議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 佐久市

平成17年  6月 定例会(第1回) 06月24日−07号




平成17年  6月 定例会(第1回) − 06月24日−07号







平成17年  6月 定例会(第1回)



        平成17年佐久市議会第1回定例会会議録(第7日目)

◯議事日程(第7号)

                   平成17年6月24日(金)午前10時開議

     開議宣告

     報告事項

日程第1 議席の指定及び一部変更

日程第2 会議録署名議員指名

日程第3 常任委員会委員の選任

日程第4 議会運営委員会委員の選任

日程第5 議案質疑

日程第6 議案委員会付託

日程第7 陳情委員会付託

日程第8 議会選出各種委員の選出

◯本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

◯出席議員(34名)

     1番  山崎 茂君       2番  小林貴幸君

     3番  堀籠勇治君       4番  三浦正久君

     5番  杉岡 務君       6番  市川稔宣君

     7番  中條寿一君       8番  並木茂徳君

     9番  細谷繁夫君      10番  関口不二人君

    11番  安井 務君      12番  菊原初男君

    13番  仁科英太郎君     14番  伊藤盛久君

    15番  佐藤悦生君      16番  桜井美智子君

    17番  和嶋美和子君     18番  柳沢重也君

    19番  高柳誠人君      20番  高村欣一君

    21番  井出 舜君      22番  中沢兵衛君

    23番  川村喜重郎君     24番  相沢昭子君

    25番  小林松子君      26番  井出節夫君

    27番  竹花美幸君      28番  小林松孝君

    29番  木内昌明君      30番  有坂 章君

    31番  市川 将君      32番  花岡 茂君

    33番  坂本久男君      34番  井上順喜君

◯欠席議員(なし)

◯説明のため出席した者

  市長      三浦大助君    助役      竹花健太郎君

  収入役     重田喜行君    総務部長    神津良一郎君

  企画部長    青柳 哲君    民生部長    鬼久保長治君

  保健福祉部長  大森 拡君    経済部長    井出 充君

  建設部長    黒沢俊彦君    生活排水部長  宮沢俊雄君

  浅間病院

          佐々木茂夫君   臼田支所長   黒沢道人君

  ・みすず苑事務長

  浅科支所長   上野久信君    望月支所長   市川隆利君

  教育長     三石昌彦君    教育次長    柳沢健一君

  選管委員長   上原保平君    庶務課長    阿部信幸君

  秘書課長    柳沢義春君

◯事務局職員出席者

                   議会事務局

  議会事務局長  植松 守             滝沢 均

                   次長

  庶務議事係長  小井土公明    書記      笹沢ゆみ子

  書記      柳沢広幸     書記      今井章弘



○議長(菊原初男君) おはようございます。

 開会に先立ちまして、さきに佐久市議会議員繰り上げ当選されました山崎茂君が出席しておりますのでご紹介します。

 ここで山崎君より自席で自己紹介をお願いいたします。

         山崎茂議員あいさつ



○議長(菊原初男君) ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(菊原初男君) 現在までの出席議員は34名でありますので、定足数を超えております。

 よって、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告事項



○議長(菊原初男君) 本日の議事は議事日程第7号をもって進めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議席の指定及び一部変更



○議長(菊原初男君) 日程第1、議席の指定及び一部変更を議題といたします。

 山崎茂君の当選に伴い、議席の指定を一部変更をしたいと思います。

 その議席番号及び氏名を事務局長に朗読させます。

 議会事務局長、植松君。



◎議会事務局長(植松守君) 

 変更議席について申し上げます。

    1番 山崎 茂議員

    2番 小林貴幸議員

    3番 堀籠勇治議員

    4番 三浦正久議員

    5番 杉岡 務議員

    6番 市川稔宣議員

    8番 並木茂徳議員

 以上であります。



○議長(菊原初男君) ただいま朗読いたしましたとおり議席を指定いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会議録署名議員指名



○議長(菊原初男君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第82条の規定により、議長において

  19番  高柳誠人君

  20番  高村欣一君

の2名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 常任委員会委員の選任



○議長(菊原初男君) 日程第3、常任委員会委員の選任を行います。

 お諮りします。

 常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により議長から直ちに指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) ご異議なしと認めます。

