議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 飯山市

平成24年  9月 定例会(第338回) 09月10日−02号




平成24年  9月 定例会(第338回) − 09月10日−02号







平成24年  9月 定例会(第338回)



          平成24年9月第338回飯山市議会定例会

               ◯議事日程(第2号)

          平成24年9月10日(月曜日)午前10時開議

 日程第1 一般質問

     8番 佐藤正夫議員

     2番 石田克男議員

     5番 上松永林議員

    14番 望月弘幸議員

    10番 水野晴光議員

◯本日の会議に付した事件

 議事日程と同じ

◯出席議員(16名)

    1番  渡辺美智子議員         2番  石田克男議員

    3番  渋川芳三議員          4番  高山恒夫議員

    5番  上松永林議員          6番  竹井政志議員

    7番  西條豊致議員          8番  佐藤正夫議員

    9番  小林初子議員         10番  水野晴光議員

   11番  渡邉吉晴議員         12番  山崎一郎議員

   13番  小林喜美治議員        14番  望月弘幸議員

   15番  水野英夫議員         16番  久保田幸治議員

◯欠席議員(なし)

◯説明のために出席した者

  市長        足立正則    副市長       月岡寿男

  教育長       土屋 稔    教育委員長     長瀬 哲

  農業委員会長    松永晋一    総務部長      村山芳広

  民生部長兼福祉事務所長       経済部長      稲生 孝

            丸山信一

  建設水道部長    山室茂孝    教育部長      森  勝

  庶務課長      関谷竹志

◯議会事務局出席者

  局長        丸山一男    次長        佐藤幸博

  主査        佐藤久美    主任        霜鳥雄樹

午前10時10分開議



△開議の宣告



○議長(久保田幸治) 

 ただいまの出席議員は全員であります。よって、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△一般質問



○議長(久保田幸治) 

 日程第1、一般質問を行います。

 この際、皆様にお願いいたします。

 質問並びに答弁については、簡潔、明瞭にご発言願います。

 なお、携帯電話をお持ちの方にお願いいたします。

 電源を切るか、マナーモードにするなど、議事進行にご協力をお願いします。

 また、写真撮影のため職員が場内に立ち入りますので、ご了承願います。

 それでは、質問の通告に基づき、順次発言を許可します。

 最初に、佐藤正夫議員の発言を許します。

 佐藤議員。

  〔8番 佐藤正夫議員 登壇〕



◆8番(佐藤正夫) 

 発言を許されましたので、順次質問してまいりたいと思います。

 一番最初に、足立市長におかれましては、ちょうど2年折り返し地点でございます。堅実な市政運営をされているというふうに私ども感じているわけであります。今後ひとつよろしくお願い申し上げます。

 まず第1に、今回大きな項目で4点でありますが、まず第1の農業振興でございます。

 1番目の地域農業再編についてでございますが、これは国のほうから出てきた政策ではあっても、地域の将来展望を描くためということで、地区農業センターを各地に立ち上げて動いているわけでありますが、当市でも農業従事者の高齢化、後継者不足、耕作放棄地の増加などで人と農地の問題を解決するための各地区ごとに農業再生センターですが、どうもこれがいまいちなかなか進展していかないというふうに聞いています。市内各地域の取り組み状況はいかがか、また進展しない理由についてお聞きいたします。

 次に、農業後継者支援です。新規就農者でありますが、当初市内で11人の希望があったというふうに聞いています。現在、聞くところによりますと、該当者はゼロだと、こういうことであるそうでありますが、該当者ゼロに至った事由ですね。どうしてそうなったのか、1人もいないというのも、これも寂しい話であります。

 また、その際、そうは言っても農業後継者が家に入ったりする人もいますので、隣の木島平村みたいに農業後継者と目される皆さんに、この国の制度ではなく、市独自で奨励金、給付とか、そういうことができないかお聞きします。

 中項目(2)農業支援についてであります。?の耕作放棄地と遊休農地活用でありますが、最近常盤のほう中心に堤外へ、堤外地の放棄地を一部で耕作が進んできています。それにはさまざまな支援があるようでありますが、まだまだうんと広い場所が荒れているわけであります。堤外ばかりでなくて、ほかの地域でも大分あるわけでありまして、この対策が必要だと思うわけであります。取り組みや支援について農業委員会の見解をお聞きしたいと思います。

 また、市内の耕作放棄地の面積はどのくらいあるのか、お聞きします。

 それから、農家支援のためのJAとの協議であります。前回、質問の中のキノコ農家へのLEDの切りかえ等の支援での答弁の中では、JAと協議するという回答がありました。それについて協議しているのかどうか、1点お聞きします。

 また、大豆や麦、ソバ等の農地、畑に作物が奨励されているわけでありますが、これについては、汎用コンバイン、あるいは乾燥施設等が必要であります。アレルギーの問題等ありますが、生産を進める上で1農家単位でこれらの機械を用意するといっても非常に無理でありますし、やはり市とJAと、あるいは生産者と含めたこの生産を推進する仕組みづくりですね。JAで全部そういうのに対応する、用意してくれればいいんですが、なかなかそれは難しいと思います。この件についても、JAとの協議を進めてほしいと思っています。

 大きな2番の決算についてであります。

 まず市県民税についであります。市税ですね。市県民税という小さくなっちゃうからあれですが、庁内挙げて未収対策をとって、収納率のアップにつながったことは高く評価するところであります。

 一方で、市税収入がここのところ一時ふえたのがまただんだん下がっている、減少しているということであります。平成19年ですかね、地方分権に伴う税源移譲で国と地方の再配分は飯山市にとってプラスになったのかどうか、その辺を1点お聞きします。

 それから、国民健康保険税についてでありますが、8月21日の信毎、あるいはその後の北信濃に、県内の市町村別の国民健康保険税の記事が載りました。飯山市では、平成23年度1人当たりの保険税が7万396円、県下でも相当下のほうでありました。

 また、来年度も引き上げを検討していないとありましたが、23年度については国民健康保険基金から1億円の繰り入れをしてあるわけでありますが、これがなければどのくらいの数値になるのかお聞きします。

 それから、3番目の地方交付税の抑制、遅配についてであります。

 国の公債発行特例法案が成立していないわけでありまして、国では将来、配分するこの交付金等、抑制あるいは遅配するというような報道が出ていますが、この成立しない場合はどのような結果になるのかお聞きします。

 大きな3でありますが、名誉市民推挙についてであります。

 たまたまこの間土曜日に、白川先生の講演がありましたが、そのときに一緒にいらっしゃいました飯山市外様出身の北澤宏一博士が、現在独立行政法人科学技術振興機構の顧問であり、前理事長でありました。また、福島原発事故の独立検証委員会有識者委員会委員長を務められており、日本の科学者の中でもトップクラスの科学者であります。市内でも数度にわたり講演をいただいているわけでありますが、市民の誇りであり、今後市の発展に寄与願えると考えます。名誉市民への推挙の検討をお願いしたいと思いますが、考えをお聞きします。

 大きな4番の防災についてであります。

 地域防災計画、これは前にも質問したわけでありますが、原発事故の対応について、県がそれを入れた防災計画をつくったらというような話でありました。県では原発事故対応を入れた防災計画を作成したと聞いています。市では県の策定を待って見直しするということでありますので、見直しを進めているのかどうかお聞きします。

 それから、空き家等の適正管理に関する条例であります。

 今議会に諮られる当条例案について、第2条で空き家、工作物等が対象ということであります。私は、防犯上、農地以外の宅地といっていいのか、宅地も構わないでおけば、やっぱり相当ひどい状態になるし、また心配もあるわけでありますので、それを含む必要があるんじゃないかと思うわけであります。

 次に、14条、緊急を要する場合は関係機関に対し必要な協力を求めることができるとあるんですが、ほかの市の条例なども見ますと、そこに「警察その他の関係機関」という、警察が入っているんですが、それについて飯山市は入ってないわけでありますが、見解をお聞きします。

 第15条ですね。「空き家等を管理するために必要な支援をすることができる」とありますが、具体的な内容として、金銭的な助成措置を含むのかお聞きします。

 ポンプ操法大会の練習についてであります。

 市民が安心して暮らせるために、消防団の皆さんには日々活動されていることに対して、心から感謝しているわけであります。その中で、一部の市民からポンプ操法大会のための練習の期間が長過ぎるという声がありました。技術の上達も極めて大切なことでありますが、長いところでは約2カ月近くも練習するというような話も聞きます。関係者の話し合いで1カ月以内ぐらいにするような、こういうルールづくりができないかということをお聞きするわけであります。

 以上で1回目の質問を終わらせていただきます。あとまた個々に一つずつ聞きますので、よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 佐藤議員さんの最初のご質問にお答えをしたいと思います。また、各担当部長からも答弁をさせますので、よろしくお願いします。

 なお、本議会より第2回目の、再質問以降につきましては、一括の質問と、それから一問一答という形の選択制になるということでございますが、きょう初回、初めてでございますので、市長部局並びに教育委員会サイドもそれにうまく対応ができますように、また対応していきたいと思いますが、行き届かない点ももしありましたら、ひとつよろしくお願いをしたいと思います。

 まず、農業再編の関係でございます。

 この農業関係につきましては、今議会、ほかの議員さんからもご質問をいただいております。飯山市にとりまして大変重要な課題であるというふうに認識をしておりまして、平成24年度から地区の農業再生センターという形で促進を図っておるわけでございますが、今、佐藤議員さんからはなかなか現地のほうでうまく進んでいない状況があると、どういう状況だろうというご質問がございました。

 また、回数等につきましては、担当部長のほうから答弁をさせます。これは国全体としても進めておるわけでございますが、今、国のほうでは農地・人プランを国の制度として活用して支援をしていこうということで進めております。市のほうでも現在進めておりまして、いろいろ課題はあろうかというふうに思っておりますが、なかなか国の制度そのものがまだ細部まで細かく最初の段階で詰まっていなかったという話も聞いておりますが、もう1点は、人・農地プランだけで、特に飯山市のような豪雪地帯の地域の農業形態が、この国の制度だけでうまく機能するのかなというのは、実際に進めている中で出てきた課題ではないかなというふうに思っております。

 特に、新規就農者の関係なんですが、経験をした後、就農5年後、所得250万円とする営農計画ということですが、そうすると150万円を最大5年間給付するという制度というふうに聞いていますが、なかなか飯山のような豪雪地域で250万円を所得とするような農業形態というのは、実際にはなかなかつくりにくいというようなことも現場のほうから話を聞いております。

 それからもう1点は、農業につきましては、もちろん農業生産をどうしようかということもあるわけでございますが、農村という集落、これを農地を地域で抱えておるわけでございますが、これも含めて、小さい農家も含めてどういうふうにしていくんだという、農村集落維持の機能も含めてやっぱり考えていかないといけないというのが、飯山の地域の実情もあるんではないかなというふうに思っております。

 したがいまして、もう少し論議を進めていく中で、飯山市の実情に合うようなものをもうちょっと検討しなきゃいけないんじゃないかなというふうに思っております。

 これは、ただ現在会議にかかわっておりますメンバーだけでなくて、もう少し幅広い方々に参加をいただいて、それから特に議員の皆様方には地域の中でのそうしたリーダーというような形でも、ぜひ参画をいただいて、この課題に取り組んでいく必要があるんじゃないかなというふうに思っております。

 国の制度だけで飯山の地域の農業再生がうまくいくのかどうかというところが一番の課題ではないかというふうに思っておりますので、またよろしくお願いをしたいというふうに思っております。

 それから次に、名誉市民への推挙の関係でご質問がございました。

 北澤宏一先生を名誉市民にというお話でございます。名誉市民につきましては、本市の住民、または本市に縁の深い方で、学術、文化、産業、経済、その他本市及び国家の反映、進展に貢献し、その事業が極めて顕著なものとして、飯山市ではこれまで4名の方に名誉市民の称号をお送りしておるわけでございますが、ただいまご質問がございました北澤宏一先生におかれましては、外様のご出身で独立法人科学技術振興機構の理事、また理事長を歴任されまして、昨年10月から同機構の顧問という要職でございます。国内科学技術界の最高峰にあって、そのご活躍、大変日本の科学技術の振興、発展にご尽力をされておりまして、出身地である当市としても大変名誉なことであり、誇るべき方でございます。私も名誉市民にふさわしい方だというふうに思います。

 推挙につきましては、市民また各層の皆様方のご意見もお聞きしながら進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。

 それから防災関係でご質問がございました。原発の関係の対応について、防災計画の中に編入をして対応をしていく必要があるんじゃないかというご趣旨であります。

 県のほうでは、県の地域防災計画に原子力災害対策編を追加したわけでございます。飯山市におきましても、今後原発対応の事故対策を盛り込みたいというふうに思っております。

 ただ、県の防災の対策編というのは非常に大まかなものでございまして、具体的な内容まで踏み込んでおりません。今回松本市さんのほうでは、かなり具体的なマニュアルについて整備をされて、過日、マニュアルに基づいて防災訓練を実施をしたところでございまして、ぜひまた飯山市のほうでもそうしたものを参考にさせていただいてつくってまいりたいなというふうに思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 それから、空き家の適正管理に関する条例の関係でご質問がございました。本議会に上程をしておるわけでございますが、議員さんよりご質問のいわゆる空き地について、今回の条例の中には含んでおりません。空き家等という定義につきましては、建物、立木を含むその他の工作物で常時無人の状態にあるものということでございます。

 確かに管理されていない空き地については、防犯上問題があるというふうにも考えるわけでございますが、今回の条例では建物その他の工作物の倒壊、それから建築資材の飛散、落雪などにより人の生命や財産に害を及ぼす状態を防ぐことということに重点を置いて策定したものでございまして、空き地については対象に含めておりません。よろしくお願いをしたいと思います。

 私からは以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 松永農業委員会長。

  〔農業委員会長 松永晋一 登壇〕



◎農業委員会長(松永晋一) 

 佐藤議員さんのご質問にお答えいたします。

 耕作放棄地と遊休農地の活用の質問でございますが、支援につきましては10アール以上の耕作放棄地の解消に係る助成事業がございますので、積極的な活用をお願いしたいところであります。

 また、堤外地に関しましては、農業委員のOB、あるいは農地集積担当者の努力があって現在集約しやすい状況が生まれております。

 なかなかアスパラにかわる有効な作物がないという状況ですが、大豆、麦等の栽培等も見受けられます。他地区でも解消に取り組んでいただきたいというふうに思っております。

 昨年度の耕作放棄地全体調査の結果ですが、ロータリー等をかければすぐに耕作できる農地217.1ヘクタール、すぐには耕作できないですが、重機等を用いて整備して農地として利用すべき農地、これが105.3ヘクタール、雑木等が繁茂し森林化し、農業再生が難しい農地917.7ヘクタールの合計1,240.1ヘクタールとなっております。

 その中で現在、農業の再開が難しい農地については、農業委員会として土地所有者に今後農地として利用するか否かの照会を行っており、農業の再開が困難な農地については、現状に応じ農地以外の用地で適切な管理をすることが必要と考え、非農地通知書の交付を予定しております。

 なお、今後耕作できる土地及び農地として利用すべき土地については、順次農地法に基づき耕作の指導をし、耕作が困難な所有者については各種制度を利用し、賃借等のあっせんを考えております。

 以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 佐藤議員ご質問のうち、農業振興につきまして、市長答弁に補足してお答え申し上げます。

 地域農業再生センターの進捗というご質問でございます。地区の農業再生センターにつきましては、再生マスタープランをつくっていこうということで、人・農地プランをつくるということでございますが、これを重点にしていこうということで、地区ごとにプラン策定についての説明会を行いまして、地域農業の課題について、地域の皆さんで話し合い、地域農業を活用した地域活性化を推進すべく活動を現在進めているところです。

 年度当初につきましては、人・農地プランの策定の進め方につきまして、国からプラン推進によります施策効果、それと進め方、そういった部分についてのなかなか具体的な部分が出てこなかったというようなことがございます。

 それともう一つ、地区で説明するための地区の土地利用現況等の図面化に手間取ったというようなことがございまして、春先に常盤、秋津、準備が整ったこの2地区で開催したということでございますが、7月以降につきましては現時点で柳原、瑞穂、太田、外様、岡山でそれぞれ説明会を順次行ったところでございます。

 常盤では既に2回、柳原は2回実施していることでございまして、残った3地区につきましても日程調査を行いまして、早急に実施していきたいと考えております。

 最初の説明会では、地区の現状を理解してもらうということで、プランの内容の説明を行ったわけでございますけれども、プランの必要性がわかるんですけれども、非常に細かな景観になると、それと中心となる人をどうするのかといったようなことが出ております。また、今までの国の施策のとおり、支援があるというような部分で、どうしても支援のほうに話がいってしまうというようなことがございましたので、再度勉強会的なものをやりながら、2回、3回以降につきましては地区の担い手の皆さん、それと学識経験の皆さん、そういった方々によりますワーキンググループをつくって、地区ごとのプランの推進を進めていきたいというふうに考えております。

 次に、農業後継者対策ということで、新規青年就農給付金のご質問でございます。これにつきましては、年度当初、飯山市としまして経営開始型に11人希望者がいらっしゃいました。その後、国から給付金の手続等が示されましたので、6月に市のほうで説明会の開催を行いました。その際には、7人ほど新たに青年就農給付金に関心を示されて説明会に来られたという新たな方を加えますと、トータルで18名の方が関心を示されたということでございます。

 説明会では、制度や採択要件での説明を行いまして、そのうち3人が申請に向け経営計画書を作成いたしまして、市でも相談に乗りました。ただ、国の定める採択要件に満たない内容、特に5年後に農業所得が250万円以上という部分で、なかなか厳しい計画だったということで、相談する中で何とか採択要件に達するような案を市としても提案させていただきましたが、本人からは難しいということで、申請者がなかったというような状況でございます。

 7月末に農林水産省の専門官が飯山市へ来庁されまして、農業政策に係る懇談会を行いました。その際、飯山のような積雪地帯、中山間地帯の状況を国の農業政策の中でも考慮してほしいという旨を強く要望してあるところでございます。

 なお、国の採択要件が厳しいということで、各市町村でも独自の新規就農対策を行っているところもあるようでございますけれども、飯山市としましても、意欲低下にならないような対応を検討していきたいというふうに考えております。

 次に、農業支援ということで、JA北信州みゆきとの協議ということで、1点目はキノコ農家のLED化というご質問でございます。これにつきましては、既にJAとも打ち合わせを行っております。キノコ農家の意向を把握、それから事業費の把握等、JAの基本的な考え方を決めていただいて、何とか協議するということになっております。

