議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 中野市

平成19年  9月 定例会(第3回) 09月04日−01号




平成19年  9月 定例会(第3回) − 09月04日−01号







平成19年  9月 定例会(第3回)



        平成19年第3回中野市議会定例会会議録

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

中野市告示第58号

平成19年9月4日(火) 中野市役所議場に開く。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成19年9月4日(火) 午前10時開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第1号)

 1 開会

 2 会議録署名議員指名

 3 会期等の決定

 4 報告第1号 交通事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について

 5 報告第2号 踏切事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について

 6 報告第3号 平成18年度中野市継続費精算報告書について

 7 議案第1号 政治倫理の確立のための中野市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例案

 8 議案第2号 中野市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例案

 9 議案第3号 中野市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例案

10 議案第4号 中野市国民健康保険条例の一部を改正する条例案

11 議案第5号 中野市放課後児童クラブ条例案

12 議案第6号 平成19年度中野市一般会計補正予算(第2号)

13 議案第7号 平成19年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

14 議案第8号 平成19年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

15 議案第9号 平成19年度中野市中野財産区事業特別会計補正予算(第2号)

16 議案第10号 平成19年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

17 議案第11号 平成19年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

18 議案第12号 平成19年度中野市水道事業会計補正予算(第2号)

19 議案第13号 平成18年度中野市一般会計歳入歳出決算認定について

20 議案第14号 平成18年度中野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について

21 議案第15号 平成18年度中野市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算認定について

22 議案第16号 平成18年度中野市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について

23 議案第17号 平成18年度中野市社会就労センター事業特別会計歳入歳出決算認定について

24 議案第18号 平成18年度中野市住宅改修資金貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について

25 議案第19号 平成18年度中野市倭財産区事業特別会計歳入歳出決算認定について

26 議案第20号 平成18年度中野市永田財産区事業特別会計歳入歳出決算認定について

27 議案第21号 平成18年度中野市中野財産区事業特別会計歳入歳出決算認定について

28 議案第22号 平成18年度中野市情報通信施設事業特別会計歳入歳出決算認定について

29 議案第23号 平成18年度中野市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について

30 議案第24号 平成18年度中野市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について

31 議案第25号 平成18年度中野市水道事業会計決算認定について

32 議案第26号 財産(ロータリ除雪車)の取得について

33 議案第27号 踏切事故に係る和解及び損害賠償の額について

34 議案第28号 交通事故に係る和解及び損害賠償の額について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件………議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員次のとおり(21名)

      1番  沢田一男君

      2番  山岸國廣君

      3番  竹内知雄君

      4番  佐藤恒夫君

      5番  深尾智計君

      7番  湯本隆英君

      8番  中島 毅君

      9番  林 紘一君

     10番  金子芳郎君

     11番  小泉俊一君

     12番  野口美鈴君

     13番  竹内卯太郎君

     14番  町田博文君

     15番  西澤忠和君

     16番  武田貞夫君

     17番  武田典一君

     18番  清水照子君

     19番  高木尚史君

     20番  岩本博次君

     21番  青木豊一君

     22番  荻原 勉君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名次のとおり

 議会事務局長   横田清一

 〃 次長     小野富夫

 書記       竹前辰彦

 〃        中山 猛

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため議場に出席した者の職氏名次のとおり

 市長             青木 一君

 副市長            小林貫男君

 教育委員長          清水 正君

 選挙管理委員長        小林貫一君

 農業委員会長         武田俊道君

 監査委員           水橋康則君

 教育長            本山綱規君

 総務部長           栗原 満君

 健康福祉部長兼福祉事務所長  高木幹男君

 子ども部長          高野澄江君

 くらしと文化部長       本藤善明君

 経済部長           柴草高雄君

 建設水道部長         橋本 章君

 消防部長           上野豊吉君

 教育次長           小林次郎君

 会計管理者          豊田博文君

 豊田支所長          丸山正光君

 庶務課長           田中重雄君

 財政課長           海野昇正君

 庶務課長補佐         竹内幸夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (開議)(午前10時00分)

 (開議に先立ち議会事務局長横田清一君本日の出席議員数及び説明のため議場に出席した者の職氏名を報告する。)



△1 開会



○議長(武田典一君) ただいま報告のとおり出席議員数が定足数に達しておりますから、議会は成立いたしました。

 これより平成19年第3回中野市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付してあります議事日程第1号のとおりでありますから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武田典一君) 初めに、市長からあいさつがあります。

 市長。

     (市長 青木 一君登壇)



◎市長(青木一君) 本日ここに、平成19年9月定例市議会を招集いたしましたところ、ご出席をいただきましてありがとうございます。厚く御礼を申し上げます。

 さて、7月16日に発生いたしました平成19年(2007年)新潟県中越沖地震では、県内でも多数の負傷者が出るなど、各地に甚大な災害をもたらしました。

 また、本市におきましても震度5強の揺れを観測し、負傷された方が4名、さらにキノコ栽培施設を初め住宅や公共施設等に大きな被害をもたらしました。被災をされました皆様には衷心よりお見舞いを申し上げますとともに、安全確保のために奔走いただきました各区の役員の皆様を初め、関係各位のご尽力に心から御礼を申し上げる次第であります。

 さきの地震から「備えあれば憂いなし」のことわざのとおり、日ごろからの準備が必要であることはだれもが感じているところであります。今月1日の防災の日には大規模直下型地震を想定し、平岡小学校グラウンドにおいて中野市総合防災訓練を実施したところであります。新潟県中越沖地震を体験したばかりであり、関係機関や団体、地元平岡地区を初め長丘、科野、倭地区の皆様に大勢ご参加をいただき、日ごろからの相互連携と防災意識の高揚を図ることができました。

 ことしの梅雨明けは例年よりおくれて8月1日となり、冷夏を心配しておりましたが、梅雨明けの後は一転して連日猛暑日を観測するなど、夕立などの降雨も少なく、農作物等への影響を懸念しているところであります。

 そんな中、8月3日に日本海を通過した台風5号は、本市から比較的離れて通過いたしましたが、強風の影響で西洋梨などの果樹に落果や果樹の傷みなどの被害を受けたところであります。現在、台風9号が日本へ接近しつつありますので、これからの進路に注視しつつ、また今後の台風も心配されるところでありますが、実り多き収穫の秋を迎えられますことを念願をしているところであります。

 合併後の本市の「花・木・鳥」につきましては、昨年11月に設置された「中野市花、木、鳥、市民歌等制定懇話会」で8回にわたる会議を開催し検討いただいた結果、去る7月23日に市の花につきましてはバラ及びシャクヤク、市の木につきましてはリンゴ及びモミジ、また市の鳥につきましてはチョウゲンボウとの提言書をいただきました。今後はこれらの提言を尊重しつつ検討を続け、なるべく早い時期に本市のシンボルとなる花・木・鳥について制定をしてまいりたいと考えております。

 さて、かねてから事業の拡大について研究を重ねてまいりました乳幼児医療費給付の事業につきましては、保護者の経済的負担をより一層軽減するために、その範囲を就学前児童から小学3年生まで拡大して対象とすることとし、平成20年1月診療分からスタートできるよう進めているところであり、本議会に関係条例案と補正予算をお願いするものであります。

 また、不妊治療補助金では、治療を受ける夫婦の経済的負担の軽減を図るため、交付限度を2回から3回に拡大したところであります。

 次に、放課後留守家庭の児童の健全育成及び中野児童センターの過密解消のため、昨年度から取り組んでおります中野放課後児童クラブの建設につきまして、現在順調に進捗しており、10月から運営が開始できるよう準備を進めております。また、さきに募集をいたしました愛称も「バラっ子クラブ」に決定しております。

 次に、公立保育所の整備につきましては、「中野市保育所あり方検討懇話会」からいただいた提言内容を尊重して、中野市保育所整備計画(案)を策定し、先月保育所運営審議会へ諮問したところであります。その整備計画案では、平成28年度までに2園を整備することとし、保育サービスにつきましても新たに病児・病後児保育を実施することとしたほか、長時間保育時間の延長や保育所での休日保育の実施など、既存のサービスも充実させることとしております。今後は、市民の皆様からご意見をお聞きするとともに、11月初旬までに保育所運営審議会の答申をいただき、計画を決定する予定としております。

 いずれにいたしましても、老朽化したすべての保育所をできるだけ早く整備し、設備の整ったより安全な施設で保育が行えるよう取り組んでまいりますので、議員各位のご理解とご協力をお願いを申し上げます。

 次に、可燃ごみ・埋め立てごみの有料化及びプラスチック製容器包装の分別につきましては、この10月1日からの実施に向けて、現在、準備作業を進めているところであります。地区説明会につきましては、7月に12会場において1,366人の皆様にご参加をいただき開催をしてきたところであります。現在も各区・学校・老人クラブ等への説明会を実施しており、実際にプラスチック製容器包装を使用して具体的分別方法について説明を行っております。10月1日からの新制度スタートに向けて、各区及び衛生自治会関係各位のご協力により、スムーズに新たな制度に移行できますよう議員各位にはより一層のご理解とご協力をお願いをいたします。

 また、ごみ処理の有料化に伴い減量しにくい紙おむつ等の処理支援策として、高齢者、障害者、乳幼児等のおられる家庭に対して、可燃ごみ袋を給付をするため補正予算をお願いをするものであります。

 次に、農作物の作柄でありますが、8月15日現在の水稲の作況は、北信地方では「やや不良」となっており、今後の回復を期待するところであります。

 また、中越沖地震では大きな被害を受けましたキノコ類でありますが、お盆前までの単価は平年よりやや高目で推移しておりましたが、その後は厳しい残暑の影響もあり、単価が低迷いたしました。今月からは本格的な需要期になりますので、価格の上昇を期待しているところであります。

 次に、お中元の時期に合わせた夏のギフトカタログの発行に当たり、昨年の2倍近い農家や事業者の皆様から商品の掲載依頼があり、さらに内容の充実を図ることができました。これまでの受注件数は、前年に比べ52%の増となっており、ご利用いただいた皆様から大変好評を得ているところであります。現在、冬のギフトカタログの準備を進めているところでありますが、一層の内容の充実と配付先の拡大に向けて取り組む所存であります。

 また、秋にとれる旬の果物とキノコの需要期を迎え、各種イベントでの消費宣伝や普及活動なども予定しておりますので、地元産農産物の消費拡大に向けて一層のご理解とご協力をお願い申し上げる次第であります。

 次に、市内の経済動向につきましては、まず、商業では大型店を除く中小小売業の経営状況は、依然として厳しい状況が続いております。消費者ニーズに対応しながらきめ細かな販売方法で順調な経営をしている商店も見受けられます。

 また、製造業の四半期ごとの景況調査を見ますと、情報通信機器向けの部品等につきましては堅調であるものの、デジタル家電関連部品につきましては在庫調整があり、受注に一服感が見られる。電子部品関連につきましても、主力のパソコン及び周辺機器の販売において、輸出が堅調であるものの数量においては低調である。一方、業況判断から見ると、原油価格等の高どまりからの「原材料価格の上昇」や在庫調整の動きから受注数量が減少することによる「需要の停滞」を問題視する企業が多くなってきており、見通しとしても厳しい業況が続くものと思われるとのことであります。

 次に、平成18年度、平成19年度の継続事業として建設を進めてまいりました南部学校給食センターが本年7月に完成し、8月20日から小中学校への給食調理を開始いたしました。この給食センターで調理されるおいしい給食が、心身ともに健やかな子供を育てる糧になるものと期待するところであります。

