議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 中野市

平成25年  3月 定例会(第1回) 02月28日−01号




平成25年  3月 定例会(第1回) − 02月28日−01号







平成25年  3月 定例会(第1回)



          平成25年第1回中野市議会定例会会議録

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

中野市告示第21号

平成25年2月28日(木) 中野市役所議場に開く。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          平成25年2月28日(木) 午前10時開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第1号)

 1 開会

 2 会議録署名議員指名

 3 会期等の決定

 4 報告第1号 交通事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について

 5 報告第2号 道路上の事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について

 6 報告第3号 道路上の事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について

 7 議案第1号 中野市新型インフルエンザ等対策本部条例案

 8 議案第2号 中野市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例案

 9 議案第3号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例案

10 議案第4号 中野市職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例案

11 議案第5号 中野市情報通信施設整備基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例案

12 議案第6号 中野市特別会計条例の一部を改正する条例案

13 議案第7号 中野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案

14 議案第8号 中野市就学指導委員会条例の一部を改正する条例案

15 議案第9号 中野市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例案

16 議案第10号 中野市精神障害者社会復帰施設条例の一部を改正する条例案

17 議案第11号 中野市国民健康保険条例の一部を改正する条例案

18 議案第12号 中野市社会就労センター条例の一部を改正する条例案

19 議案第13号 中野市指定地域密着型サービス事業者及び指定地域密着型介護予防サービス事業者の指定に関する基準を定める条例案

20 議案第14号 中野市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例案

21 議案第15号 中野市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例案

22 議案第16号 中野市保育所利用料徴収条例の一部を改正する条例案

23 議案第17号 中野市市道の構造の技術的基準及び市道に設ける道路標識の寸法に関する条例案

24 議案第18号 中野市準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例案

25 議案第19号 中野市営住宅等に関する条例の一部を改正する条例案

26 議案第20号 中野市都市公園条例の一部を改正する条例案

27 議案第21号 中野市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例案

28 議案第22号 中野市下水道条例の一部を改正する条例案

29 議案第23号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第6号)

30 議案第24号 平成24年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)

31 議案第25号 平成25年度中野市一般会計予算

32 議案第26号 平成25年度中野市国民健康保険事業特別会計予算

33 議案第27号 平成25年度中野市後期高齢者医療事業特別会計予算

34 議案第28号 平成25年度中野市介護保険事業特別会計予算

35 議案第29号 平成25年度中野市倭財産区事業特別会計予算

36 議案第30号 平成25年度中野市永田財産区事業特別会計予算

37 議案第31号 平成25年度中野市中野財産区事業特別会計予算

38 議案第32号 平成25年度中野市下水道事業特別会計予算

39 議案第33号 平成25年度中野市農業集落排水事業特別会計予算

40 議案第34号 平成25年度中野市水道事業会計予算

41 議案第35号 中野市南永江地区地域交流センターの指定管理者の指定について

42 議案第36号 一本木公園ほか2施設の指定管理者の指定の変更について

43 議案第37号 一本木公園ほか2施設の指定管理者の指定について

44 議案第38号 高梨館跡公園の指定管理者の指定について

45 議案第39号 北信濃ふるさとの森文化公園ほか5施設の指定管理者の指定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件………議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員次のとおり(20名)

      1番  小林忠一君

      2番  原澤年秋君

      3番  阿部光則君

      4番  清水正男君

      5番  高野良之君

      6番  松野繁男君

      7番  永沢清生君

      8番  武田俊道君

      9番  芋川吉孝君

     10番  深尾智計君

     11番  沢田一男君

     12番  湯本隆英君

     13番  町田博文君

     14番  小泉俊一君

     15番  竹内卯太郎君

     16番  金子芳郎君

     17番  清水照子君

     18番  高木尚史君

     19番  青木豊一君

     20番  荻原 勉君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名次のとおり

  議会事務局長  大堀和男

  〃 次長    保科 篤

  書記      丸山賢司

  〃       宮澤 務

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため議場に出席した者の職氏名次のとおり

  市長                  池田 茂君

  教育委員長               土屋正志君

  選挙管理委員長             小林一秋君

  農業委員会長              高橋幸造君

  監査委員                井本久夫君

  教育長職務代理者兼教育次長       横田清一君

  総務部長                田中重雄君

  健康福祉部長兼福祉事務所長       渡辺重雄君

  子ども部長               塚田栄一君

  くらしと文化部長            竹内羊一君

  経済部長                小林俊幸君

  建設水道部長              小林伸行君

  消防部長                上野永一君

  豊田支所長               小林治男君

  会計管理者               小古井義治君

  庶務課長                小野富夫君

  財政課長                石川保文君

  庶務課長補佐              柴本 豊君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (開議)(午前10時00分)

 (開議に先立ち議会事務局長大堀和男君本日の出席議員数及び説明のため議場に出席した者の職氏名を報告する。)



△1 開会



○議長(竹内卯太郎君) ただいま報告のとおり、出席議員数が定足数に達しておりますから、議会は成立いたしました。

 これより平成25年第1回中野市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布いたしてあります議事日程第1号のとおりでありますから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) はじめに、市長からあいさつがあります。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 本日ここに、平成25年3月市議会定例会を招集いたしましたところ、ご出席いただきまして厚く御礼を申し上げます。

 市長就任以来、市区長会をはじめとする各団体の皆様からのご依頼により、私の考え方や思いについて講演する機会を多く得ました。どの会場でも熱心に耳を傾けていただき、大変ありがたく思うと同時に、責任の重さを改めて感じておりますが、これを一つのきっかけに、市政への積極的な参加が広がっていくことを期待しております。

 公約に掲げた施策の具体化につきましては、私の思いを職員と共有することから始め、関係部署による打ち合わせ会議を重ねているところであります。

 また、都市との交流・連携につきましては、首都圏へ出張した際などに、私の人脈を活用してできるだけ多くの人に会い、具体的な連携につなげられるよう働きかけを始めております。今後もさまざまな機会を捉えて、積極的にシティセールスに努めてまいります。

 市庁舎及び市民会館建設問題につきましては、12月市議会定例会以降、私なりにこれまでの経過を整理し、各方面からご意見をお聞きしてまいりましたが、多目的防災広場も含めて一旦白紙に戻すこととし、今後は機能・利便性等を考慮し、多角的な視点から明確な手順を示す中で企画提案を行い、方向性を出してまいりたいと考えております。

 平成34年度を目標年度とする「中野市健康づくり計画・なかの健康ライフプラン21」については、現在、パブリックコメントを行っております。本計画に基づき、市民がともに支え合い、健やかで心豊かに暮らせるよう、各種施策の計画的な推進により、健康寿命の延伸に努めてまいります。

 今後増えると予想される認知症高齢者対策として、住み慣れた地域でいつまでも安心して暮らしていけるよう、高齢者見守り・徘徊SOSネットワークシステムを、この4月からの本格稼働に向けて体制を整えているところであります。

 旧中野高校南グラウンド及びテニスコート跡地に建設を進めてまいりましたさくら保育園が、3月に完成する運びとなりました。今後、市民の皆様に施設を見学していただけるよう計画しながら、4月の開園に向けて準備を進めてまいります。

 農産物の消費拡大を図るため、多くの皆様にご参加いただき、2月11日に「食農フォーラム」を開催いたしました。講演会や、今年度の料理コンクール入選作品の料理実演と、地元農産物を使用した料理の実演などを行い、参加者からは地域農産物への関心がさらに高まったとの感想をいただいております。

 農産物のうち、キノコ類の価格は年末から年始にかけて前年同期と比べ高い水準で推移していましたが、残念ながら1月下旬からは安値が続いております。

 市内製造業においては、海外への生産移転の影響や、円安で受注が回復する期待はあるが見通しが立たないとの声もあり、不透明な状況であります。

 雇用につきましては、冬場の臨時、季節雇用により、12月の飯山公共職業安定所管内の有効求人倍率が1.3倍と、5カ月連続で1倍を上回りました。

 また、市内2高校卒業予定者で就職希望の生徒の内定状況は、2月22日現在で98.8%と、4年連続で前年を上回っております。

 こうした状況を踏まえ、緊急雇用創出基金事業に取り組むなど、引き続き国・県及び関係団体と連携し、地域経済の活性化に努めてまいります。

 文部科学省は、体罰の訴えや教員との関係の悩みを相談する体制の整備と実態把握のため、2月18日まで全校一斉に児童・生徒、保護者及び教職員を対象に調査を行いました。結果につきましては現在集計中ですが、改めて教育委員会から体罰の根絶について各学校に周知したところでございます。

 また、小学校及び中学校適正規模等審議会につきましては、既に4回の審議会を開催していただき、各委員から本市の教育に対する思いや学校の現況等を聞いた後、少子化時代における学校教育のあり方について、グループ討議を精力的にしていただいているところであります。

 千曲川の築堤に伴う笠倉遺跡の発掘調査につきましては、事業計画どおり昨年11月末に現場調査が終了し、整理作業と報告書の作成を来年度行うこととしております。

 明後日から、市街地において「まちかど土びな展」が始まり、中野陣屋・県庁記念館でも関連する各種展示が行われます。3月31日と4月1日は、中野土びな展示即売会や全国土人形即売市など、「土びなの里 信州なかの」が大いににぎわう季節となりますので、大勢の皆様にお出かけいただき、楽しんでいただきたいと思っております。

 本市に春を告げるもう一つの風物詩となったBCリーグ長野県民球団、信濃グランセローズのキャンプが4月2日から始まります。今シーズンの信濃グランセローズは、新たに岡本哲司監督を迎え、コーチ・選手も補強されて新体制でスタートします。選手の皆さんには、4月13日の開幕に向け、しっかりと仕上げていただき、ことしこそ悲願の初優勝に向けて奮起と活躍を大いに期待しております。

