議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 中野市

平成 3年 12月 定例会(第6回) 12月17日−05号




平成 3年 12月 定例会(第6回) − 12月17日−05号







平成 3年 12月 定例会(第6回)



         平成3年12月17日(火) 午後2時開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 議事日程(第5号)

 1 議案第1号〜議案第17号

   請願第6号(平3.9.19継続審査)

   陳情第4号〜陳情第11号

 2 委員長報告に対する質疑

 3 討論、採決

 4 議案第18号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案

 5 議案第19号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案

 6 議案第20号 中野市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例案

 7 議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)

 8 議案第22号 平成3年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

 9 議案第23号 平成3年度中野市授産所事業特別会計補正予算(第2号)

10 議案第24号 平成3年度中野市学校給食共同調理場事業特別会計補正予算(第2号)

11 議案第25号 平成3年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第4号)

12 議案第26号 平成3年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

13 議案第27号 平成3年度中野市水道事業会計補正予算(第3号)

14 議案質疑

15 議案付託

16 議案第18号〜議案第27号 各委員長報告

17 委員長報告に対する質疑

18 討論、採決

19 議案第28号 中野市中野財産区管理委員の選任の同意について

20 議第3号   看護婦確保対策に関する意見書について

21 議案質疑

22 討論、採決

23 議第4号   議会運営委員会委員の選任について

24 議第5号   委員会の継続審査及び調査について

25 討論、採決

26 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 本日の会議に付した事件………議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 出席議員次のとおり(26名)

   1番    小林貫一君      14番    松島敏正君

   2番    芋川武一君      15番    滝沢 忠君

   3番    酒井 篤君      16番    土屋敬一郎君

   4番    高橋和幸君      17番    小林東助君

   5番    高木尚史君      18番    春原 勝君

   6番    浦野孝一君      19番    頓所昭司君

   7番    宮崎隆至君      20番    武田安雄君

   8番    池田三政君      21番    長針 正君

   9番    小野富雄君      22番    岩本博次君

  10番    山岸昌弘君      23番    田中新司君

  11番    芦沢邦幸君      24番    青木豊一君

  12番    丸山忠雄君      25番    武田亥佐雄君

  13番    田中 猛君      26番    荻原 勉君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名次のとおり

  議会事務局長   徳武栄一     書記       横田清一

   〃 次長     徳永久夫      〃        宮澤章仁

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 説明のため議場に出席した者の職氏名次のとおり

  市長       土屋武則君    経済部長     宮沢武夫君

  助役       小出敬一君    建設部長     池田利政君

  収入役      山口和平君    水道部長     伊藤明雄君

  教育長      嶋田春三君    消防長      宮本 一君

  総務部長     小林治己君    教育次長     佐藤嘉市君

  企画部長     宮川洋一君    庶務課長     田中 正君

  民生部長     浦野良平君    財政課長     宮沢 功君

  福祉事務所長   佐藤善郎君    庶務課長補佐   須原和彦君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(開議)(午後2時02分)

(開議に先立ち議会事務局長徳武栄一君本日の出席議員及び説明のため議場に出席した者の職氏名を報告する。)



○議長(荻原勉君) ただいま報告のとおり出席議員数が定足数に達しておりますから、議会は成立いたしました。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付いたしてあります議事日程第5号のとおりでありますから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1 議案第1号〜議案第17号



△請願第6号(平3・9・19継続審査)



△陳情第4号〜陳情第11号



○議長(荻原勉君) 日程1 これより各委員長の報告案件全部を議題といたします。

 (議会事務局長徳武栄一君総務委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 総務委員長の報告を求めます。

 総務委員長 岩本博次君。

      (総務委員長 岩本博次君登壇)



◎総務委員長(岩本博次君) 22番 岩本でございます。

 総務委員会の審査報告を申し上げます。

 去る9日及び11日の本会議におきまして当委員会に付託のありました議案6件、陳情4件、継続となっておりました請願1件について、12日、委員会を開催し、慎重に審査をいたしました。

 審査の結果につきしては、お手元に書面をもってご報告を申し上げたとおり、議案第6件については、それぞれ可決と決しました。

 なお陳情第6号 政府が日朝交渉において4つの原則を厳守することを求める陳情につきましては、日朝問題は慎重に対処すべきとの意見が多く、引き続き研究することにいたしました。

 陳情第8号 第二種生活路線及び廃止路線代替バスの運行確保に関する陳情及び陳情第9号 有線放送電話の全面改修に関する陳情については、趣旨は大いに理解できるものであり、全員賛成でございました。

 陳情第11号 PKO(国連平和維持活動)協力法案に反対する意見書の決議を求める陳情については、現在、PKO協力法案については国会でも論議中であり、PKO協力法案そのものについて、もう少し研究すべきとの結論でございました。

 引き続き審査をしてまいりました請願第6号 小選挙区制・政党法に反対し、議員定員の抜本是正を求める請願につきましては、採決の結果、賛成少数で不採択と決しました。

 本会議におかれましても、当委員会の決定どおりご賛成くださいますようお願い申し上げまして、総務委員会の審査報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (議会事務局長徳武栄一君社会文教委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 社会文教委員長の報告を求めます。

 社会文教委員長 武田安雄君。

      (社会文教委員長 武田安雄君登壇)