 本日提案いたします議案は、条例案5件、予算案7件、決算認定13件、事件案3件、合わせて28件であります。よろしくご審議をいただきますようお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2 会議録署名議員指名



○議長(武田典一君) 日程2 会議録署名議員の指名をいたします。

 会議録署名議員については、会議規則第81条の規定により

   14番 町田博文議員

   15番 西澤忠和議員

 の以上2名を議長において指名をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△3 会期等の決定

      平成19年第3回中野市議会定例会運営日程(案)

                会期 平成19年9月4日(火)

                      〜9月21日(金)18日間



月日
曜日
時間
会議
摘要


9月4日

午前10時
本会議
開会、会期等決定、議案提案説明


5日

 
休会
議案審査のため


6日

 




7日

 




8日

 

土曜日のため


9日

 

日曜日のため


10日

午前10時
本会議
議案質疑、議案付託、市政一般質問


11日



市政一般質問


12日






13日


委員会
付託議案審査


14日

 




15日

 
休会
土曜日のため


16日

 

日曜日のため


17日

 

祝日のため


18日

 
委員会
付託議案審査


19日

 
休会
議案整理のため


20日

 




21日

午前10時
本会議
委員長報告、質疑、討論、採決、閉会



 ◯市政一般質問通告は、9月4日午後1時まで

   午後1時までに本会議が散会にならない場合は、散会後1時間以内とする。

 ◯請願書、陳情書及び意見書(案)の提出は、9月6日午後1時まで



○議長(武田典一君) 日程3 会期等の決定についてを議題といたします。

 本定例会の会期及び休会について、議会運営委員長の報告を求めます。

 議会運営委員長 湯本隆英議員。

     (議会運営委員長 湯本隆英君登壇)



◆議会運営委員長(湯本隆英君) 7番 湯本隆英です。

 本日、招集されました平成19年第3回中野市議会定例会の会期及び日程案について説明申し上げます。

 去る8月28日に議会運営委員会を開催し、慎重に審査をいたしました。結果につきましては、会期を本日4日から21日までの18日間といたします。

 日程案につきましては、本日これから会期及び運営日程案を決定し、諸般の報告を行い、続いて議案の説明をいたします。

 5日から7日までは議案審査のため休会といたします。10日午前10時から本会議を開催いたしまして、議案質疑、議案付託を行い、続いて市政一般質問を行います。11日、12日も引き続き市政一般質問を行います。13、14、18日は各委員会において付託議案の審査をお願いいたしまして、19日、20日は議案整理のため休会といたします。21日午前10時から本会議を開き、各委員長より議案審査の報告をお願いいたしまして、質疑、討論、採決を行い閉会という日程といたします。

 なお、会期中の土曜日、日曜日、祝日については休会といたします。

 また、市政一般質問の通告書の提出は本日4日午後1時までとし、午後1時までに本会議が散会にならない場合は散会後1時間以内といたします。

 請願書、陳情書及び意見書案の提出は9月6日の午後1時までといたします。

 以上申し上げ、議会運営委員会の報告といたします。



○議長(武田典一君) お諮りいたします。

 本定例会の会期及び休会について、議会運営委員長の報告のとおりといたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」という声あり)



○議長(武田典一君) ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期及び休会については、ただいま報告のとおりと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武田典一君) この際、諸般の報告を行います。

 議会閉会中の主なる事項について、事務局長に報告させます。

 (議会事務局長横田清一君諸般の報告をする。)

 ◯第83回全国市議会議長会総会 6月19日 東京 議長出席

 ◯北信越市議会議長会第2回産業・経済対策特別委員会 7月10日 加賀市 議長出席

 ◯第47回東北信九市議会正副委員長研修会 7月18日 佐久市 正副議長、各正副委員長出席

 ◯第138回長野県市議会議長会総会 7月19日、20日 岡谷市 正副議長出席

 ◯北信三市議会正副議長会 7月24日 須坂市 正副議長出席



○議長(武田典一君) 以上のとおりでありますから、ご了承願います。

 なお、監査委員からの報告がありました月例出納検査及び決算審査の結果をお手元に配付してありますのでご了承願います。

 以上をもって諸般の報告を終わります。

 本定例会中の議場内の服装については、省エネ対策についても考慮し、上着を脱ぐことを許可することといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△4 報告第1号 交通事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について



△5 報告第2号 踏切事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について



△6 報告第3号 平成18年度中野市継続費精算報告書について



○議長(武田典一君) 日程4 報告第1号 交通事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告についてから日程6 報告第3号 平成18年度中野市継続費精算報告書についてまでの以上報告3件を一括して議題といたします。

 提出者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 青木 一君登壇)



◎市長(青木一君) 報告第1号 交通事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について。

 本件につきましては、平成19年5月6日、中野総合射撃場の駐車場において、公用車を駐車しようとバックした際、後方に駐車していた相手車両に接触し損害を与えたものであります。

 本事故の示談及び損害賠償の額につきましては、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分いたしたものであります。

 次に、報告第2号 踏切事故に係る示談及び損害賠償の額の決定の専決処分の報告について。

 本件につきましては、平成19年1月25日、飯山線替佐駅構内の丸通踏切において、公用車が右方向から来た下り列車に気づかず踏切に進入したところ、列車に接触し踏切事故を起こしたことにより、同列車の車掌に損害を与えたものであります。

 本事故の示談及び損害賠償の額につきましては、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分をいたしたものであります。

 次に、報告第3号 平成18年度中野市継続費精算報告書について。

 本件につきましては、下水道事業特別会計で設定した中野浄化管理センター機械・電気改築工事に係る継続費の継続年度が、平成18年度をもって終了したことに伴い調製した継続費精算報告書でありまして、地方自治法施行令第145条第2項の規定により報告するものであります。

 以上3件、一括してご説明を申し上げました。よろしくお願いを申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△7 議案第1号 政治倫理の確立のための中野市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例案



△8 議案第2号 中野市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例案



△9 議案第3号 中野市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例案



△10 議案第4号 中野市国民健康保険条例の一部を改正する条例案



△11 議案第5号 中野市放課後児童クラブ条例案



○議長(武田典一君) 日程7 議案第1号 政治倫理の確立のため中野市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例案から日程11 議案第5号 中野市放課後児童クラブ条例案までの以上5件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 青木 一君登壇)



◎市長(青木一君) 議案第1号 政治倫理の確立のための中野市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例案。

 本案につきましては、「郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」及び「証券取引法等の一部を改正する法律」の施行に伴い、市長の資産等報告書及び資産等補充報告書の記載事項について、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第2号 中野市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例案。

 本案につきましては、「雇用保険法等の一部を改正する法律」により、失業給付の受給資格要件が改正されたことに伴い、失業者の退職手当に係る規定について、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第3号 中野市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例案。

 本案につきましては、子育て家庭の経済的負担の軽減を図るため、乳幼児等医療費の給付対象を就学前から小学校第3学年終了まで拡大することに伴う所要の改正を行うものであります。

 議案第4号 中野市国民健康保険条例の一部を改正する条例案。

 本案につきましては、「国民健康保険法」の一部改正により、療養の給付を受ける場合の一部負担金の区分及び負担割合に関する規定が改正されたことに伴い、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第5号 中野市放課後児童クラブ条例案。

 本案につきましては、保護者が就労等により昼間家庭にいない児童に適切な遊び及び生活の場を与え、その健全な育成を図るため設置する放課後児童クラブについて条例を新たに制定するものであります。

 以上、条例案5件を一括してご説明を申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△12 議案第6号 平成19年度中野市一般会計補正予算(第2号)



○議長(武田典一君) 日程12 議案第6号 平成19年度中野市一般会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 青木 一君登壇)



◎市長(青木一君) 議案第6号 平成19年度中野市一般会計補正予算(第2号)について。

 本案につきましては、国・県補助事業の決定等による事業費の変更、財源の組み替え、債務負担行為の補正及び地方債の補正を行うものであります。補正総額2億297万6,000円を追加し、補正後の予算総額は170億6,585万6,000円となります。

 歳出の主な内容について申し上げます。

 まず、2款総務費では、生活関連事業費で(仮称)西町コミュニティセンター及び東町区民会館に係る公会堂建設補助金1,106万9,000円の追加、庁舎管理事業費では本庁舎の耐震診断調査業務の委託料577万5,000円を追加し、車両管理事業費で2件の自動車事故の損害賠償金として241万1,000円の増額、賦課徴収事務費では過誤納還付金517万7,000円の増額などをするものであります。

 3款民生費では、地域福祉推進事業費で交通弱者対策として行う乗り合いタクシー事業の試行などに177万2,000円の増額、障害者在宅福祉事業費では、障害児を育てる地域の支援体制整備のための遊具設置工事などで359万4,000円の増額、乳幼児医療費給付事業費では平成20年1月診療分から給付対象を現在の就学前から小学3年生まで拡大するため、そのシステム改修委託料等で31万8,000円の増額、子ども相談事業費では相談事業の充実のため設置する臨床発達心理士の資格を持つ相談員の報酬で148万7,000円を追加、また10月1日から始まるごみの有料化に伴い、負担増となるその処理手数料分の給付について、高齢者・障害者・乳幼児の各事業で計上するほか、各種国庫支出金の精算に伴う返還金の計上、財源の組み替えを行うものであります。

 4款衛生費では、小型合併処理浄化槽設置事業費で浄化槽設置見込み数の増により補助金83万2,000円の増額などを計上いたしました。

 6款農林水産業費では、農業制度資金融資利子軽減事業費で7月に発生した新潟県中越沖地震による災害対策として資金融資に対する利子補給金23万8,000円を追加、園芸産地育成事業費では県の補助事業を導入してJA中野市が実施する果樹等の雨よけ施設整備などに対する補助金1,314万8,000円を増額、市単かんがい排水事業費では、水路改修工事費及び県の委託を受けて行う頭首工台帳作成業務委託料等で414万1,000円を増額、農業用水路等維持管理事業費では、水路等改修工事費及び新潟県中越沖地震による水路等災害復旧工事費で646万5,000円を計上し、また松くい虫防除対策事業費に伐倒駆除費の委託料95万9,000円などを計上いたしました。

 7款商工費では、土人形の里づくり事業費でまちづくり交付金事業の対象となったまちなか交流の家改修工事費など1,767万6,000円の追加ほかであります。

 8款土木費では、幹線道路整備事業費・生活道路整備事業費で道路改良工事などに3,323万7,000円、舗装事業費で表層舗装工事費に1,000万円、街路整備事業費では中町線に係る県施行工事の事業費の確定に伴い、市負担金等3,176万5,000円などを計上いたしました。

 また、文化公園一帯活性化推進事業費では、一帯整備工事費及び推進事務費など397万円を新たに計上いたしました。

 9款消防費では、消防団運営事業費及び消防施設管理事業費で財団法人日本消防協会等からの助成を受けて、消防資器材の購入に202万6,000円、消防施設整備事業費で消火栓の交換移設等に係る負担金296万1,000円を計上いたしました。

 次に、10款教育費では、図書館の管理運営事業費で図書館外壁の修繕料60万円を計上したほか、財源の組み替えをお願いするものです。

 次に、歳入につきましては、10款地方交付税では、普通交付税の確定に伴い3億7,366万2,000円を減額し、12款分担金及び負担金では、市単水路改修及び農村総合整備事業等の事業費の増減により、地元負担金22万3,000円の減額、14款国庫支出金では、まちづくり交付金の増及び過年度分国庫負担金の精算交付等により675万8,000円を計上いたしました。

