議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 飯山市

平成28年  9月 定例会(第356回) 09月09日−04号




平成28年  9月 定例会(第356回) − 09月09日−04号







平成28年  9月 定例会(第356回)



          平成28年9月第356回飯山市議会定例会

               ◯議事日程(第4号)

          平成28年9月9日(金曜日)午前10時開議

 日程第1 一般質問

   14番 小林喜美治議員

    2番 松本淳一議員

   13番 山崎一郎議員

    3番 西澤一彦議員

 日程第2 議案の委員会付託

 日程第3 請願の委員会付託報告

◯本日の会議に付した事件

 議事日程と同じ

◯出席議員(16名)

    1番  荻原洋平議員            2番  松本淳一議員

    3番  西澤一彦議員            4番  江沢岸生議員

    5番  飯田健一議員            6番  市川久芳議員

    7番  渋川芳三議員            8番  渡辺美智子議員

    9番  高山恒夫議員           10番  石田克男議員

   11番  竹井政志議員           12番  久保田幸治議員

   13番  山崎一郎議員           14番  小林喜美治議員

   15番  上松永林議員           16番  佐藤正夫議員

◯欠席議員(なし)

◯説明のために出席した者

  市長        足立正則    副市長       月岡寿男

  教育長       長瀬 哲    総務部長      堀内隆夫

  民生部長兼福祉事務所長       経済部長      山崎美典

            清水俊文

  建設水道部長    松澤 孝    教育部長      栗岩康彦

  文化振興部長    石田一彦    庶務課長      北爪英紀

◯議会事務局出席者

  局長        今井吉春    次長        今清水 弥

  副主幹       鈴木小百合   主査        久保田珠希

午前10時00分開議



△開議の宣告



○議長(佐藤正夫) 

 おはようございます。

 ただいまの出席議員は全員であります。

 よって、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△一般質問



○議長(佐藤正夫) 

 日程第1、これより一般質問3日目を行います。

 この際、皆さまにお願いいたします。

 質問並びに答弁については簡潔明瞭にご発言願います。

 また、発言を希望される方は、挙手をしてはっきりと「議長」と呼び、許可を得た上で発言願います。

 携帯電話は電源を切るか、マナーモードにするなど、議事進行にご協力をお願いします。

 それでは、質問の通告に基づき、順次発言を許可します。

 最初に、小林喜美治議員の発言を許します。

 小林議員。

  〔14番 小林喜美治議員 登壇〕



◆14番(小林喜美治) 

 それでは、発言を許されましたので、通告に基づき順次質問をしていきたいと思います。

 きょう3日目で、一般質問の最終日となりますが、私ども日本共産党の3名の議員団は、それぞれに分担をして、社会福祉についたり教育問題など全般にわたってこの間質問をしてまいりました。私は、そういう上に立って、市政の一般的なものについて質問をしていきたいと思います。

 最初に、政治姿勢についてであります。

 6月議会からこの9月議会の間に、まさに歴史的ともいうべき事態が発生をいたしました。その1つは、7月10日の参議院議員選挙、これは、戦後初めて野党と市民が全国的規模で選挙協力を行うという歴史的選挙になりました。野党と市民の共闘では、さまざまな困難を乗り越えて、全国32の選挙区で野党統一候補を実現し、安保法制廃止、立憲主義の回復、安倍政権打倒という共通の大義で戦いを行いました。結果は、11の選挙区で激戦を制して自民党に勝利をするという、そういうことになりました。これは、選挙制度が新しくなったもとで最初の選挙であり、市民の関心も高く、長野県では全国最高の投票率ともなりました。こうした体制をつくったこと、できたこと自体、極めて画期的なことだと思います。

 この選挙の結果は、この後質問の中でも触れますが、市民生活にとって切り離すことのできない内容であり、今後の国政や市政を展望する上で極めて重要であると思いますが、市長はこれについてどのように認識をされているのか、最初にその見解を伺いたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 それでは、答弁を求めます。

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 参議院の選挙があったわけでございますけれども、相対的には与党が勝ったということでございますけれども、地域ごとにつきましては、それぞれ選挙の戦いがあったわけでございます。

 課題はいろいろあり、それによりまして、それぞれの地域での住民の判断の結果によるものだというふうに理解をしております。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 そういうふうに結果だけ見ますと、確かにやはりいろいろな分析があろうかと思います。確かに、自民党と公明党の連立政権が国会で多くの議席を得たことは事実であると思います。

 しかし、この議席はどのようにして勝ち取ったのか。それは、自分たちのやろうとしていることを国民に正直に語って得た議席でしょうか。私はこの点について、ものすごく疑問を感じております。参議院選挙の全体を通じて安倍自公政権がとった姿勢は、国民にとって大事な問題、冒頭にも言いましたように、社会保障の問題とか憲法の問題とか戦争法の問題とか、そういう問題には一切触れず、大事な問題についてはことごとく釈明しない、隠し続けるという不誠実な態度によって得たものではないかと思います。確かに地域住民の皆さんのさまざまな選択があったと思いますが、しかし、選挙が終わった途端に安倍政権がとった態度は、非常に大変な状況であります。選挙が終わった途端にその本音が次々と語られております。その主なものとして、憲法の改正、安保法制に基づく自衛隊の海外派兵、戦争法、大型開発ばらまきの補正予算、さらには社会保障の大改悪が進められようとしております。

 こうした動きについて、市民生活とも本当に直結する問題でありますので、どのように見ておられるのか見解をお伺いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 今回の選挙、さまざまな争点があったかというふうに思いますけれども、特に今回、与党におきましては、経済政策を前面に出してきて戦ったというような背景があるんではないかというふうに思います。国民の関心は、やはり基本的には景気の回復ということが非常に大きな期待でもあるということで、それが1つの大きなテーマとして今回の選挙の中ではクローズアップされたんではないかなというふうに理解をしております。

 以上です。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 今、答弁がありましたように、まさにそのとおりであります。ポスターでも街頭宣伝でも、アベノミクスの推進、この道しかないと、さらに進めるという、そういう宣伝を盛んに行いました。そして、街頭宣伝では、このアベノミクスのアクセルをふかし、トップギアまで入れるんだと、道途上だということも言いました。

 しかし、何をどのようにふかすのか具体的な中身については、選挙期間中は一切語らず、選択の基準というものを示さなかったというのが実態ではなかったかと思います。そして、選挙が終わった途端に出てきたのが、5兆3,000億円の年金損失の大問題です。そして、これを公表しなかった。姑息なやり方を終始したというのが私たちの感想ですが、とりわけ年金は市民の生活にとって本当に貴重な財産であります。主要施策の成果の中にも書いてありますが、ことしの飯山市がかかわった公的年金は54億ともいわれております。そういう中で、大事な年金財源が5兆3,000億円も紛失するという事態があったわけです。今、これについて大きな怒りが広がっております。

 また、市民生活とのかかわりの問題でも……、すみません、年金は54億ですね、すみません、間違えました。市民生活のかかわりでも、社会保障の切り捨てなどの具体策が政府の審議会に選挙後次々と出されました。これは1日目の質問で渡辺議員が質問した内容であります。

 私は、この破綻したアベノミクスの推進ではなく、格差をただして経済民主主義を確立する3つのチェンジ、日本の農林水産業の経済主権を破壊するTPPをストップさせる、そして、そのことが、日本経済と地域経済を立て直すことが、国民とともに市民生活を守る上で重要だと思いますが、これについてはどのように考えているか、市長の見解をお伺いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 今、日本は、経済問題が非常に一番大きな課題だというふうになっておるわけでございます。確かに安倍政権になって、景気の回復はあったことは事実だと思うんです。ただ、それが地方まで行き届いてはいないということも、もちろん当然事実でございます。しかし、ある一定程度の成果は、株価、それから新卒の生徒、大学生等の就職の条件等が非常に改善されているといった中では、これは国民が評価をしているところではないかというふうに思います。

 どのような形での経済政策をとるのかということで、今、安倍政権では、いわゆる金融政策を緩和をしてとっているということでありますが、なかなか緩和をしたものが投資に回らないというのが実態でもあろうかというふうにも思います。ただ、じゃ、それにかわって有効な経済政策が具体的に野党側で出せるのかというところに、きっと国民はそういう点で、今の安倍政権を選択せざるを得なかったというような背景もあるんではないかなというふうには考えておるところでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 さっき、これでもう質問やめようかと思ったんですが、今、野党側が十分な経済政策を示していないというような答弁をされたので、若干ちょっと言いますけれども、後の質問の時間がなくなって困るんですが、私どもは、今度の選挙で経済政策をどういうふうにやれば立て直しできるかということで、さっき言いましたように、3つのチェンジということを言ったんです。その3つのチェンジは何かというと、税金の集め方を1つは変えること。そして、税金の使い方を変えると。集め方を変え、使い方を変え、そしてブラックな働き方を変えていくと。これによって日本の経済は大きく立ち直ると。今とっているアベノミクスだと、全く真逆な方向に行っていて、いつまでたっても地方のほうへは回ってこないというのが私どもの見解なんです。

 この見解はどういうふうに、その辺の違いをどのように感じているか、この点について一言ちょっと見解をお伺いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 なかなか経済政策の話は国レベルの話なので、一地方自治体の長としては、そういう分野での本当に専門知識がないわけでもあるわけですが、税金の取り方、これについてもやはり見直しが必要だというふうに考えます。

 それから、やはり今の日本の国内の中では、それぞれ企業もかなりお金があるわけなんです。特に大企業はお金をため込んでおるわけです。それをしかし、国内に投資しない、海外に投資するというような形で、持っているお金が国内にうまく循環していないというような現状があります。そうした政策について、やはりもっと国全体として働きかけをして、そしてまた、今の税金のあり方、これもあわせて論議をしていくべきだというふうに思います。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 そういう見解も市長は持っておられるということは十分わかりましたので、その方向しか地域経済を活性化していく道はないと。今の大企業、アメリカの言いなり、大企業べったりのこういう方向ではだめなんだということを、ぜひ地方からも声を大きく上げていっていただきたいということを要請して、次の質問に入りたいと思います。

 次の質問は、9月は決算議会でありますので、決算について簡単に触れたいと思います。

 具体的な個別の問題は決算審査の委員会で行いますが、決算見込みは6月議会のとき質問してありますので、歳出歳入の状況については既に明らかになってきております。しかし、27年度の全体の決算の状況を見て、市長としてどういうふうに総括し、評価しているのか一言お願いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 決算の総括ということでございます。

 新幹線の飯山駅関連事業や文化交流館なちゅらの建設、城南中学校の移転などの大型の普通建設事業を推進する中で、従来からの市民サービス等についても継続して実施することができたと考えております。また、健全化判断比率における実質公債費比率及び将来負担比率につきましても、ともに前年度より改善を図ることができました。今後とも財政健全化に努めるとともに、効果的かつ適正な財政運営を図っていきたいというふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 そのようにお願いをしたいと思いますが、今、総括・評価について答弁いただきましたが、まず基本的な問題として、市政の予算・決算は政治の鏡というふうにいわれております。最少の経費で最大の効果を挙げていくということが求められていると思います。

 確かにこの間、大型の事業が目白押しでいろいろあったんですが、数字としてはこの6月に聞いてありますが、数字の裏側にあって市民の生活や暮らしの観点から見て、この27年度決算、これをどういうふうに思っているか、見ておられるか見解を伺いたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 27年度決算におきましては、基金現在高の増加などの要因によって将来負担比率が前年度から25.1ポイント減ってきております。55.9%ということになりました。引き続き将来に対する負担ができるだけ少なくすることができますように、事務事業の見直し、あるいは改善による歳入の確保や経常経費等の歳出削減などに努めるとともに、総合戦略等に必要な事業の推進を図り、市民が安心して安全に生活できる市政運営に努めていきたいというふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 じゃ、そういうことでお願いします。

 次の問題として、不能欠損や未収金の減少などもいわれておりますが、各種税金、負担金の収納業務について改善されており、監査委員の意見の審査結果を見ますと改善されており、さらなる収納率の向上に努められたいという意見が付されておりました。収納率の向上はまさにそのとおりだと思いますが、ただ、市民の中からこういう意見を私はいただきました。税務相談などで、1回に払えないから分納させてくれというふうに言って分納している方がおられるんですが、こういう方に対して、税金は分納ではなくて一括で納入してくれと。例えば固定資産税なら4期に分かれるとか、市民県民税だったら何期に分かれるとかと今やっているんですが、さらに細かくして支払いをしている方もおられるわけです。そういう方について、そういう納め方ではなくてちゃんとやってくれというようなことを強く求められたという場面があったというふうに聞いているんですよ。せっかく苦労して払おうと思っているのに、そう言われると非常に心外だと、税金を払えないんじゃなくて、払いたくてもそのとき払えないからそうやってやっているんであって、もっときめ細かな対応を市民にしてほしいというふうに求められたというふうに聞いているんですが、この点について、どういうふうになっているか見解をお伺いします。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 今、議員ご指摘のございました税金ですが、期別に決められた額を納付していただくというのが大前提ではございますが、そこのところでなかなか払えないという場合には、税務課のほうで相談をさせていただいて、できる限り、可能な限り市民の皆さんにご協力をいただいて、お支払いをいただくというようなことで対応をしているところでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 答弁でそういうふうに聞いてあればそういうふうに言いますが、じゃ、実際はそうじゃないということも言われていますので、なかなか市民の皆さん、いろんな方がいらっしゃいますが、やっぱりきめ細かな対応をぜひお願いしたいと思います。

 次に、大きな3番目に移りたいと思います。

 総合戦略の効果検証ということが今度の議会にも出されたり、過日の全員協議会でその資料が配付をされました。ことしは1年目ということで、27年度の実績が記されておりますが、1年間でこういうことを聞くのもあれなんですが、この結果についてどのように評価されているか、昨日来の一般質問の中でも何かいろいろそういうことを指摘する人もいたので、ちょっと大まかでいいのでその辺を答弁をお願いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 総合戦略の27年度の評価ということでお答えをさせていただきますが、まだ走り始めたばかりというところがございまして、数か月でどのような成果があったかということを問われると、なかなか難しいところがございます。ただ、31年度までのロードマップをつくって、それに対して年度ごとに粛々と取り組んでいくというところが今後大事かなというふうに思っております。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 それで、答弁はそういうふうになると思っていましたので、ちょっと違った観点から一言お願いしたいんですが、確かに1年だけの実績、1年というか数か月ですよね、実績で評価は無理かもしれません。ただ、この計画の本来の目的はどこにあるのかと。昨日来、いろいろ答弁を聞いていますと、いろいろあるんですが、ただ私、聞いていて感じたことは、この総合計画を実践していく上で、この計画を実行していくという中には、市民の皆さんの理解や参加、協力がなければ絶対できないというものがあると思うんです。ただ、この総合戦略がどれだけ市民の中に入っていて、そして、この計画実行に当たって市民の参加をいかに増やしていくかという、そして、この総合戦略を成功させていくという、こういう点での見解はどう思っているのか、ちょっとそこはお聞きしたいと思いますが。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 飯山市の総合戦略の進め方でございますが、31年度までの計画があるわけでございます。ただ、これは実際、非常にある限られた期間の中でつくったという背景もございます。27年度の実績について、また、既にもう28年度始まっておるわけでございますので、28年度の実績も27年度も含めて、年度末にならないうちにこれを整理をしていきたいなと思っております。それで、そのいわゆる経過を見て、29年度の事業のほうへ反映をしていきたいと思っています。

