議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 中野市

平成 2年 12月 定例会(第9回) 12月18日−05号




平成 2年 12月 定例会(第9回) − 12月18日−05号







平成 2年 12月 定例会(第9回)



           平成2年12月18日(火) 午後2時開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 議事日程(第5号)

 1 議案第1号〜議案第14号  +

   請願第10号〜請願第12号 | 各委員長報告

   陳情第6号         +

 2 委員長報告に対する質疑

 3 討論、採決

 4 議第4号 委員会の継続審査及び調査について(請願第11号)

 5 討論、採決

 6 議案第15号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案

 7 議案第16号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案

 8 議案第17号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第4号)

 9 議案第18号 平成2年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

10 議案第19号 平成2年度中野市授産所事業特別会計補正予算(第2号)

11 議案第20号 平成2年度中野市学校給食共同調理場事業特別会計補正予算(第2号)

12 議案第21号 平成2年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第4号)

13 議案第22号 平成2年度中野市水道事業会計補正予算(第3号)

14 議案質疑

15 議案付託

16 議案第15号〜議案第22号   各委員長報告

17 委員長報告に対する質疑

18 討論、採決

19 議案第23号 中野市教育委員会委員の任命の同意について

20 諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

21 議第5号 朝鮮民主主義人民共和国との国交早期実現の促進を求める意見書について

22 議案質疑

23 討論、採決

24 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 本日の会議に付した事件………議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 出席議員次のとおり(25名)

  1番    小林貫一君       3番    酒井 篤君

  2番    芋川武一君       4番    高橋和幸君

  5番    高木尚史君      16番    土屋敬一郎君

  6番    浦野孝一君      17番    小林東助君

  7番    宮崎隆至君      18番    春原 勝君

  8番    池田三政君      19番    頓所昭司君

  9番    小野富雄君      20番    武田安雄君

 10番    山岸昌弘君      21番    長針 正君

 11番    芦沢邦幸君      22番    岩本博次君

 12番    丸山忠雄君      23番    田中新司君

 13番    田中 猛君      24番    青木豊一君

 14番    松島敏正君      26番    荻原 勉君

 15番    滝沢 忠君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 欠席議員次のとおり(1名)

 25番    武田亥佐雄君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名次のとおり

 議会事務局長 徳武栄一       書記     横田清一

  〃 次長   徳永久夫        〃      宮澤章仁

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 説明のため議場に出席した者の職氏名次のとおり

 市長     土屋武則君      経済部長   宮川洋一君

 助役     小出敬一君      建設部長   池田利政君

 収入役    山口和平君      水道部長   伊藤明雄君

 教育長    嶋田春三君      消防長    小林 尊君

 総務部長   小林治己君      教育次長   土屋練太郎君

 企画部長   市川治忠君      庶務課長   佐藤嘉市君

 民生部長   浦野良平君      財政課長   佐藤善郎君

 福祉事務所長 養田敬自君      庶務課長補佐 須原和彦君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(開議)(午後2時03分)

(開議に先立ち議会事務局長徳武栄一君本日の出席議員及び説明のため議場に出席した者の職氏名を報告する。)



○議長(荻原勉君) ただいまの報告のとおり出席議員数が定足数に達しておりますから、議会は成立いたしました。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付いたしてあります議事日程第5号のとおりでありますから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1 議案第1号〜議案第14号(各委員長報告)



△請願第10号〜請願第12号(各委員長報告)



△陳情第6号(各委員長報告)



○議長(荻原勉君) 日程1 これより各常任委員長の報告案件全部を議題といたします。

(議会事務局長徳武栄一君総務委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 総務委員長の報告を求めます。

 総務委員長 岩本博次君。

      (総務委員長 岩本博次君登壇)



◎総務委員長(岩本博次君) 22番、岩本でございます。

 総務委員会の審査報告を申し上げます。

 去る10日の本会議におきまして当委員会に付託のありました議案1件、請願2件について、13日、14日の2日間、委員会を開き慎重に審査をいたしました。

 審査の結果については、お手元に書面をもって報告を申し上げたとおり、議案第3号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第3号)、関係部分については、全会一致で可決をいたしました。

 請願第12号 消費税の廃止を求める請願は、慎重に論議をした結果、賛成少数で不採択と決しました。

 本会議におかれましても、当委員会の決定どおり賛成くださいますようお願いを申し上げまして、総務委員会の審査報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(議会事務局長徳武栄一君社会文教委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 社会文教委員長の報告を求めます。

 社会文教委員長 武田安雄君。

      (社会文教委員長 武田安雄君登壇)



