議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 飯山市

平成24年 12月 定例会(第339回) 12月11日−03号




平成24年 12月 定例会(第339回) − 12月11日−03号







平成24年 12月 定例会(第339回)



          平成24年12月第339回飯山市議会定例会

               ◯議事日程(第3号)

          平成24年12月11日(火曜日)午前10時開議

 日程第1 一般質問

     7番 西條豊致議員

    13番 山崎一郎議員

     3番 渋川芳三議員

    12番 水野英夫議員

◯本日の会議に付した事件

 議事日程と同じ

◯出席議員(16名)

    1番  渡辺美智子議員        2番  石田克男議員

    3番  渋川芳三議員         4番  高山恒夫議員

    5番  上松永林議員         6番  竹井政志議員

    7番  西條豊致議員         8番  佐藤正夫議員

    9番  小林初子議員        10番  水野晴光議員

   11番  渡邉吉晴議員        12番  水野英夫議員

   13番  山崎一郎議員        14番  望月弘幸議員

   15番  小林喜美治議員       16番  久保田幸治議員

◯欠席議員(なし)

◯説明のために出席した者

  市長        足立正則    副市長       月岡寿男

  教育長       長瀬 哲    教育委員長     清水岩夫

  農業委員会長    松永晋一    総務部長      村山芳広

  民生部長兼福祉事務所長       経済部長      稲生 孝

            丸山信一

  建設水道部長    山室茂孝    教育部長      森  勝

  庶務課長      関谷竹志

◯議会事務局出席者

  局長        丸山一男    次長        佐藤幸博

  主査        佐藤久美    主任        霜鳥雄樹

午前10時00分開議



△開議の宣告



○議長(久保田幸治) 

 ただいまの出席議員は全員であります。よって、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△一般質問



○議長(久保田幸治) 

 日程第1、一般質問を行います。

 この際、皆様にお願いいたします。

 質問並びに答弁については、簡潔明瞭にご発言願います。

 なお、携帯電話をお持ちの方にお願いいたします。電源を切るか、マナーモードにするなど、議事進行にご協力をお願いいたします。

 それでは、質問の通告に基づき、順次発言を許可します。

 最初に、西條豊致議員の発言を許します。

 西條議員。

  〔7番 西條豊致議員 登壇〕



◆7番(西條豊致) 

 発言を許されましたので、通告に基づき、順次質問いたします。

 大きく分けて、千曲川の治水と飯山堆肥センター、そして除雪と新幹線駅開業に向けての1つのイベントを提案したいと思います。

 まず治水について、いろいろご配意いただいているところですが、洪水の不安からの安全・安心の郷土づくりであります。

 長年の懸案の湯滝橋付近の掘削工事が、祭日でも続行されておりました。評価するところであります。その工事の進捗状況と下流築堤の工事の進捗状況をお願いいたします。

 9月議会で質問の回答で、運上川河口は堆積状況を見て心配なら掘削するとのことでありましたが、どうでしょうか。

 また、これから冬季で水量の少ない時期でありますが、昨年の試掘された土砂がそのままのように見受けられますがどうなっているのか、あわせてお尋ねいたします。

 次に、信濃川水系河川整備計画について、その骨子が発表されましたが、基本方針は昭和49年に決まっていたとも聞いております。そして、立ヶ花基準点の計画放水量が9,000トンとなったとのことですが、この計画も県管理の部分が抜けているのでありますが、この整備計画の策定とその後の工事についてどうなるのか、県管理区間がどうなるのか、また、各河川の河口、樽川、運上川、湯沢川、出川等の河口には土砂の堆積が多く、どのように除去される予定かお伺いいたします。

 河川事務所では、工事後の各箇所での減水を示されておりますが、木島地区の説明会の後、改めて説明会があると聞きましたが、今のところ説明会がありませんが、その説明がいつごろできるのかお伺いいたします。

 次に、民地の立木の伐採であります。

 過日、民地である東小沼地籍の関係地権者の同意書をつけ、千曲川河川事務所長に提出、雑木の除去を要請したところでありますが、その後、どのようになっているかお伺いいたします。

 また、飯山堆肥センターについてお伺いいたします。本日11日に、住民に対し事前説明会が行われるとのことですが、悪臭防止法にかかわる臭気の規制、基準はどのようになるのか、同センター操業時、住民は悪臭に苦しめられてきました。また、会社はそのことから住民の信頼を著しく失っている状態であります。今でも操業の絶対反対は変わりないところです。

 そこで、監視体制について、操業になった場合、立ち入り検査の方法やその内容、万一違反の場合の対応、地域住民からの苦情についての連絡体制及びその対応方法など、監視体制をどのように考えておられるかお伺いいたします。

 あわせて、市長の堆肥センターに対するスタンスをお伺いいたします。

 堆肥センター、汚泥堆肥の品質基準のチェック体制はどのようにされるか、また、製造マニュアルどおりであるか、その監視はどのようにされるのかお伺いいたします。

 次に、除雪についてお伺いいたします。

 ことしは3年に一度の除雪の更新の年でありましたが、また、新しい業者の参入があったとも聞いております。入札の時期が遅過ぎるとの声がありましたが、どうであったでしょうか。また、住民サービスの向上と契約額の軽減があったのか、あわせてお伺いいたします。

 木島地区の除雪の業者から、市で最初に設置された農集マンホールの除雪のとき、引っかかることがあると聞いておりますが、その後、特許をとられたマンホールに改善するか、除雪期前にそこをパッチングする等できないのかお伺いいたします。

 また、長野電鉄のレールがそのままの踏切や構築物の部分が除雪の妨げになるとのこと。電鉄に対し指導することが必要と考えますが、お伺いいたします。

 また、中央橋のかけかえ工事が本格化し、ありがたいことでありますが、新道になる部分の除雪及び中央橋の歩道は城南中の生徒のためにも昨年は余りにもひどかったと思われますが、どのように考えておらえるか、お伺いいたします。

 次に、新幹線飯山駅開業に伴うイベントの件でありますが、委員会を設けるとのことでありますが、1つの提案でありますが、飯山をアピールするため、市内外から募集し、懸賞つきでフォトコンテストをしたらどうでしょうか。過日、飯山市内の画家による企画展がありましたが、そのとき、それぞれの方から、この地方にはどこでも絵になるところが非常に多いとも言っておられました。コンテストに出品された作品の版権を飯山市のものとしていただき、飯山市の観光宣伝に利用すると考えられるが、どんなものでしょうか。

 以上で、初回の質問を終わります。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 西條議員さんの最初のご質問にお答えをしたいと思います。また、担当部長からも答弁をさせますので、よろしくお願い申し上げます。

 まず、千曲川の治水の関係につきましてご質問があったわけでございます。詳細につきましては担当部長のほうから答弁をさせますが、大変、千曲川の治水については、飯山市として重要な課題だというふうに認識しておるわけでございます。国土交通省の北陸地方整備局でも要請活動、そしてまた意見交換等、年に何回か、国交省の皆さん方とそれぞれ話をさせていただく中で、安心・安全な治水を目指して、現在、市のほうでは進めておるわけでございまして、今回の工事の関係につきましても、また皆さんが安心してできるように進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 それから、堆肥センターの関係でご質問があったわけでございます。堆肥センターにつきましては、市の区長会協議会でも再開反対という決議がされておるところでございますし、また、議会のほうでも再開については反対だというようなことで意見が知事のほうへも伝わっておるわけでございます。私も一緒でございます。再開につきましては、まさに地元の皆さん、区長会協議会、そしてまた議会の皆様と一緒でございます。

 一番心配しておりますのは、やはり臭気の関係でございます。議員さんのご質問があったように、再開された場合に、きちんと会社が周辺に迷惑をかけないような形できちんと運営ができるのかという課題が一番あるわけでございまして、今回、県のほうでは許可に当たりましては、廃棄物の処理及び清掃に関する法律によりまして、許可権者であります県は、飯山堆肥センターの許可更新に当たりまして、臭気指数による規制をその許可条件とすることができるわけでございます。それで、県のほうでは、そのいわゆる臭気指数の許可条件を廃棄物の処理システムの臭突の排出口で規制をしようということで、県のほうからは説明が市のほうへもありました。その臭気指数というのは34以下であるというふうに、34以下を条件とするということで県のほうから説明があったわけでございます。

 これは、臭突の出口でということですが、この34という数値は、これによりましていわゆる周辺居住地での臭気指数が10以下となるように、臭突での数値をシミュレーションして算出したというふうに、県のほうからの説明であるわけでございます。

 それで、この34なのか35なのか36なのかという、その測定の体制を、これしっかり県のほうに測定をする体制をしっかりしてほしいということは、この前、説明があったときに、私のほうからも強く要請をしておいたところでございます。34以下で運営をしてもらうということでありますので、その辺についてのチェック体制をしっかりやってほしいということは県のほうにも要望してございます。

 また、ほかの部分につきましては、担当部長のほうから説明を申し上げます。

 それから、除雪の関係でご質問があったわけでございます。ことしは3年に一度の長期契約の更新の年ということでございまして、従前からいろいろ要望がございました。もう少し除雪の時間を早めてほしいというような、時間を早くできるようにしてほしいというようなご要望もございまして、市のほうでは、今回、除雪の機械を80台から85台に5台ふやしまして対応してまいりたいというふうに思っております。

 ことしも大変早い降雪でありまして、ちょっと18年豪雪に近いような状況になりはしないかと心配をしておるところでございますけれども、前よりも除雪の態勢を整えて実施してまいりたいというふうに思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 それから、新幹線の飯山駅の開業に伴うイベントにつきまして、議員さんのほうから具体的に地域全体のフォトコンテストを開催したらどうだということでご提案があったわけでございます。大変よいアイデアをいただいたというふうに思っております。飯山は四季が大変すばらしい市です。また特に冬の景色がほかの地域にはないすばらしさがございます。飯山のPRにつながるというふうに思います。実施に向けて取り組みたいなというふうに思っておるわけでございます。また、さらによいアイデアがございましたら、ぜひご提案をいただければと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 私からは以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 西條豊致議員ご質問のうち関係部分につきまして、市長答弁に補足をしてお答え申し上げます。

 千曲川の治水の関係でありますが、1点目、戸狩狭窄部の工事の進捗状況についてでございます。国土交通省千曲川河川事務所に確認をしましたところ、戸狩狭窄部の掘削工事の関係でありますが、今年度は湯滝橋上流右岸の250メートルの区間の上段掘削及び護岸工事を実施しておるということで、今月中には竣工の見込みとお聞きしております。

 厳しい予算の中ではありますが、次年度以降も順次工事を進めてまいるというふうにお聞きしてございます。

 それから、下流域の築堤の進捗状況ということでございました。現在、県の管理区間で築堤工事を進めておりますが、桑名川及び下境の築堤工事の関係でありますけれども、桑名川につきましては第2期工事が平成25年度完成予定、来年度完成予定であります。第3期工事が平成26年度完成予定となっております。それから下境の築堤工事につきましては、平成27年度完成予定で工事が進められているとお聞きしております。

 それから、運上川の関係でご質問がございました。運上川合流地点付近、堆積土砂の関係でありますが、今後も状況を見ながら対応してまいりたいということで、下流の県管理区間の築堤状況を確認しながら行ってまいりたいとお聞きしております。

 それから、昨年の除去土砂の関係でありますが、これにつきましては、来年の出水期前には撤去をしたいという、このような予定になっておるということでございます。

 それから、河川整備計画の関係でご質問がありました。河川整備計画、まず、千曲川河川事務所の関係でありますが、河川整備計画原案、こちらにつきましては、具体的な整備内容等についてお示しをする予定ということでありますが、具体的な工事の実施時期等につきましては、予算配分等の要素がありますので明確に示すことは困難ということで、必要な整備につきましては順次進めてまいるというふうにお聞きしております。

 それから、県管理区間の計画の関係でありますが、県に確認をしましたところ、国が行っている信濃川水系の河川整備計画の進捗状況を見ながら、県管理区間につきましても整備計画を策定してまいりたいと、このようにお聞きしております。

 それから、各河口での土砂の堆積、しゅんせつの関係のご質問がありました。こちらの関係、まず湯沢川の関係でありますが、湯沢川の関係につきましては、河川事務所によりますと、下流の県管理区間の築堤状況を確認しながら対応してまいりたいということであります。

 それから、樽川の関係でありますが、こちらは樽川、千曲川の合流地点の関係でありますが、県に確認しましたところ、県でも状況を把握しており、樽川全体を見ながら、緊急度、予算の状況を見て、しゅんせつ等を進めたいということでございます。

 それから、出川の関係につきましても、県によりますと、築堤工事が完了後、状況を見て対応を検討したいと、このようにお聞きしております。

 それから、戸狩狭窄部の掘削工事の関係で、再度の説明会の時期ということでご質問がありました。時期については河川事務所に確認したところ、今後、開催するということでありますが、今のところちょっとまだ未定というふうにお聞きしてございます。

 それから、千曲川河川敷の民地の雑木の伐採の話であります。千曲川河川事務所では、要望のありました箇所については関係機関と協議しながら、今後、仮設道路を整備して、伐採に向けて準備を進めておるということでございます。

 伐採につきましては、厳しい予算の中ではありますが、管内全域を対象として計画的に伐採を進めておるということでご理解をお願いしたいということでございます。

 それから、大きな除雪の関係でのご質問の関係であります。

 入札の時期の関係でありますが、先ほど、市長答弁にもありましたが、本年、3年に一度の除雪の委託事業の更新の年ということで、工区の見直しでありますとか、作業のため、そういったために発注時期が若干おくれてしまったということでありますが、除雪業務そのものには支障がないように進めてまいっております。

 それから、契約内容の関係で契約額についてのご質問がありました。こちらにつきましては、3年前の長期継続契約の当初額との比較ということでありますが、工区の増、あるいは昨年度の豪雪等の影響もございまして、3年前と比較いたしまして、2,500万円ほど増額してございます。

 それから、除雪の障害物の関係でご質問がありました。一般的に除雪の障害になると思われる道路上の構造物につきましては、委託業者の方に事前に現地調査をしていただいて報告をしていただき、必要に応じて工事等を実施しておると、こういった状況であります。

 1点目の長野電鉄の旧踏切の関係でありますが、委託業者の方にまた確認をいたしまして、障害となっているということであれば、早急に電鉄等に要望してまいりたいと思っております。

 それから、もう一点のマンホール等の埋設物の関係でありますが、こちらも必要な箇所につきましては早急に対処してまいりたいと思っております。

 それから、中央橋の歩道除雪の関係でございます。橋は構造上、非常に路面凍結をしやすいということで、圧雪化をしやすいということであります。歩行する方に迷惑がかからないよう、状況を見ながら圧雪はぎ等の作業を行うようにしてまいりたいと思っております。

 それから、中央橋の工事の関係の取りつけ道路、あるいは新設道路の関係の道路の除雪はどうなっているのかということでありますが、こちらにつきましては、橋梁工事の請負業者と分担を明確にいたしまして、住んでいる住民の方に迷惑がかからないように進めてまいりたいと思っております。

 私からは以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。

  〔民生部長兼福祉事務所長 丸山信一 登壇〕



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 西條議員ご質問のうち、飯山堆肥センターのご質問につきまして、市長答弁に補足をしてお答え申し上げます。

 監視体制についてのご質問でございます。堆肥センターにつきましては、県が更新の許可をするということでございます。それについては、県が許可条件をつけて、それから監視をしていくというふうに説明を聞いているということでございます。

 法令ですとか許可条件どおりに事業が実施されているかどうかということで、そうしたものの確認をするということで立ち入り検査を実施するということでございまして、これから操業になるということになりますと、1年程度は毎週立ち入りをする計画だというふうにお聞きしているということでございまして、堆肥を製造する作業の工程ですとかその品質ですとか臭気についてとか、あるいは材料の搬入とか製品の搬出ですとか、そういうものについて細かくいろいろな確認をしていくということでございます。

