議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 飯山市

平成27年  9月 定例会(第352回) 09月01日−01号




平成27年  9月 定例会(第352回) − 09月01日−01号







平成27年  9月 定例会(第352回)



          平成27年9月第352回飯山市議会定例会

               ◯議事日程(第1号)

          平成27年9月1日(火曜日)午前10時開会

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期決定について

 日程第3 議案第82号 平成26年度飯山市一般会計歳入歳出決算

 日程第4 議案第83号 平成26年度飯山市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算

 日程第5 議案第84号 平成26年度飯山市国民健康保険特別会計歳入歳出決算

 日程第6 議案第85号 平成26年度飯山市特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算

 日程第7 議案第86号 平成26年度飯山市福祉企業センター特別会計歳入歳出決算

 日程第8 議案第87号 平成26年度飯山市簡易水道等特別会計歳入歳出決算

 日程第9 議案第88号 平成26年度飯山市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算

 日程第10 議案第89号 平成26年度飯山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算

 日程第11 議案第90号 平成26年度飯山市介護保険特別会計歳入歳出決算

 日程第12 議案第91号 平成26年度飯山市ケーブルテレビ事業特別会計歳入歳出決算

 日程第13 議案第92号 平成26年度飯山市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算

 日程第14 議案第93号 平成26年度飯山市水道事業会計歳入歳出決算

 日程第15 議案第94号 平成27年度飯山市一般会計補正予算(第5号)

 日程第16 議案第95号 平成27年度飯山市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 日程第17 議案第96号 平成27年度飯山市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

 日程第18 議案第97号 平成27年度飯山市特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第19 議案第98号 平成27年度飯山市福祉企業センター特別会計補正予算(第1号)

 日程第20 議案第99号 平成27年度飯山市簡易水道等特別会計補正予算(第2号)

 日程第21 議案第100号 平成27年度飯山市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第22 議案第101号 平成27年度飯山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第23 議案第102号 平成27年度飯山市介護保険特別会計補正予算(第2号)

 日程第24 議案第103号 平成27年度飯山市ケーブルテレビ事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第25 議案第104号 平成27年度飯山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

 日程第26 議案第105号 平成27年度飯山市水道事業会計補正予算(第1号)

 日程第27 議案第106号 飯山市個人情報保護条例の一部を改正する条例

 日程第28 議案第107号 一般職の職員の退職手当に関する条例及び職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例

 日程第29 議案第108号 飯山市手数料徴収条例の一部を改正する条例

 日程第30 議案第109号 飯山市市民会館条例を廃止する条例

 日程第31 議案第110号 飯山市駅前広場条例の一部を改正する条例

 日程第32 議案第111号 財産取得について

 日程第33 議案第112号 市道路線の変更について

 日程第34 議案第113号 平成26年度飯山市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について

 日程第35 報告第9号 専決処分事項の報告について

 日程第36 報告第10号 専決処分事項の報告について

 日程第37 報告第11号 専決処分事項の報告について

 日程第38 報告第12号 専決処分事項の報告について

◯本日の会議に付した事件

 議事日程と同じ

◯出席議員(16名)

    1番  荻原洋平議員            2番  松本淳一議員

    3番  西澤一彦議員            4番  江沢岸生議員

    5番  飯田健一議員            6番  市川久芳議員

    7番  渋川芳三議員            8番  渡辺美智子議員

    9番  高山恒夫議員           10番  石田克男議員

   11番  竹井政志議員           12番  久保田幸治議員

   13番  山崎一郎議員           14番  小林喜美冶議員

   15番  上松永林議員           16番  佐藤正夫議員

◯欠席議員(なし)

◯説明のために出席した者

  市長        足立正則    副市長       月岡寿男

  教育長       長瀬 哲    監査委員      佐々木修三

  選挙管理委員長   丸山茂彦    固定資産評価審査委員長

                              飯島秀夫

  農業委員会長    松永晋一    総務部長      稲生 孝

  民生部長兼福祉事務所長       経済部長      山崎美典

            堀内隆夫

  建設水道部長    山室茂孝    教育部長      丸山信一

  文化振興部長    石田一彦    庶務課長      服部敏夫

◯議会事務局出席者

  局長        関谷竹志    次長        今清水 弥

  副主幹       堀川奈美    主査        久保田珠希

午前10時00分開会



△開会の宣告



○議長(佐藤正夫) 

 ただいまから平成27年9月第352回飯山市議会定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長挨拶



○議長(佐藤正夫) 

 市長から招集の挨拶があります。

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 本日、9月定例会を招集いたしましたところ、議員各位のご出席を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 さて、ことしの夏でございますが、梅雨明けから大変な猛暑が続きました。この暑さに負けず、市内各地で祭りや花火大会などの催しが開催されましてにぎやかな夏になりました。これも各行事に携われた多くの市民の皆様のご尽力のおかげと感謝を申し上げます。

