議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 茅野市

平成20年  9月 定例会 09月02日−01号




平成20年  9月 定例会 − 09月02日−01号









平成20年  9月 定例会



              平成20年9月

            伊那市議会定例会会議録

               (5−1)

1.開会  平成20年9月2日(火曜日)午前10時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2.出席議員の氏名(26名)

          1番     竹中則子

          2番     中山彰博

          3番     平岩國幸

          4番     飯島 進

          5番     新井良二

          6番     飯島光豊

          7番     春日晋治

          8番     黒河内 浩

          9番     小平恒夫

         10番     柴 満喜夫

         11番     前澤啓子

         12番     伊藤明由

         13番     野々田高芳

         14番     中村威夫

         15番     前田久子

         16番     柳川広美

         17番     矢野隆良

         18番     飯島尚幸

         19番     佐藤八十一

         20番     伊藤泰雄

         21番     小林 信

         22番     馬場秀則

         23番     北原幸彦

         24番     下島省吾

         25番     三澤岩視

         26番     原  浩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  欠席議員の氏名

                   なし

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3.説明のため出席した者の職氏名

       市長          小坂樫男

       副市長         酒井 茂

       副市長         白鳥 孝

       教育長         北原 明

       教育委員長       松田泰俊

       代表監査委員      井上富男

       総務部長        林 俊宏

       市民生活部長      沖村直志

       保健福祉部長      伊藤 健

       産業振興部長      唐木好美

       建設部長        守屋和俊

       水道部長        木下博司

       教育次長        竹松武登

       会計管理者       村田隆男

       高遠町総合支所長    伊藤俊規

       長谷総合支所長     中山晶計

       総務課長        池上 忍

       秘書広報課長      田中博文

       財政課長        原 秀夫

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

4.職務のため出席した事務局職員

       局長          斎藤秀夫

       次長          有賀賢治

       議事調査係長      飯島 浩

       主査          伊藤美千代

       主任          橋爪茂登

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5.議事日程

   日程第1 会議録署名議員の指名について

   日程第2 会期の決定について

   日程第3 議案第1号 専決処分の承認を求めることについて

   日程第4 議案第2号 専決処分の承認を求めることについて

   日程第5 議案第3号 財産(建物)の譲与について

   日程第6 議案第4号 伊那市土地開発公社定款の変更について

   日程第7 議案第5号 市道路線の認定について

        議案第6号 市道路線の認定及び変更について

        議案第7号 市道路線の廃止及び変更について

   日程第8 議案第8号 伊那市職員の分限に関する条例等の一部を改正する条例

        議案第9号 伊那市特別職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例

        議案第10号 伊那市積立基金条例の一部を改正する条例

   日程第9 議案第11号 伊那市住民基本台帳カード利用条例の一部を改正する条例

   日程第10 議案第12号 伊那市営駐車場条例の一部を改正する条例

         議案第13号 伊那市営住宅条例の一部を改正する条例

   日程第11 議案第14号 伊那市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例

   日程第12 議案第15号 伊那市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例

   日程第13 議案第16号 平成19年度伊那市一般会計歳入歳出決算認定について

         議案第17号 平成19年度伊那市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について

         議案第18号 平成19年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計歳入歳出決算認定について

         議案第19号 平成19年度伊那市老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定について

         議案第20号 平成19年度伊那市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について

         議案第21号 平成19年度伊那市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算認定について

         議案第22号 平成19年度伊那市営駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定について

         議案第23号 平成19年度伊那市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について

         議案第24号 平成19年度伊那市水道事業会計決算認定について

         議案第25号 平成19年度伊那市下水道事業会計決算認定について

         議案第26号 平成19年度伊那市自動車運送事業会計決算認定について

   日程第14 議案第27号 平成20年度伊那市一般会計第3回補正予算について

         議案第28号 平成20年度伊那市介護保険特別会計第2回補正予算について

         議案第29号 平成20年度伊那市営駐車場事業特別会計第1回補正予算について

   日程第15 請願・陳情について

   日程第16 議案第30号 専決処分の承認を認めることについて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時00分



○議長(中村威夫君) おはようございます。今の地球環境は異常事態が多発しておりまして、温暖化による猛暑や大雨となるメカニズムはわかっておりましても、どこで局地的な豪雨となることは予測できないと、こう言われますゲリラ豪雨がことしは全国各地で大きな被害をもたらしてまいりました。幸いにも、伊那市におきましては大きな被害は発生しておりませんが、台風シーズンを迎えるに当たりまして、市民の皆さんと安心・安全なまちを実現するため、意識の高揚と対策を進めることが喫緊の課題と考えております。

 また異常事態は地球環境のみならず、国政におきましても昨年9月に緊急登板をしました福田首相が昨夜突然の辞任表明をされましたが、政治の空白は許されず、国民の信頼を得られる政治の確立を願ってやまないものであります。

 処暑が過ぎ、少し過ごしやすくなってまいりましたが、まだまだ残暑が厳しく、こうした日が続くと思われますので、議員の皆さん方におかれましてはくれぐれも御自愛の上、御活躍くださいますよう御期待を申し上げます。

 なおマイクシステムにつきましては、さきの議会運営委員会での協議をいただいたところでございますが、6月定例議会同様、今9月定例議会も引き続きワイヤレスマイクの対応とさせていただきますが、議員の皆さん方の御理解と御協力をよろしくお願い申し上げます。

 開会に先立ちまして、長野県市議会議長会から下島省吾議員が前伊那市議会議長としての表彰を受け、表彰状と記念品をいただいてまいりましたので、ここで伝達をさせていただきたいと思います。表彰を受けられます下島議員は、演壇の前までお進みいただきたいと思います。なお引き続き演壇にてごあいさつをいただきたいと思います。

 表彰状。下島省吾様。あなたは伊那市議会議長として市政の振興と発展に尽力され、この功績はまことに顕著であります。よって、第140回定期総会に当たり、本会表彰規定により記念品を贈り、表彰いたします。平成20年7月17日。長野県市議会議長会会長、岡田荘史。代読。おめでとうございました。

     (拍手)

     (24番 下島省吾君登壇)



◆24番(下島省吾君) ただいまは議長から貴重な時間をいただきましたので、一言お礼のごあいさつを申し上げます。

 県の議長会から表彰をいただきました。私にとってはこの上もない光栄と思っております。

 さて、この表彰も議員各位、理事者、職員の皆さん、また市民の皆さんの心温まる御支援、御協力のたまものであり、心から感謝とお礼を申し上げる次第でございます。これからはこの表彰を糧に、微力ではありますが、伊那市政発展のために努めてまいりたいと思いますので、今後ともよろしく御指導のほどお願い申し上げて、簡単ではございますが、お礼のごあいさつといたします。本当にありがとうございました。

     (拍手)



○議長(中村威夫君) 続きまして、原浩議員が前伊那市議会副議長としての表彰を受け、表彰状と記念品をいただいてまいりましたので、ここで伝達をいたしたいと思います。表彰を受けられました原浩議員は演壇の前までお進みいただき、受賞の後、演壇にてごあいさつをいただきたいと思います。

 表彰状。原浩様。あなたは伊那市議会副議長として市政の振興と発展に尽力され、この功績はまことに顕著であります。よって、第140回定期総会に当たり、本会表彰規定により記念品を贈り、表彰します。平成20年7月17日。長野県市議会議長会会長、岡田荘史。代読。おめでとうございました。

     (拍手)

     (26番 原  浩君登壇)



◆26番(原浩君) このたびの県議長会の表彰、受賞、心から感謝申し上げたい、こんなふうに思います。

 県下19市の中で正副議長経験者は、退任後表彰されるという規定がございます。その規定に倣って不肖私もいただいたわけでありますが、この間、議員各位には御協力をいただいて、つつがなく副議長職を全うできたこと感謝にたえない次第であります。これを契機といたしまして、また残す任期中精いっぱい議会議員としての活動を続けてまいりたいと、こんな思いでいっぱいであります。本日は大変にありがとうございました。

     (拍手)



○議長(中村威夫君) ただいまから平成20年9月伊那市議会定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お配りしてあります議事日程表によって進めてまいります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。本日の会議録署名議員は、3番、平岩國幸議員、4番、飯島進議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から9月24日までの23日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、会期は23日間と決定いたしました。

 次に会期中の日程でございますが、お手元にお配りしてあります日程表によって進めてまいりたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、日程表のとおり進めてまいります。

 ここで市長からごあいさつをお願いいたします。

 小坂市長。

     (市長 小坂樫男君登壇)



◎市長(小坂樫男君) 平成20年9月市議会定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 昨夜福田首相が退陣の記者会見を行いました。突然の予期しない発表に大変驚いております。安倍政権といい、今回の福田首相の退陣といい、1年足らずの間に一国の政権が2度もかわるという前代未聞の出来事は、我々日本国民にとってまことに不幸な出来事といっていいでしょう。福田内閣発足以来、参議院の与野党逆転の中で思うような政策の実行ができなかった福田内閣の無念さを思うにつけても、一刻も早く政治の安定が求められます。国会のたびに繰り返される政争はいいかげんにして、真の国民のための国会に戻っていただきたいと思うのは私ばかりでしょうか。

 今、国民的課題は山積みであります。物価高に悩む国民、石油製品や資材の高騰に経営の先行きが見えない製造業や中小企業、一刻の政治的空白も許されない日本の実情です。後継内閣が早急に発足し、国民的課題を与野党挙げて解決されんことを切望する次第であります。

 さて、ことしは早くから暑い日が続き、全国各地で梅雨明け前から最高気温が30度を超える真夏日を記録し、伊那市でも7月中の真夏日が20日を数え、全国的にはエアコンの売上が伸びたようであります。一方、梅雨前線の活動が弱く、関東甲信越地方の梅雨明けも平年より早くなりました。伊那市の7月の降水量は平年に比べ3分の1でありましたが、深刻な渇水被害もなく、比較的平穏な夏でございました。

 8月に入ってからも18日間連続の真夏日となり、寝苦しい夜が続きましたが、お盆を過ぎてからは朝晩大変涼しく過ごしやすくなりました。晴天が続いたことからことしは豊作が期待できますが、台風の季節を控え、災害が出ないことを願っているところでございます。

 昨日は防災の日でございました。伊那市は昭和54年に東海地震の地震防災対策強化地域に指定され、これまで各種の防災対策に取り組んでまいりましたが、本年も8月31日に合併後初めて高遠地区を主会場として、地震総合防災訓練を実施する予定でございましたが、前日からの大雨のため、高遠総合運動場は全面的に浸水し、準備や予定した訓練に支障が出ることに加え、参加する住民の安全確保の観点から、地元役員等と検討の上、残念ながら中止を決定したところでございます。

 当日は早朝、市内85会場におきまして、自主防災会による防災訓練が約5,000人の参加者で実施され、伝達訓練並びに消火訓練などが行われました。今後におきましても早急かつ計画的に小中学校の耐震化等を初め防災対策に万全を期してまいりたいと考えております。

 広域連合の新中間ごみ処理施設の用地につきましては、7月5日から地元区、隣接区並びに関係区との懇談会を広域連合と共同で開催し、あわせて学習会も開催をいたしたところでございます。地域の皆さんからは施設の安全性を心配する意見が多く寄せられておりますので、今後は先進地視察や学習会を積極的に開催していきたいと考えております。また地元区等につきましては、意見交換を重ねるとともに、環境アセスメントの実施に向けて合意形成を図るべく努力を重ねてまいりたいと考えております。

 8月2日、3日は第36回伊那まつりが開催をされました。1日目の市民踊りには81の踊り連に6,500人の参加があり、2日目の花火大会も含めて主催者の発表で8万3,000人の人出がございました。天候にも恵まれてすばらしいお祭りになりました。市議会議員の皆さんを初め関係の皆さんの御協力に対しまして、心からお礼を申し上げたいと思います。

 また「ひとつ世界、ひとつの夢」を大会のスローガンといたしまして、8月8日から24日まで、第29回の夏季オリンピックが中華人民共和国で開催をされました。競泳平泳ぎの北島選手や女子ソフトボールチームなどの大健闘が印象的でございましたが、選手の皆さんが目標に向かってひたむきに努力する姿に改めて感動を覚えたものでございます。

 ここで6月定例会以降の主な事業の状況につきまして、御報告申し上げます。総務部関係でございますが、8月28日から29日にかけまして、長野県の市長会の総会が村井知事に出席をいただきまして中野市で開かれました。医師不足の問題や自治体病院への支援、新型インフルエンザ対策などについて深く議論をすることができました。また昨日は伊那市総合防災訓練本部訓練を多目的ホールで行い、天竜川上流河川事務所が中心に開発が進められております防災GISを今回の訓練に取り入れ、ロールプレーイング方式による訓練とともに、地震発生を想定した避難、消火訓練もあわせて実施し、職員の危機管理能力の向上を図ったところでございます。

 次に市民生活部関係でございますが、平成18年度より上新山の皆さんと協働して進めてまいりましたハッチョウトンボの生息地、トンボの楽園につきまして7月13日にハッチョウトンボの観察会が開催され、多くの方に訪れていただきました。

 7月21日に川シンポジウムのせせらぎウオッチングを開催いたしました。本年は天候にも恵まれ、参加された皆さんには川に関心を持ち、川を美しくすることの大切さを感じていただけたと思います。

 また長野県で初めての全国トイレシンポジウムを11月7日、8日の2日間にわたり伊那市で開催をする予定でございますが、第1回の実行委員会を8月21日に開催し、企画案を承認いただきましたので、開催に向けて準備を進めてまいります。

 保健福祉部関係でございますが、7月25日には東西春近地区に続きまして、手良地区でも高齢者の通院を支援するためのボランティア移送を開始いたしました。また7月26日には、美篶保育園の安全祈願祭、起工式がとり行われ、小学校やお年寄りとの交流に視点を置いた新しい保育園の建設がいよいよ始まりました。

 産科医不足のため、この4月から伊那中央病院に産科医を集約し、上伊那の病院、診療所、助産所が連携して対応をいたしておるのは御承知のとおりでございますが、伊那中央病院では毎月100名程度の地区内のお産を取り扱いましたが、大変多忙な状況であり、今のところ里帰り出産を受け入れる余地がないのが実情であります。そうした際、権兵衛トンネルの開通により利用可能となった県立木曽病院での里帰り出産も既に2名の方を受け入れていただきました。まだかなり余裕があり、伊那から車で30分から40分で行けるということでございますので、里帰り出産を希望される方はぜひ御利用をいただきたいと考えております。

