議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 茅野市

平成23年  3月 定例会 03月02日−01号




平成23年  3月 定例会 − 03月02日−01号









平成23年  3月 定例会



              平成23年3月

            伊那市議会定例会会議録

               (5−1)

1.開会  平成23年3月2日(水曜日)午前10時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2.出席議員の氏名(21名)

          1番     唐澤千明

          2番     唐澤 稔

          3番     二瓶裕史

          4番     橋爪重利

          5番     宮島良夫

          6番     竹中則子

          7番     中山彰博

          8番     平岩國幸

          9番     飯島 進

         10番     若林敏明

         11番     新井良二

         12番     飯島光豊

         13番     黒河内 浩

         14番     小平恒夫

         15番     柴 満喜夫

         16番     前澤啓子

         17番     前田久子

         18番     柳川広美

         19番     飯島尚幸

         20番     伊藤泰雄

         21番     若林徹男

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3.説明のため出席した者の職氏名

       市長          白鳥 孝

       副市長         酒井 茂

       教育長         久保村清一

       教育委員長       松田泰俊

       総務部長        林 俊宏

       市民生活部長      沖村直志

       保健福祉部長      伊藤 健

       産業振興部長      御子柴泰人

       建設部長        守屋和俊

       水道部長        原 秀夫

       教育次長        竹松武登

       会計管理者       伊藤量平

       高遠町総合支所長    伊藤俊規

       長谷総合支所長     中山晶計

       総務課長        広瀬一男

       秘書広報課長      田中博文

       財政課長        城取 誠

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

4.職務のため出席した事務局職員

       事務局長        高木伸治

       次長          有賀賢治

       議事調査係長      飯島 浩

       主査          山下 隆

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5.議事日程

   日程第1 会議録署名議員の指名について

   日程第2 会期の決定について

   日程第3 議案第1号 財産(土地)の取得について

   日程第4 議案第2号 字の区域の変更について

   日程第5 議案第3号 市営土地改良事業の施行について

   日程第6 議案第4号 伊那市組織条例等の一部を改正する条例

        議案第5号 伊那市地域情報化審議会条例

   日程第7 議案第6号 伊那市積立基金条例の一部を改正する条例

   日程第8 議案第7号 伊那市手数料徴収条例の一部を改正する条例

        議案第8号 伊那市消費生活センター条例

   日程第9 議案第9号 伊那市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例

        議案第10号 伊那市保育園条例の一部を改正する条例

        議案第11号 伊那市保育行政審議会条例

   日程第10 議案第12号 伊那市都市公園条例の一部を改正する条例

   日程第11 議案第13号 伊那市下水道条例及び伊那市農業集落排水施設の設置等に関する条例の一部を改正する条例

   日程第12 議案第14号 平成22年度伊那市一般会計第6回補正予算について

         議案第15号 平成22年度伊那市国民健康保険特別会計第3回補正予算について

         議案第16号 平成22年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計第2回補正予算について

         議案第17号 平成22年度伊那市後期高齢者医療特別会計第1回補正予算について

         議案第18号 平成22年度伊那市老人保健医療特別会計第1回補正予算について

         議案第19号 平成22年度伊那市介護保険特別会計第4回補正予算について

         議案第20号 平成22年度伊那市介護サービス事業特別会計第1回補正予算について

         議案第21号 平成22年度伊那市営駐車場事業特別会計第2回補正予算について

         議案第22号 平成22年度伊那市簡易水道事業特別会計第2回補正予算について

         議案第23号 平成22年度伊那市水道事業会計第2回補正予算について

         議案第24号 平成22年度伊那市下水道事業会計第3回補正予算について

         議案第25号 平成22年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について

   日程第13 議案第26号 平成23年度伊那市一般会計予算について

         議案第27号 平成23年度伊那市国民健康保険特別会計予算について

         議案第28号 平成23年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計予算について

         議案第29号 平成23年度伊那市後期高齢者医療特別会計予算について

         議案第30号 平成23年度伊那市介護保険特別会計予算について

         議案第31号 平成23年度伊那市介護サービス事業特別会計予算について

         議案第32号 平成23年度伊那市営駐車場事業特別会計予算について

         議案第33号 平成23年度伊那市簡易水道事業特別会計予算について

         議案第34号 平成23年度伊那市水道事業会計予算について

         議案第35号 平成23年度伊那市下水道事業会計予算について

         議案第36号 平成23年度伊那市自動車運送事業会計予算について

   日程第14 請願・陳情について

   日程第15 長野県地方税滞納整理機構議会議員の選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時00分



○議長(伊藤泰雄君) おはようございます。御苦労さまでございます。

 さて、去る2月22日、ニュージーランドにて発生した地震で被災された皆様にお見舞いを申し上げますとともに、いまだ行方不明となっている28名の日本人をはじめ、多くの皆様の一刻も早い救出を願いたいと思います。

 月日のたつのは早いもので、もう3月に入り、明日は桃の節句、ひな祭りであります。日ごとに日差しが延び、春めいてまいりました。三寒四温を繰り返しながら、桜の春が一歩一歩近づいてきているなと実感しているきょうこのごろであります。

 さて、毎日のように醜態を見せている国会も、昨日の朝方、ようやく来年度予算案が衆議院で可決され、参議院に送られました。しかし、関連法案は分離され、これからの審議のようであります。このままでは国民生活や、地方にも大きな影響が出るのは避けられません。経団連の会長が国会議員は給料泥棒だと言いましたが、そのとおりだと多くの国民も思っているでしょう。政局に明け暮れずに、野党ともしっかり審議をしていただき、年度内に関連法案も成立していただきたいなと思っております。

 さて、伊那市議会もきょうから開会されますが、白鳥市長になってから初めての通年当初予算であります。市民の皆さんも期待して注目しておりますから、しっかり熟議を重ねていただき、市民生活に支障の出ないよう会期内に予算成立をしていただき、4月から執行できますようお願いいたします。

 ただいまから、平成23年3月伊那市議会定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お配りしてあります議事日程表によって議事を進めてまいります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、3番、二瓶裕史議員、4番、橋爪重利議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から18日までの17日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。よって、会期は17日間と決定いたしました。

 次に会期中の日程でございますが、お手元にお配りしてあります日程表によって進めてまいりたいと思いますが、これに御異議はありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。よって、日程表のとおり進めてまいります。

 ここで市長からごあいさつをお願いいたします。

     (市長 白鳥 孝君登壇)



◎市長(白鳥孝君) 平成23年3月市議会定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 3月を迎えまして、少し暖かな日が続いておりますが、ことしの冬は大変厳しい寒さに見舞われまして、平地への降雪は例年に比べて少ない状況であります。昨今、だんだん日差しが長くなってまいりまして、春の足音は確実に近づいているというきょうこのごろであります。

 さて、昨年4月に市長就任をして以来、はや10カ月が過ぎました。この間、現場主義を基本姿勢に、市民の皆様との対話を重ねながら市政運営に当たってまいりました。その中で改めて感じることは、伊那市を子供たちがずっと暮らせる地域、お年寄りを尊敬し、家族と一緒に仲よく暮らし続けることのできる社会にしていかなければいけないという一点であります。

 平成23年度の予算編成は、私にとりまして初めての本格予算編成となりましたが、編成に当たりましては次の4点を市政運営の基本的な考えといたしました。

 第1に、地域主権の時代に対応できる健全財政の堅持であります。景気の停滞により税収の伸びに期待できず、国家財政の状況から、今後、地方交付税の確保が不透明な中で、国、地方を合わせた巨額な公債残高は今後の地方財政の運営に大きな影響があると考えざるを得ません。このような状況の中で、将来にわたって自立した行財政運営を行っていくため、健全財政を堅持するとともに、財務体制を強化していく必要があります。

 平成23年度予算では、伊那市の将来都市像であります「二つのアルプスに抱かれた自然共生都市」の実現を目標に、財政の健全化を図ることを最重要課題として、各分野において有効な施策を予算化するよう努めたところであります。

 第2に、景気対策、雇用に対する配慮であります。日本経済はリーマンショック後、経済危機を克服し、外需や政策による需要創出と雇用下支えの結果、持ち直してはきておりますが、急速な円高の進行や海外経済の減速懸念により、昨年夏以降は不透明感が強まっております。政府は三段構えの経済対策を講じ、景気の下支えを図っておりますが、本格的な回復には至っておりません。

 管内の有効求人倍率は依然として低迷しており、市内企業の景況感にも明るさが見えてこない状況で、市としては先に決議をいただきました平成22年度1月補正予算、また今議会に提出させていただきました3月補正予算と平成23年度当初予算により、急を要する対策を優先して実施しながら、柔軟にかつ速やかに対応してまいりたいと考えております。

 第3に、合併後の伊那市の確実な発展と一体感の創出であります。合併から5年が経過し、関係の皆様の御努力によりまして、新しい伊那市の目指す「人と歴史と文化をはぐくむ活力と交流の美しいまち」としまして、一体感の醸成が図られてきていると感謝しております。

 昨年には、新過疎法に基づく6カ年の過疎地域自立促進計画を策定したところでありまして、高遠町、長谷区域につきましては、この計画に基づく定住促進などを進めながら、少子高齢化や均衡ある地域の発展などの課題に対応していかなければなりません。

 第4に、伊那市が果たすべき広域的な役割の推進であります。上伊那地域には、地域医療再生に基づく事業の推進や新ごみ中間処理施設への対応、またリニア中央新幹線や国道153号伊那バイパスなどの広域交通体系の整備、砂防や治山事業などによる安心・安全な市土づくり、さらには南アルプス世界自然遺産登録の推進や、新たな消防広域化に向けた研究など広域的な課題が数多くあります。これらの問題は、関係市町村との緊密な連携が決め手となるため、上伊那の中心都市としてリーダーシップを発揮すべきと考えております。

 以上、新年度の予算編成に当たりまして基本的な考えを申し上げました。主要な施策につきましては、後ほど申し上げたいと思います。

 次に、市財政を取り巻く状況であります。ここで、今年度の経済見通しについて申し上げたいと思います。

 平成22年度の我が国の経済は、昨年秋から足踏み状態にあるものの、今後は踊り場を脱する動きが進むと見込まれております。平成23年度においては、昨今の中東情勢が気になるものの景気は持ち直し、経済成長の好循環に向けた動きが進むと見込まれております。これは、世界経済の穏やかな回復が期待される中で、予算、税制等による新成長戦略の本格実施等を通じ、雇用、所得環境の改善が民間需要に波及する動きが徐々に強まると予想されることであります。こうした結果、平成23年度の国内総生産の実質成長率は1.5%程度、名目成長率は1.0%程度と2年連続のプラス成長が見込まれております。

 このような経済見通しの下に編成された平成23年度の国の一般会計予算は92兆4,116億円で、前年度当初予算比0.1%の増となっております。このうち国税収入は40兆9,270億円と、前年度当初予算比9.4%増と見込む一方、国債については44兆2,980億円と前年度当初予算並みとなり、引き続き極めて高い水準となっており、国債依存度も前年度とほぼ同じ47.9%となっております。

 一方、地方財政計画の規模では約82兆5,200億円で、前年度比約0.5%の増となりました。歳入では、地方税収入が前年度比2.8%の増で、地方交付税も地方公共団体に交付される、いわゆる出口ベースで2.8%の増額を確保し、地方財政の健全化を図る観点から20.1%減とされた臨時財政対策債と合わせた一般財源総額は前年度比0.1%増となり、国の財政運営戦略に定める中期財政フレームに基づいて平成22年度水準を下回らないよう確保されたところであります。

 しかしながら、先ほど申し上げましたように、最近の中東、北アフリカなどでの政情不安が広がる中、原油価格が高騰しており、今後の世界経済の回復に大きく影響することが懸念されます。加えて、国の新年度予算案は、昨日、衆議院において与党の賛成多数で可決し、参議院に送付されました。しかし、関連法案の行方が不透明となっており、これからの政局を左右しかねない厳しい状況ですので、国会の動向に注視してまいりたいと考えます。

 伊那市の財政状況について、お話を申し上げたいと思います。

 本市の財政状況は、平成21年度決算ベースの健全化判断比率4指標のうち、実質公債費比率が19.0%、将来負担比率が162.2%と県下19市でも高い水準にあり、経常収支比率も92.2%と硬直化した状態が続いておりました。これらの指標については、いずれも徐々に改善が図られてきているところでございますが、この改善の流れをとめることなく、不断の努力を重ねていく必要があることは言うまでもありません。

 私は市長就任後、厳しい財政状況の改善が最重要課題であると考え、昨年、酒井副市長をリーダーとするプロジェクトチームにより財政健全化プログラムを策定し、5年間の中期的な目標を定め、歳入の確保や歳出の削減に努めていくことといたしました。既に財政再建プログラムの効果が出てきておりまして、今後はこのプログラムに沿って進行管理を厳格に行うとともに、同じく昨年策定した下水道事業経営健全化計画、土地開発公社経営健全化指針などと一体となって、伊那市全体の健全な行財政運営を努めていかなければならないと考えております。

 平成23年度当初予算では、この財政健全化プログラムに沿った改善をできるところから取り入れ、定員適正化計画に基づく職員定数の削減、市債残高の抑制等に引き続き取り組みながら、健全財政の堅持を見通した上で、新たな施策にも積極的に取り組んでまいります。「お年寄りと子供に優しいまち」「子供は未来への財産」「産業の振興」「伊那らしい観光と環境」という四つのキーワードを重点として、「住んでよかった、住んでみたいと思えるまち」を目指した予算案を編成いたしました。

 平成23年度の予算規模は、一般会計で292億3,700万円、前年度の6月補正後の予算との比較では5億2,700万円、1.8%の減、特別会計、企業会計を合わせますと497億3,190万円となり、同様に昨年度対比では5億2,391万円、1.1%の増となりました。

 歳入のうち主なものですが、まず市税について申し上げますと、全体では前年度比0.7%の増となりました。個人市民税はおおむね昨年並み、法人市民税は企業収益の一部持ち直しにより増額となる見込みで、固定資産税は家屋の新設、増設が低調であり、また償却資産は景気後退後の影響を受け設備投資が減少したことから、固定資産税全体としては減額を見込んでおります。また、たばこ税も減額の見込みであります。

 次に、地方交付税でございますが、国の出口ベースでの予算では前年度対比2.8%の増となっておりますが、市の当初予算で比べると、前年度比7.4%の増となります。また、実質的な地方交付税である臨時財政対策債は12億円を見込み、前年度比較3億4,700万円、22.4%の減といたしました。

 次に、地方債ですが、合併特例債を4億4,000万円、過疎債を2億9,000万円など見込んでおりますが、市債全体では21億5,830万円で、前年度比較12億2,370万円、36.2%の減となっております。

 次に、歳出の主なものでございます。歳出につきましては、特に重要と思われる事項や、前年と変更のある点などを中心に申し上げたいと思います。

 最初に、景気・雇用対策について申し上げます。

 平成22年度1月補正予算におきまして、8億2,240万円の公共事業等を平成23年度予算の前倒しとして追加をいたしました。これは、国の緊急経済対策による補助事業の追加や、中小規模の地元業者の受注機会の拡大を目的とした国の地域活性化きめ細やかな臨時交付金、地域活性化住民生活に光を注ぐ交付金などを受けたものであり、この中で実施を予定した事業は、ほとんど新年度への繰り越しとさせていただいております。

 また、本定例会に合わせて御提案申し上げます3月補正予算では、小・中学校の耐震整備や太陽光発電設備設置、武道場建設など国の補助事業に前倒し申請を行って採択された事業を6億5,000万円提案させていただいておりまして、これも全額を新年度への繰り越しとしているところであります。

 国においても二度の補正予算、本予算と合わせて三段階で切れ目のない予算とする考えであり、本市でも平成22年度1月補正予算と3月補正予算、23年度当初予算の中で公共事業の増額確保を図り、また早期発注にも努めてまいりたいと考えておりますし、特に新年度においては、地域経済の活性化に資するものとして住宅リフォーム支援事業を新たに実施いたします。