 本日提案いたします議案は、条例案22件、予算案12件、事件案5件の合わせて39件であります。

 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2 会議録署名議員指名



○議長(竹内卯太郎君) 日程2 会議録署名議員の指名をいたします。

 会議録署名議員については、会議規則第88条の規定により、

   8番 武田俊道議員

   9番 芋川吉孝議員

 の以上2名を議長において指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△3 会期等の決定

         平成25年第1回中野市議会定例会運営日程(案)

                  会期 平成25年2月28日(木)

                         〜3月21日(木)22日間



月日
曜日
時間
会議
摘要


2月28日

午前10時
本会議
開会、会期等決定、議案提案説明


3月 1日

 
休会
議案審査のため


2日

 

土曜日のため


3日

 

日曜日のため


4日

 

議案審査のため


5日

 




6日

午前10時
本会議
議案質疑、議案付託、市政一般質問


7日



市政一般質問


8日






9日

 
休会
土曜日のため


10日

 

日曜日のため


11日

 
委員会
付託議案審査


12日

 




13日

 




14日

 
休会
議案整理のため


15日

 




16日

 

土曜日のため


17日

 

日曜日のため


18日

 

議案整理のため


19日

 




20日

 

祝日のため


21日

午前10時
本会議
委員長報告、質疑、討論、採決、閉会



 ◯市政一般質問通告は、2月28日午後1時まで

  午後1時までに本会議が散会にならない場合は、散会後1時間以内とする

 ◯請願書、陳情書及び意見書(案)の提出は、3月4日午後1時までとする



○議長(竹内卯太郎君) 日程3 会期等の決定についてを議題といたします。

 本定例会の会期等について、議会運営委員長の報告を求めます。

 議会運営委員長 芋川吉孝議員。

     (議会運営委員長 芋川吉孝君登壇)



◆議会運営委員長(芋川吉孝君) 9番 芋川吉孝でございます。

 本日招集されました平成25年第1回中野市議会定例会の会期及び日程案について説明申し上げます。

 去る2月21日に議会運営委員会を開催し、慎重に審査いたしました。結果につきましては、会期を本日2月28日から3月21日までの22日間といたしました。

 日程案につきましては、本日、これから会期及び運営日程を決定し、諸般の報告を行い、続いて議案の説明をしていただきます。3月1日、4日、5日は議案審査のため休会といたします。6日午前10時から本会議を再開いたしまして、議案質疑、議案付託を行い、続いて市政一般質問を行います。7日、8日も引き続き市政一般質問を行います。11日から13日は各委員会において付託議案の審査を行うこととし、14日、15日、18日、19日は議案整理のため休会といたします。21日午前10時から本会議を開き、各委員長より議案の審査報告の後、質疑、討論、採決を行い、閉会という日程といたします。

 なお、会期中の土曜日、日曜日、祝日については休会といたします。

 また、市政一般質問の通告書の提出は、本日2月28日午後1時までとし、午後1時までに本会議が散会にならない場合は、散会後1時間以内といたします。

 請願書、陳情書及び意見書案の提出は、3月4日の午後1時までといたします。

 以上申し上げ、議会運営委員会の報告といたします。



○議長(竹内卯太郎君) お諮りいたします。

 本定例会の会期等については、議会運営委員長の報告のとおりといたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」という声あり)



○議長(竹内卯太郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期等については、ただいま報告のとおりと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) この際、諸般の報告を行います。

 議会閉会中の主なる事項について事務局長に報告させます。

 (議会事務局長大堀和男君諸般の報告をする。)

 ◯北信3市正副議長会 1月11日 飯山市 正副議長出席

 ◯第149回長野県市議会議長会総会 1月17日、18日 東御市 正副議長出席

 ◯全国市議会議長会地方行政委員会正副委員長会議 1月24日、25日 長岡京市 議長出席

 ◯第134回全国市議会議長会地方行政委員会 2月13日 東京都 議長出席



○議長(竹内卯太郎君) 以上のとおりでありますから、ご了承願います。

 なお、監査委員から報告のありました定期監査及び例月出納検査の結果並びに、教育委員会から提出のありました地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条の規定による平成23年度教育委員会の事務の管理及び執行状況の点検及び評価報告書をお手元に配布してありますので、ご了承願います。

 以上をもって諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△4 報告第1号 交通事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について



△5 報告第2号 道路上の事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について



△6 報告第3号 道路上の事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について



○議長(竹内卯太郎君) 日程4 報告第1号 交通事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告についてから、日程6 報告第3号 道路上の事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告についてまでの以上報告3件を一括して議題といたします。

 提出者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 報告第1号 交通事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について。

 平成24年10月22日午前11時50分ごろ、市内大字三ツ和1251番地の有限会社荻原きのこ園駐車場において、公用車を後進させ方向転換させる際、前方不注意により、駐車場内に駐車していた相手方車両に接触し、損害を与えたものであります。

 本事故の示談及び損害賠償の額につきましては、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分をいたしたものであります。

 次に、報告第2号 道路上の事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について。

 平成24年11月6日午前11時ごろ、市内大字柳沢49番4の市道赤岩42号線において、走行中の車両が道路の横断側溝のグレーチング上を通過した際、グレーチングがはね上がり、車両下部を損傷し、損害を与えたものであります。

 本事故の示談及び損害賠償の額につきましては、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分をいたしたものであります。

 次に、報告第3号 道路上の事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について。

 平成25年1月22日午後8時10分ごろ、市内大字穴田2327番2の市道三俣替佐停車場線において、走行中の車両が陥没していた道路上の穴に右側前輪及び後輪を落とした後、ガードレールに接触し、タイヤ、ホイールとバンパーを損傷し、損害を与えたものであります。

 本事故の示談及び損害賠償の額につきましては、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分をいたしたものであります。

 以上、3件を一括してご説明申し上げました。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△7 議案第1号 中野市新型インフルエンザ等対策本部条例案



△8 議案第2号 中野市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例案



△9 議案第3号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例案



△10 議案第4号 中野市職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例案



△11 議案第5号 中野市情報通信施設整備基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例案



△12 議案第6号 中野市特別会計条例の一部を改正する条例案



△13 議案第7号 中野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案



△14 議案第8号 中野市就学指導委員会条例の一部を改正する条例案



△15 議案第9号 中野市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例案



△16 議案第10号 中野市精神障害者社会復帰施設条例の一部を改正する条例案



△17 議案第11号 中野市国民健康保険条例の一部を改正する条例案



△18 議案第12号 中野市社会就労センター条例の一部を改正する条例案



△19 議案第13号 中野市指定地域密着型サービス事業者及び指定地域密着型介護予防サービス事業者の指定に関する基準を定める条例案



△20 議案第14号 中野市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例案



△21 議案第15号 中野市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例案



△22 議案第16号 中野市保育所利用料徴収条例の一部を改正する条例案



△23 議案第17号 中野市市道の構造の技術的基準及び市道に設ける道路標識の寸法に関する条例案



△24 議案第18号 中野市準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例案



△25 議案第19号 中野市営住宅等に関する条例の一部を改正する条例案



△26 議案第20号 中野市都市公園条例の一部を改正する条例案



△27 議案第21号 中野市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例案



△28 議案第22号 中野市下水道条例の一部を改正する条例案



○議長(竹内卯太郎君) 日程7 議案第1号 中野市新型インフルエンザ等対策本部条例案から、日程28 議案第22号 中野市下水道条例の一部を改正する条例案までの以上議案22件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 議案第1号 中野市新型インフルエンザ等対策本部条例案について。

 新型インフルエンザ等対策特別措置法が制定され、同法において新型インフルエンザ等の発生時には対策本部を設置するものとされたため、新たな条例を制定するものであります。

 次に、議案第2号 中野市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例案について。

 障害者自立支援法が改正され、法律名が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改められたことに伴い、条例内で引用する法律名を改めるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第3号 中野市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例案について。

 中野市一般職の職員の給与に関する条例の附則で定めている給料の切りかえに伴う経過措置が、平成23年度人事院勧告に基づき廃止されるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第4号 中野市職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例案について。

 退職手当制度の一層の適正化を図るため、新たな支給制限及び返納制度を設け、また、国家公務員退職手当法の改正に準じ、退職手当の支給水準を段階的に引き下げることから、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第5号 中野市情報通信施設整備基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例案について。

 中野市特別会計条例の改正により、中野市情報通信施設事業特別会計が廃止されることから、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第6号 中野市特別会計条例の一部を改正する条例案について。

 中野市特別会計条例で定めている社会就労センター事業特別会計と情報通信施設事業特別会計につきましては、新年度から一般会計において対応することから、両事業に係る特別会計を廃止するため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第7号 中野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案について。

 障害者自立支援法が改正され、法律名が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改められたことに伴い、条例内で引用する法律名を改めるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第8号 中野市就学指導委員会条例の一部を改正する条例案について。

 学校教育法の改正により、子どもの教育的ニーズに対応する相談的立場が求められるようになったことに伴い、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第9号 中野市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例案について。

 子育て家庭の経済的負担の軽減を図るため、現在、入院に係る費用のみを給付金の対象としていた小学校4年生から中学校3年生までの児童・生徒についても、通院費用を対象に加え、給付金の対象範囲を拡大する等、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第10号 中野市精神障害者社会復帰施設条例の一部を改正する条例案について。

 障害者自立支援法が改正され、法律名が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改められたことに伴い、条例内で引用する法律名を改めるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第11号 中野市国民健康保険条例の一部を改正する条例案について。

 障害者自立支援法施行令が改正され、政令名が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行令」に改められたことに伴い、条例内で引用する政令名を改めるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第12号 中野市社会就労センター条例の一部を改正する条例案について。

