議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 中野市

平成24年 12月 定例会(第6回) 12月18日−05号




平成24年 12月 定例会(第6回) − 12月18日−05号







平成24年 12月 定例会(第6回)



          平成24年12月18日(火) 午前10時開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第5号)

 1 議案第1号〜議案第15号 +各常任委員長報告

   議案第20号〜議案第22号+

 2 各常任委員長報告に対する質疑

 3 討論、採決

 4 議第5号 委員会の継続審査及び調査について(議案第8号)

 5 議案質疑

 6 討論、採決

 7 議第6号 中野市議会会議規則の一部を改正する規則案

 8 議第7号 中野市議会委員会条例の一部を改正する条例案

 9 議第8号 安心できる介護保険制度の実現を求める意見書について

10 議第9号 国立病院と地域医療の充実を求める意見書について

11 議第10号 長野県における国立病院と地域医療の充実を求める意見書について

12 議案質疑

13 討論、採決

14 議第11号 委員会の継続審査及び調査について

15 議案質疑

16 討論、採決

17 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 16まで議事日程に同じ

日程追加 議第12号 北朝鮮の「人工衛星」と称したミサイル発射に抗議するとともに、国際連合安全保障理事会等は非軍事・外交手段で対応することを求める決議について

日程追加 議案質疑

日程追加 討論、採決

 17 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員次のとおり(20名)

      1番  小林忠一君

      2番  原澤年秋君

      3番  阿部光則君

      4番  清水正男君

      5番  高野良之君

      6番  松野繁男君

      7番  永沢清生君

      8番  武田俊道君

      9番  芋川吉孝君

     10番  深尾智計君

     11番  沢田一男君

     12番  湯本隆英君

     13番  町田博文君

     14番  小泉俊一君

     15番  竹内卯太郎君

     16番  金子芳郎君

     17番  清水照子君

     18番  高木尚史君

     19番  青木豊一君

     20番  荻原 勉君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名次のとおり

  議会事務局長  大堀和男

  〃 次長    保科 篤

  書記      丸山賢司

  〃       宮澤 務

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため議場に出席した者の職氏名次のとおり

  市長                  池田 茂君

  建設水道部長              小林伸行君

  副市長                 高嶋俊郎君

  消防部長                上野永一君

  教育長                 栗原 満君

  豊田支所長               小林治男君

  総務部長                田中重雄君

  会計管理者               小古井義治君

  健康福祉部長兼福祉事務所長       渡辺重雄君

  教育次長                横田清一君

  子ども部長               塚田栄一君

  庶務課長                小野富夫君

  くらしと文化部長            竹内羊一君

  財政課長                石川保文君

  経済部長                小林俊幸君

  庶務課長補佐              柴本 豊君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (開議)(午前10時00分)

 (開議に先立ち議会事務局長大堀和男君本日の出席議員数及び説明のため議場に出席した者の職氏名を報告する。)



○議長(竹内卯太郎君) ただいま報告のとおり、出席議員数が定足数に達しておりますから、議会は成立いたしました。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布いたしてあります議事日程第5号のとおりでありますから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1 議案第1号〜議案第15号+各常任委員長報告

 議案第20号〜議案第22号 +



○議長(竹内卯太郎君) 日程1 これより各常任委員長の報告案件全部を議題といたします。

 総務文教委員長の報告を求めます。

 総務文教委員長 小泉俊一議員。

     (総務文教委員長 小泉俊一君登壇)



◆総務文教委員長(小泉俊一君) 14番 小泉俊一でございます。

 総務文教委員会の審査報告を申し上げます。

 去る10日、本会議におきまして当委員会に付託のありました議案7件につきまして、13日に委員会を開催し、慎重に審査を行いました。

 結果につきましては、お手元に書面をもってご報告したとおりでございます。議案7件につきましては原案どおり承認及び可決並びに修正可決することに決しました。

 ここで、審査の経過を申し上げます。

 議案第1号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第4号)の専決処分の報告について。

 投票所の変更は、行政の判断で結論が出されたものである。説明会等において意見や要望も出たが、取り入れられたものは一部であった。今回の衆議院議員総選挙は、中野市長選挙以上に寒さが心配され、投票所に行く交通手段等も困難さがあり、十分考慮した対応を求めたい。公営ポスター掲示場も、ポスターを貼るには都合の悪い場所等もあり、今後は改善を図り、より広報活動の効果が上がる方策をお願いしたいと賛成意見があり、採決の結果、全会一致で可決することに決しました。

 議案第2号 中野市債権管理条例案について。

 他市の条例において、債権を放棄したときはこれを議会に報告しなければならないという条項がある。中野市の条例においてもこの条項を盛り込みたいとの意見があり、議案の修正案の提出がありました。

