議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 中野市

平成24年  9月 定例会(第5回) 09月10日−02号




平成24年  9月 定例会(第5回) − 09月10日−02号







平成24年  9月 定例会(第5回)



          平成24年9月10日(月) 午前10時開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第2号)

 1 議案質疑

 2 議案等付託

 3 市政一般質問

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件………議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員次のとおり(18名)

      1番  清水正男君

      2番  高野良之君

      3番  松野繁男君

      4番  永沢清生君

      5番  武田俊道君

      6番  芋川吉孝君

      7番  深尾智計君

      8番  佐藤恒夫君

     10番  沢田一男君

     12番  湯本隆英君

     13番  町田博文君

     14番  小泉俊一君

     15番  竹内卯太郎君

     16番  金子芳郎君

     17番  清水照子君

     18番  高木尚史君

     19番  青木豊一君

     20番  荻原 勉君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員次のとおり(1名)

      9番  山岸國廣君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名次のとおり

  議会事務局長  大堀和男

  〃 次長    保科 篤

  書記      丸山賢司

  〃       宮澤 務

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため議場に出席した者の職氏名次のとおり

  市長                  小田切治世君

  副市長                 高嶋俊郎君

  教育委員長               土屋正志君

  選挙管理委員長             小林一秋君

  農業委員会長              高橋幸造君

  監査委員                井本久夫君

  教育長                 栗原 満君

  総務部長                田中重雄君

  健康福祉部長兼福祉事務所長       渡辺重雄君

  子ども部長               塚田栄一君

  くらしと文化部長            竹内羊一君

  経済部長                小林俊幸君

  建設水道部長              小林伸行君

  消防部長                上野永一君

  豊田支所長               小林治男君

  会計管理者               小古井義治君

  教育次長                横田清一君

  庶務課長                小野富夫君

  財政課長                石川保文君

  高齢者支援課長             小林みゆき君

  環境課長                関  守君

  農業委員会事務局長           宮澤章仁君

  庶務課長補佐              柴本 豊君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (開議)(午前10時00分)

 (開議に先立ち議会事務局長大堀和男君本日の出席議員数及び説明のため議場に出席した者の職氏名を報告する。)



○議長(竹内卯太郎君) ただいま報告のとおり、出席議員数が定足数に達しておりますから、議会は成立いたしました。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布いたしてあります議事日程第2号のとおりでありますから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1 議案質疑



○議長(竹内卯太郎君) 日程1 これより議案質疑を行います。

 議案質疑は会議規則第55条の規定を遵守して、質疑の範囲内で行ってください。

 はじめに、議案第1号 中野市定住自立圏形成協定の議決に関する条例案から議案第4号 中野市下水道条例の一部を改正する条例案までの、以上議案4件について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、議案第5号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第3号)について願います。

 高木尚史議員。



◆18番(高木尚史君) それでは、最初に14ページから17ページにかけてですが、高齢者福祉費であります。県からの補助を得まして、介護基盤緊急整備等特別対策事業補助金4,500万円ですが、この具体的な中身について、まずお聞かせいただきたいと思います。

 それと、23ページの教育費ですが、博物館管理事業費で3,755万円を追加補正しておりますけれど、この事業の具体的な中身についてお聞かせいただきたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(渡辺重雄君) 最初に、介護基盤緊急整備等特別対策事業補助金の関係でございますが、15ページから16ページにかけての内容でございますけれど、これにつきましては、二つ内容的にはございまして、一つは、認知症高齢者対応のグループホームの移転新築にかかわるものでございます。こちらが3,000万円、もう一つは、介護予防拠点施設整備2カ所でございますが、こちらが1,500万円で補助してまいりたいというものでございます。

 以上でございます。



○議長(竹内卯太郎君) 教育次長。



◎教育次長(横田清一君) お答え申し上げます。

 博物館管理事業費の具体的な中身でございますけれど、柳沢遺跡から出土しました銅戈・銅鐸をはじめ、遺物について、博物館を改修しまして展示するものでございます。具体的には、博物館の改修、それから銅戈・銅鐸を展示しますケース等の作成費でございます。

 以上です。



○議長(竹内卯太郎君) 18番 高木尚史議員。



◆18番(高木尚史君) 介護基盤緊急整備等特別対策事業ですが、今回の決算書にもいろいろと介護にかかわっての、かなり事業所数の変動もあるわけです。この事業補助金を使って、また新たに整備をされるわけですけれど、今日的な情勢の中で、一部には多少飽和状態ではないかという意見も聞かれますけれど、その補助をすることによって、市内全体の事業所のあり方等を含めまして、適切な事業所の配置になっているのか、そのことについてお聞かせいただきたいと思います。

 それと、博物館管理事業費ですけれど、銅戈・銅鐸、中野市に移管する方向になっておりますけれど、これにはかなり空調なども含めて緻密な設計や、あるいは管理をしなければ、それこそ古い年代物でありますから、腐食や酸化などの心配も出てくるわけですが、これは3,755万円の予算の範ちゅうで、そういったすべての対応ができるのか、そのことについて改めてお聞かせいただきたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(渡辺重雄君) それでは、介護基盤緊急整備等特別対策事業補助金のうち、特に認知症高齢者対応のグループホームの関係だと思いますが、今回のものについては申し上げましたように、移転新築でございまして、具体的には毛野川地籍にございます施設について、移転したいということでございました。移転先の候補としては、複数箇所あったわけでございますが、地域の皆さんの強い要望もありまして、事業者の皆さんもそれにこたえて、同地区内の別な近隣の場所へ移転新築され、災害等に危険のない地域を選ばれて開所されるものでございます。全体としての量について、今回変更があるわけではございませんので、第5期の介護保険計画に沿って進められるものと思っておりますのでよろしくお願いします。



○議長(竹内卯太郎君) 教育次長。



◎教育次長(横田清一君) お答えします。

 重要な銅戈・銅鐸でございますので、県、それから文化庁のご指導もいただく中で、現在設計はしておりますけれど、この範囲でということでお願いしているわけですが、具体的には、博物館について二重の耐火構造等にしなければならないわけでございますが、そういう予算も含めてございます。

 それから、ケースにつきましては、当初、窒素封入等が考えられたわけですけれど、ご指導いただく中で、そういうものは必要ないと、気密性をということで、あと免震の構造は必要あると指導いただいているところでございます。

 以上です。



○議長(竹内卯太郎君) ほかにございませんか。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、議案第6号 平成24年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)から議案第9号 平成24年度中野市永田財産区事業特別会計補正予算(第1号)までの、以上議案4件について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、議案第10号 平成23年度中野市一般会計歳入歳出決算認定について願います。

 はじめに、歳入全般について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、歳出のうち議会費及び総務費について願います。

 18番 高木尚史議員。



◆18番(高木尚史君) 157ページの総務費ですが、大変細かいことで失礼かと思うのですけれど、文書配達事業費です。これが前年度と比較いたしますと、送付通数ではそんなに変わらないのですけれど、文書郵便料が大幅に伸びています。前年度が約320万円ほどでしたが、平成23年度は1,613万5,000余円というように。単価でいきますと平成22年度が1通当たり10円でしたけれど、平成23年度は1通当たり50円と5倍にこの単価が上がっているわけですけれど、この上がった理由はどうなのかお聞かせいただきたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) お答えします。

 市役所から発する文書につきましては、一括して庶務課でその事務を行っているのですけれど、各課でそれぞれ予算的に負担しているものがかつてはございました。そんなことから各費目にわたって支出しておったわけですけれど、平成23年度につきましては、それらにつきましても、庶務課予算に合体して決算させていただいたということでございます。



○議長(竹内卯太郎君) 18番 高木尚史議員。



◆18番(高木尚史君) ということは、平成22年度の決算でいきますと、総務関係にかかわっての経費が約320万円ということですが、そうしますと、他の部課で発送した文書の郵送料もあるわけですけれど、それをトータルして平成22年度と平成23年度を比較して、1通当たり50円という単価になると捉えてよろしいのでしょうか。それともトータルをすればどうなのかということは、平成22年度よりも平成23年度のほうが多かったということになりますと、いささかそこに疑問が生じてくるわけですが、お聞かせいただきたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) 単価については、今手元に資料がございませんけれど、中身的には郵便局で発するようなもの、それから、それぞれ宅配業者等にお願いをしているもの、あるいは荷物等もございます。そういったものの全庁分を集合させて対応したことでございますので、ご理解をお願いします。



○議長(竹内卯太郎君) ほかにございませんか。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、民生費及び衛生費について願います。

 19番 青木豊一議員。



◆19番(青木豊一君) 最初に、208ページから209ページにかけて、人権政策費についてお伺いしたいと思います。本件につきましては、いつもお伺いしているわけですが、若干の減額があるのですが、十分な改善がされていないのです。時間の関係がありますから、特に、部落解放同盟中野市協議会補助金についてお伺いしたいと思います。292万4,000円という支出になっているわけですが、その根拠について改めてお伺いしたいと思います。

 例えば、部落解放同盟中野市協議会の決算報告を見ますと、会員数が減退していると思われるのです。会費が当初予算に比較して1万2,000円減額になっているわけです。しかし、補助金は計画どおりに執行されていると。ですから、この補助金がどういう根拠に基づいて支出されているのかお伺いしたいと思います。

 改めて、会費について、先ほど申し上げましたように1万2,000円の減額になっているわけですが、主たる理由はどういうことかをお伺いしたいと思います。

 それから、歳出の部分で見ますと、基本的には部落解放同盟が運動団体として仕事を進めていく上で、自らの支出金は、平成23年度でいいますと会費の約23万8,000余円、あとは繰越金の5万7,000余円が主たるもので、それ以外はすべて中野市の補助金で賄っている。特定の運動団体に、公費をこういう形で投入することは、大変疑問を持たざるを得ないのです。そういう点で、部落解放同盟中野市協議会が出している、例えば自立支援事業費の中で同盟員学習会各種共闘学習会、あるいは調査研究事業で差別対策研修会、県内外問題別検討会等々ついておりますし、中には人権福祉事業費で、デイサービス補助金が新野区で10万円支出されていると。こういう状況にあるわけですけれど行政サイドとして、この補助金の支出する根拠について、明確にお答えいただきたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) くらしと文化部長。



◎くらしと文化部長(竹内羊一君) お答えいたします。

 まず、支出の根拠でございます。これも前にも申し上げましたけれど、市のあらゆる差別撤廃及び人権擁護審議会の答申に基づきまして支出しているものでございます。その額でございますけれど、部落解放同盟から申請いただいたものにつきまして審査いたしまして、活動に必要な額を決定し、支出しております。

 それから、そのうち会費が減になっている理由でございますけれど、加入戸数が減になっていると聞いております。

 それから、支出につきまして、それぞれ差別をなくす活動にご尽力をいただいたわけでございますけれど、特に、人権のまちづくりネットワークですとか、あるいは議員からありましたけれど、新野区におけるデイサービス事業等、それぞれ事業を行っていただいておりますので、それにかかわる経費を支出しているところでございます。

 以上です。



○議長(竹内卯太郎君) 19番 青木豊一議員。



◆19番(青木豊一君) 継続でお伺いしたいと思うのですが、一つは、あらゆる差別撤廃及び人権擁護審議会の答申に基づいてということでありますが、憲法も、今日そういう差別は基本的になくなったと国としても認められているわけです。その時になぜ部落解放同盟という運動団体への補助金の根拠が先ほどのお答えでもわからないのです。部落解放同盟がこれだけと言えば、それに基づいてやったと。事業は先ほど言ったように運動団体がやっていることと、その事業を運動団体が進める上で給与が169万円出ているわけです。この給与は、改めてお伺いしますが、何人に対してなのか、また、部落解放同盟中高地区協議会には、やはり給与として156万円のお金が出ているわけです。これはそれぞれ同一人物なのか、そうでないのかをお伺いしたいことと、運動団体の人件費まで、なぜ行政がお金を払わなければならないのか。しかも、市の一般的な事務職の臨時職員は、100万円をちょっと超すか超さないかという状況にある時に、運動団体にこれだけの150万円も160万円ものお金を1人当たりなのか、それぞれの協議会二つに対して個々に出していることは、これはどう見ても行財政の執行という側面から、疑問を持つことが当たり前だと思うのです。

 そのことについて改めてお伺いしたいことと、もう一つは、それぞれの事業は当然、県内外で、日中、あるいは夜間等行われていると思うわけですけれど、日当、あるいは夜間の半日当、こういうものが幾つの事業にどのくらい歳出の中で出ているのかについて、改めてお伺いしたいと思います。

 なお、部落解放同盟中高地区協議会は減額になったことについて、6戸減って1戸2,000円からという形で減額補正されているのですが、必要な場合は1万2,000円のみで、会員が何人減ったのか、そのことすら明記されていませんので、そのことと、もう一つは会員数についてお伺いしたい。

 それから、最初にお伺いするのを落として申しわけないですけれど、人権政策費の中の市あらゆる差別をなくす推進協議会補助金という形であるわけですが、差別をなくす市民集会が行われているわけです。ここの動員がかなり厳しくて、実は私も春先だか何かあった時に、組長から都合が悪いからかわって出てほしいと。私がたまたま副組長になっていますから、私は出ませんと。そういうように参加される方まで握られると。これはやはり人権ともあらゆる差別をなくすということとも全く相容れないもので、人権になったらそれぞれのお考えで個々の方々が参加したければ参加しても結構、その強制も、あるいは言ってはいけないと言うこともないと思うのです。

 この差別をなくす市民集会等に対する動員がどうされているのか、この点についてお伺いしたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) くらしと文化部長。



◎くらしと文化部長(竹内羊一君) まず、差別がなくなったのだということでございますけれど、対策は特別対策から一般対策に変わりましたけれど、部落差別がなくなったということではないと考えております。

 それから、給与の関係でございますけれど、何人の職員に出ているかでありますが、職員につきましては、お一人でございます。

 それから、部落解放同盟中高地区協議会と同一人物かでありますが、同一人物ではございません。

 その人件費をなぜ払っているのかでありますけれど、先ほどからご説明申し上げているとおり、部落解放同盟中野市協議会におけるこの活動が、市の事業を補完していただいているという認識のもとにお支払いしております。

 それから、日当につきまして、どんな事業に幾ら出ているのかでありますけれど、自立支援事業、あるいは調査研究事業、それから育成事業費等に支払われているようでございまして、額につきましては、29万7,000円ほど出ております。全体の予算に占める割合は6.4%ほどになるようでございます。