 よって、直ちに指名いたします。

    山崎 茂君

 を経済建設委員会委員に指名します。

 以上のとおり指名することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました山崎茂君を経済建設委員会委員に選任することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議会運営委員会委員の選任



○議長(菊原初男君) 日程第4、議会運営委員会委員の選任を行います。

 お諮りします。

 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により議長から直ちに指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) ご異議なしと認めます。

 よって、直ちに指名いたします。

    並木茂徳君

 を指名します。

 以上のとおり指名することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました並木茂徳君を議会運営委員会委員に選任することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案質疑



○議長(菊原初男君) 日程第5、これより議案の質疑に入ります。

 念のためでありますが、議案質疑は議案に関する質疑でありますので、その趣旨にのっとり発言願います。

 なお、質疑は同一議題について3回を超えることはできませんのでご承知おきください。

 議案第32号 佐久市特別職の職員等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第32号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第33号 佐久市特別参与設置条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第33号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第34号 佐久市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第34号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第35号 佐久市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第35号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第36号 佐久市保健福祉審議会条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

 17番、和嶋君。



◆17番(和嶋美和子君) 17番、和嶋美和子です。

 佐久市保健福祉審議会条例の制定について質問します。

 1点目として、この条例は少子高齢化の進展に伴い福祉を取り巻く社会情勢の変化に対応して、総合的かつ計画的な保健福祉施策を推進するために設置するということですが、総合的とは具体的にどういうことでしょうか。

 2点目として、これまで旧4市町村の保健福祉関係の審議会は幾つあって、委員は延べ何人だったのでしょうか。そして、今回統合して委員の数は何人になるのでしょうか。また、統合したことによってどのような効果があるでしょうか。

 3点目として、新しい形態での審議会では今後数々の市の重要な施策を審議していく場となり、これまで以上に市民の意見を幅広く反映させていく必要がありますが、この点はどのようにされますか。

 以上、3点お聞きします。



○議長(菊原初男君) 保健福祉部長、大森君。



◎保健福祉部長(大森拡君) 保健福祉審議会につきましてのご質問でございます。

 まず1点でありますけれども、総合的かつ計画的な保健福祉施策とあるが総合的とはどういう意味かというご質問でございます。

 現在は、福祉、保健、児童、高齢者、障害者のそれぞれの施策を横断的に検討し計画する組織にはなっておらないわけであります。それぞれ独立した形になっておりまして、それぞれ各部門を全体的に網羅して協議する形を保健福祉審議会で整えようとするものでございます。

 次に、旧4市町村の保健福祉関係の審議会は幾つあって、委員は延べ何人か、統合により何人になるかのご質問にお答えをいたします。

 旧4市町村におきましては、このような保健関係の審議会というものはございませんでした。一例でございますが、佐久市の例をとってお答えをさせていただきますけれども、旧佐久市でも審議会はありませんでしたが、それぞれの分野に委員会なり協議会等が設置をされておりました。例といたしまして、保健対策推進協議会やら児童館運営協議会、口腔歯科保健推進委員会、高齢者対策総合調整委員会等々、およそ延べ150人の方に委員をお願いをしておったところでございます。

 今回の保健福祉審議会委員は、提案しました条例の中では25名以内としておりますけれども、審議会の下に保健部会、障害者部会、児童福祉部会、高齢者部会を設置をいたしまして、その必要に応じまして部会のもとに専門委員会を設けるという内容でございます。

 効果といたしましては、今まで単発的でそれぞれ狭い範囲での協議から、保健福祉全体を見通す上で横断的な形のものの委員会をつくりたいと、こういうことでございます。

 続きまして、これまでより一層市民の意見を反映していく必要があるということでございますけれども、先ほど申し上げましたけれども、総合的に保健福祉審議会で審議をしていただくということにはなるわけであります。ただ、具体的な施策につきましては、関係の部会あるいは専門的な部会を組織をいたします。より専門的な事柄について必要に応じて専門委員会を設けるということでございまして、より市民の声を施策に反映していけるものということで提案をさせていただいたものでございます。