◎社会文教委員長(武田安雄君) 20番 武田でございます。

 社会文教委員会の審査結果の報告を申し上げます。

 去る9日と11日の本会議におきまして社会文教委員会に付託のありました議案6件、陳情3件につきまして、去る12日に委員会を開催し、慎重に審査を行いました。

 結果につきましては、お手元に書面をもってご報告申し上げましたとおり、議案6件につきましては、原案どおり可決すべきものと決しました。

 陳情第5号、7号、10号、3件につきましても、原案どおり理解すべきものと全員一致で決した次第でございます。

 本会議におかれましても、当委員会の決定どおりご賛成をいただきますようお願いを申し上げまして、社会文教委員会の審査報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (議会事務局長徳武栄一君建設水道委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 建設水道委員長の報告を求めます。

 建設水道委員長 土屋敬一郎君。

      (建設水道委員長 土屋敬一郎君登壇)



◎建設水道委員長(土屋敬一郎君) 16番 土屋敬一郎でございます。

 建設水道委員会の審査報告を申し上げます。

 去る9日の本会議において建設水道委員会に付託されました議案について、12日、建設水道委員会を開催し、慎重に審査いたしました。

 結果につきましては、既に書面をもって申し上げましたとおり、全議案とも全員賛成で、原案どおり可決すべきものと決しました。

 議員各位におかれましては、建設水道委員会の決定どおり賛成くださいますようお願い申し上げまして、建設水道委員会の審査報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (議会事務局長徳武栄一君経済委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 経済委員長の報告を求めます。

 経済委員長 春原勝君。

      (経済委員長 春原勝君登壇)



◎経済委員長(春原勝君) 18番 春原勝でございます。

 経済委員会の審査報告を申し上げます。

 去る11月9日の本会議におきまして当委員会に付託のありました議案5件、陳情1件につきまして、委員会日程に従いまして、慎重に審査をいたしました。

 結果につきましては、お手元に申し上げたとおりの報告書のとおり、可決及び承認であります。

 なお、台風19号災害に関する陳情につきましては、現在、既に配慮されており、その趣旨は十分理解できるとのことであります。

 本会議におかれましても、当委員会の決定どおりご賛成をいただきますようお願い申し上げまして、審査の報告といたします。



○議長(荻原勉君) 以上をもって、各委員長の議案等の審査報告を終わります。

 ただいまの各委員長の報告に対して、質疑並びに討論のあります方は早急に書面をもって議長の手元まで通告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩)(午後2時12分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(再開)(午後2時26分)



○議長(荻原勉君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2 委員長報告に対する質疑



△3 討論、採決



○議長(荻原勉君) 日程2 各委員長の報告に対する質疑及び日程3 討論、採決を行います。

 初めに、総務委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありますので、発言を許します。

 14番 松島敏正君。

      (14番 松島敏正君登壇)



◆14番(松島敏正君) 14番 松島敏正でございます。

 総務委員長の報告のうち、請願第6号 小選挙区制・政党法に反対し、議員定数の抜本是正を求める請願につきまして、報告は不採択でありますけれども、その内容についてお聞きをしたいと思います。

 既に、国会では国民の世論に押されまして、3たびにわたって小選挙区制がつぶされたわけでありますが、この小選挙区制の導入に対して明確に反対の態度がとれないのはどういう内容であるのか、まず1点。

 それから2つ目には、1票の重みが現在1対6にまで、その格差が大きくなってきているという実態であります。この議員定数の不均衡を抜本的に是正することは急務だというふうに思うわけでありますが、また国会でも決議をされているところでありますが、残念ながらまだ実施をされていないわけであります。ですから当然、今このことが早急に国会でやられなければならないというふうに思うわけでありますが、その点についてはどのように審議をされ、その内容はどうであったか、お聞かせをいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(荻原勉君) 総務委員長 岩本博次君。

      (総務委員長 岩本博次君登壇)



◎総務委員長(岩本博次君) 22番 岩本でございます。松島議員にお答えをしたいと思います。

 この請願第6号は、6月議会より引き続き審議を慎重にしてきたわけでございます。今度の委員会におきましては採決すべきという意見が多く、採決をいたしました結果、賛成少数で不採択と決したわけでございます。

 よろしくご理解願いたいと思います。



○議長(荻原勉君) 14番 松島敏正君。

      (14番 松島敏正君登壇)



◆14番(松島敏正君) 14番 松島です。

 継続をしてお願いしたいと思いますが、ただいまご答弁をいただいたわけですけれども、最初の報告と全く同じでありまして、私が今、具体的に審査された内容の中で、この小選挙区制の請願を不採択にしなければならない理由は何かということ。

 それから今の1票の重みが、実態としては1対6というところまで格差が広がっている現状の中で、ここではその不均衡を是正するために処置をとれというふうに言っているわけですが、これも不採択にした理由は何かという点についてお伺いしたわけですが、改めてご答弁をいただきたいと思います。



○議長(荻原勉君) 総務委員長 岩本博次君。

      (総務委員長 岩本博次君登壇)



