議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 中野市

平成22年  3月 定例会(第2回) 03月02日−01号




平成22年  3月 定例会(第2回) − 03月02日−01号







平成22年  3月 定例会(第2回)



          平成22年第2回中野市議会定例会会議録

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

中野市告示第14号

平成22年3月2日(火) 中野市役所議場に開く。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成22年3月2日(火) 午前10時開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第1号)

 1 開会

 2 会議録署名議員指名

 3 会期等の決定

 4 議案第1号 中野市合併振興基金の設置、管理及び処分に関する条例案

 5 議案第2号 中野市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例案

 6 議案第3号 中野市福祉会館条例を廃止する条例案

 7 議案第4号 平成21年度中野市一般会計補正予算(第9号)

 8 議案第5号 平成21年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

 9 議案第6号 平成21年度中野市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)

10 議案第7号 平成21年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)

11 議案第8号 平成21年度中野市社会就労センター事業特別会計補正予算(第2号)

12 議案第9号 平成21年度中野市情報通信施設事業特別会計補正予算(第2号)

13 議案第10号 平成21年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

14 議案第11号 平成21年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)

15 議案第12号 平成21年度中野市水道事業会計補正予算(第4号)

16 議案第13号 平成22年度中野市一般会計予算

17 議案第14号 平成22年度中野市国民健康保険事業特別会計予算

18 議案第15号 平成22年度中野市老人保健医療事業特別会計予算

19 議案第16号 平成22年度中野市後期高齢者医療事業特別会計予算

20 議案第17号 平成22年度中野市介護保険事業特別会計予算

21 議案第18号 平成22年度中野市社会就労センター事業特別会計予算

22 議案第19号 平成22年度中野市住宅改修資金貸付事業特別会計予算

23 議案第20号 平成22年度中野市倭財産区事業特別会計予算

24 議案第21号 平成22年度中野市永田財産区事業特別会計予算

25 議案第22号 平成22年度中野市中野財産区事業特別会計予算

26 議案第23号 平成22年度中野市情報通信施設事業特別会計予算

27 議案第24号 平成22年度中野市下水道事業特別会計予算

28 議案第25号 平成22年度中野市農業集落排水事業特別会計予算

29 議案第26号 平成22年度中野市水道事業会計予算

30 議案第27号 長野県市町村自治振興組合を組織する市町村数の減少について

31 議案第28号 交通事故に係る和解及び損害賠償の額について

32 議案第29号 長野県後期高齢者医療広域連合を組織する市町村数の減少について

33 議案第30号 市道路線の廃止について

34 議案第31号 市道路線の認定について

35 議案第32号 中野市民憲章について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件………議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員次のとおり(21名)

      1番  芋川吉孝君

      2番  沢田一男君

      3番  山岸國廣君

      4番  竹内知雄君

      5番  佐藤恒夫君

      6番  深尾智計君

      7番  湯本隆英君

      8番  中島 毅君

      9番  林 紘一君

     10番  金子芳郎君

     11番  小泉俊一君

     12番  野口美鈴君

     13番  竹内卯太郎君

     14番  町田博文君

     15番  西澤忠和君

     16番  武田貞夫君

     17番  武田典一君

     18番  清水照子君

     20番  岩本博次君

     21番  青木豊一君

     22番  荻原 勉君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名次のとおり

  議会事務局長  横田清一

  〃 次長    小野富夫

  書記      竹前辰彦

  〃       丸山賢司

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため議場に出席した者の職氏名次のとおり

  市長                  小田切治世君

  副市長                 高嶋俊郎君

  教育委員長               清水 正君

  選挙管理委員長             小林一秋君

  農業委員会長              竹内本芳君

  監査委員                柴本貞夫君

  教育長                 栗原 満君

  総務部長                青木 正君

  健康福祉部長兼福祉事務所長       田中重雄君

  子ども部長               上野豊吉君

  くらしと文化部長            柴草高雄君

  経済部長                小林次郎君

  建設水道部長              小古井義治君

  消防部長                塚田栄一君

  豊田支所長               小林時雄君

  会計管理者               本藤善明君

  教育次長                竹内羊一君

  庶務課長                大堀和男君

  財政課長                海野昇正君

  庶務課長補佐              花岡隆志君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (開議)(午前10時00分)

 (開議に先立ち議会事務局長横田清一君本日の出席議員数及び説明のため議場に出席した者の職氏名を報告する。)



△1 開会



○議長(湯本隆英君) ただいま報告のとおり出席議員数が定足数に達しておりますから、議会は成立いたしました。

 これより平成22年第2回中野市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付いたしてあります議事日程第1号のとおりでありますから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯本隆英君) 初めに、市長からあいさつがあります。

 市長。

     (市長 小田切治世君登壇)



◎市長(小田切治世君) おはようございます。

 本日ここに、平成22年3月定例市議会を招集いたしましたところ、ご出席をいただき厚く御礼申し上げます。

 去る2月13日から始まりました冬季オリンピックにおいて、日本の選手団も検討され、銀、銅合わせて5個のメダルを獲得することができました。選手の皆さんを初め、選手を支えたご家族や地域の皆さん、そして指導者の皆さんには、それぞれの思いに全力を尽くされました。国民に多くの感動を与えてくれた大会であったと思います。

 さて、昨年から市内でも大発生いたしました新型インフルエンザは、年明けから徐々にその発生も少なくなりました。今後も手洗い、うがい等の感染防止対策の徹底を市民の皆様へお願いしていくこととしております。

 2月1日にオープンいたしました日本土人形資料館の絵付け体験室棟でありますが、この施設は、長野県産の木材をふんだんに用いており、気のぬくもりを感じていただきながら、土人形の絵付け体験を楽しんでいただけるよう整備したものであります。今後も多くの皆様に土人形の絵付け体験を楽しんでいただきたいと思っております。

 子育て支援施策につきましては、保育料の多子軽減と長時間保育を実施する園を拡大するほか、育児休業に伴う入所要件の緩和、さらに出産前後における入所要件を拡大するなどの子育て支援策を新年度から実施することとし、関係予算をお願いしているところであります。

 市内の経済につきましては、製造業において一部で改善しているものの、依然として停滞感がうかがえます。今後も国内経済の悪化に伴う消費意欲の減退、円高などの要因により、先行きについては不透明であります。

 また、雇用状況につきましても、飯山公共職業安定所管内の有効求人倍率が依然として低い水準で推移しており、大変厳しい状況にあります。

 このようなことから、新年度においても、市内企業の事業活動に必要な制度資金の供給や新技術・新製品の開発、展示会出展等の事業補助など商工業への支援策を講じてまいります。

 次に、中野市バイオマスタウン構想案につきましては、ことし1月に国へ提出し、現在、バイオマス・ニッポン総合戦略推進会議において検討がなされており、新年度からは国の交付金を活用し、地域のバイオマスの利活用を推進してまいりたいと考えております。

 売れる農業推進事業では、2月11日に平成21年度食農フォーラムを中野市きのこ・果実消費拡大実行委員会の主催で開催され、300名を超える皆様にご参加をいただきました。

 2月23日には、農産物直売所、観光農園等を対象とした運営セミナーを開催し、地元農産物の消費拡大につながる支援を行ったところであります。

 次に、信濃グランセローズは、4月3日の開幕に備え、昨日から中野市営野球場においてキャンプインとなりました。選手の皆さんには、今シーズンも一丸となって試合に臨んでいただき、BCリーグでの優勝と自分の夢の実現に向けて活躍ができるよう期待しているところであります。

 本日提案いたします議案は、条例案3件、予算案23件、事件案6件の合わせて32件であります。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。

 以上です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2 会議録署名議員指名



○議長(湯本隆英君) 日程2 会議録署名議員の指名をいたします。

 会議録署名議員については、会議規則第81条の規定により、

   6番 深尾智計議員

   8番 中島 毅議員

 の以上2名を議長において指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△3 会期等の決定

         平成22年第2回中野市議会定例会運営日程(案)

                   会期 平成22年3月2日(火)

                          〜3月19日(金)18日間



月日
曜日
時間
会議
摘要


3月2日

午前10時
本会議
開会、会期等決定、議案提案説明


3日

 
休会
議案審査のため


4日

 




5日

 




6日

 

土曜日のため


7日

 

日曜日のため


8日

午前10時
本会議
議案質疑、議案付託、市政一般質問


9日



市政一般質問


10日






11日

 
委員会
付託議案審査


12日

 




13日

 
休会
土曜日のため


14日

 

日曜日のため


15日

 
委員会
付託議案審査


16日

 
休会
議案整理のため


17日

 




18日

 




19日

午前10時
本会議
委員長報告、質疑、討論、採決、閉会



 ◯市政一般質問通告は、3月2日午後1時まで

  午後1時までに本会議が散会にならない場合は、散会後1時間以内とする

 ◯請願書、陳情書及び意見書(案)の提出は、3月4日午後1時まで



○議長(湯本隆英君) 日程3 会期等の決定についてを議題といたします。

 本定例会の会期等について議会運営委員長の報告を求めます。

 議会運営委員長 竹内知雄議員。

     (議会運営委員長 竹内知雄君登壇)



◆議会運営委員長(竹内知雄君) 4番 竹内知雄でございます。

 本日招集されました平成22年第2回中野市議会定例会の会期及び日程案について説明を申し上げます。

 去る2月23日に議会運営委員会を開催し、慎重に審議をいたしました。結果につきましては、会期を本日2日から19日までの18日間といたしました。

 日程案につきましては、本日これから会期及び運営日程を決定していただき、諸般の報告を行い、続いて議案の説明をしていただきます。3日から5日までは議案審査のため休会といたします。8日午前10時から本会議を再開いたしまして、議案質疑、議案付託を行い、続いて市政一般質問を行います。9日、10日も引き続き市政一般質問を行います。11日、12日、15日は各委員会において付託議案の審査を行うこととし、16日から18日は議案整理のため休会といたします。19日午前10時から本会議を開き、各委員長より議案の審査報告の後、質疑、討論、採決を行い、閉会という日程といたします。

 なお、会期中の土曜日、日曜日については休会といたします。

 また、市政一般質問の通告書の提出は本日2日午後1時までとし、午後1時までに本会議が散会にならない場合は、散会後1時間以内といたします。

 請願書、陳情書及び意見書案の提出は3月4日の午後1時までといたします。

 以上申し上げ、議会運営委員会の報告といたします。



○議長(湯本隆英君) お諮りいたします。

 本定例会の会期等については、議会運営委員長の報告のとおりといたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」という声あり)