 もし、そういうものに違反がある場合には、最終的には許可を取り消すということもあり得るというふうにお話を聞いているということでございまして、市としましては、こうした県の立ち入り検査に一緒に同行して協力をしていく、あるいは公害防止協定等もございますので、そういうものの確認ですとかチェックをするということで、調査等を実施していきたいというふうに考えております。

 住民から苦情があった場合は、県、それから市、いずれも窓口ということでご連絡をいただきたいと。県の場合には北信地方事務所が具体的には窓口になるというふうに思います。

 堆肥の品質等につきましても、会社ではマニュアルを作成してやっていくということでございまして、水分量等につきまして、県も一定の許可条件をつけるということでございまして、同様に監視をしていくということになろうかというふうに思います。

 それから、監視に当たりましては、地元の皆様等のご協力をいただきたいなというふうに考えております。区長会の皆様等とまた協議をさせていただいて、今後について検討させていただきたいというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員、再質問ありますか。

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 いろいろ前向きにご答弁いただきました。

 9月議会の答弁で、平成18年7月の洪水に再度災害防止のための工事であるとのことでございますが、掘削工事が完了すると、立ヶ花で6,500トン流れた場合、掘削前と比較して柏尾橋地点で60センチ、大関橋で40センチの水位低下が期待されるとのことでしたが、また、立ヶ花上流の小布施橋に川幅1,050メートルで40センチの低下、戸狩上流の大関橋、幅400メートルで同じく40センチの低下ということでしたが、幅が2倍以上、水深を考えるとどうも理解ができないんですが、この点はどうでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 西條議員ご質問の、ただいまの立ヶ花での掘削によって戸狩の掘削を行っても水位についてはどうなのかという趣旨だと思いますが、議員もおっしゃいましたように、今回の掘削については平成18年7月洪水の再度災害防止を目的としておるということで、それぞれ掘削域の上流の堰上げを低下させるための工事とお聞きしております。

 河川事務所によりますと、立ヶ花の掘削工事、狭窄部の掘削では、上流域でのハイウォーターレベルを超えた箇所の解消ということが目的、それから戸狩についても、戸狩の上流域の浸水被害の軽減が目的ということで、それぞれ工事をしておると。

 仮に平成18年7月洪水と同規模の6,500トンの水が流れてきても、掘削した程度に応じて上流側の水面の高さが平成18年7月の洪水時よりそれぞれ低い位置を流れるようになると、このための工事をしているというふうにお聞きしておりますし、また、説明会でもそういった説明がございました。

 これのさらに詳細な説明につきましては、また再度の説明会で説明していきたいと、このようにお聞きしておるところであります。

 以上であります。



◆7番(西條豊致) 

 ぜひ、再度の説明会を。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員、質問するときは通告してお願いします。



◆7番(西條豊致) 

 議長。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 木島地区で、再度、説明会をするということでございましたので、説明会を早くして、なるべく早くしていただきたいと、こんなふうに思うところでございます。

 先ほど、200メートルの湯滝橋上流の工事が今年完成し、引き続き、上流を掘削するということでございますが、これは予算的にもう大丈夫なんですか。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 予算につきましては、国でもこれからということでありますが、厳しい予算の中でも、次年度以降も、河川事務所とすると順次工事を進めたいと、こういったことでございます。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 前回、9月の質問で、湯滝橋上流の巨岩の除去は築堤とあわせて行うという答弁でございましたが、その点はどうですか。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 来年の取水期前に撤去する予定というふうにお聞きしてございます。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 今の部長の答弁は、揚げた土砂の撤去ということですね。そうじゃなくて巨岩の撤去ということです。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 先ほど言いましたように、湯沢川の合流付近と同様でありますが、抜本的には下流の築堤の状況を見て、その後に検討していくということでありますので、巨岩についてもそういったことであろうと思われます。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 いわゆる千曲川の中洲の土砂のしゅんせつについて、この秋、河川事務所の職員が来て見ておったということでございますが、何か計画があるのかお尋ねいたします。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 千曲川の中洲の関係でありますが、河川事務所にお聞きしたところ、現状を確認するために、まず測量を実施したということでございます。中州のしゅんせつ等については、今後、検討してまいるというふうにお聞きしております。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 そのように、中洲も大変大きなものになってきておりますので、お願いしたいと思います。

 それから、民地の雑木の伐採に対しては、河川事務所の早期の対応に非常に感謝をしているところでございます。

 先ほど、部長の答弁で、管内全域という発言もございましたが、管内全域ということは河川敷全部ということで理解してよろしいですか。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 河川事務所においては、河川敷の民地の伐採について、これ、河川事務所管内全域での対応をしておるということであります。

 ただ、今回は、こちらで要望した部分についても仮設道路等を整備して伐採をしていきたいと、このようにお聞きしております。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 民地の伐採については、本当に前向きに河川事務所で対応されておりまして、感謝しておるところでございます。

 民地の外というか川に面したところにまだ河川敷がございまして、そこも大変大きな木が茂っておりますので、道をつけたらその部分もあわせて伐採の実施をお願いしたいと思いますが、どうでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 当然、河川敷の雑木の伐採でありますので、実施するときには、民地それから国交省の所有地も含めてやっていただくようにまたお願いをしてまいりたいと思っております。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 よろしくお願いしたいと思います。

 次に、堆肥センターについてお願いいたします。

 県の説明会と、また市長の答弁にもございました。臭突での出口で34とする、これはシミュレーションで100メートル以上離れた地点を想定し、境界での指数34を割り出したと思います。

 ご存じのように、あの堆肥センターの建っている地形はなべ底のようなところでございまして、大気の逆転現象が起こるというところでありまして、飯山市との公害防止協定では敷地境界で臭気指数10ということでありますが、県の許可条件に敷地境界を追加すべきと考えますが、どうでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 今、西條議員さんから、県の許可条件とする34と、それから市のほうの協定で持っています10という部分についてということで、県サイドで敷地境界で10とすべきではないかという質問でございます。この点につきましては、市としての要望としますと、ぜひそういうことをお願いしたいということで、強く要望していた案件でございます。

 ただ、県の説明によりますと、周りの堆肥センターの施設以外の臭気ということも一つのほかの要因があるので、基本的には煙突のところで、臭突で一つ基準を設けるのがいいだろうということでございます。そういう説明をいただいているということでございまして、気持ちとすれば、ダブルでやっていただきたいということで我々も要望したわけでございますが、県はそのようにお考えになっているということでございますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 県も、そのように周りの、周りのといいますか、周りの状況で境界線での10は見送ったかに思いますが、市でもあそこの南部浄水の公共につなぎ込む工事も進めるという非常に前向きに取り組んでいるところでございまして、飯山市との協定というのが法的拘束力がないということでございまして、県の許可条件に入れれば拘束力が発生するということでございますので、その辺も県に強く要望していただきたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 まだ許可が出たわけではないということでございます。説明会等もこれから予定されているということでございまして、こちららの要望につきましては、引き続いてしっかり要望してまいりたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 そのようにお願いしたいと思います。

 それから、地区からの放流停止通知書で、仮の答弁としてセンターから操業時毎月分析結果を市へ報告していたとのことであります。操業当時、同センター付近の蛭川の魚が大量に死んだことがありました。当時の水質の分析はどのような項目があり、その当時の分析結果はどうであったか、後日でよろしいですので、これもお示しいただきたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 堆肥の施設からいろいろな処理水が出るということでございまして、最終的には蛭川に放流されて入っていくということでございます。基本的には浄化槽等でしっかり処理をして放流する、あるいは放流をしないもの、建物の中の結露水等につきましては別のところに運搬をして処理をするというふうに計画されているというふうにお聞きしております。

 議員さんからご質問ございました中身につきましては、また確認をしたいというふうに思いますが、現在、協定等も協議をしておりまして、その中でも水質についてはしっかり報告をしてもらいたい。当然、我々としても定期的に水質の検査をさせてもらうよというふうに話をしております。その辺のところはしっかり対応してまいりたいと思います。

 基本的には、一般的な項目と、それからかなり細かい成分までやるものと、大きく分けると2種類があろうかと思いますけれども、また後日、確認をさせていただきまして、お知らせしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 監視についてでございますが、県の今度の条件でございますが、年1回、田んぼに水をかけるときの検査ということでございますが、今、実はあそこの蛭川の水を随時、用水に入れておるということでございますので、年1回ということでなく、毎月、全項目を検査対象にすべきと思いますが、どうでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 水質の監視につきましては、県としてやる部分と、それから市として公害防止条例に基づいてやる部分、2つございます。基本的には、県がやるものに対して、我々とすれば一つ協力をしていく、一緒にやるということです。

 それから、それはかなり県が許可権者ですので、その部分がどこまで最終的には行政措置をしていくというということになるのかということが一つございますが、協定のほうとしますと、市の立場では、今、会社といろいろ協議をしているところでございますが、できるだけ回数を多くやってもらいたいということは、今、協議をしておるところでございます。ただ、最終的に、両者合意の上で判こをもらうという形になりますので、結果はまだ出ていないわけでございますが、できるだけそうしたことを強く申し入れをしたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 排水の件ですが、県では、排水のセシウム濃度の基準がないので、設定は困難だということでございますが、重金属、そしてまたカドミ等、検査項目に入れるべきと思いますが、どうでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 その辺の状況につきましても、今、会社と協議をしておりまして、県のレベルでやっていただくのが一番よろしいわけでございますが、それはまた県として判断されることでございます。その辺も含めまして、市として会社のほうと協議してまいりたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 堆肥の品質の監視、チェック、それから汚泥堆肥の製造マニュアルの監視はどのような方法で、立ち入りでやられるかお伺いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 堆肥につきましては、県が許可条件として、水分につきましては50%以下、製品についての50%以下、それから炭素、窒素比を20以下、それから製品として出荷するまでの期間を、処理を開始したところから50日以内というのが一つございます。

 それから、マニュアルですね、会社としてマニュアルをこういうふうにつくっていくというマニュアルに基づいて、これは県の指導によって会社はマニュアルをつくってやるというふうにお聞きしておるわけでございますが、そうしたマニュアルに基づきまして、それぞれ堆肥の製造の工程において、県としてもかなり具体的にいろいろな項目について、書類で確認したり、現場で確認したりというようなことを実施するということで、かなり細かいものですから、なかなかこの場では申し上げられないんですけれども、そのマニュアルに従ったものについて、県も立ち入りをしながら確認をするというふうにお聞きしております。

 市としましては、そうしたものに一緒に立ち入りをしまして、同様に状況確認をして指導していきたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 市の職員は、きっと県の職員並みに立ち入りは自由にできるものと思いますが、先ほど、部長の答弁で、地元の協力者を得てという発言がございましたが、地元の協力者も許可なく立ち入り検査ができるのかお伺いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 その件につきましては、市のほうでできるかどうかということはちょっとお答えができません。会社にお話をして、ぜひそういうことで立ち入りを認めるようにというふうに話すことはできると思いますが、最終的には会社側の同意がないとなかなか難しい案件かなと思います。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 ぜひ、会社側にそのようにできるように交渉していただきたいと思います。

 次に、除雪についてお尋ねいたしますが、安田地籍で踏切のレールが撤去されていないところが2カ所ございまして、さっき答弁で業者からの依頼があれば電鉄のほうへ申し入れると、こういうことでございますが、木島地区の除雪会議のとき、そんなことが出まして、押していくに、構築物が邪魔になるし、レールのところがガタガタしているので、うまく取れないという指摘がございましたので、対応をできればお願いしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 議員ご指摘のとおりだと思いますが、再度確認をして、対処したいと思います。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 そのようにお願いしたいと思います。

 それから、中央橋の歩道の件でございますが、前にあそこを除雪した人にも聞いたりすると、あれは県管轄で県の下請でやられているそうでございますが、あれだけの幅のところでございますので、今の除雪機というかハンドローターですか、そのローターではかたくなると除雪ができなくなるんで、油圧で下がるような機械がないか、そしてまた先ほどの答弁で、圧雪はぎをするということでございますが、圧雪はぎできるような機械があるのか、その辺をお尋ねいたします。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 中央橋の歩道につきましては、県から委託を受けて市で実施しているところであります。

 機械につきましては、また、そういった機械があるかどうか、再度確認してみたいと思います。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 そのように対処していただきたいと思います。

 3カ年に一度の契約更新の時期でございますが、ことしも割合早い降雪でございましたが、業者、下請と行きますというと、なかなかポール立てたりするにも手間がかかったりするので、9月ごろの説明で10月ごろの入札にできないかというような話もございますが、その辺はどうですか。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 今回の反省を踏まえまして、この次、また3年後ということになりますが、そういった部分も含めて検討してまいりたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 ぜひそのようにしていただきたいと思います。

 それから、3カ年の間で道路が改良されて幅が広くなったり、除雪路線が延びたりした場合の対応はどのようになされるか、お伺いします。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 路線等が延びれば、その年、それぞれの変更の契約をしてまいるということであります。



○議長(久保田幸治) 

 西條議員。



◆7番(西條豊致) 

 ありがとうございました。

 それでは、最後に新幹線の開業に向けてのイベントでございますが、先ほど、市長のほうから前向きに検討するという答弁がございました。

 過日、川口和平氏の「みゆき野の自然」というような写真集を見まして、改めて、飯山市の自然のきれいさを感じたところでございます。ぜひ、前向きに、懸賞をつけてのコンテストを実施されることを希望いたしまして、質問を終わります。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 ただいま西條議員さんから、開業イベントでもっと飯山の風景を活用したフォトコンテストですね、そういうものをというお話でございます。

 飯山で写真を撮っている方々というのは、実は地元の方以外にも、相当、外からもお見えだというふうに聞いておりまして、これは新幹線ができた後、一つの大きな、いわゆる旅行商品といいますか、テーマツーリズムといいますか、そうしたものの一つの大きな分野になるんではないかなというふうに思っております。

 四季折々、変化がありまして、またすばらしい自然景観がこの地域にはございますので、また、今、写真もデジタル化になってきていまして、大変、高性能でありながら簡単に使えると、大勢の方々が利用するようになってきております。高齢者の方々、それから若い女性の方も使うような時代になってきていますので、ぜひこれを取り組みまして、開業後も大きな一つの事業にできますよう、やっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 以上で西條豊致議員関係の質問を終わりといたします。

 続いて、山崎一郎議員の発言を許します。

 山崎議員。

  〔13番 山崎一郎議員 登壇〕



◆13番(山崎一郎) 

 それでは、発言を許されましたので、通告に基づき、順次質問してまいりたいと思います。

 まず最初に、新年度の重点施策について何点か伺ってまいりたいと思います。

 足立市政にとって、いよいよ成果の問われる重要な3年目がスタートいたしました。過日は、その成果に向けての大切な予算編成方針が示されました。そこで、示されました新年度の重点施策について何点か伺いたいと思います。

 1点は、新幹線開業に向けたまちづくりの推進についてでございます。

 新幹線の開業に向けたまちづくりの推進は、これは大変重要なことであり、私も同じ思いでございます。ただ、まちづくりということは、駅関連の施設や、あるいは道路とか駐車場等のハードの面の整備だけではなくて、飯山の魅力を市民がみんなで意識共有して、それに向けた取り組みとその情報発信等のソフトの面が重要であると思います。

 実は、ハード面は予算化し発注すれば進行しますが、ソフト面はそんなものではございません。ですが、このソフトの面こそが重要であって、十分な取り組みと対応をしないと、新幹線の開業効果は、私は期待できないと心配になるのでございます。足立市長のこのまちづくり推進への思いと、その具体策をお聞きしたいと思います。

