議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 茅野市

平成28年  3月 定例会 02月29日−01号




平成28年  3月 定例会 − 02月29日−01号









平成28年  3月 定例会



              平成28年3月

            伊那市議会定例会会議録

               (5−1)

1.開会  平成28年2月29日(月曜日)午前9時30分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2.出席議員の氏名(20名)

          1番     白鳥敏明

          2番     野口輝雄

          3番     丸山敞一郎

          4番     八木択真

          5番     唐澤千明

          6番     唐澤 稔

          7番     橋爪重利

          8番     宮島良夫

         10番     中山彰博

         11番     平岩國幸

         12番     飯島 進

         13番     若林敏明

         14番     飯島光豊

         15番     黒河内 浩

         16番     柴 満喜夫

         17番     前澤啓子

         18番     前田久子

         19番     柳川広美

         20番     飯島尚幸

         21番     伊藤泰雄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  欠席議員の氏名(1名)

          9番     竹中則子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3.説明のため出席した者の職氏名

       市長          白鳥 孝

       副市長         林 俊宏

       教育長         北原秀樹

       教育委員長       松田泰俊

       総務部長        原 武志

       市民生活部長      御子柴泰人

       保健福祉部長      城取 誠

       農林部長        富山裕一

       商工観光部長      田中 章

       建設部長        山崎大行

       水道部長        福澤恒幸

       教育次長        大住光宏

       会計管理者       原 秀夫

       高遠町総合支所長    広瀬源司

       長谷総合支所長     池上直彦

       総務部参事       伊藤明生

       総務課長        馬場文教

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

4.職務のため出席した事務局職員

       事務局長        池上 忍

       次長          久保田 玲

       庶務係長        松澤美保

       主査          松澤宏行

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5.議事日程

   日程第1 会議録署名議員の指名について

   日程第2 会期の決定について

   日程第3 議案第1号 伊那市固定資産評価審査委員会条例及び伊那市手数料徴収条例の一部を改正する条例

        議案第2号 伊那市組織条例の一部を改正する条例

        議案第3号 伊那市行政改革審議会条例等の一部を改正する条例

        議案第4号 伊那市行政不服審査会条例

        議案第5号 伊那市情報公開条例の一部を改正する条例

        議案第6号 伊那市個人情報保護条例の一部を改正する条例

        議案第7号 伊那市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例等の一部を改正する条例

        議案第8号 伊那市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例

        議案第9号 伊那市職員の退職管理に関する条例

        議案第10号 伊那市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例

        議案第11号 伊那市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例

        議案第12号 伊那市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

        議案第13号 伊那市職員の旅費等に関する条例及び伊那市特別職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例

        議案第14号 伊那市一般職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例

   日程第4 議案第15号 伊那市税条例及び伊那市国民健康保険税条例の一部を改正する条例

        議案第16号 伊那市消費生活センター条例の一部を改正する条例

   日程第5 議案第17号 伊那地域定住自立圏共生ビジョン協議会条例

        議案第18号 伊那市田舎暮らしモデルハウス条例

   日程第6 議案第19号 伊那市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例

        議案第20号 伊那市指定地域密着型サービスの事業の運営等に関する基準を定める条例の一部を改正する条例

        議案第21号 伊那市指定居宅介護支援事業等に関する条例を廃止する条例

   日程第7 議案第22号 伊那市新産業技術推進協議会条例

   日程第8 議案第23号 伊那市林業振興施設条例の一部を改正する条例

   日程第9 議案第24号 伊那市営住宅条例の一部を改正する条例

   日程第10 議案第25号 伊那市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例

   日程第11 議案第26号 平成27年度伊那市一般会計第11回補正予算について

         議案第27号 平成27年度伊那市国民健康保険特別会計第1回補正予算について

         議案第28号 平成27年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計第2回補正予算について

         議案第29号 平成27年度伊那市後期高齢者医療特別会計第1回補正予算について

         議案第30号 平成27年度伊那市介護保険特別会計第2回補正予算について

         議案第31号 平成27年度伊那市簡易水道事業特別会計第1回補正予算について

         議案第32号 平成27年度伊那市水道事業会計第1回補正予算について

         議案第33号 平成27年度伊那市下水道事業会計第2回補正予算について

         議案第34号 平成27年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について

   日程第12 議案第35号 平成28年度伊那市一般会計予算について

         議案第36号 平成28年度伊那市国民健康保険特別会計予算について

         議案第37号 平成28年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計予算について

         議案第38号 平成28年度伊那市後期高齢者医療特別会計予算について

         議案第39号 平成28年度伊那市介護保険特別会計予算について

         議案第40号 平成28年度伊那市営駐車場事業特別会計予算について

         議案第41号 平成28年度伊那市簡易水道事業特別会計予算について

         議案第42号 平成28年度伊那市水道事業会計予算について

         議案第43号 平成28年度伊那市下水道事業会計予算について

         議案第44号 平成28年度伊那市自動車運送事業会計予算について

   日程第13 請願・陳情について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前9時30分



○議長(伊藤泰雄君) おはようございます。御苦労さまでございます。

 早いものであすから弥生、3月になります。寒気も徐々に緩み、私の庭のフクジュソウも黄色い花が顔を出してまいりまして、春ももうそこまで来ているなと感じるきょうこのごろでございます。

 さて、きょうから3月定例会が始まりますが、躍進の伊那市の基礎となる平成28年度当初予算と市民生活に関連のある条例の審議をする大変重要な定例会であります。適正、妥当の審議に御精励していただき、充実した定例会になりますようお願いをいたします。

 ここで本日の会議に欠席者の届け出がありましたので、御報告いたします。9番竹中則子議員、インフルエンザのため欠席、以上でございます。

 ただいまから平成28年3月伊那市議会定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お配りしてあります議事日程表によって議事を進めてまいります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、20番、飯島尚幸議員、1番、白鳥敏明議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から3月18日までの19日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。よって、会期は19日間と決定いたしました。

 次に会期中の日程でございますが、お手元にお配りしてあります日程表によって進めてまいりたいと思いますが、これに御異議はありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。よって、日程表のとおり進めてまいります。

 ここで市長から御挨拶をお願いいたします。

 白鳥市長。

     (市長 白鳥 孝君登壇)



◎市長(白鳥孝君) 平成28年3月市議会定例会をお願いいたしましたところ、大方の議員の皆様の御出席を賜りまことにありがとうございます。

 開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。

 ことしは雪も少なく暖冬で過ごしやすい冬となりました。いよいよあすから弥生3月、あちらこちらで梅の花もほころび始め、春の足音を感じるころとなりました。ことしの桜の開花予想は、全国的に早目の予想でありますが、高遠城址公園の桜の開花時期が気になるところであります。

 それでは、まず初めに、伊那市の事業につきまして報告をさせていただきたいと思います。

 地方創生の関係では、国の動きに先んじて平成25年度から、人口減少へ歯どめをかけるための総合的な対策を進めてまいりましたが、その一つといたしまして、地域との調整やコーディネート役を担う集落支援員を配置し、ワンストップによる住民移住相談を実施をしてまいりました。このたび、全国の自治体向けに地方創生に係る国の政策概要が公表され、その中で伊那市の集落支援員の活動が、全国の優良事例の一つとして掲載されました。特に評価をいただいた点といたしましては、伊那市の独自政策であります「田舎暮らしモデル地域」におきまして、地域と一体となった事業展開が図られたことや、職員としての雇用形態をとらず、民間の立場を生かした機動力の高い相談活動、あるいは従来の枠に捉われない先駆性や創造性の高い取り組みにより、事業開始後1年で20組以上の移住につなげた実績などが挙げられております。また、田舎暮らしモデル地域につきましては、2月10日に新山地区に続く第2号として、長谷の溝口地域の指定を行いました。今後、地域が主体となって、事業効果が長谷地区全体に渡るような、全域に渡るような取り組みを期待しております。

 同じ2月10日には、国道153号伊駒アルプスロードにつきまして、伊那建設事務所により天竜川右岸のルート帯を、天竜川沿いのルートに決定する報告がありました。また、今後の進め方としまして、環境影響評価法に基づく手続や、ルートの都市計画決定を行うことなどの説明がありました。伊那市といたしましては、国による早期事業化に向け、新たな同盟会を立ち上げ要望活動を行ってまいりたいと考えております。

 12日には、リニア中央新幹線を地域振興に生かす伊那谷自治体会議が開催され、新たに阿部知事みずからが座長に就任する中で、「リニアバレー構想」が全会一致で承認されました。この構想は、巨大災害時のバックアップと食料、エネルギーの供給拠点や、国際空港へ1時間でアクセスをするグローバルな活動拠点等を伊那谷の目指す姿とするもので、今後、部会等での検討を通じ、リニアの整備効果が伊那谷、ひいては長野県全体に及ぶような実効性の高い事業の推進を図ってまいりたいと思います。

 19日には、昨年度から2年がかりで市民、信州大学、長野県、また森林総合研究所などの参加を得て進めてまいりました「伊那市50年の森林ビジョン」が完成し、答申をいただいました。伊那市の森林の現状分析から始まり、さまざまな角度から伊那市の森林のあり方について深く検討いただいた内容となっており、森林が富と雇用を支える50年後の伊那市を目指しております。今後、このビジョンを基本指針として具体的な計画を策定し、森林整備、林業振興、木材産業の振興等に取り組んでまいります。

 27日からきのう28日にかけて、市内3保育園におきまして、3回目となる「童謡で伝える会」が行われ、歌手の由紀さおりさんに童謡の楽しさ、美しさを歌やメッセージで届けていただきました。

 次に、伊那市のふるさと納税につきましては、今年度から総合的な見直しを行う中で、産業振興や商業支援などにつながるような幅広い魅力を持った返礼品を提供するなど、戦略的な取り組みを進めてまいりました。全国最大のふるさと納税サイトの集計によりますと、平成27年のランキングにおきまして、伊那市は寄附金額を23億6,000万円、全国第6位という成果をおさめることができました。今後も運用内容をさらに工夫して、都会から伊那市へ足を運んでもらうことにも視点を置いた制度に高めてまいりたいと考えております。

 最近の経済動向でありますが、日銀による大胆な金融政策と政府の機動的な財政政策等により緩やかな回復基調が続き、賃上げなど雇用、所得環境は改善しておりますが、消費は落ち込んだままで、経済状況は予断を許さない状況となっております。

 県内の景気判断も7期連続の据え置きと、景気回復の実感が乏しい状況といえます。一方で、上伊那地区の12月末の有効求人倍率は1.35倍と、37カ月連続で前年同期を上回り、雇用情勢は上向いておりますが、地元金融機関によるDI調査におけるこの1月から3月期の見通しでは先行きに慎重な見方もあり、景況感の落ち込みを憂慮するものであります。

 続いて、伊那市の財政状況について申し上げます。

 この3月で3市町村が合併し満10年を迎えますが、この市町村合併の目的の一つには、行政の効率化と行財政基盤の確立が挙げられる中で、この10年間、合併効果の発揮による行政の効率化と行財政基盤の確立に向け、取り組んでまいりました。

 行政の効率化では、行政の最大経費であります人件費の削減に取り組み、前倒しで定員適正化計画を達成し、第2次定員適正化計画を進めているところであります。3市町村合併時に799人でありました正規職員は、平成28年度は600人程度でスタートする予定であり、合併以降、2割を超える削減という結果につきましては、職員の取り組みに感謝するところであります。

 また、合併時に設置いたしました合併特例法に基づく地域自治区についても、発展的に解消し、新年度から全地区が同じ地域自治区となるなど、住民の手による地域づくりの基盤ができ上がったものと考えております。

 財政基盤の確立では、財政健全化に取り組んだ結果、健全化の数値指標であります実質公債費比率は、平成18年度の決算時に20.8%であったものが、この27年度末には10.1%に、また将来負担比率は、19年度末の197.3%が39.5%へと、基金につきましても平成18年度の55億円から平成27年度末では151億円と大きくふやし、それぞれに大幅な改善を図ることができました。

 また、大きな課題でありました未収金の解消につきましても、大きな成果を上げております。さらに、税財源の都市への過度な偏在を解消するために設けられましたふるさと納税制度について、地域事業者の協力と職員の努力により大きな成果をおさめておりまして、全国の皆様に伊那市を知っていただくと同時に、貴重な財源を確保できたことは、市の財政基盤の確立につながったと考えております。

 さて、政府はアベノミクスの新3本の矢である「希望を生み出す強い経済」、「夢をつむぐ子育て支援」、「安心につながる社会保障」の実現に向け、昨年11月に「1億総活躍社会の実現に向けて緊急に実施するべき対策」を取りまとめ、その中でさらに地方創生を進めるとしておりまして、一昨年から昨年にかけ相次いで地方創生に向けた交付金を創設し、地方の取り組みを促してまいりました。

 本市におきましても、地方創生に向け幅広く政策を盛り込んだ「伊那市地方創生総合戦略」を策定し、雇用の創出や新しい人の流れの創造、結婚・出産・子育て支援などに取り組んできたところであります。

 平成28年度当初予算は、市政の基本部分に立ち返り、市民生活を起点として「暮らしやすく、平和で希望に満ちた伊那市の創生」を理念に予算を編成いたしました。また、合併から10年が経過し、これまで一体感の醸成や合併効果の発揮などに取り組んでまいりましたが、国を挙げて地方創生が叫ばれる中、新たな伊那市の創生が求められることを意識し、合併から10年、新たな伊那市をつくる第一歩を踏み出す予算としたものでございます。

 28年度の予算規模は、一般会計で325億3,500万円、前年度の当初予算との比較では、5億1,300万円、1.6%の増で、特別会計、企業会計を合わせますと569億4,250万円となり、昨年度との比較対比では6億7,320万円、1.2%の増となりました。

 一般会計の増加要因といたしましては、障害者自立支援給付及び子ども子育て支援制度の導入に伴う扶助費の増加と、ふるさと納税関連費用の計上が主なもので、特別会計では介護保険給付費の増加と、簡易水道事業の施設整備費の増加が主なものであります。

 一般会計の歳入のうち主なものについて見ますと、まず、市税では全体では前年度比1.5%の増となりました。市民税の内訳では、個人市民税は賃金等の上昇により若干の増を、法人市民税は業績の回復を見込むものの、税制改正の影響等により13.6%の減としてあり、市民税全体では2.0%の減としております。

 固定資産税は、地価の下落傾向が続いておりますが、家屋、償却資産の伸びを見込み4.5%の増としております。また、地方消費税交付金については、27年度の決算見込みから、21.8%の大幅な増としてあり、地方交付税は合併による優遇措置の縮減が始まることから、0.6%の減を見込んだところであります。国庫支出金では、道路及び公民館の建設や、臨時福祉給付金の支給に伴い14%の伸びを、繰入金では中間ごみ処理施設の建設が始まることから、負担金の財源として基金からの繰り入れを行っております。

 また、ふるさと納税として寄附をいただきましたふるさと応援基金の利用につきましては、貴重な財源として、ある程度長期間にわたる活用を想定しておりまして、今回は伊那市の将来を見据えた特徴的な6つの項目に4,800万円を、市の根幹的な事業であります子育て支援及び産業の活性化に、3億円を活用させていただきました。

 次に、一般会計の歳出におきまして、特徴的な内容について分野ごとに触れさせていただきたいと思います。

 まず、2年連続で「日本一 子育てのしやすいまち」に選定されました子育て支援関係では、お母さんが出産しても未満児のお子さんが在園できるような、未満児保育の拡充や、引き続き保育料の軽減による支援に取り組みます。

 また、日影区に開院している産婦人科医院においても、不妊治療が受けられるよう、不妊治療費の助成拡充や新たに高校生の入院を子ども医療費給付の対象に拡大し、子育てを支援いたします。

 次に、教育関係では、次代を担うすぐれた人材を育成するため、市立図書館のネットワークを活用した学校図書館システムの導入や、小規模校と大規模校をネットワークで結び遠隔授業の可能性や、授業への情報通信技術の活用について実証事業を行います。

 また、信州型コミュニティスクール事業を市内全校に広げ、地域の皆様との協働による学校づくりを進めるとともに、ボランティアによる放課後学習等を小中学校で実施をし、家庭の状況等による教育格差の解消に取り組んでまいります。

 さらに、これまで取り組んでまいりました「暮らしのなかの食」の実践や、郷土学習の副読本を作成し、子供の郷土愛を醸成したいと考えております。

 続いて、高齢者を初め市民の暮らしをサポートする事業として、高齢者の自主的な免許返納に対する支援、あるいは買い物弱者対策、高齢者いきいき健康券による紙おむつ購入の復活、訪問による理容・美容サービスに対する助成により在宅の高齢者を支援し、あわせて認知症初期集中支援チームを設置をし、専門家の訪問により認知症高齢者やその家族を支援いたします。

 また、消費者保護対策として、伊那市消費生活センターを中心に、引き続き消費生活相談機能の充実を図り、オレオレ詐欺等の消費者被害防止に努めてまいります。

 次に、雇用の創出関係では、若者の就業支援や市内企業に就労する若者の奨学金返済に対する支援、県と連携し首都圏からICT人材の誘致に取り組んでまいります。

 また、介護現場での継続雇用の促進と、新規就職者の資格取得への支援、あわせて市内中小企業の販路拡大と、起業創業を支援することで、産業の活性化により働きがいを創出いたします。

 林業分野では、「木質バイオマスエネルギー地産地消のまち」としまして、木材の育成・生産から搬出、消費までが地域内で完結する仕組みの構築、さまざまな地域材の活用、利活用を進めてまいります。

 また、伊那市50年の森林ビジョンの策定を受け、その実行計画の策定と私有林におけるキックオフ事業や、鳩吹公園をサテライト会場に行われる全国植樹祭事業に取り組んでまいります。

