議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 飯山市

平成16年 12月 定例会(第301回) 12月06日−01号




平成16年 12月 定例会(第301回) − 12月06日−01号







平成16年 12月 定例会(第301回)



          平成16年12月第301回飯山市議会定例会

               ◯議事日程(第1号)

          平成16年12月6日(月曜日)午前10時開会

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期決定について

 日程第3 常任委員会委員の選任

 日程第4 議会運営委員会委員の選任

 日程第5 選挙1 北信広域連合議会議員選挙

 日程第6 選挙2 岳北広域行政組合議会議員選挙

 日程第7 推薦1 農業委員会委員の推薦

◯本日の会議に付した事件

 会議録署名議員の指名

 会期決定について

 議長辞職

 議長選挙

 副議長辞職

 副議長選挙

 議席の一部変更

 常任委員会委員の選任

 議長の常任委員会委員の辞任

 議会運営委員会委員の選任

 北陸新幹線等交通対策特別委員会委員の辞職

 北陸新幹線等交通対策特別委員会委員の選任

 産業振興対策特別委員会委員の辞職

 産業振興対策特別委員会委員の選任

 環境対策特別委員会委員の辞職

 環境対策特別委員会委員の選任

 選挙1 北信広域連合議会議員選挙

 選挙2 岳北広域行政組合議会議員選挙

 推薦1 農業委員会委員の推薦

◯出席議員(19名)

    1番  水野晴光議員         2番  西條豊致議員

    3番  小林初子議員         4番  大野峰太郎議員

    5番  水野英夫議員         6番  佐藤正夫議員

    7番  渡邉吉晴議員         8番  坪根繁喜議員

    9番  久保田幸治議員       10番  山崎一郎議員

   11番  小林喜美治議員       12番  坂原シモ議員

   13番  田辺謹治議員        14番  沼田喜一議員

   15番  大塚武志議員        16番  高山 功議員

   17番  高橋正治議員        19番  望月弘幸議員

   20番  小林洋之議員

◯欠席議員(1名)

   18番  丸山惣平議員

◯説明のために出席した者

  市長        木内正勝     助役        井出澄夫

  収入役       野口文明     教育委員長     小山元彦

  教育長       清水長雄     監査委員      石田一郎

                     固定資産評価審査

  選挙管理委員長   塩崎孝夫               木原英樹

                     委員長

  農業委員会長    伊澤春一     総務部長      清水 侃

  民生部長兼

            足立正則     経済部長      今清水豊治

  福祉事務所長

  建設部長兼

            月岡寿男     教育次長      米持五郎

  水道部長

  庶務課長      山田弘一

◯議会事務局出席者

  局長        岩見和文     局長補佐      関谷竹志

  主査        上松浩美     主事        鈴木克己

午前10時00分開会



△開会の宣告



○議長(小林洋之) 

 これより平成16年12月第 301回飯山市議会定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(小林洋之) 

 市長から招集のあいさつがあります。

 木内市長。

 〔市長 木内正勝 登壇〕



◎市長(木内正勝) 

 本日平成16年12月定例会の招集に当たり、ごあいさつ申し上げます。

 10月の台風23号による千曲川の増水は、昭和57年、58年の水害時に匹敵する水位の上昇となり、災害警戒本部に続いて災害対策本部を設置し、区長会や消防団、また多方面にわたる市民の皆様とともに、対応、対策に全力を尽くしたところでありました。

 千曲川堤防並びに樽川堤防の全面改修の成果があって、堤防上道路まで数メートルを残しての増水ではありましたが、樽川左岸並びに千曲川左岸等の堤防の数箇所で漏水が確認されたため、木島地区の皆様には避難準備をお願いするなど、緊迫した状態となりました。幸い堤防決壊という事態には至らず、胸をなでおろしたところでありました。

 一方、千曲川の樋門閉鎖による内水の上昇などで、一部の地域での床上、床下浸水や農地への冠水が発生する事態となるなど、内水対策でも課題が浮き彫りになったところであります。大事には至らなかったものの、住宅被害や農作物被害、そして農業施設被害などの被害に見舞われた市民の皆様には、この場をおかりして心よりお見舞い申し上げます。

 今回の台風被害により、治水対策の総点検など多くの課題が明らかになりましたので、関係機関とともに対策を講じ、新たな防災対策に生かしていくことを改めて決意いたした次第であります。