 以上でございます。



○議長(菊原初男君) 17番、和嶋君。



◆17番(和嶋美和子君) はい、わかりました。

 縦割り行政の中で部局の中を横断的に連携をとり合い、全体的に網羅するという意味だということでした。そういった形の審議会の形態には賛成します。審議会での活発な議論を期待していきたいと思います。

 また、審議はこのほかにもさまざまな審議会がありまして、合併によりかなりスリム化されていると思いますが、今後行政改革の一環としてさらに見直して、このような統合も検討していく必要があると思います。

 以上です。



○議長(菊原初男君) これをもって議案第36号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第37号 佐久市障害者支援施設条例の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第37号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第38号 障害者支援施設の指定管理者の指定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第38号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第39号 長野県市町村自治振興組合を組織する地方公共団体の数の増減についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第39号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第40号 佐久市の市章の制定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第40号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第41号 佐久市辺地に係る総合整備計画の策定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第41号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第42号 佐久市過疎地域に係る自立促進市町村計画の策定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第42号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第43号 市道の路線認定についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第43号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第44号 市道の路線変更についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第44号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第45号 平成17年度佐久市一般会計予算についての質疑を行います。

 まず、歳入の部について順次発言を許します。

 25番、小林君。



◆25番(小林松子君) 25番、小林松子です。

 29ページの市税の固定資産税ですけれども、旧佐久市の滞納繰り越し分は2億1,141万1,000円ということで、ほかの旧3町村に比べて大変多いわけですけれども、なぜこんなに多いのか質問いたします。



○議長(菊原初男君) 総務部長、神津君。



◎総務部長(神津良一郎君) それでは、税の未収金につきましてお答えを申し上げます。

 税の未収金につきましては、予算編成時の最終調定見込み額と決算見込み額等考慮しながら、合併に伴います旧市町村消滅の日までに収納のできない見込みのものを未収金としたものでございます。したがいまして、旧市町村のそれぞれの税の調定、それから収納の実績に基づきまして推計をさせていただいたものでございます。

 なお、未収金につきましては、あくまでも予算編成時点、今回の場合でいきますと2月中旬の暫定予算編成時点の見込みでございます。したがいまして、16年度末までに収納できないと見込まれている未収金の扱いしたものが、実際には16年度内に収納となるケースもあるわけでございます。このような場合におきましては、16年度予算に対する決算額は超過いたしますが、17年度の予算の一部である未収金の予算額に対しましてはその分が減となってくる、したがいまして、このような場合につきましては予算計上と実際の収入に乖離が出てくるわけでございますが、これらにつきましては今後の補正予算の中で対応してまいるものでございます。

 以上でございます。



◆25番(小林松子君) はい、ありがとうございました。



○議長(菊原初男君) よろしいですか。



◆25番(小林松子君) はい。



○議長(菊原初男君) これをもって、歳入の部の質疑を終結いたします。

 続いて、歳出の部に入ります。

 順次発言を許します。

 26番、井出君。



◆26番(井出節夫君) 3点ほどありますけれども、最初に予算書120ページ、民生費、老人福祉総務費の中で補助金があるわけですけれども、老人クラブ活動費補助金と佐久市敬老会補助金とこういう現金を補助しているわけですけれども、この補助対象の団体数及び構成員について質問いたします。

 2点目は、158ページに同じく民生費、人権同和対策費がありますけれども部落解放運動団体活動補助金3,400万円とありますけれども、これについて補助金の目的、補助対象の団体数及び構成員について質問いたします。

 3点目は、249ページ、土木費のうちの公園費、細目15の公園整備工事費の2億4,842万円、この工事費の内訳、予算説明書の方には昆虫体験学習施設というふうにありましたけれども、この施設についての総工事費及びその概要についてお願いします。

 以上、3点について質問させていただきます。



○議長(菊原初男君) 民生部長、鬼久保君。



◎民生部長(鬼久保長治君) 私からはご質問の2番目になりますが、3款民生費、6項1目の人権同和対策費の19節の中に計上してあります、部落解放運動団体活動補助金の3,400万円に対する補助金の目的についてお答えをさせていただきます。