 障害者自立支援法が改正され、法律名が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改められたことに伴い、条例内で引用する法律名を改めるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第13号 中野市指定地域密着型サービス事業者及び指定地域密着型介護予防サービス事業者の指定に関する基準を定める条例案について。

 「介護サービスの基盤強化のための介護保険法」等の一部改正に伴い、指定地域密着型サービス事業者及び指定地域密着型介護予防サービス事業者の指定に関する基準が条例委任されたことから、新たな条例を制定するものであります。

 次に、議案第14号 中野市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例案について。

 第1次一括法に基づく介護保険法の改正に伴い、指定地域密着型サービス事業の人員、設備及び運営に関する基準が条例委任されたことから、新たな条例を制定するものであります。

 次に、議案第15号 中野市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例案について。

 第1次一括法に基づく介護保険法の改正に伴い、指定地域密着型介護予防サービス事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準が条例委任されたことから、新たな条例を制定するものであります。

 次に、議案第16号 中野市保育所利用料徴収条例の一部を改正する条例案について。

 第1次一括法に基づく児童福祉法の改正に伴い、条例内で引用する法令名を改め、あわせて、さくら保育園において休日保育を実施することから、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第17号 中野市市道の構造の技術的基準及び市道に設ける道路標識の寸法に関する条例案について。

 第1次一括法に基づく道路法の改正に伴い、市道の構造の技術的基準及び市道に設ける道路標識の寸法が条例委任されたことから、新たな条例を制定するものであります。

 次に、議案第18号 中野市準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例案について。

 第1次一括法に基づく河川法の改正に伴い、本市が管理する準用河川に設ける管理施設等の構造の技術的基準が条例委任されたことから、新たな条例を制定するものであります。

 次に、議案第19号 中野市営住宅等に関する条例の一部を改正する条例案について。

 第1次一括法に基づく公営住宅法の改正に伴い、公営住宅の整備基準及び入居者資格要件における収入基準が条例委任され、また、福島復興再生特別措置法が公布され、被災者の公営住宅の入居資格の特例が規定されたことから、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第20号 中野市都市公園条例の一部を改正する条例案について。

 第2次一括法に基づく「都市公園法及び高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」の改正に伴い、これまで国が定めていた都市公園の設置基準及び特定公園施設の設置基準が条例委任されたことから、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第21号 中野市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例案について。

 第2次一括法に基づく水道法の改正に伴い、水道の布設工事監督者を配置する工事、布設工事監督者の資格及び水道技術管理者の資格が条例委任されたことから、新たな条例を制定するものであります。

 次に、議案第22号 中野市下水道条例の一部を改正する条例案について。

 第2次一括法に基づく下水道法の改正に伴い、公共下水道の構造の技術上の基準及び終末処理場の維持管理に関する基準が条例委任されたことから、所要の改正を行うものであります。

 以上、22件を一括してご説明申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△29 議案第23号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第6号)



○議長(竹内卯太郎君) 日程29 議案第23号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 議案第23号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第6号)について。

 事業費の確定等に伴う事業費の変更、財源組み替えのほか、繰越明許費の設定、債務負担行為及び地方債の各補正をお願いするものであります。

 補正総額297万8,000円を減額し、補正後の予算総額は195億5,603万9,000円となります。

 最初に、歳入について申し上げます。

 14款国庫支出金では、各種事業の精算及び確定等に伴い、それぞれ負担金、補助金及び委託金1億723万4,000円の減額、15款県支出金では、国庫支出金同様に実績に伴い、負担金387万2,000円の増額、17款寄附金では、ふるさと寄附金312万5,000円の増額、18款繰入金では、事業費の確定等に伴い、渇水対策基金の減額のほか、財源調整のため、財政調整基金繰入金を増額、20款諸収入では、事業の確定等に伴い、後期高齢者医療広域連合市町村特別対策事業交付金610万円の増額、21款市債では、事業費の確定見込み等に伴い、旧合併特例事業債等を減額するものであります。

 次に、歳出の主なものについて申し上げます。

 2款総務費では、職員人件費で退職者の増に伴い、一般職退職手当1億8,322万円の増額、防災施設整備事業費では、事業内容の見直しにより事業費の減額及び財源組み替えを行うものであります。基金積立金で、ふるさと振興基金積立金312万5,000円の増額であります。3款民生費では、自立支援事業費で、就労継続支援の利用者の増加に伴い、給付金等扶助費1,548万8,000円の増額、介護保険事業費で、事業費確定見込みに伴い、特別会計繰出金687万5,000円の増額、生活保護事務費で、平成23年度国庫負担金が過大交付となったため、生活保護費負担金返還金1,534万2,000円の追加であります。4款衛生費では、北信総合病院再構築事業費で、建設工事請負契約の締結により、本年度の事業費が確定したため、負担金156万5,000円の増額であります。このほか、入札差金等事業費の確定等に伴い減額を行うものであります。

 以上、歳入歳出予算の補正のほか、繰越明許費の設定、債務負担行為及び地方債の補正をあわせてお願いするものであります。

 よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△30 議案第24号 平成24年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)



○議長(竹内卯太郎君) 日程30 議案第24号 平成24年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 議案第24号 平成24年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について。

 保険給付費の確定見込み等により補正をお願いするもので、補正総額4,422万5,000円を追加し、補正後の予算総額は37億3,200万1,000円となります。

 歳入では、3款国庫支出金で、介護給付費負担金及び調整交付金1,282万5,000円の増額、4款支払基金交付金で、介護給付費交付金1,595万円の増額、5款県支出金で、介護給付費負担金857万5,000円の増額、7款繰入金で、一般会計繰入金687万5,000円の増額であります。

 歳出では、2款保険給付費で、介護サービス等諸費及び介護予防サービス等諸費5,500万円の増額、3款基金積立金で、介護給付費準備基金積立金1,077万5,000円を減額するものであります。

 よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△31 議案第25号 平成25年度中野市一般会計予算



○議長(竹内卯太郎君) 日程31 議案第25号 平成25年度中野市一般会計予算を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 議案第25号 平成25年度中野市一般会計予算について。

 国の平成25年度予算は、日本経済の再生に向けて、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の「3本の矢」により、長引く円高・デフレ不況から脱却し、雇用や所得の拡大を目指すとされており、こうした施策等を背景に、市場経済も円安・株高に反応しております。

 本市においては、国の動向を踏まえながら、厳しい財政状況を職員の共通認識として財政の健全化に努めるとともに、新たな施策への取り組み、市民との情報の共有、市民生活と地域経済の安定と向上を予算編成の基本姿勢として、「元気な中野市の実現に向け、市民の期待に応える」としたところであります。

 建設事業などのハード事業については、市民生活の安全・安心につながる必要不可欠な事業を厳選し、ソフト事業では、地域に密着した事業に重点を置き、将来の財政負担等を十分検討・考慮し、時代の流れに即応し、行政が責任を負うべき事業の精査を行い、真に必要な事業への予算配分といたしました。

 特に、市民の皆様が潜在的に持つ能力を引き出すため、市民自ら知恵を絞り企画運営する事業については、合併振興基金の運用益の範囲内で財源を確保し、地域力支援金、文化芸術事業補助金など、積極的に支援していきたいと考えております。

 さらに、今後予想される厳しい財政状況を乗り切るため、規律ある財政運営に努めながら、将来の土台づくりをしっかり見据え、市民が安全で安心して生活できるまちづくりを目指し、市民生活を第一に考え、地域に根差した新年度予算を編成したところであります。

 平成25年度一般会計の予算規模でありますが、総額192億円であります。平成24年度当初予算比較では、金額にして1億4,500万円、率にして0.7%の減となっております。

 新年度予算の主な内容でありますが、市民の安心した生活を支える予算としつつ、「新しい中野市の創造」をキーワードに、次の5項目に区分けし、新規・拡大事業を中心に、主な項目のご説明を申し上げます。

 1点目の交流・連携・協働では、都市住民との交流を基軸に、人・経済・音楽交流の活性化を図り、潤いのある地域の再生のため、都市交流(あなたの故郷になりたい)情報発信事業、姉妹都市等との人的・文化的交流を推進するため、市民団体が行う交流推進事業の一部を補助する姉妹都市等交流事業。

 2点目の経済産業活性化・地域力強化では、本市の基幹産業である農業に取り組む新規就農者を支援するため、新規就農者支援事業、近年多発するゲリラ豪雨等へ対応するため、農業用水路改修事業の予算額を大幅に増額、活力とにぎわいのある商店街づくりを進める団体活動を支援するため、商店街活性化事業。

 3点目の音楽・文化・観光のまちづくりでは、市民グループが企画運営する講演会・講習会などの経費を補助する文化芸術補助事業、50回記念として、優秀賞の作品集と記念公演を開催する中山晋平記念音楽賞優秀賞入選曲発表会、県宝に指定するよう文化財保護審議会から答申のあった柳沢遺跡からの出土品収蔵展示事業。

 4点目の健康福祉・教育都市では、地域医療の充実を図るため、北信総合病院再構築事業、中野市保育所整備計画に基づき、(仮称)新西町保育園整備事業、熱中症対策のため、ミストシャワーやエアコンを設置する小・中学校熱中症対策事業。

 5点目の都市基盤の整備では、老朽化した斎場を移転新築するため、北信保健衛生施設組合へ斎場建設費負担金、通学路等の安全対策を図るため、やさしい歩道整備などの幹線道路整備事業、市内業者を利用して居住環境を改善するため、住宅性能向上促進事業の実施などであります。

 歳入につきましては、今申し上げました事業を含む各種施策の実施に伴う国及び県支出金、市債等の特定財源の確保を図るとともに、市税、地方交付税、交付金等の一般財源を見込んでおります。