 修正案の条項が入ることは、個人のプライバシーも侵しかねないということであるが、報告の出し方によっては問題ないということである。執行に当たっては、今日の市民生活の現状等を十分考慮し、市民の生活権等が十分保障される中野市となるよう配慮していただきたいとの修正案に対する賛成意見があり、最初に修正案の審査をいたしました。

 修正案について採決の結果、全会一致で可決し、次に、それ以外の原案について採決した結果、全会一致で可決と決しました。

 議案第4号 中野市市税条例の一部を改正する条例案について。

 寄附される方は比較的所得の多い方が多いが、現在、生活保護などが大きな的にされようとしている。最低限の生活の保障は、国や自治体が責任を持ち、誰もが安心して生活できる条件整備を一層図っていただきたいとの要望を付した賛成意見があり、採決の結果、全会一致で可決することに決しました。

 議案第9号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第5号)歳入全般、歳出のうち議会費、総務費(関係部分)、教育費、公債費、地方債補正について。

 歳入及び総務部等の所管部分では、歳入で緊急雇用創出事業補助金が計上されており、当然必要だと思う。降雪が早くなったこともあり、除雪体制への手当てをしなくていいか疑問であり、必要な改善を図り、安全・安心な中野市に努めていただきたいとの要望を付した賛成意見。

 教育委員会の所管部分では、学校給食調理場の正職員が20数%であり、ほとんどが嘱託職員によって賄われているといってもいい現状にある。学校給食は、バランスのとれた栄養素の供給源であり、子どもの成長、発達、学業にとっても重要である。学校給食の役割は重要になっており、職員配置を含めた充実・強化をお願いしたい。教育委員会だけの問題ではないが、4月からの人事異動による職員の人件費が、それに伴った予算ではないということはあってはならず、予算も伴う方向で努力されたいとの要望を付した賛成意見があり、採決の結果、全会一致で原案どおり可決することに決しました。

 議案第12号 平成24年度中野市情報通信施設事業特別会計補正予算(第1号)について。

 予算と職員配置のかい離は半年以上にわたっている。適正に議会や市民に公開する上でも、4月1日現在の職員配置に伴う予算となるよう、6月市議会定例会に補正予算を計上することが望ましいとの要望を付した賛成意見があり、採決の結果、全会一致で原案どおり可決することにしました。

 議案第3号及び議案第5号の条例案2件につきましては、採決の結果、全会一致、原案どおり可決することに決しました。

 以上申し上げて、総務文教委員会の審査報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 民生環境委員長の報告を求めます。

 民生環境委員長、武田俊道議員。

     (民生環境委員長 武田俊道君登壇)



◆民生環境委員長(武田俊道君) 8番 武田俊道でございます。

 民生環境委員会の審査報告を申し上げます。

 去る10日、本会議におきまして当委員会に付託のありました議案7件につきまして、13日に委員会を開催し、慎重に審査を行いました。

 結果につきましては、お手元に書面をもって報告申し上げたとおり、議案7件につきまして原案どおり可決することに決しました。

 ここで、審査の経過を申し上げます。

 議案第6号 中野市保育所条例の一部を改正する条例案について。

 保育園整備については懸案であったが、新しい保育園が平成24年度末にしゅん工の運びとなる。一般公募された名称の中から保育所運営審議会において「さくら保育園」という名称が選定された。「さくら保育園」という名前は、現在のみよし保育園とは自然環境も場所も違うため、非常にいい名前である。自然環境に合った保育園になるよう取り組んでいただきたいとの賛成意見があり、採決の結果、全会一致、原案どおり可決と決しました。

 議案第9号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第5号)歳出のうち総務費(関係部分)、民生費、衛生費について。

 健康福祉部が所管する部分について、今回の補正予算は、人件費の増減がほとんどであり理解する。また、中国残留邦人生活支援事業費では5世帯に支援されるものである。母子福祉支援事業費では、DV被害に対して49万円の増額補正予算であり、身近な問題として前向きに取り組んだことに対しては非常にありがたいとの賛成意見。

 中国残留邦人生活支援事業費では、支援が必要な人に対し、生活支援、住宅支援、医療支援、介護支援といった自立に向けての機能的な取り組みがされ、適切と判断する。高齢者福祉費では人件費の減額であるが、サービスを低下させずに経費を節減したということで賛成する。また、母子福祉支援事業費では、今後ともDV被害に遭われている方への自立支援に向けた積極的な取り組みをお願いしたいとの賛成意見。

 母子福祉支援事業費の増額がされているが、社会が疲弊している中で、さまざまな問題を抱えている人もいると思う。今後とも問題解決のために努力していただきたいとの賛成意見。

 子ども部が所管する部分について、職員の育児休業による人件費の減額であるが、適切に人員配置され、サービスの低下が生じない削減であり、今後とも影響のない取り組みをお願いしたいとの賛成意見があり、採決の結果、全会一致、原案どおり可決と決しました。