 また、大豆、麦、ソバ等の生産振興につきましては、市の農業再生協議会にも米戦略作物部会を設けまして、個別所得補償制度の積極的な活用を図っていくということとしておりますので、地区の農業再生センターでも議題としていくとともに、JAとの具体的協議も行っていきたいというふうに考えております。

 私からは以上です。



○議長(久保田幸治) 

 村山総務部長。

  〔総務部長 村山芳広 登壇〕



◎総務部長(村山芳広) 

 関係部分につきましてお答えいたします。

 まず財源移譲のご質問がございました。平成19年度三位一体改革によりまして、所得税から住民税の税源移譲、これは3兆円行われましたけれども、一方、補助金改革については整理、縮小ではなくて、単純な補助負担率のカット、こういったもので終わったものが多かったり、それから地方交付税改革につきましても、総額抑制だけが先行しまして、安定的な制度設計ができていない状況ということであります。

 当市では、数字的には税源移譲された当時、市民税が2億円ほどふえました。補助金交付税については、なかなかいろいろ変動要因がございますので、単純には比較できませんけれども、トータルではおおむね以前と変わりない水準かなというふうに考えております。

 それから、地方交付税の問題であります。特例公債法が成立しておりませんので、9月交付予定の4兆円の交付税につきましては、一部を減額した上で交付するということで、市町村には全額を交付して、都道府県については3分の1に圧縮して交付するということのようであります。

 当市への9月交付分につきましては、予定どおり11億4,000万ほどでありますが、本日入金が確認がされております。ただ、この法案が宙に浮いておりますと、次回の交付には懸念が残るという状況でございます。

 それから、ポンプ操法大会のご質問であります。この大会は県大会まで行きますと、2カ月を超える練習期間となりまして、確かに団員の負担と合わせてご家族の負担も大きいかなと思います。分団によってもちろん練習期間は違いますけれども、市としてはできる限りの応援をしながら、団の自主性尊重を第1に考えていきたいというふうに思っております。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。

  〔民生部長兼福祉事務所長 丸山信一 登壇〕



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 佐藤議員ご質問のうち、決算についてのご質問の中で、国民健康保険税のご質問に対しましてお答えを申し上げます。

 平成23年度国民健康保険の会計で1億円の基金の取り崩しをしまして、収支の均衡を図ったわけでございます。それが新聞報道では飯山市の保険税が出ていたわけでございますが、それがなかった場合、保険税に上乗せした場合にどうなるのかというご質問でございます。

 被保険者数が6,609名でございます。1億円を6,609名で割りますと1人当たり1万5,130円ということでございまして、新聞報道にございました7万396円に1万5,130円を足しますと8万5,526円という数字になるということでございます。

 なお、国民健康保険税の税率等、それから決算の状況等につきましては、改定について検討していないという新聞報道があったわけでございますが、健全に改定がいくように、事務レベルで常に検討はしているということでございまして、具体的に上がるかどうかということは、また今後の情勢を見て判断することになろうかなというふうに思います。

 以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 佐藤正夫議員ご質問のうち、空き家の適正管理に関する条例案につきまして、市長答弁に補足をしてお答えを申し上げます。

 まず1点目、空き地の関係でありますが、空き地につきましては、飯山市の公害の防止等に関する条例におきまして、空き地の適切な管理に定めがございます。こちらのほうで対応できるものと考えておりますので、よろしくお願いをいたします。

 それから2点目、第14条になります関係機関の表記の関係でありますが、確かに本条例案を施行する上で実態調査、緊急安全措置、代執行等におきまして、関係機関等の協力が必要となってまいります。

 そこで、条例案につきまして、警察署、消防署とも協議を重ねてきてございます。その協議の結果、「警察その他の関係機関」という表記よりも、特定の機関名を出さない「関係機関」という表記のほうがよいということになりましたので、このような表記になってございます。

 なお、警察署、消防署とも条例の施行につきましては協力は惜しまないと言っていただいてございますので、ご理解をお願いいたします。

 それから、第15条の支援の関係でございますが、この支援の内容につきましては、1点目が空き家等の適正な管理を行うための情報の提供、そして2点目が危険空き家等の認定を受け、必要な措置に対しその費用の一部を助成できると、こういったことを考えてございます。

 なお、助成につきましては、解体撤去費等の一部につきまして支援を考えてございます。なお、助成金につきましては、申請する世帯あるいは申請者の資産、所得、こういったものの制限について考えておるところでございます。だれでもが助成を受けるというものではないということでございます。

 私からは以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 佐藤議員。

  〔8番 佐藤正夫議員 登壇〕



◆8番(佐藤正夫) 

 それでは、一つずつお聞きします。

 地区農業再生センターですね、先ほど市長、農村集落の維持、飯山市の実情に合った計画というふうにおっしゃいましたが、そのとおりでございます。ただ、農地をどうするとか、そういうことでなくて、今後の農村をどういうふうに維持していくかということが、一番大事だと思うんですが、どの地区でも同じだと思うんですが、1度や2度聞いたってまずわからないんです。

 この間、柳原で2回目の会合があったんだけど、通知を出して担い手としての認定農業者とか、そのほかの皆さんだって、3分の1来たばかりだからね。これをまあメリットはほとんどない制度みたいに見えるんですね、我々から見れば。ただやっぱりこの地域で生きる農業者が、この地域をどうするんだというふうに、みんなで考えてもらいたいなと思うんですが、参加してくれないと話にならないんでね、この辺についてもうちょっと広報というか、そういう皆さんに市のほうからいろんな、国から出た説明書を見たって、まず理解できないと思います。

 その辺についてやっていってもらいたいなと思うわけでありますが、とにかく人・農地プランて何だと、何のためにつくるんだと、農家がそういうふうに考えられるようなふうに進めてもらいたいわけですが、これは経済部長ですかね。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 議員さんおっしゃるとおりでございまして、なかなか国のつくったパンフレットを持っていって説明しても難しいということで、私どもとすればそれぞれ地区の説明会を行いましたので、出された意見、そういったもの、それともう少しわかりやすいような形での人・農地プランの仕組みといったものを地区全戸配布できるような体制をとって、早急に今配布したいなというふうに、今事務局サイドで考えております。そういったことも進めていきたいと思っております。



○議長(久保田幸治) 

 佐藤議員。

  〔8番 佐藤正夫議員 登壇〕



◆8番(佐藤正夫) 

 これね、地域で前からこれ何回も言ってるんで、やっぱり中心になってくれる人、これについてはやはりこの間農業委員の選挙があって交代された方も大勢いるわけでありますが、この辺について、農業委員が先頭になってやってもらいたいなと思うわけでありますが、農業委員会長にお考えをお聞きします。



○議長(久保田幸治) 

 松永農業委員会長。

  〔農業委員会長 松永晋一 登壇〕



◎農業委員会長(松永晋一) 

 農業委員会が中心になってということでございますが、先ほど先般も役員会等でこの問題も検討いたしまして、やはり農業委員会として、相当程度力を入れていかないとなかなか論議が進んでいかないのかなというような集約になりました。

 しかしながら、JAも現場を非常によく知っているわけでございます。農業委員会がつきっきりで投資することも困難でございます。JAと連携を密にしながら一体的に協力しながら進めていくということで意思の確認をしたところでございます。



○議長(久保田幸治) 

 佐藤議員。

  〔8番 佐藤正夫議員 登壇〕



◆8番(佐藤正夫) 

 この農業委員さん、それから農協理事さん、各地区に大体1人以上はいられるのでね、ぜひ先頭に立ってやっていただきたいと思います。

 どの地区にも担い手と目される人はいるんで、このプランがまとまらないということはないとは思うんですが、もしこれ、うまくいかなくて、いつまでって制限ないようでありますが、プランを作成できなかった場合はどうなるんだろうと、それについて経済部長にお聞きします。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 プランが作成できないということになりますと、人・農地プランの中で農地集積協力金とかいった支援金の制度があるんですが、それが受けられなくなるというようなことがございます。

 ただ、人・農地プランにつきましては、最初つくったものをまた実情において変更できるということでございますので、飯山市とすれば10地区、本年度中に策定するということで進めていきたいと考えております。



○議長(久保田幸治) 

 佐藤議員。

  〔8番 佐藤正夫議員 登壇〕



◆8番(佐藤正夫) 

 それについてはよろしくお願いしたいと思います。

 次に、農業後継者支援ですね。新規青年就農者ですが、確かにいろいろ難しくて、条件が厳し過ぎるというようなことで、ゼロということでありますが、親元就農の場合は5年以内に経営移譲すればいいというような話があったわけですが、これについてはそういうところにも該当する、あるいは親御さんが経営移譲なんかしないぞというふうになったのか、そういう人がいなかったのか、それについてお聞きいたします。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 今、言われました親元の経営移譲というよりも、やはり5年後の農業所得が250万円に達しないというのがやはり大きな壁だということで、申請されなかった方が多かったということでございます。



○議長(久保田幸治) 

 佐藤議員。

  〔8番 佐藤正夫議員 登壇〕



◆8番(佐藤正夫) 

 親元就農はいなかったかというと、そんなこともないと思うんですがね。長野県内で当初540数名あったと、それがお盆過ぎに私ら県農業経営者協会というのがあるんですが、そこの役員会の中では、280名になったと、大分減ったと。それで予算的には270名あるからこれで落ち着くんだろうなというような話でありました。

 ただ、どの地域でも外部からの新規参入者というのは非常に考えが甘くて、有機農業をやってインターネットで売ると、それで250万の所得、所得250万ということになると、500万ぐらい売り上げなきゃいけないことになるんでね、非常に難しいということなんですが、ただ、親元就農ですね。新規就農にすべてはじめからっていうのなら別だけども、親元就農した皆さん、この条件に当てはまらなくても、市としても隣の木島平みたいにやっていこうと、さっき対応したいということでありましたが、具体的にはまだ検討していないということでいいですかね。お願いします。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 ただいま佐藤議員さんから新規就農者の関係ですね。国の基準に合わない場合、市のほうで検討を考えるかどうかということですが、まだ具体的には決めておりません。

 基本的には、国のほうの農業者確保という観点で、日本同じような一律ではなくて、やはり地域のこうした豪雪地域でのそうした特殊事情とか、そういうものもぜひ考慮してもらわないと、こういう地域の農業後継者というのは、結局いなくなってしまうんですよね、国からの支援が全くないわけですから。

 したがって、まずは国のほうへこうした状況を加味をしていただいて、この地域なりの新規就農者の支援策について考えてもらうというのがまず第一だと思うんですね。

 そのほかに、市としてどういうような形の支援ができるかというようなことを2段構えで考えていきたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 佐藤議員。

  〔8番 佐藤正夫議員 登壇〕



◆8番(佐藤正夫) 

 では、次の農業支援についていきたいと思いますが、耕作放棄地とJAとの協議は合わせての質問になりますが、お願いしたいと思います。

 先ほど農業委員会長さんのほうから、荒廃地について答弁ありました。この3段階に分けて復活不可能な農地を農地から除外するということでありますが、面積は先ほどお聞きしましたが、その目的ですね。どうしてそういうことをするんだということについて1点お聞きします。お願いします。



○議長(久保田幸治) 

 松永農業委員会長。

  〔農業委員会長 松永晋一 登壇〕



◎農業委員会長(松永晋一) 

 先ほど報告しましたように、復活不可能な農地については917.7ヘクタールということでございまして、現在農家にその意向を確認しているところでございます。

 復活できないところの農地もかなり多いわけですが、優良農地にある遊休地、これについてできないところはそれとして、優良農地については遊休化を防止すると、そこへ私どもとしても利用権の設定なり、集積なりというところに力を傾注したいということでございます。そういう目的で進めるということでございます。



○議長(久保田幸治) 

 佐藤正夫議員。

  〔8番 佐藤正夫議員 登壇〕



◆8番(佐藤正夫) 

 それについてはわかりました。確かに森林化しているところを、農地にしようたって無理な話で、それはそれでいいんですが、JAとの協議ですね。LEDへの切りかえなんですが、私も少し情報を得たわけでありますが、確かに電気料金を低く抑えられていいということでありますが、経営が大変だと、だけども既にいろいろやっている人もあるんでね、私は、きょう経営が大変な中ではやはり自己資金でできる人はいいと思うんですね。そうでなくて、借金して設備投資して、数百万かけて投資するという、そういう利子補給程度ですかね、少なくともそのくらいはほしいかなと。

 キノコ農家ともいろいろ話をしたんですが、そのことに対してだけ、利子補給程度ではだれも認めるけれども、もっと踏み込んで1割とか2割とかということになると、ほかの農家もみんな助けてもらいたいと、こういうことを実際の話の中にあります。

 それについては、だから基本単価、ことしは特に安い、じゃ来年いいかって、それはわからないわけでありまして、10数年前ほど私がやっているときも、やっぱりすべてキノコは安かったというときもありましたが、その後また回復したりしているわけでありますので、その辺の助成ですか、どういうふうに考えるのか、LEDのみにとらえるんじゃなくて、もっと広くやるんならいいけども、そうじゃないと、ちょっと農家の間にいろいろ話が出るんかなと思うんですが、その辺についてお聞きします。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 もうちょっと具体的にはどういうことかと、よくわからなかったんですが、農産物の低価格に対する支援のようなことでとらえてよろしいわけでしょうか。ちょっと質問の意味を、中身を確認させてください。



○議長(久保田幸治) 

 佐藤議員。

  〔8番 佐藤正夫議員 登壇〕



◆8番(佐藤正夫) 

 価格が安いとことは、経営が厳しいということだね。価格が安いから、それを応援しろと言ったって、それは無理な話なんで、例えばLEDだけに特化してやると、これはほかのキノコは関係なくて、ほとんどブナシメジになっちゃうけれども、じゃ、何でそこだけやるんだと、みんな苦しいんだから、じゃ、種菌をもっと補助しようとか、そういう全部に行き渡る、あるいはもっと広く言えば、農家すべてがみんな今厳しい状態なので、だからとにかくこれを進めていけば、経営も改善できるんだからやりたいと、借金してやったらせいぜい利子補給もらえると、そうじゃないと、今皆さんに不満がたまるだろうと、こういうふうに言ったんで、その辺について助成がどういうふうに考えているかということなんです。お願いします。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 そうですね、行政から補助というようなお話なんですが、これは例えば新しい作物の開発とか、そういう部分については、これぜひJAさんとも連携をして、支援をしていくというようなことは検討していく必要があるというふうに思うわけでございますけれども、なかなか農家全般の方々に対して、行政のほうから一般、これは一般財源になりますので、一般財源で支援をしていくということは、非常にそれは難しいんじゃないかなというふうに思います。

 農業のみならず、大変今全般的にほかの分野でも非常に厳しいという状況がございますので、今進めております新しい農業再編、こういう事業の中で行政が応援をできる部分をしていきたいというふうに考えています。全部の農家を対象にということは、非常にこれは行政としては困難ではないかなというふうに思います。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 キノコ農家のLED化につきましては、JAと打ち合わせをしているところですが、前回の議会の中でも答弁したとおり、LEDにつきましてはまだ発展途上ということで、性能的にも価格的にも一定のものが出ていないという部分にございますので、そういうものにやはり一定の補助をするというのは、今のところどうかなというふうに考えておりますので、その部分につきましては支援の目的をまた検討しながら、JAとも協議しながら決定していきたいと思っております。



○議長(久保田幸治) 

 佐藤議員。

  〔8番 佐藤正夫議員 登壇〕



◆8番(佐藤正夫) 

 大分時間も押してまいりましたので、もう1点、アスパラがだめになってから、主品目開発がなかなかうまくいかなくて、昨年、農業委員会中心になって外様で麦をつくったんですね。麦はつくってみた、ただ、乾燥は中野へ持っていっただの、たまたま麦は普通のコンバインで刈れますが、収量はまあまああったけど、品質がいまいちで、その売り口ですね。売り口が非常に困ったというような中で、うどん屋さんですかね。喜んではくれるんだけど、なかなかこれを自分で売らんじゃいけないという話もありまして、荒廃地対策、麦等が有望だとすれば、ある程度進めたほうがいいとは思うんですが、田んぼでは無理だけど畑でね。

 そのときに、どこへ売るんだというようなことがJAが、試験でつくったんなら自分で売れやという話になっちゃって、非常に厳しいらしいんですが、やはりこの辺についても行政も力を入れて、JAとしっかり協議して、売り口を探すなり、一緒に探すなり、もっとふやすなら乾燥施設なり、コンバインなりということも考えていかなくちゃ。

 ただ、自分で考えて大豆やソバや麦をつくれと言われたって、なかなか、いっぱいつくればつくっただけ、今度は反対に困るので、それについて農家は自分でやれというんじゃなくて、ある程度のそういう指導というか、協力が必要だなと思うんですが、その辺について、市長だな。じゃ経済部長ですか、お願いします。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 まさしく議員さんのおっしゃるとおりかと思っております。やはり売れ口を決めるということは、生産者の意欲を高めるということになりますし、またそれによって品質も向上するというふうに考えています。

 ひいては、そのことが農家の安定的な所得につながって、またブランド化というふうにつながっていくのかなと思っております。

 せっかく奨励しながら売れ口を決めないというのは非常にまずい手法かなと思いますので、またJAとしっかり協議しながら検討していきたいと思っております。



○議長(久保田幸治) 

 佐藤議員。

  〔8番 佐藤正夫議員 登壇〕



◆8番(佐藤正夫) 

 国民健康保険税なんですが、基金から別に毎年やっているわけじゃなくて、たまたま23年度は1億繰り入れたということのようでありますが、新聞報道等によりますと、中には赤字になって一般会計からそれを補てんしているところもあるみたいな話でありましたが、安ければそれが一番市民の負担が少なくて済むわけなんですが、早々基金のほうは上手に使ってもらえればいいんですが、一般会計から繰り入れるようなことにだけはならないような運営を望むわけでありますが、その辺について、民生部長、お願いします。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。

  〔民生部長兼福祉事務所長 丸山信一 登壇〕



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 今、国民健康保険についてご質問がございました。23年度が1億円の取り崩しでございます。その前、22年度は3,000万円、21年度が2,000万円ということで、この3年間で1億5,000万円の取り崩しをして決算を打ってきたという状況でございます。