 それから、会費の減でございますけれど、戸数を具体的にということでありますが、2軒ほど減っております。

 それから、差別をなくす市民集会への動員でございますけれど、それぞれ啓発、あるいはそういったものが非常に人権問題については大切なことであると考えておりまして、より多くの人たちに話を聞いていただきたいということで、それぞれの組織を通じて参加いただくようにお願いしております。その先でどのように依頼されているかにつきましては、把握してございません。

 以上でございます。



○議長(竹内卯太郎君) 19番 青木豊一議員。



◆19番(青木豊一君) 差別があるかないかということを短絡的に言っているのではなくて、差別はいろいろなところで生まれていることは、何も部落解放同盟の関係だけではないのです。それをとりわけ部落解放同盟という特定の団体にのみこういうことが行われていることが、多くの市民の皆さんからすれば疑問を持たざるを得ないわけです。

 そういう立場ですから、先ほどもこの運動団体が市の補完団体になっていると。本来運動団体を補完団体にすること自体がおかしいことなのです。しかも、一般質問ではないですから、綱領がどう書いてあるかということは言いませんけれど、綱領をご覧になったとしても、その差別は結果的には、なくならないという方向だと私は判断しております。

 そういうところへ行政が公費を支出することは非常に疑問ですし、職員が問題を、仮に福祉の施策とか個々の施策を、同和の人たちにやってもらわなければ行政が進まないという、ここにその運動団体の問題があるのです。他の市民の人たちは、あなただから気に食わないからほかの人にしなさいなんてこと言いません、中には言われる方もいます。それは決して運動団体ではなくて個人の意見なのです。ですから、対策事業というか、人権という名はついていますけれど、実態としては、この運動団体が、そういう密室の状況の中が保障されているところに私は大きな問題があるし、それに行政が公費を支出していることに問題があると思うのですけれど、その辺について改めてお伺いしたいと思います。

 それから、日当について29万7,000円ということなのですけれど、当然、この日当の根拠というものはあると思うのです。もし、これが本当にそうだとすると、例えば各種の事業費がこの運動団体から出された決算書で見ますと、調査研究費用で28万6,000余円、人権まちづくり事業で20万円、女性自立促進事業24万7,000余円、学習教材事業で29万7,400円、これは各種ビデオ購入等だと書いてありますけれど、本当に日当というものは29万7,000円であるのか、ならば日当の金額は幾ら出されているのか。その点についてお伺いしたいということが一つと、もう一つは、差別をなくす市民集会の件についてでありますけれど、先ほどのお答えでは、広く市民の皆さん方に参加していただきたいと。それは主催者からすれば当然のことだと思うのですが、しかし、その先、行政区でどうなっているかということはわからないと。そのことについては関知されていないということなのですが、本来、差別をなくすとか人権を守るというならば、個々の思想、心情の自由、実績の有無についても、個々の主権者に任せるというのが本来のあり方だと思うのです。それを区に依拠することは、ここにこの人権という名をつけた集会や施策の大きな問題だと思うのですが、改めてその辺についてお伺いしたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) くらしと文化部長。



◎くらしと文化部長(竹内羊一君) お答えいたします。

 差別に対していろいろ闘っている団体は部落解放同盟だけではございません。それは承知しております。ただ、部落差別は日本固有の差別であります。議員は将来なくならないとおっしゃられますけれど、行政としては一日も早くこうした差別をなくすべきだということで日々努力しております。

 やはりどの団体もそうだと思うのですけれど、当事者が先頭に立って運動しない限り、差別はなくならないと思います。そういうことで、部落解放同盟が部落差別の撤廃に向けて活動されていることは行政としても支援していきたいと考えております。

 それから、日当の関係でありますけれど、根拠につきましては、それぞれ団体でお決めいただいているものでございますので承知しておりません。額につきましては、先ほど申し上げましたように、総額で29万7,000円で、全体から見てもそんなに多額が支払われているわけではないと承知しております。

 それから、差別をなくす市民集会の動員の件でございますけれど、議員おっしゃるとおり主権者に任せるべきだと考えておりまして、そんなに強制的なことはしていないと承知しております。

 以上でございます。



○議長(竹内卯太郎君) ほかにございませんか。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、労働費、農林水産業費及び商工費について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、土木費及び消防費について願います。

 19番 青木豊一議員。



◆19番(青木豊一君) 土木費についてお伺いしたいと思います。

 決算書では300ページから303ページについてであります。これまでもいろいろお伺いしたり、指摘してきたわけですけれど、市道吉田西条線が全線開通されまして、供用開始して、また利用者も通行されていることは十分承知しているわけですけれど、この路線が当初計画と完成の間で非常に多額のお金が投資されている。

 最初にお伺いしたいのは、当初事業費と完成後の事業費と、増加した原因についてお伺いしたい。都市計画道路の駅前線についても、同様のことについてお伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(竹内卯太郎君) 建設水道部長。



◎建設水道部長(小林伸行君) 市道吉田西条線につきまして、手元で当初確認できておりませんが、事業費につきましては、事業実績並びに主要施策成果説明書にもございますが、総事業費で17億220万円でございます。そして駅前線につきましては、これも大変恐縮でございますが、平成18年から実施しておりまして、総事業費については、やはり事業実績並びに主要施策成果説明書にございますが、5億3,470万円ほど要してございます。

 当初事業費については、後ほど調べてお答えさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



◆19番(青木豊一君) 答弁をお聞きしてから、また質問します。



○議長(竹内卯太郎君) それでは、保留にしまして、ほかにございませんか。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、教育費、公債費及び予備費について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、議案第11号 平成23年度中野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定についてから議案第13号 平成23年度中野市社会就労センター事業特別会計歳入歳出決算認定についてまでの、以上議案3件について願います。

 18番 高木尚史議員。



◆18番(高木尚史君) それでは、最初に議案第11号の国民健康保険事業特別会計ですが、一つは不納欠損額、あるいは収入未済額、前年度と比較して大分増加しておりますが、この理由とその内容分析をどのようにされているのかお伺いしたいと思います。

 それと、議案第12号の介護保険事業特別会計ですが、3年の時限立法ということで基金が解散しまして、基金繰入金が934万余円入っているわけですが、これは平成21年度の介護報酬改定で平均プラス3%されたということから、第1号保険者の負担分を軽減するということで創設された基金でありますが、この3年間でどう配分されて軽減されたのか、その内容についてお聞かせいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(竹内卯太郎君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(渡辺重雄君) お答え申し上げます。

 はじめに、国民健康保険事業特別会計の関係でございます。一つは収入未済額の関係でございますが、主な要因につきましては、約束の不履行ですとか、生活困窮ですとか、そうした理由から8,000万円を超える収入未済額となってしまったものでございまして、今後とも収納に努めてまいりたいと考えております。

 続きまして、不納欠損の関係でございますが、不納欠損させていただいた中身につきましては、4,100万円ほどございますが、多くの場合には処分対象の財産がないというようなことから、法に基づきまして不納欠損させていただいたものでございますので、よろしくお願いします。

 続きまして、介護保険の関係でございますが、介護準備基金の関係で、3年間でそれぞれ取り崩しさせていただいたわけでございますが、平成21、22、23年度とそれぞれ計画的に取り崩しさせていただきまして、当初の第4期の介護保険計画に基づく介護保険事業特別会計の運営ができたものと、あるいは保険料徴収させていただく、掛金の徴収させていただくことができたと考えております。

 以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(竹内卯太郎君) 18番 高木尚史議員。



◆18番(高木尚史君) 収納率、あるいは不納欠損については、これは国民健康保険事業特別会計だけではなく、ほかの一般会計も含めて監査委員からも意見が示されているわけですけれど、それらの対応も含めて、どのようにされてきたのかお伺いしたいと思います。

 それと、介護従事者の処遇改善の基金についてですけれど、3年間で総額幾らになっているのか、そのことによって保険料を、当初は2分の1、3分の1、あるいは3年間でフラットにすると、いろいろな方策があったと思いますけれど、総額でどの程度軽減されたのか、そのことについて改めてお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) 今、ご質問の徴収すべき債権管理全般のことでございますので、私のほうからお答え申し上げたいと思います。

 まず、国民健康保険税も含めまして、市税の滞納につきましては電話催告、訪問、呼び出し、納税相談、財産調査、それから差し押さえ等々、それぞれの対応につきまして、滞納整理マニュアルを策定しまして債権管理の運用の適正化を図っているところでございます。

 また、市税以外の債権の徴収につきましては、職員の債権回収に係る認識を深め、事務処理の標準化を進めるということを含めまして、今庁内に公金収納推進本部という組織を組織しておりますので、その中でそれぞれのマニュアル等について、各事務担当者が協力しまして作成をし適正化を図っていきたいと思っております。



○議長(竹内卯太郎君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(渡辺重雄君) お答え申し上げます。

 介護準備基金の積立金のいわゆる取り崩し3カ年の合計でございますが、約1億2,800万余円ということで、計画に基づき取り崩しさせていただきましたが、これらの結果、申し上げましたように、第4期の介護保険事業特別会計が予定どおり運営できたということでございますので、よろしくお願いします。



○議長(竹内卯太郎君) 18番 高木尚史議員。



◆18番(高木尚史君) 収入未済額などの対応をされているということですが、これは一般会計の総務費で、長野県滞納整理機構に171万円ほどの負担金を出しているわけですが、長野県滞納整理機構によって、未済額で済むべきものが回収されたという件数、金額はどのようになっているのか、国民健康保険税ですけれどお願いしたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) 長野県滞納整理機構への収納委託の関係ですけれど、これは平成23年度から実施しております。内容を申し上げますと、平成23年度は10件の滞納案件につきまして、徴収事務を移管させていただき、そのうち2件については完納、7件については部分納付という形になりました。

 金額で申し上げますと、今一般会計も含めましてご質問ありましたので一般会計で申し上げますが、一般会計の市税分につきましては、5,310万円の本税について移管させていただきまして、徴収させていただいたもので、市に収納させていただいたものにつきましては、1,593万円ほどになっております。

 また、国民健康保険税につきましては、1,988万円ほどの本税について移管させていただきまして、徴収実績は540万円となっております。

 以上です。



○議長(竹内卯太郎君) ほかにございませんか。

 19番 青木豊一議員。



◆19番(青木豊一君) 国民健康保険税についてお伺いしたいと思いますが、先ほど質疑があったわけですけれど、詳細についてお伺いしたいと思うのですが、滞納未済額の件数と、具体的に、怠慢とかいろいろ分類されておられますが、皆さんの分類の仕方で結構ですけれど、その人数、金額についてお伺いしたいと思います。

 同時に、滞納があるということは、医療という制度でありますから、命にもかかわる極めて大事な問題であります。そういう点で国民健康保険の保険証の交付の不執行、あるいは留め置き、また短期保険証の発行等について、どのようになっているかお伺いしたいと思います。

 それから、本決算でもいわゆる不納欠損も生じているわけですけれど、この中身についてどういう理由か。それから、処分額というのは本税だけなのか、延滞金を含めてなのか、そのことについてお伺いしたいと思います。

 それから、長野県滞納整理機構についてですけれど、先ほどもお答えがあったわけですが、いわゆる改善というか取り立てというか、徴収されたという事実は私も認めますけれど、同時にまた、徴収不能の状況もあることも事実でありますが、この長野県滞納整理機構における徴収不能等について、どうなっているかということと、その対応が長野県滞納整理機構とどのような話し合いをされているかということであります。

 それから、もう一つの重要な問題は、延滞金の利率が2カ月までは7.3%ですが、2カ月を過ぎると14.6%、こういう法的機関の延滞金利率としては考えられないようなことが法としてあるわけですけれど、延滞金についての減免というか、その措置も国税徴収法は規定しておりません。

 ところが、そういう延滞金まで含めて長野県滞納整理機構にやられると、直接的な延滞金の支払いについては、結果的には長野県滞納整理機構がやって行政が対応できないという状況になるわけですけれど、なぜ延滞金までそういう措置をとられるのかについてお伺いしたい。お願いします。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) たくさんいただきましたので、順次お答え申し上げたいと思いますけれど、まず、国民健康保険税の関係の滞納理由でございますけれど、平成23年度分としてまとめております私どもの統計では、1番目では、やはり約束不履行ということで、全体の34.1%になっております。これは督促させていただいた後、納付約束を交わすなど納付の意思はあるわけでございますけれど、結果的に約束どおり期日までに納付いただけないという事例でございます。

 それから、2番目でございますが、収入が少ない、あるいは支出が過多であるということで、生活困窮とするものが16.2%でございます。

 それから、3番目といたしまして、納付意思がなくて、納税に全く無関心であるというものが16.1%、このような状況になっております。国民健康保険税を収納係では、個々の滞納者と納付相談を行う中で、国保財源の確保、それから負担の公平性の観点から収納の促進に努めさせていただいております。

 それから、不納欠損の関係でございますけれど、不納欠損につきましては、それぞれの基準に基づきまして欠損処分いたしております。その中に延滞金が含まれておるのかということでございますけれど、延滞金については不納欠損という概念はございません。

 それから、長野県滞納整理機構へ移管させていただいた事例の中で、納付いただけないようなものについて、どのような対応をしているのかということでございますけれど、長野県滞納整理機構ではそれぞれ移管しますと、状況をお聞きしたり、相談をする中で納付いただくとしておりますけれど、最終的に滞納処分等に至らなければならないという場合には、財産を調査させていただいたり、個別相談をさせていただいたり、最終的には差し押さえという場合もございます。そういった事例の中で、市の税務課でも、滞納者と長野県整理機構と双方といろいろやりとりしながら、納付いただけるようそれぞれ進めているところでございます。

 それから、延滞金の利率の関係でございますけれど、高過ぎるのではないかというご指摘であるわけでございますけれど、この市税の延滞金利率につきましては、地方税法、あるいは市の市税条例によりまして、納期限の翌日から年率14.6%の延滞金を計算して加算徴収するようになっております。これは納入すべき納税者にも、その延滞金の義務が課されますし、それから、徴収する徴税吏員にも延滞金を課して徴収しなければならないという義務が課されるという中で対応せざるを得ないということでございます。確かに今の状況では、高利率というような面はお感じになるかもしれませんけれど、大もとは国税徴収の例に則しているということでございまして、考え方とすれば、納期限内の納付を担保するという意味合いも含まれていると思っております。

 それから、延滞金の減免云々のご質問でございますけれど、収納を促進する立場から申し上げますと、納期限内に納付していただく、納付に努めていただく中で、納付怠慢などによる延滞金が生じないよう注意していただきたいと思っております。また、延滞金が雪だるま式に増えないように、市の収納部門では法令に定められた督促、それから早目の納税相談に努めているところでございます。

 以上です。



○議長(竹内卯太郎君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(渡辺重雄君) お答え申し上げます。