 また、6月補正でお認めをいただきました助産所整備支援事業補助金につきましては、これまで1件の申請がございました。もう2件については、申請準備中であり、9月にはお産を取り扱える助産所が伊那市内で3施設となります。自然分娩や里帰り出産を希望される方、また産後のケアを希望される方の利用について期待をいたしておるところでございます。

 次に産業振興部の関係でございます。去る8月7日から9日にかけまして、環境省南信森林管理署と南アルプス食害対策協議会の主催によりまして、ニホンジカから高山植物を守るための防護柵設置のボランティア活動が行われました。私も同行をいたしましたが、原生林の足元を飾るはずの多くの高山植物がシカのえじきとなり、かつて高山植物の宝庫と呼ばれたお花畑は見るも無惨な状況でありました。今回の山行き中にも山頂直下の小仙丈カール付近に十数頭のシカの群れを確認し、ニホンジカの行動範囲の広さを再認識いたしたところでございます。いずれにしても適正な生息数確保に向けた個体数の調整が不可欠であり、広域的な捕獲態勢確保が必要でございますので、今後は国や県へ積極的に要望しながら、対策強化を図ってまいりたいと考えております。

 ますみヶ丘の平地林で夏休みを利用した森林体験と環境学習を行い、新宿区の小学5、6年生を中心に約550人が参加し、貴重な自然体験ができたと喜んでおりました。また雑穀の振興でございますが、9月19、20日に「雑穀プロジェクト・イン・伊那」と題しまして、雑穀エキスパートの王理恵さんの講演会も計画をいたしておりますので、ぜひ御参加をいただきたいと思います。

 中野ブロードウェイのキャンペーンが進められておりますが、7月23、24日には中野区を中心に、子供たち30名が伊那市を訪れました。また9月29日から10月2日にかけまして、約120名の方が伊那市を訪れる予定となっております。

 産業立地につきましては、市外のメディカルリブ株式会社が大萱団地の適地へ、市内の株式会社中野屋ステンレスが鳥居沢工業団地へ立地することになり、先月工場立地の覚書を締結いたしました。来年3月までに造成を完了し、用地を提供する予定でございます。今後も積極的に産業立地を進めてまいりたいと考えております。

 次に建設部関係でございますが、戸草ダム関係につきまして6月16日、天竜川流域委員会で発表された天竜川河川整備計画、素案でございますが、で戸草ダム見送りが発表されて以来、地域住民の意見を聞くための河川懇談会などが開催され、参加された皆さんからは天竜川上流域の治水の面から、戸草ダムは必要であり、ダム見送りに反対する意見が多数出されました。伊那市として国土交通省並びに財務省に対し要望活動を行い、村井長野県知事へも市議会並びに戸草ダム対策委員会と合同で要望活動を行ってまいりました。その結果、天竜川河川整備計画原案では、具体策が示されないものの、美和ダム上流域の土砂対策、河床安定化対策等を実施する美和ダム上流の防災対策が加えられましたが、依然として地元からは戸草ダム建設を求める強い意見を聞いております。今後の整備計画策定のスケジュールの中で、県知事が地元市長から意見を聴取すると聞いておりますので、伊那市議会と一丸となって県知事への要望活動を行うなど、強力な働きかけを行いながら対応を進めてまいりたいと考えております。

 また西箕輪地区におきまして、長野県初の景観育成特定地区に7月17日に指定がされました。これは西箕輪地区の皆さんが、みずから自分たちのふるさとの美しい景観を守るため、平成18年から取り組み、およそ2年をかけて景観育成方針を取りまとめ、県へ提出し、指定をされたものであります。

 水道部関係でございますが、上水道につきましては、この夏の連日の猛暑にもかかわらず美和ダムを中心とした伊那市の水源は水不足とはならず、安定した給水を実施いたしております。

 下水道事業につきましては平成19年度から企業会計化し、事業を進めているところでございます。厳しい財政状況の中でございますので、より効率的な整備方法を検討しながら、経営健全化につながるように努めてまいりたいと考えております。

 消防関係でございますが、現在、広域消防計画を策定するため広域連合長や消防組合長が中心となり、消防広域化協議会設立準備会を設置し、検討を進めております。広域化については課題も多く、今後慎重に協議を進めていかなければならないと考えております。

 次に教育関係でございます。7月19、20日に元プロ野球選手で組織する名球会OBクラブから24名の往年の名選手を迎え、ドリームベースボールを開催し、指導者クリニック、野球教室、親善試合などに約3,000名の参加をいただきました。

 また8月12日に春の高校伊那駅伝実行委員会総会を開催し、環状北線の開通に伴い男子コースの一部見直しを行い、折り返し点を高遠町の商店街まで延伸し、さらなる大会の充実を図りたいと考えております。

 8月15日、終戦記念日には旧伊那市地域の成人式を開催し、799名の新成人をお祝いいたしました。また旧上伊那図書館の再生事業につきましては、現在、実施設計中でございまして、今議会に事業費の補正予算をお願いいたしたところでございますが、この後全員協議会でも説明をさせていただきたいと思います。

 以上、6月定例会以降の主な出来事を御報告させていただきました。

 本定例会に提出いたします議案は、専決処分の承認を求める報告案件が3件、一般案件が5件、条例案件が8件、決算案件が11件、予算案件が3件の合計30件でございます。詳細につきましては担当部長から御説明を申し上げますので、よろしく御審議をいただき、御議決を賜りますようお願いを申し上げましてあいさつとさせていただきます。よろしくお願いを申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号 専決処分の承認を求めることについて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第3、議案第1号「専決処分の承認を求めることについて」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 守屋建設部長。

     (建設部長 守屋和俊君登壇)



◎建設部長(守屋和俊君) 議案書の1ページをお願いいたします。議案第1号、専決処分の承認を求めることについて御説明をいたします。この議案は、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をしたもので、これを御報告し、御承認をいただきたいというものでございます。

 おめくりいただき、2ページが専決処分書であります。市道上中尾線橋梁中尾橋架替工事請負契約の一部を変更する契約を締結したことによりまして、専決8号として平成20年7月22日付で専決処分をしたものでございます。

 専決処分の理由でございますが、取りつけ等の関係で一部増工となったことに伴いまして、変更契約の必要が生じましたが、安全確保のため早期の工事完了が求められる中、伊那市議会を開催する時間的余裕がありませんでしたので、専決処分とさせていただいたものでございます。

 変更内容でございますが、本工事は昨年10月31日ピーシー橋梁株式会社・南重建設株式会社特定建設工事共同企業体と契約締結をしまして、19年度、20年度の継続費で工事を進めてきましたが、今回橋梁の国道等への取りつけの関係などでの増工によりまして、請負金額を600万6,000円増額し、変更後の請負金額を1億7,820万6,000円とする変更契約を締結させていただきました。

 なお本年7月末に中尾橋の開通式を行いましたが、この開通式は事業の進行する前に地元の要望に沿う形で行ったもので、開通後も工事は進めてきたものであります。

 以上でございます。よろしく御審議いただき、御承認くださいますようお願いをいたします。



○議長(中村威夫君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第1号は、経済建設委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第2号 専決処分の承認を求めることについて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第4、議案第2号「専決処分の承認を求めることについて」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 林総務部長。

     (総務部長 林俊宏君登壇)



◎総務部長(林俊宏君) それでは議案書の3ページをお願いいたします。議案第2号の専決処分の承認を求めることについて御説明をいたします。この議案は地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして、専決処分といたしたものであります。これを報告し、御承認をいただきたいというものであります。

 専決処分の内容が4ページにございますので、4ページをお願いいたします。4ページの専決処分書であります。専決処分の内容は字の区域及び名称の変更で専決第9号として、平成20年8月11日付で専決処分をさせていただいたものであります。専決処分の理由でありますが、6月議会で字の区域及び名称の変更について議決をいただき、8月4日から住所表示の変更を行いましたが、変更後の住所表示の一部に不都合が生じたため、関係する方々の日常生活への影響が生じないよう字の区域及び名称の変更を8月11日付で行ったもので、議会を開会するいとまがございませんでしたので、専決処分とさせていただいたものであります。

 変更の内容について御説明いたしますので、おめくりをいただき5ページをお願いいたします。字の区域及び名称を変更いたしましたものは、ごらんの5件でございますが、1の御園に変更する区域、2の山寺に変更する区域、3の荒井に変更する区域及び5の上新田に変更する区域は、字界線の錯誤によるもので、4の伊那に変更する区域は土地の所在を確認できないため、伊那のままとするものであります。なお筆数につきましては10筆でございます。

 以上であります。よろしく御審議いただき、御承認いただきますようお願いいたします。



○議長(中村威夫君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第2号は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号 財産(建物)の譲与について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第5、議案第3号「財産(建物)の譲与について」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 伊藤保健福祉部長。

     (保健福祉部長 伊藤健君登壇)



◎保健福祉部長(伊藤健君) 議案第3号、財産(建物)の譲与について御説明を申し上げます。議案書の6ページをお開きいただきたいと思います。この議案につきましては、地方自治法第96条第1項第6号の規定により、議会の議決を求めるものでございますが、提案理由でございますが、旧伊那市営中央総合病院の管理棟、看護師の寄宿舎でございますが、これを社会福祉法人伊那市社会福祉協議会に無償譲渡するものでございます。この譲渡につきましては、ことしの3月議会の全員協議会で御説明をさせていただいてありますけれども、社会福祉協議会から2月20日付で公有財産の無償譲渡及び賃借についての申し出がありました。その内容につきましては、共同作業所について伊那市から事業受託を受けて運営をしてきたところでありますけれども、障害者自立支援法の施行に伴い、19年度からは社会福祉協議会が実施主体となり運営をしておりますが、障害者生活介護、就労継続支援B型施設の輪っこはうす、コスモスの家が老朽化していることや、事故が危惧されることから、早期に整備の必要があること、施設を整備するためには既存の敷地では狭いこと等から、2つの施設を旧伊那市営中央総合病院の管理棟整備をして、移転集合して事業実施を行いたいというものでございます。

 整備に当たっては社会福祉協議会が実施主体となり、国等から補助を受け整備を実施するわけでありますが、施設につきましては実施主体の所有物件であることが求められているものである旨等の説明をいただき、伊那市社会福祉協議会が国等から補助金の内示を受けた後、議会に提案をし、議決をいただきたいお願いをさせていただいてあるものでございますが、このたび計画事業費1億1,679万8,000円で20年度補助申請を行ったところ、国庫補助5,106万6,000円、県補助2,553万4,000円、計7,660万円の補助内示をいただいたものであります。

 議案書の記書以下をごらんいただきたいと思いますが、譲与する建物、(1)所在地、伊那市山寺298番地1、(2)名称、旧伊那市営伊那中央総合病院管理棟、(3)構造規模、鉄筋コンクリート造3階建て982.43平方メートル。2譲与する相手方、伊那市山寺298番地1、社会福祉法人伊那市社会福祉協議会会長、御子柴龍一。3用途指定、障害者生活介護・就労支援施設。4指定日、平成20年10月1日であります。なお議案関係資料の1ページ、2ページに現施設の配置図と、管理棟平面図がございますので、参考にお願いをしたいと思います。

 以上でありますので、よろしく御審議のほどをお願いいたします。



○議長(中村威夫君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

 7番、春日晋治議員。



◆7番(春日晋治君) 質問をお願いいたします。この建物、今回は社会福祉法人伊那市社会福祉協議会への無償譲渡ということになるわけですが、伊那市内にはほかにも社会福祉法人、幾つかあります。同様な手続を、所定の手続を踏んで、市に無償譲与を申し出た場合、同様な形で今後無償譲与するような場面があると解釈してよろしいでしょうか。それとも社会福祉協議会は特別なんでしょうか。お願いいたします。



○議長(中村威夫君) 伊藤保健福祉部長。



◎保健福祉部長(伊藤健君) お答え申し上げます。今の提案説明の中でも御説明させていただいたような条件もございますし、ちょうど遊休といいますか、建物があったこともございます。今後、横一線の事業をやっていただいているわけでありますので、今、ここですべてそうだというわけにはまいりませんけれども、そんなような条件が整えば検討をさせていただくということで、きょうのところは回答にさせていただきたいと思います。



○議長(中村威夫君) そのほかございませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第3号は、社会委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号 伊那市土地開発公社定款の変更について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第6、議案第4号「伊那市土地開発公社定款の変更について」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 林総務部長。

     (総務部長 林俊宏君登壇)



◎総務部長(林俊宏君) それでは議案書の7ページをお願いいたします。議案第4号、伊那市土地開発公社定款の変更について御説明をいたします。今回の定款の変更につきましては、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行等に伴うもの、また文言の整理を行うため定款の一部変更を行うため、公有地の拡大の推進に関する法律第14条第2項の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 改正の内容につきまして議案関係資料で御説明いたしますので、お手数ですが議案関係資料の3ページをお願いいたします。議案関係資料3ページ、伊那市土地開発公社定款新旧対照表であります。第7条は役員の職務及び権限ですが、第4項の幹事の職務は整備法により民法第59条が削除され、公有地の拡大の推進に関する法律第16条第8項により新たに規定されたため変更するものであります。

 第16条、第20条、第23条関係は、土地開発公社経理基準要綱の改正に伴うもので、第16条は理事会の議決事項ですが、第1項第4号に「キャッシュフロー計算書」を加えるもの、第20条は資産で資本金から運用財産が除かれたことにより、第1項中「及び運用財産」を削るもの、おめくりをいただきまして、第23条は財務諸表ですが、「キャッシュフロー計算書」を加えるものであります。第25条は余裕金の運用で、郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備に関する法律の施行に伴いまして、第2号中「郵便貯金または」を削るものであります。

 お手数ですが、議案書の8ページにお戻りを願います。議案書8ページ、附則であります。この定款は長野県知事の認可のあった日から施行するものですが、第7条第4項の改正規定については、整備法の施行日であります平成20年12月1日とするものであります。

 以上であります。よろしく御審議いただきますようお願をいいたします。



○議長(中村威夫君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第4号は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第5号 市道路線の認定ついて



△議案第6号 市道路線の認定及び変更について



△議案第7号 市道路線の廃止及び変更について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第7、議案第5号「市道路線の認定ついて」から議案第7号「市道路線の廃止及び変更について」までの3案を一括議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 守屋建設部長。

     (建設部長 守屋和俊君)



