議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 茅野市

平成28年  5月 臨時会 05月10日−02号




平成28年  5月 臨時会 − 05月10日−02号









平成28年  5月 臨時会



              平成28年5月

            伊那市議会臨時会会議録

               (2−2)

1.開会  平成28年5月10日(火曜日)午前10時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2.出席議員の氏名(21名)

          1番     白鳥敏明

          2番     野口輝雄

          3番     丸山敞一郎

          4番     八木択真

          5番     唐澤千明

          6番     唐澤 稔

          7番     橋爪重利

          8番     宮島良夫

          9番     竹中則子

         10番     中山彰博

         11番     平岩國幸

         12番     飯島 進

         13番     若林敏明

         14番     飯島光豊

         15番     黒河内 浩

         16番     柴 満喜夫

         17番     前澤啓子

         18番     前田久子

         19番     柳川広美

         20番     飯島尚幸

         21番     伊藤泰雄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  欠席議員の氏名

                 なし

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3.説明のため出席した者の職氏名

       市長          白鳥 孝

       副市長         林 俊宏

       教育長         北原秀樹

       総務部長        原 武志

       市民生活部長      伊藤博徳

       保健福祉部長      城取 誠

       農林部長        富山裕一

       農林部参事       川中正光

       商工観光部長      田中 章

       建設部長        山崎大行

       建設部参事       堀 豊裕

       水道部長        廣瀬宗保

       教育次長        大住光宏

       会計管理者       三井栄二

       高遠町総合支所長    小松由和

       長谷総合支所長     田中博文

       総務部参事       伊藤明生

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

4.職務のため出席した事務局職員

       事務局長        井上 学

       次長          久保田 玲

       庶務係長        松澤美保

       主査          大木島和道

       主査          久保田政志

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5.議事日程

   日程第1 会議録署名議員の指名について

   日程第2 議案第1号 専決処分の承認を求めることについて

        議案第2号 専決処分の承認を求めることについて

        議案第3号 専決処分の承認を求めることについて

        議案第4号 専決処分の承認を求めることについて

        議案第5号 専決処分の承認を求めることについて

        議案第6号 専決処分の承認を求めることについて

   日程第3 議案第7号 教育委員会委員の任命について

   日程第4 議案第8号 公平委員会委員の選任について

   日程第5 議案第9号 監査委員の選任について

   日程第6 上伊那広域連合議会議員の選挙について

   日程第7 伊那中央行政組合議会議員の選挙について

   日程第8 長野県上伊那広域水道用水企業団議会議員の選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時00分



○議長(黒河内浩君) おはようございます。きのうは伊那市議会にとっては過去に例のない激動な一日だったわけですけれども、それを過ぎてきょうのとこは議事日程に沿って淡々と進めていきたいなと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お配りしてあります議事日程表によって議事を進めてまいります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(黒河内浩君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、17番、前澤啓子議員、18番、前田久子議員、お二人を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号 専決処分の承認を求めることについて



△議案第2号 専決処分の承認を求めることについて



△議案第3号 専決処分の承認を求めることについて



△議案第4号 専決処分の承認を求めることについて



△議案第5号 専決処分の承認を求めることについて



△議案第6号 専決処分の承認を求めることについて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(黒河内浩君) 日程第2、議案第1号「専決処分の承認を求めることについて」から、議案第6号「専決処分の承認を求めることについて」までの6案を一括議題といたします。事務局をして件名のみ朗読させます。

 井上事務局長。



◎事務局長(井上学君) 議案第1号「専決処分の承認を求めることについて」平成28年5月9日提出、伊那市長白鳥孝。

 議案第2号「専決処分の承認を求めることについて」平成28年5月9日提出、伊那市長白鳥孝。

 議案第3号「専決処分の承認を求めることについて」平成28年5月9日提出、伊那市長白鳥孝。

 議案第4号「専決処分の承認を求めることについて」平成28年5月9日提出、伊那市長白鳥孝。

 議案第5号「専決処分の承認を求めることについて」平成28年5月9日提出、伊那市長白鳥孝。

 議案第6号「専決処分の承認を求めることについて」平成28年5月9日提出、伊那市長白鳥孝。

 以上でございます。



○議長(黒河内浩君) それでは、理事者から提案理由の説明を求めます。

 原総務部長。



◎総務部長(原武志君) それでは、議案書の1ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第1号「専決処分の承認を求めることについて」御説明をいたします。