 次に2点目は、産業の振興についてでございます。

 重点施策と位置づけられましたこの産業振興について、少子高齢化顕著な当地域を活気ある地域にするためには、確かに産業の振興が最も重要な課題であると、私も思います。そこで、市長が新年度取り組む決意であります産業の振興とはどのようなものなのか。具体的に取り組む中身をお聞きしたいと思います。

 3点目は教育の充実でございます。

 実は、私の手元にことしの4月から11月までの市内の出生数がございます。その数は81名でございます。これから3月までの間に毎月10名ずつ出生があっても120名ほどで、この子供さんが7年後に小学校1年生になりますが、ことしの24年の1年生の生徒の数よりも60名も少ない現実となります。今後も同じ状況を予想しますと、入学生徒のいない小学校や、統合したばかりの中学校でも現在の1校当たりの生徒数よりも少ない現実が見えています。

 教育の充実は生徒数だけの問題ではございませんけれども、今後10年以内に予想されますこの現実にどのように対応していくか、大変重要な問題であると思います。地域の将来を託すに足る教育の充実への見解を承りたいと思います。

 次に、防災・減災のまちづくりについて伺います。

 当地域は、過去何度も水害や雪害に悩まされてまいりました。そのために、災害への備えの中心はこれらに向けてのものだったと思います。そこに昨年の東日本大震災と長野県北部地震における栄村の現実がございましたが、これからしっかり学び、地域の防災・減災に生かさねばと考えますけれども、そこで新年度に重点施策として取り組む防災・減災のまちづくりの具体策は何なのか、お聞きしたいと思います。

 次に、(仮称)飯山ぷらざについて伺います。

 平成27年の開館に向けて、世界的建築家隈研吾氏の設計による新しい市民会館となる(仮称)飯山ぷらざの建設がいよいよスタートとなりますけれども、市民からこの事業に寄せられた問題点について何点か伺いたいと思います。

 まず1点は、説明を聞いていると夢があっていいのだが、新しい施設を維持管理するのにどのぐらいの費用がかかるのか、少しも語られていないように感じる。10年たつと3,000人近く減少する地域の人口減の現実で、講演会で語られるような夢を見ていて大丈夫なのかという指摘がございました。

 そこで伺いますが、現在の市民会館に比較し、維持管理費をどのように予想しているのかお聞きしたいと思います。

 次に、この新施設に集うための道路整備をどのように検討されているのかとの質問がございました。市街地からは飯山線を渡らねばならずに、踏切の関係で、現状の市民会館より集うのに不便になってしまうのではという指摘がございました。特に歩いて集う場合が問題で、安全面でも心配だとの指摘がございました。どのような対応を考えておられるのかお聞きしたいと思います。

 もう一点、山ノ内町に黒川紀章さんという世界的建築家の設計した建物があるが知っているかと問われましたが、恥ずかしながら聞いたことも見たこともなかったので、過日視察してまいりました。オープンは長野オリンピックのときだったようですけれども、当時は大変なにぎわいであったようですが、今はもう想像のとおりでございます。

 そこで、少し酷でしたが、黒川紀章さんの名前で訪れる方がいるのかお聞きしましたら、15年もたちましたからと戸惑いながら、ファンのような方は少し見えますと言われたのです。10年20年経過したとき、有名な先生が設計したから人が集うのか、同じ轍を踏まないようにしなければと私は感ずるが、どのようにお受けとめになられますか。また、開館後、何が大切なのかをお聞きしたいと思います。

 次に、都市部との交流について伺います。

 私は今まで、議会開催のたびごとに、新幹線の開通の地域を見据え、あるいは人口減顕著な地域対応策のために都市部との交流が重要であると申し上げてきましたが、過日の新聞に、2025年までの15年間に東京都の65歳以上が28%、千葉県では33%も増加するので、介護施設の確保が大変な問題になると予想されるため、厚労省では、送り出す自治体が医療費や生活保護費を負担し、高齢者の地方移住を促進させる検討を始めた旨の報道がございました。

 既に、杉並区のように静岡県南伊豆町と協定を実施した現実もございます。都内から2時間が現実となります飯山市で、災害協定だけでなく、もっと一段進めて都市部との高齢者施設を誘致するぐらいの発想で都会との交流に力を入れるべきではないかと提言しますがいかがか、お尋ねしたいと思います。

 最後に、飯山のこの魅力の発信についてでございます。

 過日、100年ぶりに里帰りした善光寺仁王像が修復整備され、寺町飯山の玄関口となる現飯山駅前に設置されましたが、新幹線開通後の飯山市の魅力発信を思い、議会で最初に提言してから12年になりましたが、実現して大変うれしく思います。関係者のご努力に敬意を申し上げたいと思います。

 実は、飯山の仏師が善光寺のご開帳に間に合わせるためにと短期間に懸命に制作し間に合わせた仁王像を飯山にぜひ里帰りさせたいと思いになられた方々の深い思い、それはただ仁王像を観光の目玉にしたいというだけではない飯山の先人の温かい心を知り、その部分にこそ飯山市の魅力があり、大切な宝とすべきではないかと、私はそんなふうに感じました。

 足立市長は、この仁王像の里帰りにどのような思いを持たれたのでしょうか。また、今後どのように生かされるという思いなのかをお聞きし、1回目の質問を終わりといたします。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 山崎議員さんの最初のご質問にお答えいたします。また、教育委員会、担当部長からも答弁をさせますのでよろしくお願い申し上げます。

 最初に、新幹線開業に向けたまちづくりの推進につきましてご質問がございました。

 新幹線の関係につきましては、いよいよ開業まで2年ちょっとというような時期に来たわけでございます。その後、産業振興につきましてもご質問があったわけでございますが、関連がございますので一緒にお答えしていきたいというふうに思うわけでございますが、今、山崎議員さんがおっしゃいましたように、大変、まちづくりの推進について、ハードだけではなくてソフトの取り組みも非常に大事だなというふうに思っておるわけでございます。

 それで、新幹線の飯山駅ができますと、イメージとしますと、どういう感じになるかということを、今、考えておるわけでございますけれども、やはりこの周辺の広域的な観光のハブ駅になるんではないかなというふうに思うわけでございます。

 現在、飯山市を含めて9市町村と広域の観光連携を進めておるわけでございますが、この地域は大変自然豊かな地域で、スキー場も大変多いし、また通年型のそれぞれの観光地があるわけでございます。それぞれの市町村が特徴を持って自分の宝物を磨くということが一番大事ではないかなというふうに思っておりまして、これからそれを具体的に進めるというふうになるわけでございます。

 そのときに、じゃ、飯山はどういう特徴を持ってやるんだということがまさに非常に大事だなというふうに思っておりまして、ほかの市町村にはない、この飯山としてのやっぱり魅力づくりをやっていく必要があるんではないかなというふうに思います。

 それで、これは産業振興ともつながるわけでございますが、私は、やっぱり、今、飯山市が持っていますすぐれた資源、1つは農産物であると思いますし、それから食の伝統がございますし、それからまちの伝統産業、寺町といったような、こうした飯山市が従来から持っておる大変すばらしい宝物があるわけでございまして、これをうまく連携していくことが非常に大事だなというふうに思っております。

 今、それぞれ個々には立派なものがあるんですが、外から来ていただいた方々に出すときには、それこそ1つのメニューとして、料理をしておいしく料理をして提示をして食べていただくということが非常に大事であるわけでございますので、幸い、高橋まゆみ人形館は、前石田市長さんのご英断で建設ができまして、大変大勢の方々が来ていただいております。

 もうちょっとあそこからどこか食べるところが愛宕町界隈でぜひ欲しいなという気持ちもございますし、それにあわせて地域にありますさまざまな伝統技術がありますので、そうしたものを少し見ていただくような形もとっていきたいなというふうに思っています。

 また、寺めぐりの関係についても、飯山は大変すばらしいそうした信仰心の厚い地域でもございますので、そうしたものと、今後は食べ物も、いいものたくさんございます。もう、お米は今回のコンクールでも、木島平でありますコンクールでも特賞の方々が大勢いらっしゃいましたし、野菜もおいしいのがございます、キノコもございますので、それを飯山の伝統らしい食事のものをやっぱりメニューとしてつくりまして、それを場所で提供していくというような、セットでやっていくと、そして一番大事なのは、何といいましても、飯山の人たちがずっと持っている温かい心というんですか、地域のものをしっかり、大事なものを見ていただきたい、味わっていただきたいというような気持ちが一番大事ではないかなというふうに思っております。

 したがいまして、25年度でございますが、この農の振興ですね、それと食をうまく結びつけて、食べることについて、もうちょっと力を入れていきたいなというふうに思っておりまして、そのためにはぜひ女性の皆さん方のお力も大いに発揮していただきたいなというふうに思っておるわけでございます。

 こうした食の開発とあわせて、どこかやっぱり食べるような場所の提供も、飯山らしい雰囲気を味わえるような場所の提供もあわせて考えていきたいと思いますし、大変すばらしい伝統産業の工芸品もありますので、何かお土産にできるようなものも、皆さんでお知恵を結集してつくれればいいなというようなことで、来年度、これから予算編成があるわけでございますが、それに向けて取り組んでまいりたいというふうに思っておるところでございますので、よろしくお願い申し上げます。

 それから、防災の関係でございます。また、担当部長からも補足しますが、やはり集落単位での防災の力を高める必要があるなというふうに思っていまして、現在も自主防災組織をつくっていただいておるわけでございますが、備品等の補充等を少し応援をしていく必要があるんではないかなと思っております。何かあったときに、そこの各地区で集会所等で必要なものがあれば、そういうものも少しずつですが支援をしていく必要があるんではないかというふうに思っております。

 それからもう一点は、これは、今、さまざまな防災用の訓練もしておるところですが、もうちょっと実践的な形での防災訓練をやっていく必要があるんではないかなというふうに思っておりまして、これは市のほうの防災訓練とあわせて、各自主防災組織の皆さん方にも、ぜひ取り組んでいただければというふうに思っております。

 それから、飯山ぷらざの関係で幾つかご質問がありましたが、私からは、今回、隈研吾先生という著名な方で設計をいただくわけでございますが、議員さんからは年数が経過した場合に大丈夫なのかというようなご質問があったわけでございます。今回、隈研吾先生の設計で決まりましたことについては、先生が著名だということで決定したわけではございませんで、これは選定をしていただきます委員の皆様方のほうで、総合的に機能の面とかそういったすべてのものを含めて決定をしていただいたのが、たまたま隈研吾先生だったというような形のほうが正しいのかなというふうにも思うわけでございます。

 やはり建物でございますので、使い勝手とか機能とか、そういうものが一番大事だなというふうに思っております。また、活用につきましては、市民の方々はもちろん、これの建設といいますか検討に当たりましては、大勢の市民のそれぞれの各団体の皆さん方からお集まりいただいて、いろいろご意見を出していただく中で、基本的な設計といいますか、根幹の部分でご検討をいただきましたので、十分活用していただきたいと思いますし、また、市外の方でのいろいろなイベントとか、そういうものにぜひ大いに活用していただきたいなというふうに思っておるわけでございます。

 いい施設をつくってまいりたいと思いますので、利用につきましても、市民の皆さん方の利用、そしてまた市民以外の外の皆さん方の利用の活用について十分活用が図れるように取り組んでまいりたいなというふうに思っていますので、よろしくお願い申し上げます。

 それから、飯山の魅力発信についてということで、このたび完成しました仁王像の関係でご質問があったわけでございます。この仁王像でございますが、明治45年の善光寺のご開帳のために、急遽、善光寺から依頼がありまして、飯山の仏師の皆さんが作成した像でございます。善光寺が依頼をしました彫刻者の仁王像が間に合わないということで、大変、これは善光寺さんにとりましても大変なことでございますので、これを救ってくれるのは飯山の仏師しかいないということで飯山へ依頼があったのではないかというふうに思うわけでございます。

 といいますのも、この飯山では、幕末下で滝沢天友、清水和助など、大変すぐれた彫刻師をたくさん輩出していたということが大きな要因ではないかと思われるわけでございます。そうした伝統を引き継ぎまして、仏壇製作を通じて培われてきた伝統的な彫刻技術を継承し、また、腕に磨きをかけることを絶やさなかった仏師たちのたゆまぬ努力というものが現在の飯山仏壇のこれを伝統工芸品としての認定につながったというふうに思うわけでございます。

 この仁王像の飯山に里帰りをしていただくということについては、議員さんのほうからどうだというようなことで議会の中でご質問がございまして、当時の石田市長さんのほうで英断によりまして、今回、実現できたというわけであるわけでございます。

 この仁王像でございますが、一つはそうした歴史的な経過を踏まえて、まさに飯山市としての歴史的なものであるという一つの観光資源ということもあるわけでございますが、また、飯山市のそうした皆さん方のやっぱり伝統技術、また心意気を伝えるものとして100年後に里帰りをしたということで、大勢の市民の皆様方、また観光客の皆様方にもごらんいただいて貴重な文化遺産としてまちづくりに活用してまいりたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 長瀬教育長。

  〔教育長 長瀬 哲 登壇〕



◎教育長(長瀬哲) 

 それでは、山崎一郎議員さんの質問にお答えいたします。

 質問の趣旨は、少子化に伴う学校の適正規模についてということだと思いますので、学校運営と教育効果の2点からお答えいたします。

 飯山市内の学校は、8校のうち、飯山小学校を除き他の7校は単学年単級、すなわち1学年1学級の小規模校でございます。小規模校の学校では、運営方針、教育方針を徹底しやすく小回りがきくという面があります。また反面、教員の校務分掌の負担過重がございます。さらに教員同士の切磋琢磨、創意工夫が難しい面もございます。

 教育効果について見ますと、学習面では、目が行き届き、個性に応じた丁寧な指導ができます。しかし、よい意味での競争にかけ、序列が固定化する面があります。また、親しみから規律が緩みがちになると言われています。

 したがって、現状から考えますと、小規模校のよい点を生かした教育を実現できるよう、学校を中心に保護者、行政、地域で支援していくことがまず大切であるかと思います。

 教育の充実という視点からは、望ましい学校規模という面も考える必要がありますが、複式学級になることが想定される、すなわち2学年で8人以下になるときは、地域の方々と慎重に検討して方向を決めていく必要があるというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 山崎議員ご質問のうち関係部分につきまして、市長答弁に補足をしてお答え申し上げます。

 まず、1点目、新幹線開業に向けたまちづくりの推進の関係のソフト面についての具体策ということでございます。

 まちづくりのソフト面の具体策につきましては、昨年度策定されました「飯山まちづくりデザイン計画書」の中で具体的に示されておりますが、4項目が示されております。

 1点目が、イメージ力と情報発信力のアップということで、これにつきましては人目を引くようなすぐれたデザインあるいはキャッチコピーによって、他の地域との差別化を図って、当地域の個性を前面に打ち出す。マスコミあるいはインターネット、パンフレット、こういったものを活用して、魅力的な飯山のイメージを積極的に情報発信していくというのが1点目です。

 もう一点が、まちなかの公共空間の実践ということでありますが、これはまちの中の公園、あるいは歩道、それから公共の空き地等を活用して、こういった場を自由な市民活動の場としていくということでございます。

 それから3つ目が、元気になるための人材育成ということでありますが、市民が至るところ、あるいはいろいろな場面で活躍していく、そのために高い技能、技術を持った人材の育成を進めていくということであります。

 それから4点目がブランド力の強化、それから起業支援、こういったものを進めていくということでありますが、飯山の持つイメージを向上させてブランド化させていく必要がある。そのために、起業する方への支援、こういったものを進めてまいるということでございます。

 まちづくりのソフト面の展開としては、こういった4項目の部分につきまして進めてまいりたいということでございます。

 それから、2点目、(仮称)飯山ぷらざの関係のご質問がありました。(仮称)飯山ぷらざにつきましては、基本設計の説明を10月から市内10地区で市民説明会を開催いたしました。11月には、市民会館で講演会と説明会をあわせて開催しております。