 合併前の4市町村では人権問題の解消に向けての人権同和行政の推進を図ってまいりました。しかしながら、この地域におきましてもいまだ差別事象が発生している現状にございます。この補助金につきましては、同和地区住民の自立を支援し部落解放への意識の高揚を図り、部落差別を初めとするあらゆる差別の撤廃に向けた事業を推進していただくために、各種研修会や大会への参加、また青年部や女性部の学習会の開催等のための活動補助金でございます。平成16年度までにつきましても、各市町村議会において可決をいただき補助をしているものでございます。

 次に、佐久市における補助団体数についてでございますが、部落解放同盟佐久市協議会と全日本同和会佐久支部の2団体がございます。構成員につきましては、補助金交付申請時の添付書類によりますと部落解放同盟佐久市協議会が500世帯であり、全日本同和会佐久支部が61世帯となっております。

 以上でございます。



○議長(菊原初男君) 保健福祉部長、大森君。



◎保健福祉部長(大森拡君) 私からは、民生費のうち老人福祉費の老人福祉総務費のうちの老人クラブ活動費補助金、佐久市敬老会補助金についてお答えをいたします。

 まず、老人クラブ活動費補助金につきましては、単位老人クラブと老人クラブ連合会に対して補助するものでありまして、単位老人クラブにつきましては116クラブ、1万399人でございます。次に、佐久市敬老会補助金につきましては、各地区におきまして敬老会に運営実施する区または地区に対しまして70歳以上の者を対象に補助するものでございます。本年度70歳以上対象者は1万9,416人でございます。

 以上でございます。



○議長(菊原初男君) 建設部長、黒沢君。



◎建設部長(黒沢俊彦君) それでは、私からは、249ページ土木費公園費の平尾山公園整備事業費の中の15節、2億4,842万円の工事費の内訳とそれから昆虫体験学習施設の概要についてのご質問にお答えをさせていただきます。

 平尾山公園整備事業費は国土交通省の補助事業であります自然再生緑地整備事業を活用し、整備を行うとするものであります。

 15節工事請負費2億4,842万円の内訳につきましては、平尾山公園内の昆虫体験学習施設の建設に伴います工事費で、施設の建築本体工事、その他電気設備工事、機械設備工事及び既存設備改修工事等でございまして、国の補助率は2分の1となっております。

 次に、昆虫体験学習施設の概要についてお答えをさせていただきます。平尾山公園は旧佐久市の都市公園の総合公園と位置づけ、これまで合併前の旧佐久市議会の承認をいただき、その中でまた地元の皆様方と協議をしながら公園整備を進めてきたところでございます。そして、今回の昆虫にスポットを当てた事業化でございますけれども、平尾山の豊かな自然は国蝶のオオムラサキやカブトムシを多数生息させており、平尾山全体を昆虫と触れ合い自然観察ができる虫の牧場と位置づけ整備を図っております。

 整備計画といたしましては、大きく3つのテーマを持って整備を計画し進めております。1つとしましては、自然と昆虫を触れ合える場として昆虫の生息する森の整備、2つといたしまして、いつでも生きた昆虫と触れ合える昆虫育成施設の整備、3点として、昆虫の世界を知る体験学習施設の整備の3点でございます。この3つのテーマを有機的に結び、森、育成施設、体験学習施設のそれぞれで昆虫と触れ合えることを目的としております。

 この虫の牧場化整備計画は、平成16年度に国の補助事業認可を受け3カ年計画で整備を行っているものであります。こうした中で、平成16年度では昆虫が好む樹木のエノキ、クヌギ、ナラ類を植栽するとともに、子供たちが生きた昆虫を身近で観察できる、昆虫と触れ合えることができる施設として昆虫育成施設を整備してまいりました。この施設につきましては、来る7月7日土曜日オープンセレモニーを行う予定でございます。そして今年度は昆虫体験学習施設を整備するものでありますが、この施設は子供たちが昆虫に関する学習を室内で楽しみながらできる施設で、総合的な体験学習をする学びの場となる施設であります。昆虫の世界を知る体験を通して子供たちが自然の不思議さを楽しみながら学習ができ、その美しさや神秘を知る感受性豊かな人間に育つよう、環境づくりを行う場として整備を行ってまいります。

