議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 佐久市

平成22年 12月 定例会(第4回) 12月22日−06号




平成22年 12月 定例会(第4回) − 12月22日−06号







平成22年 12月 定例会(第4回)



        平成22年佐久市議会第4回定例会会議録(第6日目)

◯議事日程(第6号)

                  平成22年12月22日(水)午前10時開議

     開議宣告

日程第1 会議録署名議員指名

日程第2 付託議案委員長報告、質疑、討論、採決

日程第3 付託請願・陳情委員長報告、質疑、討論、採決

日程第4 意見書案上程、説明、質疑、討論、採決

     意見書案第7号 米価の大暴落に歯止めをかけるための意見書の提出について

日程第5 追加議案上程、説明、質疑、討論、採決

     議案第189号 佐久市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について

日程第6 閉会宣告

◯本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

◯出席議員(26名)

     1番  並木茂徳君       2番  高橋良衛君

     3番  小山仁志君       4番  大井岳夫君

     7番  市川稔宣君       8番  市川 将君

     9番  有坂 章君      10番  中澤兵衛君

    11番  佐藤悦生君      12番  和嶋美和子君

    13番  江本信彦君      14番  伊藤盛久君

    15番  大工原武市君     16番  竹花美幸君

    17番  柳澤重也君      18番  木内昌明君

    19番  花岡 茂君      20番  内藤祐子君

    21番  小林松子君      22番  井出節夫君

    23番  上野 力君      24番  神津 正君

    25番  小林貴幸君      26番  三浦正久君

    27番  杉岡 務君      28番  中條寿一君

◯欠席議員(1名)

     5番  川村茂司君

◯説明のため出席した者

  市長      柳田清二君    副市長     岩崎 弘君

  総務部長    浅沼 博君    企画部長    井上 尚君

  地域課題対策局長         市民健康部長  内藤孝徳君

          中山雅夫君

  福祉部長    神津公子君    経済部長    高橋道夫君

  建設部長    金澤英人君    生活排水部長  出沢丈夫君

  会計管理者   茂原孝好君    病院事業管理者 村島隆太郎君

  浅間病院・みすず苑事務長     臼田支所長   木内千義君

          小林正衛君

  浅科支所長   依田秀一君    望月支所長   江本 守君

  教育委員長   黒岩 肇君    教育長     土屋盛夫君

  学校教育部長  上原健吾君    社会教育部長  工藤秀康君

  選管委員長   平林 茂君    監査委員    樫山 孝君

  農業委員会長  柳澤良治君    庶務課長    平林千春君

  市長政策室長  臼田純武君

◯事務局職員出席者

  議会事務局長  柳沢本樹     議会事務局次長 細谷 渡

  庶務議事係長  荻原万樹     書記      清水秀晃

  書記      油井千奈美    書記      松崎幸二



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(並木茂徳君) 皆さん、おはようございます。

 現在までの出席議員は26名でありますので、定足数を超えております。

 よって、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告事項



○議長(並木茂徳君) 川村茂司君、本日の会議に欠席する旨の届け出が提出されておりますので、ご承知願います。

 杉岡務君から意見書案1件が提出されております。また、追加議案1件が提出されております。

 この取り扱いにつきましては、本日、開催されました議会運営委員会においてご協議願っておりますので、その結果について委員長より報告願うことにいたします。

 議会運営委員長、中澤君。



◆議会運営委員長(中澤兵衛君) 皆さん、おはようございます。

 議会運営委員長の中澤兵衛でございます。

 委員長報告を申し上げます。

 杉岡務君から意見書案1件が、また、私が追加議案を1件提出しております。この取り扱いでございますが、意見書案につきましては、上程、説明、質疑の上、討論、採決を願うことに、また、追加議案につきましては、意見書案採決後、上程、説明、質疑の上、討論、採決を願うことに、それぞれ協議してありますので、ご承知願います。

 以上、議会運営委員会からの協議結果の報告とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(並木茂徳君) 本日の議事は、議事日程第6号をもって進めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員指名