 15款県支出金では、障害者等共同作業所新体系移行円滑化支援事業、園芸産地育成事業等の補助金、県委託事業に係る委託金で2,848万1,000円を計上いたしました。

 17款寄附金では、市道改良工事、社会福祉への寄附金で92万5,000円、18款繰入金では、財政調整基金繰入金3億4,598万5,000円、中野財産区事業特別会計繰入金631万5,000円、19款繰越金では、前年度繰越金1億6,490万6,000円を計上いたしました。

 20款諸収入では、街路工事に伴う支障物件補償料、消防資器材購入のための助成金などの雑入339万1,000円の増額、21款市債では、街路整備に係る県施行工事負担金の増により地方特定道路整備事業債1,440万円の増額、臨時財政対策債の同意額の確定により370万円の増額などをお願いをいたしました。

 以上、歳入歳出予算の補正のほか、債務負担行為の補正及び地方債の補正をあわせてお願いするものであります。よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△13 議案第7号 平成19年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)



△14 議案第8号 平成19年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)



△15 議案第9号 平成19年度中野市中野財産区事業特別会計補正予算(第2号)



△16 議案第10号 平成19年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第2号)



△17 議案第11号 平成19年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)



△18 議案第12号 平成19年度中野市水道事業会計補正予算(第2号)



○議長(武田典一君) 日程13 議案第7号 平成19年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)から日程18 議案第12号 平成19年度中野市水道事業会計補正予算(第2号)までの以上議案6件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 青木 一君登壇)



◎市長(青木一君) 議案第7号 平成19年度中野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について。

 本案につきましては、療養給付費交付金及び療養給付費等負担金の平成18年分の精算等に伴い、事業費の補正を行うもので、補正総額は2,426万3,000円を追加し、補正後の予算総額は49億5,809万1,000円となります。

 歳出は、3款老人保健拠出金で109万9,000円の増額及び4款介護納付金で69万9,000円の減額であり、ともに平成19年度分の額の決定に伴う補正、8款諸支出金では療養給付費等の負担金などの精算金として1,618万1,000円の増額、10款前年度繰上充用金は平成18年度決算の収支不足額の確定に伴う補てん金29万6,000円の減額であります。

 歳入では、3款国庫支出金で4万7,000円の増額、4款療養給付費交付金では2,424万2,000円の増額、9款繰越金では5万1,000円の減額などを計上いたしました。

 次に、議案第8号 平成19年度中野市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)について。

 本案につきましては、国庫負担金等の精算金の確定等に伴い補正を行うもので、補正総額は1億528万6,000円を追加し、補正後の予算総額は29億1,912万6,000円となります。

 歳出では、4款基金積立金で介護給付費準備基金積立金5,237万5,000円の増額、6款諸支出金では国庫負担金の確定に伴う還付金5,291万1,000円の増額であります。

 歳入では、4款支払基金交付金で前年度分の介護給付費交付金の精算に伴い1,393万8,000円の増額、8款繰越金で前年度繰越金9,134万8,000円の追加を計上いたしました。

 次に、議案第9号 平成19年度中野市中野財産区事業特別会計補正予算(第2号)について。

 本案につきましては、中野財産区財産管理基金を西町区及び東町区へ配分するためなどの補正をお願いするもので、補正総額635万8,000円を追加し、補正後の予算総額は1,210万7,000円となります。

 補正の内容は、歳出では1款総務費、1項総務管理費の一般会計繰出金631万5,000円の増額を、2款基金積立金では財産管理基金積立金4万3,000円の追加であります。

 歳入では、2款繰越金で4万3,000円の増額を、4款繰入金では財産管理基金繰入金631万5,000円の増額を計上いたしました。

 次に、議案第10号 平成19年度中野市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について。

 本案につきましては、街路整備に関連して行う取付管布設替工事等に伴う事業費の変更、財源組み替えの補正及び地方債の補正をお願いするものであります。

 補正総額2,853万4,000円を追加し、補正後の予算総額は17億7,620万5,000円となります。

 歳出の内容を申し上げます。

 1款下水道費の一般管理事務費で消費税の確定により78万4,000円を増額し、職員人件費では財源の組み替えをし、公共下水道整備事業費では取付管布設替工事等で2,675万円の追加、特定環境保全公共下水道整備事業費では管路施設工事で100万円の増額を、3款公債費では財源の組み替えをするものであります。

 歳入では、5款繰入金で公共下水道施設整備基金繰入金を1,609万9,000円減額し、6款繰越金で前年度繰越金を1,803万3,000円の増額、市債では公共下水道債を2,660万円増額するものであります。

 次に、議案第11号 平成19年度中野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について。

 本案につきましては、前年度分消費税の確定に伴う精算、前年度繰越金の額の決定等に伴い補正を行うものであります。

 補正総額55万4,000円を減額し、補正後の予算総額は5億8,197万6,000円となります。

 歳出の内容を申し上げます。

 1款農業集落排水事業費の一般管理事務費で消費税の確定に伴い55万4,000円を減額し、2款公債費では財源の組み替えをするものであります。

 歳入では、4款繰入金で農業集落排水施設整備基金繰入金を1,546万1,000円減額し、5款繰越金では前年度繰越金599万3,000円を増額、6款諸収入で消費税還付金891万4,000円を追加するものであります。

 次に、議案第12号 平成19年度中野市水道事業会計補正予算(第2号)について。

 本案につきましては、新規水源調査及び街路整備に関連して行う配水管布設替工事等に伴う事業費の変更などのほか、企業債の補正を行うものであります。

 まず、収益的支出では、1項営業費用で将来の水需要把握のための調査委託料168万円の追加、次に、資本的収入では、1項企業債1,430万円の増額、水源確保支援事業に係る3項補助金1,313万5,000円の追加、配水管布設がえの補償に伴う4項工事負担金252万円の追加、消火栓の新設改良に係る5項他会計工事負担金296万1,000円の追加、資本的支出では、1項建設改良費の浄水施設改良費で新規水源調査委託料など2,662万5,000円の追加、配水施設改良費で配水管布設替工事等2,379万1,000円の追加、北部簡易水道施設改良費及び倭北部簡易水道施設改良費で配水施設等整備工事にあわせて680万6,000円の増額をするものであります。

 なお、収支不足につきましては、損益勘定留保資金、消費税等資本的収支調整額で補てんをすることとしております。

 以上、特別会計5件、企業会計1件を一括してご説明を申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△19 議案第13号 平成18年度中野市一般会計歳入歳出決算認定について



○議長(武田典一君) 日程19 議案第13号 平成18年度中野市一般会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 青木 一君登壇)



◎市長(青木一君) 議案第13号 平成18年度中野市一般会計歳入歳出決算認定について。

 平成18年度の我が国の経済は、企業部門の好調さが雇用・所得環境の改善を通じて家計部門へ波及し、景気は個人消費の動向に弱さが見られるものの民間需要中心の回復が続きました。

 物価の動向を総合的に見ますと、消費者物価指数は前年度比で上昇が続きましたが、石油製品等の特殊要因を除くとほぼ横ばいで推移したとはいえ、このこと等からデフレからの脱却も視野に入ってまいりました。

 政府は、「平成18年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度」の中で、「改革なくして成長なし」、「民間にできることは民間に」、「地方にできることは地方に」との方針のもと、「小さくて効率的な政府」を実現するとともに、「各分野にわたる構造改革を断行する」とし、さらに平成18年7月7日に閣議決定をした「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」で「新たな挑戦の10年」と位置づけ、政策運営が行われてまいりました。

 このような情勢の中にあっても、平成18年度の中野市一般会計決算につきましては、順調に事業実施ができたと思っております。

 まず、歳入面においては、市税に緩やかな伸びが見られ、「三位一体の改革」関連で地方譲与税は増加いたしましたが、一方、地方交付税は縮減され、さらに前年度大雪に伴い臨時的に交付された除雪経費等に係る地方交付税は皆減となるなど厳しい状況が続きました。

 歳出面では、人件費の計画的削減、枠配分による一般財源経費の削減、国・県補助事業等の有利な事業の導入等を行う中で、地域の活性化、福祉都市の実現など、市民生活に直結する事業を重点的に実施してまいりました。

 各事業の実施に当たっては、新市まちづくり計画の基本方針にある新市の将来像「緑豊かなふるさと 文化が香る元気なまち」の実現に向けて6つの施策を柱に推進をしてきたところであり、この間の議員各位を初め市民の皆様のご理解、ご協力に対し心から感謝を申し上げる次第であります。

 平成18年度の事業実績及び主要施策の成果につきましては、お手元にお配り申し上げましたとおりでありますので、よろしくお願いをいたします。

 さて、一般会計の決算でありますが、予算総額181億6,085万6,000円に対しまして歳入総額174億7,030万176円、歳出総額171億8,394万6,353円、歳入歳出差引額は2億8,635万3,823円であります。このうち繰越明許等による翌年度の繰越財源が2,144万7,750円でありますので、実質収支は2億6,490万6,073円の剰余であります。

 なお、前年度との比較をいたしますと、歳入で4.7%の減、歳出で2.7%の減となっております。

 それでは、「新市まちづくり計画」に基づく6つの主な施策に沿ってご説明を申し上げます。

 初めに、「市民一人ひとりに開かれた住民参加のまちづくり」では、本市が目指すべき方向性を明らかにし、まちづくりの基本方針となる「中野市総合計画」を初めとする各種計画を市民の皆様のご参加をいただく中で策定をいたしました。

 また、生活関連事業としては、地域コミュニティーの拠点となる公会堂の建設・整備に対し補助金を交付いたしました。

 次に、「思いやりと地域の連携で支える健康福祉のまちづくり」では、保健・医療・福祉の連携強化の拠点づくりとして、新たに保健センターをオープンし、保健医療にとどまらず市民の交流の場としても利活用をいただいているところであります。

 また、少子化対策等、子供の健やかな成長を願い子ども部を設置をし、一貫した事業展開を図るとともに、母子の健康の確保及び育児支援を図るため、新たに産婦及び新生児の入院指導に係る経費に対し補助金を交付いたしました。

 障害者福祉においては、「障害者自立支援法」が平成18年4月1日に施行されたことに伴い、障害者の方が地域で安心して暮らせるように事業等を再編し、サービスの提供を行いました。

 次に、「産業が連携し、新しい価値を生み出すまちづくり」では、新たな農業の担い手を確保・育成し、地域農業の振興を図るため、新規農業者に対し研修費の一部を補助したほか、新たに中野市産のキノコが当たるという「おいしい年賀状」の販売や「きのこ料理レシピ集」を作成し、キノコの消費拡大を図りました。

 また、平成17年12月からの豪雪による被害を受けた農家に対し、資金融資に係る利子補給及び復旧用苗木代について支援をし、平成18年7月の集中豪雨による被害対策として防除農薬代について支援を行いました。

 さらに、商業・観光振興面では、土人形「土の兎」を活用した土人形の里づくり事業を新たに展開したほか、市内商業の活性化のため、新たにプレミア付商品券に対する支援を行いました。

 次に、「地球環境の保全と水と緑を活かしたまちづくり」では、環境の保全に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、その指針となる「環境基本計画」の見直しに着手いたしました。