○議長(湯本隆英君) ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期等については、ただいまの報告のとおりと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯本隆英君) この際、諸般の報告を行います。

 議会閉会中の主なる事項について事務局長に報告させます。

 (議会事務局長横田清一君諸般の報告をする。)

 ◯北信三市議会正副議長会 1月8日 飯山市 正副議長出席

 ◯第143回長野県市議会議長会総会 1月21日、22日 飯田市 正副議長出席



○議長(湯本隆英君) 以上のとおりでありますから、ご了承願います。

 なお、監査委員から報告のありました定期監査及び例月出納検査の結果、並びに教育委員会から提出のありました地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条の規定による、平成20年度教育委員会の事務の管理及び執行状況の点検及び評価報告書をお手元に配付いたしてありますので、ご了承願います。

 以上をもって諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△4 議案第1号 中野市合併振興基金の設置、管理及び処分に関する条例案



△5 議案第2号 中野市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例案



△6 議案第3号 中野市福祉会館条例を廃止する条例案



○議長(湯本隆英君) 日程4 議案第1号 中野市合併振興基金の設置、管理及び処分に関する条例案から日程6 議案第3号 中野市福祉会館条例を廃止する条例案までの以上議案3件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 小田切治世君登壇)



◎市長(小田切治世君) 議案第1号 中野市合併振興基金の設置、管理及び処分に関する条例案についてであります。

 本案につきましては、合併に伴う市民の一体感の醸成及び地域振興を図るため、合併振興基金を設置することに関し、必要な事項を定めた条例を制定するものであります。

 次に、議案第2号 中野市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例案。

 本案につきましては、子育て家庭の経済的負担の軽減を図るため、乳幼児等医療費の入院に係る給付対象を小学校6学年修了まで拡大すること、また精神障害者の対象範囲を拡大すること等に伴い、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第3号 中野市福祉会館条例を廃止する条例案。

 本案につきましては、老朽化が著しい本施設について、用途を廃止することに伴い、条例を廃止するものであります。

 以上3件を一括してご説明申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。

 以上です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△7 議案第4号 平成21年度中野市一般会計補正予算(第9号)



○議長(湯本隆英君) 日程7 議案第4号 平成21年度中野市一般会計補正予算(第9号)を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 小田切治世君登壇)



◎市長(小田切治世君) 議案第4号 平成21年度中野市一般会計補正予算(第9号)について。

 本案につきましては、人件費の確定見込み及び事業の確定等に伴う事業費の変更、財源組み替えのほか、繰越明許費の設定、債務負担行為・地方債の各補正をお願いするものであります。

 補正総額2億5,810万2,000円を減額し、補正後の予算総額は200億5,410万7,000円となります。

 最初に、歳入の主なものを申し上げます。

 2款地方譲与税、5款株式等譲渡所得割交付金、8款自動車取得税交付金については、確定見込みとしてそれぞれ増額及び減額。

 12款分担金及び負担金では、確定に伴い、災害復旧事業地元負担金421万6,000円の減額。

 13款使用料及び手数料では、可燃用ごみ袋等の売り上げ増に伴い、一般廃棄物処理手数料727万5,000円の増額。

 14款国庫支出金では、対象者の増等に伴い、社会福祉費負担金及び生活保護費負担金2,960万2,000円の増額、国の施策による事業の執行停止に伴い、子育て応援特別手当21年度版事業補助金4,767万円の減額、小・中学校における学校情報通信技術環境整備費補助金1,300万円の増額。

 15款県支出金では、各種事業の精算及び実績等により、それぞれの補助金等4,918万5,000円の減額。

 16款財産収入では、基金利子の確定による積立金利子199万3,000円の増額。

 17款寄附金では、ふるさと寄附金等130万円の増額。

 18款繰入金では、職員退職手当基金繰入金等2,662万5,000円の増額。

 20款諸収入では、社会福祉関係雑入等382万4,000円の増額。

 21款市債では、事業費の確定見込み等に伴い、合併特例事業債等2億2,840万円の減額などであります。

 次に、歳出の主なものについて申し上げます。

 初めに、一般会計を含む全会計共通でありますが、職員の人件費確定見込みに伴う人件費の補正として、全体で5,776万7,000円の増額補正をお願いしてあります。

 なお、以降、職員の人件費につきましては、説明を省略させていただきますが、ご了承願います。

 それでは、1款議会費でありますが、議員人件費で議員期末手当等188万9,000円の減額、議会運営費で議員研修旅費等195万2,000円の減額。

 2款総務費では、基金積立金で、ふるさと振興基金積立金100万円の増額、市民会館管理事業費で耐震診断調査委託料149万円の減額。

 3款民生費では、中国残留邦人生活支援事業費で医療支援給付費443万9,000円の増額、自立支援事業費で生活介護給付費等扶助費897万5,000円の増額、在宅福祉事業費で福祉ふれあいセンター改修工事費等の事業費確定に伴い、358万4,000円の減額、乳幼児等医療費給付事業費で医療費給付金600万円の減額、介護保険事業費で特別会計繰出金1,040万8,000円の減額、子育て応援特別手当21年度版事業費で、国の施策において事業の執行停止に伴う給付金等4,767万円の減額、児童手当給付事業費で給付金762万5,000円の減額、子ども手当給付事業費でシステム改修委託料597万7,000円の増額、児童扶養手当給付事業費で給付金359万9,000円の減額、生活保護扶助費で対象者の増に伴う生活扶助費等1,566万円の増額。

 4款衛生費では、特別会計繰出金で、国保会計の経営健全化支援分1億400万円を含む国民健康保険事業特別会計繰出金1億1,105万6,000円の増額、健康づくり推進事業費で嘱託員報酬350万円の減額、予防接種事業費で医薬材料費等1,084万7,000円の減額、ごみ減量化・再資源化事業費で資源物処理業務委託料等969万5,000円の減額、一部事務組合負担金で、斎場建設を翌年度に繰り延べたことに伴う北信保健衛生施設組合分担金1億4,537万8,000円の減額、小型合併処理浄化槽設置事業費で設置及び接続補助金252万7,000円の減額、上水道等供給安定化助成事業費で水道事業への補助金415万3,000円の減額、一部事務組合負担金で、事業費確定に伴う北信保健衛生施設組合分担金838万4,000円の減額。

 6款農林水産業費では、新規就農者支援事業費、農業制度資金融資利子軽減事業費、園芸産地育成事業費、農地効率利用奨励補助事業費、林業経営構造対策事業費で、それぞれ事業費の確定等に伴う負担金補助及び交付金1,423万9,000円の減額、地域バイオマス利活用事業費で、事業費の確定に伴う業務委託料等303万円の減額、西部農村総合整備事業費で農道整備工事費等1,626万円の減額、特別会計繰出金で農業集落排水事業特別会計繰出金212万1,000円の減額。

 7款商工費では、観光宣伝事業費で、事業費確定に伴う委託料398万円の減額。

 8款土木費では、渇水対策事業費で、事業費確定に伴う管路工事費等2,950万円の減額、県道整備促進事業費で県施行工事市負担金1,684万7,000円の減額、幹線道路整備事業費で、事業費確定に伴う支障物件補償料等2,390万3,000円の増額、道路維持事業費で車両購入費699万4,000円の減額、除雪事業費で、降雪状況等に伴う除雪委託料3,000万円の増額、雪寒対策事業費で車両購入費1,352万1,000円の減額、河川改修事業費で河川及び水路改修工事費等564万9,000円の減額、街路整備事業費で支障物件補償料等264万3,000円の増額、住宅耐震化促進事業費、災害危険住宅移転事業費、アスベスト飛散防止対策事業費で、それぞれ事業費の確定等に伴う負担金補助及び交付金820万円の減額。

 9款消防費では、一部事務組合負担金で岳南広域消防組合分担金1,236万3,000円の減額。

 10款教育費では、小学校の教育扶助事業費で、対象児童の増による扶助費238万1,000円の増額、小・中学校の教育用コンピューター設置事業費で、事業費確定による借り上げ料等1,090万7,000円の減額、中学校の施設整備事業費で営繕工事費等878万9,000円の減額、同じく中学校の耐震補強事業費で工事費等2,863万8,000円の減額、中央公民館管理運営事業費でアスベスト除去工事費等452万1,000円の減額、学校給食センター管理運営事業費で、学校給食に伴う賄い材料費496万8,000円の減額。

 11款公債費では、償還金で、事業費の確定に伴う長期債元金及び利子2,224万7,000円の減額。

 13款災害復旧費では、平成21年8月豪雨災害復旧事業費で、農地農業用施設及び公共土木施設の事業費確定に伴う復旧工事費等5,664万5,000円の減額などであります。

 以上、歳入歳出予算の補正のほか、2月市議会臨時議会でお認めいただきましたきめ細かな臨時交付金事業に係る年度内の完成が見込めない事業等の繰越明許費の設定、債務負担行為及び地方債の補正をあわせてお願いするものであります。よろしくご審議をお願いいたします。

 以上です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△8 議案第5号 平成21年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)



△9 議案第6号 平成21年度中野市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)



△10 議案第7号 平成21年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)



△11 議案第8号 平成21年度中野市社会就労センター事業特別会計補正予算(第2号)



△12 議案第9号 平成21年度中野市情報通信施設事業特別会計補正予算(第2号)



△13 議案第10号 平成21年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第3号)



△14 議案第11号 平成21年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)



△15 議案第12号 平成21年度中野市水道事業会計補正予算(第4号)



○議長(湯本隆英君) 日程8 議案第5号 平成21年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)から日程15 議案第12号 平成21年度中野市水道事業会計補正予算(第4号)までの以上議案8件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 小田切治世君登壇)



◎市長(小田切治世君) 議案第5号 平成21年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について。

 本案につきましては、保険給付費の見込み等により事業費の補正をお願いするもので、補正総額219万3,000円を減額し、補正後の予算総額は49億1,332万2,000円となります。

 最初に、歳入の補正の主な内容でありますが、国民健康保険税で7,000万円の減額、国庫支出金で療養給付費等負担金7,000万円の増額、財政調整交付金1,000万円の減額、療養給付費交付金で同交付金1億3,574万9,000円の減額、前期高齢者交付金で同交付金1,200万円の増額、県支出金で都道府県財政調整交付金1,300万円の増額、繰入金で一般会計繰入金1億1,105万6,000円の増額、諸収入で延滞金及び第三者納付金750万円の増額であります。