 また一方で、この猛暑でかんがい用水として取水をしておりました河川が渇水状態となりました。幸い8月中旬以降の一時的な降雨によりまして、多くは用水が確保できる状態に回復をしたところでございますが、千曲川水系では安定した回復が見られないため、長峰と蓮の2か所につきましては、揚水機場に仮設ポンプを配備し、万が一の事態に備えてきたところでございます。このポンプの配備に際しましては、関東農政局及び長野県に多大なご支援をいただきました。急な依頼にもかかわらず迅速にご対応をいただきまして、心から感謝を申し上げる次第でございます。

 さて、8月11日には旧飯山駅跡に整備をしておりました新設の踏切とともに、市街地の東西を結ぶ新しい道路が開通をしたところでございます。これにより、JR飯山線を挟んだ東西の行き来が大変便利になりました。また、飯山駅に隣接する市営駐車場へのアクセスも容易になったところでございます。

 それから学校関係でございますが、8月4日には飯山高校南キャンパスの敷地内におきまして、新しい中学校給食センターの建設工事に着手をいたしました。来年の夏には完成の予定でございまして、来年度の2学期からは城南中学校が同敷地に移転をいたしますので、それに合わせまして給食センターも業務を開始し、安心安全な学校給食を提供してまいります。

 観光関係では、長野県の貸し切りバスへの支援を利用しまして、北陸方面から新幹線を利用して飯山駅を訪れ、バスで市内等をめぐるツアーが8月下旬から実施をされております。このツアーは9月末まででありますが、約900人余りが飯山にいらっしゃる予定でございます。この機会に飯山をPRするとともに、北陸との連携を強化し、今後の集客に生かしていきたいと考えております。

 また、ことしの冬の企画としまして、飯山駅から斑尾高原スキー場と戸狩温泉スキー場に直通バスを走らせ、これに新幹線とスキー場をセットにした旅行商品がJRで取り扱われる見込みです。これに関連する予算は今議会に提案をいたしますので、よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

 飯山市地方創生総合戦略会議でございますが、7月6日の初会合以降3回の会議を開いたところでございます。今後、戦略会議で施策展開につきまして引き続き議論をし、飯山の強みを生かした総合戦略を策定したいと考えておるところでございますので、さらなるご指導、ご助言をお願いを申し上げます。

 以上を申し上げまして、招集に当たっての挨拶とさせていただきます。

 大変ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(佐藤正夫) 

 ただいまの出席議員は、全員であります。

 よって、直ちに本日の会議を開きます。

 日程に入ります前に、報告事項について申し上げます。

 今定例会に市長、副市長、各行政委員会の長、監査委員、教育長、各部長及び関係課長の出席を求めておきましたので、ご了承願います。

 また、今定例会においては、クールビズを実施することといたしましたので、ご理解をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(佐藤正夫) 

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定に基づき、議長において、第11番、竹井政志議員、第12番、久保田幸治議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期決定について



○議長(佐藤正夫) 

 日程第2、会期決定についてを議題といたします。

 今期定例会の会期及び運営について、議会運営委員会の協議結果の報告を求めます。

 久保田幸治議会運営委員長。

  〔12番 久保田幸治議員 登壇〕



◆12番(久保田幸治) 

 議会運営委員会の協議結果についてご報告を申し上げます。

 当委員会は、去る8月25日に開催し、協議の結果、今期9月定例会の会期は、本日9月1日から9月25日までの25日間と決定いたしました。

 なお、詳細につきましては、お手元に配付してあります審査日程表及び運営のとおりであります。

 以上で報告を終わります。



○議長(佐藤正夫) 

 ただいまの委員長報告について、質疑ありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤正夫) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。今期定例会の会期及び運営について、ただいまの議会運営委員長報告のとおり決するにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤正夫) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、今期定例会の会期は、本日から9月25日までの25日間とし、議会運営についてもお諮りのとおり決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第82号〜議案第113号、報告第9号〜報告第12号の上程、説明



○議長(佐藤正夫) 

 日程第3、議案第82号 平成26年度飯山市一般会計歳入歳出決算から日程第34、議案第113号 平成26年度飯山市水道事業会計未処分利益剰余金の処分についてまでの32議案及び日程第35、報告第9号から日程第38、報告第12号までを一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 ただいま上程されました議案についてご説明申し上げます。