 中小企業制度資金や勤労者生活資金などの融資制度につきましては、預託により融資総額を確保しながら、保証料の補助などにより円滑な融資の実行を支援してまいります。

 また、雇用機会の拡大では、県の緊急雇用創出事業やふるさと雇用再生事業などを活用しまして、150人を超える雇用の創出を図ってまいります。

 続きまして、部局ごとの主な事業について申し上げます。

 総務部の主な事業ですが、人事管理の見直しとしまして、定員適正化計画に沿い、引き続き職員数を減少させるとともに、職員の能力開発に努めてまいりたいと考えております。

 きめ細かな行政情報の提供のため、ケーブルテレビに専用チャンネルを構築する事業を計画いたしました。

 公共交通の確保策といたしまして、地域公共交通協議会による試行運行は、利用する立場に立って北循環タクシーなどを加え、市内15路線で実施をいたします。

 また、ことしは伊那谷を襲った大災害「三六災害」から50年の節目を迎えます。国土交通省天竜川上流河川事務所をはじめ、関係機関により実行委員会を組織し、水害、土砂災害に備えた地域づくりを目指し、記念行事を予定しております。災害を風化させず教訓として継承することで、さらに地域の防災力を向上させ、安心・安全な地域づくりをしてまいります。

 市民生活部の主な事業でございますが、地球温暖化対策への取り組みが強く求められていることから、新年度は地球温暖化対策実行計画を策定することとしたほか、平成20年度から始めました太陽光発電システム設置補助金制度は予算を増額して、引き続き実施してまいりたいと思います。

 また、ごみ減量化対策といたしまして、生ごみ処理容器等購入補助を引き続き行うのに加え、中小規模での生ごみ減量化モデル地区事業の実施や布類回収、その他の紙の分別啓発など、幅広く減量化に向けた取り組みを行ってまいります。

 新しいごみ中間処理施設につきましては、環境アセスメントの現況調査に入る予定でございますが、引き続き地元区へは丁寧な説明を心がけながら調整を行ってまいります。また、財政健全化の一環として、新たにごみ処理施設整備基金を設置いたしました。

 また、滞納整理や処分を一層進めるために、新たに発足した長野県地方税滞納整理機構へ33件の案件を依頼する予定でございます。

 保健福祉部の主な事業についてでございますが、景気悪化に伴う生活困窮者対策として一昨年途中から実施しております住宅手当特別措置事業を実施してまいります。

 次に、子育て支援でございますが、懸案でありました子供医療費の無料化につきましては、医療政策審議会での答申を尊重し、本年8月から小学6年生までの通院分について無料化いたします。これで中学3年までの入院費無料化と合わせ、より一層子育て支援の充実が図られることとなります。

 また、子供手当は通年支給となること、3歳未満の子供に対しては月額1万3,000円から2万円に増額となることなどから、予算額は3億2,000万円増額して15億8,500万円となりました。民主党の公約である全額国費負担がほごにされ、児童手当制度に基づく地方負担が残されたことは遺憾に思うところであります。

 また、予防事業関係では、本年度途中から開始をいたしましたワクチン無償接種でございますが、新年度でも子宮頚がんワクチン、インフルエンザ菌b型ワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの3種類につきまして対象年齢を拡大して実施してまいりたいと思います。

 高齢者対策では、介護予防施設や介護保険施設の整備を有利な財源を得て積極的に進めることとしておりまして、宅老所、多機能居宅介護施設、グループホームを各1カ所整備するほか、介護予防拠点施設20カ所の改修に対して補助をしていくこととしております。

 また、新たに高齢者の知恵袋事業として、高齢者の知恵を保育園や学校、地域で生かしていくための経費を計上し、活動を促す組織のあり方などについても積極的に検討を進めていく予定であります。

 続いて、産業振興部の主な事業でございます。

 農林振興関係では、まず有害鳥獣対策でございますが、多くの市民の皆さんから対応の充実を望む声をお聞きしているところでございまして、新年度は防護さくや緩衝帯の設置を国県等の補助も受けながら引き続き実施し、狩猟関係につきましても、免許保有者の狩猟免許取得や更新に係る費用の助成率を高めるほか、捕獲奨励金の増額や、わな購入補助の充実も図ってまいります。

 また、国の新しい施策である個別所得保障制度が、新年度は米に加えて畑作でも始まりますが、支給に支障がないよう対応するとともに、耕作放棄の防止や農地の多面的機能を確保する中山間地域活性化事業では、中山間地域への直接支払いについても引き続き実施してまいります。

 林業関係では、地球環境保全協定を締結した東京都新宿区と連携をして、長谷地域の市有林の間伐を行っていただいておりますカーボンオフセットへの取り組みを進めてまいります。

 また、危険箇所の多い林道南アルプス線につきまして、県補助と市単事業とを合わせまして改修を進めてまいります。

 続きまして、商工関係の主な事業でございますが、商工関係では商工関係団体や各産業界との連携を強化するとともに、広域連携を視野に入れながら商工業、観光の振興に努めてまいりたいと思います。特に中心市街地の活性については、市民が主体となって取り組みが始まっている中心市街地再生事業に対して、自立的で継続可能な取り組みとなるよう支援してまいります。

 また、中小企業制度融資資金につきましては、11億円の原資を金融機関に預託し制度運用を行うとともに、保証料補助を行って円滑な融資が実行できるよう支援してまいります。

 働く場所を確保するための産業立地につきましては、企業訪問など情報収集を行いながら、企業ニーズにこたえた施策をスピード感を持って展開していきたいと考えております。大変厳しい経済情勢ではありますが、このようなときだからこそ雇用の場の確保と、地域産業の振興のために、引き続き立地促進には力を入れてまいります。

 観光関係では、広く伊那谷、木曽谷も含めた広域観光、通年観光を意識して進めてまいります。一定の成果が得られたイベントを見直す一方で、外国人観光客の誘致などにも力を入れ、魅力ある観光地としての伊那を強くアピールしていきたいと考えております。

 また、施設整備では、ローズガーデンや分杭峠の整備を行って来訪者の利便性の向上を図るとともに、長衛荘の改修や西駒山荘、塩見小屋の改修検討も行うなど、山岳観光の拠点づくりも進めてまいります。従来型の観光に加え、農業、環境、健康、教育とも連携をした観光を進めてまいります。

 次に、建設部の主要事業でございます。国道153号伊那バイパスは、伊那市内の工事が進んできておりますが、引き続き国・県等関係機関への働きかけを行いながら、工事の進捗を図ってまいります。

 道路整備事業では、西部1号線や上牧笠原線などの継続事業を中心に事業を進めてまいります。新年度は特に高遠町、長谷地区の道路整備を進め、高遠町地区では金井河原線の道路防災事業、弁財天橋の補修事業など、また長谷地区では黒河内線の橋梁設計などを実施いたします。

 また、景観行政団体への移行に向け、景観計画策作業に着手いたします。さらに、住環境の整備と下水道接続の推進を図りながら、中小事業者への受注拡大を図るため、新たに住宅リフォーム支援事業を行うことといたしました。

 ことしは権兵衛トンネルが開通して5年目になりますので、関係機関と連携をして記念行事を実施し、地方都市にとって道路がいかに大切なものかを発信し、開通による大きな経済効果を検証するとともに、地方都市にとって道路の重要性を強く発信したいと考えております。

 次に、消防についてでございますが、消防施設整備では、小型動力ポンプ付積載車2台、消防ポンプ車庫2カ所の整備を行うとともに、消火栓の新設、移設、更新など施設の充実に努めてまいります。

 また、同報系の防災行政無線のデジタル化のために、平成26年度までの4年間で8億6,000万円の事業費で整備を進めてまいりますが、新年度は旧伊那市区域から着手する予定であります。

 次に、教育・文化・スポーツの振興に係る主要な事業について申し上げます。

 学校教育関係でございますが、集中的に取り組んでおります学校耐震整備事業につきましては繰り越し事業が中心となりますが、東部中学校の改築事業をはじめ、多くの学校で整備を進めております。加えて、小・中学校9校の耐震診断も実施いたします。あわせて、太陽光発電設備の設置や、春富中学校武道場の建設、高遠小学校トイレ改修実施設計、暑さ対策など子供の教育環境の整備には特に重点を置いて進めてまいります。

 新年度からの完全実施となる小学校の英語教育につきましては、指導助手(ALT)の動員配置などで充実を図り、学力向上対策として新たに小学校4年生算数での標準学力検査の実施や、小6、中3での全国学力状況調査の全校実施などにも取り組んでまいります。

 また、学校におけるきめ細かな教育を進めるため、特別支援教育支援員や教員補助員の増員、いじめ・不登校対策の充実などにも配慮したところであります。

 次に、生涯学習でございますが、子供の宇宙や科学への興味を引き出すため、創造館において「宇宙の学校」の創設や、宇宙、特に自然科学に関するシンポジウムなどを開催し、伊那市らしい特色のある活動を展開してまいりたいと考えております。

 このほかに、映像や文献の保存にも力を入れ、高遠町図書館や歴史博物館、文化財資料のデジタル化を進めるとともに、これら貴重な資料の活用方法についても総合的に検討してまいりたいと思います。

 スポーツ振興でございますが、春の高校伊那駅伝は全国から多くの有力校の参加を得て開催しており、伊那谷の春の風物詩として定着してきておりますが、「駅伝のまち伊那市」を宣揚するため、充実開催していきたいと考えております。

 ますみヶ丘平地林のクロスカントリーコース整備を引き続き実施するとともに、ランニング、ウォーキングの大会も計画しております。さらに、健康づくりの拠点となる施設を鳩吹公園内に整備いたしますので、市民の皆さんには大いに活用していただけるよう期待をしております。

 次に、水道部関係の主要事業でございます。

 水道部関係では、経費節減と利用者サービスの向上を目的として、本年10月から窓口業務等包括的民間委託を実施いたします。

 下水道事業につきましては、昨年、経営健全化計画を策定したことから、計画に基づいた事業を着実に実施し、特に合併処理浄化槽の設置推進や浄化槽維持管理支援、下水道の面的整備等に力を入れてまいります。

 また、処理場長寿命化計画や処理区統合、公共下水道全体計画の見直しなど、中長期的な視野で経営改善につながる業務にも積極的に取り組み、経営改善を進めてまいりたいと考えております。

 以上、平成23年度の主要事業について御説明をいたしました。

 本定例会に提出いたしました議案は、一般案件3件、条例案件10件、予算案件23件の合計36件でございます。詳細につきましては担当部長から御説明申し上げますので、よろしく御審議いただき、御議決賜るようお願い申し上げまして、あいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号 財産(土地)の取得について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第3、議案第1号「財産(土地)の取得について」を議題といたします。

 ここで、地方自治法第117条の規定により、柴満喜夫議員、柳川広美議員、飯島尚幸議員の退席を求めます。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 林総務部長。

     (総務部長 林 俊宏君登壇)



◎総務部長(林俊宏君) それでは、議案書の1ページをお願いいたします。

 議案第1号「財産(土地)の取得について」御説明をいたします。

 この案件は、伊那市土地開発公社が先行取得した土地の一部を市が取得することにつきまして、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 財産の取得の内容でありますが、土地開発公社経営健全化指針に基づき、市が買い取るべき代行用地、代替地の一部で、土地開発公社が取得してから10年以上長期保有している保有地であります。

 記書きをお願いいたします。

 まず、取得する土地は、伊那市西町5789番1ほか15筆で、取得する面積は9,106.87平方メートルであります。3の取得予定価格は、1億9,275万1,397円で、契約の相手方は伊那市土地開発公社であります。

 内容について、議案関係資料で御説明いたしますので1ページをお願いいたします。議案関係資料1ページ、代行用地・代替地一覧表であります。

 今回、取得いたします土地開発公社保有地は代行用地1カ所、代替地5カ所の計6カ所であります。代行用地は、伊那中学校用地として平成6年3月に取得した伊那中学校西に位置します西町5789番1ほか8筆、2,206.16平方メートルで、簿価で9,773万2,585円であります。

 代替地の1は、細ヶ谷犬田切線道路改良事業代替地として平成4年8月に取得した知立市野外センター入口に位置します西春近3390番386の保安林4,391.13平方メートルで、簿価は299万271円であります。

 代替地の2は、伊那生田飯田線道路事業代替地として平成5年12月に取得したヤマダ電機南に位置します上新田2003番の宅地729.32平方メートルで、簿価は2,501万7,660円であります。

 代替地の3は、上新田公共事業代替地として平成9年3月に取得したしまむら北に位置します上新田2545番3ほか2筆の宅地340.92平方メートルで、簿価は1,587万9,378円であります。

 代替地の4は、上の原公共事業代替地として平成9年5月に取得したセンターテニスコート東に位置します上の原6019番の雑種地1001.20平方メートルで、簿価は3,631万1,853円であります。

 代替地の5は、吹上学校線道路事業代替地として平成11年8月に取得した信州伊那国際ゴルフクラブ南西に位置します西箕輪3340番74の宅地438.14平方メートルで、簿価は1,069万860円であります。

 次に、土地開発公社から取得した価格でありますが、これらの簿価総額1億8,862万2,607円に、土地開発公社で民間資金から借り入れた利息224万2,568円及び簿価の1%相当分の土地開発公社事務手数料188万6,222円を加えた総額1億9,275万1,397円であります。

 次の2ページから7ページに、それぞれ保有地の位置図をお示ししてありますので、後ほど御確認をいただきたいと思います。

 以上であります。よろしく御審議いただきますようお願いをいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

 12番、飯島光豊議員。



◆12番(飯島光豊君) ただいまの代行用地、代替地の買い取り、取得については、総務省の開発公社の健全化計画に基づくものの支持もあろうかと思います。

 ただ問題なのは、これを取得した後にどう利用するかということの計画があるかどうかということです。具体的にそういうものがあるようでしたらお示しいただきたい。



○議長(伊藤泰雄君) 林総務部長。



◎総務部長(林俊宏君) 今後の予定でありますけれども、まず買い取りをいたしましたら伊那市の普通財産にさせていただく予定でございます。その後、この土地について公共的事業で使えるものかどうか、また他の目的で利用できるかどうか検討を市としてしなければならないというふうに思っているところであります。

 ただ、今の飯島議員の御指摘のとおり、すぐ使い道があるかということになりますと、当面は公共事業用地として取得をしていただいたにもかかわらず、今まで土地開発公社が持っていたという現状がありますので、すぐ使えるという予定はございませんが、先ほど申し上げたとおり、今後、公共事業用地、または他の適当な目的に供せられるかどうか、その後は処分という形で計画をしたいと思っているところであります。以上であります。



○議長(伊藤泰雄君) そのほかに御質疑はありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第1号は、総務委員会に付託いたします。

 柴満喜夫議員、柳川広美議員、飯島尚幸議員の入場を求めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第2号 字の区域の変更について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第4、議案第2号「字の区域の変更について」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 林総務部長。

     (総務部長 林 俊宏君登壇)



◎総務部長(林俊宏君) 議案書の2ページをお願いいたします。

 議案第2号「字の区域の変更について」御説明をいたします。

 この案件は、平成20年8月4日に住所表示の変更を行った際、地図上で確認できず、所在不明により変更処理ができなかった土地について、現地の確認ができたことにより字の区域の変更をお願いするものです。

 記書きが字の区域を変更する1筆でありまして、伊那10014番を西町10014番に変更するもので、変更の理由は、国土調査の実施に伴いまして地図上及び現地の確認がされたものであります。

 なお、この土地の地目は宅地でありますけれども、現況はごみステーション用地で、個人の方の住民登録はございません。

 以上でございます。よろしく御審議いただきますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第2号は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号 市営土地改良事業の施行について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第5、議案第3号「市営土地改良事業の施行について」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 御子柴産業振興部長。

     (産業振興部長 御子柴泰人君登壇)



◎産業振興部長(御子柴泰人君) それでは、議案第3号「市営土地改良事業の施行について」御説明申し上げますので、議案書の3ページをお願いいたします。

 市営土地改良事業の施行に当たりましては、土地改良法第96条の2第2項の規定により議会の議決をお願いするものであります。

 今回、施行を予定しておりますのは、農産漁村活性化プロジェクト支援交付金事業、地区名は小原井地区、平成23年度から国県の補助を得て事業に着手いたしたく提案するものでございます。用排水路522メートルの改修を行うもので、事業費は総額8,000万円、負担割合につきましては国が55%、県が1%、市が34%、地元が10%を予定しているところでございます。