 なお、議案第7号の条例案及び議案第10号、議案第11号の予算案並びに議案第20号、議案第21号の事件案については、いずれも全会一致、原案どおり可決することに決しました。

 以上申し上げまして、民生環境委員会の審査報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 経済建設委員長の報告を求めます。

 経済建設委員長、松野繁男議員。

     (経済建設委員長 松野繁男君登壇)



◆経済建設委員長(松野繁男君) 6番 松野繁男でございます。

 経済建設委員会の審査報告を申し上げます。

 去る10日の本会議におきまして当委員会に付託のありました議案6件につきまして、13日に委員会を開催し、慎重に審査を行いました。

 結果につきましては、お手元に書面をもってご報告を申し上げたとおり、議案5件につきましては原案どおり可決、議案1件につきましては継続審査とすることに決しました。

 ここで、審査の経過を申し上げます。

 はじめに、議案第8号 中野市間山温泉公園条例の一部を改正する条例案について。

 社会情勢は、経済状況、雇用状況とも大変な時期であり、なかなか利用者が増えない要因にもなっている。利用者が増え、収入が増えることで経営が安定するが、今の状況下で余りの値上げは、利用者減になることは当然予想される。周知期間等もあるが、早急に結論は出さずに、継続審査として議論させていただきたいとの意見があり、継続審査について採決した結果、賛成多数で継続審査と決しました。

 議案第9号及び議案第13号から議案第15号までの予算案4件、議案第22号の事件案1件につきましては、採決の結果、全会一致、原案どおり可決することに決しました。

 以上申し上げまして、経済建設委員会の審査報告といたします。



○議長(竹内卯太郎君) 以上をもって各常任委員長の議案の審査報告を終わります。

 ただいまの各常任委員長の報告に対し質疑及び討論のあります方は、早急に書面をもって議長の手元まで通告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで暫時休憩いたします。

 (休憩)(午前10時16分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午前10時29分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2 各常任委員長報告に対する質疑



△3 討論、採決



○議長(竹内卯太郎君) 日程2 各常任委員長の報告に対する質疑及び日程3 討論、採決を行います。

 はじめに、総務文教委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、以上をもって総務文教委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 次に、民生環境委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありませんので、以上をもって民生環境委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 次に、経済建設委員長の報告に対する質疑を行います。

 通告がありますので、発言を許します。

 19番 青木豊一議員。

     (19番 青木豊一君登壇)



◆19番(青木豊一君) 青木豊一でございます。

 経済建設委員長の報告に対して、議案第8号 中野市間山温泉公園条例の一部を改正する条例案につきましてお伺いしたいと思います。

 1点は、慎重な審査をされた結果として継続審査という結論を出されたと思いますけれど、その主たる理由について、もう少し詳しくお伺いしたいということが1点です。

 もう1点につきましては、当然やはり本議会でも質疑の中で、収支が合わないというお答えがあったわけですけれど、ぽんぽこの湯における損益決算書等がどういうものになっているのか、委員会等でどのように明確にされたのかについてお伺いしたい。

 そのほか、継続審査されるということの中には、他の方法等については委員等からの提案等がなかったか、以上3点についてお伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(竹内卯太郎君) 経済建設委員長、松野繁男議員。

     (経済建設委員長 松野繁男君登壇)



◆経済建設委員長(松野繁男君) 6番 松野繁男でございます。

 ただいまの青木議員のご質問についてお答え申し上げます。

 まず、継続審査と決しましたことについての経過でございますけれど、先ほど委員長報告でも申し上げたとおり、社会情勢、経済状況、雇用状況とも大変な時期であり、なかなか利用者が増えない要因にもなっている。利用者が増え、収入が増えることで経営が安定するが、今の状況下では余りの値上げは利用者減になることは当然予想される。周知期間等もあるが、早急に結論は出さずに、継続審査として議論させていただきたいということで報告を申し上げました。もう1点、今回のリニューアルには約3,300万円の予算を投入しているわけでございます。そのうちで厨房も直しているわけでございます。その誘客方法として厨房に誘客を図れるような、例えば料理をバイキングにするとか、そういった方向で検討していただきたい。そのような提案がございまして、継続審査となったわけでございます。