 なお、歳入歳出予算のほか、債務負担行為、地方債及び一時借入金などもあわせてお願いするものであります。

 本市における財政状況は、厳しい状況に変わりありませんが、市民サービスの充実と地域経済を下支えする財源の配分に心がけ、的確に事業を選択させていただき、引き続き最少の経費で最大の効果を上げる地方自治の理念に基づき、効果的かつ効率的な財政運営に努めてまいりたいと考えております。

 議員各位におかれましては、今後ともより一層のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

 予算に計上いたしました主要な事業につきましては、予算書のほか、お手元に配布させていただきました主要施策概要説明書にも掲載してありますので、後ほどご覧いただければと思います。

 また、補足説明として、この後、担当部長からそれぞれ説明させます。よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(竹内卯太郎君) 次に、各担当部長等から本案の補足説明を願います。

 はじめに、総務部長。

     (総務部長 田中重雄君登壇)



◎総務部長(田中重雄君) 平成25年度中野市一般会計予算について、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 主な内容、金額等について、お手元に配布してございます予算書の事項別明細書に基づきご説明申し上げます。

 なお、主要施策概要説明書につきましては、1ページから6ページ及び37ページに総務関係が記載されておりますので、よろしくお願いいたします。また、ページにつきましては、見開きの左側のページで申し上げますので、お願いいたします。

 それでは、予算書の12ページをお願いいたします。

 1款市税では、53億9,441万4,000円を見込んでおります。前年度対比で1,625万2,000円の減、率にして0.3%の減となります。主なものとしましては、1項市民税で前年度対比で2,300万円の減、率にして1.1%の減となっておりますが、これは法人市民税の税率改定によるものであります。

 2項固定資産税及び6項都市計画税では、土地の評価額減に伴い、固定資産税で前年度対比約3,900万円、率にして1.6%の減、都市計画税で前年度対比約1,300万円、率にして3.2%の減であります。

 4項市たばこ税では、前年度対比5,490万円、率にして20.4%の大幅な増となっておりますが、これは県と市町村への配分率の見直しによるものであります。

 次に、12ページの下段から16ページをお願いいたします。

 2款地方譲与税から9款地方特例交付金につきましては、各種制度に基づき譲与・交付されるものであります。

 次に、18ページ、10款地方交付税につきましては59億円を見込み、国の地方財政計画に基づき実績を勘案し、前年度対比で1億円、率にして1.7%の減となっております。

 同じく18ページ、12款分担金及び負担金では2億9,789万9,000円で、保育所費負担金の増などを見込み、前年度対比で1.5%の増となっております。

 次に、20ページから24ページにかけての13款使用料及び手数料については2億5,428万3,000円で、前年度対比で額にして4,207万3,000円、率にして19.8%の大幅な増となっております。これは情報通信施設事業及び社会就労センター事業特別会計を廃止したことにより、有線テレビ使用料や授産施設使用料等を一般会計に組み入れたことによるものであります。

 次に、24ページから26ページにかけての14款国庫支出金では16億4,016万5,000円で、前年度対比で額にして9,772万8,000円、率にして5.6%の減となっております。主な要因は、社会資本整備総合交付金、都市再生整備計画事業の減によるものであります。

 次に、26ページから30ページにかけての15款県支出金では8億8,847万7,000円で、前年度対比で額にして480万4,000円、率にして0.5%の減となっております。このうち、子宮頸がん等ワクチン接種事業補助金が一般財源化されたことにより、約2,900万円が減額となりましたが、参議院議員通常選挙委託金が増加したものであります。

 次に、32ページをお願いいたします。

 16款財産収入では9,870万円で、前年度対比で額にして3,068万7,000円、率にして45%の大幅な増となっております。これは、平成22年度から3カ年で積み立てた合併振興基金を当面国債で運用することとしており、運用益を計上したものであります。

 次に、34ページをお願いいたします。

 18款繰入金では7億2,309万5,000円で、前年度対比で額にして1億9,545万1,000円、率にして37.0%の大幅な増となっております。この主なものは、定年退職者の増及び財源不足を補うため、財政調整基金や退職手当基金などから繰り入れによるものであります。

 次に、34ページから38ページにかけての20款諸収入では9億485万7,000円で、前年度対比で額にして2,280万2,000円、率にして2.6%の増となっております。主な要因は、社会就労センター事業特別会計から組み入れた授産施設事業収入3,187万8,000円などであります。

 次に、38ページの21款市債でありますが、22億960万円を見込み、前年度対比で2億1,640万円、率にして8.9%の減となっております。この主な要因は、合併振興基金へ積み立てた旧合併特例債の減などであります。

 以上、歳入関係について申し上げました。

 続いて、歳出についてでありますが、総務関係の歳出についてご説明申し上げます。

 40ページから42ページになりますが、お願いいたします。

 1款の議会費につきましては、1億9,239万2,000円を計上しております。主な内容は、市議会議員及び議会関係職員の人件費、議会の運営費であります。前年度対比で269万8,000円の減、率にして1.4%の減となっておりますが、議員共済給付金、市負担金等の改定等によるものであります。

 次に、44ページをお願いいたします。

 2款総務費ですが、総額で22億7,006万2,000円を計上いたしました。前年度対比で9億921万7,000円、率にして28.6%の減であります。この減の主な要因は、合併振興基金積立金等であります。

 まず、1項総務管理費のうち、1目一般管理費では9億5,057万4,000円で、特別職及び一般職に係る職員人件費及び一般管理事務費、自治会振興事務費などを計上いたしました。前年度対比で1億2,250万2,000円の増となっておりますが、職員の定年退職者の増など、職員人件費が主であります。

 次に、48ページの2目文書費、3目秘書広報費につきましては、それぞれ経常的経費を見込んでいるものでございます。

 次に、50ページの4目危機管理費は、前年度一般諸費のうち、組織改正に合わせて組み替えしたもので、危機管理に要する経費を計上いたしました。

 次に、52ページの7目財政管理費につきましては、5,998万5,000円を計上しております。経常的経費のほか、主には中野市の地方交付税に一括算入される事業費分について、一部事務組合を構成する関係市町村に配分するための地方交付税事業費補正分市町村配分金であり、前年度対比で約4,200万円の減額となっております。

 次に、54ページの8目財産管理費、58ページの9目会計管理費につきましては、それぞれ経常的経費を見込んでいるものでございます。なお、財産管理費で約4,400万円の減額になっておりますのは、旧中野高校体育館等解体撤去工事費が減額になったためであります。

 次に、58ページから60ページにかけての10目企画費でありますが、公共交通対策事業費では中野市地域公共交通対策協議会負担金を計上しました。地域活性化推進事業費には、地域の活性化に資するため、地域力支援金50万円を計上いたしました。また、北信広域連合負担金では経常的経費を計上いたしました。

 次に、11目情報政策費につきましては、1億710万9,000円を計上しております。情報政策に係る経常的経費であります。

 次に、12目情報通信施設費には、前年度、情報通信施設事業特別会計に計上していた事業を組み入れたものであります。

 次に、64ページからの13目国際・都市間交流費でありますが、848万9,000円で、前年度対比156.6%の大幅な増となっております。都市住民との交流を基軸に、人・経済・音楽交流を積極的に推進し、都市間交流、ふるさと交流及び情報発信事業費を見込んだものであります。

 次に、76ページの下段をお願いいたします。

 19目基金積立金につきましては、財政調整基金など6つの基金について1億9,312万円の積立金を計上したものであります。

 次に、78ページから80ページにかけての2項徴税費でありますが、1目固定資産評価審査委員会費、2目税務総務費、3目賦課徴収費では、それぞれ経常的経費を見込んでおります。なお、3目賦課徴収費で約1,400万円増額となっておりますが、緊急雇用創出事業補助金を活用して資産台帳整備事業を行いますが、その増となっております。

 次に、82ページの4項選挙費のうち、1目選挙管理委員会費、2目選挙常時啓発費は、経常的経費を見込んだものであります。

 同じく、82ページから84ページにかけての3目参議院議員通常選挙費及び4目市議会議員一般選挙費につきましては、それぞれに係る選挙費用を計上したものでございます。

 次に、86ページから88ページにかけての5項統計調査費、6項監査委員費では、経常的経費を計上したものであります。

 次に、ページを飛びますが、250ページをお願いいたします。

 11款公債費でありますが、一般会計における市債の元利償還金等を計上したものであります。

 最後に、252ページの12款予備費は、前年度と同額の4,000万円を計上いたしました。

 以上、総務関係の主な歳出についてご説明申し上げました。

 よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで10分間休憩いたします。

 (休憩)(午前11時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午前11時10分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 次に、健康福祉部長兼福祉事務所長。

     (健康福祉部長兼福祉事務所長 渡辺重雄君登壇)



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(渡辺重雄君) 健康福祉部及び福祉事務所が所管いたします3款民生費、4款衛生費の関係部分につきまして、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 はじめに、3款民生費でございますが、予算書は90ページから、また、主要施策概要説明書は7ページからとなっております。

 民生費では、総額55億9,679万4,000円を計上しております。前年度と比較いたしますと3億222万8,000円の減、率にいたしまして5.12%の減となっております。

 1項1目社会福祉総務費では、地域福祉推進事業費といたしまして、福祉委員の報酬や研修費、地域福祉計画等の策定に係る経費、中野市社会福祉協議会への運営費補助金などを計上したほか、中国残留邦人帰国者の生活支援事業を実施してまいります。

 92ページの2目障害者福祉費につきましては、自立支援事業費では、自立支援医療費や居宅介護給付費など各種障害サービスに関する扶助費、さらに、地域生活支援事業費では、障害者の生活レベルの向上を図るための各種の支援事業の委託事業費や日常生活用具給付費など、扶助費を計上しております。在宅福祉事業費では、在宅の障害児・障害者の皆さんの社会参加の促進と生活の安定を図るための施設の管理運営経費ほか、市独自に実施する自立支援給付や介護用品の給付などに係る経費を計上しております。