 台風災害の傷も冷めやらない10月23日には、大きな揺れがこの地方を襲い、加えてたび重なる大きな余震に緊迫した日々を過ごすこととなりました。新潟県中越地震と名づけられた今回の大規模地震は、震源地がすぐ隣であったことや、飯山地方を南北に縦断する断層と同じ延長上での地震であったことを思うと、人事とは思えず、いつ自分の身の上に降りかからないともわからない恐怖を目の当たりにしたのでありました。

 震源地近くの中越地方でけがをされたり被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方々には心からご冥福をお祈り申し上げます。

 地震発生直後から市民の皆様には、被災された地域への支援活動などについてご提案や問い合わせが相次ぎました。温かい申し出や具体的な行動に感謝するとともに、飯山市としても微力ながら一日も早く復興が進むよう現地機関を通じ、今後さらに継続して支援行動をしてまいりたいと考えています。

 飯山市内でも最近の記憶の中では最大級の揺れとなり、建物の一部やキノコをはじめとした農業施設で大きな被害となりました。また、岡山地区では地震直後、広範囲にわたって、しかも長時間に及ぶ停電が発生したところであります。

 市では直ちに警戒態勢をとり、情報収集や避難対策に当たったところでありますが、多くの市民の方々が不安な日々を過ごされたことを昨日のことのように思い出されます。いつ起こるかわからない地震災害に防災対策をどう構築するか。今回の新潟県中越地震は、私たちに大きな教訓を残す結果となりました。

 大きな災害の場合、防災関係機関だけでは、市内全域への対応が難しいことが明らかとなりました。行政も全力で体制を整えますが、市民の皆様にも、まずは住んでいる地域ごとに自主防災組織を組織化していただきますよう強く希望いたします。議員各位にも格段のお力添えをお願い申し上げます。

 今回の台風並びに地震に当たって、不眠不休の態勢で警戒や防災作業に当たっていただいた消防団員はじめ日赤奉仕団並びに区長会等、関係各位に重ねて感謝申し上げます。

 さて、ここで国と地方が総力を挙げて取り組んでいる税財政改革について申し上げます。

 ご承知のとおり、三位一体改革の確実な実行に国の将来がかかっている状況であります。そうした中、その具体的な実施方針について調整作業が熱を帯びて続けられていたところでありますが、多くの議論の末、ようやくこのほど一定の決着を見たところであります。

 課題を残しつつも廃止する国庫補助負担金の項目と補助金廃止に伴う税源移譲の内容など、その骨子が明らかとなりました。しかし、財政力の弱い自治体が最も心配している地方交付税の削減問題は、当面、地方税を加えた一般財源の必要額を確保するとしていますが、今後、地方財政計画に盛り込まれる歳出水準がどの水準で踏みとどまるか、不安要素を残しての決着となっています。

 国の財政再建に国と地方が一体的に取り組む必要があることから、県並びに市町村の運営は今後さらに厳しく狭い道を進まざるを得ない状況です。そのことをしっかり認識し、市民の皆様にご説明し、ご理解をいただいた上で、厳しい道を進んでいきたいと考えていますので、議員各位におかれましても、一緒に手を携えて議論賜りますようお願い申し上げます。次の時代に責任ある行政を執行するためにも、真っ正面から取り組んでまいりたいと思います。

 現在、平成17年度当初予算の編成中でありますが、置かれた状況を市職員一人一人が自覚し、実施が見込まれているそれぞれの事業をくまなく精査しながら編成作業を進めているところであります。

 財政運営をはじめとした今後の市政のあり方に関する論議は、ますます重要度を増すものと考えていますので、この12月議会の場においても、さらに議論を深めていただきたいと思います。議員各位のご理解、ご意見を十分に踏まえた上で、新年度予算を次の議会で提案してまいりたいと思います。

 次に、市町村合併ですが、飯山市と野沢温泉村との合併議論がいよいよ山場を迎えようとしています。飯山市では、あす7日から旧町村単位で説明会を開催し、市民の皆様に合併後の姿をご説明する手はずとなっています。また、野沢温泉村では、今月末には合併の是非を問う住民投票が予定されています。合併協議はほぼ整い、野沢温泉村の住民投票の結果を受けて具体的な方向が明らかになろうとしています。