 短期保険証、あるいは資格証明書等々の対応でございますが、まず一つは、短期保険証については、平成23年度末で420世帯の皆さんに発行させていただきました。ちなみに、資格証明書等につきましては、本市では発行いたしておりませんのでお願いさせていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(竹内卯太郎君) 19番 青木豊一議員。



◆19番(青木豊一君) 先ほどお答えいただいたわけでありますけれど、一つは、わからないことだったのですけれど、先ほどの。不納欠損についてですが、先ほど聞き取りにくかったのですが、不納欠損は決算書の不納欠損額に入っていないのか、入っているのか、改めて確認したいと思います。

 それから、長野県滞納整理機構への移行ですけれど、長野県滞納整理機構に移管するということは、先ほどお答えがあったように、国税徴収法に沿わない形で徴収が行使されると。なぜならば、そこには自治体というものはなくて、徴収することそのものが目的とされているところです。自治体に滞納があればこそ、国税徴収法で、延滞金も含めて話し合って、そして最終的な額も支払い方法も決まっていくと私は理解できるのですけれど、長野県滞納整理機構に移管したものが、先ほどのお答えでは国税徴収法云々という話ではなくて、長野県滞納整理機構が財産の差し押さえを含めて対応せざるを得ないということですから、これはまさに地方自治体が発生させた滞納や延滞金について、地方自治とは関係ない取り立て団体が、その取り立て業務を請け負って、取り立てというのは請負業務なのです、それは長野県滞納整理機構なのです。これは自治体の任務の放棄であるし、責任の放棄であるし、何よりも市民の皆さん方の生活と命を守るという行政の最大の責務を放棄することだと思うのですけれど、改めてその辺について、それで果たして国税徴収法に基づく対応が可能なのか、お答えいただきたいと思います。

 それから、事由の内容についてでありますけれど、率直に言って私も未払いで督促を受けたこともあります。ところが、私は何回も市役所に来ているけれど、私にそういうことを指摘したり注意したりする人は誰もいないのです。だから、そういう点で、もっと事務的なことではなくて、私は大勢いるところで言われてもいいですけれど、一人ひとりの市民の皆さんからすれば、「お話ししたいと思うのですが、ちょっとお時間いただけますか。」と言うとか、もう少しそれぞれの担当の部署でも、温かい配慮のあることをすれば、100円の延滞金も要らないし、先ほど皆さん方は無関心だと言っておられる方が一番多いわけです。こういうことだって私は改善できると思うのですけれど、なぜそういうことをされないで、100円を上乗せしたものを発行しなければならないのかについてお伺いしたいと思います。

 一般質問ではないですから、余り中身について、ああでもない、こうでもないということは言いませんけれど、そういう点で、皆さん方も私も国民健康保険税の円滑な運営と、国民健康保険事業特別会計が市民の生活や命にプラスになるようにすることを望んでいるわけであります。

 なお、もう一度確認したいのですが、保険証についてですが、今全員に渡っているというお話なのですけれど、例えば中には連絡をとったけれども連絡つかなかったとか、たまたまそのときに電話に出られなかったとかお留守だったというような時に、留め置きという形で行政が預かるということがやはり県下にもあるわけです。こういうことを含めて、すべての方々に短期保険証そのものも非常に多いわけですけれど、短期保険証が届いて、市民の健康が守られているのか。

 以上の点についてお伺いします。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) お答え申し上げたいと思います。

 まず最初に、答弁がはっきりしなくて申しわけございませんでしたが、決算額の中に不納欠損の数字は入っているのかということでございますが、不納欠損額については記載したとおり入っております。ただ、延滞金についてはその数字の外でございます。

 それから、長野県滞納整理機構に徴収事務を移管することが、任務の放棄ではないかというご指摘でございますけれど、これは市の収納当局でそれぞれ収納事務を尽くしましてやってまいりました事案について、より見方を変えたり担当者をかえたり、そういった意味の中で収納促進を図っているものでございます。この長野県滞納整理機構につきましては、長野県内の市町村と県で組織した機構でございまして、事務を共同処理しているという認識でおります。

 それから、督促の関係で、市役所に来たときに顔が見えたら督促してくれれば良いではないかというご指摘でございますけれど、それぞれこういった税の関係につきましては、徴税吏員のみがそういったことをしておりますので、税務課の当局、あるいは特別会計でいえば国民健康保険ですとか、それから介護保険ですとか、そういった事業担当の職員のみがそのようなことをさせていただいておりますので、なるべく早く納めていただくよう努力しておりますけれど、よろしくお願いいたしたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(渡辺重雄君) お答え申し上げます。

 保険証につきましては、申し上げたように、それぞれの種類はございますが、必要な方、すべての方に交付させていただいておりますのでよろしくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで10分間休憩いたします。

 (休憩)(午前11時09分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午前11時20分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 19番 青木豊一議員。



◆19番(青木豊一君) 先ほど長野県滞納整理機構への延滞金等の移行についてお答えがあったのですけれど、結果的には行政の手を離れて、本人が要望すれば、そういう措置をして、行政が、延滞金を含めた対応を、本人との話し合いをしていただけるのか、その辺をお伺いしたいです。

 なお、先ほど私も滞納というか、それに似たようなことを言いましたが、私が介護保険料の普通徴収で、たまたま期日を過ぎて100円の通知が来たことがあるということでありますので、そのように訂正いたします。

 以上です。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) 長野県の滞納整理機構に移管したものについて、どんな話し合いがされているのか、できるのかというようなことでございますけれど、市では納めていただけないけれど、納める資力等があるようなものについて移管させていただいているわけですが、長野県滞納整理機構でそれぞれ手を尽くして納入を促進する手はずのことを実施していただいております。

 また、その中で、さらに滞納が解消されないものについては、長野県滞納整理機構から再度また市に協議がございますので、それらのものについては協議に応じて適切に処理をしていきたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) この際、健康福祉部長から発言の申し出がありますから、これを許します。

 健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(渡辺重雄君) 発言の訂正をさせていただきたいと思いますが、先ほど高木議員への答弁の中で、介護保険給付準備基金と取り違えてしまいまして、お答えの内容が誤っておりましたので、改めてお答えさせていただきます。

 ご質問の介護従事者処遇改善臨時特例基金でございますが、これにつきましては、当初、国から2,379万余円のもので進めておりましたが、処遇改善部分としては2,146万3,000円を3年間で取り崩し、そのほかに事業の周知費用として27万4,000余円がございますが、都合合わせまして2,173万7,000余円の基金を使わせていただきました。

 したがいまして、残の部分については、国へ返還させていただくという事務処理がこの後残ってまいりますが、基金の状況については以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(竹内卯太郎君) ほかにございませんか。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ほかにありませんければ、先ほど保留いたしました青木議員への答弁を願います。

 建設水道部長。



◎建設水道部長(小林伸行君) 先ほどの市道吉田西条線と都市計画道路駅前線の当初事業費についてお答えさせていただきます。

 市道吉田西条線につきましては、実際にかかった費用17億2,220万円に対しまして、当初11億5,600万円で計画したものでございます。また、都市計画道路駅前線につきましては、総額5億250万円ほどかかったものでございますが、これにつきましては、当初5億4,400万円で計画したものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、議案第14号 平成23年度中野市倭財産区事業特別会計歳入歳出決算認定についてから議案第17号 平成23年度中野市情報通信施設事業特別会計歳入歳出決算認定についてまでの、以上議案4件について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、議案第18号 平成23年度中野市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算認定についてから議案第21号 平成23年度中野市水道事業会計決算認定についてまでの、以上議案4件について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、議案第22号 平成23年度中野市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について及び議案第23号 市道路線の認定についての、以上議案2件について願います。

     (発言する人なし)



○議長(竹内卯太郎君) ありませんければ、以上をもって議案質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2 議案等付託

               議案等付託表

 議案第1号 中野市定住自立圏形成協定の議決に関する条例案

 議案第2号 中野市防災会議条例の一部を改正する条例案

 議案第3号 中野市災害対策本部条例の一部を改正する条例案

 議案第5号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第3号)

          歳入全般

          歳出のうち  総務費(関係部分)、消防費、教育費

          地方債補正

 議案第10号 平成23年度中野市一般会計歳入歳出決算認定について

          歳入全般

          歳出のうち  議会費、総務費(関係部分)、消防費、教育費、公債費、予備費

 議案第16号 平成23年度中野市中野財産区事業特別会計歳入歳出決算認定について

 議案第17号 平成23年度中野市情報通信施設事業特別会計歳入歳出決算認定について

 陳情第6号 地球温暖化対策に関する「地方財源を確保・充実する仕組み」の構築を求める意見書の提出を求める陳情

                             以上 総務文教委員会

 議案第5号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第3号)

          歳出のうち  総務費(関係部分)、民生費、衛生費

 議案第6号 平成24年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第7号 平成24年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第10号 平成23年度中野市一般会計歳入歳出決算認定について

          歳出のうち  総務費(関係部分)、民生費、衛生費

 議案第11号 平成23年度中野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について

 議案第12号 平成23年度中野市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について

 議案第13号 平成23年度中野市社会就労センター事業特別会計歳入歳出決算認定について

 議案第18号 平成23年度中野市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算認定について

                             以上 民生環境委員会

 議案第4号 中野市下水道条例の一部を改正する条例案

 議案第5号 平成24年度中野市一般会計補正予算(第3号)

          歳出のうち  農林水産業費、商工費、土木費

 議案第8号 平成24年度中野市倭財産区事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第9号 平成24年度中野市永田財産区事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第10号 平成23年度中野市一般会計歳入歳出決算認定について

          歳出のうち  労働費、農林水産業費、商工費、土木費

 議案第14号 平成23年度中野市倭財産区事業特別会計歳入歳出決算認定について

 議案第15号 平成23年度中野市永田財産区事業特別会計歳入歳出決算認定について

 議案第19号 平成23年度中野市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について

 議案第20号 平成23年度中野市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について

 議案第21号 平成23年度中野市水道事業会計決算認定について

 議案第22号 平成23年度中野市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について

 議案第23号 市道路線の認定について

 陳情第5号 「中野市住宅リフォーム緊急支援事業補助金」の再創設を求める陳情

                             以上 経済建設委員会



○議長(竹内卯太郎君) 日程2 議案等付託を行います。

 議案第1号から議案第23号までの以上議案23件及び陳情第5号、陳情第6号の陳情2件について、お手元に配布いたしてあります議案等付託表のとおり、各常任委員会へ付託いたします。

 各常任委員会におかれましては、議案の審査を願い、9月18日までに議長の手元まで報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで暫時休憩いたします。

 (休憩)(午前11時27分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午前11時29分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△3 市政一般質問

     平成24年第5回中野市議会定例会市政一般質問発言順位表



発言
順位
質問者
質問事項
答弁者


議席
議員氏名




松野繁男君
1 大型公共事業の進捗状況について
2 環境問題の取り組みについて
3 大規模地震発生時の市の対応について
4 東北被災地への支援策について
5 保育園バスのシートベルト義務化の動向について
市長




佐藤恒夫君
1 「人・農地プラン」について
2 小田切市政の4年間と今後について
市長
農業委員会長




芋川吉孝君
1 善光寺地震の教訓及び市内活断層と災害について
2 柳沢遺跡より出土した銅戈、銅鐸の重要文化財・国宝の申請及び姥ヶ沢ビーナス等文化財の活用について
3 区・自治会等地縁団体の法人格取得について
市長
教育長




永沢清生君
1 農業振興について
2 高齢者の支援について
市長



16
金子芳郎君
1 市長の政治姿勢について
2 消費税率引き上げ問題について
3 市庁舎問題について
4 市のスポーツ施策について
5 有害獣問題について
市長



19
青木豊一君
1 市長の政治姿勢と「新市まちづくり計画」(新市建設計画)等について
2 中野市にも影響が心配されるオスプレイの配備撤回及び低空飛行訓練の中止について
3 今夏の猛暑克服の実績と原子力発電所頼みから自然エネルギーへの転換の具体化について
4 いじめ問題等教育行政について
5 部落解放同盟など人権関係決算審査について
6 孤独死の実態と対応について
7 保育園、学校及び高齢者等の酷暑対策について
市長
教育委員長
教育長
監査委員



13
町田博文君
1 防災対策の充実強化について
2 通学路安全点検について
3 コンビニエンスストアでの証明書等交付について
4 シルバー乗車券及び通院費等助成券について
市長
教育長



18
高木尚史君
1 旧合併特例事業債の発行期間の延長について
2 決算の分析について
3 (仮称)中野市新みよし保育園について
市長




高野良之君
1 市長の政治姿勢について
2 観光について
3 市村合併以来の行政と経済団体の区域の違いについて
市長


10

深尾智計君
1 小田切市政4年間の実績と今後の方針について
2 中野市立図書館の利便性向上について
3 (仮称)中野市新みよし保育園新築工事について
4 姉妹都市北茨城市との交流事業について
市長
教育長


11

清水正男君
1 中野市の名称について
2 放射能について
市長





○議長(竹内卯太郎君) 日程3 これより市政一般質問を行います。

 本定例会における市政一般質問の発言順位につきましては、お手元に配布いたしてあります発言順位表のとおりでありますから、ご了承願います。

 なお、市政一般質問の質問時間は答弁を含めて60分といたしますので、ご了承願います。

 はじめに、順位1番 大型公共事業の進捗状況について、環境問題の取り組みについて、大規模地震発生時の市の対応について、東北被災地への支援策について、保育園バスのシートベルト義務化の動向について、3番 松野繁男議員。

     (3番 松野繁男君登壇)



◆3番(松野繁男君) 3番 松野繁男でございます。

 通告いたしました5項目を順次質問いたします。

 最初の項目は、大型公共事業の進捗状況についてであります。

 このことに関しましては、過去にも何回か質問しておりますが、今回は少し焦点を絞り込んで質問してまいります。

 最初は、一般県道豊田中野線、通称笠倉壁田橋の完成時期についてでありますが、豊田・中野両地域を結ぶ重要な道路であると認識しておりますが、市側の見解はいかがでしょうか。

 事業が計画された時期と目的について、また、事業が遅れている原因について、埋蔵文化財の発掘状況・出土品の内容について、完成までのスケジュールについて、さらに、これらを踏まえた上で早期完成に向けた市の対応について、以上5点についてお伺いいたします。