 それで、この内容でございますが、やはりもっと市民の方々に、こういう形で市は取り組んでいるという、そういう部分でのやっぱりご理解をいただくためのPRというのが、確かに今、議員さんおっしゃるように、不足の部分があるかというふうに思います。この計画は、ローリングをしながら見直しをして、必要があるものについてはつけ加えたり、修正をしながら進めるということでございますので、そうした作業を今年度これから着手しまして、次年度へ向けて進めていきたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 ぜひそのようにしていただいて、計画だけがあってひとり歩きするというふうにならないように、ぜひお願いをしたいと思います。

 次に、大きな3番目の問題として、その一つなんですが、前にも質問をいたしましたが、オスプレイの訓練に関する県の意向調査というのが昨年の10月とことしの2月に県のほうの危機管理部よりあったというふうに聞いており、それぞれ回答したと。アメリカ軍の、これはCVオスプレイの横田基地配備に関する環境レビューについて、意見、質問等への回答が求められたというふうに聞いておりますが、これに対して飯山市はどのような回答をされたのかお伺いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 オスプレイの運用等に関する意見につきましては、長野県のほうから、1回目は平成27年10月15日、それから、2回目はことし平成28年2月24日付で、2回の照会がございました。

 それぞれ、最初の27年10月の照会につきましては、「環境レビューが公表されたことから、訓練空域や訓練の頻度、内容等について市町村へ説明されるよう防衛省に要請してほしい」というふうに回答をさせていただきました。また、2回目の平成28年2月にあった照会では、「オスプレイの飛行訓練ルートであるブルールートで行う訓練内容、それから訓練の時間帯、訓練頻度などを事前に説明するよう、引き続き防衛省に対し要請してほしい」という内容の意見を提出しております。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 それで、この問題について県はそういうふうに意見を求めたんですが、そういう意見を上げたことに対して、その後の県のほうは何かを言ってきたかどうか、その辺についてお伺いします。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 照会に対する回答という形では、私の記憶の中では来ていないというふうに思います。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 これは今、部長が言ったとおりです。意見は吸い上げたが何ら回答なしというのが県の危機管理部の対応らしいんです。

 そこで問題なんですが、私は数年前、オスプレイが、これはCVじゃなくてMVオスプレイのときですよ、ブルールートを使って飯山上空も訓練区域になるというときに、もちろん市長とも懇談もしていましたし、当然、関係者の皆さんも連れてきて、ぜひやめてほしいというふうにやったんですが、今度、横田基地、ここにあるオスプレイには何か3種類あるそうなんですが、海軍が持つもの、空軍が持つものあるらしいんですが、このCVオスプレイの横田基地配備はかなり広い範囲にするか、長野県のブルールートを使うかどうかというのはまだはっきりしないというような状況らしいんですが、ただ、私これ、今までもかかわってくる中で、飯山市の上空をアメリカ軍が我が物顔に飛んで歩くと。自衛隊だって低空飛行訓練をやれば、私どもはすぐに国会へ飛んでいって意見を上げてくると。

 この前、自衛隊の低空飛行、自衛隊だか米軍だかわからないんですが、一時、低空飛行訓練が頻繁に行われた時期があったんですよ。それで、一体あれは何なんだということになって、私と渡辺議員で県にも国にもそういう意見を言ってきたことがあったんです。そのときに言われたことは、飛行ルートについては国交省が管理している内容で、むしろアメリカ軍の事前の通知もないというようなこともいろいろ聞いてきたんですが、これについてはやっぱり県内の自治体の対応を見ていますと、反対というふうに表明したところもあるし、今ほどさっき答弁されたように、飛行ルートは鮮明にしろとかというような意見を上げたというところもさまざまだと思うんですが、これはやっぱりはっきり言って、住民の財産、生命を守るという立場からしてみて、こういう訓練は、もうルートがあること自体が問題なんですが、やめてほしいということをやっぱり強く要望すべきだと思いますが、その辺についてはどうですか。見解を伺います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 オスプレイの問題につきましては、CVとMVがあるというふうに聞いておるんですけれども、CVのコースについては飯山の上空は通らないというような、そういう情報を聞いておるところでございます。

 それで、前、MVのオスプレイの飛行ルートが示されましたときに、これは飯山のみならず、飯山を通りまして北アルプスのほうの上空のルートということでございまして、これは一市町村だけで反対ということでなくて首長会の中で、それぞれ飛行ルートを通る首長がそうした中で情報の開示、そうしたもの、それから安全性の確保ということについて、国のほうへ要望をしてございます。そうしたことで連携して意思を表明していくということでやっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 確かにCVの場合、実際に飯山は入っていないというふうに聞いているんですが、ただ、日本全国を、日本列島を見た場合に、もう既にこのオスプレイは沖縄に配備されてくると。それから運用されていると。同時に昨年11月5日には、横田基地に配備されるということが新聞で報道されました。11月に示された内容では、訓練空域、ここには長野県、新潟県、群馬県の3県にまたがると。自衛隊の高高度訓練エリアHという、これを含んでいるというふうにいわれているんです。長野県では佐久地方がそれに入っているらしいんですが、しかし、これは自分の上を通らないからいいんだというんじゃなくて、県内では17市町村がこの高高度訓練空域に該当するといわれているんです。

 横田基地の配備は29年度後半といわれておりますが、絶対に来ないんだという保証は一つもないというのがアメリカ軍のあれなので、この高高度エリアHも含めて、飯山市との関連をやっぱりもっと関心を持って見てもらって、今、既に発表されている範囲内だけなんだというふうに楽観するんじゃなくて、やっぱりさっきも言われたように連携もして、例えば少なくとも長野県としては、そういうものは来てもらいたくないという立場をやっぱり首長会なんかでも明確にしてほしいと思いますが、その点についての見解を求めたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 これについては、以前から県のほうへもそうした意見を出したり取り組んでおるんですが、県のほうでもなかなか国からそうした正式な情報が来ないというような話を聞いておるところでございます。

 いわゆる国全体の課題でもあるというふうに思うわけでございますけれども、安全というよりもそうした危険性のないように、近隣市町村といいますか関係する市町村、また県とも連携をして取り組んでいきたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 ですから、そういうことだと思うんですが、ただ、さっきも言いましたように、県は意見を求めて、上げたら吸い上げるだけと。聞きに行けば、今答弁あったような、よくわからないというような状況が終始されているんですよ。しかし、事は、下にはやっぱり日本国民であり飯山市民が住んでいるわけですよ。各市町村の県民が。だから、そういう人たちが巻き込まれるようなことのないようにということは、これは用心にして用心足らない、絶対これはいいと思うんですよ。用心に越したことはないというふうに思うんです。

 ですから、ここは先の話だし、まだちょっとここは名前挙がっていないから大丈夫だというふうなことではなくて、こういう動きにもやっぱり敏感な対応をしていただきたいということを再度お願いして、その辺の見解をお願いしてこの次に入りたいと思いますが、よろしくお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 さらなる情報収集に努めて対応してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 さらなる情報収集、今回は、じゃ、その程度にちょっとしておきますので、またこの次もありますからお願いします。

 次に、この9月にJAが5つ合併して大型農協が発足いたしました。JAの合併は、別にどうこうという、そのことをここで問うわけじゃないんですが、ただ、このことによって各地の説明で、農協と取引があった、飯山市もあると思うんですが、今まであった振込手数料とか銀行の手数料、これがかなり上げられると。過日の秋津地区の区長会で所長さんが、来年から区費なんかについてもそういうふうに上げられるから、足りなくならないように予算で処置をしてほしいという要請を区長会にしてきたんです。

 それを聞いていて、そこで論議する話じゃないのであれなんですが、これについてどのようにやっぱり市は考えているのか、まず基本的なことをちょっと最初にお伺いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 ご指摘のとおり、これまで北信州みゆきの管内においては振込手数料が無料ということで扱っていただいていたわけですが、合併によりまして5JAの足並みをそろえると申しますか、そういう観点から、管内でも手数料がかかるようになったというふうにお聞きしているわけでございます。

 今までも別の金融機関等につきましては、振り込みには手数料がかかっていたということもございまして、市として金融機関が求める手数料の支払いに対して今のところどうこうという立場にはないわけですが、実際に秋津地区でそういう所長からの説明によって、各区で対応に苦労しているというような話でございますれば、また農協さんにも確認して、何とかならないかということは聞いていきたいというふうに思います。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 これはちょっと聞いたところによりますと、区とかそういうところはかかるという話ですが、ただ、飯山市がやっている取引をする場合、飯山市の各種手数料とか取扱料には影響はないのかどうかお聞きしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 公金の扱いについては影響はないというふうに思っております。影響はございません。失礼しました。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 公金という言葉を使えば確かに聞こえはいいんですが、これは区の行政もある面では公金ですよね、はっきり言って。みんなでお金を出し合って。ですから、これは今、区の状況を見ますと、区費の収納や徴収について手数料の引き上げというのは大きな負担となると思うんです。

 私、これ6月議会でも話しましたが、全部の区がそうだというふうに言いませんが、今なるべく区民負担を減らそうということで、区長さんを先頭に区民負担の軽減というのが大きな課題になってきております。でも、聞くところによると、かなり上がりそうだという話を聞いていますので、せっかくこうやって1年、2年かけて区費の負担を軽減してきたのに、こういう農協の合併ということによって、またこういうふうに新たな負担が生じるという、まさに合併効果が逆にあらわれるような状況というのが出てくるんですよ。

 これは飯山市にとっても極めて重要な問題だと思うんですが、その辺はただそうなっていると聞いているだけじゃなくて、どうするのがやっぱり、対策を練っているのかどうか、この辺についてちょっと見解を伺いたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 農協の広域合併に伴う、いわゆる振込手数料の発生という問題だというふうに思うわけでございますが、これについて行政が、じゃ、その振り込みの部分について補助をしていくということのきっとご質問かというふうに思うわけでございますが、これはやはり民間の金融機関の問題でございますので、これについて、JAさんとはいえ、いわゆる金融機関でございますので、それに対して行政が税金から振り込みの補助をするということは考えておりません。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 私、別に補助しろなんて一言も言っていないんです、これは。こういう新たな負担について、やっぱりこれは大きな問題だと捉えた上で、少なくとも合併してもっとよくなるはずが、こういう形で住民負担が増えてくるということについて、JAに対してどこまで意見を言えるかわかりませんが、少なくともそういう、私どもも組合員ですから、農協の組合員ですから言うんですが、こういうのは合併効果にならないと、むしろ軽減されるのが普通だってさ。そういうことを、やっぱりこれ補助しろなんてこと一言も言っていないんですよ。

 ですから、そういうことも含めて、市としてはご意見ぐらい申し上げてもいいんじゃないかなという気持ちで質問したので、その辺についてどうですか。ちょっと見解を伺います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 今度、新JAながの広域合併については、大変大きなJA組織になるわけでございまして、合併のメリット、それからデメリット、それぞれあろうかというふうに思います。できるだけ、全くデメリットはなくてメリットのみということはあり得ないと思うわけでございますが、できるだけ組織の中で組合員のためにデメリットを減らした活動をしてほしいということについては、またぜひJAのそうした会議に出席することがございましたら、市長として意見を述べていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 意見を述べていきたいという答弁がありましたので、もう一言だけ。

 さっき後ろのほうから、組合員集会でやれというような声もありましたが、もちろんそうですよ。組合員集会でやりますよ、これは。合併そのものの是非も含めてあったんですが、合併しちゃったんだから。しかし、それが組合員の利益にならないということは、これは組合員集会でも私どもも当然、意見言えるところは組合員としてこれはやります。ただ、さっきも言ったように、自治体で補助しろなんてことは一言も言っていないんです。補助する気があったら補助してもらってもいいんですが、しかし、そんなことは一言も言っていないんです。そこは私どももわきまえて質問していますので、ぜひそこは理解いただきたいと思いますが、ただ、今、意見を述べていきたいというふうに言われたので、若干そこでちょっとあれなんですが、少なくとも岳北4市村、飯山市、栄村、それから野沢温泉、木島平という、岳北広域圏のこともあるし、北信広域連合は長野市は入っていないけれども、長野市はこの合併に入っていないけれども、しかし広域連合の関係もあって、あらゆる機会があると思うんですよ。いろいろな組合の、一応そういうことを言う機会があるかどうかというのは別にしても、こういうところでも連携して、やっぱりJAに負担軽減について交渉するという場をつくることも必要だと思いますが、特に岳北4市村については、飯山市の市長がやっぱりリーダーシップをとって、それはぜひ相談していただきたいということを要請して、これについてどういうふうになるか、ちょっと見解をお伺いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 また岳北のほかの首長さん方にもちょっとご意見を聞きたいと思います。

 以上です。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 余り煮え切らない答弁でちょっと不満なんですが、この場はこの程度に収めて次の質問に移りたいと思います。ただしかし、岳北4市村でぜひ相談もしていただいて、負担軽減策についてやっぱり交渉するようにお願いをしたいと思います。

 次に、外来種の雑草防除という問題があって、この間、農業委員会がことしはちょっと入ることになったんですが、農地パトロールを8月末までに行った中で、柏尾峰の圃場で外来種が大量発生をして、圃場がほとんど使えないというのが確認をされました。私も呼ばれて8月29日に関係者の会議、というのはどういうふうな関係者か言わないですが、開催されて、参加をしてまいりました。

 ワルナスビという、これもう飯山市では4、5年前から発生が確認されて、農林課でも対応してきているところでありますが、このワルナスビという外来種の雑草について、繁殖力がものすごく強くて、今、農業改良普及センターを中心にして雑草対策の駆除というのをここ2年間ぐらいやってきたそうであります。その内容について報告がされました。難防除雑草といわれるこのワルナスビについて、飯山市は、さっき4、5年前と言ったんですが、本格的にこれやっぱりいつごろから発生が確認され、発生しているところは柏尾峰のほかの圃場にも伝播しているのかどうか、そこをちょっとお聞きしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 ワルナスビの関係でございますが、議員からお話がありましたように、農業改良普及センターの資料によりますと、北アメリカ原産の帰化植物で、日本では1906年に千葉県で初めて確認されたということでございまして、難防除雑草として今、日本全域に広がりまして、全国で対策試験が行われているということでございますが、いまだに完全な防除方法が確立していないというものでございます。

 飯山市でも発生が確認されておりまして、市内のどこにどのように発生しているかというのは把握しておりませんが、特に柏尾峰ではそういった状況になっているということでございます。平成26年から27年にかけまして農業改良普及センターと市で防除対策試験を行いましたけれども、やはりこれも完全に防除するところには至りませんでした。

 そういういろんな話の中では、ワルナスビについては耕運機などですき込みますと、切れた地下の茎の一つ一つからまた芽が出てかえって増殖をすると、さらに広がる可能性があるというような厄介なものでございます。まずは、飛散させない対策が先決と考えられますが、決定打がないというような状況でございます。