 次に、歳出では、保険給付費で一般被保険者療養給付費1億8,755万3,000円の増額、退職被保険者等療養給付費1億532万3,000円の減額、一般被保険者療養費1,237万4,000円の減額、一般被保険者高額療養費1,916万7,000円の増額、退職被保険者等高額療養費1,717万4,000円の減額、共同事業拠出金で高額医療費共同事業拠出金691万1,000円の減額、保険財政共同安定化事業拠出金6,512万4,000円の減額などをお願いするものであります。

 次に、議案第6号 平成21年度中野市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。

 本案につきましては、市町村負担金の確定により事業費の補正をお願いするもので、補正総額65万1,000円を増額し、補正後の予算総額は3億6,781万6,000円となります。

 補正の主な内容でありますが、歳入では、繰入金で一般会計繰入金65万1,000円の増額、歳出では、後期高齢者医療広域連合納付金で同納付金65万1,000円の増額であります。

 次に、議案第7号 平成21年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)について。

 本案につきましては、給付事業費の見込み等により事業費の補正をお願いするもので、補正総額1,040万8,000円を減額し、補正後の予算総額は30億8,541万7,000円となります。

 補正の主な内容でありますが、歳入では、繰入金で一般会計繰入金1,040万8,000円の減額、歳出では、保険給付費で居宅介護サービス及び施設介護サービス給付費事業費組み替え、地域包括支援事業費で介護サービス利用奨励給付金380万円の増額などであります。

 次に、議案第8号 平成21年度中野市社会就労センター事業特別会計補正予算(第2号)について。

 本案につきまして、受注減等に伴う事業費の補正をお願いするもので、補正総額244万1,000円を減額し、補正後の予算総額は9,105万2,000円となります。

 最初に、歳入の補正の主な内容でありますが、分担金及び負担金で施設授産事務費負担金220万8,000円の減額、歳出では、総務費で一般管理事務費に係る嘱託員報酬220万8,000円の減額などであります。

 次に、議案第9号 平成21年度中野市情報通信施設事業特別会計補正予算(第2号)について。

 本案につきましては、事業の確定等により事業費の補正をお願いするもので、補正総額25万8,000円を減額し、補正後の予算総額は6,943万2,000円となります。

 まず、歳入の補正の主な内容でありますが、繰入金で一般会計繰入金27万6,000円の減額、歳出では、基金積立金で積立金1万8,000円の増額などであります。

 次に、議案第10号 平成21年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について。

 本案につきましては、事業費の確定等による事業費の変更及び地方債の補正、あわせて繰越明許費の設定をお願いするもので、補正総額2,749万7,000円を減額し、補正後の予算総額は22億8,657万3,000円となります。

 歳入の補正の主な内容でありますが、使用料及び手数料で下水道使用料1,011万3,000円の増額、国庫支出金で下水道事業補助金407万円の減額、繰入金で公共下水道施設整備基金繰入金1,126万3,000円の増額、市債で下水道債及び公的資金借換債4,540万円の減額、歳出では、下水道費で、事業費の確定に伴う下水道整備事業費3,644万7,000円の減額、コンポスト施設修繕工事費2,068万5,000円の増額、公債費で元利償還金1,193万2,000円の減額などであります。

 次に、議案第11号 平成21年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)について。

 本案につきましては、事業の確定等による事業費の変更及び財源組み替え、あわせて地方債の補正をお願いするもので、補正総額615万9,000円を減額し、補正後の予算総額は6億9,699万8,000円となります。

 歳入の補正の主な内容でありますが、使用料及び手数料で施設使用料445万9,000円の増額、市債で公的資金借換債1,000万円の減額、歳出では、農業集落排水事業費で、事業費の確定に伴う公課費325万7,000円の減額、処理施設維持管理事業費179万5,000円の減額などであります。

 次に、議案第12号 平成21年度中野市水道事業会計補正予算(第4号)について。

 本案につきましては、事業の確定等による事業費の変更及び企業債の補正をお願いするものであります。

 まず、収益的収入では、水道事業収益で水道料金1,586万8,000円の増額、収益的支出では、水道事業費用で消費税371万7,000円の増額。

 次に、資本的収入では、事業費確定に伴う企業債6,580万円の減額、一般会計補助金380万円の減額、給水装置加入者分担金532万8,000円の減額、資本的支出では、建設改良費で施設整備等工事2,642万8,000円の減額、舗装本復旧工事1,357万5,000円の減額などをお願いするものであります。

 以上、特別会計7件、企業会計1件、合わせて8件を一括してご説明申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。

 以上です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△16 議案第13号 平成22年度中野市一般会計予算



○議長(湯本隆英君) 日程16 議案第13号 平成22年度中野市一般会計予算を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 小田切治世君登壇)



◎市長(小田切治世君) 議案第13号 平成22年度中野市一般会計予算についてであります。

 国では、本年1月22日に閣議決定した平成22年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度の中で、平成22年度の経済見通しは、実質成長率を3年ぶりのプラス成長と見込んでおり、緩やかではあるが、経済の回復が続くと見ております。

 また、景気の持ち直しの動きを確かなものとするため、明日の安心と成長のための緊急経済対策を着実に実行することとし、平成21年度第2次補正予算及び平成22年度新年度予算を一体化して、切れ目のない執行に心がけるとしております。

 そのため、平成22年度予算の重点を子育て、雇用、環境等に置き、国民の負託にこたえるべき主要な施策を着実に実施し、経済成長と財政規律を両立させるとしております。

 こうした国の動向を踏まえ、本市におきましても、市民生活を支援するを基本とし、地域に密着したソフト事業に重点を置き、時代の流れに即応した施策を視野に入れ、必要性・緊急性・将来の財政負担等十分考慮・検討した上で、行政が責任を持つべき事業の精査を行い、真に必要な事業への予算配分といたしました。

 また、新たな経費を生み出すため、引き続き一層の行政のスリム化を推進するとともに、事務事業評価等に基づく各種事業の見直しや削減、経常経費の抑制を図り、国庫補助金等財源の確保に最大限努め、健全財政の堅持を図りながら将来の土台づくりをしっかり見据え、元気なまち中野市の実現に向け、希望が持て、安心して生活できる、市民が温かみを感じられるようなやわらかい予算に心がけ、平成22年度予算を編成したところであります。

 平成22年度一般会計の予算規模につきましては、総額191億9,000万円であります。平成21年度との当初予算比較では、金額にして約14億円、率にして7.8%の増となっております。

 新年度予算の主な内容でありますが、市民の安心した生活を支える予算とし、市民生活を支援するを基本に5項目に分類し、新規事業等を中心に主な内容をご説明申し上げます。

 第1に、子育て環境の充実など「子ども」の支援として、子育て家庭の負担軽減を図るため、保育料軽減の対象範囲拡大及び長時間保育実施保育所を追加する保育施策事業、季節性インフルエンザの予防接種補助のため、小学校就学前の子供への接種費用助成事業、安心こども基金を活用した保育所等への図書の充実及び空気清浄機等を配備する環境整備事業。

 第2に、福祉・医療など「安心生活」の支援として、市民の医療に関する相談の利便性を図るため、北信総合病院と連携した電話医療相談所の運営事業、精神障害等で就労困難な者の居場所づくりのための新たなデイホームの設置運営事業、新型インフルエンザ予防対策として、感染予防に係る啓発及びマスク・消毒剤等の購入事業。

 第3に、雇用機会を創出し、産業の育成及び安定化を図る「雇用と産業」の支援として、緊急雇用創出事業等を活用した離職者及び求職者の安定的な雇用機会を確保するための支援事業、市内商業の振興と地域の活性化を図るため、プレミアム付商品券発行への支援事業、中野市のブランド農業を全国に広く発信し、生産者の立場に立った消費拡大を図るため、故郷の味お披露目事業及び地元食材支援等の売れる農業推進事業。

 第4に、教育環境の整備及び地域文化に配慮した「教育と文化」の支援として、不登校及び特別支援を必要とする子供たちへの対策のため、専門知識を有する支援員等の配置事業、教育環境の整備振興を図るため、小・中学校のトイレを一部洋式化への改修事業、ミュージカルを楽しもうをテーマに、ミュージカルの体験を通した子供たちの豊かな自己表現力を高めるための育成事業。

 第5に、地球環境との共生に配慮した「環境への取り組み」の支援として、生ごみ処理等、地域のバイオマスの有効利用を図るため、地球温暖化防止及び循環型社会の形成を進めるバイオマスタウン推進事業、不法投棄の抑制及び監視を強化し、環境に配慮した取り組みを推進するため、新たな監視パトロール員の配備事業などであります。

 次に、歳入につきましては、今申し上げた事業を含む各種施策の実施に伴う国及び県支出金、市債等の特定財源の確保を図るとともに、市税、地方交付税、交付金等の一般財源を見込んでおります。

 なお、歳入歳出予算のほか、債務負担行為及び地方債などもあわせてお願いするものであります。

 本市における財政状況は、厳しい状況に変わりありませんが、国・県の合併支援措置等を十分活用しながら自立できる体制づくりが必要であり、今後も的確な事業を選択させていただき、引き続き健全で効率的な財政運営に努めてまいりたいと考えております。

 議員各位におかれましては、今後ともより一層のご協力をお願いいたします。

 予算に計上いたしました主要な事業につきましては、予算書のほか、お手元に配付させていただきました主要施策概要説明書にも掲載してありますので、後ほどごらんいただければと思います。

 また、補足説明として、この後、担当部長からそれぞれ説明させます。よろしくご審議をお願いいたします。

 以上です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯本隆英君) ここで10分間、休憩いたします。

 (休憩)(午前10時48分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午前11時00分)



○議長(湯本隆英君) 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯本隆英君) 次に、各担当部長等から本案の補足説明を願います。

 初めに、総務部長。

     (総務部長 青木 正君登壇)



◎総務部長(青木正君) 市長説明に補足してご説明申し上げます。

 主な内容、金額等について、お手元に配付してございます予算書の事項別明細書によりご説明申し上げます。ページにつきましては、見開きの左側のページで申し上げますので、ご了承をお願いいたします。

 それでは、予算書の12ページをお願いいたします。

 1款市税は、53億5,286万8,000円を見込んでおります。前年対比で1億2,131万円の減、率にして2.2%の減となります。主なものとしましては、1項市民税で7,430万円の減額、率にして前年度対比で3.6%の減となっておりますが、これは景気低迷による税収の落ち込みによるものであります。