 建設場所は平尾山公園センターハウス東で調整池の堰堤の南の砂利の駐車場西側部分に建設を予定しております。構造は鉄骨づくり2階建てで規模は延べ床面積778平方メートル、1階面積が394平方メートル、2階が384平方メートルでセンターハウスからは橋で昆虫体験学習施設の2階へアクセスすることになります。施設内容は1階が標本制作体験室、飼育室、倉庫等、2階は子供たちの学習知識を養うための施設で紙コップ、画用紙、枯れ木、牛乳パックなどのものを使い昆虫を表現するクラフトコーナー、工作室ですけれども、あとは図書コーナー、調べ学習等の施設を計画しております。なお、体験学習施設内の基本コンセプトの中では保育所、小学校、中学校のご意見や提案を教育委員会の事務局等を通してお聞きし、生かしてきているところでございます。

 以上が概要でございます。以上です。



○議長(菊原初男君) 26番、井出君。



◆26番(井出節夫君) 26番。

 では、順次ちょっとお聞きしますけれども、最初の1番、2番の補助金の問題ですけれども、この補助金については新市では補助金の使用内容について報告は求めるのでしょうか。また監査はどなたがするのでしょうか。

 それと3番目のただいまの施設の件ですけれども、これは平成16年から佐久市として3カ年計画の事業ということですけれども、新市建設計画にはこうしたことは載っていなかったわけですけれども、その辺具体的に整合性はどうなっているんでしょうか。

 以上。



○議長(菊原初男君) 民生部長。



◎民生部長(鬼久保長治君) ご質問いただきました補助金に対します報告の関係でありますが、それぞれ実績報告等は求めて確認をしているところでございます。

 監査につきましては、監査事務局サイドのことになろうかと思いますけれども、担当部局とします実績報告に基づいての指導ですとか、そういうものについての取り組みはしてまいります。



○議長(菊原初男君) 建設部長、黒沢君。



◎建設部長(黒沢俊彦君) お答えいたします。

 平成16年からスタートしているということで、その中で3カ年事業計画で進めておりますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(菊原初男君) 26番、井出君。



◆26番(井出節夫君) 26番。

 最初の1と2については結構です。今の3番目のお答えについてはちょっとよくわからないんですけれども、合併協議中に新しい建設なりをする場合は協議会で協議するということが合併協議会の約束だったわけなんですけれども、私は合併協議会へのいろいろ傍聴もしてきましたけれども、聞き漏らしたかもしれませんけれども、そういう2億円を超えるような施設の建設については一度も聞いたことがないですけれども、ちょっとお聞きしたいと。

 それと完成後は、管理運営は教育委員会が担当するのでしょうか。

 その2点、ちょっとお願いします。



○議長(菊原初男君) 企画部長、青柳君。



◎企画部長(青柳哲君) ただいまの平尾山の関係でございますけれども、新市建設計画の大きな5点目の中に、水と緑きらめく自然と共に生きる快適環境の創出という項目がございまして、その2番目に自然とともに暮らす町の整備という項目がございます。そして、その具体的な施策の中に公園緑地の整備という項目がございまして、この中で新市建設計画そのものが総論といいますか、ほぼ具体的に質問等にもお答えしてきたところですけれども、全体の中で枠組みをとってございますから、ほぼ具体的には計上されておりませんけれども、この中に入っているということでございます。



○議長(菊原初男君) 建設部長、黒沢君。



◎建設部長(黒沢俊彦君) 管理の面につきましてご答弁を申し上げます。

 この施設整備後につきましては、公園の施設として都市計画課の公園係の方で整備をしてまいります。ただ、この公園の実際の管理につきましては、今後、指定管理者制度等を検討してまいります。

 以上です。



○議長(菊原初男君) ほかにありませんか。

 23番、川村君。



◆23番(川村喜重郎君) 23番、川村。

 委員会付託で審査するので個別的な質疑はどうかと思いますが、議案の説明がなかったのと調査研究ができなかったので、質疑というか説明を求めるような内容になるかと思いますが、議長の許可をいただきちょっとお尋ねしたいと思いますが、123ページ、3款民生費、老人福祉給付費でございますが、高齢者に対し敬老の意を表しその長寿を祝福するために給付金、祝い品を贈るものと思いますが、この対象者、支給金額についてお尋ねしたいと思います。また、敬老祝品はどんなものを考えているかお尋ねいたします。