◎建設部長(守屋和俊君) それでは議案第5号から第7号まで一括して御説明をいたします。議案書につきましては、9ページから11ページとなります。

 今回御提案をいたします議案第5号の市道路線の認定につきましては、道路法第8条第2項の規定によりまして、議案第6号の市道路線の認定及び変更につきましては、同法第8条第2項及び第10条第3項の規定によりまして、また議案第7号の市道路線の廃止及び変更につきましては、同法第10条第3項の規定によりまして、議会の議決をお願いするものでございます。

 それでは議案書の9ページをお願いいたします。議案第5号、市道路線の認定についてを御説明いたします。認定をお願いいたします路線は、路線番号I−7420、路線名が上溝23号線でございます。提案理由でございますが、本路線は宅地開発者が築造した住宅地内の道路であり、市民の日常生活に特に重要でありますので提案するものでございます。

 位置及び詳細につきまして議案関係資料で御説明いたしますので、お手数ですが議案関係資料の5ページをお願いいたします。まず位置でありますが、西箕輪上戸区みはらしファームの南東で、北側の市道上溝6号線と南側の公衆用道路に接続する道路であります。

 起点は西箕輪3900番868先から終点は西箕輪3900番146先までであります。延長及び幅員につきましてはごらんをいただきたいと思います。

 続きまして議案書の10ページをお願いいたします。議案第6号、市道路線の認定及び変更につきまして御説明をいたします。まず認定をお願いいたします路線は、路線番号I−7421、路線名が大萱南13号線であります。また変更をお願いいたします路線は、路線番号I−7228、路線名が大萱南1号線であります。提案理由でございますが、これら2路線は産業適地大萱地区の企業誘致事業に伴いまして、区域内の関係市道の路線網を整理するために提案するものでございます。

 位置及び詳細につきましては議案関係資料で御説明いたしますので、関係資料の6ページをお願いいたします。まず位置でございますが、西箕輪大萱区の伊那インターチェンジ北側に当たりまして、網掛け部分の産業適地大萱地区内でございます。

 まず認定をお願いいたします大萱南13号線でありますが、企業誘致事業に伴い新設するもので、市道伊那インター西線と市道大萱御園2号線に接続する道路であります。

 起点は西箕輪7163番2先から終点は同じく7132番1先まででございます。延長及び幅員につきましては、ごらんをいただきたいと思います。

 おめくりいただきまして、7ページをお願いいたします。次に変更をお願いいたします大萱南1号線でございますが、図面の左側県営住宅大萱団地西側の市道大萱伊那線から、図面右側の市道伊那インター線に接続する道路で、先ほど認定をお願いいたしましました道路の東側の点線部分にかかわる変更でございます。終点側の98.0メートルを廃止し、終点を西箕輪7139番1先から西箕輪7143番1先に変更するものでございます。

 起点は認定済みの西箕輪6892番先で、変更はございません。

 続きまして議案書の11ページをお願いいたします。議案第7号でございます。市道路線の廃止及び変更につきまして御説明をいたします。まず廃止をお願いいたします路線は、路線番号T−1046、路線名が弁財天川原線でございます。また変更をお願いいたします路線は、路線番号T−1049、路線名が多町阿部線でございます。提案理由でございますが、この路線につきましては、通学などの歩行路として無償で借地していた路線でありまして、市道としての機能が必要なくなり、土地所有者に返還することに伴いまして、廃止及び変更により幹線路線網を整備するため提案するものでございます。

 位置及び詳細につきましては、議案関係資料8ページをお願いいたします。まず廃止をお願いいたします弁財天河原線でございますが、位置は高遠町小原地籍、高遠大橋下の三峰川左岸で、市道高砂小原線と市道小原勝間線に接続する道路であります。起点の小原1121番地先から終点の小原1260番1先までの全線の廃止をお願いするものであります。延長及び幅員につきましては、ごらんをいただきたいと思います。

 おめくりをいただきまして9ページをお願いいたします。次に変更をお願いいたします田町阿部線でありますが、位置は高遠町西高遠と小原地籍にまたがります。先ほどと同じ高遠大橋下の三峰川左岸で、市道高砂小原線に接続する道路であります。

 この路線につきましては、路線網の整備を行うため、先ほど廃止をお願いしましたうちの一部、斜線の部分181.6メートルを取り込んで延長し、認定済みの起点高遠町西高遠641番1先から終点を高遠町小原1100番1先から高遠町小原1121番先に変更をお願いするものでございます。延長及び幅員につきましては、ごらんをいただきたいと思います。

 以上、3路線につきまして御説明をいたしました。よろしく御審議たまわりますようお願いを申し上げます。



○議長(中村威夫君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第5号から議案第7号までの3案は、経済建設委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第8号 伊那市職員の分限に関する条例等の



△議案第9号 伊那市特別職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例



△議案第10号 伊那市積立基金条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第8、議案第8号「伊那市職員の分限に関する条例等の一部を改正する条例」から議案第10号「伊那市積立基金条例の一部を改正する条例」までの3案を一括議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 林総務部長。

     (総務部長 林俊宏君)



◎総務部長(林俊宏君) それでは議案書の12ページをお願いいたします。議案第8号、伊那市職員の分限に関する条例等の一部を改正する条例について御説明いたします。今回の改正の理由でありますが、公益法人の制度改革を推進する公益法人制度改革関連法のうち、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律が、平成20年12月1日に施行され、各種法令が改正することに伴い、関係3条例の整備をお願いするものであります。

 改正の内容につきまして議案関係資料で御説明いたしますので、議案関係資料の10ページをお願いいたします。関係資料10ページ、伊那市職員の分限に関する条例新旧対照表であります。休職の事由について規定する第2条において引用する法律名を「公益的法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律」に改めるものであります。

 おめくりをいただき、11ページ、伊那市公益法人等への職員の派遣等に関する条例新旧対照表であります。この条例の改正につきましては、題名及び第1条、第2条中の「公益法人等」を「公益的法人等」に改正し、第1条において引用する法律名を公益的法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律に改めるものであります。

 おめくりをいただき、12ページ、伊那市認可地縁団体印鑑条例新旧対照表であります。地縁団体の登録資格を規定した第2条各号で、代表者のかわりに印鑑登録を受けることができる職務代行者等について、根拠となる法令の改正に伴い、引用法令及び引用条項をそれぞれ変更するものであります。

 恐れ入りますが、議案書の13ページにお戻りを願います。議案書の13ページ、附則であります。この条例は関係法令の施行日であります平成20年12月1日から施行するものであります。

 以上であります。よろしく御審議をいただきますようお願いをいたします。

 おめくりをいただき、14ページをお願いいたします。14ページは議案第9号、伊那市特別職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例についてであります。今回の改正の理由でありますが、本年6月の地方自治法の一部が改正され、この9月1日に施行され、議員の報酬に関する規定が改められたことに伴い、関係3条例を整備するため提案するものであります。

 改正の内容につきまして議案関係資料で御説明いたしますので、議案関係資料の14ページをお願いいたします。議案関係資料14ページ、伊那市特別職の職員の給与等に関する条例新旧対照表であります。今まで議会議員の報酬につきましては、その他の非常勤の職員と同様の取り扱いで規定しておりましたが、このたびの改正により明確に区分するもので、第5条、第6条、第8条、第9条は議会の議員に支給される報酬について、その名称を議員報酬と改めるもので、おめくりをいただいた11条においては報酬の額を示す別表をその他の非常勤の職員と分離をさせていただいたものであります。

 おめくりをいただいて17ページまでお願いをいたします。17ページは伊那市議会政務調査費の交付に関する条例新旧対照表であります。議会議員の政務調査費の交付について、根拠法令となる地方自治法第100条第13項及び第14項の規定が、地方自治法の一部改正に伴い引用条項を改めるものでございます。

 おめくりをいただき、18ページをお願いいたします。伊那市特別職報酬等審議会条例新旧対照表であります。第1条は設置で、この審議会の審議事項であります。議会の議員報酬について審議事項を「議員報酬」と改めるものであります。なお、いずれの改正も現行の支給条件等に変更があるものではありません。

 お手数ですが議案書の15ページにお戻りを願います。議案書の15ページ、附則であります。この条例は公布の日から施行するものであります。

 以上であります。よろしく御審議いただきますようお願いをいたします。

 引き続いておめくりをいただき、16ページをお願いいたします。議案書の16ページ、議案第10号、伊那市積立基金条例の一部を改正する条例について御説明をいたします。今回の改正の理由でありますが、平成20年4月30日の地方税法等の一部を改正する法律の公布を受けて開始されたいわゆるふるさと納税の受け皿として、ふるさと寄附金を適正に管理し、寄附者の意向を反映したまちづくりに効果的に活用できるよう「ふるさと応援基金」を新たに設置するものであります。

 改正内容につきまして議案関係資料で御説明いたしますので、お手数ですが議案関係資料の19ページをごらんいただきたいと思います。関係資料の19ページ、伊那市積立基金条例新旧対照表であります。伊那市積立基金条例の別表中、まちづくり基金の後に、ふるさと応援基金を追加するものであります。なお本市のふるさと納税制度につきましては、伊那市を応援していただける方を伊那市ふるさとサポーターと名づけ、寄附金の使途を5つにメニュー化をして募集をしておりますが、ちょうだいいたしました寄附金につきましては、一たんこの基金に積み立て、寄附者の意向を最も反映した事業の財源として効果的に活用していく予定であります。

 お手数ですが議案書の16ページにお戻りを願います。議案書の16ページの附則であります。この条例は公布の日から施行するものであります。

 以上であります。よろしく御審議いただきますようお願いをいたします。



○議長(中村威夫君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第8号から議案第10号までの3案は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第11号 伊那市住民基本台帳カード利用条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第9、議案第11号「伊那市住民基本台帳カード利用条例の一部を改正する条例」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 沖村市民生活部長。

     (市民生活部長 沖村直志君)



◎市民生活部長(沖村直志君) 議案書の17ページをお願いいたします。伊那市住民基本台帳カード利用条例の一部を改正する条例でございます。提案理由にありますとおり、住民基本台帳カードで利用することができる機能を拡充するため提案をするものでございます。

 内容につきまして議案関係資料で御説明いたしますので、議案関係資料の20ページをお願いいたします。伊那市住民基本台帳カード利用条例の新旧対照表でございます。第2条の利用目的ですが、第2号で商店街ポイントサービス及びプリペイド式電子マネー等の活用を、第3号で図書館の図書資料等の貸し出しをそれぞれ規定したものでございます。第4号につきましては、号の繰り下げでございます。

 第3条の利用手続等と、第4条の個人情報保護措置につきましては、新たに加えた2号、3号についてそれぞれ規定したものでございます。

 お手数ですが、議案書の17ページをお願いいたします。附則でございますが、この条例は平成20年12月1日から施行するものでございますが、第3号の図書館の貸し出しサービスにつきましては、平成21年2月1日から施行するものでございます。

 以上でございます。よろしく御審議を賜りますようお願いをいたします。



○議長(中村威夫君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

 7番、春日晋治議員。



◆7番(春日晋治君) これは後ほどの補正予算の方でも、これに関係する予算が今回出てくるわけですけれども、これだけの予算措置もしながら、住基カードの中に今、説明のあった機能を加えていくという、いわゆるメリット、市としてのメリットはどんなふうに考えられているのかということ、それから今までの例えばイーナちゃんカード、もしくは図書館のカードは使えなくなってしまうのかどうか、その2点についてお願いいたします。



○議長(中村威夫君) 沖村市民生活部長。



◎市民生活部長(沖村直志君) まずメリットでございますけれども、ことしの4月から住基カードにつきましては無料化をしたということの中で、この図書館カードと、それからイーナちゃんカードでございますけれども、やはり利用をすることで機能を拡大していくことによって、利用者をふやしていくことが1つの目的かと、こんなふうに考えております。

 それから従前のカードが使えるかどうかということでございますが、もちろん図書館のカードもそうですし、それからイーナちゃんカードもそうでございますけれども、従来のものは従来のものとして使って、並行して使えると、こういうことで御理解をいただきたいと思います。



○議長(中村威夫君) そのほかございませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第11号は、社会委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号 伊那市営駐車場条例の一部を改正する条例



△議案第13号 伊那市営住宅条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第10、議案第12号「伊那市営駐車場条例の一部を改正する条例」、議案第13号「伊那市営住宅条例の一部を改正する条例」の2案を一括議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 守屋建設部長。

     (建設部長 守屋和俊君登壇)



◎建設部長(守屋和俊君) それでは議案第12号及び13号につきまして御説明をいたします。議案書の18ページをお願いいたします。議案第12号、伊那市営駐車場条例の一部を改正する条例につきまして御説明をいたします。提案理由でございますが、恐れ入ります、19ページをお願いいたします。本議案につきましては通り町駐車場の管理方法の変更等に伴いまして、所要の改正を行うためにお願いするものでございます。

 内容につきましては議案関係資料で御説明いたしますので、21ページをお願いいたします。伊那市営駐車場条例新旧対照表でありますが、傍線の部分が改正部分であります。まず第3条使用区分等の第4項でありますが、通り町駐車場の入退場に係る業務を行わない時間についての規定を削除するものであります。

 次に、その下の第4条自動車の種別の第2項でありますが、通り町駐車場を利用することができる自動車の規定で、「大型駐車場」とありますのを「中型自動車及び大型自動車」に改めるものであります。

 続いて議案関係資料22ページをお願いいたします。同条例第6条の規定による使用料を定めた別表第1の抜粋であります。左側の表1普通自動車の表で、通り町駐車場の駐車時間欄「午前8時から午後9時まで」、及び「午後9時から翌日午前8時まで」とありますのを右側の表のとおり「終日」とし、左側表の使用欄で「定額300円」とありますのを削除するものであります。また、その下の表2の「大型自動車」とありますのを「中型自動車及び大型自動車」に改め、左側の表、通り町駐車場の駐車時間の欄で「午前8時から午後9時まで」、及び「午後9時から翌日午前8時まで」とありますのを、右側の表のとおり「終日」と改め、左側の表の使用料の欄で「定額1,200円」とありますのを削除するものであります。

 お手数ですが、議案書の19ページにお戻り願いたいと思います。附則でございますが、この条例の施行期日を平成20年10月1日からとすること、また経過措置といたしまして改正後の使用料の規定につきましては、施行日以降に使用開始したものに適用しまして、施行日前から引き続き使用しているものは従前の例によることとするものでございます。

 以上が議案第12号でございます。よろしく御審議いただきますようお願いをいたします。

 続きまして議案書の20ページをお願いいたします。議案第13号、伊那市営住宅条例の一部を改正する条例につきまして御説明をいたします。改正は市営住宅の名称及び位置等について別表の整理をお願いするものであります。