 それから、2点目の決算書については、詳しい資料は提出されておりませんでした。

 3点目の質問につきましては、私の結論としては申し上げられません。

 他の方法としては、意見としましては、値上げをしなければ経営は成り立たないという意見もございまして、このまま値上げを認めてほしいということもございました。

 以上でございます。



○議長(竹内卯太郎君) 19番 青木豊一議員。



◆19番(青木豊一君) ということは、継続審査になった主たるものというのは、経営状況が正確に掌握できないという中での審査であったことが一つ。それからもう一つは、リニューアルのために、先ほどお答えにあったような多額な投資をされたということですが、委員会でも当然審査されたかと思うのですが、目的税を100円徴収されているわけです。目的税ですから、当然そうした整備のためにそのお金を使うことは、何ら法的には問題ないと思うのですけれど、目的税の使途等について、会計改善等が図られることは、全く考えられなかったのか、委員会でどのような審査をされたのかについてお伺いしたい。



○議長(竹内卯太郎君) 6番 松野繁男議員。



◆経済建設委員長(松野繁男君) お答え申し上げます。

 今の入湯税についても議論がございました。入湯税は目的税で、直接温泉収入には関係ないものでございますから、議論する余地はあるということで、これもやはり継続審査の中の項目に含めてあります。

 以上でございます。



○議長(竹内卯太郎君) 19番 青木豊一議員。



◆19番(青木豊一君) そういたしますと、本会議でも赤字の補てんにするというお答えがあったわけですけれど、今お答えを聞くと、赤字がどのくらいあるのか、委員会審査では不明であった。そういう状況では継続審査せざるを得ないと判断してよろしいでしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 6番 松野繁男議員。



◆経済建設委員長(松野繁男君) お答え申し上げます。

 過去4年間について赤字、黒字、いろいろ報告があったわけでございます。いずれにいたしましても、値上げをしなければ経営は成り立たないということでございますので、それも含めまして継続審査していきたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(竹内卯太郎君) ほかに通告がありませんので、以上をもって経済建設委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 次に、議案第1号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第4号)の専決処分の報告についてから、議案第15号 平成24年度中野市水道事業会計補正予算(第1号)まで並びに議案第20号 北信保健衛生施設組合規約の変更についてから、議案第22号 市道路線の認定についてまでの以上議案18件について討論を行います。

 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 はじめに、議案第1号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第4号)の専決処分の報告について、総務文教委員長の報告は承認であります。総務文教委員長の報告のとおり承認することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第1号は総務文教委員長の報告のとおり承認されました。

 次に、議案第2号 中野市債権管理条例案について、総務文教委員長の報告は修正でありますので、まず、総務文教委員会の修正案について採決いたします。総務文教委員会の修正案に賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、総務文教委員会の修正案は可決されました。

 続いて、ただいま修正議決した部分を除く原案について採決いたします。

 修正部分を除く他の部分を原案のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第2号の修正議決した部分を除く他の部分は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第3号 中野市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例案について、総務文教委員長の報告は可決であります。総務文教委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第3号は総務文教委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第4号 中野市市税条例の一部を改正する条例案について、総務文教委員長の報告は可決であります。総務文教委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第4号は総務文教委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第5号 中野市選挙管理委員会及び議会等の要求により出頭した者に対する実費弁償支給条例の一部を改正する条例案について、総務文教委員長の報告は可決であります。総務文教委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第5号は総務文教委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第6号 中野市保育所条例の一部を改正する条例案について、民生環境委員長の報告は可決であります。民生環境委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第6号は民生環境委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第7号 中野市暴力団排除条例の一部を改正する条例案について、民生環境委員長の報告は可決であります。民生環境委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第7号は民生環境委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、各常任委員会に分割付託いたしました議案第9号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第5号)について、各委員長の報告は可決であります。各委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第9号は各委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第10号 平成24年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について、民生環境委員長の報告は可決であります。民生環境委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第10号は民生環境委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第11号 平成24年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)について、民生環境委員長の報告は可決であります。民生環境委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第11号は民生環境委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第12号 平成24年度中野市情報通信施設事業特別会計補正予算(第1号)について、総務文教委員長の報告は可決であります。総務文教委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第12号は総務文教委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第13号 平成24年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、経済建設委員長の報告は可決であります。経済建設委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第13号は経済建設委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第14号 平成24年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について、経済建設委員長の報告は可決であります。経済建設委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第14号は経済建設委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第15号 平成24年度中野市水道事業会計補正予算(第1号)について、経済建設委員長の報告は可決であります。経済建設委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第15号は経済建設委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第20号 北信保健衛生施設組合規約の変更について、民生環境委員長の報告は可決であります。民生環境委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第20号は民生環境委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第21号 北信保健衛生施設組合のし尿処理事業から長野市が離脱することに伴う財産処分に関する協議について、民生環境委員長の報告は可決であります。民生環境委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第21号は民生環境委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第22号 市道路線の認定について、経済建設委員長の報告は可決であります。経済建設委員長の報告のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議案第22号は経済建設委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△4 議第5号 委員会の継続審査及び調査について(議案第8号)