 こういった状況でございますが、防除方法の確立のために専門機関にアドバイスをいただくなどして、防除方法を確立すべく、これにつきましては対策をとっていきたいと、検討していきたいと考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 今、答弁されたことは8月29日の会議でもそういう報告がされて、大変だなというふうに思っているんですが、ただ、私、今回のこの問題を見て、問題は2つあると思うんです。

 1つは、ワルナスビについて駆除実験やっているように、現在については完全になくすことはできないという、そういう問題と、防除をしている最中には作物栽培ができないんですよ。だから、農地は荒れるままになっちゃうと。ですから、それで、圃場だけでなくて畦畔にも広がっていると。農地としての再生ができるかどうかということが心配されているんですよ。ですから、もし農地として再生ができないといった場合に、こういう農地を今後どういうふうに扱っていくのかというのが1点目です。

 2つ目には、柏尾峰は皆さんご承知のとおり……



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員、それ1つで聞かなくていいんですか。



◆14番(小林喜美治) 

 じゃ、どういうふうにするのかちょっとお伺いします。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 まさにどういうふうにするかについての対策を検討しているわけでございますが、それについての決定打がないということで、今これこれこういうことをするというような方法については持ち合わせておりません。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 であれば、じゃ、農地として再生するということが極めて困難というふうに感じる点もあるんですよね。

 そこで、さっき言い始めましたが、この柏尾峰はパイロット事業で開発した農地なんですよ。地元の皆さんの関係や飯山市も大きくかかわってこの農地開発を行ってきたと。そして、今ここには農地の賃貸も含めて契約もして、かなりのあれがあって、地元の柏尾にも小作料が入ったりいろいろして、重要な財源になっているという話もちょっと聞いているんです。そういう点で、これを構わないでおけば、もう本当に荒れたままになっちゃって再生不可能ということになっちゃうんですよ。

 そうした場合、これを何かいわば抜本的にやる、ないんじゃなくてやらなければ、あれだけの大事業をやったパイロット事業が皆無になってしまうという、そういう危惧すらあるんですよ。この辺について、持ち合わせていないというんじゃなくて、やっぱり持っていかなくちゃいけないと思うんですが、その辺はどうですか。ちょっと見解を伺います。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 持ち合わせていないということは事実なんですけれども、防除方法については決定打はないけれども、軽減させる方法もあるというようなことも示されております。それらをどのように駆使して現状農地として使えるかというところの落としどころかというふうに思われます。

 そのようなことをこれから検討させていただいて、これこれこういうような方法でどうだというようなことに落ち着けば、その方法を取り入れていくというようなことになろうかというふうに思います。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 これ以上言っても答弁は繰り返し堂々巡りになると思うので、今回はこれでやめておきますが、ぜひ抜本的な対策をお願いしたいと思います。

 次に、TPPの国会承認を許さないということについて今、全国で取り組んでいるんですが、TPPの協定の国会審議というのが始まってTPP交渉の内容があったんですが、しかし、このTPP交渉の経過というのは何一つ明らかにしなくて、提出された資料も全て黒塗りで隠されたものになっていることがあれで、私は写真で見たんですが、まさに字一つ見えないような資料が国会に提出されているというのが、これを秘密主義で批准を強行しようとしているというのが今の国会の、政府のやり方だと思うんです。

 この問題点の一つとして、「聖域は守る」とした国会決議、これを踏みにじると。重要5項目の関税撤廃は認めない、「除外」または「再協議」ということになっていましたが、TPPの協定では重要5項目のうち約3割の品目で関税が撤廃をされると。大事なことは、米の関税もゼロに設定されると。7年後には、日本だけが残った関税も撤廃に向けた協議の約束をさせられるという、こういうことがあるんです。

 私はこの点で、こういうことがいいかどうかは別にしても、まさにうそとごまかしという、こういう内容でTPPの承認を強行しようとしている今のやっぱり政府のあり方、これによって、飯山市の農業や関連産業への影響はどのようになるのか、どのように考えているのか、市長の見解を伺いたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 TPPの問題ですが、これは以前からも何回かご質問をいただいておるわけでございますけれども、特に飯山市の場合は農業が主体でございます。そうしたさまざまな農産物、それから畜産物等あるわけでございますが、こうしたものへの影響は非常に大きいものなんじゃないかというふうに考えておるところでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 大きいものになるんじゃないかという、そういう答弁でいいのかどうかという疑問も残るんですが、しかし、このTPPは、今本当に深刻な段階に来ているのが実態だと思います。

 過日の新聞報道で、TPP対策で政府与党が出してきた農家の収入減対策として、その対策の柱として検討している収入保険制度の原案というのがこの間、新聞で出されました。これは農産物の定価に影響すると。農家の収入が急激に減少したという場合でも、直近の5年間の平均収入を8割台確保するというような保険制度をつくろうということが、あくまでもこれは保険制度であって、こうした動きに期待、注目をするという農家も一部ではあるようなんですが、しかし保険対象外の品目もあって、どれだけ農家が必要とするか見えないという不満もあるんですよ。ということは、最初からTPP協定というのはそういう鳴り物入りの、もう本当にこれ大変な影響を農家に与えるということを、それを保険制度なるものに切りかえてやろうとしていると。

 やっぱりこれについては、どういうふうに批准をさせないという、そういう運動を、やっぱり市を挙げてやる必要があると思うんですが、それについての市長の決意を伺いたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 TPPの問題は、これは大変、環太平洋ということで大きな枠組みの中で進められているということでございます。国全体の問題でもあるわけでございますが、また一方で、日本のみならず関係する国全体の課題でもあるわけでございます。

 特に一番大きな国でございますアメリカでございますけれども、このTPPに対しましては、今のアメリカのそれぞれの大統領候補がいずれも反対を表明をしておるということでございまして、アメリカ国内そのものの中に、TPPそのものに対する反対があるというふうに聞いています。逆にアメリカが海外の国に経済的にやられてしまうというような、そうした懸念がまだまだアメリカ国民の中にも強いということで、アメリカの中でもなかなか論議が進まないんではないかなというふうに思っております。全体としまして、各国のGDPのうちの85%以上になった段階で発効するということですが、アメリカがそういう状況、また日本の国内の中でも、まだまだそうした部分で進んではいないというふうに理解をしておるところでございます。

 したがって、この状況を見ながらまた判断をしてまいりたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 小林議員。



◆14番(小林喜美治) 

 確かに今、答弁あるように、アメリカが非常に消極的だと。ところが日本だけ、早くやろうという、そういう取り組みがされているというふうに今いわれています。何でこんなに異常になるのかという問題もあると思うんです。

 やっぱり私は、この間ずっと言ってきたんですが、農産物の価格保証と所得補償を組み合わせて、安心して再生産できる農業をつくると、先進国の最低レベルに落ち込んだ食糧自給率を向上させると、こういう方向に国の農業政策が大きく転換するということがなければ、やっぱりだめだと思うんです。

 ですから、そういう点ではこのTPPの、さっきも言いましたように、アメリカ国内でも反対の世論が広がっているということをとって、日本を丸ごと売り渡すような、こういうことによって未来ない方向に行くような方向ではなくて、国も含めて関係機関にやっぱり市長としても意見を上げ、大運動を展開していくということをぜひお願いして、再度見解を求めて、今議会の私の質問を終わりたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 TPPの問題は非常に大きな課題でございます。農業の分野のみならず包括的な貿易のフリーということでございますので、日本全体にも大きく影響する課題であるわけでございますが、特に飯山市の場合は農業がございます。まず基本的にはやっぱり農業を強くしていくということが、国内の中でも非常に大事な課題だというふうに思いますので、そうした点も踏まえながら対応してまいりたいと思いますので、よろしくお願いします。

 以上です。



○議長(佐藤正夫) 

 以上で小林喜美治議員関係の質問を終わりとします。



◆14番(小林喜美治) 

 ありがとうございました。



○議長(佐藤正夫) 

 続いて、松本淳一議員の発言を許します。

 松本議員。

  〔2番 松本淳一議員 登壇〕



◆2番(松本淳一) 

 松本淳一です。

 発言を許されましたので、3点につき、まずはふるさと寄附金について、2点目は教育について、3点目は自然エネルギーの活用について質問をしていきます。

 最初、ふるさと寄附金についてお伺いします。

 返礼についてですが、飯山市は寄附金に対して返礼を行っています。4月からいろいろなことが言われていますけれども、この返礼の率について、市なりの何か基準があるかどうか、あるいはこのような方針でやるという明確な方針があるかどうかお伺いします。



○議長(佐藤正夫) 

 それでは、答弁を求めます。

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 返礼の市内の基準というふうに今聞かれたんですか。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 返礼の……



○議長(佐藤正夫) 

 庁内ですか。市内、庁内の基準。



◆2番(松本淳一) 

 どちらでもよろしいんですが、要するに明確な基本があるかどうかということです。基準ということ、失礼しました。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 明確な基準と申し上げますか、総務省の要請というのがありまして、過度に高い返礼は好ましくないというようなこともございます。当市におきましては、品物にもよるわけですけれども、およそ55%から65%ぐらいということで、その辺の返礼率が妥当な数字ではないかというふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 私自身もいろいろ考えてみたんですが、なかなかこれだというものは見つからないと思います。大変だと思うんですが、やっていただくしかないかなというふうに思います。

 それでは、ふるさと基金のほうをお伺いしたいと思います。

 市報等で発表されているとは思いますが、寄附金総額、一般的には売り上げに相当するものだと思いますが、27年度どのくらいの金額になっているか、およそで結構ですのでお示しください。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 27年度において全国からご協力いただきましたふるさと寄附金、総額で17億2,240万円ほどになります。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 それでは、そういう寄附金総額でどのくらいの金額、利益に相当するものですが、それは出たでしょうか。およその数字でお答えください。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 27年度末の基金の決算額ということでお答えをしますが、愛する飯山ふるさと基金として年度末残高が5億7,800万円ほどでございます。うち、悠久のふるさと飯山応援金分につきましては、5億2,890万円ほどということになっております。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 基金のほうですが、本年度より本格的に予算のほうに組み込まれていると思います。本年度予算化された金額の合計はおよそ幾らになるでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 28年度で基金充当した総額ということでございます。28年度につきましては、2億5,130万円を充当しております。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 すみません、数字ばかり聞いているようで申しわけないんですが、後ほどICT教育のところで予算のことを出したいと思いますので、もうちょっとお答え願いたいと思います。

 今、5億3,000万あって、2億5,000万ほど予算化したと。残りは幾らになっているでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 そういう質問するかい。残りは幾らって、残りはわかるでしょうが。

 答弁するか。

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 単純な引き算なんですが、3億円弱ということでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 そういうことで、私が計算すべきだったかもしれません。申しわけありません。

 その3億円弱ですが、基本的には自由に使えるものと考えてよろしいでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 寄附をいただくときの4項目の項目に沿って、その中で工夫をして使っていきたいというふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 わかりました。考え方はちょっといろいろあると思いますが、寄附金についてはこのぐらいにしたいと思います。

 次に、教育についてお伺いしたいと思いますが、最初に今、予算の話をしましたので、予算というかお金の話をいたしましたので、ICT授業のことについてお伺いしたいと思います。

 現在、タブレットを使用して授業をやっている学校は何校ございますか。



○議長(佐藤正夫) 

 栗岩教育部長。



◎教育部長(栗岩康彦) 

 タブレットを利用した授業ということですが、現在、木島小学校を、昨年度企業に寄附をいただきまして、今年度モデル校ということでタブレットを使用した授業を行っております。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 タブレットを使っているということで、一般的には進んだ授業、先進的な授業の取り組みが行われているというふうに思いますが、義務教育における授業というのはみんな同じにやるというのが普通だと、というか、なければならないというふうに私は思っておりますが、それが教育の機会均等ということだと思いますけれども、全部が一どきにできないから1校先にというふうにおやりになったというふうに解釈しますが、当然同じことをすべきだというふうに思っています。

 そこでお伺いしますが、来年度、全小学校でICTの授業が行われるというふうになりますか。



○議長(佐藤正夫) 

 栗岩教育部長。



◎教育部長(栗岩康彦) 

 昨日の答弁でもお話ししたところでありますが、来年度全校というのはちょっとどうかまだ今のところわかりませんが、できるだけ早期に残りの小学校6校でありますが、整備を進めてまいりたいと考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 「できるだけ早期に」という、「できるかどうかわかりませんが」の答えは、私はちょっと困るんじゃないかと思います。

 私、実は総務文教委員会でも先生方の講習会に参加させていただきましたけれども、私も木島小学校の授業は見させていただきました。進んでいると思います。いい授業だったと思います。ほかの小学校の父兄の方が見られれば、何でうちのところにそういうのをやってくれないのという声が必ず出るというふうに思っています。

 先ほども申しましたように、やはり義務教育は全員が同じものを受けるというものだと思います。曖昧に「ちゃんとできるかどうかわからない」ではなくて、「必ずやる」というふうにお答え願いたいんですが、いかがでしょう。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 議員さんご指摘のとおり、機会均等という大原則がございます。ただ、新しいものを取り組む場合は、やはりどのようにして機会均等を担当する先生方は生かすかという非常に微妙な問題がございます。ですから、ある程度先生方が予備知識、使い方、あるいは効果等を十分理解した段階で、私は、一斉に短期間に機会均等の場を子どもたちに与えるというのが大きな方針で考えております。

 ですから、木島小だけを先行するということも外見から見ればそういうふうに見えると思うんですが、やはりモデル校として、いろんなICT教育が100%万能ではございませんので、そういうものをぜひ先生方が事前に十分理解した上で、早期に市内の学校にICT機器を配備してやっていく、そういう構想でやっております。

 以上です。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 考え方としてはわかるんです。ただ、やはり形の上でも大体このくらいという、来年度内のどのくらいとかいう、そういう期限は切れないものでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 私は、個人的にはできるだけ早くやりたいというふうに思っております。ぜひその点でまたご理解をお願いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 すみません、しつこいようで申しわけないですが、年内と考えてよろしいでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 年度内というと、かなり厳しいものがございます。年度内ということは年数ですか。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 すみません、聞き方が明確でなくて。来年度内ということで。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 ご理解をいただければ、そういうふうにはしたいというふうに思っております。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 それでは、なかなか難しいようなので、市長にお聞きしたいと思います。

 これは予算がないとできないものですが、今言われたように、できるだけ早く努力して全校で実施したいというふうに教育長は言われていますが、市はそれに対して、市の中ですけれども、十分な予算を組んでいただけるかどうかお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 ICT教育につきましては、昨日もご質問があったことでございますけれども、ICT教育というのは教育の中のうちのある部分だと思うんです。それで、タブレットとか、それから電子黒板とかITの機械を使って教育をするんですけれども、機械があれば勉強できるというものではないです。機械というのは、あくまでも入れ物でして、パソコンもそうですし、車もそうなんですけれども、単なるツールでございます。したがって、それをどのように使うかという、特にこのICT教育の中では、ソフトウエアというんですか、それが非常に重要なんです。それがないと単なる箱ですから。ただ、なかなか教育用のいいソフトウエアというのはまだまだないというふうに私は理解をしております。