 事業位置などについて御説明いたしますので、議案関係資料8ページをごらんいただきたいと思います。

 最初に、地区の状況でございますが、小原井地区の本区間につきましては昭和30年台に建造され、現在は市道の下を流れる石積みとコンクリートによる暗渠となっております。高遠ダムの直上に位置する市道に埋設された施設でありますけれども、ダム湖への漏水があり、谷川への地盤崩落も懸念される状況となってきております。ひとたび災害となりますと、安定した用水の確保に支障を来すばかりか、生活道路に支障が出る等々影響が予想されるところであります。こうした状況を受けまして、今回、農産漁村活性化プロジェクト支援交付金事業を活用しまして、農業用水利施設の更新を行うものでございます。

 事業箇所は太線でお示しした箇所でありまして、受益面積は合計54.8ヘクタールとなっております。平成23年度から25年度までの施行を予定しておりまして、23年度は総延長522メートルのうち80メートルの改修を予定しているところであります。

 以上、議案第3号につきまして御説明申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第3号は、経済建設委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号 伊那市組織条例等の一部を変更する条例



△議案第5号 伊那市地域情報化審議会条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第6、議案第4号「伊那市組織条例等の一部を改正する条例」、議案第5号「伊那市地域情報化審議会条例」の2案を一括議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 林総務部長。

     (総務部長 林 俊宏君登壇)



◎総務部長(林俊宏君) 議案書の4ページをお願いいたします。

 議案第4号「伊那市組織条例等の一部を改正する条例」について御説明をいたします。

 今回の改正の理由でございますが、市の重点施策、また取り組まなければならない課題に対応するため、部の再編と部の事務分掌を見直すものであります。また、組織の見直しによる課の名称変更に伴いまして、関係条例についてもあわせて改正をお願いするものであります。

 改正の内容について議案関係資料で御説明をさせていただきますので、議案関係資料の9ページをお願いいたします。議案関係資料9ページ、伊那市組織条例新旧対照表であります。

 第1条は、地域産業の推進の観点から、産業振興部を農林部と商工観光部に改めるというものであります。

 第2条は、各部の事務分掌で部内組織の見直しに伴い、事務分掌を各課の業務と合わせ、各課の業務を明確にするために整理したものであります。総務部の第1号は総務課、第2号は秘書広報課、第3号は今回の組織改正により政策推進課と情報統計課を統合した企画情報課の事務分掌、第4号は財政課、第5号は契約課、第6号は消防防災課と総務課防災係を統合し設置する危機管理課の事務分掌であります。第7号は行政改革推進室、第8号は徴収対策室の事務分掌であります。

 おめくりをいただき、10ページの農林部の第1号は農林課、第2号は耕地林務課の事務分掌、次の商工観光部の第1号は商工振興課、第2号は産業立地推進課、第3号が観光課の事務分掌であります。

 次の建設部は、都市計画部門の充実を図るため参加性としたもので、第1号は建設課、第2号は管理課、第3号は都市整備課の事務分掌であります。

 おめくりをいただきまして、11ページは伊那市総合計画審議会条例新旧対照表であります。

 伊那市総合計画審議会は、現在の総務部政策推進課が審議会の庶務を担当していますが、今回の課の改変により政策推進課と情報統計課を統合し企画情報課とすることに伴い、庶務担当課を総務部企画情報課に改めるものでございます。

 おめくりをいただき、12ページでありますけれども、伊那市土地利用計画審議会条例新旧対照表であります。この条例につきましても、庶務担当課を総務部企画情報課に改めるというものでございます。

 お手数ですけれども、議案書の5ページにお戻りをお願いしたいと思います。議案書の5ページ、附則でございます。この条例は、平成23年4月1日から施行するものであります。

 以上であります。よろしく御審議いただきますようお願いいたします。

 続きまして、議案第5号について御説明いたしますので、おめくりいただき6ページをお願いいたします。

 議案書6ページ、議案第5号「伊那市地域情報化審議会条例」について御説明いたします。

 この案件は、平成24年度以降の地域情報化計画を策定するため、地域情報化の推進について審議をしていただく市長の諮問機関として伊那市地域情報化審議会を設置するためのものであります。

 第1条は、審議会の設置について定めたもので、情報通信技術を活用した地域情報化の推進について市長の諮問に応じ、必要な事項を審議するものであります。第2条は、委員の人数、任期等についての定めでありまして、委員は10人以内とし、委員は執権を有する者及び公募による者のうちから市長が委嘱するということと、任期は2年とするものであります。第3条は、会長及び副会長に関する事項を定めたもので、会長及び副会長は委員の互選によるもの。第4条は、会議の招集等についての定め。第5条は、審議会の庶務は総務部企画情報課において処理するとしたものであります。第6条は、委任規定であります。

 附則でありますけれども、この条例は平成23年4月1日から施行するものであります。

 以上であります。よろしく御審議いただきますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

 12番、飯島光豊議員。



◆12番(飯島光豊君) 議案第4号で質問いたしますが、先ほど市長はあいさつの中で財政健全化プログラムに沿った改善をできるところから取り入れて、定員適正化計画に基づく職員定数の削減という話をされました。

 この新たな組織改正によって、この職員定数削減の問題、あるいは人件費等の関係で増額、あるいは人員がふえるというような計画があったらお示しいただきたいと思います。



○議長(伊藤泰雄君) 林総務部長。



◎総務部長(林俊宏君) 現在、平成22年度の組織でありますけれども、11部46課制であります。11部46課制を23年度、特に産業振興部の関係が部が二つできるということで12部46課制ということで、課については統合するところやら、新たにできる等、差し引きして課の数については変わりませんが、部については一つふえるということになっております。



○議長(伊藤泰雄君) 12番、飯島光豊議員。



◆12番(飯島光豊君) ということは、部長が1人ふえるということになるわけで、人件費的には増額されるものと理解してよろしいのでしょうか。



○議長(伊藤泰雄君) 林総務部長。



◎総務部長(林俊宏君) 先ほどの飯島議員の定員適正化計画の中では、23年3月31日付、22年度中に退職する方がおおむね31人であります。採用の方が7人ということでありますので、差し引き24人減額になるということでありますけれども、そういったことを勘案いたしますと、全体では人員の削減、人件費に係る額の削減ということになるというふうに予算は組み立てておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) そのほかにありませんか。

 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第4号、議案第5号の2案は総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第6号 伊那市積立基金条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第7、議案第6号「伊那市積立基金条例の一部を改正条例」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 沖村市民生活部長。

     (市民生活部長 沖村直志君登壇)



◎市民生活部長(沖村直志君) 議案書の7ページをお願いいたします。

 議案第6号「伊那市積立基金条例の一部を改正する条例」について御説明いたします。

 今回の改正は、8ページの提案理由にございますけれども、現在、上伊那広域連合で環境影響評価を進めています新ごみ中間処理施設の整備計画を踏まえまして、今後見込まれる上伊那広域連合負担金の平準化を図るために、新たな基金としてごみ処理施設整備基金を設置するために提案するものでございます。

 それでは、改正内容につきまして御説明申し上げますので、議案関係資料の13ページをお願いいたします。伊那市積立基金条例の新旧対照表でございます。

 伊那市積立基金条例の第2条及び第7条関係の別表中、介護従事者処遇改善臨時特例基金の後に、ごみ処理施設整備基金を新設いたしまして、その目的及び使途といたしましては、そこにございますように、ごみ処理施設の整備、維持管理等に要する費用の財源に充てるためでございます。

 また、財政調整基金と介護従事者処遇改善臨時特例基金につきましては、今回の改正にあわせて文言の整備を行うものでございます。

 議案書の8ページにお戻りいただきたいと思います。

 附則でございますが、この条例は公布の日から施行するというものでございます。

 以上でございます。よろしく御審議いただきますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第6号は、付託表のとおり所管の委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第7号 伊那市手数料条例の一部を改正する条例



△議案第8号 伊那市消費生活センター条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第8、議案第7号「伊那市手数料徴収条例の一部を改正する条例」議案第8号「伊那市消費生活センター条例」の2案を一括議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 沖村市民生活部長

     (市民生活部長 沖村直志君登壇)



◎市民生活部長(沖村直志君) それでは、議案書の9ページをお願いいたします。

 議案第7号「伊那市手数料徴収条例の一部を改正する条例」について御説明いたします。

 提案理由にありますとおり、住民基本台帳カードの交付手数料の徴収の特例について所要の改正を行うというものでございます。

 国は住基カードの普及を図るために、平成20年度から23年度までの3年間、これまでの1,000円の特別交付税に加え500円の上乗せを行ってきました。伊那市でもこれを受け、3年間、交付手数料を無料としてきましたが、国の上乗せが平成23年3月で終了するため、これまでの300円を徴収することとしたものでございます。

 改正内容につきまして議案関係資料で御説明いたしますので、議案関係資料の14ページをお願いいたします。伊那市手数料徴収条例の新旧対照表でございます。

 附則の4項、手数料の徴収の特例につきまして、旧で当分の間、住民基本台帳カードの交付に係る手数料を無料としていたものを、新にありますとおり、道路交通法第104条の4第2項の規定、これは運転免許証を自主返納することでございまして、これにより免許を取り消された者のうち、取り消された日に満70歳以上の者は、免許を取り消されたことを証する書面を提示して住民基本台帳カードを申請した場合に交付手数料を無料とするものでございます。これは、運転免許証のかわりに住基カードを身分証明書として利用していただけるということと、あわせて住基カードの利用促進を図りたいというものでございます。

 議案書の9ページにお戻りをいただきまして、附則でございますけれども、この条例は平成23年4月1日から施行するというものでございます。

 以上、よろしく御審議をいただきますようにお願いいたします。

 続きまして、議案書の10ページをお願いいたします。

 議案第8号「伊那市消費生活センター条例」について御説明いたします。

 提案理由にありますとおり、伊那市消費生活センターを設置するために提案するものでございます。

 これまで伊那市に寄せられる消費生活相談につきましては、県の飯田消費生活センターに対応をお願いすることが多く、指導内容によりましては本人が飯田へ行く必要があり、相談者の負担が大きくなっておりました。そうした中、当市の消費生活相談員が先日、消費生活コンサルタントという専門的な資格を取得したことによりまして、伊那市に消費生活センターを設置することによりまして相談窓口の明確化を図るということで、潜在的な相談を掘り起こすとともに、迅速かつ的確に問題解決に取り組むことができるものと考えているところでございます。

 内容につきましては、第1条で設置の目的でございます。ただいま説明申し上げましたことなどから、消費者安全法第10条第2項の規定によりまして消費生活センターを設置するというものでございます。第2条は、名称及び位置でございますけれども、名称は伊那市消費生活センターとし、生活環境課内に設置するものでございます。第3条は、業務でございます。苦情に係る相談、苦情処理のためのあっせん、情報の収集や提供、国県との情報交換などを行うものでございます。第4条は、委任事項でございます。委任事項についての規定をしたものでございます。

 附則でございますけれども、この条例は平成23年4月1日から施行するというものでございます。

 よろしく御審議をいただきますようにお願いいたします。以上でございます。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第7号、議案第8号の2案は、社会委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第9号 伊那市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例



△議案第10号 伊那市保育園条例の一部を改正する条例



△議案第11号 伊那市保育行政審議会条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第9、議案第9号「伊那市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例」から議案第11号「伊那市保育行政審議会条例」までの3案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 伊藤保健福祉部長

     (保健福祉部長 伊藤 健君登壇)



◎保健福祉部長(伊藤健君) それでは、議案第9号「伊那市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例」について御説明を申し上げますので、議案書の11ページをお開きいただきたいと思います。

 まず、今回の改正の提案理由でございますが、今までは入院は中学3年生までで、通院は9歳、小学校3年生までとしていたものを、通院につきましては小学校6年生まで支給対象とするとともに、あわせて関係する部分の所要の改正をするために提案するものでございます。なお、所得者の所得制限について、本人の所得、扶養義務者等の所得に関しては県の制度と合わせたものにするものでございます。

 それでは、改正内容について御説明を申し上げますので、議案関係資料の15ページをお開きください。伊那市福祉医療費給付金条例の新旧対照表でございます。

 第1条では、先ほど延べましたように、小学校6年生までを通院の支給対象とすることから、「乳幼児等」という文言を削除し、第2条の定義中、第1号の乳幼児等の号を削除、(2)では「満9歳に達する日以後の最初の3月31日の翌日」を、新の欄にありますように、「出生の日から」に改め、号の繰り上げを行うもの。

 16ページをごらんいただきまして、3条1項のものにつきましては、号の繰り上げのもの、2項は給付対象としない者について、第2条の子供と一人親家庭の親子等は所得制限の適応を行わない者とするもの、5号につきましては、「扶養義務者」について「民法877条第1項に定める扶養義務者(以下、扶養義務者という)」に改めるもの、8号、9号は障害者の所得に関すること、所得税課税者に関するものを県の制度と同じものにするものでございます。

 おめくりいただきまして、17ページをお願いいたします。

 第7条、給付金の支給額では、1項8号の「乳幼児等(満6歳)」を新の「子供(満12歳)」に改め、6年生までを対象とするものとし、新たに控除する対象としまして、9号で「独立行政法人日本スポーツ振興センター法(平成14年法律第162号)に基づく災害共済給付により医療費の給付を受けることができるときは、その額」ということを加えまして、二重給付をなくするものでございます。

 以上が改正内容でございます。

 議案書の12ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でございますが、この条例は平成23年8月1日から施行し、第7条に1号を加えることにつきましては、23年4月1日から施行するというものでございます。

 経過措置では、今回の改正に伴う規定は施行日以後に受ける療養の給付等について適応されるものでありまして、施行日前に受ける療養の給付は従前の例によるというものでございます。

 以上が給付金条例の改正でございます。

 議案書をおめくりいただきまして、13ページをお願いいたします。

 議案第10号「伊那市保育園条例の一部を改正する条例」について御説明申し上げます。

 条例改正の提案理由でございますが、西箕輪の保育園統合に伴い、名称、位置、定員の変更を行うために提案するものでございます。

 改正内容につきまして御説明申し上げますので、議案関係資料の18ページをごらんいただきたいと思います。伊那市保育園条例の新旧対照表でございます。

 第2条、保育園の名称、位置及び定員は次のとおりとするものでありまして、表中で「大萱保育園、伊那市西箕輪6874番地9、定員120」を、右の新の表のように、「西箕輪保育園、伊那市西箕輪3900番地138、定員170」と改正し、西箕輪北部保育園の項を削るものでございます。以上が改正内容でございます。

 議案書の13ページにお戻りいただきたいと思います。

 附則でございますが、この条例は平成23年4月1日から施行するというものでございます。

 保育園条例の改正につきましては以上でございます。

 議案書をおめくりいただきまして、14ページをお願いいたします。

 議案第11号「伊那市保育行政審議会条例」について御説明申し上げます。

 本条例の制定理由でございますが、現行では要項によります保育園運営協議会があるわけでございますが、諮問方式を行うものについては条例設置をし明確化することとし、伊那市保育行政のあり方等、これからの保育の総合的な政策につきまして広く市民の意見を反映させたものとするために、この条例制定を提案するものでございます。

 条例の内容でございますが、第1条は設置でございまして、この伊那市保育行政審議会条例を定める目的でございます。第2条は、委員を定めたものでございまして、審議会の委員数、委嘱する者、任期等を示したものでございます。第3条は、会長及び副会長について定めてございます。第4条については会議、第5条は庶務について定め、第6条は委任について定めたものでございます。

 附則でございますが、この条例は平成23年4月1日から施行するというものでございます。

 伊那市保育行政審議会条例の説明は以上でございます。よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第9号から議案第11号までの3案は、社会委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号 伊那市都市公園条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第10、議案第12号「伊那市都市公園条例の一部を改正する条例」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 守屋建設部長。

     (建設部長 守屋和俊君登壇)



