議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 中野市

平成28年  3月 定例会(第1回) 03月01日−01号




平成28年  3月 定例会(第1回) − 03月01日−01号







平成28年  3月 定例会(第1回)



          平成28年第1回中野市議会定例会会議録

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

中野市告示第26号

平成28年3月1日(火) 中野市役所議場に開く。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          平成28年3月1日(火) 午前10時開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第1号)

 1 開会

 2 会議録署名議員指名

 3 会期等の決定

 4 報告第1号 交通事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について

 5 報告第2号 道路上の事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について

 6 議案第1号 中野市行政不服審査会条例案

 7 議案第2号 中野市職員の退職管理に関する条例案

 8 議案第3号 中野市表彰条例の一部を改正する条例案

 9 議案第4号 中野市情報公開条例の一部を改正する条例案

10 議案第5号 中野市個人情報保護条例の一部を改正する条例案

11 議案第6号 中野市情報公開等審査会条例の一部を改正する条例案

12 議案第7号 中野市職員の勤務時間及び休暇等に関する条例の一部を改正する条例案

13 議案第8号 中野市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例案

14 議案第9号 中野市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例案

15 議案第10号 中野市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案

16 議案第11号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案

17 議案第12号 中野市手数料条例の一部を改正する条例案

18 議案第13号 中野市市税条例の一部を改正する条例案

19 議案第14号 中野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案

20 議案第15号 中野市水防協議会条例の一部を改正する条例案

21 議案第16号 中野市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例案

22 議案第17号 中野市学校給食センター運営委員会条例の一部を改正する条例案

23 議案第18号 中野市社会教育委員条例の一部を改正する条例案

24 議案第19号 中野市公民館条例の一部を改正する条例案

25 議案第20号 中野市立図書館条例の一部を改正する条例案

26 議案第21号 中野市立博物館条例の一部を改正する条例案

27 議案第22号 中野市社会就労センター条例の一部を改正する条例案

28 議案第23号 中野市介護保険条例の一部を改正する条例案

29 議案第24号 中野市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例案

30 議案第25号 中野市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例案

31 議案第26号 中野市児童センター条例の一部を改正する条例案

32 議案第27号 中野市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例案

33 議案第28号 中野市病児・病後児保育施設条例の一部を改正する条例案

34 議案第29号 中野市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例案

35 議案第30号 中野市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例案

36 議案第31号 中野市働く婦人の家条例の一部を改正する条例案

37 議案第32号 中野市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例案

38 議案第33号 中野市都市公園条例の一部を改正する条例案

39 議案第34号 中野市下水道条例の一部を改正する条例案

40 議案第35号 平成27年度中野市一般会計補正予算(第4号)

41 議案第36号 平成27年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

42 議案第37号 平成27年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)

43 議案第38号 平成27年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

44 議案第39号 平成27年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)

45 議案第40号 平成27年度中野市水道事業会計補正予算(第2号)

46 議案第41号 平成28年度中野市一般会計予算

47 議案第42号 平成28年度中野市国民健康保険事業特別会計予算

48 議案第43号 平成28年度中野市後期高齢者医療事業特別会計予算

49 議案第44号 平成28年度中野市介護保険事業特別会計予算

50 議案第45号 平成28年度中野市倭財産区事業特別会計予算

51 議案第46号 平成28年度中野市永田財産区事業特別会計予算

52 議案第47号 平成28年度中野市中野財産区事業特別会計予算

53 議案第48号 平成28年度中野市下水道事業会計予算

54 議案第49号 平成28年度中野市水道事業会計予算

55 議案第50号 中野市新庁舎建設整備実施設計業務及び建設工事に係る設計・施工契約の締結について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件………議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員次のとおり(18名)

      1番  芦澤孝幸君

      2番  堀内臣夫君

      3番  宇塚千晶君

      4番  保科政次君

      5番  青木正道君

      6番  金子高幸君

      7番  高野良之君

      8番  松野繁男君

      9番  小林忠一君

     10番  阿部光則君

     11番  原澤年秋君

     13番  永沢清生君

     14番  清水正男君

     15番  深尾智計君

     16番  芋川吉孝君

     17番  町田博文君

     18番  湯本隆英君

     19番  青木豊一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員次のとおり(2名)

     12番  武田俊道君

     20番  荻原 勉君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名次のとおり

  議会事務局長  小野富夫

  〃 次長    柴本 豊

  書記      丸山賢司

  〃       宮澤 務

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため議場に出席した者の職氏名次のとおり

  市長                  池田 茂君

  副市長                 横田清一君

  教育委員長               長島克己君

  選挙管理委員長             丸山邦夫君

  農業委員会長              中村秀人君

  監査委員                井本久夫君

  教育長                 小嶋隆徳君

  総務部長                大堀和男君

  健康福祉部長兼福祉事務所長       小林みゆき君

  子ども部長               荻原由美子君

  くらしと文化部長            佐々木 正君

  経済部長                原  誠君

  建設水道部長              小林之美君

  消防部長                伊東幹夫君

  豊田支所長               町田郁夫君

  会計管理者               宮澤章仁君

  教育次長                石川保文君

  庶務課長                保科 篤君

  財政課長                花岡隆志君

  庶務課長補佐              土屋龍昭君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (開議)(午前10時00分)

 (開議に先立ち議会事務局長小野富夫君本日の出席議員数及び説明のため議場に出席した者の職氏名を報告する。)



△1 開会



○議長(芋川吉孝君) ただいま報告のとおり、出席議員数が定足数に達しておりますから、議会は成立いたしました。

 これより平成28年第1回中野市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布いたしてあります議事日程第1号のとおりでありますから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芋川吉孝君) はじめに、市長からあいさつがあります。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 本日ここに、平成28年3月市議会定例会を招集いたしましたところ、ご出席いただきまして厚く御礼申し上げます。

 早いもので、今月から3月となり、平成27年度も1カ月を残すのみとなりました。

 今年度予定していた事業は、ほぼ順調に執行することができており、これも議員各位のご理解とご協力によるものと深く感謝申し上げます。

 この1年を振り返りますと、昨年4月に新市誕生から10年を迎え、各種イベントを「合併10周年記念事業」として開催してまいりました。昨年10月7日には記念式典を挙行し、新たな10年のスタートに向けての区切りと相なりました。市では、今後10年のまちづくりの指針となる第2次中野市総合計画を策定いたしました。

 その基本理念となる基本構想において、引き続き目指すべき都市像を「緑豊かなふるさと 文化が香る元気なまち」とし、継続性を持ってまちづくりに取り組むこととし、その指針として、次の6つの基本政策を掲げました。

 基本政策1として、未来のふるさとを担う子どもたちを育むまちづくり

 基本政策2として、支えあい健やかに暮らせる健康長寿のまちづくり

 基本政策3として、にぎわいと活力あるまちづくり

 基本政策4として、ふるさとを学び育つ文化のまちづくり

 基本政策5として、安心・安全で住みよいまちづくり

 基本政策6として、市民参加と協働のまちづくり

 以上の基本政策の推進に向け、基本計画において具体的政策目標を策定したところであります。

 また、迎える新年度は、この総合計画と整合を図りながら、中野市まち・ひと・しごと創生総合戦略の実行の年となります。

 国において、各自治体の取り組みを促進するため、補正予算において地方創生加速化交付金を創設いたしました。本市においても、本議会で、本交付金の活用を見込んだ補正予算をご提案申し上げることとしております。

 これまで私は、交流・連携・協働の地域づくりを唱え、市政に取り組んでまいりましたが、さらに市民の皆様と市のあるべき姿の共有を深め、新たな10年に向けて、よいスタートの年となるよう、職員一丸となって取り組んでまいりますので、議員各位のさらなるご協力をお願い申し上げます。

 昨年3月14日に北陸新幹線、長野・金沢間が開業してから、間もなく1年を迎えます。経営視点を重視した観光振興に取り組む「DMO」に登録申請している信越自然郷や近隣自治体、関係機関と連携しながら、本市を含む北信州の魅力を発信し、飯山駅を活用した交流人口の増加に向け、積極的に取り組んでまいります。

 首都圏への情報発信の取り組みとして、先月25日、「信州なかのスイーツプロジェクト」と銘打って、本市産の食材を使った新作スイーツの発表を東京都で開催し、私も参加してまいりました。今後、スイーツの商品化に向けた開発に取り組んでまいります。

 また、当日は、生産者と首都圏の消費者が直接交流するイベントも行われ、安全でおいしい本市の農産物をPRし、消費者の声を聞くよい機会となりました。こうした取り組みを通じ、信州中野のファン獲得のため、引き続き工夫を凝らし情報発信を行ってまいります。

 さて、昨年教育委員会がお示しした「中野市立小学校及び中学校適正規模等基本方針(案)」につきましては、昨年12月に市内4カ所において保護者懇談会を開催し、多くの保護者の方からご意見をいただきました。現在、いただいた意見を集約し、今後の方向性について協議しているところでありますので、ご理解をお願いいたします。

 平成24年度から行ってきた北信総合病院の再構築工事は、平成28年度の救急外来、リハビリ、ドックが入った救急診療棟の完成をもって全ての工事が完了となります。北信地域の医療のかなめとなる総合的な医療体制が整います。

 また、新市庁舎の整備につきましては、過日、プロポーザル方式において、最適候補者を決定し、仮契約を締結したところであります。新年度予算(案)に計上している関連事業費とあわせて、今議会においてご提案申し上げているところであります。市民の安心・安全のためにも着実に進めてまいりたいと考えておりますので、ご理解をお願い申し上げます。

 さて、近年、子どもたちを取り巻く環境は複雑・多様化し、犯罪や事件に巻き込まれる危険にさらされています。教育委員会では、小・中学校の児童・生徒の安全確保と非行の防止について、より充実を図るため、先月16日に、中野警察署と「児童生徒の健全育成に係る相互連絡に関する協定」を締結いたしました。

 また、地震などの災害時には、インフラの早期復旧は大きな課題でありますが、災害時、水道施設を早期に復旧し水道水を確保するため、1月19日に、中野市水道工事協同組合と「災害時における上水道施設応急措置に関する協定」も締結いたしました。

 一方で、残念ながら、特に高齢者を標的とする、いわゆるオレオレ詐欺や架空請求詐欺の被害が後を絶ちません。市では、関係機関と連携して、これらの被害を未然に防止するため、引き続き消費者行政問題に取り組んでまいります。今後も、子どもたちの環境や災害時の復旧体制の整備に努め、市民の皆様の生活や財産を守るため、地域や関係期間と連携し、安心・安全のまちづくりに力を注いでまいります。

 この冬は、記録的な暖冬となり、北信州にも例年より早く春がやってくるのではないかと感じております。今月、14日から中心市街地の各商店におきまして「まちかど土びな展」が始まり、中野陣屋・県庁記念館においても特別展を開催するなど、土人形に関連する各種イベントが行われます。

 特に、3月31日と4月1日は、信州中野に春を呼ぶと言われる「中野ひな市」が開催され、土びなの展示即売会などが行われますので、大勢の皆様に春の恒例行事を楽しんでいただきたいと思います。