 本来、学校の授業に全て代わってICT教育ができるということではないです。ICT教育としてタブレットとか使ったほうが、より理解しやすい分野、それから、やはり先生が直接教えていったほうがはるかに理解する分野というのは、これは全く違うと思うんです。したがって、全体の中ではやっぱり先生が教育する中で、じゃ、どういう分野についてそういう機械を使えば、さらに生徒のために効率が、効率といいますか、勉強がよく理解できるようになるかということが、ICT教育のこれが根幹だというふうに私は理解をしておるところでございます。

 それで、まだまだいいソフトはございません。本当は、例えばそれぞれの子どもの理解する進度に応じて問題とかそういうものが提示できるような、そうした仕組みのソフトのものが一番望ましいわけなんです。今は授業の中で先生が一律に順番立てて説明をして子どもに、例えば算数とかの場合は問題を解かせていますけれども、それを一気に理解できる生徒もいますし、各細かい段階で説明しないと理解できない生徒もいると思うんです。特に高学年になってきますと。しかし、ICTの中では、そうした細かいようなステップを踏みながら理解させていくというような取り組みもできるわけですから、そういうものの開発を、これはやはり実際に教育を経験されている方でないとわかりませんし、また、ICTの機械についても理解をしている人でないとできません。一緒になって開発をしていくということだと思います。

 そのモデルが今、木島小学校で取り組まれているということなんです。それから、当然それを使う先生方の育成も必要だということでございます。そうした条件がないと、ただ機械を配っても全く役に立たないというか、かえって通常の授業を妨げてしまうことになりますもので、そうした進捗状況を見ながら配備をしていきたいなというふうに考えておるところでございます。

 具体的に議員さんから、いつごろまでですかというようなご質問もあったわけでございますが、これについてはまた3か年計画の中で検討をしてまいります。予算とすれば、私は、こういう機器は有効に活用できる体制が整えば、もう十分予算をとって、ぜひ飯山の子どもたちのために活用してまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 そういう体制が整えば十分出すというお考えですね。おっしゃること、そのとおりだと思うんですが、道具ではあると思います。例えば、うちをつくるのでも、よい道具があったほうがつくりやすいし、あるいはよい道具がないとつくれない建物もあると思います。そういう面もあって、確かに道具であるし、全部をそれでいくわけではありませんので、それは私も思いますが、やはり、何というかな、進んだものは早目に取り入れていくという流れではないでしょうか。

 文科省では2020年までに1人1台を目指すという、一応そういう旗上げをしておるようです。ですから、ここでそんなに、確かに入れてかえって迷惑になる可能性もあります。研修会を見させていただきまして、先生方うんと頑張っていると思います。戸惑っている方もいらっしゃったのは事実だと思いますが、先生方の力を信じるというのもあっていいと思います。

 いずれにしろ、文科省すごいです。全体がそういうふうに進めていくという動きになっていますので、余り、きのうの議論の中にもありましたが、負の面もあると、うまくいっていないのも韓国はあるよという話もありましたが、やはり踏み出すところはしっかり踏み出していくべきじゃないかと思っています。

 それで今、市長の答弁の中に電子黒板の話がございました。それについてちょっとお伺いしたいんですが、今、飯山の小学校全体で電子黒板は何台お持ちでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 栗岩教育部長。



◎教育部長(栗岩康彦) 

 電子黒板ということでありますが、純粋な電子黒板の定義等もあるとは思うんですが、飯山市におきましては拡大投影機的な使用ということで、電子黒板の代わりということでありますが、大型液晶モニターの導入を行っているという状況でございます。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 ちょっとすみません、私、順番を間違えてしまって申しわけありませんが、電子黒板もう一回後で戻ります。

 それで、予算1校で600万円というお話が昨日出ていたと思いますが、これでいくと、タブレットは普通何人に1台というような数え方をするそうですが、何人に1台わたるということになるでしょうか。およその数で結構です。



○議長(佐藤正夫) 

 栗岩教育部長。



◎教育部長(栗岩康彦) 

 タブレットの数ですが、クラス数とかいろいろクラスの人数によって変わってきますが、きのうお話しした600万の内訳としては、おおむね30台ということで、ほぼ1クラス、多いところで1クラスの1人に1台というような形でございます。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 すみません、数のことばかり言って申しわけありませんが、600万で30台、6校分ということは180台ですよね。それで、小学生の人数が約1,000人ということになると、5.何人かに1台という感じですか。わかりました。

 ちなみに、教育用コンピューターということで、必ずしもタブレットに限ったことではないんですが、平成26年の国の調査では、全国平均が6.5人に1台、それから長野県は多分7.1ぐらいだと思うんですが、グラフでちょっと数字が読み取れなかったんですが、なっていると思います。今ですと5人に対して1人、初期としては、この半分でも私はいいなと思うんですけれども、そんなものかなということでお伺いしておきます。わかりました。

 それで、また戻りますけれども、電子黒板ですが、実を言うと私も電子黒板使ったことありませんし、一緒になってちょっと何か勉強会みたいのでやったということはあるんですけれども、ただ、これも文科省の言っていることですが、タブレットと電子黒板はセットにして使いましょうというふうに言っていると思いますが、その点いかがでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 栗岩教育部長。



◎教育部長(栗岩康彦) 

 今、できればセットにというお話ですが、先ほどから市長、教育長のお話ありますが、活用方法として、教員がすぐタブレットと一緒に入れた場合に活用できるかというようなこともありますし、国の2020年度に向けてどういう整備をしていかなくちゃいけないかというような指針もつくるということでありますので、当面、大型液晶モニターで拡大投影的な扱いをしていきたいと考えております。

 今後、国の状況等と、あと教員等の使用の研修等を積んで、そういうのが必要になるということでしたら、またそのときに検討していきたいとは考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 国の目標としているのは2020年ですので、もうすぐかなと思います。余り遠慮されないでこういう、先ほども基金のことでお話ししましたが、お金的にはたっぷりあると。無駄使いにならないように、無駄使いというとほかにも、それ以上言いませんが、あるので、先を走っていただきたい。子どもたちにやっぱり一番いいと思われることをやっていただきたいです。

 ですから、多少無駄が出るとか、新しいことを始めるんですから、無理な部分も多少あるとは思いますが、やっぱり飯山市はICT教育で先頭を走っているよという、そういうことになってほしいんです。ですから、遠慮なさらずに予算を要求していただいて、受けるほうは、じゃ、出すよと、そういうふうにしていただきたいと思います。

 じゃ、ICT授業に関してはこのくらいにしたいと思います。ぜひ頑張っていただきたい。

 それで、次に、教育懇談会についてお伺いをします。

 6月議会のときに教育懇談会をやって、父兄、あるいは市民の意見を聞くべきじゃないか、そういう時期じゃないかというふうにお尋ねしましたところ、検討してやりますというようなお答えだと、開く方向で検討するというお答えをいただいたと思いますが、その後どうなったかお伺いします。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 教育懇談会につきましては、前回は平成25年度に市内各小学校区ごとに実施をしております。今年度は11月から、皆さんが集まりやすい時間を設定しまして、各小学校区ごとに実施するように計画を作成中でございますので、今年度中には必ず実施いたします。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 大変重要なご発言かと思います。それを聞けばこれ以上聞く必要はないかなとも思うんですが、まだ仮定の話なんですけれども、いろんなところでお答えになっているんですが、例えばその場で、もうちょっと大勢いるところで勉強させたいねとか、余り少人数だとねというような、そういう意見が保護者なり周囲の方から出たとしたら、どのようにお答えになるか、よろしければお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 いろんなご意見が当然、今のこういう教育事情ですから出てくると思います。その場ではお聞きをしておいて、全小学校区終わった段階で、市全体のやはり方向というのを見定めながら、そういう問題についてはいろんな諮問委員会、検討委員会等の設置まで踏まえて今現在考えておる状況です。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 これに関連したような質問とか議論は大分やってきました。大分、教育長のお考え、少しわかったかなという気もするんですが、統合についても取り上げられた議員の方もいらっしゃいます。予算のことも言っておられました。私も全部をわかっているわけじゃないので大変かと思いますが、これもやはり子ども中心にぜひ考えていただきたい。ひょっとするとこれは検討課題ではなくて、決断するか、しないかの課題ではないかなとは時々思っております。それだけ申し上げて、次にいきたいと思います。

 子ども館についてですが、病後児保育が取り上げられていますけれども、病後児というのはどのような子のことをいうのか、もう一回ちょっとご説明いただきたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 栗岩教育部長。



◎教育部長(栗岩康彦) 

 病後児保育の機能ということでありますが、病後児保育については、病気の回復期にある児童で、集団保育が困難な期間において、保護者が勤務の都合等で家庭で保育できない場合に、専用施設で一時的に保育を行うと、そういう機能でございます。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 ちょっとこういう仮定をしてみました。例えばインフルエンザで小学校低学年のクラスが学級閉鎖になってしまった。そうすると、病気の子がいます。それから、治りかけの子がいます。全然元気な子もいます。3パターン生まれるんですが、こういうときはそれなりに大変じゃないかなと私は思うんですが、どうでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 栗岩教育部長。



◎教育部長(栗岩康彦) 

 インフルエンザの例を出されておりますが、病後児ということで、病院で一応インフルエンザは治ったが、まだ集団で学校とか保育園は行っちゃいけないよと、そういう子に対する保育の機能ということで病後児保育といっております。

 そこで、人数等の関係もありますけれども、そういう子どもたちを預かる施設ということでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 それに関してもう一回だけちょっと聞きますが、検討委員会で検討されていると思いますけれども、病後児保育に対してあまり無理をしなくてもよいんではないかという意見はございましたか。



○議長(佐藤正夫) 

 栗岩教育部長。



◎教育部長(栗岩康彦) 

 病後児保育については、いろいろな意見、病院に併設したほうがいいんじゃないかとかそういう意見はいただきましたが、病後児保育をするところはぜひ市で確保してほしいというような意見が大勢でございました。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 そのようにお聞きしておきます。

 それから、子ども館について、利用時間を午後6時から6時半に延長するということを検討しますというお答えがあったと思います。それについて、ちょうどその時間帯になると、子どもはおなかをすかしているんじゃないかと思うんですが、そういうことに関して何か食事をあげるとか、どうかちょっとわからないですけれども、食堂的な施設みたいのは考えられますかということをお聞きしたいんですが。じゃ、そこでお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 栗岩教育部長。



◎教育部長(栗岩康彦) 

 児童クラブ等で今後のことですので、運営面的な話はこれからの議論ということですが、食堂というのはちょっと今のところ考えてはいません。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 ちょっと外れると思いますが、ここでちょっとお伺いしたいと思います。世の中の動きを見ていますと、大都市圏で子ども食堂というのはよく言われていて、マスコミなんかに取り上げられていますが、市内でも子ども食堂は何かねと言うような方もいらっしゃいますが、子ども食堂というのは、子どもたちに低料金で食堂、食べ物を提供するボランティアで経営していて、フードバンクみたいなところから協力を得るとかそういうものなんですが、私、通告にしてありませんので、その辺もし何かお考えがあるようでしたらお伺いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 栗岩教育部長。



◎教育部長(栗岩康彦) 

 子ども食堂についてでございますが、報道等で全国的に民間の取り組みとして始まっていると思われます。貧困対策については大きな課題、全国的には課題となっておりますが、今のところ市として子ども食堂を取り組んでいくという予定はございません。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 わかりました。

 それでは、子ども館の設置場所に関係することをお伺いしたいと思います。

 飯山小学校の近くをお考えのようですが、観光面でかなり活性化している地域でもあると思います。それで、周辺とどのような調和をとられるかということについてお伺いしたいと思います。施設、建物とかそういうことです。



○議長(佐藤正夫) 

 栗岩教育部長。



◎教育部長(栗岩康彦) 

 ただいま議員さんからお話があったように、建設位置については飯山小学校の周辺を予定しておりますが、実際の施設の建設に当たりましては、周りの風景、あるいは周辺の環境にも配慮した施設としてまいりたいと考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 それでは、3番目の自然エネルギーの活用についてお尋ねをしたいと思います。

 私のこれはずっと引き継いでやっている、考えているテーマでありますが、地元の再生可能エネルギーを地元で使うということで、この地域にお金が回って地域の活性化に役立つのではないか、この点は納得していただいていると思いますが、少しおさらいというかしてみたいと思います。ちょっと質問を後にさせてください。

 それで、まず、いろいろあるんですけれども、小水力の発電については、この地区は水量を考えると多くは望めないというふうに思います。それから、太陽光のパネルで発電というのもありますが、これは市内の企業の方が新しい取り組みを始められています。可能性があるのではないかと思います。ですから、市として家庭への補助、今とまっていますが、再検討の余地はあるかなというふうに私は思っています。

 それから、地中熱の話が出てきていまして、確かに地中熱は研究には値するんじゃないかと思いますが……



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。おさらいするのはいいですけれども、そこに自分の考えで「私はそう思います」ということになれば、質問になりますが、どうしますか。



◆2番(松本淳一) 

 わかりました。



○議長(佐藤正夫) 

 よろしくお願いします。



◆2番(松本淳一) 

 ちょっと一言だけ、じゃ。

 融雪駐輪場については、私は税金の無駄だと思っています。本質は木質バイオマスが有望というふうに考えて質問をいたします。

 27年度の決算の中に、ペレットストーブが補助4件40万円とありますけれども、県の予算で市はお金を出していないと思いますが、これ多分応募をしたんじゃないかと思うんですが、どんな状況だったかお知らせください。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 県の事業を飯山市が予算化をさせていただいて当該申請者に交付しまして、4件、1件当たり10万円という状況でございました。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 申請があったということですが、すぐ埋まりましたか。それとも、数はたくさん出ましたとかそういうことをお伺いしたいんですが、どのような感じでしょう。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 予定どおり申請がありまして、年内に消化されたということでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 私は、何というかな、ペレットストーブに対して要求が強いかどうか、例えば、出すとすぐ来ちゃうというふうになれば、たくさんの人がやりたいんだなということですし、いっぱい来て抽せんになったとか、抽せんにされるかどうかという、それはどういうふうにやられているか私はわからないんですけれども、その辺の感覚をお伺いしたいんですが。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 殺到して4件が選ばれたということでなくて、4件の申請に対して4件の補助をしたということでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 ありがとうございました。わかりました。

 それで、当然ペレットストーブですからペレットを使うわけですけれども、この燃料の供給というのはどのようになっているかお伺いします。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 この事業を活用する個人または事業者が購入するペレットにつきましては、県産の間伐材を利用した年間800キログラム以上のペレットを使用し、ペレット供給者と3年以上の協定を締結することを実施条件としておりまして、これについて該当するペレット生産者については、上伊那森林組合をはじめとして県内の3施設となっておりまして、供給元は、それで、代理店は北信州森林組合をはじめ県内に多数あるといった供給体制でございます。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 それでは、私、今初めてそういう、何というか、この使うのに条件がついているという話を聞きました。なるほどなという気もしますが、それで、ペレットは飯山市の外から供給されているということだと思いますが、よろしいでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 今ほど申し上げましたように、上伊那森林組合をはじめ県内の3施設でございまして、これは飯山市外の施設でございます。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 ペレットの消費、使い方についてちょっと提案というか、私、考えたことがありますので、特に市長の答弁を今回聞かせていただいていますと、何か1つの課の中で仕事がまとまらない、幾つもわたる場合はプロジェクトチームをつくって対応ができるんではないか、したいというお話をされていたと思いますが、その話を聞きまして、木質バイオマスの利用を促進するようなプロジェクトチームはつくっていただけないかというふうに思います。

