議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 駒ヶ根市

平成17年 2月 臨時会(第1回) 02月18日−01号




平成17年 2月 臨時会(第1回) − 02月18日−01号







平成17年 2月 臨時会(第1回)


        平成17年第1回駒ヶ根市議会臨時会議事日程(第1号)
                              平成17年2月18日(金曜日)
                              午前10時  開  会
   市長あいさつ
第1 会議録署名議員の指名
第2 会期の決定
第3 諸般の報告
第4 議会の指定する専決処分の報告
   報告第1号 市道における物損事故に係る損害賠償額を定める専決処分の報告について
第5 専決処分の承認
   議案第1号 長野県市町村自治振興組合を組織する市町村数の減少に関する協議についての
         専決処分の承認を求めることについて
第6 議案の上程及び提案説明
 議案第2号 平成16年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第8号)
 議案第3号 平成16年度駒ヶ根市公共下水道事業会計補正予算(第2号)
第7 議案に対する質疑及び委員会付託
 議案第2号 平成16年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第8号)
 議案第3号 平成16年度駒ヶ根市公共下水道事業会計補正予算(第2号)
第8 委員長報告、質疑、討論及び採決
 議案第2号 平成16年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第8号)
 議案第3号 平成16年度駒ヶ根市公共下水道事業会計補正予算(第2号)

出席議員(21名)
   1番  林   政 衛     2番  中 島 和与志
   3番  大 沼 邦 彦     4番  北 澤   洋
   5番  宮 下   治     6番  松 崎   彰
   7番  坂 井 昌 平     8番  福 澤 喜 美
   9番  澁 谷 宣 吉     10番  塩 澤   崇
   11番  長谷部 ? 人     12番  松 尾 嘉 夫
   13番  宮 澤 清 高     14番  堀 内 修 身
   15番  坂 本 裕 彦     16番  猿 田 洋 子
   17番  木 下 力 男     18番  竹 内 正 寛
   19番  横 山 信 之     20番  馬 場 宣 子
   21番  小 原 恒 敏


説明のため出席した者
   市 長     中 原 正 純      助 役     原   寛 恒
   収入役     佐 藤 伊左男      教育長     中 原 稻 雄
   総務部長    清 水 亀千代      教育次長    小 林 晃 一
   秘書広報課長  新 山   護      庶務課長    原     茂
   企画財政課長  滝 沢 修 身      民生部長    中 城 正 昭
   産業振興部長  増 野 和 男      まちづくり
                        推進部長    馬 場   勝

事務局職員出席者
   局 長     木 村 文 雄
   次 長     林   啓 司
   係 長     小 出 正 樹




          本 日 の 会 議 に 付 議 し た 事 件

議事日程(第1号)記載のとおり

午前10時00分 開 会



△市長あいさつ



◎局長(木村文雄君) ご起立をお願いします。〔一同起立〕礼。〔一同礼〕ご着席ください。〔一同着席〕



○議長(小原恒敏君) おはようございます。

 これより2月8日付、告示第3号をもって招集された平成17年第1回駒ヶ根市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 議員定数21名、ただいまの出席議員数21名、定足数に達しております。

 日程は、お手元に配付してあります。

 日程に従い会議を進行いたします。

 市長あいさつ。



◎市長(中原正純君) おはようございます。

 平成17年2月8日付、告示第3号をもって平成17年第1回駒ヶ根市臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には、ご多忙中にもかかわらず全議員のご出席を賜りまして、深く感謝を申し上げる次第でございます。

 昨年は、たび重なる台風の上陸による災害が多発するとともに、新潟県中越地震や、年末にはインドネシア・スマトラ島沖での大地震と津波により多くの国々が未曾有の災害に襲われ、国の内外で地震や洪水などによる被害が続いているわけであります。

 国におきましては、今国会、冒頭において国民の安全を守るため災害対策の補正予算が審議がされ、2月1日に1兆3,618億円の災害対策を盛り込んだ補正予算が可決・成立したところであります。

