議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 駒ヶ根市

平成17年 8月 臨時会(第6回) 08月04日−01号




平成17年 8月 臨時会(第6回) − 08月04日−01号







平成17年 8月 臨時会(第6回)


        平成17年第6回駒ヶ根市議会臨時会議事日程(第1号)
                              平成17年8月4日(木曜日)
                              午後2時  開  会
   市長あいさつ
第1 会議録署名議員の指名
第2 会期の決定
第3 諸般の報告
第4 議案の上程及び提案説明
 議案第58号 平成17年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第3号)
第5 議案に対する質疑及び委員会付託
 議案第58号 平成17年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第3号)
第6 委員長報告、質疑、討論及び採決
 議案第58号 平成17年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第3号)
第7 意見書案の上程、提案説明及び採決
議 第11号 高等学校改革プランに伴う再編整備候補案の白紙撤回を求め長野県駒ヶ根工業高等
       学校の存続を求める意見書

出席議員(21名)
   1番  澁 谷 宣 吉          2番  中 島 和与志
   3番  長谷部 ? 人          4番  塩 澤   崇
   5番  坂 本 裕 彦          6番  福 澤 喜 美
   7番  猿 田 洋 子          8番  小 原 恒 敏
   9番  林   政 衛          10番  馬 場 宣 子
   11番  木 下 力 男          12番  松 崎   彰
   13番  宮 下   治          14番  松 尾 嘉 夫
   15番  竹 内 正 寛          16番  宮 澤 清 高
   17番  横 山 信 之          18番  堀 内 修 身
   19番  大 沼 邦 彦          20番  坂 井 昌 平
   21番  北 澤   洋

説明のため出席した者
   市 長     中 原 正 純      助 役     原   寛 恒
   収入役     佐 藤 伊左男      教育長     中 原 稻 雄
   総務部長    清 水 亀千代      教育次長    小 林 晃 一
   秘書広報課長  新 山   護      庶務課長    原     茂
   企画財政課長  滝 沢 修 身      民生部長    中 城 正 昭
   産業振興部長  増 野 和 男      まちづくり
                        推進部長    馬 場   勝

事務局職員出席者
   局 長     木 村 文 雄
   次 長     林   啓 司
   係 長     小 出 正 樹




          本 日 の 会 議 に 付 議 し た 事 件

議事日程(第1号)記載のとおり

午後2時00分 開 会



◎局長(木村文雄君) ご起立をお願いします。〔一同起立〕礼。〔一同礼〕ご着席ください。〔一同着席〕



○議長(北澤洋君) お暑い中、ご苦労様です。

 これより7月27日付、告示第61号をもって招集された平成17年第6回駒ヶ根市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 議員定数21名、ただいまの出席議員数20名、定足数に達しております。

 15番 竹内正寛議員より、遅刻の旨、届け出がありました。

 日程は、お手元に配付してあります。

 日程に入る前に、去る7月20日、佐久市においても開催されました長野県市議会議長会総会の席上、正副議長在職時の功労に対し表彰が行われました。その際、当市では前議長 小原恒敏議員と前副議長 竹内正寛議員が表彰されましたので、この場におきましてその伝達を行いたいと思います。よろしくお願いいたします。

 なお、竹内正寛議員より遅刻の届け出がありますので、代理受領を松崎副議長さんにお願いいたします。

 〔表彰状伝達〕

〔一同拍手〕



△市長あいさつ



○議長(北澤洋君) 日程に従い会議を進行いたします。

 市長あいさつ。



◎市長(中原正純君) 平成17年7月27日付、告示第61号をもって平成17年第6回駒ヶ根市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には、ご多忙中にもかかわらず大多数の議員のご出席を賜りまして、深く感謝申し上げる次第であります。

 ただいまは、小原恒敏前議長におかれましては副議長、議長、合わせて4年、また竹内正寛前副議長におかれましては副議長として4年間の長きにわたって、昨今の地方行政にとって山積する課題に対し、その職責を通じ自身の力量・手腕を発揮され、長野県市議会議長会の表彰の栄に浴されましたこと、誠におめでとうございます。

 確固たるリーダーシップのもとに、それぞれのお立場で議会運営に当たられ、市政進展のため誠心誠意ご尽力賜りましたことに、深甚なる敬意と謝意を表するものでございます。

 さて、今市議会臨時会にご提案申し上げます議案は、平成17年度駒ヶ根市一般会計補正予算についてであります。補正予算の内容につきましては、県コモンズ支援金の交付対象が決定されたことに対応するもので、いずれも重要な案件でございますので、慎重なるご審議の上、適切なご決定を賜りたいと存じます。