 農業分野では、農産物のブランド化や都市と連携した農産物の販売促進、新規就農の促進に引き続いて取り組み、みはらしファームの再生事業として地域の食材を提供する施設を建設し、農業及び観光の振興により、地域を支える農業の活性化を図ってまいります。

 観光面では、国道361号線の高山市までの整備を見込む中で、木曽、茅野方面からの広域交通網による誘客と、信州そば発祥の地 伊那の定着により、地域の活性化を図ってまいります。

 また、国民の祝日である山の日や、県の信州山の日にちなみ、各種イベントの実施や、県の助成を得て南アルプスの登山道整備を進めるなど、山岳観光の推進により、「多くの人が訪れる広域観光のまち」を目指してまいります。

 歴史、文化面では、古い地名調査のまとめや、地域に残る資料のデジタル化、歴史博物館に市民の調査研究スペースを設置し、市民を挙げて伊那市の歴史をひも解く中で、「歴史と文化伝統を大切にするまち」を実現してまいります。

 ハード事業では、消防防災関係で防災拠点施設の整備に着手し、消防団デジタル簡易無線整備、耐震性防火貯水槽の建設を進めます。

 公共施設の整備では、合葬式墓地の新設、手良公民館の改築、学校給食施設の整備や高遠スポーツ公園文化体育館の耐震化、センターテニスコートの改修を進め、上伊那広域における新ごみ中間処理施設の建設も始まります。

 また、社会資本の整備では、小黒川スマートインター、環状南線、新鷹岩トンネルの事業が本格化する一方で、生活道路や用排水路の維持補修にも力を入れております。

 イベント事業としましては、合併10周年記念事業や新宿区友好提携10周年記念事業、中村不折展や伊澤修二記念音楽祭、春の高校伊那駅伝、大学ラグビー招待試合など周年事業の開催を予定をしております。

 最後に合併10年を迎え、新しいまちづくりの取り組みとしましては、住民による地域の活性化を支援する協働のまちづくり交付金の配分や、情報発信によるシティプロモーション、企業版ふるさと寄附の活用や、新産業技術の導入により地域産業の活性化を探ります。また、モデルハウスを活用した移住定住体験ツアーの実施など、二つの田舎暮らしモデル地域での事業や、「ふらっとたかとお城下町事業」における日本で最も美しい村への取り組み、林産物等の地域資源の活用による高遠地域の再生活性化事業により、地域の活性化に取り組んでまいります。

 以上、平成28年度の主要事業について御説明を申し上げました。

 本定例会に提出いたしました議案は、条例案件25件、予算案件19件の合計44件でございます。詳細につきましては、担当部長から御説明申し上げますので、よろしく御審議のうえ御議決賜りますようお願い申し上げまして、挨拶とさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号 伊那市固定資産評価審査委員会条例及び伊那市手数料徴収条例の一部を改正する条例



△議案第2号 伊那市組織条例の一部を改正する条例



△議案第3号 伊那市行政改革審議会条例等の一部を改正する条例



△議案第4号 伊那市行政不服審査会条例



△議案第5号 伊那市情報公開条例の一部を改正する条例



△議案第6号 伊那市個人情報保護条例の一部を改正する条例



△議案第7号 伊那市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例等の一部を改正する条例



△議案第8号 伊那市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例



△議案第9号 伊那市職員の退職管理に関する条例



△議案第10号 伊那市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例



△議案第11号 伊那市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例



△議案第12号 伊那市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例



△議案第13号 伊那市職員の旅費等に関する条例及び伊那市特別職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例



△議案第14号 伊那市一般職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第3、議案第1号「伊那市固定資産評価審査委員会条例及び伊那市手数料徴収条例の一部を改正する条例」から、議案第14号「伊那市一般職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例」までの14案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 原総務部長。

     (総務部長 原 武志君登壇)



◎総務部長(原武志君) それでは、議案書の1ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第1号「伊那市固定資産評価審査委員会条例及び伊那市手数料徴収条例の一部を改正する条例」につきまして御説明をいたします。

 最初に提案の理由でございますけれども、議案書の3ページの下段をごらんいただきたいと思います。行政不服審査法の施行によりまして、関係する二つの条例につきまして改正をお願いするものでございます。

 改正内容につきまして御説明いたします。議案関係資料の1ページをお願いいたします。

 議案関係資料の1ページは、伊那市固定資産評価審査委員会条例の新旧対照表でございます。

 第4条は、審査の申し出における手続につきまして、また第6条は弁明書、反論書などの書面審査について、それぞれ定めるものでございます。

 おめくりをいただきたいと思います。2ページの第10条は、申し出人が審査書類の交付を受ける際に支払う手数料につきまして、伊那市手数料徴収条例の定めによるとするものであります。

 第11条は条ずれの改正、第12条は決定書の作成につきまして、記載事項等を規定するもの。第13条以降は、条ずれを正すものでございます。

 おめくりをいただきまして、4ページをお願いいたします。

 4ページは、伊那市手数料徴収条例の新旧対照表でございます。

 第1条は、この条例の趣旨に行政不服審査法の規定に基づく手数料を加えるもの。第6条は、現在手数料の免除について規定しておりますが、行政不服審査法の規定に合わせまして減免についての規定とするものであります。

 別表第1につきましては、先ほど御説明しました伊那市固定資産評価審査委員会条例第10条で定めております手数料など、行政不服審査法の規定に基づきます手数料の額を具体的に定めるものでございます。

 恐れ入りますが、議案書の3ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則ですが、第1条は、施行期日を平成28年4月1日とするもの、第2条は適用区分について、それぞれ定めるものでございます。

 第1号議案は、以上でございます。

 続きまして、おめくりいただきまして4ページをお願いいたします。

 議案第2号「伊那市組織条例の一部を改正する条例」につきまして御説明をいたします。

 提案の理由でございますが、下段に記載してございますように住宅団地汚水浄化施設の事業終了によりまして、改正をお願いするものでございます。

 改正内容につきまして御説明します。議案関係資料の5ページをお願いいたします。

 5ページは、伊那市組織条例の新旧対照表でございます。

 第2条に規定します水道部の事務分掌のうち、殿島団地内に設置されております住宅団地汚水浄化施設につきまして、公共下水への統合による事業の終了に伴いまして、この項目を削除するものでございます。

 恐れ入りますが、議案書の4ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でございますが、この条例は平成28年4月1日から施行するものでございます。

 議案第2号は、以上でございます。

 続いて議案書の5ページをお願いいたします。

 議案第3号「伊那市行政改革審議会条例等の一部を改正する条例」につきまして、御説明をいたします。

 下段に提案理由が記載してございますけれども、平成28年4月1日付の組織等の改編に伴いまして、審議会等の所管課の名称が変更されます三つの条例につきまして、一括して改正をお願いするものでございます。

 改正内容につきまして御説明いたします。議案関係資料の6ページをお願いいたします。

 6ページは、伊那市行政改革審議会条例の新旧対照表でございます。

 第7条で定めております審議会の庶務担当部署である「行政改革推進室」を「総務課」に改正するものであります。

 次におめくりいただきまして、7ページをお願いいたします。

 7ページは、伊那市地方創生総合戦略審議会条例の新旧対照表でございます。こちらも庶務担当部署「人口増推進室」を「地域創造課」に改正するものでございます。

 おめくりいただきまして、8ページをお願いいたします。

 8ページは、伊那市自動車運送事業の設置等に関する条例の新旧対照表でございます。第4条第2項で規定しております事務処理担当につきまして「長谷総合支所南アルプス林道管理室」が「長谷総合支所農林建設課」に改編されるため、担当課の改正を行うものでございます。

 恐れ入りますが、議案書の5ページにお戻りをいただきたいと思います。

 中段より下でございますけれども、附則でございます。この条例は平成28年4月1日から施行するものでございます。

 以上が、議案第3号の内容でございます。

 続いておめくりいただきまして、議案書の6ページお願いいたします。

 議案第4号「伊那市行政不服審査会条例」について御説明をいたします。

 最初に提案の理由でございますが、8ページの下段をごらんいただきたいと思います。

 行政不服審査法の施行に伴いまして、伊那市行政不服審査会を設置するものでございます。行政不服審査法につきましては、平成26年6月に行政不服審査制度の公平性や、国民の利便性の向上などを図る観点から全部改正され交付をされました。同法におきましては、採決の公平性などの視点から、行政不服審査官が設置されておりますけれども、伊那市におきましても法律に応じた体制を整備するため、審査会を設置するものでございます。

 条例の内容につきまして御説明いたします。恐れ入りますが、6ページにお戻りをいただきたいと思います。

 第1条ですけれども、審査会の設置について規定いたします。第2条は用語の定義、第3条は審査会の任務につきましては、諮問に対する答申、調査審議などの事項について処理することとしております。第4条から第7条までは、審査会の組織構成などについて定めるものでございます。また第8条は審査会の調査権限について、第9条は審査請求の関係者からの申し立てがあった場合には、意見を述べる機会を与える旨を規定するものであります。

 おめくりをいただきたいと思います。7ページお願いします。

 7ページの10条は、審査関係人の主張書面などの提出につきまして、また、第11条は、委員による調査手続について、12条は審査関係人による提出資料の閲覧、交付などの規定。13条は、諮問に対する答申の扱いについて。第14条は委員の守秘義務について、それぞれ定めるものでございます。

 8ページをお願いします。

 附則でございますが、この条例は平成28年4月1日から施行するものであります。また、第2項で準備行為としまして、審査会委員の委嘱につきましては、施行日前に行うことができることとしております。

 説明は以上です。

 続きまして、おめくりいただき、議案書の9ページをお願いいたします。

 9ページ、議案第5号「伊那市情報公開条例の一部を改正する条例」につきまして、御説明をいたします。

 最初に改正理由を御説明いたします。11ページの下段をごらんいただきたいと思います。

 提案の理由ですが、行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴いまして、必要な改正を行うものでございます。

 改正内容につきまして御説明いたします。議案関係資料の9ページをお願いいたします。

 関係資料の9ページは、伊那市情報公開条例の新旧対照表でございます。

 行政不服審査法の全部改正に伴いまして、不服申し立ての種類が現在の異議申し立てと審査請求の2種類から、審査請求に一元化されます。これによりまして、「不服申し立て」という用語につきましては、「審査請求」に改めることになりました。

 目次と第13条の2、その下の第3章につきましては、それぞれ文言を改めるものでございます。

 それから、第15条の2は、今回の行政不服審査法の改正によりまして、審査請求があった場合には、審理員の審議手続、行政不服審査会へ諮問答申、その後の採決が原則となるわけでございますが、この情報公開条例とこの後に御説明いたします議案第6号の個人情報保護条例に基づきます開示請求等に対する審査請求につきましては、既に設置してあります情報公開審査会と個人情報保護審査会が実質的な審議を行っております。審議手続の客観性、公平性が確保されているものと考えられますので、審理員による審議手続を適用しないことを規定するものでございます。

 次の第16条は、従来審査会の審査対象は、開示等の決定のみでありましたけれども、開示請求にかかわる不作為についても対象とすること。そのことを規定し、さらに文言も整理するものであります。

 おめくりをいただきまして、10ページお願いします。

 10ページの第16条の2は、実施機関が情報公開審査会に諮問した際には、審査請求人等に対してその旨通知することを規定したもの。また、16条の3は、第三者からの審査請求を却下する場合などの手続を規定したものでございます。

 次の17条から、おめくりをいただき11ページをお願いいたします。

 11ページの第19条、第20条につきましては、文言の整理を行うものでございます。

 第20条の2は、審査請求人等から申し立てがあったときの審査会の対応規定、第20条の3は、審査請求人による意見書などの提出に関する規定となります。

 おめくりをいただきたいと思います。12ページお願いします。

 12ページ、第20条の4は、提出されました資料の写しの交付や閲覧に関する手続を定めたもの、次の第21条は、条項を追加したことに伴います文言の整理であります。

 以上、いずれの条項も国の情報公開審査会や個人情報保護審査会、行政不服審査会におけます審議手続のあり方を参考に見直すものでありますので、よろしくお願いします。

 恐れ入りますが、議案書の11ページにお戻りをいただきたいと思います。

 11ページ、附則でありますが、第1項におきまして、この条例は平成28年4月1日から施行するもの。第2項では、施行日前の開示等の決定に対する不服申し立てにつきましては、従前の例によることを明記するものでございます。

 説明は以上です。

 続いて、おめくりいただきまして議案書の12ページお願いいたします。

 12ページ、議案第6号「伊那市個人情報保護条例の一部を改正する条例」につきまして御説明いたします。

 改正理由を御説明いたします、15ページをごらんいただきたいと思います。

 行政不服審査法の施行に伴います関係法律の整備等に関する法律や、個人情報の保護に関する法律、いわゆる番号法の一部を改正する法律の施行に伴いまして、必要な改正を行うものでございます。

 改正の内容を御説明いたします。議案関係資料の13ページ、お願いいたします。

 13ページは、伊那市個人情報保護条例の新旧対照表でございます。目次、第21条、それから14ページの第3章の章名につきましては、先ほどの情報公開条例の改正内容と同様でございます。

 それから第24条は、いわゆる番号法の改正に伴います条項ずれを正すものであります。

 おめくりいただきまして、14ページお願いいたします。

 14ページの第29条の2から、17ページの第35条までの改正につきましては、個人情報保護条例におきまして、審査請求の対象が開示等の決定、または訂正等の決定に関することとなる以外は、先ほど御説明いたしました情報公開条例の改正内容と同様となります。よろしくお願いいたします。

 恐れ入りますが、議案書の14ページにお戻りをいただきたいと思います。

 14ページ中段の附則でございます。第1項で、この条例は平成28年4月1日から施行するというもの。ただし、個人情報の利用停止等について定めた第24条第1項第1号の改正につきましては、いわゆる番号法に規定されました政令で定める施行日から施行するというものにします。次の第2項では、施行日前の開示等の決定等に対する不服申し立てにつきましては、従前の例によることを明記するものでございます。

 説明は以上です。

 おめくりいただきまして議案書の16ページ、お願いいたします。

 議案第7号「伊那市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例等の一部を改正する条例」について御説明をいたします。

 改正理由を御説明いたします。17ページの下段をごらんいただきたいと思います。

 地方公務員法、地方独立行政法人法の一部を改正する法律などの施行に伴いまして、三つの条例につきまして必要な改正を行うものでございます。

 改正内容につきまして御説明をいたします。議案関係資料の18ページをお願いいたします。

 18ページ、最初に改正条例の第1条関係となります。伊那市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の新旧対照表でございます。

 第3条は地方公務員法の改正によりまして、新たに人事評価、休業、退職管理の三つの項目を報告事項に加えるものでございます。

 次の第5条は、行政不服審査法の改正に伴う文言の整理となります。

 おめくりをいただきたいと思います。

 19ページは、改正条例の第2条関係となります。伊那市職員の勤務時間及び休暇等に関する条例の新旧対照表でございます。

 第1条で地方公務員法の改正に伴います条項ずれを正すものであります。

 おめくりいただき、20ページお願いいたします。

 20ページは第3条関係となります。伊那市職員の特殊勤務手当に関する条例の新旧対照表でございます。

 第1条で地方公務員法の改正に伴います条項ずれを正すものでございますので、お願いいたします。

 恐れ入りますが、議案書の16ページにお戻りをいただきたいと思います。

 一番下の附則でございますが、この条例は平成28年4月1日から施行するものでございます。

 説明は以上です。

 続いて、2枚おめくりをいただきまして18ページお願いいたします。

 18ページ、議案第8号「伊那市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例」につきまして御説明をいたします。

 提案理由でございますけれども、19ページの下段をごらんいただきたいと思います。

 昨年8月の国家公務員に対します人事院勧告に基づきまして、国の一般職職員の給与関係法令が改正をされました。伊那市の一般職の職員給与につきましては、従来から国準拠としておりますので、一般職の任期付職員の給料月額等の改訂を行うものでございます。

 改正内容につきまして御説明いたします。議案関係資料の21ページをお願いいたします。

 21ページは、伊那市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の新旧対照表でございます。

 今回の第1条関係、平成27年度に関係する部分となりますのでお願いいたします。

 第4条第1項は、高度の専門的知識経験やすぐれた識見を必要とする業務に従事する特定任期付職員の給料表につきまして改正するものでございます。

 第5条第2項は、特定任期付職員の期末手当の12月の支給割合を「100分の155」から「100分の160」に改めるものでございます。

 おめくりをいただきたいと思います。

 22ページでございますが、こちら第2条関係、平成28年度に関係するものとなりますのでお願いいたします。

 第4条第2項は、地方公務員法の改正によりまして、等級別基準職表が条例に規定すべき事項として規定されたことに伴いまして、特定任期付職員の号俸ごとの基準となります職務につきまして、別表の号俸別基準職務表として新たに規定したものでございます。なお、基準となります職務につきましては、伊那市一般職の任期付職員の採用等に関する条例、施行規則に規定されております号俸規定に基づき定めたものでありますので、よろしくお願いいたします。

 次の第5条第2項は、特定任期付職員の期末手当の支給割合につきまして、先ほど御説明いたしました条例第1条で改定をいたしました支給割合を、月数の平準化を図りますため、6月、12月ともに「100分の157.5」に改めるものでございます。

 恐れ入りますが、議案書の19ページにお戻りをいただきたいと思います。

 19ページ、附則でございますが、第1項は、この条例は公布の日から施行することとし、第2条の規定につきましては平成28年4月1日から施行するものでございます。第2項では、第1条の規定は平成27年4月1日から適用するもの、また第3項で、本年度既に支給されている給与につきましては、改正後の条例による給与の内払いとみなすことを規定するものでございます。