 次に、96ページの3目福祉医療費給付費でありますが、福祉医療費給付事業費といたしまして、母子世帯、父子世帯や心身の障害のある方々の医療費の自己負担を軽減するため、所要の予算を計上しております。

 次に、4目高齢者福祉費でありますが、高齢者在宅サービス事業費では、在宅の要介護高齢者、独り暮らし高齢者などの生活の維持・向上や、家庭介護者の負担軽減のための各種の扶助費などを計上いたしました。また、高齢者施設サービス事業費は、養護老人ホームへの入所措置に係る事業費であります。高齢者生きがい対策事業費では、高齢者の元気で生きがいある生活の一助とするためのシルバー乗車券の給付や温泉利用休憩料の助成のほか、中野広域シルバー人材センターへの運営費補助などを計上しております。次に、高齢者祝賀事業でありますが、市が行う合同金婚式の開催や、各地区の敬老会への補助等であります。また、高齢者の生きがい施設の管理事業費のほか、介護保険事業特別会計への繰出金も計上いたしました。

 102ページからの5目高齢者医療費では、75歳以上の高齢者医療保険制度の運営に関する長野県後期高齢者医療広域連合への負担金のほか、後期高齢者医療事業特別会計への繰出金を見込ませていただきました。

 次に、6目社会就労センター費でありますが、今年度から一般会計に計上して運営することといたしました。一般就労の困難な要保護者の方や、障害者の皆さんへの就労の場及び就労継続支援サービスの提供に係る経費等を計上いたしました。

 次に、少し飛びますが、122ページをお願いいたします。

 2項児童福祉費のうち、5目母子福祉費でありますが、母子家庭の生活安定を図るため、福祉事務所に母子自立支援員を配置し、生活全般にわたる相談・指導に係る事業費等であります。

 続きまして、124ページからの3項生活保護費でありますが、1目生活保護総務費では、生活保護事務に必要な予算をお願いし、2目扶助費では、生活困窮者の生活保障と自立助長を図るため、生活扶助、住宅扶助、医療扶助などの扶助費のほか、授産施設などへの施設事務費を計上いたしました。

 次に、4款衛生費をお願いいたします。

 予算書は128ページから、また、主要施策概要説明書は13ページからとなっております。

 衛生費の予算総額は26億2,233万2,000円でありますが、前年度と比較いたしますと6億1,920万円の増、率にして30.9%の増となっております。

 はじめに、1項1目保健衛生総務費でありますが、医療提供体制支援事業費では、地域の基幹病院である北信総合病院が整備する血液ガス分析装置の購入費用を、国・県の補助事業を導入し助成してまいります。診療体制支援事業費では、休日・夜間における医療体制の確保のため、救急指定病院への病院群輪番制病院運営事業費負担金、また、中高医師会による休日緊急診療所への運営事業補助金のほか、市民の医療に関するさまざまな相談について利便性の向上を図るため、北信総合病院と共同設置しております電話医療相談所の運営費負担金を計上いたしました。また、医師確保対策といたしまして、医師研究資金貸付金や地域医療従事医師奨学資金貸付金を計上したほか、周産期医療の確保支援策として分娩を行う産科医療機関に対する補助を実施してまいります。また、130ページになりますが、北信総合病院の再構築事業について、近隣市町村と連携して必要な財政支援を継続して行ってまいります。さらには、本市の国民健康保険事業の健全経営を図るため、国民健康保険事業特別会計への繰出金を計上し、市民の安心、安定した医療の確保に努めてまいります。

 続きまして、2目健康づくり推進費では、市民の健康づくりの意識高揚を図るため、健康づくりフェスティバルの開催や、食育推進計画の策定をはじめとする食育に関する事業費等も計上いたしました。

 次に、3目予防費でありますが、予防接種事業費として各種の法定予防接種のほか、65歳以上の高齢者の方と就学前乳幼児のインフルエンザワクチン予防接種や、75歳以上の高齢者の方を対象とする肺炎球菌予防接種に係る経費を、結核予防事業費では、結核予防のための胸部レントゲン撮影のための事業費を、子宮頸がん等ワクチン接種事業費では、子宮頸がん、ヒブ、小児用肺炎球菌の3ワクチンについて、自己負担なしで接種できるよう必要な事業費を計上いたしました。

 次に、132ページの4目健康診査費では、市民の健康増進と生活習慣病の早期予防を図るための基本健康診査や、胃がん、子宮がんなどの早期発見、早期治療に結びつけるため、各種がん検診、ウイルス検診や歯周疾患検診などを実施してまいりますが、中でも肺がんの早期発見を目的に、新たに肺がんCT検診を導入してまいります。

 次に、134ページの5目母子保健推進費では、乳幼児の月齢、年齢に応じた健診と保健指導などを通年で実施するほか、県からの事務移管に伴う未熟児養育医療給付事業費を新たに計上いたしました。

 最後に、136ページの6目保健センター管理費でございますが、中野保健センター等の維持管理事業費を計上しております。

 以上、健康福祉部及び福祉事務所が所管する関係予算の主なものについてご説明申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 次に、子ども部長。

     (子ども部長 塚田栄一君登壇)



◎子ども部長(塚田栄一君) 子ども部が所管します3款民生費の関係部分につきまして、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 はじめに、1項社会福祉費でございますが、予算書は96ページ、主要施策概要説明書につきましては8ページをお願いいたします。

 3目福祉医療費給付費のうち、乳幼児等医療費給付事業費につきましては、現行、通院について小学校3学年終了時までを給付の対象としておりましたが、平成25年度からは中学校3学年終了時まで拡大し、実施するための給付金等を計上いたしました。

 次に、少し飛びますが、予算書は110ページ、それから主要施策概要説明書につきましては10ページからお願いいたします。

 2項1目児童福祉総務費では、職員人件費のほか、青少年対策事業費につきましては、青少年が心身ともに健やかでたくましく成長するよう、有害な環境の浄化活動や非行防止活動のほか、地域での体験活動に対する補助金等の経費を見込んだものでございます。112ページになりますが、子育て支援センター管理事業費では、3カ所の子育て支援センターの施設管理事業費を、子育て支援センター運営事業費では、子育て家庭を支援するため、遊び場の提供や子育て相談などを行うための子育て支援センターの運営に係る事業費を、子育て応援事業費は、子育て家庭の経済的負担を軽減するため、子育て用品給付事業などに係る事業費をそれぞれ計上いたしました。

 次に、114ページになりますが、2目放課後児童対策費では、放課後児童の健全育成を図るため、中野・平野両児童センターの管理及び運営事業費を計上し、5地区への児童クラブ委託料ほか、4カ所の小学校放課後児童教室や3カ所の放課後児童クラブの経費であります。放課後児童教室管理及び運営する児童クラブ管理並びに運営事業費を計上いたしました。次に、116ページになりますが、放課後子ども教室推進事業費につきましては、小学生を対象とした安全・安心な活動拠点を設け、さまざまな活動を行うための経費を計上いたしました。

 次に、3目保育所費でございますが、職員人件費のほか、保育所管理事業費では、公立保育園11園の施設管理のための経費を計上いたしました。120ページに移りますが、保育所維持整備事業費では、(仮称)新西町保育園の現地建て替えに伴う園舎の設計委託のほか、北信総合病院の民間保育所に併設を予定している病児・病後児保育施設の建設に伴う工事費を計上いたしました。次に、特別保育事業費では、長時間保育、一時的保育及びさくら保育園で新たに実施する休日保育の経費を計上いたしました。民間保育所運営等事業費では、私立保育園に保育を委託するための経費のほか、特別保育事業に対する補助金等を計上し、幼児教育振興事業費につきましては、幼児教育の振興を図るため、幼稚園就園奨励費と運営に対する支援のための経費を計上いたしました。

 次に、122ページになりますが、4目子ども相談事業費、子どもに関する総合相談窓口として各種相談等を行う事業費でございます。

 6目児童手当費でございますが、主要施策概要説明書につきましては12ページをご覧いただきたいと思います。次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを応援するため、児童手当に要する経費を計上いたしました。

 7目児童扶養手当費の児童扶養手当給付事業費では、ひとり親家庭の生活の安定と自立促進を通して児童の福祉の向上を図るため、児童扶養手当の給付に要する経費を計上いたしました。

 以上、子ども部所管の主なものについてご説明申し上げました。よろしくお願いをいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 次に、くらしと文化部長。

     (くらしと文化部長 竹内羊一君登壇)



◎くらしと文化部長(竹内羊一君) くらしと文化部が所管いたします2款総務費、3款民生費及び4款衛生費の関係部分について、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 最初に、2款総務費関係について申し上げます。予算書は50ページから52ページ、主要施策概要説明書につきましては1ページから2ページになりますので、お願いいたします。

 1項総務管理費の5目交通安全対策費につきましては、交通指導員の報酬をはじめ、中高交通安全協会への補助のほか、高齢者を対象とした講座などを行う交通安全啓発事業費及び万一の交通災害に備えるための県民交通災害共済事業費を計上したものであります。

 6目諸費のうち防犯事業費につきましては、地域住民の防犯に寄与するための市防犯協会への補助金や、需要が増している各区が行う防犯灯設置事業に対しての補助金等であり、消費生活対策事業費につきましては、食品の安全を図るための放射性物質検査に係る経費を計上したものであります。

 次に、予算書の66ページから76ページ、主要施策概要説明書につきましては4ページから5ページをお願いいたします。

 14目文化振興費につきましては、第50回目を迎える中山晋平記念音楽賞や、市民音楽祭、晋平・辰之メモリアルなどの音楽事業のほか、新たに文化・芸術活動を促進するため、市民グループが企画する講習会などの経費への補助金、市が収蔵する美術作品の移動展及びれきみん展の開催など、文化・芸術振興のための事業費であります。