 それで、もうちょっと言わせてください。何をそこでやってほしいかというと、まず、先ほどの話でも条件つきだというのは多分それに関係していると思うんですが、大口のペレット消費者を探す。私の頭の中にあるのは、総合病院はいけるかな、総合病院は当てはまるんじゃないかと思いますが、そういうのを見つけ出して、それに対して飯山市製のペレットをつくるような業者を探す。要するにこれ新しい事業を立てることになると思います。今申し上げているのは、木質バイオマスの利用についてプロジェクトチームみたいなのをつくって検討してもよいんじゃないかという提案です。その上に森林組合とお話をして、もとの材木をどう供給するかという話も出てきますので、まさに横断的になると思いますが、そういうふうにしたらどうか。

 何でそういうかというと、こういうものは放っておいて自然にできるものじゃないと思いますので、市が動く余地というか、市しか動けないんじゃないかなというふうに私は思うのですが、どうでしょう、そういうプロジェクトチームなんていうものをお考えになったらいかがかと思いますが、どうですか。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 今、私が考えていますのは、プロジェクトチームというのも各部を横断するような非常に大きな広範囲ないわゆる事業規模のものを、みんなで連携をして取り組もうということでやはり考えております。

 今、議員さんがおっしゃった分野につきましては、これは民間企業の方とか、それから県サイドでそうした新しい形のものということでございますので、またそうした分野で県の情報等を聞きながら進めていきたいというふうに思いますけれども、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 松本議員。



◆2番(松本淳一) 

 私も、市長のそういう答弁、中身を聞いて今そういうお尋ねをしました。ありがとうございました。

 以上で終わります。



○議長(佐藤正夫) 

 以上で松本淳一議員関係の質問を終わりとします。

 この際、しばらく休憩します。

午前11時42分休憩

午後1時00分再開



○議長(佐藤正夫) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 一般質問を続けます。

 山崎一郎議員の発言を許します。

 山崎議員。

  〔13番 山崎一郎議員 登壇〕



◆13番(山崎一郎) 

 それでは、発言を許されましたので、通告に基づき順次質問をいたしますが、一般質問も3日目となりましたら重複部分が多数となりましたが、市政発展に向け、私も角度を変えて質問をいたしますので、前向きな答弁を期待し、質問に入ります。

 最初に、市政運営について何点か伺います。

 1点目は、人口減少時代への対応についてお伺いをいたします。

 本年6月議会の後、「飯山は本当に住みにくいところだ」とか、「物事には二面性があるのに、片面しか見られないでマイナスばかりを声高に指摘したり、何でも無料にすれば人口が増えるみたいな短絡的な発言こそ、飯山のイメージを低下させて、若者の飯山離れにつながる」との厳しい意見を寄せてくださった市民の方がおられました。

 そこで、市長に伺いますが、飯山市では歴代市政において、さまざまな子育て支援策や医療費の無料化などを実施し継続してきましたが、全国的な若者の大都会集中の影響で人口減少になっていて、その対応のためにと総合戦略を策定してただいま取り組んでいることを話しましたら、「市民への説明が十分できているのかい」との指摘を受けました。昨年12月議会で、私は、総合戦略を成果あるものにするには、市民の理解と参加意識が重要である旨を申し上げました。今までどんな取り組みをされてきたのか、まず伺いたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 それでは、答弁を求めます。

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 昨年の11月ですが、総合戦略を策定したのが10月末ということで、早速翌月のまず市報で説明の記事を掲載させていただいたり、同時に飯山市のホームページへ掲載するなど、市民に対しての広報をしてまいりました。先ほどの山崎議員さんのご指摘のように、説明が十分なのかということでございますので、今後も総合戦略を推進する事業等に当たりましては、市報、あるいは区長総会、また各区長さん、それから市政懇談会等を通じまして、各事業の説明を行うなどのほか、区や団体、それからグループなども対象に出前講座等も考えられますので、十分に活用して広報に努めて、理解と参加意識を高めていきたいというふうに考えます。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 大変、今答弁いただきましたけれども、すばらしく総合戦略よくできています。でも、ただできただけでは意味がございませんし、これをいかに市民も参加してもらって成果あるものにする、その部分が大事ですので、ひとつお取り組みのほどをぜひお願いを申し上げたいと思います。

 そこで、実は今議会にもございました、市長が悪いから人口減少になった旨の指摘を聞きました。私はこれを聞いて、「私言う人、あなたやる人」的な指摘に聞こえて、自分も市民の一人なんだという意識が抜け落ちているように感じられたんです。市民に総合戦略への理解を深め、参加意識になってもらうのに、もう一度、総務部長さんにお聞きはいたしましたけれども、何か方法を変えて、この参加意識を盛り上げるという部分についての市長の思いをぜひお聞かせいただきたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 飯山市の総合戦略は、日本全体が人口減の社会になる中でどのように活性化を図って進めていくかということでございます。これは行政の分野だけで完結できるものではございません。経済政策とか、また市民生活全般、全て関係するものでございまして、当然住民の皆さん方と、それから経済分野、これは非常に大事なんですけれども、これが総合的になって取り組んでいかなければ解決できない課題であるというふうに感じておるところでございますし、また、そういうふうに進めなければいけないと思っております。

 山崎議員さんからは、特に住民向けのもうちょっとしっかりしたPRは必要ではないかというただいまご指摘をいただきましたので、そういう点で力を入れて、全市を挙げてやっぱり取り組むという、そういう意識の醸成を進めていきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 そこで、市民向けは今、決意は理解できました。総合戦略は、これを推進するには、市政の将来にかかわる私は重大な問題だと思うんです。そこで、この重要な施策を役所の今の体制で十分機能するのかどうかという部分がちょっと心配な部分があるんですけれども、いかがでしょうか、この部分について。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 総合戦略は非常に幅広い分野にわたって進める事業でございます。それで今、役所の中は部制でそれぞれの分担を持って進めておるわけでございますけれども、必ずしもここだけで従来の、いわゆる事務分担の所管割りだけで解決できない課題がたくさん盛り込まれております。昨日も高山議員からも質問があったわけでございますが、そうした中で組織体制をどのような形で進めていくかということは、とても重要な問題なんです。市民を巻き込んでという観点からも。

 それで、まず大きな部とすると、そうしたものについては基本的には今のような区割りになるかというふうにも思うわけでございますが、組織の見直しも含めて、それからプロジェクトチームというような形の活用も含めて、組織体制を見直しして進めていきたいなというふうに考えておるところでございますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 そこで、実は私、1つ提案なんですが、どうしても今のような庁内組織だと、誰かがやるんじゃないかという、そういう職員意識になりはしないかという心配をするんです。余計な心配かもしれません。そこで私は、市政のこれからにとって重要な総合戦略を、進捗状況を常にチェックして、そして見直しをして進めていくという、そういう部門の専門的な部分、例えばの話ですけれども、総合戦略推進室というようなものを設置して真剣に取り組むというような部分が必要じゃないかなと思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 今、その役割は企画財政課が担当をしております。それで、総合戦略につきましては、重要な市の大きな計画であるわけですけれども、実際にはそこ以外に盛り込まれた部分の事業も当然ほかの基本計画等の中に盛り込んであります。そうしたものも含めて、総合戦略の見直しも含めて当然ながら進めていくわけですが、特別な部署をつくって進行管理するというよりも、全ての事業とか予算を把握しているやっぱり企画財政課が、しっかりそれを進行管理をして進めていくのが一番いいんじゃないかなというふうに思います。そこの部署は、長期計画から、それから3か年計画、それから予算編成、全て統括している部署でございますので、事業編成とともに事業の進捗度をチェックして進めていくということで、企画と財政を一緒に合わせた部門ということでございますので、そこで対応してまいりたいなというふうに思います。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 じゃ、次に、実は、どうもいろいろ議会のやりとり等も聞いていますと、市政への正しい理解のための情報発信という部分が、ちょっと私、不足しているんじゃないかなという思いがあるんです。間違った情報発信が、それがひとり歩きしちゃうような心配感を感じるんです。

 特に、先ほど総務部長から答弁ありましたんですが、市報とかほかの、何とおっしゃったっけ、ホームページ等、いろいろこれから総合戦略ばかりではなくて、いろいろな市の情報発信の部分についてちょっと工夫、特に若年層、若い人たちへの情報発信というのをもうちょっとぜひ庁内で検討してもらわないと、せっかく飯山市は一生懸命にやっているんだ、いい部分もたくさんあるんだという部分が十分市民に伝わらないんじゃないかという、私は、そういう市民からの指摘もございますし心配もあるんです。その辺についてお聞きをいたします。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 議員さんから市のほうの情報発信の充実ということでご質問がございました。

 現在、市報が従来から印刷物として媒体で全戸に配っておるわけでございますが、しかし、最近は若い方々は、そうした紙の情報を読むよりもタブレットとかパソコンとか、それからスマートフォン等を見るというような形になってきておりますので、ことしの7月からスマートフォンとかタブレットでもご覧いただけるようなアプリを入れることによりまして、ご覧をいただけるような対応をしたところでございまして、より幅広い市民の皆さんに見ていただけるようにしておるところでございます。

 それから、もう一つ進めてまいりたいのは、先ほどのいわゆる組織に絡んでなんですが、発信するところの体制をもうちょっとやっぱり強化しないといけないんじゃないかなと。事業全体を統括している部署が、もっと網羅して市民の人にわかるように常に発信をしていくという、そうしたちょっと体制づくりを組織的にも考えなければならないというふうに思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 そこで、先ほどちょっと私、質問の中でも言いました、歴代市政では、子育て支援とかさまざまな支援策とかいろんなことをたくさんやってきているんですよ。そのことについて、ある市民の方からこういう話があったんです。市民のためにさまざまな支援や補助策を実施するけれども、実施の当初は喜びや感謝を思うけれども、それが「当たり前」になると。そのうちに「もっと」になって、さらには「不足」につながりかねないのが人間のさがだということを教えてくれた方がいたんです。

 そこで、その人は、新しい事業を始めよう、また、始めたら途中で経過というようなものを、ぜひ市民との意見交換を市長にもっと大事にしてもらわないと、せっかくの状況が伝わらないことになるということを言ってくれたんです。市長、どういうふうにお受けとめになられますか。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 市はいろんなさまざまな事業をしております。それで、従来に比べてインフラのほうの整備も進んできておりますし、集落からのさまざまな要望等についても、これはかなり整備が進んできているというふうに思うんです。それから、いわゆる行政からの福祉的な部分でのサービス、これも向上をしてきているというふうに思います。

 ただ、過去の事例を知っている方は進んでいるなというふうに思うんだけれども、今、議員さんのおっしゃるように、それが進んできてある程度、いわゆる通常になってしまうと、これが逆に最低限のサービスだと、よりもっといいサービスはないのかというような話になってしまうと思うんです。これは際限がない話でございます。個人の利益をどんどん増やしていくということは、これはできませんので、そうした各過程の経過とかそういうものも含めて、情報の提供をしっかり進めていきたいなというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 大変大事なことでございますので、ぜひそのようにお願いをいたします。

 次に移ります。市政運営の2点目、交流人口増への取り組みについてでございますが、実は、今は人口減少時代でございますが、その認識を基本において地域の元気づくりをどうしようかと考えますときに、私は、市長が重点施策に掲げています移住・定住対策というものと、最近、国交省で注目しております週末に田舎暮らしをする二地域居住の推進というものが、私は非常に重要だなと思うんです。

 そこで、前の議員からも質問がございました全国移住ナビの件も、私は通告しておきましたんですが、お聞きしましたら全国第4位、大変な閲覧回数というんですか、飯山に対する思いというんですか、そういうものがたくさんあることを聞きまして、移住の問い合わせが前年より1.7倍になったという答弁をきのう聞きましたんですが、そこで、でもまだ成果につながっていないという現実のようでございますが、このせっかくある問い合わせ、これが成果につなげられない、つなげるにはどうするか、その部分について、何かお考えがございましたらお聞きをしたいと思いますけれども。



○議長(佐藤正夫) 

 松澤建設水道部長。



◎建設水道部長(松澤孝) 

 きのうありました移住ナビのホームページの件でございますが、全国移住ナビだけではなく、JOIN、ニッポン移住・交流ナビですとか、飯山市で経営しておりますふるさと回帰支援センター、長野県の田舎暮らし楽園信州など4つほどの移住のホームページがございます。こういったものが、全てにおいてアクセス数が飛躍的に伸びているというような状況でございます。そして、相談数も飛躍的に伸びてきておるわけでありますが、これについてはきのうも申し上げたんですが、先ほど山崎議員さんご指摘の情報の重要性というものがうかがえるのではないかなというふうに思います。仕事、子育て、住宅、こういったものを中心として一元化して照会ができるということが、こういう結果に伸びている。それを見た方が相談いただいているというような状況でございます。ただ、7月から8月に4位になったということですので、相談が伸びているんですが、これから定住につながるというふうに感じております。

 それと、既に昨年の移住件数よりはことしのほうが既に、このアクセス数が伸びたからという直接ではないんですが、昨年よりは移住者の皆さんが増えているというような状況になりつつございます。これからも丁寧な対応をしながら進めてまいりたいというふうに考えております。

 二地域居住につきましては、なかなか相談いただけるんですが、具体的に二地域で、東京に住んでいて飯山に別荘的に土日で農業をしたいというような相談は、まだなかなかないというような状況でございます。そういったことも紹介しながら進めてまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 実は私、ちょっと頼まれまして、神戸から飯山に住みたいという方がおられて、ちょっと一緒になっていろいろやってみたんですが、結局あともうわずかのところで移住することにならなかったんです。そこで大変重要に思ったのは、地域の空き家住宅の調査、情報を持つということの大切さ、それをしみじみ感じましたんですが、今、飯山市の住んでみません課じゃなくて今度は……、移住定住課ですか、どんな程度に空き家情報を把握されておられるのかお聞きをしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 松澤建設水道部長。



◎建設水道部長(松澤孝) 

 空き家関係についてでございますが、毎年、区長さんにお願いをしまして空き家の状況等、また管理者ですとか所有者、こういったこともあわせて調査をさせていただいてございます。平成27年度におきましては、約280戸というような数字がございました。本年度につきましても、8月末を締め切りということで現在集計に入っておるところでございますので、数字としましては今しばらくお待ちいただきたいと思いますが、ただ、方向としてはやはり増えている方向だというふうに確認をしております。

 今後の取り組みなんですが、程度を調べさせていただきまして、それが空き家バンク、要は移住される皆さんに提供していただけるか、貸していただけるかというようなことをお願いして登録を促したり、また、危険なものにつきましては取り壊しの方向で案内等をさせていただくというようなことで、ただただ危険空き家ということでなくて、有効に活用できるというようなことも重点的に取り組んでまいりたいというふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 そこで実は、国で40歳未満の若年層を対象に、中古住宅を購入する際に必要なリフォーム費用を補助する制度を年内に制度化するという新聞報道がございました。飯山市では26年度から空き家活用事業を実施しておりますけれども、これをこの国で今度取り組もうと思うのと関連させれば、かなり古民家に移り住もうという方に対してはいい、明るい情報提供できるんじゃないかなと思うんですが、この辺の対応、調査、どの程度してあるかお聞きしたいんですけれども。