 本日提案いたしました議案は、決算案12件、補正予算案12件、条例案5件、事件案3件の合わせて32件であります。また、このほかに報告が4件ございます。

 順次その内容をご説明申し上げます。

 議案第82号から93号までの12議案は、平成26年度飯山市一般会計及び各特別会計等の歳入歳出決算の認定に関する案件であります。

 はじめに、平成26年度決算の概要をご説明申し上げます。

 平成26年度は飯山市にとりまして、市制施行60周年の節目の年であったとともに、市民の長年の念願でございました北陸新幹線飯山駅が開業し、全国に直結する玄関口ができた年でありました。新幹線飯山駅開業に向けました関連施設の整備とまちづくりとして、社会資本整備総合交付金等を充てながら、区画整理、飯山駅統合や駅西地区の整備などを進めるとともに、新幹線駅舎を活用した国内最大級のプロジェクションマッピングや広域連携による第2回北信州ハーフマラソンの開催など、市民意識の醸成やPR活動も積極的に行ってきたところでございます。あわせまして、市民が安心して安全に生活できることを市政運営の根幹として、各種事業を進めてきたところでございます。

 それでは、一般会計に福祉企業センター及びケーブルテレビ事業特別会計を加えた普通会計について、平成26年度決算の概要を申し上げます。

 歳入総額の166億9,129万1,000円に対しまして、歳出総額は154億129万7,000円で、差し引き12億8,999万4,000円の黒字となりました。そのうち翌年度に繰り越すべき財源としまして、3億7,309万3,000円がございますので、実質的な収支では、差し引き9億1,690万1,000円の黒字決算となった次第でございます。

 歳入歳出決算を前年度と比較しますと、歳入は14億6,700万円余、9.6%の増。歳出は、前年度と比較し、8億2,300万円余、5.6%の増となりました。

 歳入の主なものについて申し上げます。

 市税につきましては総額24億3,000万円余で、歳入総額に対する構成比は14.6%となりました。前年度と比較しますと、法人市民税等の増などによりまして4,600万円余の増となったところでございます。

 地方交付税につきましては総額52億6,200万円余で、構成比31.5%ほどでございます。このうち、普通交付税は前年度対比1億9,400万円余の減、特別交付税は2,300万円余の増となったことから、地方交付税総額では1億7,100万円余の減となりました。

 市債につきましては17億4,700万円余、構成比10.5%でございますが、交付税の代替措置である臨時財政対策債が減額となりましたが、新幹線関連整備などに伴います過疎対策事業債の増などによりまして、前年度対比1,800万円余の増となりました。

 次に、歳出につきまして、主な性質別内容について申し上げます。

 人件費につきましては19億9,200万円余、構成比12.9%でございますが、前年度対比2,400万円余の減となりました。

 また、扶助費につきましては13億7,800万円余、構成比9%でございますが、前年度対比5,000万円余の増となりました。これは臨時福祉給付金の実施などによるものでございます。

 公債費につきましては10億5,000万円余、構成比6.8%でございます。前年度対比1億5,700万円余の減となりました。これは過去に借り入れました過疎債などの返済が順調に行われていることによるものであります。

 普通建設事業費でございますが、39億7,100万円余、構成比25.7%でございます。前年度対比3億4,600万円余の増となりましたが、これは区画整理事業や飯山駅統合事業など、新幹線関連の整備の増などによるものです。

 次に、物件費でございますが、物件費につきましては21億200万円余、構成比13.7%となりました。前年度対比4億9,500万円余の増と、大幅な増となったわけでございますが、これはふるさと寄附金の特典経費などの増によるものでございます。

 維持補修費につきましては7億2,800万円余、構成比4.7%となり、前年度対比1億4,600万円余の増となりました。除雪対策事業費の増などによるものであります。

 繰出金につきましては18億4,900万円余、構成比12%となりました。前年度対比3,400万円余の増となりましたが、これは後期高齢者医療及び介護保険並びに国民健康保険の各特別会計への繰出金の増によるものでございます。

 以上、普通会計決算の主な内容について申し上げたところでございますが、主な財政指標を見ますと、経常収支比率につきましては91.1%と、前年度に比べ1.5ポイントの減、実質公債費比率は11.9%と、前年度に比べ1.2ポイント減少、将来負担比率につきましては81%となり、前年度に比べまして22.5ポイントの上昇となったところでございます。

 また、年度末の地方債残高は92億2,600万円余と、前年度末に比べ7億6,800万円余の増となっております。

 このような状況ではございますが、今後とも国・県の動向や経済状況などに注視しつつ、適切な財政推計に基づきました節度ある財政運営に努めてまいりたいと考えております。

 普通会計以外の特別会計につきましても、全会計におきまして黒字決算を計上することができました。また、財政健全化法の指標でございます連結赤字比率におきましても、数字の計上をすることなく健全な決算をすることができました。

 詳細な説明につきましては省かせていただきますが、議員各位におかれましては、既にお配りをしてございます歳入歳出決算書並びに主要施策の成果に関する説明書をごらんをいただきまして、ご審議を賜りたいと存じますので、よろしくお願いを申し上げます。

 次に、議案第94号から105号までの12議案は、平成27年度一般会計及び各特別会計等の補正予算案であります。各会計とも、本年度事業の適正執行を図るため、必要な予算措置を行おうとするものであります。