 初めに提案の理由でございますが、下段に記載してございますように、行政不服審査法の施行に伴いまして、伊那市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例を専決処分したものでございます。

 改正の内容につきまして御説明いたします。

 恐れ入りますが、議案関係資料の1ページをお開きいただきたいと思います。

 関係資料の1ページであります。伊那市固定資産評価審査委員会条例の新旧対照表でございます。平成27年度の3月議会におきまして、固定資産評価審査委員会条例の一部改正につきまして御承認をいただきました。当該改正に伴い生じました条ずれを正すため、11条の条文中の文言を改めるものでございます。

 内容についての変更はございません。

 恐れ入りますが、議案書の3ページにお戻りをいただきたいと思います。

 3ページ、附則でございますが、この条例の施行期日を平成28年4月1日とするものでございます。

 説明は以上でございます。御承認賜りますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(黒河内浩君) 伊藤市民生活部長。



◎市民生活部長(伊藤博徳君) 議案第2号「専決処分の承認を求めることについて」御説明申し上げますので、議案書4ページをお願いいたします。

 本議案は地方自治法第179条第1項の規定により、平成28年3月31日付専決第2号で、伊那市税条例等の一部を改正する条例を専決処分いたしましたので、これを御報告し御承認をお願いするものでございます。

 専決処分の理由でございますが、議案書の下段にございますように、国の平成28年税制改正に関連し、地方税法等の一部を改正する法律が本年3月31日に交付されました。このうち、4月1日からの即時施行分につきまして、速やかに対応するため、所要の改正にかかる伊那市税条例等の一部を改正する条例の専決処分を行ったものでございます。

 改正内容につきましては、別紙の改正概要で御説明いたしますので、議案関係資料の2ページ、伊那市税条例等改正内容をごらんください。

 2ページが、伊那市税条例等改正概要でございます。

 1の固定資産税・都市計画税の(1)は、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法に規定をします一定の対象施設の見直しといたしまして、アにございます太陽光発電についてのみ、国の固定価格買い取り制度の認定となる太陽光発電設備を対象外といたしまして、新たに自家消費型を対象とするなどの見直しを行い、加えて課税標準の特例といたしまして、自治体が一定の幅で軽減率を設定できますわがまち特例を導入した上で、アからオの対象発電設備の取得期限を2年間延長したものでございます。

 なお、軽減後の特例率につきましては、国の基準を参酌いたしまして、アの太陽光発電設備及びイの風力発電設備については、現行と同様の3分の2を、また安定的に発電を行いますウの水力発電、エ、地熱発電、オ、バイオマス発電設備については、現行の3分の2から2分の1へ特例率を拡充したものでございます。

 (2)は、都市再生特別措置法に規定する認定誘導事業者が福祉医療施設等の誘導施設とともに整備をいたしました公共施設等の用に供する家屋及び償却資産、具体的に申し上げますと、公園や広場、緑化施設にかかわる課税標準の特例措置を、やはりわがまち特例を導入した上で対象資産の取得期限を2年延長するもので、特例率は現行と同様の5分の4でございます。

 (3)は、省エネルギー改修を行った住宅に係る税額の特例措置の要件を見直すもの、(4)は地方税法等の改正に伴いまして、引用条項を改め文言の整理を行うものでございます。

 (2)の市たばこ税関係につきましても、地方税法等の改正に伴い引用条項を改め、文言の整理を行うものでございます。

 次の3、国民健康保険税関係の(1)は、国民健康保険税の基礎課税額及び後期高齢者支援金等課税額について、それぞれ2万円引き上げるもので、(2)は低所得者に対する負担軽減措置の拡充を行うため、軽減対象の所得基準を見直すもので、一人当たりの加算額を5割軽減では26万5,000円に、2割軽減は48万円にそれぞれ引き上げるものでございます。