 2番目、主要地方道飯山妙高高原線親川地籍の道路整備についてでありますが、事業の整備計画並びに進捗状況について、今後の市の対応について、以上2点お伺いいたします。

 3番目、一般県道三水中野線の安源寺信号から栗林信号間の道路整備についてでありますが、やはり事業の整備計画・進捗状況、市の対応についてお伺いいたします。

 4番目、志賀中野有料道路の無料化についてでありますが、この件につきましては、過去何回か議員から質問がされております。その都度、答弁いただいておりますが、地域の皆さんの要望が多くあります。他の自治体と連携し早期の実現はどうか、市の見解と対応についてお伺いいたします。

 5番目、一般県道中野飯山線バイパス工事の進捗状況についてでありますが、柳沢から田上間の進捗状況並びに市の対応をお伺いいたします。

 2項目め、環境問題の取り組みについてお伺いいたします。

 最初は、豊津地区の一部で悪臭が漂う問題ですが、この件につきましては、昨年、9月市議会定例会でも取り上げました。このことに関しましても、市も真剣に取り組んでいただいていることには感謝を申し上げております。

 しかし、残念ながら解消されておりません。

 そこで、昨年から今日までの取り組みについて、発生源の特定について、また、一日も早い解消に向けた今後の取り組みについて、3点お伺いいたします。

 次に、後を絶たない不法投棄の現状について。

 今日までの現状と取り組みについて、また、今後の取り組みについて、2点お伺いいたします。

 3項目め、大規模地震発生時の市の対応について質問いたします。

 最初は、7月10日に発生した地震の詳細についてでありますが、地震発生のメカニズムと今後の予測について、震源地の特定について、また、市は災害対策本部を設置し対応されましたが、その検証について、現在の職員体制について、以上4点についてお伺いいたします。

 2番目といたしまして、地震発生時の弱者への対応・システムについて、特に、独り暮らしの高齢者の安否確認についてお伺いいたします。

 3番目といたしまして、各避難施設の安全確保についてでありますが、公民館等の避難施設の耐震化等の現状について、また、それにかかわる市の補助制度について、以上2点についてお伺いいたします。

 4項目め、東北被災地への支援策について質問いたします。

 昨年3月11日に発生しました地震と津波による大災害から1年6カ月がたちました。経済建設委員会では去る8月9日、10日に行政視察を行い、9日に宮城県の気仙沼市を訪問いたしました。現状はと申しますと、がれきはきれいに片付けられていましたが、海岸端にあった多くの水産加工施設などは基礎のコンクリート部分だけを残し跡形もありません。一部で施設の建設が始まってはいましたが、復興はまだまだ始まったばかりと感じております。一つの自治体が支援というレベルではありませんが、長い目で支援を続けていかなければと痛感いたしました。被災箇所は広大は範囲に及んでいるわけですけれど、中野市の支援策について、今日までの取り組みと今後についてお伺いいたします。

 最後の項目になりますが、保育園バスのシートベルト義務化の動向について質問いたします。

 国土交通省は、幼稚園や保育園の送迎バスに使われる幼児専用車の安全対策を強化するため、現行で義務付けられていない座席のシートベルト設置を検討する方針を決めました。有識者会議で来年3月までに結論を出したいとしております。この件につきましては、以前も質問いたしましたが、かえって危険であるとの理由で義務付けがないとのお答えでございましたけれど、今回検討されることで義務化も予想されます。市の対応についてお伺いいたしまして、最初の質問といたします。



○議長(竹内卯太郎君) 市長。

     (市長 小田切治世君登壇)



◎市長(小田切治世君) ただいまの松野議員のご質問に対してお答えいたします。

 まず最初に、大型公共事業の進捗状況についてであります。

 大型公共事業の進捗状況のうち、一般県道豊田中野線につきましては、平成7年に県道認定され、平成19年度から事業着手されております。その目的は、豊田地域と中野地域を結ぶ地域間連絡道路であるほか、上信越自動車道豊田飯山インターチェンジから湯田中・渋温泉郷、志賀高原方面への観光アクセス道路として、また、災害時緊急輸送路の国道117号と国道292号を結び、災害に強い道路ネットワークを形成する重要な道路であります。

 事業進捗につきましては、笠倉地区の事業用地が埋蔵文化財の包蔵地であることから、現在、大規模な発掘調査が行われております。

 この琵琶島遺跡の発掘調査につきましては、長野県埋蔵文化財センターで昨年度から着手しており、調査面積は約6,700平方メートルで、発掘調査を実施した範囲からは、縄文時代から奈良・平安時代の遺物のほか、住居や建物跡等の遺構が発見され、平成25年度に完了見込みであるとのことであります。

 今後は、壁田側の用地取得、埋蔵文化財発掘調査を経て、橋梁工事等に着手する予定であります。

 主要地方道飯山妙高高原線親川地籍の道路整備につきましては、道路拡幅に了解いただけた箇所から、県で整備を進めていただいております。

 一般県道三水中野線の安源寺信号から栗林間の道路整備につきましては、当該区間の延長約500メートルの予備設計について、地元の了解が得られたことから、今後は、道路の詳細設計に向け、地元と調整中であるとのことであります。

 志賀中野有料道路の無料化につきましては、毎年、市から県へ無料化の要望をしておりますが、当面、実現は難しいものと考えております。

 なお、関係自治体との連携につきましては、本年5月に県が実施した「有料道路の利用実態調査」が集計中であることから、その結果を見ながら検討してまいりたいと考えております。

 一般県道中野飯山線バイパスの工事の進捗状況につきましては、東笠原から越間の事業については、本年10月下旬に完了予定であり、柳沢から田上間の事業につきましては、おおむねのルートについて柳沢区関係者の了解が得られたことから、今後は道路の予備設計に向け、地元と調整中であるということであります。

 これらの各路線は、地元住民の期待が大きい道路であり、大変重要な幹線道路となることから、一日も早く実現するよう、地元区や期成同盟会等と連携し、引き続き県に要望してまいりたいと考えております。

 次に、環境問題の取り組みについて。

 豊津地区の一部で悪臭が漂う問題につきましては、昨年、発生源の一つであると考えられる畜産施設に、県とともに立入調査を行った結果、悪臭の発生源ともなり得る排水経路等に不備が認められたことから、事業者に対し、水質汚濁防止法に基づく県の行政指導がされ、本年7月に設備の改善が終了いたしました。

 その後、現地確認を行いましたが、営業等を継続している施設の悪臭問題につきましては、改善策の効果が明確にあらわれていない状況にあります。

 現在も継続して、地区住民の皆様からの苦情や豊津地区に居住する市職員からの連絡に基づき現地調査等を行い、職員が感じたにおいの強さを独自に数値化して記録しております。

 さらに、この畜産施設が所在する地籍及び豊津地区は、悪臭防止法で市が指定している規制地域ではありませんが、臭気の実情を把握するため、悪臭物質6項目の測定と、においを複数の人の臭覚を用いて数値化する臭気指数測定を行いました。

 結果につきましては、悪臭物質6項目のうち、規制地域の基準と比較して、超過したのはノルマル酪酸の1項目でしたが、臭気指数測定では、畜産農業における許容範囲を超えた数値であり、測定した6項目以外の物質も含めた複合臭となっているため、高い数値を示したと考えられます。

 発生源の特定につきましては、複合臭であるとの測定結果や豊津地区周辺には、においを発する施設が複数あることから、一つの施設や場所に特定することは難しいと考えますが、悪臭の除去に向けた対応に重点を置き、進めてまいりたいと考えております。

 悪臭問題につきましては、複合臭となっている場合には、一つの対策を講じても効果が余りあらわれないことから、試行錯誤しながら対策を行っていく例が多く、問題が長期化する傾向にあります。

 しかしながら、今回、臭気測定を行った畜産施設の事業者においては、真摯な対応を示していることから、今後も施設の小まめな清掃や敷料の改善などを行うことに加え、専門的知識を有する臭気アドバイザーからの意見を取り入れることなどについて、引き続き県と連携し、指導や協力要請を行ってまいりたいと考えております。

 不法投棄の現状につきましては、かつては山間部や人けのない道路沿いに多く発生しておりましたが、現在は、市内の至るところで発生しております。

 平成21年度からは、テレビ放送の地デジ化の影響もあり、テレビの不法投棄が多く発生したため、この対応として、平成22、23年度においてシルバー人材センターへ委託して、月20日程度の監視・回収パトロールを行いました。

 今後の取り組みとしましては、不法投棄を抑止する意識の醸成や、環境づくりのため市広報紙での啓発や、環境公害防止指導員による通年の巡回、不法投棄発生現場への啓発看板の設置、期間を定めて行う市職員による早朝・夜間パトロール等、継続して不法投棄防止に努めてまいります。

 また、市の取り組みだけでは不法投棄を防止するには限界があることから、不法投棄が多く発生する土地所有者に対し、清掃等の自己防衛対策の協力も引き続きお願いしたいと考えております。

 発生件数及び重量の推移につきましては、くらしと文化部長から答弁させます。

 次に、大規模地震発生時の市の対応について。

 7月10日に発生した県北部を震源とする地震発生メカニズムと今後の予測につきましては、気象庁によると栄村で震度6強を観測した昨年3月の地震は、逆断層型に対し、今回の地震は、正断層型か横ずれ断層型で、力のかかり方が違っていること、また、震源地は30キロメートルほど離れていることから、関連性はないと発表されております。

 しかし、今回の地震は、善光寺地震を引き起こした長野盆地西縁断層帯の近くで発生しており、今後も注意が必要と考えております。

 震源地は、本市と木島平村の境界付近で、北緯36.8度、東経138.4度、震源の深さは9キロメートル、地震の規模はマグニチュード5.2であります。

 市の対応の検証につきましては、地震発生直後の午後1時30分に「中野市災害対策本部」を設置し、被害状況の把握を行うとともに、対応可能は応急措置を行いました。

 災害発生時の職員体制につきましては、各部署間の連携強化を図るとともに、危機管理部門の見直しについて検討してまいりたいと考えております。

 今回の地震対応では、東日本大震災や栄村の地震を教訓に、被害が集中した地域に限り、民生委員の皆様に独り暮らし高齢者の安否確認をお願いしたところであります。

 この安否確認は、初めての試みであり、さまざまな課題も確認できましたので、今後は、今回の結果を踏まえ、より迅速な安否確認に努めてまいります。

 公民館等の避難施設の耐震強化等の現状につきましては、地域防災計画の見直しに伴い、当該計画で指定している公民館等の避難施設についても見直しを行うこととし、本年4月に各地区区単位で説明会を開催したところであります。

 説明会の内容につきましては、公民館等を避難施設として指定した建物のうち、耐震基準に合致していないと思われる昭和56年以前に建築された避難施設の指定について見直しをするもので、耐震基準を満たしていないと思われるもので確認できたものは47棟であります。

 市では、公会堂建設補助金の上限額について、増額することは考えておりませんが、公会堂等の改築や耐震補強等の計画がある区においては、現行制度を最大限に活用していただき、市といたしましても予算の確保に努めてまいりたいと考えております。

 次に、東北被災地の支援策について。

 東日本大震災の被災地への支援につきましては、姉妹都市の仙台市と北茨城市に物資や義援金等を持参し、また、石巻市には公用車の入れ替えの際、不用となった軽自動車を1台寄贈しております。

 なお、義援金につきましては、引き続き募集しております。

 避難者につきましては、既に退去された世帯があり、現在は5世帯となっておりますが、教職員住宅入居者の家賃免除、上下水道料金の減免、就学援助、指定ごみ袋の無償給付のほかに、各種検診や予防接種、子育て支援センターの受け入れなど実施しており、各種支援につきましては、当面、平成25年3月31日まで延長してまいります。

 次に、保育園バスのシートベルト義務化の動向について。

 幼児専用車のシートベルトにつきましては、幼児自らが容易に脱着することができず、緊急時の脱出が困難になる恐れがあること、また幼児の体格が年齢によってさまざまであり、座席ベルトの設定が困難であることなどの理由により、現在、道路運送車両の保安基準において、その装備義務が除外されているところであります。

 道路交通法の改正により平成20年6月から車両後部座席のシートベルトの着用が義務づけられたことや、シートベルト着用に対する意識の向上もあり、国において、今年度内を目途に幼児専用車のシートベルト設置について検討を進めるとのことでありますので、義務化された場合において、幼児の安全に配慮しながら適切に対処してまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(竹内卯太郎君) くらしと文化部長。



◎くらしと文化部長(竹内羊一君) 不法投棄の発生件数及び重量の推移につきまして、市長答弁に補足してお答え申し上げます。

 市内における不法投棄の発生件数は、市民からの通報、監視パトロールによる発見、環境公害防止指導員からの報告など、市が把握しているものが、平成21年度は件数が83件、重量が約5.5トン、平成22年度は件数が157件、重量が約12.6トン、平成23年度は件数が77件、重量が約3トンとなっております。

 以上でございます。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) それぞれ答弁いただきました。

 ここからは継続でお願いいたします。

 大型公共事業の件に関しましては、いずれも事業主体が県でありますから、先ほどの答弁は県の関係機関からの聞き取りであると思いますけれど、そういう認識でよろしいでしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 建設水道部長。



◎建設水道部長(小林伸行君) 今、議員からお話しいただいたとおり、県の事業でございまして、県からお聞きして説明させていただいたものでございます。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) それでは、一般県道豊田中野線、通称壁田笠倉橋についてでございますけれど、事業が計画されました時期と目的、今、説明がありましたのでわかりました。その中で、特に重要な目的があると思いますが、改めてこの目的及びこの道路の果たす役割についてお伺いいたしたいと思っております。よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 建設水道部長。



◎建設水道部長(小林伸行君) まず、一般県道豊田中野線でございますが、この目的につきましては、千曲川により隔てられております豊田地域と中野地域を結ぶということで、重要なものを持っているとお聞きをしておりますし、私どもも認識しております。

 次に、主要地方道飯山妙高高原線につきましても、今、親川地籍の中へ入って斑尾高原等へ行く部分では、安全に対しても大変重要な路線であると認識しております。

 また、一般県道三水中野線につきましても、一部安源寺から北側と申しますか、結んでおります道路につきましても、住戸が連たんしている中、狭いということで、また、交通量も多いという中で改良が必要だと理解しております。

 以上でございます。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 一般県道豊田中野線について絞って質問いたしますけれど、平成18年、今から6年前の6月市議会定例会の一般質問で、山岸國廣議員が中野地域と豊田地域に一体化を進める上で、この路線の開通が最も有効な手段であると発言されております。現在、合併から8年目においても、中野市役所はじめ中心市街地に通じる道路は、上今井橋から安源寺を通るのが主でございます。地域の均衡ある発展のためにも、道路整備を何としても急いでいただきたいわけでございますけれど、その辺をお伺いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 建設水道部長。