 議案書をおめくりをいただきまして、21ページをお願いいたします。提案理由でございますが、市営住宅のうち老朽化により使用に耐えなくなったもの及び他の用途に変更するものの廃止に伴い、所要の改正を行うためにお願いするものでございます。

 改正内容につきましては議案関係資料で御説明いたしますので、議案関係資料23ページをお願いいたします。伊那市営住宅条例新旧対照表でありますが、同第2条の規定により市営住宅の位置等を定めた別表の抜粋であります。まず別表第1の公営住宅一覧表、左表中の下線部分、高尾町団地で、建設年度、戸数が「昭和29年度4戸」とありますのを、1戸減じ「3戸」に改めるものであります。この住宅は老朽化により使用に耐えなくなったもので、本年度除却の予定であります。

 次に別表第2のその他の住宅一覧表、左の表の下線部分御堂垣外住宅で、位置が伊那市高遠町藤沢3541番地、戸当たり月額家賃が「3万円」とありますものを、右の表のとおり削除するものであります。この住宅につきましては、旧藤沢診療所医師住宅であり、廃止後は普通財産に変更し、NPO法人のショートステイ用途として貸し付ける予定でございます。

 お手数ですが、議案書の20ページへお戻りをいただきたいと思います。附則でございますが、この条例の施行期日を公布の日からとするものであります。

 以上、議案第13号について御説明いたしました。よろしく御審議いただきますようお願いをいたします。

 恐れ入ります。先ほど私、提案理由のページを20ページといたしましたが、21ページの誤りでありましたので御訂正させていただきます。申しわけございません。20ページが21ページでございます。訂正をいたします。大変申しわけありません、提案理由の説明の21ページを20ページに訂正するものであります。大変失礼いたしました。



○議長(中村威夫君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第12号、議案第13号の2案は、経済建設委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第14号 伊那市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第11、議案第14号「伊那市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 林総務部長。

     (総務部長 林俊宏君登壇)



◎総務部長(林俊宏君) それでは議案書の21ページをお願いいたします。議案第14号、伊那市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について御説明をいたします。今回の改正の理由と、また内容でありますけれども、株式会社日本政策金融公庫法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律の施行に伴いまして、条例第3条第2項中の「国民生活金融公庫」の名称を「株式会社日本政策金融公庫」に改めるものであります。

 附則でありますが、この条例は法律の施行日であります平成20年10月1日から施行するものであります。

 以上であります。よろしく御審議いただきますようお願いをいたします。



○議長(中村威夫君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第14号は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第15号 伊那市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第12、議案第15号「伊那市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 木下水道部長。

     (水道部長 木下博司君登壇)



◎水道部長(木下博司君) 議案書の22ページをお願いいたします。議案第15号、伊那市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。今回の改正は、提案理由にございますとおり平成18年度に行いました伊那市公共下水道全体計画の変更に伴いまして、下水道事業の排水処理区域等を変更するため条例改正するものでございます。

 変更の内容につきましては、議案関係資料で御説明申し上げますので、議案関係資料の25ページをお願いいたします。伊那市水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例の新旧対照表でございます。第2条は経営の基本を定めた条でございます。同条第3項は下水道事業の排水処理区域等を定めたものでございますが、平成18年度にまとめた合併後の新伊那市としての公共下水道全体計画に基づき、第1号の伊那公共下水道事業から、第4号の高遠特定環境保全公共下水道事業まで、計画処理人口と予定処理区域面積、並びに1日最大汚水量につきまして、新のとおり改めたいというものでございます。なお予定処理区域面積につきまして、第1号の伊那公共下水道事業並びに第2号の伊那特定環境保全公共下水道事業におきまして、それぞれ計画区域を見直し拡大してございます。

 拡大区域につきましてはおめくりをいただき、議案関係資料の26ページをお願いいたします。伊那市公共下水道全体計画拡大区域位置図でございますが、中ほど下に伊那公共下水道事業の予定処理区域面積の変更前変更後増減を示した表がございます。ごらんのとおり75ヘクタールの増でございます。具体的な箇所はこの表の上に引き出し線でお示ししてございます。表の左上は宅地化の著しい陸上競技場周辺、その上が今後開発が想定されます伊那中央病院周辺、その左、西になりますが中の原集落、図面の右、東側になりますが、上の原工業団地周辺でございます。以上が伊那公共下水道事業での面積拡大箇所でございます。

 このページの右上に、伊那特定環境保全公共下水道事業の表がございます。こちらは14ヘクタールの増でございます。拡大する区域は竜東北部処理区でございまして、市道西田河原線周辺でございます。

 恐れ入りますが、議案書の22ページにお戻りいただきたいと思います。附則でございますが、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 以上でございます。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○議長(中村威夫君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第15号は、経済建設委員会に付託いたします。

 暫時休憩といたします。再開は11時35分からといたします。



△休憩 午前11時19分



△再開 午前11時36分



○議長(中村威夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第16号 平成19年度伊那市一般会計歳入歳出決算認定について



△議案第17号 平成19年度伊那市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について



△議案第18号 平成19年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計歳入歳出決算認定について



△議案第19号 平成19年度伊那市老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定について



△議案第20号 平成19年度伊那市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について



△議案第21号 平成19年度伊那市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算認定について



△議案第22号 平成19年度伊那市営駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定について



△議案第23号 平成19年度伊那市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について



△議案第24号 平成19年度伊那市水道事業会計決算認定について



△議案第25号 平成19年度伊那市下水道事業会計決算認定について



△議案第26号 平成19年度伊那市自動車運送事業会計決算認定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第13、議案第16号「平成19年度伊那市一般会計歳入歳出決算認定について」から議案第26号「平成19年度伊那市自動車運送事業会計決算認定について」までの11案を一括議題といたします。本件については、理事者から先に決算の説明を求め、その後、監査委員から決算審査の結果報告を求めることといたしたいと思います。

 村田会計管理者。

     (会計管理者 村田隆男君登壇)



◎会計管理者(村田隆男君) それでは議案第16号から第26号までの11案件につきまして御説明申し上げます。お手元の決算書と決算報告書を使用して御説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。なお、この決算の提出に当たりましては、地方自治法第233条第3項の規定により、また企業会計については地方公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員さんの監査に付して意見をつけて提案するものでございます。

 まず決算報告書の1ページをごらんいただきたいと思います。決算の概要でございますが、平成19年度は一般会計のほか7つの特別会計及び3つの企業会計の合計11会計により予算執行を行いました。

 最初に議案第16号、平成19年度伊那市一般会計歳入歳出決算について御説明いたしますので、5ページをごらんいただきたいと思います。決算の概要でございます。平成19年度におきましては、新しい伊那市の一体感のある形をつくること、真に自立した地方都市を目指す施策の推進、合併による長野県一のまちづくりの3点を市政運営の基本におき、引き続いて子育て支援、教育、産業立地の3本の施策を柱に据えて予算の執行をしてまいりました。

 決算の結果、歳入についてでございますが、前年度に比較して一般財源では市税が10億8,100万円余、13%のほか、利子割交付金、財産収入、繰入金及び諸収入が増となり、また地方譲与税、地方交付税などが減となり、一般財源全体では2億4,900万円余、1.1%の減となりました。

 特定財源では、国、県支出金及び市債が増となり、分担金及び負担金などが減額となり、歳入総額では9億2,000万余、2.9%の増となりました。

 また重点的に取り組んだ未収金解消対策では、市全体の未収金を約13億9,600万円まで縮減することができました。

 歳出では、新伊那市誕生1周年記念式典を開催し、新市の歌・花・木・鳥を定め、新市まちづくり計画に掲げた「二つのアルプスに抱かれた自然共生都市」を目指して、合併補助金や合併特例債などを活用しながら諸施策を実施してまいりました。

 次の6ページになりますが、あわせて行政改革の推進を図るとともに、雇用確保や地域活性化のため企業誘致に努めてきました。こうした取り組みの中、歳出の主なものでございますが、議会費はごらんいただき、総務費では気象観測システム、アメダスデータ表示システムの整備、長谷地域における地上デジタル放送対応施設整備及び防災ラジオの配布、前年度から引き続いて行った本庁舎改修事業、住所表示変更業務、総合計画の策定、庁内及び地域イントラネットワーク再構築にかかわる情報機器の整備などを行いました。また新たに職員退職手当基金への積み立てを行いました。

 民生費では、原油価格高騰に伴う緊急対策として、障害者及び高齢者世帯等支援の必要な世帯に対する灯油の購入費用補助、ボランティア移送車両の導入、子育て支援センター事業の充実、20年度に建替えを行う美篶中央保育園の用地取得及び設計、保育園、子育て支援センター等への不審者侵入対策として、110番通報システムの整備などを行いました。また保育料は県下19市の最低水準といたしました。

 7ページになりますが、衛生費は各種健診やごみ処理費用などでございます。医療制度改革などによる諸事業推進のため、健康増進計画、食育推進計画を策定するとともに、20年度から始まる後期高齢者医療制度などの準備を進めました。また新ごみ中間処理施設建設用地について、用地選定委員会を開催し、用地選定を進めてまいりました。

 労働費は、U・Iターンを促進するためのホームページの公開、リーフレットの全戸配布等を行ったほか、勤労青少年ホームの外壁リフレッシュ工事を行いました。

 農林水産業費では、有害鳥獣対策として緩衝帯整備、防護柵設置補助を、人間・野生動物共生プロジェクトとして北海道犬による野生動物の追い払い事業を、また農地・水・環境保全対策向上事業を導入して農業環境の向上に取り組み、原油高騰緊急対策としては施設園芸農家に対して燃料費の一部を補助して、負担の軽減を図るなどしてまいりました。また、ますみヶ丘平地林では、環境保全整備を行い、ウッドデッキづくりやまき割りイベントを開催して、利活用事業を行いました。

 商工費は、制度資金の活用による中小企業振興、一店逸品運動の支援、タウンマップ作成補助等による商業振興、補助制度活用による企業誘致、創業支援センター設置による起業者支援等を実施してきました。

 また観光基本計画を具体化する観光実施計画の策定に向けて、観光推進協議会を設置し、協議してまいりました。また市内案内看板の整備、観光パンフレットの作成などを行い、高遠城址公園の桜及び南アルプスの資源を活用した観光振興など諸事業を実施してまいりました。

 土木費ですが、国土調査を引き続き進め、道路整備では、8ページになりますが、市内重要路線として桜井殿島線、福島沢岡線、過疎対策で実施した松倉金沢線、溝口戸台線等及び18年度から繰り越した工業団地関連道路の改良など、特定路線の整備、中尾橋の架け替え等の事業を実施しました。このほか中溝通り高質空間形成事業を実施し、県執行による環状北線事業の推進協力を行い、3月に待望の国道153号へ接続しました。

 消防費でありますが、消防組合通信指令システム整備にかかわる負担、平成20年度完成予定の高遠消防署の建設、消防ポンプ自動車等の購入、耐震防火水槽の建設、防災行政無線の接続工事及び長谷地域の防災無線のデジタル化工事を実施し、教育費では、伊那市の教育に関し、広く市民の意見を聞いて教育施策に反映させるため、教育懇談会を開催しました。

 学校関係では、伊那東小学校の改築整備を引き続き実施し、手良小学校下水道接続及びトイレリフレッシュ工事、高遠中学校屋根改修工事等を実施しました。また学校安全のためにAEDの配備を行いました。

 生涯学習関係では、美篶公民館の建設、伊那、高遠、長谷の各図書館をネットワークで結ぶ図書館システムの更新、旧上伊那図書館の耐震診断、郷土館の解体工事、進徳館管理棟解体復元工事等を行いました。

 スポーツ振興では、春の高校伊那駅伝が市街地を走る新コースになって2回目の大会を実施しました。

 災害復旧費では、前年7月の豪雨災害に伴う災害復旧工事及び7月と9月の台風による農林及び公共土木施設災害復旧工事を行いました。

 公債費は通常償還のほか、政府償還金の繰上償還を行いました。

 9ページの諸支出金は、普通財産の取得であります。

 次の10、11ページをお願いいたします。款別決算額比較表でございます。歳入の1款市税でありますが、収入済額は94億2,062万5,744円、前年度対比で13%、約10億8,100万円の増となっておりますが、平成19年度から税制改正により所得税から市民税への税源移譲があったことによるもので主たる要因です。歳入総額に占める構成比は28.7%であります。なお11ページ備考欄になりますが、市税の不納欠損額は9,065万6,249円で、前年度に比べ33%、約4,400万円の減となっております。また収入未済額でありますが、6億7,813万6,790円で、前年度より約1,560万円、2.3%の減となりました。

 2款地方譲与税は、19年度から税源移譲により所得譲与税が市税へ移譲されたため、自動車従量譲与税及び地方道路譲与税の2税となり、前年度約5億5,000万円、50.2%と大幅な減となりました。

 3款から8款まではごらんいただきまして、11款地方特例交付金は前年度に比べて約1億9,200万円、73.7%の減であります。

 12款地方交付税は、19年度から新型交付税の算定方式が導入されたことや、税源移譲による基準財政収入額の増などにより、7億7,000万円、前年度比8.4%の減となりました。

 13款はごらんいただきまして、14款分担金及び負担金は、保育料、養護老人ホームの負担金等で、前年度比5.9%の減となっています。備考欄の収入未済額、不納欠損額についてはごらんいただきたいと思います。

 12、13ページをお願いいたします。15款の使用料及び手数料は、住宅ほか市施設の使用料、及び戸籍住民票等の手数料です。前年度比1.9%の増、16款国庫支出金は橋梁整備、伊那東小学校改築、美篶公民館建設などの大型事業の実施により約3億7,400万円、前年度比21.8%の増となりました。

 17款県支出金は、合併特例交付金や台風災害等の復旧工事にかかわる補助金の増に伴い、約4億4,000万円、前年度比35.1%の増、18款財産収入はごらんいただきまして、19款寄附金もごらんいただき、20款繰入金は特別会計、及び基金からのもので、基金からのものが約12億6,600万円であり、前年度比4億5,500万円、55.4%の増となっております。

 繰越金はごらんいただきまして、22款諸収入は、土地開発公社貸付金返還金、中小企業融資預託金回収金等が主なものであります。23款の市債は、前年度比13.8%の増であります。