○議長(並木茂徳君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第82条の規定により、議長において

  19番  花岡 茂君

  20番  内藤祐子君

の2名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 付託議案委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(並木茂徳君) 日程第2、ただいまから付託議案の委員長報告に入ります。

 各常任委員長より付託議案に対する審査報告書が提出されております。

 最初に、総務文教委員長の報告を求めます。

 7番、市川君。



◆総務文教委員長(市川稔宣君) おはようございます。

 それでは、総務文教委員長の報告をさせていただきます。

 付託議案について、当委員会へ付託されました議案は、条例案1件、事件案1件、予算案1件の計3件でありました。

 慎重審査の結果、議案第180号 佐久市税条例の一部を改正する条例の制定について、原案可決。議案第182号 平成22年度佐久市防災告知放送施設整備事業無線設備工事請負契約の変更について、原案可決。議案第186号 平成22年度佐久市一般会計補正予算(第4号)について中、所管事項、原案可決と決しました。

 なお、3件の議案につきましては、いずれも全会一致でありました。

 以上、付託議案についての委員長報告を申し上げました。



○議長(並木茂徳君) 議案第180号から議案第186号までの3件を一括議題として、これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 なお、議案第186号については、社会委員長報告終了後、採決いたしますので、ご承知願います。

 議案第180号 佐久市税条例の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第180号については討論を省略し、総務文教委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第180号は総務文教委員長報告どおり可決されました。

 次に、議案第182号 平成22年度佐久市防災告知放送施設整備事業無線設備工事請負契約の変更についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第182号については討論を省略し、総務文教委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第182号は総務文教委員長報告どおり可決されました。

 次に、経済建設委員長の報告を求めます。

 27番、杉岡君。



◆経済建設委員長(杉岡務君) それでは委員長報告を行います。

 本定例会において当委員会に付託され、12月17日に審査された議案につきましては、条例案1件、事件案3件、予算案2件の計6件でありました。

 当委員会においては、慎重審査の結果、議案第181号 佐久市商店街集会等施設条例の制定について、原案可決。議案第183号 市道の路線認定について、原案可決。議案第184号 市道の路線変更について、原案可決。議案第185号 南佐久環境衛生組合規約の変更について、原案可決。議案第186号 平成22年度佐久市一般会計補正予算(第4号)について中、所管事項、原案可決。議案第188号 平成22年度佐久市一般会計補正予算(第5号)について中、所管事項、原案可決と決しました。

 なお、議案第181号 佐久市商店街集会等施設条例の制定については、今後、同様の案件への対応方法について、また、有料月極め駐車場がコミュニティー施設の目的に合っているのか、また、他地区商店街の対応などの質疑の結果、早急に決すべきではないとの意見が出されたため、挙手による採決を行った結果、賛成多数で原案可決と決しました。

 その他の5件につきましては、いずれも全会一致でありました。

 以上、付託議案についての委員長報告を申し上げました。



○議長(並木茂徳君) 議案第181号から議案第188号までの6件を一括議題として、これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 なお、議案第186号及び議案第188号については、社会委員長報告終了後、採決いたしますので、ご承知願います。

 議案第181号 佐久市商店街集会等施設条例の制定についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第181号については討論を省略し、経済建設委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第181号は経済建設委員長報告どおり可決されました。

 次に、議案第183号 市道の路線認定についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第183号については討論を省略し、経済建設委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第183号は経済建設委員長報告どおり可決されました。

 次に、議案第184号 市道の路線変更についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第184号については討論を省略し、経済建設委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第184号は経済建設委員長報告どおり可決されました。

 次に、議案第185号 南佐久環境衛生組合規約の変更についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第185号については討論を省略し、経済建設委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第185号は経済建設委員長報告どおり可決されました。

 次に、社会委員長の報告を求めます。

 16番、竹花君。



◆社会委員長(竹花美幸君) 16番、竹花です。

 社会委員長報告を行います。

 本定例会において、当委員会へ付託されました議案は、予算案3件であります。

 それでは、ご報告申し上げます。

 慎重審査いたしました結果、議案第186号 平成22年度佐久市一般会計補正予算(第4号)について中、所管事項、原案可決。議案第187号 平成22年度佐久市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について、原案可決。議案第188号 平成22年度佐久市一般会計補正予算(第5号)について中、所管事項、原案可決と決しました。