◎建設水道部長(小林伸行君) 今、議員からお話のありましたとおり、一般県道豊田中野線につきましては、豊田地域と中野地域を結ぶということで大変重要だと理解しておりまして、ただ、この件につきましては、先ほど市長答弁でもお話したとおり、今、左岸側で発掘調査をやっている段階でございまして、今後、また壁田側についても用地測量、あるいは用地買収、こちらにも埋蔵文化財の包蔵地がございますので、そういうところを含めて取り組んでいきたいとお聞きしておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) この件に関しましては、私も過去2回質問させていただいております。2年前の6月市議会定例会で完成時期の見込みについてお伺いいたしましたところ、おおむね5年以内の完成を目標に事業を進めていると。2年前の平成22年ですから、数えますと平成27年には完成予定とお聞きしております。

 それから、先の6月市議会定例会で同様の質問をいたしましたけれど、計画の見直しが必要であると部長の答弁がございましたけれど、完成時期については言及されておりませんでした。この計画の見直しの必要とは、具体的にはどのようなことを指していられるのかお伺いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 建設水道部長。



◎建設水道部長(小林伸行君) いずれにしましても、今、千曲川の豊田地域で発掘調査を平成25年度まで進めていただいております。そして、今後につきましては、先ほどもお話いたしましたとおり、壁田地籍のほうに用地買収、用地測量、あるいは包蔵地の調査がありまして、このことについて県でも具体的な時期については、まだお示しできないとお聞きしておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 一番の問題は、事業の遅れている原因でありますけれど、先ほどの市長の答弁にもありました、埋蔵文化財の発掘にあると思われますが、現在は千曲川左岸の発掘が盛んに行われております。来年まで実施するということで、平成23年、24年、25年と3年間、埋蔵文化財発掘をしておりまして、本体工事はまだ着手していません。

 加えて、今、部長からも説明がございました千曲川右岸、壁田側は、これから用地買収、それから埋蔵文化財の調査を実施するとのことでございますけれど、去る8月2日に一般県道豊田中野線建設促進期成同盟会総会が、また、8月20日には、中野市北部地域県道整備促進期成同盟会の総会が開かれております。県の担当者から、この道路の説明がありましたけれど、やはり完成時期については示されておりません。それでもと思いまして、総会終了時に担当者に完成時期をお聞きしましたところ、これは公式の意見ではありませんけれど、早くて平成31年とのことでございます。となりますと、今年から数えても、あと8年向こうになります。私が一般質問いたしました2年の間に4年も遅れる見通しでございますけれど、改めて見解をお聞きしたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 建設水道部長。



◎建設水道部長(小林伸行君) 今の平成31年という事業完了については、私どもはお聞きしておりませんので、また、この事業につきましては重要なものでございますので、引き続き期成同盟会等と強く要望してまいりたいということでよろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) この質問の最後になりますけれど、埋蔵文化財発掘の重要性と事業の遅れの関連性を市長の見解としてお伺いしたいわけですけれど、よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 市長。



◎市長(小田切治世君) 先ほどもありましたように、災害時の大事な幹線道路にもなるわけですけれど、埋蔵文化財につきましても柳沢遺跡、姥ヶ沢ビーナス、それぞれ非常に大事なものであると思いますので、十分な調査をしてもらいたいと思っております。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) それでは、主要地方道飯山妙高高原線親川地籍の道路整備でございますけれど、本年は入り口付近の拡張をしていただくことなどで徐々に整備が進んでいるように見えます。先ほどのご答弁では、現道の拡幅と捉えてよろしいのでしょうか、お伺いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 建設水道部長。



◎建設水道部長(小林伸行君) これについては現道の改良でございます。なお、今年度の予定につきましては、親川集落の北側と申しますか、市道斑山線に近いほうを進めてまいりたいとお聞きしております。

 以上でございます。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 今、一番懸念いたしますことは、この春に斑尾高原に向かう主要地方道飯山斑尾新井線が雪解けの土砂崩落のため、現在も通行できない状態になっております。迂回路として主要地方道飯山妙高高原線が使われているわけですけれど、交通量が増えて、また大型バスも通っております。このまま冬になると交通事故の発生が非常に心配されるわけでございますけれど、主要地方道飯山斑尾新井線の復旧状況はいかがでしょうか、お伺いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 建設水道部長。



◎建設水道部長(小林伸行君) 飯山市内で発生しました主要地方道飯山斑尾新井線につきましては、11月末に開通を目指して、今工事を進めておられるとお聞きしておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 次に、一般県道三水中野線についてでございますけれど、現在、上今井橋から栗林の信号間は道路の付け替え作業中です。栗林信号から安源寺間は改良が進んでおりません。先ほどの説明の中では、地元の理解が得られたということですので、これから整備が進んでいくものと思われます。

 先ほどから何回も申し上げておりますけれど、豊田地域から中野市中心市街地を結ぶ重要な道路であります。今までも千曲川の増水により、たびたび冠水し通行できなくなったこともありました。また、通学路としても利用されていますので、上今井橋から安源寺間の早期の完成を強く望むところであります。市としても、強く働きかけをお願いしたいわけでありますけれど、改めてお考えをお聞きしたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 建設水道部長。



◎建設水道部長(小林伸行君) この一般県道三水中野線につきましても、期成同盟会等々を含めて、県に重ねて引き続き要望してまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) では、志賀中野有料道路の無料化につきまして、先ほどは当面は難しいとのご答弁でございました。このことに関しましては、山ノ内町の議員からも早期の無料化を望む声が上がっております。当面は難しいのは理解いたしますけれど、市からも強く働きかけをお願いするものであります。

 現在は、夜の10時から翌朝6時までは無料の時間帯になっておりますが、この時間帯を延長できないものか、あわせて働きかけをお願いしたいわけですけれど、お考えをお聞きいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 建設水道部長。



◎建設水道部長(小林伸行君) 志賀中野有料道路の無料化につきましては、平成36年度まで長野県道路公社の関係で無料化はできないと県からもお聞きしております。また、この中で、時間を変えることにつきましても難しいものと理解しておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) では、続きまして、一般県道中野飯山線バイパスの柳沢から田上間につきましてお伺いいたします。

 この件につきましては、この議会の開会のあいさつの中で市長も言及されておりますけれど、先日、一般県道中野飯山線バイパス整備促進対策委員会の事業説明がありました。この席で、担当者から平成26年春開業予定の飯山駅の開業には間に合わないとのことでしたけれど、去る6月市議会定例会で、経済部長が新幹線効果を最大限に生かすには、第3次輸送道路の確保が重要であると答弁されておりますけれど、やはり早期の整備ができますよう働きかけをお願いしたいわけでございますけれど、お考えをよろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 建設水道部長。



◎建設水道部長(小林伸行君) この一般県道中野飯山線につきましても、柳沢から田上間につきまして、最適な案が決められたということで、これから事業着手に向けて進められると。道路の延長が約1,800メートルでございますので、事業の完了の期間についても、具体的には県からお聞きしてございませんが、これにつきましても、強く期成同盟会等々含めて要望してまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) よろしくお願いいたします。

 それでは、次の項目、悪臭が漂う環境問題について継続で質問させていただきます。

 この件は昨年の9月市議会定例会で取り上げました。県と市で動いていただき、発生源と思われる畜舎に立入調査され、設備面の不備があったことなどから改善の指導がされ、今年の3月末に完成との報告を受けておりましたが、改善工事が予定どおり進まないため3カ月ほど完成が遅れるとのことでした。6月に入り、気温の上昇とともに、また、今年も悪臭がするとの情報です。がく然としましたけれど、7月の完成まで待とうということになり、ようやく7月12日に豊津地区の住民10数名で現地確認を実施いたしました。結果は意外なものでした。住民が現地に出向いた12日前に施設の改善が終了した時点で、県と市で確認に行かれたのか、お伺いいたします。

 また、あわせて誰が行かれたのかお伺いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) くらしと文化部長。



◎くらしと文化部長(竹内羊一君) お答えします。

 現地に視察に行ったかとのご質問でございますけれど、私、それから環境課長、それから担当者が視察に行っております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで10分間休憩いたします。

 (休憩)(午後0時11分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午後0時22分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 先ほど部長の答弁の中で、部長が自ら現地確認に出向かれたというご答弁でございました。当然、改善計画書を出してあるわけですから、それに基づいて、これで良いですと認められたわけですけれど、お伺いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) くらしと文化部長。



◎くらしと文化部長(竹内羊一君) お答えいたします。

 議員おっしゃるとおり、事業者から提出されておりました改善計画書に沿って確認してまいりまして、それぞれ指摘のあった箇所につきましては改善なされておりました。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 先ほど12日に見に行った時に意外だったと申しましたけれど、それは、やはり昨年とほとんど状況が変わっていなかったということです。確かに畜舎から直接ふん尿の垂れ流しは改善されていましたけれど、畜舎の周りには土側溝のまま、大雨が降れば直接千曲川に流れ込みます。その辺の改善指導はされたのでしょうか、お伺いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) くらしと文化部長。



◎くらしと文化部長(竹内羊一君) 県の改善命令につきましては、水質汚濁防止法に基づくものでございまして、その指摘の範囲で改善されていることを確認してまいりました。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) このことに関しては、住民の皆さんも大変期待されていたわけですけれど、意外な結果だったものですから、多少皆さん感情的になる場面もありました。施設の管理者の発した言葉が、これまた意外なものでして、皆さんのところでにおっているにおいは、こことは関係がないのではないですかと。また、豚がにおうのは当たり前ですと。こういう認識である以上、やはり発生源の特定が急務かと思われます。一般質問通告の際の職員の聞き取りの際、このことを申し上げましたが、発生源の特定は非常に難しいとのことでございましたけれど、見解をお聞きしたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) くらしと文化部長。



◎くらしと文化部長(竹内羊一君) 先ほど市長が答弁申し上げましたように、においにつきましては、複合臭でございまして、非常に特定することが難しいと考えております。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 実は、このにおいの問題につきましては、今、須坂市も取り組んでおりまして、須坂市にお聞きしましたところ、まず、においセンサーを導入しながら、ある程度発生源を特定し、それに基づいて専門業者にお願いして特定していくのだとおっしゃっておられました。ですから、やはり発生源を特定しないことには、この問題の解決は難しいと思います。7月17日に替佐区の正副区長とともに高嶋副市長に現状の報告をいたしました。早速動いていただき、職員にもご負担をお掛けしておりますけれど、結果は思わしくありません。今年の夏は特に猛暑で、窓をあけられないなど大変ご苦労されたとお聞きしました。間もなく夏も終わり涼しくなります。来年も繰り返さないようお願いするわけですけれど、今後の取り組みについてお伺いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) くらしと文化部長。



◎くらしと文化部長(竹内羊一君) 先ほども申し上げましたように、悪臭の除去に向けた対応を一生懸命させていただきたいと思っています。今回、測定を行いました事業者におかれましては、真摯な対応をしていただいておりまして、小まめな清掃や敷料の改善、また、し尿に微生物を入れたり、あるいは堆肥の場所を風通しの良いところから通らないところへ移していただくなど、これから順次進めていただくことになっておりますので、よろしくお願いしたいと思っております。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 地域住民の話によれば、営業妨害する気はないのだと。しかし、においは消してほしいということもございますので、よろしくお願いいたします。

 続きまして、不法投棄の問題に移りますけれど、不法投棄が後を絶ちません。ごみを捨ててはいけませんと、至るところに看板が立っておりますけれど、やはり減らすには看板設置や、また監視パトロールが不可欠と思いますけれど、捨てるのは夜だと思います。

 その一例を申し上げますけれど、上今井区で可燃物のごみを、今は市販をされていない昔のごみ袋に入れ、道路の真ん中、あるいは道の端に1個か2個放置していきます。朝になってあたりにごみが散乱しています。これはもう5年、6年前から続いておりますけれど、愉快犯と思われます。そのたびに支所の職員がそのごみの回収に当たっています。中身を分析しますけれど、全くわかりません。これだけ科学が進んでいる時代です。また、地元の駐在の警察官も協力してくれますが、何とか不法投棄者を突きとめる方法がないものかお伺いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) くらしと文化部長。



◎くらしと文化部長(竹内羊一君) 今、議員が状況をお話しになられたとおりでございまして、推測するには特定な方だろうと思います。我々も早朝、あるいは夜間パトロールしておりますけれど、なかなかその現場を押さえることができませんが、これからも抑制も含めて、そうした活動をしてまいりたいと考えておりますので、お願いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) やはり、この不法投棄防止には住民の協力も不可欠であると思います。私どももいろいろな面で、また協力していきたいと思っております。

 続きまして、大地震発生時の市の対応についての質問に移ります。

 7月10日午後12時48分に長野県北部を中心とする地震が発生しました。震源は中野市と木島平村の境界付近で、中野市は震度5弱を観測、10秒ほどでしたが大きな縦揺れでありました。家の中が、がたがたかなり音を立てて揺れました。最近では多く地震が発生しておりますけれど、まさか中野市が震源地とは余計に怖いものがあります。

 市の地震発生時の対応でございますけれど、先ほどの答弁で、午後1時30分に災害対策本部を立ち上げたとありますけれど、地震発生が午後0時48分でありますから、この約50分間の間、職員はどのように動いておられるのかお伺いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) 午後0時48分に地震が発生しました。それに基づきまして、急きょ部長会議を招集して午後1時半に部長会を開き、即座に災害対策本部を設置したということでございます。

 また、その間におきましては、各部等におきまして、それぞれ防災計画に定められております初動体制に移っております。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 部長会議を開いているということでございますけれど、その間は職員は一切動いていないという見解でよろしいでしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) 動いていないということではありません。先ほど申しましたように、地震直後からそれぞれの部署で調査、あるいは対応に入っております。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 実は、私どもの地域でも市の職員、真剣で情報収集に当たっていただきまして、住民の皆さんから非常に感謝されているところであります。先日の防災訓練の時に、飯山市の職員も参加されておりましたけれど、どういう立場で参加されておられるのかお伺いしたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) 地震等の大規模な災害の場合には、それぞれ市町村の応援協定というものがございます。この中野市を含む北信地域の場合には、中野市が代表市になっております。したがいまして、北信地域のどの地域でも大きな地震、大きな災害があった場合には、中野市がまずそこへ先遣隊を派遣して状況を把握し、周辺市町村としてどのような対応ができるのかを調査し、対応するようなシステムになっております。

 先般の中野市における防災訓練におきましては、まさに中野市において地震が発生したという想定でございますので、順位2番の飯山市から来ていただいたということでございます。