◎総務委員長(岩本博次君) 22番 岩本でございます。

 お答えいたします。

 この問題は本当に慎重に審議をしてきたわけでありますが、いろいろと意見が出ました。もちろん賛成の意見、反対の意見。まず問題になりましたのは、請願事項の中に「いかなる型であれ小選挙区制を取り入れた選挙制度を採用しないこと」こういうことになりますと、もうほとんど、これからはこういう問題を論議できないということになるということが大方の議員の意見でありました。もちろん1票の重みとか、そういうことについては、もちろんみんな真剣に議員の皆さんは考えております。国会におきましても、これからもちろん、こういう問題を今後真剣に取り組まれていくだろうと、私どもも期待をいたしております。

 以上であります。



○議長(荻原勉君) ほかに通告がありませんので、以上をもって総務委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 総務委員長の報告のうち、議案第1号 中野市監査委員条例等の一部を改正する条例案、及び議案第11号 北信地域広域行政事務組合規約の変更について、並びに他の委員会と関連のあります議案第3号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第3号)及び継続審査となっております請願第6号 小選挙区制・政党法に反対し、議員定数の抜本是正を求める請願の以上議案3件、請願1件を除き、他の議案3件について討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 総務委員長の報告のうち、議案第1号及び議案第11号並びに他の委員会と関連のあります議案第3号及び継続審査となっております請願第6号の以上議案3件、請願1件を除き、他の議案3件について、総務委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案3件については総務委員長の報告のとおり可決されました。

 社会文教委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、社会文教委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 社会文教委員長の報告のうち、議案第12号 北信保健衛生施設組合規約の変更について、及び議案第13号 北信保健衛生施設組合規約の変更に伴う財産処分について、並びに他の委員会と関連のあります議案第3号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第3号)の以上議案3件を除き、他の議案3件について討論を行います。

 通告がありませんので、討論を終結いたします。

 採決いたします。

 社会文教委員長の報告のうち、議案第12号及び議案第13号並びに他の委員会と関連のあります議案第3号の以上議案3件を除き、他の議案3件について、社会文教委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案3件については社会文教委員長の報告のとおり可決されました。

 建設水道委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、建設水道委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 建設水道委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第3号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第3号)の議案1件を除き、他の議案2件について討論を行います。

 通告がありませんので、討論を終結いたします。

 採決いたします。

 建設水道委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第3号の議案1件を除き、他の議案2件について、建設水道委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案2件については建設水道委員長の報告のとおり可決されました。

 経済委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、経済委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 経済委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第3号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第3号)の議案1件を除き、他の議案4件について討論を行います。

 通告がありませんので、討論を終結いたします。

 採決いたします。

 経済委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第3号の議案1件を除き、他の議案4件について、経済委員長の報告のとおり可決及び承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案4件については経済委員長の報告のとおり可決及び承認されました。

 次に、総務委員会に付託いたしました議案第1号 中野市監査委員条例等の一部を改正する条例案、及び議案第11号 北信地域広域行政事務組合規約の変更について、並びに社会文教委員会に付託いたしました議案第12号 北信保健衛生施設組合規約の変更について、及び議案第13号 北信保健衛生施設組合規約の変更に伴う財産処分について、並びに各委員会に分割付託いたしました議案第3号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第3号)の以上議案5件について討論を行います。

 通告がありますので、討論を許します。

 24番 青木豊一君。

      (24番 青木豊一君登壇)



◆24番(青木豊一君) 青木豊一でございます。

 反対討論を行いたいと思います。

 最初に、議案第1号 中野市監査委員条例等の一部を改正する条例案について行います。

 本条例案の第1の問題は、本条例案中の市税及び手数料条例の一部改正は、地方自治法の改定によって、地域による団体、すなわち行政区の法人を認めると同時に、法人化した区から市税の均等割の徴収を認めるものであります。財産管理上の利点はあっても税負担は避けるべきであります。

 第2は、区が法人化されることによって、他の区との差別を生む危険があるからであります。

 次に、議案第3号 中野市一般会計補正予算(第3号)について、次の3点から反対討論を行います。

 第1は、歳入の中で、特別土地保有税及び個人市民税についてであります。特別土地保有税は、牧ノ入のゲレンデ敷地1万 4,000余平米を国土法に基づいて取得するため、2人の名義で購入して発生したものであります。この敷地は現在、牧ノ入スキー場のゲレンデ敷地として使用されているもので、県外の人物が立ち入りを許可しなくなれば同スキー場にとって重大な影響を及ぼしかねないものであります。このような市内の人や市内業者をいじめる結果に結びつくものであり、これらのことに強く反対するものであります。

 また、個人市民税四千三百数十万円の多くは、納税の基本である自主申告を侵す徴税更正のもとで発生したものであります。もちろん不正な脱税行為は認められるべきものではありませんが、納税者の権利を侵す恐れのある徴税はやめるべきであり、反対するものであります。

 第2の点は、生活保護費の扶助費の大幅削減についてであります。日本国憲法第25条は「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と言っているにもかかわらず、今日の生活保護の実態は余りにも貧弱なものであります。例えば65歳の夫婦の場合、1人1日約 1,470円、これで食事、電気、テレビ代などに充てなければなりません。これが世界第2位の経済大国の実態であります。今度の減額補正も、こうした貧弱な福祉行政の落とし子であります。その結果、保護率が1983年当時より約30%も後退する結果になるのであります。