 次に、14ページから18ページをお願いいたします。

 2款地方譲与税から9款地方特例交付金につきましては、各種制度に基づき譲与・交付されるものであります。

 次に、同じく18ページ、10款地方交付税につきましては55億円を見込み、国において創設された(仮称)地域活性化雇用等臨時特例債の増などの伸びを勘案し、前年度対比で2億円、率にして3.8%の増となっております。

 同じく18ページ、12款分担金及び負担金では2億9,041万4,000円で、保育所費負担金の減などを見込み、前年度対比で5.1%の減となっております。

 次に、20ページから22ページにかけての13款使用料及び手数料につきましては2億2,584万4,000円で、ほぼ前年同額であります。

 次に、24ページから26ページにかけての14款国庫支出金では16億228万7,000円と、前年度対比で、額にして4億423万円、率にして33.7%と大幅な増となっております。この増の主な要因は、子ども手当創設に伴う国庫負担金であります。

 次に、同じく26ページから30ページにかけての15款県支出金では11億6,285万1,000円を見込み、前年度対比で2億7,121万円、30.4%の大幅な増となっております。この増の主な要因は、エノキ茸栽培施設整備にかかわる林業経営構造対策事業補助金の増及び国庫負担金同様、子ども手当創設に伴う県負担金の増であります。

 次に、32ページから34ページにかけてお願いいたします。

 18款繰入金ですが、12億3,841万1,000円を見込み、前年度対比では2億1,605万3,000円の増、率にして21.1%の増となっております。この主なものは、財政調整基金繰入金及び渇水対策基金繰入金の増であります。

 次に、36ページをお願いいたします。

 21款市債でありますが、18億9,780万円を見込み、前年度対比で4億5,020万円の増、率にして31.1%と大幅な増となっております。この主な要因は、国において財源不足の補てんとして発行します臨時財政対策債の増及び合併振興基金に積み立てるための合併特例債の増であります。

 次に、歳入の構成比について申し上げます。

 歳入に占める各項目の割合でありますが、大きい順に申し上げますと、地方交付税が28.7%、市税が27.9%、国及び県支出金が14.4%となっております。また、歳入に占める市税等の自主財源比率は42.5%であります。

 以上、歳入関係について申し上げました。

 次に、歳出についてでありますが、まず性質別の構成比について申し上げます。

 人件費、扶助費、公債費の義務的経費は44.2%、普通建設事業費の投資的経費は9.9%となっております。

 それでは、総務関係の歳出について、予算書に沿ってご説明を申し上げます。

 40ページをお願いいたします。

 まず、1款の議会費につきましては、1億7,001万2,000円を計上しております。主な内容は、市議会議員及び議会関係職員の人件費、議会の運営費であります。

 次に、44ページをお願いいたします。

 2款総務費ですが、総額で27億1,499万2,000円を計上いたしました。前年度対比で4億5,031万7,000円、率にして19.9%の増であります。この増の主な要因は、基金積立金、基幹系電算管理事業費、長野県知事選挙等の選挙費であります。

 まず、1項総務管理費のうち1目一般管理費は9億49万5,000円で、特別職及び一般職にかかわる職員人件費及び一般管理事務費、区長会関係事業費などを計上いたしました。前年度対比で9,574万7,000円の増額となっておりますが、職員の定年退職者の増及び共済掛金の改定に伴う共済費市負担金の増などによる職員人件費が主であります。

 次に、48ページをお願いします。

 2目文書費及び3目秘書広報費につきましては、それぞれ経常的経費を見込んでいるものでございます。

 次に、52ページをお願いします。

 5目一般諸費につきましても、経常的経費を計上したものでありますが、前年度より約1,500万円減額になっております。これは、前年度、防災ガイドブックを作成した経費等が不要となったためであります。

 次に、54ページの6目財政管理費につきましては、1億4,723万円を計上しております。経常的経費のほか、主には、中野市の地方交付税に一括参入された事業費分について、関係する市町村に配分するための地方交付税投資補正分市町村配分金であります。

 次に、同じく54ページの7目財産管理費及び58ページの8目車両費、それから9目会計管理費につきましては、それぞれ経常的経費を見込んでいるものでございます。なお、財産管理費で約3,600万円減額になっておりますが、これは庁舎整備事業として、三好町庁舎の購入が減となったためであります。

 次に、60ページから62ページをお願いします。

 10目企画費でありますが、公共交通対策事業費では、中野地域公共交通対策協議会負担金などを計上しました。また、広域連合負担金では、経常的経費を計上いたしました。

 次に、62ページからの11目情報政策費につきましては、2億3,535万8,000円を計上しております。情報政策にかかわる経常経費でありますが、前年度と比較して約1億6,000万円増額となっておりますが、主には更新の時期となります基幹系機器購入費によるものであります。

 次に、64ページからの12目国際都市間交流費でありますが、都市間交流及びふるさと交流等の交流事業費を見込んだものであります。

 次に、少しページが飛びまして、76ページをお願いします。

 18目基金積立金につきましては、財政調整基金などの6つの基金について5億3,200万円の積立金を計上したものであります。なお、昨年度と比較して約2億3,000万円の大幅な増額となっておりますが、新たに創設予定の合併振興基金への積み立てであります。

 次に、同じページの下段、76ページから80ページにかけての2項徴税費ですが、1目固定資産評価審査委員会費、2目税務総務費、3目賦課徴収費では、経常的経費をそれぞれ見込みました。なお、3目賦課徴収費では、約3,700万円減額となっておりますが、これは法人市民税の還付金が減額となったためであります。

 次に、82ページから84ページにかけての4項選挙費の1目選挙管理委員会費、2目選挙常時啓発費は、経常経費を見込んだものでございます。

 84ページから90ページにかけての3目市議会議員一般選挙費につきましては、平成22年4月30日任期満了に伴う選挙費用を、4目参議院議員通常選挙費では、平成22年7月25日任期満了に伴う選挙費用を、5目長野県知事選挙費では、平成22年8月31日任期満了に伴う選挙費用を、6目長野県議会議員一般選挙費では、平成23年4月29日満了に伴う事前準備の選挙費用をそれぞれ計上したものであります。

 次に、90ページから92ページにかけての5項1目統計調査費、6項1目監査委員費では、経常的経費を計上したものであります。なお、1目統計調査費が大幅に増額となっております要因は、5年に一度の国勢調査が実施されるため、増となっております。

 次に、飛びますが、272ページをお願いいたします。

 11款公債費でありますが、通常の市債の元利償還金等を計上したものであります。なお、前年度対比で約1億5,000万円、率にして6.2%の減となっておりますが、これは補償金免除に係る繰上償還分の減等であります。

 最後に、274ページの12款予備費は、前年度と同額の4,000万円を計上いたしました。

 以上、総務関係の主な歳出についてご説明申し上げました。よろしくお願いいたします。



○議長(湯本隆英君) 次に、健康福祉部長兼福祉事務所長。

     (健康福祉部長兼福祉事務所長 田中重雄君登壇)



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(田中重雄君) 健康福祉部及び福祉事務所が所管いたします3款民生費、4款衛生費につきまして、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 初めに、3款民生費でございますが、予算書は94ページから、また主要施策概要説明書では6ページからでございます。

 民生費では、総額53億1,759万1,000円を計上いたしました。前年度と比較いたしますと、7億7,374万2,000円の増、率にいたしまして17.0%の増となっております。

 1項1目の社会福祉総務費では、社会福祉推進事業費といたしまして、福祉委員の報酬や研修費、また中野市社会福祉協議会への運営費補助金などを計上しましたほか、中国残留邦人帰国者の生活支援事業を実施してまいります。また、就労する意欲があるのに離職を余儀なくされた方で、住宅を喪失している方または喪失するおそれのある方に対して住宅手当を支給することにより生活と就労を支援するため、新たに住宅手当緊急特別措置事業費を計上いたしました。

 96ページの2目障害者福祉費につきましては、障害者福祉施設建設事業費で、のぞみの里高社の施設整備に係る借入金償還補助、また自立支援事業費では、障害者自立支援法に基づく各種障害サービスに関する扶助費、さらに地域生活支援事業費では、障害者の生活レベルの向上を図るための委託事業費を計上いたしました。在宅福祉事業費では、在宅の障害児・障害者の皆さんの社会参加の促進と生活の安定を図るため、市独自に実施する自立支援給付や介護用品などの各種助成金のほか、新たに精神障害などがあるため就労することが困難な方が日中の時間を過ごすことができる場所として、デイホームを設置運営するための委託事業費を計上いたしました。

 次に、102ページの3目福祉医療費給付費では、福祉医療費給付事業といたしまして、母子世帯、父子世帯、老人、心身障害者の方々への医療費の扶助を見込んでおりますが、このうち精神障害者保健福祉手帳2級交付者の所得制限を変更することに伴い対象世帯の拡大となるため、所要の予算を計上いたしました。

 次に、少しページを飛びまして、110ページからの8目高齢者福祉費でございますが、このうち高齢者在宅サービス事業費では、在宅の寝たきり高齢者、ひとり暮らし高齢者などの生活の維持向上や家庭介護者の負担軽減のための扶助費、また高齢者施設サービス事業費では、老人ホームへの入所措置の事業費が主なものでございます。高齢者生きがい対策事業費では、高齢者の元気で生きがいある生活の一助とするため、シルバー乗車券の給付、温泉利用休憩料の助成、シルバー人材センターへの運営費補助などが主なものでございます。また、高齢者祝賀事業といたしまして、合同金婚式や各地区の敬老会への補助金、さらには介護保険事業特別会計への繰出金などを計上したほか、新たに高齢者の介護サービス施設の充実を図るため、託老所整備事業費及び地域介護福祉空間整備等施設整備事業費を計上いたしました。

 114ページの老人医療費では、長寿医療制度を運営するに要する長野県後期高齢者医療広域連合の負担金のほか、後期高齢者医療事業特別会計及び老人保健医療事業特別会計への繰出金を見込んでおります。

 次に、128ページからお願いいたします。

 児童福祉費のうち4目母子福祉費でございますが、母子家庭の生活安定を図るため、母子自立支援員を配置し、生活全般にわたる相談、指導等にかかわる事業費であります。

 続きまして、3項生活保護費でございますが、130ページからとなっております。

 1目生活保護総務費では生活保護運営に必要な人件費、事務費を、また2目扶助費では生活困窮者の生活保障と自立助長を図るため、生活扶助、住宅扶助、医療扶助などの生活保護費を計上いたしました。