 なお、同じ9月1日に飯山市でも防災訓練が行われましたけれど、そちらへは中野市から職員を先遣隊として派遣しているということでございます。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 先ほどのご答弁の中で、危機管理部門の見直しということに触れられておりましたけれど、現在、防災担当の職員は何人おられるのかお伺いをいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) 防災担当につきましては、課は庶務課で担当しております。係は防災係でございます。係長が1名、それから、防災係が1名でございます。ただ、いざ有事の際には庶務課全体でまず対応する、それから、より大きな災害の場合は、全庁で対応することになっております。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 今、危機管理部門の見直しということで、これだけ災害が頻発しております。また、先日の新聞でもありましたけれど、南海トラフを中心とした大地震も想定されるということでございます。これからは防災ということが非常に重要になってくるとは思うのですけれど、今の防災係を防災課に格上げすることを提言いたしますけれど、お考えはいかがでしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) 災害対応につきましては大変重要なことですし、特に、事前の防災、減災、予防、あるいはいざ災害の場合の危機管理の対応、そういったものについては強化することが大変重要と考えております。

 先ほど市長からもご答弁申し上げましたけれど、こうした危機管理、防災部門の見直し強化について、今後検討してまいりたいと思っております。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) それでは、独り暮らしの高齢者の安否確認の問題に移りたいと思います。

 被害が集中した地域に限り、民生委員に安否の確認を依頼されたとありました。また、同時に、さまざまな課題も確認されたと答弁されておりましたけれど、このさまざまな課題ということでございますけれど、どのようなことを言われているのかお伺いしたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(渡辺重雄君) お答え申し上げます。

 今回は、ご答弁申し上げましたように、初めて民生委員を通じまして、集中した地域の皆さんの安否を直接確認させていただきました。そうした中で、初のことでございましたので、さまざまな課題があるというようなことで、これから検討させていただきたいわけでございます。平常時から民生委員には、該当の世帯の皆さんの生活実態の把握等々に努めていただいておるわけでございますが、それの延長として、どのような災害の際に、どのような方法で確認していくのか、より具体的には、お話の中にもありました電話をかけて確認させていただきましたが、なかなか固定電話で直接的にはお留守であったり、通じなかったケース、目の当たりに体験させていただきました。早速、7月の民生委員の理事会に諮りまして、携帯電話の把握をさせていただくことで意見一致させていただき、現在把握させていただいているなど、今後もよりよい、より迅速な把握に努めてまいりたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) 各地域にはそれぞれ民生委員がおられまして、こういう災害時には独り暮らしの高齢者の安否確認をされているわけですけれど、今おっしゃられたとおり、携帯電話を登録していただくなどして、皆さんと連動した対応システムをしっかり構築していただきたいと提言いたしますけれど、よろしくお願いいたします。

 それから、各避難施設の安全確保についてですけれど、耐震基準を満たしていないと思われる建物が47棟あるということでございます。先ほども申しました、近い将来、南海トラフ地震など大規模地震が起こるとも報道されております。このことに関して、区長は大変苦労されておられるわけでございますけれど、市としても、市の耐震補強とか新築に関する予算の策をよろしくお願いしたいと思います。

 それから、市が配布いたしました防災ガイドブックの中に避難所が明記されております。この中には耐震基準を満たしていないもの、それから、床上浸水、土砂災害の危険性のあるものなどが含まれております。この避難所はどういうものなのか、住民にわかりやすいように掲示板に掲示することを提言いたしますけれど、お考えをお伺いいたします。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) 各公会堂に避難所とわかるような看板をというご質問でございますけれど、今地域防災計画の見直し作業を行っておりますけれど、あわせまして避難施設の見直しについても行っております。そんなことで本年度、それぞれの地区にお伺いして、説明会等を行ってきておりますが、その際に、各区の公民館が引き続き避難施設に指定されていく場合には、それとわかるような看板について付けていきたいという意向を各区にお伺いしております。地域防災計画の見直しとあわせまして、希望される区については、その使用等を定めまして設置していくような協議をしてまいりたいと思っております。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) やはり地域住民に避難施設をはっきり知らしめることが、まず重要なものだと思います。それから、この施設は一時避難所であって、最終的な避難所ではありませんということもしっかり明示していただければと思っております。

 続きまして、大震災の対応について質問いたします。

 先ほども最初の質問で言いました、東北の気仙沼市に行政視察をしてまいりました。その際、気仙沼市の職員の皆さんとお話しする中で、気仙沼市には大きな課題が幾つもあるということで私たちに話されておりました。まず、大震災で、また大津波で、水産加工場がなくなってしまった関係で働く場所が全くない、特に女性がいないということで、これに伴い人口が減ってしまったと。働く場の確保と津波被害を避けるため、この気仙沼市を離れる人が非常に多いのだということもおっしゃっておられました。

 また、3番目として職員の不足、今まで行政改革とか行政のスリム化ということで職員を減らしてきたと。そこに震災が起こったものですから、今、震災からの復興に取り組んでいるわけですけれど、職員が絶対的に足りないと、そんなこともおっしゃっておられました。

 それから、気仙沼市は街全体が大きく76センチメートルも地盤沈下してしまったということで、これから復興に向けて商業地域は1メートル80センチメートル以上の盛り土をするのだと。それから、住居地域は3メートル50センチメートルから5メートルの盛り土をして、そこに新たな施設をつくっていくのだと、そんなこともおっしゃっておりました。

 しかし、これでは昨年の大津波は防げないということで、海沿いに7.2メートルの防潮堤を建設するということも言っておられました。

 今述べましたことはほんの一例にすぎませんけれど、前段でも申し上げましたけれど、もとに戻るには長い時間と多額の費用がかかります。国は真剣に復興に取り組んではおります。そこで最後の質問でありますけれど、中野市において大きな災害が発生した場合には、現在の職員数で対応できるのかお伺いしたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 総務部長。



◎総務部長(田中重雄君) 市において、大きな災害が起きた場合の職員数の関係でございますけれど、これは今回の東日本大震災や栄村での震災でも見られますように、その被災地となった場合には、職員は何人いても足りないという事態が予想されます。そんなことでございますので、事前の災害の予防、それから、減災の対応、そういったものも大変必要になるのではないかと思っております。



○議長(竹内卯太郎君) 3番 松野繁男議員。



◆3番(松野繁男君) それでは、シートベルトの義務化の検討の問題でございますけれど、今までは装着するとかえって危険が生じるという懸念から除外されていました。しかし、園児送迎用のバス事故が全国で多発したことから、国土交通省は幼児の安全確保にはシートベルトが最も効果的とし、義務化の検討に入ったものでございます。現在、市が運営する保育園バスは8台とお聞きしておりますけれど、現行のバスに取り付けるのは難しいのではないかと、聞き取りの際、そんなお話もお聞きしたわけですけれど、決定した時にはどんな対応をお考えかお尋ねしまして、質問を終わります。



○議長(竹内卯太郎君) 子ども部長。



◎子ども部長(塚田栄一君) お答え申し上げます。

 義務化につきましては、議員おっしゃるとおり、専門有識者会議の中で3月までに結論を出すということでございます。ただ、その中でどのようなものをバスに装着するのかということが、まだ表に出てきておりません。ですので、そういうものを注視しながら研究していきたいと考えております。よろしくお願いします。



○議長(竹内卯太郎君) 次に進みます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで暫時休憩いたします。

 (休憩)(午後0時45分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午後0時46分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 順位2番 「人・農地プラン」について、小田切市政の4年間と今後について、8番 佐藤恒夫議員。

     (8番 佐藤恒夫君登壇)



◆8番(佐藤恒夫君) 8番 佐藤恒夫でございます。

 通告に基づきまして、順次質問いたします。

 はじめに、「人・農地プラン」についてお尋ねいたします。

 この問題については、去る6月市議会定例会において、同僚の永沢議員からも取り上げられておりますが、私なりの観点からお尋ねいたします。

 国、農林水産省では、実質的には本年度から地域の農業に関して「人・農地プラン」の作成を推進してきております。中野市における取り組みといたしましても、8月下旬から9月中旬にかけて、JA中野市の事業所単位、また、豊田地域につきましては、JA北信州みゆき南部支所でありますが、10カ所において、この「人・農地プラン」についての地区懇談会が開催されています。

 私は、この地区懇談会に先立って7月中旬に開催されました日野地区農業再生協議会において、初めてこのプランについての話を伺いました。その際の資料によりますと、「人・農地プラン」とは、農業が厳しい状況に直面している中で、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる人と農地の問題を一体的に解決していく必要があるとして、それぞれの集落、地域において、これから農業を牽引していく経営体は誰か、その経営体に農地をどのように集積していくかなど、今後の地域農業について農業者等で話し合いを行い、集落、地域が抱える人と農地の問題を解決するための未来の設計図となるものと説明されていました。

 会議の中で説明を受け、実際の日野地区における「人・農地プラン」のたたき台となる原案を拝見いたしましたが、私には、この「人・農地プラン」は今の中野市の地域農業の現状にはどうもうまく合致していないのではないか、そのように思えてなりません。

 それは、中野市の農業の現状が、キノコ及び果樹が中心となっていることに起因しているのではないかと思われますが、農業者が国から一定の財政的な支援を受けるためには、「人・農地プラン」に記載されていないといけないという制約もあるようですので、やはり市とすれば、中野市農業の現状には合致しない面もあるが、財政的な支援を希望する農業者がいる限りにおいては、「人・農地プラン」の作成を進めていくことが求められている、それが現状ではないかと私は思っています。

 もし、そうだとすれば、そういった市の現状にはうまく合致しない、ある意味で窮屈なプラン作成の状況を解消して、国の制度に乗りつつも、市独自の要素を加味したオリジナルな「人・農地プラン」を作成していくことが、中野市農業を将来に向けて持続可能な力強いものとする、その大きな原動力になるのではないかと私は考えます。

 そこで、改めてお尋ねいたします。

 1点目は、国が推進している「人・農地プラン」は、そもそもどのような状態にある農業地域をターゲットに想定し、どのような目的、方向性を目指しているものなのか。

 2点目は、この「人・農地プラン」の作成は、中野市の農業の現状に合致していて、国が説明しているように本当に未来の設計図になり得るものであるのか、所見を伺いたい。

 3点目は、これまでの地域懇談会を通じて、市内の農業者の反応はどうなのか、前向きなのか、あるいは関心が薄いのか、その点を市としてどのように受けとめていて、今後に向けてどのように取り組みを進めていく考えなのか。

 4点目は、この「人・農地プラン」は国が制度設計したもので、原則的には市も地域プラン作成に当たり、国の様式を踏襲されていると思うが、中野市の現状に合うよう独自に改良を加えるなどして、真に中野市農業の「未来の設計図」となり得るオリジナルな「中野市人・農地プラン」を作成していく、そのような積極的な取り組みを期待したいが、この点についてどう考えるか。

 5点目は、新規就農者や遊休荒廃農地の利用者、認定農業者に対する市の単独事業としての財政支援策について、現状と実績はどうなっているのか。また、農業者の側からは新たなニーズもあると思うが、制度拡充等将来的な見通しについてはどのように考えているか。

 6点目は、「人・農地プラン」は農地にかかわる課題解決を目指すものであることから、中野市農業委員会として、この「人・農地プラン」に対して期待をしている点、また、中野市農業委員会としての独自の取り組みの必要性や可能性などについてご所見をお伺いしたい。

 2番目の項目として、小田切市政の4年間と今後について、総括的にお尋ねいたします。

 小田切市長は間もなく1期目の任期を満了いたします。7日の新聞記事を拝見いたしますと、市長は、公人が出るとか出ないとか、そんなに早く言うべきことではないとして、いまだに態度を明らかにしておりません。しかし、市長選の告示日まであとちょうど2カ月と迫っていることも事実であります。

 4年前の前回選は青木前市長の急逝という極めて特異な状況下で、ぎりぎりまで態度表明される人が出ませんでしたが、今の小田切市長は何といっても現職であります。一般に首長と議会は地方自治の車の両輪といわれます。どちらも一定の方向にうまく回ってこそ地方自治は前に進むわけです。少なくともこの4年間、例えば旧中野高校校舎の跡利用問題や、市民会館の耐震改修のように、是は是、非は非と緊張する場面もございましたが、市長と市議会は一定の信頼関係を築けてきていると私は思っています。

 さらに、今議会は、言うまでもなく小田切市長にとりましては1期目最後の市議会であります。すなわち、車の両輪であり一定の信頼関係もあり、任期中最後の議会に臨んで、現職の小田切市長とすれば、この9月市議会定例会において自身の進退、態度を明確に表明する。もっと言えば表明すべき最もふさわしい場を迎えていると私は思っています。

 そこで、質問いたします。

 1点目として、市長はこの4年間を振り返って、まず率直に今どのような感想を持たれておられるでしょうか。市長ご自身としての自己評価も含めてお聞かせ願いたいと思います。

 2点目は、財政運営についてお尋ねいたします。

 私なりに市の決算状況をざっくりと分析すれば、この4年間は借金、すなわち起債を増やさず、歳出を抑制して貯金、すなわち基金残高を増やすという極めて堅い、堅実な財政運営の姿勢であったと思っております。

 市長は、市民生活に直結する事業を重点的に実施してきていると述べておられますが、具体的にはどのような分野、どのような事業に重点的な財源配分をしてこられたのか、また、その結果の評価と浮かんできた課題点なども含めてご答弁いただきたいと思います。

 3点目は、市政と市民との距離感についてであります。

 市長は、この4年間を振り返って市政と市民の距離感について、言いかえれば市長と市民の距離感について、どのように感じておられるでしょうか。市長ご自身の感想で結構ですから、お聞かせいただきたいと思います。

 4点目ですが、この項目の冒頭でも申し上げましたとおり、次期に向けての具体的な思いについて、政策的な豊富、リードしていく方向性、将来の中野市像への夢などといった面も含めて、現在の小田切市長の思いをお聞かせいただきたい。

 以上、明確なご答弁をお願い申し上げまして、最初の質問を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) ここで昼食のため、午後2時まで休憩いたします。

 (休憩)(午後0時56分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午後2時01分)



○議長(竹内卯太郎君) 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 市長。

     (市長 小田切治世君登壇)



◎市長(小田切治世君) 佐藤議員のご質問に対してお答えいたします。

 まず、「人・農地プラン」について。

 目的、方向性等につきましては、国は、全国的に農業従事者の高齢化、後継者不足、農地の遊休化が深刻な課題となっている中、地域農業を担う経営体の確保や農地の集積を進め、持続可能な農業を目指すこととして、「人・農地プラン」の作成を積極的に推進していくこととしております。

 「将来の設計図」となり得るか、すなわち、農地の集積ができるかにつきましては、本市は、果樹等の栽培が盛んな地域で、農地の流動化が進みにくい農地形態・農業構造であり、規模拡大や農地の利用集積は容易ではないと考えております。