 多くの方にご参加いただいてありますことでありますが、議員からは維持管理費の関係はどうなのかというご質問でありました。

 まず現在の市民会館の維持管理費の関係でありますが、こちらは人件費を除いて年間で800万円ほどとなっています。利用の収入につきましては、年間で350万円ほどとなっているということであります。

 (仮称)飯山ぷらざについての詳しい維持管理費につきましては、実施設計あるいは管理運営計画の中で試算をしていく予定ということであります。ただ、概算につきましては、基本設計が終わる1月ごろにお示しできるのかなと考えております。

 ただ、現在の市民会館機能にさまざまな複合機能を加えて整備をしていくという方針でありますので、現在の維持管理費と比較をして余計に費用がかかるということも明らかであると予想されます。

 なお、近隣の施設あるいは同等の施設での維持管理費の関係でありますが、須坂市のメセナホール、こちらのホールにつきましては、人件費とさまざまな保守委託料、これを除いた経費で年間2,500万円。それから東北にあります、今度、市でつくります施設と同等の施設の関係でありますと、こちらの施設からすると、人件費を除いた費用で2,900万円かかっております。詳細についてはこれからということでありますが、費用は現在と比べるとかなりかかってくるということでございます。

 施設の利用については、現在よりも幅広い利用ということで、市内外のさまざまな分野の方の利用を促進して、利用率を向上させ、収入をふやしていきたいと、このように考えています。

 それから、(仮称)飯山ぷらざの関係で、周辺の道路、特に歩行者にとっての道路はどうかということでございます。

 まず、市街地の東側から(仮称)飯山ぷらざへのアクセスということでございますが、これは現在の飯山駅から西側に新しい道路、斑尾線がつくられるわけでありますが、この斑尾線の踏切を渡ってアクセスするということになります。この新設される斑尾線ですが幅員が16メートル、両側歩道ということでありますが、16メートルの道路がつくられ、歩道も新設される。踏切につきましては、JR飯山線の一線をまたぐ踏切ということになっておりますので、東からのアプローチも容易になろうかと思われます。

 また、新幹線の飯山駅のほうからのアクセスでありますが、こちらは飯山線の両側に歩行者が通れる道路を計画しておるということで、こちらを通って施設のほうにアクセスができるということであります。

 新しい施設では、歩行者はもちろん自動車等のアクセスについても利便性と安全性には配慮して計画を進めたいと思っております。

 私からは以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 山崎議員ご質問のうち関係部分につきまして、補足してお答えいたします。

 新年度の重点施策のうちの産業の振興についてということでございます。

 産業の振興対策につきましては、新年度の予算編成に当たって、その重点事業ということで広域観光連携の推進、地域農業の再生、地元産品を活用した土産品の開発、食産業の支援、それとスポーツツーリズムの推進を掲げております。新幹線開業効果を経済の活性化に結びつけるということ、それと安定した生活基盤を確保していくということで、こういった観点から次のような観点に立ちまして事業を構築していきたいというふうに考えております。

 まず1点目の広域観光連携の推進ですが、各観光地間の連携によります資源の共有、これによって長期滞在の促進やブランドイメージをつくり浸透させるということでございます。

 現在、進められております、周辺9市町村の広域観光連携推進会議の中で広域旅行商品の開発、ブランド・観光・地域づくり、そういったものに取り組んでいきたいというふうに考えております。

 2つ目の地域農業の再生ですが、農業につきましては従事者の高齢化、荒廃農地の増加など、多くの課題がございます。こうした問題を解決し、農業の再生を進めていくということで、中心となります農業者、農業経営体の育成が早急の課題であるというふうに考えております。そのために、人・農地プランの策定を進める中で、地域の担い手、農業委員、JAなど、農業にかかわる方々で地区農業の目指すべき姿の計画設計を行い、支援をあわせて行いながら農業再生を進めていきたいというふうに考えております。

 3つ目の地元産品を活用した土産品開発、食産業の支援ですが、本年度も土産品開発支援事業、地域資源活用型起業支援事業によりまして、新たな土産品の開発、既存土産品の磨き上げの経費の補助と、地域の農産物や工芸品、特産品などの資源を活用して、新たに事業を展開する方に補助を行っております。

 引き続き、こうした支援を行うほか、女性グループなどが取り組んでおります地域食材を活用した土産品、駅弁、農家レストラン、こういった食産業の構築と六次産業化、そういったものに研究開発、これを一緒に行っていきたいというふうに考えております。

 4つ目のスポーツツーリズムの推進でございますけれども、これは各種スポーツ大会と観光事業が連携して市内経済への波及効果を確保していこうというものでございます。菜の花ゲートボール大会、北信州ハーフマラソン大会など、想定できるわけでございますが、トレイルランニング、サイクルロードレース、そういったものを念頭に、市外から訪れる方々に観光面でも飯山を楽しんでいただき、宿泊、消費していただくことによって経済活性化を図りたいというふうに考えております。

 また、産業の振興には働く場の確保が重要でございます。大変厳しい経済情勢でありますが、既存企業の事業拡張の支援とあわせまして、新規企業の誘致につきましても積極的に引き続き取り組んでいきたいというふうに考えております。

 私からは以上です。



○議長(久保田幸治) 

 村山総務部長。

  〔総務部長 村山芳広 登壇〕



◎総務部長(村山芳広) 

 防災についてのご質問に補足してお答えいたします。

 今、防災の面で大きな課題として、原子力災害を含めた地域防災計画、それから災害対応マニュアルと、こういった案件がございますが、防災・減災という視点で重要となるのが自主防災組織というふうに考えております。災害が発生した際、地域での助け合い、共助の精神が欠かせないものと思っています。

 新年度には、この自主防災組織のさらなる充実強化のために、これまで設立補助をいたしておりましたが、先ほど、市長から答弁がありましたように、防災訓練ですとか、あるいは災害備品、備蓄品、そういった活動に対する補助も検討していきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 山崎議員さんご質問のうちで、都市部との交流について、先ほど飛ばしてしまいましたので、答弁したいと思います。

 議員さんからは、新幹線ができるということで、大変、都市部が近くなる、そうした交流をもっと進めるべきではないかというご質問でございます。大変、大事なことだなというふうに思っておるわけでございます。

 現在、災害時の応援協定等で、また、大阪市では観光の交流の姉妹都市提携ということでやっておるわけでございますが、特に大都市で災害協定はもちろん災害の応援態勢と、それ以外でも日常的な交流も含めてということですが、特に大都市圏、新幹線で結ばれる地域との交流は、これから飯山市にとって非常に大事な分野だなというふうに思っております。観光はもちろんでございますが、先ほど、議員さんからもお話がございましたが、高齢者がふえている中で、飯山市がどういうふうに役立つだろうかというようなことを、これには積極的にぜひ検討していきたいなというふうに思っております。

 今、日本も非常に高齢者がふえてきておりまして、高齢者のための、今、制度がいろいろあるんですけれども、その辺については、今、厚労省のほうでもいろいろ検討しているようでございますが、まだ現在の時点では、特別養護老人ホームについては住所地特例というのがあるんですが、普通のいわゆる元気な方々といいますか、いわゆる特別養護老人ホームでない一般の高齢者住宅といいますか、アパートといいますか、そういうものについては、そうした特例がございませんので、高齢者になりまして、介護とか医療がふえますと、その分、住民でございますので負担がふえるというようなこともあるわけでございますが、そうした中での対応も、今後、国の動向等もよく見ながら検討していきたいと思います。

 都市との交流というのは非常にこれから一番大事な分野だというふうに思いますので、力を入れて取り組んでまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。

  〔民生部長兼福祉事務所長 丸山信一 登壇〕



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 山崎議員ご質問の都市部との交流につきまして、特に高齢施設ということでございます。市長から答弁があったとおりでございますが、厚生労働省では、そういうことを一つの制度といいますか事業として考えたいということで、現在、検討会を設けて、検討に入ったということでございます。

 議員からございますように、都市部の高齢化、あるいはいろいろな施設が不足している、地方のほうでは人口減少があり、経済が低迷しているということは一緒に都会の高齢者が地方のほうに移住をしてもらうという発想でやったらどうかということでございます。

 これにつきましては、今後、自治体へのアンケートをやるというお話も聞いています。そうしたものを踏まえながら、その事業の枠組みですとかその手法について、年度内に報告をするというふうにお聞きしているところでございまして、高齢施設につきましては、来ますと、雇用ですとかいろいろな消費が期待できるわけでございますが、やはり住所地特例ですとか、あるいはその周りの医療費の増嵩ですとか、いろいろなものが考えられるということで、そういうものも含めて、都会のほうが一定程度の都市部が負担をするということでやっていけるんではないかというようなふうに、今、お聞きしていることでございます。その辺のところがどうなるのかということも、よく推移を見ていかなければいけないかなというふうに思います。

 高齢の施設の誘致は、都市との交流の一つの手法だと思いますけれども、サービス料ですとか負担のバランス等を考えながらいくということで有効な手段ではないかというふうにも思っております。

 以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 山崎議員、再質問ありますか。

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 それでは、一問一答で質問させていただきたいと思いますが、時間も大分経過いたしました。そこで、重点と思われる部分だけ再質問させていただきたいと思います。

 まず、まちづくりの推進の関係でございます。

 市長からも、そしてまた担当部長からも、産業の振興と関係がございますので、大変、大事な4項目、あるいはまた、市長から農と食の振興に力を入れたいというような部分をお聞きいたしました。大変、私は大事なことだろうと思いますが、ぜひ、もう、ハードの面は業者がどんどんやってくれますので、これは間に合うと思うんですが、ソフトの面では、そんなに簡単に、お聞きしましたような内容のものを現実化させるにはそんな簡単にはいかないんではないかなと思うんですが、もうちょっと積極的な取り組みを急いでやるべきではないかなと思うんですが、その辺どうですか、いかがですか。その決意のほどをちょっとお聞きしたいんですが。どなたにお聞きしたらいいんですか。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 今、議員さんのほうから再質問がありましたけれども、サービスとして出すということでございますので、これは行政が直接やるわけにはまいりませんので、民間の方々にやっていただくということが必要になるわけでございまして、とにかく、来年度はここは少し予算をつけて取り組みたいなというふうに思っておるわけでございます。

 素材はあるんですね。個々のもので、例えば料理についてもそれぞれ料理を、伝統食をつくってくださる団体の皆さん方もいらっしゃる、食文化の会の方もいらっしゃるわけでございますが、それをもう少しうまく連携をして、特に女性の皆さん方のパワーをぜひおかりしたいなと。来年度、25年度、予算をしっかり確保して進めたいと思いますので、強力に進めたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 それで、どうしても今までの新幹線のまちづくりというふうになりますと、イメージ的に駅の周辺に、思いが、市民の目線も、それから取り組みも、集中的に駅の周辺というふうにどうしても受け取れてしまうんです。私は、この新幹線開通後のまちづくりというのは、私は駅前だけでなくて、先ほど、お話がございました。広域連携でやるというんですが、もうちょっと駅前以外のところにもソフトの面、これは関心が、ずっと思っていただけるような取り組みもぜひ考えていただきたいと、そんなふうに思うんですが、いかがなものですか。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 今、山崎議員さんおっしゃったように、まちの中を歩いていただくということが、飯山市の観光になるということで、昨年度、デザイン会議の中でも大まかな全体の計画は、構想はつくったわけでございますが、駅周辺の整備とあわせて、まちの中でそういうような食べられるようなものとか施設とかサービスができることを、今、考えています。

 来年度に向けて、12月議会でも、一部、今回補正予算を計上させていただいてあるわけでございますが、市街地の中で楽しんでいただいて、ゆっくりした、ゆったりした時間を過ごしていただけるというようなことで進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 それでは、ぜひ、それは強力に進めていただきたいと、そんなふうに要望しておきたいと思います。

 次に、産業振興のことで、スポーツツーリズムの答弁がございましたんですが、私、この地域農業再生の具体策について、部長から話がございました。

 そこで、地域農業の再生とスポーツツーリズムとの関係があるんですが、先日、私は菅平に行ってきました。正直、大変、この夏場の、毎年そうなんですが、合宿等、大変な状況を聞いてまいりました。そこで、どんどん遊休農地がふえていく飯山市の状況で、農地をグラウンドか何かに変更するという、そしてそれを利用した都会の学生さん、あるいは企業の合宿等を受け入れるというような部分について、これは何か制約、農業委員会にお聞きしたいんですが、制約等、何か問題点があるんでしょうか。その辺を伺いたいと思いますんですが、いかがですか。



○議長(久保田幸治) 

 農業委員会長。



◎農業委員会長(松永晋一) 

 農地につきましては、あくまでも農業生産に利用する土地という位置づけになっています。そういう意味で、農地転用が原則できないという対象農地があるわけでございます。そういう場合は転用がかなり困難であるというふうに考えております。

 その状況によって地域の状態、あるいは農地の今の状況、それとを総合的に判断する中で決定されるということで考えております。

 簡単には転用できないということだけはお願いしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 わかりました。

 それでは次に、防災・減災の関係でございますが、実は今までの災害といいますと、先ほど言いましたように、雪とか水害であったんですが、今度、地震という部分について、地域で防災マップを作成しておるようですが、個人情報との関係でなかなかひとり暮らしとか、あるいはまた障害者のおられるような家庭の状況を把握しにくい。ですから、防災マップをつくりにくいというような地域があるやに伺っているんですが、その辺、いかが把握しておられますか。お聞きしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 支え合いマップですとか、今、議員さんがご質問されたことは、例えばそういうものをつくるときに、なかなか情報がどうなのかというようなことが含まれているのかなというふうに思いますが、どこでその線を引くかということはいろいろ縛りというものは、やっぱり一定程度はやはり個人情報の保護というものがありますので、法令に決められているということがございます。

 ただ、現場のところでは、民生委員さんともいろいろお話をする中で、最低限の、できるだけそれはその地域で必要なものだということで、できるだけ個人のところに配慮しつつやるということでいかがでしょうというようなお話をさせていただいていますので、場合によっては、その事例もお耳に届いているかなというふうには思いますが、目的は、その地域が最低限の情報を共有してやっていくということが必要だというふうには認識しておるところでございます。



○議長(久保田幸治) 

 山崎議員。



◆13番(山崎一郎) 

 時間がございませんので、それでは最後に、飯山市のこの魅力の発信という部分で、市長から大変いろいろ具体的なお話も伺いました。飯山市には、ご答弁いただきましたように、たくさんいろいろな魅力がございます。ただ、私、その魅力の情報発信の部分で、今まだ十分機能していないんではないかなと。それを地域の皆が理解しているかというと、なかなかその部分だと思うんです。

 そこで、私、非常に重要だなと思いますのは、前にもお話ししましたんですが、地域の関係者だけではなくて、地域みんなでこの意識を共有するというんですかね、それに向けたまちづくりなり努力をしているんだという、その部分が必要だと思いますので、ぜひ、私は前にお話ししましたように、飯山物語、このストーリー、飯山を宣伝するストーリーを、ぜひ関係者、飯山にすばらしい、まさに教育長さんもそうでございますが、すばらしい方がいっぱいいると思うんですよね。そういう方がやっぱり思いを出し合って、新幹線開通に向かって、私はストーリーをしっかりつくっていただきたい。それを市民がみんなで共有すると。そしてそれを情報発信していくという部分が非常に大事ではないかなと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 今、山崎さんおっしゃったこと、大変、大事なことなんです。それで、我々も、よく外の観光地とか、それから特に私は新幹線ができました、新たにできました地域の駅とかいろいろ行ってきました。

 そこで一番やっぱり大事だと思いましたのは、おりたときに、一体、この地域の人たちというのは、自分たちに対してどういうものを見せようとしているのかということがないと、要はそこは単なる通過駅になってしまうということなんです。したがって、どんな小さな地域でありましても、やっぱりそこの地域のすばらしさとか、ぜひこれについては外の人に見てもらいたい、わかってもらいたい、我々のところはこういうところだということをしっかり外にアピールしていくことが、何といっても一番大事なことではないかなというふうに思っております。