 民生費に続きまして、次に4款衛生費をお願いいたします。

 予算書は134ページから、また主要施策概要説明書は13ページからとなっております。

 衛生費では、総額19億6,566万円を計上いたしました。前年度と比較しますと、3億8,922万円の増、率にいたしまして24.7%の増となっております。

 最初に、1項1目保健衛生総務費でありますが、緊急医療体制支援事業費では、休日夜間における医療体制の確保のため、救急病院への病院群輪番制病院運営事業費負担金、また中高医師会の休日緊急診療所運営事業補助金を計上しましたほか、北信総合病院と共同設置しております電話医療相談所の運営費負担金を計上いたしました。また、医療提供体制設備整備事業として、新たに国・県の補助事業を導入し、地域の基幹病院である北信総合病院が整備する超音波診断装置と人工心肺装置の整備を支援してまいります。また、北信総合病院の医師確保対策といたしまして、医師研究資金貸付金や地域医療従事医師奨学資金貸付金を計上し、さらには国民健康保険事業の健全経営を図るため、国保特別会計への繰出金を計上いたしました。

 次に、健康づくり推進事業費は、市民の健康づくりの意識高揚を図るため、健康づくりフェスティバルの開催、食育推進に関する事業費等でございます。

 続きまして、136ページの3目予防費でございますが、65歳以上の高齢者の方のインフルエンザ予防接種や結核予防事業として胸部レントゲン撮影のための事業費を計上いたしましたほか、新型インフルエンザ予防事業費では、引き続き感染予防に係る啓発やマスク、消毒薬剤等の対策物品の備蓄に努めてまいります。

 次に、138ページの健康診査事業費では、生活習慣病の早期発見、早期治療を図るためのいきいき基本健診や女性特有のがん検診など各種がん検診の事業費のほか、心身の健康増進を図るための健康教育、健康相談を実施するとともに、生活習慣病予防のための事業費でございます。

 次に、144ページの6目保健センター管理費でございますが、中野保健センター及び豊田保健センターの維持管理事業費を計上いたしております。

 次に、ページを少し飛びまして、150ページの10目老人保健事業費につきましては、老人保健施設建設事業の償還金に対する補助事業費でございます。

 以上、健康福祉部及び福祉事務所が所管いたします関係予算の主なものについてご説明申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(湯本隆英君) 次に、子ども部長。

     (子ども部長 上野豊吉君登壇)



◎子ども部長(上野豊吉君) 子ども部が所管いたします3款民生費、4款衛生費の関係部分につきまして、市長説明に補足して説明をさせていただきます。

 初めに、3款民生費でございますが、予算書は102ページ、主要施策概要説明書につきましては7ページをお願いいたします。

 1項3目福祉医療費給付費のうち乳幼児等医療費給付事業費につきましては、現行、小学校3学年修了時までの乳幼児等の医療費を対象に給付しているものですが、それに加え、平成22年度より新たに入院について小学校修了時まで拡大し、実施するための給付金等を計上いたしました。

 次に、少し飛びますが、予算書は116ページから、主要施策概要説明書につきましては10ページからをお願いいたします。

 2項1目児童福祉総務費では、職員人件費のほか、児童センター管理運営事業費では、放課後の児童の健全育成を図るため、中野・平野児童センターの管理運営経費、118ページの児童クラブ育成事業費では、各地区社協に委託している5カ所の児童クラブの委託料など、放課後児童健全育成事業費では、4カ所の小学校放課後児童教室や3カ所の放課後児童クラブを運営するための管理運営経費。

 また、青少年対策事業費につきましては、青少年が心身ともに健やかでたくましく成長するよう、有害な環境の浄化活動や非行防止活動のほか、地域での体験活動に対する補助金等の経費。

 次に、120ページの放課後子ども教室推進事業費につきましては、小学生を対象として安全・安心な活動拠点を設け、さまざまな活動を行うための経費。

 子育て支援センター事業費は、子育て家庭を支援するため、遊び場の提供や子育て相談などを行う3カ所の子育て支援センターの運営に係る事業費。

 122ページの子育て応援事業費につきましては、子育て家庭を支援するため、子育て家族応援事業や指定ごみ袋を給付する子育て用品給付事業費を計上いたしました。

 なお、安心こども基金事業を活用し、各児童センター、児童クラブ、子育て支援センターにインフルエンザ対策のための空気清浄機や読み聞かせ用の図書及び書架を整備するための経費を計上いたしました。

 次に、2目保育所費でございますが、職員人件費のほか、保育所運営事業費では、124ページになりますが、新たに嘱託看護師1名を配置するとともに、安心こども基金事業を活用したインフルエンザ対策のための空気清浄機や園児の読み聞かせ用として各保育園に図書及び書架を整備するほか、公立11園の運営費と私立保育所への保育の委託等の経費。

 126ページの特別保育事業費では、午後6時半までの第3子の長時間保育について、より利用しやすくするため3園拡大し、実施することとし、長時間保育等の特別保育を行う経費。

 民間保育所特別保育事業等補助事業費では、私立保育所での特別保育事業に対する補助事業費等の経費。

 また、幼児教育振興事業費につきましては、128ページになりますが、幼児教育の振興を図るため、幼稚園就園奨励費と運営補助金を交付するための経費を計上いたしました。

 次に、3目子ども相談事業費は、子供に関する総合相談窓口として、子育て相談等を行う事業費を計上いたしました。

 次に、5目児童手当のうち児童手当給付事業費につきましては、次代を担う児童の健全育成を図るため、小学校6年生までの児童の保護者等に給付する経費のうち2カ月分を、130ページの子ども手当給付事業費は、中学修了時までの子供の養育に係る負担軽減と健やかな育ちを支援するため、月額1万3,000円の手当等の経費を計上いたしました。

 6目児童扶養手当費は、母子家庭等の生活の安定と自立促進を通して児童の健全育成を図るため、児童扶養手当の給付を行う事業費を計上いたしました。

 次に、少し飛びますが、4款衛生費でございます。

 予算書は136ページ、主要施策概要説明書につきましては13ページをお願いいたします。

 1項3目予防費のうち予防接種事業費につきましては、乳幼児等の感染症予防を図るための予防接種に要する事業費を計上いたしました。

 次に、予算書は140ページから、主要施策概要説明書につきましては14ページからお願いいたします。

 5目保健指導費につきましては、職員人件費のほか、142ページの母子保健推進事業費で、母子の健康増進を図るため、妊産婦、乳幼児の健診や育児相談等の事業費を計上いたしました。

 以上、子ども部の所管する主なものについてご説明を申し上げました。よろしくお願いいたします。



○議長(湯本隆英君) 次に、くらしと文化部長。

     (くらしと文化部長 柴草高雄君登壇)



◎くらしと文化部長(柴草高雄君) くらしと文化部が所管いたします2款総務費、3款民生費及び4款衛生費の関係部分につきまして、市長提案説明に補足してご説明申し上げます。

 最初に、2款総務費関係について申し上げます。

 予算書は50ページから54ページ、主要施策概要説明書につきましては1ページから2ページになりますので、お願いいたします。

 まず、1項総務管理費のうち4目交通安全対策費につきましては、市民を交通事故の被害から守るため、各種の研修会、講座、指導等を行う交通安全教育関係事業費及び県民交通災害関係事業費を計上したものであります。

 5目一般諸費のうち防犯事業費につきましては、市防犯協会への補助金及び各区が行う防犯灯整備事業に対しての補助金、消費生活対策事務費につきましては、消費者問題の学習会、生活改善啓発等の経費を計上したものであります。

 次に、予算書の66ページから76ページ、主要施策概要説明書につきましては、3ページから4ページをお願いいたします。

 13目文化振興費につきましては、中山晋平記念音楽賞、市民音楽祭、晋平・辰之メモリアル等の音楽事業や美術展開催など文化・芸術振興のための事業費でございます。

 68ページになりますが、14目中山晋平記念館費及び15目高野辰之記念館費につきましては、それぞれの記念館の管理運営費及びミニコンサートなどの事業費を計上したものであります。

 16目スポーツ振興費につきましては、スポーツ大会及びスポーツ教室開催等の社会体育振興事業費及び体育協会を初めとする社会体育団体の育成助成費でございます。

 次に、75ページ、施設管理運営事業費につきましては、市民体育館を初めとする施設の管理委託費のほか、施設整備事業費では、市民体育館耐震診断等に要する経費を計上したものでございます。

 17目会館管理費につきましては、市民会館及び福祉会館の管理運営にかかわる経費でございます。

 次に、予算書80ページから82ページをお願いいたします。

 3項戸籍住民基本台帳費、1目戸籍住民基本台帳費につきましては、人件費のほか、戸籍住民基本台帳、外国人登録などの事務費、諸証明の交付等の経常的経費を計上いたしております。

 続いて、3款民生費関係について申し上げます。

 予算書は、少し飛びますが、102ページから110ページ、主要施策概要説明書につきましては8ページをお願いいたします。

 最初に、1項社会福祉費、4目国民年金費につきましては、国民年金の啓発、事務等の事業費を計上したものであります。

 次に、104ページになりますが、5目人権政策費につきましては、関係機関・団体と連携をしながらあらゆる差別をなくし、人権擁護施策を推進していくための事業費を計上したものでございます。

 続きまして、6目人権センター費につきましては、地域に密着した人権啓発の拠点施設として各種講座や交流事業等の事業費のほか、人権センター関連各施設の管理費、人権が尊重される社会を築くために行う人権教育懇談会などの事業費を計上したものでございます。

 次に、108ページになりますが、7目男女共同参画推進費につきましては、経常的経費のほか、女性がさまざまな悩みを気軽に相談できる女性相談事業費を計上いたしました。

 次に、4款衛生費関係について申し上げます。

 予算書の144ページから152ページ、主要施策概要説明書につきましては、15ページから16ページをお願いいたします。

 1項保健衛生費のうち7目環境衛生費でございますが、清潔で衛生的な市民生活の維持を基本に、太陽光発電システム設置費用への一部補助を初めとする環境保全対策への事業費、ごみの減量化、再資源化の推進にかかわる経費、環境祭にかかわる経費、斎場にかかわる分担金のほか、生ごみや剪定枝の再資源化を図ることを目的として、新たにバイオマス利活用推進事業費を計上したものでございます。

 148ページになりますが、8目公害対策費でありますが、人件費のほか、河川等の水質検査、これまで環境公害防止指導員や職員で実施をしてまいりましたパトロールに加えて、不法投棄対策を強化するために、新規に監視パトロール員の委託料を盛り込んだ環境公害防止対策事業費、生活雑排水等による水質汚濁を防止するために、小型合併処理浄化槽設置に対して補助を行う事業費を計上したものであります。