○議長(竹内卯太郎君) 日程4 議第5号 委員会の継続審査及び調査についてを議題といたします。

 お手元に配布いたしましたように、経済建設委員長から議案第8号 中野市間山温泉公園条例の一部を改正する条例案について、会議規則第104条の規定により、閉会中の継続審査及び調査の申し出がありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△5 議案質疑



○議長(竹内卯太郎君) 日程5 議案質疑を行います。

 議第5号 委員会の継続審査及び調査について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、以上をもって議案質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△6 討論、採決



○議長(竹内卯太郎君) 日程6 討論、採決を行います。

 はじめに討論を行います。

 討論のあります方は、早急に書面をもって議長の手元まで通告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで暫時休憩いたします。

 (休憩)(午前10時50分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午前10時51分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 通告がありますので、発言を許します。

 19番 青木豊一議員。

     (19番 青木豊一君登壇)



◆19番(青木豊一君) 青木豊一でございます。

 議第5号 議案第8号 中野市間山温泉公園条例の一部を改正する条例案について、継続審査ということでの討論を行いたいと思います。

 本案につきましては、本文そのものについては意見があるところでありますけれど、先ほど委員長報告、あるいは質疑等を通じまして経済建設委員会では継続審査になりました。先ほどの委員会審査等の中でも、いわゆる貸借対照表等収支が不鮮明な状況でこれを議論されることは、我々議会としても非常に理解しがたいことでありますから、ぜひ委員会においてそうした問題について十分調査され、適正な結論を出していただきたい、これが1点です。

 もう一つは、目的税でありながら一般財源化されている傾向が非常に強いわけであります。本来、目的税はそのための税でありますから、基本的には同施設の管理等に回すことは、私は、決して法の見地から見ても適正だと考えていますので、そういう措置をとりながら、市民の皆さんを中心とした方々が安心して入浴施設を活用できるように、そして観光施設としても十分できるように、ぜひ行政、そして一般財団法人中野市産業公社等において、積極的な誘客等について研究・検討され、市民の皆さん方の負託に応えられるようにしていただければということを申し上げまして、賛成討論といたします。

 以上であります。



○議長(竹内卯太郎君) ほかに通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 議案第8号 中野市間山温泉公園条例の一部を改正する条例案について、議第5号のとおり閉会中も継続して審査及び調査に付することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議第5号のとおり閉会中も継続して審査及び調査に付することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△7 議第6号 中野市議会会議規則の一部を改正する規則案



△8 議第7号 中野市議会委員会条例の一部を改正する条例案



○議長(竹内卯太郎君) 日程7 議第6号 中野市議会会議規則の一部を改正する規則案及び日程8 議第7号 中野市議会委員会条例の一部を改正する条例案の以上議案2件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 9番 芋川吉孝議員。

     (9番 芋川吉孝君登壇)



◆9番(芋川吉孝君) 9番 芋川吉孝でございます。

 議第6号及び議第7号の規則案1件、条例案1件について、提案説明を行います。

 はじめに、議第6号 中野市議会会議規則の一部を改正する規則案について。

 地方自治法の改正に伴い、議会本会議における公聴会の開催及び参考人の招致が可能となったことから、その手続等を定めるとともに、中野市議会の現状に合わせて、協議の場から、まちづくり対策特別委員会協議会を削除するため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議第7号 中野市議会委員会条例の一部を改正する条例案について。

 主な改正点は、地方自治法の一部改正により、地方議会の委員の選任方法、在任期間等が条例委任されたため、所要の改正を行うものであります。

 以上2件、一括して提案させていただきましたが、議員各位のご理解とご賛成をいただきますようお願い申し上げて、提案説明といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△9 議第8号 安心できる介護保険制度の実現を求める意見書について



△10 議第9号 国立病院と地域医療の充実を求める意見書について



△11 議第10号 長野県における国立病院と地域医療の充実を求める意見書について



○議長(竹内卯太郎君) 日程9 議第8号 安心できる介護保険制度の実現を求める意見書についてから日程11 議第10号 長野県における国立病院と地域医療の充実を求める意見書についてまでの以上議案3件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 5番 高野良之議員。

     (5番 高野良之君登壇)



◆5番(高野良之君) 5番 高野良之でございます。

 議第8号から議第10号の意見書3件について、提案説明を行います。

 はじめに、議第8号 安心できる介護保険制度の実現を求める意見書についてでありますが、介護保険の第1号保険料は、2012年4月から第5期計画期間で、全国平均が月額4,972円に、長野県内の平均では月額4,920円となり、高齢者には重い負担増となっております。介護報酬の改定では、ヘルパーの生活援助の時間区分が「1時間」から「45分」とされ、事業所の経営悪化、ヘルパーの収入減などのほか、デイサービスでは、時間区分が変更されたことで、スタッフのシフトや送迎体制にも影響が出ております。介護職場は人手不足による過酷な勤務環境と低賃金によって離職率が高い状態が続き、安全・安心の介護の提供をしていくためには、介護職員の大幅増員と処遇改善が必要であります。そのため、安心できる介護保険制度の実現について、意見書記載の4項目を国に対し要望するものであります。