◎社会文教委員長(武田安雄君) 20番、武田でございます。

 社会文教委員会の審査報告を申し上げます。

 去る12月10日と12日の本会議におきまして社会文教委員会に付託のありました議案5件、陳情1件、請願1件につきまして、13日に委員会を開催し慎重に審査を行いました。

 結果につきましては、お手元に書面をもってご報告を申し上げましたとおり、議案につきましてはいずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 陳情第6号の飯山市の千曲川上流産業廃棄物処理施設建設反対市民協議会からの提出されました上今井地籍における産業廃棄物処理施設設置反対に関する陳情につきましては、現在環境アセスメントをまとめるための調査中とのことでありますが、その結果を見きわめる必要もありますけれども、その場所が千曲川の旧河道であることから、河川の汚染は考えられますし、中野市においてもその下流で伏流水を利用しての水道用水の多くを取水しているという現状から、陳情内容を理解しながら対処すべきとの結論でございます。

 また、請願第10号 カラオケボックス建設反対の請願につきましては、現在、市内に3カ所ほど設置をされ、利用をされているわけでありますが、問題とされている場所を現地視察をいたしました。この場所は、高校の通学路であり、市立図書館建設の隣接地であるということから、種々区長会を初め関係14団体からも反対の署名をなされているわけでありまして、市民運動が盛り上がりつつある現状から、請願内容を理解し、採択すべきものと決しました。

 本会議におかれましても、当委員会の決定どおりご賛成をいただきますようお願いを申し上げまして、社会文教委員会の審査報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(議会事務局長徳武栄一君建設水道委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 建設水道委員長の報告を求めます。

 建設水道委員長 土屋敬一郎君。

      (建設水道委員長 土屋敬一郎君登壇)



◎建設水道委員長(土屋敬一郎君) 16番 土屋敬一郎でございます。

 建設水道委員会の審査報告を申し上げます。

 去る10日の本会議において建設水道委員会に付託されました議案6件について、去る13日、建設水道委員会を開催し慎重に審査いたしました。

 審査の結果につきましては、お手元に書面をもって申し上げたとおり、賛成全員で可決すべきものと決しました。

 議員各位におかれましても建設水道委員会の決定にご賛成いただきますようお願いいたしまして、審査報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(議会事務局長徳武栄一君経済委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 経済委員長の報告を求めます。

 経済委員長 春原勝君。

      (経済委員長 春原 勝君登壇)



◎経済委員長(春原勝君) 18番 春原勝でございます。

 経済委員会の審査報告を申し上げます。

 去る12月10日の本会議におきまして当委員会に付託になりました議案5件につきまして、13日、委員会を開き慎重に審査を行いました。

 結果につきましては、お手元に書面をもってご報告いたしましたとおり、いずれも全員一致により原案どおり可決及び承認すべきものと決しました。

 どうか本会議におかれましても、当委員会の決定どおりご賛成いただきますようお願い申し上げまして、審査報告といたします。



○議長(荻原勉君) 以上をもって各常任委員会委員長の議案等の審査報告を終わります。

 ただいまの各常任委員長の報告に対し、質疑並びに討論のあります方は早急に書面をもって議長の手元まで通告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩)(午後2時13分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(再開)(午後2時28分)



○議長(荻原勉君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2 委員長報告に対する質疑



△3 討論、採決



○議長(荻原勉君) 日程2、これより各委員長の報告に対する質疑及び日程3 討論、採決を行います。

 初めに、総務委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、以上をもって総務委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 社会文教委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、社会文教委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 社会文教委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第3号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第3号)の議案1件を除き、他の議案4件、請願1件について討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 社会文教委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第3号の議案1件を除き、他の議案4件、請願1件について、社会文教委員長の報告のとおり可決及び採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案4件、請願1件については、社会文教委員長の報告のとおり可決及び採択されました。

 建設水道委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、建設水道委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 建設水道委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第3号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第3号)の議案1件を除き、他の議案5件について討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 建設水道委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第3号の議案1件を除き、他の議案5件について建設水道委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案5件については、建設水道委員長の報告のとおり可決されました。

 経済委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、経済委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 経済委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第3号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第3号)の議案1件を除き、他の議案4件について討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 経済委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第3号の議案1件を除き、他の議案4件について経済委員長の報告のとおり可決及び承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案4件については、経済委員長の報告のとおり可決及び承認されました。

 次に、各委員会へ分割付託いたしました議案第3号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第3号)について、討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 議案第3号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第3号)について、各委員長の報告は可決であります。各委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案第3号は各委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、総務委員会に付託いたしました請願第12号 消費税の廃止を求める請願について、討論を行います。