 説明は以上でございます。

 続いて、おめくりいただき議案書の20ページ、お願いいたします。

 議案第9号「伊那市職員の退職管理に関する条例」につきまして、御説明をいたします。

 提案の理由でございますけれども、21ページの下段をごらんいただきたいと思います。

 地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律の施行によりまして、職員の退職管理の適正の確保に関する新たな規定が設けられましたことから、職員の退職管理に関し必要な事項を定めるため提案するものでございます。

 内容につきまして御説明いたします。20ページにお戻りをいただきたいと思います。

 第1条でございますが、本条例の趣旨を定めます。改正後の地方公務員法に基づきまして、職員の退職管理に関し必要な事項を定めることとするものであります。

 第2条は、再就職者による働きかけの禁止について規定するものでございます。地方公務員法の改正によりまして、平成28年4月1日から営利企業等に再就職した職員は、離職する前の5年間に在職していた職務に関しまして、現職職員等への働きかけが禁止されます。また、再就職者が離職する前の5年より前に部長職であった場合には、その5年を超える部長職であった期間の職務につきましても、働き等が禁止されることになります。さらに、再就職者が課長職であった場合でも、課長職であった期間の職務につきましては、職務上の働きかけ等を禁止する措置を講ずることができることとされました。あわせまして依頼等の規制について、国の準則に基づき規定するものでございます。

 次の第3条は、地方公務員法の改正によりまして、再就職情報の届け出について規定するものであります。

 管理、監督の地位にある職員であった職員が営利企業等の地位に再就職した場合には、離職後2年間、再就職に関する情報を届け出なければならないことを国の準則に基づき定めるものでございます。

 第4条は委任規定となります。

 一番下の附則でございますが、この条例は平成28年4月1日から施行するものであります。

 説明は以上です。

 2枚おめくりをいただきまして、議案書の22ページお願いいたします。

 22ページ、議案第10号「伊那市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例」につきまして、御説明をいたします。

 提案理由を御説明いたします。23ページの下段をごらんいただきたいと思います。

 地方公務員災害補償法施行令の一部が改正されたことに伴いまして、必要な改正を行うものでございます。

 改正の内容につきまして御説明いたします。

 議案関係資料の24ページ、お願いいたします。

 24ページ、伊那市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の新旧対照表でございます。

 附則第5条は、ほかの法令による給付がある場合には、本条例による給付額を調整するための調整率を規定したものでございます。

 第1項は、傷病補償年金につきまして、障害厚生年金等が支給される場合の調整率を「0.86」から「0.88」に改めるもの。

 第2項は、休業補償額につきまして、同じく調整率を「0.86」から「0.88」に改めるものでございます。

 恐れ入りますが、議案書の22ページにお戻りいただきたいと思います。

 下の附則でございます。第1項は、条例の施行期日を平成28年4月1日とするもの。第2項は経過措置としまして、施行日までに支給すべき事由が生じた傷病補償年金につきましては、施行日の前日までの期間分については、改正前の規定を適用すること。同じく休業補償につきましては、施行日以降でも改正前の規定を適用することを規定いたします。

 説明は以上でございます。

 2枚おめくりをいただきまして、24ページお願いいたします。

 議案書の24ページ、議案第11号「伊那市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例」につきまして、御説明をいたします。

 提案理由でございますが、26ページの下段をごらんいただきたいと思います。

 国家公務員に対する人事院勧告の内容を踏まえました特別職の職員の期末手当の額の改定と、伊那市特別職報酬等審議会の答申に基づきまして、審議会議員の報酬額の改定などを行うものでございます。

 改正内容につきまして御説明いたします。議案関係資料の25ページをお願いいたします。

 25ページは、伊那市特別職の職員の給与等に関する条例の新旧対照表でございます。改正条例の第1条の平成27年度に関係するものとなります。

 第3条第2項は、常勤の特別職の期末手当の12月支給分につきまして、「100分の162.5」から「100分の167.5」に改めるものです。

 次の第8条第1項は、市議会議員の期末手当の12月支給割合につきまして、常勤の特別職の期末手当と同様に改正するものであります。

 おめくりをいただき、26ページお願いいたします。

 26ページ以降は、今回の改正条例の第2条関係、平成28年度分に関係するものとなります。第3条第2項は、月数の平準化を図りますため、常勤の特別職の期末手当の6月の支給割合につきまして「100分の150」に、12月を「100分の165」にそれぞれ改めるものでございます。

 第8条の第1項は、市議会議員の期末手当の支給割合につきまして、常勤の特別職と同様の内容に改めるものでございます。

 その下の別表第1でございますが、常勤の特別職の給料月額を規定したものですが、平成28年3月31日をもちまして、合併特例法に基づきます地域自治区の設置期間が満了することに伴いまして、同法に規定しております地域自治区長を廃止するため、関係規定を削除するものでございます。

 次の別表第2は、議員の報償月額を規定したものでございますが、平成27年12月の伊那市特別職報酬審議会からの答申を受けまして、報酬月額をそれぞれ5,000円増額改定するものでございます。

 おめくりをいただきたいと思います。27ページ、別表第3でございます。

 非常勤の特別職の方針について規定したものでございますが、農業委員会等に関する法律の改正によりまして、農業委員会の部会制の廃止と、新たに農地利用最適化推進委員を新設することに伴います改正であります。

 その下の備考の2につきましては、選挙管理委員会に関する議員報酬については、国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律に定める額とされておりますけれども、投票所、期日前投票所の立ち合いにつきましては、半日勤務の実態がありますことから、半日勤務の場合の報酬額を規定するものでございます。

 おめくりをいただきまして、28ページの備考の3でありますが、選挙長、開票管理者、選挙立会人、開票立会人の勤務につきましては、日額の定義を「勤務1回当たりの額」と規定するものでございます。

 お手数ですが、議案書の26ページにお戻りをいただきたいと思います。

 中段の附則でございます。第1項は、この条例は公布の日から施行することとし、第2条の規定につきましては、平成28年4月1日から施行するものとしたものでございます。

 次の第2項は、第1条の規定文は平成27年4月1日から適用するもの、第3項は、本年度既に支給されています給与等につきましては、改正後の条例による給与等の内払いとみなすことを規定したものでございます。

 説明は以上でございます。

 続いて議案書の27ページ、お願いいたします。

 27ページ、議案第12号「伊那市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」につきまして、御説明をいたします。

 最初に提案の理由を御説明いたします。

 恐れ入りますが、38ページの下段をごらんいただきたいと思います。

 38ページ、国家公務員に対する人事院勧告の内容を踏まえまして、一般職の職員の給料月額等の改定などを行うため、提案するものでございます。

 改正内容について御説明いたします。議案関係資料の29ページをお願いいたします。

 29ページは、伊那市一般職の職員の給与に関する条例の新旧対照表でございます。最初に今回の改正条例の第1条、平成27年度に関係する分となります。

 まず、第52条は、勤勉手当の総額について定めたものでありますけれど、第1号で一般職の勤勉手当の12月支給割合を、「100分の75」から「100分の85」に改め、部長級以上の特定幹部職員につきましては、「100分の95」から「100分の105」に改めるものです。

 第2号は、再任用職員の勤勉手当の12月支給割合を、「100分の35」から「100分の40」に改め、再任用職員の部長級以上の特定幹部職員につきましては、「100分の45」から「100分の50」に改めるものでございます。

 次の、附則第18項でございますが、給料月額の減額支給が適用されております、55歳以上の課長級以上の職員の勤勉手当につきまして、勤勉手当の総額から当該55歳以上の課長級以上の職員の勤勉手当分を差し引く額の算出率を改めるものでございます。

 おめくりをいただきまして、30ページから41ページ、別表の行政職給料表、医療職給料表につきましては、平成27年4月1日から適用される給料表でございますので、ごらんをいただきたいと思います。

 42ページをお願いいたします。

 42ページは、今回の改正条例の第2条、平成28年度に関係する部分となります。

 第1条は、給与勤務時間などの基本基準などを規定した地方公務員法の改正に伴いまして、条項ずれを改正するもの。

 第5条は、次に御説明します新たな表を加えることに伴う表名の変更であります。

 第6条は、地方公務員法の改正によりまして、等級別基準職務表が条例に規定すべきこととされましたのに伴いまして、基準となります職務について規定いたします。

 44ページから46ページにございます別表第2、級別基準職務表として新たに条例に規定するものでございます。なおこの基準の職務につきましては、伊那市職員の初任給、昇格、昇給等に関する規則に規定します級別職務分類表に基づいたものでございますので、よろしくお願いします。

 次の第50条の第5項でありますが、行政不服審査法が全部改正されたことに伴いまして、引用条文を改正するものであります。

 一番下の52条の第1項、第1号につきましては、おめくりをください。43ページでありますけれど、本改正条例第1条において改正します一般職の勤勉手当の支給割合につきまして、月数の平準化を図りますため、6月、12月ともに「100分の80」に改め、部長級以上の特定幹部職員につきましては、「100分の100」に改めるものであります。

 第2号は、再任用職員の勤勉手当の6月、12月の支給割合を「100分の37.5」に、再任用職員の部長級以上の特定幹部職員につきましては、「100分の47.5」にそれぞれ改めるものでございます。

 附則第18項は、平成27年分と同様の趣旨で算出率を改めるものでございます。

 お手数ですが、議案書の37ページにお戻りをいただきたいと思います。

 37ページ、附則でございます。第1項は、この条例は公布の日から施行することとし、第2条の規定は、平成28年4月1日から施行するものであります。

 おめくりをいただきまして、38ページお願いします。

 38ページの第2項は、第1条の規定に係る部分は平成28年4月1日から適用するもの、また第3項は、改正前の条例に基づき、本年度既に支給されています給料、手当につきましては、平成26年度の改正によります減給補償による差額分も含めまして、改正後の条例による給料手当のうち内払いとすることをみなすという規定を設けたものでございます。

 説明は以上でございます。

 続きまして、1枚おめくりいただき、39ページをお願いいたします。

 議案第13号「伊那市職員の旅費等に関する条例及び伊那市特別職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例」につきまして、御説明をいたします。

 改正の理由でございますが、下段にありますように特別職の地域自治区長を廃止して、新たに一般職の総合支所長を置くことに伴いまして、必要な改正を行うものでございます。

 改正内容について御説明いたします。議案関係資料の47ページをお願いいたします。

 47ページ、最初に伊那市職員の旅費等に関する条例の新旧対照表でございます。

 第2条は、合併特例法に基づきます地域自治区の設置期間満了に伴いまして、特別職の総合支所長を廃止するため、市長等の定義から総合支所長を削除するものでございます。

 おめくりください。48ページは、伊那市特別職の職員の退職手当に関する条例の新旧対照表でございます。

 第2条は、地域自治区長の廃止に伴いまして、退職手当を適用する職員から地域自治区長に関する規定を削除するものでございます。

 次の第3条につきましても、同様の改正でございます。

 恐れ入りますが、議案書の39ページお願いいたします。

 附則ですが、この条例は平成28年4月1日から施行するものでございます。

 説明は以上です。

 おめくりをいただきまして、40ページお願いいたします。

 議案第14号「伊那市一般職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例」につきまして、御説明をいたします。

 下段に記載してございますように、行政不服審査法の施行に伴いまして、必要な改正を行うものでございます。

 改正内容につきまして御説明します。議案関係資料の49ページをお願いいたします。

 伊那市一般職の職員の退職手当に関する条例の新旧対照表でございます。

 第13条第4項につきまして、行政不服審査法の全部改正に伴いまして引用条文を正すものでありますので、お願いいたします。

 お手数ですが、議案書の40ページにお戻りをいただきたいと思います。

 中段の附則でございますが、条例の施行期日を平成28年4月1日とするものでございます。

 説明は以上です。

 以上、議案第1号から議案第14号まで提案をさせていただきました。よろしく御審議いただきますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第1号から議案第14号までの14件は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第15号 伊那市税条例及び伊那市国民健康保険税条例の一部を改正する条例



△議案第16号 伊那市消費生活センター条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第4、議案第15号「伊那市税条例及び伊那市国民健康保険税条例の一部を改正する条例」及び議案第16号「伊那市消費生活センター条例の一部を改正する条例」の2案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 御子柴市民生活部長。

     (市民生活部長 御子柴泰人君登壇)



◎市民生活部長(御子柴泰人君) 議案書の41ページをお願いいたします。

 議案第15号「伊那市税条例及び伊那市国民健康保険税条例の一部を改正する条例」につきまして、御説明申し上げます。

 最初に提案理由を申し上げますので、45ページをお願いいたします。

 今回の改正は、地方税法等の一部を改正する法律及び行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律が施行されること等に伴い、所要の改正を行うものであります。

 平成27年3月に成立しました地方税法等の一部を改正する法律に関係しまして、平成27年4月1日からの即時施行分等は、平成27年3月31日付で専決による条例改正を行い、5月の臨時会におきまして御承認をいただき、また平成28年1月1日施行分と市たばこ税に関係するものにつきましては、9月議会におきまして条例改正の御議決をいただいたところでございます。

 今回、平成28年4月1日から施行されるものにつきまして、条例改正をお願いするものであります。

 改正内容について御説明申し上げますので、議案関係資料の50ページをお願いいたします。

 伊那市税条例等改正概要であります。

 1の徴収猶予及び換価の猶予制度関係では、納税者の負担の軽減を図るとともに、早期かつ的確な納税の履行を確保する観点から、猶予制度を見直し、納税者の申請による換価の猶予制度を創設するもので、この中で分割納付、また分割納入についても明文化しているところであります。

 2の行政不服審査法関係では、不服申し立ての手続が審査請求に一元されることに伴う用語の改正を行うもので、3の市民税関係では、法人市民税における外国法人に係る規定について、引用法令を改め、文言の整理を行うものであります。

 4の減免申請関係では、減免申請期限を「納期限前7日」から「納期限まで」に変更し、加えて軽自動車税の減免の要件に、「生活保護や災害等の特別な事情」を追加するものであります。

 続いて改正内容について御説明いたします。51ページをお願いいたします。

 伊那市税条例新旧対照表でございます。

 第8条では、徴収猶予及びその期間延長の際の分割納付及び分割納入の方法を、原則として毎月の分割納付、分割納入と定めるものであります。

 第9条は、徴収猶予及びその期間延長の際の申請手続を定めるもので、53ページまでお願いいたします。

 第10条は、職権による換価の猶予及びその期間延長の際の分割納付及び分割納入の方法を定めるもの。

 第11条は、申請による換価の猶予及びその期間延長の際の要件、分割納付、分割納入の方法、申請手続等を定めるもの。

 次ページをお願いいたします。

 第12条は、猶予に係る金額が100万円以下である場合、猶予期間が3カ月以内である場合、または特別な事情がある場合を除き、担保を徴収することを定めるものであります。

 第18条は、地方税法の定義を第8条で行ったことに伴うもの。第18条の2は、行政不服審査法の改正に伴い、用語の改正を行うものであります。

 おめくりをいただきまして、第23条は、法人市民税における外国法人に係る規定について、引用法令を改め文言の整理を行うもの。

 第51条は市民税、第71条は固定資産税について、それぞれ減免申請期間を「納期限前7日」から「納期限まで」に変更するものであります。

 第89条第1項は、軽自動車税の減免の要件に、市民税及び固定資産税と同様に生活保護の受給や、災害等の特別な事情を追加するものであります。

 次ページ、第89条第2項続く第90条は、軽自動車税について、57ページの139条の3は、特別土地保有税について、それぞれ減免申請期間を「納期限前7日」から「納期限まで」に変更するものであります。

 附則第4条は、法人税法の改正による引用条文のずれに対応するものであります。

 59ページをお願いいたします。

 伊那市国民健康保険税条例新旧対照表であります。

 第29条は国民健康保険税に係る減免申請期間を「納期限前7日」から「納期限まで」に変更するものであります。

 お手数ですが議案書へお戻りいただき、44ページをごらんいただきたいと思います。

 下段の附則について御説明申し上げます。

 第1条は、施行期日を平成28年4月1日からとするもの。

 次ページ、第2条は徴収猶予及び換価猶予制度に関する経過措置を、第3条では、市民税に係る経過措置を定めるものでございます。

 議案第15号につきましては以上であります。

 続きまして、議案第16号「伊那市消費生活センター条例の一部を改正する条例」について御説明申し上げます。

 議案書46ページをお願いいたします。

 今回の条例改正は、不当景品類及び不当表示防止法等の一部を改正する等の法律が施行され、消費者安全法が改正されたことに伴い、所要の改正を行うものであります。改正の内容につきまして、新旧対照表で御説明いたします。

 議案関係資料60ページをお願いします。

 改正をお願いします第3条では、伊那市消費生活センターの業務について定めておりますが、対照表の右側新にお示ししましたとおり、第4号の次に第5号として、「消費者安全の確保に関し関係機関との連絡調整を行うこと」という一語を加え、従前の第5号を一つ繰り下げ、第6号とするものでございます。

 お手数ですが、議案書の46ページにお戻りください。

 附則でございますが、この条例は平成28年4月1日から施行するものでございます。

 以上、議案第15号、第16号につきまして御説明申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第15号及び議案第16号の2案は、社会委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第17号 伊那地域定住自立圏共生ビジョン協議会条例



△議案第18号 伊那市田舎暮らしモデルハウス条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第5、議案第17号「伊那地域定住自立圏共生ビジョン協議会条例」及び議案第18号「伊那市田舎暮らしモデルハウス条例」の2案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 原総務部長。

     (総務部長 原 武志君登壇)