◎建設部長(守屋和俊君) 議案書の15ページをお願いいたします。

 議案第12号「伊那市都市公園条例の一部を改正する条例」につきまして御説明いたします。

 提案理由でございますが、庁舎跡地公園の名称を改めるとともに、創造館とその周囲の広場を市民の学習、憩いの場としての創造の森公園を設置するために提案するものでございます。

 改正内容につきましては議案関係資料で御説明いたしますので、関係資料19ページをお願いいたします。伊那市都市公園条例の新旧対照表でございます。第2条関係の別表の抜粋を記載してございます。

 まず、旧の部分の「庁舎跡地公園」とありますのを、新たに「セントラルパーク」に改め、さらに新たに「創造の森公園」を加えるものであります。なお、位置につきましては、創造の森公園は伊那市荒井3520番地でございます。

 おめくりいただきまして、20ページをお願いいたします。

 まず、セントラルパークの位置図でありますが、当該地は平成17年度に旧市庁舎跡地を整備した公園でありますが、現在ではその愛称でありますセントラルパークの名称が市民に浸透、定着し親しまれておりますので、今回、名称を改めるものでございます。

 おめくりいただきまして、21ページをお願いいたします。

 創造の森公園の位置図でありますが、当該地は旧上伊那図書館とその周囲を平成18年度から本年度にわたり整備したもので、創造館を中心にした広場を市街地内での憩える緑の区域として都市公園に加えるものでございます。

 議案書の15ページにお戻りいただきたいと思います。

 附則でございますが、この条例の施行期日を公布の日からとするものでございます。

 以上、伊那市都市公園条例の一部を改正する条例につきまして御説明をいたしました。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第12号は、経済建設委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第13号 伊那市下水道条例及び伊那市農業集落排水施設の設置等に関する条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第11、議案第13号「伊那市下水道条例及び伊那市農業集落排水施設の設置等に関する条例の一部を改正する条例」を議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 原水道部長。

     (水道部長 原 秀夫君登壇)



◎水道部長(原秀夫君) 議案書の16ページをお願いいたします。

 議案第13号「伊那市下水道条例及び伊那市農業集落排水施設の設置等に関する条例の一部を改正する条例」について御説明いたします。

 今回の改正は、下水道への接続率が伸び悩む中、公共下水道及び農業集落排水施設への早期接続が図られるよう、下水道への接続指導や命令等に関する手続を定めるために条例の一部改正をお願いするものでございます。

 改正内容について御説明をいたしますので、議案関係資料22ページ、議案第13号関係資料(1)伊那市下水道条例新旧対照表をお願いいたします。

 まず、目次の改正は、第6章へ2条を加えるため目次を整備するものであります。第6条は、排水設備の設置期限について、水洗便所を除く排水設備について6月以内としていたものを、下水道法で定めるくみ取り便所の水洗化期限の3年に合わせて、すべての排水設備の設置期限を供用開始後3年以内とするものでございます。第45条は、第6条で規定する期間や、ただし書きにより延長した期間を経過しても特別な事由がなく排水設備を設置しない排水設備設置義務者に対し、管理者が接続を勧告することができる規定を加えるものであります。第46条は、勧告を受けた者が、正当な理由がなく勧告に従わないときは公表できる旨を規定するものであります。第2項では、公表に当たっては該当者に事前に理由を通知するとともに、意見を述べる機会を与えることとするものであります。なお、公表する内容は、条例を設けた条例施行規定によりまして、土地または建物の所在地及び条例に違反している事実を告示することとしております。

 おめくりをいただき、23ページは、条を2条加えたことによります既存の条を2条ずつ繰り下げるものであります。

 おめくりをいただきまして、24ページの議案第13号関係資料(2)伊那市農業集落排水施設の設置等に関する条例新旧対照表をお願いいたします。

 第5条は、下水道条例と同様に排水設備の設置期限を変更するために改正するものでございます。第16条は、下水道条例を準用する事項を規定しておりますけれども、下水道条例の改正に合わせまして、勧告及び公表について下水道条例を準用することとしたものでございます。

 議案書に戻っていただき、17ページをお願いいたします。

 施行期日ですが、両条例とも施行日は平成23年4月1日とするものであります。また、経過措置として平成21年4月1日以前に供用開始となった区域の排水設備設置義務については、平成21年4月1日を供用開始の日とみなして、この条例の規定を適応することとしたものであります。

 以上でございます。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第13号は、経済建設委員会に付託いたします。

 暫時休憩いたします。なお、午後の再開は1時15分からといたします。



△休憩 午前11時27分



△再開 午後1時15分



○議長(伊藤泰雄君) 休憩前に引き続き、会議を再開します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第14号 平成22年度伊那市一般会計第6回補正予算について



△議案第15号 平成22年度伊那市国民健康保険特別会計第3回補正予算について



△議案第16号 平成22年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計第2回補正予算について



△議案第17号 平成22年度伊那市後期高齢者医療特別会計第1回補正予算について



△議案第18号 平成22年度伊那市老人保健医療特別会計第1回補正予算について



△議案第19号 平成22年度伊那市介護保険特別会計第4回補正予算について



△議案第20号 平成22年度伊那市介護サービス事業特別会計第1回補正予算について



△議案第21号 平成22年度伊那市営駐車場事業特別会計第2回補正予算について



△議案第22号 平成22年度伊那市簡易水道事業特別会計第2回補正予算について



△議案第23号 平成22年度伊那市水道事業会計第2回補正予算について



△議案第24号 平成22年度伊那市下水道事業会計第3回補正予算について



△議案第25号 平成22年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第12、議案第14号「平成22年度伊那市一般会計第6回補正予算について」から議案25号「平成22年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について」までの12案を一括議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 林総務部長。

     (総務部長 林 俊宏君登壇)



◎総務部長(林俊宏君) 議案第14号「平成22年度伊那市一般会計第6回補正予算について」御説明いたしますので、白い表紙の平成22年度伊那市補正予算書3月補正の3ページをお願いいたします。平成22年度伊那市一般会計第6回補正予算であります。

 第1条で、歳入歳出それぞれ8億1,710万円を追加し、予算の総額を320億4,540万円とするものです。今回の補正後の予算規模は、前年同期と比較し2.2%の減でございます。補正の主な内容は、職員の減や人事院勧告に伴う給料・手当の減額と、退職者の増に伴う退職手当の増額、小・中学校施設整備事業の増額、土地開発公社保有土地の購入や年度末を控えまして事業の確定により決算に近づけるものであります。

 次に、第2条は継続費の補正、第3条は繰越明許費の補正、第4条は債務負担行為の補正、第5条は地方債の補正でございますが、それぞれ別表で御説明いたしますので、恐れ入りますが8ページをお願いいたします。

 8ページの第2表、継続費の補正は、変更で10款2項の伊那小学校耐震整備事業と、3項の東部中学校耐震整備事業は国の補助事業費の前倒しに伴い、事業費の年割り額を変更するものであります。

 次に、9ページの第3表、繰越明許費の補正の1は追加でありまして、3款1項の高齢者福祉施設整備事業は、国の補助事業の追加決定に伴うもので、補正額すべてを繰り越させていただくものであります。3款2項の保育園整備事業から6款2項の機構造林事業までは、本年度末までの工事等の完了が困難となったため繰越明許をするものであります。

 10款2項の小学校施設整備事業と、一つ飛んで3項の中学校施設整備事業は、国の補助事業の前倒しに伴います小・中学校の太陽光発電設備設置事業、また地上デジタル放送対応工事を行うもので、これも補正額すべてを繰り越させていただくものであります。10款2項の小学校教師用教科書・指導書整備事業は、学習指導要領改定に伴う教師用教科書・指導書について年度内の納入が困難となったためお願いをするものであります。10款3項の春富中学校武道場建設事業は、国の補助事業の前倒しに伴い、補正額をすべて繰り越させていただくもので、次の東部中学校のり面整備事業につきましては、本年度での工事完了が困難な見込みとなりましたので繰り越しをお願いするもの、10款6項の図書館の図書整備事業は、国の光を注ぐ交付金の対象として図書整備を行うもので、これも補正額をすべて繰り越しをお願いするものであります。

 2の変更は、美篶小学校耐震整備事業と長谷小学校耐震整備事業について1月補正予算でお願いをしたものですが、耐震診断の結果に基づいて事業費を変更し、繰越額の変更もあわせてお願いするものであります。

 おめくりいただき、10ページをお願いいたします。

 第4表、債務負担行為補正の追加は、上伊那福祉協会が養護老人ホームみすず寮改築工事のために借り入れた借入金の元利償還金に対する伊那市の負担分をお願いするもので、期間は平成23年度から平成42年度までの20年間、限度額は1億2,885万3,000円とするものであります。

 次に、2の変更でありますけれども、農業経営基盤強化資金利子補給金につきましては、新たな貸付が生じたため、期間を平成33年度までということに変更させていただくものであります。

 次の11ページ、第5表、地方債補正でありますが、これは変更でありまして、農業基盤整備事業債につきましては事業費の確定により限度額を減額するもの、消防施設整備事業債につきましては限度額の増額、合併特例事業債と過疎対策事業債は、それぞれ事業費の確定と事業の追加により限度額を増額するものであります。最後の臨時財政対策債は発行額の確定に伴うものでございます。

 それでは、予算の内容について御説明をさせていただきますが、3月補正はいずれも決算に近づけるものがほとんどでありますので、決算に近づける補正以外のものについて説明をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、36ページをお願いいたします。36ページからが歳出でございます。

 1款議会費でありますけれども、ここはごらんをいただき、おめくりをいただいて38ページ、2款総務費、1項1目の3節職員手当等の補正は職員異動等によるものと、退職者数が当初見込んでおりました16人から31人にふえたことによる追加をお願いするものであります。25節積立金は、退職手当基金への利子の積み立てを行うものあります。

 おめくりをいただき、40ページの5目財産管理費はごらんをいただきまして、6目企画費の19節負担金補助及び交付金は、地域づくり活動支援金や定住対策等補助金の確定に伴うもの、25節積立金でありますけれども、これはふるさと応援基金への寄附金及び利子を積み立てるものでございます。

 おめくりいただいて、42ページはごらんいただきたいと思います。

 もう1枚おめくりいただいて、44ページをお願いいたします。

 44ページ、9目交通安全対策費と11目情報管理費はごらんをいただきまして、下段の12目積立基金費の25節積立金は、財政調整基金などに利子分を積み立てるものでございます。

 恐れ入りますが、それ以下は決算に近づけるものでございますので、6枚おめくりをいただきまして、56ページをお願いいたします。

 56ページ、3款民生費、1款1目はごらんいただき、2目社会福祉施設費の12節役務費から15節工事請負費までは、国の地域介護福祉空間整備事業を活用したいきいき交流施設整備事業の追加決定に伴う増、19節補助金は、予定をいたしておりましたグループホーム等整備事業の応募者がなかったことによる減額でございます。

 おめくりをいただき、58ページ、4目障害者福祉費の19節補助金は、障害者自立支援特別対策事業に係ります事業運営安定化補助金等の決算見込みに伴う増額、23節償還金は、自立支援給付費に係ります国庫負担金の精算金の増であります。5目高齢者福祉費の25節積立金は、福祉基金等への利子の積み立て、28節繰出金は、介護保険特別会計への繰出金の減額が主なものであります。

 また恐れ入りますが、6枚おめくりをいただきたいと思います。70ページをお願いいたします。

 4款衛生費、1項2目予防費の8節報償費は、予防接種の確定見込みによります減額、20節扶助費でありますけれども、ここは新型インフルエンザワクチン接種者の減に伴うものであります。3目環境衛生費の19節補助金は、合併処理浄化槽設置補助の増によるものであります。

 2枚おめくりをいただいて、74ページをお願いいたします。

 6目病院費から11目後期高齢者医療費までは、各会計に対する負担金、補助金及び繰出金で、いずれも負担区分に基づきますルール分でございます。

 おめくりいただき、76ページ、2項1目清掃総務費の19節負担金につきましては、上伊那広域連合、伊那中央行政組合、伊北環境行政組合への負担金の確定見込みに伴います減額が主なものであります。

 恐れ入りますが、次からは決算に近づけるためのものでありますので、7枚おめくりをいただき、90ページまでお願いいたします。

 7款商工費、1項2目の商工業振興費の19節補助金は、工場等設置事業補助金の減額が主なものでございます。

 おめくりをいただき、92ページの3目観光費の25節積立金は、さくらホテル整備基金、さくら基金及び過疎地域振興基金に寄附金と利子相当分を積み立てるものであります。

 また、以下は決算に近づけるものでございますので、5枚おめくりいただき102ページをお願いいたします。

 8款土木費、3項2目河川事業費の25節積立金は、砂利採取に係ります過疎地域振興寄附金を過疎地域振興基金に積み立てるものなどであります。4項3目公共下水道費の19節補助金は、下水道事業会計に対する補助金の繰出基準見直しに係ります増額でございます。

 おめくりをいただき、104ページの5項1目住宅管理費の22節補償金は、市営住宅からの移転に伴う補償金の増額、2目はごらんをいただき、以下、決算に近づけるものですので、また2枚おめくりをいただいて、108ページをお願いいたします。

 9款1項1目常備消防費の19節負担金は、伊那消防組合に対するもので、確定見込みによるものでございますのでごらんいただいて、おめくりいただいて110ページ、教育費をお願いいたします。

 10款教育費の下段、2項小学校費の1目11節需用費は、燃料費の増加見込みによるもの、13節委託料と15節工事請負費は、6小学校に太陽光発電設備を設置するもの、また地上デジタル放送対応に伴う工事費及び設計監理委託料を計上したものでございます。14節使用料は、ごみ処理施設への持ち込み料の増加によるものでございます。

 おめくりをいただき、112ページの2目教育振興費は、財源の組みかえによるもの、3目学校建設費は、耐震整備事業で伊那小学校の事業費の年割り額の変更と、美篶小学校、長谷小学校の事業費の変更に伴うものであります。下段の3項中学校費の1目11節需用費は、燃料費の増加見込みによるもの、13節委託料と15節工事請負費は、三つの中学校に太陽光発電設備を設置するための費用、また地上デジタル放送対応に伴う工事費及び設計監理委託料でございます。14節使用料は、小学校と同様、ごみ処理施設への持ち込み料の増加によるものでございます。

 おめくりをいただき、114ページの2目教育振興費は決算に近づけるもので、3目学校建設費は、東部中学校の耐震整備事業につきまして事業費の年割り額を変更したことに伴います増額をお願いしたものであります。

 おめくりをいただき、116ページの4項1目幼稚園費は決算に近づけるもの、6項1目社会教育総務費の25節積立金は、文化振興基金への利子相当分を積み立てるものであります。

 おめくりをいただいて、118ページの2目公民館費は、職員異動等による減、3目図書館費も職員異動等による減のほか、市立図書館と高遠図書館に光を注ぐ交付金を活用した図書整備を行うものであります。5目文化財保護費は、決算に近づけるものでありますのでごらんいただき、おめくりをいただいて、120ページの6目25節の積立金でありますが、これは美術館等建設基金へ利子相当分を積み立てるものであります。

 あとはごらんをいただいて、3枚おめくりいただきたいと思います。126ページをお願いいたします。

 13款諸支出金の1項1目土地取得費の17節公有財産購入費は、土地開発公社が取得、保有している市からの依頼の代行用地、代替地のうち、保有期間が10年以上となるものについて市が取得するものであります。

 以上が歳出であります。

 次に、歳入について御説明をいたしますので、恐れ入りますが22、23ページにお戻りをいただきたいと思います。

 22ページ、歳入であります。歳入につきましても、収入額の確定によるもの、また決算に近づけるためのものでありますので、特に触れさせていただくもののみ申し上げますので、よろしくお願いいたします。

 まず、2款地方譲与税から24ページの14款分担金及び負担金までは、決算見込みによるものでございますのでごらんをいただき、24ページの15款使用料及び手数料でございますが、これは城址公園使用料の決算見込みに伴う減額が主なものでございます。同じく24ページの下段の16款1項の国庫負担金では、子供手当負担金と生活保護費等負担金の確定見込みに伴います減額が主なものでございます。

 おめくりをいただいて、26ページの2項国庫補助金の民生費国庫補助金は、地域介護福祉空間整備等交付金の増等であります。また、教育費国庫補助金は、国の追加補助による安全・安心な学校づくり交付金の増額が主なものであります。