 今議会は、こうした国の動きに対応し、災害時の対応を含め、学校における安全の確保に向け平成16年度補正予算などを提案させていただくことにいたしております。

 さて、昨年来、協議を進めていただいてまいりました新たな枠組みによる市町村合併でありますが、すでにご承知のとおり新市の名称が中央アルプス市と決定をいたしました。この名称は、多くの市民・住民の皆様から応募をいただいた名称候補の中から、住民アンケートをもとに合併協議会の名称検討小委員会での真摯で真剣な議論を経て、先日の合併協議会において、3市町村の住民が新たなまちづくりをともに進めていくために、それぞれの地域に共通し、世界に通用し、夢の広がる名称として決定がなされたわけであります。3つの村や町や市が刻んでこられたそれぞれの歴史に立脚し、新たな歴史をともに築いていくことになったわけであります。

 新たなまちづくりに向けて、市民の皆様には小異を捨てて大同につくという立場で、度量を持って、ぜひご理解をいただけるようお願いをいたす次第でございます。時代は大きな転換期にございます。市民の皆様に、この場をお借りして、将来に禍根を残すことのない判断をいただけますよう心からお願いをいたす次第でございます。

 さて、ここで本臨時会に提案をいたします議案について申し上げますと、市道における物損事故にかかわる損害賠償額を定める専決処分の報告、市町村の廃置分合に伴う市町村自治振興組合の組織市町村数の減少に関する協議についての専決処分の承認、災害対策関連など国の補正予算に対応するための平成16年度一般会計補正予算第8号及び平成16年度公共下水道事業会計補正予算第2号であります。提案申し上げます議案は、いずれも重要な案件でありますので、慎重ご審議の上、適切なるご決定を賜りたいと存じます。

 以上、申し上げまして、2月臨時会の招集に当たりましてのあいさつといたします。

 よろしくお願いを申し上げます。



△日程第1 会議録署名議員の指名



△日程第2 会期の決定



○議長(小原恒敏君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、12番 松尾嘉夫議員、13番 宮澤清高議員、14番 堀内修身議員を指名いたします。

 日程第2 会期の決定を議題といたします。

 今期臨時会の会期は、あらかじめ去る2月10日の議会運営委員会において本日1日と決定されております。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は本日1日といたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



△日程第3 諸般の報告



○議長(小原恒敏君) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定いたしました。

 日程第3 諸般の報告をいたさせます。



◎局長(木村文雄君) 2月8日付にて市長から次のとおり議案の送付がありました。

 議案第2号 平成16年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第8号)など補正予算2件、報告1件、事件案件1件の合計4件でございます。

 写しにつきましては、お手元に配付してございます。

 以上でございます。



△日程第4 議会の指定する専決処分の報告



○議長(小原恒敏君) 日程第4

報告第1号 市道における物損事故に係る損害賠償額を定める専決処分の報告について

を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎まちづくり推進部長(馬場勝君) 報告第1号 市道における物損事故に係る損害賠償額を定める専決処分の報告について提案説明を申し上げます。

 次ページをお開きをいただきたいと思います。

 専決処分書でございますけれども、地方自治法に基づきまして次のとおり専決処分をいたしました。

 専決処分をした日でありますけれども、平成16年12月22日であります。

 損害賠償の種類でありますけれども、市道における物損事故に伴う損害賠償。

 相手方は、駒ヶ根市下平612番1、堀越四郎さんであります。

 事故の概要でありますけれども、平成16年11月8日、午後1時ころ、市道?−26号線の下平629番地284付近を相手方車両が走行中、路面にできたくぼみを通過した衝撃により左前輪のタイヤ及びホイールを損傷したものでございまして、損害の額は3万8,535円。

 示談の内容でありますけれど、市の過失割合を50%、相手方の過失割合を50%として、市は相手方に1万9,267円を賠償するものでありまして、引き続きこういったことのないように注意をしていきたいと思っております。



△日程第5 専決処分の承認



○議長(小原恒敏君) これをもって提案説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小原恒敏君) これにて質疑を終結いたします。

 報告第1号については、市長報告のとおり、これを承認することといたします。

 日程第5

 議案第1号 長野県市町村自治振興組合を組織する市町村数の減少に関する協議についての専決処分の承認を求めることについて

を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎総務部長(清水亀千代君) 議案第1号 長野県市町村自治振興組合を組織する市町村数の減少に関する協議についての専決処分の承認を求めることについて提案説明を申し上げます。