 間もなく飯山市は、本格的な雪のシーズンを迎えます。この地域の経済の原動力は、スキーを中心とした冬の観光産業であります。スキー観光を取り巻く環境の厳しさは十分承知していますが、まずは十分な積雪を期待し、予想を上回るホワイトシーズンのにぎわいを期待してやみません。

 議員各位には一層のお力添えをお願い申し上げまして、招集のあいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(小林洋之) 

 ただいまの出席議員は19名であります。よって、定足数を超えておりますので、本日の会議を開きます。

 なお、本日、丸山惣平議員は、病気療養のため欠席する旨届け出がありましたからご了承願います。

 日程に入るに先立ち、報告事項について申し上げます。

 今定例会に、市長、助役、収入役、各行政委員会の長、監査委員、教育長、各部長、教育次長及び関係課長の出席を求めておきましたから、ご了承願います。

 なお、本日は、写真撮影のため、職員が場内に立ち入りますのでご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(小林洋之) 

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、第3番、小林初子議員、第4番、大野峰太郎議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期決定について



○議長(小林洋之) 

 日程第2、会期決定についてを議題といたします。

 今期定例会の会期及び運営について、議会運営委員会の協議結果の報告を求めます。

 田辺謹治議会運営委員長。

 〔13番 田辺謹治議員 登壇〕



◆13番(田辺謹治) 

 議会運営委員会の協議結果についてご報告申し上げます。

 当委員会は、去る11月29日に開催いたしまして、協議の結果、今期12月定例会の会期は、本日12月6日から12月21日までの16日間と決定いたしました。

 なお、細部につきましては、お手元に配付してございます審査日程表のとおりでございます。

 以上で報告を終わります。



○議長(小林洋之) 

 ただいまの委員長報告について質疑ありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林洋之) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。今期定例会の会期及び運営について、ただいまの議会運営委員長報告のとおり決するにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林洋之) 

 ご異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は本日から12月21日までの16日間とし、議会運営についてもお諮りのとおり決定いたしました。

 この際、暫時休憩いたします。

午前10時15分休憩

午後2時30分再開



○副議長(望月弘幸) 

 議長を交代いたしました。

 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○副議長(望月弘幸) 

 この際、時間延長についてお諮りいたします。本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長したいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(望月弘幸) 

 ご異議なしと認めます。よって、本日の会議時間は延長することに決しました。

 お諮りいたします。議長 小林洋之議員から議長の辞職願が提出されました。この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(望月弘幸) 

 ご異議なしと認めます。よって、この際、議長辞職の件を日程に追加し議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長辞職



○副議長(望月弘幸) 

 地方自治法第 117条の規定により、小林洋之議員の退席を求めます。

 〔20番 小林洋之議員 退席〕



○副議長(望月弘幸) 

 辞職願を事務局長に朗読いたさせます。

 〔事務局長朗読〕



○副議長(望月弘幸) 

 お諮りいたします。小林洋之議員の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(望月弘幸) 

 ご異議なしと認めます。よって、小林洋之議員の議長の辞職を許可することに決しました。

 小林洋之議員の除斥の理由が解けましたので、復席を求めます。

 〔20番 小林洋之議員 復席〕



○副議長(望月弘幸) 

 ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(望月弘幸) 

 ご異議なしと認めます。よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長選挙



○副議長(望月弘幸) 

 議場の閉鎖を命じます。

 〔議場閉鎖〕



○副議長(望月弘幸) 

 ただいまの出席議員は19名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

 〔職員 投票用紙配付〕



○副議長(望月弘幸) 

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(望月弘幸) 

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 〔職員 投票箱点検〕



○副議長(望月弘幸) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じ順次投票を願います。

 なお、白票は無効票といたします。

 点呼を命じます。

 〔局長 議員氏名点呼〕

 〔各員投票〕



○副議長(望月弘幸) 

 投票漏れはありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(望月弘幸) 

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 〔議場開鎖〕



○副議長(望月弘幸) 

 これより開票を行います。

 開票立会人を指名いたします。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に水野英夫議員、佐藤正夫議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。

 〔開票〕



○副議長(望月弘幸) 

 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数 19票 これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 投票総数         19票