 8月下旬から開催している懇談会には、どの地区も参加者は少ない状況のため、さらなる制度のPRを行うとともに、できるだけ多くの方に「地域の中心となる経営体」となっていただくため、再度、意向調査を行う予定としております。

 オリジナルなプランの作成につきましては、国は、各市町村に対して、できるだけ早くプランを作成するよう指導していることから、改定に際しては、本市の特徴を生かしたプランづくりを検討してまいりたいと考えております。

 新規就農者等に対する市単独事業の財政支援策の現状と実績等につきましては、経済部長から答弁させます。

 次に、小田切市政の4年間と今後について。

 これまでの4年間を振り返っての感想と自己評価についてでありますが、生まれ育ったこの中野市を、よりよい形で次世代に継承していきたいとの思いから市長になり、自らその実現に取り組めることに対し、日々やりがいを感じながら業務にまい進してきたところであります。

 市政運営に当たっては、市民生活優先を基本とし、本市に有益な政策は何かを常に考え、着実に実行することに努めてまいりました。

 この間、リーマンショックや東日本大震災といった100年に一度と言われるような、また、1000年に一度と言われるような未曾有の経済危機や災害が発生したことから、歳入の減少など、本市にもさまざまな影響がありました。

 このような困難な時代の中で、社会経済情勢の急激な変化に対応するため、施策の見直しを余儀なくされたこともありましたが、旧中野平中学校跡地への特別養護老人ホームの誘致による入所待機者の解消、北信総合病院の再構築への対応、西条グラウンドの利活用、企業誘致による雇用の確保など、懸案となっていた事業については、ほぼ完了、あるいは今後の道筋をつけることができました。

 評価は市民の皆様がされるものであると考えておりますが、一定の評価をいただけるのではないかと考えております。

 財政運営につきましては、基金を確保しつつ、市債残高の縮減に努め、健全化を図ってきたところであります。

 その中にあっても、幹線道路の整備、多目的サッカー場の建設、保育所整備の着手など大型事業や、地域の声を反映した道路補修や水路改修を、よりきめ細かに実施するなど、安全で安心なまちづくりを目指し、ソフト事業・ハード事業、あらゆる分野で市民生活に直結する事業に財源を配分し、地域に密着した事業を実施してまいりました。

 重点的に実施してきた分野は、「医療」「福祉」「子育て」であり、具体例としては、電話医療相談所の開設、保育料の軽減対象範囲の拡大、子どもの医療費負担軽減などであります。こうした施策により、市民の皆様にも、その成果を実感いただけているのではないかと考えております。

 浮かんできた課題点といたしましては、今後予定している公共施設整備等を実施しながらも、市民ニーズを的確に捉え、市民生活に直結する事業をいかに維持あるいは拡大していくかであると考えております。

 市政と市民との距離感などにつきましては、市政に関心を持っていただくという意味では、近いことが望ましいと考えますが、政策判断をする上では、適度な距離感を保つことが大切であると考えております。

 次期に向けての抱負などについてでありますが、現在は、目の前のやるべきことに集中しているところであり、申し上げることはございません。引き続き熟慮を重ね、適切な時期に判断してまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(竹内卯太郎君) 農業委員会長。

     (農業委員会長 高橋幸造君登壇)



◎農業委員会長(高橋幸造君) 「人・農地プラン」についてのうち、農業委員として期待する点、また、独自の取り組みや必要性や可能性についての質問にお答えいたします。

 「人・農地プラン」は、我々農業委員会系統組織が取り組んでいる「地域の農地と担い手を守り生かす運動」を具体化するものであり、農業委員が積極的に参画していくための取り組みでもあることから、大いに期待するものであります。

 例年8月から11月までを全国統一の「農地パトロール月間」とし、農地の利用状況等を確認することとしておりますが、当委員会では、さらに8月、9月の2カ月間を「農地パトロール強調月間」と位置付け、農地の利用状況等の確認を行い、その結果をもとに遊休農地所有者に対する指導等の取り組みを徹底し、遊休農地解消に取り組んでいるところであります。

 いずれにしても、市とJAなどと連携して、「人・農地プラン」の作成、推進への積極的な関与を通じて、地域農業が抱える人と農地の問題解決に全力で取り組んでまいりたいと考えております。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。

     (経済部長 小林俊幸君登壇)



◎経済部長(小林俊幸君) 新規就農者等に対する市単独事業の財政支援策の現状と実績等につきまして、市長答弁に補足してお答え申し上げます。

 新規就農者に対する支援につきましては、今年度から制度改正を行い、原則45歳以下の農家子弟の方を対象に、就農前に、または一時就農を中断し、先進農家、農業研究機関等で研修を受ける場合は、最長2年間、年間48万円を、新たに家族経営協定を締結し、経営に参画する場合は、最長3年間、年間60万円の補助金を交付することとしております。

 制度改正前の昨年度の実績につきましては、研修を受ける5人の方に、合計240万円を交付しております。

 遊休荒廃農地対策への支援につきましては、1年以上耕作していない農地に作付けする場合、その必要な経費に対し補助率10分の10以内で補助金を交付することとしております。

 なお、1年目は10アール当たり3万6,000円を、2年目と3年目は10アール当たり1万8,000円を補助金の上限としております。

 昨年度の実績につきましては、個人と団体を合わせ36組の方々に、合計581万6,000円を交付しております。

 認定農業者への支援につきましては、農業生産等新技術確立事業として、新品目、新作型、新技術等を確立するための経費に対し2分の1以内で、補助金を交付することとしております。なお、補助金は上限を50万円としております。昨年度の実績につきましては、1件30万円を交付しております。

 また、農地効率利用奨励補助金も認定農業者には補助金を上乗せして交付しているところであり、昨年度は28人の認定農業者に対し、合計166万2,000円余を交付しております。

 市単独事業の拡充につきましては、懇談会での意見などを踏まえ、検討したいと考えております。

 以上でございます。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) それぞれご答弁ありがとうございました。

 継続でお願いいたします。

 最初に、「人・農地プラン」についてであります。

 ただいま、ご説明いただきましたが、私は、この「人・農地プラン」というのが一体何なのか、何のためにつくるのかという部分について、そういうそもそもの部分について、地域の農業者の皆さんに十分理解なされていないのではないか。私も説明会に出ましたけれど、何かいまいちピンとこないという感じで聞いておりました。懇談会、これまで何カ所かやられておりますけれど、市ご当局はどのようにお感じになっていらっしゃるでしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。



◎経済部長(小林俊幸君) 制度のそもそもというところでございますけれど、私どもも、まだ国の制度として感じているところは、国も、ある意味、走りながらきめ細かな点は決めていらっしゃるのではないかと、そう思っておりますから、なかなか地域の農業者の方々に制度自体が浸透しているというところにはないと認識しております。ある意味、地域農業のあり方というような「人・農地プラン」につきましては、別の名称を申し上げますと、「地域農業マスタープラン」ともいう話になっておりますから、非常にある意味、大きな課題でございます。

 そういったところで、私どもの中野市の農業につきましては、いわゆる個々の皆さん、あるいは、特定の皆さんの集まりで頑張ってこられたところであります。そういう意味では、話が非常に大きいという部分で、まだまだ理解を得られない部分があるのではないかと認識しております。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) ただいまのご答弁ですと、国も走りながらやっているのではないかというお話ですが、例えば、青年就農給付金の関係で申し上げると、もう既に中野市の場合、4名ですか、締め切られていると思うのですが、そもそもこの「人・農地プラン」に記載されていなければ、青年就農給付金は受けられないはずであります。今現在、「人・農地プラン」はできておりません。にもかかわらず、7月25日の段階で締め切って国へ上げているということは、どうご説明されるのでしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。



◎経済部長(小林俊幸君) この青年就農給付金をご利用いただける方々につきましては、今、議員がおっしゃられたように、この「人・農地プラン」に記載が必要、掲載が必要でございます。ただ、この「人・農地プラン」につきましては、今が完璧である必要はないわけでありまして、新たに該当される方が出ておいでになられれば、また、改めて地域地域でご検討いただいて、中心の経営体と位置付けていただければ該当になるということでございます。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) そうしますと、既に4名、もう書類が締め切られていて提出されているということですけれど、それは「人・農地プラン」にもう載っかっているという認識で良いのですか。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。



◎経済部長(小林俊幸君) 「人・農地プラン」につきましては、正式決定はこれからでございますけれど、既にその4名、実は、ご夫婦が2組いらっしゃいますから、4組6名ということになるのですけれど、その方々はプランに載ると認識しております。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) そうしますと、「人・農地プラン」、そもそもは国も走りながらということで、今年のたしか2月ぐらいに要綱が決まって動き出した制度だと思いますから、まだ完璧ではないと思いますし、これからも修正が加えられるというお話でございますけれど、それにもかかわらず、既に青年就農給付金については動き出してしまっている。つまり、言ってみれば青年就農給付金を出しますよということで、新たに新規就農者を動機付けというか、募るというか、そのために「人・農地プラン」があると逆に取れてしまうのですけれど、そんなことはないですか。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。



◎経済部長(小林俊幸君) どうしても先に支援策が話題になることは否めない実態でございます。国もそういった部分があると認識しているようでございますけれど、基本的には、まず地域農業のあり方というのが本来前提であるわけでありまして、その支援策というのが、今、後からついてくるというのは議員おっしゃられるとおりなのですが、現状の中では、まず、支援を受けられる方はどうしてもそちらに目が向いてしまうという実態もございますし、私どもとすれば、ご利用いただける方には、可能な限りいろいろな方策を考えながら、利用していただきたいという姿勢でおります。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) 何となく国の財政支援でつっているみたいなイメージが、どうしても先に立ってしまうのですけれど、例えば、今回の「人・農地プラン」の作成に関して、国の財政支援というのは、メニューとすれば、今申しました青年就農給付金、それから、いわゆる農地集積協力金と言うのでしょうか、経営転換協力金とか分散錯誤解消協力金と言われているものがございますし、また、いわゆるスーパーL資金というものの融資について無利子化を図っていく。言ってみればそういうあめの部分と申しますか、財政支援があるわけですけれど、こういったものに対して、青年就農給付金は先ほど4名、夫婦もいますから6名というお話ですが、例えば農地集積協力金とかスーパーL資金とか、市内にこういった財政支援に対するニーズは、かなりあるものなのでしょうか、どの程度あるものなのか。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。



◎経済部長(小林俊幸君) 今年度のご要望の中では農地集積協力金についてはございません。スーパーL資金については、1名の方から現在、書類をいただいているところでございます。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) 制度が動き出したばかりですから何とも言えないですけれど、今後こういった農地集積協力金とかスーパーL資金とか、そういったもののニーズは増えてくる傾向にあるとお考えでしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。



◎経済部長(小林俊幸君) スーパーL資金は、従来から制度としてあったわけでございます。さらに、この「人・農地プラン」に掲載されれば、さらに有利な条件になるということですから、今後どんどん出てくるかということになると、既にあった制度ですから、そう多くはないだろうと思っています。

 それから、農地集積協力金ですけれど、先ほど来お話があるように、中野市の農業形態というのは、農地の利用集積というのはなかなか進みにくいところではあることは認識しておりますけれど、今後、やはり農業をリタイアされる方もある程度増えてくるのではないかという側面を考えれば、この農地集積協力金が利用される方が出てくるということは、私どもも想定しております。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) 先ほどご答弁の中で、いわゆる「人・農地プラン」の改定版ができてくるというお話が、ご答弁の中であったかと思うのですけれど、これは例えば年1回見直しをするとか、そんな決まりみたいなものがあるのでしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。



◎経済部長(小林俊幸君) 年に何回という具体的な決まりはまだございません。ただ、「人・農地プラン」というのは、地域の皆さんの話し合いによってつくられるものですから、その都度その都度、実情が変わってくれば、そのプランを見直すことは当然あり得るわけですし、それを想定したこの「人・農地プラン」であると国でも説明しております。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) これは先ほどお尋ねしたこととダブるかもしれませんけれど、例えば全国農業新聞を拝見していますと、地域によっては青年就農給付金に絞ってプランづくりしているというところもあるやに伺っております。それが良いのかはよくわかりませんけれど、結局、「人・農地プラン」がなかなか全国普遍的なものではなくて、場所場所によっては全く目的が青年就農給付金に絞られてしまうというところもあるようですから、制度として完璧ではないと言ってしまえばですけれど、なかなかストレートに当てはめることが困難ではないのか。

 だから中野市も農地集積ができにくいことは、先ほどご答弁の中でもございましたし、いわゆる果樹が中心というお話もございましたし、そういった中で考えると、やはり国が言うほど未来の設計図がバラ色のものではないのではないかと私は思うのですけれど、どうなのでしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。



◎経済部長(小林俊幸君) 大変厳しい情勢であるから、将来どうしましょうかというのが、この制度の背景にございます。したがいまして、議員おっしゃるようなバラ色という認識は私ども持っておりません。ただ、一律的なプランの策定、あるいは内容という考え方を持っておりませんから、地域地域でのお話し合いによって、いろいろな方向性がプランの中で示されると思っておりますから、そういったことが地域地域でできていけば、ある意味いい機会であるという認識で今後進めていきたいと思っております。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) 今、地区懇談会が開催されておりまして、非常に参加される方が少ないというお話がご答弁の中でございました。8月末から9月というこの今の時期が適当だったのか。つまり、もっと言えば、早い時期に説明会を開いて、取り組みをスタートするべきではなかったのかという思いもするのですが、その辺についていかがでしょうか。やはり参加者が少ないというのは、もう忙しくて出て来れない、そんなニュアンスも感じられるのですけれど。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。



◎経済部長(小林俊幸君) 今回、この時期に説明会をさせていただいているといいますか、その日程等につきましては、先ほど議員からもおっしゃられましたように、7月に地区の農業再生協議会という会議をさせていただいております。その前段、いわゆる認定農業者の皆さんですとか、意欲ある新規就農者の皆さんにアンケート調査等させていただいています。したがいまして、そういった結果を踏まえて、地区の農業再生協議会などを開催し、そのご意見を踏まえて、市としてプランの原案を、ある意味、たたき台をつくらせていただいて、今回この8月下旬から9月にかけてそれぞれ懇談会をさせていただいていると。

 したがいまして、私どもとすれば、できるだけ早くこの「人・農地プラン」を一つのものにしたいというところで、今回なっているわけでございますし、人の集まりやすい時期かと言われると、そうでなかったかという反省はございます。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) この「人・農地プラン」というのは、これまでのお話を伺っている限りにおいては、いわゆる中野市としての一本のプランではなくて、地域ごとにできるものだと認識しておりますけれど、これというのは最終的には、例えば農林水産省なりに報告するとか、そんな形になるのでしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。