 第3に、土木費の道路橋梁総務費の県施行工事に対する負担金についてであります。この補正額 7,900余万円は、土屋市長自身、意に沿わないものと答弁せざるを得ないように、中野市が負担すべきものではありません。

 なぜなら、1つは、有料道路の認可時点で道路構造の設計変更は明確になっていたものであります。私は1989年、平成元年の9月議会で、同年2月から七瀬地区で行われたボーリング調査の結果について市長に質問いたしました。土屋市長は、地質調査の結果、土盛りの工法について、工法的に慎重な検討がさらに必要となったと答弁されているわけであります。このように地元からの要望ではなく、県自身の設計に重大な欠陥があり、事業認可前に設計変更が求められていたものであります。これを地元の要望などとすりかえることはできないものであり、当然、県や道路公社の中で負担されるべきものであります。

 第2は、この道路はオリンピック関連道路の第1次調査区間の事業認可道路であり、オリンピック事業対応として当然、国・県の責任で施工されるべきものであります。

 次に、議案第11号及び12号、13号について反対討論を行います。

 これらの一連の問題は、地方行革による統廃合であり、また落とし子でもあるわけであります。そして伝染病を、この北信広域圏に1カ所とするものであります。今日、国際化と言われる中で伝染病が各地で広がってきているという、こういう実態からも、あえて統廃合する必要はありません。このような地方行革のもとに進められる統廃合に強く反対して、反対討論を終わります。

 以上です。



○議長(荻原勉君) ほかに通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 初めに、議案第1号 中野市監査委員条例等の一部を改正する条例案について、総務委員長の報告は可決であります。総務委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (多数起立)



○議長(荻原勉君) 起立多数であります。

 よって、議案第1号は総務委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第11号 北信地域広域行政事務組合規約の変更について、総務委員長の報告は可決であります。総務委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (多数起立)



○議長(荻原勉君) 起立多数であります。

 よって、議案第11号は総務委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第12号 北信保健衛生施設組合規約の変更について、社会文教委員長の報告は可決であります。社会文教委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (多数起立)



○議長(荻原勉君) 起立多数であります。

 よって、議案第12号は社会文教委員長の報告とおり可決されました。

 次に、議案第13号 北信保健衛生施設組合規約の変更に伴う財産処分について、社会文教委員長の報告は可決であります。社会文教委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (多数起立)



○議長(荻原勉君) 起立多数であります。

 よって、議案第13号は社会文教委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、各委員会に分割付託いたしました議案第3号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第3号)について、各委員長の報告は可決であります。各委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (多数起立)



○議長(荻原勉君) 起立多数であります。

 よって、議案第3号は各委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、総務委員会に付託し継続審査となっておりました請願第6号 小選挙区制・政党法に反対し、議員定数の抜本是正を求める請願について討論を行います。

 通告がありますので、発言を許します。

 14番 松島敏正君。

      (14番 松島敏正君登壇)



◆14番(松島敏正君) 14番 松島敏正でございます。

 請願第6号 小選挙区制・政党法に反対し、議員定数の抜本是正を求める請願につきまして、採択すべきものという立場から討論いたします。

 自民党は、衆議院選挙制度に小選挙区比例代表制を導入することを中心とする政治改革関連3法案骨子を党議決定をして、さきの臨時国会へ提出をいたしました。日本共産党が繰り返し指摘してきたように、小選挙区制は比較第1党に絶対多数を保証し、多数の死票を生み出すものであり、国民の意思を正しく国会に反映するという基準から見て最悪の制度であります。各種試算も、自民党が4割台の得票で8割近い絶対多数の議席を獲得することを共通して示しております。比例代表制とのあれこれの組み合わせの仕方が問題とする議論もありましたが、どのような形であれ、日本の選挙制度に小選挙区制を導入することは絶対に反対であります。

 加えて、自民党の法案骨子が、選挙への参加と比例代表選挙の議席配分などの点で政党の資格要件を設け、少数政党を排除するものとなっていることは、憲法と議会制民主主義の原則を踏みにじるものとして極めて重大であります。衆議院議員の定数を 512議席から 471議席へと大幅に削減しようとしていることも、国民の意思を正しく豊かに国会に反映させる見地から見て、削減すべき合理的根拠はありません。

 自民党は政治改革の名のもとに、小選挙区制導入を進めようとしておりますが、ここには国民を欺く二重のすりかえがあると思います。

 その1つは、金権腐敗一掃という国民の願いを小選挙区制導入という選挙制度の問題にすりかえることであります。金権腐敗の問題が、この選挙制度の改革に利用されておるわけでありますが、自民党は金権腐敗問題での反省を全く欠いたまま、諸悪の根源は中選挙区制にあると、根拠もなく決めつけて小選挙区制導入を進めようというのは、まさに国民を愚弄するやり方にほかならないと思います。

 2つ目は、現行制度のもとで、議員定数のゆがみ、ひずみを是正する問題を、選挙制度そのものを改革する問題にすりかえていることであります。今日の議員定数格差が、憲法の保障する選挙権の平等に著しく反したものであることは、一連の司法判断でも明らかであります。ところが自民党は、現行制度のもとでは定数是正は不可能だと、これも根拠もなく決めつけて、これを拒否する態度をとり、定数是正のためには小選挙区制しかないとしているわけであります。これも国民を欺瞞する卑劣なすりかえであると思うわけであります。今、行うべきことは定数是正を抜本的に現行制度のもとで行うことであります。これは国会でも決議されており、公職選挙法でも義務づけられていることであり、政府・自民党があれこれの理由をつけて拒否することは許されないことだというふうに思います。