 まず最初に、議案第94号 飯山市一般会計補正予算について申し上げます。

 まず総務費では、ふるさと寄附金の基金への積み立てと寄附者に対する特典などに要する経費として4億円を、また、マイナンバー制度に関する事務処理経費として200万円余を追加しようとするものが主な内容であります。

 民生費では、前年度の扶助費等国庫負担金の受け入れ超過分に係る返還金2,100万円余を追加しようとするものが主な内容であります。

 衛生費では、高齢者肺炎球菌及び日本脳炎の予防接種に要する経費として600万円余を追加しようとするものが主な内容であります。

 農業費では、農地中間管理事業による受託事業費及び地域集積協力金に要する経費として3,200万円余を追加しようとするものが主な内容であります。

 商工費では、観光施設整備に要する経費として600万円余を、飯山駅から市内スキー場へのバス運行支援便数の拡大に要する経費として600万円余を追加しようとするものが主な内容でございます。

 土木費では、除雪対策として重機の借り上げや除雪業務委託及び消雪施設の修繕に要する経費として1億5,200万円余を追加しようとするものが主な内容であります。

 教育費では、秋津小学校体育館の雨漏り修繕に要する経費として100万円余を追加しようとするものが主な内容であります。

 以上、一般会計歳出の主なものについて申し上げましたが、この結果、一般会計補正予算の総額は6億3,229万5,000円の増額補正となったところであります。財源といたしましては、地方交付税、繰越金などを計上し、歳入歳出の調整を図ったところであります。今回の補正によりまして、一般会計の予算総額は155億8,105万5,000円となるものであります。

 次に、特別会計補正予算について申し上げます。

 議案第95号、97号、101号の公共下水道、特定環境保全公共下水道、農業集落排水事業の各特別会計補正予算につきましては、消費税の納付等に要する必要な予算措置を講じたものであります。

 議案第96号の国民健康保険特別会計補正予算につきましては、国庫負担金等の前年度精算に伴う返還額等について、予算措置を講じたものが主な内容であります。

 議案第103号 ケーブルテレビ事業特別会計補正予算につきましては、繰越金確定によります基金の積み立てに必要な予算措置を講じたものであります。

 議案第105号の水道事業会計補正予算につきましては、吉水源送水ポンプ更新工事等に必要な予算措置を講じたものが主な内容であります。

 その他の特別会計補正予算につきましては、それぞれの事業推進に必要な経費及び繰越金の確定に伴う財源の組み替え等をさせていただいたものでございます。

 次に、条例案でございます。

 議案第106号 飯山市個人情報保護条例の一部を改正する条例は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律が施行されることに伴いまして、個人番号を含む個人情報の適正な取り扱いを定めるために所要の改正を行うものであります。

 議案第107号 一般職の職員の退職手当に関する条例及び職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例は、被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険等の一部を改正する法律が施行されることに伴いまして、各条例の中で引用をしていた地方公務員等共済組合法の規定が削除されることから、引用先を厚生年金保険法に改めるものであります。

 議案第108号 飯山市手数料徴収条例の一部を改正する条例は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の施行に伴いまして、創設される通知カード及び個人番号カードを再交付する場合に、実費相当額を手数料として規定するものであります。

 議案第109号 飯山市市民会館条例を廃止する条例は、本年12月28日をもって現在の市民会館を閉じることから、条例を廃止するものであります。

 議案第110号 飯山駅前広場条例の一部を改正する条例は、飯山駅南口広場の供用開始に伴いまして、同広場を条例に規定するほか、バス待機場の1日単位の使用料金及び工作物等を設けた場合の使用料金の規定を加えるものであります。

 次に、事件案であります。

 議案第111号の財産取得につきましては、ロータリー除雪車を1台更新するものであり、購入価格が2,000万円を超えるため、議会の議決を求めるものであります。

 議案第112号の市道路線の変更については、片山稲荷踏切が閉鎖になることから、同踏切を通る市道につきまして変更を行うものであります。

 議案第113号は、平成26年度の飯山市水道事業会計未処分利益剰余金8億4,048万4,300円を、自己資本金への組み入れ及び減債積立金の積み立てとして処分をしたいので、地方公営企業法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 最後に、報告でございます。

 報告第9号から12号の4件は、公用車の運行または市道の設備等に起因する車両損傷に対する賠償について、議会でお認めいただいている範囲で賠償の額を専決させていただきましたので、報告するものであります。

 以上、本日提案いたしました議案についてご説明を申し上げました。

 よろしくご審議をいただきまして、それぞれ適切なる議決またはご承認を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(佐藤正夫) 

 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(佐藤正夫) 

 本日はこれをもって終了といたします。

 ご苦労さまでした。

午前10時24分散会