 次に、「地域が育て地域が守る教育文化のまちづくり」では、施設整備として老朽化や安全面に配慮して北部学校給食センターを平成18年4月に供用を開始するとともに、南部学校給食センターの建設に着手したほか、新たに立ち上げた童謡・唱歌のふるさとづくり事業として中山晋平・高野辰之両記念館の整備を行いました。

 また、図書館では市立図書館と3分館の所蔵図書資料の情報ネットワーク化を図り、あわせて図書の貸し出し・返却・予約が可能となる情報システムの整備を行い、図書館サービスの充実を図りました。

 さらに、県史跡である高遠山古墳の保存整備のため、用地の取得、復元整備に向けての実施設計を行ったほか、中野に対する関心を高めていただくため、中野をイメージする漢字一文字を考えていただく「信州中野の一文字大賞」を実施いたしました。

 次に、「特色ある発展を支える都市基盤が充実したまちづくり」では、基本構想に即しつつ、本市の均衡ある発展を図るための土地利用に関する指針となる「中野市国土利用計画」を策定いたしました。

 また、道路整備事業として草間農協線などの幹線道路及び平成18年度で完了した立ケ花東山線などの街路の拡幅改良等の整備を行いました。このほか、ロータリー除雪車等の除雪車両の増強、市内案内標識の設置、本沢川樋門排水ポンプの設置工事等を実施いたしました。

 さらに、消防施設整備事業としては、地区消防活動の拠点施設として、上今井地区にコミュニティー消防センターを整備いたしました。

 以上、主な事業について概要を申し上げました。計画いたしました事業につきましては、繰り越し事業を除き順調に実施することができました。これもひとえに議員各位を初め市民の皆様、そして関係各位のご理解、ご協力によるものと重ねて感謝を申し上げます。今後ともなお一層のご理解とご協力をお願い申し上げるものであります。

 ただいま決算の概要についてご説明を申し上げましたが、細部につきましては、各部長の方から説明をさせます。

 また、平成18年度における資金運用状況につきましては、会計管理者から説明をさせます。

 次に、監査委員による決算の審査結果につきましては、「決算審査意見書」のとおりでございます。審査意見を十分に踏まえながら今後財政運営の適正化・健全化に努めてまいる所存であります。

 よろしくご審議の上、認定をいただきますようお願いを申し上げます。



○議長(武田典一君) 続いて、担当部長等において本案の補足説明がございましたら願います。

 総務部長。

     (総務部長 栗原 満君登壇)



◎総務部長(栗原満君) 平成18年度中野市一般会計決算につきまして、市長説明に補足して歳入全般と歳出のうち総務部が所管いたします1款議会費、2款総務費のうちの総務管理費の関係部分、徴税費、選挙費、統計調査費、監査委員費のほか、11款公債費及び12款予備費についてご説明申し上げます。

 なお、最初にお願いを申し上げますが、前年度の平成17年度決算には合併前の旧市村の決算が打ち切り決算となったことにより生じた平成16年度分の未収金、未払い金が含まれておりますのでご理解をお願いいたします。

 それでは、最初に、決算額の構成について申し上げます。

 歳入総額に占める市税、財産収入等の自主財源比率は45.6%、また地方交付税、国・県支出金等の依存財源比率は54.4%であります。

 次に、歳出で申し上げます。人件費、扶助費、公債費のいわゆる義務的経費は47.3%、建設事業費等の投資的経費は8.1%、物件費、補助費等のその他の経費が44.6%となっております。

 それでは、お手元の決算事項別明細書により主なものについてご説明申し上げます。

 なお、本決算書は両開きでございますが、左側のページのみのページを申し上げますので、よろしくお願いを申し上げます。

 まず、歳入でありますが、120ページをお願いいたします。

 1款市税でありますが、収入済額は54億9,667万余円で、収入総額の31.5%を占めております。そのうち個人、法人合わせた市民税が20億9,522万余円、固定資産税が25億3,563万余円となっております。次に、不納欠損額の欄をごらんください。市税の不納欠損額は3,503万余円であり、これは執行停止後3年経過したもの等を欠損として処分したもので、市民税では1,388万余円、固定資産税では1,841万余円であります。次に、収入未済額の欄をお願いいたします。市税の収入未済額は5億4,817万余円でありまして、いわゆる滞納額であります。未済の内訳は市民税で1億854万余円、固定資産税で3億5,680万余円となっており、市税の収納率は90.4%であります。

 続きまして、122ページをお願いいたします。

 2款の地方剰余税は6億4,908万余円であります。このうち1目所得譲与税3億5,959万余円につきましては、国の三位一体の改革に伴い地方への税源移譲分として平成16年度より3年間交付されていたものでありまして、平成18年度をもって廃止となりました。2目自動車重量譲与税2億1,537万余円につきましては、自動車重量税の3分の1を、また3目地方道路譲与税7,411万余円につきましては、地方道路税の42%を道路延長割2分の1、道路面積割2分の1の割合で市町村に案分して交付されたものであります。

 3款利子割交付金は1,703万余円であります。これは県民税利子割額から法人分控除額等を減額した額の95%のうちの5分の3が個人の県民税収入決算額の割合に応じて市町村に交付されたものであります。

 4款配当割交付金ですが、1,591万余円であり、これは平成16年1月1日施行の税制改正に伴い税源移譲分として創設されたものであり、収納された県民税配当割額の95%のうち3分の2に相当する額が市町村に交付されたものであります。

 124ページでございます。

 5款株式等譲渡所得割交付金は1,217万余円であり、これも配当割交付金同様、平成16年1月1日施行の税制改正に伴い創設されたものであり、納入された県民税、株式等譲渡所得割額の95%のうちの3分の2に市町村に交付されたものであります。

 6款地方消費税交付金は4億6,201万余円であります。税率1%の地方消費税の2分の1を人口割50%、従業者数割50%の割合で市町村に交付されたものであります。

 7款ゴルフ場利用税交付金1,165万余円であります。これは県のゴルフ場利用税のうち10分の7が所在市町村に交付されたものであります。

 8款自動車取得税交付金1億2,448万円であり、これは自動車取得税の95%のうち10分の7を道路延長割2分の1、道路面積割2分の1の割合で市町村に案分交付されたものであります。

 9款地方特例交付金は1億2,390万余円であります。これは恒久的な減税に伴う地方税の減収額の補てんとして、また児童手当の制度拡充に伴い増加する地方負担に対応するため市町村に交付されたものであります。

 126ページをお願いをいたします。

 10款地方交付税は56億3,529万余円であります。歳入に占める割合は32.3%であり、このうち普通交付税については50億822万余円でありまして、昨年度に比べて2億3,924万余円、率にして4.6%の減であり、特別交付税については6億2,707万余円で、昨年度に比べて1億702万円、率にして14.6%の減となっております。

 11款交通安全対策特別交付金は873万余円であります。これは交通反則金等の収入から交通事故発生件数などに応じ市町村に交付されます。

 12款分担金及び負担金でありますが、3億2,201万余円であります。主なものでは、1項1目の保育所費負担金であります。

 続きまして、128ページからお願いをいたします。

 13款使用料及び手数料でありますが、1億7,184万余円であります。主には、公共施設、市営住宅等の使用料のほか、長時間保育などの保育所使用料、住民票等の交付手数料、じん芥収集手数料等であります。

 次に、132ページの中段からでございます。

 14款国庫支出金は7億8,817万余円であります。1項の国庫負担金は5億9,395万余円であり、1目の生活保護費、児童手当費、障害者自立支援給付費等に係る民生費負担金が主なものであります。

 次に、134ページからお願いをいたします。

 2項の国庫補助金では1億7,791万余円でありまして、1目の次世代育成支援対策交付金、3目の地方道路整備臨時交付金、除雪機械購入費補助金、公園事業補助金、4目の安全・安心な学校づくり交付金などが主なものであります。

 続きまして、136ページからお願いいたします。

 15款県支出金でありますが、6億1,711万余円であります。1項県負担金2億4,903万余円では、2目の障害者自立支援給付費負担金、児童手当費負担金、3目の国民健康保険基盤安定負担金等が主なものであります。

 138ページからの2項県補助金2億8,759万余円では、1目の福祉医療費給付事業補助金や保育対策促進事業補助金、3目の繰越明許分を含みます農村総合整備事業補助金、5目の図書館情報システム等整備に係る合併特例交付金等が主なものであります。

 続きまして、140ページからの3項の委託金8,049万余円では、1目の県民税徴収委託金、長野県知事選挙執行委託金等が主なものであります。

 次に、少し飛びますが、146ページをお願いいたします。

 18款の繰入金5億6,827万余円でありますが、財政調整基金など各基金から繰り入れをしたものであります。

 続きまして、148ページ、19款の繰越金6億7,992万余円であります。これは前年度からの繰越金であります。

 20款諸収入6億8,093万余円でありますが、3項4目の商工費の制度資金預託金の元金収入2億150万円、5項雑入の3億9,770万余円が主で、雑入の内容は一般管理関係の派遣先からの職員退職手当積立金、児童福祉関係の市外からの保育所運営委託料、学校給食関係の給食費などであります。

 次に、152ページ、中段からお願いをいたします。

 21款市債でございますが、10億3,980万円であり、これは各事業の実施に当たって借り入れをしたものでありまして、2目土木債は地方特定道路整備事業、除雪機械購入事業など、4目教育債は南部学校給食センター建設事業、童謡・唱歌のふるさとづくり事業等に充てたものであります。

 154ページをお願いいたします。

 6目臨時財政対策債ですが、これは地方交付税の財源不足を補うものであります。各市債のうち合併特例事業債は3億2,560万円であります。また、昨年度と比べますと市債の発行額は6億7,270万円、率にして39.3%と減少しており、これは合併特例事業債の減少が主な要因であります。

 歳入については以上でございます。

 次に、歳出を申し上げる前に、財政指標についてご説明申し上げます。

 なお、この財政指標は国において決算統計上、統一すべく設定した普通会計ベースで算定しております。ちなみに、本市の場合は一般会計のほか特別会計の社会就労センター事業、住宅改修資金貸付事業、情報通信施設事業が普通会計となっております。

 まず、財政基盤の強さを示す財政力指数は、昨年度に比べ0.014ポイント上昇し0.495、財政構造の弾力性の指標となる経常収支比率は0.5ポイント改善され88.6%、また、地方債発行規模の妥当性を判断する指標で標準財政規模に対する地方債の元利償還金に充てた一般財源の割合を示す公債費比率は2.2ポイント上がって18.3%であり、市債発行の同意基準として新たに設けられた指標の実質公債比率は3.2ポイント上昇し16.8%であります。さらに、市債発行の基準として用いられる指標の起債制限比率は1.0ポイント上がって11.3%であります。

 それでは、次に歳出について申し上げます。

 決算書につきましては、156ページからお願いを申し上げます。また、事業実績並びに主要施策成果説明書は5ページからお願いをいたします。

 決算書156ページでございます。1款議会費の執行率は97.6%であります。1項1目の議会費は、議員及び議会事務局職員の人件費のほか、議会の運営に係る経常経費であります。

 続きまして、158ページからでございます。

 2款総務費について申し上げます。執行率は93.7%であります。1項総務管理費、1目の一般管理費は特別職及び一般職の職員の人件費、振興公社運営補助金が主なものであり、そのほかに職員の健康診断等の福利厚生事業費、区長会への事務委託料等の関係事業費などであります。

 次に、164ページの2目文書費では、法規類等の追録などに係る文書管理事業費及び市の文書の各戸配達をお願いしております配達員賃金等に係る文書配達事業費であります。3目秘書広報費では、秘書費については経常経費であり、広報広聴事業費では市政の動きなどを市民にお知らせする広報なかの、史跡ガイドブックの発行費用等であります。