 さきの臨時国会で海部内閣が運命をかけるといって、しゃにむに強行を図ろうとした小選挙区制が国民の大きな反対運動の中で、全野党の一致した反対、最後には自民党の内部にまで反対の火の手が広がって、惨めな廃案という結果に終わり、海部内閣はこれによって退陣表明をせざるを得なくなり、事実上の総辞職に追い込まれたことは、民主主義と国民の戦いの大きな勝利であります。海部内閣と自民党は、この法案が廃案になった後も小選挙区制の火種を残そうと、臨時国会会期ぎりぎりまで画策いたしましたが、これも日本共産党初めとする野党の一致した反対により、失敗に追い込まれたわけであります。

 このような事態を踏まえ、民主主義の原点を守り、民意が正しく国会で反映されるためには、本請願を採択し、国へ要請すべきものと考えるわけであります。議員各位のご理解と良識によってご賛成いただきますようお願い申し上げまして、討論といたします。



○議長(荻原勉君) ほかに通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 継続審査となっておりました請願第6号 小選挙区制・政党法に反対し、議員定数の抜本是正を求める請願について、総務委員長の報告は不採択であります。原案について採決いたします。請願第6号を原案のとおり採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (少数起立)



○議長(荻原勉君) 起立少数であります。

 よって、請願第6号は不採択と決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△4 議案第18号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案



△5 議案第19号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案



△6 議案第20号 中野市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例案



○議長(荻原勉君) 日程4 議案第18号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案から日程6 議案第20号 中野市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例案までの、以上議案3件を一括して議題といたします。

 (議会事務局長徳武栄一君議案を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 提案者の説明を求めます。

 市長。

      (市長 土屋武則君登壇)



◎市長(土屋武則君) 議案第18号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案についてご説明申し上げます。

 本案は、去る8月の人事院勧告に基づく国・県の特別職の職員の給与改定に準じ特別職の職員等の給与を改定するものであります。改正の内容は、期末手当の改定であります。

 次に、議案第19号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案について申し上げます。

 本案は、前議案と同様、国・県の給与改定に準じて職員の給与改定を行うものであります。改正の内容は、給料表、扶養手当、通勤手当、期末手当等の改定のほか、管理職員特別勤務手当を新たに設けるものであります。

 次に、議案第20号 中野市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例案について申し上げます。

 本案は、前議案と同様、国・県の給与改定に準じて企業職員の給与改定を行うものであります。改正の内容は、管理職員特別勤務手当を新たに設けるものであります。

 以上3件についてご説明申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△7 議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)



△8 議案第22号 平成3年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)



△9 議案第23号 平成3年度中野市授産所事業特別会計補正予算(第2号)



△10 議案第24号 平成3年度中野市学校給食共同調理場事業特別会計補正予算(第2号)



△11 議案第25号 平成3年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第4号)



△12 議案第26号 平成3年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)



△13 議案第27号 平成3年度中野市水道事業会計補正予算(第3号)



○議長(荻原勉君) 日程7 議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)から日程13 議案第27号 平成3年度中野市水道事業会計補正予算(第3号)までの、以上議案7件を一括して議題といたします。

 (議会事務局長徳武栄一君議案を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 提案者の説明を求めます。

 市長。

      (市長 土屋武則君登壇)



◎市長(土屋武則君) 議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)について申し上げます。

 本案は、議案第18号、第19号及び20号の条例改正に伴う給与改定並びに既決人件費の調整等を行うものでありまして、補正総額は 1,899万 7,000円の追加でございます。補正後の予算総額は 162億 4,134万 7,000円となります。

 補正の主な内容につきましては、給与改定に係る所要額 9,421万余円となりますが、既決経費の調整を図り、それぞれの科目に計上いたしましたほか、特別会計の給与改定並びに市社協職員の給与改定に係る財源として繰出金等を計上いたしております。以上の財源につきましては、国庫支出金 934万余円、県支出金 466万余円等を見込んでおります。

 次に、議案第22号から議案第27号までの特別会計並びに企業会計の補正6件につきましても一般会計同様、職員の給与改定並びに既決人件費の調整による補正でありまして、その財源といたしましては、一般会計からの繰入金等を見込んでおります。

 以上7件につきまして一括してご説明申し上げました。よろしくご審議をお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△14 議案質疑



○議長(荻原勉君) 日程14 議案質疑を行います。

 初めに、議案第18号から議案第20号までの以上議案3件について願います。

      (発言する者なし)



○議長(荻原勉君) 次に、議案第21号から議案第27号までの以上議案7件について願います。

      (発言する者なし)



○議長(荻原勉君) ありませんければ、以上をもって議案質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△15 議案付託

         議案付託表

 議案第18号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案

 議案第19号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案

 議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)

         歳入全般

         歳出のうち  議会費、総務費(関係部分)、消防費

                             以上 総務委員会

 議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)

         歳出のうち  総務費(関係部分)、民生費、

                衛生費、教育費

 議案第22号 平成3年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第23号 平成3年度中野市授産所事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第24号 平成3年度中野市学校給食共同調理場事業特別会計補正予算(第2号)