 以上、歳入合計で決算額は328億6,638万5,131円で、98.2%の収入率、また前年度と比較し9億2,029万826円、2.9%の増となっております。

 次の14、15ページをお願いします。歳出でございますが、内容は先ほど説明したものと重複いたしますのでごらんいただきたいと思いますが、増減額の大きなものについて申し上げますと、2款総務費は前年度比16%の増、3款民生費は前年度比2.4%増となり、翌年度繰越額は高遠町老人福祉センター、藤澤多目的集会施設の改修工事にかかわるものでございます。

 4款、5款、6款から7款まではごらんいただきまして、8款土木費は3.5%の減で、翌年度繰越額は中尾橋工事にかかわる継続費の逓次繰越5,460万円、道路改良等工事にかかわる明許繰越5,265万9,500円でございます。

 9款消防費でありますが、前年度比18.3%の増であります。繰越額は高遠消防署建設にかかわる継続費の逓次繰越ほか、消防団車庫の改築にかかわる明許繰越でございます。

 10款教育費の翌年度繰越額1,500万円は、旧美篶公民館解体工事にかかわるものでございます。

 11款の災害復旧費は、前年度比2.9%の減で、翌年度繰越額は台風9号災害にかかわる農地、農業施設、南アルプス林道ほか、林道災害復旧にかかわるものでございます。

 12款公債費は7.2%の増となりました。

 13款はごらんいただきまして、以上、歳出合計で決算額は319億7,158万4,777円となり、前年度対比11億2,651万2,847円、3.7%の増となりました。

 16ページ以降の資料及び25ページからの主要な施策はまたごらんいただき、お手数ですが、決算書の7ページをごらんいただきたいと思います。決算書の7ページでございますが、一般会計歳入歳出決算でございますが、12ページにかけまして歳入歳出ともただいま御説明したものでございますのでごらんいただき、12ページをお願いいたします。決算の結果、歳入歳出差引額は8億9,480万354円となりました。13ページからの附属書類の事項別明細書は後ほどごらんいただきたいと思います。

 264ページをお願いいたします。264ページは実質収支に関する調書でございますが、歳入歳出差引額8億9,480万円のうち、翌年度繰越事業の財源として充てる継続費逓次繰越額82万4,000円、繰越明許費繰越額9,921万7,000円を差し引いた実質収支額は7億9,475万9,000円となり、前年度比10.2%の減となりました。

 以上が一般会計歳入歳出決算でございます。

 恐れ入りますが、決算報告書の方の159ページをお願いいたします。議案第17号、平成19年度伊那市国民健康保険特別会計歳入歳出決算でございます。国民健康保険の加入状況は、20年3月末現在で1万4,091世帯、前年比92世帯の減、被保険者数は2万6,292人で、581人の減、また国保加入者のうち老人保健対象者は7,922人で、0.1%の減、介護保険2号被保険者は6,482人、4.1%の減となっております。国民健康保険税ですが、収入済額は前年度比で1.2%の増となっております。未収金解消プログラムに基づく取り組みにより、収納率は前年度に対し2.4ポイント向上し、76.2%となりました。なお収入未済額は5億926万801円で、10.5%の減となりました。

 以下、各事業の実施状況につきましてはごらんいただき、続いて決算書で御説明いたしますので、お手数ですが先ほどの決算書の271ページをお願いいたします。歳入でございますが、1款国民健康保険税ですが、収入済額、収入未済額は先ほど申し上げたとおりでございますが、不納欠損額は前年度より約1,240万円の減となりました。

 2款は督促手数料、3款国庫支出金から6款共同事業交付金までは、医療費等の支払いに対する負担区分による国、県及び支払基金からの交付金等でございますのでごらんいただきまして、7款財産収入は国民健康保険基金の預金利子、8款は国保税軽減分等にかかわる保険基盤安定基等、人件費等の事務費に対する一般会計からの繰入金、9款はごらんいただき、10款は税の延滞金、交通事故等第三者納付金等であります。

 272ページをお願いいたします。以上、歳入合計は60億1,078万9,681円で、前年度に比べ3.7%の増であります。

 続いて273ページの歳出でございますが、第1款総務費は事務費、人件費等、2款保険給付費から3款老人保健拠出金、4款の介護納付金及び5款共同事業拠出金までは国保制度に基づく医療費の負担金や老人保健ほか各種制度への拠出金等でございますので、ごらんいただきたいと思います。

 6款は健康診査及び人間ドック受診に対する補助、7款は国民健康保険基金への積立金、8款は一般会計の一時振り替えに対する利子の支払いでございます。

 9款ですが274ページをお願いいたします。1項は保険税還付金及び前年度医療費国庫支出金の超過分の返還金、2項は直営診療所会計の財政調整交付繰出金でございます。

 以上、歳出合計は57億9,163万8,349円となり、前年度比2.8%の増となっております。この結果、歳入歳出差引額は2億1,915万1,332円となり、20年度に繰り越したもので、297ページになりますが、実質収支に関する調書の実質収支額も同額でございます。

 以上、平成19年度伊那市国民健康保険特別会計歳入歳出決算について御説明申し上げました。

 同じく決算書の301ページをお願いいたします。議案第18号、平成19年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計歳入歳出決算について御説明いたします。なお決算報告書は176ページからでございますが、後ほどごらんいただきたいと思います。

 この会計は西箕輪、新山、長藤、美和の4診療所にかかわるものでありまして、19年度の患者数は延べ2万7,772人で、前年度に比べ1,357人、5.1%の増となりました。

 歳入の1款診療収入は、診療報酬の改定、院外処方への移行等で10.3%の減となっております。2款は19年度から長谷にある針灸治療所にかかわる収支が、診療所会計へ移管されたことから、この使用料及び診断書などの文書料で、前年度比2.6倍、なお2項使用料は皆増でございます。

 3款は一般会計からの繰入金のほか、国保会計からの繰入金で、前年度比71.9%の増でございます。

 4款は雑入、5款市債は長藤診療所改修事業にかかわる過疎対策事業債で、前年度より1億4,530万円の増となっています。

 6款は長藤、美和診療所が介護保険事業者として行った介護方法の指導等を行ったもので、923件分であります。

 8款寄附金は、施設整備等に対する寄附金、9款は診療所整備基金利子であります。

 以上、歳入合計は4億983万1,118円で、前年度比57.3%の増であります。

 302ページをお願いいたします。歳出でありますが、1款総務費は人件費等、2款は医薬材料費等でございます。また3款施設整備は長藤診療所改築工事費及び医療機器購入費等で、前年度より1億4,800万円余の増となっております。

 4款公債費は美和診療所ほか、診療所施設整備で借り入れた起債の償還金であります。

 以上、歳出合計は4億3,483万4,055円で、前年度比66.9%の増であります。なお決算の結果、歳入歳出差引歳入不足額が2,500万2,937円となり、翌年度歳入の繰上充用を行いました。

 315ページの実質収支に関する調書もごらんいただきたいと思います。

 以上が平成19年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計歳入歳出決算であります。

 決算書の319ページをお願いいたします。議案第19号、平成19年度伊那市老人保健医療特別会計歳入歳出決算についてでございます。老人保健の受給対象者は、20年3月末現在1万353人で、市民全体に占める割合は14%となり、前年度比65人の減であります。

 歳入の1款から4款までは、老人保健制度の負担割合の基づく支払基金、国、県及び市の負担金等でございまして、支払基金交付金は収入総額の52.4%を占めております。

 6款諸収入は交通事故等第三者納付金と、国及び支払基金からの負担金等の前年度精算金であります。

 以上、歳入合計は65億3,946万1,343円で、前年度より2.9%の増となっております。

 320ページをお願いします。歳出の1款は事務費等、2款医療諸費でありますが、1人当たりの医療給付費は年間61万6,043円で、前年度より3.4%、2万円ほど増加しておるというものでございます。4款は前年度分の精算金を支払基金に償還したものであります。6款は18年度会計の繰上充用金でございます。

 以上、歳出合計は65億8,445万6,802円で、前年度比2.1%の増であります。決算の結果、歳入歳出差引歳入不足額4,499万5,459円を生じ、同額を平成20年度歳入から繰上充用をいたしました。なお、この不足額は翌年度に国と支払基金から精算されるものでございます。

 328ページの実質収支も同様にごらんいただきたいと思います。

 以上、平成19年度伊那市老人保健医療特別会計歳入歳出決算について御説明申し上げました。

 次に議案第20号、平成19年度伊那市介護保険特別会計歳入歳出決算について御説明いたしますが、お手数ですが決算報告書の方の185ページをお願いいたします。185ページの介護保険特別会計でございますが、平成19年度は第3期介護保険事業計画の中間年度でありました。65歳以上の第1号被保険者は20年3月末現在で1万8,274人、前年度より289人の増となっています。介護認定者は要支援から要介護5まで2,549人で、61人の減、また40歳から65歳未満の第2号被保険者は67人となっております。第1号被保険者に対する認定割合は0.5%減少し、13.6%となりました。

 次の186ページをお願いいたします。表2は1号被保険者の介護保険料の収入状況であり、表下の備考ですが、収入未済額及び不納欠損額はごらんのとおりでございます。表3は各サービス等に対する介護給付費の内訳でございます。

 以下、各事業の実施状況につきましてはごらんいただきまして、また先ほどの決算書の331ページをお願いいたします。歳入の保険料は1号被保険者の保険料で、前年度比3.2%の増、平成18年3月に策定した第3期介護保険事業計画に基づき、月額の基準額が3,500円となっています。不納欠損額、収入未済額につきましては、先ほどの決算報告書のとおりでございます。

 3款は督促手数料、4款国保国庫負担金は介護給付費の20%分、5款支払基金交付金は支払基金からの31%分が交付される第2号被保険者の介護保険料相当額であります。6款県支出金の1項県負担金は、給付費の12.5%分、7款は基金の利子、9款繰入金は給付費の12.5%分の市費負担金と人件費等事務費分の繰入金であります。12款諸収入は各事業にかかわる個人負担金であります。

 以上、歳入合計は43億7,884万8,927円で、前年度より3.6%の増となっております。

 332ページをお願いいたします。歳出の1款総務費は、介護認定事務費等であります。2款保険給付費1項は、要介護1から5に認定された方のサービス、2項は要支援に認定された方のサービス分であります。居宅介護と施設課以後の割合は居宅49%、施設51%とほぼ横ばいでございます。

 3款は長野県介護保険財政安定化基金へ拠出したもの、4款地域支援事業費は予防重視システムの導入として平成18年度から実施したもので、さまざまな予防サービスを提供してまいりました。5款は介護給付費準備基金への積み立て、6款は県介護保険財政安定化基金借入金の返済、7款は国庫負担金、支払基金交付金の精算返還金等でございます。

 以上、歳入合計は42億9,863万6,001円であります。歳入歳出差引額は8,021万2,926円で20年度へ繰り越すものでございます。

 365ページになりますが、実質収支に関する調書、5の実質収支額も同額であります。

 以上が平成19年度伊那市介護保険特別会計歳入歳出決算であります。

 369ページをお願いいたします。議案第21号、平成19年度伊那市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算について御説明いたします。この事業は訪問看護、居宅介護支援、介護予防支援の事業を伊那及び高遠訪問看護ステーションを主たる事業として、介護保険事業として行ったものでございます。なお平成18年度までこの事業で実施していました特別養護老人ホームみすず寮の経営を、平成19年度から上伊那福祉協会へ移管しております。

 歳入1款は1項介護給付費収入は訪問看護については本人負担を除く9割分が、居宅介護支援については10割分が国保連合会から交付されたものであります。2項は要支援にかかわるもの、3項は1割の自己負担金、4項は医療保険適用の訪問看護事業分、8款の繰入金はデイサービス建設償還金等にかかわる一般会計からの繰り入れであります。11款は雑入でありまして、歳入合計は9,605万8,546円で、前年度比75.3%の大幅な減であります。

 370ページをお願いいたします。歳出2款1項居宅サービス事業費は訪問看護、3項居宅介護支援事業費は要介護認定者の居宅介護サービス計画の作成、4項は要支援認定者の介護予防サービス計画の作成、5款公債費はデイサービス建設償還金等でございます。

 以上、歳出合計は9,605万8,546円で、前年度比75.3%の減でありますが、先ほど申し上げたとおり特別養護老人ホームみすず寮の経営移管によるものでございます。

 決算の結果、歳入歳出差引残額は0円であります。

 以上が平成19年度伊那市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算であります。

 383ページをお願いいたします。議案第22号、平成19年度伊那市営駐車場事業特別会計歳入歳出決算について御説明いたします。

 駐車場事業は7カ所の駐車場管理運営にかかわるものであります。年間の利用台数は63万3,603台で、前年度に比べ1万6,519台、2.5%の減となりました。

 歳入の1款使用料及び手数料は、駐車場収入及び広告使用料で、このうち駐車場収入は4,208万3,550円で、前年度比1.2%の増となりました。2款は18年度からの繰越金であります。

 以上、歳入合計は4,918万6,198円であり、前年度比13.1%の増となりました。

 384ページをお願いいたします。歳出1款経営管理費は通り町駐車場、再開発ビル駐車場、山寺駐車場の管理等委託料、再開発ビル共益費負担金、山寺駐車場ゲート装置修繕工事などでございます。なお一般会計の繰出金は1,081万5,000円となり、前年に比べ1,048万2,000円の増となっています。

 以上、歳出合計は4,408万1,962円で、前年度比20.5%の増であります。歳入歳出差引額は510万4,236円となり、20年度へ繰り越すものでございます。389ページの実質収支額も同額であります。

 以上が平成19年度伊那市営駐車場事業特別会計歳入歳出決算であります。

 続きまして393ページをお願いいたします。議案第23号、平成19年度伊那市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算でございます。給水件数は1,860件、給水人口は4,855人でございました。

 歳入1款使用料及び手数料は前年度対比2.1%の増、1項使用料のうち料金収入は8,140万9,356円、不納欠損額は2万2,092円、収入未済額は36万5,171円でありました。2款は起債償還分や赤字補てん分と、一般会計からの繰入金、3款は加入金が主なもので、4款は下水道検針負担金が主なものでもございます。5款は借換債で民間金融機関から借り入れたものでございます。

 以上、歳入合計は2億1,376万6,655円で、前年度比4.7%の減でございます。

 次の394ページをお願いいたします。歳出の1款は人件費及び水源の維持管理、水質検査等でございます。3款は起債の償還分でございます。

 以上、歳出合計額は2億1,376万6,655円で、歳入歳出差引額は0円でございます。

 403ページをお願いいたします。実質収支に関する調書ですが、実質収支額も同様でございます。以上が簡易水道事業特別会計の決算でございます。

 次の405ページ以降の財産に関する調書につきましては、公有財産、重要物品、債権及び基金についてそれぞれ年度中の増減や年度末残高について記載してありますので、またごらんいただきたいと思います。