 続きまして、168ページをお願いいたします。

 5目の一般諸費をお願いいたします。防災事業費では9月1日に実施した総合防災訓練費のほか、防災行政無線の維持管理経費などであります。生活関連事業費では、有線放送電話協会施設整備事業費補助金及び3地区への公会堂建設事業補助金の交付などを行ったものであります。

 次に、170ページをお願いいたします。

 6目財政管理費でありますが、財政管理に係る経常経費の中野市に交付された地方交付税に一括算入された清掃施設、老人福祉施設分について地方交付税当市補正分市町村配分として関係市町村に配分したものであります。

 7目財産管理費は、庁舎等の施設などの財産管理の経費、また172ページをお願いいたします。8目車両費では公用車の適正な管理運営のための経費、174ページの9目会計管理費は、正確かつ円滑な出納事務を執行するための経費であります。

 次に、10目企画費につきましては、178ページにかけてございますが、総合計画及び国土利用計画策定経費などの企画調整事務費、廃止路線代替バス運行費補助金、JR駅業務委託等の公共交通対策事業費、宝くじの助成を受けてのコミュニティー事業への補助を行った地域活性化推進事業費及び広域連合負担金であります。

 178ページ、お願いいたします。

 11目情報政策費につきましては、情報機器購入費、情報通信料などの情報政策推進事業費であります。

 次に、12目国際都市間交流費では、市民が行う国際交流事業や都市間交流事業に対し補助を行い交流を促進するとともに、学校新聞特派員の派遣などにより相互理解を深めております。

 次に、182ページをお願いいたします。

 16目基金積立金は、財政調整基金など5つの基金について基金の運用益及び地方債の償還計画に基づき積み立てたものであります。

 次に、184ページ、2項徴税費の1目固定資産評価審査委員会費につきましては、同委員会に係る経常経費であります。2目税務総務費は職員人件費等の経常経費であります。3目賦課徴収費は、市税の賦課に係る電算委託料、資産台帳整備事業の委託料、法人市民税等の還付金などが主であります。

 次に、188ページをお願いいたします。

 4項選挙費、1目選挙管理委員会費につきましては、選挙管理委員会事務局職員の人件費及び委員会の運営に係る経常経費であります。

 192ページ、3目市議会議員一般選挙費から196ページの5目県議会議員一般選挙費までは、それぞれの選挙の執行経費であります。

 次に、196ページをお願いをいたします。

 5項1目の統計調査費につきましては、統計に係る職員人件費及び工業統計調査等の指定統計に係る調査事業費等であります。

 続きまして、198ページの6項1目の監査委員費につきましては、事務局の職員人件費及び監査事務に係る経常経費であります。

 次に、かなり飛びますが400ページをお願いいたします。また、事業実績並びに主要施策成果説明書は121ページをお願いをいたします。

 それでは、決算書400ページでございます。11款公債費の執行率は99.8%であります。1項公債費は平成18年度において償還した元金、それに伴う利子及び基金の振りかえ運用に伴う利子であります。

 次に、12款予備費でありますが、市道崩落に伴う復旧工事のほか、ぽんぽこの湯の緊急工事費等に充当したものであります。

 総務関係につきましては、以上でございます。よろしくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武田典一君) ここで10分間の休憩をいたします。

 (休憩)(午前11時20分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午前11時30分)



○議長(武田典一君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武田典一君) 健康福祉部長兼福祉事務所長。

     (健康福祉部長兼福祉事務所長 高木幹男君登壇)



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(高木幹男君) 健康福祉部が所管いたします3款民生費、4款衛生費の関係部分について、市長説明に補足してご説明申し上げます。

 初めに、3款民生費でございますが、決算書は198ページ、事業実績並びに主要施策成果説明書は24ページからになりますので、よろしくお願いいたします。

 民生費の支出済額は40億7,232万2,612円で、執行率は95.5%であります。

 1項1目社会福祉総務費は、職員人件費、社会就労センター事業特別会計繰出金と地域福祉活動の促進を図るための福祉員の報酬、社会福祉協議会への運営費補助並びに事業費補助のほか、地域住民活動による福祉ネットワーク活動の支援を行うふれあいまちづくり事業補助などであります。

 次に、202ページをお願いいたします。

 2目障害者福祉費は、障害者福祉事務費のほか、障害者在宅福祉事業では身体、知的障害児・者、精神障害者にかかわる在宅での生活の支援や自立のための各種サービス事業と支援などであります。

 また、障害者施設福祉事業費では、身体、知的障害者の自立に必要な訓練を行うための施設訓練等支援費などのほか、知的障害者施設のぞみの郷校舎とふっくら工房ふるさとの建設費補助事業費及びりんごの木共同作業所等における精神障害者社会復帰訓練事業などであります。

 次に、210ページをお願いいたします。

 3目福祉医療費給付費のうち福祉医療費給付事業費は、心身障害者、母子家庭等への医療給付事業費であります。

 次に、少し飛びまして220ページをお願いいたします。事業実績並びに主要施策成果説明書は40ページからになります。

 8目老人福祉費は、一般管理事務費のほか高齢者在宅サービス事業費は、寝たきりやひとり暮らしの高齢者に対し住宅改良促進事業など在宅生活の維持向上と介護者の負担軽減を図るための事業費であります。施設サービス事業費は、養護老人ホームへの入所措置事業費、高齢者生きがい対策事業費は、シルバー人材センター運営費補助、温泉利用休憩料等助成事業などであります。高齢者祝賀事業は、合同金婚式、敬老会助成事業であります。また、広域連合負担金は菜の花苑建設の起債償還分担金、介護保険事業費は介護保険事業特別会計への繰出金及び低所得者への利用者負担の軽減を図るための事業であります。生きがい施設管理事業費は、屋外ゲートボール場さんさん館等の管理運営費などであります。

 次に、224ページをお願いいたします。

 9目老人医療費は、老人保健医療事業特別会計繰出金のほか、平成20年度から始まる長野県後期高齢者医療広域連合の設立準備委員会負担金などであります。

 次に、少し飛びますが、238ページをお願いいたします。事業実績並びに主要施策成果説明書は46ページになります。

 2項4目母子福祉費は、母子自立支援員を配置し自立に必要な相談指導を行うなどの事業費であります。

 次に、240ページをお願いいたします。事業実績並びに主要施策成果説明書は48ページになります。

 3項1目生活保護総務費は、職員人件費のほか生活保護実施に伴う事務費であります。2目扶助費は、生活困窮者の生活保障と自立助長を図るための事業費であります。

 次に、244ページの4款衛生費をお願いいたします。事業実績並びに主要施策成果説明書は49ページからになります。

 衛生費の支出済額は13億9,577万1,952円で、予算執行率は98.1%であります。なお、翌年度繰越額454万円を差し引きますと、予算執行率は98.4%であります。

 1項1目保健衛生総務費は、人件費、一般管理事務費のほか、北信総合病院医師確保のための地域医療従事医師奨学資金貸付金や休日及び夜間における緊急医療体制の確保、充実のための事業費の一部負担のほか、国民健康保険事業特別会計繰出金などであります。

 次に、246ページをお願いいたします。

 2目健康づくり推進事業費は、歩く健康づくりや健康フェスティバルを通じて健康づくりの知識や意識の高揚を図るための啓発、相談、指導事業などであります。

 次に、248ページをお願いいたします。

 3目予防費は、高齢者のインフルエンザの予防接種と結核の予防事業であります。4目健康審査事業費は、市民の健康増進を図るためのいきいき検診や各種がん検診のほか、メタボリックシンドローム予防等のための健康教育相談事業であります。

 少し飛びまして、254ページをお願いいたします。事業実績並びに主要施策成果説明書は54ページになります。

 6目保健センター管理運営費は、中野及び豊田保健センターの管理運営費であります。

 また、少し飛びまして262ページをお願いいたします。事業実績並びに主要施策成果説明書は55ページになります。

 10目老人保健事業費は、老人保健施設みゆきに対する建設補助事業費でございます。

 以上でございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(武田典一君) 続いて、子ども部長。

     (子ども部長 高野澄江君登壇)



◎子ども部長(高野澄江君) 子ども部が所管いたします3款民生費、4款衛生費の関係部分について、市長説明に補足して説明させていただきます。

 初めに、3款民生費でございますが、決算書210ページ、事業実績並びに主要施策成果説明書につきましては、36ページをお願いいたします。

 1項3目福祉医療費給付費でございますが、乳幼児医療費給付事業費につきましては、就学前乳幼児の医療費を給付し、負担の軽減と乳幼児の健康増進を図った事業費でございます。

 次に、少し飛びますが、決算書226ページ、事業実績並びに主要施策成果説明書につきましては、43ページからになります。

 2項1目児童福祉総務費でございますが、職員人件費のほか中野平野児童センターの管理運営費、放課後児童の健全育成を図るため5カ所の児童クラブに対する育成事業費、地域における児童の遊び場整備事業費並びに5カ所の放課後児童教室の運営事業費でございます。

 続いての青少年対策事業費につきましては、青少年の健全な社会環境づくりと育成活動の推進を図るため、有害環境の浄化活動や非行防止活動のほか、地域での体験活動に対する補助金の交付を行ったものであります。

 また、児童クラブ施設整備事業費につきましては、中野児童センターの過密解消を図り放課後児童の健全育成のための児童クラブ新設事業費であります。

 続きましての2目保育所費でございますが、職員人件費のほか保育所運営事業費につきましては、公立保育所11園、私立保育所1園の管理運営費、また長時間保育等の特別保育を行った事業費、子育て家庭の育児を支援するための3カ所の子育て支援センターの管理運営事業費、民間保育所への特別保育事業費、保育事業等への補助事業費及び保育所において園児と地域との交流を行った活動事業費でございます。

 さらに、幼児教育振興事業費につきましては、各幼稚園に就園奨励費と運営補助金を交付したものでございます。

 次に、3目家庭児童相談事業費は、適切な児童養育を図るため子供にかかわる相談事業費でございます。

 決算書は240ページ、事業実績並びに主要施策成果説明書につきましては、47ページをお願いいたします。

 5目児童手当費は、児童を養育している家庭の生活の安定と児童の健全育成及び資質の向上を図るため支給する児童手当給付事業でございます。

 6目児童扶養手当費は、母子家庭の生活の安定と自立促進を通して児童の健全育成を図るため手当の給付を行ったものでございます。

 次に、少し飛びますが4款衛生費でございます。決算書は248ページ、事業実績並びに主要施策成果説明書につきましては、50ページをお願いいたします。

 1項3目予防費のうち、感染症の感染予防を図るため乳幼児に係る予防接種事業費と結核等予防接種事業費でございます。

 次に、決算書252ページ、事業実績並びに主要施策成果説明書につきましては、53ページをお願いいたします。

 5目保健指導費は職員人件費のほか、母子保健推進事業費につきましては、母子の健康増進を図るため妊産婦、乳幼児の各種検診や育児相談等の事業を実施したものでございます。

 以上、子ども部所管の主なものについて補足してご説明申し上げました。よろしくお願いいたします。



○議長(武田典一君) くらしと文化部長。

     (くらしと文化部長 本藤善明君登壇)



◎くらしと文化部長(本藤善明君) くらしと文化部が所管いたします2款総務費、3款民生費、4款衛生費及び10款教育費の関係部分について、市長説明に補足してご説明をさせていただきます。