 現在、国民健康保険基金の残高が3億6,000万ほどという状況でございまして、このまままたことしも1億と、来年も1億という形で医療費等がかかりますと、だんだん厳しくなってくるという状況でございますので、そういった状況はしっかり把握をしながら、一般会計からはいただかないようということで、一定程度の基金というのは常に保有をしていなきゃいけないかなとは思っておりますので、その辺をまた見まして、具体的な検討をしていきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 佐藤議員。

  〔8番 佐藤正夫議員 登壇〕



◆8番(佐藤正夫) 

 時間ありませんので、大分飛びますがお願いしたいと思います。

 防災ですね。松本は原発から150キロだけど、この間マニュアルに従って訓練をやったと、当市は50キロ圏内に少し入ると、こんなような中で、毎年やる防災訓練に一部組み入れてやるようなことはできないかということをお聞きしたいんですが、お願いします。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 佐藤議員さんのほうから原発の防災訓練を取り入れてというお話がございました。

 原発の実際の防災訓練、松本市さんの場合につきましては、一つは放射能の汚れ度というんですが、そういう避難した方々の程度を測定をして、そして判断すると、分けていくというような、そういうような訓練が1個と、それから安定ヨウ素剤の配布の関係の訓練とか、その辺もあったわけでございますが、医師会、それから薬剤師会、そうした方々の一緒、連携のもとに実施がされておりました。

 これは非常に専門性が必要なものでございますので、飯山市におきましてもそうした団体と話をしまして、防災訓練ができるような形のものまでぜひ取り組んでまいりたいなというふうに思っておりますので、よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 以上で佐藤正夫議員関係の質問を終わりといたします。

 続いて、石田克男議員の発言を許します。

 石田議員。

  〔2番 石田克男議員 登壇〕



◆2番(石田克男) 

 発言を許されましたので、通告に基づき順次質問をさせていただきます。私は、今までどおりの一括質問で行いますのでお願いいたします。大きく分けて6項目質問いたします。

 はじめに、教育行政について。

 (1)学校教育についてお伺いいたします。今、飯山市でも少子化が進み、小学校の生徒の数が年々減っております。今まで適正規模での学校教育について何回か質問をさせていただきました。3月議会において、長瀬教育委員長さんは「24年度は最適な教育環境とは何であるかを市全体で検討していく」と答弁されました。

 8月17日、信濃小中学校で「小中一貫教育・信州フォーラム」がありました。私の考えの中に、小中一貫校の思いがありますので出席しました。近隣からは、野沢温泉の小・中学校の先生が出席されておりました。

 信濃町では、本年度の新学期から小学校と中学校を統合して町内1校とし、長野県ではじめての校内一体型小中学校をスタートさせました。1学期が終えたということで、その報告会を兼ねて開催されました。シンポジウムでは、辰野町・塩尻市の組合立、施設分離型小中一貫校の両小野小中一貫教育と、飯田市の小中一貫キリャア教育の取り組みについて発表がありました。どの地域でも子供の教育に力を注いでいることがよくわかりました。飯山市でも飯山らしい学校教育計画に沿って進められていると思いますが、そこでお伺いいたします。

 新年度に入って、適正規模での学校教育を含めた飯山市の学校教育について、地域の人たちとの懇話会を持てるところまで進んでいるのかお聞きいたします。

 (2)メール配信についてお伺いいたします。

 最近、全国の小・中学校でメール配信が普及してきたと聞きました。災害や急な事務連絡等に効果があるとのこと、既に飯山市においても城南、城北の2中学と東小学校で導入済みで、常盤小学校でも導入に動き出しました。

 そこでお伺いいたします。飯山市において、現在どれくらいの人が契約しているのか、また使用料は幾らか、父兄の中にも契約しない方もいると聞きますが、何か問題はあるのか、お聞きしたいと思います。

 大きな2番ですけれども、市営施設について。(1)ネーミングについて。

 現在の飯山市の公共施設のネーミングは、市民会館とか公民館とか、そのとおりの硬い名前がつけられております。今、建設が進められている飯山ぷらざもまだ仮の名前です。

 先日、会派で長岡のシティホールプラザ・アオーレ長岡の視察に行ってまいりました。このアオーレ長岡の名前の意味は何ですかとお聞きすると、アオーレは、長岡地方の方言で会いましょうという意味で、公募したところ、小学校5年生の女の子が考えたアオーレ長岡に決まったとのことです。

 そこでお伺いいたします。私も自分たち市民の施設であるとの認識を高めるためにも、飯山ぷらざを含めた公共施設等の名称は、できるだけ公募で決めるべきだと思いますが、市長さんの考えをお聞かせください。

 (2)既存市営施設の管理について。

 何年か前に、国か県の補助金を使ってつくったと思われる施設で、現在用をなしていないところがあります。長峰運動公園にある風力・太陽光発電システムのしくみ、それと千曲川の岸辺にある常盤親水公園、木島自然観察広場の3カ所です。説明看板はしっかりとしていますので、看板を見た限りでは、まだ使用できると思ってしまいます。

 しかし、風力・太陽光発電システムの仕組みは、老朽化か、それとも雪害かわかりませんが、発電しておりません。

 また、常盤親水公園及び木島自然観察広場は、いつの出水で壊れたのかわかりませんが、説明看板とはほど遠い地形になっております。

 そこでお伺いいたします。この先、これらの施設をどのように管理していくつもりなのか、お聞かせください。

 大きな3番、iネット飯山のデータ放送について。

 先回質問をさせていただいたインターネットの高速化につきましては、すぐに対応していただきありがとうございました。今、CATVの生き残りをかけてインターネットの高速化が進んでいると新聞で報道をされております。飯山市もおくれをとることなくできたことは喜ばしいことだと思います。

 しかし、これに甘えることなく、もう少し市民に使っていただけるiネットにするために、データ放送化できないか、検討していただきたいと思います。パソコンを使える人は市のホームページを見れますが、パソコンを使えない人は見ることができません。データ放送化すると、そのようなことも含め、いろいろな使い道があると思います。

 そこでお伺いいたします。費用対効果のこともありますので、必ずというわけではありませんが、考えていただけるかをお聞きいたします。

 続きまして、大きな4番目、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を使っての市の知名度アップについて。

 8月21日、飯山商工会議所において法政大学大学院教授、中嶋聞多先生の講演がありました。先生は「飯山市のブランド力が低い、特に若者に認知度が低い。いかにブランド力を高めるかが課題で、それにはまちのコンセプトを明確にし、共有し、発信することだ」と述べられました。

 以前、佐賀県武雄市のことが新聞やテレビで報道されました。武雄市では市のホームページをフェイスブックに移行したところ、閲覧回数がそれまでの月5万程度から60倍以上の330万回に跳ね上がったとのこと。SNSを自治体が活用するメリットとして、行政の見える化が進む、対応するスピード化、住民と行政の双方向があることを挙げています。

 また、武雄市がフェイスブック上で力を入れているのが地元の特産品の通信販売で、市長さんは「より多くの情報を提供することで消費者である国民に選択の自由を示していくことが自治体の役割だ。地域経済の発展につながる取り組みにしたい」と述べています。

 今、SNSの世界は物すごい情報量が飛び交っています。若い人たちはスマホなどから、今、現在を発信しております。そこでお伺いいたします。SNSを使っての情報発信をどのように考えられているか、お聞きいたします。

 大きな5番目でございます。電話による自動音声応答サービスについて。

 防災行政無線は電波を使用しているため、地形によっては難聴地域があります。また、放送の時間が限られているため、聞き漏らしもあります。そのような対策のため、いつでも同じ内容を一般電話で聞くことができる音声応答サービスがあり、導入する自治体がふえていると聞きます。そこでお伺いいたします。飯山市でも導入する考えはあるのかお聞きいたします。

 最後、大きな6番でございます。住宅リフォーム支援事業についてお伺いいたします。

 この事業は、23、24年と2カ年実施していただきました。本年度は150件で2億円余りの経済効果があったとお聞きしました。おかげさまで建設業関係者も仕事が確保できたと喜んでおります。

 しかし、地域経済は依然として厳しく、先の見えない状況が続いております。来年度もぜひ続けて実施していただきたいとお願い申し上げますが、足立市長さんのお考えをお聞かせください。

 これで1回目の質問を終わります。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 石田議員さんの最初のご質問にお答えを申し上げます。また、教育委員会担当部長よりも答弁をさせますので、よろしくお願いします。

 私からは、2番目の市営施設のネーミングについてご質問がございました。大きな公共施設についての名称の問題でございますが、大変ネーミングというのは大事なことだなというふうに思っております。(仮称)の飯山ぷらざ等、大きな公共施設につきましては、名称、愛称ですが、公募によって求めてまいりたいなというふうに思っておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 それから、あと私のほうからは、住宅リフォームの支援事業につきましてご質問がございました。住宅リフォームの関係につきましては、24年度におきまして23年度と同額の1,500万円の予算を計上しまして実施をしたわけでございます。採択されました150件の工事費の合計は約2億200万円ということでございます。また、希望者が多くて、採択できなかった件数75件ほどあったわけでございますが、大変ニーズが高い事業であったなというふうに理解をしております。

 この事業につきましては、また来年度、実施するかどうかにつきましては、その経済対策ということでございますので、そうした状況、それから市の財政状況をまた見まして、これから決めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。

 私からは以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 土屋教育長。

  〔教育長 土屋 稔 登壇〕



◎教育長(土屋稔) 

 石田議員さんの教育行政についてのご質問にお答えをします。

 クラスの人数が極端に少ない小学校について、地域との懇談会等を持ってそういう取り組みをしているかというお話でございますが、私たち教育委員会では、今、地域に出る前に教育委員会としての考え方をしっかりと統一しようというふうに考えて、今勉強中であります。

 中身としましては、これから生徒数、児童数の推移がどうなっていくか、それからもう一つは、小さな学校の学力だとか、それから社会性みたいなものが現状はどうなのか、またその学校の卒業生の中学での適応状態はどうなのか、それからまた、学校のこれからの流れの中で、歴史の節目みたいなものが何かあるのかというようなことをいろいろ調べております。

 そのほかに、他の小学校の各地の学校統合の状況のときの経過だとか、それからPTAや地域の皆様方のお気持ちだとか、そんなことを当時の文集等から調べたりしております。そういうことで、今、勉強中でありますが、またあわせて当該校の運動会だとか、また地域集落懇談会等で個人的にこういう問題についてどんなふうにお考えになっているかというようなこともお聞きしたりしています。

 こういうことをいろいろ総合的に判断をしながら、今後の方針を決めていきたい。その方針ができたところで、地域ともまた懇談をしていきたいというふうに考えておりますので、ご承知をいただきたいと思います。

 なお、メール配信につきましては、部長のほうからお話をさせたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 森教育部長。

  〔教育部長 森  勝 登壇〕



◎教育部長(森勝) 

 石田議員さんご質問のうち、緊急時のメール配信についてお答えいたします。

 緊急時のメール配信のシステムについては、平成19年度に市教委として市内の小・中学校に携帯電話のメール対応の学校緊急連絡システムを導入した経過があります。しかし、当時のシステムでは学校のパソコンを使用し、メールアドレスの登録管理は学校ごとに行う等、運用上の課題も多く、他のシステムが普及したといったこともありまして、その後、利用が継続しなかったという経過があります。

 現在、中学校2校と小学校1校で導入しているシステムは、業者がメールアドレスの登録管理を行い、学校で個人情報管理を行わないものであります。使用料については、おおむね生徒1人当たり年額315円となっておりまして、負担は保護者あるいはPTAとなっています。

 現在、これら以外の学校でもこのシステムの導入について保護者会などと検討を進めていると聞いています。

 3校の加入者数でありますが、全体で843人のうち707人が加入をしておりまして、割合は84%となっています。緊急時の連絡網としては、大変効果がありますので、今後、普及に努めていきたいと考えています。

 また、現在、使用している小・中学校で加入されない保護者については、1つは携帯電話を所有していないといったものや、プライバシー保護のため登録されない等の理由があるというふうに聞いています。

 私からは以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 石田克男議員ご質問のうち、関係部分につきまして、市長答弁に補足をしてお答えを申し上げます。

 既存市営施設の管理についてでありますが、1点目、風力・太陽光発電システムについてでございます。長峰運動公園の多目的運動広場のインフォメーションセンターの横にこの設備がありますが、この風力・太陽光発電システムの仕組みにつきましては、街灯の先に風力発電と太陽光発電パネルが設置されており、それにより発電された電力が蓄電池にためられ、その電力を使った街灯の明かりで「風力・太陽発電システムの仕組み」という説明板を照らすと、こういった仕組みになっておりますが、議員ご指摘のとおり、現在、街灯につきましては機能しておらず、地下の蓄電池が不良と考えられております。速やかに調査をしまして、対応してまいりたいと思っております。

 それから2つ目に、千曲川の川べりにあります常盤親水公園、それから木島自然観察広場についてでございます。この両施設につきましては、湯滝橋、柏尾橋、樽川合流点、飯山樋管、綱切橋上流、このそれぞれのカヌーポートの設置とあわせまして、当市の要望によりまして、飯山水辺プラザとして千曲川河川事務所が施設を設置したものとなってございます。

 管理に当たりましては、設置者の千曲川河川事務所と使用者であります当市が管理協定を結んでおり、市では同施設内の清掃及び除草等、軽微な管理を実施してございます。こういった協定の中身でありますので、例年、春と秋にこういった作業を実施してございます。このうち、常盤親水公園と木島の自然観察広場の2施設でございますが、平成11年に千曲川の本流から流れの緩やかな支流を人工的につくる出すワンドと、親水広場、遊歩道、船の係留柱等が整備をされております。

 しかしながら、議員ご指摘のとおり、平成16年10月の台風23号の増水によりまして、大量の土砂がワンドや親水広場等の主要構造物に堆積をして、施設に大きなダメージを与え、その後も千曲川の増水のたびに土砂が堆積をして、構造物あるいはワンドが埋没する等、親水公園としての機能が果たせなくなっております。

 このため、機会あるごとに千曲川河川事務所には河床掘削、施設修繕等の大規模改修について要望をしてありますが、河川事務所でも必要性は認識されつつも、国の予算がつかないため、今日の状態が続いておるというところでございます。

 千曲川を活用した親水事業につきましては、北陸新幹線開業後、視野に入れた観光資源として、大変有効である、こういったため、引き続き河川事務所には機能修繕をお願いするとともに、市といたしましては、管理につきまして、今までどおり実施をしてまいりたいというふうに考えてございます。

 私からは以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 村山総務部長。

  〔総務部長 村山芳広 登壇〕



◎総務部長(村山芳広) 

 関係部分につきましてお答えいたします。

 iネット飯山のデータ放送化というご質問であります。例えば、市のホームページの一部などをデータ放送として、文字や静止画で見ることは技術的には可能であります。ただ、サーバーなどのシステム構築が必要となりますので、データの内容をどうするか、そういったことも合わせて研究が必要かなというふうに考えております。

 それから、SNSであります。ソーシャルネットワーキングサービスでありますが、これについては、飯山市でも昨年の5月からツィッターをはじめております。

 災害情報、それから市のホームページの最新情報など発信しておりまして、そのことによってホームページのアクセス数が10%ほど増加いたしております。フェイスブックについても今後導入を検討していきたいなと考えております。

 それから、電話による自動音声応答サービスの件であります。これについては、防災行政無線、電話のシステム、2つのシステムを管理、運営することになっていきますので、特に非常時などは人的な面、それから迅速性という面、なかなか対応が大変かなというふうに今感じております。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 石田議員、再質問ありますか。

 石田議員。

  〔2番 石田克男議員 登壇〕



◆2番(石田克男) 

 それでは再質問をさせていただきます。それぞれに答弁ありがとうございました。

 最初に、学校教育について再質問をさせていただきます。懇話会等の進みぐあいについての説明をしていただきましてありがとうございました。引き続き取り組みをお願いしたいと思います。

 今、教育現場で問題になっております中1ギャップといじめについてお伺いいたします。

 中1ギャップにつきましては、その解消に小中一貫校が背景にあると言われております。信濃小中学校では、初等部4年、高等部5年の9年間にしたところ、今までの学校、6・3制ですけれども、6・3制での6年生は最高学年として凛とした空気を醸し出していたはずなのに、それが4年、9年の一貫校では6年生になりきれずに、6年生になるための活動が必要だということで、全校運動会では6年生が中心になり進めるようにしたそうです。まだまだ試行錯誤ですけれども、上級生は下級生への思いやり、下級生は上級生の姿を見て学んでいく等、着実に成果は上がっているようです。

 私も必ずしも小中一貫校にしろとは言いませんけれども、かなりメリットはあるようにお聞きいたしました。そこでお伺いいたします。飯山市にも中1ギャップはあるのでしょうか。あるとしたら、その対策はどのようにとっていられるのか、またいじめに対しても同様にお伺いしたいと思います。

 続いて、メール配信について質問でございます。学校関係のことは今説明がありましたのでわかりましたけれども、この先、一般住民とか、そういう人たちへの加入を勧めるつもりはあるのかないかというようなことをお聞かせください。

 続きまして、ネーミングについてですけれども、市長さんの考えわかりました。よろしくお願いいたします。これからも市民と一緒に行政を進めていくのだとの意見、意思表示にもなりますので、市民を巻き込んだ施策をお願いしたいと思います。

 続きまして、既設の市営施設について、長峰の風力・太陽光発電システムについては、今までよりもこれからのほうが新エネルギーの勉強には必要ではないかと思います。できるものでしたら修理をして、勉強に使えるような施設にしていただければいいかなと、そんなふうに思います。

 それから、岸辺の公園でございますけれども、これは恐らくだれもが考えるわけですけれども、つくる前から壊れるのがわかっていると思うんです。したがって、もし申請をして、またつくるというようなことがあるのであれば、テトラポットか何かで周りを囲って流れないような式にしてつくるのがベターではないかと思いますけども、その辺またご検討をお願いしたいと思います。

 それから、iネットのデータ放送についてですけれども、これは考えていただければ結構です。私もあちこちまた見ながら、提案をさせていただきたいと思います。

 iネットも開局以来、10周年を迎えました。今までの契約はほぼ横ばいで推移してきたみたいですけども、これからはこの不景気が続いたり、少子高齢化で人口が減ったりしたときに、この先10年の加入状況は予断を許さないと思います。真剣に先を見ながら、市民の皆さんに愛されるiネットになってほしいと願っています。市長さんのお考えをお聞かせください。