 通告がありますので、発言を許します。

 24番 青木豊一君。

      (24番 青木豊一君登壇)



◆24番(青木豊一君) 青木豊一でございます。

 請願第12号 消費税の廃止を求める請願につきまして、紹介議員を代表して賛成の立場から討論を行いたいと思います。

 既に、ご承知のように消費税が実施されてから1年半が経過したわけであります。こうした中で、物価の上昇はたった1年半で4年分が一挙に値上げするという大幅な上昇率が見られました。さらにまた、消費税に伴ういわゆる税負担は逆進性が強く、1世帯平均10万円を超す状況であります。もし、これを中野市に当てはめるならば、この1年間で10億円を超すお金が消費税として出ていくという大変な内容になるわけであります。

 政府は、この消費税を導入するときに、国会でも、また主権者に対しても高齢化社会のためだということを盛んに主張いたしました。しかしながら、言葉では高齢化社会と言われながら、その一方ではこうした高齢者の皆さんに対してどういった施策が行われているでしょうか。政府がゴールドプランといって盛んに宣伝した高齢者保健福祉10カ年戦略を見ましても、本議会の一般質問でも申し上げましたように、政府が投資するお金は10年間で2兆円、ところが、お年寄りの皆さん方が10年間でとられるお金は6兆円、むしろ消費税による負担の方が3倍も多いというこの事実1つを見ましても、この消費税が高齢化社会のためなどということは全くでたらめと言わなければなりません。

 さらに、それに加えて最近は、老人医療費をさらに値上げしようとしております。例えば、入院は2倍で 800円、通院では50%増の 1,200円にしようという、こういうことも今進められているわけであります。

 さらにまた、生活保護世帯を見ますと、この1年間で2万 9,000戸の皆さん方が打ち切られ、人数では8万人にもなるわけであります。さらに、この5年間で見ますと、世帯では14万6,500 世帯、人数では38万 9,000人も生活保護を打ち切られているという、こうした事実を見ましても、この消費税が高齢化社会や福祉のためなどということは、政府自身がみずからの施策でそのでたらめさを国民に明らかにしているわけであります。

 ところが、その一方でどのような国策を進めようとしているか、これから来年度から始まる防衛計画で見ますと、5年間で23兆円を超える軍事費を投入しようとしております。さらに、アメリカからの強い圧力によって在日米軍の駐留経費 9,000億円全額を日本が負担するという、こういう方向も検討されております。さらに、中東問題を契機としてアメリカ軍を中心とする多国籍軍隊に対しては、20億ドルものお金が、これまた支出され、その九十数%まではアメリカ軍のためにかけられるという、こういうことも我が党の国会質問を通じても明らかになっているところであります。

 こうした事実を見たときに、まさにこの消費税は、お年寄りや福祉のためではなく、このような軍事費やあるいはまたアメリカの強い圧力によるアメリカのためのものであることが、事実を通じて明らかになっているわけであります。

 例えば、アメリカの圧力によるその象徴的なものとして、主権者である国民が生活関連の公共投資をもっとふやせと、こういうことを繰り返し要望していたにもかかわらず、なかなかこうした問題を取り上げないで、日米構造協議による公共投資をこの10カ年間で 430兆円という膨大な投資をしようとしております。既に、専門家の皆さん方もこれだけの投資を10年間でやるには、国が大幅な借金を抱え込むのか、それとも消費税ならば2倍以上の税率にしなければならない。こういうことが主権者の要求ではなく、外国の、アメリカによって決められようとしている。こうしたところにこの消費税が大きく導入されることは明らかであります。

 このような消費税は、文字どおり直ちになくさなければなりません。私たち日本共産党は、こうした消費税を廃止するために一貫して奮闘してまいりました。しかしながら、今日の国会の力関係を見たときに、一度つくられた法律は法改正を抜きとして廃止することはできません。こうした点からいたしまして、多くの国民の皆さん方も消費税の廃止を強く望まれるとともに、当面、緊急措置として生活関連のものに対する消費税をなくしてほしい、こういうことを強く望んでおられるわけであります。

 本請願項目においても、一つは消費税を廃止すること、もう一つは緊急に生活必需品、関連サービスを非課税にし、電気、ガス料金等の基礎控除を取り入れる措置を図ることを強く求めているわけであります。既に、輸出などについては消費税がかからないという事実を見ましても、こうした生活関連物資やサービスに対して消費税をゼロにするということは、決して不可能ではないのであります。また、県や市の公共料金への消費税の転嫁を撤回する、こうした内容も多くの自治体で国や県の圧力にもかかわらず、みずからの自治権を行使して公共料金の負担転嫁をしないでいる事実を見ましても、これも決して不可能なものではございません。このように本請願書は、まさに今日の法治国家において、法律の枠の中で十分可能な要望でございます。