 おめくりをいただきまして、17款2項県補助金は、老人福祉費の介護基盤緊急整備等交付金の減が主なもの、3項委託金は、参議院議員選挙、県知事選挙に係るものの確定による減額でございます。

 おめくりをいただいて、30ページ、18款1項2目利子及び配当金は、基金利子で、2項1目不動産売り払い収入は、市有地の売却収入の決算見込みによる増額をお願いしたもの、19款寄附金、1項はそれぞれ寄附金の補正でございますが、2目総務費寄附金は、ふるさと寄附金の増によるもの、7目の商工費寄附金は特支寄附金で、おめくりをいただき、8目の土木寄附金は砂利採取に係ります過疎地域振興寄附金による増、10目教育費寄附金は、文化振興に係ります団体等からの寄附金であります。22款諸収入、5項1目2節総務費雑入の主なものは、地域交通協議会からの国交付金相当分の減でございます。

 あとはごらんをいただき、おめくりをいただいた34ページ、最初の7節商工費雑入は、伊那市観光株式会社からの収入の減が主なもので、あとはごらんいただきたいと思います。

 23款市債は、先ほど申し上げたものでございます。

 以上であります。よろしく御審議をいただきますよう、お願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) 伊藤保健福祉部長。

     (保健福祉部長 伊藤 健君登壇)



◎保健福祉部長(伊藤健君) それでは、議案第15号「平成22年度伊那市国民健康保険特別会計第3回補正予算について」御説明申し上げますので、ただいまの補正予算書の135ページをお開きいただきたいと思います。

 第1条、歳入歳出予算の補正で、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ4,536万円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ62億4,014万円とするものでございます。

 予算内容について御説明申し上げますので、148ページの歳出からお願いしたいと思います。

 今回の補正につきましては、一般会計と同様、決算に近づけるためのものが主なものになるわけでありますけれども、まず1款総務費の一般管理費は、先ほど申しましたように、決算に近づけるものと、それから広域電算の業務負担金が一部増額となります。2目の連合会負担金につきましては、県の国保連合会負担金のうち、システムの最適化経費に係ります負担金が減額されたことによります補正であります。2項1目賦課徴収費につきましては、広域の電算業務負担の減額でございます。

 おめくりいただきまして、2款保険給付費の1項1目一般被保険者療養給付費につきましては、給付見込み額を決算に近づけるための減額、2項1目一般被保険者高額療養費につきましては、財源の組みかえで一般財源から高額医療費共同事業交付金に組みかえるものでございます。

 おめくりいただきまして、152ページ、8款の保険事業費、2項1目特定健康診査等事業費につきましては、40歳から74歳の加入者に保険者の義務として特定健診を行う事業でありますが、一般財源から国県支出金への財源組みかえでございます。

 おめくりいただきまして、154ページ、9款は22年度分の基金積立金利子分の積み立てでございます。

 おめくりいただきまして、156ページ、11款諸支出金、1項4目の国庫支出金償還金でありますが、出生育児一時金負担金の国庫支出金の償還で、超過交付を受けた分の償還でございます。3項1目直営診療施設勘定繰出金では、僻地診療所等特別な事情に対して特別調整交付金の対象となるものを、国保会計の繰り出しによって直診会計へ補助するための繰り出しでございます。

 歳出につきましては以上であります。

 恐れ入りますが、144ページの歳入にお戻りをいただきたいと思います。

 1款の国民健康保険税から6款共同事業交付金までは、決算に近づけるために見込みとして増額及び減額をするもの、8款の財産収入は基金積立金の利子見込み額でございます。

 おめくりいただきまして、146ページ、9款繰入金につきましては、保険基盤安定繰入金と一般会計繰入金の増額でございます。2項では国民健康保険基金からの繰入金の減額を見込むものでございます。

 165ページまでお進みいただきたいと思います。

 続きまして、議案第16号「平成22年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計第2回補正予算」について御説明いたします。

 歳入歳出予算の補正、第1条で歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,395万円を減額しまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ3億493万8,000円とするものであります。

 歳出について御説明申し上げますので、178ページまでお進みいただきたいと思います。

 内容的には、決算に近づけるものがほとんどでありますが、1款総務費の1項1目一般管理費につきましては、決算に近づけるための減額、2目基金積立金は基金利子の利子分の積み立てでございます。

 おめくりいただきまして、180ページ、2款医業費につきましては、今年度の実績を踏まえまして、決算に近づけるための補正でございます。

 おめくりいただきまして、182ページ、4款公債費でありますが、過疎債の元金利子の補正でございます。

 おめくりいただきまして、184ページ、6款の前年度繰上剰余金につきましては、21年度の国保直営診療所の財源不足の充用分を予算の不用額の減額をお願いするものでございます。

 おめくりいただきまして、186ページ、7款の鍼灸費につきましても、実績によります補正でございます。

 続いて、歳入について申し上げますので、174ページまでお戻りいただきたいと思います。

 歳入では、1款の診療収入につきましては、国保、社保等からの診療報酬等確定見込みによります補正、2款の使用料・手数料につきましては、診断書、主治医の意見書等の文書料に係るものの減額及び鍼灸治療所使用料の増を見込むものでございます。3款繰入金では、一般会計からの繰入金と国保会計から僻地診療所特別調整交付金、国保特別調整交付金を見込むものでございます。4款諸収入の雑入につきましては容器代等、6款のサービス収入は、居宅療養管理指導費収入、要するにリハビリ等の実績に伴います補正であります。

 おめくりいただきました10款の財産収入は、基金利子の利子分の補正でございます。

 恐れ入りますが、193ページまでお進みいただきたいと思います。

 議案第17号「平成22年度伊那市後期高齢者医療特別会計第1回補正予算について」御説明申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正で、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ22万円追加しまして、歳入歳出の総額をそれぞれ6億7,462万円とするものでございます。

 歳出から御説明申し上げますので、204ページまでお進みいただきたいと思います。

 1款総務費、1項1目一般管理費でありますが、職員の異動等に伴う人件費や広域電算への負担金確定によるもの、おめくりいただきまして、206ページ、2款の後期高齢者医療広域連合納付金、1項1目でありますが、後期高齢者医療広域連合への医療保険料、保険基盤安定負担金確定に伴うものでございます。

 おめくりいただきまして、208ページをお願いいたします。

 3款の諸支出金、1項1目保険料還付金でございますが、実績によります減額でございます。

 続きまして、歳入について御説明申し上げますので、202ページにお戻りいただきたいと思います。

 1款後期高齢者医療保険料につきましては、特別徴収から普通徴収に組みかえるもの、5款の繰越金につきましては、21年度からの繰越金、6款諸収入は、後期高齢者広域連合からの還付金の実績に基づく減額でございます。

 後期高齢者の特別会計につきましては以上でございます。

 恐れ入りますが、214ページまでお進みいただきたいと思います。

 議案第18号「平成22年度伊那市老人保健医療特別会計第1回補正予算について」御説明申し上げます。

 第1条、歳入歳出予算の補正でありますが、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ93万円増額しまして、歳入歳出それぞれを823万円とするものであります。

 歳出から御説明申し上げますので、226ページをお願いいたします。

 1款総務費、1項1目一般管理費でございますが、これは職員異動に伴います補正、おめくりいただいた228ページ、4款医療諸費、2項1目医療費負担金償還金につきましては、精算に伴います超過交付額分を国庫に返還するための増額、4項1目一般会計繰出金は、同じく精算に伴います超過繰入額を一般会計に繰り出すために増額補正をするもの、歳出は以上でございます。

 続きまして、歳入について御説明申し上げますので、224ページをお願いいたします。

 4款繰入金でございますが、一般会計からの事務費負担金の減額、5款は前年度繰越金を増額し、6款諸収入では支払い基金交付金の過年度収入を見込むものでございます。

 以上でございます。

 続きまして、235ページへお進みいただきたいと思います。

 議案第19号「平成22年度伊那市介護保険特別会計第4回補正予算について」御説明申し上げます。

 第1条では、歳入歳出予算の補正でありまして、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,328万円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を50億4,862万円とするものでございます。

 歳出から御説明申し上げますので、248ページへお進みいただきたいと思います。

 この会計も決算に近づけるものが主な内容でございまして、1款総務費、1項1目一般管理費は職員の異動に伴うもの、2項1目賦課徴収費も同様でございます。3項2目認定調査費等費用につきましては、主治医意見書の手数料を実績見込みによりまして増額補正するもの、3目の認定審査会共同設置負担金につきましては、広域連合への負担金の増額であります。この3項介護認定審査会費の増額につきましては、認定を求める皆さんが増加しているというものでございます。

 おめくりいただきまして、250ページ、2款保険給付費の関係につきましては、1項1目居宅介護サービス等給付費は、居宅介護サービス給付、居宅介護住宅改修、地域密着型介護サービス給付の実績に伴う補正、2目の施設介護サービス給付費も実績を見る中での負担金の減額、2項1目介護予防サービス等給付費も実績を見る中での実績でございます。施設サービスが非常にふえてきているという状況でございます。

 おめくりいただきまして、252ページ、4項1目高額介護サービス等給付費も同様に実績に伴う減額補正でございます。

 おめくりいただきまして、254ページ、4款1項1目介護予防事業費は職員異動に伴う補正のほか、頭はつらつ事業というのを22年度に取り入れる計画でございましたけども、これの委託料及び備品購入に対する国庫助成金がつかなかったための減額、生活機能検査委託料の確定見込みに伴う減額補正でございます。2項1目の包括的支援事業費も職員異動に伴うもの、おめくりいただきまして、256ページ、2目任意事業費、地域自立生活支援の委託料、シルバーハウジング生活援助員の派遣事業委託料ほかも実績を見る中で減額をさせていただくものでございます。

 おめくりいただきまして、258ページ、5款の基金積立金、1項1目は介護給付費準備金積立金で、2目介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金の利子の積み立てでございます。

 歳入について御説明いたしますので、244ページまでお戻りいただきたいと思います。

 4款国庫支出金につきましては、本年度の実績見込みによるもの、5款、6款は実績に伴います補正、7款財産収入につきましては、介護給付費準備金、介護従事者処遇改善臨時特例交付金利子分、9款の繰入金につきましては、おめくりいただきました246ページも含めまして、ルール分等に基づきます一般会計からの繰入金、12款の諸収入は、雑入で在宅サービス等個人負担金、国の自治総合センター助成金が、先ほど言いましたように、採択とならなかった頭はつらつ事業分の減額であります。

 恐れ入りますが、265ページまでお進みいただきたいと思います。

 議案第20号「平成22年度伊那市介護サービス事業特別会計第1回補正予算について」でございます。

 まず、第1条で歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ228万円を減額いたしまして、歳入歳出の総額をそれぞれ5,482万円とするものでございます。

 歳出の説明を申し上げますので、276ページまでお進みいただきたいと思います。

 2款3項1目居宅介護支援事業費、4項1目予防介護支援事業費とも職員異動に伴う人件費の補正でございます。

 歳出は以上でございます。

 歳入について御説明申し上げますので、274ページへお戻りいただきたいと思います。

 8款の繰入金でありますが、歳出の人件費の減額になるものについて一般会計からの繰入金を減額するものでございます。

 議案第15号から議案第20号までの保健福祉部関係の特別会計補正予算については以上でございます。よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) 守屋建設部長。

     (建設部長 守屋和俊君登壇)



◎建設部長(守屋和俊君) 続いて、補正予算書の283ページをお願いいたします。

 議案第21号「平成22年度伊那市営駐車場事業特別会計第2回補正予算について」であります。

 第1条第1項で、予算の総額から150万円を減額しまして、予算総額を4,956万6,000円とするものでございます。

 事項別明細書で御説明しますので、294、295ページをお願いいたします。

 歳出からお願いいたします。

 1款1項1目一般管理費の経営管理でありますが、11節から19節まで、それぞれ事業の実績見込みによりまして減額するものでございます。

 お戻りいただきたいと思います。292、293ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款1項1目駐車場使用料を事業の実績見込みに合わせまして増額し、次の4款1項1目一般会計繰入金につきましては、歳出での減額と歳入での増額に伴いまして減額をするものであります。

 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) 原水道部長。

     (水道部長 原 秀夫君登壇)



◎水道部長(原秀夫君) 補正予算書の299ページをお願いいたします。

 議案第22号「平成22年度伊那市簡易水道事業特別会計第2回補正予算について」御説明を申し上げます。

 今回の補正は、歳入では水道料金の減額や一般会計からの繰入金の増額などに伴うもので、歳出は職員の異動等によります人件費の補正や公債費の確定見込みなど、事業の執行状況がほぼまとまってきましたので、決算に近づけるためにお願いするものでございます。

 第1条ですが、歳入歳出ともそれぞれ72万円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億9,492万円とするものでございます。

 以上、議案第22号につき説明をさせていただきました。

 続きまして、319ページをお願いいたします。

 議案第23号「平成22年度伊那市水道事業会計第2回補正予算について」御説明申し上げます。

 今回の補正は、事業の執行状況がほぼまとまってきましたので、決算に近づけるためにお願いするものでございます。

 第2条は収益的収入及び支出でございますが、職員の異動等による人件費や企業債利息、消費税などで支出を330万円減額し、費用の総額を15億1,070万円とするものでございます。なお、これにより本年度消費税及び地方消費税を除いた損益の決算見込みは3,626万8,000円の純利益と見込んでおります。第3条は資本的収入及び支出でございますが、収入は企業債の減や他会計負担金の増で630万円を減額し、総額を1億6,910万円とし、支出は建設改良の減や企業債償還金の増で1,060万円を減額し、総額を6億6,643万円とするものでございます。収支不足額に対する補てん財源につきましては、記載のとおり改めるものであります。

 おめくりをいただきまして、320ページをお願いいたします。

 第4条は企業債の限度額の変更をお願いするもので、第5条は職員の異動等により職員給与費が減額となるため、議会の議決を経なければ流用することのできない経費の金額を改めるものでございます。

 以上、議案第23号について説明をさせていただきました。

 続きまして、337ページをお願いいたします。

 議案第24号「平成22年度伊那市下水度事業会計第3回補正予算について」御説明申し上げます。

 今回の補正は、事業の執行状況がほぼまとまってきましたので、決算に近づけるためにお願いするものでございます。

 第2条は収益的収入及び支出でございますが、収入は下水道使用料の減、他会計補助金の増などで5,950万円を増額し、総額を22億2,650万円とし、支出は営業費用、営業外費用ともに減で6,750万円を減額し、総額を25億6,020万円とするものでございます。なお、これにより本年度、消費税及び地方消費税を除いた損益の決算見込みは3億846万円の純損失と見込んでおります。第3条は資本的収入及び支出でございますが、収入は受益者負担金の減や補助金の増などで120万円を減額し、総額を18億7,410万円とし、支出は建設改良で300万円を増額し、総額を25億4,920万円とするものでございます。収支不足額に対する補てん財源につきましては、記載のとおり改めるものでございます。

 おめくりをいただきまして、338ページをお願いいたします。

 第4条は企業債限度額の変更をお願いするもので、第5条は職員の異動等により職員給与費が減額となるため、議会の議決を経なければ流用することのできない経費の金額を改めるもので、第6条は一般会計から下水道事業会計への補助金額について改めるものでございます。

 以上、議案第22号から24号まで説明をさせていただきました。よろしく御審議をいただきますよう、お願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) 御子柴産業振興部長。

     (産業振興部長 御子柴泰人君登壇)



◎産業振興部長(御子柴泰人君) それでは、補正予算書の361ページをお願いいたします。

 議案第25号「平成22年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について」御説明申し上げます。

 南アルプス林道バスでございますが、平成22年度は4月25日から歌宿までの運行を開始し、6月15日には北沢峠までの運行を開始、以後11月7日まで運行を行いました。期間中の旅客数は4万5,262人で、当初の見込みよりも3,762人上回ることができました。

 今回の補正でありますが、営業収益の確定及び事業費の確定見込みなどにより、決算に近づけるためお願いするものであります。

 第2条では、収益的収入を380万円追加し6,070万円に、支出を90万円追加し5,780万円とするものであります。第3条では、職員給与費の流用の制限額3,897万3,000円を3,935万6,000円に改めるものであります。