◎総務部長(原武志君) 議案書の47ページをお願いいたします。

 議案第17号「伊那地域定住自立圏共生ビジョン協議会条例」につきまして、御説明をいたします。

 初めに提案の理由でございます。

 おめくりをいただき、48ページをごらんいただきたいと思います。

 下段に記載してありますけれども、本条例は伊那地域定住自立圏共生ビジョン協議会を設置するために提案するものでございます。

 伊那地域定住自立圏につきましては、昨年の6月市議会におきまして、中心市宣言を行い、近隣町村との相互の役割分担や連携教育によりまして、生活機能の確保などの取り組みを進めていくことといたしました。また、昨年9月の定例会では、定住自立圏の形成に関する協定の締結を議会の議決事項とすること。さらに、12月定例会におきましては、箕輪町と南箕輪村との具体的な協定につきまして、3市町村それぞれで議会議決をいただいたところでございます。以上の段階を経る中で、本議会におきましては今後3市町村圏域の将来像や推進すべき事業について協議を行い、順次事業化を図っていくための組織の設置につきまして提案するものでございます。

 条例の内容につきまして御説明いたします。恐れ入りますが、47ページにお戻りをいただきたいと思います。

 第1条は、組織の設置に関する規定で、連携事業の基礎となります共生ビジョンに関しまして、関係者の意見を反映するため協議会を設けることとしたものでございます。

 第2条は任務について、第3条は組織構成につきましてそれぞれ定めたものでございます。

 また第4条では委員の任期を、第5条以降では役員構成や会議の招集などについて定めてございます。

 おめくりをいただきたいと思います。一番上の附則でございますが、この条例は平成28年4月1日から施行するものでございます。

 説明は以上です。

 続きまして、49ページお願いいたします。

 49ページ、議案第18号「伊那市田舎暮らしモデルハウス条例」につきまして、御説明をいたします。

 初めに提案の理由でございます。51ページの下段をごらんいただきたいと思います。

 この条例は、本年2月6日に竣工いたしました上新山のキットハウスにつきまして、今後田舎暮らしのお試し体験や、移住交流イベント等の活動拠点として活用するため、田舎暮らしモデルハウスとしての設置を提案するものでございます。

 条例の内容につきまして御説明いたします。49ページにお戻りをいただきたいと思います。

 第1条は、設置に関する規定で、公の施設として設置管理を行うものでございます。

 第2条は、名称及び位置を定めるもの。

 第3条では、利用者の資格につきまして、移住定住に関する仕事などを行うもの、あるいは移住・定住の意思を有する者で、移住相談の実績や利用中の自治会行事等への参加、モデルハウス活用行事への協力を要件としてございます。

 第4条では、原則として利用期間を連続した4日間以内とすること。

 また第5条では、使用料は無料とし、宿泊に必要な物品等は利用者が用意するものといたしました。

 第6条では、利用を許可制とし、続く第7条で、利用する上での遵守事項を定めております。

 おめくりいただきまして、50ページをお願いいたします。

 50ページの第8条は、不適切な目的に関する利用許可制限について、9条は許可を受けた目的以外の使用等の禁止について、10条は不適正な利用に対する許可の取り消しなどについて、11条は利用終了時におけます原状回復義務について、また第12条は損害賠償義務について、それぞれ定めるものでございます。

 第13条は委任規定となります。

 おめくりください。51ページの上段の附則でございます。

 この条例は、平成28年4月1日から施行するものでございます。

 説明は以上でございます。よろしく御審議を賜りますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第17号及び議案第18号の2案は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第19号 伊那市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例



△議案第20号 伊那市指定地域密着型サービスの事業の運営等に関する基準を定める条例の一部を改正する条例



△議案第21号 伊那市指定居宅介護支援事業等に関する条例を廃止する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第6、議案第19号「伊那市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例」から議案第21号「伊那市指定居宅介護支援事業等に関する条例を廃止する条例」までの3案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 城取保健福祉部長。

     (保健福祉部長 城取 誠君登壇)



◎保健福祉部長(城取誠君) それでは、議案書の52ページをお願いいたします。

 議案第19号「伊那市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例」について御説明をいたします。

 提案理由でございますが、下段に記載のとおり18歳までの入院に係る費用を、福祉医療費給付金の支給対象に加えるため提案するものであります。

 改正内容について御説明を申し上げますので、議案関係資料の61ページをお願いいたします。

 61ページ、条例の新旧対照表でございますが、第2条第1号は医療費給付の対象となる子どもの定義でございまして、第1号中「15歳」を「18歳」に改めるものであります。

 第7条は、給付金の支給額から控除される費用の種類を掲げた規定でありますが、第7号の次に1号を追加して第8号とし、第8号を第9号に繰り下げるもので、追加した第8号は満15歳に達する日以降の最初の3月31日の翌日から満18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間、すなわち高校生に相当する期間の子どもにあっては、通院を給付の対象外とするものでございます。

 議案書の52ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でございます。施行期日でございますが、この条例は福祉医療費受給者証の更新日に合わせまして、平成28年8月1日から施行するというものでございます。

 以上でございます。

 続きまして、議案書の53ページをお願いいたします。

 議案第20号「伊那市指定地域密着型サービス事業の運営等に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」について御説明を申し上げます。

 初めに提案理由でございますが、2枚おめくりをいただきまして、55ページ下段にありますとおり、指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等の一部を改正する厚生労働省令の施行に伴いまして、所要の改正をお願いするものであります。

 具体的には現在、県の指定軽減となっております通所介護事業所のうち、定員18人以下の事業所は、本年4月1日から市の指定権限となるため、当該事業にかかる基本方針等について条例で定めるものでございます。

 改正の内容について御説明をいたしますので、議案関係資料の62ページをお願いいたします。

 62ページ、条例の新旧対照表でございますが、第11条の2は、指定地域密着型通所介護の基本方針、11条の3は、同じく基本取り扱い方針、11条の4は同じく具体的取り扱い方針を定めるもの。

 また、おめくりをいただきまして、63ページの第11条の5は、指定療養通所介護の基本方針等の趣旨、第11条の6は同じく基本方針。

 おめくりをいただき、64ページ、第11条の7は同じく具体的取り扱い方針を定めるものであります。

 下段の第12条から65ページの第22条までは、本改正等に伴う文言及び条項の改正でございます。

 なお、各規定及び改正につきましては、省令で定められている内容と同一としてございます。

 議案書の55ページにお戻りください。

 附則でございますが、条例の施行日を平成28年4月1日とするものでございます。

 以上であります。

 続きまして、議案書の56ページをお願いいたします。

 議案第21号「伊那市指定居宅介護支援事業等に関する条例を廃止する条例」につきまして御説明を申し上げます。

 提案理由でございますが、下段に記載のとおり、伊那市居宅介護支援事業所を廃止するため、本条例を廃止するものでございます。本市が行っておりました居宅介護支援事業、要介護者のケアプラン作成等を受託する事業でございますが、これにつきましては民間の事業所が充実をしてきたことから、現在、同事業を行っておらず、今後も行う予定がないため、本年3月31日をもって事業所を廃止するものでございます。

 附則でございますが、条例の施行日を平成28年4月1日とするものでございます。

 以上、議案第19号から議案第21号まで御説明を申し上げました。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第19号から議案第21号までの3案は、社会委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第22号 伊那市新産業技術推進協議会条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第7、議案第22号「伊那市新産業技術推進協議会条例」を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 原総務部長。

     (総務部長 原 武志君登壇)



◎総務部長(原武志君) それでは、議案書の57ページ、お願いいたします。

 議案第22号「伊那市新産業技術推進協議会条例」につきまして、御説明をいたします。

 初めに提案理由でありますが、おめくりをいただきまして58ページをごらんいただきたいと思います。

 下段に記載してございますとおり、伊那市新産業技術推進協議会を設置するため提案するものでございます。近年、インターネットとものをつないだ繊維開発やサービスが展開され、世界的に産業や社会のあり方が大きく変革を迎えております。新たなビジネスモデルの創出や、それを担う人材の発掘・育成など、伊那市におきましてもこの新産業技術の推進を図るため、研究組織を設置してまいりたいというものでございます。

 それでは、条例の内容について御説明いたします。57ページにお戻りをいただきたいと思います。

 第1条は、組織の設置に関する規定です。新産業技術の推進に関する審議、研究を目的としまして推進協議会を設置するものでございます。

 第2条では、任務としまして地域特性や課題の把握、新産業技術に関する共同研究や開発などに関する事項を掲げてございます。

 また第3条で、協議会組織の構成について、第4条で委員の任期を定めました。

 第5条は、会長、副会長の規定。第6条は会議運営の規定を、また第7条におきまして、部会の設置を可能といたしました。

 さらに第8条では、協議会の担当は企画課とするもの。

 おめくりをいただきたいと思います。58ページ、第9条は委任規定となります。

 最後に附則でございますが、この条例は平成28年4月1日から施行するものでございます。

 説明は以上です。よろしく御審議いただきますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第22号は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第23号 伊那市林業振興施設条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第8、議案第23号「伊那市林業振興施設条例の一部を改正する条例」を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 富山農林部長。

     (農林部長 富山裕一君登壇)



◎農林部長(富山裕一君) 議案書の59ページをお願いいたします。

 議案第23号「伊那市林業振興施設条例の一部を改正する条例」について御説明申し上げます。

 提案理由でございますが、伊那市東春近1604番地1の林業総合センターにつきまして、上伊那森林組合との協議により平成28年4月1日をもって有償にて譲渡することとなり、本施設の廃止に伴う所要の改正を行うため提案するものでございます。

 改正の内容につきまして御説明申し上げますので、議案関係資料の67ページをお願いいたします。

 議案関係資料67ページ、伊那市林業振興施設条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。第2条の表中及び第11条の林業総合センターにかかわる部分を削り、さらに別表中の第1号を削り、「第2号」を「第1号」とし、以後順次繰り上げるものでございます。

 議案書59ページにお戻りいただきたいと思います。

 附則といたしまして、この条例は平成28年4月1日から施行するものであります。

 以上でございます。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第23号は、経済建設委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第24号 伊那市営住宅条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第9、議案第24号「伊那市営住宅条例の一部を改正する条例」を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 山崎建設部長。

     (建設部長 山崎大行君登壇)



◎建設部長(山崎大行君) 議案書の60ページをお願いいたします。

 議案第24号「伊那市営住宅条例の一部を改正する条例」につきまして御説明いたします。

 本議案の提案理由でありますが、次ページにございますように市営住宅のうち使用に耐えなくなったものを廃止するため、提案するものでございます。

 改正内容につきまして、議案関係資料で御説明いたしますので、お手数ですが議案関係資料の69ページをお願いいたします。

 伊那市営住宅条例第2条の規定により定めた別表第1、公営住宅一覧表及び同条例第2条並びに第14条の規定により定めた別表第2、その他の住宅一覧表の新旧対照表でございます。まず、上段別表第1公営住宅一覧表の大萱団地のうち、昨年7月に発生しました火災により1棟4戸を取り壊すため、昭和38年度建設の「28戸」を「24戸」に改正するものでございます。続いて下段、別表第2、その他の住宅一覧表の御堂垣外住宅のうち、昭和45年度建設の2戸を用途排出するため改正するものでございます。

 お手数ですが、議案書の60ページへお戻りください。

 附則でありますが、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 説明は以上でございます。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第24号は、経済建設委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第25号 伊那市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第10、議案第25号「伊那市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例」を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 伊藤危機管理監。

     (危機管理監 伊藤明生君登壇)



◎危機管理監(伊藤明生君) それでは、議案書の62ページをお願いいたします。

 議案第25号「伊那市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例」について説明をさせていただきます。

 まず最初に提案理由でございますが、おめくりをいただきまして64ページをお願いいたします。

 今回の改正につきましては、行政不服審査法の改正及び今月2月24日に交付されました非常勤消防団員等に係る損害賠償の基準を定める政令の改正に伴いまして、改正をお願いするものでございます。

 改正内容について御説明させていただきますので、別冊の議案関係資料の70ページをお願いします。

 伊那市消防団員等公務災害補償条例新旧対照表でございます。

 第26条でございますが、提案理由にありますとおり行政福祉審査法が全部改正をされまして、異議申し立てが審査請求に一元化されることに伴いまして、見出し及び本文中の異議申し立てを審査請求に改めるものでございます。

 附則第5条第2項の表をお願いいたします。地方公務員法災害補償補償法施行令等が改正をされまして、そのように規定されております調整率と同じ率を用いております非常勤消防団員等に係る損害賠償の基準を定める政令も改正されましたので、政令改正に合わせまして調整率を改めるもので、表中の1はいわゆる特殊公務災害以外の傷病補償年金を、おめくりをいただきまして次のページの2は、特殊公務災害に関する傷病補償年金に関するものでございます。第5項は休業補償に関する条文でございますが、第2項と同様に表中の調整率について、政令の改正に合わせ調整率を改めるものでございます。

 議案書にお戻りをいただきまして、63ページをお願いいたします。

 附則の1でございますが、本年4月1日から施行したいというものでございます。

 附則の2でございますが、施行日の4月1日以前にかかわるものに対する経過措置でございます。

 説明は以上でございます。よろしく御審議をいただきますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第25号は、総務委員会に付託いたします。

 暫時休憩いたします。再開は11時15分といたします。



△休憩 午前11時6分



△再開 午前11時16分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第26号 平成27年度伊那市一般会計第11回補正予算について



△議案第27号 平成27年度伊那市国民健康保険特別会計第1回補正予算について



△議案第28号 平成27年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計第2回補正予算について



△議案第29号 平成27年度伊那市後期高齢者医療特別会計第1回補正予算について



△議案第30号 平成27年度伊那市介護保険特別会計第2回補正予算について



△議案第31号 平成27年度伊那市簡易水道事業特別会計第1回補正予算について



△議案第32号 平成27年度伊那市水道事業会計第1回補正予算について



△議案第33号 平成27年度伊那市下水道事業会計第2回補正予算について



△議案第34号 平成27年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第11、議案第26号「平成27年度伊那市一般会計第11回補正予算について」から議案第34号「平成27年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について」までの9案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 原総務部長。

     (総務部長 原 武志君登壇)



◎総務部長(原武志君) それでは別冊の白い冊子で、表紙に3月補正と記載してございます補正予算書の3ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第26号「平成27年度伊那市一般会計第11回補正予算について」御説明をいたします。

 第1条で、歳入歳出それぞれ1億740万円減額しまして、予算の総額を378億5,430万円とさせていただくものでございます。

 補正の内容でございますが、年度末を控えまして事業の確定によります決算に近づけるものが中心となります。国の平成27年度補正予算に伴います追加の補正、人事院勧告の反映、また退職者の増加や職員配置数の増減に伴います人件費の補正なども含まれておりますので、お願いいたします。

 次に、第2条は繰越明許費の補正、第3条は債務負担行為の補正、第4条は地方債の補正でございますが、別表で御説明いたします。

 8ページをお願いいたします。

 8ページは、第2表繰越明許費の補正でございます。1の追加でありますけれども、2款総務費の1項地域振興と人口増推進は、地方創生加速化交付金によりまして、移住定住やシティプロモーションなどを予定するものでございます。次の情報管理は、情報セキュリティをさらに高めるための機器整備であります。いずれも今回の国の補正に伴うもので、予算計上の時期から繰り越しをお願いするものでございます。

 6款の農林水産業費の農業環境整備につきましては、国の補正によりましてTPP対策としまして農業機械や施設整備を支援するものであります。次の畜産振興につきましては、6月補正でお願いしました牛舎等の整備助成につきまして、工事のおくれから繰り越しをお願いするものであります。

 森林環境整備から7款商工費の工業振興と環境施設管理につきましては、国の地方創生加速化交付金を予定しまして繰り越しをお願いするものでございます。

 10款教育費の小学校改修と、一つ飛びまして公民館建設につきましては、県の助成によります太陽光発電設備の整備でありまして、事務手続の関係で繰り越しをお願いするものでございます。

 それから下の表の2の変更でありますけれども、3款民生費の高齢者福祉施設整備につきましては、国の補正に伴いまして介護予防生活支援拠点施設の採択が見込まれますことから、追加の補正をお願いするものでございます。

 右のページ、9ページの第3表、債務負担行為の補正につきましては、平成27年度の当初予算でお願いしました土地の評価がえ作業委託につきまして、年割額が変更となりましたので限度額の変更をお願いするものでございます。

 10ページ、お願いいたします。

 10ページの第4表、地方債補正は変更であります。合併特例事業につきましては、主としまして東春近保育園の事業費の確定に伴います減額、過疎対策事業につきましては観光施設整備事業などの事業費確定に伴います減額であります。一番下の公共事業等は、国の補正に伴います事業費の追加による増加が主な内容でございます。

 続いて、32ページをお願いいたします。

 32ページから歳出について御説明をいたします。今回の3月補正でございますが、決算に近づける内容が大部分でございますので、それ以外の特徴的なもののみ中心に説明をさせていただきます。32ページについては、決算に近づけるものでございますので、ごらんいただきたいと思います。

 34ページをお願いいたします。

 34ページ、2款1項1目一般管理費は、右のページをごらんいただきたいと思います。総務一般事務の3節職員手当等で、年度末の退職者数が当初見込みました28人から42名にふえましたことに伴います退職手当の増額をお願いするものでございます。これに伴いまして、このページの下から2段目になりますけれども、職員退職手当積立金につきましては、積立額を減額するものでございます。

 おめくりをいただきたいと思います。36ページ、6目企画費でありますが、右のページの一番下、人口増推進事業の関係であります。

 おめくりをいただきたいと思います。39ページ上段の13節委託料につきまして、本年度制作をいたしましたシティプロモーション動画を都市部で放映する関係経費などが含まれております。