 私は、このような中野市民の圧倒的な皆さん方も、そしてまた、国民の圧倒的な皆さんも要望されている消費税を廃止するということを前提としながら、当面緊急の課題についてぜひとも本議会としても請願者の趣旨を十分お酌み取りいただいて、この請願書にご賛同いただきたいと思うわけであります。残念ながら委員会では多数でこの請願書が否決されてしまいましたが、不採択になりましたが、しかしながら、私たち一人ひとりの市会議員は、中野市の市民の皆さんを代表した議員の方でございます。もし、本当に主権者の立場に立たれるならば、委員会の意思とは違って、本請願書に対して賛成されるのがしかるべき最も市民の皆さんの期待される方向だろうと確信するものであります。

 以上を申し上げまして、本請願が議員の皆さん方のご協力によりまして、また、皆さん方をお選びいただいた有権者の皆さんの立場に立って、本請願書を採択されますことを強く要望いたしまして、賛成者を代表して本請願書に対する賛成の討論を終わります。

 以上であります。



○議長(荻原勉君) ほかに通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 請願第12号 消費税の廃止を求める請願について、総務委員長の報告は不採択でありますので、原案について採決いたします。

 本請願は原案のとおり採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (少数起立)



○議長(荻原勉君) 起立少数であります。

 よって、請願第12号は不採択と決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△4 議第4号 委員会の継続審査及び調査について(請願第11号)



○議長(荻原勉君) 日程4 議第4号 委員会の継続審査及び調査についてを議題といたします。

(議会事務局長徳武栄一君議案を朗読する。)



○議長(荻原勉君) ただいま朗読のとおり請願第11号 イラク問題の平和的解決を促進し、自衛隊派兵につながる新規立法の制定に反対する請願について、総務委員長から会議規則第 104条の規定により閉会中の継続審査及び調査の申し入れがありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△5 討論、採決



○議長(荻原勉君) 日程5 討論、採決を行います。

 初めに、討論を行います。

 通告がありますので、発言を許します。

 24番 青木豊一君。

      (24番 青木豊一君登壇)



◆24番(青木豊一君) 青木豊一でございます。

 議第4号、請願第11号 イラク問題の平和的解決を促進し、自衛隊派兵につながる新規立法の制定に反対する請願書につきまして、委員長報告は継続審査となっておりますが、私は、本請願の持っている大きな役割と、また、その時期を失しないためにも本請願が一刻も早く本議会で採択されることが妥当であると、こういう立場から委員長報告に反対の討論を行いたいと思います。

 既に、ご承知のように、さきの国連平和協力法案は国民の強い反対がありまして、否決されたところであります。当然、この結論は、国民の皆さん方があの第2次世界大戦を通じ、国民では 310万人、アジア人を加えれば 2,000万人、そして中野市でも 1,000人前後の皆さん方が犠牲に遭われたわけであります。まさに悲惨な残虐なこの戦争の体験を通じ、戦争に協力した、しないにかかわらず、二度とこのような戦争を起こしてはならない。こういうことで今日の憲法にも前文や第9条を通じて、政府の責任で絶対に戦争をしてはいけない、こういうことを明記したわけであります。戦後45年たった今日においても、この尊い国民の意思、また、教訓は絶対に将来にわたって生かさなければならない重要な課題であるとともに、今、生を持つ者として当然その責任をお互いに負わなければならないと考えるものであります。

 私たちは、国連の平和維持活動における大前提は、何といっても1つは、憲法の平和的原則に基づいて、非軍事的な分野に厳密に限定するということが何よりも前提としなければならないと思うわけであります。また、2つ目には、あくまでもそれぞれの民族の自主的な権利は認めるということ。そして、国連憲章の本来の基本的精神に合致したものかどうかということを、これまた自主的に吟味しなければならないと考えるものであります。

 ところが、今度廃案になった法案にかわって、自民党を中心として行われたこの合意文書案を見ると、1つは海外派遣部隊が非軍事的なものか、あるいは平和的か、ここが極めて不鮮明だということであります。また、2つ目の問題は、自衛官が参加し、武器の所持についての歯どめも不鮮明になっていることであります。そして、3つ目に、国連の平和維持活動と言われておりますけれども、この平和維持活動、いわゆるPKOの平和維持軍や軍事停戦監視団などは軍事要員によって構成されている軍事的援助ということになっているわけでありますが、この軍事的援助への歯どめも不明確であります。さらに、4つ目の問題は、PKO以外にも国連に関する活動にも協力できるというふうになっており、今日のアメリカ軍を中心とする多国籍軍隊も協力できるその道を開いていることであります。