 9目水道費につきましては、水道事業会計に対する補助金であります。

 2項清掃費、1目清掃総務費につきましては、人件費のほか、じん芥、し尿の処理等を行う北信保健衛生施設組合への分担金を計上いたしました。

 152ページになりますが、2目ごみ処理費でございますが、ごみ収集にかかわる業務委託経費、各区のごみ集積施設の設置補助金などを計上いたしたものであります。

 以上、くらしと文化部の関係の主なものについてご説明申し上げました。よろしくお願いいたします。



○議長(湯本隆英君) 次に、経済部長。

     (経済部長 小林次郎君登壇)



◎経済部長(小林次郎君) 経済部が所管いたします5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費につきまして、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 なお、主要施策概要説明書につきましては、17ページからをごらんいただきたいと存じます。

 それでは、予算書の154ページをお願いいたします。

 5款労働費は、8,590万7,000円を計上いたしました。前年度対比287万5,000円の増、率にいたしまして3.5%の増であります。

 それでは、目別に主な内容を申し上げます。

 1目労働諸費につきましては、職員人件費のほか、労働者の福祉増進を図るための助成、勤労者生活資金融資に伴う労働金庫への資金預託、また雇用対策事業といたしまして、職業相談や、156ページになりますが、中野地域職業訓練センター運営補助金などが主なものであります。

 2目勤労者福祉施設管理費につきましては、中野勤労者福祉センターの管理経費であります。

 156ページから160ページの3目勤労青少年ホーム費及び4目働く婦人の家費につきましては、それぞれの職員人件費のほか、施設の管理運営や各種講座の経費であります。

 次に、162ページをお願いいたします。

 6款農林水産業費は、9億8,556万1,000円を計上いたしました。前年度対比8,733万6,000円の増、率にいたしまして9.7%の増であります。これは、168ページになりますけれども、1項農業費、3目耕種園芸費の果樹共済加入促進事業費で共済掛金の補助率を拡大いたしましたほか、地域バイオマス利活用事業費でキノコ廃培地有効活用施設建設のための補助金、180ページになりますけれども、4項林業費、1目林業振興費の林業経営構造対策事業費でエノキ茸栽培施設建設補助金などが主な要因であります。

 申しわけありません。162ページに戻っていただきまして、1項農業費、1目農業委員会費につきましては、職員人件費、委員報酬等、農業委員会の運営経費であります。

 次に、164ページ、2目農業総務費につきましては、職員人件費、一般管理事務費、農業経営の安定を図るための農業制度資金融資利子軽減事業費のほか、168ページになりますが、中山間地農業直接支払事業費、中野市産業公社運営事業費のほか、農業集落排水事業特別会計繰出金などであります。

 168ページ、3目耕種園芸費につきましては、クマ、イノシシ、ハクビシンなどの被害を防ぐための農作物有害鳥獣対策事業費や生産基盤の充実を図る園芸産地育成事業費、果樹共済加入促進事業費のほか、地域バイオマス利活用事業費、遊休荒廃農地対策事業費などであります。

 次に、170ページ、4目畜産事業費につきましては、北信食肉センターや家畜診療所の管理運営事業費等であります。

 5目水田農業対策費につきましては、米の戸別所得補償制度導入に向けての推進事業費であります。

 次に、172ページ、6目農村環境施設費につきましては、農村環境改善センター帯の瀬ハイツ、農産物加工施設、農村公園等の管理に要する経費であります。

 7目農業経営基盤強化促進対策事業費につきましては、効率的かつ安定的な農業経営の促進を図るとともに、農地の利用集積を促進するための経費であります。

 次に、174ページ、8目売れる農業推進費につきましては、農業者や商業者、市民との連携によるギフトカタログの利用促進や地元農産物の消費拡大、学校給食への地域食材利用の拡大、キノコ・果実料理コンクールや食農フォーラムなどの地産地消の推進、また首都圏や姉妹都市等での各種イベントへの参画、キノコの包装フィルム等を活用したPRなどのマーケティングの推進及び都市と農村との交流などに要する経費であります。また、新たに地元食材の普及促進、商品開発及び販路拡大に向けた事業に要する経費を計上しております。

 次に、2項農地費、1目市単耕地整備費につきましては、農道改良舗装事業の地元負担金の軽減補助事業及び農道の整備や維持管理事業のほか、県営耕地整備事業にかかわる負担金などの経費であります。

 次に、176ページ、2目県補助耕地整備費につきましては、県営耕地整備事業に伴い農地の利用集積を促進するための経費であります。

 次に、3項農業水利費、1目市単水利費につきましては、水路改修事業地元負担金の軽減補助事業、水路改修や維持管理にかかわる事業及び土地改良区が行う事業に支援する土地改良施設維持管理適正化事業等の経費であります。

 次に、178ページから182ページにかけての4項林業費、1目林業振興費につきましては、多面的機能を有する森林保全や特養林産物の生産振興のための事業費でありまして、松くい虫防除対策事業、里山整備である信州の森林づくり事業、エノキ茸の栽培施設整備にかかわる林業経営構造対策事業のほか、森林づくり県民税を活用したみんなで支える森林づくり事業などに要する経費であります。

 次に、184ページをお願いいたします。

 7款商工費では、7億8,568万4,000円を計上いたしました。前年度対比1億8,664万9,000円の増、率にいたしまして31.2%の増であります。これは、186ページになりますけれども、1項商工費、2目商工振興費のうち金融対策事業における制度資金貸付保証料補給金及び192ページになりますが、5目まちづくり推進費のうち中野陣屋前広場の整備にかかわる事業費の増額が主な要因であります。

 それでは、184ページへ戻っていただきまして、1項商工費、1目商工総務費につきましては、職員人件費及び一般管理事務費であります。

 184ページから188ページにかけての2目商工振興費につきましては、商工業の経営の安定を図るための相談、指導や商工団体への運営補助、新技術・新製品の開発補助、特許等取得事業補助のほか、金融対策事業として市制度資金融資あっせんに伴う資金預託や保証料の補給、商店街活性化を促進するための商店会事業補助や空き店舗活用補助などに要する経費であります。

 工業推進事業費では、工場等設置に対する補助を行うほか、商工業振興施設管理運営事業費においては、中野陣屋・県庁記念館や浜津ケ池公園市民センター等の施設管理に要する経費が主なものであります。

 次に、188ページ、3目産業誘致推進費につきましては、市内企業の企業力向上のための担い手研修会の開催や企業誘致を推進するための企業訪問や企業立地情報収集等に要する経費であります。

 次に、188ページから192ページにかけての4目観光費につきましては、観光施設の管理運営や施設整備に要する経費のほか、観光宣伝事業費では、ふるさと雇用再生特別事業補助金を活用した観光コーディネーターや馬具説明指導員の養成のほか、信州中野観光協会への運営補助などに要する経費であります。

 192ページ、土人形の里づくり事業費につきましては、まちなか交流の家の管理運営のための経費及び絵付け体験事業を推進するため、ふるさと雇用再生特別事業補助金を活用した土人形絵付け指導員の養成のほか、土人形の里づくりを推進するために要する経費であります。

 192ページから194ページにかけての5目まちづくり推進費につきましては、中心市街地の活性化を図るためのまちなか音楽会等に要する経費及び新たに国のまちづくり交付金を活用した中野陣屋前広場の整備のため、用地取得費と整備事業費を計上したほか、まちづくり機関である中野TMO運営補助などに要する経費であります。

 経済部関係は以上であります。よろしくお願いいたします。



○議長(湯本隆英君) 次に、建設水道部長。

     (建設水道部長 小古井義治君登壇)



◎建設水道部長(小古井義治君) 建設水道部が所管いたします8款土木費につきまして、市長説明に補足してご説明させていただきます。

 予算書の196ページをお願いいたします。なお、主要施策概要説明書につきましては24ページから記載をさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

 8款土木費につきましては、25億7,996万1,000円を計上させていただきました。前年度に比べまして、金額で3億1,646万1,000円、率にして約11%の減であります。この増減額の要因といたしましては、まちづくり交付金事業等の道路新設改良費の大幅な減と、増では新幹線関連の渇水対策事業費と草間山土地利用促進事業費が主なものでございます。なお、歳出全体に占める8款土木費の割合は13.4%でございます。

 1項土木管理費からお願いいたします。

 1目土木総務費につきましては、職員人件費、一般管理事務費のほか、国・県道路整備促進事業費で、国・県道の整備促進のための各期成同盟会等への負担金等が主なものでございます。

 198ページをお願いいたします。

 2目新幹線関連事業対策費でございます。新幹線対策事業費では、13節委託料で、鉄道建設運輸施設整備支援機構から委託を受けて行います水門調査委託料が主なものでございます。

 渇水対策事業費では、200ページをお願いいたします。応急対策施設の維持管理で11節需用費、光熱水費と、恒久対策施設整備で15節工事請負費の恒久対策管路工事費が主なものでございます。

 2項道路橋梁費のうち1目道路橋梁総務費につきましては、一般管理事務費のほか、県道整備促進事業費として、19節で負担金を計上させていただいております。

 2目道路台帳費につきましては、202ページをお願いいたします。道路台帳整備事業費で、13節委託料の道路台帳整備委託料の中で道路台帳等統合業務委託料と次の公共物管理事業費の同じく委託料でございますが、境界立ち会い等に係る委託料が主なものでございます。

 3目道路新設改良費でございます。幹線道路整備事業費では、まちづくり交付金事業、地域活力基盤創造交付金事業、地方特定道路整備事業及びやさしい歩道づくり事業などで進めております市道吉田西条線ほか8路線及び市単独事業によります1、2級市道7路線の道路改良にかかわる経費等でございます。

 204ページをお願いいたします。

 生活道路整備事業費につきましては、生活道路4路線の道路改良に関する工事請負費等が主なものでございます。

 4目道路舗装費につきましては、舗装事業費の表層舗装工事費が主なものでございます。

 206ページをお願いいたします。

 5目道路橋梁維持費でございます。道路維持事業費では、1節の報酬で嘱託員の報酬、また工事請負費で道路橋梁の破損及び側溝等の修繕に要する経費が主なものでございます。橋梁維持事業費では、13節委託料で橋梁点検調査委託料が主なものでございます。

 6目除雪費につきましては、208ページをお願いいたします。除雪事業費の需用費では、消雪材等諸資材の購入代、除雪車等の燃料代、消雪施設の電気料等及び13節で車道・歩道等の除雪委託料が主なものでございます。