 その下の19節の田舎暮らしモデル地区に関する補助金交付金につきましては、ともに地方創生加速化交付金を財源に予定するものであります。

 なお、採択の状況によりましては、実施を見送る場合もございますので、御承知おきをいただきたいと思います。このほかにも交付金を予定する事業につきましても、同様の扱いでありますのでお願いいたします。

 40ページ、お願いいたします。

 40ページの11目情報管理費ですが、右のページの工事請負費であります。情報漏えいを防止するためのネットワークの再構築を行いまして、情報セキュリティ対策をさらに強化するものであります。国の補助金を得て実施するものでございます。

 次の12目積立基金費でございますが、それぞれ基金の運用益を積み立てるものでございます。

 43ページ、お願いいたします。

 43ページの一番下になりますが、戸籍住民基本台帳事務でございます。めくっていただきたいと思います。

 45ページの上段、19節の負担金でありますが、個人番号カードの発行事務に関する負担金を全額国の補助金で賄うものでございます。

 恐れ入りますが、2枚おめくりをいただいて、48ページお願いいたします。

 48ページ中段より下になりますが、3款1項2目の社会福祉施設費につきましては、右のページの高齢者福祉施設整備事業であります。国の補正に伴いまして、新たに4カ所の介護予防、生活支援拠点施設の採択を見込むものでございます。

 お手数ですが、59ページまでお進みいただきたいと思います。

 59ページの中ほどになりますが、東春近保育園建設につきましては、入札等によりまして事業費が減額となったものでございます。

 一番下の扶助費の生活保護事業につきましては、めくっていただきまして61ページお願いします。上段に記載してございますが、平成26年度におけます生活保護費の精算に伴う返還金となります。

 62ページをお願いいたします。

 62ページからは衛生費の関係となります。中段の2目予防費では、右のページで一般予防事業となります。子宮頸がんの予防接種におきまして、積極的勧奨の一時中止が継続されていることに伴います接種委託料の減でございます。

 64ページ、お願いいたします。

 64ページの一番下になりますが、6目病院費は、右のページの中央行政組合負担金で、退職者の追加によりまして負担金を増額するものであります。

 66ページをお願いします。

 66ページの7目水道費につきましては、右のページの水道事業の28節繰出金で、簡易水道事業におけます不足分を繰り出すもの、9目の国民健康保険費につきましては、67ページ中段の国保会計繰出金で、給付費の増加に伴いまして一般会計からの法定外を含みます繰り出しを行うものでございます。

 68ページ、お願いいたします。

 68ページ、2項1目の清掃総務費につきましては、右のページ清掃総務の19節負担金であります。伊那中央行政組合の減額分でありますが、南箕輪村の住宅団地の焼却灰撤去処分の負担が次年度に先送りされたことに伴いますものでございます。

 70ページをお願いいたします。

 70ページ、5款1項1目労働諸費は、右のページの雇用対策事業であります。19節の補助金でございます各種の雇用創出事業につきまして、国の地方創生加速化交付金を予定するものでございます。

 72ページをお願いいたします。

 72ページからは、6款農林水産業費となります。下段の2目農業総務費で、右のページの農業総務でございますが、9月補正でお願いしました伊那市の農業のよさをPRするための費用につきまして、国の地方創生交付金の上乗せ交付を申請いたしましたけれど、不採択によります減額となるものでございます。

 74ページ、お願いいたします。

 74ページの3目農業振興費でございます。右のページの一番上、農業環境整備の19節補助金であります。国の補正に伴いまして、農業者農機具等の整備を行います経営体育成支援事業の採択を見込むものでございます。

 2枚おめくりをいただきまして78ページ、お願いいたします。

 78ページの中ほどの2目、林業振興費でございます。右のページの森林環境整備事業で本年度策定に取り組んでおります「50年の森林ビジョン」に基づきまして、今後の実行計画の策定や、地域材の利活用の展開する事業につきまして、国の地方創生加速化交付金を見込んで計上するものでございます。

 2枚おめくりをいただきまして、82ページお願いいたします。

 82ページからは商工費の関係となります。2目の商工業振興費につきましては、右のページ下から2段目、工業振興の19節負担金であります。伊那市で取り組んでまいりました元気ビジネス応援隊による既存企業の支援につきまして、国の地方創生加速化交付金を見込む中で、上伊那の市町村と連携して取り組むためお願いするものであります。

 84ページお願いします。

 84ページの3目観光費でありますが、右のページ中段の観光施設管理事業で、中央アルプスの日本ジオパーク認定に向けまして関係市町村で連携しまして、登山道の整備等に取り組むものであります。国の地方創生加速化交付金を見込んでの計上でありますので、お願いいたします。

 お手数ですが、98ページまでお進みいただきたいと思います。

 98ページからは教育費の関係となります。一番下の3項中学校費、1目学校管理費でございますが、おめくりをいただきたいと思います。

 101ページ、右のページでありますが、2段目中学校運営の事業では、11節の消費につきまして、来年度の教師用の教科書等の購入をお願いするものであります。次の中学校学力向上対策につきましては、県の地域未来塾事業の補助を受けまして、タブレット端末などを放課後学習で活用するものでございます。

 4枚おめくりいただきまして、108ページお願いいたします。

 108ページ、12款公債費、1項1目の元金につきましては、過疎対策事業債の借り入れに際しまして、利子の削減に向けまして借り入れ条件を見直したことによります追加分でございます。次の2目の利子につきましては、昨年度分の市債発行額の確定に伴います減額となります。

 以上が歳出でございます。恐れ入りますが、20ページ、21ページにお戻りをいただきたいと思います。

 20ページ、歳入でございます。

 歳入につきましても、収入額の確定により決算に近づけるものがほとんどでありますので、主な項目のみ申し上げますのでお願いします。

 20ページの下段でありますが、14款2項6目農林水産業費負担金は、右のページの1節耕地事業負担金であります。事業費の確定に伴いまして土地改良区等の負担が減額となるものでございます。

 22ページをお願いいたします。

 16款1項4目の衛生費国庫負担金であります。右のページの1節保険基盤安定負担金で、国民健康保険事業への繰り出しに対するものであります。それから2項2目の総務費国庫補助金の1節総務費補助金につきましては、マイナンバーや情報セキュリティ対策に関係する補助金、それから9月補正で予定しました地方創生上乗せ交付金の不採択によります減額であります。後はごらんいただきたいと思います。

 24ページの上段をごらんいただきたいと思います。

 10目の教育費国庫補助金であります。右のページの4節社会教育費補助金でありまして、子ども子育て支援交付金は財源の組み換え、それから次の文化芸術によります地域活性化等の補助金は、補助採択になったことによります計上でございます。それから下のほういきまして、2項3目の民生費県補助金でございますが、4節児童福祉費補助金につきましては財源の組み換え、6目農林水産業費県補助金の5節11、経営体育成支援の補助金につきましては国の補正に伴うものでございます。

 26ページ、お願いします。

 下段になりますけれども、18款財産収入1項2目利子及び配当金につきましては、それぞれの基金に対する本年度の利子でございます。

 28ページをお願いいたします。

 28ページの19款寄附金でございます。民間企業からのふるさと寄附、市内の個人、法人、団体等からのもの、それから三峰川の砂利採取に関するものでございますので、ごらんください。

 それから20款の繰入金でありますが、2項1目の財政調整基金繰入金で、南箕輪村の住宅団地の焼却灰撤去が先送りとなりましたことから、予定額を減額するもの。それから、3月補正におきます一般財源の状況から、ふるさと納税の返礼特典に取り崩しを予定したものを一部減額するものでありますので、お願いいたします。

 30ページお願いいたします。

 30ページの23款市債でございますけれど、地方債の補正で御説明申し上げた内容でありますので、お願いいたします。

 なお、110ページ以降に給与費明細書を掲載してございますので、また後ほどごらんをいただきたいと思います。

 説明は以上でございます。よろしく御審議いただきますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) 城取保健福祉部長。

     (保健福祉部長 城取 誠君登壇)



◎保健福祉部長(城取誠君) 補正予算書の117ページをお願いします。

 議案第27号「平成27年度伊那市国民健康保険特別会計第1回補正予算について」でございます。

 今回の補正は第1条で歳入歳出それぞれ1億3,766万円を減額し、総額を77億3,740万円とするものであります。内容につきまして御説明を申し上げますので、130ページをお願いいたします。

 歳出からお願いいたします。今回の補正は、主に決算に近づけるためのものでございまして、1款1項1目一般管理費は職員異動等の確定に伴います減額。2項1目の賦課徴収費は広域電算業務の負担金額確定に伴う減額であります。

 おめくりをいただきまして、132ページ2款1項1目の一般被保険者療養給付費は、医療費の給付実績見込みに基づく減額、2目の退職被保険者等療養給付費は同じく実績に基づく増額でございます。

 下段の2項高額療養費につきましても同様でございまして、給付実績見込みに基づく決算に近づける補正でございます。

 おめくりをいただき、134ページの3款1項1目後期高齢者支援金と、もう1枚おめくりをいただいた136ページ、4款1項1目前期高齢者納付金は、制度に基づき保険者が給付するものでありますが、金額の確定に伴います減額でございます。

 おめくりをいただきまして、138ページの6款1項1目介護給付費納付金につきましても、拠出金額の確定に伴う減額でございます。

 おめくりをいただき、140ページの7款1項1目高額医療費共同事業医療費拠出金、下の段の3目保険財政共同安定化事業拠出金は、国保財政の安定化を図るための共同事業への拠出金でございますが、決算見込みに基づく減額でございます。

 おめくりをいただきまして、142ページ8款2項1目特定健康診査等事業費でございますが、特定健診事業における保健指導事業に対する国県支出金の充当に伴う財源の組み替えでございます。

 おめくりをいただき、144ページ11款1項4目国庫支出金償還金は、療養給付費の精算に伴う超過交付分の返還金でございます。

 下段、11款3項1目直営診療施設勘定繰出金は、直営診療所の運営に関する特別調整交付金の確定に伴う繰出金の増額でございます。

 歳出は以上でございます。

 次に歳入につきまして御説明を申し上げます。126ページまでお戻りをいただきたいと思います。

 126ページ、歳入でございます。

 1款の国民健康保険税はそれぞれの区分につきまして税収見込みによる補正、下段の3款国庫支出金からおめくりをいただきまして、128ページ7款の前期高齢者交付金までは、各年度の拠出金額の確定と給付費等の決算見込みに基づく負担金交付金などの増減額をそれぞれお願いするものであります。

 9款1項1目一般会計繰入金は、保険基盤安定繰入金の増額をお願いするもの。また、一般会計繰入金のその他一般会計繰入金につきましては、本会計の収入不足を補うため、一般会計から法定外繰り入れをするものでございます。

 146ページ以降、給与費明細書をつけてございますので、後ほどごらんをいただきたいと思います。

 説明は以上であります。

 続きまして、153ページをお願いいたします。

 153ページ、議案第28号「平成27年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計第2回補正予算について」でございます。

 今回の補正は、第1条で歳入歳出それぞれ1,386万円を減額し、総額を2億4,223万円とするものであります。

 予算の内容につきまして御説明申し上げますので、166ページをお願いいたします。

 166ページ、歳出からお願いいたします。

 今回の補正、こちらも主に決算に近づけるためのものでございまして、総務費の1項1目一般管理費は、決算に近づけるための職員人件費、委託料、負担金などの減額、2目の基金積立金は診療所整備等基金の本年度利子分を積み立てるものであります。

 おめくりをいただき、168ページの2款1項1目医療費につきましては、医薬材料費及び検査手数料の単価見直し等による減額でございます。

 おめくりをいただき、170ページの7款鍼灸費につきましては、決算に近づけるための人件費の補正となります。

 以上が歳出でございます。

 歳入につきまして御説明を申し上げますので、162ページにお戻りをいただきたいと思います。

 162ページ、歳入でございます。

 1款診療収入につきましては、国保や社保などからの診療報酬患者負担分の実績見込みによる補正であります。

 2款使用料及び手数料は、診断書主治医意見書など文書料が、3款の繰入金ですが、赤字の減少に伴います一般会計繰入金の減額と国保特別会計からの僻地診療所特別調整交付金の増額など、4款諸収入はごらんをいただきまして、6款サービス収入は居宅介護サービス、自己負担金収入の実績見込みによります減額、おめくりをいただきまして10款の財産収入は、診療所整備等基金の本年度利子分でございます。

 172ページ以降、給料費明細をつけてございますので、後ほどごらんをいただきたいと思います。

 続きまして、177ページをお願いいたします。

 177ページ、議案第29号「平成27年度伊那市後期高齢者医療特別会計第1回補正予算について」でございます。

 今回の補正、第1条で歳入歳出それぞれ1,457万円を追加し、総額を7億6,727万円とするものであります。

 内容につきまして御説明を申し上げますので、188ページをお願いいたします。

 188ページ、歳出からお願いいたします。

 今回の補正内容は、やはり決算に近づけるもので、1款1項1目一般管理費は、人件費と広域電算業務の負担金の確定に伴う減額でございます。

 おめくりをいただき、190ページの2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金は、平成26年度の保険料のうち出納整理期間中に納付された保険料と前年度の市町村保険料負担金生産額分を後期高齢者医療広域連合へ納付するものでございます。

 歳出は以上であります。

 歳入につきまして御説明をいたしますので、186ページにお戻りをいただきたいと思います。

 186ページ、歳入でございます。

 4款繰入金は一般会計からの事務費及び保険基盤安定繰入金の増額、5款繰越金は26年度からの繰越金でございます。同じく192ページ以降に給与費明細書をつけてございますので、後ほどごらんをいただきたいと思います。

 続きまして、197ページをお願いいたします。

 議案第30号「平成27年度伊那市介護保険特別会計第2回補正予算について」でございます。

 第1条で歳入歳出それぞれ2億1,176万円を減額し、総額をそれぞれ59億2,489万円とするものであります。

 内容につきまして御説明を申し上げますので、210ページをお願いいたします。

 210ページ、歳出からお願いいたします。

 介護保険特別会計につきましても、主として決算に近づける補正でございます。

 1款1項1目の一般管理費は、人件費、広域電算負担金の確定に伴う減額、3項2目の認定調査等費は、介護認定調査に係る主治医意見書作成手数料等の実績見込みによる減額、3目の認定審査会共同設置負担金は、広域連合の負担金の確定に伴います減額でございます。

 おめくりをいただきまして212ページ、2款1項1目の居宅介護サービス等給付費は、要介護認定者に係るそれぞれのサービスの給付実績に基づく負担金の補正でございます。

 おめくりをいただきまして、214ページ2目施設介護サービス給付費につきましても、施設サービスの給付実績に基づく負担金の減額。下段の2項1目の介護予防サービス等給付費は、要支援認定者に係る給付などの給付実績に基づく負担金の減額でございます。

 おめくりをいただき、216ページ4項1目の高額介護サービス等費につきましても、実績に伴う増額。

 おめくりをいただき、218ページ4款1項1目の介護予防事業費は、職員人件費や脳いきいき教室など介護予防事業の決算見込みによる補正となります。

 おめくりをいただきまして220ページ、2項1目包括的支援事業費につきましても、職員人件費や社会福祉協議会からの派遣職員分の決算見込みによる補正でございます。2目任意事業費は財源組み替えを行うもの。

 おめくりをいただきまして、222ページ、5款1項1目の介護予防支援事業費は人件費等の決算見込みによる補正。

 おめくりをいただきまして、224ページ6款1項1目の介護給付費準備基金積立金は、本年度決算見込みにおける剰余金及び基金利子の積み立てによる補正でございます。

 おめくりをいただきまして、226ページ、8款1項1目の第一号被保険者保険料還付金は過年度分更生に伴う補正でございます。

 次に、歳入につきまして御説明をいたしますので、206ページにお戻りをいただきたいと思います。

 206ページ、歳入でございます。

 4款の国庫支出金は、保険給付の実績見込みによります負担金交付金のルール分と、補助事業の実績見込みによります補助金及び交付金の補正でございます。5款支払基金交付金と6款県支出金につきましても、実績見込みに伴う補正。7款財産収入は、介護給付費準備基金の本年度分利子の補正。

 10款1項の一般会計繰入金は保険給付費のルール分や、地域支援事業費、職員給与費及び事務費に係る繰入金の実績見込みに伴う補正でございます。

 おめくりをいただきまして、2項の基金繰入金は、保険給付費の決算見込みに伴う減額。12款4項7目の雑入は、二次予防事業参加者負担金の減額でございます。

 同じく228ページ以降に、給与費明細書をつけてございますので、後ほどごらんをいただきたいと思います。

 以上でございます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) 福澤水道部長。

     (水道部長 福澤恒幸君登壇)



◎水道部長(福澤恒幸君) 補正予算書の233ページをお願いいたします。

 議案第31号「平成27年度伊那市簡易水道事業特別会計第1回補正予算について」御説明申し上げます。

 今回の補正は、職員異動等による補正のほか、決算に近づけるため減額をお願いするものです。

 第1条で歳入、歳出予算をそれぞれ356万円減額し、総額を2億3,854万円にするものであります。

 第2条、3条について236ページをお願いいたします。

 第2条の債務負担行為の補正は、第2表のとおり簡易水道事業の地方公営企業法の適用に向けた固定資産台帳データ作成業務委託に関し、平成27年度分の出来高により平成28年度分の限度額を増額するものであります。