 次に、198ページでございますが、6款農林水産業費のライスセンター施設整備費補助金でございますが、この事業主体はどこで、また総事業費は幾らになっているのかお尋ねいたします。

 それから208ページ、これも農林水産業費でございますが、この単独事業の工事請負費でございますが、負担の公平の原則から応分の受益者負担金は理解できるところでございますが、旧臼田町においては受益者負担、今までいただいていなかったもので、もしも臼田支所管内の工事場所に受益負担を求めるような箇所があるのかお尋ねいたします。

 それから220ページ、7款商工費でございますが、まちづくり交付金中心市街地活性化事業の関係であるかと思いますが、公有財産購入費について城山公園北市営駐車場ですが、この取得面積と取得単価は幾らになるかお尋ねいたしますが、以上であります。



○議長(菊原初男君) 保健福祉部長、大森君。



◎保健福祉部長(大森拡君) 私からは、123ページの民生費、老人福祉費、老人福祉給付費の関係の敬老給付金と敬老祝品の関係につきましてお答えをしてまいります。

 まず、敬老給付金の対象者でございますけれども、当該年度の4月1日から高齢者の祝賀行事の開始日まで引き続き佐久市に居住する者で、同年度の3月31日における年齢が88歳の者及び100歳以上の者でございます。今年度は88歳は大正6年4月1日から大正7年3月31日に生まれた方でございます。100歳以上は明治39年3月31日以前に生まれた方が対象となりまして、予算計上時点での88歳対象者は506人でございます。また、100歳以上は22人でございまして、計528人が対象でございます。

 なお、それぞれの敬老給付金につきましては、88歳の方が1万円でございます。100歳以上の方は5万円を給付することになっております。

 次に、敬老祝品についてのご質問でございますが、対象者につきましては敬老給付金の対象者と同数でございます。また、敬老祝品は何かとのご質問でございますけれども、これにつきましては現在検討を行っているところでございます。

 以上でございます。



○議長(菊原初男君) 経済部長、井出君。



◎経済部長(井出充君) それでは、川村議員のご質問にお答えいたします。

 198ページ、ライスセンターの補助金、どこの団体へ、また総事業費は幾らだというお尋ねでございますが、事業主体は佐久浅間農業協同組合です。総事業費は3億5,879万1,000円です。市におきましては佐久市農業振興事業補助金交付要綱に基づきまして、この事業主体であります佐久浅間農業協同組合に補助をするものでございます。概要といたしましては内山、平賀地区の米の収穫に対応しておりました。そして昭和52年に建設されております平賀ライスセンターが老朽化のため平賀の北耕地地籍に新たに整備されます。なお1日当たり、従来400俵の処理能力が今度の整備によりまして700俵に向上するほか、利用する区域が内山、平賀地区のほかに東地区、中込地区の一部に拡大されます。

 次に、農林土木工事に関する今年度受益者負担金の生じる工事箇所等でございますけれども、現在区の要望箇所の現地調査、それから、その取りまとめをしているところでありまして、これから実施箇所を決定していくところであります。したがいまして、工事箇所を今特定することはできません。なお、工事に関します受益者負担につきましては、基本的に佐久市土地改良事業等分担金条例に基づき分担金を負担していただくこととなります。

 次に、ことしから突然受益者負担がかかるということで工事ができなくなるおそれがということでございますが、これにつきましては、ことしの4月に各区長さんに要望書の提出をお願いしました際に、依頼文書の中で農林土木事業については受益者負担が伴うことを受益者の皆さんと十分協議をしていただいて、それで要望してくださいと、こういうふうに各区長さんにそれぞれお願いしてございます。それから、また現地調査の際にも受益者負担について区長さん初め、関係する皆さんにご理解いただけるように説明をしておりますので、そのようなことでご理解をいただきたいと思います。