 15目中山晋平記念館費及び16目高野辰之記念館費につきましては、それぞれの記念館の管理運営費及び各種コンサートなどの事業費を計上したものであります。

 17目スポーツ振興費につきましては、スポーツ大会及びスポーツ教室開催などの社会体育振興事業費及び体育協会をはじめとする社会体育団体の育成助成費であります。また、スポーツ施設管理事業費につきましては、市民体育館をはじめとする施設の管理委託費のほか、スポーツ施設維持整備事業費では、武道館の耐震診断を行うほか、弓道場の屋根、外壁塗装などの維持整備に要する経費を計上したものであります。

 18目市民会館管理費につきましては、市民会館の管理維持整備に係る経費であります。

 次に、予算書80ページから82ページをお願いいたします。

 3項1目戸籍住民基本台帳費につきましては、職員人件費のほか、各種証明書等の発行に係る経費及び住民基本台帳、戸籍に係る事務費であります。

 続いて、3款民生費関係について申し上げます。予算書は104ページから110ページ、主要施策概要説明書につきましては9ページをお願いいたします。

 最初に、1項社会福祉費、7目国民年金費につきましては、国民年金の啓発、事務などに係る経費であります。

 8目人権政策費につきましては、市民の皆様と連携・協力を図りながら、交流と共生による平等で差別のない明るい中野市をつくっていくための事業費を計上したものであります。

 9目人権センター費につきましては、人権のまちづくりの拠点施設として、相談事業をはじめ各種講座や交流事業、人権が尊重される社会を築くために各区分館で行う人権教育懇談会などの事業費のほか、各施設の管理経費を計上したものであります。

 10目男女共同参画推進費につきましては、男女共同参画社会のさらなる推進を図るための事業費や、女性の多様化する相談に対応するための事業費であります。

 続いて、4款衛生費関係について申し上げます。予算書の138ページから144ページ、主要施策概要説明書につきましては14ページから16ページをお願いいたします。

 最初に、1項保健衛生費の7目環境衛生費につきましては、環境負荷の軽減と環境保全への貢献を図るため、再生可能エネルギーである太陽光発電システムの設置費への補助金、小型合併処理浄化槽設置への補助金などを計上した環境保全対策事業費のほか、斎場に係る分担金、信州中野環境祭に係る経費を計上したものであります。

 8目公害対策費につきましては、人件費のほか、河川などの水質検査や、苦情等に対して適切な対応を行うために新たに実施する悪臭物質濃度測定及び臭気測定業務を含めた委託料を計上した環境公害防止対策事業費であります。

 9目水道費につきましては、水道事業会計に対する補助金であります。

 2項清掃費の1目清掃総務費につきましては、人件費のほか、中野市衛生自治会への業務委託などの環境美化推進事業費、じん芥、し尿の処理などを行う北信保健衛生施設組合への分担金を計上したものであります。

 2目ごみ処理費につきましては、ごみ収集に係る委託経費、各区のごみ集積施設の設置補助金などを計上した家庭ごみ収集事業費、ごみの減量化・再資源化の推進に係る経費、剪定枝などの再資源化を図ることを目的としたバイオマス利活用推進事業費、昨年度の当初予算では高齢者支援資源物等収集事業費として資源ごみなどの排出が困難な高齢者等のみで構成される世帯を対象に、戸別収集を行う事業の名称を資源物等排出支援事業費と改め、計上したものであります。

 以上、くらしと文化部関係の主なものについてご説明申し上げました。よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 次に、経済部長。

     (経済部長 小林俊幸君登壇)



◎経済部長(小林俊幸君) 経済部が所管します5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費につきまして、市長の提案説明に補足してご説明申し上げます。

 予算書の146ページをお願いいたします。なお、主要施策概要説明書につきましては17ページから記載しておりますのでご覧いただきたいと存じます。

 最初に、5款労働費を申し上げます。労働費は総額1億95万6,000円を計上しております。前年度に対して1,560万6,000円の増で、これは、1目労働諸費、雇用対策事業費におきまして、国の補助金を受けて中野地域職業訓練センターの空調設備工事を予定していることによるものでございます。なお、労働者、勤労者の福祉増進、生活安定対策、雇用確保、能力開発等に係る予算はおおむね前年並みの計上となっております。

 次に、148ページをお願いいたします。

 2目からは、労働費が所管しております施設の管理費及び当該施設での各種事業を実施するための運営事業費であります。

 続いて、154ページ、6款農林水産業費をお願いいたします。主要施策概要説明書は18ページから記載しております。なお、前年度までの予算と項及び目の構成を少し変更してございますので、よろしくお願いいたします。

 農林水産業費全体では、農業委員会費、売れる農業推進事業費、林業費を含め8億5,405万1,000円を計上しております。

 最初に、農業委員会費ですが、委員31人の皆さんによる農業委員会の事務費並びに運営費であります。平成25年度は新たに農地利用調査員賃金を計上し、よりきめ細かな農地調査を実施することとなっております。

 次に、最下段にあります農業総務費ですが、前年度に対して4,646万7,000円、率にして8.0%の増となっております。この主な要因は、159ページ、新規就農者支援事業費において、集落営農支援事業補助金を新たに創設したこと、さらには市単の新規就農者支援事業補助金を拡充し、国の事業であります青年就農給付金と合わせて対象者の増加を見込んだことによるものであります。

 次に、農業制度資金融資利子軽減事業費につきましては、新規の制度資金もありますが、全体的に資金の借入残高が減少したことにより減額となっております。

 また、国の施策である中山間地域農業直接支払事業費につきましては、対象集落は変わっておりませんが、一部集落において農振農用地に編入した農地があり、対象面積が増加したことで交付金が増額になっているものであります。

 最下段にあります人・農地プラン推進事業費につきましては、平成24年度予算においては、地域農業マスタープラン策定事業費としていたもので、中野市では昨年市内10地区でプランを策定しましたが、随時地域の実情に合わせて改定することになっており、それらに対する啓発や地域での話し合いを推進するための経費等を見込んでいるものであります。

 次に、161ページ、農村環境改善センター等管理事業費及び農村公園管理事業費につきましては、各施設の維持管理費を計上しております。一般財団法人中野市産業公社運営事業費につきましては、同公社が行っている遊休農地活用事業や農作業支援者紹介事業、機械作業受託事業等に対して支援を行うものであります。

 3目農業振興費の園芸産地育成事業費につきましては、国・県の事業なども活用し、園芸産地としての競争力確保と新品目、新品種の早期産地化等のため、苗木の導入や共同利用の機械の取得等に対して支援するものであります。

 また、163ページ、農作物有害鳥獣対策事業費につきましては、クマ、イノシシ、カラスなどから農作物被害を防ぐため、駆除従事者の確保、囲い込み電気柵の新設及び既存の広域電気柵の維持管理に対する支援のための負担金、補助金等を計上したものであります。

 最下段の遊休荒廃農地対策事業費及び165ページ、農地効率利用奨励補助事業費につきましては、先ほど申し上げた一般財団法人中野市産業公社の事業とともに市の荒廃農地対策の大きな柱の事業であり、荒廃農地の復旧・活用や農地の流動化を促進するため、利用権設定された際に借り手に対して支援してきているものであります。

 次に、164ページをお願いいたします。

 4目売れる農業推進費につきましては、平成24年度作成のシンボルマークを広く発信するため必要なPR用品の購入費等を新たに計上するとともに、市内の農業者や事業者の皆さんに出展していただいているお披露目商談会につきまして、会場を大きくして実施するよう会場使用料を増額しております。さらに、平成25年度からは、交流・観光を目的とした県のグリーンツーリズム協議会にも参加することとし、負担金を新たに計上いたしました。

 次に、5目農地費をお願いします。167ページの最上段にあります土地改良区合同事務所運営補助金につきましては、平成25年度に市内の水田系の土地改良区が合併し、北信州土地改良区が発足します。合併による変化に対応する必要があるとして、その費用の一部支援を含め補助するものであります。その他、農地費には例年、区等の皆様からお話をいただき対応しております農道舗装や農業用水路の改修工事費、さらにはそれら施設の維持補修費等について、従来補正予算で対応していた分の一部前倒しを含め、増額したものであります。

 次に、169ページ、土地改良施設維持管理事業費につきましては、土地改良区が行う水路改修等に対する受益者負担の軽減を図る市の負担金のほか、平成25年度から始まる中野土地改良区の畑かん施設の長寿命化対策、ストックマネジメント事業補助金を計上いたしました。

 次に、2項林業費をお願いいたします。最初に、林業振興事業費が増額となっております。これは中野市が平成25年度の北信州植樹祭の会場市になっていることから、関係の予算をお願いするものであります。また、多面的機能を有する森林保全のため、森林病害虫防除対策事業費で松くい虫伐倒駆除委託料、森林づくり県民税を活用したみんなで支える森林づくり事業費等を計上しているものであります。

 続きまして、172ページ、7款商工費では、6億3,320万3,000円を計上いたしました。前年度対比で、率にして1.4%の増であります。こちらも予算の構成、目や事業を少し変更しておりますので、お願いいたします。主要施策概要説明書は23ページからとなっております。

 はじめに、2目商工振興費ですが、商工業振興施設管理事業費及び同維持整備事業費につきましては、所管している施設の維持管理費と指定管理者への管理委託料、中野市営第1駐車場の整備及び陣屋前広場公園の芝張り工事費を予定しているものであります。

 次に、商工業振興事業費につきましては、具体的には175ページになりますが、買い物弱者対策を踏まえ、買い物環境等調査業務委託料を新たに計上したほか、それぞれの交付要綱等に基づき、意欲ある市内企業を支援するための各種補助金を計上いたしました。また、プレミアム付商品券につきましては商工会議所が取り組み、地元経済の活性化が図れることから、前年度と同様に支援していくこととしております。