                             以上 社会文教委員会

 議案第20号 中野市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例案

 議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)

         歳出のうち  土木費

 議案第25号 平成3年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第4号)

 議案第27号 平成3年度中野市水道事業会計補正予算(第3号)

                             以上 建設水道委員会

 議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)

         歳出のうち  労働費、農林水産業費、商工費

 議案第26号 平成3年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

                             以上 経済委員会



○議長(荻原勉君) 日程15 議案付託をいたします。

 議案第18号から議案第27号までの以上議案10件について、お手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、各常任委員会に付託いたします。

 各委員会におかれましては議案の審査を願い、早急に議長の手元まで報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩)(午後3時09分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(再開)(午後4時21分)



○議長(荻原勉君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△16 議案第18号〜議案第27号 各委員長報告



○議長(荻原勉君) 日程16 これより各委員長の報告案件全部を議題といたします。

 (議会事務局長徳武栄一君総務委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 総務委員長の報告を求めます。

 総務委員長 岩本博次君。

      (総務委員長 岩本博次君登壇)



◎総務委員長(岩本博次君) 22番 岩本でございます。

 総務委員会の審査報告を申し上げます。

 先ほどの本会議におきまして当委員会に付託のありました議案第18号、議案第19号、議案第21号につきまして、直ちに委員会を開催し、慎重に審査をいたしました。

 審査の結果につきましては、お手元に書面をもってご報告申し上げたとおり、それぞれ原案のとおり可決することに決しました。

 本会議におかれましても、当委員会の決定どおりご賛成くださいますようお願いを申し上げまして、総務委員会の審査報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (議会事務局長徳武栄一君社会文教委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 社会文教委員長の報告を求めます。

 社会文教委員長 武田安雄君。

      (社会文教委員長 武田安雄君登壇)



◎社会文教委員長(武田安雄君) 20番 武田でございます。

 社会文教委員会の審査報告を申し上げます。

 先ほどの本会議におきまして社会文教委員会に付託のございました議案4件につきまして、直ちに委員会を開催し、慎重に審査を行いました。

 結果につきましては、書面をもってご報告申し上げましたとおり、原案どおり可決すべきものと決しました。

 本会議におかれましても、社会文教委員会の決定どおりご賛成をいただきますようお願いを申し上げまして、委員会の報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (議会事務局長徳武栄一君建設水道委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 建設水道委員長の報告を求めます。

 建設水道委員長 土屋敬一郎君。

      (建設水道委員長 土屋敬一郎君登壇)



◎建設水道委員長(土屋敬一郎君) 16番 土屋敬一郎でございます。

 建設水道委員会の審査報告を申し上げます。

 先ほどの本会議において当建設水道委員会に付託のありました議案4件につきまして、早速、委員会を開催し、慎重に審査いたしました。

 結果につきましては、お手元へ書面をもってご報告申し上げているとおり、全議案とも全員の賛成で、原案どおり可決すべきものと決しました。

 議員各位におかれましては、建設水道委員会の決定どおりご賛成くださいますようお願い申し上げまして、建設水道委員会の審査報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (議会事務局長徳武栄一君経済委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 経済委員長の報告を求めます。

 経済委員長 春原勝君。

      (経済委員長 春原勝君登壇)



◎経済委員長(春原勝君) 18番 春原勝でございます。

 経済委員会の審査報告を申し上げます。

 本日の議会におきまして当委員会に付託のありました議案2件につきまして、直ちに委員会を開き、慎重に審査をいたしました。

 結果につきましては、お手元に報告いたしましたとおり、可決であります。

 本議会におかれましても、当委員会の決定どおりご賛成をいただきますようお願いを申し上げまして、審査の報告といたします。



○議長(荻原勉君) 以上をもって各委員長の議案審査の報告を終わります。

 ただいまの各委員長の報告に対して、質疑並びに討論のあります方は早急に書面をもって議長の手元まで通告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩)(午後4時27分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(再開)(午後4時32分)



○議長(荻原勉君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△17 委員長報告に対する質疑



△18 討論、採決



○議長(荻原勉君) 日程17 これより各委員長の報告に対する質疑及び日程18 討論、採決を行います。

 初めに、総務委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、以上をもって総務委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 総務委員長の報告のうち、議案第18号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案、及び他の委員会と関連のあります議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)の以上議案2件を除き、他の議案1件について討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 総務委員長の報告のうち、議案第18号及び他の委員会と関連のあります議案第21号の以上議案2件を除き、他の議案1件について、総務委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案1件については総務委員長の報告のとおり可決されました。

 社会文教委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、以上をもって社会文教委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 社会文教委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)の議案1件を除き、他の議案3件について討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 社会文教委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第21号の議案1件を除き、他の議案3件について、社会文教委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案3件については社会文教委員長の報告のとおり可決されました。

 建設水道委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、以上をもって建設水道委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 建設水道委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)の議案1件を除き、他の議案3件について討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 建設水道委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第21号の議案1件を除き、他の議案3件について、建設水道委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案3件については建設水道委員長の報告のとおり可決されました。