 次に、SNSを使って知名度アップですけれども、武雄市みたいに目に見えた実績を上げているところは、それなりの努力はあると思います。ただ、フェイスブックに移行しただけではなかなか成果は上がらないと思います。しかし、飯山市みたいにアンテナショップを持たないところは、ネットで顧客を開拓するのも一つの手だと思います。SNSでも競争の世界です。負けないように頑張っていただきたいと思います。

 電話による自動音声応答サービスについては、よく、どうしてもだめでしたら仕方ありませんけれども、ちょっと聞き逃すとなかなか聞こえないんですよね。それで本機の中に入っている録音システムなんですけれども、あれはそのときに操作しないとすべて入っているということではないですよね。なかなか使いづらいところがありますので、その辺もまた研究していただきたいなと思います。

 それから、住宅リフォームについては、また状況を見て考えていただけるということですので、よろしくお願いいたします。

 以上で再質問を終わります。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 石田議員さんの再質問にお答をしたいというふうに思いますが、またそれぞれ教育委員会、また担当部長からも答弁をいたします。

 私のほうからは、今、石田議員さんのほうから、学校の生徒へのメール配信のほかに、一般住民へのメール配信についてどうだというようなご質問があったんですが、これは内容的にはどういう内容なのかというのは、ちょっと確認をさせていただきたいんですけれども、市からの広報のようなものなのか、それともいわゆる緊急的な災害情報なのか、ちょっとその辺について、それぞれ状況が違うと思いますので、またこの次の質問のときにお答えをいただければというふうに思っております。

 あとそれから、iネットとの関係につきましては、いろいろご提案をちょうだいしました。利便性と、それからあと当然ながら経費の問題がございますので、またその辺を検討させていただきたいというふうに思います。

 私のほうからは以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 土屋教育長。

  〔教育長 土屋 稔 登壇〕



◎教育長(土屋稔) 

 石田議員さんの2回目の質問にお答えをしたいと思います。

 中1ギャップについてでございますが、この中1ギャップという定義は人によって異なると思いますが、私は、小学校から中学1年生に入ったときに、学校生活に、学習に適応できない、そういう状況というふうに考えます。

 それで、特に学校生活や学習に著しく不適応を生じながらいるということで、視点としましては、子供が入学してから理由がはっきりしない、理由のはっきりしない休みがどんどんふえてくる、いわゆる不登校傾向ということで見ていくのが一つの視点だというふうに考えています。現在、毎年見られます。ことしは2名ほどなんですが、ことしは少ないという傾向を思っております。

 これを防ぐために、私たちは一つは今、中学校の数学の先生が小学校へ行って数学の授業を小学校の先生と一緒に教えています。このことによって、中学校の授業についての子供たちの知識や体験がふえるということ、それとまた中学校の先生への親しみみたいなものがわくんじゃないかということが1点あります。

 それから、小学校の学習をきちんと習熟させるという意味から、少人数学級指導というようなこと、それからもう一つは、教科担任制等を一部の学校で取り入れています。

 そのほかに、同じ学校に入る入学生が交流を積むようなことで、例えばAという学校がBという学校へ行って、6年生同士が一緒に授業をやるような形で、その中で親しみをわかすことというような形もとっております。

 そのほか、小・中の連絡会というのがあるんですが、入学についていろんなものがあるんですが、そういう中で、小学校での子供たちの様子をできるだけ細かく中学校に伝えております。中学校ではその資料をもとにしながら、学年の始めから学年会だとか、それから教科会等で細かく子供たちの様子を見ていくということで、対応を早目にしていきたいというふうに考えております。

 そんなような形でできるだけ中1ギャップと言われるようなことが少なくなるよう努力をしております。

 次に、いじめの問題でありますが、いじめにつきましては、毎月学校から教育委員会のほうへ報告をいただいて、私たちはその内容をチェックしておりますし、またちょっと不審な点がありましたら、学校と連絡を取りながら、その内容について検討をしております。

 特に、今回の大津市のいじめの問題が出てから、再度職員間の連携といいますか、子供を見ていく連携、担任1人や教科担任1人だとなかなか見落とす点がありますので、学校全体で連携をしながら、子供たちの様子を見て、その情報をお互いに交換し合うということ、そしてまたそれをすぐ対策につなげるということを考えておりますし、またそういうことがありましたら、家庭だとか、それから教育委員会の連絡も素早くしていただくような形をとっております。

 そのほかに、9月1日からいじめ相談専用の電話を始めました。これは教育相談室のほうにつながるようになっておるんですが、そういう形で直接保護者の皆さんやそれから子供たちから声を聞くということも大事にしております。いずれにしましても、いじめについては、できるだけ早く根絶をしていくという形を考えております。

 いじめは小さなトラブルから始まるわけですが、そのトラブルをどう見過ごさないようにするかということが一番ポイントでございますので、そんなことを気をつけながら進めたいと思っております。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 石田議員ご質問のうち、既存市営施設の管理の関係でございます。

 風力・太陽発電システムの関係でございますが、これからもさらにその重要性が高いということでございます。早急に調査をして対処をしてまいりたいと思っております。よろしくお願いいたします。

 それからもう1点、常盤の親水公園と木島の自然観察広場の関係でございます。テトラポット等を置いて再度備えたらどうかということでございます。議員の提案も含めまして、河川事務所のほうに要望等してまいりたいと思っています。よろしくお願いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 村山総務部長。

  〔総務部長 村山芳広 登壇〕



◎総務部長(村山芳広) 

 SNSの件であります。この分野は非常に速いテンポで日々進化しております。おくれをとらないように取り組んでいきたいと思います。

 それから、自動音声システムでありますが、人的に、経費的にどの程度負担がふえるのかということについて研究をしてみたいと思います。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 石田議員、再質問ありますか。

 石田議員。

  〔2番 石田克男議員 登壇〕



◆2番(石田克男) 

 それぞれ答弁ありがとうございました。

 先ほど市長さんからお話がありました、住民についてのメール配信のことでございますけれども、これは希望者だけでいいんですけれども、災害に遭ったときに、いち早く知らせるというようなことで、もし希望者があればなんですけれども、その考えがあるのかないかというようなことをお聞きしたかったわけでございます。

 PTAや何かにも所属していれば、かなりふやしていくというお話ですので、かなりの住民はいいわけですけれども、私たち議員も含めて、そのようなことを対応できればなと、そんなふうに思っていますので、よろしくお願いいたします。

 それから、再々質問をさせていただきますけれども、教育については、ただいま教育長さんから丁寧な回答がありましたので、よろしくお願いいたします。

 信濃町の小中一貫校なんですけれども、同じ建物の中でもう5年生と6年生と中学生が同じ廊下で遊んでいるんですよね。そうすると、もう私は中学へ行くんだというあれがなくなっちゃうんで、その辺も先ほど言いました6年生の立場がなくなってしまうとか、いろいろ問題がありますけども、中1ギャップというような問題点は解消されるかなと、そんなふうに思いました。

 そんなことで、皆さん考えながらまた教育に携わっているんだなと思いますし、校舎が分かれていても、両小野小中学校みたいにいつも交流をしているという事例の発表がありまして、そんなことでも解消できるのかなと、そんなことも思いましたし、先生方もやはり中学だけでずっとやってきた先生が運動会や何かを知らなくて来てて、小中一貫校に来たときに、初めて運動会に携わってみて、こんなこともあったんだなというような体験もできたことですし、同じ一つの教員室にいますと、いろいろな話が持てて、あれ、こんなところでこんなことを教わってきたんですねというような話もあったというふうに聞いておりました。

 そんなことで、いろいろとこれからの教育も変わってくると思いますので、また飯山市でもいろいろとまた考えながらお願いしたいなと思います。

 最後でございますけれども、コミュニティスクールについて、その成果と先生は徐々にほかの学校への進めていくというふうな話をされましたので、そんなことも含めてお聞きしたいなというふうに思いますけれども、よろしくお願いします。

 それから、SNSの質問の関連で最後でございますけれども、先ほど申されましたツイッターはやっておるのはわかっています。飯山市公民館でもすばらしいブログを出しているんですよね、最近。そのツイッターから見られたり、それからヤフーから検索することはできるんですけれども、それもできたら市のホームページのホームからでもリンクできるようにしていただきたいなと、そんなことをお願い申し上げまして、3点目の質問を終わります。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 災害情報の市民への周知の関係でご質問ございまして、またメール配信の関係につきましては、総務部長のほうから答弁をいたしますが、今は市のホームページのほうで迅速にその状況等については掲載をして、市民に知らせるというようなことで行っております。

 私からは以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 土屋教育長。

  〔教育長 土屋 稔 登壇〕



◎教育長(土屋稔) 

 石田議員さんの3回目の質問にお答えをしたいと思います。

 小中一貫校でございますが、議員さん言われたように、中1ギャップ等をなくしていくのが一つの方法だと思いますが、小中一貫校のねらいの中には、もう一つ大きなのが、学力を系統的に指導できるという、そのよさがあるわけであります。そういう部分を含めて、例えば信濃町、それから両小野、飯田等でやっているわけですが、飯田の場合は、キャリア教育という一つの領域の中で一貫的に指導するということですね。両小野につきましては、小・中の連携のほかに、保・小との連携というような形もやっています。

 いずれにしましても、子供たちを発達段階に沿って一貫的に指導していくことによって、学力だとか、心の成長だとかと、一貫的指導できるというところに大きなねらいがあると思います。

 私たちも今現在、ご存じのように、飯山北高との中高の連携授業だとか、それから先ほど申しました中学校の先生が小学校へ行く小中の連携授業だとか、そのほか現在、保育園と小学校が連携できるように、橋渡しカリキュラムというのをつくってやっております。

 言いかえれば、これも子供たちの発達段階に沿って、無理なく指導し、系統的に子供たちを育てたいという願いに基づいてつくっているものでありますので、一貫校という言葉は使ってないですが、そういう流れを今、準備して、それぞれつくっているところであります。そういうことをご理解いただきたいというふうに思います。

 コミュニティスクールについてお話をしたいと思います。コミュニティスクールは、私は導入するのはなぜかというと、一番はやっぱりいい教育というのは、地域と保護者と学校が一体になって、本当に子供たちのためにみんなでどうしたらいいかと考え、そういう雰囲気をつくることだというふうに思っています。そのために秋津小学校にモデル校として一つ導入をして3年たちました。

 現在、秋津小学校では本当に地域の皆さんと学校が非常に親しくなり、それから交流も盛んになっております。大変すばらしい成果を上げていると私は考えております。

 具体的に申し上げますと、ふるさと学習だとか、それからスキーなどの学習、そのほか教科の学習の一部にも地域の方々のお力をかりておりますし、またクラブ活動の指導にもお力をかりております。

 地域の皆さん、積極的にご協力をいただいていますので、大変いい成果が上がっているんだというふうに思っています。

 そのほかに、放課後だとか、休日の遊びや行事の指導にもお力をいただいておりますし、それから放課後だとか、休日の郊外での子供たちの生活に大人の皆さんが目配りをしていただいているという状況も見られます。

 そういうことで、大変いい成果を上げていますので、これを広げていきたいというふうに思っています。今準備を進めていますが、来年度2校ふやしていきたいというふうに思っておりまして、過日からもう1学期中に学校への説明、それから保護者への説明を終えております。これでこれから、学校を中心に地域の皆さん方とどういうふうに説明をしながら、推進のための準備会をつくるかという段階へ入っておりますので、ご承知をいただきたいと思います。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 村山総務部長。

  〔総務部長 村山芳広 登壇〕



◎総務部長(村山芳広) 

 市民へのメール配信という件であります。現在、エリアメールというのを取り入れておりまして、携帯電話に情報提供が可能となっています。これは携帯の皆さん全員に送信されます。ただ、避難勧告ですとか、避難指示ですとか、そういった非常時の情報に今限定して考えております。

 それから、SNS関連で、市のホームページからのリンクでありますが、これについては勉強させていただきたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 以上で石田克男議員関係の質問を終わりといたします。

 この際、しばらく休憩いたします。

午前11時50分休憩

午後1時00分再開



○議長(久保田幸治) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 一般質問を続けます。

 上松永林議員の発言を許します。

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 最初に、今定例会招集のごあいさつでも触れられておりましたが、この9月で足立市長は任期の半分が終わろうとしております。昨年の体験したことのないような大震災の現状の中でも、過疎債による大型投資という、飯山市政の歴史の中でも最大級の変革期を迎えようとしています。

 この際、足立市政の方向性と今日に至るまでの柱の政策は何だったのか、またその達成度、そして今後の見通しについて、市民の皆様にもわかるようにお話をいただきたいと思います。

 次の質問に移ります。

 少子高齢化の中で平均寿命も延びている飯山市であります。全国的な問題でもありますが、長寿とともに、介護の問題も深刻になってきております。飯山市の介護施設入所の待機者がおおよそ50人と聞いておりますが、市の対策をお尋ねしたいと思います。

 次に、6月定例会において「飯山らしさ」ということについて、足立市長のお考えをお聞きいたしました。市長が描いておられる飯山らしさのイメージ、思い、あるいは感情を言葉にあらわすのはなかなか難しいのかとも思います。

 私とすれば、行政の長としての立場から、飯山らしさについて発言がある場合は、一般の人々が印象的に、あるいは情緒的に感じて表現するものとは違ったものであるべきではないかと思います。市長が思う飯山らしさは、これこそ飯山市の行政の方向を示す指針となるべきものであり、いわば市長がどのように感じて、何を目指して行政を執行しているのかといった哲学を示すものにもなると考えます。

 市長が行うすべての事業は、飯山らしさとは何かという問いに対する市長の回答であり、飯山らしさを考えることは、市長としてどう行動すべきか、どのように活動をすべきかといった問いかけにみずから指針を与えることにもなるからであります。ぜひとも市長の言われる飯山らしさを哲学にまで高めていただきたいと思いますが、このことにつきまして、何か市長のお考え、ご答弁がありましたらお願いをしたいと思います。

 飯山らしいまちづくりを目指して「飯山まち並み修景整備モデル事業」が始まりました。本格的な飯山市のまちづくりがスタートラインについたわけです。このことは大いに評価いたしますし、私もできる協力は惜しんではおりません。

 そこでお尋ねをいたします。まちづくりの意義について、まちづくりの目的、またなぜまちづくりが今必要なのか、実際にまちづくりに携わる地域住民の皆様の協力が不可欠ですので、市民の皆さんにもわかりやすく市長からご説明をいただければと思います。

 次に、新幹線飯山駅前整備についてお伺いをいたします。特に、正面口である東口広場の整備方針を変更するお考えはないかどうかお尋ねをいたします。

 北陸新幹線は、2014年度の長野−金沢間の開業に向けて、着々と工事が進んでおります。さらに金沢−敦賀間の着工も認可され、関西方面と長野県とのアクセスも期待されています。飯山駅は長野県の北の玄関口となります。

 長野県では、北陸新幹線を活用した地域活性化会議を庁内に立ち上げました。飯山市では、足立市長の呼びかけで飯山駅から半径20キロ圏内に位置する8市町村と手を組んで信越9市町村広域観光連携会議を設立いたしました。先導した足立市長のリーダーシップに敬意を表します。飯山市の未来に明るい日の光が射した、そんな思いを持ちました。長く観光に携わり、広域観光を訴えてきた私であります。できる限りの協力をしたいと思っております。

 そこで質問です。9市町村の、そしてさらに拡大した広域観光を目指したときに、ハブ駅として、飯山駅と駅前広場がその機能を有しているかどうか、甚だ疑問であります。新幹線飯山駅前整備の現計画を見直すべきと思いますが、いかがでしょうか、お考えをお聞きしたいと思います。

 次に、優良土産品推薦条例についてお伺いをいたします。

 その条例の第5条に、推薦土産品の登録の有効期間は2年とするとあります。次回の審査会はいつになりますか。また、現在登録してある商品の数、種類、また商店数を教えていただきたいと思います。

 以上で最初の質問を終わらせていただきます。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 上松議員さんの最初のご質問にお答えをいたします。また、担当部長より答弁させますので、よろしくお願いをいたします。

 まず最初に、私が就任してからこれでちょうど2年がもうじきなんですが、経過をするということでございまして、今までの市政の骨格、方向性は何だったのかと、それから今後の見通しとようなことでご質問がございました。

 まず、私の政策につきましては、公約を幾つか掲げさせていただいたわけでございますけれども、骨格につきましては、一番中心的なものは、やはり北陸新幹線の飯山駅ができまして、これをどのように活用をして、飯山市並びにこの周辺地域の活性化を図るかということが、一番大きな課題であるというふうに認識をしております。

 それに基づきまして、駅の周辺整備並びにまた必要な(仮称)静間線等の事業化、それから静間方面への都市計画区域の見直し等進めてきてまいっております。

 それから、広域観光という中で、信越の9市町村によります広域観光連携会議の立ち上げなど、これも非常に重要だということで、これにつきましても推進をさせていただいておるわけでございます。

 特に、初年度につきましては、私の施策の中の一つとしまして、子育て支援の関係につきまして具体的な事業を実施をさせていただきました。第3子以降の保育料の無料化、それから中学3年生までの医療費の無料化等、これはすぐ着手をさせていただいたわけでございます。

 その他、事業を進めておるわけでございますが、また雇用対策の関係でございますけれども、木島の工業団地におきます弱電の会社でございますが、今、大分他の市町村等では撤退等の話もあるわけでございますが、飯山市におきましては、正規職員の増を含めまして、約60名から80名ぐらいの新たな雇用が生まれておりまして、こうした面でも一定の成果は出せたのかなというふうに思っております。

 財政運営につきまして、実質公債比率、それから将来負担比率等、健全化を図り、財政のバランスを図りながら大型事業を推進をしていくということで、着手をして、現在まで進んでおります。

 今後、新幹線の開通に向けまして、特に広域観光の関係については、具体的な事業推進を図っていく必要がありますので、そうしたことに向けましてさらに一層推進をしてまいりたいというふうに思っております。

 それから、飯山らしさとまちづくりということで、ご質問があったわけでございます。飯山らしさとは何なのだろうと、市長の思いからすべての施策に反映できるような哲学的な部分をというようなご質問でございましたけれども、飯山らしさということにつきましては、これは特にまちづくり、後半、上松議員さんのほうもご質問がありますが、まちづくりの関係での飯山らしさとは何かという点だというふうに思っておるわけでございます。