 全体といたしましては、負担の上限を引き上げつつ、低所得層、中間所得層の負担増に配慮をしたものでございます。

 以上の改正につきまして、施行期日はいずれも平成28年4月1日でございます。

 3ページ以降は条例の新旧対照表でございますので、改正条例とあわせて御確認をいただきたいと思います。

 以上、議案第2号について御説明いたしました。よろしく御審議をいただき、御承認賜りますようにお願い申し上げます。



○議長(黒河内浩君) 続きまして、原総務部長。



◎総務部長(原武志君) 議案書の10ページお願いします。

 議案第3号「専決処分の承認を求めることについて」御説明をいたします。

 この議案は、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分を行いましたので、これを御報告し承認をお願いするものであります。

 めくっていただきまして、11ページお願いします。

 専決処分書でございます。平成27年度伊那市一般会計第13回補正予算を専決第3号として、平成28年3月31日付で専決処分をしたものでございます。

 事業費の確定によります補正、それから国県支出金や調査の確定等によります財源の補正を行ったものでございます。例年お願いしている内容と同じでございます。

 補正の内容につきまして御説明いたしますので、別冊の平成27年度伊那市補正予算書の3ページをお開きいただきたいと思います。

 補正予算書の3ページ、今回の補正でございますが、平成27年度一般会計の最終補正予算で、第13回補正予算となります。

 第1条は歳入歳出それぞれ3億6,690万円を減額しまして、補正後の予算の総額を歳入歳出それぞれ375億2,900万円としたものでございます。

 補正の主な内容でございますが、先ほども申し上げました事業費の確定と国県支出金詳細等財源の補正を伴うものでございます。補正後の予算の規模は、前年度の最終予算と比較しまして、12.8%の増でございます。

 第2条は地方債の補正でございます。別表で御説明申し上げます。

 めくっていただきまして、6ページお願いいたします。

 6ページ、第2表の地方債補正でございます。1の追加につきましては、情報セキュリティ構築事業におきまして、合併特例事業債を一般補助施設整備等事業債に組み替えるために追加したものでございます。

 下の表2は、変更でございます。東春近保育園建設や道路整備など事業費や地方債対象額の確定に伴いまして、それぞれ限度額を減額したものでございます。

 続いて、歳出予算の補正につきまして御説明いたします。恐れ入りますが、16ページまで飛んでいただきたいと思います。

 16ページ、2款総務費1項6目企画費でありますが、17ページに説明がございますふるさと給付金の歳入額が確定したことに伴いまして、ふるさと納税の特典と送付等のための通信運搬費、ふるさと応援基金の積立金につきまして、それぞれ減額するものであります。

 その下の地域振興につきましては、高遠町長谷地区の定住促進補助金の確定に伴いまして、事業費それからその財源であります過疎対策事業債を減額するもの。11目情報管理費の情報管理は、セキュリティ構築事業におきまして、合併特例債の対象となりませんでしたので、一般補助施設整備等事業債に起債額を減額しまして組み替えるための補正でございます。

 18ページ、お願いいたします。

 3款民生費、1項2目社会福祉施設費の高齢者福祉施設管理であります。過疎債の額が確定したことに伴います財源の組み替えであります。2項1目の児童福祉総務費の出産祝い金につきましては、事業費の確定に伴います財源組み替え、次の5目保育園費の東春近保育園建設は、同様に財源の組み替えとなりますけれど、3月補正予算におきまして、事業費については減額しております。財源の合併特例債のみを減額するものでございます。

 めくっていただきまして、20ページお願いいたします。

 4款衛生費、1項7目水道費の水道事業、これは水道事業会計への補助金の財源組み替え、その下の9目の国民健康保険費は、国保直診会計繰出し金で、診療所の医師等の人件費に対する繰り出しにつきまして、過疎債の対象額が確定したことに伴います財源組み替え、となります。