 本日提案いたします議案は、条例案34件、予算案15件、事件案1件の合わせて50件であります。

 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2 会議録署名議員指名



○議長(芋川吉孝君) 日程2 会議録署名議員の指名をいたします。

 会議録署名議員については、会議規則第88条の規定により、

  19番 青木豊一議員

   1番 芦澤孝幸議員

 の以上2名を議長において指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△3 会期等の決定

         平成28年第1回中野市議会定例会運営日程(案)

                   会期 平成28年3月1日(火)

                          〜3月18日(金)18日間



月日
曜日
時間
会議
摘要


3月1日

午前10時
本会議
開会、会期等決定、議案提案説明


2日

 
休会
議案等審査のため


3日

 




4日

 




5日

 

土曜日のため


6日

 

日曜日のため


7日

午前10時
本会議
議案質疑、議案等付託、市政一般質問


8日



市政一般質問


9日






10日

 
委員会
付託議案等審査


11日

 




12日

 
休会
土曜日のため


13日

 

日曜日のため


14日

 
委員会
付託議案等審査


15日

 
休会
議案等整理のため


16日

 




17日

 




18日

午前10時
本会議
委員長報告、質疑、当論、採決、閉会



 ◯市政一般質問通告は、3月1日午後1時まで

  午後1時までに本会議が散会にならない場合は、散会後1時間以内とする

 ◯請願書、陳情書及び意見書(案)の提出は、3月3日午後1時までとする



○議長(芋川吉孝君) 日程3 会期等の決定についてを議題といたします。

 本定例会の会期等について議会運営委員長の報告を求めます。

 議会運営委員長 深尾智計議員。

     (議会運営委員長 深尾智計君登壇)



◆議会運営委員長(深尾智計君) 15番 深尾智計でございます。

 本日招集されました平成28年第1回中野市議会定例会の会期及び日程案について説明申し上げます。

 去る2月23日に議会運営委員会を開催し、慎重に審査いたしました。

 結果につきましては、会期を本日3月1日から3月18日までの18日間といたしました。

 日程案につきましては、本日これから会期及び運営日程を決定し、諸般の報告を行い、続いて議案の説明をしていただきます。

 3月2日から4日は議案等審査のため休会といたします。3月7日午前10時から本会議を再開いたしまして、議案質疑、議案等付託を行い、続いて市政一般質問を行います。3月8日、9日も引き続き市政一般質問を行います。3月10日、11日、14日は、各委員会において付託議案等の審査を行うこととし、15日から17日は議案等整理のため休会といたします。3月18日午前10時から本会議を開き、各委員長より議案等の審査報告の後、質疑、討論、採決を行い、閉会という日程といたします。

 なお、会期中の土曜日、日曜日については休会といたします。

 また、市政一般質問の通告書の提出は、本日3月1日午後1時までとし、午後1時までに本会議が散会にならない場合は、散会後1時間以内といたします。

 請願書、陳情書及び意見書案の提出は、3月3日の午後1時までといたします。

 以上申し上げ、議会運営委員会の報告といたします。



○議長(芋川吉孝君) お諮りいたします。

 本定例会の会期等については、議会運営委員長の報告のとおりといたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」という声あり)



○議長(芋川吉孝君) ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期等については、ただいまの報告のとおりと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芋川吉孝君) この際、諸般の報告を行います。

 はじめに、お手元に配布いたしましたように、12月定例会以降に陳情書最低制限価格の設定に関する陳情が提出されております。

 次に、議会閉会中の主なる事項について、事務局長に報告させます。

 (議会事務局長小野富夫君諸般の報告をする。)

 ◯北信3市議会正副議長会 1月14日 飯山市 正副議長出席

 ◯第155回長野県市議会議長会総会 1月25日、26日 上田市 正副議長出席

 ◯第55回東北信9市議会正副委員長研修会 2月1日 千曲市 正副議長、各正副委員長出席



○議長(芋川吉孝君) 以上のとおりでありますから、ご了承願います。

 なお、教育委員会から提出のありました地方教育行政の組織及び運営に関する法律第26条の規定による平成28年度教育委員会の事務の管理及び執行状況の点検及び評価報告書、並びに監査委員から報告のありました定期監査及び例月出納検査の結果をお手元に配布してありますので、ご了承願います。

 以上をもって諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△4 報告第1号 交通事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について



△5 報告第2号 道路上の事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について



○議長(芋川吉孝君) 日程4 報告第1号 交通事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について及び日程5 報告第2号 道路上の事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告についての以上報告2件を一括して議題といたします。

 提出者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 報告第1号 交通事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について。

 平成27年10月29日午前11時ごろ、市内大字赤岩1444番2の「県道中野飯山線」において、公用車が前方不注意により赤信号で停車していた相手方車両に追突し、損害を与えたものであります。

 本事故の示談及び損害賠償の額につきましては、地方自治法第180条第1項の規定により、専決処分したものであります。

 次に、報告第2号 道路上の事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について。

 平成27年9月12日午前11時30分ごろ、市内大字上今井2328番2の「市道追切西線」において、走行中の車両が陥没していた道路上の穴に左側前輪を落とし、タイヤ及びホイールを損傷し、損害を与えたものであります。

 本事故の示談及び損害賠償の額につきましては、地方自治法第180条第1項の規定により、専決処分したものであります。

 以上、2件を一括してご説明申し上げました。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△6 議案第1号 中野市行政不服審査会条例案



△7 議案第2号 中野市職員の退職管理に関する条例案



△8 議案第3号 中野市表彰条例の一部を改正する条例案



△9 議案第4号 中野市情報公開条例の一部を改正する条例案



△10 議案第5号 中野市個人情報保護条例の一部を改正する条例案



△11 議案第6号 中野市情報公開等審査会条例の一部を改正する条例案



△12 議案第7号 中野市職員の勤務時間及び休暇等に関する条例の一部を改正する条例案



△13 議案第8号 中野市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例案



△14 議案第9号 中野市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例案



△15 議案第10号 中野市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案



△16 議案第11号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案



△17 議案第12号 中野市手数料条例の一部を改正する条例案



△18 議案第13号 中野市市税条例の一部を改正する条例案



△19 議案第14号 中野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案



△20 議案第15号 中野市水防協議会条例の一部を改正する条例案



△21 議案第16号 中野市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例案



△22 議案第17号 中野市学校給食センター運営委員会条例の一部を改正する条例案



△23 議案第18号 中野市社会教育委員条例の一部を改正する条例案



△24 議案第19号 中野市公民館条例の一部を改正する条例案



△25 議案第20号 中野市立図書館条例の一部を改正する条例案



△26 議案第21号 中野市立博物館条例の一部を改正する条例案



△27 議案第22号 中野市社会就労センター条例の一部を改正する条例案



△28 議案第23号 中野市介護保険条例の一部を改正する条例案



△29 議案第24号 中野市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例案



△30 議案第25号 中野市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例案



△31 議案第26号 中野市児童センター条例の一部を改正する条例案



△32 議案第27号 中野市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例案



△33 議案第28号 中野市病児・病後児保育施設条例の一部を改正する条例案



△34 議案第29号 中野市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例案



△35 議案第30号 中野市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例案



△36 議案第31号 中野市働く婦人の家条例の一部を改正する条例案



△37 議案第32号 中野市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例案



△38 議案第33号 中野市都市公園条例の一部を改正する条例案



△39 議案第34号 中野市下水道条例の一部を改正する条例案



○議長(芋川吉孝君) 日程6 議案第1号 中野市行政不服審査会条例案から日程39 議案第34号 中野市下水道条例の一部を改正する条例案までの以上議案34件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 議案第1号 中野市行政不服審査会条例案について。

 行政不服審査法の改正に伴い、同法による審査請求の裁決の判断を審査する附属機関として、中野市行政不服審査会を設置するため、本条例を制定するものであります。

 次に、議案第2号 中野市職員の退職管理に関する条例案について。

 地方公務員法が改正され、新たに退職管理制度が設けられたことから、職員の退職管理に関し必要な事項を定めるため、本条例を制定するものであります。

 次に、議案第3号 中野市表彰条例の一部を改正する条例案について。

 市政功労表彰及び善行表彰の選考に関する諮問機関である表彰審査委員会の組織及び運営に関し必要な規定を整備するため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第4号 中野市情報公開条例の一部を改正する条例案について。

 本条例に基づく処分等に係る審査請求について、行政不服審査法に基づく審理員による審理手続を適用せず、引き続き中野市情報公開等審査会において審査することとするため、また、不作為行為の諮問対象への追加、諮問する際の弁明書の写しの添付義務の追加、同法の改正に伴う用語の整理等を行うため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第5号 中野市個人情報保護条例の一部を改正する条例案について。

 本条例に基づく処分等に係る審査請求について、行政不服審査法に基づく審理員による審理手続を適用せず、引き続き中野市情報公開等審査会において審査及び審議することとするため、また、不作為行為の諮問対象への追加、諮問する際の弁明書の写しの添付義務の追加、同法の改正に伴う用語の整理等を行うため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第6号 中野市情報公開等審査会条例の一部を改正する条例案について。

 行政不服審査法の改正に伴い、用語の整理を行うため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第7号 中野市職員の勤務時間及び休暇等に関する条例の一部を改正する条例案について。

 地方公務員法の改正に伴い、引用条項に項ずれが生じたため、また、学校教育法が改正され、新たに義務教育学校が学校の種類として規定されることに伴い、本条例の規定を整理するため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第8号 中野市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例案について。

 地方公務員災害補償法施行令の改正に伴い、議員その他非常勤の職員の公務上の災害等に対する損害補償のうち、傷病補償年金及び休業補償について、障害厚生年金等と併給される場合の調整率を改めるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第9号 中野市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例案について。

 地方公務員法の改正に伴い、人事行政の状況の公表事項を改めるとともに、行政不服審査法の改正に伴い、用語の整理を行うため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第10号 中野市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案について。

 平成27年人事院勧告に伴う一般職の国家公務員の給与改定に準じて、特別職の国家公務員の給与が改定されたことから、常勤の特別職の職員及び議会の議員の期末手当の支給割合を改めるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第11号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案について。

 平成27年人事院勧告に伴う一般職の国家公務員の給与改定に準じて、一般職の職員の給料表及び勤勉手当の支給割合を改めるとともに、地方公務員法の改正に伴い、等級別基準職務表を定める等、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第12号 中野市手数料条例の一部を改正する条例案について。

 行政不服審査法の改正に伴い、同法に規定する審理員又は中野市行政不服審査会に提出された書面等の交付手数料を定めるとともに、審理員又は中野市行政不服審査会が経済的困難、その他特別の理由があると認めるときは手数料を徴収しないこととするため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第13号 中野市市税条例の一部を改正する条例案について。

 地方税法の改正に伴い、徴収猶予及び換価の猶予に関し必要な規定を整備するとともに、中野市行政手続条例における不利益処分等の理由の提示に係る規定を適用除外としないこととする等、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第14号 中野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案について。