 続いて企業会計の決算について御説明いたしますので、決算報告書の方の209ページをお願いいたします。議案第24号、平成19年度伊那市水道事業会計決算について御説明いたします。水道事業につきましては、施設の適正な維持管理や水質管理に努めた結果、引き続き安心な水を安定的に供給することができました。水道料未収金でございますが、徴収対策強化を図り、職員全員による給水停止処分の実施などにより、未収金の減少に努めました。その結果、未収金合計額は前年度に比べ24%、3,231万8,813円の減となりました。業務状況でございますが、給水件数は2万9,087件、給水人口は6万9,557人でありました。

 以下、事業につきましてはごらんいただき、決算書の方の449ページをお願いいたします。水道事業決算報告書でございます。これは消費税込みの数字となっております。まず収益的収入及び支出でありますが、収入の1款水道事業収益1項の営業収益は、全体の96%を占めており、水道料金15億8,812万8,956円が主なものであります。2項営業外収益は一般会計からの補助金が主なものであります。

 次に支出であります。1款水道事業費用1項営業費用は、水道用水企業団からの受水費が主なもので、2項営業外費用は企業債の支払利息、3項特別損失は水道料金の未収金の欠損処分で、時効等の理由により481人、2,837件分、2,195万195円を不納欠損処分としたものであります。

 450ページをお願いいたします。資本的収入及び支出であります。1款の資本的収入につきましては、1項の企業債の借り入れと、4項の下水道工事に伴う配水管布設替工事への負担金が主なものであります。次に支出であります。1款資本的支出1項建設改良費は、下水道工事に伴う配水管布設替えが主なものでありますが、交通対策により1億1,050万円を翌年度に繰り越しました。2項企業債償還金はごらんいただき、5項第6次拡張事業費は人件費が主なものであります。欄外に記載してありますが、資本的収入が資本的支出額に不足する5億6,130万6,771円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額と引き継ぎ補てん財源及び過年度分損益勘定留保資金で補てんいたしました。

 451ページをお願いいたします。損益計算書でありますが、1年間の収益的収支について消費税抜きの数字で記載してあります。1の営業収益から2の営業費用を差し引きました営業利益は2億6,819万2,967円となりました。次に3の営業外収益から4の営業外費用を差し引きますと、2億3,051万5,727円の損失となり、経常利益は3,767万7,240円となり、6の特別損失の過年度損益修正損と合わせて当年度は純利益が1,671万7,928円で黒字決算となり、当年度未処分利益剰余金となりました。

 452ページをお願いいたします。剰余金計算書でありますが、ごらんいただきまして454ページへお願いします。454ページは剰余金処理計算書でありますが、当年度未処分利益剰余金1,671万7,928円を減債積立金として積み立てるものであります。

 次の455ページは貸借対照表であります。資産の部の1の固定資産でありますが、下水道工事に伴う配水管布設替えにより(1)のハの構築物がふえており、(2)の無形固定資産は現市庁舎の建設負担金で、減価償却費に相当する額を毎年差し引いています。2の流動資産(2)の未収金は水道料金が主で、前年に比べて2,529万円、約17.1%減少していますが、滞納整理の成果でございます。

 次の456ページをお願いいたします。負債の部ですが、3の固定負債は退職手当、修繕のための引当金であります。4の流動負債の(1)の未払金は水道用水企業団からの差額受水費と建設改良費で、ともに6月までに支払いが完了しているものでございます。

 次に資本の部ですが、5の(2)の企業債は繰上償還により前年度比3.3%の減となりました。一番下の負債資本合計の額は188億7,711万9,895円で、前ページの資産合計と一致しております。

 以上が平成19年度伊那市水道事業会計決算であります。

 次に議案第25号、平成19年度伊那市下水道事業会計決算について御説明いたしますので、決算報告書の方の217ページをお願いいたします。下水道事業につきましては、平成19年度から地方公営企業法を全部適用し、地方公営企業となりました。建設改良事業の推進を図るとともに、下水道未接続世帯への臨戸訪問を行い、水洗化の促進を図りました。

 (1)の普及状況等でございますが、平成19年度末の普及率は73.8%、水洗化率は65%という状況でございます。(3)の経理の状況でございますが、収益的収支では当年度で純損失8億7,950万323円を生じ、全額未処理欠損金として翌年度に繰り越すことになりました。

 以下はごらんいただきまして、決算書の479ページをお願いいたします。479ページ、下水道事業決算報告書でございますが、この報告書は消費税込みの数字となっております。

 まず収益的収支でありますが、収入の1款1項の営業収益は下水道使用料8億7,154万9,160円が主なものでございます。2項営業外収益は一般会計からの補助金等が主なものでございます。

 次に支出でありますが、1款下水道事業費用1項営業費用は処理場及び下水道管、管きょ施設等の維持管理費、減価償却費等が主なもので、2項営業外費用は企業債の支払利息、3項特別損失は下水道使用料の未収金の欠損処分で時効等の理由により428件分280万6,929円を不納欠損処分としたものであります。

 480ページをお願いいたします。資本的収入及び支出であります。1款の資本的収入につきましては、1項の企業債の借り入れと4項下水道工事に伴う受益者負担金が主なものであります。

 次に支出であります。1款資本的支出1項建設改良費は下水道整備にかかわる工事費が主なものでありますが、交通対策等により7億9,712万1,700円を翌年度に繰り越しました。2項企業債償還金はごらんいただき、欄外に記載してありますが、資本的収入が資本的支出に不足する5億4,312万2,886円は当年度分消費税及び地方消費税資本的資本的収支調整額と引き継ぎ金及び過年度分損益勘定留保資金で補てんしました。

 481ページでございますが、特例的収入及び支出でございますが、企業会計への移行に伴い平成18年度は打ち切り決算となったため、収入については特例的収入として収入の一部を平成19年で、支出についても特例的支出として支出の一部を平成19年度で行ったものでございます。なお、この措置は企業会計移行に伴うもので、平成19年度限りの特例措置でございます。

 482ページをお願いいたします。損益計算書でございますが、消費税抜きの数字で記載してあります。1の営業収益から2の営業費用を差し引きました営業損益は8億7,913万1,345円となるものでございます。次に3の営業外収益から4の営業外費用を差し引きますと230万4,723円となり、経常損失は8億7,682万6,622円となり、6の特別損失の過年度損益修正損と合わせて冒頭申し上げましたが、当年度は8億7,950万323円の純損失となりました。

 483ページになりますが、剰余金計算書でありますが、純損失8億7,950万323円がそのまま当年度未処理欠損金となるものでございます。

 486ページをお願いいたします。貸借対照表でありますが、またごらんいただきたいと思います。

 次に議案第26号、平成19年度伊那市自動車運送事業会計について御説明いたしますので、決算報告書の232ページをごらんいただきたいと思います。自動車運送事業会計でございますが、平成19年度は4月25日から11月4日まで途中台風による影響で6.5日の運休がありましたが、187.5日間の運行を行い、運送距離は7万9,048キロ、利用者は4万4,787人、前年度比では5.2%の減でありました。

 以下、事業内容はごらんいただき、御面倒ですが決算書の537ページをお願いします。収益的収入及び支出の収入でございますが、1項の営業収入の1目運送収益は旅客運賃4,545万8,002円及び手荷物料金収入の581万1,700円で、前年度比2.9%の減、2項の営業外収入は建設改良積立金の取り崩しによる繰入金と、林道南アルプス線の維持管理のための一般会計からの補助等でございます。支出につきましては1項自動車運送事業営業費用は人件費及びバス運行等営業にかかわる経常的経費及び固定資産償却費であります。

 538ページをお願いいたします。資本的収入及び支出はそれぞれございませんでした。

 539ページになりますが、損益計算書ですが、営業利益は1,401万9,768円の赤字、営業外収入で繰入金及び補助金収入を充て、当期の純利益は0円となり、結果、前年度繰越利益剰余金の2,875万1,492円が当年度未処分利益剰余金となりました。

 540ページをお願いします。剰余金計算書はごらんいただき、剰余金処分計算書ですが、3の建設改良積み立て680万4,266円を行い、翌年度繰越利益剰余金は2,194万7,226円となるものでございます。貸借対照表はごらんいただきまして、以上が平成19年度伊那市自動車運送事業会計決算でございます。

 以上、一般会計、特別会計及び企業会計の11会計の決算案件について御説明申し上げました。よろしく御審議の上、認定いただきますようお願いいたします。



○議長(中村威夫君) 暫時休憩といたします。再開は午後1時30分からといたします。したがいまして井上代表監査委員によります決算審査の結果報告は、1時半からということで御理解をいただきたいと思います。



△休憩 午後0時25分



△再開 午後1時30分



○議長(中村威夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 井上代表監査委員。

     (代表監査委員 井上富男君登壇)



◎代表監査委員(井上富男君) それでは決算審査の結果について報告を申し上げます。

 お手元の決算審査意見書に基づいて、主な点につきまして御報告申し上げますので、表紙をめくっていただきまして目次をごらんください。初めに意見書の構成は、1ページから6ページにかけては審査の対象から審査の結果までが記載してございます。10ページから47ページに一般会計、48ページから65ページに特別会計、68ページから83ページに公営企業会計について記載してございます。また19年度決算から監査委員に義務づけられた健全化判断比率の審査意見を7ページから9ページに、その基礎資料が84ページから86ページとなっております。

 それでは進んでいただきまして、1ページをごらんください。第1として審査の対象ですが、平成19年度一般会計歳入歳出決算ほか、以下上げてございます10会計の決算と、これにかかわる事項別明細書及び関係調書が審査の対象となりました。

 審査の期間は7月4日から7月23日及び7月30日に伊那市役所、監査委員事務局の部屋において実施いたしました。

 続いて第4として、審査の手続につきましては、市長から提出された平成19年度伊那市一般会計、特別会計、公営企業会計歳入歳出決算書、歳入歳出決算事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書及び基金の運用状況について、計数に誤りはないか、財政運営は健全か、予算の執行は適正になされているか等について検討を行い、関係者からの説明を受け、審査を実施いたしました。

 そして第5となりますが、審査の結果について御報告申し上げます。まず審査に付された平成19年度伊那市一般会計、特別会計にかかわる決算書、附属書類の各計数は関係諸帳簿、証書類と照合の結果、誤りは認められず、また予算の執行状況はおおむね適正に執行されていることが認められました。

 次に同様の審査によりまして実質収支に関する調書、財産に関する調書及び基金の運用においても誤りは認められず、予算の執行状況はおおむね適正に執行されていることが認められました。

 また同様の審査により、公営企業会計では水道事業会計、下水道事業会計、自動車運送事業会計においても誤りは認められず、予算の執行状況はおおむね適正に執行されていることが認められました。

 ただし補助金の交付事務、支出負担行為事務等、一部に軽微な改善を要する事項が認められましたので、今後なお一層条例、規則等に基づいて合理的で的確な事務処理に努められますよう要望します。

 なお審査時に指摘した事項について整理し、改善、検討を要すると思われる事項についてまとめ、伊那市長及び伊那市議会議長、並びに各行政委員会の委員長あてに書面で提出いたしましたので、改善すべき点は早目の対応に努めてください。

 次に予算執行及び事務の遂行について。平成19年度決算においては、各事業に生じた不用額については経費削減努力による効率的な事務執行により生じたものと、事業の未執行または見込み違いにより生じたものがありますが、市全体では多額となります。資金不足時には振り替えや繰り入れ対応によりしのいでおりますが、今後予算編成時から内容を厳格に精査の上、予算化し、不用が確定したときは適切に減額補正等の対応をすることで、財源が有効に活用されるべきであると考えます。

 1つとしまして、補助金、委託料について、交付決定する段階では審査されておりますが、支出後あるいは次年度においても事業効果を検証し、税金が有効に使用されているかを見きわめることが必要であります。

 2つ目としまして、市単独事業については、単費で実施することなく、補助事業、財団等助成事業の活用、協賛金、参加費、必要経費などを確保し、経費削減につなげてください。

 3つ目としまして、委員会、審議会のあり方について、市民の参画により民意を反映させることは必要でありますが、新規立ち上げの委員会、審議会は設置時期、協議事項及び委員定数の選定を十分検討してください。また既存の委員会、審議会は現在92あり、約2,800人の委員に3,000万円もの報償費が支払われております。一部の委員会、審議会の中には真に機能していないところもあるため、委員定数、統廃合を検討すべきと考えます。

 4つ目としまして、事業の執行にはやむを得ず随意契約により取り扱う場合がありますが、随意契約といえども2者見積もり等を徹底し、競争原理を働かせ、経費削減につなげる必要があります。競争入札で行った方が随意契約より落札率が低い事例もあるので、できる限り競争入札が望ましいと考えます。

 次に未収金解消について。平成17年度末の決算で約16億8,000万円まで増加した市全体の未収金は、平成18年度末で約15億7,000万円、平成19年度末で約14億2,000万円まで減少させることができました。これは18年度以降、5年間の解消方針、解消目標である未収金解消プログラムに基づいてさまざまな対策を職員一丸となって実施した結果であり、苦情を言われる中で昼夜にかかわらず延滞整理を行った職員の努力に敬意を表したいと思います。

 続いて4ページの表をごらんください。延滞の内容について4ページに保育料と学校給食費の未納が発生している家庭の理由を表にしたものがあります。この数値は監査時に担当課から聞き取りしたところ、提示されたものですが、保育料の滞納については経済的要因がほとんどであり、悪質なものはありません。ここで訂正文でお願いしてありますが、申しわけありませんが、保育料の表で1つ訂正をお願いいたします。表の中ほどに「G 現年度収納率」がございますが、現年度分ではないので「現年度分」だけ削除をお願いし、「収納率」としていただきたいと思います。

 続けます。一方、表を見ていただくとわかるとおり、小中学校の給食費の滞納には経済的な理由によるものも多いが、悪質と思われるものが11件、実態のわからないものが25件あることが確認できましたので、今後悪質なものに対してはさらに厳しく対処することが必要であります。

 続いて5ページをごらんください。5ページには未収金にかかわる全体表をまとめました。一般税小計は約11億9,000万円となり、前年度比約7,500万円、6.0%の減となりました。料金等小計は約2億1,000万円となり、前年度比約7,000万円、25.1%の減となりました。また、その他の料金等小計は約2,200万円となり、前年度比190万円、7.8%の減となりました。