 議案書1−2をお開き願います。

 複合的一部事務組合である長野県市町村自治振興組合ですが、合併等により構成する市町村数が減少する場合、地方自治法の規定により、構成市町村の協議を要し、議会の議決を求めることになっております。

 記にございますように、山口村の市村の廃置分合により脱退いたしましたので、地方自治法の規定によりまして平成17年1月27日に専決処分をさせていただいたものでございます。

 以上、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(小原恒敏君) これをもって提案説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小原恒敏君) これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会付託及び討論を省略して直ちに表決に付したいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小原恒敏君) ご異議なしと認めます。

 これより議案第1号を採決いたします。

 本案は、これを承認することにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



△日程第6 議案の上程及び提案説明



○議長(小原恒敏君) ご異議なしと認めます。よって、議案第1号は承認することに決しました。

 日程第6

 議案第2号 平成16年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第8号)

 議案第3号 平成16年度駒ヶ根市公共下水道事業会計補正予算(第2号)以上2議案を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎総務部長(清水亀千代君) 議案第2号 平成16年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第8号)について提案説明を申し上げます。

 2−2ページをお開き願います。

 今回の補正は、大型台風や中越地震等を背景とする災害対策を主とする国の補正に対応するものでございます。

 第1条にございますように、予算の総額に4億8,593万2,000円を追加し、予算の総額を154億9,880万7,000円にさせていただくものでございます。

 具体的な内容は事項別明細書でご説明申し上げます。

 2−4ページでありますが、第2表、繰越明許費でありますが、赤穂小学校体育館改築事業を繰り越しとさせていただくものであります。

 第3表、地方債補正でありますが、赤穂小学校体育館改築事業を行うための増額補正でございます。

 2−5ページ、歳入でありますが、款16 国庫補助金の説明の欄をご覧を願います。

 特定公共資金国庫補助金でありますが、平成13年度、国は経済対策として補正を行っておりますが、その財源をNTT資金に求めておりまして、国は一般会計に繰り入れ、市町村に貸付金として財政支援を行った経過がございます。その償還は、平成16年度、17年度、18年度、国は市町村に対し補助金を交付し償還を求めておりましたが、今回の補正で平成17年度、18年度分を補助金として交付し、市町村に対して一括の繰上償還を求めております。

 したがいまして、8目 土木費国庫補助金は、同貸付金を活用し平成13年度に実施した土地区画整理事業分であります。

 また、10目 教育費国庫補助金は、赤穂小学校体育館改築事業に係る補助金と、先ほどの貸付金を活用し平成13年度実施した中沢小学校プール分であります。

 款20 繰入金は赤穂小学校体育館改築事業に伴う基金の繰り入れ、21 繰越金は基金を繰り入れてもなお今回の補正に必要な一般財源に充てるものでございます。

 2−6ページ、款23 市債は、先ほど第3表、地方債補正で説明した内容であります。

 次に歳出でありますが、款10 教育費は、赤穂小学校体育館改築事業でございます。3ヵ年実施計画では平成17年度改築を予定しておりましたが、今回の国の補正に対応することで交付税措置後の実質一般財源ベースで約2,700万円の節減となります。

 款12 公債費は、先ほどの補助金を受けて償還を行うものであります。

 以下、地方債残高調書でありますが、おご覧を願います。

 次に、関連がございますので議案第3号 平成16年度駒ヶ根市公共下水道事業会計補正予算(第2号)について提案説明を申し上げます。

 3−2ページをお開き願います。

 第1条にございますように、収入、支出、それぞれ2,000万円を追加し、資本的収入を13億5,891万6,000円、資本的支出を14億7,475万5,000円とさせていただくものでございます。

 具体的な内容は事項別明細書で説明申し上げます。

 3−4ページをお開き願います。

 資本的収入の国庫補助金は、先ほどの一般会計補正予算でご説明申し上げました今回の国の補正により、平成13年度に実施した管渠分の償還に対する補助金であります。

 資本的支出は国の補助金を受けて償還するものでございます。

 以下、資金計画及び予定貸借対照表でありますが、おご覧を願います。

 以上、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(小原恒敏君) これをもって提案説明を終結いたします。