 このように、私たちが今日の憲法の平和原則を厳守するならば、到底自民党が考えているような、このような方向は断じて阻止しなければなりません。そればかりか、国連が決議したように、あくまでも経済制裁による非軍事的な方法で中東問題を解決するということは、既に多くの政治家を含めてこのことを、その効果を認めているところであります。私たち日本が、第2次世界大戦の教訓や、あるいはまた、国連の平和維持活動の大原則の立場に立つならば、新たな立法措置は何ら必要がないばかりか、今の日本国憲法において十分イラクの不法行為や侵略を抑え、そして世界の人民や各国から孤立し、そしてその誤りを認めさせることは十分可能であると考えるものであります。

 私は先ほど言いました自民党を中心とするこのような案は、まさに廃案となった協力法案と本質的には違いがない。こうした点からいたしましても、この請願の趣旨に沿って、いかなる方法によっても新規立法の制定を阻止する、これこそが日本国憲法に沿う唯一の道であると確信するものであります。請願の補足説明でも申し上げましたように、こうした憲法とともに私たち中野市議会が、みずからの意思として、みずからの判断で非核平和都市宣言を決議いたしました。このことは、私は今でも大きな誇りであり、このことを4万市民の皆さん方とともに、その代表たるべき議会が先頭に立ってこの決議の実行のために活動することが求められているというふうに思うわけであります。

 このような点から申し上げまして、請願第11号 イラク問題の平和的解決を促進し、自衛隊派兵につながる新規立法の制定に反対するこの請願書を、ぜひとも議員の皆さん方の賢明なる判断と議会の意思に沿ってご賛同いただきますことを心からお願い申し上げ、本請願が本議会において採択されることを強く要望いたしまして、委員長報告に対する反対討論といたします。

 以上です。



○議長(荻原勉君) ほかに通告がありませんので、討論を終結いたします。

 採決いたします。

 請願第11号 イラク問題の平和的解決を促進し、自衛隊派兵につながる新規立法の制定に反対する請願について、議第4号のとおり閉会中も継続して審査及び調査に付すことに賛成の諸君の起立を求めます。

      (多数起立)



○議長(荻原勉君) 起立多数であります。

 よって、請願第11号は閉会中も継続して審査及び調査に付すことに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△6 議案第15号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案



△7 議案第16号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案



△8 議案第17号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第4号)



△9 議案第18号 平成2年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)



△10 議案第19号 平成2年度中野市授産所事業特別会計補正予算(第2号)



△11 議案第20号 平成2年度中野市学校給食共同調理場事業特別会計補正予算(第2号)



△12 議案第21号 平成2年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第4号)



△13 議案第22号 平成2年度中野市水道事業会計補正予算(第3号)



○議長(荻原勉君) 日程6 議案第15号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案から日程13 議案第22号 平成2年度中野市水道事業会計補正予算(第3号)までの以上議案8件を一括して議題といたします。

(議会事務局長徳武栄一君議案を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 提案者の説明を求めます。

 市長。

      (市長 土屋武則君登壇)



◎市長(土屋武則君) 議案のご説明を申し上げます。

 議案第15号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案でございますが、本案は去る8月の人事院勧告に基づく国、県の特別職の職員の給与改定に準じ、特別職の職員等の給与を改定するものであります。改正の内容は、期末手当の改定等であります。

 次に、議案第16号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案でありますが、本案は前議案と同様、国、県の給与改定に準じて職員の給与改定を行うものであります。改正の内容は、給料表、住居手当、期末手当等の改定であります。

 続いて、議案第17号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第4号)について申し上げます。

 本案につきましては、議案第15号及び第16号の条例改正に伴う給与改定並びに既決人件費の調整等を行うものでありまして、補正総額は 9,716万 9,000円の追加でございます。補正後の予算総額は 155億 672万円となります。補正の主な内容につきましては、給与改定にかかわる所要額1億 3,100万余円となりますが、既決経費の調整を図り、それぞれの科目に計上いたしましたほか、特別会計の給与改定にかかわる財源として繰出金を計上いたしております。以上の財源につきましては、利子割交付金 9,300万円のほか、豊田分署にかかわる受託収入を見込んでおります。

 次に、議案第18号から議案第22号までの特別会計並びに企業会計の補正5件につきましても、一般会計同様職員の給与改定及び既決人件費の調整による補正でありまして、その財源といたしましては、一般会計からの繰入金や水道料金収入を見込んだほか、予備費で調整をいたしております。