 支出について説明いたしますので、366ページをお願いいたします。

 1款1項1目運転費でありますが、人件費の確定によるもの、8目一般管理費はパンフレットの印刷による増額、また手数料の減額などであります。9目資産減耗費はバス自動車販売機の除却によるもの、2項1目支払利息及び企業債取り扱い諸費は、一時借入金利息の不用による減額であります。

 おめくりいただきまして、5目消費税及び地方消費税は支払い消費税の増額であります。

 364ページへお戻りください。

 収入でございますが、1款1項1目運用収益は、旅客数が見込みを上回ったことによる旅客運賃手荷物料金の収入の増額であります。2項1目受取利息及び配当金は利子確定に伴う増額、4目雑収益は燃料代の一般会計使用分の増額であります。

 以上、平成22年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について御説明いたしました。よろしく御審議を賜りますよう、お願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

 18番、柳川広美議員。



◆18番(柳川広美君) 一般会計の第6回補正予算、103ページの下水道事業の繰出基準の見直しで繰出金額が増額になっておりますが、どのように基準を見直したのでしょうか。



○議長(伊藤泰雄君) 原水道部長。



◎水道部長(原秀夫君) 下水道、合同と分流と分かれているわけなんですけれども、その今までの算入の仕方が分流式のほうに有利に今度基準が変わったということで、その分、繰出基準が増になったということでございます。



○議長(伊藤泰雄君) ほかにありませんか。

     (「なし」と言う者あり)

 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第14号から議案第25号までの12案は、付託表のとおり所管の委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第26号 平成23年度伊那市一般会計予算について



△議案第27号 平成23年度伊那市国民健康保険特別会計予算について



△議案第28号 平成23年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計予算について



△議案第29号 平成23年度伊那市後期高齢者医療特別会計予算について



△議案第30号 平成23年度伊那市介護保険特別会計予算について



△議案第31号 平成23年度伊那市介護サービス事業特別会計予算について



△議案第32号 平成23年度伊那市営駐車場特別会計予算について



△議案第33号 平成23年度伊那市簡易水道事業特別会計予算について



△議案第34号 平成23年度伊那市水道事業会計予算について



△議案第35号 平成23年度伊那市下水道事業会計予算について



△議案第36号 平成23年度伊那市自動車運送事業会計予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第13、議案第26号「平成23年度伊那市一般会計予算について」から議案第36号「平成23年度伊那市自動車運送事業会計予算について」までの11案を一括議題といたします。理事者から提案理由の説明を求めます。

 林総務部長。

     (総務部長 林 俊宏君登壇)



◎総務部長(林俊宏君) それでは、議案第26号「平成23年度伊那市一般会計予算について」御説明をいたしますので、平成23年度予算書、一般会計の1ページをお願いいたします。

 平成23年度伊那市一般会計予算であります。

 第1条は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ292億3,700万円とするものであります。この予算は、財政健全化を基本に、景気と雇用に配慮しながら、子供たちがずっと暮らせる地域、お年寄りを尊敬し、家族と一緒に暮らし続ける地域づくりを目指した予算編成としたものであります。

 予算の規模でございますけれども、前年度の6月補正予算と比べますと1.8%、5億2,600万円の減となっております。

 第2条は継続費、第3条は債務負担行為、第4条は地方債でありますけれども、この3件につきましては後ほど御説明をさせていただきます。第5条は、一時借入金で借り入れの最高額を40億円とするものです。第6条は、歳出予算の流用について、人件費の同一管内での各項の款の流用をすることができる旨を規定したものであります。

 それでは、継続費、債務負担行為、地方債について御説明いたしますので、6ページをお開きいただきたいと思います。

 6ページ、第2表、継続費でありますけれども、消防費の防災行政無線デジタル化整備事業に係りますものでございまして、総額は6億4,910万円、期間は平成23年度から24年度の2カ年事業でございます。

 7ページ、第3表、債務負担行為でありますけれども、最初は伊那市土地開発公社の事業資金の借り入れに対する債務保証で、事業資金34億円の借り入れに対するものでございます。二つ目は、景観計画策定に係ります調査・検討業務委託料で、期間は平成24年度までで、限度額は500万円であります。

 以下、伊那市、高遠町老人福祉センターほか3施設の管理運営委託料から、おめくりをいただき、8ページの花の丘マレットゴルフ場の管理運営委託料までは、指定管理者が管理する施設の管理委託料に係るもの、期間はいずれも平成24年度から25年度までの2カ年間であります。限度額は、契約内容により金額の明らかなものについては金額で、それ以外は管理運営に要する経常経費から経常収益を控除した額とさせていただいたものであります。

 9ページをお願いいたします。

 第4表、地方債でありますけれども、はじめの農業基盤整備事業債は用排水路、ため池、農道改良工事等に係る事業に対するもの、次の消防施設整備事業債は、消防車両の整備や防災行政無線デジタル化等に対するもの、合併特例事業債は道路整備事業、消防施設整備事業、小・中学校耐震整備事業などに充てるものであります。次の過疎対策事業債は、定住対策等のソフト事業のほか、南アルプス林道整備、観光施設改修、道路整備事業などに対するものであります。次の臨時財政対策債は、地方交付税の原資となる国税収入の不足等による財源不足に対するものでございます。最後の借換債でありますけれども、これは平成12年度発行の地域総合整備事業債の借りかえに充てるものでございます。

 なお、市債の総額でありますけれども、市債の総額は21億5,830万円の発行を見込んだものでございます。

 それでは、当初予算につきましては歳入から御説明いたしますので、お願いをしたいわけですが、ここでは一般財源を中心に御説明をさせていただきますので御理解をいただきたいと思います。

 それでは、20ページ、21ページをお開きいただきたいと思います。

 20ページ、1款1項1目個人市民税は、0.2%増としたものでございますが、おおむね前年度並みとしてあります。2目法人市民税につきましては、企業収益の持ち直し等を見込み、前年度当初比1億5,010万円、32.2%の増額を見込んだものであります。2項1目固定資産税につきましては、土地評価額の下落などにより前年度比1.9%の減額としております。3項の軽自動車税は前年度とほぼ同額を見込んだもの、4項市たばこ税につきましては、増税等の影響で消費量が減少し、前年度当初比7.4%の減額を見込んでおります。9項都市計画税につきましては、おおむね前年度並みでございます。10項入湯税は、温泉施設の利用者の実績などから前年度当初比12.2%の減とさせていただいております。

 2款地方譲与税から、おめくりいただき22、23ページの8款自動車取得税交付金までは、国の地方財政計画、消費動向、また平成22年度の収入実績などから見込んだものでございますので、よろしくお願いいたします。

 22ページ下段の11款地方特例交付金は、子供手当に係ります地方負担を軽減するものと、自動車取得税交付金減収分を補てんする特例交付金を見込んだものでございます。

 おめくりいただき、24ページ、12款地方交付税でありますけれども、地方交付税につきましては前年度当初予算に比べまして8.6%の増を見込んでおります。これは、平成22年度の交付実績、また基準財政需要額の試算などから推計をしたものであります。

 13款交通安全対策特別交付金は、前年度当初に比べ8.3%の減としております。

 14款以降は特定の事業に係ります財源となる歳入でございますので、14款以降、17款県支出金まではごらんいただきたいと思いますので、恐れ入りますが8枚おめくりいただいて、40ページ、41ページまでお願いいたします。

 40ページの下段、18款2項財産売り払い収入は、遊休不動産及び不要となった物品の売り払いを行う予定のものでございます。

 19款寄附金の3目民生費寄附金は特支寄附金で、8目土木費寄附金は砂利採取に係ります過疎地域振興寄附金であります。

 20款繰入金の1項特別会計繰入金は、市営駐車場特別会計からの繰入金を予定したものであります。2項基金繰入金の5目過疎地域振興基金繰入金は、長谷地域の事業の財源に充てるためのものであります。14目ふるさと応援基金繰入金は、ふるさと納税の指定事業の財源に充てるためのものであります。

 おめくりをいただき、42ページ、21款繰越金は、前年度当初予算と同額の5億5,000万円を見込んだものであります。

 22款諸収入、3項1目貸付金元利収入は、前年度に比べ0.9%の減でありますけれども、これは中小企業融資預託金回収金が主なものであります。4項10目教育費受託事業収入は、図書館システムの受託事業収入でございます。5項1目雑入は、前年度当初比20.4%の増となっておりますけれども、雑入の主なもの、2節の総務費雑入でありますけれども、総務費雑入の主なものは、派遣職員の退職手当引当金などであります。

 おめくりをいただき、45ページの3節民生費雑入では、高齢者介護の関係で指定管理者からのもの等を見込んだもの、4節衛生費雑入におきましては、新ごみ中間処理施設用地選定事業の広域連合負担金、また美篶団地汚水浄化施設整備基金の廃止によるものなどが主なものであります。6節の農林水産業費雑入は、森林総合研究所緑資源機構支出金などを充てたもので、7節の商工費雑入は、伊那市観光株式会社からの雑入を中心に計上してございます。

 おめくりをいただき、47ページ、8節土木費雑入は、公営住宅の入居敷金が主なもので、9節の消防費雑入は、消防団員退職報償金の基金からの収入など、10節教育費雑入は、学童クラブ家庭負担金が主なものであります。次の23節市債につきましては、先ほど御説明をいたしたものでありますが、前年度当初比9.8%の減となっております。

 歳入については以上であります。

 次に、歳出でありますけれども、この場では平成23年度の主な事業についてのみ御説明をさせていただきたいと思いますので、恐れ入りますが、本日お手元にお配りをしてあります資料ナンバー2、平成23年度当初予算主要事業の一覧表をごらんいただきたいと思います。その関係資料で説明をさせていただきます。

 資料ナンバー2、平成23年度当初予算主要事業一覧表の1ページをお願いいたします。なお、新規事業には星印を、充実事業には二重丸、継続事業には丸印をさせていただいております。

 それでは、1ページからお願いいたします。

 まず、議会費はごらんいただきたいと思います。

 次の総務費でありますけれども、LED防犯灯の設置推進を図ることとして、補助要項を改正するとともに、市設置の防犯灯も年次的にLED化していく計画としております。

 また、下から2番目でありますけれども、交通対策で地域公共交通協議会の試行運行について、北循環タクシーを新設するほか、市内15路線で運行を行うこととしたものであります。

 右の2ページでありますけれども、定住対策として若者定住促進事業については、高遠町区域の住宅新築に補助を行うなど充実を図るとともに、空き家バンクの運営、長谷地区を中心とした健康や観光の振興を目的とするハッピーバレー構想について研究を進める事業についても取り組んでまいるものであります。

 また、一つ飛んでいただいて、消費者行政の活性化事業といたしまして、4月より新たに市単独の消費生活センターを設置し、相談員を引き続き配置するなどして活動の充実を図ることとしております。

 おめくりをいただきまして、3ページ、4ページが民生費関係であります。

 3ページの2番目でありますけれども、国県の補助を得て介護予防拠点施設等を設置するもので、宅養老所1カ所、介護予防拠点施設整備20カ所、小規模多機能居宅介護施設など認知症高齢者グループホームを各1カ所設置する計画としたものであります。

 二つ飛んでいただいて、高齢者の知恵袋事業といたしまして、新たに高齢者のすぐれた知恵や技術を伝承していく仕組みを構築していきたいと考えたものであります。

 一つ飛んでいただき、高齢者福祉券は従来の入浴のみのほか、バスタクシーの利用も可能とし、介護者も使用できるようにするなど利便性の向上を図ってまいります。

 また、昨年から始めました南アルプス体験事業につきましても継続して実施する予定であります。

 その下の子供医療費でありますけれども、新たに小学6年生までの外来医療費を本年8月より無料化してまいりたいというもの、また児童遊園地の遊具改修工事を行い、子供たちが安心して遊べる環境を提供してまいる予定であります。

 右の4ページにおきましては、15歳未満のすべての子供に子供手当を支給する国の制度に基づく経費を計上したもの。

 下から3番目の保小連携事業につきましては、保育士を小学校に派遣する事業に取り組んでいく予定としております。

 おめくりをいただいて、5ページ、6ページでありますが、衛生費関係であります。

 ここでは、2番目のワクチン接種無償化は本年度途中から実施しておりますが、子宮頚がん、インフルエンザ菌b型、小児用肺炎球菌の各ワクチンの無料接種を実施いたします。

 一つ飛んで、母子保健対策として上伊那地域医療再生事業で、助産所の機器購入に対して補助をしてまいります。

 その三つ下、地球温暖化対策では新たに地球温暖化対策協議会を設置して、温暖化対策の実行計画を策定するほか、太陽光発電施設を設置する補助も引き続き実施することとしております。

 また、合併処理浄化槽設置補助の下水道整備区域の見直しに伴い充実を図るとともに、浄化槽の維持管理費用の軽減措置も講じたところであります。

 右の6ページ、みすず団地汚水浄化施設は、公共下水道への接続に伴い、既存施設解体の設計を行うとともに、公共下水道受益者負担金相当分を下水道事業会計に補助してまいります。

 生ごみの減量化と資源化を促進するため、生ごみ処理機の購入補助や生ごみ減量化等モデル地区事業を引き続き実施し、衣類の回収やその他の紙の回収などにも取り組んでまいります。

 また、新たにごみ処理施設整備基金を設置し、今後の費用の増大に備える計画としたものであります。

 おめくりいただき、7ページが農林水産業費であります。

 有害鳥獣対策でありますけれども、各地区の行う防護さく設置等に対し引き続き補助するとともに、特に有害鳥獣捕獲のためのわなの購入費や狩猟免許の取得、更新補助の増額、有害鳥獣の捕獲目標頭数や単価等を増額するなどして被害の防止を図るよう考えております。

 また、一番下でありますけれども、林道南アルプス線の改良につきましては、県単事業と市単事業を組み合わせて事業量をふやしたものであります。

 右の8ページからは商工費であります。

 商工費につきましては、中心市街地の活性化につきましては、県補助事業として地域住民が取り組む中心市街地再生支援事業に補助をするとともに、あわせて活性化のための取り組み支援を行ってまいります。

 中ほどの観光関係では、ローズガーデンの駐車場整備、分杭峠のトイレの増設、高遠バイパスへのサインの設置などを実施してまいる予定であります。

 おめくりをいただき、9ページ、同じく観光費でありますけれども、山麓一の麺街道事業につきましては、イベント実施については一区切りといたしまして、継続的な活動ができるよう支援してまいりたいというもの、また、西駒山荘と塩見小屋については建てかえに係る調査と概略設計を行うほか、長衛荘の二段ベッド化を実施する予定であります。

 右の10ページは土木費であります。

 10ページの2番目ですが、伊那木曽連絡道路開通5周年記念事業を実施するための費用を計上してあります。

 一つ飛んでいただいて、高遠町弁財天橋の補修維持を実施できるよう経費を計上したもの、また、三つ下の長谷黒河内線鷹岩橋の路線測量、概略設計や、道路防災事業として新たに高遠金井河原線ののり面工事を実施してまいります。

 さらに、景観行政団体への移行を目指す景観基礎調査を行うための費用や、都市計画道路の見直しに伴う道路及び用途地域の変更費用も計上させていただいております。

 おめくりをいただき、11ページ、同じく土木費の続きでございますが、2番目の住宅リフォーム等支援でありますが、これは下水道接続の普及促進や住環境の向上を目的とし、あわせて地域経済の活性化を図る補助制度を新設したものであります。

 その下が消防費でありますけれども、一つ目は伊那消防署で救助工作車等の整備を行う予定にしているほか、防災行政無線同報系のデジタル化整備のための経費を計上させていただきました。

 12ページからは教育費であります。

 1番目は、小・中学校の暑さ対策として扇風機の配置や、保健室にエアコン設置を行うこととしたもの、二つ飛んでいただいて、国際交流出前講座の実施、いじめ・不登校対策のためのカウンセリングマインド研修も予定したものであります。

 次の学力向上対策では、新たに小学校4年生の算数の学力検査を実施するとともに、小学校6年生と中学校3年生で行われます全国学力学習状況調査を全校で行う費用を計上しております。