 それは、やはり皆さん感じていることだというふうに思うわけでございますが、ふるさとを思わせるような、ほっとした安らぎの空間とか、それから四季の鮮やかさをこの地域は大変感ずるわけでございますので、そうしたものをこの地域の特徴として売っていく必要があるんではないかなというふうに思っております。

 そして、飯山の歴史がございますので、そうした地域の特色を生かしたイメージ、そういうものをこのまちづくりの中に活用していって、飯山らしさを演出していくということであるというふうに思っております。

 新幹線ができますので、飯山までは大変早く到達できるわけでございますが、飯山の駅を降りましたら、やはりゆったりと時間が流れて、周囲の自然を楽しんだり、またゆっくりした、ほっとした空間が感じられるようなまちづくりをしてまいりたいというふうに思っておるわけでございます。

 それから次に、新幹線の飯山駅の整備に係る見直しといいますか、それについてのご質問があったわけでございます。新幹線の駅前の整備の関係につきましては、区画整理が駅前そのものはほぼ完了してまして、骨格が決まっております。したがいまして、ここの形とか、そういうものを見直していくということは考えられないというふうに思うわけでございます。

 今、議員からは、特に広域観光のハブとしての、観光地ですから特にバスだと思うんですけれども、そうしたものの駐車場的なものの整備についてだと思いますが、それにつきましては、今後またそれぞれ広域観光連携の話が進んでいくに従って、いろいろ具体的に出てくるというふうに思うわけでございますが、これは今の現在の中で、どういうふうな形を向こうの場所にとっているかというようなことについては、また今後検討をしていく必要があるなというふうに思っております。

 ただ、大きなもちろんくわ入れはこれで決定をして、工事になっておりますので、そうしたものは変更せずに進めてまいりたいなというふうに思っておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 私からは以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。

  〔民生部長兼福祉事務所長 丸山信一 登壇〕



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 上松議員ご質問のうち、介護の現状と今後の見通しについてというご質問にお答えを申し上げます。

 介護施設の待機者がいるという中で、どんな対策をとっているのかというご質問でございます。北信広域連合管内におけます特別養護老人ホーム、代表的な介護施設でございますが、その待機者がこの8月で約50名ほどというような状況でございます。これは既にグループホーム等にも入っている方等も含めた数字ということでございます。

 5期の介護保険計画ができたわけでございますが、その中で一定程度調査等しまして、整備の計画を立ててございます。それに沿ってというか、それを受けた形で整備が進められている状況でございます。グループホームにつきましては、9月1日に一つ開所をいたしまして、18床のグループホームがスタートすることになりました。

 それから、10月には中野市でございますけれども、特別養護老人ホーム90床がスタートするということでございまして、こうした整備によりまして、一定程度待機者の緩和はできるというふうに考えておるところでございます。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 上松議員ご質問のうち、優良土産品推薦条例についてお答えいたします。

 優良土産品推薦審査会につきましては、2年ごとの開催を基本としております。本年7月に開催いたしましたので、次は平成26年という予定でございます。ただ、新規の登録申請があれば随時開催するということにしております。

 現在、登録されている優良土産品につきましては、菓子類、酒類、めん類、漬け物、内山紙作品といったものがございまして、本年開催した審査会で合格した6点を含めまして、商品数については42点、商店数は15店舗というふうになっております。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員、再質問ありますか。

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 それでは、介護施設につきまして再質問をいたします。

 今、入所の待機者約50名ぐらいと言われました。これは行政の施設に申し込みをせずに民間施設に申し込みをしておられる方もおられるかと思うので、もう少し多いかなとは思うんですけれども、介護施設の増設というのは、雇用にもつながるかと思いますので、お考えをいただきたいと思います。

 また、民間企業の参入を促すような施策も必要かと思いますが、いかがでしょうか、ご検討をいただきたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。

  〔民生部長兼福祉事務所長 丸山信一 登壇〕



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 ただいまご質問をいただきました民間企業の参入を促すようなご質問でございます。多くの介護の関係の施設につきましては、契約でという制度になってございます。施設の入所につきましては、それぞれの希望者がそれぞれの施設に申し込みをしていくという状況でございます。

 そういう状況ですので、1人の方が複数の施設に希望していると、そんな状況も現実としてはあるかなということでございます。

 ご質問の介護施設の増設による雇用の効果、これは確かに効果があるというふうに思います。ただ、一方では、施設サービスということが増加しますと、一定程度介護保険料の上昇とか、そういうところもつながるということでございますので、その辺につきましては、いわゆる需要と供給といいますか、具体的にどういう要望があって、それにこたえる施設がどんなものがいいのかというところをよくバランスをとって整備を進めていくということが大事かなというふうに考えております。

 こちらの施設で既にあって、経験をされている事業者の方、そういう方を大切にして、導入を図っていくのが大切かなというふうに思っています。

 以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 雇用の場合だけを考えた場合に、例えば老健みゆきさんですけれども、当初50人程度の雇用の予定でありましたが、現在は150名に近い方がそこで働いておられるというふうなこともお聞きしております。

 また、それとは別にですね、100数歳になったお年寄りを80歳を超えた身内の方が介護をしているというふうな、実際にはそういう家庭もあるわけですので、介護の問題を真剣にこれからも取り組んでいただきたいと思いますが、何かご答弁ありましたら、お願いします。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。

  〔民生部長兼福祉事務所長 丸山信一 登壇〕



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 ただいま80代の方が100歳という方を介護しているというような実態があるということで、大事にしていくべきだというご質問でございました。高齢化が進んでおりまして、いわゆる老老介護というようなものも増加をしている状況でございます。

 そうしたニーズにこたえるサービスというものをしっかりサービス事業ができるように努めていかなきゃいけないかなというふうに思います。

 そうしたニーズに合った施設というものは必要でございます。一定程度在宅での介護というものもお願いをしながら、また状況を見まして、施設整備等の導入を促していきたいなというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 では、まちづくりにつきまして再質問させていただきます。

 中心市街地活性化で言うところのまちづくりと、商店街活性化で言う商店街づくりの比較についてお尋ねをいたします。この2つが同じなのか、別なものなのか、違うとすればどこがどのように違うのか、市長のお考えをまずお聞きしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 中心市街地活性化まちづくり、商店街活性化商店街づくりとの比較ということでございますが、これはちょっと専門的な分野の内容に、どういうふうにこれをそれぞれとらえるかということがございますので、専門分野は担当部長のほうから答弁をさせていただきたいと思いますが、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 中心市街地と商店街との違いということでございます。一般的には中心市街地と商店街の違いでありますが、中心市街地は都市における中心業務地区ということで、人口が集中し、官庁等の行政機能、あるいは商店街等の充実している地区と、こういうものでございます。商店街とは商店街が集まっている地区で、行政機能の集中ですとか、人口の集中、こういったものを含む必要はないということでございます。

 まちづくりの考え方も同じでありますが、中心市街地では、商店だけではなく、一般の住宅の方も含む中でのまちづくり、商店街づくりとはあくまで商店街の活性化を目指すということを言うものと、このように理解しております。

 いずれにしましても、商店街をはじめとしたそれぞれの地域の特徴、あるいは資源、素材を有効に活用することで、人の活動を生み出す魅力づくりを推進することが大切ということであります。

 したがいまして、中心市街地活性化と商店街活性化が同じものかどうかということよりも、商店街に限らず、それぞれのゾーンの持つ魅力的な役割を最大限果たすことによって、中心市街地の活性化が見出されるものと、このように考えています。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 最初に、市長からまちづくりの考えをお伺いしました。また、今、部長のほうからお答えがありました。ほぼ私の思いと同じと思います。

 私は、中心市街地活性化と商店街活性化はそもそもイコールにはならないと思っております。ただし、商店街は市街地の重要な生活、文化、情報発信の拠点として昔から愛されてきた場所ですので、そのため、まちづくりは小売店の保護政策でもあると思われてきたもの事実であります。

 市街地活性化は、中心市街地に住む住民だけでなく、市民全体の問題であると思います。中心市街地に必要な機能は公共公益機能、住居機能、商業機能、交通機能、そして文化、楽しみ、社会の5つとされております。これらの機能は中心市街地の人々のためだけでなく、地域が地域としてあるための必須の機能であると思います。

 したがって、まちづくりというのは官民一体となってそこに住む地域住民が皆で心を一つにして進める必要があると思いますが、そこに暮らす皆がそのまちの暮らしを楽しみ、誇りに思い、人に自慢できるようなまちにしていくこと、そのまちの歴史や文化を大切にした、そんなまちづくりを目指すべきだと私は思います。市長の考えともほぼ同じというふうに思いました。

 そこで、修景面から言いますと、飯山らしいまちづくりとは、飯山は古い建物等が残っていない城下町でありますので、新しい和風モダンの方向性でよいと思います。そして一度決めたならばぶれることなく、方向性は常に一つにしていくべきだと思います。

 子や孫に美しいまち並みを残して、修景事業をそのまま引き継いでもらう、まちづくりとはそんなものだと思います。持続可能なまちづくり、人口減少や少子高齢化に耐え得るまちづくりを目指すべきで、コンパクトシティは行政が主導し、民が協力する、ハードな面開発は官民一体で、そしてイベント等は民が主導し、行政が応援する。まちなかの活性化等はこうであるべきと思います。まちづくりとはこうであるべきだと思いますけれども、市長のご意見をお伺いしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 ただいま上松議員さんのほうから、まちづくりについてのお考え、ご質問があったわけでございますが、私も同感でございます。

 まちづくり、特に市街地、まちの中におけるまちづくりにつきましては、2つの要件があるんじゃないかなと思いまして、1つは、自分たちが住んでいるというところの環境ですよね。自分たちがそこに住むということについて、環境整備をしていくという、いわば住みやすいといいますか、より快適なといいますか、よりよいまちづくり、これは景観とか、そういうものを含めてです。

 それからもう1点は、やはりこれはまち部でございますので、商業的な経済性、これも両方合わせたものをつくっていくのがまちづくりの大変大事な視点じゃないかなと、2つの要件があるというふうに思います。

 したがいまして、これは行政だけでできるものではございませんで、まさに地域の皆さんと一緒になって考えていかなければならないというふうに思います。今、議員さんのほうからは、それぞれ果たすべき役割ということでお話をいただいたわけでございますが、同感でございます。ぜひまた飯山の中の市街地につきましても、いいまちづくりができますように、またぜひ住民の皆さんと一緒にご協力をお願いしながら進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 駅前整備につきまして、再質問させていただきます。

 先ほどの答弁でほぼ整備は終わって、この後は細かなところに手をかけるという話でございましたが、東北信の沿線8市の商工会議所が長野新幹線沿線商工会議所連絡会議を立ち上げて、新幹線開業に備えております。

 飯山商工会議所では、駅前整備の現計画の再考を求めて要望書を足立市長に提出をいたしました。このことについてどのようにお考えなのか、お尋ねをいたします。読まさせていただきます。

 北陸新幹線飯山駅東口広場に関する要望書。

 趣旨は省きまして、内容だけお読みします。

 1、東口緑地帯はバス停の駐車やイベント広場機能をあわせ持ったフラットな多目的利用ができるよう、アスファルト舗装同等なようにしていただきたい。冬季間の除排雪の一時滞雪場所として利用できる。20キロメートル圏内の広域観光拠点駅としての利用の増加が期待できる。2次交通機関の充実が期待できる。

 2、東口車両進入口は10メートル相当の車道幅にしていただきたい。全長12メートルのバスの最小回転半径は約9メートル必要であり、直角に曲がるときの道路占有幅は約6.5メートルになる。

 3、飯山らしさを樹木に求めず、歩道を雁木風にするなどにし、樹木の植栽はしないでいただきたい。交通視界が妨げられ、維持管理費用がかかり、除雪対応も行き届かない。鳥のふん害が懸念される。

 平成24年8月8日、飯山市長、足立正則殿。

 飯山商工会議所会頭 小林 仁。

 以上でありますが、この飯山商工会議所の要望に対する足立市長のお答えをお聞かせいただきたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 上松議員さんご質問の新幹線飯山駅前整備計画の見直しの関係の件について、お答え申し上げます。

 まず1点目の新幹線駅東口広場の緑地帯の関係でございます。緑地の部分につきましては、各種イベントにも利用できますよう芝張り等のコミュニティ機能を備えたオープンスペース、いわゆる市民広場としての位置づけで整備をすることとしております。

 また、緑地スペース内の歩行者の動線部分でありますが、自然石を使って仕上げることと考えてございます。

 それから、2点目の駅東口広場の車両進入口の関係のご質問でございます。東口広場の進入口につきましては、交差点部分は極力コンパクトにすべきであるという、公安委員会の指導がございます。この指導のもと、大型車両の軌跡や横断歩道区間の短縮等を考慮し設計されておりますが、進入路の幅員は最小部分で7.0メートルで、一方通行の広場進入口ということで適正な車道幅員と認識をしております。

 それから、3点目の駅前広場の植栽等の関係でございます。駅前広場は交通結節機能を満足しつつ、十分なオープンスペースの確保とともに、景観的にも魅力的な広場空間であるということが必要であります。

 このため、樹木等のない広場整備では無機質な駅前空間になるということが懸念をされます。現在、ブナの移植試験等行っておりますが、その実証に加えまして、交通安全上の視界の確保、維持管理等考慮いたしまして、高木だけではなくて、低木あるいは草花等も加えた、そういった植栽を検討してまいりたいと思っております。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 この東口駅前広場の駐車台数を見ますと、マイクロバスが8台、あとはタクシー、あるいはバスが降車が1台、乗車が2台、臨時が5台と、こういうふうになっております。ですけれども、実際にこれハブ駅として近隣の8市町村に当然発着するようなバスターミナルも今後必要になるんじゃないかと思います。

 なおかつ大型バスの駐車場も臨時で設けるとなっておりますけれども、これですと、臨時のバスの5台となりますと、バスをとめる場合にはどこかに連絡をして、その場所を確保していただくということになるわけですので、やはりバスの駐車場というのは、常備準備をして開放しておくということがないと、これはとてもハブ駅としての機能を持ち得ないと思いますけれども、もう一度パーキングにつきましてご検討をいただければと思いますが、いかがですか。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 議員ご質問の東口広場、ハブ駅としてバスの駐車場の整備等についてどうかというご質問であります。今後、信越の9市町村の広域観光連携会議における2次交通の検討等踏まえまして、バスの停車場等について具体的な方針を整備してまいりたいというふうに考えております。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 当然、広域観光圏のハブ駅となります。また、外国からのお客様も期待できるわけですので、それにふさわしいような観光案内施設、あるいは商業施設が駅前に必要と思いますし、合築施設等もこれは少し見直したらいかがかと思いますけれども、間に合うかどうか大変ですが、お考えあればお聞かせいただきたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 合築施設の関係でございますが、市のつくります合築施設につきましては、国からの交付金を主財源として整備してまいります。現計画では、交付対象に該当します範囲の公衆トイレでありますとか、観光案内所、交流ホール、エスカレーター等の整備の内容となっております。

 いずれにしましても、交付金対象事業に該当する範囲での整備を前提として、施設の計画を考えてまいりたいということでございます。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 合築施設はそうでしょうけれども、今の外国のお客様もお見えになる、しかも近隣8市町村の広域観光を考えていくということになると、やはり観光施設案内所等の設備も相当広くとらなければできないのではないかというので、合築施設も何とか見直せれば、近隣の8市町村からもその費用をいただけるようなことがあれば直したらいかがかと、こう思います。また、それを検討にしていただきたいなと、これは質問ではなくて、検討していただきたいなと思います。

 じゃ、お答えいただきます。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 今度飯山駅は、広域観光の中心的な駅になるということでございまして、観光案内施設につきましても、現在の合築施設の中に観光案内所をつくるわけでございますが、今の施設は結構大きい施設でございまして、今、議員さんからお話がありましたように、外国の人が来ても対応できるようなものにしていかなきゃいけないというふうに思っております。

 広域観光に十分機能が発揮できるようなものを、今の建物の配置の中で考えてまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いします。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 次の質問に移りますが、優良土産品について質問をいたします。

 今、優良土産品は42点、15店舗というお話がありましたが、私も含めてほとんどの市民は、この登録してある優良土産品を知らないと思います。商品のPR、今現在どのようにされているか、お教えをいただきたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 優良土産品のPRのことですが、現在、市のホームページで公表しております。また、観光局のホームページにおきましても、飯山のさまざまなお土産品を販売しておりますネット店舗飯山謹製堂というのがございまして、その中で優良土産品として紹介、また販売をしております。また、道の駅千曲川でも陳列し販売しているという状況でございます。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 今、確かに謹製堂あるいは道の駅千曲川等で販売をしているというわけですけれども、もうちょっとPRに力を入れて、市民ももうちょっと商品を認知して、自分たちの地元の優良土産品ということで、自分たちも、市民も買えるような、そういうものが必要かなと思いますが、お考えがありますか。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 PRにつきましては、先ほどのとおり、ホームページだけということでございまして、かつては優良土産品を掲載した冊子等もあったかと思います。また、そういったものをつくるとか、またパンフレットをつくるといったことでPRをしていきたいと思います。

 行政として販売を促進するというのはなかなか難しい部分がございますので、先ほど答弁しましたとおり、観光局のネット店舗と、それと道の駅というところで力を入れて販売していきたいと思っております。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 優良土産品を推薦して登録するということは、大変よいことだなと思っておるんですけれども、商店側のメリットというのは、考えられるメリットというのは、商品の売り上げ増ということなんですけれども、これなかなか今の千曲川の販売とか、謹製堂での販売だけではなかなか開発しただけに見合っただけの売り上げが得られない、商店側のマイマス面がありますが、行政が考える商店側のメリットというのは、どんなことを考えられますか、お答えをいただきたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 メリットということでございますが、これはやはり市の議会が決めた条例に基づいて推薦されたという優良お土産品ということでございますので、その商品の価値、イメージ、そういったものは向上すると思っておりますし、また、先ほどちょっとPR不足のところもございますが、PR、広報、こういったものによります認知度の向上が考えられると思っております。

 また、公認されたということでございますので、それぞれの店舗のほうで積極的なPRをしていただければと思っております。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 この第13条に、推薦土産品の審査を行うために飯山市優良土産品推進審査会を置くとあります。委員は10名で組織するとされておりますが、委員で市議会議員以外の皆様の肩書をお教えをいただきたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 審査会の委員は、現在10名ということで、議員が2人ということですので、それ以外につきましては、学識経験者5名ということで、飯山市商工会議所の専務理事、長野県観光土産品公正取引協会中高飯水支部長、それと信州いいやま観光局理事、飯山暮らしの会会長、飯山市食生活改善推進協議会長の5名でございます。