 22ページ、お願いいたします。

 このページは、6款農林水産業費、1項5目農地費の県営事業負担金から2項4目林道費の南アルプス林道維持管理まで、それぞれ地方債の確定に伴います財源の組み替えとなります。

 おめくりをいただきたいと思います。24ページ、7款商工費、1項3目観光費の観光施設管理は、地方債最少額の確定に伴います財源の組み替え、その下のエコパーク、ジオパーク推進事業につきましては、事業費と過疎債の確定に伴います財源の組み替えとなります。

 めくっていただきたいと思います。26ページの8款土木費、2項1目道路橋梁総務費の道路橋梁総務につきましては、公共事業等債の確定によります財源組み替え、2目の道路維持費の道路維持は、降雪が少なかったことに伴います除雪費用の減額、3目道路新設改良費の特定路線につきましては、事業費の確定と、それからスマートインター事業に充てておりました社会資本整備総合交付金をこの事業に充てることにしたことによります国庫支出金の増額と、地方債の減額、その下の交通安全施設は、合併特例債の確定に伴います財源の組み替え、スマートインターは事業費の確定と国庫支出金、合併特例債の減額となります。

 おめくりをいただきたいと思います。28ページ、4目の橋梁維持費で、合併特例債の確定に伴います財源の組み替えとなります。

 30ページ、お願いいたします。

 30ページ、9款消防費、1項3目消防施設費の消防施設整備は緊急防災・減災事業債の確定に伴います財源の組み替えとなります。

 おめくりをいただきたいと思います。

 32ページ以降は教育費の関係となります。このページにつきましては、1項3目教育施設費の教員住宅管理から、一番下、中学校改修まで、いずれにしましても国県支出金や地方債の確定に伴います財源の組み替えとなります。

 めくっていただきたいと思います。34、35ページにつきましても、高等学校教育振興事業から給食施設整備事業まで、いずれも地方債の確定に伴います財源組み替えとなります。

 以上が歳出でございます。

 続いて、歳入について御説明いたしますので、12ページにお戻りをいただきたいと思います。

 12ページ、歳入の補正でございます。

 最初の6款地方消費税交付金と12款の地方交付税につきましては、今回の専決補正にかかります一般財源としての充当を見込むものでございます。

 次の16款国庫支出金の2項国庫補助金は、小中学校の耐震整備事業におきまして、学校施設環境改善交付金を減額するもの、次の17款県支出金の2項県補助金は、小学校改修事業におきまして、県のグリーンニューディール基金補助金を減額するものであります。

 19款の寄附金でありますが、ふるさと納税の確定によりまして寄附金を減額するもの、次の20款繰入金の2項基金繰入金でありますが、ふるさと納税の特典等に当たります基金繰入を減額するものでございます。

 一番下の23款市債につきましては、先ほど6ページの地方債補正と歳出の補正で御説明させていただいたものでありますので、お願いいたします。

 以上、平成27年度伊那市一般会計第13回補正予算の専決処分につきまして、御説明をいたしました。よろしく御審議をいただきまして、御承認いただきますようお願いいたします。



○議長(黒河内浩君) 続きまして、城取保健福祉部長。



◎保健福祉部長(城取誠君) それでは、議案書の12ページをお願いいたします。

 議案第4号「専決処分の承認を求めることについて」御説明をいたします。

 この議案は地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分をいたしましたので、これを御報告し承認をお願いするものであります。

 おめくりをいただき、13ページをお願いいたします。

 専決処分書でございます。平成27年伊那市介護保険特別会計第3回補正予算を専決第4号として、平成28年3月31日付で専決処分をしたものでございます。

 専決処分の理由でございますが、3月定例会以降に生じました保険給付費の確定に伴う給付費の補正でございます。

 補正予算の内容につきまして御説明いたしますので、補正予算書の39ページをお願いいたします。

 補正予算書39ページ、今回の補正につきましては平成27年度介護保険特別会計の最終補正予算で、第3回の補正予算でございます。

 第1条は、歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳出予算の金額を、「第1表 歳出予算補正」によるものとしたものでございます。