 第3条の地方債の補正は、第3表のとおり簡易水道事業債と過疎対策事業債を合わせて610万円減額するものであります。

 242ページをお願いいたします。

 歳入でございますが、2款繰入金は赤字補填分の増によるもの。5款市債は、建設改良事業の確定見込みによる減であります。

 244ページをお願いいたします。

 歳出でございますが、1款1項総務費ですが、職員異動等による人件費の補正及び委託の減でございます。

 246ページは、2款1項建設改良費は職員異動等による人件費の補正及び委託料の減額でございます。

 248ページをお願いいたします。

 3款1項公債費は、長期債の元金利子確定による補正であります。

 以上であります。

 続きまして、255ページをお願いいたします。

 議案第32号「平成27年度伊那市水道事業会計第1回補正予算について」御説明申し上げます。

 今回の補正は、職員異動等による補正のほか、決算に近づけるための補正をお願いするものであります。

 第2条、収益的収入及び支出は、収入を1,643万2,000円増額し、総額を16億9,593万2,000円とし、支出を1,341万9,000円減額し、総額を16億3,668万1,000円とするものであります。

 第3条は資本的収入及び支出は、支出を286万3,000円減額し、総額を9億3,573万7,000円とし、収入不足額の補填財源について記載のとおり改めるものであります。

 第4条は職員の異動等により職員給与が減額となり、議会の議決を経なければ流用することができない経費の金額を減額するものであります。

 258ページをお願いいたします。

 収益的収入ですが、1款1項3目その他経営収益は、工業水使用料の計上でございます。3項3目その他特別利益は、人件費減に伴い戻し入れするものであります。

 260ページをお願いいたします。

 収益的支出ですが、いずれも職員の異動に伴う人件費の補正と、決算に近づけるための補正でございます。

 264ページをお願いいたします。

 2項1目支払利息の企業債利息は、前年度借り入れ分の利息の確定利率の見直しによるもの、3項4目過年度損益修正損は、過年度水道料金の調定変更を決算に近づけるものであります。

 266ページをお願いいたします。

 資本的支出ですが、職員の異動等に伴う人件費の補正と、2項1目企業債償還金は事業確定による減額であります。

 以上であります。

 続いて、279ページをお願いいたします。

 議案第33号「平成27年度伊那市下水道事業会計第2回補正予算について」御説明申し上げます。

 今回の補正は、職員異動等による補正のほか決算に近づけるための補正をお願いするものであります。

 第2条業務の予定量は、公共下水道建設改良費を4,250万減額して1億5,310万円にするものです。

 第3条は収益的収入及び支出は、収入を2,361万2,000円増額し、総額を30億9,453万4,000円とし、支出を4,863万1,000円減額し、総額を30億6,167万1,000円とするものであります。

 第4条は資本的収入支出ですが、280ページをお願いいたします。

 収入は、4,221万7,000円減額し、総額を20億6,768万3,000円とし、支出を1億1,678万8,000円減額し、総額を32億1,471万2,000円とするものであります。収入不足額の補填財源につきましては、279ページに記載のとおり改めるものでございます。

 280ページ、第5条は企業債限度額の減額、第6条は議会の議決を得なければ流用することができない職員給与の減額であります。第7条は、一般会計の補助金の減額であります。

 282ページをお願いいたします。

 収益的収入ですが、1項1目下水道使用料は汚水量が前年度に比べ増加している状況から2,500万円増額し、2項2目他会計補助金の一般会計補助金は、人件費の補正や利率の見直しに伴い減額するものであります。以下、決算に近づけるための増減であります。

 284ページをお願いいたします。

 収益的支出ですが、いずれも職員の異動等に伴う人件費の補正と決算に近づけるための補正をお願いするものであります。

 288ページをお願いします。

 6目総係費の普及促進の補助金及び交付金は実績によるもの。

 7目減価償却費は、前年度建設改良費の確定によるものでございます。

 292ページをお願いします。

 資本的収入でありますが、事業費の確定に伴う補正であります。

 294ページをお願いいたします。

 資本的支出ですが、事業費の確定のための減額及び職員の異動に伴う人件費の補正でございます。

 298ページをお願いいたします。

 2項1目企業債償還金は、借入金額の確定と利率見直しに伴う減額であります。

 以上であります。よろしく御審議を賜りますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) 田中商工観光部長。

     (商工観光部長 田中 章君登壇)



◎商工観光部長(田中章君) 引き続き、313ページをお願いいたします。

 議案第34号「平成27年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について」御説明申し上げます。

 平成27年度の南アルプス林道バスは、昨年4月25日に歌宿までを運行を開始し、11月15日をもって本年度の運行を終了いたしました。運行日数は203.5日、期間中の延べ旅客数は5万3,757人で、前年度に比べ、延べ人数で2,869人、5.6%の増加となりました。今回の補正は営業収益の確定と事業費の確定見込みなどから、決算に近づけるためお願いするものでございます。

 第2条収益的収入及び支出では、収入について運賃収入等の増加による営業収益と営業外収益を増額、支出では運転費の減などによる営業費用の減額と、支払い消費税の増額による営業外費用が増額となり、予算上1,070万円の黒字を見込んでございます。

 第3条資本的収入及び支出では、建設改良費の減額による資本的支出の予定額を300万円減額するものでございます。

 第4条では、職員給与費の流用制限額を改めるものでございます。

 補正の詳細につきまして御説明申し上げますので、2枚おめくりをいただき316ページをお願いいたします。

 最初に収益的収入及び収支の収入でございます。

 1款1項1目運送収益は、旅客総数等の増加により490万円の増、2項営業外収益では雑収入の40万円の増、あわせて運送事業収益は530万円、8.2%の増額補正でございます。

 おめくりいただき318ページの支出でございます。

 1款1項1目運転費は、給与改定、人件費の確定等による増減と燃料費の減額でございます。

 2項5目消費税及び地方消費税は、運送収益等の増加に伴います支払い消費税の増額です。

 おめくりいただきまして、320ページの資本的支出でございます。車両運搬具の事業用バス購入費の確定により減額となりました。

 322ページ以降は、予定キャッシュフロー計算書、給与明細書と予定貸借対照表となりますけれども、ごらんをいただきたいと思います。

 以上、平成27年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算を御説明申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第26号から議案第34号までの9案は、付託表のとおり所管の各委員会に付託いたします。

 暫時休憩いたします。再開は午後1時30分といたします。



△休憩 午前11時59分



△再開 午後1時25分



○議長(伊藤泰雄君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第35号 平成28年度伊那市一般会計予算について



△議案第36号 平成28年度伊那市国民健康保険特別会計予算について



△議案第37号 平成28年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計予算について



△議案第38号 平成28年度伊那市後期高齢者医療特別会計予算について



△議案第39号 平成28年度伊那市介護保険特別会計予算について



△議案第40号 平成28年度伊那市営駐車場事業特別会計予算について



△議案第41号 平成28年度伊那市簡易水道事業特別会計予算について



△議案第42号 平成28年度伊那市水道事業会計予算について



△議案第43号 平成28年度伊那市下水道事業会計予算について



△議案第44号 平成28年度伊那市自動車運送事業会計予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第12、議案第35号「平成28年度伊那市一般会計予算について」から、議案第44号「平成28年度伊那市自動車運送事業会計予算について」までの10案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 原総務部長。

     (総務部長 原 武志君登壇)



◎総務部長(原武志君) それでは、オレンジ色の冊子の平成28年度伊那市予算書をお開きいただきまして、1ページをお願いいたします。

 議案第35号「平成28年度伊那市一般会計予算について」御説明をいたします。

 第1条は、歳入、歳出予算の総額を歳入、歳出それぞれ325億3,500万円とするものであります。28年度予算は、第一次伊那市総合計画の後期基本計画や関連計画、また昨年10月に策定をいたしました伊那市地方創生総合戦略を踏まえる中で、開会の市長の挨拶にもございましたとおり、市民の視点に立ちまして暮らしやすく平和で希望に満ちた伊那市の創生を念頭に予算を編成いたしました。

 予算規模は、前年度当初予算と比較しまして1.6%、5億1,300万円の増となっております。

 次に、第2条は継続費、第3条は債務負担行為、第4条は地方債でございますが、後ほど御説明をさせていただきます。

 第5条は、一時借入金で、借入金の最高額を40億円とするもの。

 第6条は、歳出予算の流用の例外規定を定めるものであります。

 6ページをお願いいたします。

 6ページは、第2表の継続費であります。高遠スポーツ公園文化体育館の耐震改修事業につきまして、本年度の耐震診断の結果を受けまして、耐震化を行うものであります。総額を5億2,160万円余とし、期間は平成28年度から29年度の2カ年で、年割額をそれぞれごらんのとおり定めるものであります。

 右のページ、7ページは第3表、債務負担行為であります。一段目は、高遠長谷地区の循環バスの老朽化に伴いますバスの更新につきまして、現在発注から納品までに1年以上の期間を要しますことから、29年度の更新に向けまして債務負担をお願いするものであります。

 2段目は工場等設置事業補助金につきまして、3年間の助成を行うためのもの。また3段目の平成27年度に売却しました産業用地につきましては、産業用地取得補助金を3年間にわたり交付するため、それぞれ債務負担をお願いするものでございます。

 おめくりをいただきまして、8ページをお願いいたします。

 8ページは、第4表地方債であります。合併特例事業につきましては、高遠スポーツ公園、文化体育館耐震工事のほか、道路整備、学校給食施設の整備、公民館建設、防災拠点施設整備などに対するものであります。過疎対策事業につきましては、医師確保対策としまして国保直診会計への繰り出しを行うほか、林道、教育施設などのそれぞれの整備に対応するものであります。

 次の公共事業等は道路整備に、また緊急防災減債事業については消防施設等の整備に対応するものであります。一般会計収支につきましては、水道事業会計の収支に充てるもの、臨時財政対策につきましては、地方交付税におけます国税の収入不足に対する財源振替分となります。

 市債の総額では、32億7,950万円を発行する予定でございます。

 続いて歳入につきまして御説明いたします。18ページまでお進みいただきたいと思います。

 18ページは歳入でございます。一般財源を中心に説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 最初に1款1項の市民税のうち、2目の法人市民税で、業績回復を見込む中で税制改正の影響によりまして13.6%、9,000万円の減を見込んでおります。

 2項1目の固定資産税につきましては、家屋や償却資産の伸びによりまして、前年度比で4.4%の増額を見込みました。

 また、3項1目軽自動車税は、税率改正に伴いまして、4,000万円余の増額としてございます。

 おめくりをいただきたいと思います。20、21ページの中ほどでありますけれど、6款の地方消費税交付金につきましては、本年度の決算見込み、また一昨年4月の消費税率の改定の影響が通年化することによりまして、大幅な増額を見込んでおります。

 一番下の12款地方交付税につきましては、おめくりをいただきまして22、23ページをごらんいただきたいと思います。

 1項1目地方交付税につきまして、合併特例による優遇措置の縮小によりまして、6,200万円余の減額を見込んでおります。

 14款以降は、特定の事業に係る財源となる歳入でありますのでごらんをいただきたいと思います。お手数ですけれども、36、37ページまでお進みいただきたいと思います。

 36ページでは、下段の19款寄附金の1項2目総務費の寄附金でありますけれども、今年度好調でありましたふるさと納税によります寄附につきまして、あらかじめ6億円を見込むものであります。

 一番下の20款繰入金はおめくりをいただきまして、38ページ、2項基金繰入金の1目財政調整基金繰入金は、南箕輪村の住宅団地におけます埋没焼却灰の撤去負担金等に対応する一般財源とするものであります。3目のふるさと創生基金繰入金は、高遠町長谷地区のふるさと創生活動支援に充てるためのものでございます。

 それから14目のふるさと応援基金繰入金は、主にふるさと納税の活用に取り崩しをお願いするものでございますが、ふるさと納税分につきましては、市長の挨拶にもありましたように、市の将来を見据えました特徴的な6事業、それから子育て、産業の活性化の二つの分野に充当させていただく予定でございます。

 三つ下の18目まちづくり基金につきましては、移住定住事業やまちづくり交付金に充てるものであります。

 その下の19目ごみ処理施設整備基金繰入金は、建設に着手いたします上伊那広域の中間ごみ処理施設建設負担金に充当するものでございます。

 次の21款繰越金は、前年度当初予算と同額の5億5,000万円を見込んでおります。

 一番下の22款諸収入については、おめくりをいただきたいと思います。

 40ページの3項1目、過失金元利収入につきましては、右のページの5節中小企業融資預託金回収金につきまして、歳出の融資預託金に連動いたしまして、1億円の減となります。また、中段の5項1目雑入の減額につきましては、3節民生費雑入の高齢者福祉施設の地元建設負担金の減が主な理由でございます。

 お手数ですが、2枚おめくりをいただきまして、44、45ページ、お願いいたします。

 23款の市債につきましては、先ほど御説明させていただいたものでありますけれども、年度の当初予算比では4.4%の減となります。

 歳入につきましては、以上であります。

 続きまして歳出について御説明いたします。別冊の白い表紙の平成28年度主要事業の概要と記載してあります冊子をお願いいたします。

 こちら表紙をめくっていただきまして、目次をごらんいただきたいと思います。

 平成28年度主要事業の概要の目次でございますが、下に囲みがございます。新規事業につきましては星印、充実事業につきましては二重丸を表記させていただいております。新規事業を中心に説明させていただきますので、よろしくお願いします。

 それでは、1ページお願いします。

 1ページは、議会費の関係となります。

 (2)で議員全員にタブレット端末を用意しまして、会議等への活用を図るものでございますのでお願いいたします。

 おめくりをいただきたいと思います。

 2ページからは総務費の関係となります。

 最初の総務一般事務では、(3)で市制施行10周年記念関連事業の費用を計上いたしました。

 右のページ、3ページの上段でありますけれど、職員福利厚生におきましては、職員の健康管理としまして新たにストレスチェックを導入する予定でございます。

 おめくりをいただきたいと思います。4ページの防災対策では、(4)で福島県の相馬市長をお迎えしての防災講演会の開催や、(8)(9)におきまして、業務継続計画や国土強靭化計画の策定に取り組みたいと思います。

 5ページの2段目の広報でありますけれど、(7)で木曽、高山と連携をいたしまして、観光客誘客用映像の作成に取り組みたいと思います。

 以降ごらんいただきまして、2枚おめくりいただきまして8ページお願いいたします。

 8ページの2段目の企画であります。(6)で議案第22号でお願いいたしました研究組織の設置条例をお願いしたわけでございますけれども、新産業技術の導入により地域の活性化を図るものであります。

 一番下の地域自治振興の(3)では、地域協議会の自主的な活動を促進する協働のまちづくり交付金を計上してございます。

 9ページの2段目、人口増推進では、(4)で田舎暮らしモデル地域の新山地区におきまして、商品配送の実証事業並びに田舎暮らしモデルハウスを活用した事業の実施に取り組みます。

 おめくりをいただきたいと思います。10ページの下段になりますけれども、交通安全対策では、(1)で交通事故抑制のために、運転免許の自主返納に係る費用を支援をしたいと考えております。

 2枚おめくりをいただきまして、15ページお願いいたします。

 15ページの上段、選挙費でありますけれども、任期満了に伴います参議院議員選挙の執行を予定しております。

 おめくりをいただきたいと思います。17ページからは、3款民生費の関係となります。このページにつきましては、ごらんをいただきましておめくりいただき、18ページをお願いいたします。

 18ページの一番上でありますが、結婚推進では支援ボランティアによります体制整備や参加しやすいイベントの開催、また地域で自主的に行われております婚活イベントへの支援などによりまして、出会いの機会を提供したいと考えております。

 それから下から2段目の民生児童委員では、11月の改正に対応するものであります。一番下の臨時福祉給付金は、国からの臨時福祉給付金を支給するものでございます。

 おめくりをいただきたいと思います。20ページからは、障害のある方の生活支援等を実施する事業となります。21ページ中段の地域生活支援事業の(12)では、新たに後見人等の報酬補助を加えまして、成年後見制度の利用を支援してまいる予定でございます。

 おめくりをいただきたいと思います。22ページからは、高齢者福祉費でございます。下段の介護保険事業では、新たに介護現場におけます雇用の継続と、新規就職者への資格取得を支援してまいる予定でございます。

 おめくりをいただきたいと思います。24ページ一番上になりますが、(5)の高齢者いきいき健康券の交付につきましては、紙おむつを対象として復活をいたしました。一番下の(10)では、寝たきり等の在宅の高齢者に対しまして、訪問利用美容サービスの費用助成を予定をしております。

 おめくりをいただきたいと思います。26ページ中ほどになりますが、市単独の子ども医療費給付では、対象を高校生の入院まで拡大し支援をしてまいります。

 27ページの一番下、出産祝い金では、引き続き伊那地区過疎地域それぞれで、出産祝い金を交付しまして、地域の活性化を図ってまいります。

 おめくりをいただきたいと思います。28ページでは一番下の児童扶養手当で、国の制度改正によりまして一部加算額を増額して実施するものであります。

 おめくりをいただきたいと思います。30ページの一番上でありますが、市立保育園、幼稚園につきましては、新たな子ども子育て支援制度への移行に伴いまして、これまで教育委員会で対応しておりました幼稚園も含めて総合的に対応してまいります。

 中段の高遠保育園建設では、この4月に2園を統合して運営します高遠地区の保育園の改築に向けまして、用地の選定に着手するものでございます。その下の保育園運営では、(2)で保護者の育児休暇取得に伴います通園要件の緩和を図りまして、子育て支援をしてまいる予定でございます。

 31ページの生活保護総務では、27年度から実施しております生活困窮者自立支援事業におきまして、(2)の就労準備支援と(4)の家計相談支援事業を新たに追加して実施するものであります。