 経済委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、以上をもって経済委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 経済委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)の議案1件を除き、他の議案1件について討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 経済委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第21号の議案1件を除き、他の議案1件について、経済委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案1件については経済委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、総務委員会に付託いたしました議案第18号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案、及び各委員会へ分割付託いたしました議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)の以上議案2件について討論を行います。

 通告がありますので、発言を許します。

 24番 青木豊一君。

      (24番 青木豊一君登壇)



◆24番(青木豊一君) 青木豊一でございます。

 議案第18号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案並びに議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)につきまして、反対討論を行います。

 最初に、議案第18号について、2点について反対の討論をしたいと思います。

 第1点は、本条例案は、いわゆる特別職の期末手当を10%引き上げようとするものであります。既にご承知のように、議員報酬は40%の優遇措置があり、なおかつ今度新たに10%の引き上げをしようとするものであります。これは今日、企業が経済的に非常に厳しい状況を迎え、なおかつ中野市の基幹産業であります農業におきましては、リンゴ等を中心にいたしまして約9億円の台風による被災があったわけであります。こうしたときに特別職が10%の報酬を引き上げるということは、市民の皆さん方の感情から見て、決して許されるものではないというふうに考えるものであります。

 次に、2点目の問題は、しかもこの条例改正は、ことしの4月1日にさかのぼって施行されるというふうに、施行に当たっても、さかのぼりをするものであります。このような点で、二重にこの条例の改定は市民の皆さん方の納得を得がたいものであると思いますので、反対するものであります。

 次に、議案第21号について反対討論を行いたいと思います。

 本議案は、ご承知のように主には一般職の職員の人勧の勧告の実施に伴うものであり、全体として当然これは執行されるべきものであります。しかし残念なことに、この中に、先ほども条例の中で申し上げましたように特別職等の期末手当の引き上げ等が入っておるわけでありまして、こうした特別職の期末手当の引き上げについて反対をするものであります。

 以上であります。



○議長(荻原勉君) ほかに通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 議案第18号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案について、総務委員長の報告は可決であります。総務委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (多数起立)



○議長(荻原勉君) 起立多数であります。

 よって、議案第18号は総務委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、各委員会へ分割付託いたしました議案第21号 平成3年度中野市一般会計補正予算(第4号)について、各委員長の報告は可決であります。各委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (多数起立)



○議長(荻原勉君) 起立多数であります。

 よって、議案第21号は各委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△19 議案第28号 中野市中野財産区管理委員の選任の同意について



○議長(荻原勉君) 日程19 議案第28号 中野市中野財産区管理委員の選任の同意についてを議題といたします。

 (議会事務局長徳武栄一君議案を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 提案者の説明を求めます。

 市長。

      (市長 土屋武則君登壇)



○議長(荻原勉君) 議案第28号 中野市中野財産区管理委員の選任の同意についてご説明申し上げます。

 本案は、中野市中野財産区管理委員のうち、北村ミツオ氏が本年10月27日死亡されましたので、新たに北村喜久三氏を同管理委員に選任するため、議会の同意をお願いするものであります。

 よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(荻原勉君) この際、議事の都合により、あらかじめ本日の会議時間を延長いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△20 議第3号 看護婦確保対策に関する意見書について



○議長(荻原勉君) 日程20 議第3号 看護婦確保対策に関する意見書についてを議題といたします。

 (議会事務局長徳武栄一君議案を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 提案者の説明を求めます。

 19番 頓所昭司君。

      (19番 頓所昭司君登壇)



◎19番(頓所昭司君) 19番 頓所昭司でございます。

 議第3号 看護婦確保対策に関する意見書について、提案理由の説明をいたします。

 我が国は、今や世界の最長寿国となり、21世紀に向けてますます高齢化社会に進行していくことは予想されるとおりでございます。国は、健康で思いやりのある高齢化社会にするため、高齢者健康福祉10カ年戦略を打ち出し、各地方自治体において具体的な施策を検討されていることはご存じのとおりでございます。

 しかしながら、高齢化社会になればなるほど、医療の需要の増大することは避けて通ることはできません。加えて、技術革新による産業構造の複雑化、車社会とも言われる現今、交通事故の増大等、今後、医療の果たす役割はますます大きくなりつつあります。そして医療現場における診療補助と思いやりのある温かい患者ケアを担う看護婦は極めて重要であり、その確保こそゴールドプラン推進の中核であるとも言われております。

 健康はだれもの共通の願いであり、安心してよい医療及び看護を受けることは憲法で保障された国民の権利でございます。そして社会環境は、週休2日制、労働時間の短縮の方向で検討されている中で、看護婦は夜勤を初め、厳しい労働条件のため、ますます人的不足を生じ、我が国医療体制確立に大きな波紋を投げております。

 そこで、看護婦の量的確保と質的向上のためには、看護婦確保法を制定し、意見書に記述したように、労働条件及び処遇の抜本的改善、養成学校施設の増設整備、入学定員の増員、医療法の配置基準の改正、診療報酬の評価、賃金・物価の上昇に応じた社会保険診療報酬の毎年の改定、運営費の公費補助の増額、修学者援助施策が必要であります。