 非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の改正に伴い、非常勤消防団員等の公務上の災害等に対する損害補償のうち、傷病補償年金及び休業補償について、障害厚生年金等と併給される場合の調整率を改めるものであります。

 次に、議案第15号 中野市水防協議会条例の一部を改正する条例案について。

 水防法の改正に伴い、引用条項の条ずれが生じたため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第16号 中野市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例案について。

 行政不服審査法の改正に伴い、固定資産課税台帳に登録された価格に関する審査の申し出及びその決定の手続に関し必要な規定を整備するため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第17号 中野市学校給食センター運営委員会条例の一部を改正する条例案について。

 中野市学校給食センター運営委員会の委員に、公募に応じた市民を加えるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第18号 中野市社会教育委員条例の一部を改正する条例案について。

 社会教育委員に公募に応じた市民を加えるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第19号 中野市公民館条例の一部を改正する条例案について。

 中野市公民館運営審議会の委員の定数を見直すとともに、委員に公募に応じた市民を加えるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第20号 中野市立図書館条例の一部を改正する条例案について。

 中野市立図書館協議会の委員に、公募に応じた市民を加えるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第21号 中野市立博物館条例の一部を改正する条例案について。

 中野市立博物館協議会の委員に、公募に応じた市民を加えるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第22号 中野市社会就労センター条例の一部を改正する条例案について。

 社会就労センターの運営に関する事項を審議する附属機関として設置している中野市社会就労センター運営委員会の組織及び運営に関し必要な規定を整備するため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第23号 中野市介護保険条例の一部を改正する条例案について。

 「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」の施行に伴い、介護保険料の徴収猶予及び減免に関する申請書の記載事項に、同法に規定する個人番号を加えるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第24号 中野市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例案について。

 国の基準省令の改正に伴い、地域密着型通所介護に係る規定を加える等、本条例で定める基準について同省令と同様に改めるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第25号 中野市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例案について。

 国の基準省令の改正に伴い、介護予防認知症対応型通所介護の運営推進会議の開催に係る基準を定める等、本条例で定める基準について同省令と同様に改めるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第26号 中野市児童センター条例の一部を改正する条例案について。

 中野市児童センター運営委員会の所掌事項を明確にするとともに、運営に関し必要な事項を整備するため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第27号 中野市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例案について。

 中野市青少年問題協議会の運営に関し必要な規定を整備するため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第28号 中野市病児・病後児保育施設条例の一部を改正する条例案につついて。

 中野市病児・病後児保育施設について、利用する児童の保護者の利便性を考慮し、施設の利用時間を拡大するため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第29号 中野市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例案について。

 し尿のくみ取り経費の増加により適切な業務の維持が困難なことから、し尿の処理手数料を引き上げるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第30号 中野市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例案について。

 勤労青少年福祉法が改正され、勤労青少年ホームの設置に係る規定が削除されたことに伴い、当該規定の引用条項を削除するため、また、中野市勤労青少年ホーム運営委員会の所掌事項を明確にするとともに、委員に公募に応じた市民を加えるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第31号 中野市働く婦人の家条例の一部を改正する条例案について。

 中野市働く婦人の家運営委員会の所掌事項を明確にするとともに、委員に公募に応じた市民を加えるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第32号 中野市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例案について。

 市道の占用料の徴収方法について、国道に係る占用料の徴収方法と同様の規定に改めるとともに、占用期間が一月未満の場合の占用料の消費税率を改めるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第33号 中野市都市公園条例の一部を改正する条例案について。

 県の河川改修工事の完了区間を有効活用し、土砂災害に対する啓発活動拠点の確保と良好な水辺空間の創出を目的に公園整備を行った夜間瀬川中央河川公園について、都市公園として管理することとするため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第34号 中野市下水道条例の一部を改正する条例案について。

 下水道法施行令の改正に伴い、トリクロロエチレンの排出基準が強化されたことから、本条例における除害施設の設置等の基準を改めるため、所要の改正を行うものであります。

 以上、34件を一括してご説明申し上げました。よろしくご審議をお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△40 議案第35号 平成27年度中野市一般会計補正予算(第4号)



○議長(芋川吉孝君) 日程40 議案第35号 平成27年度中野市一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 議案第35号 平成27年度中野市一般会計補正予算(第4号)についてご説明申し上げます。

 国の平成27年度補正予算において、「地方創生加速化交付金」が創設されたこと等に伴い、新たな対象事業の追加、財源組組替等の歳入歳出予算の補正のほか、人事院勧告に基づく給与の増額等及び各種事業の進捗に伴い、各事業費の確定等による変更、繰越明許費の設定、地方債の補正を行うものであります。

 補正総額3億8,547万5,000円を追加し、補正後の予算総額は207億5,615万円となります。

 最初に、歳入について主なものを申し上げます。

 14款国庫支出金では、地方創生加速化交付金5,748万円の増額のほか、高齢者支援臨時福祉給付金給付事業費補助金1億4,400万円の増額などであります。

 15款県支出金では、新規就農・経営継承総合支援事業補助金の事業の確定により、2,887万5,000円の減額等であります。

 17款寄附金では、ふるさと寄附金の増加に伴う2,400万円の増額であります。

 18款繰入金では、ふるさと寄附金の増加に伴う、ふるさと振興基金繰入金2億5,334万5,000円の増額等であります。

 21款市債では、北信総合病院再構築事業費の負担金の確定に伴い、旧合併特例事業債1億620万円の増額等であります。

 次に、歳出の主な内容について申し上げます。

 まず、人事院勧告に基づく給与の増額等及び特別会計への繰出金等の変更であります。

 次に、2款総務費の政策推進事業費では、ふるさと振興基金積立金等で2,255万1,000円の増額、公共交通対策事業費では、鉄道軌道輸送対策事業補助金等で1,028万1,000円の減額、情報政策推進事業費では、通信機器保守管理等委託料で500万円の増額、故郷のふるさと情報発信事業費では、ふるさと寄附金をお寄せいただいた寄附者の皆様への返礼品として1,440万円の増額、基金積立金では、合併振興基金積立金等で2,047万9,000円の増額、戸籍住民基本台帳事務費では、通知カード・個人番号カード関連事務委任交付金で742万5,000円の増額であります。

 3款の民生費の高齢者支援臨時福祉給付事業費では、臨時福祉給付金等で1億4,970万4,000円の増額、自立支援事業費では、障害者自立支援給付費国庫負担金返還金(過年度分)等で275万5,000円の増額、助産所措置委託事業費では、助産所費返還金(過年度分)で13万9,000円の増額、保育所運営事業費では、保育料システム改修委託料で78万7,000円の増額、母子父子福祉支援事業費では、母子父子福祉費返還金(過年度分)で53万7,000円の増額であります。

 4款衛生費の医療提供体制支援事業費では、医療提供体制設備整備補助金で2,160万円の減額、北信総合病院再構築事業費では、北信総合病院再構築事業負担金で1億1,177万円の増額、国民健康保険事業特別会計繰出金では3,159万8,000円の増額、地方創生加速化交付金事業費では、電気自動車用急速充電器設置工事費で648万円の増額、上水道等供給安定化助成事業費では、水道事業会計補助金で182万4,000円の減額であります。

 6款農林水産業費の担い手育成支援事業では、青年就農給付金等で2,072万5,000円の減額、地方創生加速化交付金事業費では、きのこの聖地プロジェクト負担金で1,030万円の増額、売れる農業推進事業費では、農産物消費拡大キャンペーン事業負担金等で538万7,000円の減額、地方創生加速化交付金事業費では、多様なマーケティングの推進事業委託料等で3,624万8,000円の増額であります。

 7款商工費の地方創生加速化交付金事業費では、高社山PR媒体作製業務委託料等で664万2,000円の増額であります。

 8款土木費の下水道事業特別会計繰出金では243万7,000円の減額であります。

 9款消防費の岳南広域消防組合負担金では388万6,000円の減額、消防施設管理事業費では、消火栓維持管理費負担金で143万4,000円の増額であります。

 以上、歳入歳出予算の補正のほか、繰越明許費の設定及び地方債の補正をあわせてお願いするものであります。よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△41 議案第36号 平成27年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)



△42 議案第37号 平成27年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)



△43 議案第38号 平成27年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第3号)



△44 議案第39号 平成27年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)



△45 議案第40号 平成27年度中野市水道事業会計補正予算(第2号)



○議長(芋川吉孝君) 日程41 議案第36号 平成27年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)から日程45 議案第40号 平成27年度中野市水道事業会計補正予算(第2号)までの以上議案5件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 議案第36号 平成27年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について。

 人事院勧告に基づく給与の増額に伴う人件費の変更及び財源組替の歳入予算の補正を行うものであります。

 補正額は35万6,000円を追加し、補正後の予算総額は61億1,255万円となります。

 歳入では、9款繰入金で、一般会計繰入金3,159万8,000円の増額、基金繰入金3,124万2,000円の減額、歳出では、1款総務費で、職員人件費35万6,000円の増額を計上いたしました。

 次に、議案第37号 平成27年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)について。

 人事院勧告に基づく給与の増額に伴う人件費補正を行うものであります。

 補正額は7万8,000円を追加し、補正後の予算総額は42億3,640万8,000円となります。

 歳入では、7款繰入金で、一般会計繰入金7万8,000円の増額、歳出では、1款総務費で、職員人件費22万4,000円の増額、4款地域支援事業費で、職員人件費14万6,000円の減額を計上いたしました。

 次に、議案第38号 平成27年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について。

 人事院勧告に基づく給与の増額に伴う人件費の変更及び事業費の確定等に伴い、事業費の補正を行うものであります。

 補正額7,062万9,000円を減額し、補正後の予算総額は18億7万8,000円となります。

 歳入では、3款国庫支出金で2,650万円の減額、5款財産収入で20万8,000円の増額、6款繰入金で243万7,000円の減額、9款市債で4,190万円の減額であります。

 歳出では、1款下水道費で、職員人件費40万6,000円の増額、基金積立金20万8,000円の増額、公共下水道整備事業費1,140万円の減額、公共下水道処理施設再構築事業費1,764万3,000円の減額、公共下水道管路施設長寿命化事業費で3,520万円の減額、特定環境保全公共下水道整備事業費700万円の減額を計上いたしました。

 次に、議案第39号 平成27年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について。

 人事院勧告に基づく給与の増額に伴う人件費の変更及び事業費の確定に伴い、事業費の補正を行うものであります。

 補正額21万円を追加し、補正後の予算総額は7億5,828万4,000円となります。

 歳入では、4款財産収入で、基金積立金利子7万6,000円の増額、5款繰入金で、一般会計繰入金13万4,000円の増額を計上いたしました。

 歳出では、1款農業集落排水事業費で、職員人件費13万4,000円の増額、基金積立金7万6,000円を計上いたしました。

 次に、議案第40号 平成27年度中野市水道事業会計補正予算(第2号)について。

 人事院勧告に基づく給与の増額に伴う人件費の変更及び事業費の確定等に伴い、事業費の補正を行うものであります。

 収益的収入では、事業の確定等により、他会計からの負担金等で2,546万5,000円の増額であります。

 収益的支出では、職員人件費で34万8,000円の増額、減価償却費の確定で155万9,000円の増額であります。

 資本的収入については、一般会計からの補助金で159万6,000円の減額であります。

 資本的支出では、職員人件費で3万1,000円の増額をお願いするものであります。

 なお、資本的収支不足額4億9,965万5,000円につきましては、損益勘定留保資金及び積立金等で補てんすることとしております。

 以上、特別会計4件、企業会計1件、合わせて5件を一括してご説明申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△46 議案第41号 平成28年度中野市一般会計予算