○議長(佐藤正夫) 

 松澤建設水道部長。



◎建設水道部長(松澤孝) 

 ただいまお話しいただいたものにつきましては国土交通省の情報で、私どもも一応聞いてはおるんですが、若者を中心としまして中古住宅を購入いただき、その改修費並びに耐震化について補助をすると。また、年齢制限のない補助も検討していきたいというような情報は入っております。詳細につきましては、これからということでございます。

 市でもこの情報をなるべく早目に使いまして、一層移住につながるような施策を検討していくということで前向きに取り組んでまいりたいというふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 ぜひ前向きな取り組みを期待したいと思います。

 そこで、実はこういうことを言われたんです。飯山には新幹線に温泉、そして雪と自然、こんなにすばらしい環境があるのに、この地域の人はマイナスばかりを口にしていると。この冬、外国から見えた方に言われたという市民の方が、私のところに来てくださいました。これを聞いて、外国人ばかりでなくて、地元にいても感じない重要な指摘だなと思うんです。非常に重要だと思うんです。この部分について、市長、どんな受けとめをされますでしょうか。お聞きしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 飯山の環境というのはとてもすばらしいと思うんですよ。四季に恵まれておりますし、それから環境、空気もいいです。それで、住んでいる方々も非常に人情のある方が多いということで、これが、しかも今、新幹線が開通しましたのでフル規格の駅ができましたから、こういうふうに自然環境が整っていて東京まで本当に1時間、2時間かからずに行けるようなところというような場所というのは、実はよく考えてみるとあまりないですよね。

 ところが、やっぱりこの飯山に住んでいる人の場合は、どうしてもマイナスの面が感じやすいということでありまして、ほかのところへいろいろ行ってみますと、飯山というのは本当に外と客観的に比較しても悪くはないと思います。もちろん雪が降るわけですけれども、また雪が降るからいいことも当然あるわけでございます。ですから、そうした面でもっと自信を持っていいと思うんですよ、飯山に住むことについて。それがとても大事だというふうに思います。その飯山のよさを市民の人たちにも大いに発信をしていきたいと思います。

 かつて小山市長さんは、雪は飯山の宝物だということで、本当に市民の意識が変わってきたというふうに思いますが、そうした面でも飯山のよさをまた市民に発信をしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 そこで、飯山のよさを情報発信するということでちょっと1つお聞きしたいんですが、今、大河ドラマで真田丸が大変な人気でございます。上田市は大変なようでございますが、真田丸にも飯山も関係、正受庵が関係しているわけでございます。

 そこで、ちょっと漏れうかがうに、正受庵で鍛えられた白隠禅師は、正受老人がいなければ悟りを開くことができなかったということを聞いております。その白隠が来年250年遠忌になるそうでございます、亡くなってから。それで、正受庵のもととなるんでしょうか、京都の妙心寺で大変な浄財を正受庵にくださって、それで正受庵は今、全面改修が終わったようでございますが、その辺は多分ご承知だと思うんですが、そのことが1つのきっかけで、東京のほうから座禅会で、白隠の悟りを開いたお寺で座禅会を開催するという、そういう企画がございまして、何か今月の末ごろからあるようでございますが、それで何か120、130人ですか、飯山に来られるというような情報を聞きました。

 私は、もしこれが現実となりますれば、新幹線効果の非常に市民に対する明るい話題提供になると思うんですが、この辺についてちょっと、これは教育長ですか、どなたかお聞きをしたいと思うんですけれども。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 今、議員さんご指摘の正受庵の改修につきましては、本山の妙心寺が、基本的にはやはりあの場所が臨済宗の場所として非常に大事な場所であるということで、いわゆる道場として復活をして、やはり妙心寺派のいわゆる若い僧たちが来て修練をする場所として今後使いたいという大きな意図があるようでございます。

 それと、もちろん白隠が亡くなってから来年250年遠忌になるわけですが、それについて京都のほうで、ことし10月から12月にかけて正受老人と白隠ということで特別展を企画しておるようでございます。それを受けまして、市としても来年度、正受老人をメーンにおいて、白隠との関係をやはり柱に据えた特別企画展を現在計画しております。

 ですから、非常にこれは、私は、新幹線ができたことで今以上に正受庵がクローズアップされて、正受庵を訪れる人が全国的に増えていくということが、私は非常に大きな新幹線効果の一つではないかというふうに認識をしております。

 以上です。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 今、教育長からお話がございましたんですが、こんなにすばらしい飯山の宝、雪もそうでございますが、こういう部分も非常に大事な飯山の宝だと思うんですが、この宝を市民みんなで共有してもう一度認識をみんなで持たせていただくと、そういう意味で、その企画展ですか、何かやられるという、その部分に期待しておりますので、ぜひひとつ予算をかけてでもお願いしたいなと思いますが、よろしくお願いを申し上げます。

 次に、時間の関係が……、それからもう一点、農地取得の下限面積が大幅に引き下げがございました。移住・定住に結びつけるために今、飯山市でどんなPRを取り組んでおられるのか、その辺ちょっとお聞きしたいと思うんですが。



○議長(佐藤正夫) 

 松澤建設水道部長。



◎建設水道部長(松澤孝) 

 下限面積の引き下げということでございますが、現在、移住定住推進課では、ホームページでの掲載、それと移住希望者の皆さんの相談、そういったときに直接説明をさせていただいてもおります。また、市内の宅地建物の協会の皆さんとの懇談会の中でも事業の内容を説明をし、普及をお願いしているということを努めておるところでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 それでは、時間の関係がございますので次に進ませていただきたいと思いますが、3点目は飯山赤十字病院の支援についてでございますが、このことにつきましては、たくさんの議員からの質問がございました。私も通告はしてございますんですけれども、ちょっとだけお聞きしたい件は、補正予算、今回3,158万円を計上いたしました。これはこれで大変、基幹病院、地域の中核病院で大事なことで、その支援のことにつきましては異論はないわけでございますんですけれども、どうもいろいろ聞いていますと、飯山赤十字病院が赤字だ、赤字だと、その部分だけが強調されて、何か赤字のために補正予算を使うんじゃないかというようなイメージを持たれてしまい、そういう部分が私、危惧しちゃうんです。答弁を聞いている範囲では、そうではないという答弁なんですが、飯山赤十字病院は救急、緊急ですか、夜間とか日曜日とかそういう部分で非常に地域のために貢献してくださっている病院なんですよ。こういう部分が飯山赤十字病院としては非常に、赤字というよりも負担増というんですか、医師に対しても病院に対しても負担増になる。

 この部分について、私は全面的に支援をするという部分は大事だと思うんですけれども、今回の議論の中にはどうも赤字の部分だけというような部分がございますので、この辺をしっかりもう一度市長に、予算計上した経緯と目的について、ちょっともう一度端的にお願いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 今回、岳北管内の市村がみんなで協働して支援しましょうということにつきましては、これは飯山赤十字病院に継続的にきちんとしたやっぱり運営をしてほしいということなんです。それで、そのためにはやはり改善すべき点が経営をしていく上で多々あるんではないかということなんです。その結果、赤字ということにもなるかというふうに思うんですけれども、やっぱり経営の改善を自ら取り組んでもらいたいと、その中には医師確保の問題も入っているということでございまして、赤字補填のための支援というお話になりますと、これはそもそも、じゃ、赤字補填を関係する自治体がみんなでやるのかという根本的な話になります。今回の支援につきましては、きちんとした経営を進めてもらいたいということでの支援と、経営改善計画を進めるための支援ということでございますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 そのとおりで、ぜひ強力に支援のほども進めていただきたいと思うんですが、そこで1点、地域医療ということを考えるときに、どなたもみんなそう思っておられると思うんですけれども、私は飯山赤十字病院だけではないと思うんです。地域には、地域の医療を支えてくださっておられる、医師会に入っておられる開業医の皆さんがおられるわけですよ。私は、この開業医というか、医師会の開業医の皆さんと飯山赤十字病院、そして行政、この関係、これが今どのような状況になっておられるのかなという部分、ちょっとぜひお聞きをしたいと思うんですが。



○議長(佐藤正夫) 

 清水民生部長。



◎民生部長兼福祉事務所長(清水俊文) 

 地域の医師会と飯山赤十字病院と行政の関係というようなことでございますが、まず医師会の関係でございますが、飯水医師会においてもこの地域医療の問題については大変危惧しているというふうに聞いております。飯水医師会は、もともと飯山赤十字病院の医師も個人として加わっているというようなことでございまして、その中で飯水医師会の事業計画にもありますとおり、地域医療の推進という立場でこの地域の包括的医療について協議、検討されているということを聞いております。

 行政としてというところでございますが、行政も一定程度バックアップしながらその問題について一緒に検討、協議していかなければならないということになるかと思いますので、その辺も含めて今後検討していきたいというふうに思っています。よろしくお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 飯山赤十字病院につきましては重複がたくさんございましたので、私はその程度にさせていただきまして、次に進みたいと思います。

 次は、SL運行についてでございます。

 ことしの11月に、44年ぶりに飯山線にSLが運行されるという計画が過日JRから発表されました。ここに至る間に、足立市長ら飯山線沿線地域活性化協議会の長年のJRへの働きかけがあったためだと思いますので、それに敬意を表したいと思います。

 そこでちょっと伺いたいんですが、今度のSLは、新幹線とSLが飯山駅に、多少の違いはありますけれども、一緒に並ぶという、そういう大変魅力的な話題性を全国に発信できるというような状況になるかと思います。ですけれども、これにはかなり地域の皆さんのボランティア的な支えというんですか、支援というんですか、そういうものがないとできないというような状況を聞いておるんですけれども、今の現状はしっかり連携がとれているんでしょうか、お聞きします。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 SLについて、しっかりと連携をとれて進めているのかということでございます。

 現在、JR東日本さんからSL運行に当たって依頼されている点で申し上げますと、一番大きなのは警備の点でございます。それから給水に関すること、それから地域でのおもてなしということで、大きく3点依頼を受けております。

 地域の皆さまにご支援いただく点といたしましては、まず、SLの写真撮影においでになる方、見学においでになる方などの安全性の警備ということでございます。沿線の踏切が非常に飯山市内は多うございまして、その踏切を中心としてビュースポット等の警備について、警備員を最低2名は配置してほしいというようなご要請があります。その警備だけでも試運転のときを含めまして、およそ1運行当たり140、150人という人数が必要になってまいりまして、その点では市内の各団体、消防団、区長会、それから老人クラブ等々いろんなところにお願いをしまして、ボランティア的に活動をしていただくというお願いをしておるところでございます。

 また次に、停車駅でのおもてなしなどのにぎわい創出の点でございます。乗車していただいた方や見学に訪れていただいた方に楽しんでいただけるようなおもてなしを停車駅では検討しているというところでございまして、この2点につきましては地域の皆さまの絶大なご支援をお願いをさせていただくと、そういうことでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 このSL運行につきましては全国的に、今お話がございましたように、マニアが殺到するんじゃないかという、そういう心配の部分がございます。ですので、私はこのSL運行について、沿線地域活性化協議会、あるいはまたSL運行実行委員会や、さらにまた市民の会と、いろいろさまざまな団体が関連しているようでございますけれども、情報発信という部分についてぜひ混乱がないように、実施体制に明確な情報発信の一本化という部分について心配だという、ボランティアで要請を受けた方から、どこからどういう情報がきちんと発信されているのかというので心配だという指摘があったんです。その辺についてちょっとお伺いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 今回、飯山線沿線地域活性化協議会がこのSL運行の推進母体となっております。沿線協議会には、長野市から新潟県の長岡市までが加盟しておりまして、SL運行の全体調整というのはここで行っているということでございます。その中で飯山市内の警備やおもてなしイベント、それから広報につきましては、SL運行飯山市実行委員会が実施をしてまいります。

 実行委員会の委員は、市長を会長としまして、長野県、それから商工会議所、区長会、JA、社協、観光局、建設業協会、旅館組合、安協、岳北消防本部、消防団、飲食店組合、ボランティア連絡協議会、老人クラブ、JC、市民の会、若者会議、JR OB会など、実に多くの方々に参加をお願いして運営をしていこうというものでございまして、実施に当たりましては、沿線活性化協議会とJR東日本さんとで毎月、連絡調整会議を進めまして、決定事項に基づいて、実際の運行に必要な事項は実行委員会が行うという体制となっております。

 実行委員会には、先ほど申し上げましたとおり、警備、それからおもてなし、給水を担当する部会と、それから広報の部会がございまして、それぞれの部会で準備を進めているところであります。飯山市の情報発信につきましては広報部会で検討し、実行委員会としての広報を行っていきたいと、そういうふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 大変私はすばらしい企画だと思いますので、成功するように期待しておるところでございますが、そこで、この飯山線の沿線は、四季の変化が大変すばらしいところでございます。ですので、このSL運行には、私は全国的にもぴったりな場所じゃないかなと思うんですが、ぜひこれを機会に四季それぞれに運行して、信越自然郷というエリアの地域づくりの要にできないかなとそういう意味で、継続性について、これは市長ですか、お聞きしたいんですが、いかがでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 ただいまのご質問でございますが、飯山線にSLが走るのは44年ぶりということでございます。JR東日本さんの決定により、このイベント運行が今年度の秋に実施されるということでございます。とにかく今回の運行を成功させるべく、事前の準備を入念に行って本番当日を迎えたいということが今の大きな目標でございまして、運行主体はあくまでJR東日本さんということであり、継続性について今のところは未定ということでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 そういたしますと、飯山市のというか、今度のこれに対する地元の取り組み次第では可能性があるんじゃないかなと期待を感じ取らせてもらいました。ぜひそういうふうになるような取り組みを市民挙げてできればということを要望しておきたいと思います。

 次に、時間の関係で5点目に、私は世代間交流の重要性についてちょっと申し上げたいと思います。

 過日、私は、江戸川区内の幼老複合施設の視察をしてまいりました。この施設には、ゼロ歳からの園児が120名ほどいました。入所・通所の高齢者と熟年世代の方々が近所から通えるようなトレーニング施設等も併設されている、そういう場所でございました。行ってびっくりしましたのは、朝、園児とそこに入所しています入所者と一緒にラジオ体操をしました。その後、園児がマラソンをするんです、近くを。そうしますと、入所の人はもちろんですが、近所の人まで出て応援をしてくださる。それが終わりますと、園児と握手をしたり、あるいはまたハグをしたり、涙を流して喜ぶ車椅子の高齢者とびっくりするような状況を見せてもらいまして、大変感動をいたしました。

 その後で、厚労省の担当官より、少子高齢化時代における「地域の実情に合った総合的な福祉サービスの提供に向けたガイドライン」というものについて説明を受けました。人口減少下においては、効率的な柔軟な福祉サービスを確保するために、高齢者、障がい者、児童等、包括的な支援が大切である旨の貴重な考えを拝聴した次第でございます。

