最適な椅子というふうに持っていきたいと考えております。

 以上です。



○議長(市川稔宣君) 11番、吉岡君。



◆11番(吉岡徹君) ご答弁ありがとうございました。今、部長のお話のように、望月図書館へご来館される方の中で選んでいただくということですから、それが全国発信になるかどうかちょっとわかりませんけれど、いずれにしても最適という概念は、大変曖昧な部分と言いましょうか、規定のしづらい、絶対評価があるわけではないと思いますので、どのみち相対評価の範疇だと思います。そういう意味では、見方によっていろんな議論が生じてくるだろうと思います。私は、この案件の範囲は総務文教委員会の範囲だと思いますが、私はその委員ではございませんので、ある意味での問題提起になればなということで質問させていただきました。とりあえず、今の部長の答弁で私は。あとは総務委員会での議論をお待ちしたいと思います。どうもありがとうございました。

 以上です。



○議長(市川稔宣君) ほかにございませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ないようですので、これをもって、議案第89号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第90号 平成25年度佐久市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第90号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第91号 平成25年度佐久市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第91号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第92号 平成25年度佐久市奨学資金特別会計補正予算(第1号)についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第92号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第93号 平成25年度佐久市国保浅間総合病院事業特別会計補正予算(第1号)についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第93号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第94号 平成25年度佐久市下水道事業特別会計補正予算(第1号)についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第94号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第95号 平成24年度総合交付金総合運動公園整備事業補助競技場整備工事請負契約についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第95号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第96号 平成25年度佐久市立佐久平浅間小学校(仮称)校舎棟建築(本体)工事請負契約についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第96号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第97号 平成25年度佐久市立佐久平浅間小学校(仮称)校舎棟建築(電気)工事請負契約についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第97号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第98号 平成25年度佐久市立佐久平浅間小学校(仮称)屋内運動場等建築(本体)工事請負契約についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、議案第98号の質疑を終結いたします。

 次に、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) これをもって、諮問第1号の質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております諮問第1号については、会議規則第38条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認めます。

 よって、諮問第1号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、ここで採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認め、討論を省略し、採決いたします。

 本案は原案どおり決するに、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) 異議なしと認めます。

 よって、諮問第1号は、原案どおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案委員会付託



○議長(市川稔宣君) 日程第4、議案の委員会付託を行います。

 付託委員会につきましては、議会運営委員会でご協議願っておりますので、議案付託表ナンバー2のとおり付託したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案付託表ナンバー2のとおり、所管常任委員会に付託することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 陳情委員会付託



○議長(市川稔宣君) 日程第5、陳情の委員会付託を行います。

 付託委員会につきましては、議会運営委員会でご協議願っておりますので、陳情文書表のとおり付託いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川稔宣君) ご異議なしと認めます。

 よって、陳情文書表のとおり、所管常任委員会に付託することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△次会日程の報告



○議長(市川稔宣君) 以上をもって、本日の日程は終了いたしました。

 本会議は、明19日から26日までは委員会審査等のため休会し、27日午前10時再開の上、委員会の審査報告を行います。

 委員会審査につきましては、ご配付申し上げた日程表のとおりそれぞれ開催し、審査を行うことになっておりますのでご承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(市川稔宣君) 本日はこれをもって散会といたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午前10時55分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

   佐久市議会議長   市川稔宣

   佐久市議会議員   関本 功

   佐久市議会議員   吉岡 徹