 あと、関係行政機関ということで北信地方事務所長、北信保健福祉事務所長、飯山市副市長の3名という構成になっております。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 今の委員の方に、買い物を、お土産を買う消費者が入っておらないわけで、消費者の皆さんの意見というのは、優良土産品の中にどういうふうに反映されるのか、お聞きをしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 消費者という立場から申し上げますと、先ほどの委員の中に、飯山暮らしの会の委員さんにお願いしております。

 ただ、この委員会構成につきましては、昭和57年の条例制定時から変わっていないというようなことでございまして、時代の変化、消費者のニーズ、そういったものを非常に変わってきているということでございますので、委員構成につきましては、また検討していきたいと考えております。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 例えば、同業者であっても、審査会において、あるいは更新時において、お互いに助言し合えるような商品開発も可能かと思いますので、委員の中にそういうような商店の方も入れていったらいかがかと思います。

 それで、同時に次の質問ですが、第9条に推薦土産品の登録または登録の更新、もしくは変更を受けようとする者は、手数料を納めなければならないとあり、次のように定められております。

 登録手数料1件につき5,000円、登録更新手数料1件につき3,000円、登録変更手数料1件につき1,000円、なぜ手数料が必要なのでしょうか。手数料収入の使い道をお教えいただきたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 それでは、最初の同業者の皆さんで意見交換をという部分でございます。現在、優良土産品推薦登録店舗によりまして、飯山市推薦優良土産品促進連絡協議会、こういった組織をしております。この協議会によりまして、優良土産品の創出や向上、会員相互の連携などを図っているということでございます。

 同業者同士が審査委員になりまして批判し合うということについては抵抗があるというようなことでございますので、こうした会にまたいろんな業者の方が参加していただくということで、お互いに切磋琢磨できるというふうに考えております。

 次、手数料でございますが、この手数料につきましては、地方自治法第227条の規定に基づきまして、特定のもののために行う役務の提供ということで徴収しているものでございます。

 その使途につきましては、優良土産品推薦に係る事務と、そういったところに特定財源ということで充当しております。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 上松議員。

  〔5番 上松永林議員 登壇〕



◆5番(上松永林) 

 事務費にそんなにかかるのかということもありますが、まあ、いいです。

 優良土産品ですよと推薦はします。でも、その販売については、やはり商店持ち、商店の力というのがすごく左右されてくると思うんですけれども、商品の開発、それから販売も商店任せということになります。

 販売能力がある大きなお店は自分のところで販売できるでしょうけれども、大部分のお店というのは優良土産品の指定を受けても、その商品は自分のお店でしか売れないということになるわけで、なかなかその販売の手段も見つからないというふうな状況であると思いますので、観光というのもやはり土産品によって大いに左右されると思いますから、新商品の開発、そして販売にも行政はできるだけ協力していただくように、そんな施策を考えていただければと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 新しいお土産品の開発につきましては、新幹線開業を目指しまして、飯山らしい新しいお土産という部分もございますので、今年度から土産品の開発に対しまして補助事業をつくっております。

 商品開発、大量販路拡大、そういった経費に対しまして、最大で20万円を補助するというものでございます。

 今年度は2件ほど既に交付決定もしておりますので、ぜひこちらを活用していただければと思っております。

 また、販売につきましても、今後随時相談に乗っていきたいとしておりますし、先ほど質問ございましたとおり、PR等にも努めていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。



◆5番(上松永林) 

 以上で終わります。



○議長(久保田幸治) 

 以上で上松永林議員関係の質問を終わりといたします。

 続いて、望月弘幸議員の発言を許します。

 望月議員。

  〔14番 望月弘幸議員 登壇〕



◆14番(望月弘幸) 

 発言を許されましたので、通告に基づき順次質問をしてまいりたいと思います。

 午前中に佐藤議員のほうから農業問題の質問がありました。また、市長からも答弁がありました。重複になった点についての答弁は省かせていただいた結構でございます。急にすべての原稿を変えるということは時間の関係でなかなかできなかったわけでありまして、その辺はひとつよろしくお願いを申し上げて、質問に入りたいと思います。

 飯山市の農業再生についてであります。

 飯山市の農業、これは足立市長より何とか対策を打たないとと、大変心強い決意のもと、本年度の予算化でありました。私も全く同感であり、市長の心強い決意に感じた次第でもあるわけでございます。

 飯山市の農業の現状は、農産物価格の低迷、担い手不足、そして異常気象による荒廃地増加等であります。農業を取り巻く状況は年々大変厳しいところでありますけれども、このような飯山市の状況下でキノコ、そしてアスパラ、米の売り上げが大変減少し、農業産出額は平成元年の当時で150億円ありましたものが、現在その半分以下であるというふうに聞いておるところでございます。

 農業所得の減少は、飯山全体の経済に大変影響をしておりますし、今のまちの経済、商店街の低迷にも大きく影響しているところでございます。飯山市の農業振興、そしてまた経済対策を今まで以上に取り組んでいくべきでありますし、当然長期的な視点に立って立て直しの計画が必要と考えますけれども、市長のお考えをお聞きしたいと思います。

 国の補助、支援金の話でありますけれども、このことについては、先ほどのことと重複しますので、割愛をさせていただきます。

 ただ、県の指導で飯山市と木島平村が重点市町村であるところでありますけれども、就農支援金は大変厳しく、当市では該当者がゼロということでありますけれども、農業に前向きな若い、そしてやる気のある皆さん方の気持ちをただ無駄にしないように、行政としても支援策を考えていくべきであるということを強く市長にお願い申し上げ、市長の答弁をお願いしたいと思います。

 各地区の取り組みでございますけれども、私は瑞穂地区の再生会議にたしか8月末にありましたけれども、出席をいたしました。国の人・農地プランの作成の内容の立ち上げということですが、どうも減反の政策のときからきょう今日まで、生産調整がありました。本当にそういう一つの名を変えたパターンの中で出席した皆さん方も、その中に役職でただただ参加をしていると、こういったふうに見える中において、この会議そのものに対しての理解が非常に薄いなと感じたところでございますし、当然、地区再生会議ということでありますもので、地区の特色、また飯山市の農業をどうするか、またどういうふうに進めていくか、市そしてまたJAの皆さん方の指導の中で進めていくということが大変見られなかったと、そういう一つの感想でございます。

 それぞれの地区では、旧村単位ですから、その中に入ればそれぞれの歴史、そしてまたそこにありました農協組織ですか、そういうものを強く伸ばしていくということが必要であり、そういった目的がこの会議の目的になるんではないかというふうに思うわけでありますけれども、答弁のほう、お願いしたいと思います。

 それでは、北陸新幹線について何点か質問をいたします。

 これは毎回それぞれの議会で質問でありますし、先ほども新幹線の質問があったところでもございます。

 大阪までの展開についてであります。新聞等の報道では、敦賀までの延長は認可されたが、大阪までの認可は不透明であります。大阪まで通じて日本海側の経済、この活性が大きく前進するものでありますから、大阪までの認可が不透明な中で、飯山駅を中心とした展開が大変懸念されるところであるわけであります。飯山駅の新幹線停車本数も全く不透明であります。今後の取り組み展開をどのように進めていくのか、お聞きするものであります。

 それでは、9市町村連携についてであります。新飯山駅に設置される観光案内所、そして物産館に対して、9市町村ではどのような対応をしていくのか、現段階では経営の方針等が示されておりません。今後の経営方針についてお聞きしたいところでもあります。

 アクセス道路についてであります。新幹線飯山駅開業を控え、2次交通の連携が大変大事であるわけであります。大量の輸送にはどうしてもバスが欠かせないところでもあります。長野駅からバス第2次交通は18号線などで、目的地まで道路整備も含めて進んでおりますけれども、飯山駅からの整備はおくれていると考えられます。

 例えば、飯綱から黒姫、妙高まで大変今のままでは心配するところでありますし、志賀高原に行くにも当然そういうことが言えるわけでございます。2次交通と道路整備への取り組みをお聞きするところでありますので、よろしくお願いしたいと思います。

 それでは、9市町村の観光連携であります。2次交通の規制を想定する場合、どのくらいの皆様がこの地域に1日乗り降りするのか、予測数はどんな調査をもとにしているのか、お聞きをするところでございます。

 開業までのイベントについてであります。新幹線飯山駅開業まで3年を切ったところでございます。半年間試運転というようなこともお聞きするところでございます。そうすると、あと2年少々で大変日がないと申しますか、迫ってきているところでございます。

 行政は、開業に向けて種々取り組んでいることは承知しております。この地域全般と申しますか、市民の意識の盛り上がりに大変欠けているように感じられてしようがないわけであります。開業前のイベントをどのように計画しているのか、お聞きしたいところでございます。

 回遊性あるまちづくりについてであります。新飯山駅前の市所有地についてお聞きします。新幹線飯山駅開業が目前に迫り、いよいよ飯山駅周辺のハード準備に入ってきております。立体駐車場、平面駐車場もそうでありますし、新駅前の市所有地については、計画が示されていない現在であります。計画を示す時にもう来ているものではないかなと、こういうことも開業前の盛り上がりに少し欠けているのではないかなと、こんなふうに思えてならないわけであります。玄関地の8,000平米も合わせて活用計画がどのようになっているのか、お聞きしたいと思います。

 また、新駅周辺の発展を危惧するところから、開業前のイベントと合わせて市民に見える形で進めるべきと思うが、考えをお聞きしたいと思います。

 現JR飯山駅前に五島慶太氏の碑がありますが、新飯山駅前の市所有地に移転すべきと考えますけれども、お考えをお聞かせ願いたいと思います。

 また、五島慶太氏は飯山線開業の開祖であり、大手企業東急グループの創業者であり、回遊性のまちづくりの一環として飯山線開業の実力者として大手企業グループ東急と何か友好的な関係を築き上げられるか、足立市長の今後の取り組みを期待するものでございます。お考えをお聞きしたいと思います。

 1回目の質問を終わりたいと思います。よろしくお願いしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 望月議員さんの最初のご質問にお答えをしたいと思います。また、担当部長からも答弁をさせますので、よろしくお願いを申し上げます。

 まず農業振興の関係でございます。望月議員さんからも質問があったとおりでございますが、大変今、飯山市の農業は厳しい状況でございます。農業生産額、特に農業後継者が高齢化をしておりますので、この課題が非常に大事だなというふうに思っております。

 24年度の重点的な施策としてスタートをしたわけでございますが、この農業問題は、非常に飯山市のみならず、日本全体の農業振興にとっても大きな課題であるわけですが、とりわけ飯山市につきましてはどうするかと、このウェートが非常に大きいというふうに思っております。議員さんがおっしゃるとおりでございまして、飯山市で農業が衰退をしていくと、これは環境の問題、都市の保全の問題、それから観光の問題、飯山市全体の経済の問題、それからもう一つは農村の維持の問題、こうしたことに非常に大きな影響があるなというふうに思っておりますので、これをしっかり、今までの進め方の反省も含めて、後半力を入れて進めてまいりたいなというふうに思っておるわけでございます。

 なかなか土地の問題、それから人の問題、この辺については、すぐこれで対応が着々と進むということはなかなか難しい部分もあるのではないかなというふうに思っております。議員さんおっしゃるように、一つは長期的な視点に立って進めていくということが大事だなというふうに思います。

 市のほうとしましても、JAさん、それから各地区の農業者の皆さん、それから地区のそれぞれ学識経験者の皆さん方等、しっかりと連携をして、それからちょっとPRが足りないかなというふうにも思っておりますので、その辺も含めて力を入れて進めてまいりたいなというふうに思っておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 それから、新規就農者の関係のご質問ございました。先ほど佐藤議員さんからもあったわけでございますが、国の支援策の緩和、特に豪雪地域の緩和、それから市のほうとしての支援体制、この辺もあわせて考えてまいりたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。

 それから、次に北陸新幹線の関係につきましてご質問がございました。新幹線につきましては、敦賀までの着工が本年6月29日に金沢−敦賀間113キロが決定をしたわけでございます。しかし、敦賀から先につきましてはまだ未定でございます。

 これについては、北陸新幹線の沿線協議会、それから北信広域建設推進協議会、また北陸も含めました市長会等の大きな組織がございますので、今後とも強力に建設の促進運動を続けてまいりたいというふうに思っております。

 あと、金沢まで今度27年3月ですね、新幹線が開業をいたすわけですが、大阪−金沢間というのは、現在特急が走っていまして、約2時間半で結んでおります。金沢から飯山は約1時間ということでございますので、したがいまして、北陸新幹線そのものはまだ金沢から先は整備されないわけでございますが、しかし、3時間半というような形で大変近くなるということは事実でございますので、大阪方面、関西方面からの誘客についてもぜひ力を入れてまいりたいなというふうに思っておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 それから、特に開業時での停車本数等について、現時点ではまだ明らかになっておらないわけでございますが、これにつきましては、JRに対する要望活動等もこれからぜひあわせて実施をしてまいりたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 次に、回遊性のあるまちづくりという中で、新幹線の駅前の関係の用地の利用の関係についてご質問がございました。周辺施設の関係につきましては、現在整備を進めておるわけでございますが、市有地の3,000平米、それから議員からは民有地の8,000平米もというようなことがご質問があったわけでございますが、市有地の関係につきましては、先ほどご質問がございましたように、これから特に広域観光連携の中で交通のハブ駅という中で、どういう利用を図るかということについて、具体的に詰めていかなければならないというふうに思っております。

 広域観光での2次交通の利用も視野に含めて、関係者と協議を重ねてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 私からは以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 望月議員ご質問のうち、関係部分につきまして、市長答弁に補足してお答えいたします。

 最初に、農業振興対策のうちの青年就農給付金の関係でございます。飯山市と木島平村が重点市町村になっておりますのは、人・農地プランの策定におきまして、北信地方事務所管内の重点地区というふうに指定されたものでございます。

 この青年就農給付金につきましては、残念ながら本年申請がなかったということでございますけれども、来年度におきましては、本年希望している方の何人かが給付金を受けられますよう、採択要件に適合した経営計画の作成など、こういったものを今から相談、また助言していきたいと今考えています。

 次に、各地区の取り組みについてでございます。これも佐藤議員に答弁しましたとおり、現在の農業再生センターの大きな業務としては、地区農業再生マスタープラン、人・農地プランを作成していきたいということで、地区内の農業経営状況等を理解いただき、地区の担い手の方々を中心に、課題解決の方策をまとめてプランを策定していくという考え方でございます。

 プランの策定に当たりましては、地区のJAの理事さん、農業委員さん、市議会議員さんといった学識経験者にも参加していただきたいというふうに考えておりまして、お声がけをさせていただいています。

 また、事務局体制ですが、これは市が中心なんですが、JAも事務局の一員になっております。JAさんは特に農業の皆さんと非常に行政よりも近しいということでございますので、やはりJAの力も十分一緒になって、かりてやっていきたいと思っています。

 それと、センターの役員体制でございます。やはりどうしても水田協というのが一つ頭の中にこびりついているという部分もございます。そのセンターの役員体制といったものも見直ししていく必要があるというふうに考えておるところでございます。

 次に、北陸新幹線の質問のうちの9市町村連携についてでございます。信越9市町村の広域観光連携会議では、新幹線飯山駅につきましては広域全体のハブ駅という位置づけをしておりまして、周辺観光地へのゲートウェイとしての機能整備が重要というふうに考えております。

 案内所につきましては、圏域観光地の案内、予約、ガイド手配がワンストップで提供できるような仕組みづくりを研究、構築していきたいというふうに考えております。このため、広域観光連携会議の中に交通アクセスや観光案内に係る専門部会を設けまして、実務者でもあります各市町村の観光協会、それと交通事業者にも参画いただき、検討していくということにしております。

 物販などの商業スペースにつきましては、駅の合築都市施設、それと駅周辺用地、こういったものの利用方法をあわせて検討していきたいというふうに考えています。

 私からは以上です。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 望月弘幸議員ご質問のうち、関係部分につきまして、市長答弁に補足をしてお答えを申し上げます。

 はじめに、新幹線飯山駅開業を控えてアクセス道路の整備についてご質問がございました。新幹線飯山駅のアクセス道路整備につきましては、平成26年度の飯山駅開業を見据えまして、事業の実施をいただいているところであります。

 特に、国道403号中央橋の架けかえ、及び道路線木島平山ノ内間の狭隘区間の改良、それから国道292号富倉地籍の改良、主要地方道飯山斑尾新井線の現飯山駅移設にあわせての県道のつけかえ、一般県道中野飯山線の夜間瀬川に架かる橋梁工事、牟礼永江線の拡幅改良など、県によりまして精力的に整備をいただいておるところであります。

 今後とも近隣市町村と連携をいたしまして、整備促進が図られるよう、要望活動を展開してまいりたいと思っております。

 次に、新飯山駅の乗降客の予測の関係であります。新飯山駅の乗降予測数でありますが、市で推計しております新幹線と在来線を合わせた乗客数でありますが、1日当たり2,600人と計画をしております。これは平成12年3月に市で実施をいたしました飯山市総合交通体系調査で行いました将来推計の乗降客の数字を平成20年度に策定いたしましたアクションプランの計画時に、観光客数等の変動による修正を行って算出をしたものでございます。

 平成12年当時の調査でありますが、宿泊客、街頭でのヒアリング調査、新幹線利用率の推計、こういったものを行いまして、東京方面、それと北陸方面との方面別利用圏内の人口、観光客数に対しまして、観光客、通勤者、買い物客、ビジネス利用者別の推計を行って、そこに在来線飯山駅の利用者数を加えた数字となってございます。

 それから、現JR飯山駅前にあります五島慶太氏の碑の件でご質問がございました。現飯山駅前にあります五島慶太氏の碑の移転先等についてでございますが、こちらにつきましては議員提案も含めて検討してまいりたいと思っております。

 私からは以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 村山総務部長。

  〔総務部長 村山芳広 登壇〕



◎総務部長(村山芳広) 

 新幹線駅開業までのイベントの件につきましてお答えいたします。

 駅開業まで2年半となりましたけれども、ご指摘のように、開業に向けての市民意識の盛り上がりは大変重要なことだと考えております。駅周辺のまちづくり市民協議会、これの構成団体を中心にしまして、各種団体にも参画いただきながら、実行委員会を近々組織いたします。市民と行政が一体となって、積極的に機運の醸成に取り組んでいきたいと考えております。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 望月議員、再質問ありますか。