 おめくりをいただきたいと思います。33ページからは衛生費の関係となります。このページはごらんをいただき、34ページをお願いいたします。

 34ページの一番下になりますが、健康診査の(13)がん検診の精密検査の受診率向上に取り組むものであります。

 それから35ページの上段、母子保健では、(3)の産後ケア事業の充実や、(6)で不妊治療費の助成を拡充いたしまして、妊娠から出産、子育てまで継続した支援を行いたいと考えております。

 おめくりをいただきたいと思います。36ページの4段目、公衆トイレでは公衆トイレの洋式化を行うものでございますが、公共施設におけますトイレの洋式化につきましては、観光におけるインバウンド対応や使用者の利便性を図りますため、関係する各事業にそれぞれ予算を計上してございますので、こちらも合わせてお願いしたいと思います。次の環境保全では、監視カメラの設置によりごみの不法投棄の防止に取り組みたいと考えております。

 おめくりください、38ページの一番上の霊園であります。多様化するニーズに対応しますため、伊那市営霊園に合葬式墓地の建設を予定しております。

 39ページは、各特別会計への繰り出しを行うものであります。

 おめくりをいただきたいと思います。40ページの清掃総務では、(1)の上伊那広域連合負担金で、新ごみ中間処理施設に対する負担金を。(2)の伊那中央行政組合負担金には、南箕輪村の住宅団地焼却灰撤去の負担金をそれぞれ計上してございます。

 41ページの中ほど鳩吹クリーンセンターでは、センターの運営が最終年となりますことから、処理量の増加が予想されますので、安全の操業に向けまして修繕費用等を計上してございます。

 おめくりをいただきたいと思います。42ページの労働費の雇用対策では、若者の正規雇用や地元就職支援に取り組みます。

 43ページからは農林水産業費となりますが、おめくりをいただきたいと思います。

 45ページの1段目、水田農業振興では生産調整ととも補償につきまして、引き続き実施をしてまいります。あとはごらんをいただきたいと思います。

 おめくりください。46ページの3段目の中山間地域活性化では、耕作放棄地の発生防止や農地の多面的機能を確保するため、協定に基づき交付するものであります。その下の就農支援につきましては、引き続き新規就農者の支援を行うものでございます。

 47ページの耕地総務の(2)多面的機能支払交付金につきましては、地域住民による農業施設の維持管理を促進するものでございます。

 おめくりをいただきたいと思います。49ページの農業公園管理運営では、みはらしファームにおきまして地域食材提供施設の整備や、交流促進施設の運営などにより誘客を図るものであります。

 おめくりをいただきたいと思います。50ページの緑づくりでは、第67回全国植樹祭のサテライト会場といたしまして、鳩吹公園におけますイベントや友好都市からの小学生参加ツアーなどを行うもので、下から2段目の、森林環境整備では、伊那市50年の森林ビジョンの実行計画等を策定をいたします。

 また、51ページの下段でありますけれど、私有林管理では、キックオフ事業といたしまして、私有林の永続的な整備に向けた伐採と植林事業を実施する予定であります。

 おめくりください。52ページは上段の地域材利用促進対策で、バイオマスエネルギーの活用や地域材の利活用を進めてまいります。

 おめくりをいただきたいと思います。54ページからは商工費の関係となります。昨年、地方創生関連予算に計上いたしました内容を精査するとともに、新たな精度も導入いたしまして、雇用対策事業と合わせて商工業振興に努めてまいります。

 おめくりをいただきたいと思います。57ページの産業立地では、産業用地のインフラ整備、それから設備投資に対する支援の取り組みを進めまして、新たな誘致に向けて取り組んでまいります。そのほかはごらんをいただきたいと思います。

 おめくりください。58ページからは3目観光費の関係であります。2段目の観光企画では、二次交通対策の充実、また新たな地域おこし協力隊の配置によります地域活性化や、日本で最も美しい村連合事業などの推進に取り組みます。

 59ページの観光PRでは、「信州そば発祥の地 伊那」や山の日キャンペーンなどに取り組む予定でございます。

 おめくりをいただきたいと思います。60ページの高遠城址公園管理では、桜の生育調査やWi−Fiの設備工事を、また61ページのエコパーク、ジオパーク推進では、ジオパークの再認定に対応するとともに、ジオパークエリア4市町村連携によります誘客事業などに取り組みたいと考えております。

 おめくりください。62ページからは土木費の関係となります。2段目の道路河川管理では、幹線道路の街灯につきましてLED化工事を行う予定であります。

 おめくりをいただきたいと思います。65ページまでは道路の維持補修や改良などに必要な経費を計上したものでありますが、舗装改良や一般道路改良など生活道路の維持補修を充実させております。

 65ページ中ほどのスマートインター事業につきましては、インター導入路につきましてNEXCOへの委託や、取りつけ指導等の改良を予定するものであります。

 おめくりをいただきたいと思います。66ページの下から2段目でありますが、都市計画調査では国道153号伊那バイパス整備に向けまして、土地利用誘導策の検討を行うもの。

 67ページの一番上、環状南線では、建設に向けまして用地測量や用地購入等を進めてまいるものであります。

 おめくりください。68ページは市営住宅の維持管理に関係するもの、それから69ページからは消防費となります。中段の消防団運営では、消防団員の安全確保のために防火衣の整備を行います。

 おめくりをいただきたいと思います。70ページの防災施設管理では、防災拠点施設建設に向けまして、既存施設を解体するための事業費などを計上してございます。

 右のページ、71ページからは教育費となります。

 おめくりをいただきたいと思います。72ページの中段でありますけれども、小学校管理では、信州型コミュニティスクール事業を全校で実施するための経費を計上いたしました。また、73ページの一番下、小学校備品整備におきましては、県産の木材製品でありますKEES(キーズ)の小学校での活用を計画いたしております。

 おめくりをいただきたいと思います。74ページの小学校教育振興では、(7)で郷土愛を育むための副読本を作成いたします。(8)で学校への図書管理システムの導入費用を計上してございます。下段の小学校学力向上対策では、児童の学力向上を支援するため、小学校放課後学習などに取り組みたいと考えております。

 恐れ入りますが2枚おめくりをいただきまして、78ページお願いいたします。

 78ページは中学校の施設整備事業となります。それから79ページの文化振興では、30周年となります伊澤修二記念音楽祭や各種の文化振興事業に工夫して取り組む計画でございます。

 おめくりをいただきたいと思います。右のページ、81ページの一番上、公民館建設では、完成に向けました手良公民館建設を進めてまいります。

 おめくりをいただきたいと思います。83ページの2段目、文化財施設管理では伊澤修二生家の改修を行います。次の高遠城址整備では、三の丸北側斜面の整備を、一番下の歴史博物館では市民に向けました地域研究スペースの設置をそれぞれ予定しております。

 おめくりをいただきたいと思います。84ページの2段目の美術館では、中村不折生誕150周年展を初めとしまして企画展を計画しております。

 85ページの生涯学習センターでは、経年劣化に対する施設整備を予定しておりますのでお願いいたします。

 おめくりください。86ページの大会費でありますけれども、第20回大学ラグビー招待試合や、ふるさと納税の寄附を活用しました春の高校伊那駅伝男子第40回記念事業などの大会を開催いたします。

 87ページの2段目でありますが、体育施設整備におきましては、高遠スポーツ公園文化体育館の耐震補強、それからセンターテニスコートの人工芝への改修などを計画しております。また一番下の給食施設整備には、整備計画に基づきまして伊那中学校、伊那西小学校の共同調理場の工事を予定しております。

 2枚おめくりいただきたいと思います。90ページの公債費でありますけれど、長期債の償還元金等利子一時借入金利子を計上したものであります。

 以上、平成28年度伊那市一般会計予算につきまして御説明をいたしました。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) 城取保健福祉部長。

     (保健福祉部長 城取 誠君登壇)



◎保健福祉部長(城取誠君) 恐れ入りますが、水色の表紙の特別会計企業会計予算書の3ページをお願いいたします。

 議案第36号「平成28年度伊那市国民健康保険特別会計予算について」御説明をいたします。

 第1条は、歳入、歳出予算の総額を、歳入、歳出それぞれ77億7,000万円とするもので、予算規模は前年度比で1.3%、1億500万円の減となります。

 第2条は、一時借入の最高額を9億円と定めるものであります。被保険者の加入状況につきましては、一般被保険者は当初予算比で前年度より0.7%の減。退職被保険者は前年度より26.6%の減を見込んでおります。

 予算の内容につきまして歳入から御説明をいたしますので、12ページをお願いいたします。

 12ページ、歳入でございます。1款の国民健康保険税は前年度予算比で6.7%の減を見込んでおります。2款使用料及び手数料は、国保保険督促手数料、3款の国庫支出金につきましては、右側の説明欄にございますように国庫負担率32%などのルール分による国の負担金補助金でございます。

 おめくりをいただきまして、4款県支出金、5款療養給付費交付金もそれぞれルール分を見込んだものでございます。

 一番下の6款1項1目共同事業交付金につきましては、都道府県単位で医療費負担を調整する交付金でございまして、おめくりをいただき16ページの7款前期高齢者交付金は65歳から74歳までの被保険者分に対する交付金、9款繰入金は一般会計からのルール分と説明の後、その他一般会計繰入金にありますとおり、1億840万9,000円を法定外繰り入れとして、一般会計から繰り入れるものでございます。中段の11款諸収入は、滞納保険税に対する延滞金や出産費資金貸付金返還金、第三者納付金などが主なものでございます。

 歳入は以上でございます。

 続いて歳出について御説明を申し上げますので、別冊の主要事業の概要の93ページをお願いいたします。

 93ページから次のページの2段目までは総務費でございまして、職員の人件費、国保連合会への負担金、賦課徴収費などが主なものでございます。

 94ページの3段目、一般被保険者療養給付費から98ページまでは、一般被保険者と退職被保険者などにかかります療養給付費や高額療養費などの保険給付費でございます。このうち94ページの3段目ですが、一般被保険者療養給付費につきましては、本年度の決算見込みを勘案する中で、一般被保険者分は前年度比0.6%の減、一番下の退職被保険者分は15.5%の減を見込みました。

 おめくりをいただきまして、96ページの2段目、一般被保険者の高額療養費は10.9%の減、その下の退職被保険者高額療養費は6.1%の増をそれぞれ見込んでおります。

 97ページ2段目の出産育児一時金及び葬祭費につきましては、前年度と同件数を見込んでおります。

 おめくりをいただきまして、98ページの2段目、3款1項1目後期高齢者支援金は、後期高齢者医療費の40%相当分を、また次の事務費拠出金は運営に必要な事務費を、それぞれ社会保険診療報酬支払基金に支払うものでございます。

 99ページの4款前期高齢者納付金等は、65歳から74歳までの高齢者の加入割合に応じて、全ての保険者が案分して負担する納付金と事務費でございます。

 その下の5款、老人保健拠出金は、老人保健特別会計の精算に必要な事務費でございます。

 おめくりをいただき、100ページの6款介護納付金は、介護保険事業に係る2号被保険者保険料の支払基金への納付金、次の7款共同事業拠出金は、各市町村が負担金を拠出をして、高額医療費共同事業、保険財政共同安定化事業を共同して運営し、国保財政の安定化を図るものでございます。

 101ページの8款保険事業費は、市が実施する保健予防事業等に係る費用でございまして、新年度新たに被保険者の希望者に体力テストと塩分測定を実施をし、体力年齢や塩分摂取量を知ることで生活習慣の見直しを動機づけ、生活習慣病を予防する取り組みを実施してまいります。

 おめくりをいただきまして、102ページの8款2項1目、特定健康診査等事業では、各保険者に義務化されております特定検診、特定保健指導につきまして、引き続き受診率の向上に重点的に取り組んでまいります。

 10款公債費から103ページの12款予備費までは、従来とほぼ同様の内容でございますのでごらんをいただきたいと思います。

 国民健康保険特別会計予算につきましては、以上でございます。

 続きまして、予算書にお戻りいただきまして、57ページをお願いいたします。

 予算書57ページ、議案第37号「平成28年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計予算について」御説明をいたします。

 第1条は、歳入、歳出予算の総額を、歳入、歳出それぞれ2億1,810万円とするもので、予算規模は前年度比で13.3%、3,340万円の減となっております。

 予算の内容につきまして歳入から御説明をいたしますので、66ページをお願いいたします。

 66ページ、歳入でございます。1款は診療収入で国保、社保等の診療報酬と一部負担金などにつきまして本年度の患者数等の実績を勘案し、減額を見込んだところでございます。

 2款使用料及び手数料は、診断書などの文書作成収入や鍼灸治療所の使用料。3款繰入金は、一般会計と国保特別会計からの繰り出し基準分などに基づく繰入金でございます。

 4款諸収入は、学校医報酬、介護認定審査会報酬、6款のサービス収入は居宅療養管理指導などの収入を見込んだものであります。

 歳入は以上であります。

 歳出について御説明を申し上げますので、別冊主要事業の概要の104ページをお願いいたします。

 104ページ、1段目の一般管理は、4つの診療所の職員人件費と施設を運営するための管理費、2段目の医業費は、診療に必要な医薬材料費や医療機器の修繕費用などでございます。

 105ページの施設整備は、診療所の施設修繕と医療機器の更新費用など、その下の長期債元金と利子は、各診療所の施設整備等に係る元利償還金であります。

 おめくりをいただきまして、106ページの鍼灸治療所は、予防医療の向上と住民の健康増進につなげるための鍼灸治療所運営のための費用でございます。

 国民健康保険直営診療所特別会計予算につきましては、以上でございます。

 続いて、予算書の89ページにお戻りをいただきたいと思います。

 議案第38号「平成28年度伊那市後期高齢者医療特別会計予算について」御説明をいたします。

 第1条は、歳入、歳出予算の総額を歳入、歳出それぞれ7億9,270万円とするもので、予算規模は前年度比で5.3%、4,000万円の増となっております。

 予算の内容につきまして、歳入から御説明をいたしますので、98ページをお願いいたします。

 98ページ、歳入でございます。

 1款後期高齢者医療保険料は、伊那市の被保険者に係る保険料でございまして、前年度比5.2%の増を見込みます。

 2款は手数料で督促にかかるもの、4款繰入金は、一般会計からの繰入で、事務費と低所得者の保険料減額分に対する保険基盤安定繰入金を見込むもの。また6款諸収入は、延滞金及び広域連合からの過年度分の保険料還付を見込むものであります。

 歳入は以上であります。

 続きまして、歳出について御説明申し上げますので、主要事業の概要の107ページをお願いいたします。

 107ページ、歳出でございます。後期高齢者医療制度は、長野県後期高齢者医療広域連合が実施主体でありまして、申請などの窓口業務、保険料の徴収などが市町村事務となっております。

 1段目、2段目は総務費で、職員の人件費や保険料の徴収に関する費用であります。新年度は新たに後期高齢者医療制度の制度説明を振込詐欺や高齢者交通事故の撲滅講話と合同で開催することとしております。その下の広域連合納付金は、徴収した保険料と保険料を軽減するための負担金で、いずれも広域連合への納付金となります。なお、被保険者数は前年度比134人増の1万1,218人を見込んだところであります。

 おめくりをいただきました、108ページの保険料還付は、過年度に係る還付金であります。

 後期高齢者医療特別会計予算は以上でございます。

 続きまして、予算書にお戻りいただき、113ページをお願いいたします。

 113ページ、議案第39号「平成28年度伊那市介護保険特別会計予算について」でございます。

 第1条は、歳入、歳出予算の総額を、歳入、歳出それぞれ62億3,290万円とするものであります。予算規模は前年度比で2.4%、1億4,890万円の増を見込んでおります。

 第2条は、一時借入金の最高額を1億円と定めるもの。

 第3条は、歳出予算の流用について定めるものであります。

 平成28年度は、第6期介護保険事業計画期間の中間年度となります。65歳以上の被保険者数は2万445人、介護認定者は3,294人を見込んで予算を編成をしたところでございます。

 予算の内容につきまして、歳入から御説明を申し上げますので、122ページをお願いいたします。

 122ページ、歳入でございますが、1款保険料は、65歳以上の第1号被保険者に納めていただく介護保険料。

 3款使用料及び手数料は保険料の督促手数料。

 4款国庫支出金は給付費のルール分と調整交付金。

 5款支払い基金交付金は、40歳から64歳までの第2号被保険者の保険料について社会保険診療報酬支払基金から交付されるもの。

 6款の県支出金は、給付費のルール分と地域支援介護予防事業の交付金であります。

 おめくりをいただきまして、124ページ、8款サービス収入は、介護予防サービス計画作成に伴う報酬。

 10款繰入金は、一般会計からのルール分と職員給与費等の事務費の繰り入れであります。

 12款諸収入は、在宅サービス等の利用に伴う個人負担金であります。

 以上が歳入でございます。

 続いて、歳出について御説明申し上げますので主要事業の概要の109ページをお願いいたします。

 109ページでありますが、職員の人件費等一般管理費、賦課徴収費、介護認定に係る経費などの総務費関係で、内容的には本年度と同様となっております。

 おめくりをいただきまして、110ページ下段の居宅介護サービス給付から、次ページ上段の地域密着型介護サービス給付までは、要介護認定者に対する居宅介護サービス等給付費で、本年度の実績等を勘案し、6つの事業の合計でありますけれども、前年度比5.0%の増を見込んでいるところであります。

 中段の施設介護サービス給付は、特別養護老人ホームなどの施設入所に係る給付費でございますが、介護老人保健施設の利用者が事業計画の見込みを下回って推移していることから、前年度比1.2%の減を見込んでおります。

 下段からおめくりをいただきました112ページ上段の3事業につきましては、要支援認定者に対する居宅サービス等の給付費でございます。本年度の実績等を勘案し、6つの事業合計で4.1%の増を見込んだところであります。