 一方、不納欠損額を見ても約1億8,000万円となり、前年度比約1億円の減となりましたが、そのほとんどは一般税であり、不納欠損処分について無作為抽出による20件の試査を行いました。その結果、どれも適法に処理されていると認められましたが、歳入されるべきお金が消滅するわけですから、公平性確保の観点からも今後も滞納解消に厳正を期すよう努めてください。

 景気の減速で格差社会が発生し、社会的弱者が多く見られる中で、未収金解消のため現場の職員は日々努力しておりますが、表にあらわれたような弱者に対して伊那市としてはどのような施策で臨むのか、理事者、議会においても検討をいただきたく、要望いたします。

 次に組織体制の見直しについて報告します。合併後2年が経過しましたが、決算審査の折、組織上の問題があると思われる事項が幾つかありました。平成19年度も組織の見直しを行っておりますが、見直しを続ける中で確立していく部分、政策等により発生及び消滅する部分とがありますが、常に状況を見きわめていくことが必要と思われます。合併協議事項における約束事項は尊重することは当然ですが、市政運営の効率的のために必要と思われることは十分協議し、住民の理解を得られることは早目の対応をしていくことが必要と思われます。

 また職員数についても、最終的には2割削減の目標に向かって努力しておりますが、人員削減による住民サービス低下を防ぐため適材適所への人材登用、一人一人の能力アップ、管理職の部下掌握能力の向上、業務の民間委託等により常時前向きな姿勢で改善していくことが必要と思われます。

 国から地方へ一部税源が移譲されたとはいえ、地方交付税は年々減少しており、市財政運営も厳しい状況が続きます。それは当市の起債残高は約880億円、ただしこの中には交付税措置されているものがあります。と多額となり、平成19年度健全化判断比率の実質公債費比率は20.0%と県下19市の中でも高い方に位置しています。また経常収支比率は前年度比13.4%上昇し、現在94.9%となり、市の財政状況は弾力性を失いつつあると考えられます。

 さらに伊那市の貯金に当たる財政調整基金と減債基金の残高が、平成18年度末から6億4,000万円減少し、21億6,000万円の残高となり、これからの税収減や災害発生時の緊急支出に対しての財政運営のリスクが増大しているので、健全財政に向けさらなる聖域なき見直しが必要な段階にあると思われます。

 総務省が全国自治体に対し、平成21年度秋までに公表を義務づけた公社、第3セクターなどを加えた連結ベースの貸借対照表、及び19年度決算より自治体財政健全化法により、実質赤字比率、連結実施赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率の4指標を公表することになります。これより市民も伊那市の財政状況及びサービスにどのくらいのコストがかかるか等の情報の共有化を図り、市民の理解を得る中で、長野県一のまちづくりの公約のもと、市民の誇れるまちにすべき的確な行政運営に努められますよう要望いたします。

 10ページから83ページまでが一般会計、特別会計、公営企業会計の決算の概況、数値、前年度との比較を記載いたしましたが、細かい表でありますし、会計管理者との重複している部分もありますので、省略させていただきますので、それぞれ後ほどごらんください。

 それでは次に、平成19年度健全化判断比率の4指標の審査、意見につきまして御報告申し上げますので、7ページをごらんください。なお伊那市から、お手元に4指標の数値の表が2枚あると思いますが、それも合わせてごらんいただければありがたいと思います。この2表でございます。

 健全化判断比率は実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率、3つの公営企業会計における資金不足等比率について、計数に誤りはないか、法令に基づいた支出を計上しているか、財政指標から伊那市の財政運営は健全であるか等の諸点について検討いたしました。

 結果につきましては8ページから9ページをごらんください。当市の状況でございますが、実質赤字比率4.09%の黒字と、連結実質赤字比率は9.49%の黒字で、赤字なしのため該当なしの棒線となりました。なお、この比率への指摘すべき事項は特になく、計上数値は適正でありました。

 次に実質公債費比率につきましては、平成19年度では標準財政規模は約194億円とされ、交付税措置額分を差し引いた約152億4,000万円に対し、地方債償還の実負担額が約31億7,000万円となり、実質公債費比率は20.8%でありましたが、公表数値は17年度から19年度の3カ年の平均となるため20.0%となりました。

 平成19年度を見ると、その中で準元利償還金が占める割合が6.8%と多くなっています。その内訳は簡水特別会計、下水道公営企業会計で約9,000万円、これが0.6%、一部事務組合負担金等で病院事業が約3億1,000万円で2.1%、債務負担行為にかかわるもので上伊那福祉協会に対する老人ホーム整備負担金が約1億1,000万円で0.7%、さくらホテル年賦代金が約7,5000万円で0.5%などとなっており、この5件で実質公債費比率を4.5%押し上げている現状が見られます。

 早期健全化基準の25.0%は下回っているものの、高い数値となっております。今後も大規模な工事が予定されているところで、起債借り入れも続き、実質公債費比率に影響が出ますので、事業計画に沿った健全な財政運営に努め、適正水準になるよう改善してください。

 続いて将来負担比率につきましては、114.2%となり、早期健全化基準の350%を大きく下回っていますが、さらに県下19市の平均値まで比率を引き下げるよう改善してください。

 公営企業会計における資金不足比率については、水道事業会計、下水道事業会計、自動車運送事業会計、簡易水道事業会計特別会計とも資金不足は生じておらず、該当なしとなりました。その表が、示された表がここにございます。それもまた見ておいてください。なお、この比率の指摘すべき事項は特になく、法令に基づき適正な積算により算出されておりました。

 最後に84ページから87ページにかけて、各指標の根拠となった数値を記載してありますので、それぞれ後ほどごらんください。

 国より健全化判断比率の4指標の公表が各自治体に義務づけられ、その正確性の検証を監査委員に求められていますが、指標によっては公営企業、一部事務組合、広域連合及び公社第3セクター等の決算数値の計上を求められており、基礎数値の把握が非常に難しく、大変な作業でありましたが、国より示されたマニュアルを参考にし、対処いたしました。今年度は初年度のため、意見書の形式につきましては形式が定めがなかったため、このような形式とさせていただきましたので御了承いただきたいと思います。

 なお、伊那市の健全化判断比率の4指標については、本日の全員協議会において担当部長より詳細な報告があると聞いておりますので、議員の皆さんにおかれましてもチェック機関として検証をいただきたく、お願い申し上げます。

 以上をもちまして、決算審査の意見といたします。



○議長(中村威夫君) それでは先ほど村田会計管理者の説明のありました決算の説明と、ただいま井上代表監査委員から説明のありました決算審査の報告結果に対しての質疑に入ります。御質疑ありませんか。

 23番、北原幸彦議員。



◆23番(北原幸彦君) 監査委員さんにお尋ねします。これは自分の勉強不足もあろうかと思いますが、言葉の使い方の理解についての理解ができないということからかわかりませんが、審査の結果5のところで、おおむねという言葉が出てきます。決算におおむねという言葉はどういうことかということでございます。おおむねということは結局おおむねということであろうかと思いますが、それをひもといていくと、辞書なんか見てひもといていくとちょっと違う意味になります。そこで自分なりに解釈すると、このおおむねという言葉を使っているということは、決算計画と実施状況についての開きがあるためにこういう言葉を使っているかどうかということでございます。そういうことの中で、おおむねという言葉を使っていると。今年度のやつは3カ所にも出てきたものですから、非常に不思議がってきょう質問したわけでございます。前年度の決算報告を見ると1カ所しか出ていません。そういうことの中で、今年度はそれだけおおむねという言葉を使わなければいけない決算の結果であったのかな、こういうようにも解釈できるわけでございます。

 それともう1つは、今までは伊那市長にこういう改善勧告とか、そういうぜひやってほしいということまで出ていたわけでございますが、市会議長にも出ている、それから行政の長にも出ているという、非常に決算に対する内容としては悪いのかなと、こういう解釈もできます。そういうことで今、質問するわけでございます。そんなことでこの最初のおおむねという言葉の解釈、また自分の言った予算計画と実施状況についての差をおおむねという言葉であらわしているのかということ、それから市長とともに議会議長、行政の長にも出したということは、市長に出せば当然行政の長にも、みんな議会の方にも伝わるということだろうと思いますが、今年度はこれを書かなければならないほどいけなかったのかなと、こういう解釈にも1つはできましたので、質問させていただきます。よろしくお願いします。



○議長(中村威夫君) 井上代表監査委員。



◎代表監査委員(井上富男君) 疑問を持たれるような意見書で申しわけありませんが、1つですが、おおむねということでございますけれど、私も民間から来ましておおむねという言葉、非常にわからないと、そのように思いましたんですが、監査委員の研修に行きましても全部が全部わかるわけじゃないから、おおむねという言葉が適当だと、そういうことで多分全国の監査委員がそういうのを使っていると思います。適正と言ってしまいますと何か出た場合には非常に困ると、そんなものがあると聞いております。

 それで今回の場合も、意見書の中に改善する事項が、数字の方はみんな適正であるということでチェックした関係、いいと。ただ事業につきましては、改善する事項が幾つもありまして、それを市長に出してはございます。そういうものがある限りは適正とは言えないからおおむねということになると、そういう解釈で使っております。

 きょうは、今、来るときに天気予報を聞きましたら、天気の方でもおおむね晴れとか言っておりましたけれど、そういう方で使うのかなと思いましたけれど、監査の方ではそういう意味で使っておりまして、我々例えば1カ月かけて監査をするわけですが、全部を見切れるわけではございませんので、ただ目こぼしがあった点があったりして、そういう点もありますのでこういう表現になりましたので、御理解いただきたいと思います。

 それからもう1つ、今回市長ほか議会、各行政委員会に出したというのは、今までもそうしてあったんですが、正式にそれは地方自治法によりまして出すのは、報告するのは、監査委員が報告するのは理事者、それから議会、それから行政各委員長と、そのように定めがあります。やっぱりそこら辺ははっきりしておいた方がいいということで、今回その名前も正式に入れさせてもらったものでありまして、今までがちょっとなかったものですから不思議に思われたと思いますけれど、その点は今までと同じでございまして、やっぱり法律によって出すところが決まっているものですから、その場所を入れたと、そういうことで御理解いただきたいと思います。

 以上です。



○議長(中村威夫君) 23番、北原幸彦議員。



◆23番(北原幸彦君) ありがとうございました。そう言われるとやはり自分の理解不足だったんだなということでございます。一番最初の監査委員の市長に対する報告でございます。そこに地方自治法の233条の2項ということで書いてあります。今、代表監査委員の言われたこと、それから241条の5項ということで、これをひもといていけばそのとおりになります。そこを承知していながら見過ごしていたと、自分の至らなさを今、指摘されたわけでございますが、そんなことで一応わかりました。ありがとうございました。



○議長(中村威夫君) 16番、柳川広美議員。



◆16番(柳川広美君) 16番です。決算審査意見書の9ページ、将来負担額試算の中の伊那市観光株式会社の将来負担見込額約1億5,000万ということですが、これ羽広荘の改修工事費だと思いますけれども、昨年度の経済建設委員会では、この借入金については伊那市が2分の1、観光株式会社が2分の1を返済して対応すると委員会では説明がありましたが、これを見ますと伊那市が全額負担になると思いますけれども、どうしてそういうことになったんでしょうか。



○議長(中村威夫君) 井上代表監査委員、答弁できますか。

 唐木産業振興部長。



◎産業振興部長(唐木好美君) 今、議員さんの御指摘でございました伊那市観光株式会社の1億5,000万の関係でございますけれども、たしか昨年の暮れの補正のときでございますけれども、本来伊那市の施設として負担していくべきであるということでございまして、1億5,000万に全額出していただくということで議会の承認を得たと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(中村威夫君) そのほかよろしいですか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑・討論を終結いたします。

 議案第16号から議案第26号までの11案は、付託表のとおり所管の委員会に分割付託いたしますので、十分御審査をいただきたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第27号 平成20年度伊那市一般会計第3回補正予算について



△議案第28号 平成20年度伊那市介護保険特別会計第2回補正予算について



△議案第29号 平成20年度伊那市営駐車場事業特別会計第1回補正予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第14、議案第27号「平成20年度伊那市一般会計第3回補正予算について」から議案第29号「平成20年度伊那市営駐車場事業特別会計第1回補正予算について」までの3案を一括議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 まず林総務部長。

     (総務部長 林俊宏君登壇)



◎総務部長(林俊宏君) 議案第27号について御説明をいたしますので、補正予算書の3ページをお願いいたします。平成20年度伊那市一般会計第3回補正予算であります。第1条で歳入歳出それぞれ4億2,750万円の追加をお願いいたしまして、総額を312億5,100万円とするものであります。

 今回の補正は、ふるさと寄附金の積み立てをするためのふるさと応援基金の創設、住基カードにイーナちゃんカードの機能を組み込むための費用、旧上伊那図書館を学習と交流の拠点として再生する事業、6月豪雨災害による災害復旧のための費用、また国、県の事業補助、事業内容の見直しなどを中心にお願いをするものであります。この補正後の予算規模は前年同期と比較いたしまして4%の減であります。

 第2条は継続費、第3条は債務負担行為、第4条は地方債の補正でありますが、別表で御説明をいたしますので6ページをお願いいたします。6ページは第2表継続費でありますが、旧上伊那図書館を学習と交流の拠点再生事業として20年度、21年度の2カ年で整備するため継続費を設定するものであります。

 次の7ページは、第3表債務負担行為でありますけれども、20年度中の貸し付けにかかわる農業経営基盤強化資金の融資の利子補給金を追加するものであります。

 おめくりをいただいて8ページ、第4表地方債の補正であります。1の追加は災害復旧事業にかかわるもので、2の変更はいずれも限度額の変更であります。最初の道路整備事業は小出島区の小戸沢線の排水対策などに伴うもの、次の合併特例事業債は旧上伊那図書館整備事業などに伴うものであります。最後の過疎対策事業債は高遠町三義地区の三義生活センター線の整備にかかわるものでございます。

 続きまして歳出について御説明いたしますので、24ページ、25ページをお願いいたします。24ページ、歳出2款1項3目財政管理費は、入札の公平性、透明性を確保するため入札等検討委員会を新たに設置するための経費でございます。5目財産管理費の18節備品購入費は、議場の放送設備にかかわるもの、19節負担金は公共下水道の受益者負担金、6目企画費25節積立金は、ふるさと寄附金をふるさと応援基金に積み立てるものであります。2項2目の賦課徴収費の19節負担金は、社団法人地方税電子化協議会への加入金であります。