 予算の内容につきまして御説明をいたしますので、44ページをお願いいたします。

 44ページ、下段の2款保険給付費、5項1目高額医療合算介護サービス等費につきまして、給付額の確定に伴い不足分を増額補正をさせていただき、同じく給付額の確定した上段の2款保険給付費、1項1目の居宅介護サービス等給付費について、同額を減額補正とするものでございます。保険給付費の中で同額を増額と減額するものでございまして、歳入の補正はなく、予算総額にも変更はございません。

 以上、平成27年度伊那市介護保険特別会計第3回補正予算の専決処分につきまして、御説明をいたしました。よろしく御審議をいただき、御承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(黒河内浩君) 続いて、廣瀬水道部長。



◎水道部長(廣瀬宗保君) それでは、議案第5号「専決処分の承認を求めることについて」御説明をいたしますので、議案書の14ページをお願いいたします。

 本議案は地方自治法第179条第1項の規定により、平成28年3月31日付専決第5号で平成27年度伊那市水道事業会計第2回補正予算を専決処分いたしましたので、これを報告し承認をお願いするものでございます。

 専決処分の理由でございますが、平成27年度の決算におきまして、消費税及び地方消費税の精算支払い額に不足が生じたため、補正予算の専決処分を行ったものでございます。内容について御説明をいたしますので、補正予算書の48ページをお願いをいたします。

 第2条収益的収入及び支出で、支出を800万円増額し、総額を16億4,468万1,000円とするものでございます。平成27年度にかかる消費税は、決算により納税額を確定させ、未払い金として執行いたしまして、平成28年度に納税するものでございますが、建設改良費等の執行額が見込みより少なかったということによりまして、予算不足が生じたため補正したものでございます。

 続きまして、議案第6号の「専決処分の承認を求めることについて」御説明をいたします。

 議案書の16ページをお願いいたします。

 本案件は、地方自治法第179条第1項の規定により、平成28年3月31日付専決第6号で、平成27年度伊那市下水道事業会計第3回補正予算を専決処分いたしましたので、これを報告し承認をお願いするものでございます。

 専決処分の理由でありますが、先ほど御説明しました水道事業会計同様に、27年度決算におきまして、消費税及び地方消費税の精算支払い額に不足が生じたため、補正をし専決を行ったものでございます。

 内容につきましては、補正予算書54ページをお願いいたします。

 第2条の収益的収入及び支出で、支出を900万円増額し、総額を30億7,067万1,000円とするものでございます。本会計におきましても、水道事業会計同様に建設改良費等の執行額が見込みより少なかったといった理由によりまして、消費税による予算に不足が生じたため補正をしたものでございます。

 以上、御審議をいただきまして、御承認を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(黒河内浩君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第1号から議案第6号までの6案は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。

 これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。

 よって議案第1号から議案第6号までの6案は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

 7番、橋爪重利議員。



◆7番(橋爪重利君) 7番、橋爪です。

 議案第2号について、お伺いしたいと思いますけれども、議案第2号の関係資料の2ページのところをごらんいただきたいと思いますけれども、ここのところで固定資産税、都市計画税関係とある中で、この特例率が3分の2の現行のままのところと、3分の2から2分の1へなっているもの、このアからオまでのこの内容を見ますと、私から見ると、いずれも自然エネルギーとかそういう関係に、私理解したんですけれど、その中でこういうように特例率が変わって定めるという、その理由をお伺いしたいと思いますけれど。



○議長(黒河内浩君) 伊藤市民生活部長。



◎市民生活部長(伊藤博徳君) 特例率に差が出てまいりました理由でございますが、電力の安定供給の観点というところから、天候や季節に左右をされない発電、この下の最後の水力、地熱、バイオマスでございますが、この三つがベースロード電源というふうに呼ばれておりまして、このものにつきまして安定供給の観点から優遇する方向に見直しをしたものでございます。



○議長(黒河内浩君) ほかに御質疑ございませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 御意見ございませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより議案第1号から議案第6号までの6案を一括採決いたします。