 無効投票         0票

 有効投票中 高山 功議員 14票

       望月弘幸議員 5票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、高山功議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました高山功議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 議長に当選されました高山功議員のごあいさつがあります。

 高山功議員。

 〔議長 高山 功議員 登壇〕



○議長(高山功) 

 一言ごあいさつを申し上げます。

 ただいま議長に当選させていただきました高山でございます。

 不肖私が皆様の推挙により当選をさせていただいたことに対しまして、心より感謝を申し上げたいというふうに思います。ありがとうございました。

 市を取り巻く情勢は、大変厳しいものがあるわけでございますが、その中で議長という重責を担うことになりました。議長の職務を公正に、そして円滑な議会運営に心がけていきたいというふうに思っておるところでございます。

 大変未熟者でございますけれども、全議員の皆さんのお力添えをいただき、さらには市長さんはじめ理事者の皆さん、行政委員長の皆さんのご指導とご協力をいただく中で任期を全うしてまいりたい、こんな決意でいるところでございます。

 あわせてまた、2年間ご尽力いただきました小林議長さん、そして望月副議長さんに、長年のご尽力に対しまして心より感謝と御礼を申し上げて、簡単でございますけれども、就任のあいさつにさせていただきたいと思います。ありがとうございました。

 (拍手)



○副議長(望月弘幸) 

 議長を交代いたします。

 高山功議員、議長席にお着きください。



○議長(高山功) 

 議長を交代いたしました。

 お諮りいたします。副議長 望月弘幸議員から副議長の辞職願が提出されました。この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、この際、副議長辞職の件を日程に追加し議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長辞職



○議長(高山功) 

 地方自治法第 117条の規定により、望月弘幸議員の退席を求めます。

 〔19番 望月弘幸議員 退席〕



○議長(高山功) 

 辞職願を事務局長に朗読いたさせます。

 〔事務局長朗読〕



○議長(高山功) 

 お諮りいたします。望月弘幸議員の副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 異議なしと認めます。よって、望月弘幸議員の副議長の辞職を許可することに決しました。

 望月弘幸議員の除斥の理由が解けましたので、復席を求めます。

 〔19番 望月弘幸議員 復席〕



○議長(高山功) 

 ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長選挙



○議長(高山功) 

 議場の閉鎖を命じます。

 〔議場閉鎖〕



○議長(高山功) 

 ただいまの出席議員は19名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

 〔職員 投票用紙配付〕



○議長(高山功) 

 投票用紙の配付漏れはございませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 〔職員 投票箱点検〕



○議長(高山功) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じ順次投票を願います。

 なお、白票は無効票といたします。

 点呼を命じます。

 〔局長 議員氏名点呼〕

 〔各員投票〕



○議長(高山功) 

 投票漏れはありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 〔議場開鎖〕



○議長(高山功) 

 これより開票を行います。

 開票立会人を指名いたします。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に渡邉吉晴議員、坪根繁喜議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。

 〔開票〕



○議長(高山功) 

 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数 19票 これは、先ほどの出席議員数に符合しております。

 投票総数         19票

 無効投票         0票

 有効投票中 坂原シモ議員 14票

       高橋正治議員 5票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、坂原シモ議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました坂原シモ議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 副議長に当選されました坂原シモ議員のごあいさつがあります。

 坂原議員。

 〔副議長 坂原シモ議員 登壇〕



○副議長(坂原シモ) 

 ただいま副議長に当選をさせていただきました坂原でございます。

 飯山市の女性議員第1号として、過去6年間、市民の目線に立って議員活動をさせていただきました。

 男女共同参画の追い風も、今は時にはバックラッシュ現象と言われる中、大勢の男性議員の皆様の深いご理解をいただき、この上もない勇気と喜びを感じております。

 理事者をはじめ職員の皆様、そして同僚議員の皆様方のご指導をいただく中で、高山議員さんを支えて一生懸命に頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 (拍手)



○議長(高山功) 

 お諮りいたします。この際、議長、副議長の選挙に伴い議席の一部変更の件を日程に追加し、議題といたします。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、議席の一部変更を日程に追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議席の一部変更



○議長(高山功) 

 議席番号及び氏名を事務局長に朗読いたさせます。

 〔事務局長朗読〕



○議長(高山功) 

 お諮りいたします。ただいま朗読いたしましたとおり議席の一部変更することにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、ただいまのとおりそれぞれの議席に着席をお願いいたします。