 そこで、その内容を盛り込んだ看護婦確保対策に関する意見書を関係行政庁に提出しようとするものでございます。

 議員各員のご理解とご賛成をお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△21 議案質疑



△22 討論、採決



○議長(荻原勉君) 日程21 議案質疑、日程22 討論、採決を行います。

 初めに、議案質疑を行います。

 議案第28号 中野市中野財産区管理委員の選任の同意について願います。

 ありませんければ、議第3号 看護婦確保対策に関する意見書について願います。

 ありませんければ、以上をもって議案質疑を終結いたします。

 この際、お諮りいたします。

 議案第28号及び議第3号の以上議案2件については、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

      (「異議なし」という声あり)



○議長(荻原勉君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第28号及び議第3号の以上議案2件については委員会への付託を省略し、直ちに討論を行います。

 討論のあります方は早急に、書面をもって議長の手元まで通告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩)(午後4時49分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(再開)(午後4時49分)



○議長(荻原勉君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 初めに、議案第28号 中野市中野財産区管理委員の選任の同意について、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案第28号は原案のとおり同意することに決しました。

 次に、議第3号 看護婦確保対策に関する意見書について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議第3号については原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△23 議第4号 議会運営委員会委員の選任について



○議長(荻原勉君) 日程23 議第4号 議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。

 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により議長において指名いたします。

 委員氏名を事務局長をして朗読いたさせます。

 (議会事務局長徳武栄一君議会運営委員会選任名簿を朗読する。)

● 議会運営委員会             委員     芋川武一君

                       〃      小野富雄君

                       〃      田中 猛君

                       〃      小林東助君

                       〃      頓所昭司君

                       〃      武田安雄君

                       〃      青木豊一君

                       〃      武田亥佐雄君



○議長(荻原勉君) ただいま朗読のとおり、議会運営委員会委員として選任いたしたいと思います。これに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議長が指名いたしましたとおり議会運営委員に選任することに決しました。

 議会運営委員会の正副委員長については、委員会条例第9条第2項の規定により議会運営委員会において互選の上、議長に報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩)(午後4時52分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(再開)(午後5時00分)



○議長(荻原勉君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) 議会運営委員会の正副委員長が決定いたしましたので、事務局長をして報告いたさせます。

 (議会事務局長徳武栄一君議会運営委員会正副委員長名簿を朗読する。)

● 議会運営委員会             委員長    武田亥佐雄君

                      副委員長   頓所昭司君



○議長(荻原勉君) 以上のとおりでありますから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△24 議第5号 委員会の継続審査及び調査について



○議長(荻原勉君) 日程24 議第5号 委員会の継続審査及び調査についてを議題といたします。

 (議会事務局長徳武栄一君議案を朗読する。)



○議長(荻原勉君) ただいま朗読のとおり、議会の運営に関する事項等について、議会運営委員長から会議規則第 104条の規定により閉会中の継続審査及び調査の申し出がありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△25 討論、採決



○議長(荻原勉君) 日程25 討論、採決を行います。

 初めに討論を行います。

 討論のあります方は早急に書面をもって議長の手元まで通告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩)(午後5時01分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(再開)(午後5時01分)



○議長(荻原勉君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 議会の運営に関する事項等について、議第5号のとおり、閉会中も継続して審査及び調査に付すことに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議会運営に関する事項等について、閉会中も継続して審査及び調査に付すことに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) 以上をもって予定した議事は全部終了いたしました。

 ここで市長からあいさつがあります。

 市長。

      (市長 土屋武則君登壇)



◎市長(土屋武則君) 閉会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げ、お礼を申し上げたいと存じます。

 激動の年と言われました1年間、振り返って見ますと、それぞれ心に思うものがございますし、そしてまた大変な1年間であったと思うわけであります。特に台風19号につきましては、農作物、特に果樹類に大変な被害を及ぼしました。改めて被災農家に対しまして衷心よりお見舞いを申し上げる次第であります。

 また市民の皆さん、そして特に議会の皆さん等々、ご好意をお寄せいただきました雲仙普賢岳のお見舞いにつきましても、市を挙げてお見舞いをちょうだいし、それを現地にお送りすることができまして、市長として大変ありがたく、改めてお礼を申し上げる次第であります。この上は一刻も早く雲仙普賢岳が大災害から逃れられるように、そして国を挙げての防災に完全を期していただくように、心から私どもも希望する次第でございます。

 さて、12月定例市議会、去る3日以来、大変長い間にわたりましてご精励をいただきました。これまた衷心より敬意を表する次第であります。提案いたしました各議案、それぞれ議決、認定、承認をいただきまして、心から、これまた御礼を申し上げる次第であります。

 師走といっても、もう半ばを過ぎました。いよいよ年の瀬を迎えるわけでありますが、どうかひとつ議員各位には十分風邪等にご留意をいただきまして、新しい年を輝かしく、お元気でお迎えをいただきますよう心から念じてやまない次第であります。

 以上申し上げまして、お礼かたがた閉会に当たりまして、ごあいさつにかえさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△26 閉会



○議長(荻原勉君) 去る12月3日から本日までの会期15日間にわたりました平成3年第6回中野市議会定例会は、以上をもって閉会といたします。

 大変ご苦労さまでした。(拍手)

(閉会)(午後5時05分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上会議の顛末を記録し、相違ないことを証明するためここに署名する。

       平成3年  月  日

           中野市議会議長  荻原 勉

           署名議員     滝沢 忠

           署名議員     土屋敬一郎