○議長(芋川吉孝君) 日程46 議案第41号 平成28年度中野市一般会計予算を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 議案第41号 平成28年度中野市一般会計予算についてご説明申し上げます。

 日本の景気は、緩やかな回復基調が続いていると見られる中、政府は、経済の好循環をさらなる拡大を実現することとしております。また、日本銀行では金融緩和措置として、マイナス金利を導入し景気を刺激しようとしております。

 本市においては、平成28年度は第2次中野市総合計画前期基本計画の初年度であり、中野市まち・ひと・しごと創生総合戦略事業も2年目を迎えることも踏まえ、本市の将来を見据え、地域の実情に合った市民生活に直結する各種施策を、より効率的かつ効果的に展開し、市民との情報の共有、連携、協働により、元気な中野市の実現に向けた予算を編成したところであります。また、大型事業となる新庁舎整備事業につきましても、事業費を計上しているところであり、実施設計と建設工事に着手することとしております。

 平成28年度一般会計の予算規模でありますが、総額221億2,600万円で、前年度当初予算比較では、金額にして18億7,100万円、率にして9.2%の増となり、平成17年の新市発足以降で過去最大の予算となりました。

 新年度予算の内容でありますが、第2次中野市総合計画前期基本計画に掲げた6項目に分類し、中野市まち・ひと・しごと創生総合戦略及び実施計画に計上した主な事業のご説明を申し上げます。

 まず、1点目の「未来のふるさとを担う子どもたちを育むまちづくり」では、新規事業でありますが、「めぐりあいセッティング事業」として、婚活事業を実施している団体や市民との連絡・調整を図り、官民連携した多様な出会いの場を創出いたします。また、「小中学校キャリア教育推進事業」として、学校の特色や地域の実現を踏まえながら、子どもたちの発達段階にふさわしいキャリア教育を推進いたします。

 次に、2点目の「支えあい健やかに暮らせる健康長寿のまちづくり」では、新規事業でありますが、「出張!健康づくり隊事業」として、健康長寿の延伸を図るため、各種イベントに出向き、広く市民に生活習慣病予防等の啓発を推進するとともに、「ウォーキングバーチャルの旅事業」として、歩く健康づくりの習慣化を推進いたします。また、「家計相談支援事業」として、生活困窮者が抱える複合的な課題を包括的に支援してまいります。

 次に、3点目の「にぎわいと活力あふれるまちづくり」では、拡大事業でありますが、遊休荒廃農地対策事業補助金として、農地再生を行う方への支援のほか、意欲ある担い手及び新規就農者に対し、より手厚い支援を行います。また、「店舗改修等支援事業」として、従来の空き店舗活用事業に加え、事業を拡大・業種転換及び来店者の利便性の向上のために、既存店舗を改修する際に要する費用の一部を助成します。

 次に、4点目の「ふるさとを学び育つ文化のまちづくり」では、継続事業でありますが、「(仮称)童謡・唱歌のふるさと信州中野音楽祭」として、現在実施しているアンサンブルフェスを発展させた市民参加型の音楽祭を開催するほか、「音楽親善大使事業」として、本市出身の久石譲氏を父に持ち、歌手、作詞家として活躍されている麻衣さんを音楽親善大使として活動していただくとともに、中野市イメージソングの「空みあげて」の活用など、音楽の普及と本市のPRを行ってまいります。

 次に、5点目の「安心・安全な住みよいまちづくり」では、新規事業でありますが、「自主防災組織活動支援事業」として、地域防災力強化のため、自主防災組織の立ち上げに際し行う、地域住民への啓発活動等をはじめ、活動に必要な資機材の購入費用に補助をし、組織強化と存続を図ります。また、「市道維持管理業務委託事業」として、主要な市道の維持補修について、緊急時等を含めた管理方法の多様化を図るため、部分的な民間委託を試行いたします。

 次に、6点目の「市民参加と協働のまちづくり」では、継続事業でありますが、「新庁舎整備事業」として、平成29年度中の供用開始を目指し、実施設計及び建設工事を行います。また、新規事業では、「中野のチカラ応援交付金事業」として、協働によるまちづくりを推進するため、事業を自ら実施する意欲ある若者及び女性などが行う活動を支援してまいります。

 以上、6項目の主な事業内容でありますが、中野市の魅力を県内外へ発信するなど、未来への礎となる予算編成に努めました。

 歳入につきましては、ただいま申し上げました事業を含む各種施策の実施に伴う国及び県支出金、市債等の特定財源の確保を図るとともに、市税、地方交付税、交付金等の一般財源を見込んでおります。

 なお、歳入歳出予算のほか、継続費、債務負担行為、地方債及び一時借入金などもあわせてお願いするものであります。

 本市における財政状況は、厳しい状況に変わりはありませんが、市民サービスの充実と地域経済を下支えする財源の配分に心がけ、的確に事業を選択させていただき、引き続き最小の経費で最大の効果を上げる地方自治の理念に基づき、効果的かつ効率的な財政運営に努めてまいりたいと考えております。

 議員各位におかれましては、今後ともより一層のご理解、ご協力をお願い申し上げる次第です。

 予算に計上いたしました主要な事業につきましては、予算書のほか、お手元に配布させていただきました主要施策概要説明書にも掲載しております。

 また、補足説明として、この後、担当部長からそれぞれ説明申し上げます。よろしくご審議をお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芋川吉孝君) ここで10分間の休憩をいたします。

 (休憩)(午前10時56分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午前11時07分)



○議長(芋川吉孝君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芋川吉孝君) 次に、担当部長等から本案の補足説明を願います。

 はじめに、総務部長。

     (総務部長 大堀和男君登壇)



◎総務部長(大堀和男君) それでは、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 主な内容、金額等について、お手元に配布してございます予算書の事項別明細書に基づきご説明申し上げます。

 なお、主要施策概要説明書につきましては、1ページから5ページ及び37ページに総務関係が記載されておりますので、お願いいたします。

 予算書のページにつきましては、開きの左側のページで申し上げますので、お願いいたします。

 それでは、予算書の14ページをお願いいたします。

 1款市税につきましては57億8,580万円を見込んでおります。前年度対比で4億7,720万円、率にして9.0%の増となっております。主なものといたしましては、1項市民税では、前年度対比で2億2,190万円、率にして10.9%の増となっており、個人市民税は給与所得の伸びによる増収、また、法人市民税は景気の動向により増収を見込んだものであります。

 2項1目固定資産税及び6項1目都市計画税では、大型施設の増により、固定資産税では前年度対比2億2,850万円、率にして9.5%、都市計画税では、前年度対比1,780万円、率にして4.4%のそれぞれの増であります。

 次に、14ページの下段から20ページになりますが、2款地方譲与税から11款交通安全対策特別交付金につきましては、国または県の各種制度に基づき譲与・交付されるものであります。そのうち、18ページになりますが、18ページ下段の10款地方交付税につきましては57億円を見込み、前年度対比で2億7,400万円、率にして4.6%の減となっております。

 次に、20ページの中段からの12款分担金及び負担金では保育料の増、また、13款使用料及び手数料につきましては、一般廃棄物処理手数料などが減少しております。

 次に、24ページ下段から28ページにかけての14款国庫支出金につきましては20億3,778万5,000円で、前年度対比で、額にして1億8,703万円、率にして10.1%の増となっております。主な要員は、多目的防災広場整備工事等に伴う社会資本整備総合交付金の増などによるものであります。

 次に、同じく28ページ中段から32ページにかけての15款県支出金につきましては11億809万8,000円で、前年度対比で、額にして1億5,079万6,000円、率にして12.0%の減となっております。主な要員は、前年度で終了いたしました強い農業づくり交付金の皆減などであります。

 次に、32ページ中段の16款財産収入につきましては8,257万9,000円で、前年度対比で、額にして334万8,000円、率にして3.9%の減であります。

 次に、34ページ上段の17款寄附金につきましては2億8,029万9,000円で、前年度対比で、額にして2億4,368万9,000円、率にして665.6%の大幅な増となっております。これはふるさと寄附金の実績見込みから大幅に増額したものであります。

 次に、18款繰入金につきましては14億6,278万8,000円で、前年度対比で、額にして5億3,488万2,000円、率にして57.6%の増となっております。この主なものは、ふるさと寄附金の増による、ふるさと振興基金からの繰り入れのほか、新庁舎整備事業及び(仮称)新みなみ保育園建設工事に伴う公共施設等整備基金からの繰り入れなどによるものであります。

 次に、36ページから38ページの20款諸収入につきましては8億8,321万4,000円で、ほぼ前年並みとなっております。

 次に、同じく38ページの中段の21款市債につきましては、29億8,650万円を見込み、前年度対比で8億2,070万円、率にして37.9%の増となっております。この主な要因は、新市庁舎整備に伴う一般事業債の増のほか、防災行政無線デジタル化工事に伴う緊急防災・減災事業債の増などであります。

 以上、歳入関係について申し上げました。

 次に、総務関係の歳出についてご説明を申し上げます。

 40ページから42ページをお願いいたします。

 1款の議会費につきましては1億8,798万5,000円を計上しております。主な内容は、市議会議員及び事務局職員の人件費、議会の運営費であります。前年度対比で1,546万6,000円、率にして7.6%の減となっております。

 次に、44ページをお願いいたします。

 2款総務費につきましては、総額で42億9,780万2,000円を計上いたしました。前年度対比で17億2,458万3,000円、率にしますと67%の増となっております。この主な増額要因は、新庁舎整備事業費、ふるさと振興基金積立金、多目的防災広場整備事業費及び防災行政無線デジタル化整備事業費の増であります。

 まず、1項総務管理費のうち1目一般管理費は10億4,563万円で、特別職及び一般職に係る職員人件費及び一般管理事務費などを計上いたしました。

 次に、46ページの2目文書費、48ページの3目秘書広報費につきましては、それぞれ経常的な経費を見込んでいるものであります。

 同じく48ページの4目危機管理費につきましては、経常的な経費のほか、防災施設維持整備事業費で、防災行政無線デジタル化整備事業及び多目的防災広場整備事業で4億7,244万3,000円を計上いたしました。

 次に、54ページをお願いいたします。

 7目財産管理費につきましては8,867万7,000円を計上しております。経常的経費のほか、主に中野市の地方交付税に一括算入される事業費分について、一部事務組合等を構成する関係市町村に配分するための普通交付税一部事務組合等構成市町村配分金であります。

 次に、8目財産管理費につきましては、財産管理及び車両管理事業費などの通常的な経費のほか、新市庁舎整備に係る事業費として10億3,959万3,000円を計上しております。