 そうした意味で、今、議員さんおっしゃったように、飯山物語という大きな枠の中で、歴史もございますし、それから地域の伝統もございますし、食もあるわけでございますが、いわば飯山って何なんだろうというアイデンティティですね、飯山っていうのはこういうところですということを自信を持って外にアピールできるということが、まさに、実は先ほど、議員さんがおっしゃったソフトの部分の根幹ではないかというふうに私も思っております。

 幸い、大変、飯山市の教育委員会には、公民館も含めて大変すばらしい人材の皆さんもおりますし、また、地域にそれぞれすばらしい人材の方々がいらっしゃいますので、ぜひご協力をいただいて、そうした飯山のアイデンティティをわかっていただけるような、そういう飯山物語ですか、それをぜひつくってまいりたいなというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 山崎議員、ありますか。



◆13番(山崎一郎) 

 ありません。



○議長(久保田幸治) 

 以上で山崎一郎議員関係の質問を終わりといたします。

 この際、しばらく休憩いたします。

午前11時52分休憩

午後1時00分再開



○議長(久保田幸治) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 一般質問を続けます。

 渋川芳三議員の発言を許します。

 渋川議員。

  〔3番 渋川芳三議員 登壇〕



◆3番(渋川芳三) 

 渋川芳三です。発言を許されましたので、通告に基づきまして、順次質問させていただきます。私は2つの項目について質問させていただきます。

 まずはじめに、城南中学校の移転事業についてお伺いいたします。

 城南中学校の校舎は昭和40年に建設され、現在47年が経過しており、耐震度が0.3で、基準の0.7を満たしていないことから移転の方向で検討していると当時の教育長から議会での答弁がなされております。

 子供たちが安全でよりよい環境の中で勉学に励んでほしいということは、市民の皆さんだれもが考えることで、いつまでも老朽化した校舎で勉学させることを望んでいるわけではないと思っております。

 ところで、この件に関する議会での質疑を調べてみますと、平成23年9月定例会において、私や同僚議員の質問に対し、市長からは飯山高校の校舎を使うことは一つの案。現在、取得経費とか改修経費等について基礎的な情報をつかんでいるところ。早急に詰めていきたいとの趣旨の答弁がなされております。

 また、平成24年3月定例会においては、現飯山高校校地・校舎の価格、旧2中跡地の価格等について協議しているところで、6月くらいまでにはめどをつけ、議会に諮りたい旨の答弁がなされ、さきの9月定例会においては、教育長から、譲渡に係る金額、条件等の一番山場に来る話し合いがこれから行われるとの答弁をいただいております。

 これらの答弁から見えてくることは、まだまだ決まっていないこと、そして決めなければいけないことが多く残されているのではないかということであります。

 一方、市内の多くの子供たちが進学する飯山新高校の生徒募集の予定を見ますと、現在の中学2年生が受験する平成26年度は、飯山新高校の生徒として新しい校舎には普通科3クラスと探求科2クラス、現飯山高校の校舎にはスポーツ科学科1クラスの生徒たちが入学し、平成28年度には現在の小学6年生が完全統合となった飯山新高校に入学するという具合にスケジュールが決められ、スケジュールに沿って統合が進められることとなっております。

 そして、この高校の二次統合に呼応するような形で、平成25年度から27年度を経過期間とする市の3カ年実施計画においても、城南中学校移転事業として、平成26年度には校舎改修設計委託費用として500万円、平成27年度には校舎改修費用として1億5,000万円が計上されております。

 そこでお伺いいたします。

 市長におかれては、現飯山高校の跡地を城南中学校として活用するというお考えと理解してよいのでしょうか。そして、そのお考えに沿って関連するすべての物事を進めていると理解してよいかお伺いいたします。

 次に、北信広域内市町村との関係等についてお伺いいたします。

 市長は就任以来、近隣市町村、特に北信広域を構成する市町村との協力の重要性を認識され、各市町村長さんとの良好な関係を構築されてきたことは大いに評価するものであります。

 現在のように、1つの自治体の中で生活が簡潔しない。具体的に申しますと、市内に住んでいる人が中野市の会社に通勤し、子供は木島平村の高校に通うといった時代になりますと、1つの自治体が単独で事をなそうとした場合、できるものとできないものがあると考えており、できないものについては積極的に同じ広域圏内の市町村との連携を図り、物事を進めることが得策ではないかと考えております。

 現在は、制度としても一部事務組合、広域連合、そして本議会において定住自立圏形成に関する協定の締結の議決を行いました定住自立圏、このようにさまざまな制度ができております。これらの制度をうまく利用して、飯山市、そして周辺自治体の発展を図ってほしいものと考えております。

 ところで、私ども議会の過疎・農業振興対策特別委員会におきましては、去る11月8日、9日の両日、下伊那郡阿南町と飯田市へお伺いして、過疎・農業振興にとどまらず、いろいろと勉強してまいりました。加えて、自分たちだけでもいろいろなところを視察してまいりました。

 具体的にはリニア新幹線飯田駅が建設される予定の飯田市座光寺付近、飯田の有名な地場産業であります水引の展示施設、下条村の道の駅、そして旧上村の下栗の里、今回、お伺いしたところの多くは、急峻な山のすそに道を開き、多くの橋梁により集落と集落が結ばれており、わずかな平地で農業を営んでいるところであります。

 特に下栗の里は標高800メートルから1,000メートルの高地に位置し、すれ違いもままならない細い道路しかできないような急峻な地形のところに家をつくり、傾斜のきつい畑でお茶や芋などを栽培し、主に観光で生計を立てているというところでありました。

 視察中の車中では、雪は降るけれども飯山のほうがいいとの言葉が出たほど厳しい環境の中で人々が暮らしているという地域でありました。

 また、飯田市役所においては、学輪IIDA、学校、それから輪、それから飯田市のIIDAですね、学輪IIDAと名づけられた大学連携の事業と定住自立圏構想についての取り組みをお聞きし、意見交換を行ってまいりました。その内容について逐一ご説明をする時間はありませんけれども、約2時間半にわたり非常に有意義な勉強をさせていただきました。

 この視察の内容も踏まえてお伺いいたします。

 今回、中野市の市長選挙の結果、市長さんが交代いたしました。中野市は北信広域の中でも人口の最も多い自治体であり、新幹線飯山駅の活用、信越の9市町村による広域観光をはじめ、現在進めている大きな事業は特に中野市との連携が大切と考えております。

 市長におかれては、前市長さんのときのような良好な関係を新しい中野市長さんとどのように構築していくお考えでしょうか。

 以上お伺いして、第1回目の質問といたします。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 渋川議員さんの最初のご質問にお答えいたします。

 城南中学校の関係につきましては、教育委員会からも答弁をさせますので、よろしくお願いします。

 城南中学校の移転の関係でございますけれども、これに先立ちまして、城北中学校の改築の問題があったわけでございますが、これにつきましては、旧照丘高校を県のご協力によりまして取得しまして、立派に改築ができたという経過があるわけでございます。

 城南中学校の移転につきましては、前石田市長さんのときから飯山市として総合的に判断をして、飯山高校が移転した際には校舎をお譲りいただいて、城南中学校の校舎として活用していきたいというふうに、県にそうした申し入れをした経過があるわけでございます。

 そして、この間でございますが、県の高校教育課及び飯山高校と取得費及び旧第二中学校の譲渡に係る協議を進めてまいりました。私としては、現飯山高校跡地を取得しまして、城南中学校として移転開校をする方向で進めていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 それから、次に広域の関係でお話があったわけでございますが、中野市との関係の構築ということで、今、ご質問がございました。今度、新たに新しく池田市長さんになられたわけでございます。前の小田切市長さんのときも、大変、飯山市との連携については定住自立圏の構想、それからまた北信総合病院の建設と、一緒に連携をして進めさせていただいたわけでございます。

 ただいま議員さんのほうからお話がありましたとおり、中野市は人口が大変一番大きく、この北信広域連合の中でも中心的な市でございまして、特にこれから北陸新幹線ができますと、まさにこの管内で一緒になってさまざまな課題に取り組んでいかなければならない市でございます。小田切市長さん同様、今度の新しい池田市長さんともしっかり連携をして進めてまいりたいなというふうに思っております。

 池田市長さんの選挙公約をちょっと拝見させていただきますと、観光連携とか、それから周辺市町村との連携ということについて、大変大きく関心を持っていらっしゃるというふうに拝見しておるわけでございますので、ぜひ、今まで以上にいい関係をつくっていきたいなというふうに思っていますので、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 長瀬教育長。

  〔教育長 長瀬 哲 登壇〕



◎教育長(長瀬哲) 

 県教委との協議について、市長の補足説明をさせていただきます。

 移転に伴う改修工事の時期につきましては、県と協議する中で、飯山高校が平成27年度、すなわち平成28年3月の卒業式まで校舎を使用するという予定ですので、事前に準備を行い、卒業式を待って工事に着工したいと考えております。

 移転開校については、生徒の安全を考慮して、工事が完了する平成28年度の2学期からの城南中学の使用を予定して、予定を進めております。

 具体的な取得の時期につきましては、現在、教育委員会と協議をしていますが、3月議会には、移転に伴うスケジュール等をお示しし、ご協議をお願いしたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員、質問ありますか。

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 どうも具体的な答弁ありがとうございます。

 実は今、長瀬教育長の話にもありましたけれども、11月28日の長野県議会において、地元の宮本衡司議員の質問に対しまして、長野県の山口教育長は、飯山市では、現飯山高校の跡地を利用して、平成28年度から城南中学校を開校する意向で、旧二中跡地と相互に譲渡する方向で協議を進めているとの答弁をなされております。それで今、教育長の説明からもありましたけれども、ただ、実際に授業を行うようになるのは2学期からとなって、卒業式を待って工事を行うとなると、なかなか時間的には非常にタイトなものがあろうと思いますが、その辺は今から十分に準備をしてお願いしたい。

 それから、ただ、長野県との協議においては、城南中の跡地のほうは譲渡を受けるだけでいいですけれども、今度は旧二中のほうのどうしようかというような問題があろうと思います。それから、譲渡価格をどうしようかというような問題があろうと思います。まだ、この辺は交渉の段階ですから、なかなかオープンにというわけにはいかんと思いますけれども、例示で結構ですがどの程度まで合意がなされて、どのような事柄が現在協議中なのか、言える範囲内でおっしゃっていただければと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 渋川議員さんの質問にお答えします。

 県と協議の中では、以下の項目について協議中なんですが、まず第1点目、旧第二中学校の校地敷地については、中学校給食センターの敷地も含めて新飯山高校の校舎の敷地として県に譲渡すること。2点目、城北グラウンドについては、県に譲渡せずグラウンド敷地として貸し付けること。また、3点目、県が現飯山高校校舎敷地について飯山市に譲渡することについては、基本的に合意されております。4点目、また、城南中学校の移転開校につきましては、平成28年度2学期からとすることで、現在、協議を進めていますので、予定どおりにしたいと思います。5点目、その譲渡等の価格や譲渡価格については、現在、協議中でありますので、全く不明でございます。

 以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 ありがとうございます。

 先ほど申し上げましたように、3カ年の実施計画においては27年度、つまり今の先生の説明のように、卒業式が終わってから校舎改修をするということになるんでしょうけれども、実際には、まだ、なかなか卒業式が終わってすぐに入れるかということは懸念しておりますけれども、その辺はなかなか大変とは思いますが、よく段取りを立てていただき、先ほど申し上げたとおりですが。

 なお、こういう話というのは、その現場の校長先生、城南の場合は飯山市立で、飯山高校の場合は県立ですから、こちらからその辺はお知らせするというのは筋が違うと思いますけれども、城南中学校の校長先生等への連絡はもう行っているというか、ご承知の上で、やっぱり城南中も一緒にスケジュールで動いていると考えてよろしいでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 長瀬教育長。



◎教育長(長瀬哲) 

 渋川議員の質問にお答えします。

 基本的にまだ不明確な時点で城南中学校の校長先生と先を進めるというのはなかなか問題が出てきますので、ある程度はっきりしてから中学校の校長先生とは詰めていきたいと思います。

 それで、渋川議員さんの懸念されている工事の期間等につきましては、城北中学の経験がございますので、それを踏まえて、まず一番大事な点は、高校の校舎ですので、中学生の生活に合うように改修するのがまず基本の大きな条件になります。

 したがいまして、職員室の整備というのが、高校は職員室がありませんので、その整備がまず第一になると思います。

 それから、細かい点では黒板の位置を下げる、ロッカーの設置、図書館の改修、それから特別教室の整備、体育館のステージの設置、駐輪場の整備、プールも深さが違いますので改修などが予定されております。これらの改修工事につきましては、先ほども触れましたが、3月の卒業式を待って一斉に工事を開始し、工事開始に伴う騒音・振動等の影響が生徒に出ないように考えております。

 また、プール改修工事は、平成28年度の開校に間に合うように配慮して平成27年度中の工事開始と考えております。飯山高校のプールでの水泳授業が終了するのを待って、工事が開始できればというふうに考えています。飯山高校のプールは校舎とは離れていますので、工事の影響ができるだけないように配慮したいというふうに考えております。

 城北中学の移転では、実際、いろいろ入ってから、いろいろなことが、高校の校舎と中学の校舎の相違がわかって、いろいろ参考になる点が多々ありますので、そういう点を考慮して改修工事に準備をして取り組んでいきたいというふうに思っています。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 その辺を十分に配慮してということで、また地元区とも、学校の西側に用水が通っていたりしますので、地元区ともよく調整をしながら進めていただければと思います。

 それから次に、今の城南中学校には、飯山、木島、そして私どもの秋津の子供たちが学んでおります。城南中学が今の飯山高校に移るということになりますと、また通学方法もいささか変わってくるのではないかと思っておりますが、通学方法、具体的に言うと、飯山の子供たちはどういうふうに通うのかとか、木島の子供たちはどういうふうに通うのかとか、それからそれに伴う通学路の整備はどのように考えておられるのでしょうか。

 また、通学路の整備をなさるとなると、地元の私ども秋津の関係の地区の皆さんとの打ち合わせなり説明なり打ち合わせなりが必要と思いますけれども、いつごろから説明を行い、地元の皆さんと相談する予定でしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 森教育部長。



◎教育部長(森勝) 

 城南中学校の飯山高校跡地へ移転する場合の通学方法、またそれに伴う通学路の整備につきましては、城南、それから城北中学校、その統合時と同じように、移転に係る検討委員会、それから部会といったものを設け、学校、保護者、また地域の皆さんと協議する中で具体的に決めていきたいというふうに考えています。

 今の時点で、どこを通学路にしていくか等の具体的な検討には至っておりませんが、先ほど、教育長から話がありました、3月議会にスケジュールをお示しし、その後、検討に入るというふうに考えています。よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 これから検討ということでやむを得ないのかと思いますけれども、いずれにしてもあと2年であります。2年という期間は、長いようで結構短いものだと理解しておりますので、その辺は何とぞ地元に早めに説明、それから相談に入っていただきたいと思います。

 話は変わりますけれども、このたび、秋津の北畑から伍位野の間の市道2の103と2の120に、秋津小学校児童の通学用ということで路側帯を広げていただきました。これは、道の西側に路側帯を広くとっていただいたものであります。子供たちの通学途中の交通安全という観点から見ますと、ベストではないものの一定の評価をいたすものであります。

 ところで、この市道は、城南中学校が移転した場合には、一部通学路として利用されることと思いますがいかがでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 森教育部長。



◎教育部長(森勝) 