 今、飯山市は少子高齢化が顕著な場所でございまして、その中で新しい子ども館が検討されております。前々から私は、高齢者と子どもたちがこの施設の中でお互いに連携できる、そういう場所をという提案をしてまいりましたけれども、検討の状況はいかがかお聞きをしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 今、議員さんが、東京の幼老複合施設の中から、子どもたちと高齢者の交流が非常に両者にとって大きな意味があるというご指摘でございますが、子ども館につきましてもそういう交流ができますように、検討の中で多目的ルームなどを使いながらできるんではないかというふうに検討を進めて、具体的にそれが実現できるような方向で検討をしております。

 特に、子どもたちにとり多様な大人、そして多くの大人と交流するということは、子どもたちにとって、特に心の成長では、私は大きな意義があるというふうに理解をしております。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 それでは最後に、27年度決算について何点か伺います。

 まず、実は27年度の歳入状況を見ますと、要となる市民税、固定資産税等の市税の収入がいずれもマイナスでございます。その上に地方交付税もマイナスの状況であります。しかし、ふるさと寄附金が前年より10億円ほどの増、あるいはまた旧二中跡地の売却、それから繰越金の増とか市債発行額が前年比26億円余の大幅増というような状況で、収支のバランスがとれているように私は決算状況を見ましたけれども、この理解で間違いないでしょうか。ちょっと確認をしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 決算の状況でございますが、一般会計に福祉企業センター特別会計、それからケーブルテレビ特別会計を加えた普通会計の27年度の収入決算額は、前年と比べまして25億400万円、15%ほどの増ということで、191億9,500万円ほどとなりました。

 前年度と比較して減少した主な収入でございますが、市税が固定資産税の評価替えがあったこと及び法人市民税の超過税率の廃止などによりまして2%、4,890万円ほどの減となりました。また、地方交付税が公債費に係る基準財政需要額への算入額の減少などによって3,710万円ほど、0.7%程度の減となっております。

 一方、増加したものでは、悠久のふるさと飯山応援金が10億9,690万円、175.4%という実績でございまして、また旧第二中学校跡地の売却などによる財産収入で2億1,570万円ほど、それから文化交流館の建設など普通建設事業等に係る地方債が18億1,000万円の増となっております。

 また、歳出の決算額のほうなんですが、区画整理などの新幹線関連事業、それから文化交流館の建設や城南中学校移転などの施設整備事業と、それからふるさと寄附金推進事業に要する経費などで27億9,160万円、18.1%増ということで、181億9,290万円となりました。この結果、単年度収支に財政調整基金への積立金を加えた実質単年度収支は、前年度より3億3,530万円増の4億7,048万円という決算状況になったわけでございます。

 議員がおっしゃるとおり、長期財政推計を踏まえまして、収支バランスが保たれた決算になったんではないかというふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 そこで、示されました財政健全化比率では、非常に改善されたという、そういう報告でございました。ですけれども、10年前の平成18年の借金、支払残高は129億円余りです。それで、以後年々減少してまいりました。76億円まで減りましたんですけれども、27年度決算では10年前に次ぐ118億円の状況でございます。

 実は、10年前の人口は2万5,000人ほどでした。ことしは2万1,000人の人口の現状でございます。今後さらに人口が減少していくと、そういう現実にございますが、歳入に大幅増が見込めないような状況で市債残高が大幅に増と、こういう現実でございますが、今後の収支バランスについて、時間がありませんので短めにお願いしたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 堀内総務部長。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 今後の収支バランスということでございますが、市では行財政健全化プラン実施計画によって記載残高の推計値というのも出しておりまして、ほぼそのような数字で推移しているなというところでございます。

 また、今年度におきましても、給食センターの建設や駅西線の整備などによって14億円程度の起債発行を予定していることから、年度末における起債残高は約4億円程度増える状況であります。

 しかしながら、ピーク時期というものを、昨年度策定いたしました3か年の実施計画をもとに試算してみますと、今年度末をピークにこのままでいけば次年度以降減少する見込みというのが今の見込みでございますが、あくまで3か年計画については変更もございますし、今後必要な事業が出てくる、特に施設の管理計画等によってどのような経費が見込まれるかというのは、今後のこともございますので若干の変動も考えられます。それから……、



◆13番(山崎一郎) 

 短めにお願いします、短めに。



◎総務部長(堀内隆夫) 

 よろしいですか。

 それから、交付税の関係で減少したというご指摘があったんですが、過日の一般質問の中でも大幅に減ったというようなご発言がございました。普通交付税については、過去において借り入れを行った元利償還金等に対する国の財源措置も含まれているということでありまして、普通交付税の決算額で減少額、22年と比較して約8億円というふうにご指摘がございましたけれども、これは起債の元利償還等に連動するものが6億7,000万円ほど入っております。

 したがいまして、いろいろな要素で減った分が約1億3,000万円ということで、こうした見込みを立てますと、新幹線関連などの大型事業に対する起債償還というのがこれから本格的になってくるということで、今後も収支バランスには十分配慮して計画をして、執行していきたいというふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 まだたくさんお聞きしたいことがあるんですけれども、ちょっと時間がありませんので、時間が余ったらやりますけれども、次、水道事業関係についてお聞きします。

 飯山市の水道水は、深層地下水をポンプでくみ上げております。川や池やダムなどの表流水を使用しているところ等、その地域の状況によってさまざまな違いがございます。これが水道料金のもとになる、給水原価の違いになるわけで、各市町村の状況を比較もせずに、私は、短絡的に飯山市の水道が県下一高いというような安直な発言は、市民に間違った情報を与えかねないと思うんです。正しい情報発信を強く要望いたしますが、これについてお聞きをします。



○議長(佐藤正夫) 

 松澤建設水道部長。



◎建設水道部長(松澤孝) 

 山崎議員さんご指摘のとおり、県下それぞれ水道事業につきましては、水源ですとか地理的条件、施設整備に要した費用等によりまして、それぞれ料金が違うというような状況でございます。

 飯山市におきましては、平成14年より市民の皆さんの要望によりまして、千曲川の水から井戸の水へというような要望をいただく中で、安心でおいしい水の安定供給を図るということで水源の変更をしたところでございます。当初、皆さんに大変喜んでいただいたというような経過がございます。そのときに水源の開発ですとか配水池、また導水管、配水管、こういった設備の投資をしてまいったところでございます。千曲川から脱却しました経過ですとか経営の健全性、安全性、こういったことも重要であり、良好な水道経営を継続していくということが市民生活の下支えにもなるというふうに考えております。

 県下一番高いということではございませんのでご理解いただきたいと思いますが、現行の水道料金に関しましてご理解をいただきたいというふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 以上で質問を終わります。



○議長(佐藤正夫) 

 いいですか。

 以上で山崎一郎議員関係の質問を終わりといたします。

 続いて、西澤一彦議員の発言を許します。

 西澤議員。

  〔3番 西澤一彦議員 登壇〕



◆3番(西澤一彦) 

 ただいま発言を許されました。通告に従い、順次質問させていただきます。

 1番、子どもの農山村滞在について、2番、市道草刈り作業について、3番、有害鳥獣について、4番、武道教育について、5番、エコパーク寒川について質問いたします。

 それでは、第1番目の子どもの農山村滞在について質問いたします。

 国の教育方針として、都市部の子どもが農山村に滞在し、勉強することを義務づける方向で進んでいるとのことであります。諸党派の国会議員、県会議員も前向きであります。飯山ではこれを先取りして、東京、神奈川、京都方面から既に受け入れをされているとのことであります。いつごろから始まり、昨年度は延べ何泊ぐらいされたんでしょうか。質問いたします。



○議長(佐藤正夫) 

 それでは、答弁を求めます。

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 平成6年度から横浜市の中学校の2校を皮切りに事業が始まりました。昨年度の実績でございますが、斑尾泊まりを含めまして68校で2万1,974泊でございました。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 大変な生徒さんが滞在されているということであります。勉強でということですが、農業体験も当然含まれるわけでありますか。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 ここでいう勉強とは、農業体験そのものを指しているというふうに考えられます。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 この間、民宿の方とお話をしました。子どもの滞在がもう本当に通年あれば大変ありがたいと言われていました。この子どもの農山村の滞在の取り組みをさらに進めていただきたいと思います。どうでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 この子どもの農山村滞在につきましては、当市のグリーンシーズン観光の屋台骨でございます。今後も既存校の当市での継続実施の営業活動と、それから、これからは外国からの学習旅行を含む新規の学校の開拓にも努めてまいりたいと考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 ただいま海外の学校からというような話もありました。ぜひそんな点も力を入れてお願いいたしたいと思います。

 江戸時代の天下の台所と呼ばれた大坂船場の鴻池、住友、武田など、ここで生まれた商人は代々のれんを重んじたそうであります。のれんを守り、のれんを継ぐ。こののれんを守るため、多くの商家がとった日本独自の仕組みがあります。里子の制度であります。跡継ぎを田舎の農家に10歳ぐらいまで預ける。そして、農家の子どもと同じ農作業をさせる。田植え、炎天下の田の草取り、そして秋の稲刈り、商家とは全く違う大変さを経験させる。その経験が、のれんを継ぐ者に必要欠くべからざる条件とされたと言われます。肉体労働の大切さを知らなければならないと、こういうことであると思います。これは人間形成の知恵が光っていると思いますが、どうでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 現代におきましては、里子制度というものは特殊な事例として存在するものと思われますが、先ほど来お話しの子どもたちの農村滞在、いわゆるセカンドスクールと言われるものでもございますけれども、ある意味では現代版の短期里子制度ともいえる有効な制度ではないかなというふうに思われます。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 飯山には新幹線の飯山駅があり、高速道路のインターもある。先ほどの里子ではありませんが、農業体験受け入れのノウハウもある。豊かな自然、また日本一の大河千曲川が南北に流れている。飯山へさらに多くの子どもさんが見える大きな可能性があると思いますが、その点どうでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 議員ご指摘のとおり、新幹線が開業したということによりまして、また以前からありました高速道路のインターを合わせますと、交通網の利便性など非常に高度に高まっているわけでございまして、そういった利点を生かしまして、四季折々の自然や歴史、あるいは伝統、文化の素材、それとあわせまして農業体験の受け入れのさまざまなノウハウなどを活用することによりまして、飯山に訪れる大きな可能性というものがこの地域に存在しているというふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 都市部のたくさんの子どもさんたちが飯山に滞在し、農業体験で人間力、人間性を豊かにし、地域の経済にも貢献、飯山の活性化にも必ずつながると思います。近江商人の三方よしの原則「売り手よし、買い手よし、世間よし」に当てはまると思います。

 私事で恐縮でありますが、私は親戚が北海道と東京、あと三重、石川、兵庫、愛媛にありますが、皆さん飯山にみえますと、飯山はすごいと、新幹線もある、新幹線の駅もある、また高速のインターもある、これはもう大発展しますよと。これが枕言葉になって、その後、話が始まります。確かにそのとおりだと思います。すごいものを持っております。

 これから飯山市を具体的にどのように全国に売り出し、誘客につなげていくのかお聞きいたします。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 飯山市における子ども農山村滞在における受け入れにつきましては、農家の皆さまでございまして、家族経営の民宿が中心となっておられます。その強みは、農業体験は経験に基づく生きた指導でありますし、家族経営による田舎のお父さん、お母さん、あるいはおじいちゃん、おばあちゃんの家に来たようなアットホームなそういった雰囲気、それから大規模な宿泊施設にはない魅力によりまして、これまでたくさんの小・中学校の体験教室を受け入れてまいりました。

 今後も自然の資源と飯山ならではの今ほど申し上げました強み、そういったものを生かしまして、たくさんの子どもたちに来ていただけるよう努めてまいりたいと思いますし、こういった体験学習、セカンドスクール以外のお客様にもこういった資源を使っておいでいただけるように、飯山市の観光を考えていきたいと考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 私は、お盆に同級会があり、民宿に宿泊しました。食事もたいへんおいしく、皆、喜んでいました。東京から家族でいらした別のグループの方は「飯山は第2の田舎のような気がします。のんびりできる」、また、飯山に8泊していかれるとのことでありました。毎日、温井のすいかまつりへ行ったり、山へ昆虫採集、北竜湖、暑いですので毎日市民プールへ行かれた、ゆったりした時間が過ぎたと喜んでおられました。また、近くのお勧めスポットを聞かれている方もいましたが、宿の方は、「この辺には何もありませんが、東へ行けば野沢温泉、飯山の町の中には人形館、西へ行けば野尻湖、南へ行くと小布施があります」と話されていました。

 私はこれを聞いて、飯山は間もなく蒸気機関車が走る日本有数の田園地帯ではあるが、リゾートでもない、有名温泉でもない、だからこそ、逆に子どもさんたちを農業体験で受け入れる条件がそろっているというふうに感じましたが、どうでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 議員からお話のあったとおり、そういった条件は大変そろっている地域だというふうに考えます。都市部等のたくさんの小・中学生に飯山に訪れていただきまして、日本の農業を勉強していただく機会を提供しながら、この地域の経済の発展につなげてまいりたいというふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 飯山城址と上杉、真田、武田家との歴史的関係、あるいは今、話が出ましたが、正受庵、正受老人、白隠といった話題は、我々のグループからも民宿の方からも、誰からも出てきませんでした。まず飯山の市民が、飯山にすごい歴史があることを認識し、郷土に誇りを持つことが大事なんだなと改めて感じましたが、どうでしょうか。教育長にお聞きします。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 今、西澤議員さんから、飯山市の歴史についての認識のあり方についてのご質問だったように受けとめましたが、飯山市には国の重要文化財、県の指定の県宝等、ものすごい数がございますが、それ以上に、名もない庶民がつくったような石仏であるとか、お地蔵さんであるとか、庚申塔であるとか、そういうものもたくさんございます。それらについて、やはり市民が一人一人それらをよく知って、外から来た人にやはり語れるようになるということが、私は非常に大きな大事な点ではないかと思います。ということは、その前にやはり住んでいる市民が、大人のことを言っておるんですが、自分の住んでいるところをやはり好きだということが前提に立たないと、なかなか自分の住んでいる場所のことを知ろうという意欲が湧いてこないと思います。

 ですから、ぜひ私も含めて、自分の住んでいるところが名実ともにいい場所なんだというそこからスタートして、やはり歴史、文化等を自分で学んでいくということが、外に対しての最終的な情報発信につながるというふうに理解しています。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 教育長から、自分の地域を好きになるという答弁がありました。具体的にはどうやって自分の住んでいるところを好きになるか、そういった具体策をもしあれば教えていただきたいと思います。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 先ほど大人の件については申し上げましたが、やはり大人にとっては生涯学習という観点から、市でも社会教育の場面で公民館、いろんな場面を通じて講座を開いております。そういう中で、やはり大人になってからも学び続けるという、そういう姿勢を持つことが基本的には非常に大事ではないかと思います。

 それから、もう一点は、やはり学校教育で小さいときから飯山市の大事なキーポイントである歴史等についてはしっかり教えるという、そういう姿勢をやはりつくっていかなくてはいけないと思います。ですから、教育委員会では、正受老人物語を小学校には学級単位に全部配付してあります。それから、中学生には全員無償で配付して、これは毎年続けています。ですから、そういう形で種をまきながら、大人になってもそれらが継続して勉強するという、そういう雰囲気を市全体でつくっていくということが、私は大事ではないかというふうに思っております。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 私は、歴史も観光資源の大きな一つだと思います。ぜひこれをうまく活用し、城山整備、復元もあわせてできますよう、よろしくまたお願いいたします。