 初めに、2款総務費でございますが、決算書は166ページ、事業実績並びに主要施策成果説明書は8ページをお願いをいたします。

 1項総務管理費、4目交通安全対策費でございますが、交通安全教育事業費及び県民交通共済への加入促進の事業費でございます。

 次に、5目一般諸費のうち防犯事業費でございますが、主要成果説明書は10ページ上段になります。市防犯協会への補助金及び各区への防犯灯整備事業補助金等でございます。

 次に、決算書180ページ、主要成果説明書は15ページをお願いをいたします。

 13目会館管理費でございますが、市民会館管理事業費では施設管理経費のほか、舞台設備改修工事等並びに福祉会館の管理事業費でございます。

 次に、14目消費者行政費でございます。消費生活対策の事業費でございます。

 次に、決算書186ページ、説明書19ページをお願いをいたします。

 3項1目戸籍住民基本台帳費でございますが、職員人件費のほか戸籍住民基本台帳、外国人登録などの事務費、各種証明書等の発行事務、また住民基本台帳、戸籍の事務に係るコンピューターの保守委託料、借上料等の事業費でございます。

 次に、決算書210ページ、主要施策成果説明書37ページをお願いをいたします。

 3款民生費、1項社会福祉費、4目国民年金費でございますが、国民年金の加入促進、給付等に係る事務費でございます。

 次に、決算書212ページ、主要施策成果説明書38ページをお願いをいたします。

 5目人権政策費でございますが、地域住民の基本的人権の確立並びに差別意識の解消を図るための事業費でございます。

 6目人権センター費でございますが、人権センターにおける指導、相談、研修会等の人権啓発交流事業費及び施設管理事業費でございます。

 次に、決算書218ページ、主要施策成果説明書40ページをお願いをいたします。

 7目男女共同参画推進費でございますが、市民の集い、出前講座、パワーアップ講座の開催、情報啓発誌の発行等の事業費のほか、DVなどの女性相談事業費でございます。

 次に、決算書256ページ、主要施策成果説明書54ページをお願いをいたします。

 4款衛生費、1項保健衛生費、7目環境衛生費でございますが、市民の衛生的な生活を維持するため衛生自治会と連携しての一般廃棄物の収集分別等の事業や家庭雑排水沈殿槽汚泥処理等の環境衛生事業費、資源物の収集運搬、回収報償金、生ごみ堆肥化機器購入助成金等のごみ減量化、再資源化事業費、斎場に係る北信保健衛生施設組合への分担金、千曲川水辺里山環境保全対策事業費等でございます。

 8目公害対策事業費でございますが、職員人件費のほか環境保全、水質保全などの環境公害防止対策事業費及び小型合併浄化槽の設置事業費でございます。

 9目水道費でございますが、上水道等の供給安定化のための助成事業費でございます。

 次に、2項1目清掃総務費でございますが、職員人件費のほか、じん芥及びし尿の処理を行う北信保健衛生施設組合への分担金でございます。

 2目じん芥処理費でございますが、衛生的な地域づくりのため可燃ごみ等のじん芥収集事業費、ごみ集積ステーション建設費の一部補助に要した事業費でございます。

 次に、決算書364ページ、主要施策成果説明書103ページをお願いをいたします。

 10款4項社会教育費、1目社会教育総務費のうち芸術文化振興事業費でございますが、中山晋平記念音楽賞の入選曲発表会のほか、晋平・辰之メモリアルコンサートの事業費等でございます。

 次に、決算書370ページ、主要施策成果説明書107ページをお願いをいたします。

 4目中野小学校旧校舎、信州中野銅石版画ミュージアム費、5目中山晋平記念館費、6目高野辰之記念館費につきましては、施設の管理運営費と市民の芸術文化振興のため、それぞれの企画展等を開催したものでございます。

 くらしと文化部関係は以上でございます。よろしくお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武田典一君) ここで昼食のため午後1時まで休憩をいたします。

 (休憩)(午前11時50分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (再開)(午後1時00分)



○議長(武田典一君) 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武田典一君) 経済部長。

     (経済部長 柴草高雄君登壇)



◎経済部長(柴草高雄君) 経済部が所管いたします5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費及び13款災害復旧費の関係部分につきまして、市長提案説明に補足してご説明申し上げます。

 事業実績並びに主要施策成果説明書につきましては、57ページから83ページ、また災害復旧費につきましては、122ページに掲載してございますので、ごらんをいただきたいというふうに存じます。

 それでは、決算書の264ページをお願いいたします。

 5款労働費の予算現額8,444万1,000円に対しまして、支出済額8,128万余円で執行率は96.3%であります。このうち1項1目労働諸費につきましては、職員人件費のほか勤労者の福祉向上のため互助会運営や退職金共済掛金の補助、さらには雇用対策事業として職業相談や職業訓練施設の運営補助などが主なものでございます。

 266ページの2目労働者福祉施設管理費につきましては、中野勤労者福祉センターなどの施設の維持管理経費でございます。

 268ページの3目勤労青少年ホーム費につきましては、職員人件費のほか施設の管理運営や各種講座の事業費でございます。

 270ページの4目働く婦人の家費につきましては、職員人件費のほか施設の管理運営、各種講座の事業費でございます。

 次に、272ページをお願いいたします。

 6款農林水産業費の予算現額9億5,120万4,000円に対しまして、支出済額9億3,022万余円でございまして、執行率は97.8%であります。このうち1項農業費、1目農業委員会費につきましては、職員人件費、委員報酬などの運営費でございます。

 274ページからの2目農業総務費につきましては、説明が278ページまでにわたりますが、職員人件費、一般管理事務費、農業経営の安定を図るための農業制度資金、融資利子軽減事業費等のほか、情報通信施設事業特別会計繰出金であります。

 278ページからになりますが、3目耕種園芸費につきましては、クマ、イノシシなどの被害を防ぐための農作物有害鳥獣対策事業費、生産基盤の充実を図ると同時に、果樹やキノコなど高付加価値の産地形成を促進する園芸産地育成事業費、遊休荒廃農地対策事業費及び豪雪災害対策事業費などでございます。

 280ページからの4目畜産業費につきましては、北信食肉センターや家畜診療所等の管理運営事業費でございます。

 282ページの5目農業経営構造対策事業費につきましては、地域農業の担い手育成に必要な推進事業費であります。

 6目水田農業対策費につきましては、米の生産目標数量達成に向けての推進事業費であります。

 次に、7目農村総合整備事業費につきましては、生産基盤や生活環境の整備を促進するため農業集落排水特別会計への繰出金や中野西部地区における農村総合整備事業費でございます。

 284ページからの8目農村環境施設管理費につきましては、農村環境改善センター、帯ノ瀬ハイツ、農産物加工施設、農村公園等の管理事業費でございます。

 286ページの9目農業経営基盤強化促進対策事業費につきましては、効率的かつ安定的な農業経営の促進や農地の利用集積とともに生産基盤の確保、促進するための事業費でございます。

 10目売れる農業推進費につきましては、農業者や農業、商工業関係団体、市民との連携による農産物ギフト等の利用促進や学校給食への地域食材活用、きのこ料理コンクールの開催、きのこ料理レシピ集の発行など、地産地消の推進、消費拡大キャンペーンや各種イベントへの参画、ホームページ開設支援などの多様なマーケティングを推進した事業費でございます。

 次に、288ページからになりますが、2項農地費、1目市単耕地整備費につきましては、農道の整備や維持管理にかかわる事業費、県営耕地整備事業にかかわる負担金などの事業費でございます。

 290ページの3目県補助耕地整備費につきましては、県営耕地整備事業に伴い農地の利用集積促進のための事業費でございます。

 3項農業水利費、1目市単水利費につきましては、水路の改修や維持管理にかかわる事業費、土地改良区が行う事業に支援した土地改良施設維持管理適正化事業費等でございます。

 292ページからの4項林業費、1目林業振興費につきましては、多面的機能を有する森林保全のための事業費でございまして、松くい虫防除対策事業費やいわゆる里山整備である森林居住環境整備事業費が主なものでございます。

 294ページをお願いいたします。

 7款商工費の予算現額5億9,938万円に対しまして、支出済額4億5,807万余円でございまして、執行率は76.4%でございます。若干執行率が低いわけでございますが、大きな要因といたしまして、制度資金の借入額の減少により預託金が不要となったためであります。このうち1項1目商工総務費につきましては、職員人件費、一般管理事務費であります。

 296ページの2目商工振興費につきましては、説明が301ページまでにわたりますが、商工業の経営の安定を図るための相談指導や商工団体への運営補助、新技術、新製品の開発支援にかかわる事業費や特許取得事業への補助のほか、プレミアつき商品券支援事業へ補助をいたしました。

 金融対策事業費としては、制度資金にかかわる利子や保証料の補給、また商店街活性化事業費において商店会連合会への事業支援や空き店舗活用補助、商店街活性化イベント補助、さらに工業立地推進事業費として工場設置に対する補助を行ったほか、商工業振興施設管理運営事業費では、中野陣屋・県庁記念館等の管理運営事業費が主なものでございます。

 次に、300ページの3目観光費につきまして、305ページまでになるわけでありますが、まだらおの湯、もみじ荘、日本土人形資料館や信州中野観光センター、晋平の里間山温泉公園など観光施設の管理運営事業費、また、信州なかの観光協会への運営補助などの観光宣伝事業費、市民祭やふるさと祭り事業への支援等の市民祭等推進事業費、平成18年度新たに月の兎を中心に事業展開を図った土人形の里づくり事業であります。

 304ページの4目まちづくり推進費につきましては、職員人件費、一般管理事務費のほか、まちづくり調査研究事業やTMOへの運営補助、また、まちなか音楽会の開催に伴う事業費が主なものでございます。

 少し飛びますが、400ページをお願いいたします。

 13款災害復旧費のうち1目1項農林水産施設災害復旧費につきましては、昨年7月の豪雨により被害を受けた農地や農業用施設の復旧のための事業費であります。

 経済部関係は以上であります。



○議長(武田典一君) 建設水道部長。

     (建設水道部長 橋本 章君登壇)



◎建設水道部長(橋本章君) 建設水道部が所管いたします8款土木費及び13款災害復旧費のうち関係部分について、市長説明に補足してご説明を申し上げます。

 決算書の306ページをお願いをいたします。なお、事業実績並びに主要施策成果説明書につきましては、84ページから92ページにかけて記載されてございますので、よろしくお願いいたします。

 8款土木費につきましては、予算現額18億4,678万4,000円に対しまして、支出済額17億4,563万2,868円でございます。繰越明許費900万円を除いた執行率は94.5%でございます。

 1項土木管理費、1目土木総務費につきましては、職員人件費のほか、国・県道路整備促進事業費で各種同盟会への負担金が主なものであります。

 310ページをお願いいたします。

 2目新幹線関連事業対策費につきましては、同じく職員人件費のほか新幹線対策事業費の水文調査委託料が主な内容でございます。

 次、312ページをお願いいたします。

 2項道路橋梁費、1目道路橋梁総務費につきましては、職員人件費のほか、県道整備促進事業費の県道夜間瀬赤岩線の整備工事に伴う市負担金が主なものでございます。

 次に、2目道路台帳費につきましては、道路台帳整備事業費でございますが、市道の認定、廃止、改良等に伴います道路台帳の補正整備の委託料が主なものでございます。また、公共物管理事業費では、境界立ち会いに係る委託料が主なものでございます。