 続きまして商工費、220ページ、公有財産購入費の購入面積、それから購入坪単価についてでございますが、商工費の公有財産購入費は5,481万円でこれは野沢の城山公園北市営駐車場用地を佐久市の土地開発公社より取得するものでございます。用地の面積は1,254.25平方メートル、これを坪換算いたしますと379.41坪となります。また、取得単価でございますけれども、1平方メートル当たり4万3,700円、これを坪単価に換算いたしますと坪当たり14万4,461円を予定しております。駐車場の概要でございますけれども、普通車23台、軽自動車3台、身体障害者用車両1台、そして大型バス2台の合計29台の駐車が可能となっております。

 なお、この事業につきましては、野沢地区におきまして城山公園成田山参道及びぴんころ地蔵を核としました周辺商店街の利用客の駐車場を確保し、中心市街地の駐車場不足を解消するためのものであります。

 以上でございます。



○議長(菊原初男君) ここで建設部長の訂正がございますので、ちょっとお願いします。



◎建設部長(黒沢俊彦君) すみません、貴重なお時間。

 先ほど、井出節夫議員さんの昆虫体験学習施設の概要の中で、昆虫育成施設のオープンセレモニーを7月7日と申し上げましたが、7月2日土曜日の誤りでございました。おわびして、訂正させていただきます。すみません、ありがとうございました。



○議長(菊原初男君) ほかにありませんか。

 24番、相沢君。



◆24番(相沢昭子君) 24番、相沢昭子です。

 一般会計予算書の187ページの衛生費です。この真ん中辺にありますが、一般廃棄物中間処理施設整備事業費として委託料250万円が盛られておりますが、これが中間処理施設の建設であれば、1つとして広域計画として入っているか、2つとして処理施設の規模と焼却方法、建設費の予定額はどのぐらいか伺います。



○議長(菊原初男君) 民生部長、鬼久保君。



◎民生部長(鬼久保長治君) 相沢議員よりご質問をいただきました4款衛生費中、187ページに計上してございます一般廃棄物中間処理施設整備事業費の中の中間処理施設整備計画等委託料の250万円の内容について、お答えをいたします。

 この予算につきましては、佐久市の一般廃棄物の排出量等の実績に基づき将来の一般廃棄物の発生量を予測し一般廃棄物処理の適正を期すものでございまして、合併時の4市町村が独自に定めていました計画を事務事業のすり合わせ結果に基づき新市としての計画に修正するものでございます。したがいまして、質問の中の広域化の計画、あるいは処理施設の建設及び規模等に直接かかわるものではございません。

 いわば、今後佐久市として必要となる処理施設の規模等を算出するための基礎資料を把握していくという調査の目的でございます。

 以上でございます。



○議長(菊原初男君) 24番、相沢君。



◆24番(相沢昭子君) はい、わかりました。



○議長(菊原初男君) ほかにございませんか。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第45号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第46号 平成17年度佐久市国民健康保険特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第46号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第47号 平成17年度佐久市介護保険特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

 26番、井出君。



◆26番(井出節夫君) 26番。

 通告してあったんですけれども、この介護保険料について今までそれぞれまだ見直しの年度はないけれども、合併したものでたまたま17年度から新しい保険料になったというふうに思いますけれども、ここにも書いてありますように保険料の算定式について質問したんですけれども、いろいろ数字そこで並べていただいてもあれなもんで、できれば書類を出してほしいですけれども、どうでしょうか。



○議長(菊原初男君) 保健福祉部長、大森君。



◎保健福祉部長(大森拡君) 介護保険の特別会計の関係で現年度分の保険料の算定式ということで、これはご質問をいただいておったわけであります。この算定に当たりましては、いろいろな組み合わせの形がございます。その中でお答えをさせていただくというふうに思っているわけでございます。それで、給付費に伴いましてそれぞれ受益者の負担があるわけでございます。国庫の補助金等々の関係もございまして、それらの中から現年課税分を特別徴収と普通徴収に分けまして、算定をしてそれぞれ月額の保険料算定をさせていただいた中で積み上げをさせてきているわけでございまして、これはまた委員会のところでも詳しくは申し上げてまいりたいというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(菊原初男君) 26番、井出君。