 次に、議第9号 国立病院と地域医療の充実を求める意見書についてでありますが、国立病院は、がん・循環器など高度医療や研究とともに、重症心身障害、筋ジストロフィー、結核・感染症など、民間では困難な分野を担い、重要な役割を果たしております。また、大規模災害時に住民の命を守るためにも、全国ネットワークを持つ国立病院の機能強化が必要であります。国立病院機構東長野病院は、救急告示医療機関ほか脳卒中回復期リハビリテーション機能、糖尿病専門治療等の医療を担い、地域医療を支えています。各地で公的病院の閉鎖などが問題となっていますが、安心して医療を受けられる体制を確立し、国立病院を地域に根差した病院として充実・強化することが必要であります。安心して暮らせる地域医療の充実を図るため、意見書記載の3項目を国に対して要望するものであります。

 次に、議第10号 長野県における国立病院と地域医療の充実を求める意見書についてでありますが、国立病院機構東長野病院は、救急告示医療機関のほか、脳卒中回復期リハビリテーション機能、糖尿病専門治療、医療型障害児入所施設や通園事業等重症心身障害医療、発達障害・心身症などの一般小児医療及び小児救急連携等の医療を担い、地域医療を支えています。現在、都道府県医療計画の見直しが行われており、国立病院を地域医療計画にも位置付け、地域に根差した病院として充実・強化することが必要であります。そのため、安心して暮らせる地域医療の充実を図るため、意見書記載の1項目を長野県に対し、要望するものであります。

 以上3件、一括して提案させていただきましたが、議員各位のご理解とご賛成をいただきますようお願い申し上げて、提案説明といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで10分間休憩いたします。

 (休憩)(午前11時04分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午前11時16分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△12 議案質疑



△13 討論、採決



○議長(竹内卯太郎君) 日程12 議案質疑及び日程13 討論、採決を行います。

 はじめに、議案質疑を行います。

 議第6号 中野市議会会議規則の一部を改正する規則案及び議第7号 中野市議会委員会条例の一部を改正する条例案の以上議案2件について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、議第8号 安心できる介護保険制度の実現を求める意見書についてから、議第10号 長野県における国立病院と地域医療の充実を求める意見書についてまでの以上議案3件について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、以上をもって議案質疑を終結いたします。

 この際、お諮りいたします。

 議第6号から議第10号までの以上議案5件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」という声あり)



○議長(竹内卯太郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、議第6号から議第10号までの以上議案5件については、委員会への付託を省略し、直ちに討論を行います。

 討論のあります方は、早急に書面をもって議長の手元まで通告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで暫時休憩いたします。

 (休憩)(午前11時18分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午前11時20分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 通告がありますので、発言を許します。

 19番 青木豊一議員。

     (19番 青木豊一君登壇)



◆19番(青木豊一君) 青木豊一でございます。

 私は、議第6号 中野市議会会議規則の一部を改正する規則案について、反対の立場から討論を行います。

 本改正では、たくさんの改定がありますが、別表の中で、現在、中野市議会には高速交通対策特別委員会協議会、そして、まちづくり対策特別委員会協議会の2つの委員会があります。この条例改正では、このうち、まちづくり対策特別委員会協議会をなくす条例案であります。失礼いたしました。条例と言ったようですが規則案です。訂正いたします。

 今日、商店街の皆さん方の置かれている現状は大変厳しいものがあります。例えば、消費税が増税されればお店を閉じたい、あるいは多額な投資をしたその地域で、家族と他の従業員でやっておられるお店はほんの数軒、家族の中で誰かがアルバイトに出ておられるという商店の現状を訴えておられました。またある飲食店では、もう昼間は営業しても赤字になるので、若い者はパートに出ている。こういう商店街の現状に鑑みたとき、私は、今こそこの会議規則にある、まちづくり対策特別委員会協議会を文字どおり議会として活用し、そしてこうした商店街の皆さん方と力を合わせ、また総意を発揮し、この問題に議会としても正面から取り組む大事な時期であると考えております。にもかかわらず、このまちづくり対策特別委員会協議会をなくす、これは今の商店街の現状からしても、また、池田市長がまちづくり対策に行政としても力を入れていきたい、こういう矢先に、議会はまちづくり対策特別委員会協議会をなくしていく。これはやはり、議会としてまちづくり対策をどう考えているのか、商店街の皆さんはもとより、市民の皆さんからも厳しく問われるのではないでしょうか。