 この際、暫時休憩いたします。

午後3時09分休憩

午後6時50分再開



○議長(高山功) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員会委員の選任



○議長(高山功) 

 日程第3、常任委員会委員の選任についてを議題といたします。

 各常任委員会の任期は、12月11日をもって満了となりますので、この際、新たに選任したいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、委員会条例第5条第1項の規定により、議長において、総務文教委員会委員に小林初子議員、佐藤正夫議員、渡邉吉晴議員、坪根繁喜議員、田辺謹治議員、小林洋之議員、丸山惣平議員、高山功。産業建設委員会委員に水野晴光議員、西條豊致議員、久保田幸治議員、沼田喜一議員、望月弘幸議員、高橋正治議員。社会衛生委員会委員に大野峰太郎議員、水野英夫議員、山崎一郎議員、小林喜美治議員、大塚武志議員、坂原シモ議員をもってそれぞれ指名したいというふうに思います。これにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました以上の議員をそれぞれ常任委員会委員に選任することに決しました。

 この際、議長を交代いたします。



○副議長(坂原シモ) 

 議長を交代いたしました。

 お諮りいたします。議長 高山功議員から常任委員会委員の辞任の申し出があります。この際、議長 高山功議員の常任委員会委員辞任の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(坂原シモ) 

 ご異議なしと認めます。よって、議長 高山功議員の常任委員会委員辞任の件を日程に追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の常任委員会委員の辞任



○副議長(坂原シモ) 

 この際、地方自治法第 117条の規定により、高山功議員の退席を求めます。

 〔20番 高山 功議員 退席〕



○副議長(坂原シモ) 

 お諮りいたします。議長 高山功議員の常任委員の辞任を許可することにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(坂原シモ) 

 ご異議なしと認めます。よって、議長 高山功議員の常任委員の辞任は許可することに決定いたしました。

 除斥の理由が解けましたので、高山功議員の復席を求めます。

 〔20番 高山 功議員 復席〕



○副議長(坂原シモ) 

 議長を交代いたします。



○議長(高山功) 

 議長を交代いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会委員の選任



○議長(高山功) 

 日程第4、議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。

 議会運営委員会委員の任期は、12月11日をもって満了となりますので、この際、新たに選任したいと思います。これにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、委員会条例第5条第1項の規定により、議長において、坪根繁喜議員、久保田幸治議員、山崎一郎議員、田辺謹治議員、沼田喜一議員、小林洋之議員、高橋正治議員、以上7名を指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました7名の議員を議会運営委員に選任することに決しました。

 お諮りいたします。北陸新幹線等交通対策特別委員会委員の沼田喜一議員外6名の議員から委員会条例第11条の規定により辞職願が提出されました。この際、委員辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、委員辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△北陸新幹線等交通対策特別委員会委員の辞職



○議長(高山功) 

 お諮りいたします。沼田喜一議員外6名、新幹線等交通対策特別委員会委員の辞職を許可することにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、北陸新幹線等交通対策特別委員会委員の辞職を許可することに決しました。

 お諮りいたします。ただいま欠員となりました北陸新幹線等交通対策特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、議題としたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、北陸新幹線等交通対策特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△北陸新幹線等交通対策特別委員会委員の選任



○議長(高山功) 

 お諮りいたします。北陸新幹線等交通対策特別委員会委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、議長において、水野晴光議員、大野峰太郎議員、佐藤正夫議員、坪根繁喜議員、田辺謹治議員、小林洋之議員、丸山惣平議員、以上7名をそれぞれ指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました7名の議員を選任することに決しました。

 お諮りいたします。産業振興対策特別委員会委員の水野晴光議員外5名の議員から委員会条例第11条の規定により辞職願が提出されました。この際、委員辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、委員辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△産業振興対策特別委員会委員の辞職



○議長(高山功) 

 お諮りいたします。水野晴光議員外5名の産業振興対策特別委員会委員の辞職を許可することにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、産業振興対策特別委員会委員の辞職を許可することに決しました。

 お諮りいたします。ただいま欠員となりました産業振興対策特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、議題としたいと思います。これにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 異議なしと認めます。よって、産業振興対策特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△産業振興対策特別委員会委員の選任



○議長(高山功) 