 望月議員。

  〔14番 望月弘幸議員 登壇〕



◆14番(望月弘幸) 

 それでは、2度目の質問をしたいと思います。

 今、答弁がございました、新幹線の飯山駅、そして新幹線の現長野駅でございますけれども、長野駅ではバスの発着場が非常に少ない、少ないだけじゃなくて、陸運局からの指導もありまして、今現在、上田、そしてまた千曲市から発着すると、こういったことでございます。

 こういうことを考えますと、非常に飯山においては今がチャンスでもあると、こんなふうに思うのであります。先ほども質問がありましたように、大量の人を運ぶ、また観光客を運ぶバス、バスの発着、そしてまた駐車スペースというのは、将来において大変飯山の目玉になることもあるわけでありまして、この辺も9市町村と連携ということであればあるほど、しっかりした飯山市の対応というのは大事になるのではなかろうかと、こんなことを質問するところでございます。

 ただいま五島慶太氏の碑の話もございました。割と飯山市の皆さん方は、五島慶太氏の碑の由来と申しますが、今までの歴史を知っている方と知らない方、大変多くいるわけでありますけれども、ご承知のように、飯山鉄道の創業者でもありますし、東急グループの創業者でもあるわけでございます。

 そして、渋谷の駅前、東急文化会館の跡地に建設されました複合の施設、渋谷ヒカリエでございます。これは大きな大きな建物でございますけれども、この東急とイコール文化服装学院、同じ渋谷区でありまして、飯山市の名誉市民になっております大沼淳先生、そしてまた渋谷区の名誉区民にもなっていると、こういったことで、どうしても五島慶太、東急、そしてまた文化服装学院、そしてまた飯山市というのは、いろんなことでつながりがあるんだなと、こんなふうに考えてならないわけでございまして、足立市長のこういったこともイベントに合わせて、こういったものをさらにまた市民に理解をしていただく中、そういった結びつきもこれからの将来、大変大事になるんではないかなというふうに思うところでございまして、市長の思いを聞かせていただきたいと思っておるところでございます。

 そしてまた、飯山に降りた皆さん方は、当然自然豊かですばらしい観光地ということで降りる方が多いわけでございます。そういったことを考えますと、そこへ木を植えたり、飯山の大自然の中にまたさらに自然をつくるということでなくて、これも自然でだれが見てもわかるわけです。ただ、わかる前に駅の構内の中に、例えば大きなスクリーンの中に飯山市全体のいろんなものを紹介するコーナーを、これはぜひとも考えていかなきゃならないというふうに実は思うわけでございます。

 そうしますと、例えば「阿弥陀堂だより」、今も熱烈な全国からファンの皆さんが見えていらっしゃる。このロケ地が飯山であって、その自然の中の大変すばらしい環境でございます。例えば、スクリーンにあの「阿弥陀堂だより」の皆様方にお知らせするコーナーを、映画でありますけれども、ひとつ出していただいて、そして飯山の自然をここでわかっていただくようなことも、例えばの話ですが、それが当然大事になってくるんではないかと。

 ただ、著作権とかね、いろんな問題もあるわけでありますけれども、そういったものさえクリアすれば、そういったことも大変大事かなと、こんなふうに思うところでございます。

 農業の問題は、佐藤議員と同じ立場の質問でございますので、それだけまた答弁をいただいたわけでございまして、飯山市の将来、そしてまた飯山市の農業のことについて、しっかりと行政としても運営を申し上げて、2回目の質問を終えたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 望月議員さんの再質問にお答をしたいというふうに思います。

 まず、新幹線の関係でございますが、特に広域のハブ駅ということで、バスの駐車スペースの確保の重要性ということにつきまして質問があったわけでございますが、これについては、今後具体的にそれぞれまた話をしてまいりたいと思っております。

 特に、飯山駅の場合は周辺というのは渋滞がないということ、それから高速道路のインターからも非常に近いというようなことで、新幹線駅とそれから高速のインターの利便性が極めて便利であるというような利点もございますので、ぜひバスの駐車スペース等については今後検討してまいりたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。

 それから、五島慶太の碑の関係の再質問がございました。ちょうど今のJRの飯山駅の前にあるということでございまして、この碑の関係につきましても非常に飯山市にとっては貴重なものだなというふうに思っております。渋谷区との関係、それから文化服装学院さんとも大変今いろいろな分野で支援をいただいたり、提携をして、経済振興を進めておるわけでございますが、また、非常に大事な結びつきであるというふうに思っておりますので、ぜひこの辺につきましても、活用ができればなと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。

 それから、飯山駅、今度は新しい駅ができた中でも、PRといいますか、そうしたプレゼンテーションの関係、いろいろ必要だなというふうに思います。広域の駅ということで、管内のさまざまなすばらしい観光資源をどうやってアピールしようかということついて、大変重要な課題だなというふうに認識をしております。議員さんからは、「阿弥陀堂だより」ということでの一つの提案があったわけでございますが、含めて検討してまいりたいというふうに思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 それから、農業振興の関係でございます。これは大変重要な課題であるということでございますので、さらに一層力を入れて進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 望月議員、再度の質問ありますか。

 望月議員。

  〔14番 望月弘幸議員 登壇〕



◆14番(望月弘幸) 

 1点だけでございます。先ほどちょっと言うのを落としたわけでありますけれども、アクセスの関係でございます。このアクセスは長野駅から18号、18号から目的地ということで、黒姫、飯綱、そして妙高まで見ますと、道路事情がいいんですね。1時間という範囲でやっておりますけれども、また志賀高原、湯田中方面も18号から292に入る、これも非常に道路関係がいいんですね。

 今、答弁がありましたように、中央橋架けかえ工事が始まって403、木島平で改修工事、そしてまた落合へ延びる橋と、これは非常にいい話なんですが、夏、図面を落としてあの道が果たして志賀高原を通るに果たして30分ないしその道路でいいのかと、こう思いますと、やはり飯山から中野長岡バイパスを通って本線にぶつけると、このルートが一番確かで、通年の道路事情もいいというふうに理解せざるを得ないんで、この辺ももうちょっと私は通年の中で、いろいろこういう話を申しますと、こういう工事で今後進んでいますという、いつも答弁ありますけれども、しっかり飯綱方面も三水方面のほうへ行きますと、通年において果たして降雪の雪の中で大型バス等々、非常に交通の状況がいいかなと、こういう一つの心配する点もあるわけでありまして、この辺の道路、そしてまた今後の進め方をしっかりとお願い申し上げたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 ただいま議員のほうから403も大事だけれども、292等でのアクセスについても重要であるのでという提案がございました。403の要望につきましては、引き続き行ってまいりますが、あわせまして、志賀高原のルートについて、また研究して要望してまいりたいと思っております。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 今、望月議員さんから、飯山駅から各観光地へ、いわゆる道路の結びつけの重要性ということでお話を伺ったわけでございます。まさにそれが今度の飯山駅のハブ駅の機能としての最重要ポイントかなというふうに思うわけでございます。

 今回は、特に県にも9市町村の広域連携の仲間にも加わっていただきましたので、県のほうにもぜひ力になっていただきまして、飯山駅から各観光地への道路交通の2次交通の確保につきまして力を入れてまいりたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(久保田幸治) 

 以上で望月弘幸議員関係の質問を終わりといたします。

 しばらく休憩いたします。

午後2時35分休憩

午後2時50分再開



○議長(久保田幸治) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 水野晴光議員の発言を許します。

 水野議員。

  〔10番 水野晴光議員 登壇〕



◆10番(水野晴光) 

 質問を許されましたので、通告に基づいて発言をしてまいりたいと思います。

 まず1点目として、農業問題についてでありますが、そのうちの(1)新規就農支援金について。

 既に佐藤さんと望月さんのほうから質問と答弁がなされたわけでありますが、非常に大切なことなので、異なった部分での答弁をお願いいたしたいと思います。

 新規就農者は6月議会で11名とのことだったわけでありますが、支援金支給のときには非常にハードルが高くて0名ということですが、この基本要綱等について簡単にお聞きをしたいと思います。

 また、若者が農業に就農することは、資金と体力が非常に必要なわけでありますが、支援があれば頑張ってやるだろうという人も出て来ると思います。新規就農支援金事業は各地域で農業再生会議が開催され、人・農地プランを作成し、中心となる経営体をつくり、意欲的な新規就農者が出た場合に、就農給付金を支給するようでありますが、一般農家は人・農地プラン、地域農業マスタープランですが、これは何なのか、何のためにつくるのか、よくわかっていないと思います。

 農業集積のため、アンケート等で農業を続けるあなたはあと3年ですかとか、あと5年ですかと、このように聞かれても、高齢化の中でできるだけ続けたいと、こう思うのが本音ではないかということで、非常に難しい質問であるとも思います。

 そんなことで、農地集積のためにプランを作成した場合、農地保有者に行政的な縛りがかかるのではと、こういった声もあります。はじめから就農給付金をいかに受け取るかに絞って、プランづくりに取り組んではと思うところです。

 農業再生会議は、この雪国の現状でどのように再生するか、プランとある程度見方を変えて進んではいいんではないかと思われる点が多々あるわけであります。また、市独自で新規に農業を行い、後継者となるような人に支援金を支給する考えはないか、お伺いをしたいと思います。

 (2)で国営農地開発について。国営農地は228ヘクタール余りと非常に広大な土地造成が行われ、現在、多くの農産物の出荷が行われております。輪作の関係から、休耕されている畑もありますが、現状の耕作状況等をお伺いしたいと思います。

 大きな2番で観光についてであります。

 広域観光の推進に市長は取り組み、9市町村連携を実現させ、その上、県へも一緒のテーブルについてもらう方向となった観光行政に対し、感謝を申し上げ、次の点を質問したいと思います。

 (1)信州いいやま観光局について。一般社団法人信州いいやま観光局は、団体ではありますが、理事長が市副市長であり、局長が市から派遣ということで、非常に密接なつながりの上で経営されております。

 一般社団法人なので、ここで質問すべき事項ではないと思いますが、当市の観光に非常に大きくかかわることなので、お聞きをしたいと思います。

 観光局は、企画開発室で日本のふる里体感の旅づくりを主体として、新幹線開業に向けた旅行商品開発や情報発信事業、特産品開発・販売、広域観光推進事業等、重要な観光事業を行っています。また、誘客宣伝課では、学習旅行の誘致推進、インバウンド強化、団体旅行の受け入れ促進、観光ガイド運営事業等々行っております。事業課では、湯滝温泉、森の家、道の駅、高橋まゆみ人形館等、市観光拠点施設の運営を行っておられます。

 この観光局の理事には、市内観光関係者、JA、商工会議所等のトップクラスの方々が充て職で名を連ねておられます。理事会の構成員や組織のあり方について、どのように考えておられるのかお伺いしたいと思います。

 (2)市内のイベントについてお伺いしたいと思います。

 雪まつり、菜の花まつり、灯籠まつり等には市は補助金を出して市の活性化を図るため、イベントに支援をし、観光イベント等補助事業、誘客宣伝観光振興事業が予算化されています。

 しかし、過日の青年中心のイベント、戸狩温泉スキー場で開かれたさわごさには、補助金が出ていないとお聞きをしていますが、これについてお伺いをしたいと思います。

 大きな3番で、市営住宅の現状についてお伺いをしたいと思います。

 現在、市内の市営住宅は市内数カ所にあり、金山団地、水上団地等253戸あるとお聞きをしております。その入居状況はいかがか。また今回、静間線新設に伴う用地買収が行われるようになっておりますが、現在の転居状況や事業の進捗状況について、また市営住宅等の滞納者数の推移や状況をお伺いしたいと思います。

 大きな4番で教育問題についてお伺いをしたいと思いますが、不登校・いじめについて。

 午前中も質問もありましたが、現在、全国的に問題となっているいじめについて、市内の小・中学校での発生事例は把握しているのか、また不登校の人数はどのくらいあるのか伺いたいと思います。

 滋賀県の大津市でも、最初は何のいじめもなく、単なるけんかとの報道でありましたが、実際はお金を取られたり、体罰を加えられていたという事実が明るみに出てまいりました。当市の小・中学校でもこのようなことがないよう願うところでありますが、教育長さんの見解をお聞きしたいと思います。

 (2)として、飯山シャンツェのランディングバーンについてお伺いしたいと思いますが、昨年12月の議会で質問をしました「IIYAMA」の文字を入れてあったのがなくなってしまって、非常に寂しいという意見がありますが、この結果や方針はどのようになったのかお伺いをしたいと思います。

 飯山シャンツェのランディングバーンが整備されたが、大きな文字が消えてなくなったわけですが、ぜひ取りつけの方向でお願いしたわけですが、その結果をお聞きしたいと思います。

 以上で1回目の質問を終わります。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 水野晴光議員さんの最初のご質問にお答えを申し上げます。また、教育委員会、それから各担当部長からも答弁をさせますので、よろしくお願いを申し上げます。

 私からは、観光の関係について答弁をさせていただきたいと思いますが、信州いいやま観光局の関係でご質問がございました。ご存じのとおり、信州いいやま観光局でございますが、平成22年4月に飯山市の振興公社と、それから飯山市の観光協会が一緒になりまして、一般社団法人として発足したものでございます。

 従来、振興公社につきましては、飯山市の施設を運営をしてもらったということでございまして、また観光協会のそれぞれの単協が集まって、そして飯山市全体の観光振興といいますか、それを図っていたということでございますが、それぞれ共通した部分もございますし、新幹線の時代を迎えて、人材をもうちょっと一体的にして、観光の脚力を高めようというような目的もございまして、合体をしたものでございます。

 それで、まだ2年、平成22年4月でございますので、2年半でございますが、現在、副市長が理事長を務めておりまして、また市の職員から局長等、派遣をしておるわけでございますけれども、これは組織がまだしっかり確立をしていないのでということで、当初市がしっかり応援をしていこうという形でスタートしたということでございます。

 これからの方向性ということでございますが、これはもちろん信州いいやま観光局そのものの理事会がございますので、その中でご検討もいただくことでございますが、これは私としては、ぜひこれについては、将来的に一本立ちをしていっていただくということが非常に大事じゃないかなというふうに思っております。

 特に、これからは北陸新幹線の飯山駅ができまして、広域観光を進めるということでございますので、飯山市の中の観光はもとより、周辺市町村と連携をしながら、飯山市への観光客をふやすとか、宿泊客をふやすとか、そういう戦略が非常に重要になってくるわけでございます。

 したがって、まさに旅行商品を企画して、外のいろんな旅行団体との連携をとりながら、観光振興を図っていくというような、非常に専門的なといいますか、旅行のプロフェッショナル的な仕事が非常にふえてくるというふうに思いまして、そういう中でもこれは将来、すぐというのはなかなか難しいかもしれませんけれども、将来的にはぜひ観光局、現在の形のようなままでずっといくんでなくて、一本立ちをしていって、独立で運営ができるような形にぜひなっていただきたいなというふうに思っております。

 今、市の施設運営もお願いをしておるわけでございますので、そうした部分でなかなか収益性に伴うような施設については、これは一部市のほうとしても応援をしなければならないかなというふうに思ってますが、私としてはぜひそういう施設を利用して、ぜひ収益を上げていただければというふうにも思うわけでございますので、ぜひそんなようなことで進めてまいれば大変ありがたいかなと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。

 私からは以上でございます。



○議長(久保田幸治) 

 土屋教育長。

  〔教育長 土屋 稔 登壇〕



◎教育長(土屋稔) 

 水野晴光議員さんのいじめ、不登校についてのご質問にお答えをいたします。

 まず、いじめでございますが、昨年度のいじめということで認知された件数は、小学校3件、中学校1件でございます。内容では、ここ数年同じような傾向ですが、深刻なものはございません。あだ名を言われたとか、悪口を言われたというような関係でございますが、ただ、こういうことについても、その言われた子供たちを取り巻く人間関係だとか、クラスの雰囲気をしっかり見ておかないと、先ほど言われたように、そのことがだんだん深い、深刻なものに発展していく可能性がありますので、その辺のところに先生方の目をしっかりつけていただいているところであります。

 次に、不登校でございますが、昨年度の30日以上の不登校の欠席が、小学生2名、中学生は25名でした。本年度は小学校はゼロを目指して、それから中学は大幅な減少を目指して、体制や対策を強化しているところでございます。

 例年、小学校から中学校へ上がった時点でふえる傾向がありますので、ことしは特に小学校から中学への小学校のときの勉強だとか、友達関係だとか、その他もろもろのことを中学校のほうへ引き継いで注意をしていただいております。そして、そういうものをもとに、中学校では細かく子供たちの様子を見ながら指導をしたりしていくというふうな形をとっております。

 次に、飯山シャンツェの問題がございますが、そこへ「IIYAMA」の文字を入れることですが、これにつきましては、この9月議会で予算をお願いしてありますので、ご承認をいただければ工事をしていきたいというふうに思っております。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 水野議員ご質問のうち、関係部分につきまして、補足してお答えいたします。

 最初に、農業問題のうちの新規青年就農給付金についての採択要件ということでございます。幾つか何点かございます。1つは、45歳未満で農業経営者になること強い意欲があること。

 それとあと2つ目としまして、独立自営就農であり、1つとしましては、農地の所有権、または利用権を有しており、本人所有と親族以外からの賃借が主であること。主要な農業機械、施設を給付対象者が所有している、または借りていることといったことでございます。

 3つ目としましては、経営の全部または一部を継承する場合は、継承する農業経営に従事以降5年以内に継承し、農業を開始すること。

 4つ目としましては、人・農地プランに位置づけられたものであること。

 5つ目は、経営開始計画を作成すること、計画につきましては、農業経営開始して5年後までに農業で生計が成り立つ計画であること、いわゆる農業所得250万以上が目安と、こういった計画が実現可能であることといったことでございます。

 また、欠格要件に該当になった場合につきましては、給付金の停止、返還が生ずることになります。

 議員さんは、人・農地プラン、なかなか理解されていない、アンケートにもなかなか答えられるものではないというようなお話がございました。こういった部分につきましては、佐藤議員の質問にも答弁いたしましたように、ちょっとわかりやすいチラシ等をつくり、全戸配布し、人・農地プランといったものを周知するようにしていきたいというふうに考えております。

 また、青年就農給付金につきましては、採択要件が厳しいということでございます。市としましても、就農希望者に対して意欲低下にならないよう、対応を検討していきたいというふうに考えております。