 通学路、具体的な部分ということになりますが、当然、その部分も通学路といったことで使用されるということが考えられます。具体的に、先ほどお話がありました、路側線を引き直すといったことも、県のご協力を得る中で、関係者で地元確認をいたしまして、どうやれば安全に通れるか、また将来的にはどんな整備が必要かというようなお話をする中で進めてきました。

 ここを通学路として通るといった場合、当然、そういうことをこれから詳細に詰め、子供たちが安全に通学できるといった方法を検討していきたいと思っています。よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 今申しましたように、子供たちの安全のためにということで路側帯を広げていただいたことはまことに結構と思うんですけれども、あの広がったのが実は路側帯であり、あそこは通らないようにしようねということ、地元の皆さん、静間区の皆さんが理解をしてくださるにはなかなか時間のかかることであります。ましてや、よその皆さんが、あそこの道路へ入った場合、たまたま車があちらのほうへ回ったというような場合には、あの白い線は何だろうとは思いますけれども、あれが子供たちの路側帯で、あそこは通ってはいけないんだよというのは、理解するのは、まず不可能だろうと考えております。

 そこで提案ですけれども、せっかく路側帯を広げていただいて、通学路を広くしていただいた。この効果をより大きいものにするためには、広げていただいた路側帯の中に、通学路といったような文字を数カ所、一番効果のあると思われるような数カ所に記載していただくことを検討していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。どのような文字をどこの場所に記載するかは、学校の先生方ですとか、秋津の区長会とまたご相談をしていただいて決めていただくと。そんなことで、より一層、通学路をつくっていただいた効果を、より大きなものとしていただいたらと考えますが、いかがでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 森教育部長。



◎教育部長(森勝) 

 議員さんから今、具体的な提案がありました。路側線の路側帯の中に通学路といったような表示ということであります。直接、うちのほうが道路を管轄しているといったことでは、残念ながらないため、また関係部署にご提案をお伝えしまして、また、そういうことが可能かどうか協議してまいりたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 お役所の世界でいうと、まさに縦割りでそのとおりですけれども、教育委員会、教育部は子供たちの安全を守るという立場でもございます。何とぞ、教育委員会から強く要望していただくようにお願いします。

 また、実はより効果を大きくするためにということでいえば、できるなら、秋津の区長会でも意見が出たと思うんですけれども、白色でなくて、例えば色を変える。長野市の旧SBCのとおりの自転車用のところは、あれたしか青色かな、色が変わっております。しかし、なかなかあれをやるというのは非常にお金のかかる、それから手間もかかることでありますし、それはできればお願いしたいとは思いますけれども、また、将来の検討課題にしていただく。ただし、今申し上げましたように、現実的にはあれでは何だかわからないということもありますので、ぜひとも路側帯というようなところにかいていただくように、強く要望いたします。

 それでは、次の話ですけれども、現在、旧の二中と一緒にあるというか敷地の中にあります給食センターについては施設の老朽化が進んでおります。そして教育委員会におかれても何とかしたいとお考えだろうと思いますけれども、長野県との協議結果により今後の対応が変わってくると思っております。高校の完全統合後の後もあの場所で給食センターとして生き残るのか、それとも長野県に引き取ってもらうと、今、どんな方向で給食センターのお話は進んでおりますでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 森教育部長。



◎教育部長(森勝) 

 中学校給食センターのご質問でありますが、中学校の給食センターについては、県教委と協議を進める中で、旧第二中学校の敷地と一緒にぜひ使っていただきたい、こんなことでお願いをしてきた経過があります。また、ことしに入り、市長より県の副知事さんにお願いをした結果でありますが、ことしの夏以降に入りまして、給食センターの敷地を含めて新飯山高校として取得したいと、こんなお話をいただきました。

 そのため、今後は新しい給食センターの移転、建設に向けて検討していきたいというふうに考えています。学校が28年の2学期からと、こんなことでスケジュールを立てたいと思っていますので、それに間に合うようにと、こんなことでありますので、建設時期については、平成27年度、この中で建設をしたいというふうに、今、考えています。よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 その際には、今のように1つで、城南と城北ですね、つくるのがいいのか、それとか、城南と城北に分けるのがいいだろうとか、それとか小学校の給食はどうするのとか、いろいろな考え方ができ、どういうことがいいのかという議論をまた市民の皆さんと、きっと、してくださることと思いますけれども、何とぞ、もし災害が発生したような場合には、給食センター、炊き出しの場所としても使えますし、その辺を慎重に検討して、今から検討して有効活用してほしいと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 森教育部長。



◎教育部長(森勝) 

 議員さんから、中学校だけでなくて小学校、また災害の場合の食料等の調達といった部分で考えてほしいと、こんなことでありますので、新しい施設をつくるといったことでありますので、いろいろな要素を検討しながら、また相談をさせていただきながら進めたいというふうに思います。よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 旧二中の敷地の中には、皆さんご存じのように市道がございます。二中として使用していたときには、私の聞いたところでは、時間によって通行制限をかけていただいたというようなことでありますけれども、これが長野県に旧二中の敷地を譲渡したとしても、あのままですと高校の中に市道が走っているという状況は残ってまいります。長野県が校舎・体育館をどういうふうに活用するのかわかりませんけれども、残るにしても、全部グラウンドとして使うのかわかりませんけれども、いずれにしても好ましい状況ではないと思っております。

 そして、飯山新高校の生徒のほとんどは地元の子供たちになろうと思います。子供たちが学校の中で交通事故に遭うということ、ましてや後遺症が残るような重大な事故に遭うということは絶対に許せないことですし、今から避けるべきだろうと思っております。

 長野県の協議に当たっては、例えば、この市道を付近の他の場所へのつけかえをするとか、生徒の皆さんが安全に学習できるような具合に配慮すべきだと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 森教育部長。



◎教育部長(森勝) 

 旧第二中学校の城北グラウンドを含めた敷地のその中への施設の配置については、現在、県教委が検討していただいているということでありますが、現在ある城北グラウンドを拡幅したいというような意向を持っておられるといったことで、それにあわせて、現在ある市道を北側へつけかえたいと、こんな話も伺っています。ただ、そこへ隣接する住宅等の接続、それから近隣住民の皆さんの利便性の確保というのも、一面ありますので、どうしてもその中に市道が残るといった状況が続くのではないかなというふうに予想しています。

 できるだけ安全な状況、議員さんからご提案、前もありましたが、通行制限等を含めて、そういう状況で学校が運営できるように、飯山市としても県へ要望しながら協議を進めていきたいというふうに考えています。よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 なかなかつけかえをする場合にはどちらが負担するかとか、きっとお金の問題もあるかなと思いますけれども、実は何でこういうことを申し上げるかというと、子供たちの安全というのは何よりもまして優先されるべきものだろうと考えております。

 そのほかにもうちょっと具体的に言いますと、話をお聞きすると、飯山新高校がすべて移った場合に、城北を使うことになった場合に、野球を行うときにライト側がちょっと狭いとお聞きしております。そうすると手段としてはバックネットを南というか東というか動かすか、ということも考えられておるようですけれども、あそこにはもしかすると大発見となるような遺跡が下にありますので、できるならそういうことは避けたほうがいいだろうと。

 そういうことも考えますと、私は、近隣の住民の皆さんのご協力をいただかないとどうにもなりませんけれども、ご理解とご協力をいただいた上でどちらが負担するのかということも踏まえながら、そうはいってもやっぱりつけかえをしていただいたほうがいいと思いますので、そこはまだ時間のある話でありますので、慎重に、なおかつ前向きに検討していただきたいと思います。

 次に、城南中学校の跡地の利用方法についてですけれども、現在の城南中学校は、町場の中としては非常に貴重な広さを有した場所であります。城南中学校移転後の跡地の活用についてはどのようにお考えでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 ただいま渋川議員さんから城南中学校の跡地ということでございますが、まだ具体的にどうするというところまで話は進んでおりません。まだ具体的な案はあるわけではございません。

 市街地に近い、それから新幹線飯山駅にも近いというようなこともございますので、どういう活用が一番いいのか、また、議会並びに各方面の皆さん方とご相談をしながら進めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 今の答弁からすると、もしかすると全部壊してしまうかもしれないし、一部残すかもしれないというニュアンス、もうちょっというと、私のような者が考えても、あのグラウンドなり体育館というのはそのまま残しておいて、例えば社会体育に、町場の近くですから使ってもいいじゃないかと。例えばそのときに耐力度との関係、安全性との関係がどうなるんだろうかというのは理解いたします。

 いずれにしても、多分、校舎の跡地、校舎のほうは多分、今までの経過からしても耐力度がないとかそういう話になると壊すんだろうと思いますが、それだけでも結構まとまった広さになる。そのときに、今、市長から今後検討していきたいという話はありましたけれども、ぜひとも市役所の中だけで検討するんではなくて、例えば市役所の各界各層の皆さんからいろいろな意見を聞いていただいて、せっかくのまとまったあれだけの敷地であります。今考えられる最も効果的な活用を行っていただきたいと思いますが決意をお聞かせください。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 議員さんおっしゃったとおりだと思いますね。大変、大事な土地だというふうに思いますし、あれだけまとまった面積の土地というのはなかなかとれませんので、役所の中だけということはなくて、当然、幅広くご意見をお伺いする中で進めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 次に、近隣市町村との協力等についてお伺いしてまいります。

 実は、先ほど、特別委員会で下伊那へ行ってまいりましたという話、それから飯田市の皆さんからいろいろと教えていただきましたという話をいたしましたが、実は飯田市のご担当者の方の説明では、あそこの広域では、市町村長さん方による広域連合会議というのが月一遍ずつ開催されており、市長さん方が直接全員で当面するいろいろな課題について意見交換を行っているとのことでありました。

 どのくらいの頻度でこういう会議を行うのがいいかというのはいろいろと議論があるところかと思います。ですけれども、現在、関係する市町村長さん方が一堂に会して意見交換を行う、直接に意見交換を行うということによって、当面する課題について共通の認識を持ったり、方向性が見えたりというようなことがあれば、まことに結構なことではないかと思っております。

 この地域においても、市長さん方のトップダウンにより方向性を出していったほうがいいと思われる広域観光ですとか定住自立圏といった、今、課題を抱えております。事務方から積み上げてくるという手法を否定するものではありません。ですが、片方では事務方から積み上げてくるのも必要だ。ですが、私は、片方では市町村長さんが直接に意見交換をして、それで方向性を決めていくと、こんなような場があってもいいのではないかと思います。

 市町村長さんが直接にテーマを決めるなりして意見交換を行うというような場をつくるお考えはないかどうかお伺いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 この北信広域の管内の首長さん方の集まりといいますのは、現在は広域連合、首長さん方の会議があるわけでございますけれども、そうした場が今はメーンになっております。それは、当然ながら、現在、広域連合で実際取り組んでいます課題についての議題ということがあくまで中心になっておるわけでございますが、また必要に応じては、その後、関連します議題があればその場で出すというようなことも全くないわけではございません。

 しかし、基本的には、広域の議会のための開催でのそうした首長会議というのが現在あくまでもメーンでございますので、回数も限られております。

 これからは特に広域としての課題がいろいろあるかというふうに思いますし、今、議員さんおっしゃったとおり、事務方のほうから上がってくるものはそれはそれで当然ながらいいわけでございますが、特に新たなプロジェクト的な事業というのは、これは事務方のほうから上がってくるというふうにはなりませんので、そうしたいろいろな意見交換とか、そうした場については、これはまたほかの首長さん方とまたいろいろご相談をしなければならないわけでございますが、そうした場を、いわゆる広域連合の議題ということではなくて北信広域の首長さん方がということでやっていく場というのは、私は大事ではないかなというふうに思っていますので、またほかの首長さん方にもお声かけをしてみたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 特に、今、私どもの進めている広域観光については、物の本なんか見ていくと、足立市長の決意と指導力が問われていると書かれておるものもあります。何とぞ、直接意見交換するような場を広域とは別につくる方向でお考えいただければと思います。

 それでは次に、北信広域連合の行う事業ですけれども、この事業については、北信広域連合広域計画という22年度から27年度を計画期間とする計画により定められておりまして、北信地域の振興整備の基本方針に関すること、これをはじめとして10の事業が定められております。

 しかし、実態を見てみますと、養護老人ホーム及び特別養護老人ホームの設置・管理及び運営に関すること、それから介護認定審査会の設置及び運営に関すること、この2つの事業でかなりの割合が占められているんではなかろうかなという感じが、私はしております。

 この話というのは、広域で検討することではありますけれども、28年度から新しい計画期間に入ります。その準備として、計画をこれから改定していくという作業に入ってまいると思います。

 こんなことから、例えば、先ほど提案しました市町村方の意見交換会なりを市長の努力で実現していただいて、こういうところで、じゃ、今のままでいいんだろうか、それとももうちょっと考え方を変えようかといったような、広域の行う事業のあり方、こういうものを見直してもいいんではないかと思いますが、この広域の行う事業の見直しについてお考えを賜りたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 議員さんからは、現在の北信広域連合で取り組む内容の事業についてということでご質問があったというふうに思います。

 広域で取り組む形態というのはいろいろございまして、例えば、岳北広域行政組合、これは一部事務組合でございます。それからただいまの広域連合、それからあと、こうしたきっちりした、いわゆる地方公共団体という形ではなくて協議会みたいな形で関係するところが集まってやるというような運営の仕方もいろいろあるわけでございますし、また今回は定住自立圏というような、また新しい形態での連携といいますか、そういうものも出てきております。

 これはそれぞれの組織ができる時代背景もあったかというふうに思うわけでございますが、例えば、今回の観光の関係ですと、広域連合プラスアルファの信濃町さん、それから飯綱町さん、あと新潟県の妙高市さんまで入るというような形のものもございますので、どういう形の、課題によってどういう形の形態のものがいいのかということについて検討して、これについては広域連合が非常にいいと、北信管内の問題についてみんながまとまると非常にいいということがあれば、それは広域連合として取り組んでいくというようなアプローチがいいのかなというふうに思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 それでは最後の質問になりますけれども、最近の地元紙を見ますと、というか見ましたところ、第1回北信地域定住自立圏共生ビジョン懇談会が去る11月28日に飯山市役所で開催されたとの記事が載っておりました。懇談会は、北信地域定住自立圏共生ビジョン策定に当たり、関係者の意見を反映していこうと設置されたもので、既に着手している事業も含めて地域連携の具体像を検討するとのことだそうであります。

 私も実はこの新聞報道で初めて、もう既にビジョン懇談会が設置されているんだというようなことを知りました。この懇談会については私がちょっと調べてみたところでは、当然といえば当然なのかもしれませんが、市のホームページにも載っておりませんし、市の広報誌でも紹介されておりませんでした。

 定住自立圏構想を実のあるものにするためには、先ほどから申しておりますように、近隣市町村長さん方との協力関係の構築とかトップ同士の意見交換というのも大事でありますけれども、市民の皆さんの理解と協力、こういうものが絶対不可欠であろうと、私は思っております。それで、なおかつ、定住自立圏構想というのはなかなか聞きなれない言葉であります。ぜひとも、出せる情報はあらゆる方法で市民の皆さんにお知らせしていただきたいと思っております。

 そこでお伺いしますけれども、この懇談会の委員さんというのは何人ぐらいおられて、任期はいつからいつまでで、その間にどのようなテーマで会議を何回程度開催する予定なのでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 村山総務部長。



◎総務部長(村山芳広) 

 定住自立圏の共生ビジョンの懇談会につきましては、連携事業に関係します医療関係者、それから公共交通事業者、住民代表の区長さん、こういった方々で、構成市町村を経由して依頼をしました委員さん12名で構成されております。

 任期は平成25年度末までということになっておりまして、テーマについては3つございますが、生活機能の強化、結びつきやネットワークの強化、権益マネジメント能力の強化、こういったことであります。