 次に、58ページをお願いいたします。

 9目会計管理費につきましては、経常的経費を見込んでいるものであります。

 次に、10目政策費につきまして、政策推進事業費では、ふるさと寄附金の大幅な増による、ふるさと振興基金積立金などを計上したほか、公共交通対策事業費では、廃止路線代替バス運行費補助金や鉄道軌道輸送対策事業補助金などを計上いたしました。

 次に、11目地域活性化推進費では、都市住民を地域おこし協力隊員として受け入れ、地域の振興と活性化に向け事業を実施いたします。

 次に、62ページの12目情報政策費につきましては2億7,358万3,000円で、前年度比較で7,632万2,000円で、38.7%の増となっております。情報政策に係る情報系システム機器の更新などのほか、経常的な経費、また、情報系シンクライアント環境構築に係る経費などを計上いたしました。

 次に、64ページをお願いいたします。

 13目情報通信施設費につきましては、情報通信施設に係る経常的経費を計上いたしました。

 次に、76ページをお願いいたします。

 19目基金積立金につきましては、財政調整基金などの6つの基金へ9,705万円の積立金を計上したものであります。

 次に、同じく76ページから78ページにかけての2項徴税費では、1目固定資産評価審査委員会費、2目税務総務費、3目賦課徴収費につきまして、それぞれ経常的な経費を見込みました。

 次に、80ページから84ページの4項選挙費のうち1目選挙管理委員会費、2目選挙常時啓発費につきましては、経常的経費を見込んだものであります。

 82ページから84ページにかけての3目選挙執行費につきましては、参議院議員通常選挙及び市長選挙に係る費用を計上したものであります。

 次に、84ページから86ページにかけての5項統計調査費、6項監査委員費につきましては、経常的経費を計上したものであります。

 次に、飛びますが、242ページをお願いいたします。

 11款公債費につきましては、一般会計における市債の元利償還金等を計上したものであります。

 最後に、244ページになりますが、12款予備費は前年度と同額の4,000万円を計上いたしました。

 以上、総務関係の主な歳出についてご説明を申し上げました。よろしくお願いいたします。



○議長(芋川吉孝君) 次に、健康福祉部長兼福祉事務所長。

     (健康福祉部長兼福祉事務所長 小林みゆき君登壇)



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(小林みゆき君) 健康福祉部及び福祉事務所が所管いたします3款民生費、4款衛生費の関係部分につきまして、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 はじめに、3款民生費につい申し上げます。

 予算書は88ページから、主要施策概要説明書につきましては6ページからとなりますので、お願いいたします。

 民生費では全体で総額67億9,639万1,000円を計上いたしました。前年度と比較し7億1,888万円の増、率にいたしまして11.8%の増となっております。

 1項1目社会福祉総務費では、地域福祉推進事業費といたしまして福祉委員の報酬や活動費、中野市社会福祉協議会への運営費補助金などを計上したほか、中国残留邦人帰国者の生活支援事業、賃金の引き上げの恩恵が及びにくい障害基礎年金等受給者等を対象とした臨時福祉給付金の給付事業、生活困窮者自立支援事業では、家計相談支援事業を新たに加え実施してまいります。

 92ページからの2目障がい者福祉費につきましては、自立支援事業費では、障害者総合支援法に基づく自立支援医療費や生活介護給付費など、各種障がいサービスに関する扶助費を、地域生活支援事業では、障がいのある方が自立した生活を営むことができるよう、各種の支援事業の委託費や日常生活用具給付などの扶助費のほか、判断能力の不十分な方々が安心して地域で生活できるよう、成年後見制度に関する相談などを行う権利擁護センターの運営を北信6市町村共同で実施する委託費を計上しております。また、手話で日常会話を行うために必要な手話表現技術を習得するための講座を新たに実施いたします。

 次に、在宅福祉事業費では、在宅の障がい児・障がい者の皆さんの社会参加の促進と生活の安定を図るための助成金などのほか、特別障がい者手当等の給付金を計上しております。

 96ページの障がい者福祉施設管理事業費では、障がい者デイサービスセンターいこいの里及びりんごの木共同作業所等の管理事業費を、障がい者福祉施設維持整備事業費では、福祉ふれあいセンターのエレベーター更新事業費などを計上しております。

 次に、3目福祉医療費給付費は、母子家庭・父子家庭や心身に障がいのある方々の医療費の自己負担を軽減するための扶助費等であります。

 次に、4目高齢者福祉費でありますが、98ページの高齢者在宅サービス事業費では、お独り暮らし高齢者の皆さんや要介護高齢者の皆さんの生活の維持向上や家庭介護者の負担軽減のための各種の扶助費などを計上いたしました。

 高齢者施設サービス事業費では、養護老人ホームへの入所措置の事業費を見込んでおります。

 次に、高齢者生きがい対策事業費では、高齢者の皆さんがお元気で生きがいのある生活の一助とするため、電車、バス、タクシーに利用できるシルバー乗車券と温泉利用助成券を共通券として助成するほか、公益社団法人中野広域シルバー人材センターへの運営費補助などを計上しております。

 次に、高齢者祝賀事業といたしまして、合同金婚式の開催や各地区の敬老会への補助金などを計上いたしました。

 100ページでは、介護保険事業特別会計への繰出金を見込んでおります。

 次に、高齢者福祉施設整備事業費では、デイサービスセンターさくらの一般浴槽用ろ過装置取替工事費のほか、認知症高齢者グループホーム整備のための補助金等を計上しております。

 5目高齢者医療費では、長野県後期高齢者医療広域連合への負担金のほか、後期高齢者医療事業特別会計への繰出金を見込んでおります。

 次に、102ページ6目社会就労センター費でありますが、一般就労の困難な方や障害者総合支援法に基づく就労継続支援のサービス提供に係る経費であります。

 次に、120ページをお願いいたします。

 2項児童福祉費のうち5目母子父子福祉費でありますが、母子・父子家庭の生活の安定を図るため、専任の母子・父子自立支援員を配置し、生活全般にわたる相談、指導等に係る事業費等であります。

 次に、122ページ3項生活保護費につきまして、1目生活保護総務費では、生活保護行政に必要な事務費を、124ページ2目扶助費では、生活困窮者の生活保障と自立助長を図るため、生活扶助、住宅扶助、医療扶助など、それぞれの扶助費のほか、救護施設への施設事務費を計上いたしました。

 次に、4款衛生費をお願いいたします。

 予算書は126ページから、また、主要施策概要説明書は13ページからとなっております。

 衛生費は全体で、総額20億3,237万5,000円を計上いたしました。前年度と比較いたしますと4億6,406万1,000円の減、率にいたしまして18.6%の減となっております。

 1項1目保健衛生総務費でありますが、医療提供体制支援事業費では、地域の基幹病院である北信総合病院の設備充実を図るため、医療機器購入費に補助をしてまいります。

 診療体制支援事業費では、休日・夜間における医療体制の確保のため、救急指定病院への病院群輪番制病院運営事業負担金、また、中高医師会による休日緊急診療所運営事業補助金等を計上いたしました。

 医師確保対策事業費では、医師研究資金貸付金や地域医療従事医師奨学資金貸付金のほか、産科医確保支援策として、分娩を取り扱う市内医療機関に対する補助を実施してまいります。

 北信総合病院の再構築事業につきましては、引き続き地域医療の確保・充実のため、近隣市町村と連携し財政支援を行うものであります。

 次に、128ページ、本市の国民健康保険事業の健全経営を図るため、国民健康保険事業特別会計への繰出金を計上し、市民の安定・安心した医療の確保に努めてまいります。

 続きまして、2目健康づくり推進費では、市民の健康づくりの意識高揚を図るため、健康づくりフェスティバルや健康まつりの開催、健康寿命の延伸を図るための減塩対策、歩く健康づくりの習慣化を目的とした事業に取り組みます。

 健康増進健康診査事業費では、市民の健康増進と生活習慣病の早期発見・早期治療を図るための基本健康診査や胃がん、子宮がん検診をはじめとする各種がん検診、歯周疾患検診などを実施してまいります。

 130ページの健康教育相談事業費では、中野市に多い糖尿病の予防教育事業をはじめ、市内店舗と共同し、望ましい食習慣の啓発を推進する食と健康に関する共同啓発事業を新規に取り組みます。

 次に、3目予防費でありますが、各種の法定予防接種のほか、中学生までのインフルエンザ予防接種への助成及び高齢者のインフルエンザ予防接種、肺炎球菌予防接種事業に係る委託料、接種者への補助金等の事業費を計上いたしました。また、県外で定期予防接種を受ける市民の経済的負担を軽減するための補助金を新規に計上いたしました。

 次に、132ページからの4目母子保健推進費では、妊産婦、乳幼児の健やかな育成を図るため、母子保健推進事業費として、乳幼児の月齢・年齢に応じた健診と保健指導などを実施するほか、不妊治療、不育症治療等の補助金を計上いたしました。不妊治療につきましては補助額等を引き上げ、経済的負担の軽減を図ってまいります。

 最後に、134ページの5目保健センター費は、保健センターの維持管理に係る経費であります。

 以上、健康福祉部及び福祉事務所が所管する関係予算の主なものについてご説明を申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(芋川吉孝君) 次に、子ども部長。

     (子ども部長 荻原由美子君登壇)



◎子ども部長(荻原由美子君) 子ども部が所管いたします3款民生費の関係部分につきまして、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 予算書96ページ、主要施策概要説明書につきましては7ページをお願いいたします。

 3目福祉医療費給付費のうち乳幼児等医療費給付事業費につきましては、中学校3学年終了までの子どもの医療費等に係る給付費等を計上いたしました。

 次に、予算書108ページ、主要施策概要説明書につきましては9ページでございます。

 2項1目児童福祉総務費では、職員人件費のほか、青少年対策事業費につきましては、青少年の健全育成を図るため、有害環境浄化活動や補導育成活動のほか、地域での体験活動に対する補助等を計上いたしました。

 予算書110ページをお願いいたします。

 子育て支援センター管理事業費及び子育て支援センター運営事業費につきましては、市が設置する3カ所の子育て支援センターの施設管理費及び事業運営費をそれぞれ計上いたしました。

 予算書112ページをお願いいたします。

 子育て応援事業費につきましては、子育て家庭の経済的負担の軽減を目的とした子育て用品の給付費等を計上しております。

 めぐりあいセッティング事業費につきましては、結婚支援活動の促進を図るとともに、出会いの場を創出することで、若い世代の結婚の希望を実現するためのめぐりあい等の支援を行う経費を計上いたしました。

 2目放課後児童対策費のうち児童センター管理事業費及び児童センター運営事業費につきましては、放課後児童の健全育成を目的とした中野・平野両児童センターの施設管理費及び運営事業費を計上いたしました。