 なお、以上の3議案につきましては、いずれの議案とも全会一致でありました。

 以上、付託議案につきましての社会委員長報告を申し上げました。



○議長(並木茂徳君) 議案第186号から議案第188号までの3件を一括議題として、これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 議案第187号 平成22年度佐久市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第187号については討論を省略し、社会委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第187号は社会委員長報告どおり可決されました。

 次に、議案第186号 平成22年度佐久市一般会計補正予算(第4号)についてを採決いたします。

 各常任委員長の報告は原案可決であります。

 お諮りいたします。

 議案第186号については討論を省略し、各常任委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第186号は各常任委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第188号 平成22年度佐久市一般会計補正予算(第5号)についてを採決いたします。

 経済建設委員長及び社会委員長の報告は原案可決であります。

 お諮りいたします。

 議案第188号については討論を省略し、経済建設委員長及び社会委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第188号は経済建設委員長及び社会委員長報告どおり可決されました。

 以上で、各常任委員会への付託議案は終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 付託請願・陳情委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(並木茂徳君) 日程第3、付託請願・陳情の委員長報告を行います。

 付託審査願った請願及び陳情の審査報告書が提出されております。

 最初に、総務文教委員長の報告を求めます。

 7番、市川君。



◆総務文教委員長(市川稔宣君) 総務文教委員長報告を行います。

 付託陳情についての委員長報告でございます。

 本定例会における当委員会への付託陳情は、新規2件でありました。

 慎重審査の結果、陳情審査報告書のとおり決しましたが、審査経過につきましてご報告を申し上げます。

 平成22年陳情第16号 法人市町村民税における標準税率採用に関する陳情につきましては、審査において採択と継続審査、それぞれの立場で意見がありました。

 採択とする意見としては、景気低迷が続く中、超過税率でなく標準税率を適用することが望ましいことから、標準税率採用に賛成というものでありました。継続審査とする意見としては、企業のおかれている現状が厳しいことは理解しているが、県内19市の中で佐久市が他市と比較して、特に税率が高いという状況ではないことから、さらに検討する必要があるというものでした。また、現在、国の税制改正において、法人税についての動きがあることから、その動向を踏まえた上で判断する必要があるという意見でありました。

 このような意見が出ましたことから、挙手による採決の結果、採択1、継続審査7となり、平成22年陳情第16号においては継続審査と決したところであります。

 次に、平成22年陳情第19号 佐久市総合文化会館建設基金及び建設用地に関する陳情についてでありますが、本陳情については、全会一致で継続審査と決したところであります。継続審査と決するにあたっては、市において合併特例債の取り扱いを国・県と協議している現時点で、建設基金及び建設用地の取り扱いを判断することは難しいとの意見、また、基金及び用地については、市において、その利用についての方向が示される中で判断すべきことであり、判断に当たっては十分な論議が必要であるという意見がありました。

 以上の意見から、全会一致で継続審査と決したところであります。

 以上、付託陳情についての委員長報告を申し上げました。



○議長(並木茂徳君) 平成22年陳情第16号及び平成22年陳情第19号の2件を一括議題として、これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 平成22年陳情第16号 法人市町村民税における標準税率採用に関する陳情を採決いたします。

 お諮りいたします。

 平成22年陳情第16号については討論を省略し、総務文教委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、平成22年陳情第16号は総務文教委員長報告どおり可決されました。

 次に、平成22年陳情第19号 佐久市総合文化会館建設基金及び建設用地に関する陳情を採決いたします。

 お諮りいたします。

 平成22年陳情第19号については討論を省略し、総務文教委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、平成22年陳情第19号は総務文教委員長報告どおり可決されました。