 以上8件につきまして、一括してご説明を申し上げました。よろしくご審議をお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△14 議案質疑



○議長(荻原勉君) 日程14 議案質疑を行います。

 議案第15号から議案第22号までの以上議案8件について願います。

      (発言する者なし)



○議長(荻原勉君) ありませんければ、以上をもって議案質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△15 議案付託



○議長(荻原勉君) 日程15 議案付託をいたします。

 議案第15号から議案第22号までの以上議案8件について、お手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、各常任委員会に付託いたします。

 各常任委員会におかれましては、議案の審査を願い、早急に議長の手元まで報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩)(午後3時09分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(再開)(午後3時48分)



○議長(荻原勉君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△16 議案第15号〜議案第22号 各委員長報告



○議長(荻原勉君) 日程16、これより各委員長の報告案件全部を議題といたします。

(議会事務局長徳武栄一君総務委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 総務委員長の報告を求めます。

 総務委員長 岩本博次君。

      (総務委員長 岩本博次君登壇)



◎総務委員長(岩本博次君) 総務委員会の審査報告を申し上げます。

 本日、本会議におきまして当委員会に付託がありました議案3件について、直ちに委員会を開催し、慎重に審議をいたしました。

 審査の結果につきましては、お手元に書面をもって報告申し上げたとおり、議案第15号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案、議案第16号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案、議案第17号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第4号)、歳入全般、歳出のうち議会費、総務費(関係部分)、消防費、以上3件ともに原案のとおり可決することに決定いたしました。

 本議会におかれましても、当委員会の決定どおり賛成くださいますようお願いを申し上げて、総務委員会の審査報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(議会事務局長徳武栄一君社会文教委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 社会文教委員長の報告を求めます。

 社会文教委員長 武田安雄君。

      (社会文教委員長 武田安雄君登壇)



◎社会文教委員長(武田安雄君) 20番 武田でございます。

 先ほどの本会議におきまして社会文教委員会に付託がありました議案4件につきまして、直ちに委員会を開催いたしました。

 慎重に審査の結果、お手元に申し上げましたとおり、原案どおり可決すべきものと決しました。

 本会議におかれましても、当委員会の決定どおりご賛成をいただきますようお願いを申し上げまして、ご報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(議会事務局長徳武栄一君建設水道委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 建設水道委員長の報告を求めます。

 建設水道委員長 土屋敬一郎君。

      (建設水道委員長 土屋敬一郎君登壇)



◎建設水道委員長(土屋敬一郎君) 16番 土屋敬一郎でございます。

 先ほどの本会議において建設水道委員会に付託されました議案3件について、ただいま別室において慎重に審査いたしました。

 審査の結果につきましては、お手元へ書面をもって配付してございますように、議案3件とも原案どおり全員の賛成で可決すべきものと決しました。

 議員各位におかれましても、建設水道委員会の決定どおりご賛成くださいますようお願いいたしまして、建設水道委員会の審査報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(議会事務局長徳武栄一君経済委員会議案審査報告書を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 経済委員長の報告を求めます。

 経済委員長 春原勝君。

      (経済委員長 春原 勝君登壇)



◎経済委員長(春原勝君) 18番 春原勝でございます。

 経済委員会の審査報告を申し上げます。

 本日の本会議におきまして当委員会に付託になりました議案1件につきまして、直ちに委員会を開き、慎重に審査を行いました。

 結果につきましては、お手元に書面をもってご報告をいたしましたとおり、全員一致により原案どおり可決すべきものと決しました。

 どうか本会議におかれましても、当委員会の決定どおりご賛成いただきますようお願い申し上げまして、審査報告といたします。



○議長(荻原勉君) 以上をもって各委員長の議案審査の報告を終わります。

 ただいまの各委員長の報告に対して質疑並びに討論のあります方は、早急に書面をもって議長の手元まで通告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩)(午後3時55分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(再開)(午後4時33分)



○議長(荻原勉君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△17 委員長報告に対する質疑



△18 討論、採決



○議長(荻原勉君) 日程17、これより各委員長の報告に対する質疑及び日程第18 討論、採決を行います。

 初めに、総務委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、以上をもって総務委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 総務委員長の報告のうち、議案第15号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案、及び他の委員会と関連のあります議案第17号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第4号)の以上議案2件を除き、他の議案1件について討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 総務委員長の報告のうち、議案第15号及び他の委員会と関連のあります議案第17号の議案2件を除き、他の議案1件について総務委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案1件については総務委員長の報告のとおり可決されました。