 予算書114ページをお願いいたします。

 放課後児童クラブ管理事業費及び放課後児童クラブ運営事業費につきましては、市が設置運営する放課後児童クラブ13カ所の施設管理費及び運営事業費を計上いたしました。

 放課後子ども教室推進事業費につきましては、小学生を対象とした安全・安心な活動拠点を設け、さまざまな活動を行うための経費を計上しております。

 3目保育所費では、職員人件費のほか、予算書116ページ、保育所管理事業費につきましては、公立保育所11園の施設管理経費を、保育所運営事業費につきましては、公立保育所11園の運営に必要な経費を計上いたしました。

 予算書118ページをお願いいたします。

 保育所維持整備事業費につきましては、(仮称)新みなみ保育園の建設に係る経費などを計上いたしました。

 特別保育事業費につきましては、一時的保育、休日保育、病児・病後児保育に係る経費を計上いたしました。

 次に、予算書120ページ、主要施策概要説明書につきましては11ページでございます。

 民間保育所運営等事業費につきましては、私立保育所及び認定こども園に保育を委託するための経費のほか、特別保育事業に対する補助金等を計上いたしました。

 幼児教育振興事業費につきましては、幼児教育の振興を図るため、幼稚園就園奨励費と運営に対する支援のための経費を計上いたしました。

 認定こども園整備事業費につきましては、認定こども園の施設整備等に対する補助金を計上いたしました。

 4目子ども相談事業費につきましては、子どもに関する総合窓口として、相談業務等に必要な経費を計上いたしました。

 次に、予算書122ページをお願いいたします。

 6目児童手当費につきましては、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを応援するための児童手当の給付に係る経費を計上いたしました。

 7目児童扶養手当費につきましては、ひとり親家庭等の生活の安定と自立促進を通して児童の福祉の向上を図るための児童扶養手当の給付に係る経費を計上いたしました。

 以上、子ども部が所管の主なものにつきましてご説明を申し上げました。よろしくお願いいたします。



○議長(芋川吉孝君) 次に、くらしと文化部長。

     (くらしと文化部長 佐々木 正君登壇)



◎くらしと文化部長(佐々木正君) くらしと文化部が所管いたします2款総務費、3款民生費及び4款衛生費の関係部分について、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 最初に、2款総務費関係について申し上げます。

 予算書は50ページから52ページ、主要施策概要説明書につきましては1、2ページをお願いいたします。

 1項総務管理費の5目交通安全対策費につきましては、交通指導員報酬をはじめ、自発光視線誘導標の更新のほか、高齢者を対象とした講座の開催などの交通安全啓発事業費及び県民交通災害共済事業費を計上したものであります。

 次に、6目諸費のうち防犯事業費は、地域住民の防犯対策に寄与するため市防犯協会を支援するほか、各区が行う防犯灯設置事業に対して助成を行うものであり、消耗生活対策事業費では、消費者保護の立場から、講演会の開催や食材の放射性物質検査に係る経費を計上したものであります。

 また、自治会振興事業費につきましては、連絡事務などの行政の円滑な推進を図るため、区長会と締結する区長事務委託料のほか、区長会などに対して交付する補助金等であります。

 続いて、予算書の66ページから76ページ、主要施策説明書は3ページ、4ページをお願いいたします。

 14目文化振興費につきましては、中山晋平記念音楽賞や晋平・辰之メモリアルなどの音楽事業の開催、市民の文化活動を促進するため、合唱や作曲のための講習会や市民音楽祭の開催、市民グループが自ら企画するコンサートや講習会などの経費への補助、また、絵画の公募展であるれきみん展の開催など、市民の文化芸術振興のための事業費であります。

 次に、15目中山晋平記念館費並びに70ページの16目高野辰之記念館費につきましては、それぞれの記念館の管理運営費及び収蔵展示やコンサート等の事業費を計上したものであります。

 次に、72ページの17目スポーツ振興費につきましては、スポーツ大会やスポーツ教室を開催するための社会体育振興事業費及び中野市体育協会をはじめとする社会体育団体への育成事業費であります。

 また、75ページのスポーツ施設管理事業費につきましては、市民体育館をはじめとする施設の管理委託費のほか、スポーツ施設の維持整備事業費を計上したものであります。

 次に、18目市民会館費につきましては、市民会館の管理維持整備を継続的に行うための経費を計上したものであります。

 次に、予算書78ページから80ページ、主要施策説明書につきましては5ページをお願いいたします。

 3項1目戸籍住民基本台帳費につきましては、各種証明書等の発行に係る経費や住民基本台帳、戸籍及び個人番号カードの交付事務等に係る経費であります。

 続いて、飛びますが、3款民生費関係について申し上げます。

 予算書は104ページから108ページ、主要施策説明書につきましては8ページ、9ページをお願いいたします。

 1項社会福祉費、7目国民年金費につきましては、国民年金制度の啓発や、その事務などに係る経費であります。

 8目人権・男女共同参画費につきましては、あらゆる差別の解消や男女共同参画社会のさらなる推進を図るため、人権に関する講演会の開催や人権啓発活動等支援するための事業費のほか、差別撤廃・人権擁護推進総合計画及び男女共同参画計画の策定事業に係る経費であります。

 次に、106ページの9目人権センター費につきましては、人権のまちづくりの拠点施設として、相談事業をはじめ各種講座や交流事業のほか、各区や分館が行う人権教育懇談会などの事業費及び各施設の管理経費を計上したものであります。

 続いて、4款衛生費関係について申し上げます。

 予算書は134ページから142ページ、主要施策につきましては14ページから16ページをお願いいたします。

 最初に、6目環境衛生費の137ページお願いします。

 環境保全対策事業費でございますが、環境負荷の低減と環境保全への貢献を図るため、住宅用太陽光発電システムの設置及び小型合併処理浄化槽の設置への補助金、環境基本計画策定支援業務に係る委託経費などを計上したものであります。

 また、北信保健衛生施設組合負担金では、新斎場建設及び運営に係る経費などの分担金、信州中野環境祭事業費につきましては、会場設営に係る委託経費などを計上したものであります。

 次に、7目公害対策費の環境公害防止対策事業費では、河川などの水質検査及び悪臭物質の濃度測定や臭気測定業務などの委託経費を計上したものであります。

 次に、138ページの8目霊園管理費につきましては、中野市民霊園の管理・運営に係る事業費を計上したものであります。

 9目水道費につきましては、上水道等の供給安定化のため、水道施設の整備等に係る経費の一部を補助するものであります。

 次に、2項清掃費の1目清掃総務費のうち北信保健衛生施設組合負担金では、東山クリーンセンターの焼却炉延命化工事に係る経費のほか、じん芥・し尿の処理などの経費に係る分担金を計上したものであります。

 次に、140ページの2目ごみ処理費の家庭ごみ収集事業費では、ごみ収集に係る委託経費や各区が行うごみ集積施設の建設補助金などを計上したほか、ごみ減量化・再資源化事業費では、資源物の処理業務に係る経費や回収に伴う報償金などを計上したものであります。

 また、資源物排出支援事業費では、資源ごみなどの排出が困難な高齢者世帯及び障がい者単身世帯等を対象に個別収集を行うための経費を計上したものであります。

 以上、くらしと文化部関係の主なものについてご説明を申し上げました。よろしくお願いいたします。



○議長(芋川吉孝君) 次に、経済部長。

     (経済部長 原  誠君登壇)



◎経済部長(原誠君) 経済部が所管しております5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費につきまして、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 最初に、5款労働費について申し上げます。

 予算書は144ページ、主要施策概要説明書につきましては17ページからとなります。

 労働費では、総額7,563万8,000円を計上しております。前年度対比で1,050万5,000円の減、率にして12.2%の減となっております。

 最初に、1項1目労働諸費につきましては、職員人件費のほか、労働者福祉事業費として、勤労者互助会事業補助金や中小企業退職金共済掛金補助金などを計上し、雇用対策事業費では、北信州能力開発センターが行っている職業訓練や人材育成事業に対する補助や女性のための就職支援事業補助金などを計上しております。

 次に、2目勤労者福祉センター管理費につきましては、平成28年9月までの施設の維持管理のために必要な経費を計上しております。

 次に、146ページになりますが、3目勤労青少年ホーム費及び148ページ4目働く婦人の家費につきましては、それぞれ職員人件費、施設の維持管理費、各種講座の開設費用であります。

 続いて、152ページ、6款農林水産業費をお願いいたします。主要施策概要説明書につきましては18ページからとなります。

 農林水産業費全体では10億1,632万3,000円を計上いたしました。前年度対比で1億1,206万1,000円の減で、率にして9.9%の減となっております。前年度に実施した強い農業づくり交付金による選果機の整備が終了したことが主な減の要因であります。

 1項1目農業委員会費につきましては、事務局の職員人件費のほか、31名の農業委員の報酬や農地管理システムに係る費用など、農業委員会運営費であります。

 次に、2目農業総務費につきましては、職員人件費、農業総務事務費のほか、154ページの下段になりますが、農業振興地域整備促進事業費として、農業振興地域総合見直しに係る基礎調査業務委託料を計上しております。

 次に、156ページになりますが、担い手育成支援事業費として、新規就農者支援に係る補助金、給付金や民間の事業者が実施する事業に対する6次産業化ネットワーク活動交付金などを計上しております。

 農業制度資金融資利子軽減事業費では、農業近代化資金融資利子補給金、農業経営基盤強化資金利子助成金などを計上しております。

 中山間地域等農業直接支払事業費は、条件不利地の耕作放棄防止などのために支援しているものでございます。

 158ページをお願いします。

 農村環境改善センター等の維持管理に要する経費のほか、下水道事業会計への負担金であります。

 次に、3目農業振興費では、まず、園芸産地育成事業費は、果樹や野菜などの産地形成の促進、キノコの流通体制の整備、省力栽培機械導入に対し支援するものであります。

 次のページ、160ページをお願いします。

 3つ目、農作物有害鳥獣対策事業費では、猟友会員による有害鳥獣駆除の実施や広域電気柵の維持管理経費、恒久柵設置に対する負担金等を計上したものであり、畜産振興推進事業費は、北信農業共済組合家畜診療所負担金や北信食肉センター管理運営補助金などであります。

 遊休荒廃農地対策事業費及び次のページ、162ページ、農地効率利用奨励補助事業費につきましては、借り受けた荒廃農地を整備した方や借り受けた期間に応じて交付する補助金であります。

 4目売れる農業推進費につきましては、農産物ギフトカタログや信州中野フェアの開催等による中野市産農産物等の情報発信をはじめ、地産地消の推進のほか、トップセールスや各種イベントに参画するための経費であります。

 次に、5目農地費でありますが、農道整備事業費、農道等施設維持管理事業費には、農道の舗装や整備、維持管理に要する経費を計上し、次のページ、164ページになりますが、かんがい排水事業費、農業用水路等維持管理事業費は、水路・用水施設等の改修や維持管理に係る経費などを計上しております。

 多面的機能支払事業費は、農地や農業用水を守る集落等の共同活動に対し所定の金額を交付しているものであり、土地改良施設維持管理事業費は、土地改良区が行う施設の改修等に対し地元負担軽減のために費用の一部を支援するものであります。