 次に、経済建設委員長の報告を求めます。

 27番、杉岡君。



◆経済建設委員長(杉岡務君) 付託請願・陳情の委員長報告を行います。

 本定例会における当経済建設委員会での請願及び陳情は、新規請願2件、新規陳情1件でありました。慎重審査の結果、請願・陳情審査報告書のとおり決しましたが、審査経過につきましてご報告申し上げます。

 まず、平成22年請願第2号 TPPの参加に反対する請願につきましては、例外のない自由化による佐久市農業に与える影響だけでなく、環境への影響や食料自給率を低下させ、食料問題が国家間交渉の手段とされることへの危惧など、影響がはかり知れないことから採択とする意見、また日本が参加できるかさえ不透明であり、国の方針すら定かでないため、さらに状況を見きわめる必要があることから、継続審査とすべきとの意見、反面、TPPへ参加しないことは商工業など経済界に大きな影響が考えられ、佐久市企業の存続、また雇用にも大きな影響を及ぼすものであるため不採択とする意見などが出されたことから、挙手による採決の結果、採択4、継続審査3、不採択1となり、いずれも過半数に達しなかったため、委員長の責務として、なお審査の必要があるため、閉会中の継続審査にすることに委員の皆さんにお諮りして、継続審査といたしました。

 続きまして、平成22年請願第3号 米価の大暴落に歯止めをかけるための請願につきましては、採択すべきとの意見のほか、今、緊急に買い入れても米の余っている現状でさらなる余剰米を生む結果になるため、より抜本的な対策が必要であるとする意見、また、買い入れるにも多額の費用がかかり、その効果も不明確であること、さらに、米の消費量が減少する中、総量規制のほうが問題であるとする意見等から、1項を不採択、2項を採択とすべきとの意見が出たことから、挙手による採決の結果、1項・2項採択1、1項不採択・2項採択7となり、1項不採択・2項採択といたしました。

 続きまして、平成22年陳情第18号 切れ目ない中小企業支援及び金融支援策を求める意見書の採択を求める陳情につきましては、緊急保証制度等、閣議決定されたものがあるが、現在の状況にかんがみ採択すべきとの意見のほか、陳情の趣旨に賛同するものの、期間延長や拡充された制度もあり、政府の対策も行われていることから趣旨採択とすべきとの意見が出されたことから、挙手による採決の結果、採択2、趣旨採択6となり、趣旨採択といたしました。

 以上で付託請願・陳情につきましての委員長報告を申し上げました。

 以上です。



○議長(並木茂徳君) 平成22年請願第2号及び平成22年請願第3号並びに平成22年陳情第18号の3件を一括議題として、これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 平成22年請願第2号 TPPの参加に反対する請願を採決いたします。

 お諮りいたします。

 平成22年請願第2号については討論を省略し、経済建設委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、平成22年請願第2号は経済建設委員長報告どおり可決されました。

 次に、平成22年請願第3号 米価の大暴落に歯止めをかけるための請願を採決いたします。

 お諮りいたします。

 平成22年請願第3号については討論を省略し、経済建設委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、平成22年請願第3号は経済建設委員長報告どおり可決されました。

 次に、平成22年陳情第18号 切れ目ない中小企業支援及び金融支援策を求める意見書の採択を求める陳情を採決いたします。

 お諮りいたします。

 平成22年陳情第18号については討論を省略し、経済建設委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、平成22年陳情第18号は経済建設委員長報告どおり可決されました。