 本案は原案のとおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(黒河内浩君) 起立全員であります。

 よって議案第1号から議案第6号までの6案は、原案のとおり承認されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第7号 教育委員会委員の任命について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(黒河内浩君) 続きまして日程第3、議案第7号「教育委員会委員の任命について」を議題といたします。事務局をして件名のみ朗読させます。

 井上事務局長。



◎事務局長(井上学君) 議案第7号「教育委員会委員の任命について」、平成28年5月9日提出、伊那市長白鳥孝。

 以上でございます。



○議長(黒河内浩君) 理事者から提案理由の説明を求めます。

 白鳥市長。

     (市長 白鳥 孝君登壇)



◎市長(白鳥孝君) 議案書の18ページをお願いいたします。

 議案第7号「教育委員会委員の任命について」御説明を申し上げます。

 伊那市教育委員会は、5名の委員で構成されておりますが、このうち今回、提案理由にございますように、平澤光子委員が平成28年5月19日をもって任期満了となることに伴いまして、地方教育行政の組織及び運営に関する法律、第4号第2項の規定によりまして、教育委員として新たに原田信子さんを任命することについて、議会の同意を求めるものであります。

 原田信子さんは昭和39年2月23日生まれで52歳、住所は伊那市西町5995番地12で、行政区は西町区であります。

 任期につきましては、平成28年5月20日から平成32年5月19日までの4年であります。

 それでは、原田信子さんの略歴が19ページにございますので、ごらんをいただきたいと思います。

 生年月日、本籍、住所等はごらんいただきまして、原田さんは、東洋大学文学部を卒業され、職歴はごらんのとおりで、現在、浜田平信管理オフィス、またナチュラルダイエットクラブの代表を務められております。

 原田さんは人格が高潔で、主催する姿勢教室においても人望が厚く、二人のお子さんの教育に当たっては、PTA活動にも積極的に取り組まれた経験をお持ちでありまして、委員として適任者でございますので、御同意のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(黒河内浩君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第7号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。

 よって議案第7号は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 これより議案第7号を採決いたします。

 本案は原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(黒河内浩君) 起立全員であります。よって、議案第7号は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第8号 公平委員会委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(黒河内浩君) それでは日程第4、議案第8号「公平委員会委員の選任について」を議題といたします。

 事務局をして件名のみ朗読させます。

 井上事務局長。



◎事務局長(井上学君) 議案第8号「公平委員会委員の選任について」、平成28年5月9日提出、伊那市長白鳥孝。

 以上でございます。



○議長(黒河内浩君) 理事者から提案理由の説明を求めます。

 白鳥市長。

     (市長 白鳥 孝君登壇)



◎市長(白鳥孝君) それでは、議案書の20ページをお願いいたします。

 議案第8号「公平委員会委員の選任について」御説明を申し上げます。

 伊那市公平委員は3名の委員で構成をされておりますが、このうち今回提案理由にございますように、黒田宣子委員が平成28年5月19日をもって任期満了になることに伴い、公平委員として新たに宮坂文子さんを選任することにつきまして、地方公務員法第9条の2、第2項の規定によって、議会の同意をお願いするものであります。宮坂さんは、昭和30年5月1日生まれで61歳、住所は伊那市御園874番地2で、行政区は御園区であります。

 任期につきましては、平成28年5月20日から平成32年5月19日までの4年であります。

 それでは、宮坂さんの略歴が21ページにございますので、ごらんいただきたいと思います。

 生年月日、本籍、住所等はごらんをいただきまして、宮坂さんは信州大学教育学部を卒業され、昭和53年4月から長野県内小中学校教諭として勤務され、平成20年4月から平成23年3月まで、伊那市長谷中学校校長、平成25年4月から平成28年3月まで、駒ケ根市立赤穂東小学校の校長を務められ、退職をされました。現在は、伊那保健福祉事務所で保健専門相談員を務められております。

 おめくりいただきまして、公職歴でございますが、平成26年4月から平成27年3月まで長野県女性校長会会長、平成27年4月から平成28年3月まで、上伊那校長会副会長、上伊那小学校長会会長、長野県小学校長会理事を務められております。