◎経済部長(小林俊幸君) いずれにしても、具体的に、県なり国へはお示しはしますけれど、また、するようになってくるのだと思っていますけれど、こうなっていなくてはいけないとか、こうあるべきだということは、今まで言われておりませんから、やはり地域地域のお話し合いによって、そういう方向が出れば、それがプランであると考えております。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) 将来的に報告がなされていく可能性もあるとは思うのですが、今のお話ですと。例えば地域の懇談会で、先ほど部長がご答弁なられました、市でつくられた原案が示されました。そこには、農業者の個人名、あるいは経営内容、経営規模、将来の計画、財政支援を受けたいかという希望の有無、そういったものが具体的に記載されておりまして、それが集まられた地域農業者の皆さんに配られております。

 その懇談会においても、一部の農業者の皆さんから、こんな発言がありましたけれど、極めて個人情報の性格が高いものであるから、どうなのだというご発言もありました。私も、市でおつくりなった原案を拝見して、これは相当個人情報が入っていると。それが懇談会の場で簡単に示されて、みんなの目の前に出てきている状況だったわけですが、プランに記載されております個人情報の取り扱いについて、これは将来的に国とか県へ行く可能性もあるわけですが、その個人情報の取り扱いについて、市のご見解をお尋ねしたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。



◎経済部長(小林俊幸君) おっしゃられるように、個人情報が掲載されております。ただ、基本的には掲載させていただいているそれぞれの方からご同意をいただいて掲載させていただいておりますし、個人情報としての取り扱いについては、注意をお願いしていく考えでございます。

 ただ、このプランの性格上、地域の中心となる経営体、いわゆる今後、その地域の農業を引っ張っていただく方がどなたなのかを明確にするのも、一つのこのプランの性質としてありますから、どうしてもそういった方々のお名前を載せさせていただくことになろうかと思います。

 また、逆に言えば、それらの中心となる経営体の皆さんに、農地等を将来的には提供するのだというご意思をお持ちの方のお名前等も掲載していくようになるわけでございます。そういったところを、やはり話し合いの中で個人情報でありますけれど、地域の中でそれぞれご認識いただくという意味で、ある意味、個人のお名前が出てくるのは必要なことではないかと思っているところでございます。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) 個人情報について同意をいただいているというお話はございましたけれど、例えば経営形態ですとか、将来の希望だとかも含めて、かなり個人の思い、計画なりが記載されておりますし、逆に言えば、今のお話ですと、あるAさんという方は、近々、もう農業はやめてしまうのだというような情報まで、みんな入ってしまっていると思うので、やはり個人情報の取り扱いという点については、十分な注意、配慮が必要だと、私は改めて申し上げておきたいと思います。

 これまでのご答弁の中にもございましたけれど、「人・農地プラン」というのは、やはり地域における農業者が、自分たちの地域の農業の将来のあり方、方向性、そういったものを話し合っていくという中から生まれてくるものであるとご答弁がございました。まさにそのとおりであって、行政はそういった地域の農業者の皆さんが、自分たちの未来の姿に向けて一歩踏み出すことを、うまくリードしてあげることが大事なのではないかと思います。

 現在の「人・農地プラン」の様式というのは、先ほども私は言いましたけれど、これは多分、地域の農業、あるいは農地の実態というものを余りよく知らない農林水産省の役人が、自分たちの財政的な支援をうまく絡めてつくり上げたものであって、例えば中山間地が多い地域だとか、稲作がメーンでない地域だとか、場所場所によっては窮屈でこんなものは当てはまらないのだと、私はそう思っています。

 中野市にも、これは恐らく当てはまらないと、この様式のままでは。例えば耕作地の面積というものを、農地の面積というものを考慮せずに申し上げれば、JA中野市の平成23年度の販売実績は、総額で約226億円であります。そのうちキノコが186億円、実に81%を占めている。次いで果樹、これが34億円で15%、お米は7,000万円で0.3%という状況です。これはあくまでもJA中野市の販売実績ですけれど、これが今の中野市の農業の姿だと私は思うのです。

 もう一つ、遊休荒廃農地がどんどん増え続けています。この遊休荒廃農地をいかに解消していくかという部分は、この「人・農地プラン」には当てはまってこないのです。つまり、既に遊休農地化した部分は、「人・農地プラン」に入ってこないのです。これから耕作をやめて、AさんならAさんという中心になる経営者に農地をお貸ししたいという人は出てきますけれど、既に遊休荒廃地化してしまった山際の遊休荒廃農地をどうするかということは「人・農地プラン」には入ってこないのです。だから、そういった意味では、これは何の役にも立たない、遊休荒廃農地対策には。

 むしろ、私はこの「人・農地プラン」の様式でいえば、様式番号で3ですけれど、今後の地域農業のあり方という部分があります。この今後の地域農業のあり方というのは、実は、この様式上はほんのわずかしかスペースがない。でも、私はこの部分がメーンとなって、本来地域でもって「人・農地プラン」をつくっていくべきではないか。この部分をもっと真剣に議論してもらって、そういった地域の話し合いの中で、本当に将来的に意欲のある農業者というものを地域で育てていく、そういったものにしていくべきだと私は思うのです。

 財政支援の問題もございますので、そこの中には国、あるいは市単独でおやりになっている財政支援もありますから、そういったものをある程度織り込んでいく。また、今申しましたけれど、遊休荒廃農地対策は一切入っていませんから、そういったものをどうしていくのかということも盛り込んでいく。あるいは、積極的な6次産業化という話も進められるように織り込んでいく。本当に欲張りかもしれませんけれど、そういった中野市の地域の農業に合った市独自の「人・農地プラン」を地域からつくっていく。それを行政である中野市と農業委員会が後ろから後押ししてあげる。それが農業を基幹産業としている中野市が、国のやり方を追随する国追随型の「人・農地プラン」ではなくて、本来、取り組むべき「中野市人・農地プラン」が中野市の政策ではないかと思うのですけれど、その辺いかがでしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 経済部長。



◎経済部長(小林俊幸君) この「人・農地プラン」の国が示してきた様式だけを見ると、議員のおっしゃられるとおりだと思います。ただ、一番の背景は先ほど来、議員もおっしゃられるように、この地域の農業をどうするのだという地域農業のあり方を、地域のみんなで、いわゆる基幹的、世帯主の方だけではなく、奥さんも含め、あるいはお子さんたちも含めて議論いただくのが、このプランの作成の過程で求められているところでございます。

 したがいまして、内容的にはおっしゃられるように、まず地域農業のあり方というスペースの部分が一番先に来るのだというお話とすれば、ある程度議論とすればそうなるであろうと思っております。

 この「人・農地プラン」につきましては、私ども今、示している国の支援策だけではなく、国もいろいろな支援策をほかに持っておりますし、先ほどご答弁申し上げましたけれど、私ども市も独自の施策を持っております。そういったことをやはり絡め合わせながら、将来の地域の農業をどうしていくのだというところを、このプランに書いていると。それが先ほど申し上げているように、その時点でパーフェクトであるかもしれませんが、少したつと実態が変わってくるわけでありますから、当然、その時その時、またご議論いただいて、新しい形でのプランにしていただけば良いのではないかということで、ある意味、それが私ども独自のプラン、議員のおっしゃられる独自プランなのかと考えておりますから、まずはこの制度を農業者の皆さん、地域の皆さんにご理解いただいて、そこから始まるものだと思っておるところでございますので、そんな方向に向けて、また積極的に取り組んでまいりたいと考えております。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) わかりました。

 ただ、最後にこの問題について一つだけですけれど、やはり地域の話し合いの中からプランづくりをしていくのだという部分を大切に考えるならば、余り積極的に市の側から原案をつくってお示しするやり方はどうかと、私は実は思うのです。それでなければ進んでいかないというのも事実ですし、最前から申しているとおり、国の支援を受けるためには、どうしても先行してつくっていかなければいけない部分もありますから、なかなか難しいのですけれど、本当に地域の話し合いの中から将来を考えていくことにするならば、地域の話し合いの中から出てくるのがプランであって、行政があらかじめアンケートされて、500人の意向調査をやられたということですけれど、意向調査をされて、それをもう織り込んだ原原案みたいなものをつくってお示しをした時点で、既にその地域の話し合いは半分以上終わってしまっているのではないかと私は思うので、むしろ、地域から出てくる意見や考えを重要視、大事なものとしていくのであるとするならば、なるべく市は一歩引いていただいて、後ろから背中を押してあげるという感じが良いのかと私は思うので、そんなことも参考にしてぜひ進めていただきたいと思います。

 それでは、注目の議題というか、質問でございますが、小田切市政の4年間と今後についてでございます。

 私は、壇上でも申し上げましたけれど、今回はいいチャンスだと思うのですけれど、本当に。これほど良いチャンスはないと私は思うのです。やはり、何遍も言っていますけれど、最後の議会ですし、ここでご自身の思いをとうとうと語っていただいたほうが私は良かったと実は思います。

 ただ、まだ、その時期ではないと、もう少し熟慮したいというお話でございますから、逆に、こんな質問したらどうお答えになりますか、出馬されますか、どうですか。



○議長(竹内卯太郎君) 市長。



◎市長(小田切治世君) 先ほどの最初の佐藤議員の壇上での質問を聞いていると、珍しく私も褒められたと、そんな気分がいたしました。

 しかし、この後、まだ何人か同じような質問がありますので、ここでしゃべると、その人たちも困るのではないかと思いまして、熟慮いたしたいと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) 今の答弁は納得できません、それはおかしいです。後から何人もいるから、では、そこでお答えになるのですか、誰の質問にお答えになるのですか。それもう一回言ってください。

 あと何人いると思いますか。青木議員もいますし、深尾議員もいますし、高野議員もいますし。どこでお答えになるのですか。



○議長(竹内卯太郎君) 市長。



◎市長(小田切治世君) 誰の時に言うとか言わないとか、そういうことは言っていないわけでして。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) まだ、私の後に何人もいるからとおっしゃいました。いいです、それ以上言いません。

 それで、ご答弁の中で市民との距離感の問題についてご答弁がありました。近いことが望ましいけれど、政策判断する段階では適当な距離が必要だというご答弁でしたが、一つ医者であられる市長にお尋ねしたいのですけれど、医師と患者の距離感で最も大切なのは一体何でしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 市長。



◎市長(小田切治世君) 相手の環境、それから性格、すべてを把握して、なおかつ距離を持って接すると、それが一番大切です。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) 私は医者ではありませんから、今の市長の答弁をうまく表現できないのですけれど、やはりこの場合の距離感というのは、医者と患者との間の信頼関係でもあると思いますし、その医者と患者が接する時のコミュニケーションの深さという問題もあるかと思いますけれど、多分そういったことだと私は思うのです。

 市長と市民の距離感という問題は、今言ったとおり信頼感とかコミュニケーションの深さと全く同じことが言えると私は思うのです。距離感というのは、一つ、市民との距離感だけではなくて、例えば市の職員と市長の距離感の問題もあります。あるいは、地方自治体ですから、この周辺の近隣市町村との距離感という問題もあります。あるいは、県との距離感もあります、国との距離感もあります。そういったいろんな距離感があって、それぞれの距離感に対して適切に距離感をはかりながら、ある程度近いほうが良いのかという部分もあれば、これはちょっと近からず遠からずが良いのか、これはちょっと一歩引いたほうが良いのかと、そういう微妙なバランスというのが私は市長の判断の中に入ってくると思うのです。

 そういった部分で、上手にバランスをとった距離感で、行政運営をしてほしいと。それは、なぜそう言うかというと、若干、これまで市長の4年間を見ていて、その距離感に対するご判断というか、認識というか、配慮というか、ちょっと足りなかったのではないかと私には思えるのです。私個人的な感想ですけれど。ですから、その点について、上手にバランスとって市政のかじ取りをしてほしいと私は思うのですが、いかがでしょうか。



○議長(竹内卯太郎君) 市長。



◎市長(小田切治世君) 生まれてこの方、何十年もここにいますし、ここで住んで暮らしていますので、距離感というのはそれは一つの言葉の話であって、中野市でこうやっていることには間違いないことですので、その辺を言葉であらわせと言われても、それは難しい問題だと思います。



○議長(竹内卯太郎君) 8番 佐藤恒夫議員。



◆8番(佐藤恒夫君) 私の思いを申し上げます。

 私は、首長、市長というのは、1期4年という限られた時間の中では、政治家として成し得ること、あるいは成したことへの評価は、ある程度限られてしまうのではないかと私は思っています。もちろん、中にはワンポイントリリーフで出て来られる市長も、首長もいらっしゃるでしょうし、次を狙ってワンポイントでステップアップしていく方もいらっしゃるでしょうし、いろいろありますけれど、逆に何期もやっていらっしゃれば、いわゆる多選批判を受けることになります。

 そういった中で、私は首長、市長の職務というのは、よっぽどできが悪い場合はともかくとして、最低やはり2期8年ぐらいのスパンで物事を見て、政策の到達度とか、市民生活の向上の度合いとかを見ていかないと、私はそのリーダーとしての真価を問うことはできないのではないかと私は思っています。

 なぜ、こんなことを申し上げるかというと、もっと積極的に踏み込んだ発言をしてほしかったからなのですけれど。私はそう思っているわけです。それはある意味では、さっき市長はおっしゃいましたけれど、こんなに褒められたことはないとおっしゃいましたけれど、応援しているのです。ただ、車の両輪という市議会の中の一議員でありますから、私はあくまでも市長に対しては是は是、非は非というスタンスでこれまで接してまいりましたし、評価できることは持ち上げて申し上げましたし、市長とは見解が異なる部分については、佐藤議員はそう思うけれど、私はそう思わないとも言われました。

 でも、私は自分なりに資料を整えて、自分の考えを主張して、反論を積極的に展開してきました。こういうやりとりの中で、私は市長に接してきておりますので、それは今後もそうした形で対応していきたいと、是は是、非は非で対応していきたいと思っております。これもエールです。

 最後に一言だけ申し上げますけれど、いろんなことわざが我が国にはあります。もちろん、世界中どこにもありますけれど、ことわざというのは実に深い意味があり、貴重な教え、貴重なアドバイスを我々に与えてくれるものであります。

 小田切市長1期目の最後の議会に当たり、私から一言、医者の不養生と言われないようにご自愛いただいて頑張ってください。終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(竹内卯太郎君) 次に進みます。

 本日の市政一般質問はこの程度にとどめ、残余は明日行います。

 本日はこれにて散会いたします。

 (散会)(午後2時46分)