 次に、社会委員長の報告を求めます。

 16番、竹花君。



◆社会委員長(竹花美幸君) 16番、竹花です。

 社会委員長報告を行います。

 本定例会における当委員会への付託陳情は、新規2件であります。

 それでは、付託陳情の審査経過につきましてご報告申し上げます。

 最初に、平成22年陳情第17号 ILO看護条約・夜業条約に基づき、医療・介護労働者の大幅増員と夜勤改善を求める陳情につきましては、採択に賛成の意見として、現状においては看護師は不足しており、定着率も低いということを考えると、労働条件など働きやすい職場の確保を目指す意味では改善は必要なことであり、国を挙げて対策をとるべきとの意見が出されました。趣旨採択に賛成の意見としては、労働時間等が改善されることにより、医療・看護・介護の拡充が図られ、よいことではあるが、一方で、現実的にその従事者の増員体制がとれるのか、また、経営的な面においては、厳しい状況になるという両面が考えられる。趣旨としては賛同できるため、趣旨採択とすべきとの意見が出されました。不採択に賛成の意見としては、医療現場の過酷な実態や人員不足は承知しているが、勤務時間など条約を批准するということになると経営に対する影響が大きく、病院等の経営が根本的に立ち行かなくなってしまうのではないかという懸念がある。託児所など、働きやすい環境にするなど、側面的な支援を考えた方がよいのではないかとの意見が出されました。

 このような意見を踏まえ、挙手による採決の結果、採択1名、趣旨採択4名、不採択3名といった結果となり、平成22年陳情第17号については、いずれも過半数に達しませんでしたので、委員長の責務として、なお審査の必要があるため、閉会中の継続審査にすることについて委員の皆さんにお諮りして、継続審査といたしました。

 続いて、平成22年陳情第20号 宮田・東久保地籍への火葬場建設に反対する陳情につきましては、採択に賛成の意見として、市側からすれば検討地域であって、候補地ではないとは言っても、地元で受ける立場からすればその違いは非常に微妙な問題でもあり、調査まですればそれはほぼ決定ではないかと解釈するのが当然の流れであり、話題として上がったときの情報源が新聞発表からというのは余りにも丁寧さを欠くプロセスの結果だったのではないか、また、忌み嫌う施設ということではなく、厳かに送るという意味でも、ゴルフ場とマレットゴルフ場というレジャー施設の間にあるというところが不似合いではないのかとの意見が出されました。不採択に賛成の意見としては、北耕地区の皆さん方の気持ちも十分理解はできるが、一方で、佐久市行政の中で、火葬場、ごみ処理問題というものは早急に解決していかなければいけない喫緊の課題であり、議員の責務として佐久市全体の福祉を考えるのがまず第一であるとの意見が出されました。

 継続審査に賛成の意見としては、市当局においても受け入れ側である地元の思いを推し量ることも必要であると考えており、市当局も今後、地元地区の皆様の思いを十分考慮した上で、調査測量等の実施について判断したいとしている。また、議会としては、9月議会において、あくまでも候補地以前の検討区域としての調査測量ということで、関連予算について議決した経過があり、もう少し市当局の判断を見極める必要があるのではないかとの意見が出されました。

 このような意見を踏まえ、挙手による採決の結果、採択1名、不採択1名、継続審査6名といった結果となり、本陳情は継続審査といたしました。

 社会委員長報告は以上でございます。



○議長(並木茂徳君) 平成22年陳情第17号及び平成22年陳情第20号の2件を一括議題として、これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 平成22年陳情第17号 ILO看護条約・夜業条約に基づき、医療・介護労働者の大幅増員と夜勤改善を求める陳情を採決いたします。

 お諮りいたします。

 平成22年陳情第17号については討論を省略し、社会委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、平成22年陳情第17号は社会委員長報告どおり可決されました。

 次に、平成22年陳情第20号 宮田・東久保地籍への火葬場建設に反対する陳情を採決いたします。

 お諮りいたします。

 平成22年陳情第20号については討論を省略し、社会委員長報告どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、平成22年陳情第20号は社会委員長報告どおり可決されました。

 以上で付託審査願った請願及び陳情は終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 意見書案上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(並木茂徳君) 日程第4、意見書案の審議に入ります。

 意見書案第7号 米価の大暴落に歯止めをかけるための意見書の提出についてを議題といたします。

 意見書案第7号の朗読をさせます。

 議会事務局次長、細谷君。

         議会事務局次長朗読(別紙)



○議長(並木茂徳君) 提出者から提案理由の説明を求めます。

 27番、杉岡君。



◆27番(杉岡務君) それでは、意見書案第7号 米価の大暴落に歯止めをかけるための意見書の提出について、提案理由の説明をいたします。

 ご承知のとおり、米価は下落を続けており、平成22年産米の9月の相対価格は前年を14%、2,000円も下落しています。JA佐久浅間管内でも平成21年産米に比較し、平成22年産米の概算金、仮渡金はコシヒカリ特A米で60キログラム当たり1,800円に下落しております。