 7目雪寒対策事業費につきましては、18節におきまして、備品購入費でロータリ除雪車、小型ロータリ除雪車、除雪ドーザの購入費が主なものでございます。

 8目交通安全対策特別事業費につきましては、区画線、安全施設等の設置工事費でございます。

 3項河川費のうち1目河川総務費でございます。210ページをお願いいたします。国・県河川整備事業費の19節におきまして、国・県が管理をしております1級河川の各種期成同盟会への負担金等が主なものでございます。

 2目河川改修事業費につきましては、13節委託料、15節工事請負費で、排水路及びその他水路等の改修事業に要する費用を計上させていただいております。

 続きまして、4項都市計画費でございますが、1目都市計画総務費でございます。212ページをお願いいたします。一般管理費のほかは、土地開発基金への繰出金でございます。

 214ページをお願いいたします。

 2目街路事業費につきましては、街路整備事業費として、駅前線整備における街路用地取得費及び支障物件補償料が主なものでございます。

 3目公共下水道事業費につきましては、特別会計への繰出金でございます。

 4目公園管理費の公園緑地管理事業費につきましては、216ページをお願いいたします。北信濃ふるさとの森文化公園、高梨館跡公園、一本木公園等の施設管理委託料が主なものでございます。

 5目公園事業費の公園整備事業費につきましては、218ページをお願いしたいんですが、これは一本木公園整備の工事費が主なものでございます。

 6目建築景観費の建築管理事業費につきましては、庁内各課等から依頼がございます工事の設計監理の委託料が主なものでございます。

 景観美化推進事業費につきましては、地域景観整備事業補助金が主なものでございます。

 また、花のまちづくり推進事業費では、花苗の購入費。

 220ページをお願いいたします。

 人にやさしい建築物整備促進事業費につきましては、バリアフリー等に配慮いたしました民間の建築物の整備に対する補助金でございます。

 次の住宅耐震化促進事業費につきましては、住宅の耐震診断に係る委託料及び耐震補強に係る工事費への補助金でございます。

 アスベスト飛散防止対策事業費につきましても、吹きつけアスベストの除去に要する経費の一部に対する補助金でございます。

 7目土地区画整理事業費でございます。草間山土地利用促進事業費につきましては、草間山の地域内の道路整備に係る工事費及び用地取得費が主なものでございます。

 8目文化公園一帯活性化推進費につきましては、公園一帯の自然環境を生かした活性化を図るため、遊歩道やベンチの整備などが主なものでございます。

 222ページをお願いいたします。

 5項の住宅費の1目住宅管理費でございます。これにつきましては、一般管理の事務費のほかに、市営住宅維持管理事業費につきましては、各団地の老朽化等による修繕工事が主なものでございます。

 以上、建設水道部関係の主なものについてご説明させていただきました。よろしくお願いいたします。



○議長(湯本隆英君) 次に、消防部長。

     (消防部長 塚田栄一君登壇)



◎消防部長(塚田栄一君) 消防部が所管いたします9款消防費につきまして、市長説明に補足して説明申し上げます。

 主要施策成果説明書につきましては28ページに記載してございますので、ごらんいただきたいと思います。

 それでは、予算書、226ページをお願いいたします。

 9款消防費につきましては、6億8,972万4,000円で、前年度対比197万8,000円の増、率にしまして0.3%の増でございます。歳出に占める割合でございますが、3.6%でございます。

 まず、1目常勤消防費では、一部事務組合である岳南広域消防組合に係る負担金のほか、職員人件費等を計上いたしました。

 2目非常勤消防費の消防団員人件費につきましては、消防団員1,131人に係る報酬及び消防団員退職金報償金掛金ほか共済掛金を計上いたしました。

 228ページにかけての消防団運営事業費では、消防団員退職報償金や消防団運営交付金等を計上いたしました。

 3目消防設備費の消防施設整備事業費では、第4分団の消防ポンプの更新を初め小型動力ポンプの更新のため、経費を計上いたしました。

 230ページにかけましての消防施設管理事業費では、鉄骨警鐘楼塗装工事等や消火栓の維持管理に係る負担金等を計上いたしました。

 4目水防費につきましては、水防対策事業費として、水防員報酬、また備蓄資機材の整備のための経費等を計上いたしました。

 消防部関係につきましては、以上でございます。よろしくお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯本隆英君) ここで、昼食のため午後1時まで休憩いたします。

 (休憩)(午前11時57分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午後1時00分)



○議長(湯本隆英君) 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯本隆英君) 次に、教育次長。

     (教育次長 竹内羊一君登壇)



◎教育次長(竹内羊一君) 教育委員会が所管いたします10款教育費につきまして、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 なお、主要施策概要説明書につきましては、29ページから33ページをごらんいただきたいと存じます。

 それでは、予算書の232ページをお願いいたします。

 10款教育費につきましては、総額で15億4,713万円を計上いたしました。前年度対比2,952万3,000円、率にいたしまして1.9%の減であります。減額の主な要因につきましては、中学校の耐震補強事業が終了したことによる減額等によるものでございます。なお、歳出に占める教育費の割合は8.1%でございます。

 それでは、目別に主な内容を申し上げます。

 1項教育総務費のうち1目教育委員会費につきましては、教育委員会の運営費であります。

 2目の事務局費につきましては、職員人件費のほか、臨時職員の共済費等の一般管理事務費であります。

 234ページ、3目教職員住宅施設費につきましては、教職員住宅に係る管理経費のほか、民間住宅借り上げ料と教職員住宅の融資返還金が主な内容でございます。

 4目諸費につきましては、各学校における人権教育事業費などを計上しております。

 236ページ、2項小学校費でございますが、1目学校管理費につきましては、学校医、学校薬剤師報酬や臨時職員賃金等の管理運営事業費のほか、施設整備事業費では、トイレの洋式化工事等が主な内容であります。

 238ページ、2目教育振興費でございますが、一般教育振興事業費につきましては、きめ細かな教育と学校運営の円滑化を一層進めるため新設いたします指導主事の報酬のほか、少人数学習対応のためのTT指導員の報酬及び読書指導員、不登校児童指導員、特別支援教育支援員の賃金などを計上しております。

 教育扶助事業費では、要保護・準要保護等児童に対しての就学援助費等であります。

 また、教育用コンピューター設置事業費につきましては、教育用及び校内LAN用コンピューターの借り上げ料などを計上しております。

 特色ある学校づくり事業費につきましては、図書費のほか、各小学校が創意工夫して事業を行うための負担金であります。

 次に、3項中学校費でございますが、1目学校管理費につきましては、学校医、学校薬剤師報酬や臨時職員賃金などの管理運営事業費であります。

 244ページの施設整備事業費では、豊田中学校特別棟の屋根ふきかえ工事のほか、小学校同様、トイレの洋式化工事に係る経費を計上しております。

 2目教育振興費でございますが、一般教育振興事業費では、少人数学習対応のためのTT指導員の報酬及び心の教室指導員、不登校指導指導員並びに特別支援教育支援員のほか、指導要領移行指導員の賃金が主な内容であります。

 英語指導助手招致事業費では、引き続き3名の外国青年を指導助手として招致いたしまして、英語教育の充実を図るものでございます。

 教育扶助事業費では、要保護・準要保護等生徒に対しての就学援助費等であります。

 教育用コンピューター設置事業費、特色ある学校づくり事業費につきましては、小学校費と同様の事業を行う経費であります。

 次に、4項社会教育費のうち1目社会教育総務費でございますが、職員人件費のほか、248ページになりますが、一般管理事務費、生涯学習のまちづくり推進事業費につきましては、市民の学習活動の促進を図るための経費が主な内容であります。

 2目文化財保護費につきましては、文化財の保護・保存管理経費のほか、埋蔵文化財発掘調査事業費及び高遠山古墳保存整備事業費を計上いたしました。

 252ページになりますが、3目公民館費につきましては、職員人件費と中央公民館、北部公民館及び永田地区館の管理運営事業費のほか、256ページからになりますが、公民館の生涯学習のまちづくり推進事業費では、音楽によるまちづくりの一環として、子供たちを対象にしたミュージカルを楽しもうや各種教養講座、文化祭などの事業の経費を計上しております。

 次に、258ページの4目文化センター費につきましては、西部文化センター及び豊田文化センターの施設管理運営事業費の経費であります。

 次に、262ページの5目図書館費につきましては、職員人件費及びさらに魅力ある図書館づくりを進めるための管理運営事業費のほか、本の読み聞かせや紹介、絵本のプレゼントなどを行うブックスタート事業の経費を計上しております。

 次に、264ページ、6目博物館費につきましては、職員人件費及び管理事業費のほか、運営事業費では、調査研究や企画展示、各種講座、体験教室等の経費及びプラネタリウム機器整備に係る経費を計上したものであります。

 次に、268ページ、5項学校給食費、1目学校給食センター費につきましては、職員人件費のほか、児童・生徒に地元農産物を活用し、安全・安心な学校給食を実施するための管理運営費を計上いたしました。

 教育費につきましては、以上であります。よろしくお願いいたします。



○議長(湯本隆英君) 以上で各担当部長等の補足説明を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△17 議案第14号 平成22年度中野市国民健康保険事業特別会計予算



△18 議案第15号 平成22年度中野市老人保健医療事業特別会計予算



△19 議案第16号 平成22年度中野市後期高齢者医療事業特別会計予算



△20 議案第17号 平成22年度中野市介護保険事業特別会計予算



△21 議案第18号 平成22年度中野市社会就労センター事業特別会計予算



△22 議案第19号 平成22年度中野市住宅改修資金貸付事業特別会計予算



△23 議案第20号 平成22年度中野市倭財産区事業特別会計予算



△24 議案第21号 平成22年度中野市永田財産区事業特別会計予算



△25 議案第22号 平成22年度中野市中野財産区事業特別会計予算



△26 議案第23号 平成22年度中野市情報通信施設事業特別会計予算



△27 議案第24号 平成22年度中野市下水道事業特別会計予算



△28 議案第25号 平成22年度中野市農業集落排水事業特別会計予算



△29 議案第26号 平成22年度中野市水道事業会計予算



○議長(湯本隆英君) 日程17 議案第14号 平成22年度中野市国民健康保険事業特別会計予算から日程29 議案第26号 平成22年度中野市水道事業会計予算までの以上議案13件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 小田切治世君登壇)