 今こそ関係商店街の皆さん方はもちろん、行政、そして議会が一体となって、まちづくりを一層本気で取り組んでいくことが求められていると考えております。幸い池田市長は、まちづくり対策について大いに意欲はあるということを本議会でも述べておられます。こういうときだからこそ、今まで機能がなかったものを、しっかりとした特別委員会を立ち上げて、実質的に、行政と議会が、そして関係者が一体となって取り組んでいくことが求められていると考えるものであります。

 よって、まちづくり対策特別委員会を本規則から削除することは到底許すことはできませんし、失礼いたしました、委員会と言いましたが協議会です。また、もう一つ、やはり特に中心商店街にも多額の公費の投資をしています。ですから、この投資を生かしていくためにも、まちづくり対策特別委員会協議会を継続。発展させることこそ、関係住民の皆さん方の切なる願いだと考えております。

 よって、まちづくり対策特別委員会協議会を削除することに強く反対し、同時に議員各位の皆さん方には、今日、まちづくり対策特別委員会協議会の持つ重要性を十分ご理解いただきまして、この削除に反対されることを強くお願いし、私の討論といたします。

 以上であります。



○議長(竹内卯太郎君) ほかに通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 はじめに、議第6号 中野市議会会議規則の一部を改正する規則案について、原案のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (多数起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立多数であります。

 よって、議第6号は原案のとおり可決されました。

 次に、議第7号 中野市議会委員会条例の一部を改正する条例案について、原案のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議第7号は原案のとおり可決されました。

 次に、議第8号 安心できる介護保険制度の実現を求める意見書について、原案のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議第8号は原案のとおり可決されました。

 次に、議第9号 国立病院と地域医療の充実を求める意見書について、原案のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議第9号は原案のとおり可決されました。

 次に、議第10号 長野県における国立病院と地域医療の充実を求める意見書について、原案のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議第10号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△14 議第11号 委員会の継続審査及び調査について



○議長(竹内卯太郎君) 日程14 議第11号 委員会の継続審査及び調査についてを議題といたします。

 お手元に配布いたしましたように、議会の運営に関する事項等について、議会運営委員長から会議規則第104条の規定により、閉会中の継続審査及び調査の申し出がありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△15 議案質疑



○議長(竹内卯太郎君) 日程15 議案質疑を行います。

 議第11号 委員会の継続審査及び調査について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、以上をもって議案質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△16 討論、採決



○議長(竹内卯太郎君) 日程16 討論、採決を行います。

 はじめに討論を行います。

 討論のあります方は、早急に書面をもって議長の手元まで通告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで暫時休憩いたします。

 (休憩)(午前11時31分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午前11時31分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 議会の運営に関する事項等について、議第11号のとおり閉会中も継続して審査及び調査に付することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議第11号のとおり、閉会中も継続して審査及び調査を付することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 議事日程の追加



○議長(竹内卯太郎君) この際、お諮りいたします。

 ただいま小泉俊一議員外6名から、北朝鮮の「人工衛星」と称したミサイル発射に抗議するとともに、国際連合安全保障理事会等は非軍事・外交手段で対応することを求める決議が提出されました。

 この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」という声あり)



○議長(竹内卯太郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、北朝鮮の「人工衛星」と称したミサイル発射に抗議するとともに、国際連合安全保障理事会等は非軍事・外交手段で対応することを求める決議を日程に追加し、議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 議第12号 北朝鮮の「人工衛星」と称したミサイル発射に抗議するとともに、国際連合安全保障理事会等は非軍事・外交手段で対応することを求める決議について



○議長(竹内卯太郎君) 議第12号 北朝鮮の「人工衛星」と称したミサイル発射に抗議するとともに、国際連合安全保障理事会等は非軍事・外交手段で対応することを求める決議についてを議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 14番 小泉俊一議員。

     (14番 小泉俊一君登壇)



◆14番(小泉俊一君) 14番 小泉俊一でございます。

 議第12号 北朝鮮の「人工衛星」と称したミサイル発射に抗議するとともに、国際連合安全保障理事会等は非軍事・外交手段で対応することを求める決議について、提案説明を行います。

 北朝鮮は、12月12日、「人工衛星」と称したミサイル発射を行いました。これはアジア各国をはじめ国際社会の懸念と、打ち上げ自制を求める声を無視し、弾道ミサイル技術を使用した発射の中止を求めた国際連合安全保障理事会決議に違反する行為であります。

 北朝鮮が国際社会の世論に背き、情勢を悪化させる発射を再び強行したことに強く抗議するとともに、国際連合安全保障理事会決議を遵守し、2002年の日朝平壌宣言、2005年の6カ国協議の共同声明に立ち返るよう強く求めるものであります。