 会議については、回数的には本年度2回を予定しております。

 ご指摘いただきましたが、情報については、できるだけ市民の皆さんにお伝えしなければいけません。その上でご理解、ご協力をいただくことが大切であると考えておりますので、市報やホームページ、いろいろな手段を使ってお知らせをしていきたいと考えております。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 渋川議員。



◆3番(渋川芳三) 

 ぜひとも、今、何をやっているということを知らせるという小さなことかもしれませんけれども、定住自立圏構想をうまく成功させるためには、そういう地道なところからやっていただきたいと思います。

 以上でもって私の質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(久保田幸治) 

 以上で渋川芳三議員関係の質問を終わりといたします。

 続いて、水野英夫議員の発言を許します。

 水野英夫議員。

  〔12番 水野英夫議員 登壇〕



◆12番(水野英夫) 

 発言を許されましたので、通告に従い、順次質問してまいりたいと思います。

 はじめに、信越9市町村の広域観光連携について飯山線についてお聞きいたします。

 この広域観光連携の具体的な目標、目的についてお聞きしたいと思います。

 この広域観光連携の大きな目的は、新幹線飯山駅の利用客を少しでも多くするためであるということだと思いますが、ある面、JR向けのPRにも見受けられます。もちろん広域連携は大事なことだとは思いますが、実際、どの程度まで連携を深めようとしているのかお聞きしたいと思います。

 次に、各市町村の対応の違いについてお聞きしたいと思います。

 飯山市はもちろんでありますが、野沢温泉村や木島平村はほぼ100%飯山駅を利用すると思いますが、他の市町村は、当然、飯山駅より他の駅の利用のほうが多いと思われます。各市町村は広域連携に対する姿勢に違いがあると思いますが、どうでしょうか。

 次に、新幹線についてお聞きいたします。

 最近、飯山市の周辺の住民から、新幹線の停車本数が何本になったかというような話が聞こえてくるようになりましたが、今現在、飯山駅に停車する新幹線の本数はどの程度を想定しているのか。また、いつごろはっきりするのかお聞きしたいと思います。

 次に、飯山線の利活用についてお聞きいたします。

 先ごろ、飯山駅移転の起工式がありましたが、移転には大変な額の費用がかかっております。それを生かすのも大切なことだと思います。また、飯山線そのものも大きな観光資源だと思いますが、その活用が重要だと思いますが、お考えをお聞きします。

 次に、新幹線開業イベントについてお聞きいたします。この質問につきましては、午前中、同僚の西條議員からも質問がありましたが、私もぜひフォトコンテストには前向きにやっていただきたいと思います。市長さんからも大変前向きな答弁がありましたが、新幹線の開業がもうすぐ目の前に迫っておりますので、できましたら、ぜひ、この冬からでも取り組んでもらえればうれしいかなというふうに思います。

 そして、私は、このイベントにもできれば専門家のアドバイス等も入れたらどうかなというふうに思いますので、ぜひ、また、検討していただければと思います。

 次に、大きな2番目でありますが、公務員給与についてお聞きいたします。

 最初に、地方と国の給与の逆転についてお聞きいたします。

 11月はじめに信濃毎日新聞にも掲載されていましたが、東日本大震災の復興財源を捻出するため、国家公務員の給与を2年間7.8%削減しているため、今年度の地方公務員給与が国家公務員を上回っているとのことでありますが、飯山市はどうなっているのかお聞きしたいと思います。

 次に、職員の給与水準についてお聞きいたします。

 飯山市職員の給与水準は、周辺市町村と比較してどの程度なのか。また、飯山市内の民間の給与、全国水準、県内水準と比べてどうなっているのか。さらに、一般的には、地方公務員と民間との給与格差が叫ばれていますが実態はどの程度あるのか、公務員と民間の対比をどう思うか、市長の見解をお聞きしたいと思います。

 次に3番目でありますが、職員の配置についてお聞きしたいと思います。

 今現在、250人の正職員がいるとのことでありますが、数年前に活性化センターの職員の見直しがテーマになったことがあります。私は、活性化センターの職員も一斉にとは言いませんが、できるところから見直しをするべきではないかと思います。

 例えば、各地区の人材を嘱託なりの待遇で雇い、その場合、正職員との賃金の格差の差額の何割かをその地区に配分し、地区で有効に活用するなどの発想は検討に値すると思いますがどうでしょうか。

 また、そうした、そのような発想をもとに見直しのできるところは見直しをしていったらどうかと思いますが、お考えをお聞きしたいと思います。

 次に、大きな3番目でありますが、各市との相互協定についてお聞きいたします。

 はじめに国分寺市との提携についてでありますが、このたび、東京都の国分寺市と災害時相互応援協定を締結しましたが、今までとは違いまして人口の多い都市部であります。基本は災害時の相互応援協定でありますが、今までとは違う対応も必要に思いますが、どのような展開を望んでいるのかお聞きいたします。

 次に、観光交流都市協定についてお聞きいたします。

 一部、先ほどの山崎議員ともかぶるかもしれませんがお願いしたいと思いますが、新幹線開業を控え、飯山市の不足する部分を補完する意味でも、この観光交流協定はよいことであるとは思いますが、それとはまたさらに進んで、もっと積極的に都市部との協定なり提携をしてほしいが、お考えをお聞きしたいと思います。

 先ほど、山崎議員からは高齢者用の施設等の話がありまして、また市長からも前向きな答弁ありましたが、私はどちらかといえば、観光の部分でできれば都市部との協定をしてはどうかというふうに思いますが、お考えをお聞きしたいと思います。

 あと、続きまして、観光関連についてお聞きいたします。

 最初に、インバウンドの推進事業についてお聞きいたします。

 近年、全国の重立った観光地には、日本人よりも外国人観光客が多く見えます。飯山市も外国人を呼び込むため、毎年300万円ほどの予算を計上しているが、主にどのような事業をしているのかお聞きしたいと思います。

 最後ですが、まちなみ整備事業についてお聞きいたします。

 新幹線開業に向けて魅力あるまちづくりと称しまして、まちなみ整備事業が各種計画されていますが、これは新幹線開業前にある程度、市の顔を整えておこうということだと思いますが、事業費とすれば、開業はどのような内容でどのくらいの予算を予定しているのかお聞きしたいと思います。

 以上で1回目の質問を終わります。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 水野議員さんの最初のご質問にお答えします。また、それぞれ担当部長からも答弁させますのでよろしくお願い申し上げます。

 最初に広域観光の関係でご質問がございました。広域観光連携の具体的な目標、目的はということでございますが、議員さんからは、新しくできる飯山駅を活用した、飯山駅の乗りおりの一つの連携ではないかなというようなご質問があったわけでございますが、もうちょっと大きな枠を、枠といいますか構造を考えておるわけでございます。

 やはり新幹線の影響力というのは、これは大変なインパクトがありまして、社会全体の構造を変えていくぐらいの大きな変化があるのではないかと思っております。

 今回、何が問題かといいますと、北陸方面まであっという間に行ってしまうということが、大きなこの北陸新幹線の課題でございまして、現在、東京から金沢まで一番早く行く方法は何かといいますと、これは飛行機なんですね、飛行機で行きます。東京駅を出発して金沢の駅まで行くとした場合に、移動している時間だけで3時間かかります。したがって、実際には飛行機の、いわゆる空港での手続がございますから4時間近くかかるんではないかと思いますが、2万6,000円でございます、片道。

 JRを使いますと、JRで4時間かかります。4時間10分ぐらいですかね。これが約1万2,000円ぐらいです、片道。

 今度どうなるかといいますと、東京金沢間が2時間半と言われていますね、2時間半。したがって飛行機よりも早いんですね。しかも料金は、この前の試算の中では1万2,900円ぐらいというふうに言われていますので、今までの首都圏と北陸、金沢までこういうことですから、北陸圏は非常に近くなるわけでございますので、全く遠いところではなくなってしまうんです。北陸の部分が遠いところではなくなってしまいます。

 したがって、今まで信州観光に来られていた方々が、やっぱりできたから金沢、今度、北陸方面いいねということで、大量に北陸方面観光のほうへ移っていく懸念というのが一番心配されているわけでございまして、かといって、お客さんの観光する方々の数は、今、こういう時代でございますので、どんどんふえると。北陸方面の分だけプラスアルファになるということではございませんので、そうした背景を踏まえて、この地域での観光の落ち込みをやっぱり防がなければならないということが、一番の危機感の根底にございまして、そのためには、今までこの周辺の、飯山も含めてですが、温泉地、スキー場も含めた観光地が単独で、従前どおりの単独のスタンスでやっていたのでは、これはもうさらに激減するだろうということが、今、9市町村で取り組んでいる根底のベースになっておるわけでございまして、基本的には、この9市町村が1つの新たな観光のゾーンとして、もちろん中に入れば個々の特徴ある観光地域があって、それぞれ個性を発揮するわけですが、外から見た場合、このエリアが1つの大きなエリアとしてアピールできるような、そういう自然の中で、なおかつさまざまな自然資源を活用して魅力ある観光地域になるんだということを、一個ステップアップしたというような、全体としてですね、そういうような取り組みをぜひしていこうではないかということが、この広域観光連携の目的でございまして、もちろん新幹線が中心になっておるわけでございますが、当然ながら高速道路を使ってくる方もいらっしゃいますので、そういう大きな新たな魅力的な観光ゾーンをみんなで力を合わせてつくりましょうというのが、この目的でございます。

 したがって、今、そうした中では、飯山周辺の市町村で飯山駅を使う市町村が、近隣の市町村は使うだろうがほかはどうだというようなご質問があったわけでございますけれども、基本的には駅利用の方、観光としてのいわゆる利用とまたちょっと別なアプローチといいますか、考え方が必要だというふうに思いまして、一般的に使う方は、例えば中野市さんあたりでも長野駅のほうが近いという方は長野駅を使うでしょうし、いや、飯山駅のほうが便利だと、駐車場も含めて便利だということがあれば飯山駅を使うんではないかというふうにも思うわけですが、そういう面では、より使いやすい駅を目指していきたいというふうに思っておるわけですが、観光連携の部分で言いますと、とにかく中野市さんも引き込んで、中野市にとってみれば、この広域の9市町村の中に参加することによって、中野市の経済が大きくなると、経済的にプラスになるというようなことを取り組むということで、今、進めております。

 それぞれ9市町村、特徴のある市町村でございますので、これを磨いて、なおかつ1つの大きなゾーンとしてのブランディングといいますか位置づけをしっかり定めてPRしていくということが、一番のこれからの取り組むべき課題。

 それからあと、駅からの二次交通の問題ですね、この辺をどうやってしっかりやっていくかということが、今、一番の課題になっておりますので、よろしくお願いしたいというふうに思います。

 それから、あと、列車の本数のご質問もございました。市のほうで北陸新幹線の建設促進に関する要望等におきましては、新幹線飯山駅の全列車停車につき配慮をお願いしますというふうに常々申し上げておるところであるわけでございます。まだ、もちろん停車本数というのは決まってはおらないんですが、私はぜひ、1時間に1本ぐらいはとまってもらいたいなという気持ちで進めてまいりたいというふうに思うわけでございますので、よろしくお願い申し上げます。

 それから、飯山線の利活用の関係でご質問がございました。

 これについては議員がおっしゃったとおりでございまして、大変大事な観光資源であるというふうに思っております。この前も、JR飯山線の飯山駅の移転のための安全祈願祭があったわけでございますが、その中でも、新幹線飯山駅までは速く、おりたらゆったりとJRの飯山線に乗って旅情を味わってもらいたいというふうにお話をしたところでございますが、新幹線の飯山駅と連携することによりまして、大変魅力的な観光路線になるというふうに思います。沿線の自治体とも連携をしまして、ぜひJRさんともしっかり連携する中で、飯山線の観光路線としての活用を図ってまいりたいというふうに思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 それから、イベントの関係でご質問があったわけでございますが、フォトコンテストの関係でございますが、この冬からどうだと、それから専門家のアドバイスをもらいながらというお話がございまして、とても大事なことだというふうに思っています。この冬から、ぜひ24年度事業で取り組めればいいなというふうに思います。

 それから、写真でございますので、いい先生ですね、こういうふうに撮るといい写真が、風景写真が撮れるというような先生も、ぜひアドバイザーみたいな形で手配ができればいいというふうに思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 それから、あと、活性化センターでの職員の配置の見直しの関係のご質問がございました。現在の活性化センターでございますが、平成11年度からスタートしたわけでございまして、地域の情報の収集とか行政情報の発信、また、地域活動の企画、地域活動団体の指導とか助言等を行っておるわけでございまして、旧村単位の活性化センターのような施設に正職員を配置しているのは恐らく市の中では飯山市だけだというふうに思うわけでございます。

 それで、活性化センター職員の嘱託化についてですが、過去の行政改革の取り組みの中で取り組んだ経過があったわけでございますが、やはり各地区の区長会の皆様方のご了解が得られなかったという経過があるわけでございます。正職員がそれぞれの活性化センターにおるということは、それだけ地域とのつながり、区長会とか公民館とかと大変、密接な関係ができますので、地域のとのつながりが非常に大事になりまして、そうした部分でのメリットもあるというふうにも思うわけでございます。

 また一方で、議員さんおっしゃったように、いわゆる職員全体の人数の問題もあるかというふうに思うわけですが、1点、正職員を配置することでのメリットの中では、今一番心配されています災害時のやはり各地区での防災の拠点とか避難所とかになるということも、現在は想定していますので、そういうところに正職員がいるということは、ある面では非常に大事な部分もあるのかなというふうにも思うわけでございます。

 議員さんからご提案のありました件につきましては、また区長会、また住民の皆さん方の幅広いご意見も伺いながら検討してまいりたいかなというふうに思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 それから、各市との相互協定の関係のご質問があったわけでございますが、これについては先ほどの山崎議員さんからもご質問がございましたが、観光、それから教育とかの交流も都市との中ではこれからの一つの大きな交流の課題ではないかなということでございます。また、ぜひ都市部との相互協定、そういうことについても取り組んでまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 私からは以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 水野議員ご質問のうち関係部分につきまして、補足してお答えいたします。

 飯山線の活用というご質問でございます。

 飯山線につきましては、輸送力増強、そういったものを目的に、飯山線沿線地域活性化協議会が組織されておりまして、観光面でいきますと、その協議会の中に観光部会を設けております。

 飯山市、中野市、木島平村、野沢温泉村、栄村、十日町、津南町、この7市町村によりまして、沿線の観光PRを行っているところでございます。

 ホームページを設けての沿線の観光、イベント情報の発信、JRと連携しての首都圏での観光キャラバン、イベント列車運行を利用してのPR、そういったものを行っております。

 今後、新幹線開業に当たりましては、飯山線は二次交通として重要な位置づけになりますし、沿線の風景、景観、これらはこの地域を映し出します観光資源でもあります。飯山線を活用しましたスローツーリズムの旅行商品の造成、それと沿線各駅が連携したイベントの開催、こういったものをJR沿線市町村、また、信越9市町村連携会議等で企画、実施していきたいというふうに考えております。

 次に、観光関連事業ということで、インバウンド事業についてのご質問がございました。

 インバウンド事業につきましては、国際観光の振興という立場から、昨年ですが、飯山市国際観光推進協議会を組織いたしました。これによりまして、外国人の誘客を促進していこうということで取り組みを進めております。

 インバウンドの推進のスタートということで、まずスキーを中心とする冬の飯山への誘客を図るということが大事だということで、昨年は冬の飯山を宣伝、PRするためのプロモーションDVDの作成、配布、東アジア向けの既存パンフレットの増刷、それと大連、台北訪問などを行いました。

 ことしにつきましては、今のところ英語版パンフレットの作成、それとオーストラリアへの誘客宣伝、新幹線開業に向けての富山空港の利用を見込みましての台湾・韓国営業、それとウィスラー視察、そういった経費が主なものになっています。

 私からは以上です。



○議長(久保田幸治) 