 次に、商店街活性化事業費につきましては、空き店舗活用や市街地イベント等への支援のほか、新たに商店街の街灯整備に対する補助金を中野市商工業振興条例等に基づき計上しております。

 工業推進事業費では、177ページ、工場設置事業補助金、こちらも中野市商工業振興条例に基づき、工場の新増設に対して該当企業に助成することとしております。

 産業誘致推進事業費では、平成21年度から継続している農商工連携研修会、まちづくり推進事業費では、まちなか音楽会の開催経費等を計上いたしました。

 次に、3目観光費をお願いします。観光施設管理事業費につきましては、所管している施設の指定管理者への管理委託料及び維持管理費を、観光施設維持整備事業費におきましては、平成24年度に引き続き、間山温泉公園施設の雨水ポンプの交換やログコテージの屋根の塗装を予定し、さらに、道の駅ふるさと交流館は、本体施設の増設を含めた改築工事費、また、斑尾高原体験交流施設や豊田温泉公園の必要な修繕費を計上したものであります。

 次に、観光振興事業費は、前年度までは観光宣伝事業費としていたもので、観光パンフレットの印刷費や観光看板等の掲出費用、広域観光等に対する各協議会の負担金、信州なかの観光協会の運営事業費への補助金等を計上いたしました。観光イベント事業費も市民祭等推進事業費から事業名を変更したもので、市民祭負担金については、40回目を迎えることから30万円増額して計上しております。

 最後に、土人形の里づくり事業費ですが、まちなか交流の家の管理及び同施設での事業運営費のほか、日本土人形資料館での絵付け体験指導事業の委託料等であります。

 経済部関係は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 次に、建設水道部長。

     (建設水道部長 小林伸行君登壇)



◎建設水道部長(小林伸行君) 建設水道部が所管いたします8款土木費について、市長説明に補足してご説明させていただきます。

 予算書の182ページをお願いいたします。なお、主要施策概要説明書につきましては26ページから記載させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

 8款土木費につきましては21億403万4,000円を計上させていただきました。前年度に比べまして、金額で1億5,567万9,000円、率にして約8%の増であります。この増額の要因といたしましては、道路新設改良費、道路舗装費、公園緑地費、建築景観費の住宅性能向上促進事業費が主なものでございます。なお、歳出全体に占める割合は約11%でございます。

 1項土木管理費でございますが、1目土木総務費につきましては、職員人件費、土木総務事務費のほか、国県道路整備促進事業費で、国・県道の整備促進のための各期成同盟会等への負担金等が主なものでございます。

 2目新幹線関連事業対策費でございますが、184ページの渇水対策事業費では、各施設の光熱水費が主なものでございます。

 2項道路橋梁費のうち、1目道路橋梁総務費につきましては、道路橋梁総務事務費のほか、186ページになりますが、県道整備促進事業費として県施行工事に対する市の負担金が主なものでございます。

 2目道路台帳費につきましては、道路台帳整備事業費では、道路台帳整備委託料、道路台帳等統合業務委託料と境界立ち会いに係る委託料が主なものでございます。

 3目道路新設改良費でございますが、幹線道路整備事業費では、社会資本整備総合交付金事業(都市再生整備計画事業)、公共事業等債、辺地対策事業債による市道20路線のほか、市単独事業によります1、2級市道4路線の道路改良に係る経費等でございます。

 188ページをお願いいたします。

 生活道路整備事業費では、生活道路5路線の道路改良に係る経費が主なものでございます。

 4目道路舗装費につきましては、舗装事業費の工事請負費が主なものでございます。

 5目道路橋梁維持費でございますが、道路橋梁維持事業費では、嘱託員報酬及び工事請負費等で、道路橋梁の破損及び側溝等の修繕に要する経費が主なものでございます。

 190ページになりますが、交通安全対策特別事業費につきましては、区画線等安全施設の設置工事費でございます。

 6目除雪費につきましては、除雪事業費の消雪材等の諸資材の購入費、除雪車等の燃料費、消雪施設の電気料等及び車道・歩道等の除雪委託料が主なものでございます。

 雪寒対策事業費につきましては、除雪機械2台の購入費が主なものでございます。

 3項河川費のうち、1目河川総務費でございますが、192ページをお願いいたします。河川総務事務費では、樋門等の管理委託料、国県河川整備促進事業費では、国・県が管理をしております1級河川の各種期成同盟会等への負担金等が主なものでございます。

 2目河川改修費につきましては、排水路及びその他水路等の改修事業に要する費用でございます。

 4項都市計画費のうち、1目都市計画総務費でございますが、職員人件費、都市計画総務事務費が主なものでございます。

 194ページをお願いいたします。2目公共下水道費につきましては、下水道事業特別会計への繰出金でございます。

 196ページをお願いいたします。3目公園緑地費のうち、公園緑地管理事業費では、北信濃ふるさとの森文化公園、高梨館跡公園、一本木公園等の施設管理委託料、公園緑地維持整備事業費では、夜間瀬川高水敷等の公園整備工事費、198ページになりますが、文化公園一帯活性化推進事業費では、文化公園の施設整備工事費、花のまちづくり推進事業費では、花苗の購入費が主なものでございます。

 4目建築景観費のうち、建築管理事業費、景観美化推進事業費では、建築工事に係る設計監理委託料及び地域景観整備事業補助金が主なものでございます。人にやさしい建築物整備促進事業費、住宅耐震化促進事業費、200ページになりますが、アスベスト飛散防止対策事業費及び住宅性能向上促進事業費につきましては、各事業に係る補助金でございます。

 5目土地区画整理事業費につきましては、草間山土地利用促進事業費として草間山地域内の道路整備にかかわる経費が主なものでございます。

 5項住宅費の1目住宅管理費でございますが、職員人件費、住宅管理事務費のほか、市営住宅管理事業費では、各市営住宅の修繕、202ページになりますが、市営住宅維持整備事業費では、市営住宅の屋根及び外壁改修の工事請負費が主なものでございます。

 以上、建設水道部関係の主なものについてご説明をさせていただきました。よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 次に、消防部長。

     (消防部長 上野永一君登壇)



◎消防部長(上野永一君) 消防部が所管します9款消防費について、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 主要施策概要説明書につきましては30ページに記載してございますので、ご覧いただきたいと思います。

 それでは、予算書204ページをお願いいたします。

 9款消防費につきましては7億3,515万6,000円で、前年度対比5,080万8,000円の増、率にして7.48%の増でございます。

 1目常勤消防費では、岳南広域消防組合に係る分担金のほか、職員人件費を計上いたしました。

 206ページにかけての2目非常勤消防費の消防団員人件費では、消防団員に係る報酬及び消防団員退職報償金掛金、消防団員等公務災害補償共済掛金を計上いたしました。

 消防団運営事業費では、消防団員退職報償金や消防団運営交付金、また災害に対処できる技術を習得するため、各種の研修・訓練に必要な経費を計上いたしました。

 3目消防施設費の消防施設管理事業費では、消防施設の改修や消火栓の維持管理に係る負担金を計上いたしました。

 また、消防施設維持管理整備事業費では、耐震型防火貯水槽の新設工事費と老朽化しました消防ポンプ自動車、小型動力ポンプの更新のための経費を計上いたしました。

 4目水防費の水防対策事業費では、水防員報償金、また備蓄資機材の整備のための経費等を計上いたしました。

 また、水防施設維持整備事業費では、移動式排水ポンプ整備のための経費を計上いたしました。

 消防部関係につきましては以上でございます。よろしくお願いをいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 次に、教育次長。

     (教育長職務代理者兼教育次長 横田清一君登壇)



◎教育長職務代理者兼教育次長(横田清一君) 教育委員会が所管いたします10款教育費につきまして、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 予算書の210ページをお願いいたします。なお、主要施策概要説明書につきましては31ページから36ページをご覧いただきたいと存じます。

 10款教育費につきましては、総額17億3,599万4,000円を計上いたしました。前年度対比は1億2,067万6,000円の増、率では7.5%の増であります。

 1項1目教育委員会費につきましては、教育委員会の運営費であります。

 2目教育委員会事務局費につきましては、職員人件費のほか、一般管理事務費であります。

 212ページ、3目教職員住宅施設費につきましては、教職員住宅に係る経費のほか、借入金を繰り上げて返還するものが主な内容であります。

 4目奨学基金費につきましては、健全運営のための繰出金であります。

 2項小学校費のうち、1目小学校管理費につきましては、学校医等の報酬、臨時職員賃金、児童のけが等への補償災害共済掛金を全額公費で負担することとしたほか、糖尿病予防のため、検査を新たに追加いたしました。

 小学校維持整備事業費では、熱中症対策のため、エアコン及びミストシャワーの設置等を計画的に進める経費であります。

 2目小学校教育振興費でございますが、具体的には218ページ、小学校一般教育振興事業費につきましては、きめ細かな学習指導と一人ひとりに応じた適切な指導を図るため、特別支援教育支援員を配置する経費であります。

 小学校教育扶助事業費では、経済的理由により就学が困難と認められる児童の保護者への援助費等であります。

 次に、3項中学校費、1目中学校管理費につきましては、222ページにかけて小学校同様、管理運営維持整備等に関する事業費であります。

 2目中学校教育振興費は、きめ細かな学習指導と個々に応じた教育的ニーズに対応するため、特別支援教育支援員や不登校対策指導員等を配置する経費等であります。

 224ページ、英語指導助手招致事業費では、引き続き3名の外国青年を指導助手として招致し、英語教育の充実を図るものでございます。

 次に、4項社会教育費、1目社会教育総務費は、職員人件費のほか、226ページ、生涯学習推進事業費につきましては、市民の学習活動を促進するための経費が主なものでございます。