 以上、申し上げまして、今市議会臨時会の招集のあいさつといたします。

 よろしくお願いをいたします。



△日程第1 会議録署名議員の指名



△日程第2 会期の決定



○議長(北澤洋君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、7番 猿田洋子議員、8番 小原恒敏議員、9番 林政衛議員を指名いたします。

 日程第2 会期の決定を議題といたします。

 今期臨時会の会期は、あらかじめ去る7月28日の議会運営委員会において本日1日と決定されております。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は本日1日といたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



△日程第3 諸般の報告



○議長(北澤洋君) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定いたしました。

 日程第3 諸般の報告をいたさせます。



◎局長(木村文雄君) 7月27日付にて市長から次のとおり議案の送付がありました。

 議案第58号 平成17年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第3号)の1件でございます。

 写しにつきましては、お手元に配付してございます。

 以上でございます。



△日程第4 議案の上程及び提案説明



○議長(北澤洋君) 日程第4

 議案第58号 平成17年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第3号)

を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎総務部長(清水亀千代君) 議案第58号 平成17年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第3号)について提案説明を申し上げます。

 58−2ページをお開き願います。

 第1条にございますように、予算の総額に327万円を追加し、予算の総額を140億8,332万1,000円にさせていただくものであります。

 具体的な内容につきましては、お手元の資料をご覧を願います。

 今回の補正は、県のコモンズ支援金事業の一般分の確定によるものでございます。採択された10事業中、予算欄の当初は、すでに本年度当初予算において一般財源をもとに7事業が予算化されております。表中、新規と変更の表示の3事業について補正をするものでございます。

 以下、事項別明細書でご説明を申し上げます。

 58−4ページ、お開きをいただきたいと思います。

 款17 県支出金は、県コモンズ支援金であります。

 款20 繰入金は、今回の補正にコモンズ支援金を充当し、なお残額がありますので、ふるさとづくり基金の繰り入れを減額とし、収支のバランスを取っております。

 次に58−5ページ、歳出でありますが、款6 農林水産業費は、コモンズ支援金事業による石積み水路整備事業に対する補助であります。

 款8 土木費は同事業による道路愛称名標識設置事業を、款10 教育費はいつでもお年寄りとふれあい育ち合いモデル事業を行うものでございます。

 以上、よろしくご審議を賜りますよう、お願い申し上げます。



○議長(北澤洋君) これをもって提案説明を終結いたします。

 議案調査のため暫時休憩といたします。再開は2時20分といたします。

 午後2時 9分 休憩

 午後2時20分 再開



△日程第5 議案に対する質疑及び委員会付託



○議長(北澤洋君) 再開をいたします。

 休憩前に引き続き会議を続行いたします。

 日程第5

先ほど提案されました

 議案第58号 平成17年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第3号)

を議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑はございませんか。



◆19番(大沼邦彦君) 県のコモンズ支援事業については、かなり多くの事業申請がされたというふうに新聞報道がありました。駒ヶ根市では、何件ほど申請されて、そのうちこれだけが認定になったと思うんですけれども、認定されなかったものについてどのような総括をされているのかお伺いしたいと思います。



◎総務部長(清水亀千代君) ご承知のように、このコモンズ支援金事業でありますが、一般分と特別分がございます。

 一般分については先ほど申し上げたとおり、提案のとおりであります。

 特別分につきまして、私どもは、1件、健康増進・食育推進のまちづくり事業、これで上げておりますが、採択に至っておりません。

 さらに、関連する部分では、伊南行政組合でございますが、大規模災害対策事業でありまして、これにつきましては、オフロードバイク4台でありますが、この特別分で採択をいただいております。

 以上であります。



○議長(北澤洋君) ほかにございますか。



◆1番(澁谷宣吉君) ちょっとお伺いしますが、事業名、事業内容、事業費、申請額、補助額とありますけれど、事業によって補助率のばらつきがあると思いますので、わかりましたら事業別に補助率をお聞きしたいと思います。



◎総務部長(清水亀千代君) この採択一覧表でございますが、この補助額の基本的な県の考え方でございますが、ハード事業につきましては3分の2補助、それから、ソフト事業につきましては10分の10、いわゆる100%の補助と、こういう採択基準になってございます。

 以上であります。



○議長(北澤洋君) ほかに質疑はございませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北澤洋君) これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第58号については、お手元に配付してあります議案付託表のとおり総務文教委員会に付託いたします。

 総務文教委員会は、関係常任委員会と連携を取り、内容を審査の上、議長まで審査結果の報告を願います。

 委員会審査のため暫時休憩といたします。再開は放送をもってお知らせいたします。

 午後2時23分 休憩

 午後3時10分 再開



△日程第6 委員長報告、質疑、討論及び採決



○議長(北澤洋君) 再開をいたします。

 休憩前に引き続き会議を続行いたします。

 日程第6

 議案第58号 平成17年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第3号)