 次に、2項1目林業振興費でありますが、林業振興事業費は、北信州植樹祭参加に係る経費やペレットストーブの導入補助などであり、次のページ、166ページ森林病害虫防除対策事業費は、松くい虫伐倒駆除委託料、林道整備事業費は、林道の維持補修のための経費、森林整備地域活動支援事業費は、森林整備を進めるための地域活動に対する交付金を計上しております。

 みんなで支える森林づくり事業費は、長野県森林づくり県民税を財源とした間伐や緩衝帯整備などに係る経費であります。

 続きまして、7款商工費をお願いします。

 予算書は168ページ、主要施策概要説明書は23ページからとなります。

 商工費の総額は7億7,000万2,000円で、前年度対比1億6,814万3,000円、率にして27.9%の増となっております。増額の主な要因は、平成27年度から都市交流担当部署を総務部から経済部に変更したことに伴う予算の組替及びふるさと寄附金の増に伴う返礼品等の増によるものであります。

 まず、1項1目商工総務費は、職員人件費及び商工総務事務費であります。

 次に、2目商工振興費でありますが、商工業振興施設管理事業費は、中野陣屋・県庁記念館や陣屋前広場公園、浜津ケ池公園市民センターなどの維持管理経費を、商工業振興事業費は、商工業者の経営安定を図るための相談や情報提供、信州中野商工会議所への運営補助、新技術新製品の開発、販路開拓に係る支援費などを計上しております。

 170ページになりますが、金融対策事業費は、設備や運転資金を企業に融資するための制度資金の原資となる預託金と貸付保証料を負担するものであります。

 商店街活性化事業費は、市商店会連合会が実施する事業支援や中野陣屋・県庁記念館の特別展開催に係る補助金のほか、新年度から既存店舗の改修も対象とする商店街店舗改修等支援事業補助金などであります。

 工業推進事業費は、工業団地の維持管理費のほか、工場等の新増設に対する補助金、まちづくり推進事業費は、THE☆若者まちなか音楽会の開催経費、まちづくり活動を行っている中野TMOへの補助金などであります。

 172ページ、3目観光費をお願いします。観光施設管理事業費は、間山温泉公園、豊田温泉公園、斑尾高原体験交流施設、日本土人形資料館、信州中野観光センターなどの管理運営経費であります。

 観光施設維持整備事業費は、定期的に行っているぽんぽこの湯の機械設備等の改修工事のほか、斑尾高原体験交流施設まだらおの湯、豊田ふるさと交流館、道の駅ふるさと豊田及び豊田温泉公園もみじ荘の改修工事費を計上しております。

 観光振興事業費は、次の174ページにわたりますが、観光宣伝のためのパンフレット印刷費、参画しております広域観光推進組織への負担金、観光協会事業への補助金のほか、新たな観光情報提供媒体開発のための補助金などを計上しております。

 観光イベント事業費は、市民祭中野ションションまつり、なかの街並みウォーキング、ふるさと祭り、もみじ祭り、それぞれの開催に伴う負担金であります。

 土人形の里づくり事業費は、まちなか交流の家の運営費や事業の委託経費などであります。

 176ページ、4目国際・都市間交流費でありますが、平成28年度予算から商工費に計上するものであります。主なものとして、姉妹都市等交流事業費は、姉妹都市等との人的・文化的交流を推進するための旅費や民間団体が行う交流事業に対する補助金を計上したものであります。

 故郷のふるさと情報発信事業費では、ふるさと寄附金に係る返礼品経費、実施に係る業務委託料のほか、空き家活用に係る改修補助金などを計上しております。

 経済部関係は以上であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芋川吉孝君) ここで昼食のため午後1時まで休憩いたします。

 (休憩)(午後0時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午後1時00分)



○議長(芋川吉孝君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芋川吉孝君) 次に、建設水道部長。

     (建設水道部長 小林之美君登壇)



◎建設水道部長(小林之美君) 建設水道部が所管いたします8款土木費について、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 予算書の178ページからお願いいたします。

 なお、主要施策概要説明書につきましては26ページから記載しておりますので、よろしくお願いいたします。

 8款土木費につきましては23億8,497万4,000円を計上させていただきました。前年度に比べまして金額で1,440万4,000円、率にしまして約0.6%の減であります。

 1項土木管理費のうち1目土木総務費につきましては、職員人件費、土木総務事務費のほか、国県道路整備促進事業費は国道・県道整備促進のための各期成同盟会等への負担金等が主なものであります。

 180ページをお願いいたします。

 2目新幹線関連事業対策費につきましては、渇水対策事業費の各施設の光熱水費が主なものであります。

 3目国土調査費につきましては、本格着手する地籍調査事業の委託費が主なものであります。

 2項道路橋梁費のうち1目道路橋梁総務費につきましては、次のページの県道整備促進事業費の県施行工事に対する市の負担金が主なものであります。

 2目道路台帳費につきましては、道路台帳整備事業費の道路台帳整備委託料、境界立ち会いに係る委託料が主なものであります。

 3目道路新設改良費につきましては、幹線道路整備事業費では社会資本整備総合交付金事業、公共事業等債、辺地対策事業債による幹線市道9路線のほか、市単独事業によります市道1路線の道路改良等に係る経費であります。生活道路整備事業費では、生活道路5路線の道路改良を進めるものであります。

 184ページをお願いいたします。

 4目道路舗装費につきましては、舗装事業費の工事請負費が主なものであります。

 5目道路橋梁維持費につきましては、道路橋梁維持事業費では、嘱託員報酬のほか、道路・橋りょうの破損及び定期点検、側溝等の修繕に要する委託料及び工事請負費が主なものであります。

 186ページをお願いいたします。

 交通安全対策特別事業費では、区画線等、安全施設の設置工事費が主なものであります。

 6目除雪費につきましては、除雪事業費では消雪財等の諸資材の購入費、除雪車等の燃料費、消雪施設の電気料等及び車道・歩道等の除雪委託料が主なものでございます。雪寒対策事業費では、除雪ドーザ4台の購入費を計上したものであります。

 次に、3項河川費のうち1目河川総務費につきましては、河川総務事務費では樋門等の管理委託料、国県河川整備促進事業費では、一級河川の整備促進に係る各種期成同盟会等への負担金等が主なものであります。

 188ページをお願いします。

 2目河川改修費につきましては、河川及び水路等の改修に要する費用を計上したものでございます。

 次に、4項都市計画費では、1目都市計画総務費につきましては、職員人件費のほか、都市計画総務事務費では北信濃ふるさとの森文化公園利活用促進基本構想策定業務委託料、バラまつり、県単街路事業及び交通量調査等への負担金が主なものであります。

 2目公共下水道費につきましては、本年度まで下水道事業特別会計繰出金としていたものを、新年度から企業会計に移行します下水道事業会計への負担金として支出するものでございます。

 3目公園緑地費につきましては、192ページをお願いします。

 公園緑地管理事業費では、北信濃ふるさとの森文化公園、高梨館跡公園及び一本木公園等の公共施設に係る指定管理料並びに一本木公園バラ品種鑑定業務委託料等であります。公園緑地維持整備事業費では、一本木公園植栽等更新工事費等の公園整備工事費、都市公園の遊具等の改修工事費がございます。それから、花のまちづくり推進事業費では、花づくりコンテストの謝礼や花、バラ苗の購入費が主なものでございます。

 4目建築景観費につきましては、建築管理事業費の建築工事に係る設計監理委託料や、次のページの景観美化推進事業費、住宅耐震化促進事業費、アスベスト飛散防止対策事業費及び住宅防災・衛生機能向上事業費のそれぞれの事業に係る補助金が主なものであります。

 次に、5項住宅費のうち1目住宅管理費につきましては、職員人件費、住宅管理事務費のほか、市営住宅管理事業費では、各市営住宅の修繕、市営住宅維持整備事業費では市営住宅の屋根及び外壁の改修工事が主なものであります。

 以上、建設水道部関係の主なものについてご説明させていただきました。よろしくお願いいたします。



○議長(芋川吉孝君) 次に、消防部長。

     (消防部長 伊東幹夫君登壇)



◎消防部長(伊東幹夫君) 消防部が所管します9款消防費につきまして、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 予算書の198ページをお願いいたします。

 なお、主要施策概要説明書につきましては30ページに記載してございますので、ご覧いただきたいと思います。

 9款消防費につきましては7億1,729万5,000円で、前年度対比2,095万円の減、率にして2.8%の減でございます。

 1目常勤消防費では、職員人件費並びに岳南広域消防組合に係る分担金等を計上いたしました。

 2目非常勤消防費の消防団員人件費では、消防団員に係る報酬及び消防団員退職報償金掛金、消防団員等公務災害補償共済掛金を計上いたしました。消防団運営事業費では、消防団員退職報償金や災害に対処できる技術を習得するため、各種の研修・訓練等に必要な旅費及び次ページ、200ページをお願いします。消防団員の装備の充実として、現在貸与しているゴム長靴に加え、災害活動時の安全対策として編み上げ安全靴の経費を計上いたしました。各種負担金では新規事業として、中野市まち・ひと・しごと創生総合戦略の柱であります子育て・子育ち安全戦略のめぐりあいと絆を結ぶ結婚支援として、独身消防団員の結婚支援事業の経費を計上いたしました。

 3目消防施設費の消防施設管理事業費では、消防施設の改修や消火栓の維持管理に係る負担金等を計上いたしました。また、消防施設維持整備事業費では耐震性防火貯水槽の整備、老朽化しました小型動力ポンプの更新、消防団デジタル無線設備整備では、平成27年度事業に引き続き、団員の装備充実のため正副分団長等に携帯デジタル消防無線機の配備のための経費を計上いたしました。

 202ページ、4目水防費の水防対策事業費では、水防員報償金、また、備蓄資機材の整備のための経費等を計上いたしました。水防施設維持整備事業費では、移動式排水ポンプ1台の整備をするための経費を計上いたしました。

 消防部関係につきましては、以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(芋川吉孝君) 次に、教育次長。

     (教育次長 石川保文君登壇)



◎教育次長(石川保文君) それでは、教育委員会が所管いたします10款教育費について、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 予算書につきましては、204ページからとなります。

 なお、主要施策概要説明書につきましては31ページからとなりますので、ご覧いただきたいと思います。

 それでは、10款教育費でございますが、総額16億2,562万2,000円を計上いたしました。前年度対比では6,144万5,000円の減、率といたしまして3.6%の減であります。

 1項教育総務費の1目教育委員会費につきましては、教育委員会運営費で教育委員の報酬等を計上してございます。

 2目教育委員会事務局費につきましては、職員人件費及び教育委員会事務局事務費であります。

 次に、予算書206ページをお願いしたいと思います。

 3目の教職員住宅費でございますが、教職員住宅管理事業費といたしまして、教職員住宅の維持管理に要する経費を計上してございます。

 4目奨学基金費につきましては、次代を担う優秀で意欲ある人材の育成を奨励し、奨学金制度を維持するための奨学基金繰出金でございます。

 次に、2項小学校費の1目小学校管理費につきましては、予算書では206ページからになりますが、小学校11校に係る維持管理及び管理備品の整備などに要する小学校管理事業費のほか、209ページになりますが、小学校運営事業費として、学校医や学校薬剤師の報酬、学校図書館事務員等の臨時職員賃金などに要する経費、また、211ページからの小学校維持整備事業費では、暑さ対策のための図書室及び音楽室へのエアコン設置と天井扇風機の設置など、また、グラウンドの整備などに要する小学校の環境整備を図るための経費を計上してございます。