 2目文化財保護費につきましては、文化財の保護・保存管理経費のほか、継続的に実施しております高遠山古墳保存整備事業費を計上いたしました。

 230ページ、3目公民館費につきましては、職員人件費及び中央公民館ほか4館の管理運営事業費であります。

 236ページからは生涯学習推進事業費で、各公民館が実施しております教養講座や文化祭などの事業経費を計上しております。

 次に、240ページ、4目図書館費につきましては、職員人件費のほか、図書館管理事業費、図書館運営事業費では、平日の開館の試行延長を通年で行うための経費、図書館が現在の場所にオープンしてから20年が経過することから記念行事を計画したほか、242ページになりますが、読書に親しむ環境づくりを推進するため、ブックスタート事業を行う経費であります。

 次に、244ページ、5目博物館費につきましては、職員人件費のほか、企画展示、各種講座の開催及び体験教室の経費、プラネタリウムのソフトを充実するための経費を計上したものであります。

 次に、246ページ、5項学校給食費につきましては、職員人件費のほか、児童・生徒に地元農産物を活用し、安全・安心な学校給食を提供するための経費を計上しております。

 以上でありますが、よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 以上で各担当部長等の補足説明を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで、昼食のため、午後1時まで休憩いたします。

 (休憩)(午後0時01分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午後1時00分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△32 議案第26号 平成25年度中野市国民健康保険事業特別会計予算



△33 議案第27号 平成25年度中野市後期高齢者医療事業特別会計予算



△34 議案第28号 平成25年度中野市介護保険事業特別会計予算



△35 議案第29号 平成25年度中野市倭財産区事業特別会計予算



△36 議案第30号 平成25年度中野市永田財産区事業特別会計予算



△37 議案第31号 平成25年度中野市中野財産区事業特別会計予算



△38 議案第32号 平成25年度中野市下水道事業特別会計予算



△39 議案第33号 平成25年度中野市農業集落排水事業特別会計予算



△40 議案第34号 平成25年度中野市水道事業会計予算



○議長(竹内卯太郎君) 日程32 議案第26号 平成25年度中野市国民健康保険事業特別会計予算から日程40 議案第34号 平成25年度中野市水道事業会計予算までの以上議案9件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 議案第26号 平成25年度中野市国民健康保険事業特別会計予算について。

 国民健康保険事業に係る保険給付費、後期高齢者支援金等、介護納付金、共同事業拠出金などを計上したものであります。

 予算総額は52億3,929万2,000円で、前年度対比、額にして6,219万円、率にして1.2%の減となっております。

 歳入では、国民健康保険税11億8,206万9,000円、国庫支出金12億8,546万4,000円、前期高齢者交付金11億5,738万1,000円などを見込んでおります。

 歳出では、保険給付費の総額で34億2,486万円、前年度対比1.8%の減のほか、後期高齢者支援金等7億1,121万円、介護納付金3億2,386万5,000円、共同事業拠出金5億7,524万4,000円などを計上しております。

 次に、議案第27号 平成25年度中野市後期高齢者医療事業特別会計予算について。

 75歳以上の高齢者及び一定の障害を持つ65歳以上の者の保険給付を行うための、長野県後期高齢者医療広域連合への納付金等を計上したものであります。

 予算総額は3億9,419万2,000円で、前年度対比、額にして327万5,000円、率にして0.8%の減であります。

 歳入では、後期高齢者医療保険料2億7,808万3,000円、歳出では、後期高齢者医療広域連合納付金3億8,752万8,000円などを計上しております。

 次に、議案第28号 平成25年度中野市介護保険事業特別会計予算について。

 施設及び居宅等における介護サービスの保険給付費、また、地域包括支援事業費などについて計上したものであります。

 予算総額は38億7,787万5,000円、前年度対比、額にして2億1,156万9,000円、率にして5.8%の増となります。

 歳入では、介護保険料7億2,880万円、国及び県支出金14億6,283万1,000円、支払基金交付金10億5,893万円、繰入金6億895万8,000円などを見込んでおります。

 歳出では、介護サービスや介護予防サービスなどの保険給付費36億1,097万2,000円、介護予防及び包括的支援などの地域包括支援事業費1億4,714万9,000円などを計上したものであります。

 次に、議案第29号 平成25年度中野市倭財産区事業特別会計予算について。

 倭財産区の運営に必要な経費を計上したもので、予算総額は104万9,000円、前年度対比、額にして37万8,000円の増、率にして56.3%の大幅な増となります。

 歳入では、土地貸付収入などの財産収入30万5,000円、歳出では、分収契約造林地の保育事業に係る造林費42万8,000円などを計上したものであります。

 次に、議案第30号 平成25年度中野市永田財産区事業特別会計予算について。

 永田財産区の運営に必要な経費を計上したもので、予算総額は51万7,000円、前年度対比、額にして12万7,000円の増、率にして32.6%の大幅な増となります。

 歳入では、財産造成基金からの繰入金42万4,000円、歳出では、一般管理費42万1,000円などを計上したものであります。

 次に、議案第31号 平成25年度中野市中野財産区事業特別会計予算について。

 東町及び三好町の各駐車場など、財産区所有の貸付地に対する管理運営に必要な経費を計上したもので、予算総額は230万円で、ほぼ前年並みの予算となっております。

 歳入では、駐車場の土地貸付収入等、財産収入219万4,000円、歳出では、財産管理基金への積立金などの一般管理費194万円などを計上しております。

 次に、議案第32号 平成25年度中野市下水道事業特別会計予算について。

 処理施設等の維持管理経費、公債費などの歳入歳出予算のほか、継続費、債務負担行為及び地方債などをお願いするものであります。

 予算総額は18億5,065万1,000円、前年度対比、額にして3,266万5,000円の増で、率にして1.8%の増となります。

 歳入では、使用料及び手数料5億3,385万1,000円、繰入金7億7,420万7,000円、市債4億9,550万円、歳出では、下水道建設費1億3,998万1,000円、維持管理費2億9,232万6,000円、公債費12億9,891万7,000円などを計上しております。

 次に、議案第33号 平成25年度中野市農業集落排水事業特別会計予算について。

 処理施設等の維持管理経費、公債費などの歳入歳出予算のほか、債務負担行為及び地方債などをお願いするものであります。

 予算総額は7億1,510万6,000円、前年度対比、額にして2,727万1,000円、率にして4.0%の増となります。

 歳入では、使用料及び手数料1億5,667万7,000円、繰入金3億8,052万8,000円、市債1億6,440万円、歳出では、維持管理費1億6,860万3,000円、公債費5億1,028万3,000円などを計上しております。

 次に、議案第34号 平成25年度中野市水道事業会計予算について。

 浄水及び配水施設の改良事業をはじめ、各施設の維持管理経費などの収入支出予算のほか、企業債などについてお願いするものであります。

 収益的収入では、水道料金収入など8億9,137万6,000円を見込み、収益的支出では、水道施設等の維持管理費、減価償却費、企業債等の利息などで8億5,007万7,000円を計上、次に、資本的収入では、企業債及び補助金など2億2,314万1,000円を見込み、資本的支出では、配水施設改良費及び企業債償還金などで7億625万9,000円を計上いたしました。

 なお、資本的収支不足額4億8,311万8,000円については、損益勘定留保資金、建設改良並びに減債積立金及び消費税等資本的収支調整額などで補てんすることとしております。

 以上、特別会計8件、企業会計1件を一括してご説明申し上げました。

 よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△41 議案第35号 中野市南永江地区地域交流センターの指定管理者の指定について



△42 議案第36号 一本木公園ほか2施設の指定管理者の指定の変更について



△43 議案第37号 一本木公園ほか2施設の指定管理者の指定について



△44 議案第38号 高梨館跡公園の指定管理者の指定について



△45 議案第39号 北信濃ふるさとの森文化公園ほか5施設の指定管理者の指定について



○議長(竹内卯太郎君) 日程41 議案第35号 中野市南永江地区地域交流センターの指定管理者の指定についてから日程45 議案第39号 北信濃ふるさとの森文化公園ほか5施設の指定管理者の指定についてまでの以上議案5件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 議案第35号 中野市南永江地区地域交流センターの指定管理者の指定について。

 中野市南永江地区地域交流センターについて、地方自治法第244条の2第3項の規定により、指定管理者を指定するに当たり、同条第6項の規定により議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議案第36号 一本木公園ほか2施設の指定管理者の指定の変更について。

 一本木公園、一本木公園展示館及び一本木公園中野小学校旧校舎・信州中野銅石版画ミュージアムについて、地方自治法第244条の2第3項の規定により指定した、指定管理者の指定期間の変更を行うため、同条第6項の規定により議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議案第37号 一本木公園ほか2施設の指定管理者の指定について。

 一本木公園、一本木公園展示館及び一本木公園中野小学校旧校舎・信州中野銅石版画ミュージアムについて、地方自治法第244条の2第3項の規定により、指定管理者を指定するに当たり、同条第6項の規定により議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議案第38号 高梨館跡公園の指定管理者の指定について。

 高梨館跡公園について、地方自治法第244条の2第3項の規定により、指定管理者を指定するに当たり、同条第6項の規定により議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議案第39号 北信濃ふるさとの森文化公園ほか5施設の指定管理者の指定について。

 北信濃ふるさとの森文化公園、北信濃ふるさとの森文化公園温室・昆虫館、北信濃ふるさとの森文化公園サマーボブスレー、北信濃ふるさとの森文化公園マレットゴルフ場、北信濃ふるさとの森文化公園オートキャンプ場及び北信濃ふるさとの森文化公園多目的グラウンドについて、地方自治法第244条の2第3項の規定により、指定管理者を指定するに当たり、同条第6項の規定により議会の議決をお願いするものであります。

 以上、5件を一括してご説明申し上げました。

 よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 (散会)(午後1時14分)