を議題といたします。

 本案は、本日の会議において総務文教委員会に付託してあります。

 総務文教委員長より審査結果の報告を求めます。



◎総務文教委員長(澁谷宣吉君) 総務文教委員会審査報告。

 本日の会議において本委員会に付託されました議案第58号 平成17年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第3号)につきましては、本日、委員会を開き、内容を慎重に審査した結果、原案を可決すべきものと決定いたしましたので報告いたします。

 なお、質疑の中で、「昨年までの地域づくり支援金とコモンズ支援金の補助率の違いはあるか。」という質問に対して、「地域づくり支援金と同じ。」という説明がありました。

 また、「特別分の食育事業の不採択の理由は。」という質問に対しましては、「多くの地域で、その地域の特性を生かしているということで、新規性がない。」というようなこと、そして「他の地区でも採択はされていない。」という説明がありました。

 以上であります。



○議長(北澤洋君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北澤洋君) これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北澤洋君) これにて討論を終結いたします。

 これより議案第58号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



△日程第7 意見書案の上程、提案説明及び採決



○議長(北澤洋君) ご異議なしと認めます。よって、議案第58号は原案とおり可決されました。

 日程第7議 第11号 高等学校改革プランに伴う再編整備候補案の白紙撤回を求め長野県駒ヶ根工業高等学校の存続を求める意見書

を議題といたします。

 意見書案を朗読いたさせます。



◎局長(木村文雄君) 朗読。



○議長(北澤洋君) 提案理由説明を求めます。



◆9番(林政衛君) 議 第11号 高等学校改革プランに伴う再編整備候補案の白紙撤回を求め長野県立駒ヶ根工業高等学校の存続を求める意見書の提案説明をさせていただきます。

 駒ヶ根工業高等学校は、伊那谷のほぼ中央に位置する学校であり、生徒の出身地が伊南地域及び下伊那北部地域が全生徒のおおむね6割を占めており、極めて地域に密着した学校であります。

 県教育委員会は、6月24日、臨時会を開き、非公開の審議をし、県立高校再編整備候補案を公表しました。突然の発表は、高校現場だけでなく、受験を控える中学生ら多くの県民を混乱させています。

 高校改革プランの目的は、県立高校の削減のみではなく少子社会における高校教育の充実整備などの魅力ある学校づくりにあると思います。

 今回の再編整備候補案は、対象高校や地域においては大きな混乱や不安を生じさせているとともに、推進委員会の自由闊達な論議に大きな影響を与え、削減ありきの論議になる恐れがあることが懸念されます。県議会においても高校改革プランの実施計画の策定について慎重な検討を求める決議がなされており、県教委は議会の決議を真摯に受け止めるべきであると思います。

 また、地域発展のための技術的な知識を持った人材が継続的に確保できることが大切であると思われます。

 よって、関係者に意見書を提出したいと思います。

 全議員のご賛同を御願いを申し上げ、提案説明とさせていただきます。



○議長(北澤洋君) これにて提案説明を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、質疑及び討論を省略して直ちに表決に付したいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北澤洋君) ご異議なしと認めます。

 これより議 第11号を採決いたします。

 本意見書は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北澤洋君) ご異議なしと認めます。よって、議 第11号は原案のとおり可決されました。

 以上をもって今期臨時会の会議に付議された事件はすべて議了いたしました。

 市長あいさつ。



◎市長(中原正純君) 平成17年第6回駒ヶ根市議会臨時会の閉会に当たりまして、一言、御礼のごあいさつを申し上げます。

 今議会に提案申し上げました議案につきましては、慎重なるご審議の上、原案のとおり決定を賜り、また議会提案による駒ヶ根工業高校存続に向けた決議もなされ、ここに閉会の運びとなり、誠にありがとうございました。

 今臨時会で議決されました内容、また議員各位より賜りましたご意見、ご要望等につきましては、十分これを尊重をいたしまして市政運営に遺憾なきを期してまいりたいと存じます。

 終わりに当たりまして、暑さ厳しい折、議員各位におかれましては、健康に十分にご留意をせられ、市政の運営に一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げ、今市議会臨時会閉会に当たってのあいさつといたします。

 大変ご苦労様でございました。



○議長(北澤洋君) これにて平成17年第6回駒ヶ根市議会臨時会を閉会いたします。

 ご苦労様でございました。



◎局長(木村文雄君) ご起立をお願いします。〔一同起立〕礼。〔一同礼〕

ご苦労様でございました。



午後3時12分 閉会





地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。



平成  年 月  日



駒ヶ根市議会議長



会議録署名議員



会議録署名議員



会議録署名議員