◎市長(小田切治世君) 議案第14号 平成22年度中野市国民健康保険事業特別会計予算についてであります。

 本会計につきましては、国民健康保険事業に係る一般管理事務費、保険給付費、後期高齢者支援金等のほか、共同事業拠出金などを計上したものであります。

 予算総額は49億4,657万4,000円で、ほぼ前年度並みの予算となっております。

 歳入につきましては、国民健康保険税12億8,391万7,000円、国庫支出金12億9,879万4,000円、前期高齢者交付金8億7,689万2,000円、共同事業交付金5億2,667万4,000円などを見込んでおります。

 次に、歳出関係ですが、被保険者数は1万5,102人を見込み、1人当たりの保険給付見込み額は22万1,070円となり、保険給付費の総額では33億3,861万2,000円を計上いたしました。ほかに主なものとしましては、後期高齢者支援金等5億8,491万8,000円、介護納付金2億8,242万7,000円、共同事業拠出金5億7,855万7,000円などを計上してあります。

 次に、議案第15号 平成22年度中野市老人保健医療事業特別会計予算について。

 本会計につきましては、平成20年度から老人保健医療制度が後期高齢者医療制度へ移行したことに伴い、平成22年度においては精算業務を残すだけとなり、これに係る経費を計上したものであります。

 予算総額は135万円で、前年度対比で、額にして1,517万円、率にして91.8%の大幅な減となっております。

 歳入では、支払基金交付金41万1,000円、第三者納付金60万円、歳出では、医療給付費100万円などを計上しております。

 次に、議案第16号 平成22年度中野市後期高齢者医療事業特別会計予算について。

 本会計につきましては、75歳以上の高齢者及び一定の障害を持つ65歳以上の者として被保険者数6,537人を見込み、それに係る保険給付を行うための長野県後期高齢者医療広域連合への納付金等を計上したものであります。

 予算総額は3億6,480万円で、ほぼ前年度予算と同額であります。

 歳入では、被保険者からいただく後期高齢者医療保険料2億5,863万9,000円、歳出では、後期高齢者医療広域連合納付金3億5,884万8,000円などを計上しております。

 次に、議案第17号 平成22年度中野市介護保険事業特別会計予算について。

 本会計につきましては、介護保険制度に伴う施設及び居宅等における介護サービスの保険給付費、また地域包括支援事業費などについて計上したものであります。

 予算総額は31億4,819万9,000円、前年度対比で、額にして8,037万2,000円の増、率にして2.6%の増となります。

 歳入では、65歳以上の第1号被保険者が負担する介護保険料5億2,053万円、国・県支出金11億8,390万7,000円、40歳から64歳までの第2号被保険者が負担する保険料分の支払基金からの交付金8億8,734万7,000円、保険者である市の一般会計からの繰入金5億332万円などを見込んでおります。

 歳出では、介護サービスや介護予防サービスなどの保険給付費29億2,655万2,000円、また地域包括支援事業費1億2,892万3,000円などを計上したものであります。

 次に、議案第18号 平成22年度中野市社会就労センター事業特別会計予算について。

 本会計につきましては、社会就労センターの管理運営に必要な経費を計上したものであります。

 予算総額は8,380万1,000円、前年度対比で、金額にして675万円、率にして7.5%の減となっております。

 歳入では、事業収入2,898万円、施設授産事務費負担金2,599万4,000円、一般会計からの繰入金1,675万円、歳出では、一般管理費5,064万6,000円、作業工賃等の施設授産事業費3,290万9,000円などを計上しております。

 次に、議案第19号 平成22年度中野市住宅改修資金貸付事業特別会計予算について。

 本会計につきましては、住宅改修資金貸付事業の償還に係る経費について計上したものであります。

 予算総額は453万5,000円、前年度対比で、金額で733万9,000円、率にして61.8%の大幅な減となっております。これは、前年度、公的資金補償金免除に伴う繰上償還があったためです。

 歳入では、貸付金元利収入429万4,000円、歳出では、貸付事業総務費で一般会計繰出金370万円などを計上しております。

 次に、議案第20号 平成22年度中野市倭財産区事業特別会計予算について。

 本会計につきましては、財産区の運営に必要な経費を計上したもので、予算総額は101万1,000円、前年度対比で52万6,000円、率にして34.2%の減となります。

 歳入では、土地貸付収入などの財産収入34万円、前年度繰越金52万3,000円、歳出では、一般管理事務費54万3,000円、分収造林地育林事業費26万8,000円などを計上したものであります。

 次に、議案第21号 平成22年度中野市永田財産区事業特別会計予算について。

 本会計につきましては、財産区の運営に必要な経費を計上したもので、予算総額は41万9,000円、前年度対比では、額にして48万2,000円、率にして53.5%の減となります。

 歳入では、財産造成基金からの繰入金30万円、歳出では、一般管理事務費32万3,000円などを計上したものであります。

 次に、議案第22号 平成22年度中野市中野財産区事業特別会計予算について。

 本会計につきましては、東町、三好町の各駐車場など財産区所有の貸付地に対する管理運営に必要な経費を計上したもので、予算総額は299万4,000円、前年度対比で、額にして41万6,000円、率にして16.1%の増となります。

 歳入では、駐車場の土地貸付収入等に伴う財産収入228万8,000円、歳出では、一般管理事務費55万円、財産管理基金への積立金207万9,000円などを計上しております。

 次に、議案第23号 平成22年度中野市情報通信施設事業特別会計予算について。

 本会計につきましては、豊田地域をエリアとしたケーブルテレビジョン事業に係る豊田情報センター管理運営経費を計上したものであります。

 予算総額は5,473万3,000円、前年度対比で、額にして1,052万9,000円、率にして16.1%の減となります。

 歳入では、有線テレビ使用料などの使用料3,833万1,000円、情報通信施設整備基金繰入金1,120万9,000円、歳出では、一般管理事務費2,099万3,000円、施設維持管理事業費798万5,000円、番組制作事業費763万円などを計上しております。

 次に、議案第24号 平成22年度中野市下水道事業特別会計予算について。

 本会計につきましては、公共下水道の水処理施設改築工事等の整備事業、処理施設等の維持管理経費、公債費などの歳入歳出予算のほか、債務負担行為及び地方債などをお願いするものであります。

 予算総額は22億638万9,000円、前年度対比では、額にして8,594万7,000円、率にして3.7%の減となります。

 歳入では、使用料及び手数料5億2,084万3,000円、一般会計からの繰入金7億6,113万7,000円、市債6億9,270万円、歳出では、公共下水道整備事業費4億5,279万7,000円、処理施設維持管理事業費1億8,147万2,000円、公債費14億986万7,000円などを計上しております。

 次に、議案第25号 平成22年度中野市農業集落排水事業特別会計予算について。

 本会計につきましては、11カ所の処理施設等の維持管理経費及び公債費などの歳入歳出予算のほか、債務負担行為及び地方債などをお願いするものであります。

 予算総額は6億6,355万7,000円、前年度対比で、額にして2,973万9,000円、率にして4.3%の減となります。

 歳入では、使用料及び手数料1億4,559万9,000円、一般会計からの繰入金3億5,117万2,000円、市債1億5,000万円、歳出では、処理施設維持管理事業費1億103万1,000円、公債費5億563万3,000円などを計上しております。

 次に、議案第26号 平成22年度中野市水道事業会計予算について。

 本会計につきましては、浄水施設及び配水施設の改良事業を初め、各施設の維持管理経費などの収入支出予算のほか、企業債などについてお願いするものであります。

 収益的収入では、水道料金収入など8億7,060万1,000円を見込み、収益的支出では、水道施設等の維持管理費、減価償却費、企業債等の利息などで8億2,133万1,000円を計上。

 次に、資本的収入では、企業債など1億6,756万2,000円を見込み、資本的支出では、浄水施設改良費及び企業債償還金などで4億9,944万3,000円を計上いたしました。

 なお、資本的収支不足額3億3,188万1,000円については、損益勘定留保資金及び消費税等資本的収支調整額などで補てんすることとしております。

 以上、特別会計12件、企業会計1件、合わせて13件を一括してご説明いたしました。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△30 議案第27号 長野県市町村自治振興組合を組織する市町村数の減少について



△31 議案第28号 交通事故に係る和解及び損害賠償の額について



△32 議案第29号 長野県後期高齢者医療広域連合を組織する市町村数の減少について



△33 議案第30号 市道路線の廃止について



△34 議案第31号 市道路線の認定について



△35 議案第32号 中野市民憲章について



○議長(湯本隆英君) 日程30 議案第27号 長野県市町村自治振興組合を組織する市町村数の減少についてから日程35 議案第32号 中野市民憲章についてまでの以上議案6件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 小田切治世君登壇)



◎市長(小田切治世君) 議案第27号 長野県市町村自治振興組合を組織する市町村数の減少について。

 本案につきましては、長野県市町村自治振興組合の組織市町村である東筑摩郡波田町が平成22年3月31日付で松本市に編入されることから、同年3月30日をもって同組合を脱退することに伴い、地方自治法第286条第1項の規定による協議のため、同法第290条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議案第28号 交通事故に係る和解及び損害賠償の額について。

 本案につきましては、平成21年11月10日午前11時50分ごろ、市内大字草間1062番2地先の県道中野豊野線において、渋滞中で停車していた相手方車両の後方部分に公用車が接触し、相手方車両に損害を与えたため、その和解及び損害賠償の額について定めるものであります。

 次に、議案第29号 長野県後期高齢者医療広域連合を組織する市町村数の減少について。

 本案につきましては、長野県後期高齢者医療広域連合の組織市町村である東筑摩郡波田町が平成22年3月31日付で松本市に編入されることから、同年3月30日をもって同組合を脱退することに伴い、地方自治法第291条の3第1項の規定による協議のため、同法第291条の11の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議案第30号 市道路線の廃止について。

 本案につきましては、草間山土地利用促進事業及び替佐築堤護岸整備工事による市道のつけかえに伴い、市道路線を廃止し、市道網を再編するものであります。

 次に、議案第31号 市道路線の認定について。

 本案につきましては、草間山土地利用促進事業及び替佐築堤護岸整備工事による市道のつけかえ、また柳沢築堤整備工事による市道の新設に伴い、市道路線を認定し、市道網を再編成するものであります。

 次に、議案第32号 中野市民憲章について。

 本案につきましては、市民の皆様がさらなる一体感を持って、より住みよいまちづくりに取り組むため、中野市市民憲章策定懇話会からの提言に基づき、一人ひとりが継続的に心がける共通目標として中野市民憲章を定めるものであります。

 以上、6件を一括してご説明申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。

 以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯本隆英君) 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 (散会)(午後1時28分)