 議案調査のため暫時休憩といたします。再開は10時30分といたします。

 午前10時17分 休憩

 午前10時30分 再開



△日程第7 議案に対する質疑及び委員会付託



○議長(小原恒敏君) 再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を続行いたします。

 日程第7

先ほど提案されました

 議案第2号 平成16年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第8号)

 議案第3号 平成16年度駒ヶ根市公共下水道事業会計補正予算(第2号)

以上2議案を一括議題といたします。

 質疑に入ります。

 質疑はございませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小原恒敏君) これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第2号及び議案第3号については、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

 各常任委員会は、直ちに委員会を開き、内容を審査の上、議長まで審査結果の報告を願います。

 委員会審査のため暫時休憩といたします。再開は放送をもってお知らせいたします。

 午前10時31分 休憩

 午前11時20分 再開



△日程第8 委員長報告、質疑、討論及び採決



○議長(小原恒敏君) 再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を続行いたします。

 日程第8

 議案第2号 平成16年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第8号)

を議題といたします。

 本案は本日の会議において総務文教委員会に付託してあります。

 総務文教委員長より審査結果の報告を求めます。



◎総務文教委員長(北澤洋君) 総務文教委員会審査報告。

 本日の会議において本委員会に付託されました議案第2号 平成16年度駒ヶ根市一般会計補正予算(第8号)につきましては、ただいま委員会を開き、内容を慎重に審査した結果、原案を可決すべきものと決定いたしましたので報告いたします。



○議長(小原恒敏君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小原恒敏君) これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小原恒敏君) これにて討論を終結いたします。

 これより議案第2号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小原恒敏君) ご異議なしと認めます。よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第3号 平成16年度駒ヶ根市公共下水道事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本案は本日の会議において建設経済委員会に付託してあります。

 建設経済委員長より審査結果の報告を求めます。



◎建設経済委員長(松崎彰君) 建設経済委員会審査報告。

 本日の会議において本委員会に付託されました議案第3号 平成16年度駒ヶ根市公共下水道事業会計補正予算(第2号)につきましては、本日、委員会を開き、内容を慎重に審査した結果、原案を可決すべきものと決定しましたので報告いたします。



○議長(小原恒敏君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小原恒敏君) これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小原恒敏君) これにて討論を終結いたします。

 これより議案第3号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小原恒敏君) ご異議なしと認めます。よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 以上をもって今期臨時会の会議に付議された事件はすべて議了いたしました。

 市長あいさつ。



◎市長(中原正純君) 平成17年第1回市議会臨時会の閉会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 本日開会されました今議会臨時会におきましては、提案いたしましたすべての議案につきまして、慎重審議の上、いずれも原案どおりご決定を賜りましたことに心から御礼を申し上げる次第であります。

 ここに閉会の運びとなりましたことは、誠にご同慶に耐えないところであり、心から重ねて感謝を申し上げる次第であります。

 今会期中に議員各位から賜りましたご意見等につきましては、十分これを尊重し、検討いたしまして、市政運営に遺憾なきを期してまいりたいと存じます。

 現在、市におきましては、来年度の予算編成作業が終了をし、3月定例会に向けて最終調整段階にございますが、国における三位一体の影響を受けて極めて厳しい予算編成となっております。

 改革と創造への新たなまちづくりに向けて、理事者並びに職員一同、一層気を引き締めて、さらなる住民福祉増進のために取り組んでまいる所存でございます。議員並びに市民の皆様の一層のご理解をお願い申し上げる次第でございます。

 終わりに当たりまして、議員各位には、時節柄、一層のご自愛の上、ご健勝でありますようご祈念を申し上げ、閉会に当たりましてのあいさつといたします。

 大変ご苦労様でございました。



○議長(小原恒敏君) これにて平成17年第1回駒ヶ根市議会臨時会を閉会いたします。

 ご苦労様でございました。



◎局長(木村文雄君) ご起立をお願いします。〔一同起立〕礼。〔一同礼〕

ご苦労様でございました。



午前11時26分 閉会





地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。



平成  年 月  日



駒ヶ根市議会議長



会議録署名議員



会議録署名議員



会議録署名議員