 社会文教委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、以上をもって社会文教委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 社会文教委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第17号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第4号)の議案1件を除き、他の議案3件について討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 社会文教委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第17号の議案1件を除き、他の議案3件について社会文教委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案3件については社会文教委員長の報告のとおり可決されました。

 建設水道委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、以上をもって建設水道委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 建設水道委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第17号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第4号)の議案1件を除き、他の議案2件について討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 建設水道委員長の報告のうち、他の委員会と関連のあります議案第17号の議案1件を除き、他の議案2件について建設水道委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案2件については建設水道委員長の報告のとおり可決されました。

 経済委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、以上をもって経済委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 次に、総務委員会に付託いたしました議案第15号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案の議案1件について討論を行います。

 通告がありますので、発言を許します。

 24番 青木豊一君。

      (24番 青木豊一君登壇)



◆24番(青木豊一君) 青木豊一でございます。

 議案第15号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案につきまして、反対討論を行います。

 ご承知のように本案件は、特別職の期末手当または期末手当の基礎額の改定に伴うものであります。この改定によりまして、平年度で4役で 229万円、議員で 544万円の新たな負担増になるわけであります。

 今日、市民の皆さん方は、消費税による負担増、あるいはまたそれに伴う物価高、さらにまた冬を前にして中東問題をついて石油、灯油を初めとする諸経費の値上がり等で大変厳しい状況を迎えておられるわけであります。こうした中で期末手当等の引き上げ、あるいはまた基礎額の引き上げ、とりわけ基礎額につきましてはいわゆる期末手当に対するお手盛りとも言えるような性格を持つものでありまして、このようなやはり改定は市民の皆さん方の感情からいたしましても、また生活実態からいたしましても到底認められないものであります。

 よって、この条例案の改定に反対するものであります。

 以上であります。



○議長(荻原勉君) ほかに通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 議案第15号 中野市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例案について、総務委員長の報告は可決であります。総務委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (多数起立)



○議長(荻原勉君) 起立多数であります。

 よって、議案第15号は総務委員長の報告のとおり可決されました。

 これより各委員会へ分割付託いたしました議案第17号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第4号)の議案1件について討論を行います。

 通告がありますので、発言を許します。

 24番 青木豊一君。

      (24番 青木豊一君登壇)



◆24番(青木豊一君) 議案第17号の一般会計の補正予算について反対討論を行います。

 基本的な考え方は、先ほど議案第15号で申し上げたとおりであります。同時に、本補正予算の中には既にご承知のように、マル優廃止に伴う交付金である利子割交付金が 9,300万円の歳入となっているわけであります。

 私たち日本共産党は、この利子割交付金、いわゆるマル優の廃止には強く反対してきたわけでありますが、こうした庶民の金融といわれるこうしたマル優の廃止に伴って生まれたこのような利子割交付金を、主要財源として行われています一般会計補正予算について、当然認めることはできませんので、反対をいたすものです。

 以上であります。



○議長(荻原勉君) ほかに通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 議案第17号 平成2年度中野市一般会計補正予算(第4号)について、各委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (多数起立)



○議長(荻原勉君) 起立多数であります。

 よって、議案第17号は各委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△19 議案第23号 中野市教育委員会委員の任命の同意について



△20 諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて



○議長(荻原勉君) 日程19 議案第23号 中野市教育委員会委員の任命の同意について、及び日程20 諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めことについての以上議案1件、諮問1件を一括して議題といたします。

(議会事務局長徳武栄一君議案を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 提案者の説明を求めます。

 市長。

      (市長 土屋武則君登壇)



◎市長(土屋武則君) 議案第23号からご説明を申し上げます。

 中野市教育委員会委員の任命の同意についてでございますが、本案は中野市教育委員会委員のうち、町田益治氏の任期が平成3年1月20日をもって満了となりますが、引き続き同氏を同委員に任命するため議会のご同意をお願いするものであります。

 次に、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてご説明申し上げます。

 本案は、人権擁護委員のうち、小野虎一氏の任期が平成3年2月28日をもって満了となりますが、新たに畔上喜美男氏を同委員候補として推薦をいたしたいので、人権擁護委員法の定めるところによりまして、議会のご意見を求むものであります。

 以上2件について一括ご説明申し上げましたが、よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△21 議第5号 朝鮮民主主義人民共和国との国交早期実現の促進を求める意見書について



○議長(荻原勉君) 日程21 議第5号 朝鮮民主主義人民共和国との国交早期実現の促進を求める意見書についてを議題といたします。

(議会事務局長徳武栄一君議案を朗読する。)



○議長(荻原勉君) 提案者の説明を求めます。

 19番 頓所昭司君。

      (19番 頓所昭司君登壇)