 次に、2目小学校教育振興費でありますが、小学校一般教育振興事業費といたしましては、きめ細やかな学習指導と個々に応じた教育的ニーズに対応するため、特別支援教育支援員等の配置及びいじめや不登校を早期に発見するためのQ−U検査などの経費を計上してございます。

 また、213ページの小学校教育扶助事業費では、経済的な理由により就学困難と認められる児童及び特別支援学級に就学する児童の保護者への援助費であります。小学校教育用コンピュータ設置事業費では、情報教育の推進を図るためのコンピュータ借り上げ等に要する経費でございます。次の小学校キャリア教育推進事業費では、将来に夢や目標を持ち努力することの大切さを学ぶ夢の教室に要する経費を計上してございます。

 次の小学校外国語教育推進事業費では、国際化社会に対応し、総合的な英語力の向上を図るため、小学校専属の外国語指導助手2名を配置する経費となっております。

 次に、3項中学校費、1目中学校管理費についてでありますが、小学校と同様、中学校4校に係る中学校管理及び次のページになりますが、中学校運営事業費のほか、次の217ページになりますが、暑さ対策のための図書室や音楽室へのエアコン設置及び天井扇風機の設置など、中学校の教育環境整備を図るための中学校維持整備事業費であります。

 次に、2目中学校教育振興費につきましては、小学校同様、特別支援教育支援員等の配置及びいじめや不登校を早期に発見するためのQ−U検査の経費を含む中学校一般教育振興事業費のほか、中学校外国語教育推進事業費では、国際化社会に対応できるコミュニケーション能力を育成するため、4名の外国青年を指導助手として配置する経費であります。

 また、219ページになりますが、中学校教育扶助事業費及び中学校教育用コンピュータ設置事業費では、小学校同様、経済的理由により就学困難と見られる生徒及び特別支援学級に就学する生徒の保護者への援助費と情報教育の推進を図るためのコンピュータ借り上げ等に要する経費を計上してございます。

 次の中学校キャリア教育推進事業費では、社会で役割を持ち、働くことの大切さを学ぶための講演会やジョブセミナーに要する経費を計上してございます。

 次に、4項社会教育費につきましては、1目社会教育総務費では、職員人件費及び社会教育総務事務費のほか、生涯学習推進事業費では、市民への学習機会提供のため、生涯学習市民の集いの開催や子ども読書活動を推進するための経費であります。

 次に、220ページになりますが、2目文化財保護費につきましては、文化財保護・保存管理事業費及び埋蔵文化財発掘事業費に要する経費のほか、223ページになりますが、継続的に実施しております県史跡の高遠山古墳保存整備事業費及び(仮称)山田家資料館に所蔵されている資料等を調査し活用するための(仮称)山田家資料館地域資料調査事業費及び調査活用事業費を計上してございます。

 次に、3目公民館費につきましては、職員人件費及び225ページからの中央公民館ほか3館に係る管理事業費であります。

 次に、229ページからでございますが、231ページにかけてでございますが、4館に係る生涯学習推進事業費では、各公民館が実施しております教養講座や文化祭などに要する経費であります。

 次のページになりますが、3館に係る公民館維持整備事業費では、トイレ洋式化改修工事などに要する経費等を計上してございます。

 次に、4目図書館費につきましてですが、職員人件費及び図書館管理事業費と、次のページになりますが、図書の購入費を含む図書館運営事業費のほか、読書に親しむ環境づくりを推進するためのブックスタート事業費及び障がい者ライブラリー事業費では、障がいのある方に充実した図書館サービスを提供するための経費及び図書館維持整備事業費では、自転車置き場屋根改修工事等に要する経費を計上してございます。

 次に、236ページをお願いいたします。

 5目の博物館費につきましては、職員人件費のほか、各種講座や講演会及び体験教室の開催に要する博物館管理事業費及び運営事業費、また、239ページの博物館維持整備事業費では、トイレの洋式化改修工事などに要する経費であります。

 次に、5項学校給食費、1目学校給食センター費につきましては、職員人件費及び南部給食センターほか2センターに係る学校給食センター管理事業費、また、241ページからになりますが、学校給食センター運営事業費では、児童・生徒に地元農産物の食材提供及び安全・安心な学校給食の運営に要する経費を計上してございます。

 以上、教育委員会が所管いたします主な事業についてご説明申し上げました。よろしくお願いいたします。



○議長(芋川吉孝君) 以上で各担当部長等の補足説明を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△47 議案第42号 平成28年度中野市国民健康保険事業特別会計予算



△48 議案第43号 平成28年度中野市後期高齢者医療事業特別会計予算



△49 議案第44号 平成28年度中野市介護保険事業特別会計予算



△50 議案第45号 平成28年度中野市倭財産区事業特別会計予算



△51 議案第46号 平成28年度中野市永田財産区事業特別会計予算



△52 議案第47号 平成28年度中野市中野財産区事業特別会計予算



△53 議案第48号 平成28年度中野市下水道事業会計予算



△54 議案第49号 平成28年度中野市水道事業会計予算



○議長(芋川吉孝君) 日程47 議案第42号 平成28年度中野市国民健康保険事業特別会計予算から日程54 議案第49号 平成28年度中野市水道事業会計予算までの以上議案8件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 議案第42号 平成28年度中野市国民健康保険事業特別会計予算につきましてご説明申し上げます。

 国民健康保険事業に係る保険給付費、後期高齢者支援金等、介護納付金、共同事業拠出金などを計上したものであります。

 予算総額は61億2,152万1,000円で、前年度対比、額にして7,150万1,000円、率にして1.2%の増であります。

 歳入では、国民健康保険税11億6,909万2,000円、国庫支出金12億983万7,000円、前期高齢者交付金13億153万6,000円、共同事業交付金14億166万6,000円などを見込んでおります。

 歳出では、保険給付費の総額で35億8,356万9,000円、後期高齢者支援金等6億8,415万1,000円、介護納付金2億9,221万6,000円、共同事業拠出金14億698万円などを計上したものであります。

 次に、議案第43号 平成28年度中野市後期高齢者医療事業特別会計予算について。

 後期高齢者医療事業に係る基盤安定負担金及び後期高齢者医療保険料等負担金など、長野県後期高齢者医療広域連合への納付金等を計上したものであります。

 予算総額は4億5,699万円で、前年度対比、額にして2,913万円、率にして6.8%の増であります。

 歳入では、後期高齢者医療保険料3億2,314万1,000円、歳出では、後期高齢者医療広域連合納付金4億5,039万2,000円などを計上したものであります。

 次に、議案第44号 平成28年度中野市介護保険事業特別会計予算について。

 第6期介護保険事業計画に基づき、施設及び居宅等における介護サービスの保険給付費、また、地域支援事業費などについて計上したものであります。

 予算総額は43億7,946万2,000円、前年度対比、額にして1億5,157万7,000円、率にして3.6%の増であります。

 歳入では、介護保険料8億8,306万円、国及び県支出金16億4,686万1,000円、支払基金交付金11億6,726万7,000円、繰入金6億5,951万4,000円などを見込んでおります。

 歳出では、介護サービスや介護予防サービスなどの保険給付費41億1,833万5,000円、介護予防及び包括的支援などの地域支援事業費1億6,900万9,000円などを計上したものであります。

 次に、議案第45号 平成28年度中野市倭財産区事業特別会計予算について。

 倭財産区の運営に必要な経費を計上したもので、予算総額は62万8,000円、前年度対比、額にして2万1,000円、率にして3.5%の増であります。

 歳入では、土地貸付収入などの財産収入33万円、歳出では、分収造林地育林事業費11万7,000円などを計上したものであります。

 次に、議案第46号 平成28年度中野市永田財産区事業特別会計予算について。

 永田財産区の運営に必要な経費を計上したもので、予算総額は40万8,000円、前年度対比、額にして2万1,000円、率にして5.4%の増であります。

 歳入では、財産造成基金からの繰入金29万4,000円、歳出では、一般管理費31万2,000円などを計上したものであります。

 次に、議案第47号 平成28年度中野市中野財産区事業特別会計予算について。

 中野財産区の運営に必要な経費を計上したもので、予算総額は188万1,000円で、額にして5万4,000円、率にして2.8%の減であります。

 歳入では、駐車場の土地貸付収入などの財産収入177万5,000円、歳出では、財産管理基金への積立金などの一般管理費157万9,000円などを計上したものであります。

 次に、議案第48号 平成28年度中野市下水道事業会計予算について。

 下水道施設の改良事業をはじめ、処理施設等の維持管理経費などの収入支出予算のほか、継続費、債務負担行為及び企業債などをお願いするものであります。

 収益的収入では、下水道使用料など26億4,239万9,000円を見込み、収益的支出では、下水道施設等の維持管理費、減価償却費、企業債等の利息などで23億4,868万4,000円を計上。

 次に、資本的収入では、企業債及び補助金など9億9,349万5,000円を見込み、資本的支出では、下水道処理施設改良費及び企業債償還金などで17億6,986万8,000円を計上いたしました。

 なお、資本的収支不足額7億7,637万3,000円につきましては、損益勘定留保資金及び消費税等資本的収支調整額で補填することとしております。

 次に、議案第49号 平成28年度中野市水道事業会計予算についてご説明申し上げます。

 浄水及び配水施設の改良事業をはじめ、各施設の維持管理経費などの収入支出予算のほか、企業債などについてお願いするものであります。

 収益的収入では、水道料金収入など10億5,420万8,000円を見込み、収益的支出では、水道施設等の維持管理費、減価償却費、企業債等の利息などで9億9,546万5,000円を計上し、次に、資本的収入では、企業債及び補助金など2億853万4,000円を見込み、資本的支出では、配水施設改良費及び企業債償還金などで6億6,116万1,000円を計上いたしました。

 なお、資本的収支不足額4億5,262万7,000円につきましては、損益勘定留保資金、建設改良並びに減債積立金及び消費税等、資本的収支調整額で補填することとしております。

 以上、6つの特別会計、2つの企業会計、合わせて8会計を一括してご説明申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△55 議案第50号 中野市新庁舎建設整備実施設計業務及び建設工事に係る設計・施工契約の締結について



○議長(芋川吉孝君) 日程55 議案第50号 中野市新庁舎建設整備実施設計業務及び建設工事に係る設計・施工契約の締結についてを議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 議案第50号 中野市新庁舎建設整備実施設計業務及び建設工事に係る設計・施工契約の締結について。

 新庁舎建設整備実施設計業務及び建設工事にについて、設計と施工を一括して発注する設計・施工契約を締結するものであります。よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(芋川吉孝君) 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 (散会)(午後1時29分)