 3目道路新設改良費につきましては、同じく職員人件費のほか幹線道路整備事業費では埋蔵文化財の調査委託、道路改良工事8路線、また用地取得及び支障物件の補償等が主な内容でございます。

 次に、生活道路整備事業費につきましては、測量設計委託、道路改良工事12路線、また用地取得及び支障物件補償等が主な内容でございます。

 4目道路舗装費につきましては、舗装事業費の舗装新設、それから表層舗装工事及び道路補修用の材料費の購入費等が主なものでございます。

 5目道路橋梁維持費につきましては、道路の維持修繕に要しました工事費等及び道路の補修用材料費が主なものでございます。

 6目除雪費につきましては、職員人件費のほか除雪事業費では凍結防止剤等の購入、消雪施設の電気料及び修繕工事に要した経費、また歩車道の除雪委託料が主なものでございます。

 320ページをお願いいたします。

 7目雪寒対策事業費でございますが、こちらにつきましては、備品購入費でロータリ除雪車1台、除雪ドーザ1台、小型ロータリ除雪車2台の購入が主なものでございます。

 次に、8目交通安全対策特別事業費でございますが、これにつきましては、センターラインなどの区画線設置等の工事費及びカーブミラー設置に対する補助金でございます。

 322ページをお願いいたします。

 3項河川費、1目河川総務費では、国・県河川整備促進事業費で河川関係の期成同盟会等への負担金が主なものでございます。また、河川安全対策等事業費では、排水用ポンプ接続工事と準用河川のしゅんせつ工事費でございます。

 324ページをお願いいたします。

 2目河川改修事業費につきましては、河川及び水路7カ所の改修工事に要した費用が主なものでございます。

 次に、4項都市計画費でございますが、都市計画費の繰越明許費につきましては、中野市都市計画基礎調査及び都市計画マスタープラン策定費を平成18年度から繰り越しをさせていただいたものでございます。

 1目都市計画総務費につきましては、職員人件費のほかバラまつり負担金が主なものでございます。

 次に、2目街路管理費につきましては、都市計画道路の維持管理に要した経費でございます。

 3目街路事業費につきましては、職員人件費のほか立ケ花・東山線の整備工事費及び中町線の県道整備に対する市の負担金が主なものでございます。

 4目公共下水道事業費につきましては、下水道事業特別会計への繰出金でございます。

 5目公園管理費につきましては、文化公園等の管理委託料及び公園施設の維持修繕工事費等が主なものでございます。

 330ページをお願いいたします。

 6目公園事業費につきましては、職員人件費のほか工事請負費の一本木公園拡張工事費が主なものでございます。

 次、7目建築景観費でございます。景観美化推進事業費では、案内標識の設置工事費、花のまちづくり推進事業費では花の苗代が主なものでございます。

 334ページになりますが、8目土地区画整理事業費につきましては、草間山の道路維持修繕工事が主なものであります。

 次に、5項住宅費、1目住宅管理費でございますが、職員人件費のほか市営住宅長元坊団地16戸の水洗化工事及び各市営住宅の維持管理に係る経費でございます。

 次に、決算書の400ページをお願いいたします。

 13款災害復旧工事費でございます。事業実績並びに主要施策成果説明書につきましては、122ページに記載してございますので、ごらんをいただきたいと存じます。

 それでは、決算書の402ページでございますが、2項公共土木施設災害復旧費、1目道路橋梁災害復旧費につきましては、平成18年7月豪雨によりまして被災をいたしました道路、河川等28カ所の復旧工事に要した経費でございます。

 建設水道部関係につきましては以上でございます。よろしくお願いいたします。

 大変申しわけございません。一番最初、冒頭に支出済額17億4,563万2,868円というふうに申し上げましたが、17億4,563万2,860円の間違いでございます。申しわけございません。訂正をさせていただきます。



○議長(武田典一君) 消防部長。

     (消防部長 上野豊吉君登壇)



◎消防部長(上野豊吉君) 消防部が所管いたします9款消防費につきまして、市長説明に補足して説明申し上げます。

 決算書336ページから、また事業実績並びに主要施策成果説明書につきましては、93ページからになりますので、お願いをいたします。

 9款消防費の支出済額は6億7,521万6,282円で、執行率につきましては99.3%であります。

 1項1目常勤消防費につきましては、338ページの消防本部並びに中野豊田消防署に係る岳南広域消防組合の分担金、また職員人件費等であります。

 また、340ページにかけての2目非常勤消防費の消防団員人件費及び消防団運営事業費につきましては、消防団員1,131名に係る人件費、また団員の退職報償金や災害時、また各種の訓練に対する報償が主なものでございます。

 3目消防施設費の消防施設整備事業費につきましては、耐震性防火貯水槽の新設、またコミュニティ消防センターを整備をするとともに、消防団へ配置してある消防ポンプ自動車及び小型動力ポンプの更新が主なものであります。

 342ページをお願いします。

 消防施設管理事業費でありますけれども、消火栓の移設や取りかえ等の維持管理負担金、また消防詰所の新設に対する補助金が主なものであります。

 4目水防費の水防対策事業費につきましては、7月の豪雨災害時への対応のための水中ポンプの借り上げや備蓄資器材の整備等でございます。

 消防部関係につきましては、以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(武田典一君) 教育次長。

     (教育次長 小林次郎君登壇)



◎教育次長(小林次郎君) 教育委員会が所管いたします10款教育費につきまして、決算書により補足説明を申し上げます。

 なお、事業実績並びに主要施策成果説明書につきましては、95ページから記載してございますのでごらんをいただきたいと思います。

 それでは、決算書の342ページ、一番下の欄になりますがお願いいたします。

 10款教育費、支出済額18億2,699万1,141円、予算の執行率は88.2%であります。なお、翌年度繰越額を除きますと執行率は96.4%であります。

 以下、主な内容について申し上げます。

 1項教育総務費の1目教育委員会費につきましては、教育委員の報酬、旅費及び団体負担金等であります。

 344ページ、2目事務局費につきましては、職員人件費及び事務局にかかわる一般管理事務費のほか、347ページ、備考欄になりますが、地元高校の創立100周年記念事業などに対する地元高校支援補助金等であります。

 346ページ、3目教職員住宅施設費につきましては、教職員住宅48戸の維持管理費のほか、小田中教職員住宅建設費の融資返還金であります。

 4目諸費につきましては、高校定時制生徒27名への奨学金給付及び大学生等21人への奨学金を貸し付けている中野市奨学基金への繰出金であります。

 次に、348ページ、2項小学校費の1目学校管理費につきましては、学校医、薬剤師報酬及び臨時職員賃金等の職員人件費のほか、353ページにまでわたりますが、管理運営事業費といたしまして小学校11校の管理経費、児童及び教職員の健康管理備品の整備及び校舎の維持補修等、施設の整備を行ったものであります。

 352ページ、2目教育振興費につきましては、一般教育振興事業として小学校の教材用の消耗品及び備品を整備した経費、355ページ、教育扶助事業は要保護、準要保護児童177人に対する就学援助費であります。教育用コンピューター設置事業は、小学校11校のパソコン機器借上料であります。特色ある学校づくり事業では、収穫したソバ、大豆を使ったそば打ち、みそづくり、お年寄りなど地域の人との交流から、地域に伝わる伝統文化を学ぶなど、各小学校が創意工夫して行った独自事業への経費であります。

 次に、3項中学校費の1目学校管理費につきましては、359ページにまでわたりますが、管理運営事業としまして中学校4校の管理経費のほか、生徒及び教職員の健康管理や学校管理備品の整備及び校舎等の維持補修等、施設の整備を行った費用であります。

 358ページ、2目教育振興費につきましては、361ページにまでわたりますが、一般教育振興事業は教材用の消耗品、備品を整備した経費のほか、英語指導助手招致事業につきましては、外国青年4名にかかわる経費でございます。

 教育扶助事業につきましては、要保護、準要保護生徒99人に対する就学援助経費、また教育用コンピューターの設置事業は、中学校4校のパソコン機器借上料でございます。特色ある学校づくり事業については、小学校と同様の事業でございまして、環境学習や国際交流など各中学校が創意工夫して取り組んだ事業の経費であります。

 次に、362ページ、4項社会教育費の1目社会教育総務費につきましては、次のページ以降にわたりますが、職員人件費及び一般管理事務費のほか、生涯学習まちづくり推進事業では、生涯学習市民の集い、鳥の大学及び信州中野の一文字大賞の経費であります。

 次に、366ページ、2目文化財保護費につきましては、指定文化財の保護、保存、管理及び歴史資料調査にかかわる経費のほか、埋蔵文化財発掘調査の経費、県史跡の高遠山古墳の保存整備を図るための測量設計及び用地取得の経費でございます。十三崖の長元坊繁殖地環境回復事業は繁殖地周辺の草木伐採などを行った経費であります。

 次に、368ページからになります。373ページにまでわたりますが、3目歴史民俗資料館費、370ページ、4目中野小学校旧校舎、信州中野銅石版画ミュージアム費につきましては、施設の管理運営費とそれぞれの企画展及び常設展等の経費であります。

 次に、少し飛びまして、376ページから385ページまでにわたりますが、7目公民館費につきましては、公民館4館の職員人件費、施設の管理運営費のほか、各種学級や講座を開設して市民の文化活動を促進し、生涯学習のまちづくり事業を推進したものであります。

 384ページ、8目文化センター費につきましては、西部文化センター並びに豊田文化センターの管理費であります。

 次に、386ページ、9目図書館費につきましては、職員人件費のほか管理運営事業では一般図書の購入費及び施設管理費、ブックスタート事業では乳幼児への絵本贈呈等の経費、また図書館情報システム等整備事業につきましては、図書館と北部、西部及び豊田の3分館の蔵書情報ネットワーク化により図書の貸し出し、返却、借り入れ、予約をどこでも可能とする図書館情報システム整備に要した経費であります。

 次に、390ページ、5項保健体育費の1目保健体育総務費につきましては、職員人件費のほか、393ページ、社会体育振興事業ではスポーツ教室等の開催経費、社会体育団体等育成事業では体育協会を初めとする社会体育団体への活動助成金であります。

 次に、2目体育施設費につきましては、市民体育館を初めとする施設の管理運営費のほか395ページの下段の施設整備事業につきましては、市営野球場防球ネット設置工事の設計監理費並びに市民体育館事務室棟屋根防水工事など体育施設の整備を行ったものであります。

 次に、396ページ、3目学校給食費につきましては、職員人件費のほか学校給食センター管理運営事業は、市内小中学校の児童生徒4,386人への給食にかかわる南部、北部及び豊田の各給食センターの経費であります。

 なお、401ページになりますが、学校給食センター改築事業費は、南部学校給食センター建設にかかわる経費でございます。

 教育費関係につきましては、以上であります。



○議長(武田典一君) 会計管理者。

     (会計管理者 豊田博文君登壇)



◎会計管理者(豊田博文君) 平成18年度中野市一般会計決算に係る資金運用状況につきましてご説明申し上げます。

 出納整理期間を含めました平成19年5月までの14カ月間の状況についてご説明申し上げますのでお願いいたします。

 市長からご説明申し上げましたとおり、予算総額181億6,085万6,000円に対しまして、歳入総額174億7,030万176円、歳出総額171億8,394万6,353円で、歳入歳出差引額は2億8,635万3,823円であります。このうち翌年度への繰越明許等による繰越額2,144万7,750円を差し引いた実質収支額は2億6,490万6,073円の剰余となっております。