 中段の審査支払い手数料から次ページ上段の高額医療合算介護サービスまでは、介護保険事業者からの介護報酬の請求に係る審査支払い手数料や、介護保険のサービス利用料の個人負担が高額とならないよう負担軽減を行うための給付費でございます。

 続きます介護予防事業費でありますが、生活機能が低下するおそれのある高齢者を対象とした二次予防事業や、その他の高齢者を対象とした一次予防事業でございます。新たな取り組みとしては、合併10周年記念事業としてオリジナル体操の作成を行ってまいる予定であります。また、地域で自主的に開催をいただいております筋力アップ教室に対する補助制度を創設をいたしまして、多くの高齢者ができるだけ長く参加をしていただけるよう、支援をしてまいります。

 おめくりをいただきまして、114ページの包括的支援でございますが、総合相談支援として市内の介護保険事業所の御理解と御協力をいただきまして、介護相談所を設置することを新たに計画をいたしました。市内には多くの介護保険事業所がございますので、身近なところで直接介護に携わる専門家からアドバイスを受けられる体制ができればと考えております。

 また、高齢者の人権や財産を守る権利擁護業務では、新たに権利擁護情報共有シートを使った連携の強化、施設における虐待防止のための研修会を開催をしてまいります。生活支援体制整備では、地域における生活支援等サービス提供体制の構築に向けた生活支援コーディネーターの配置を行います。また、認知症施策推進では、潜在的な認知症高齢者などの情報をいち早く把握し、専門職によるチームが訪問やケア検討会などを通じて、早期診断、早期対応に結びつけるための認知症初期集中支援チームを設置してまいります。この業務につきましては、市内の専門医療機関と地域包括支援センターが連携して当たってまいることとしております。

 次のページの2段目であります。家族介護支援では、介護による家族の負担を軽減するための事業、また中段の成年後見制度利用支援は、認知症高齢者の権利擁護のための事業。下段の地域自立生活支援では、シルバーハウジングにおける生活援助、食の自立支援事業による配食サービス等、高齢者が住みなれた地域で生活を継続できるよう支援してまいります。

 おめくりをいただきまして116ページ、指定介護予防支援は、要支援認定者の介護予防ケアマネジメント業務に係る人件費、委託費でございます。中段以下は、一時借入金の利子と過年度分の介護保険料還付金、予備費を計上をいたしました。

 介護保険特別会計予算につきましては、以上でございます。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) 山崎建設部長。

     (建設部長 山崎大行君登壇)



◎建設部長(山崎大行君) 水色の特別会計予算書163ページをお願いいたします。

 議案第40号「平成28年度伊那市営駐車場事業特別会計予算について」御説明を申し上げます。

 この会計は、伊那市駅前他6駐車場の管理、運営を行うための会計でありまして、第1条で、歳入、歳出予算の総額をそれぞれ2,000万円と定めるものでございます。前年度に比べまして70万円、3.6%の増でございます。詳細につきまして御説明を申し上げますので、172ページをお願いいたします。

 172ページ、歳入でございます。

 5款1項1目の雑入は、指定管理者から市への納付金でございます。

 おめくりいただき、174ページをお願いいたします。

 174ページ、歳出でございます。

 1款経営管理費、1項1目の一般管理費は、駐車場の維持管理に要するもので、指定管理者負担に属さない費用の計上でございます。

 175ページ、経営管理の11節需用費は修繕料を、12節役務費は施設の保険料を、14節使用料及び賃借料は、山寺駐車場精算機のリース料で、15節工事請負費は、中央駐車場、再開発ビル駐車場の自動精算機整備工事が主なものでございます。19節負担金は、再開発ビル駐車場の共益費が主なもので、27節公課費は、事業に係る消費税でございます。

 以上、平成28年度伊那市営駐車場事業特別会計予算につきまして、御説明を申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) 福澤水道部長。

     (水道部長 福澤恒幸君登壇)



◎水道部長(福澤恒幸君) 続きまして、水色の予算書の181ページをお願いいたします。

 議案第41号「平成28年度伊那市簡易水道事業特別会計予算について」説明を申し上げます。

 第1条で、歳入、歳出予算を3億9,150万円と定めるもので、クリプトスポリジウム等対策事業費の増などにより、前年度比1億4,940万円、61.7%の増となるものです。

 第2条債務負担行為、第3条地方債につきまして、184ページ、185ページをお願いいたします。

 184ページ、第2表、債務負担行為ですが、平成28年10月から開設しました上下水道料金センターで行っている窓口等の委託業務が、9月で契約満了になりますので、第2期窓口業務民間委託を5年間契約で行うものであります。

 契約更新に当たり、取り扱いが容易なスマートフォン検針と、検針時に漏水調査を実施することができるシステムを導入し、効率化、有収率の改善に努める計画です。

 15ページ、第3表、地方債ですが、建設改良費の財源として簡易水道事業債、過疎対策事業債を借り入れるものであります。

 それでは、歳入から御説明いたしますので、192ページをお願いいたします。

 1款1項使用料の水道料金は、前年度比3%の減を見込んでおります。

 2款、繰入金は、一般会計からの繰入で、前年度比16.1%の増。

 5款市債は、簡易水道事業債、過疎対策事業債で、前年度比で199.3%の増となっております。

 次に歳出でございますが、別冊の主要事業の概要の118ページをお願いいたします。

 1款1項1目一般管理費は職員の人件費、窓口業務等の民間委託、法的化に伴う固定資産台帳整備委託に関する費用であります。

 2項1目維持管理費は、施設維持管理に関する費用であります。2款1項1目建設改良費は、高遠町半対の老朽管更新工事、クリプトスポリジウム対策として長谷地区の柏木配水池へ紫外線照射装置を本設、市野瀬浄水場の改修工事等を行うものであります。

 以上、簡易水道について説明いたしました。

 お手数ですが、水色の予算書の215ページをお願いいたします。

 議案第42号「平成28年度伊那市水道事業会計予算について」説明いたします。

 第2条の業務の予定量はごらんをいただき、第3条は収益的収入及び支出ですが、収入は1款水道事業収益を前年度比0.1%増の、16億8,080万円とするもので、水道料金は減少しますが、退職金給付引当金戻し入れ益が特別利益として見込まれることなどによります。

 支出は、1款水道事業費を前年度比1.5%減の、16億2,530万円とするもので、支払利息の減少等によるものであります。

 第4条、資本的収入及び支出ですが、216ページをお願いいたします。

 収入は、1款資本的収入を前年度比9.2%増の4億6,990万円とするもので、支出は1款資本的支出を前年度比6.1%増の、9億9,560万円とするものです。第7次整備事業にかかわるものが主なものでございます。

 お手数ですが、215ページにお戻りいただき、収入額が支出額に対し不足する額、5億2,570万円は第4条本文記載にとおり固定するものでございます。

 216ページにお戻りいただき、第5条の債務負担行為は、簡易水道事業でも説明しましたが、第2期窓口業務等民間委託に伴うものであります。第6条は企業債の限度額を定めるもので、第7条は一時借入金の限度額を定めるものであります。

 217ページ、第8条は議会の議決を経なければ流用することができない経費を定めるもので、第9条は一般会計からの補助金、第10条は棚卸資産の購入限度額を定めるものでございます。

 収益的収入から御説明させていただきますので、220ページをお願いいたします。

 収益的収入ですが、1款1項1目給水収益ですが、前年度比1.3%の減としております。人口減少や節水機器の普及等により、収入の減が続く見込みであります。

 2項2目他会計補助金は、工業団地関連分など、ほとんどが市の施策による基準外繰り入れで、一般財源を繰り入れるものであります。

 3目長期前受金戻入は、固定資産の財源とした補助金などを減価償却に応じて収益化するものであります。

 おめくりいただきまして、240ページまでお願いいたします。

 240ページ、資本的収入ですが、1款1項1目企業債は、補填財源が枯渇したため平成27年度から繰り入れしている資本費平準化債9,000万円を含みます。

 5項2目他会計補助金は、高遠町猪鹿配水系切りかえ工事にかかわる合併特例債の借り入れ、下島配水池築造工事のための一般会計出資債の借り入れ分を一般会計から水道事業に繰り入れるものであります。

 次に、支出について御説明いたしますので、主要事業の概要の120ページをお願いいたします。120ページ、収益的支出でありますが、1款1項1目原水及び浄水費は、水源や浄水施設の維持管理に係る費用で、上伊那広域水道用水企業団からの受水費が主なもので、2目配水及び給水費は送配水施設の維持管理等に係る費用、4目業務費は窓口業務等を民間委託により料金センターで行う経費など他、水道水利用促進を図るため、「水道水をもっと飲んで」プロジェクトを実施します。

 121ページ、5目総係費は水道事業全般にかかわる経費で、新たに上下水道事業を理解していただくためのパンフレットを作成します。

 124ページをお願いいたします。

 124ページ、資本的支出ですが、1款1項3目構築物は、下水道管渠工事、道路改良に伴う配水管の布設がえや、老朽管の更新などが主なもので、前年度比7.6%の減となります。

 125ページ、4目機械及び装置はポンプ設備、流量計、遠方監視装置の更新などです。

 126ページをお願いいたします。5項3目構築物は、基本計画に基づく第7次整備事業で、下島配水池の築造工事、猪鹿配水系切りかえ工事等を実施するものであります。

 お手数ですが、水色の予算書に戻っていただき、248ページをお願いいたします。

 予定キャッシュフロー計算書ですが、1、業務活動によるキャッシュフローがプラス、投資活動がマイナス、財務活動がマイナスとなり、期末の資金残高が前年度比で約8,200万円の目減りとなる厳しい状況になる予定でございます。

 256ページをお願いいたします。

 256ページは、一年間の経営成績を表す平成27年度の損益計算書で、純利益を約6,300万円の黒字と見込んでおりますが、補填財源が平成26年に比べ、約2,800万円目減りし、約1億2,000万程度になる見込みでございます。

 上水道事業につきましては、以上でございます。

 水色の269ページをお願いいたします。

 議案第43号「平成28年度伊那市下水道事業会計予算」について説明をいたします。

 第2条の業務の予定量はごらんいただき、第3条は収益的収入及び支出ですが、収入は、1款下水道事業収益を前年度比0.5%増の30億1,480万円とするもので、これは営業収益の増などによります。支出は、1款下水道事業費を前年度比2.7%減の29億4,690万円とするもので、支払利息や減価償却費の減などによります。

 第4条は資本的収入及び支出ですが、270ページをお願いいたします。収入は、1款資本的収入を前年度比16.6%増の23億4,390万円とするものです。平成27年12月補正でお認めいただきました補填財源の減少に伴い、累積赤字の解消まで年1億円を出資していただく一般会計出資金の増などによります。

 支出は、1款資本的支出を前年度並の、33億3,160万円とするもので、建設改良費が減る分、企業債償還金がふえる状況であります。

 269ページにお戻りいただきまして、4条、収入額が支出額に対し不足する額、9億8,770万円は、4条本文記載のとおり補填するものであります。

 270ページをお願いいたします。

 第5条は債務負担行為について定めたもので、第2期窓口業務外部委託や伊那上水管理センター長寿命化計画に基づく工事委託等に伴うものです。

 第6条は企業債の限度額を定めるもので、271ページ、7条は一時借入金の限度額を定めるもの、第8条は議会の議決を経なければ流用することのできない経費を定めるもの、第9条は一般会計からの補助金額を定めるものです。

 収益的収入から説明させていただきますので、274ページをお願いいたします。

 274ページ、収益的収入ですが、1款1項1目下水道使用料ですが、前年度比4.5%増としております。平成27年度の汚水料は、前年度比2.3%増程度と予想され、接続率の向上、整備率の拡張等汚水量の増加を見込んでおります。

 2項2目他会計補助金の一般会計補助金は、国の繰り入れ基準に基づくもので、交付税が財源となっております。

 3目長期前受金戻入は、固定資産の財源とした補助金などを減価償却に応じて収益化するものであります。

 おめくりいただき、300ページまでお願いいたします。

 300ページ、資本的収入ですが、1款1項1目企業債は、下水道事業債と資本費平準化債で、前年度比17.8%の増であります。

 2項1目他会計出資金は、先ほど御説明した一般会計からの基準外繰り入れで、5項1目国・県補助金は下水道建設に伴うものであります。2目他会計補助金は、一般会計からの補助金で、全て基準内繰り入れで交付税で措置がされます。

 次に、支出について御説明いたしますので、お手数ですが主要事業の概要の128ページをお願いいたします。

 128ページ、資本的支出ですが、1款1項1目管渠費は、農集、公共、特環の各マンホールポンプ、ポンプ場等の維持管理に係る費用であります。

 129ページ、3目処理場費は農業排水処理場管理から特環処理場管理まで、各処理場を委託して維持管理するものの経費であります。

 130ページをお願いいたします。5目業務費は、水道と同様に窓口業務等を民間委託して料金センターで行うための経費。6目総係費は、事業全般に係る経費と下水道の普及促進、接続指導に要する経費で、普及促進では排水設備改造資金利子補給や供用開始から1年以内の早期接続を促進するための接続サポート補助金の交付を行います。

 131ページの8目資産減耗費は固定資産の除却に係るもので、スマートインター関連工事にかかわる受託費を計上しております。

 133ページをお願いいたします。

 資本的支出ですが、1款1項建設改良費は、経営健全化計画に基づき事業を推進してまいりますが、前年度比で1.5%の減となっております。

 1目施設整備費の、農集排共通建設は農集排春富地区の統合を検討をする計画になっております。公共下水道建設は境、小沢、坂下地区の管渠整備を中心に、公共関連特環美篶は中県、末広、上原、上大島地区を、134ページ関連特環竜東北部は福島を、特環殿島は沢渡表木区内の管渠整備を行う計画になっております。特環共通建設は、小出島浄化センターの汚泥脱水機設置工事及び長寿命化計画業務の策定を行います。

 135ページ、公共共通建設は伊那浄水管理センターの長寿命化のための改築更新工事及び第2期長寿命化計画策定業務、管渠の長寿命化再構築工事等を行うものであります。

 お手数ですが、水色の予算書の311ページにお戻りいただきたいと思います。

 312ページ、予定キャッシュフロー計算書ですが、業務活動によるキャッシュフローがプラス、投資活動がマイナス、財務活動がマイナスとなり、平成27年の決算見込みとほぼ同額を見込んでおります。

 320ページをお願いいたします。

 320ページは、一年間の経営成績を示す平成27年度の予定損益計算書で、当年度純利益を約5,000万円の黒字と見込んでおりますが、補填財源が平成26年度末に比べ、約1億2,000万円目減りし、7億7,000万円程度となる見込みであります。

 以上、3案について御説明いたしました。よろしく御審議をいただきますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) 田中商工観光部長。

     (商工観光部長 田中 章君登壇)



◎商工観光部長(田中章君) 引き続き、335ページをお願いいたします。

 議案第44号「平成28年度伊那市自動車運送事業会計予算について」御説明申し上げます。この予算は、南アルプス林道バス事業に関する収支について定めるものでございます。

 第2条では、業務の予定量を定め、車両、重量、年間走行距離9万2,000キロメートル、旅客輸送数5万2,000人を見込みます。

 第3条の収益的収入及び支出につきましては、収入は前年度当初予算比120万円、1.87%増の6,550万円でございます。支出では6,370万円の事業費用を見込み、前年度予算より570万円、9.8%を増額し、収入支出差額180万円の黒字予算を編成いたしました。

 第4条の資本的収入及び支出につきましては、収入支出額ともに前年度当初予算費340万円増の1,920万円で、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額につきましては、当年度分の消費税及び地方消費税資本的収支調整額と建設改良積立金で補填するものでございます。

 第5条では、一時借入金の限度額を1,000万円と定め、第6条では職員給与費と交際費の流用の制限について定めるものでございます。

 予算の内容について御説明を申し上げますので、2枚おめくりをいただきまして、338ページをお願いいたします。

 最初に収益的収入及び支出の収入関係ですが、1款1項1目運送収益は、旅客運賃と手荷物料金につきまして本年度の実績から120万円、1.9%の増加を見込みます。2項1目は預金利息、4目は運送営業外の雑収入を見込むものです。

 おめくりをいただき、340ページをお願いいたします。

 支出関係ですけれども、1款1項1目運転費は常勤運転手2名と非常勤運転手8名分の人件費、バスの燃料費です。2目車両修繕費は、バス10台の車検代等修繕費であります。

 おめくりいただきまして、342ページ、3目その他の修繕費は建物等の修繕費、4目固定資産減価償却費はマイクロバス工具等の備品類の減価償却を計上するものであります。5目施設損害保険料から、2枚おめくりいただきました346ページの2項5目消費税及び地方消費税までは、本年度の実績見込みに基づき予算計上するもので、大きな変更はございません。それぞれ御確認いただければと思います。

 収益的収支の内容は以上でございます。

 348ページをお願いいたします。次に資本的支出でございますが、1項建設改良費、1目土地については、現在使用しております駐車場用地が借地のため、購入を予定して計上するものでございます。5目車両運搬具につきましては、事業用バス1台を更新するために計上するものでございます。

 350ページ以降は、予定のキャッシュフロー計算書、給与費明細書、予定貸借対照表等でございますので、後ほどごらんをいただきたいと思います。

 以上、平成28年度伊那市自動車運送事業会計予算について御説明いたしました。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第35号から議案第44号までの10案は、付託表のとおり所管の各委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願・陳情について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第13、請願陳情が文書表のとおり提出されております。

 本件は文書表のとおり所管の各委員会に付託いたします。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。



△散会 午後2時37分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名をする。

       伊那市議会議長

       伊那市議会議員

       伊那市議会議員