◎19番(頓所昭司君) 19番 頓所昭司でございます。

 朝鮮民主主義人民共和国との国交早期実現の促進を求める意見書案について、提案理由の説明をいたします。

 さて、わが国と近隣諸国との間で最も近くにあり、しかも歴史的な関係を持ちながら現在まで国交のなかったのは朝鮮民主主義人民共和国だけであります。朝鮮半島が分断され、一方の韓国とは早くに国交が樹立され、広範な交流がなされてきましたが、北朝鮮とは政治的な背景の中で交流が持たれず、冷えきった関係のまま今日に至っております。

 この間、韓国との関係を挟み両国間に多くの不幸な事件や戦争のあったことはご承知のとおりであり、我が国と世界平和を願う立場からまことに憂慮すべき事態が続いたのであります。

 今日まで長い間、日朝関係の改善のため関係者により各般の努力がなされてきましたが、両国間の基本的な立場の相違や多くの障害のため容易に改善がもどらず、多難な道をたどらざるを得なかったことは周知のとおりでございます。

 しかし、最近になり関係者の努力が実ってようやく国交樹立への展望が開け、両国政府間の交渉が開始されましたことはまことに喜ばしく、平和友好を願う両国民にとってひとしく歓迎するところでございます。

 よって、政府におかれましては、関係条約との整合に配慮し、日朝両国の国交樹立を図るため精力的な努力をされるよう意見書をもって強く要請するものでございます。

 議員各位の格別なご理解とご賛成をお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△22 議案質疑



△23 討論、採決



○議長(荻原勉君) 日程22 議案質疑、日程23 討論、採決を行います。

 初めに、議案質疑を行います。

 議案第23号 中野市教育委員会委員の任命の同意について、及び諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについての以上議案1件、諮問1件について願います。

      (発言する者なし)



○議長(荻原勉君) ありませんければ、議第5号 朝鮮民主主義人民共和国との国交早期実現の促進を求める意見書について願います。

      (発言する者なし)



○議長(荻原勉君) ありませんければ、以上をもって議案質疑を終結いたします。

 この際、お諮りいたします。

 議案第23号及び諮問第1号並びに議第5号の以上議案2件、諮問1件については、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

      (「異議なし」という声あり)



○議長(荻原勉君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第23号及び諮問第1号並びに議第5号の以上議案2件、諮問1件については、委員会への付託を省略し、直ちに討論を行います。

 討論のあります方は早急に書面をもって議長の手元まで通告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) ここで暫時休憩いたします。

(休憩)(午後4時49分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(再開)(午後4時49分)



○議長(荻原勉君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) 採決いたします。

 初めに、議案第23号 中野市教育委員会委員の任命の同意について、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議案第23号は原案のとおり同意することに決しました。

 次に、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、適任と認める諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、諮問第1号の推薦については適任と認めることに決しました。

 次に、議第5号 朝鮮民主主義人民共和国との国交早期実現の促進を求める意見書について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

      (全員起立)



○議長(荻原勉君) 起立全員であります。

 よって、議第5号については原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(荻原勉君) 以上をもって予定した議事は全部終了いたしました。

 ここで市長からあいさつがあります。

 市長。

      (市長 土屋武則君登壇)



◎市長(土屋武則君) 一言お礼を申し上げて、ごあいさつをさせていただきます。

 平成2年度12月定例市議会を12月4日から15日間の長期にわたりまして議員各位にはご精励をいただきました。

 全議案それぞれ可決、ご承認をいただきましたことを心からお礼を申し上げる次第であります。

 また、新幹線問題あるいは河川、それから道路、朝鮮民主主義人民共和国との国交回復等について、貴重な意見書の議決を見ましたことはまことに時宜を得たものとして私の立場からも深く感謝を申し上げ、敬意を表する次第であります。

 いよいよ師走でございます。寒さも強くなってまいりますが、どうか議員各位にはひとつ健康には十分ご留意をいただきまして、ぜひひとつ越年をされて輝かしい新年をお迎えをいただきますように、そしてまた、さらに市政進展のために格別のご指導ご鞭撻を賜りますよう心から念願を申し上げまして、ごあいさつにかえる次第であります。

 ありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△24 閉会



○議長(荻原勉君) さる12月4日から本日までの会期15日間にわたりました平成2年第9回中野市議会定例会は、以上をもって閉会といたします。

 大変ご苦労さまでした。(拍手)

(閉会)(午後4時53分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上会議の顛末を記録し、相違ないことを証明するためここに署名する。

       平成2年  月  日

           中野市議会議長  荻原 勉

           署名議員     酒井 篤

           署名議員     高橋和幸