 耐震整備といたしましては、小学校8校、中学校1校の耐震診断を実施するほか、高遠小学校トイレ改修の実施設計を行うこととしております。小・中学校の耐震整備では、このほかに継続費事業や繰り越し事業などによりまして、伊那小学校、美篶小学校、長谷小学校、東部中学校で耐震整備工事が進められる予定であります。

 また、中学校にキャリア教育コーディネーターを1名配置する予定としております。

 おめくりをいただいて、13ページの一番上でありますけれども、高遠高等学校の通学支援のための負担金を増額させていただいております。

 一つ飛んでいただいて、生涯学習関係でありますけれども、市民会館の閉館に伴い、県伊那文化会館使用料補助を充実させることとしたほか、24年度開催予定でありますオペラ「春香」への補助も行っていくこととしております。

 下から2番目でありますけれども、新たに高遠北小学校に学童クラブを設置する経費も計上してあります。

 右の14ページの2番目でありますけれども、24年度に開催する第5回信州伊那高遠の四季展準備のための経費も計上いたしました。

 また、創造館におきましては、宇宙や科学への興味を引き出すために、新たに宇宙の学校の創設や、宇宙に関するシンポジウムの開催など特徴的な事業を展開するための経費を計上したものであります。

 中ほどのスポーツ関係でありますけれども、春の高校伊那駅伝での自動計測器の導入経費や、ますみヶ丘クロスカントリーコースの整備、あわせて健康づくりの拠点施設を鳩吹公園内に整備して、コース等施設の一体利用により利便性を高めるよう計画してございます。

 以上、主な事業のみでありますけれども、一般会計の歳出について御説明をいたしました。

 以上でございます。よろしく御審議いただきますよう、お願いをいたします。



○議長(伊藤泰雄君) 伊藤保健福祉部長。

     (保健福祉部長 伊藤 健君登壇)



◎保健福祉部長(伊藤健君) それでは、保健福祉部に係ります特別会計の23年度予算について御説明申し上げますので、ピンク色の予算書をごらんいただきたいと思います。それとあわせまして、23年度版主要事業の概要を御用意いただければと思います。

 まず、予算書の3ページからお願いしたいと思います。

 議案第27号「平成23年度伊那市国民健康保険特別会計」からでございます。

 第1条は、歳入歳出の予算の総額を、歳入歳出それぞれ63億140万円に定めるものでございます。

 第2条では、借入額の最高額を7億円と定めるものでございます。

 国民健康保険の加入状況、予算上で新年度の見込みでございますが、一般被保険者が1万6,600人、前年度より640人が予算ベースで減、退職被保険者等につきましては1,600人見込みでございまして、前年度より約10%、140人増というふうに見込んでございます。

 それでは、予算の内容について御説明申し上げますので、歳出からでございますが、先ほど申し上げました別冊の主要事業の概要の80ページをごらんいただきたいと思います。

 80ページから81ページの2段目までにつきましては、総務費でございまして、人件費や県の国保連合会等への負担金でございます。

 81ページの3段目から84ページまでにつきましては、一般被保険者療養給付費とそれぞれの保険給付費になります。継続事業費でございますので、ごらんいただきまして、85ページの上段までお進みいただきたいと思います。

 3款の後期高齢者支援金等でございますが、後期高齢者医療保険の医療費の40%相当分を、また2段目は運営に必要な事務費を社会保険診療報酬支払基金に支出するものでございます。3段目、4段目の4款前期高齢者納付金等は、65歳から74歳までの高齢者に係ります費用の一定部分を全保険者が案分して負担するための納付金及び事務費を社会保険診療報酬支払基金に支払うものでございます。

 おめくりいただきまして、86ページ、5款老人保健拠出金は、老人保健の清算に係るもので、老人保健特別会計はなくなるわけでございますが、精算分として見込むものでございます。

 6款介護納付金から87ページまでは継続事業でございます。ごらんいただきまして、88ページをお願いいたします。

 88ページの1段目、8款2項の特定健康診査等事業費になりますが、これは昨年も説明いたしましたが、40歳から74歳までの被保険者に対して、いわゆるメタボリックシンドロームに着目した特定健診、特定保健指導の実施が平成20年から各保険者に義務化をされまして、この事業に要する事業費を計上してございます。実績をあげるべく対応してまいりたいと思っております。2段目の10款公債費以降は継続事業費でございますので、ごらんいただきたいと思います。

 恐れ入りますが、予算書の12ページにお戻りいただきたいと思います。

 歳入でございます。

 1款は国民健康保険税、2款使用料及び手数料は国保税の督促手数料、3款国庫支出金は、おめくりいただいた14ページの中ほどまででございまして、内容につきましては説明欄のようなものでございます。4款県支出金も同様であります。5款療養給付費交付金は、それぞれのルール分を見込んだものでございます。

 おめくりいただきまして、16ページをごらんいただきたいと思います。

 6款共同事業交付金は、都道府県単位で医療費用負担を調整する保険財政共同安定化事業に係る交付金及び高額な医療費に対する交付金でございます。7款前期高齢者納付金は、65歳から74歳までの被保険者に係る費用に対する交付金、9款繰入金は、一般会計からのルール分と国保基金からの取り崩しをお願いするもので、11款諸収入は、滞納保険税に対する延滞金、出産費資金貸付金返還金、第三者納付金等が主なものでございます。

 以上でございます。

 続きまして、59ページへお願いいたします。

 議案第28号「平成23年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計予算について」御説明を申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億9,210万円とするものでございます。予算の総額は、ほぼ昨年並みでございます。

 それでは、歳出の事業について御説明申し上げますので、主要事業の概要の90ページをお開きいただきたいと思います。

 1段目は、1款総務費をお示ししてございます。それぞれの診療所等の医師、看護師、事務職員等の人件費と、施設運営に係る光熱水費や消耗品費等の需用費が主なものでございます。2段目は医業費で、医療に必要な医薬材料の購入を行うもの、3款施設整備費は、診療所の施設修繕をお示ししてございます。または、備品購入を行うものでございます。

 91ページ、4款は公債費と診療所の予備費、おめくりいただきまして、92ページにつきましては、鍼灸治療所の運営管理と、予防費は地域医療振興事業で美和診療所健康講座等の事業を計画するものでございます。

 歳入について御説明申し上げますので、予算書の68ページをお願いしたいと思います。

 1款は診療収入で、国保、社保等の診療報酬一部負担金等、2款の使用料及び手数料は、診断書等の文書作成収入や鍼灸治療所の使用料、3款の繰入金は、国保特別会計と一般会計からのルール等に基づく繰入金でございます。4款は薬剤の容器代と、診療所と地域住民の連携推進事業に対する財団法人地域社会振興財団からの交付金を見込んだものであります。6款のサービス収入は、居宅療養管理指導収入、これを見込んだものでございます。

 国民健康保険直営診療所の特別会計につきましては以上でございます。

 続きまして、議案第29号「平成23年度伊那市後期高齢者医療特別会計予算について」御説明申し上げますので、93ページまでお進みいただきたいと思います。

 第1条の歳入歳出予算は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6億8,520万円とするものでございます。この制度は、長野県後期高齢者医療広域連合が実施主体でありまして、この会計は徴収した保険料の広域連合への支払いのほか、保険料の徴収に関する事務及び各種申請の受理等の窓口業務については市町村事務でありますので、それに対する予算でございまして、前年度対比では1.6%増を見込んでございます。

 歳出については、主要事業の概要で説明申し上げますので、主要事業の概要、先ほどの続き93ページからお願いいたします。

 1段目、2段目は総務費でございまして、一般管理費と徴収に係ります費用を見込んでございます。3段目は、広域連合への納付金でありますが、新年度では1万929人分の保険料と保険基盤安定負担金を見込んでございます。下段につきましては、保険料の還付金を見込んであります。

 続きまして、歳入について説明申し上げますので、予算書の102ページをごらんいただきたいと思います。

 1款は後期高齢者医療保険料で、伊那市に住所を有します被保険者に係ります保険料でございます。2款は手数料で、督促に係るもの、4款の繰入金につきましては一般会計からの繰り入れで、事務費及び保険基盤安定繰入金で低所得者に係ります保険料の減額分、6款の諸収入につきましては保険料還付金を見込んだものでございます。

 後期高齢者医療特別会計予算については以上でございます。

 次に、議案第30号「平成23年度伊那市介護保険特別会計予算について」説明いたしますので、同じく予算書の115ページまでお進みいただきたいと思います。

 第1条歳入歳出予算で、歳入歳出の総額を歳入歳出それぞれ51億8,910万円とするものでございます。前年度比較では10.4%増を見込んでおりまして、給付費がふえているという状況でございます。

 第2条では一時借入金の最高限度額を1億円と定めるもの、第3条では歳出予算の流用について定めるものでございます。

 23年度は介護保険制度が始まってから4期目の最終年度でありまして、第5期の事業計画策定の年でもあるわけでございます。介護認定者を3,100人と見込んで予算計上してございます。

 それでは、歳出から申し上げますので、先ほどの主要事業の概要94ページからお願いしたいと思います。

 このページにつきましては総務費をお願いしてありまして、職員の人件費、情報センター負担金、賦課徴収・認定調査等の経費をお願いしてございます。

 95ページは広域連合に設置してあります介護認定審査会に係ります経費と、下段では種々普及費として広報パンフレット作成配布、第5期老人福祉計画、介護保険事業計画印刷費用をお願いしたものでございます。

 おめくりいただきまして、96ページをお願いいたします。

 このページから100ページの1段目につきましては保険給付費関係でありまして、在宅・施設での介護サービスや介護予防サービス、高額介護サービス等の給付について計上いたしましたもので、継続事業でございますが、対前年度予算では、96ページの介護居宅サービス等給付費で2億7,170万円、12.1%の増、97ページの施設介護サービス給付費は1億6,990万円、9.1%の増を見込むものでございます。

 100ページをごらんいただきたいと思います。

 100ページ2段目から102ページの上段までは継続して実施しております各種の地域支援事業を計上してありますが、今まで介護予防一般高齢者施策と言っていました事業が、今度一次予防事業になりました。それから、介護予防特定高齢者把握事業というのが二次予防事業対象把握事業に、介護予防特定高齢者施策事業が二次予防事業にそれぞれ変更されて記載してございます。最初の一次予防事業では、(1)の脳いきいき教室、地域社協等と取り組む脳いきいき出前講座の充実を図るとともに、認知症予防教室等の取り組みを行ってまいります。

 また、101ページの下段で成年後見制度利用支援事業では、新たに上伊那成年後見センターを立ち上げまして、権利擁護業務への取り組みを充実してまいりたいというものでございます。

 おめくりいただきました102ページ、下段は公債費、103ページには第1号被保険者保険料の還付と予備費を計上してございますので、ごらんいただきたいと思います。

 歳出は以上でございます。

 続きまして、予算書の124ページをお願いしたいと思います。

 歳入でございますが、1款は保険料で、65歳以上の第1号被保険者に納めていただくものでございます。3款使用料及び手数料は、保険料の督促手数料、4款国庫支出金は、給付費のルール分と調整交付金であります。5款の支払い基金交付金は、第2号被保険者の保険料が社会保険診療報酬支払基金から交付されるもの、6款の県支出金は、給付費のルール分と地域支援介護予防事業の交付金でございます。

 おめくりいただきまして、126ページ、9款の繰入金につきましては、一般会計からのルール分と職員給与費等の事務費と介護従事者処遇改善臨時特例基金からの繰り入れでございます。12款諸収入につきましては、サービス利用に伴う個人負担分でございます。

 以上が介護保険特別会計でございます。

 続きまして、議案第31号「平成23年度伊那市介護サービス事業特別会計予算について」御説明申し上げますので、163ページまでお進みいただきたいと思います。

 第1条歳入歳出予算で、歳入歳出予算の総額をそれぞれ4,400万円と定めるものでございます。昨年度と比較しまして22.9%の減となっていますが、起債償還の減に伴うものが主な理由でございます。第2条では、一時借入金の限度額を1,000万円とし、第3条の歳出予算の流用は、人件費について同一管内での流用をお願いするものでございます。

 それでは、歳出について御説明申し上げます、主要事業の概要の104ページをお開きいただきたいと思います。

 2款サービス事業費は、指定居宅介護支援、介護予防支援の事業に係ります人件費と運営費、となりの105ページは公債費と予備費をお願いしてございます。

 歳出は以上でございます。

 歳入については、予算書の172ページにお戻りいただきたいと思います。

 1款のサービス収入でございますが、居宅介護サービス計画費及び居宅支援サービス計画費でありまして、8款の繰入金につきましては一般会計からの繰入金で、人件費と起債の元利償還金分でございます。

 保健福祉部に関します特別会計につきましての説明は以上でございます。よろしく御審議いただきますよう、お願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) 守屋建設部長。

     (建設部長 守屋和俊君登壇)



◎建設部長(守屋和俊君) 続きまして、議案第32号「平成23年度伊那市営駐車場事業特別会計について」御説明いたします。

 特別会計の予算書189ページをお願いいたします。

 この会計につきましては、再開発ビル、通り町、伊那市駅前、ほか7駐車場の管理運営を行うための会計であります。なお、平成23年度からは、すべて7駐車場が指定管理者による管理運営を行うということになっております。

 第1条1項で歳入歳出総額3,470万円と定めるものでございます。予算規模では、昨年度に比べまして17.2%の減でございます。

 内容につきましては、事項別明細書で御説明いたしますので、200ページ、201ページをお願いいたします。

 まず、歳出から御説明を申し上げます。

 1款1項1目の一般管理費でございますが、駐車場の維持管理に要するものでございまして、指定管理者負担に属さない費用をまかなっております。主な内容につきましては、14節使用料及び賃借料では、通り町駐車場の自動管制装置のリース料及び取りかえを予定しております山寺駐車場の精算機のリース料をもってございます。15節工事費につきましては、山寺駐車場の外周壁の改修工事費でございます。28節繰出金につきましては、再開発ビル駐車場の当初整備に係る起債償還相当額分を駐車場の負担分として一般会計に繰り出すものでございます。

 おめくりいただきまして、202、203ページをお願いいたします。

 2款1項1目の予備費は昨年度と同額を計上させていただきました。

 続きまして、歳入について御説明いたします。198、199ページにお戻りいただきたいと思います。

 4款1項1目の一般会計繰入金につきましては、再開発ビル駐車場の当初整備に係ります起債償還相当分を一般会計へ繰り出すことによる不足額を一般会計から繰り入れるものでございます。5款1項1目の雑入につきましては、管理運営を行います指定管理者から市への納付金でございます。

 以上でございます。よろしく御審議賜りますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) 原水道部長。

     (水道部長 原 秀夫君登壇)



◎水道部長(原秀夫君) 議案第33号「平成23年度伊那市簡易水道事業特別会計予算について」御説明いたしますので、ピンク色の予算書の207ページをお願いいたします。

 平成23年度伊那市簡易水道事業特別会計予算でございますが、この会計は旧伊那市区域の富県新山地区や高遠町区域の上水道以外の区域及び長谷区域の簡易水道エリアへ水道水を供給している事業でございます。

 第1条は、歳入歳出予算を2億20万円と定めるもので、配水池造成工事実施設計や施設維持補修工事の増などにより、前年度対比2,700万円、15.6%の増となるものでございます。第2条は債務負担行為、第3条は地方債について定めるものでありますが、内容について御説明いたしますので、210ページをお願いいたします。

 第2表債務負担行為でありますが、窓口業務等委託は上下水道事業も合わせて料金徴収や検針業務等の窓口業務などを平成28年度まで委託するものでございます。

 211ページの第3表地方債でありますが、配水池増設工事や施設の維持補修工事に対するものであります。

 それでは、歳入から御説明をいたしますので、218ページ、219ページをお願いいたします。

 1款1項使用料の水道料金でございますが、22年度の簡易水道事業においては水需要が低迷していますので、こうした実績や状況を基に前年度当初予算対比23万7,000円、0.3%の減を見込んでおります。2款繰入金は一般会計の繰入金で、一般会計から補てんしていただくものでございます。3款諸収入は新規加入金等でございまして、5款市債では起債対象工事の増によりまして、前年度当初予算に比べまして大幅な増となっております。