 それでは、年間の資金収支状況につきましてご説明いたします。

 まず、収入の最も多かった月は6月で、普通交付税、地方消費税交付金、法人市民税等で25億6,540万余円でありました。次いで、特別交付税、固定資産税、所得譲与税等の収入があった3月であります。また、3番目は普通交付税、地方消費税交付金等が入った9月でありました。逆に収入が最も少なかったのは、10月の4億1,871万余円でありました。

 一方、支出の最も多かった月は3月で、長期債の元利償還金、北信保健衛生施設組合分担金等で28億8,149万余円の支出でありました。次いで、平成19年4月の出納整理期間で一般職員の退職手当、南部学校給食センター建設工事等の支払いがありました。3番目は12月で岳南広域消防組合分担金、除雪ドーザ購入費、児童扶養手当給付金等の支払いがありました。支払いが最も少なかったのは、出納整理期間中の5月で5億2,361万余円でありました。

 次に、収支差引額の月別の状況でありますが、プラスとなった月は4月、5月、6月、9月、11月、1月及び出納整理期間の本年5月の7カ月で、収支差引額の最高額は6月の14億2,537万余円でありました。逆に収支差引額がマイナスとなった月は7カ月で、最高額は出納整理期間の4月のマイナス11億9,527万余円でありました。

 なお、年度当初及び年度末においては資金不足が見込まれましたので、財政調整基金等を歳計現金に振り替えて運用し、収支の均衡を図ったところであります。

 平成18年度中野市一般会計決算に係る資金運用状況については以上であります。



○議長(武田典一君) 以上で担当部長等の補足説明等を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△20 議案第14号 平成18年度中野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について



△21 議案第15号 平成18年度中野市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算認定について



△22 議案第16号 平成18年度中野市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について



△23 議案第17号 平成18年度中野市社会就労センター事業特別会計歳入歳出決算認定について



△24 議案第18号 平成18年度中野市住宅改修資金貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について



△25 議案第19号 平成18年度中野市倭財産区事業特別会計歳入歳出決算認定について



△26 議案第20号 平成18年度中野市永田財産区事業特別会計歳入歳出決算認定について



△27 議案第21号 平成18年度中野市中野財産区事業特別会計歳入歳出決算認定について



△28 議案第22号 平成18年度中野市情報通信施設事業特別会計歳入歳出決算認定について



△29 議案第23号 平成18年度中野市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について



△30 議案第24号 平成18年度中野市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について



△31 議案第25号 平成18年度中野市水道事業会計決算認定について



○議長(武田典一君) 日程20 議案第14号 平成18年度中野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定についてから日程31 議案第25号 平成18年度中野市水道事業会計決算認定についてまでの以上議案12件を一括して議題といたします。

 提案説明を求めます。

 市長。

     (市長 青木 一君登壇)



◎市長(青木一君) 議案第14号 平成18年度中野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について。

 本案につきましては、予算総額46億735万6,000円に対しまして、歳入総額42億7,189万486円、歳出総額43億4,473万2,547円で、歳入歳出差引額7,284万2,061円の不足であります。この不足額につきましては、翌年度歳入の繰上充用金により補てんをいたしました。前年度との比較をいたしますと、歳出決算額は前年度に比べ2.8%の減となっております。

 主な支出内容は、保険給付費が27億7,409万余円、老人保健拠出金8億2,557万余円、介護納付金3億2,404万余円等であります。

 次に、議案第15号 平成18年度中野市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算認定について。

 本案につきましては、予算総額42億9,143万6,000円に対しまして、歳入総額39億258万2,540円、歳出総額39億4,287万5,489円で、歳入歳出差引額4,029万2,949円の不足であります。この不足額につきましては、翌年度歳入の繰上充用金により補てんをいたしました。歳出決算額は、前年度に比べ12.8%の減となっております。

 主な支出内容は、医療給付費38億2,238万余円であります。また、年間の平均老人保健医療受給対象者数は前年度に比べ350人減の6,508人であります。

 次に、議案第16号 平成18年度中野市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について。

 本案につきましては、予算総額27億5,010万円に対しまして、歳入総額25億5,488万1,682円、歳出総額24億6,188万4,642円で、歳入歳出差引額9,299万7,040円の剰余であります。歳出の決算額は前年度に比べ5.3%の減となっております。

 主な支出内容では、保険給付費のうち施設介護サービス給付費10億2,038万余円、居宅介護サービス給付費8億2,630万余円で、歳出のそれぞれ41.4%、33.6%と大半を占めております。

 また、平成18年度末の第1号被保険者は、前年度同期に比べ191人増の1万1,273人、要介護認定者数は29人減の1,610人となっております。

 次に、議案第17号 平成18年度中野市社会就労センター事業特別会計歳入歳出決算認定について。

 本案につきましては、予算総額1億63万8,000円に対しまして、歳入総額9,726万8,190円、歳出総額9,725万7,318円で、歳入歳出差引額1万872円の剰余となります。歳出決算額は、前年度に比べ6.5%の減となっております。

 主な内容では、企業等からの事業収入が4,222万余円で、前年度に比べて6.0%の減であり、また月平均の就労センター利用人員は、中野で53人、豊田で30人と昨年度とほぼ同人数であります。

 次に、議案第18号 平成18年度中野市住宅改修資金貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について。

 本案につきましては、予算総額1,029万6,000円に対しまして、歳入総額1,139万3,323円、歳出総額1,018万361円で、歳入歳出差引額121万2,962円の剰余であります。歳出の決算額は前年度に比べ12.9%の減となっております。

 主な決算の内容は、新規貸付が平成16年度で終了していることから、旧年度の住宅新築資金等貸付に係る当年度分の貸付金元利収入とその貸し付けのための起こした市債の返済に係る公債費であります。

 次に、議案第19号 平成18年度中野市倭財産区事業特別会計歳入歳出決算認定について。

 本案につきましては、予算総額200万5,000円に対しまして、歳入総額175万6,521円、歳出総額102万1,480円で、歳入歳出差引額73万5,041円の剰余であります。歳出決算額は、前年度に比べ32.5%の減であります。

 主な決算の内容は、土地貸付収入及び財産造成基金への積立金であります。

 次に、議案第20号 平成18年度中野市永田財産区事業特別会計歳入歳出決算認定について。

 本案につきましては、予算総額65万6,000円に対しまして、歳入総額75万5,452円、歳出総額55万2,151円で、歳入歳出差引額20万3,301円の剰余であります。歳出決算額は前年度に比べ45.3%の減であります。この事業費の大幅な減につきましては、前年度実施した分収造林地育林事業の皆減によるものであります。

 次に、議案第21号 平成18年度中野市中野財産区事業特別会計歳入歳出決算認定について。

 本案につきましては、予算総額229万4,000円に対しまして、歳入総額243万8,266円、歳出総額207万8,270円で、歳入歳出差引額35万9,996円の剰余であります。歳出決算額は前年度に比べ17.3%の減であります。

 主な決算の内容は、土地貸付収入及び財産管理基金への積立金であります。

 次に、議案第22号 平成18年度中野市情報通信施設事業特別会計歳入歳出決算認定について。

 本案につきましては、予算総額3,671万2,000円に対しまして、歳入総額3,499万8,397円、歳出総額3,415万7,445円で、歳入歳出差引額84万952円の剰余であります。歳出決算額は、前年度に比べ22.5%の減となっております。

 主には、CATV事業に係る豊田情報センターの運営経費等であります。有線テレビ加入件数は1,326件となっております。

 次に、議案第23号 平成18年度中野市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について。

 本案につきましては、予算総額20億7,614万円に対しまして、歳入総額20億7,728万4,614円、歳出総額20億5,825万714円で、歳入歳出差引額1,903万3,900円の剰余であります。歳出決算額は前年度に比べ8.4%の増で、継続費の逓次繰り越し及び公債費の伸びなどによるものであります。

 主な歳出では、市債の元利償還金13億6,259万余円、中野浄化管理センター水処理施設改築工事委託等の公共下水道整備事業費2億8,282万余円などであります。平成18年度末における水洗化率は76.0%、また農集を含めた下水道普及率は94.1%となっております。

 次に、議案第24号 平成18年度中野市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について。

 本案につきましては、予算総額5億8,506万8,000円に対しまして、歳入総額5億7,823万4,628円、歳出総額5億7,124万1,033円で、歳入歳出差引額699万3,595円の剰余であります。歳出決算額は、前年度に比べ33.9%の減少となり、これは平成17年度にあった合併による打ち切り決算に伴う旧市村借入金返済金がなくなったことなどに伴う減であります。

 歳出の主なものは、市債の元利償還金3億9,176万余円、処理施設管理費1億421万余円などであります。平成18年度末における水洗化率は64.7%であります。

 次に、議案第25号 平成18年度中野市水道事業会計決算認定について。

 本案につきましては、収益的収支では、収入総額10億1,325万5,716円、支出総額9億5,458万3,431円で、差引5,867万2,285円と前年度に比べ51万4,061円増加しております。資本的収支の収入総額は1億6,213万3,440円であり、主には企業債、加入者分担金などであり、前年度に比べ29.5%の減となっております。また、支出総額は4億9,116万1,374円であり、前年度に比べ14.1%の減となっております。

 主なものでは、浄水場改良事業に3,614万余円、配水管再整備事業に3,031万余円、企業債元金償還に3億3,113万余円などであります。

 この結果、収支不足が3億2,902万余円となりますが、この収支不足につきましては、過年度分損益勘定留保資金及び当年度分消費税等資本的収支調整額で補てんをしております。

 以上、特別会計11件、企業会計1件を一括してご説明を申し上げました。よろしくご審議の上、ご認定くださいますようお願いを申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△32 議案第26号 財産(ロータリ除雪車)の取得について



△33 議案第27号 踏切事故に係る和解及び損害賠償の額について



△34 議案第28号 交通事故に係る和解及び損害賠償の額について



○議長(武田典一君) 日程32 議案第26号 財産(ロータリー除雪車)の取得についてから日程34 議案第28号 交通事故に係る和解及び損害賠償の額についてまでの以上議案3件を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

 市長。

     (市長 青木 一君登壇)



◎市長(青木一君) 議案第26号 財産(ロータリ除雪車)の取得について。

 本案につきましては、今まで以上に円滑な除雪の体制を確保し、幹線市道の交通確保のため、ロータリ除雪車1.3メートル級1台及び1.0メートル級2台を購入するものであります。

 次に、議案第27号 踏切事故に係る和解及び損害賠償の額について。

 本案につきましては、平成19年1月25日、飯山線替佐駅構内の丸通踏切において、公用車が右方向から来た下り列車に気づかず踏切に進入したところ、列車に接触し踏切事故を起こしたことにより東日本旅客鉄道株式会社に損害を与えたため、その和解及び損害賠償の額について定めるものであります。

 次に、議案第28号 交通事故に係る和解及び損害賠償の額について。

 本案につきましては、平成19年5月11日、市内中央1丁目548番地11の北村信行宅住宅兼店舗駐車場に公用車を駐車しようとした際、ブレーキとアクセルを踏み間違えたことにより、住宅兼店舗の壁の一部と植栽等に損害を与えたため、その和解及び損害賠償の額について定めるものであります。

 以上、事件案3件を一括してご説明を申し上げました。よろしくご審議をいただきますようお願いを申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武田典一君) 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会をいたします。

 (散会)(午後2時50分)