 宮坂さんは、豊富な知識と見識をお持ちでありまして、また人格も高潔で委員として適任者でございますので、御同意のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(黒河内浩君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第8号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。

 よって議案第8号は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 これより議案第8号を採決いたします。

 本案は原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(黒河内浩君) 起立全員であります。よって、議案第8号は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第9号 監査委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(黒河内浩君) 続きまして日程第5、議案第9号「監査委員の選任について」を議題といたします。

 ここで地方自治法第117条の規定により、伊藤泰雄議員の退席を求めます。

     (21番 伊藤泰雄君退席)



○議長(黒河内浩君) 事務局をして件名のみ朗読させます。

 井上事務局長。



◎事務局長(井上学君) 議案第9号「監査委員の選任について」、平成28年5月10日提出、伊那市長白鳥孝。

 以上でございます。



○議長(黒河内浩君) それでは、理事者から提案理由の説明を求めます。

 白鳥市長。

     (市長 白鳥 孝君登壇)



◎市長(白鳥孝君) 追加議案書の1ページをお願いいたします。

 議案第9号「監査委員の選任について」御説明を申し上げます。

 伊那市監査委員は3名の委員で構成されておりますが、今回提案理由にございますように、委員1名が欠けたことに伴い、伊那市監査委員として伊藤泰雄さんを新たに選任することにつきまして、地方自治法第196条の第1項の規定によって、議会の同意をお願いするものでございます。

 伊藤泰雄さんは、昭和22年12月2日生まれで、住所は伊那市東春近5133番地で、行政区は田原区であります。

 なお、委員の任期は議員の任期であります。

 御同意のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(黒河内浩君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第9号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。

 よって議案第9号は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑ございませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 これより議案第9号を採決いたします。

 本案は原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(黒河内浩君) 起立全員であります。よって、議案第9号は原案のとおり同意されました。

 伊藤泰雄議員の入場を求めます。

     (21番 伊藤泰雄君入場)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△上伊那広域連合議会議員の選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(黒河内浩君) 続きまして日程第6、これより上伊那広域連合議会議員の選挙を行います。

 この選挙は、上伊那広域連合規約第8条第1項及び第2項の規定により、8人の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。上伊那広域連合議会議員に、7番 橋爪重利議員、11番 平岩國幸議員、12番 飯島進議員、14番 飯島光豊議員、16番 柴満喜夫議員、18番 前田久子議員、21番 伊藤泰雄議員、そして15番、私、黒河内浩、以上8名を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました8人を当選人と決めることに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました8人が上伊那広域連合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました8人の議員に、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△伊那中央行政組合議会議員の選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(黒河内浩君) 日程第7、これより伊那中央行政組合議会議員の選挙を行います。この選挙は、伊那中央行政組合規約第5条第1項の規定により、10人の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。伊那中央行政組合議会議員に、2番 野口輝雄議員、5番 唐澤千明議員、6番 唐澤稔議員、8番 宮島良夫議員、9番 竹中則子議員、10番 中山彰博議員、11番 平岩國幸議員、13番 若林敏明議員、19番 柳川広美議員、20番 飯島尚幸議員、以上10名を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました10人を当選人と定めることに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました10人が、伊那中央行政組合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました10人の議員に、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△長野県上伊那広域水道用水企業団議会議員の選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(黒河内浩君) 続きまして日程第8、これより長野県上伊那広域水道用水企業団議会議員の選挙を行います。この選挙は、長野県上伊那広域水道用水企業団規約第5条第2項の規定により、2人の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。長野県上伊那広域水道用水企業団議会議員に、1番 白鳥敏明議員、3番 丸山敞一郎議員を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました2人を当選人と定めることに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(黒河内浩君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました2人が長野県上伊那広域水道用水企業団議会議員に当選されました。

 ただいま当選された2人の議員に、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 これをもって平成28年5月伊那市議会臨時会を閉会といたします。



△閉会 午前10時40分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名をする。

       伊那市議会議長

       伊那市議会議員

       伊那市議会議員