 農業振興の2つ目の飯山国営土地改良区についてということでございまして、作付け可能面積の内訳ということでございます。全体で作付け可能面積は228ヘクタールということでございまして、これは昨年度の数字でございますが、アスパラガス、キャベツ等の野菜類が約79ヘクタール、全体の約35%、ダイコン、ニンジンの根菜類が約34ヘクタールで約15%、ズッキーニ等の果菜類が約25ヘクタールで約11%、ソバ等の穀物類が約23ヘクタールで約10%、緑肥、飼料が約18ヘクタールで約8%、その他山菜、果樹、花卉類が約11ヘクタールで約5%ということになっておりまして、休耕地が約10ヘクタールで約4%という状況でございます。

 次に、観光についてということで、市内のイベントの関係でございます。市内で行われるさまざまなイベントにつきましては、市としても実行委員会、主催者、後援、そういったいろいろな形で参加しております。それぞれの立場で活躍されている皆さんを拝見しまして、イベントの盛り上がり、そういったものにつきまして非常にうれしく感じているところでもございます。

 8月の25、26日に開催されました飯山さわごさ2012、これにつきましては、昨年よりも多くの人が訪れて、非常に盛り上がったというお話を聞いております。

 また、イベント運営にも多くのボランティアがかかわっていただいたというふうにも聞いておりまして、非常に感動しているところでもございます。

 さわごさにつきましては、ここ数年間で市や県からある程度の支援金が支給されております。必ずしも支援を恒常的に当てにすることなく、イベントを運営、成功させている若者たちの力を見守っていきたいとも考えております。

 また、今後何らかの支援の必要があるようであれば、状況において相談に乗ってまいりたいというふうにも考えております。

 私からは以上です。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 水野晴光議員ご質問のうち、市長答弁に補足をしまして、市営住宅の現状についてお答えを申し上げます。

 市営住宅の入居状況でございますが、本年9月1日現在で253戸のうち218戸が入居してございます。入居率につきましては、86.2%となっております。

 それから、2つ目の静間線に伴う金山団地の移転についてでございますが、平成26年度完成予定の新たな道路であります静間線の整備によりまして、金山市営住宅の下段、これは東側になりますが、こちらのほうが道路の支障となってございます。下段にお住まいの18世帯の方に移転をお願いすると、このようになります。

 移転先につきましては、現金山団地敷地内に3棟を平成25年度新築をいたしまして、26年度春には入居が可能になる、こういった状況の予定になっております。事業の詳細、それからスケジュールにつきましては、8月7日に説明会を開催いたしまして、協力をご依頼申し上げたところであります。

 それから3点目、市営住宅の滞納者数、滞納者額の推移についてということでございますが、平成21年度ですが、滞納額につきましては361万円余、徴収率が93.4%、滞納者数が26名。平成22年度ですが、滞納額414万円余、徴収率92.3%、滞納者数が27名。それから23年度ですが、滞納額491万円余、徴収率90.6%、滞納者数24名と、このような状況で推移してございます。

 私からは以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員、再質問ありますか。

 水野議員。

  〔10番 水野晴光議員 登壇〕



◆10番(水野晴光) 

 新規就農支援金についてでありますが、私は市独自で新規農業を行い、後継者となるような人に近隣市村でもやっておられますが、支援金を支給する考えはないかどうか、市長さんにまずお聞きをしたいと思いますが、以上です。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 きょう、ほかの議員さんからも同様のご質問がございました。まず新規就農の関係につきましては、1点は国の支援制度をやはり飯山市のような地域の新規就農者への適用ができるような形で働きかけていくことが1点あると思います。

 それから、市独自としても支援策、これもあわせて検討していかなきゃいけないかなと思っています。まだ具体的にどうするかというのは、これから詰めたいと思います。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。

  〔10番 水野晴光議員 登壇〕



◆10番(水野晴光) 

 あわせてできる限り、私は農業をやるには、本当に新規でやるには、ほかの労力、体力も大変なわけですから、ぜひ市独自でこの予算をつくって、12月補正で、今年度予算から大いに、早目にやってもらいたいと思いますが、その点についてお伺いをしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 足立市長。

  〔市長 足立正則 登壇〕



◎市長(足立正則) 

 ちょっと12月では、まだ早いのかなというふうに思います。本当に、新規就農者の方がどういう形で飯山で着実に農業後継者として活躍していただけるか、その辺もございますので、もう少ししっかり検討をして、例えば来年度から、それまでにしっかりそういう方々と話し合いをするとか、それから国への制度の改善についても要望するとかして、そういうような形で進めてまいればと思っております。12月議会ではちょっと無理かなと思います。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。

  〔10番 水野晴光議員 登壇〕



◆10番(水野晴光) 

 まあ、これぜひ前向きに取り組んでいただいて、11名あったのが0ということでございますし、聞きますと、250万円の所得がなければ返還させられるということでございますから、みんなその最後の250万円というのでちょっと申請してお金もらっても、返還じゃ、みんな使っちゃった後、返せなんか言われたって困っちゃうから、なかなか申請できないなというのが実情でございますので、その辺、市独自でもやわらかいのをつくっていただいて、前向きに検討をお願いしたいかなと思います。

 (2)国営農地についてでありますが、耕作率は95%ということでございますが、これをアップする方法を考えておられるのか、また耕作組合の運営状況はどのようになるのか、お伺いをしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 国営農地の休耕率につきましては、年々減少してきておるという状況でございます。また、耕作者組合では年数回はロータリーをかけて、なるべく耕機も使用というような申し合わせになっております。

 また、耕作者はうまく代がわりしているというようなこともございまして、若年層の農地集積意欲が高いということでございます。現時点で特段こうした耕作率アップという方策につきましては、考えていないという状況でございます。

 あと、土地改良区の運営状況でございますが、大きな問題としては、こういう負担金等の償還金の滞納者が何人かいるというところでございます。償還最終年度は平成27年度というふうになっておりますので、鋭意滞納整理に努めているところでございます。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。

  〔10番 水野晴光議員 登壇〕



◆10番(水野晴光) 

 耕作者組合で、土地代金の支払いを毎年されておるようでございますが、最終年度に多額の市負担金が出ないように指導をお願いを希望するところですが、今の答弁の中でできる限り滞納整理をしていきたいという話ですので、それを鋭意進めてもらいたいと思いますが、最終年度に今まで円滑に支払いをされてこられた地権者に未納分を転嫁というようなことはあり得ないと思いますが、この点についてお伺いをしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 今、議員さんおっしゃるとおり、当然、そういうことがあってはならないと思っています。また、改良区の理事会、また組合員さんもいらっしゃいますので、そういった中で、そういった部分につきましては、議論いただき、スムーズに償還できるようにしたいというふうに考えております。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。

  〔10番 水野晴光議員 登壇〕



◆10番(水野晴光) 

 信州いいやま観光局についてお尋ねをしたいと思いますが、観光局は、当市の観光の重要な要となっておりまして、誘客宣伝課は市内のあらゆる観光案内や、人件費、パンフレット、ポスター等を発行されておるわけでございますが、ここへは市費の投入は私は当然だと思います。

 先ほどの話で、旅行商品の販売をどんどんやっていきたいという話でございますので、大いに活躍を期待するところであります。

 一方、事業課では、一定の施設もありますし、施設はすべて飯山市がほとんど建設、運営費を出しておるわけでございまして、これに対しては収益が発生しておるわけでございます。そこへ観光局として市からの補助金を出されておるわけですが、この目的はどういうことでお出しになっているのか、お聞きをしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 市からの補助金につきましては、観光局設立前の飯山市振興公社が主に行っておりました公益的業務に係る経費と、飯山市観光協会が主に行っていた業務に係る経費を積算して算定したものでありまして、いわゆる観光局の運営費補助というふうにしております。

 内容的には、局全体の人事管理、会計管理などを行います一般会計や、企画開発や誘客宣伝などの観光事業費の広域的部分に充当されておりまして、事業課で行っている施設運営には充当はされておりません。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。

  〔10番 水野晴光議員 登壇〕



◆10番(水野晴光) 

 観光局の理事の方々は、それぞれ各団体の長またはトップに近い人たちが就任されておるわけですが、任期はそれぞれその団体ごとに違うと思われる、いわゆる充て職でございますが、これでは私は本当に身の入った運営ができないのではと思います。

 代表の方なんですが、例えば観光協会なり、交通関係ですと、自分の観光協会とか交通のほうをまず第一で、こっちのほうへはそんなに一生懸命考えなくて、採決のときだけ来て手をはたけばいいというふうになるんではないかと思いますが、その点について、このまま構成員はこれでいかれるのかどうか、ちょっとお聞きしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 観光局の理事でございますが、現在13名おります。観光局につきましては、一般社団法人ということでございますので、総会において加入社員、団体の総意に基づき選任されているということでございます。

 現在、観光局に加盟している団体等につきましては29ございまして、理事については、それぞれの団体から選任されているということでございます。

 観光局で行っております事業については、市内の観光農業、地場産業、そういったさまざま地域振興に寄与しているということでございますので、各界の重立った皆さんに参画いただくということで、活動がより推進するというふうに考えているところでございます。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。

  〔10番 水野晴光議員 登壇〕



◆10番(水野晴光) 

 観光局の事業課が運営しております湯滝温泉とか、森の家、道の駅、人形館等、これは入る人が入館料を支払って収益がありますし、飲食や体験等でまた収益を、森の家等で得ておられるわけでございます。

 今後、これはどのように考えておられるのか、今のところ、前は、里わのところからは飲食店様が入って、利用料をというか、賃貸料をいただいていたんですが、今はいただいていないように思われるんですが、そういった点で市長の考えをお聞きしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 稲生経済部長。

  〔経済部長 稲生 孝 登壇〕



◎経済部長(稲生孝) 

 観光局がそれぞれ運営しておりますそれぞれの施設につきましては、市から指定管理という形で観光局が受けております。かつて振興公社時代におきましては、業務委託という形で、その維持管理については市から補助金、委託料という形で入っておりますが、現在はその施設についての市からの補助は、先ほど申しましたとおり、充当していないという部分がございまして、ああいった施設については、一生懸命やっているんですが、黒字になかなかならないというふうにございます。唯一人形館が黒字ということで、その収入をまたそれで補てんしているというような形でございます。

 今後、そういった指定管理のあり方につきましても、観光局と市で再度少し検討する必要があるかなというふうに考えているところです。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。

  〔10番 水野晴光議員 登壇〕



◆10番(水野晴光) 

 しっかりと検討をお願いしたいところでございます。

 次、市営住宅の現状についてお伺いしたいと思いますが、静間線の道路新設には金山市営住宅の住民の18世帯の協力が非常に大切でございます。移転同意を受け、スムーズな事業の進行を望むところであります。8月に説明会をされたということでございますが、そんなことで、ぜひ前向きに早期にまとまるようにお願いをしたいところでございます。

 23年度の主要施策の成果に関する説明書の中に、住宅使用料督促状及び住宅等使用料催告書の発送件数が非常に多く、また家賃納付相談、訪問件数が多くなったように思いますが、この点についての見解と、入居するには保証人が必要と思いますが、あわせてお伺いをしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 山室建設水道部長。

  〔建設水道部長 山室茂孝 登壇〕



◎建設水道部長(山室茂孝) 

 静間間に伴う金山団地の入居している方々のスムーズな移転ということでございます。金山住宅団地の移転につきましては、入居している方の協力が非常に大切になるということで、8月7日に説明会を開催いたしまして、入居者の方々に説明をしてきております。

 移転につきましては、同意書をいただくこととしておりまして、入居している方々の理解を得る中で、スムーズな移転ができるように進めてまいりたいと思ってございます。

 それから、市営住宅使用料の滞納の関係の増加している対応についてということでございました。使用料につきましては、議員ご指摘のように、年々増加しておるわけでありますが、長引く不況の影響、こういったものから、年々増加の傾向にございます。こういったことがありますので、今年度から未納額の減少を目的に徴収の強化を図ってきております。

 一例ですが、今まで滞納額を少額で分納納付をされていた方につきましては、少額納付ではなくて、一定期間内に納付ができるような誓約を促すといったことや、納付誓約がなされていない方、あるいは納付誓約を守らずに2カ月以上滞納した方、こういった方につきましては、保証人への代納への移行の手続を進めるということで行ってございます。

 それから、入居している方の保証人の関係ですが、市営住宅の条例第11号によりまして、市営住宅の入居を許可された方は、許可のあった日から10日以内に連帯保証人の連署する請書を出すと、このように定められておって、そういったことで進めてございます。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。

  〔10番 水野晴光議員 登壇〕



◆10番(水野晴光) 

 支払わない場合は、連帯保証人から支払いをお願いするのが仕方ない措置ではないかと、このように思うわけですが、どうしても生活困難で居住者が支払えない場合の方もおられると思いますが、このような場合、やはり民生部の支援も必要ではないかと思いますが、この点、よく連携をとっていただければと思いますが、民生部長さんの答弁をお願いしたいのですが。



○議長(久保田幸治) 

 丸山民生部長。

  〔民生部長兼福祉事務所長 丸山信一 登壇〕



◎民生部長兼福祉事務所長(丸山信一) 

 今、生活困難者ということでございます。個々の状況によって、ケースバイケースといいますか、それぞれのご家庭の事情がございます。連携をとりまして、そういうケースにつきましては、またそれなりの対応ということは考えられるかなというふうに思います。

 以上です。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。

  〔10番 水野晴光議員 登壇〕



◆10番(水野晴光) 

 それでは次、教育問題についてお願いしたいと思いますが、9月6日の新聞報道によりますと、いじめ対策専門家組織を全国で200地域に設置して、関連費用は国が全額負担との記事がございました。

 また、県は8月8日から22日まで、緊急いじめ相談実施期間として、電話相談を受けつけたり、県民会議を発足させるという話でありますが、県教育委は近くいじめ対策連絡会議を設置し、学校の対応をサポートするということであります。

 いじめの問題は、慎重な調査が必要ではないかと思いますし、調査のときに余り本当のことを言うとかえって増長するという、そういうおそれもあったり、また無関係な人が先生方に話すと「いじめられている」と言われた場合は、今度はその人がいじめに遭うといったり、あるいはまた無視されたりという、非常に難しい問題が反面あると思いますが、風邪や頭痛等の病気以外に、精神的ストレスで通院を行う、時々行うというような場合は、しっかりと把握をしていただく必要があると思いますが、この点について、教育長さんにお伺いをしたいと思います。



○議長(久保田幸治) 

 土屋教育長。

  〔教育長 土屋 稔 登壇〕



◎教育長(土屋稔) 

 水野晴光議員さんのご質問にお答えをしたいと思います。

 今、議員さんご指摘のように、いじめの調査は大変難しいものがございます。なかなか真相が出てこなかったり、それから調べ方によっては、子供の人権を侵害するようなことになってしまったり、それだけに学校側としては非常に慎重にやるわけであります。

 ですから、時間もかかったりするということをご理解をいただきながら、しかし、事実は事実としてどれだけ解明できるか、努力しなくちゃいけないと思っています。

 私は特に、この場合、今言われているように、本当のことを言わないだとか、言った人が今度は反対にいじめに遭うというようなところ、その原因がクラスの人間関係というのが非常に大事なことなんですね。言いかえれば、いじめを生むのも、それからいじめの調査についての支障に出て来るのも、クラスの人間関係なんです。

 言いかえれば、弱い子供たちをいじめても構わないんだということが通るような雰囲気だとか、または、何となくからかいみたいなものを平気でやるような子だとか、暴力をされていることをそのまま見逃してしまう、また逃げてしまうような、そんな雰囲気だとか、そういうものをまず解消をしていかないと、なかなか本当のことが出て来ないというふうに思います。

 ですから、そういう意味で調査は慎重かつまた一人一人を本当に先生や関係者が向かい合いながら、そして本当のことを言っても大丈夫なんだよという雰囲気をどうつくっていくかということがうんと大事なことだと思っています。

 ですから、そういう意味で担任の先生、学校全体の先生方と同時に、時には私も先ほど県や国のほうでやっています調査委員会というような形で、いわゆる子供のことについていろいろ見識の深い方々にお力やご意見をいただくという方法も考えていかなくちゃいけないかなというふうに思っています。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員。

  〔10番 水野晴光議員 登壇〕



◆10番(水野晴光) 

 非常にいじめの問題の調査というのは大変だと思いますが、飯山市内ではあからさまにちゃんと把握できることがまず第一だと思いますので、その把握に努めて、それを改善するのは二の次ではないかと思いますが、そんなことでぜひ、まんざらゼロでもないといううわさも聞いておりますので、しっかりとまたお願いをしたいなと思います。

 そして、学校へ行くのがある程度楽しみ半分があるというような学校づくりが私は大切ではないかと思いますので、そのような方向で教育長さん、あるいは教育委員長さんから取り組んでいただきたいなと思いますが、以上です。



○議長(久保田幸治) 

 土屋教育長。

  〔教育長 土屋 稔 登壇〕



◎教育長(土屋稔) 

 今、水野議員さんからご指摘いただいた点、心していきたいというふうに思っています。

 一番大事なのは、子供たちが学校が楽しい、ということはそのクラスを含めて学校の人間関係がいいということだと思います。

 そういう意味で、いわゆるいじめを生まない集団づくりといいますか、楽しい集団づくりといいますか、学級づくりと、その辺のところを大事にしていきたいと思いますし、また今現在も、いじめ、不登校につきましては、毎月学校から具体的に数字だとか、事例のものを挙げていただいています。それについて教育委員会でチェックしながら、心配になるのは学校と細かいことについて打ち合わせをしたり、指導の方法とか、指導の経過みたいなものを聞いたりしております。

 いずれにしましても、いじめは早いうちに発見して、早いうちに指導に入るということが大事だと思いますので、これからも大事にしていきたいというふうに思います。

 以上であります。



○議長(久保田幸治) 

 水野議員、ありますか。



◆10番(水野晴光) 

 終わります。



○議長(久保田幸治) 

 以上で水野晴光議員関係の質問を終わりといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会について



○議長(久保田幸治) 

 この際、お諮りいたします。

 本日の会議はこの程度にとどめ、一般質問初日分を終了したいと思います。

 ご異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(久保田幸治) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本日はこれをもって終了することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会の宣告



○議長(久保田幸治) 

 本日は以上で終わりといたします。

 ご苦労さまでした。

午後3時38分延会