 この数年来、生産費を大幅に下回る米価が続いている中で、生産者の置かれている状況は大変に厳しいものがあります。日本農業の大黒柱である稲作存続の土台を破壊し、主食の安定供給を困難にするおそれがあります。国においては米価下落に対し、今年度、米の戸別所得補償モデル事業を創設したところであり、来年度にはこの戸別所得補償が本格実施され、補てん措置が講じられることとなっております。しかしながら、制度の効果を見守りつつも、水田農業経営の安定や食料自給率の向上のためには、米価そのものの安定が図られることが重要であると考えますことから、抜本的な対策を講じ、米価の下落に歯どめをかける対策へのさらなる努力を求め、政府関係機関に意見書を提出しようとするものであります。

 よろしくご審議をいただき、ご可決賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。

 以上です。



○議長(並木茂徳君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、ここで採決したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、討論を省略し、採決いたします。

 意見書案第7号は原案どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、意見書案第7号は原案どおり可決されました。

 ただいま可決されました意見書の取り扱いにつきましては、議長に一任願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 追加議案上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(並木茂徳君) 日程第5、議案第189号を上程いたします。

 議案の件名につきましては、事務局長に朗読をさせます。

 議会事務局長、柳沢君。

         議会事務局長件名朗読(別紙)



○議長(並木茂徳君) 次に、議案第189号の朗読をさせます。

 議会事務局次長、細谷君。

   議会事務局次長朗読

 議案第189号

      佐久市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について

 佐久市議会会議規則の一部を改正する規則を、別紙のとおり制定する。

 平成22年12月22日提出

     提出者 佐久市議会議員      中澤兵衛

     賛成者 佐久市議会議員      木内昌明

      〃     〃         中條寿一

      〃     〃         柳澤重也

      〃     〃         三浦正久

      〃     〃         伊藤盛久

      〃     〃         小山仁志

      〃     〃         井出節夫

      〃     〃         佐藤悦生

      〃     〃         市川稔宣

 以上でございます。



○議長(並木茂徳君) ただいま朗読いたしました議案第189号の説明を求めます。

 10番、中澤君。



◆10番(中澤兵衛君) それでは、議案第189号 佐久市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について説明いたします。

 これは地方自治法の改正に伴い、常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会は、議会の議決すべき事件のうち、その部門に属する地方公共団体の事務に関するものについて、議会に議案を提出することができるとされたことにより、所要の改正を行おうとするものであります。

 内容につきましては、会議規則第14条第2項、第38条第2項、第3項に、地方自治法の改正により、先ほど申し上げた委員会による議案提出権が認められたことに伴う委員会からの議案提出、委員会付託等に関する規定を追加するものです。

 なお、附則で、この規則を公布の日から施行しようとするものであります。

 改正内容につきましては、議案書に記載のとおりでございます。議員各位のご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(並木茂徳君) これより議案の質疑に入ります。

 議案第189号 佐久市議会会議規則の一部を改正する規則の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ないようですので、これをもって議案第189号の質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題になっております議案第189号につきましては、会議規則第38条第2項の規定により、委員会へ付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第189号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、これで採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認め、討論を省略し、採決いたします。

 議案第189号は原案どおり決するにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第189号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△継続審査議決



○議長(並木茂徳君) 次に、各常任委員長、議会運営委員長並びに各特別委員長から、それぞれ閉会中の継続審査並びに調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各常任委員長、議会運営委員長並びに各特別委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査並びに調査に付することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(並木茂徳君) ご異議なしと認めます。

 よって、閉会中の継続審査並びに調査に付することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(並木茂徳君) 以上をもって、本日の日程は終了しました。

 これをもって、平成22年佐久市議会第4回定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。



△閉会 午前10時50分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

    佐久市議会議長   並木茂徳

    佐久市議会議員   花岡 茂

    佐久市議会議員   内藤祐子