 村山総務部長。

  〔総務部長 村山芳広 登壇〕



◎総務部長(村山芳広) 

 公務員給与のご質問についてお答えいたします。

 国家公務員の給与につきましては、ご指摘のとおり、東日本大震災に対処する国の予算確保のために、平成24年4月から平成26年3月までの2年間に限り、臨時特例法に基づいて平均7.8%の給与減額措置を講じております。

 地方公務員につきましては、この給与減額措置を講じておりませんので、本年度と来年度、2年間に限っては、当市のラスパイレス指数は国を若干上回る状況になるのではないかというふうに予想しております。

 それから、飯山市職員の給料でありますが、昨年度、平成23年度の数値で比較しますと、当市が96.7、県内19市の平均が97.7、19市中13番目というところであります。また、県下77市町村の平均が96.7ということでありますので、ちょうど県下平均の水準ということになります。

 近隣の状況を申し上げますと、中野市96.3、山ノ内町93.4、木島平村93.5、野沢温泉村90.6、栄村93.2となっております。

 次に民間給与の実態ということでありますが、昨年度の賃金実態調査によりますと、全国平均が男性33万円、女性23万円、県平均が男性30万、女性22万、飯山市が男性29万、女性21万ということでありますので、男女とも県下をわずか下回っている状況といえます。

 地方公務員と民間との給与の差につきましては、全国の民間給与との差額分を人事院勧告により是正しておりますので、差はないわけでありますが、市内民間企業の比較については、民間ベースが低い分、若干上回っているかなと思います。その差の動きについては留意していく必要があるかなというふうに思っております。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 水野英夫議員ご質問のうち関係部分につきまして、市長答弁に補足をしてお答え申し上げます。

 観光関連事業の中の街並み整備事業についてのご質問がございました。

 新幹線開業関連事業のうち街並み整備事業などハード事業について、ご質問でありますが、街並み整備事業につきましては、本年度から平成27年度まで、総額約2億円の計画となっております。内容は、今般、建設をしました仁王門の関連の飯山駅前公園の整備、それから鉄砲町児童公園と25メートル道路の一体的な再整備、西敬寺の東側、北側の整備、それから愛宕町、神明町の遊歩道についての再整備、それから市街地案内看板の整備等、こういったものを考えておりますが、今後、まちの皆様と話し合う中で必要な整備を行ってまいりたいと考えております。

 また、こうした街並み整備事業のほかにまちづくりの関連事業としましては、まちづくり活動や修景への補助事業、飯山城址公園の整備事業、それから(仮称)飯山ぷらざの建設事業、こういった事業もございます。総合的・効果的に実施してまいりたいと考えております。

 私からは以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員、再質問ありますか。

 水野議員。



◆12番(水野英夫) 

 それでは、広域観光と飯山線について、再度お聞きしたいと思いますが、はじめに、先ほどお聞きした中で、新幹線の停車本数はいつごろはっきりするのか、ちょっと教えていただければと思うんですが。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 私のほうからお答えいたしますが、新幹線の停車等につきましては、JRの関係でございますので、はっきりとはいたしておりません。

 ただ、新青森の開業の例で申し上げますと、新幹線開業日の発表につきましては、開業の6カ月前ということでございました。これでいきますと、もし仮に27年3月という仮定でありますと、新幹線飯山駅につきましては平成26年9月ごろであろうと思います。

 それから、ダイヤ発表につきましては、新青森の場合、4カ月前ということでございました。これでいきますと、新幹線飯山駅の場合に当てはめますと平成26年12月ぐらいが想定されるのではと。あくまでも新青森の例をとってでございますが、一応、このような事例でございます。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。



◆12番(水野英夫) 

 先ほど、広域連携等につきましては、市長さんからいろいろご説明受けまして、ありがとうございました。

 ゾーンとしてステップアップしていきたいとか、それから駅からの二次交通をしっかりやっていきたいというような話がありましたが、一般的に言いますと、広域観光というと、一般の市民の目線でいきますと、ポスターとか広域のパンフレットをつくって終わりかなというような、非常に安直に見てしまいがちなんでありますが、実際に今度、事業をスタートさせていくと、先ほど、足立市長さんの話のほうをどんどん突き詰めていきますと、費用負担が非常に微妙になってくるかなと思います。最初は数万円、あるいは金額が少なければ各市町村もやっていくんでしょうが、そのうち、だんだん詰めていけば、非常に負担をどうするかというような問題で、なかなかうまくいかない部分も出てくるかというように思いますが、その辺の覚悟といいますか、どの程度お持ちになって取り組もうとしているのか、考えをお聞きしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 運営の形をどういうふうにやるかということかなというふうにも思うんですけれども、例えば、観光、今度、新幹線できますね、観光案内所、これは当然ながら、この広域の9市町村の中をすべて案内できるような施設にしていかなければいけないと思うんですけれども、そうした部分のこの負担は、これはみんなで出してもらうということになると思うんですけれども、今、議員さんおっしゃったように、広域全体のプロモーションみたいなものをどういうふうにやっていくかというところは、これからの課題であるんですが、運営の組織の形態のあり方をこれから詰めていくことになるというふうに思います。

 ただ、なかなか今、それぞれの観光の市町村での取り組みの部分がありますもので、その広域全体で進める部分について、うんと物すごいお金がふえるということは、これは非常に難しいのではないかなというふうにも思うわけでございます。

 ある程度、駅を持っている飯山市のほうでも中心的になりながら進めていく必要はあるかというふうに思いますが、ただやっぱり新しい広域での取り組み、成果を生み出すということで、新たなプラス分について、やはりみんなが負担をしていくんだというような基本的な考え方で、この広域の観光連携を進めていく必要があるんではないかなというふうに思っています。パイを大きくしないと、これは意味がございませんので、その辺の具体的な仕組みづくりをこれから詰めてまいりたいなと思いますので、よろしくお願いします。

 ただ、結局、個々ばらばらですと、現在のそれぞれの地区の観光地区のお客さんよりも、恐らく落ちていくことをとめることは難しいかなという認識は持っていまして、それは先ほど答弁したとおりであるわけでございますので、やっぱり新たな地域全体としての魅力創出というものを考えていくとか、もしくは広域で大きなエリアの中でイベントをつくっていくとか、そうした新しさがないと、従前の形のままではこれはジリ貧になっていくのはとめることは非常に厳しいのではないかなというふうに思っております。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。



◆12番(水野英夫) 

 ありがとうございました。

 市長のおっしゃることももちろんだと思いますが、私ちょっと心配するのは、この飯山市を含めた9市町村は、飯山市以外のところは、非常に、どちらかといいますと観光に非常に力を入れているところであります。そのときに、飯山市が余り、言っては語弊があるかもしれませんが、今まで余り観光そのものに力を入れてこなかった、お金をつぎ込んでこなかったにもかかわらず、周りのところは、中野市は別かもしれませんが、妙高市、あるいは山ノ内町等は非常に、野沢温泉も含めてですが、観光で生きてきたようなところでありますので、金の使い方がちょっと、投資の仕方が違ってくるのかなというふうに思います。

 そんなふうに考えていきますと、飯山市も本気で観光に取り組む心構えというのはできているのかなというのが一つ心配なわけでありますが、その辺のちょっと心構えを聞かせてほしいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 飯山市は大きな観光地だというふうに私は思っておりまして、ほかの地域に負けないぐらいの魅力があり、またスキー場も大きなスキー場もありまして、そんなに観光に力を入れていないとかはないというふうに思っております。

 やはり、新幹線ができた場合に、一番大きなインパクトが、まず、すぐあるのは観光の分野だというふうに思っていまして、観光というのはいろいろな産業に波及しますもので、農業、それから山崎議員さんのご質問もありましたけれども、伝統産業とかいろいろなものにすべて波及して、総合産業ですから、やっぱりこれをうまくやっていくことが、この飯山市の新幹線を活用した一番大きなウエートかなというふうに思います。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。



◆12番(水野英夫) 

 ありがとうございました。

 それはそれとしまして、市長のおっしゃることも十分わかっております。

 先ほどちょっと私は申し上げたのは、もちろん飯山市は飯山市なりに一生懸命やっているということは、十分、私も理解しているつもりでありますがということでありますので、ご理解いただきたいと思いますが。

 私は、広域連携はもちろん大事でありますが、私はもう少し飯山市自身の魅力を高めていくことをもうちょっと力を入れてほしいなと思っています。

 というのは、やはり、この前、広域連携の記事が信濃毎日新聞に出ていまして、中野市の観光協会長も書いてありました。広域連携も大事だけれども、中野市そのものの魅力を高めていかないと埋没してしまうのではないかというようなことが書いてありましたが、確かにそのとおりだと思います。私も、飯山市もやっぱりそういうことを大事に考えていく必要があるかなというふうに思いますので、広域連携とともに市内の観光事業あるいは観光産業に力を入れていくようなスタンス、姿勢も示してほしいと思いますが、お気持ちをお聞かせください。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 広域連携と飯山市の観光振興と別物ではないですね。この地域の広域観光が魅力的になるためには、これを構成している市町村の個々のものが魅力的でないと、広域観光として全く魅力になりません。魅力のないものが集まってもこれは決して広域観光になりませんですから、個々の地域がそれぞれの、かといってほかの地区と同じものをやったんでは、両方ともどっちがやっても一緒で終わりますので、あえて飯山に来る必要がないわけですから、個々の今まで持っているものをより磨きをかけたもの、それが9つ集まるということで、他を、いわば北陸地方よりもより魅力のあるこの地域ということができるのでありまして、そうしたものをそれぞれの市町村で取り組みながら連携をしましょうということが、このまさに広域観光の真髄でございますので、飯山市の観光振興をしっかり磨いていく中でほかとも連携をすると。ほかの皆さん方はまたそれぞれ、自分の特徴のある、人を呼べるようなものを考えていくということで、全体がレベルアップすることで、この地域の広域観光全体が、ほかの、他の地区よりも優勢を持つということが、これ基本戦略でございますので、ぜひそういうことでご理解を願いたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。



◆12番(水野英夫) 

 足立市長のおっしゃることも十分わかりました。

 繰り返しになりますが、私とすれば、それも大事だし、飯山市自身の魅力を高めていく手立ても、ぜひ、またいろいろな意味でご指導いただきたいと思います。

 次に移りますが、飯山線の利活用についてでありますが、先ほど、経済部長からもいろいろな組織立ち上げ等の説明もありましたが、私はそういうことだと、ちょっと少し弱いのかなというふうに思います。私の私案を申し上げれば、飯山線に土日や連休など人が動く日に、特別な観光列車を走らせるようなことを考えてみてほしいというふうに思います。そして、この飯山市のふるさとの原風景、そしてこの地域のよさをアピールできるのではないかというふうに思いますし、沿線市町村とも連携がとれていくのではないかというふうに思います。

 ことし開業しました九州新幹線では、飯山線のようなローカル線にそれぞれいろいろな列車を走らせて、お客さんを誘客しているというようなことが言われております。ぜひ、私は飯山線もそんなことをぜひ考えてみればいかがかと思いますが、そんなようなことが可能かどうか、もしできましたら、月岡副市長にでもご答弁いただければと思いますが、お願いしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 月岡副市長。



◎副市長(月岡寿男) 

 水野議員さんから観光列車含めてでございますが、現在も観光列車、1カ月に一遍ぐらい土日走っておるわけでございまして、新幹線と同時に、また、要望もしていかなければいけないだろうというふうに考えてございます。近々にまたJR支社長とも、市長、お会いする中で、私どもも含めまして、そんな形で要望もしていきたいというふうに思っております。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。



◆12番(水野英夫) 

 大変うれしいご返事をいただきまして、ありがとうございました。

 私は、もし、本当にそういうことが土日あるいは連休等に、お客さんが動くときに動かせるようなことになるんでしたら、市だって、ある程度はお金を負担して、いい列車を購入する、あるいは配することも大事かなというふうに思います。そんなことも含めて、ぜひまた検討していただければうれしいかなというふうに思います。

 それから次に、観光交流都市について、またちょっとお聞きしたいと思いますが、先ほど、市長からも前向きな答弁がありましたが、ちょっときのうも木島平の議員に聞いたところによりますと、木島平は皆さんご存じのとおり調布市と姉妹提携をしているということでありますが、その調布山荘は間もなく取り壊しになるというようなことであります。しかしながら、調布市から木島平村に観光に来る人には、調布市が1人1泊3,000円の補助を出しているというようなことを言っておりました。大変、木島平村もそれによって潤っているというようなことでありますので、ぜひ、都市部からそんなようなことが可能であるようなところもありますので、飯山市もぜひ国分寺市との提携がそんなふうに拡大していくとうれしいなというふうに思っております。

 また、ご存じかと思いますが、今、国分寺市の隣の武蔵野市から飯山市には、毎年、セカンドスクールという、小学校5年生が1週間程度の授業で来ております。武蔵野市には12校の小学校があるんですが、そのうちの6校が飯山市に来ているというようなことで、中には新幹線等を利用して来る学校もあります。そんなことがありますので、飯山市をアピールするのにも、子供たちが来ると、非常に飯山市の自然なり環境を理解してくれておりますので、飯山市にとっても一番いい宣伝にもなるかなと思いますので、ぜひそんなようなことも含めて、都市間との姉妹都市なりそういった観光連携を強めてもらえればうれしいかなと思います。ぜひ頑張っていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 月岡副市長で。



○議長(久保田幸治) 

 月岡副市長。



◎副市長(月岡寿男) 

 議員さんご指摘のとおりでございまして、実はこの12月20日でありますが、武蔵野市のほうへも教育長さんのところへアポをとってございまして、引き続き、また拡大をしてほしいということでお願いに参るようになっております。引き続き努力していきたいというふうに思っています。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。



◆12番(水野英夫) 

 それでは最後になりますけれども、街並み整備事業といいますか、新幹線整備につけてのことでありますが、街並み整備につきまして2億円ほどの予算を予定しているということでありましたが、私は、飯山に訪れる観光客の、観光客といいますか訪れる人たちが来て感じるといいますか、期待してくるのは、やはり飯山の駅前、あるいは町並みのすばらしさ等には余り興味がないかと思います。どちらかといえば、やはり高橋まゆみ人形館、高橋まゆみの人形の世界、そのもののふるさと感、あるいはそういったものを求めてくるのかなと思います。ですから、そういった高橋まゆみ人形館がベースになっているような自然がやはり一番売れるといいますか、感動を与えるのかなと思いますし、そういったところに観光客が足をとめたときに、ちょっとこの辺で一休みしながらこの自然を味わいたいとかというような部分が本当は必要なのかなと思います。

 なかなか難しいと思いますが、ぜひ、そんなことが飯山市には一番適しているPRの仕方ではないかと思いますので、ぜひそんなことも頭に入れていただきながら、これからの市内の整備に取り組んでいただきたいと思いますので、最後、希望を申し上げて、質問を終わりにさせていただきます。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。



◎市長(足立正則) 

 ただいま、水野議員さんからご質問があったとおりでございますけれども、大変、高橋まゆみ人形館は大勢の方がおいででございますので、その近くに、ちょっとやっぱり休憩をして、何か食べられるようなところとか、少し買い物ができるような、そういう場所が必要だなという認識は持っておりまして、今回の12月補正でも、愛宕町の一角の中でそういう場所を市が取得していったらどうだということで議案を上程させていただいておりますので、またご検討をよろしくお願いしたいと思います。

 以上で終わります。



○議長(久保田幸治) 

 以上で水野英夫議員関係の質問を終わりといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会について



○議長(久保田幸治) 

 この際、お諮りいたします

 本日の会議はこの程度にとどめ、一般質問初日分を終了したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(久保田幸治) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本日はこれをもって終了することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会の宣告



○議長(久保田幸治) 

 本日は以上で終わりといたします。

 ご苦労さまでした。

午後2時40分延会