 次に、歳出でございますが、別冊の主要事業の概要の107ページをお願いいたします。

 1款1項1目一般管理費については、職員の人件費や検針及び料金徴収に係る費用が主なもので、水道事業、下水道事業ともに窓口業務の民間委託にかかわる経費を計上させていただいております。1款2項1目維持管理費でございますが、安全かつ安定供給を図るために施設の維持管理に関する費用で、柏木配水池を増設するための実施設計業務委託や水質検査の充実等を計画しております。3款1項1目及び次のページの2目につきましては、簡易水道事業特別会計に係る起債償還金の元金及び利子などでございます。

 以上、平成23年度伊那市簡易水道事業特別会計予算について御説明申し上げました。

 続きまして、議案第34号「平成23年度伊那市水道事業会計予算について」説明をいたしますので、予算書の239ページをお願いいたします。

 平成23年度伊那市水道事業会計予算でございますが、第2条の業務の予定量はごらんいただき、第3条収益的収入及び支出でございますが、収入では1款水道事業収益を前年度比1.4%減の15億1,800万円とするものでございまして、支出では1款水道事業費用を前年度比0.8%減の15億200万円とするものでございます。これにより、消費税及び地方消費税を除いた23年度の最終損益の見込みは、2,090万6,000円の純利益となる見込みでございます。第4条は資本的収入及び支出でございますが、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額を4条の本文のとおり補てんするものでございます。

 収入では、1款資本的収入を合併特例交付金の活用や、下水道整備及び道路河川改修に伴う負担金の増等により、前年度比14.3%増の2億800万円とするものでございます。

 240ページをお願いいたします。

 支出では、1款資本的支出を建設改良費及び企業債償還金の増により、前年度比13.4%増の7億7,550万円とするものでございます。

 第5条は債務負担行為でございますが、窓口業務等を委託するために期間や限度額を定めるものでございます。第6条は企業債でございますが、上水道事業の建設改良に対するものであります。第7条は議会の議決を経なければ流用することのできない経費について定めるもので、第8条は一般会計からの補助金額について定めるもので、第9条はたな卸し資産の購入限度額を定めるものでございます。

 おめくりをいただきまして、242、243ページをお願いいたします。

 平成23年度伊那市水道事業会計予算実施計画でございますが、最初に収益的収入及び支出のうち収入でありますが、1款1項1目水道料金ですけれども、使用水量の低迷傾向が続いており、23年度も同様の傾向を見込んでおります。3目1節材料売却収益は、簡易水道等への水道メーターほかの売却収益で、2節手数料は、検査や開栓等の手数料、4節他会計負担金は、消火栓の維持管理に関する一般会計からの負担金、下水道事業会計からの事務負担金でございます。2項2目1節一般会計補助金は、下水道整備に合わせて整備した水道の先行投資分等に対する一般会計からの補助金でございます。

 雑収益と過年度損益修正益はごらんいただき、おめくりをいただきまして、260、261ページまでお願いいたします。

 資本的収入及び支出のうちの収入でございますが、1款1項1目企業債ですけれども、水道事業の建設改良に伴う企業債であります。4項1目負担金は、消火栓新設に関する一般会計からの負担金や、下水道管渠布設や道路河川改修に伴う配水管布設がえに対する工事補償等でございます。2目加入金は、水道新設の加入金で、7項1目県支出金は、地図情報システム導入事業に対する県からの交付金でございます。

 次に、支出につきましては、主要事業の概要で御説明させていただきますので、主要事業の概要の109ページをお願いいたします。

 1款1項1目原水及び浄水費は、水源浄水施設の維持管理に係る費用で、水質検査の充実と受水費が主なものでございます。2目排水及び給水費は、送排水施設の維持管理、漏水調査等に対する費用で、4目業務費は、水道料金の徴収事務に係る経費で、本年10月から予定しております窓口等業務の民間委託に係る経費も計上させていただいております。

 おめくりをいただきまして、110ページをお願いいたします。

 5目総係費は、水道事業全般に係る経費でございます。その下の6目減価償却費以降はごらんをいただきまして、113ページをお願いいたします。

 資本的支出でございますが、1款1項3目構築物は、下水道管渠布設及び道路河川改良に伴う配水管の布設がえや老朽管の更新などが主なものとなっています。4目機械及び装置は、流量計や滅菌器設備等の更新工事、5目車両運搬具は、公用車1台の更新を行うものでございます。

 おめくりをいただきまして、114ページをお願いいたします。

 6目工具・器具及び備品は、22年度から事業を行っております地図情報システムの導入などでございます。7目事務費は、水道事業の建設改良に係る職員の人件費、8目調査費は、老朽化した北河原配水池の改修工法等を検討する事業費でございます。

 115ページをお願いいたします。

 2項1目企業債償還金は、水道事業の企業債に係る元金の償還でございます。その下の4項1目開発費は、基本計画の見直しに伴う変更認可を取得するための業務委託でございます。

 以上でございます。

 続きまして、議案第35号「平成23年度伊那市下水道事業会計予算について」御説明をいたしますので、予算書の281ページをお願いいたします。

 平成23年度伊那市下水道事業会計予算でございますが、第2条の業務の予定量はごらんいただきまして、第3条は収益的収入及び支出でございます。収入では、1款下水道事業収益を前年度比8.6%増の23億5,400万円とするものでございまして、支出では1款下水道事業費用を前年度比2.7%減の25億5,550万円とするものでございます。これにより、消費税及び地方消費税を除いた23年度の最終損益の見込みは2億2,954万4,000円の純損失となります。これは22年度決算見込みに対し7,891万6,000円の純損失の削減となります。第4条は資本的収入及び支出でございまして、資本的収入額が支出額に対し不足する額を4条本文記載のとおり補てんするものでございます。

 収入では、1款資本的収入を健全化計画に基づく建設改良事業の推進等により、前年度比8.9%増の20億4,300万円とするものでございます。

 おめくりをいただき、282ページをお願いいたします。

 支出では、1款資本的支出を収入と同様に健全化計画に基づく建設改良事業の推進等により、前年度比11.8%増の28億4,700万円とするものでございます。

 第5条は継続費でございますが、高遠浄化センター更新工事委託について、総額、年割り額をごらんのとおり定めるものでございます。第6条は債務負担行為でございますが、事項、期間、限度額についてごらんのとおり定めるものでございます。第7条は企業債でございますが、下水道事業の限度額や起債方法等を定めるものでございます。第8条、9条はごらんをいただきまして、283ページの第10条は他会計からの補助金でございますが、23年4月1日に公共下水道伊那処理区へ統合する美篶団地汚水浄化施設について、地元美原区との覚書に基づき、下水道受益者負担金に相当する額を美篶団地汚水浄化施設基金の一部を財源として一般会計から下水道事業会計へ補助として受ける予定としているものでございます。

 おめくりをいただきまして、286、287ページをお願いします。

 下水道事業会計予算実施計画でございますが、最初に収益的収入及び支出のうち収入です。

 1款1項1目下水道使用料は、公共下水道事業、農業集落排水事業等の使用料でございます。水道使用料の低迷による下水道使用料への影響や、水洗化の促進による使用料の増加、また使用料改定による増収を見込み、金額を計上いたしました。3目2節手数料は、排水設備検査等の手数料ほかで、4節他町村負担金は、広域水質管理負担金並びに広域移動脱水車に対する他町村からの負担金でございます。2項2目1節一般会計補助金は、一般会計からの繰り入れに係る補助金で、前年度比6.0%の増でございます。これは、国の下水道事業に対する繰り入れ基準が見直されたことが主な原因となります。3目雑収益は、下水道公社からの浄水管理センター使用料等でございます。

 おめくりをいただきまして、308、309ページをお願いいたします。

 資本的収入でございます。

 1款1項1目企業債ですが、下水道建設に伴う企業債と資本費平準化債でございます。4項1目受益者負担金は、公共下水道事業、特環下水道事業に係る受益者負担金で、3目分担金は、農業集落排水の新規加入者の加入金を見込むもの、5項1目国庫補助金は、下水道建設に係る国からの交付金などで、前年度比38.3%の増でございます。2目他会計補助金は、一般会計からの補助金でございます。補助対象となる企業債償還が一部終了しておりますが、美篶団地受益者負担金相当分を含めると、前年度比14.4%の増でございます。

 以上が収入でございます。

 次に、支出につきましては、主要事業の概要の116ページをお願いしたいと思います。

 1款1項1目管渠費は、農集、公共、特環の各マンホールポンプ等の管渠施設の維持管理に係る費用でございます。

 117ページの3目処理場費でございますが、農集処理場から特環処理場までの各処理場の維持管理に要する経費でございます。

 おめくりをいただきまして、118ページの5目業務費は、下水道使用料の収納事務に係る経費でございますが、水道事業等と同様に窓口等業務の民間委託に係る経費も計上させていただいております。

 119ページの6目総係費は、下水道事業全般に係る経費、また下水道設備の普及促進に係る経費でございます。なお、普及促進につきましては、下水道排水設備改造資金の融資制度の充実を図るとともに、下水道への接続指導や命令制度の適応に向けた準備も進め、水洗化率の向上を図ります。

 7目減価償却費以降はごらんをいただきまして、121ページをお願いいたします。

 資本的支出でございます。1款1項1目施設整備費は、農集、公共、特環の各建設事業に係る費用ですが、下水道事業経営健全化計画に基づき建設改良事業の実施をしてまいりますが、施設整備費全体で前年度比28.2%の増となっております。最初の農集排共通建設では、前年度に引き続き地図情報システムの導入を進めるとともに、処理場統合のための業務を委託する予定としております。その下の公共下水道建設は、伊那処理区の建設工事に係る予算で、御園、坂下、小沢方面の管渠整備を中心に行うものでございます。その下の公共関連特環下水道建設、美篶でございますが、上川手、下県を中心に管渠整備を行うもので、公共関連特環下水道建設、竜東北部でございますが、上牧、福島地区の管渠整備等を行うものでございます。

 おめくりをいただき、122ページをお願いいたします。

 特環下水道建設、大萱でございますが、吹上方面の管渠整備を中心に進めてまいります。その下の特環下水道建設、殿島でございますが、車屋、沢渡地区を中心に管渠整備を進めてまいります。特環共通建設は、小出島処理区や高遠長藤処理区の新規加入に係る公共ますの設置工事費でございます。その下の公共共通建設は、引き続き高遠浄化センター再構築に係る事業を進めるとともに、伊那浄水管理センターの長寿命化計画や公共下水道の全体計画の策定に係るものでございます。

 123ページの4目事務費は、公共、特環の建設事業に係る職員の人件費で、おめくりをいただき、124ページの2項1目企業債償還金は、下水道事業の企業債に係る元金の償還でございます。

 以上が平成23年度伊那市下水道会計予算でございます。よろしく御審議いただきますよう、お願いをいたします。



○議長(伊藤泰雄君) 御子柴産業振興部長。

     (産業振興部長 御子柴泰人君登壇)



◎産業振興部長(御子柴泰人君) それでは、続きまして議案第36号「平成23年度伊那市自動車運送事業会計予算について」説明いたしますので、予算書の335ページをお願いいたします。

 この会計予算は、南アルプス林道バス事業に係る収入、収支について定めるものであります。

 第2条では、業務の予定量を定めております。営業期間につきましては、4月25日から11月15日までを予定しておりまして、総車両数10両、走行距離を6万7,000キロメートル、旅客輸送数を4万1,500人とそれぞれ見込んでいるところであります。第3条では、収益的収入及び支出につきましては、収入、支出とも5,690万円と定めております。第4条では、資本的支出の予定額を1,230万円と定めております。第5条では、一時借入金の限度額を1,000万円と定め、第6条では、職員給与の流用の制限について定めているところであります。

 おめくりいただきまして、第7条では、他会計からの補助金の額について690万円と定めておりまして、これは一般会計の農林水産業費からの補助を予定しているものであります。

 おめくりいただきまして、338ページをお願いいたします。

 収入であります。1款1項1目運送収益は旅客運賃と手荷物料金、2項1目受取利息及び配当金は預金利息、2目他会計補助金は一般会計からの補助金、4目雑収益は燃料の一般会計での使用分であります。

 続きまして、支出の内訳について説明いたします。恐れ入りますが、主要事業の概要125ページをお願いいたします。

 最初に、収益的支出につきましてお願いいたします。1款1項1目運転費は、職員3名分と非常勤職員9名分の人件費であります。2目車両修繕費は、バスの修繕費であります。3目その他の修繕費は、建物などの修繕費を計上しております。

 おめくりいただきまして、4目固定資産減価償却費は、建物やバスなどの有形固定資産の減価償却の費用、5目施設損害保険は、車両保険及び建物の火災共済、6目施設使用料は、借地料をそれぞれ計上しているところであります。

 127ページにいきまして、8目一般管理費は経常的経費、2項営業外費用、5目では23年度の消費税、4項1目では予備費を計上しているところであります。

 最後に、資本的支出でありますが、1款1項2目備品購入費では、事業用バス1台の購入を予定しているものであります。

 以上、平成23年度伊那市自動車運送事業会計予算について説明申し上げました。よろしく御審議を賜りますよう、お願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第26号から議案第36号までの11案は、付託表のとおり所管の委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願・陳情について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第14、請願・陳情が文書表のとおり提出されております。

 紹介議員になっている方もありますので、補足説明のある方の発言を許します。なお、補足説明は簡潔にお願いいたします。

 本件は文書表のとおり所管の委員会に付託いたしました。

 暫時休憩いたします。再開は3時半といたします。



△休憩 午後3時20分



△再開 午後3時30分



○議長(伊藤泰雄君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△長野県地方税滞納整理機構議会議員の選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第15、これより長野県地方税滞納整理機構議会議員の選挙を行います。

 長野県地方税滞納整理機構議会議員につきましては、長野県地方税滞納整理機構規約第8条の規定により、市議会議員から2名を選出することになっておりますが、候補者が3名となったため、今回選挙が行われるものです。

 この選挙は、長野県地方税滞納整理機構規約広域連合規約第8条の規定により、すべての市議会の選挙における得票総数により当選人を決定することになりますので、会議規則第32条の規定に基づく選挙結果の報告の上、当選人の報告及び当選人への通知は行いません。

 そこで、お諮りいたします。

 選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することとしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補数の投票数までを報告することに決しました。

 議場を閉鎖します。

 ただいまの出席議員数は21人です。

 次に、立ち会い人を指名します。

 会議規則第31条の2の規定により、立ち会い人に5番、宮島良夫議員、6番、竹中則子議員を指名します。

 候補者名簿と投票用紙を配ります。

 候補者名簿と投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 異常なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。点呼に応じて順次投票記載所に来て、投票用紙に被選挙人の名前を記載の上、投票をお願いします。

 点呼を命じます。



◎事務局長(高木伸治君) それでは、点呼を行います。

 唐澤千明議員、唐澤稔議員、二瓶裕史議員、橋爪重利議員。

 宮島良夫議員、竹中則子議員、中山彰博議員、平岩國幸議員。

 飯島進議員、若林敏明議員、新井良二議員、飯島光豊議員。

 黒河内浩議員、小平恒夫議員、柴満喜夫議員、前澤啓子議員。

 前田久子議員、柳川広美議員、飯島尚幸議員、若林徹男議員。

 伊藤泰雄議員。



○議長(伊藤泰雄君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 開票を行います。

 5番、宮島良夫議員、6番、竹中則子議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

     (開票)



○議長(伊藤泰雄君) 選挙の結果を報告します。

 投票総数21票、有効投票21票、無効投票ゼロ、有効投票のうち南波清吾君ゼロ、藤原広徳君15票、金井忠一君6票、以上のとおりです。

 ここで、各常任委員会の審査の日程を御報告いたします。

 総務委員会、3月16日午前10時から、社会委員会、3月15日午前10時から、経済建設委員会3月14日午前10時から、以上のとおりでございます。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれをもって、散会いたします。御苦労さまでした。



△散会 午後3時39分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名をする。

       伊那市議会議長

       伊那市議会議員

       伊那市議会議員