○議長(佐藤正夫) 

 石田文化振興部長。



◎文化振興部長(石田一彦) 

 議員からは、歴史、文化を観光資源として活用というご提言でございます。

 県史跡でもございます飯山城址、正受庵並びに昨年国の重要文化的景観に選定されました小菅の里などは、観光的にも極めて魅力的な資源でございます。大切な宝となる資源の本質を崩さず、保全とともに、その魅力を多くの皆さまに知っていただくよう取り組んでいきたいというふうに考えてございます。

 まず、飯山城址公園でございますが、城山公園基本計画によりまして江戸時代末期への復元を目指し、整備を進めてまいります。城内の石垣は貴重な遺構でもあり、地震等による崩落危険個所におきまして、史跡価値を損ねないように修理工事を実施するとともに、現在、石の動きを確認する変位調査を実施しているところでございます。

 現在、旧市民会館の解体工事を行っているところでございますが、その後は西曲輪の形状を復元し、遊具を備えた芝生広場とする予定でございます。同時に城の歴史、遺構の解説などを記した案内サインを配置し、憩いの場であるとともに当時をしのぶ歴史散策の場としても市内外からご来訪いただけるよう、整備を心がけていきたいというふうに考えてございます。

 一方、小菅の里につきましても、学識経験者を交えた小菅の里づくり委員会とともに、小菅の魅力、価値を構成するポイント整理並びに整備計画について現在話し合いを重ねているところでございます。協議する中で、小菅の里の見方、歩き方を方向づけしていきたいというふうに考えてございます。

 いずれにしましても、当市の持つ歴史、文化、民族等、差別化できる固有の観光資源でもあるため、保全と活用について市民とともに知恵を出していきたいというふうに考えてございます。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 ありがとうございました。

 それでは、2番目、市道草刈り作業について質問いたします。これはきのうも質問ありましたので、要点のみ質問します。

 飯山市の市道は、延べ何キロあるんでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 松澤建設水道部長。



◎建設水道部長(松澤孝) 

 市道の延長でございますが、約760キロメートルです。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 以前は草刈り車が市内を3回まわったとのことであります。今は市内を2回まわるのが手いっぱいとのことであります。

 ある方が車で走っていると、草が伸び、ガードレールをすっぽり覆っている草の中から熊らしきものが出てきて、びっくりして車をとめてよく見るとカモシカであったと。また草の中へ入っていったそうであります。市へ連絡し、迅速に対応していただき、草を刈っていただきましたが、きのう市長の答弁でもありましたが、観光インバウンド、移住・定住を考えたとき、雑草がきれいに処理されていることも非常に大事になってくると思いますが、いかがでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 松澤建設水道部長。



◎建設水道部長(松澤孝) 

 ただいまの西澤議員さんのご指摘のとおり、市道の草刈りでございますが、草刈りをしております市道延長が市内で約155キロほどございます。これを1台の機械で現在刈っておるというような状況でございます。各地区それぞれ高齢化に伴いまして、地域での管理の困難さ、また高齢化によります耕地、農地の荒廃、こういったことによりまして沿道の草刈りの延長が減ってきたというようなことを加えまして、現在2回まわるのがやっとというような実情となっております。

 観光のイメージという点につきましては、議員さんご指摘のとおりというふうに感ずるところでございます。きのう、市長が申し上げたとおり、草刈り機の増強をする中でこういった観光地のイメージづくり、こういったことにも力を入れて管理をしていきたいというふうに考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 草刈り車がもう一台あればありがたいとおっしゃる方もいらっしゃいます。有害鳥獣の件も含めて草刈り車をもう一台増やすという選択肢もあると思うんですが、そんな点はどうでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 きのうもそうしたご質問がございました。それで、草が繁茂して路肩がわからないようでは大変危険でもございますし、また、観光地のイメージをしっかり維持していくということも大事ですので、新年度におきまして草刈り機の導入について検討していきたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 3番、有害鳥獣について質問いたします。

 熊の出没が多く情報が寄せられています。現在どのような状況にあるんでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 ツキノワグマの出没の状況でございますが、今年度春から市に寄せられました足跡、それから食害を含めました情報で、8月末現在のものとしまして報告が46件ございます。また、そのほか有害鳥獣としてイノシシ、ニホンジカの出没情報についても多数寄せられております。

 現在、ツキノワグマ、イノシシ等の有害鳥獣捕獲が市内一円で許可されておりまして、引き続き関係機関と連携した対策を、防災無線や市報を通じた市民への注意広報を実施しつつ対策をとっているところでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 通学路の近辺で頻繁に目撃があると言われています。保護者にとってみれば大変心配だと思います。こういった対応はどんなようにされているんでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 栗岩教育部長。



◎教育部長(栗岩康彦) 

 通学路近辺での目撃情報があった場合ということの対応でございますが、学校を通じまして児童・生徒へ注意喚起することや、情報配信メールなどによりまして保護者へ連絡することなどを行っております。出没場所、あるいは出没の頻度によりまして、集団登下校を行ったり、地域やPTAの方にお願いして見守りをやっていただくような対応となります。また、最終的には児童の送迎なども考える必要があると思っております。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 市内の過去の出没の傾向からいいますと、今年は大量に出没する年だと考えられます。秋口からさらに活発になると予想されますので、万全を期していただきたいと思います。猟友会並びに警察、学校の連携はどんなようになっているでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 今年は非常に出没が多くなるだろうという予想の中でおりますけれども、これにつきましては関係機関の連携をとりまして、有害鳥獣の目撃情報などを受け、人身被害や農作物被害等の有無、目撃場所、時刻等によりまして飯山警察署、岳北消防署、県北信地方事務所林務課、また市からの要請による飯山市猟友会を含めて現場を確認をしております。状況によりまして教育委員会や当該区長への情報提供を行いまして、通学路等の確保や住民への注意喚起、また緊急捕獲等の対処を実施しているところでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 山の手入れが行き届かず遊休農地が増加している現在、猟友会の皆さまの高齢化、会員のまた減少、猟友会の方が、熊が出るとおりをかけ、このおりが重いんですが、人力では当然無理です。ボランティアでやっていらっしゃいます。また、里の中にも遊休農地があり、有害鳥獣のすみかになっているところもあるとのことであります。

 また、あるお宅を訪問すると、屋根裏にハクビシンが住みついている、ただ、天然記念物なので、許可を得てから何万円も出して駆除したとのことであります。有害鳥獣の問題は将来的にも大きな問題になってくると思いますが、この点どのようにお考えでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 山崎経済部長。



◎経済部長(山崎美典) 

 特に集落周辺の山林や山間農地等の荒廃が、有害鳥獣の生活圏を集落に近づける原因の一つとなりまして、そういったものが原因の一因となっているという状況が多く見受けられます。こういったものにつきましては、協働のもりづくり事業を活用しました集落に隣接します山林の手入れを進めるとともに、集落内の生ごみや農作物の残材の処理に対しましても、地区を挙げて環境整備に引き続きご協力をいただきたいというふうに考えております。

 環境整備向上への市民への呼びかけについては、市報やホームページにおいて行っているところでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 秋津中山根に、猟友会の皆さん、関係各位の皆さんの協力を得、北信ジビエ振興会が立ち上がり、有害鳥獣の食肉加工施設が完成しました。見学に行きましたが、立派な施設です。

 飯山市として、ジビエを郷土料理に育て上げていこうと考えているかお聞きします。



○議長(佐藤正夫) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 昨年度、秋津地区に整備されましたジビエの加工施設でございますけれども、これにつきましては地域資源を活用するということで、市のほうでも支援をした経過があるわけでございます。

 当該施設を活用しまして加工された製品につきましては、当面、市内の飲食店等で調理をされて提供するというふうに聞いておるところでございます。その中から飯山の名物というような形のもので認識されていくのではないかというふうに思います。

 有害鳥獣の肉をジビエ料理として活用していくということにつきましては、一石二鳥であるわけでございますけれども、実は最近、市内のある料理を飲食店で、熊の肉の料理が出たのを食べさせてもらったんです。今まで熊の肉の料理というのは、すごく硬かったり、それからにおいがしたり、なかなか食べにくいものなんですが、驚いたことに今回私が提供されて食べたものは、高級な牛肉のような感じなんです。それは、調理の仕方でそういうような料理ができるということで、一緒に行かれた方々もびっくりしていたわけでございますが、これはすばらしい飯山市の資源になるなというふうに思いました。これは野生の、いわばどんどん自発的に生まれてくる資源でございますから、駆除とともにそうした形でうまくこのジビエ料理が活用できますと、新しい飯山市の資源として大変魅力的なものになるというふうに考えておりますので、また市のほうでも支援をしてまいりたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 私も地元公民館で熊の肉をうまく加工していただいて食べたことがありますが、本当においしかった。長野にもジビエの専門店があります。東京からも新幹線に乗って食べに来る方が頻繁にあるということであります。肉は当然足りないので北海道から取り寄せたり、いろいろ大変だそうでありますが、繁盛をしていました。ぜひまたよろしくお願いします。

 4番、武道教育について質問いたします。

 中学から武道教育が義務づけられていますが、武道は何のためにこれを学ぶのかお聞きいたします。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 武道が必修化になりましたきっかけは、平成18年12月に60年ぶりに教育基本法が改正されまして、その中の目標で、いわゆる伝統文化を尊重し、それらを育んできた我が国のいわゆる歴史を学んだり、そういうものを学ぶことでという大きな目標がございます。それを踏まえて平成20年に学習指導要領が改正されまして、必修化になっております。ですから、基本的には日本のことをもっと深く知るきっかけというのが大きな目標の一つに掲げられています。それが必修化の大きな契機でございます。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 剣道、柔道、弓道、いろいろあると思うんですが、飯山では何を選択されてやっているんでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 城北中、城南中ともに剣道、柔道、両方選択で、年間、年間というか3年間で20時間、週1時間とかそういう形じゃなくて、ある決められた期間にそれぞれ集中して基本的なことを学んでいるようでございます。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 その指導は誰がされるんでしょうか。経験のある方なんでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 基本的には体育の中の授業ですので体育の先生が担当するわけですが、中には経験者もおるわけですが、経験のない先生につきましては、県等の指導者研修会で研修をする中で学んできて、生徒が安全にいわゆる実技指導ができるようにしております。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 経験のない方が例えば剣道を教えるということは、本当に先生は大変だと思います。

 これは一般論なんですが、正しい基本が身につかず我流になりますと、直すのに非常に大変で労苦を要するとおっしゃる方があります。現に私もそうでありました。江戸時代の北辰一刀流の千葉周作は、基礎を徹底的に指導し、他の道場で6年かかるところを4年から5年で同レベルにしたといわれます。正しい基本が身につけば上達は早い、だから北辰一刀流は史上空前の繁栄を呈し、剣道界の大本山になり、その教えの流れは現在まで続いています。なぜこんな話をするかといいますと、何百年も続く武道は貴重な体験であり、日本人として非常に意義のあることだと思うからであります。今言われた伝統文化を学ぶチャンスを大事にしていただきたいと思います。

 私の高校のときの剣道の授業は、極端に言えば、基本をちょっとやって、あとはチャンバラでありました。ストレス解消にはいいかもしれないんですが、これではちょっともったいない。私は個人的には、武道の精神、あるいは世界が絶賛している武士道、正しい基本技、礼儀作法に力を入れていただきたいと思います。

 今、日本は、15歳前後の子どもたちの犯罪、またいじめが毎日のようにある。識者は氷山の一角であると言う方もあります。確かに荒廃しております。だからこそ武道を習い、人格を陶やすることが非常に大事になってくると私は切に思います。ICT教育ももちろん大事です。ただ、教育基本法には、やはり人格の完成を最重点で目指すというふうにうたわれております。この点お伺いいたします。



○議長(佐藤正夫) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 西澤議員さんの剣道を通じてのいろんなすばらしい点はたくさんあると思います。私も基本的には、中学校の段階で武道を学ぶというのは、日本人としての一番基本的なことが学べる場ではないかというふうに個人的に理解しております。それと同時に、やはりあまりにも、ユニバーサルな教育も大事なんですが、その前に日本人であるということをやはりきっちりどこかで学ぶことも、生きていく上で世界へ出ていったときに必要な場面が出てくるというふうに思いますので、生徒には武道を通じて日本文化のいろんなことを学んで、自分の生活に生かしていってほしいなというふうに思っています。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 ありがとうございました。

 それでは、5番、エコパーク寒川について質問いたします。

 エコパーク寒川は、土曜、日曜日は休業であります。月1回でもいいので日曜日の営業をお願いしたいと言われる方が多い。この点をどのようにお考えでしょうか。



○議長(佐藤正夫) 

 清水民生部長。



◎民生部長兼福祉事務所長(清水俊文) 

 エコパーク寒川の関係でございますが、エコパーク寒川につきましては、岳北広域行政組合で運営されている施設ということでございまして、岳北広域行政組合でお答えするべきものと思いますが、その構成員たる飯山市という立場でどう考えるかという視点で回答させていただきます。

 エコパーク寒川の臨時開場日の現状としては、平成28年度では夏期の5月から10月の間で4回、それから冬期間の1月から3月まで毎月2回、ほかに12月31日にごみの臨時受け入れを行っているということであります。いずれも土曜日でございまして、午前9時から11時までの一般市民のごみの直接搬入の受け入れを行っているということでございます。

 日曜日のごみの搬入についてでございますが、日数を増やすと費用もかさんでくるということでございますので、平日と振りかえる等の対応ができないか検討させていただきまして、必要があれば岳北広域行政組合へ働きかけていきたいと考えております。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 会社に勤める方は、日曜日が休みという方が圧倒的に多いわけであります。月1回の日曜日の営業をぜひ検討していただきたいと思いますが、よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正夫) 

 清水民生部長。



◎民生部長兼福祉事務所長(清水俊文) 

 日曜日のことについて検討いただきたいということでございますが、経費節減や費用対効果の観点を含めて、今申し上げましたが、平日と振り替えられるかどうかを含めて、日曜日の搬入について対応できないかどうか検討していきたいと考えているところでございます。よろしくお願いします。



○議長(佐藤正夫) 

 西澤議員。



◆3番(西澤一彦) 

 以上で終わります。



○議長(佐藤正夫) 

 以上で西澤一彦議員関係の質問を終わりといたします。

 通告による一般質問は、以上で全部終了いたしました。

 続いて質疑に入ります。

 質疑の通告がありませんので、質疑なしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の委員会付託



○議長(佐藤正夫) 

 日程第2、議案の委員会付託を行います。

 ただいま議題となっております議案第93号から議案第123号までの31議案は、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願の委員会付託報告



○議長(佐藤正夫) 

 日程第3、請願の委員会付託報告を行います。

 この定例会で受理いたしました請願2件は、お手元に配付してあります請願文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたしましたので、報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(佐藤正夫) 

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれで終わりとします。

 ご苦労さまでした。

午後2時41分散会