 また、国際連合安全保障理事会をはじめ国際社会が、非軍事・外交手段に徹しながら、平和的な問題解決に向け、北朝鮮への働きかけを一層強めることが必要であります。

 よって、北朝鮮の「人工衛星」と称したミサイル発射に抗議するとともに、国際連合安全保障理事会決議を遵守し、国際連合安全保障理事会等は非軍事・外交手段の対応を求めることを決議するものであります。

 以上、提案させていただきましたが、議員各位のご理解とご賛成をいただきますようにお願い申し上げて、提案説明といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 議案質疑



△日程追加 討論、採決



○議長(竹内卯太郎君) 議案質疑及び討論、採決を行います。

 はじめに、議案質疑を行います。

 議第12号 北朝鮮の「人工衛星」と称したミサイル発射に抗議するとともに、国際連合安全保障理事会等は非軍事・外交手段で対応することを求める決議について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、以上をもって議案質疑を終結いたします。

 この際、お諮りいたします。

 議第12号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」という声あり)



○議長(竹内卯太郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、議第12号については委員会への付託を省略し、直ちに討論を行います。

 討論のあります方は、早急に書面をもって議長の手元まで通告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで暫時休憩いたします。

 (休憩)(午前11時38分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午前11時38分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 通告がありませんので、以上をもって討論を終結いたします。

 採決いたします。

 議第12号 北朝鮮の「人工衛星」と称したミサイル発射に抗議するとともに、国際連合安全保障理事会等は非軍事・外交手段で対応することを求める決議について、原案のとおり可決することに賛成議員の起立を求めます。

     (全員起立)



○議長(竹内卯太郎君) 起立全員であります。

 よって、議第12号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 以上をもって、予定した議事は全部終了いたしました。

 ここで、副市長から発言の申し出がありましたので、これを許します。

 副市長。

     (副市長 高嶋俊郎君登壇)



◎副市長(高嶋俊郎君) 貴重なお時間をいただきましてありがとうございます。

 本日をもって、副市長の職を退任させていただきます。県職員時代から数えて40年、地方行政の現場で携わってまいりました。その仕上げの4年間をこの中野市でできたことに感謝しております。この間、さまざまな事業の推進に自分なりに役に立てたと自負しておりますし、誇りに思っております。

 議員の皆様はじめ多くの皆様にお世話になりました。ありがとうございました。中野市の今後のますますの発展を祈念しております。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで、教育長から発言の申し出がありましたので、これを許します。

 教育長。

     (教育長 栗原 満君登壇)



◎教育長(栗原満君) 貴重な時間をいただきましてありがとうございます。

 本日をもちまして、教育長を退任させていただくことになりました。約3年9カ月の任期でございましたが、議員の皆様方の温かいご指導、ご鞭撻をいただきまして、教育長の職を務めることができました。心から御礼申し上げます。

 終わりに、中野市のますますの発展と議員の皆様のご健勝、ご多幸を祈念申し上げまして、御礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



○議長(竹内卯太郎君) ただいま副市長並びに教育長から退任のごあいさつがございましたが、両氏におかれましては中野市政発展のため献身的にご貢献いただき、心からお礼申し上げます。まことにありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで、市長からあいさつがあります。

 市長。

     (市長 池田 茂君登壇)



◎市長(池田茂君) 12月市議会定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 12月4日から本日までの15日間にわたる会期中、議員各位におかれましては市政進展のために格別のご精励をいただき、提案いたしました議案について、一部を除きお認めいただきまして感謝申し上げます。

 11月23日に市長に就任して間もない私が、12月市議会定例会をお願いしたわけでございます。初めての議会であり、不慣れでありましたが、議長はじめ議員各位の温かいご支援をいただき、何とか本日の最終日を迎えさせていただきましたことに、改めて御礼と感謝を申し上げます。

 市政運営に当たりましては、市民の皆様の声をお聞きしながら、皆様とともに一緒になって取り組んでまいりますので、変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 12月16日に投開票が行われた衆議院議員総選挙の結果につきましてはご承知のとおりでありますが、今後の国政の動向を注視し、市政への影響を見極めながら、着実に施策の取り組みを進めてまいりたいと考えております。

 さて、本年も残りわずかとなりました。来年は災害もなく平穏な一年でありますよう、心から念願しているところであります。

 終わりに、議員各位におかれましては、ご健勝で、ご家族ご一同よい年を迎えられますようお祈り申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△17 閉会



○議長(竹内卯太郎君) 去る12月4日から本日までの会期15日間にわたりました平成24年第6回中野市議会定例会は、以上をもって閉会といたします。

 大変ご苦労さまでした。(拍手)

 (閉会)(午前11時45分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  以上会議の顛末を記載し、相違ないことを証明するためにここに署名する。

        平成24年  月  日

             中野市議会議長   竹内卯太郎

             署名議員      松野繁男

             署名議員      永沢清生