◆26番(井出節夫君) それはまた細かい資料は委員会の方でお願いしたいと思いますけれども、18年度についてはまた新たに見直しして、それ以後3年間というふうに、一応今までのパターンでいくとなるんですけれども、18年にまた再度値上げをする予定ですか。



○議長(菊原初男君) 保健福祉部長、大森君。



◎保健福祉部長(大森拡君) お答えをいたします。

 17年度につきましては合併に伴いまして、算定がえをさせていただいたわけでございます。18年度からは第3期の関係でございます。これは新たに、先般介護保険の改正も国会でなされたわけでございまして、それらの形を総合的に踏まえました中で介護保険料等を算定をしてまいるところでございます。

 以上でございます。



◆26番(井出節夫君) 終わります。



○議長(菊原初男君) これをもって議案第47号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第48号 平成17年度佐久市臼田啓明園特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第48号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第49号 平成17年度佐久市臼田学園特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第49号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第50号 平成17年度佐久市特別養護老人ホーム複合型施設特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第50号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第51号 平成17年度佐久市老人保健医療特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第51号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第52号 平成17年度佐久市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第52号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第53号 平成17年度佐久市営バス事業特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第53号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第54号 平成17年度佐久市介護老人保健施設特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第54号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第55号 平成17年度佐久市臼田保養センター特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって、議案第55号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第56号 平成17年度佐久市浅科温泉施設特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第56号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第57号 平成17年度佐久市浅科道の駅施設特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第57号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第58号 平成17年度佐久市特定環境保全公共下水道事業特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第58号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第59号 平成17年度佐久市農業集落排水事業特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第59号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第60号 平成17年度佐久市生活排水処理事業特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第60号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第61号 平成17年度佐久市奨学資金特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第61号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第62号 平成17年度佐久市茂田井財産区特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第62号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第63号 平成17年度佐久市国保浅間総合病院事業特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第63号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第64号 平成17年度佐久市望月水道事業特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって議案第64号の質疑を終結いたします。

 次に、議案第65号 平成17年度佐久市公共下水道事業特別会計予算についての質疑を行います。

 順次発言を許します。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) これをもって、議案第65号の質疑を終結します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案委員会付託



○議長(菊原初男君) 日程第6、議案の委員会付託を行います。

 付託委員会につきましては、議会運営委員会でご協議願っておりますので、議案付託表のとおり付託したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案付託表のとおり所管常任委員会に付託することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 陳情委員会付託



○議長(菊原初男君) 日程第7、陳情の委員会付託を行います。

 付託委員会につきましては、議会運営委員会でご協議願っておりますので、陳情文書表のとおり付託したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) ご異議なしと認めます。

 よって、陳情文書表のとおり所管常任委員会に付託することに決しました。

 なお、要望1件が提出されておりますので、所管常任委員会に送付いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議会選出各種委員の選出



○議長(菊原初男君) 日程第8、議会選出各種委員の選出を行います。

 お諮りします。

 本件につきましては、議長において指名いたします。

 これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) ご異議なしと認めます。

 よって、直ちに指名いたします。

 これより事務局長から氏名を朗読させます。



◎議会事務局長(植松守君) 

 佐久市民生委員推薦会委員に

    有坂 章議員  並木茂徳議員

 以上2名。

 佐久市都市計画審議会委員に

    中條寿一議員  花岡 茂議員

 以上2名。

 以上であります。



○議長(菊原初男君) ただいま事務局長から朗読がありました諸君をそれぞれの議会選出各種委員に指名いたします。

 お諮りします。

 ただいま指名いたしました諸君をそれぞれの議会選出各種委員に選出することに、ご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(菊原初男君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君がそれぞれの議会選出各種委員に選出されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△次会日程の報告



○議長(菊原初男君) 以上をもって、本日の日程は終了いたしました。

 本会議は、明25日から30日までは委員会審査等のため休会し、7月1日午前10時再開の上、委員会の審査報告を行います。

 委員会審査につきましては、配付してあります日程表のとおりそれぞれ開催し、審査を行うことになっておりますので、ご承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(菊原初男君) 本日はこれをもって散会といたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午前10時57分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

   佐久市議会議長   菊原初男

   佐久市議会議員   高柳誠人

   佐久市議会議員   高村欣一