 おめくりをいただいて、4款1項3目環境衛生費の19節補助金は、太陽光発電システム設置にかかわる補助金の増額をお願いするもの、2項1目清掃総務費の9節旅費から14節使用料及び賃借料までは、新ごみ中間処理施設用地選定にかかわる先進地の視察や資料の作成にかかわる経費をお願いするもので、19節補助金は生ごみ処理機購入にかかわる補助金の増額をお願いしたものであります。

 おめくりをいただき、6款1項3目農業振興費の13節委託料は、伊那市の水系の中で収穫される作物に含まれるミネラルについて信州大学に委託して分析をするためのものであります。19節補助金はJAの補助金、担い手農地集積高度化促進事業による田原地域と山室地域の農事組合法人への補助金等であります。5目農地費の7節賃金から12節役務費までは、農地・水・環境保全向上活動推進交付金にかかわる経費をお願いしたもの、13節委託料は頭首工の台帳整備のための委託料、また14節使用料は台帳整備に必要な什器借上使用料であります。

 おめくりをいただき、6目農業施設費の11節需用費は、名人亭の自動火災報知器の落雷被害にかかわる修繕料、2項2目林業振興費の15節工事請負費は、県の森林環境整備事業交付金によるますみヶ丘平地林内の水路を設置するためのものであります。

 おめくりをいただいて、7款1項2目商工業振興費は、住民基本台帳カードの多目的利用を図るため財団法人地方自治情報センターの補助を得まして、伊那市コミュニティカード協同組合のイーナちゃんカード機能を付加するためのシステムの改修委託料などの事務費であります。3目観光費7節賃金は長衛荘の利用者増に伴う臨時職員賃金、11節需用費はローズガーデンへの誘導看板の設置や長衛荘及び仙丈小屋の利用者増に伴う賄い材料費などの増額をお願いするもの、13節委託料は山小屋の利用増に伴う施設管理費などを増額するもので、15節工事請負費は高遠さくらホテル脱衣所や入野谷のふろの天井等の修繕工事費であります。19節補助金は伊那市観光株式会社に管理委託をしている観光施設の運営費の赤字分を補助するものと、伊那市観光協会へ保科正之公リーフレット作成の補助をするためのものであります。25節積立金は6月補正予算でお願いをいたしましたまちづくり基金への積み立てについて、観光協会への補助に組み替えてお願いをするものであります。

 2枚おめくりをいただいて36ページをお願いいたします。36ページ、8款2項3目道路新設改良費は三義生活センター線を今年度で完成するため、一般道路改良事業から特定路線事業に組み替えをお願いするもの、4項1目都市計画総務費は小黒川スマートインターチェンジの社会実験に向けての準備会を設置するための予算の組み替えでございます。

 おめくりをいただき、5項2目住宅建設費の19節補助金は、木造住宅耐震補強事業補助金の増額であります。

 おめくりをいただき、40ページ、10款1項2目事務局費の7節賃金は学校耐震化推進のための臨時職員賃金、2項1目学校管理費の7節賃金は専科の音楽講師1人分の賃金であります。3項2目教育振興費は、東部中学校区をモデル地区とした学校支援地域本部事業にかかわる経費をお願いしたもので、この事業は3年間の長野県の委託事業であります。6項1目社会教育総務費は財源の組み替え、おめくりをいただき、6目社会教育施設費の12節役務費は旧上伊那図書館再生事業にかかわる建築確認手数料、13節委託料は旧上伊那図書館再生事業にかかわる管理委託料の増額をお願いするもの、15節工事請負費は旧上伊那図書館再生事業にかかわる工事費と、高遠美術館の豪雨被害に伴う施設改修費をお願いしたものであります。7項1目保健体育総務費の19節補助金は、六道原マレットゴルフ場トイレ改修に対する上川手、下川手区への補助金であります。2目体育施設費の15節工事請負費は市営野球場の外野フェンスを撤去するためものであります。

 おめくりをいただき、11款1目の農地農業施設災害復旧費、また2目の林道施設災害復旧費は、この6月の豪雨災害による災害復旧にかかわる工事請負費をお願いしたものであります。

 次に歳入について御説明いたしますので、18ページへお戻りを願います。18ページ、歳入であります。14款2項8目土木費負担金は道路改良事業にかかわる地元負担金の減額、11目災害復旧費負担金は耕地災害等災害復旧事業にかかわる地元負担金であります。15款1項7目商工使用料は長衛荘や仙丈小屋の使用料や、また高遠城址公園使用料の増であります。16款2項8目土木費国庫補助金は上牧笠原線にかかわる地方道路整備臨時交付金の増、また溝口戸台線にかかわるまちづくり交付金の減、10目教育費国庫補助金は旧上伊那図書館整備にかかわるまちづくり交付金の増であります。17款2項6目農林水産業費県補助金は、根菜類採種機導入等生産流通体制推進のための補助や頭首工台帳の整備のための補助金、また、おめくりをいただきまして、ますみヶ丘平地林整備にかかわる森林環境整備事業交付金、また2つの農事組合法人への補助金等であります。8目土木費県補助金は住宅の耐震改修事業に対する補助金の増、11目災害復旧費県補助金は耕地災害、林道災害の災害復旧事業にかかわる県補助金であります。3項10目教育費委託金は地域学校支援にかかわる県の委託金、19款1項2目総務費寄附金は6名の方からのふるさと寄附金321万円であります。10目教育費寄附金は伊東電機工作所さんからいただいた社会教育事業のための寄附金100万円であります。

 20款繰入金1項2目は市営駐車場特別会計の繰入金で、前年度決算によるものであります。2項5目1節及び10目1節は伊那市観光株式会社の赤字補てんに充てるための基金からの繰り入れ、21款は前年度繰越金、22款5項1目雑入の4節は新ごみ中間処理施設用地選定事業にかかわる広域連合からの負担金であります。

 おめくりをいただき、6節は名人亭落雷事故に対する全国市有物件からの共済金であります。7節は住基カードの多目的利用を図るための地方自治情報センターからの補助金や山小屋の売店収入などであります。10節は6月の高遠美術館豪雨被害による全国市有物件からの共済金、23款市債は先ほど御説明をさせていただいたものでありますので、ごらんをいただきたいと思います。

 以上であります。よろしく御審議いただきますようお願いをいたします。



○議長(中村威夫君) 伊藤保健福祉部長。

     (保健福祉部長 伊藤健君登壇)



◎保健福祉部長(伊藤健君) それでは、平成20年度伊那市介護保険特別会計第2回補正予算について御説明を申し上げます。

 補正予算書の49ページをお開きいただきたいと思います。第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出それぞれ8,021万円2,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ45億1,592万5,000円とするものでございます。

 歳出の方から御説明申し上げますので、60ページをお開きいただきたいと思います。第2款保険給付費の2項1目介護予防サービス等給付費でございますが、20年度分の特定入所者、介護予防サービス給付事業の負担金増が見込まれるために20万円の補正をお願いするものでありますが、地域密着型介護予防サービス給付事業の負担金を減額して対応するものであります。増額補正をお願いします給付事業は、要支援介護者の食事代、滞在費が保険給付外となったことに伴いまして、低所得者対策として基準額を超える部分を給付するものであります。減額します地域密着型介護予防サービス事業は、地域に開かれたサービス提供を確保するため創設された事業で、主なサービスは要支援者のための小規模多機能居宅介護、認知症対応型共同生活介護でありまして、19年度実績によりまして給付減が見込まれるものであります。

 62ページをお願いいたします。5款の基金積立金1項1目の介護給付費準備基金積立金の補正でありますが、前年度繰越金の確定によりまして、6,639万2,000円を積み立てるものであります。

 おめくりをいただきまして、64ページをお願いいたします。7款諸支出金の1項2目の償還金でございますが、19年度分の国及び支払基金からのルール分につきまして、国の介護給付費精算金1,378万908円、それから支払基金の介護給付費精算金3万7,985円、計1,382万円の償還金が生じたために補正をお願いするものでございます。

 歳出は以上でございますが、恐れ入りますが58ページにお戻りをいただきたいと思います。歳入でございますが、1款の保険料で現年度分の特別徴収保険料を13万9,000円減額しまして、12款の諸収入、いわゆる第三者行為のかかわる納付金を同額増額するものでございます。10款の繰越金につきましては、前年度繰越金の確定によるものであります。

 以上であります。よろしく御審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(中村威夫君) 守屋建設部長。

     (建設部長 守屋和俊君登壇)



◎建設部長(守屋和俊君) 議案第29号、平成20年度伊那市営駐車場事業特別会計第1回補正予算につきまして御説明いたします。

 補正予算書の69ページをお願いいたします。第1条第1項で、当初予算の総額に歳入歳出それぞれ501万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,890万4,000円とするものでございます。

 内容につきましては事項別明細書で御説明いたしますので、78、79ページをお願いいたします。歳入から御説明いたします。2款1項1目繰越金ですが、19年度の決算額が確定したことにより、新たに繰越金を計上するものであります。

 おめくりをいただきまして、80、81ページをお願いいたします。歳出でございます。1款1項1目一般管理費の14節使用料及び賃借料、15節工事請負費につきましては、通り町駐車場の自動管制装置導入事業費の確定による減額を、19節負担金補助及び交付金は再開発ビル共益費負担金の増によるもの、18節繰出金は一般会計への繰り出しを増額するものでございます。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(中村威夫君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

 16番、柳川広美議員。



◆16番(柳川広美君) 一般会計の補正予算書の33ページ、伊那市観光株式会社への補助3,090万5,000円ということですが、基金からの繰入金が約2,500万ということで、残りの約500万を伊那市が補助ということになるわけですが、伊那市観光株式会社は第3セクターで、伊那市以外の出資者が2割を占めているわけですが、その2割の方々はこの赤字について補てんをするのでしょうか。



○議長(中村威夫君) 唐木産業振興部長。



◎産業振興部長(唐木好美君) そういうような形の中で、経営が行き詰まってというような見込みがございますので、合わせて全体の中で市としても今回の補正予算をお願いしたわけでございます。



○議長(中村威夫君) そのほかございますか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第27号から議案第29号までの3案は、付託表のとおり所管の委員会に分割付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願・陳情について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第15、請願・陳情が文書表のとおり提出されております。紹介議員になっておられる方もありますので、補足説明のある方の発言を許します。

 18番、飯島尚幸議員。



◆18番(飯島尚幸君) それでは少しお願いをしたいと思います。39−3「伊那スキーリゾート継続について」の請願の件でございます。今をさかのぼること21〜22年ほど前、駒ヶ根市の株式会社ヤマウラがスキー場建設の話を当伊那市に寄せられました。当時の伊那市当局として大きな観光拠点になることや、大いなる経済財政展望からも進出に積極的に賛成をし、また先ごろも議会事務局の協力をいただきまして二十数年前の議事録を拝見をいたしましたけれども、当議会の私たちの先輩たちも限りない可能性に夢を託して応援をしてきた経過のあるスキー場であります。市当局は地元、地権者と株式会社ヤマウラとの契約の立会人という立場であります。

 時は流れて今日、株式会社ヤマウラは経営悪化を理由に撤退をするとのことであります。このことは極めてゆゆしいことであります。民間企業の論理とはいえ、経営には地元の協力がなかりせば経営できなかった事実や、さらに伊那市のスキー場への道路整備などあらゆる支援、協力の手を差し伸べてきたことへの恩義をも一顧だにすることなく、突然の撤退、中止はまことに理解に苦しむところであります。請願は市当局に対し、ヤマウラ側へスキー場経営の継続への強い主導を求める内容であります。時は急を告げております。今議会中に採択に進みますよう経済建設委員会の皆様、そして議場の皆様の力強い御支援をいただきますようお願いをするものでございます。どうぞよろしくお願いします。

 以上であります。



○議長(中村威夫君) そのほかよろしいですか。

 本件は文書表のとおり所管の委員会に付託をいたします。

 お諮りいたします。ただいま市長から議案第30号「専決処分の承認を求めることについて」が提出をされました。この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、この際、議案第30号「専決処分の承認を求めることについて」を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

 追加議案を配付いたしますので、そのまましばらくお待ちください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第30号 専決処分の承認を求めることについて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) お手元にすべて届きましたでしょうか。日程第16、議案第30号「専決処分の承認を求めることについて」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 林総務部長。

     (総務部長 林俊宏君登壇)



◎総務部長(林俊宏君) それでは日程に追加をいただきました報告案件の議案第30号、専決処分の承認を求めることについて御説明をいたしますので、今、お配りをいただいた追加議案書の1ページをお願いいたします。この議案は地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分といたしました案件であります。これを報告し、御承認をいただきたいというものでございます。

 専決処分の内容が2ページにございますのでお願いをいたします。専決処分書でございます。専決処分とさせていただきましたのは、ごらんをいただきますように字の区域及び名称の変更でございまして、専決第10号として平成20年8月29日付で専決処分をさせていただいたものであります。専決処分の理由でありますが、議案第2号でも御説明いたしましたが、8月4日から住所表示の変更を行いましたが、変更後の住所表示の一部に不ぐあいが生じたため、関係する方々の日常生活への影響が生じないように、字の区域及び名称の変更が必要となりましたので、8月11日に字の区域及び名称の一部について見直しを行い、専決処分をさせていただきましたが、その後、変更後の住所表示の一部に見直しが必要となったもので、改めて申し上げますが、日常生活に影響が出ないよう早期に変更する必要があったため、議会の開会するいとまがありませんでしたので、専決処分をさせていただいたものであります。

 字の区域及び名称の変更につきまして御説明いたしますので、議案書の3ページをごらんいただきたいと思います。字の区域及び名称を変更いたしましたのは別紙の1でございますが、本来小沢とすべき区域を字界線の錯誤により荒井としてしまったもので、これを本来の小沢にするものでございます。なお、このここにかかわる筆数につきましては5筆であります。よろしく御審議の上、御承認いただきますようお願いをいたします。



○議長(中村威夫君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。ただいま議題となっております議案第30号は、総務委員会に付託をいたします。

 ここで各常任委員会の審査の日程を御報告いたします。総務委員会、18日午前10時から、総務委員会、18日、午前10時から、社会委員会、17日午前10時から、社会委員会、17日午前10時から、経済建設委員会、16日午前10時から、経済建設委員会、16日午前10時から、以上でございます。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれをもって、散会といたします。



△散会 午後2時26分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名をする。

       伊那市議会議長

       伊那市議会議員

       伊那市議会議員