 お諮りいたします。産業振興対策特別委員会委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、議長において、西條豊致議員、水野英夫議員、山崎一郎議員、沼田喜一議員、大塚武志議員、高橋正治議員、以上6名をそれぞれ指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました6名の議員を選任することに決しました。

 お諮りいたします。環境対策特別委員会委員の高橋正治議員外5名の議員から委員会条例第11条の規定により辞職願が提出されました。この際、委員辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、委員辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△環境対策特別委員会委員の辞職



○議長(高山功) 

 お諮りいたします。高橋正治議員外5名の環境対策特別委員会委員の辞職を許可することにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、環境対策特別委員会委員の辞職を許可することに決しました。

 お諮りいたします。ただいま欠員となりました環境対策特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、議題としたいと思います。これにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、環境対策特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△環境対策特別委員会委員の選任



○議長(高山功) 

 お諮りいたします。環境対策特別委員会委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、議長において、小林初子議員、渡邉吉晴議員、久保田幸治議員、小林喜美治議員、望月弘幸議員、坂原シモ議員、以上6名をそれぞれ指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました6名の議員を選任することに決しました。

 この際、暫時休憩いたします。

午後7時05分休憩

午後8時10分再開



○議長(高山功) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 この際、報告事項について申し上げます。

 本日開催されました各常任委員会及び議会運営委員会並びに各特別委員会において、正副委員長の互選が行われました。

 その結果、総務文教委員長に渡邉吉晴議員、同副委員長に佐藤正夫議員。産業建設委員長に望月弘幸議員、同副委員長に西條豊致議員。社会衛生委員長に小林喜美治議員、同副委員長に大野峰太郎議員。議会運営委員長に山崎一郎議員、同副委員長に久保田幸治議員。北陸新幹線等交通対策特別委員長に坪根繁喜議員、同副委員長に水野晴光議員。産業振興対策特別委員長に沼田喜一議員、同副委員長に水野英夫議員。環境対策特別委員長に久保田幸治議員、同副委員長に小林初子議員がそれぞれ当選されましたからご報告申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△北信広域連合議会議員選挙



○議長(高山功) 

 日程第5、北信広域連合議会議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第 118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名は議長において行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 北信広域連合議会議員に望月弘幸議員、小林洋之議員、丸山惣平議員、坂原シモ議員、高山功を指名いたしたいと思います。

 お諮りいたします。ただいま指名いたしました5名の議員を北信広域連合議会議員の当選人として定めることにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名した5名の議員が北信広域連合議会議員に当選されました。

 当選されました議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△岳北広域行政組合議会議員選挙



○議長(高山功) 

 日程第6、岳北広域行政組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第 118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名は議長において行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 岳北広域行政組合議会議員に西條豊致議員、佐藤正夫議員、渡邉吉晴議員、久保田幸治議員、山崎一郎議員、小林洋之議員、坂原シモ議員、高山功を指名いたしたいと思います。

 お諮りいたします。ただいま指名いたしました8名の議員を岳北広域行政組合議会議員の当選人として定めることにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名した8名の議員が岳北広域行政組合議会議員に当選されました。

 当選されました議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△農業委員会委員の推薦



○議長(高山功) 

 日程第7、農業委員会委員の推薦を行います。

 お諮りいたします。推薦の方法については、議長において指名することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、推薦の方法については、議長において指名することに決しました。

 農業委員会委員に水野晴光議員、久保田幸治議員を指名いたします。

 この際、地方自治法第 117条の規定により、水野晴光議員及び久保田幸治議員の退席を求めます。

 〔1番 水野晴光議員 退席〕

 〔9番 久保田幸治議員 退席〕



○議長(高山功) 

 お諮りいたします。農業委員会等に関する法律第12条第2項の規定による飯山市農業委員会委員として、水野晴光議員及び久保田幸治議員を推薦することにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高山功) 

 ご異議なしと認めます。よって、農業委員会委員に水野晴光議員、久保田幸治議員を推薦することに決しました。

 除斥の理由が解けましたので、水野晴光議員及び久保田幸治議員の復席を求めます。

 〔1番 水野晴光議員 復席〕

 〔9番 久保田幸治議員 復席〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(高山功) 

 以上をもちまして本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれをもって散会といたします。

 ご苦労さまでございました。

午後8時20分散会